基本情報

写真a

田中 光一(タナカ コウイチ)

TANAKA Kohichi


職名

教授

生年

1958年

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-5846

研究室FAX番号

03-5803-5843

メールアドレス

tanaka.aud@mri.tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/aud/index.html

研究分野・キーワード

グルタミン酸 トランスポーター 遺伝子改変マウス 精神疾患 神経変性疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部  医学科  1984年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学研究科  神経化学  博士課程  1990年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  新潟大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1998年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 分子神経科学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1984年06月
    -
    1984年08月
    新潟大学 医学部附属病院 臨床研修医
  • 1984年09月
    -
    1986年03月
    佐賀医科大学 生理学教室 助教
  • 1990年04月
    -
    1993年05月
    理化学研究所 国際フロンティア思考ネットワーク 基礎科学特別研究員
  • 1993年06月
    -
    1998年08月
    国立精神神経センター 神経研究所疾病研究第四部 室長

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学会 日本生理学会 日本神経化学会 北米神経科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 精神神経疾患の病態解明と新規治療法の開発,1993年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 神経活動をゲノムに記録するシステムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 線条体の回路特異的アストロサイトーニューロン連関の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • アストロサイトによる体温調節機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • アストロサイトの多様性の分子基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 緑内障統合的分子診断法の確立と実証

    厚生労働省 : 2012年04月 - 2015年03月

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tadashi Shin, Yuichi Hiraoka, Tokiwa Yamasaki, Jamey D Marth, Josef M Penninger, Masami Kanai-Azuma, Kohichi Tanaka, Satoshi Kofuji, Hiroshi Nishina. MKK7 deficiency in mature neurons impairs parental behavior in mice. Genes Cells. 2021.01; 26 (1): 5-17. ( PubMed, DOI )

  • Mariko Onodera, Jan Meyer, Kota Furukawa, Yuichi Hiraoka, Tomomi Aida, Kohichi Tanaka, Kenji F Tanaka, Christine R Rose, Ko Matsui. Exacerbation of epilepsy by astrocyte alkalization and gap junction uncoupling. J Neurosci. 2021.01; 41 2106-2118. ( PubMed, DOI )

  • Yoshifumi Abe, Norio Takata, Yuki Sakai, Hiro Taiyo Hamada, Yuichi Hiraoka, Tomomi Aida, Kohichi Tanaka, Denis Le Bihan, Kenji Doya, Kenji F Tanaka. Diffusion functional MRI reveals global brain network functional abnormalities driven by targeted local activity in a neuropsychiatric disease mouse model. Neuroimage. 2020.12; 223 117318. ( PubMed, DOI )

  • Hidenori Aizawa, Weinan Sun, Kaori Sugiyama, Yukiko Itou, Tomomi Aida, Wanpeng Cui, Saori Toyoda, Haruhi Terai, Michiko Yanagisawa, Kohichi Tanaka. Glial glutamate transporter GLT-1 determines susceptibility to spreading depression in the mouse cerebral cortex. Glia. 2020.12; 68 (12): 2631-2642. ( PubMed, DOI )

  • Wanpeng Cui, Tomomi Aida, Hikaru Ito, Kenta Kobayashi, Yusaku Wada, Shigeki Kato, Takashi Nakano, Meina Zhu, Kaoru Isa, Kazuto Kobayashi, Tadashi Isa, Kohichi Tanaka, Hidenori Aizawa. Dopaminergic Signaling in the Nucleus Accumbens Modulates Stress-Coping Strategies during Inescapable Stress. J Neurosci. 2020.09; 40 (38): 7241-7254. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ishida Saeko, Ogawa Hiroshi, Tanaka Kohichi. Glutamateinduced excitotoxicity in midbrain and cerebellum. Experimental Animals 2018.07.01

  • 野田 幸裕, 内田 美月, 長谷川 章, 北垣 伸治, 尾崎 紀夫, 田中 光一. 認知機能におけるグルタミン酸トランスポーター(GLAST)の役割. 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2017.09.01

  • Uchida Mizuki, Hida Hirotake, Mori Kentaro, Kitagaki Shinji, Ozaki Norio, Tanaka Kohichi, Yoshimi Akira, Noda Yukihiro. Functional roles of glial glutamate transporter in psychobehavioral abnormalities of mice administered phencyclidine repeatedly. Journal of Pharmacological Sciences 2017.03.01

特許 【 表示 / 非表示

  • 簡便で高効率の遺伝子改変非ヒト哺乳動物の作製方法

    特許番号: 6190995

  • グルタミン酸トランスポーターGLAST機能欠損マウス

    特許番号: 特許第449430号

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • JUN and MARY Wada奨励賞,1998年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「片頭痛の前兆に関与する遺伝子をマウスで発見」 ―片頭痛の病態解明や新たな治療薬の開発に前進―,2020年06月

    GLIA

  • 「 グリア細胞の異常が引き起こす慢性疼痛の仕組みを解明 」 慢性疼痛に対する新規治療法の開発へ前進 ―,2018年05月

    Glia

  • 「てんかん発作の多様性を引き起こす仕組みをマウスで発見」 てんかんの病態解明や新たな治療薬の開発に拍車 ―,2017年12月

    Glia

  • 「筋萎縮性側索硬化症に似た症状をグリア細胞の異常が引き起こす機序を解明」 筋萎縮性側索硬化症の治療薬の開発に拍車 ―,2017年08月

    Journal of Neuroscience

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学