基本情報

写真a

菅原 貴志(スガワラ タカシ)

SUGAWARA Takashi


職名

講師

生年

1973年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 認知行動医学系専攻 脳行動病態学講座 脳神経機能外科学分野  博士課程  2009年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 (東京医科歯科大学1498号)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科 助教
  • 2010年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2021年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経機能外科学 助教
  • 2021年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 脳・神経・精神診療領域 脳神経外科 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月~2009年3月
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 認知行動医学系専攻 脳行動病態学講座 脳神経機能外科学分野においてくも膜下出血後の脳血管攣縮、急性期脳損傷に関する研究に従事。
  • 2006年05月
    -
    2008年04月
    その間の2006年5月~2008年4月 アメリカ、LomaLinda Universityにて同研究に従事 postdoctoral fellow
  • 2016年02月
    -
    2016年03月
    Arkansas Neuroscience Institute CHI St. Vincent Infirmary Medical Center Cerebrovascular and Skull Base Research Fellowship

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本頭蓋底外科学会

  • 日本神経内視鏡学会

  • 日本脳腫瘍の外科学会

  • 日本脳卒中の外科学会

  • North American Skull Base Society

  • スパスム・シンポジウム

  • 日本脳神経外傷学会

  • 脳神経外科手術と機器学会

  • 日本脳神経外科コングレス

  • 日本脳卒中学会

  • 日本顔面神経学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    現在
    SANカンファレンス 世話人
  • 2019年10月
    -
    現在
    日本神経外傷学会 学術評議員
  • 2020年09月
    -
    現在
    日本顔面神経学会 評議員
  • 2020年10月
    -
    現在
    日本頭蓋底外科学会 評議員
  • 2021年09月
    -
    現在
    日本脳神経外科学会 代議員

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • くも膜下出血後、脳血管攣縮と急性脳損傷のメカニズム,2006年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • くも膜下出血後急性脳損傷におけるmiRNAを介した血管内皮前駆細胞動員の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mohri Kaori, Tanaka Kentaro, Sugawara Takashi, Asakage Takahiro, Tsutsumi Takeshi. Management of the temporal bone defect after resection of external auditory canal cancer AURIS NASUS LARYNX. 2021.12; 48 (6): 1157-1161. ( PubMed, DOI )

  2. Chiba K, Sugawara T, Kobayashi D, Sato A, Murota Y, Maehara T. Atypical Histological Features as Risk Factors for Recurrence in Newly Diagnosed WHO Grade I Meningioma. Neurologia medico-chirurgica. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  3. Tanaka K, Suesada N, Homma T, Mori H, Sugawara T, Tsutsumi T, Asakage T, Okazaki M. The different concepts of surgical managements between anterior and lateral skull base reconstructions based on surgical purposes. Auris, nasus, larynx. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  4. Suga Takayuki, Takenoshita Miho, Tu Trang T.H., Sugawara Takashi, Kirimura Susumu, Toyofuku Akira. A case of vestibular schwannoma mimicking burning mouth syndrome(和訳中) Biopsychosocial Medicine. 2021.03; 15 1 of 4-4 of 4. ( 医中誌 )

  5. Suga T, Takenoshita M, Tu TTH, Sugawara T, Kirimura S, Toyofuku A. A case of vestibular schwannoma mimicking burning mouth syndrome. BioPsychoSocial medicine. 2021.03; 15 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  6. Sano Takashi, Tamura Kaoru, Kuroha Masae, Sumita Kazutaka, Arai Yukika, Sugawara Takashi, Inaji Motoki, Tanaka Yoji, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi. ANALYSIS OF BRAIN TUMOR INDUCED BY IRRADIATION IN CHILDHOOD - A SINGLE INSTITUTIONAL ANALYSIS NEURO-ONCOLOGY. 2020.12; 22 458-459.

  7. Nomura F, Ariizumi Y, Kiyokawa Y, Tasaki A, Tateishi Y, Koide N, Kawabe H, Sugawara T, Tanaka K, Asakage T. Pigmented villonodular synovitis occurring in the temporomandibular joint. Auris, nasus, larynx. 2019.08; 46 (4): 609-617. ( PubMed, DOI )

  8. Nomura Fuminori, Ariizumi Yosuke, Kiyokawa Yusuke, Tasaki Akihisa, Tateishi Yumiko, Koide Nobuaki, Kawabe Hiroaki, Sugawara Takashi, Tanaka Kentaro, Asakage Takahiro. 顎関節に生じた色素性絨毛結節性滑膜炎(Pigmented villonodular synovitis occurring in the temporomandibular joint) Auris・Nasus・Larynx. 2019.08; 46 (4): 609-617. ( 医中誌 )

  9. Sugawara Takashi, Maehara Taketoshi, Nariai Tadashi, Aoyagi Masaru, Ohno Kikvo. Independent predictors of shunt-dependent normal pressure hydrocephalus after aneurysmal subarachnoid hemorrhage JOURNAL OF NEUROSURGICAL SCIENCES. 2016.06; 60 (2): 154-158.

  10. Ito Kei, Sugawara Takashi, Tamura Kaoru, Kawabata Shigenori, Kobayashi Daisuke, Maehara Taketoshi. 外科的切除後に消失した、重度後頭部痛を伴う後頭部顆類骨腫(Occipital Condyle Osteoid Osteoma with Severe Occipital Pain that Disappeared after Surgical Resection) NMC Case Report Journal. 2015.10; 2 (4): 128-131. ( 医中誌 )

  11. Ito K, Sugawara T, Tamura K, Kawabata S, Kobayashi D, Maehara T. Occipital Condyle Osteoid Osteoma with Severe Occipital Pain that Disappeared after Surgical Resection. NMC case report journal. 2015.10; 2 (4): 128-131. ( PubMed, DOI )

  12. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Takahiro Ogishima, Yoshihisa Kawano, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano, Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara, Seiji Kishimoto. Extended orbital exenteration for sinonasal malignancy with orbital apex extension: surgical technique and clinical analysis. J. Neurosurg.. 2015.07; 123 (1): 52-58. ( PubMed, DOI )

  13. Kei Ito, Takashi Sugawara, Kaoru Tamura, Shigenori Kawabata, Daisuke Kobayashi, Taketoshi Maehara. Occipital Condyle Osteoid Osteoma with Severe Occipital Pain that Disappeared after Surgical Resection Neurologia medico-chirurgica Case Report Journal. 2015;

  14. Satoru Takeuchi, Kimihiro Nagatani, Naoki Otani, Hiroshi Nawashiro, Takashi Sugawara, Kojiro Wada, Kentaro Mori. Hydrogen improves neurological function through attenuation of blood-brain barrier disruption in spontaneously hypertensive stroke-prone rats. BMC Neurosci. 2015; 16 22. ( PubMed, DOI )

  15. T Sugawara, T Maehara, Nariai Tadashi, M Aoyagi, K Ohno. Independent predictors of shunt-dependent normal pressure hydrocephalus after aneurysmal subarachnoid hemorrhage. J Neurosurg Sci. 2014.07; ( PubMed )

  16. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Youji Tanaka, Masashi Tamaki, Daisuke Kobayashi, Kikuo Ohno. Chronic encapsulated expanding hematoma in nonfunctioning pituitary adenoma. Neurosurg Rev. 2013.07; 36 (3): 395-402. ( PubMed, DOI )

  17. Robert E Ayer, Robert P Ostrowski, Takashi Sugawara, Qingy Ma, Nazanin Jafarian, Jiping Tang, John H Zhang. Statin-induced T-lymphocyte modulation and neuroprotection following experimental subarachnoid hemorrhage. Acta Neurochir. Suppl.. 2013; 115 259-266. ( PubMed, DOI )

  18. Satoru Takeuchi, Takashi Sugawara, Hiroyuki Masaoka, Yoshio Takasato. Fourth ventricular meningioma: a case report and literature review. Acta Neurol Belg. 2012.03; 112 (1): 97-100. ( PubMed, DOI )

  19. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Simultaneous multiple hypertensive intracranial hemorrhages. J Clin Neurosci. 2011.09; 18 (9): 1215-1218. ( PubMed, DOI )

  20. Naoki Otani, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Hiroki Miyawaki, Kyoko Sumiyoshi, Takashi Sugawara, Aoyagi Chikashi, Satoru Takeuchi, Goh Suzuki. Clinical characteristics and surgical outcomes of patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage and acute subdural hematoma undergoing decompressive craniectomy. World Neurosurg. 2011.01; 75 (1): 73-77. ( PubMed, DOI )

  21. Hidenori Suzuki, Robert Ayer, Takashi Sugawara, Wanqiu Chen, Takumi Sozen, Yu Hasegawa, Kenji Kanamaru, John H Zhang. Role of osteopontin in early brain injury after subarachnoid hemorrhage in rats. Acta Neurochir. Suppl.. 2011; 110 (Pt 1): 75-79. ( PubMed, DOI )

  22. Takashi Sugawara, Robert Ayer, Vikram Jadhav, Wanqiu Chen, Tamiji Tsubokawa, John H Zhang. Mechanisms of statin treatment in cerebral vasospasm. Acta Neurochir. Suppl.. 2011; 110 (Pt 2): 9-11. ( PubMed, DOI )

  23. R Ayer, V Jadhav, T Sugawara, John H Zhang. The neuroprotective effects of cyclooxygenase-2 inhibition in a mouse model of aneurysmal subarachnoid hemorrhage. Acta Neurochir. Suppl.. 2011; 111 145-149. ( PubMed, DOI )

  24. Hidenori Suzuki, Yu Hasegawa, Robert Ayer, Takashi Sugawara, Wanqiu Chen, Takumi Sozen, Kenji Kanamaru, Waro Taki, John H Zhang. Effects of recombinant osteopontin on blood-brain barrier disruption after subarachnoid hemorrhage in rats. Acta Neurochir. Suppl.. 2011; 111 231-236. ( PubMed, DOI )

  25. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Traumatic interhemispheric subdural haematoma: Study of 35 cases. J Clin Neurosci. 2010.12; 17 (12): 1527-1529. ( PubMed, DOI )

  26. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Progressive subdural hematomas after epidural blood patch for spontaneous intracranial hypotension. J Anesth. 2010.04; 24 (2): 315-316. ( PubMed, DOI )

  27. Takeuchi Satoru, Takasato Yoshio, Masaoka Hiroyuki, Hayakawa Takanori, Otani Naoki, Yoshino Yoshikazu, Yatsushige Hiroshi, Sugawara Takashi. 自然発症性脳圧低下のための硬膜外血液パッチ後の進行性硬膜下血腫(Progressive subdural hematomas after epidural blood patch for spontaneous intracranial hypotension) Journal of Anesthesia. 2010.04; 24 (2): 315-316. ( 医中誌 )

  28. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Middle cerebral artery occlusion resulting from hypereosinophilic syndrome. J Clin Neurosci. 2010.03; 17 (3): 377-378. ( PubMed, DOI )

  29. Hidenori Suzuki, Robert Ayer, Takashi Sugawara, Wanqiu Chen, Takumi Sozen, Yu Hasegawa, Kenji Kanamaru, John H Zhang. Protective effects of recombinant osteopontin on early brain injury after subarachnoid hemorrhage in rats. Crit. Care Med.. 2010.02; 38 (2): 612-618. ( PubMed, DOI )

  30. Robert Ayer, Wanqiu Chen, Takashi Sugawara, Hidenori Suzuki, John H Zhang. Role of gap junctions in early brain injury following subarachnoid hemorrhage. Brain Res.. 2010.02; 1315 150-158. ( PubMed, DOI )

  31. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Hemorrhagic encephalitis associated with Epstein-Barr virus infection. J Clin Neurosci. 2010.01; 17 (1): 153-154. ( PubMed, DOI )

  32. Naoki Otani, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Hiroki Miyawaki, Kyoko Sumiyoshi, Takashi Sugawara, Aoyagi Chikashi, Satoru Takeuchi, Go Suzuki. Significance of monitoring the initial intracranial pressure on hematoma irrigation with trephination therapy for acute subdural hematomas in critical conditions. Acta Neurochir. Suppl.. 2010; 106 257-260. ( PubMed, DOI )

  33. Naoki Otani, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Hiroki Miyawaki, Kyoko Sumiyoshi, Takashi Sugawara, Aoyagi Chikashi, Satoru Takeuchi, Go Suzuki. Surgical outcome following a decompressive craniectomy for acute epidural hematoma patients presenting with associated massive brain swelling. Acta Neurochir. Suppl.. 2010; 106 261-264. ( PubMed, DOI )

  34. Hiroshi Yatsushige, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Kyoko Sumiyoshi, Takashi Sugawara, Hiroki Miyawaki, Chikashi Aoyagi, Satoru Takeuchi, Go Suzuki. Prognosis for severe traumatic brain injury patients treated with bilateral decompressive craniectomy. Acta Neurochir. Suppl.. 2010; 106 265-270. ( PubMed, DOI )

  35. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Development of chronic encapsulated intracerebral hematoma after radiosurgery for a cerebral arteriovenous malformation. Acta Neurochir (Wien). 2009.11; 151 (11): 1513-1515. ( PubMed, DOI )

  36. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Dolichoectasia involving the vertebrobasilar and carotid artery systems. J Clin Neurosci. 2009.10; 16 (10): 1344-1346. ( PubMed, DOI )

  37. Takashi Sugawara, Vikram Jadhav, Robert Ayer, Wanqiu Chen, Hidenori Suzuki, John H Zhang. Thrombin inhibition by argatroban ameliorates early brain injury and improves neurological outcomes after experimental subarachnoid hemorrhage in rats. Stroke. 2009.04; 40 (4): 1530-1532. ( PubMed, DOI )

  38. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. Bilateral lenticulostriate artery aneurysms. Br J Neurosurg. 2009; 23 (5): 543-544. ( PubMed, DOI )

  39. Takashi Sugawara, Robert Ayer, Vikram Jadhav, Wanqiu Chen, Tamiji Tsubokawa, John H Zhang. Simvastatin attenuation of cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage in rats via increased phosphorylation of Akt and endothelial nitric oxide synthase. J. Neurosci. Res.. 2008.12; 86 (16): 3635-3643. ( PubMed, DOI )

  40. Vikram Jadhav, Takashi Sugawara, John Zhang, Paul Jacobson, Andre Obenaus. Magnetic resonance imaging detects and predicts early brain injury after subarachnoid hemorrhage in a canine experimental model. J. Neurotrauma. 2008.09; 25 (9): 1099-1106. ( PubMed, DOI )

  41. Robert E Ayer, Takashi Sugawara, Wanqiu Chen, Wenni Tong, John H Zhang. Melatonin decreases mortality following severe subarachnoid hemorrhage. J. Pineal Res.. 2008.03; 44 (2): 197-204. ( PubMed, DOI )

  42. Takashi Sugawara, Robert Ayer, Vikram Jadhav, John H Zhang. A new grading system evaluating bleeding scale in filament perforation subarachnoid hemorrhage rat model. J. Neurosci. Methods. 2008.01; 167 (2): 327-334. ( PubMed, DOI )

  43. T Sugawara, A Wang, V Jadhav, T Tsubokawa, A Obenaus, J H Zhang. Magnetic resonance imaging in the canine double-haemorrhage subarachnoid haemorrhage model. Acta Neurochir. Suppl.. 2008; 104 235-239. ( PubMed )

  44. Robert E Ayer, Takashi Sugawara, John H Zhang. Effects of melatonin in early brain injury following subarachnoid hemorrhage. Acta Neurochir. Suppl.. 2008; 102 327-330. ( PubMed )

  45. Takashi Sugawara, Vikram Jadhav, Robert Ayer, John Zhang. Simvastatin attenuates cerebral vasospasm and improves outcomes by upregulation of PI3K/Akt pathway in a rat model of subarachnoid hemorrhage. Acta Neurochir. Suppl.. 2008; 102 391-394. ( PubMed )

  46. T Sugawara, R Ayer, J H Zhang. Role of statins in cerebral vasospasm. Acta Neurochir. Suppl.. 2008; 104 287-290. ( PubMed )

  47. Takada Y, Morimoto T, Sugawara T, Ohno K. Trigeminal neuralgia associated with achondroplasia. Case report with literature review ACTA NEUROCHIRURGICA. 2001; 143 (11): 1173-1176.

  48. 菅原 貴志, 田中 洋次, 前原 健寿. 【脳動脈瘤クリッピング術】テント切除、動眼神経剥離を必要とする内頸動脈後交通動脈分岐部脳動脈瘤に対するneck clipping手術手技 脳卒中の外科. 2021.05; 49 (3): 167-173. ( 医中誌 )

  49. 菅原 貴志, 角田 篤信, 堤 剛, 前原 健寿. 頸静脈孔部腫瘍摘出術における顔面神経の処置と機能予後 Facial Nerve Research. 2021.03; 40 209-211. ( 医中誌 )

  50. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 阿部 大数, 高橋 暁, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 前原 健寿. 高齢者頭部外傷における特徴の検証 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2021.01; 44回 107. ( 医中誌 )

  51. 渡辺 俊樹, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 田澤 俊明, 前原 健寿. 長期間症状固定した視野障害,認知機能障害に対して手術が著効した成人側頭円蓋部くも膜嚢胞の1例 Neurological Surgery. 2020.11; 48 (11): 1059-1065. ( 医中誌 )

  52. Watanabe T, Sugawara T, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Tazawa T, Maehara T. [Remarkable Recovery of Chronic Symptoms in an Adult with Middle Fossa Convexity Arachnoid Cyst after Cystoventriculostomy:A Case Report]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.11; 48 (11): 1059-1065. ( PubMed, DOI )

  53. Ujikawa T, Tanaka Y, Onaka K, Kudo T, Sugawara T, Sumita K, Maehara T. [A Case Report of Clivus Chordoma Presenting with Cerebrospinal Fluid Rhinorrhea]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2020.07; 48 (7): 601-606. ( PubMed, DOI )

  54. 氏川 彩, 田中 洋次, 大仲 佳祐, 工藤 琢巳, 菅原 貴志, 壽美田 一貴, 前原 健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の1例 Neurological Surgery. 2020.07; 48 (7): 601-606. ( 医中誌 )

  55. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 野田 真利子, 黒羽 真砂恵, 唐鎌 淳, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷 抗血栓薬内服症例の特徴 神経外傷. 2020.06; 43 (1): 5-12. ( 医中誌 )

  56. 藤木 修子, 玉木 香菜, 藤田 恭平, 小林 大輔, 菅原 貴志, 稲次 基希, 西田 陽一郎, 三條 伸夫, 石川 欽也, 内原 俊記, 柿田 明美, 横田 隆徳. 11C-Methionine-PETで高集積を認め脳幹gliomaが疑われたが脳生検で脱髄性疾患の診断となった53歳女性の一例 臨床神経学. 2020.05; 60 (5): 375. ( 医中誌 )

  57. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴 Neurosurgical Emergency. 2020.02; 24 (3): 382. ( 医中誌 )

  58. 稲次 基希, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 寿美田 一貴, 成相 直, 横堀 將司, 布施 明, 横田 裕行, 前原 健寿. 重症頭部外傷管理におけるけいれんとその治療 頭部外傷データバンクプロジェクト2015からの検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2020.02; 43回 187. ( 医中誌 )

  59. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 沖野 礼一, 高橋 暁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における高齢者頭部外傷の検討 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2020.02; 43回 74. ( 医中誌 )

  60. 沖野 礼一, 稲次 基希, 高橋 暁, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当施設における頭部外傷症例の検討 抗血栓薬使用症例における特徴 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2020.02; 43回 171. ( 医中誌 )

  61. 山岡 寛人, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院における破裂脳動脈瘤の大きさによる臨床的特徴・予後の検討 脳卒中の外科. 2020.01; 48 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  62. 壽美田 一貴, 山田 健嗣, 唐鎌 淳, 清水 一秀, 菅原 貴志, 三木 一徳, 金 瑛仙, 平沢 光明, 前原 健寿, 根本 繁. くも膜下出血の出血源の同定が困難であった5ヶ所の多発脳動脈瘤に対してネッククリッピングとコイル塞栓術を施行した1例 脳卒中. 2019.09; 41 (5): 404-410. ( 医中誌 )

  63. 澤柳 文菜, 壽美田 一貴, 田中 洋次, 唐鎌 淳, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位,親動脈を同定するためのカラードップラーエコーの有用性 Neurological Surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( 医中誌 )

  64. Sawayanagi A, Sumita K, Tanaka Y, Karakama J, Kudo T, Tamura K, Sugawara T, Inaji M, Nariai T, Maehara T. [Effectiveness of Color-Coded Doppler Ultrasonography for Detecting the Trajectory in the Surgical Management of Distal ACA Aneurysms]. No shinkei geka. Neurological surgery. 2019.03; 47 (3): 321-327. ( PubMed, DOI )

  65. 壽美田 一貴, 武川 麻紀, 工藤 琢巳, 田村 郁, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直. 小児もやもや病診断・治療の進歩と長期予後 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績 The Mt. Fuji Workshop on CVD. 2018.07; 36 10-12. ( 医中誌 )

  66. 阿部 大数, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 【脳動脈瘤】くも膜下出血をきたした微小脳動脈瘤(5mm未満)の臨床的検討 脳卒中の外科. 2018.03; 46 (2): 122-126. ( 医中誌 )

  67. 壽美田 一貴、武川 麻紀、工藤 琢巳、田村 郁、菅原 貴志、稲次 基希、 田中 洋次、 前原 健寿、成相 直. 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績 The Mt. Fuji Workshop on CVD . 2018; 36 10-12.

  68. 菅原 貴志,稲次 基希,田中 洋次,成相  直,前原 健寿. 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 脳卒中の外科. 2017.10; 45 (5): 345-351. ( DOI )

  69. 中野 智行 ,菅原 貴志 ,稲次 基希 ,田中 洋次, 吉野 義一 ,成相  直 ,根本  繁 ,前原 健寿 . 経過観察中に破裂をきたした未破裂脳動脈瘤に関する検討 脳卒中の外科 . 2017.10; 45 (5): 394-397. ( DOI )

  70. 武井 孝麿, 菅原 貴志, 石和田 宰弘, 蛯子 裕輔, 前原 健寿. 慢性硬膜下血腫に対する術後五苓散投与の検討 脳神経外科と漢方. 2017.09; 3 48-53. ( 医中誌 )

  71. 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 【脳動脈瘤に対する治療法の選択】前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 345-351. ( 医中誌 )

  72. 中野 智行, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 経過観察中に破裂をきたした未破裂脳動脈瘤に関する検討 脳卒中の外科. 2017.09; 45 (5): 394-397. ( 医中誌 )

  73. 阿部 大数 ,菅原 貴志 ,稲次 基希 ,田中 洋次, 吉野 義一 ,成相  直 ,根本  繁 ,前原 健寿 . くも膜下出血をきたした微小脳動脈瘤(5 mm未満)の臨床的検討 脳卒中の外科. 2017.04; 46 (2): 122-126. ( DOI )

  74. 青山 二郎, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 吉野 義一, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. スパズム期の脳動脈瘤治療 当院におけるくも膜下出血患者に対する脳血管攣縮期の治療成績 軽症例を中心に 脳血管攣縮. 2017.02; 32 36-40. ( 医中誌 )

  75. 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  76. 青山 次郎、菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、吉野 義一、成相 直、根本 繁、前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対する脳血管攣縮期の治療成績 -軽症例を中心に- 脳血管攣縮. 2016.02; 32 36-40.

  77. 菅原 貴志, 高橋 暁, 清川 樹里, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 根本 繁, 前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパズム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題 脳血管攣縮. 2016.02; 31 1-5. ( 医中誌 )

  78. 菅原 貴志, 前原 健寿, 大野 喜久郎. 【小脳の最新知見-基礎研究と臨床の最前線】小脳の病態 小脳疾患の診療の最前線 小脳奇形 Chiari奇形を中心に 医学のあゆみ. 2015.12; 255 (10): 999-1003. ( 医中誌 )

  79. 荻島 隆浩, 菅原 貴志, 矢野 智之, 原 祥子, 蛯子 裕輔, 田中 洋次, 前原 健寿, 成相 直, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 待機的に髄液漏閉鎖・顔面骨修復を行い、良好な転帰を得た前頭蓋底顔面骨折の一例 Neurosurgical Emergency. 2013.12; 18 (2): 209-214. ( 医中誌 )

  80. 石井 洋介、前原 健寿、吉野 義一、菅原 貴志、清川 樹里、竹本 暁、山崎 信吾、大野喜久郎. 前頭蓋窩硬膜動静脈瘻―手術例の検討― 脳卒中の外科. 2012.01; 40 (1): 7-13.

  81. 石井 洋介, 前原 健寿, 吉野 義一, 菅原 貴志, 清川 樹里, 竹本 暁, 山崎 信吾, 大野 喜久郎. 前頭蓋窩硬膜動静脈瘻 手術例の検討 脳卒中の外科. 2012.01; 40 (1): 7-13. ( 医中誌 )

  82. 荻島 隆浩, 重田 恵吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 前田 卓哉. 1本のcoilで血栓化した前交通動脈瘤の再開通にMatrix2で追加塞栓した1症例 JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy. 2010.11; 4 (4): 333. ( 医中誌 )

  83. 大谷 直樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 青柳 盟史, 竹内 誠, 鈴木 剛. 重症急性硬膜下血腫に対する緊急穿頭時の頭蓋内初圧測定の意義について Neurosurgical Emergency. 2010.08; 15 (1): 50-55. ( 医中誌 )

  84. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. [Unusual distribution of blood in a ruptured aneurysm--case report]. Brain Nerve. 2009.12; 61 (12): 1425-1428. ( PubMed )

  85. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志. 非典型的な血腫分布を示した破裂脳動脈瘤の1例 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2009.12; 61 (12): 1425-1428. ( 医中誌 )

  86. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara, Chikashi Aoyagi, Go Suzuki. [A case of traumatic middle meningeal arteriovenous fistula on the side of the head opposite to the injured side]. No Shinkei Geka. 2009.10; 37 (10): 983-986. ( PubMed )

  87. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. [Case of ruptured middle cerebral artery bifurcation aneurysm presenting as putaminal hemorrhage without subarachnoid hemorrhage]. Brain Nerve. 2009.10; 61 (10): 1171-1175. ( PubMed )

  88. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 受傷部位と反対側に生じた外傷性中硬膜動静脈瘻の1例 Neurological Surgery. 2009.10; 37 (10): 983-986. ( 医中誌 )

  89. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志. くも膜下出血を伴わず被殻出血のみで発症した破裂中大脳動脈分岐部動脈瘤の1例 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2009.10; 61 (10): 1171-1175. ( 医中誌 )

  90. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. [A case of cerebral venous thrombosis associated with thrombocythemia]. No Shinkei Geka. 2009.07; 37 (7): 697-702. ( PubMed )

  91. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志. 血小板増多症に伴った脳静脈洞血栓症の1例 Neurological Surgery. 2009.07; 37 (7): 697-702. ( 医中誌 )

  92. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara, Chikashi Aoyagi, Go Suzuki. [A case of meningitis complicated by brainstem infarction]. No Shinkei Geka. 2009.06; 37 (6): 591-595. ( PubMed )

  93. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 脳幹梗塞を合併した髄膜炎の1例 Neurological Surgery. 2009.06; 37 (6): 591-595. ( 医中誌 )

  94. 菅原 貴志, 坪川 民治, Jadhav Vikram, Chen Wanqiu, Zhang John H.. Akt、eNOSリン酸化経路を介したシンバスタチンによる脳血管攣縮予防効果 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集. 2008.10; 67回 1J-10. ( 医中誌 )

  95. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 重症くも膜下出血に対する脳低温療法を加えた集学的治療の有効性の検討 Neurosurgical Emergency. 2007.07; 12 (1): 53-59. ( 医中誌 )

  96. Satoru Takeuchi, Yoshio Takasato, Hiroyuki Masaoka, Takanori Hayakawa, Naoki Otani, Yoshikazu Yoshino, Hiroshi Yatsushige, Takashi Sugawara. [Case of gustatory disturbance caused by pontine infarction]. No To Shinkei. 2006.11; 58 (11): 1005-1007. ( PubMed )

  97. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宜, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志. 味覚障害のみで発症した橋梗塞の1例 脳と神経. 2006.11; 58 (11): 1005-1007. ( 医中誌 )

  98. 菅原 貴志, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 今江 省吾, 山本 崇裕, 武川 麻紀. Terson症候群をきたしたくも膜下出血20例の臨床的検討 脳卒中の外科. 2006.07; 34 (4): 294-298. ( 医中誌 )

  99. 菅原 貴志, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 当院における尾状核出血19例の臨床的検討 脳卒中. 2006.03; 28 (1): 240. ( 医中誌 )

  100. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、太田 禎久、早川 隆宣、八ツ繁 寛、今江 省吾、山本 崇裕、武川 麻紀. Terson症候群をきたしたくも膜下出血20例の臨床的検討 脳卒中の外科. 2006; 34 (4): 294-298.

  101. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 今江 省吾, 菅原 貴志, 倉本 憲明. 3D-SSPを用いたびまん性軸索損傷例における局所脳血流の分析 核医学. 2005.09; 42 (3): 355. ( 医中誌 )

  102. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 今江 省吾, 菅原 貴志, 冨士井 睦, 木野 智幸. 3D-SSPによるクモ膜下出血後の脳血流評価 脳卒中. 2004.03; 26 (1): 222. ( 医中誌 )

  103. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 河面 吉彦, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 高山 泰広, 本間 正人. 多発外傷を伴う重症頭部外傷に対して脳低温療法を施行した2例 日本神経救急学会雑誌. 2002.05; 15 (1): 10-13. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Robert Ayer, Takashi Sugawara, and John H. Zhang. Animal Models of Acute Neurological Injuries II, Springer Protocols Handbooks. Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Grading in Animal Models.. Humana Press, Totowa, NJ, 2012.01 Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage Grading in Animal Models

  2. Robert Ayer, Julian Cahill, Takashi Sugawara, Vikram Jadhav, and John H. Zhang. Animal Models of Acute Neurological Injuries, Rodent Surgical Procedures and Tissue Collection. Humana Press, 2009.01 Rodent Surgical Procedures and Tissue Collection

  3. 菅原貴志. プライム脳神経外科 5 頭蓋底腫瘍、04 嗅神経芽腫. 三輪書店, 2020.04 04 嗅神経芽腫

  4. 菅原貴志. プライム脳神経外科 5 頭蓋底腫瘍、05 篩骨洞癌. 三輪書店, 2020.04 05 篩骨洞癌

  5. 菅原貴志・前原健寿・大野喜久郎. 医学のあゆみ. 医歯薬出版, 2015.12 小脳奇形-Chiari奇形を中心に-

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Takashi Sugawara. Surgical Strategy for Lesion in and around Cavernous Sinus. Fujita Health University Bantane Alumni Association Webinar 2021.03.07 Nagoya, Web

  2. Takashi Sugawara, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara. Treatment strategy and clinical outcome of cavernous sinus lesion. North America Skull Base Society 30th annual meeting 2020.02.07 San Antonio, TX, USA

  3. Takashi Sugawara. Surgical Technique for the Cavernous sinus lesion -Oculomotor Cave Exposure and Oculomotor Mobilization-. 2019 WFNS foundation ACNS seminar Tianjin 2019.08.10 Tianjin, China

  4. Takashi Sugawara. Tentorium Resection and Oculomotor Nerve Mobilization for Safe and Reliable Aneurysm Clipping. 2019 WFNS foundation ACNS seminar Tianjin 2019.08.10 Tianjin, China

  5. Takashi Sugawara, Taketoshi Maehara. Surgical Technique for the Cavernous sinus lesion -Oculomotor Cave Exposure and Oculomotor Mobilization-. GRAND OPENING ARKANSAS NEUROSCIENCE INSTITUTE RESEARCH AND EDUCATION CENTER & Grand Opening Symposium & Live Microneurosurgery course 2019.05.16 Little Rock, Arkansas, USA

  6. Takashi Sugawara. Anatomy of the Cavernous sinus - Focus on Oculomotor Nerve and Cave -. ACNS On-Line Symposium, Anatomy of the Skull Base & Ventricules 2019.02.03 Live web lecture

  7. Takashi Sugawara, Taketoshi Maehara. "Surgical Technique for the Cavernous sinus lesion -Oculomotor Cave Exposure and Oculomotor Mobilization-". Haihe skull base surgery peak forum and the 4th Tianjin skull base surgery conference 2018.12.22 Tianjin, China

  8. Takashi Sugawara, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara. Surgical Technique for Paraclinoid Meningioma resection -Oculomotor cave exposure-. 2018 ACNS Hanoi Skull Base Live Surgery Seminar 2018.10.05

  9. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano Atsunobu Tsunoda2, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara and Seiji Kishimoto. Surgical Technique and Long Term Outcomes of Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension -Surgical Technique of Anterior and Middle Cranial Fossa Exposure-. 2018 ACNS Hanoi Skull Base Live Surgery Seminar 2018.10.05 Hanoi

  10. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano Atsunobu Tsunoda2, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara and Seiji Kishimoto. Surgical Technique and Long Term Outcomes of Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension -Surgical Technique of Anterior and Middle Cranial Fossa Exposure-. Live conference at Regional cancer centre, Trivandrum, Kerala, INDIA 2018.09.28 Kerala (Live lecture from Tokyo)

  11. Takashi Sugawara, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara. Surgical Technique for Neck Clipping of Internal Carotid Artery Supraclinoid Segment Aneurysm - complete exposure of the aneurysm –. 2nd Congress of Neurosurgeons of Uzbekistan WFNS FOUNDATION ACNS LIVE SEMINAR 2018.09.05 Tashkent

  12. Takashi Sugawara, Yoji Tanaka, Takeshi Tsutsumi, Taketoshi Maehara. Surgical strategy of Jugular foramen tumor with consideration of nerve function preservation –focus on facial nerve function-. 2nd Congress of Neurosurgeons of Uzbekistan WFNS FOUNDATION ACNS LIVE SEMINAR 2018.09.05

  13. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara and Seiji Kishimoto. Surgical Technique and Long Term Outcomes of Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension. 2nd Congress of Neurosurgeons of Uzbekistan WFNS FOUNDATION ACNS LIVE SEMINAR 2018.09.05 Tashkent

  14. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara and Seiji Kishimoto. Surgical Technique and Long Term Outcomes of Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension. WFNS foundation Endoscopic Cadaver Dissection and Live Surgery Seminar 2018.08.03

  15. Takashi Sugawara, Yoji Tanaka, Yosuke Ariizumi, Kentaro Tanaka, Takahiro Asakage,Taketoshi Maehara. Total Resection of Juvenile Nasopharyngeal Angiofibroma with the combined Microscopic Transcranial and Endoscopic Transnasal Approach. WFNS foundation Endoscopic Cadaver Dissection and Live Surgery Seminar 2018.08.03 Tymen

  16. Takashi Sugawara, Motoki Inaji, Yoji Tanaka, Tadashi Nariai, Taketoshi Maehara. Surgical Technique for Neck Clipping of Internal Carotid Artery Supraclinoid Segment Aneurysm. 2018 China-Japan Cerebrovascular Disease Forum 2018.03.31 Tokyo

  17. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Tomoyuki Yano, Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara, and Seiji Kishimoto. Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension -Surgical Technique and Long Term Outcomes-. European association of neurosurgical societies 2017 2017.10.04 Venice

  18. Takashi Sugawara, Motoki Inaji, Youji Tanaka, Tadashi Nariai, Taketoshi Maehara. Surgical Technique for Neck Clipping of Internal Carotid Artery Supraclinoid Segment Aneurysm -importance of complete exposure of the aneurysm-. European association of neurosurgical societies 2017 2017.10.03 Venice

  19. Takashi Sugawara, Masaru Aoyagi, Masashi Tamaki, Yano Tomoyuki, Atsunobu Tsunoda, Kikuo Ohno, Taketoshi Maehara, Seiji Kishimoto. Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy w/ Orbital Apex Extension. 7th International Congress of the World Federation of Skull Base Societies 2016.06.16 Osaka

  20. Takashi Sugawara, MD , PhD, Masaru Aoyagi, MD , PhD, Takahiro Ogishima, MD, Masashi Tamaki, MD , PhD, Tomoyuki Yano, MD , Atsunobu Tsunoda, MD , PhD, Kikuo Ohno, MD , PhD, Taketoshi Maehara, MD , PhD, and Seiji Kishimoto, MD , PhD. Extended orbital exenteration for sinonasal malignancy with orbital apex extension: surgical technique and clinical analysis. 28th Annual Meeting of Japanese Society for Skull Base Surgery 2016.06.16 Osaka

  21. Nakano T, Sugawara T, Hara S, Inaji M, Tanaka Y, Nariai T, Maehara T. Direct trapping for right PICA dissecting aneurysm with left transcondylar approach A case report. 第28回日本頭蓋底外科学会 2016.06.16 大阪

  22. Takashi Sugawara, Taketoshi Maehara, Tadashi Nariai, Masaru Aoyagi, Kikuo Ohno. Independent Predictors of Shunt-Dependent Normal Pressure Hydrocephalus after Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage. Hydrocephalus 2012 Kyoto 2012.10.20 Kyoto, The Westin Miyako

  23. Takashi Sugawara, Tamiji Tsubokawa, Vikram Jadhav, Wanqiu Chen, John H Zhang. Mechanisms of Statin Treatment in Cerebral Vasospasm . 10th International Conference on Cerebral Vasospasm 2009.10.09 重慶 Chongqing  Sofitel Forebase Chongqing & The Yangtze gorges tourism board

  24. Takanori Hayakawa,Yoshio Takasato,Hiroyuki Masaoka,Naoki Otani,Yoshikazu Yoshino,Hiroshi Yatsushige,Takashi Sugawara,Toshiya Momose,Chikashi Aoyagi,Go Suzuki. Analysis of regional, hypoperfusion in traumatic brain injury using 123I-IMP SPECT with 3D-SSP. XXIVth International Symposium on Cerebral Blood Flow Metabolism and Function 2009.06.29 Chicago,USA

  25. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Ruptured aneurysms located at the nonbranching sites in the internal carotid artery inciuding blister-like aneurysrns with special attention to clinical,radiological findings,and surgical management. 13th ASEAN congress of neurological surgeons 2008.12.01 KualaLumpur,Malaysia

  26. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Significance of initial intracranial pressure monitoring on hematoma irrigation with trephination therapy (HITT) for acute subdural hematorna in critical condition. 13th ASEAN congress of neurological surgeons 2008.12.01 KualaLumpur,Malaysia

  27. Takashi Sugawara, Y. Takasato, H. Masaoka, T. Hayakawa, N. Otani, Y. Yoshino, Y. Yatsushige, K. Sumiyoshi, C. Aoyagi, T. Suzuki. . Multimodality Therapy for Subarachnoid Hemorrhage -A single institution experience in Japan-. 3rd International forum on Cerebral Vasospasm in Chongqing & 3rd Neurosurgery meeting of Southwest China 2008.10.26 重慶 Chongqing Chongqing Kinglead Hotel

  28. Yoshino Y,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Otani N,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T,Aoyagi C,Suzuki G. Frame-based stereotactic hematoma puncture and subsequent fibrinolytic therapy for the treatment of spontaneous putaminal hemorrhage -An analysis of 157 cases in a single medical center. 6th World Stroke Congress 2008.09.24 Vienna,Austria

  29. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G . Ruptured aneurysms located at the nonbranching sites in the internal carotid artery including blister-like aneurysms with special attention to ciinical,radiological findings,and surgical management. The 4th European-Japanese joint conference on stroke surgery 2008.07.04 Helsinki,Finland

  30. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Usefulness of decompressive craniectomy in poor-grade subarachinoid hemorrhage with massive intracerebral hematomas. The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury 2008.06.11 Warsaw,Poland

  31. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Surgical outcome foliowing decompressive craniectomy for acute epidural hematoma patients presenting with massive brain swelling. The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury 2008.06.11 Warsaw,Poland

  32. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Significance of initial intracranial pressure monitoring on hematoma irrigation with trephination therapy(HITT) for acute subdural hematoma in critical condition. The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury 2008.06.11 Warsaw,Poland

  33. Otani N,Takasato Y,Masaoka H,Hayakawa T,Yoshino Y,Yatsushige H,Sumiyoshi K,Miyawaki H,Sugawara T, Aoyagi C, Takeuchi S, Suzuki G. Clinical feature and CT findings as predictive factors for primary pontine hemorrhage. The XIV international symposium of brain edema and brain tissue injury 2008.06.11 Warsaw,Poland

  34. Takashi Sugawara M.D, Vikram Jadhav M.D, Ph.D, John Zhang M.D, Ph.D. Simvastatin Attenuates Cerebral Vasospasm by Upregulation of PI3K/Akt Pathway and Improves Outcomes in Rat Model of Subarachnoid Hemorrhage. 13th International Symposium Intracranial Pressure and Brain Monitoring 2007.07.22 San Francisco The Palace Hotel

  35. Yoshino Y.,Takasato Y.,Masaoka H.,Hayakawa T.,Otani N.,Yatsushige H.,Sugawara T.,Kitahashi A.,Obikane Y.,Aoyagi C. Low incidence of cerebral vasospasm after aneurysmal subarachnoid hemorrhage: a comparison between surgical repairs and endovascular coil occlusions. 9th International Conference on Cerebral Vasospasm 2006.06.01 Istanbul, Turkey

  36. Otani N.,Takasato Y.,Masaoka H.,Hayakawa T.,Yoshino Y.,Yatsushige H.,Sugawara T.,Kitahashi A.,Obikane Y.,Aoyagi C.,C.,Takeuchi S. Surgical results for acute epidural hematoma in 166 teated patients-Propose useful of decompressive craniotomyー. 8th Intemational Neurotrauma Symosium 2006.05.21 Rotterdam, Netherlands

  37. Yatsushige H.,Takasato Y.,Masaoka H.,Hayakawa T.,Yoshino Y.,Otani N., Sugawara T.,Obikane Y, Kitahashi A. Analysis of bilateral decompressive craniectomy for severe traumatic brain injury patients. 8th Intemational Neurotrauma Symosium 2006.05.21 Rotterdam, Netherlands

  38. Otani N.,Takasato Y.,Masaoka H.,Hayakawa T.,Yoshino Y.,Yatsushige H.,Sugawara T.,Kitahashi A.,Miyawaki H.,Aoyagi C.,C.,Takeuchi S. Clinical characteristics and surgical results of the subacute subdural hematoma. 8th Intemational Neurotrauma Symosium 2006.05.21 Rotterdam, Netherlands

  39. 253. TakasatoY,Masaoka H,Ohta Y,Hayakawa T,lmae S,Sugawara T,KinoT ,Yamamoto T. Change of prognotic clinical indicators of severe brain injury treated by brain hypothermia. 7th Neurotrauma Symposium 2004.09.14 Australia

  40. Takasato Y,Masaoka H,Ohta Y,Hayakawa T,Imae S ,Sugawara T,Fujii M,KinoT,Kuramoto K. Effect of local thromolysis/brain hypothermia treatment in acute occlusion of cerebral maln trunk arteries. 5th World Congress 2004.06.24 Vancouver,Canada

  41. Takashi SUGAWARA, Yoshio TAKASATO, Hiroyuki MASAOKA, Sadahisa OHTA, Takanobu HAYAKAWA, Shogo IMAE, Tomoyuki KINO, Takahiro YAMAMOTO. Cerebral Blood Flow Study Before Thrombolysis , and During and After Hypothermia for Patients of Severe Cerebral Infarction. 8th International Symposium Thrombolisis and Acute Stroke Therapy 2004.06.19 Whistler

  42. 菅原貴志、綾部風雅、荒井雪花、阿部大数、田村郁、稲次基希、田中洋次、前原健寿. 当院におけるORBEYE導入後の脳腫瘍手術の現状と展望. 第26回日本脳腫瘍の外科学会 2021.09.10 東京

  43. 三輪 勇介 菅原 貴志 稲次 基希 田中 洋次 前原 健寿. 無症候性初発髄膜腫における術前腫瘍倍化速度と病理組織学的増殖能、悪性度との関連の検討. 第26回日本脳腫瘍の外科学会 2021.09.09 東京

  44. 菅原貴志、前原健寿. 脳神経外科手術における外視鏡(ORBEYE)の使用経験. 第1回外視鏡手術研究会 2021.07.18 愛知 Web

  45. 菅原貴志、田中顕太郎、朝蔭孝宏、前原健寿. 頭蓋底腫瘍摘出腔処置における 脳神経外科医の考え方. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.02 東京

  46. 田中顕太郎、石田直也、村上響一、岡崎睦、菅原貴志、朝蔭孝宏. 頭蓋底再建術後の頭蓋内dead spaceに関する考察. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.02 東京

  47. 堤剛、朝蔭孝宏、菅原貴志、田中顕太郎. 外耳道癌切除時の切除範囲決定と顔面神経合併切除への対応、第33回日本頭蓋底外科学会. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.02 東京

  48. 菅原貴志. 脳腫瘍摘出術における安全性・効率性の追求 -TissueSelect & 4MHz Coagulationの活用-. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.01 東京

  49. 菅原貴志、田中洋次、朝蔭孝宏、前原健寿. 海綿静脈洞腫瘍摘出における神経内視鏡の役割. 第33回日本頭蓋底外科学会 2021.07.01 東京

  50. 菅原貴志. 脳神経外科手術におけるCUSA Clarityの有用性. CUSA Clarity Webセミナー 2021.06.16 東京

  51. 伊藤 卓、菅原 貴志、堤 剛. 側頭骨外科手術におけるExtended Reality技術の活用、第21回日本術中画像情報学会. 第21回日本術中画像情報学会 2021.04.24 札幌

  52. 菅原貴志、三輪勇介、有泉陽介、伊藤卓、朝蔭孝宏、前原健寿. 脳神経外科手術シミュレーション・教育におけるMixed Reality技術の応用. 第30回脳神経外科手術と機器学会 2021.04.23 札幌 Web

  53. 菅原貴志、佐藤陽人、田中洋次、前原健寿. 脳動脈瘤手術におけるSylvian fissureに沿った硬膜縦切開法の有用性. 第30回脳神経外科手術と機器学会 2021.04.23 札幌 Web

  54. 菅原貴志、前原健寿. 脳卒中の外科の術者として育つための頭蓋底手術手技の有用性. 第50回日本脳卒中の外科学会 2021.03.11 福岡

  55. 三輪勇介、菅原貴志、前原健寿. Layerにこだわった前頭側頭開頭における皮弁翻転. 第8回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンス 2021.01.30 東京

  56. 菅原貴志. 脳神経外科手術におけるCUSA Clarityの有用性. CUSA Clarity Webinar 講演 2020.12.02 東京

  57. 菅原貴志. 脳神経外科手術におけるCUSA Clarityの有用性. CUSA Clarity Webinar 講演 2020.11.25 東京

  58. 菅原貴志、田中洋次、堤剛、前原健寿. 頭蓋底腫瘍摘出術における外視鏡(ORBEYE)の使用経験. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25 福島

  59. 菅原貴志、田中洋次、前原健寿. Simpson’s grade I を目指したBenign Medial Sphenoid Wing Meningioma 摘出術. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25 福島

  60. 田崎彰久、河邊浩明、高橋亮介、小出暢章、大野十央、有泉陽介、菅原貴志、朝蔭孝宏. 卵円孔拡大を伴う副咽頭間隙腫瘍の手術アプローチ. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25 福島

  61. 有泉陽介、高橋亮介、河邊浩明、小出暢章、田崎彰久、大野十央、田中洋次、菅原貴志、田中顕太郎、朝蔭孝宏. 鼻腔・篩骨洞悪性腫瘍 15 例における頭蓋底手術の安全性と短期成績. 第32回日本頭蓋底外科学会 2020.10.25 福島

  62. 稲次基希、唐鎌淳、野田真利子、黒羽真砂恵、高橋暁、橋本聡華、菅原貴志、田中洋次、大友康裕、前原健寿. 当院における高齢者頭部外傷の特徴と対応. 第79回日本脳神経外科学会学術総会 2020.10.16 岡山

  63. 菅原貴志、佐藤陽人、田中洋次、前原健寿. 当院における海綿静脈洞周囲頭蓋底髄膜腫に対する治療戦略とその現状. 第79回 日本脳神経外科学会学術総会 2020.10.15 岡山

  64. 唐鎌淳、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、藤井照子、藤田恭平、三木一徳、壽美田一貴、前原健寿. 当施設における脊髄硬膜動静脈瘻の治療成績. 第79回日本脳神経外科学会学術総会、WEB配信 2020.10.15 岡山

  65. 木下裕貴、菅原貴志、小林大輔、黒羽真砂恵、橋本聡華、原祥子、唐鎌淳、田村郁、稲次基希、田中洋次、前原健寿. 頭蓋底、非頭蓋底髄膜腫における病理組織学的所見の検討. 第79回日本脳神経外科学会学術総会、WEB配信 2020.10.15 岡山

  66. 菅原貴志. 頸静脈孔部腫瘍摘出術における顔面神経の処置と機能予後. 第43回日本顔面神経学会 2020.10.01 松山

  67. 菅原貴志、田中洋次、前原健寿. 海綿静脈洞浸潤病変に対する摘出術. 第29回脳神経外科手術と機器学会 2020.09.30 横浜、神奈川

  68. 菅原貴志、田中洋次、田中顕太郎、角田篤信、堤剛、前原健寿. 当院における頚静脈孔腫瘍に対する手術戦略と現状. 第25回日本脳腫瘍の外科学会 2020.09.11 名古屋

  69. 菅原貴志、佐藤陽人、田中洋次、前原健寿. 静脈温存を意識した脳動脈瘤の手術戦略 -Sylvian fissureに沿った硬膜縦切開法-. 第49回日本脳卒中の外科学会 2020.08.23 神奈川

  70. 菅原 貴志. "頭頸部悪性腫瘍手術から学ぶ 脳血管障害・脳腫瘍における頭蓋底手術 -てんかん管理を含め- ". 第97回切琢会 2020.02.14 秋田

  71. 菅原貴志、稲次基希、田中洋次、堤剛、前原健寿. ORBEYE(外視鏡)の使用経験. 第7回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンス 2020.02.01 東京

  72. 渡辺俊樹、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 長期経過の後に手術が著効した成人円蓋部くも膜嚢胞の1例. 第140回日本脳神経外科学会 関東支部学術集会 2019.12.07 東京

  73. 佐藤陽人、菅原貴志、前原健寿. 前交通動脈瘤手術における pterional approachの工夫. 第3回SANカンファレンス 2019.11.04 熊本

  74. 菅原貴志、田中顕太郎、堤剛、前原健寿. 錐体骨浸潤腫瘍摘出の手術手技 - mastoidectomyを行った23例の検討-. 第3回SANカンファレンス 2019.11.03 熊本

  75. 菅原貴志、田中洋次、朝蔭孝宏、前原健寿. 当院における海綿静脈洞病変の治療戦略と治療成績. 第78回日本脳神経外科学会学術総会 2019.10.11 大阪

  76. 千葉慶太郎、菅原貴志、小林大輔、佐藤陽人、室田裕大、前原健寿. WHO grade I の初発髄膜腫術後における 再発危険因子の検討. 第78回日本脳神経外科学会学術総会 2019.10.11 大阪

  77. 室田裕大、菅原貴志、小林大輔、千葉慶太郎、佐藤陽人、前原健寿. WHO grade IIの再発危険因子の検討. 第79回日本脳神経外科学会学術総会 2019.10.11 大阪

  78. 菅原貴志、千葉慶太郎、室田裕大 佐藤陽人、田中洋次、前原健寿. Spheno-Orbital meningioma に対する治療の現状. 第24回日本脳腫瘍の外科学会 2019.09.13 浜松、 静岡

  79. 菅原貴志. CUSA Clarity、VersaTruバイポーラピンセットを用いた安全で効率的な腫瘍摘出術. 第24回日本脳腫瘍の外科学会 2019.09.13 浜松、 静岡

  80. 佐藤陽人、菅原貴志、室田裕大、前原健寿. 三叉神経痛にて発症した小脳橋角部腫瘍の臨床的検討. 第24回日本脳腫瘍の外科学会 2019.09.13 浜松

  81. 菅原貴志、有泉陽介、田中顕太郎、前原健寿、朝蔭孝宏. 鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する一塊切除における脳神経外科の役割の現状. 第31回日本頭蓋底外科学会 2019.07.12 神戸

  82. 菅原貴志、田中洋次、朝蔭孝宏、前原健寿. 当院における 海綿静脈洞病変の治療戦略. 第31回日本頭蓋底外科学会 2019.07.11 神戸

  83. 菅原貴志、田中洋次、朝蔭孝宏、前原健寿. 海綿静脈洞周囲腫瘍摘出術における 摘出と脳神経機能温存のバランス. 第28回脳神経外科手術と機器学会 2019.04.12 岡山

  84. 菅原貴志、稲次基希、前原健寿. デュラビームの使用経験. 第28回脳神経外科手術と機器学会 2019.04.12 岡山

  85. 菅原貴志、稲次基希、田中洋次、堤剛、前原健寿. 当院におけるORBEYE(外視鏡) の使用経験. 第28回脳神経外科手術と機器学会 2019.04.12 岡山

  86. 菅原貴志、田中洋次、前原健寿. 中大脳動脈瘤に対するclipping法 -Clipの種類・方法と動脈瘤の特徴-. 第48回日本脳卒中の外科学会 2019.03.23 神奈川

  87. 渡辺俊樹、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、根本繁、前原健寿. くも膜下出血を発症した3mm未満の 破裂微小脳動脈瘤の臨床的検討. 第48回日本脳卒中の外科学会 2019.03.22 横浜

  88. 菅原貴志、青柳傑 、田中顕太郎、前原健寿、岸本誠司. "Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension -Surgical Technique of Anterior and Middle Cranial Fossa Maximum Exposure-". 第6回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンス 2019.01.26 東京

  89. 菅原 貴志、青柳傑 、田中顕太郎、岸本誠司、朝蔭孝宏 、前原健寿. 眼窩先端部浸潤を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する拡大眼窩全摘術 -前・中頭蓋底露出法を中心に-. 第2回SANカンファレンス 2018.11.10

  90. 菅原 貴志、前原健寿. 前頭側頭開頭 -自身の方法とこだわり-. 第2回SANカンファレンス 2018.11.10

  91. 平沢光明、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、根本繁、前原健寿. くも膜下出血を来した3mm未満の微小動脈瘤の臨床的検討. 第77回日本脳神経外科学会学術総会 2018.10.12 仙台

  92. 田中洋次、工藤琢巳、廣田晋、菅原貴志、稲次基希、成相直、山本信二、前原健寿. 経鼻内視鏡手術における視神経栄養動脈温存の重要性. 第77回日本脳神経外科学会学術総会 2018.10.11 仙台

  93. 菅原 貴志、平 直記、田中洋次、前原健寿. Paraclinoid meningiomaに対する手術戦略・手技と臨床的特徴 Surgical Strategy and Technique for Paraclinoid Meningioma Resection. 第77回日本脳神経外科学会学術総会 2018.10.10

  94. 菅原 貴志、平 直記、大仲 佳祐、田中洋次、前原健寿. Paraclinoid meningiomaに対する手術手技と臨床的特徴 Surgical Technique for Paraclinoid Meningioma Resection. 第23回日本脳腫瘍の外科学会 2018.09.14 和歌山

  95. 菅原 貴志. 脳血管障害のEBM  知っておくべき外科的知識とそのアップデート. 第136回 日本脳神経外科学会 関東支部会 ランチョンセミナー 2018.09.08 東京

  96. 菅原 貴志、大仲佳祐、有泉陽介、田中顕太郎、角田篤信、朝蔭孝宏、堤剛、前原健寿. 錐体骨の解剖と頭蓋底手術 -mastoidectomyを行った15例の検討-. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.13

  97. 菅原 貴志、田中洋次、朝蔭孝宏、前原健寿. Transcavernous approachのためのcavernous sinusの臨床解剖 -腫瘍摘出術の経験-. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.13 東京

  98. 有泉陽介、田中洋次、菅原貴志、朝蔭孝宏. 経鼻内視鏡アプローチで摘出した頭蓋内進展を伴う翼口蓋窩神経線維腫. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.13 東京

  99. 田中顕太郎、岡崎睦、末貞伸子、森弘樹、菅原貴志、朝蔭孝宏. 前頭蓋底手術時に前頭骨が合併切除された症例での前頭骨再建の考え方. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.12 東京

  100. 中顕太郎、岡崎睦、本間勉、森弘樹、菅原貴志、朝蔭孝宏. My Memorable Case:エキスパートの試練に学ぶ前頭蓋底再建時に考慮すべき項目の 複雑性をどう両立させるか?. 第30回日本頭蓋底外科学会 2018.07.12 東京

  101. 菅原 貴志、田中洋次、前原健寿. 東京医科歯科大学における頭蓋底手術の現状. 第29回新御茶ノ水セミナー 2018.07.07 東京

  102. 菅原 貴志、前原健寿、岸本誠司. Extended Orbital Exenteration for Sinonasal Malignancy with Orbital Apex Extension -Surgical Technique of Frontal and Middle cranial fossa Exposure-. 第7回脳神経外科手術ビデオセミナー 2018.06.16

  103. 菅原 貴志、大仲 佳祐、田中 洋次、 根本 繁、前原 健寿. 5年の経過観察後78歳時にSAHを発症したAnterior choroidal artery分岐部を含むC1 ruptured aneurysm(19.5x5.9mm)に対する治療. 第7回Hybrid Neurosurgery研究会 2018.04.21 東京

  104. 中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、工藤琢巳、前原健寿、成相直. 初回に片側間接的血行再建術を行ったもやもや病患者の長期成績. 第47回日本脳卒中の外科学会 2018.03.16 福岡

  105. 菅原 貴志、田中洋次、前原健寿. テント切除、動眼神経剥離を必要とする内頚動脈後交通動脈分岐部脳動脈瘤に対するneck clipping手術手技. 第47回日本脳卒中の外科学会 2018.03.15 福岡

  106. 山内崇弘、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、根本繁、前原健寿. 脳動脈瘤治療患者における過去の脳動脈瘤治療歴の検討-脳動脈瘤治療歴のあるde novo動脈瘤の検討を中心に-. 第47回日本脳卒中の外科学会 2018.03.15 福岡

  107. 菅原 貴志、田中洋次、前原健寿. 再発を繰り返し9年の経過中に摘出術4回+γナイフ4回施行した小児craniofacial atypical meningiomaの一例. 第54回ニューロオンコロジィの会 2018.02.24 東京

  108. 菅原 貴志、田中洋次、前原健寿. 海綿静脈洞周囲病変に対するsurgical strategy -良性腫瘍・悪性腫瘍・動脈瘤-. 第1回SANカンファレンス 2018.02.11 東京

  109. 菅原 貴志、金子聡、山内 崇弘、田中洋次、前原健寿. Falx meningioma摘出術において、断裂したRolandic veinに対して橈側皮静脈を用いて再建を行った一例. 第5回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファレンス 2018.01.27 東京

  110. 氏川彩, 田中洋次, 大仲佳祐, 工藤琢巳, 壽美田一貴, 菅原貴志, 前原健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の一例. 第134回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2017.12.16 東京

  111. 今村繭子, 壽美田一貴, 田村郁, 工藤琢巳, 菅原貴志, 稲次基希, 田中洋次, 成相 直, 前原健寿. 当院におけるBCNU waferを使用症例の検討. 35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  112. 壽美田一貴, 相澤有輝, 田村郁, 工藤琢巳, 菅原貴志, 稲次基希, 田中洋次, 成相 直, 前原健寿. Gliomaに対するBevacizumab投与開始時期、投与後の再発様式の検討. 35回日本脳腫瘍学会学術集会 2017.11.26 高松

  113. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、工藤琢巳、成相直、前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第24回日本神経内視鏡学会 2017.11.09 東京

  114. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 唐鎌 淳, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 前原 健寿. 進展形態に即した若年性鼻咽頭血管線維腫に対する多角的術前塞栓術. 脳血管内治療 2017.11.01

  115. 壽美田 一貴, 唐鎌 淳, 芳村 雅隆, 藤井 照子, 三木 一徳, 吉野 義一, 山本 信二, 菅原 貴志, 稲次 基希, 田中 洋次, 前原 健寿, 根本 繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の合併症の検討. 脳血管内治療 2017.11.01

  116. 清水一秀, 田中洋次, 工藤琢巳, 田村郁, 壽美田一貴, 菅原貴志, 稲次基希, 成相直, 前原健寿. 脳神経外科における3Dヘッドマウントディスプレイ(3D-HMD)を用いた経鼻内視鏡手術. 第26回日本コンピュータ外科学会大会 2017.10.30 名古屋

  117. 金子聡、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 髄膜種の再発危険因子の検討. 第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017.10.14 名古屋

  118. 氏川彩、菅原貴志、金子聡、今村繭子、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 当院における脳膿瘍の臨床的特徴・治療成績と予後不良因子の検討. 第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017.10.14 名古屋

  119. 菅原 貴志、金子聡 、田中洋次 、角田篤信、堤剛 、前原健寿. 頸静脈孔腫瘍に対する機能温存を考慮した手術戦略. 第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017.10.13 名古屋

  120. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、工藤琢巳、成相直、前原健寿. 髄液鼻漏閉鎖術における瘻孔の直接確認・閉鎖の重要性. 第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017.10.13 名古屋

  121. 壽美田一貴、唐鎌淳、芳村雅隆、藤井照子、三木一徳、吉野義一、山本信二、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、前原健寿、根本繁. 腫瘍内塞栓を目指した塞栓術の安全性の検討. 第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017.10.12 名古屋

  122. 清水 一秀, 田中 洋次, 工藤 琢巳, 田村 郁, 壽美田 一貴, 菅原 貴志, 稲次 基希, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科における3Dヘッドマウントディスプレイ(3D-HMD)を用いた経鼻内視鏡手術. 日本コンピュータ外科学会誌 2017.10.01

  123. 菅原 貴志、原祥子 、壽美田一貴 、稲次基希、田中洋次 、成相直 、堤剛 、前原健寿. 小脳橋角部髄膜腫に対する手術戦略-スタンダード(Simpson grade II)とチャレンジ(Simpson grade I)-. 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.09 鹿児島

  124. 金子聡、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 良性髄膜腫の再発危険因子の検討. 第22回日本脳腫瘍の外科学会 2017.09.08 鹿児島

  125. 壽美田一貴, 武川麻紀, 工藤琢巳, 田村郁, 菅原貴志, 稲次基希, 田中洋次, 前原健寿, 成相 直. 小児期に出血で発症したもやもや病の長期治療成績. 第36回The Mt.Fuji Workshop 2017.08.26 大阪

  126. 田中洋次, 菅原貴志, 工藤琢巳, 壽美田一貴, 前原健寿. テント上に進展した小脳橋角部類上皮腫に対して顕微鏡・内視鏡併用手術を行った1例. Wetfieldの会 2017.06.30 名古屋

  127. 田中洋次, 稲次基希, 大仲圭祐, 壽美田一貴, 工藤琢巳, 菅原貴志, 前原健寿. 髄液鼻漏で発症した斜台部脊索腫の1例. 関東脳神経外科懇話会 2017.06.24 東京

  128. 菅原 貴志、田中洋次 、成相直、角田篤信 、堤剛 、前原健寿. Jugular foramen tumorに対する機能温存を考慮した手術戦略-顔面神経を中心に-. 第29回日本頭蓋底外科学会 2017.06.15 松本

  129. 荒井 雪花,菅原貴志, 伊藤慧, 澤柳文菜,稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 錐体骨肥厚を伴う海綿静脈洞髄膜腫に対するγ ナイフ照射後に難聴・内耳道狭窄が進行し摘出術を施行した1例. 第29回日本頭蓋底外科学会 2017.06.15 長野

  130. 菅原 貴志、田中 洋次、工藤 琢巳、清川 樹里、原 祥子、伊藤 慧、廣田 晋、藤井 照子 、山本 信二、前原 健寿. 当院における第三脳室底開窓術の現状-エキスパート不在施設でのETVの現状-. 第18回新都心神経内視鏡症例検討会 2017.05.27 東京

  131. 田中 顕太郎, 末貞 伸子, 本間 勉, 坪井 憲司, 西村 祐紀, 今井 和也, 寺邑 千尋, 岡崎 睦, 朝蔭 孝弘, 野村 文敬, 菅原 貴志. 局所皮弁と遊離組織移植を組み合わせた頭蓋底再建 marginal determinationという考え方. 頭頸部癌 2017.05.01

  132. 中野智行、菅原貴志、唐鎌淳、稲次基希、田中洋次、成相直、吉野義一、根本繁、前原健寿. 対側 transcondylar approach による trapping が有効であったPICA 起始部解離性動脈瘤の1例. 第5回Hybrid Neurosurgery研究会 2017.04.01 東京

  133. 山岡寛人 、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、吉野義一、成相直、根本繁、前原健寿. 当院に於ける破裂脳動脈瘤の大きさによる臨床的特徴・予後の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.18 大阪

  134. 菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 内頸動脈supraclinoid portion動脈瘤に対する手術基本手技 -動脈瘤全周剥離を中心に-. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.17 大阪

  135. 伊藤慧、菅原貴志、工藤琢巳、壽美田一貴、田村郁、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. くも膜下出血後正常圧水頭症のリスク因子の検討. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.17 大阪

  136. 壽美田一貴、田中洋次、武井孝麿、工藤琢巳、田村郁、菅原貴志、稲次基希、成相直、前原健寿. 遠位部前大脳動脈瘤に対するカラードップラーの有用性. 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会 2017.03.16 大阪

  137. 伊藤慧、工藤琢巳、壽美田一貴、田村郁、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 開頭術を行った非ビタミンK阻害経口抗凝固薬内服2症例の検討. 第40回日本脳神経外傷学会 2017.03.12 東京

  138. 青山二郎、早川隆宣、佐藤慎、榎本真也、百瀬俊也、住吉京子、重田恵吾、八ツ繁寛、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討. 第40回日本脳神経外傷学会 2017.03.11 東京

  139. 壽美田一貴, 田中洋次, 武井孝麿, 工藤琢巳, 田村郁, 菅原貴志, 稲次基希, 成相直, 前原健寿. 遠位部前大脳動脈瘤の部位、親動脈を同定するためのカラードップラーの有用性. 第40回日本脳神経CI学会総会 2017.03.03 鹿児島

  140. 伊藤 慧, 菅原 貴志, 成相 直, 田中 洋二, 稲次 基希, 前原 健寿. 開頭術を行った非ビタミンK阻害経口抗凝固薬内服2症例の検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2017.02.01

  141. 青山 二郎, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 武井 武麿, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 慢性硬膜下血腫の標準治療は何か? 慢性硬膜下血腫の治療成績と再発リスク因子に関する施設間での検討. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2017.02.01

  142. 菅原貴志、金子聡、田中洋次、前原健寿. Simpson grade I の摘出を目指し側頭葉内側硬膜腫瘍付着部を切除した3cm大のmedial sphenoid wing meningiomaの一例. 第4回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス 2017.01.28 東京

  143. 壽美田一貴、田村郁、玉置正史、山本信二、三枝邦康、澤田佳奈、清川樹里、笹川麻由、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 神経膠腫に対するカルムスチン脳内留置用剤の治療成績と有害事象の検討. 第34回日本脳腫瘍学会学術集会 2016.12.04 甲府

  144. 稲次基希、田中洋次、角田篤信、河野能久、菅原貴志、前原健寿. 頭蓋底悪性腫瘍に対する開頭・経鼻内視鏡併用同時手術の利点. 第23回日本神経内視鏡学会 2016.11.17 東京

  145. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 3Dヘッドマウントディスプレイを用いた経鼻内視鏡手術. 第23回日本神経内視鏡学会 2016.11.17 東京

  146. 武井孝麿、菅原貴志、田村郁、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 慢性硬膜下血腫に対する術後利水剤(五苓散)投与の検討. 第25回日本脳神経外科漢方医学会学術集会 2016.11.05 東京

  147. 田中洋次、稲次基希、菅原貴志、壽美田一貴、田村郁、成相直、前原健寿. 経鼻内視鏡手術における3Dヘッドマウントディスプレイの有用性. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.10.01 福岡

  148. 清水一秀、田村郁、黒羽真砂恵、武井孝麿、原祥子、壽美田一貴、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、小林大輔、佐久間一郎、前原健寿. 5-ALAによるグリオーマ術中蛍光診断の経験と分光計測による定量化の試み. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.10.01 福岡

  149. 菅原 貴志、壽美田 一貴, 田村 郁, 稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 前交通動脈瘤手術におけるmini orbitozygomatic approachの有用性の検討 -術前3DCTAG評価. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.09.30 福岡国際会議場

  150. 小島丈夫、菅原貴志、吉野義一、稲次基希、田中洋次、成相直、根本繁、前原健寿. 当院に於ける破裂脳動脈瘤の大きさと予後・臨床的検討. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.09.30 福岡

  151. 金子聡、菅原貴志、壽美田一貴、稲次基希、田中洋次、成相直、小林大輔、前原健寿. 当院での悪性髄膜腫の治療成績と予後. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.09.30 福岡

  152. 美田一貴、田村郁、玉置正史、山本信二、三枝邦康、澤田佳奈、清川樹里、笹川麻由、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. カルムスチン脳内留置用剤を使用した神経膠腫50例の検討. 第75回日本脳神経外科学会学術総会 2016.09.29 福岡

  153. 菅原 貴志、角田 篤信、田中 洋次、堤 剛、前原 健寿. Facial nerve functionを考慮し摘出術を行ったJugular foramen tumor 3症例 (facial nerve sacrifice, facial nerve rerouting, infralabyrinthine approach). 第21回日本脳腫瘍の外科学会 2016.09.09 虎ノ門ヒルズフォーラム

  154. 武井孝麿、壽美田一貴、澤柳文菜、菅原貴志、稲次基希、田村郁、田中洋次、成相直、前原健寿. 診断に苦慮した第三脳室内腫瘍の症例. 第25回文京脳腫瘍研究会 2016.07.11 東京

  155. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 2016.07.01

  156. 菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、前原 健寿. 前交通動脈瘤手術のapproach決定における術前3DCTAGの有用性の検討-mini orbitozygomatic approach-. 第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 2016.04.14 ロイトン札幌

  157. 青山二郎、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、吉野義一、成相直、根本繁、前原健寿. 当院における脳血管攣縮期の脳動脈瘤治療. 第32回スパズム・シンポジウム 2016.04.14 札幌

  158. 阿部大数、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、吉野義一、成相直、根本繁、前原健寿. くも膜下出血を来した微小脳動脈瘤(5mm未満)の臨床的検討. 第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 2016.04.14 札幌

  159. 中野智行、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、吉野義一、成相直、根本繁、前原健寿. 未破裂動脈瘤の保存的治療中に脳動脈瘤破裂を来した4症例. 第45回日本脳卒中の外科学会学術集会 2016.04.14 札幌

  160. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術. 泌尿器外科 2016.03.01

  161. 阿部 大数, 稲次 基希, 河野 能久, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 成相 直, 前原 健寿. 当院における外傷性髄液漏に対する治療戦略. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2016.02.01

  162. 菅原 貴志、角田 篤信、青山 二郎、原 祥子、田中 洋次、堤 剛、前原 健寿. Transjugular approach (with facial nerve rerouting)にて摘出した、翼状突起まで伸展したJugular foramen chondrosarcomaの一例. 第3回手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス 2016.01.23 ステーションコンファレンス東京

  163. 菅原 貴志、前原 健寿. 当院の脳卒中センターにおける脳神経外科の役割. 御茶ノ水 stroke symposium 2015 2015.12.11 東京 東京ガーデンパレス

  164. 田中 洋次, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 壽美田 一貴, 田村 郁, 成相 直, 前原 健寿. ヘッドマウントディスプレイワールド 他科・多領域への応用 脳神経外科領域におけるヘッドマウントディスプレイを用いた内視鏡下手術. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 2015.12.01

  165. 田中洋次、角田篤信、河野能久、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 頭蓋底腫瘍に対する開頭・経鼻内視鏡併用同時手術. 第22回日本神経内視鏡学会 2015.11.05 松島

  166. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 唐鎌 淳, 笹川 麻由, 菅原 貴志, 前原 健寿. 脳動脈瘤コイル塞栓術におけるadjunctive techniqueの役割と問題点. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2015.11.01

  167. 唐鎌 淳, 吉野 義一, 三木 一徳, 笹川 麻由, 菅原 貴志, 稲次 基希, 前原 健寿, 根本 繁. 脊髄AVシャント病変に対する塞栓術の工夫. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2015.11.01

  168. 菅原 貴志、田中 洋次、藤井 照子、角田 篤信、前原 健寿. 静脈、静脈洞温存を優先しapproachを工夫した頭蓋底腫瘍3例の検討. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌 ロイトン札幌/さっぽろ芸術文化の館/札幌市教育文化会館

  169. 青山二郎、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、前原健寿. 当院におけるくも膜下出血患者の手術時期の違いによる脳血管攣縮の発症率の検討. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌

  170. 大原 正裕, 菅原 貴志, 高橋 暁, 稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 前原 健寿. 当院における慢性硬膜下血腫患者の再発危険因子と難治例の検討. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌

  171. 田中洋次、角田篤信、河野能久、菅原貴志、稲次基希、玉置正史、前原健寿. 頭蓋底腫瘍に対する開頭・経鼻内視鏡併用同時手術の有用性. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌

  172. 河野能久、青柳傑、角田篤信、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. Chondrosarcoma に対するmultidisciplinary surgical management. 第74回日本脳神経外科学会学術総会 2015.10.14 札幌

  173. 菅原 貴志、青柳 傑 、大野喜久郎、前原 健寿. 血管周皮腫7例の治療解析とその経過. 第20回日本脳腫瘍の外科学会 2015.09.25 名古屋 名古屋観光ホテル

  174. 田中洋次、河野能久、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 術後髄液漏を来した拡大蝶形骨洞手術2例の検討. 第9回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2015.08.01 東京

  175. 菅原 貴志、田中 洋次 、藤井 照子角田 篤信 、前原 健寿. Sinus, vein温存のためapproachを工夫した頭蓋底腫瘍3例の検討. 第26回日本頭蓋底外科学会 2015.07.10 名古屋 国際会議場

  176. 河野能久、青柳傑、角田篤信、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. Chondrosarcomaに対するmultidisciplinary surgical management. 第27回日本頭蓋底外科学会 2015.07.09 名古屋

  177. 菅原 貴志、高橋 暁、清川 樹里、稲次 基希、田中 洋次、成相 直、根本 繁、前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血患者に対するスパスム治療の現状・予後予測因子の検討と今後の課題. 第31回スパスム・シンポジウム 2015.03.26 広島 メルパルク広島(リーガロイヤルホテル)

  178. 小幡佳輝、河野能久、青山二郎、高橋曉、菅原貴志、前原健寿. 術前高解像度MRIで責任血管を同定できなかった三叉神経痛の1例. 第17回日本脳神経減圧術学会 2015.01.17 東京

  179. 河野能久、田村郁、菅原貴志、前原健寿. 椎骨動脈圧排による三叉神経痛に対してinterpositionを行なった2例. 第17回日本脳神経減圧術学会 2015.01.17 東京

  180. 菅原 貴志、前原 健寿. 当科における脳出血に対する手術治療の現状. 御茶ノ水 stroke symposium 2014 2014.12.12 東京 山の上ホテル

  181. 田中洋次、工藤琢巳、河野能久、菅原貴志、稲次基希、冨士井睦、山本信二、玉置正史、前原健寿. 頭蓋底手術における神経内視鏡の有用性と限界. 第21回日本神経内視鏡学会 2014.11.28 東京

  182. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、田村 郁、玉置 正史、前原 健寿. 頭蓋内dumbbell-shaped三叉神経鞘腫(MP type)7例の術式・臨床的検討. 第73回日本脳神経外科学会学術総会 2014.10.11 東京 グランドプリンスホテル新高輪

  183. 田中洋次、工藤琢巳、河野能久、菅原貴志、稲次基希、冨士井睦、山本信二、玉置正史、前原健寿. 頭蓋底手術における神経内視鏡の役割. 第73回日本脳神経外科学会学術総会 2014.10.11 東京

  184. 髙橋暁、菅原貴志、稲次基希、田中洋次、成相直、前原健寿. 未破裂脳動脈瘤術後合併症としての慢性硬膜下血腫発症の術前予測因子の検討. 第73回日本脳神経外科学会学術総会 2014.10.11 東京

  185. 河野能久、青柳傑、田村郁、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. 頭蓋底髄膜腫の増殖能と治療戦略の検討. 第19回日本脳腫瘍の外科学会 2014.09.12 東京

  186. 田中洋次、工藤琢巳、菅原貴志、前原健寿. 頭蓋咽頭手術後に視野障害が悪化した2例の検討. 第9回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2014.08.02 東京

  187. 高橋暁、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 髄膜播種をきたした脊髄空洞症を伴う胸髄oligodendrogliomaの一例. 第21回文京脳腫瘍研究会 2014.07.07 東京

  188. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、田村 郁、玉置 正史、前原 健寿. 頭蓋内dumbbell-shaped三叉神経鞘腫(MP type)摘出術7例の臨床的検討. 第26回日本頭蓋底外科学会 2014.06.19 千葉 幕張メッセ

  189. 河野能久、青柳傑、田村郁、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. 頭蓋底髄膜腫の増殖能の検討と拡大頭蓋底手術および術後放射線治療の適応. 第26回日本頭蓋底外科学会 2014.06.19 東京

  190. 河野能久、青柳傑、田村郁、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. 翼状突起基部および中頭蓋底内側病変への拡大側頭下窩アプローチ. 第28回日本微小脳神経外科解剖研究会 2014.04.05 東京

  191. 澤田佳奈、菅原貴志、成相直、前原健寿. 当院における脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の予後因子の検討. 第43回日本脳卒中の外科学会学術集会 2014.03.15 大阪

  192. 山村俊弘、菅原貴志、田村郁、河野能久、稲次基希、田中洋次、吉野義一、成相直、根本繁、前原健寿. くも膜下出血後の脳血管攣縮に対する塩酸ファスジル動注療法の効果の検討. 第43回日本脳卒中の外科学会学術集会 2014.03.14 大阪

  193. 荻島隆浩、菅原貴志、原祥子、今江省吾、成相直、前原健寿. 後下小脳動脈閉塞に伴うmedullary pial collateral arteryの破綻によるくも膜下出血の一例. 第43回日本脳卒中の外科学会学術集会 2014.03.14 大阪

  194. 菅原 貴志、稲次 基希、田中 洋次 、成相 直、吉野 義一、根本 繁、前原 健寿. 当院における未破裂脳動脈瘤治療の現状. 第43回日本脳卒中の外科学会 2014.03.13 大阪 大阪国際会議場

  195. 菅原 貴志、前原 健寿. 当院におけるくも膜下出血治療の現状. 御茶ノ水 STROKE symposium 2013 2013.12.20 東京 東京ガーデンパレス

  196. 山村俊弘、菅原貴志、伊藤慧、川並麗奈、小林大輔、前原健寿. 松果体部胚細胞腫瘍治療25年後に生じた腺癌の一例. 第122回日本脳神経外科学会関東支部会 2013.12.07 東京

  197. 菅原 貴志、田中 洋次、山本 信二、冨士井 睦、三木 保、 前原 健寿. 小児Suprasellar Arachnoid Cyst 2 例に対する手術手技―Cystocisternostomy の方法―. 第20回日本神経内視鏡学会 2013.11.07 山梨 甲府富士屋ホテル

  198. 田中洋次、玉置正史、工藤琢己、菅原貴志、稲次基希、前原健寿. 下垂体腺腫に対する経鼻内視鏡併用手術:当院における手術法、摘出法の変化と手術成績. 第20回日本神経内視鏡学会 2013.11.07 甲府

  199. 田村郁、青柳傑、河野能久、菅原貴志、荻島隆浩、前原健寿. 海綿静脈洞内・周辺頭蓋底腫瘍の外転神経モニタリング下摘出術. 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.17 横浜

  200. 小幡 佳輝、 青柳 傑、 菅原 貴志、前原 健寿. 脳幹部海綿状血管腫の多面的手術アプローチ-深部血管腫へのアプローチの工夫-. 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.17 横浜

  201. 菅原 貴志、青柳 傑 、河野 能久 、玉置 正史 、矢野 智之 、 岸本 誠司、前原 健寿. 眼窩内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する頭頸部外科・脳神経外科・形成外科3科による手術戦略とその臨床的検討 . 第72回日本脳神経外科学会学術総会 2013.10.16 神奈川 パシフィコ横浜

  202. 山村俊弘、田中洋次、工藤琢己、稲次基希、菅原貴志、玉置正史、前原健寿. 下垂体腺腫による視野障害の術後変化についての検討. 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.16 横浜

  203. 田中洋次、玉置正史、工藤琢己、菅原貴志、稲次基希、山村俊弘、前原健寿. 下垂体腫瘍に対する経鼻内視鏡併用被膜外摘出術. 第72回日本脳神経外科学会総会 2013.10.16 横浜

  204. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、前原 健寿. 当院における側脳室三角部髄膜腫4例に対する手術approachの検討. 第18回日本脳腫瘍の外科学会 2013.09.20 滋賀 大津プリンスホテル

  205. 田中洋次、河野能久、稲次基希、菅原貴志、前原健寿. 開頭・経鼻同時手術を行った巨大下垂体腺腫の一例. 第8回東日本下垂体手術ビデオデモンストレーション 2013.07.27 東京

  206. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、田村 郁、荻島 隆浩、玉置 正史、矢野 智之、角田 篤信、前原 健寿、岸本 誠司. 当院における眼窩内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍に対する治療戦略とその臨床的検討. 第25回日本頭蓋底外科学会 2013.06.26 名古屋 名古屋東急ホテル

  207. 河野能久、青柳傑、田村郁、菅原貴志、岸本誠司、前原健寿. 翼状突起基部および中頭蓋底内側病変への拡大側頭下窩アプローチ. 第25回日本頭蓋底外科学会 2013.06.26 名古屋

  208. 菅原 貴志、荻島 隆浩、原 祥子、前原 健寿. Posterior ambient segment of posterior cerebral artery (P2P) 未破裂脳動脈瘤に対するinterhemispheric occipital transtentorial approach によるneck clipping. The 9th Neurosurgical Video Conference 2013.03.09 東京 文京区 東京ガーデンパレスホテル

  209. 田中洋次、青柳傑、玉置正史、河野能久、菅原貴志、大野喜久郎. 頭蓋底術後髄液漏に対する経鼻内視鏡下閉鎖術. 第19回日本神経内視鏡学会 2012.11.02 東京

  210. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、荻島 隆浩、玉置 正史、矢野 智之、岸本 誠司、大野 喜久郎. 眼窩内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍、髄膜腫における眼窩尖端部を含めた拡大全摘出時の頭蓋底手術手技とその臨床的検討. 第71回日本脳神経外科学会学術総会 2012.10.19 大阪 大阪国際会議場

  211. 菅原 貴志、田中 洋次、荻島 隆浩、角田 篤信、玉置 正史、青柳 傑 . 下垂体腺腫摘出手術における摘出率の向上と下垂体機能温存を目指した被膜外摘出の工夫. 第17回日本脳腫瘍の外科学会 2012.09.07 神奈川(横浜) ホテル、ニューグランド

  212. 田村郁、青柳傑、河野能久、清水一秀、菅原貴志、荻島隆治、岸本誠司、大野喜久郎. 海綿静脈洞腫瘍摘出術における眼球運動神経モニタリング. 第18回日本脳神経モニタリング学会 2012.07.14 東京

  213. 菅原 貴志、青柳 傑、河野 能久、荻島 隆浩、玉置 正史、矢野 智之、岸本 誠司、大野 喜久郎. 眼窩内進展を伴う鼻副鼻腔悪性腫瘍、髄膜腫に対する眼窩先端部摘出における頭蓋底手術手技とその臨床的検討. 第24回日本頭蓋底外科学会 2012.07.12 東京、東京ドームホテル

  214. 田村郁、青柳傑、河野能久、清水一秀、菅原貴志、荻島隆浩、岸本誠司、大野喜久郎. Dolenc approachでの眼球運動神経モニタリング下海綿静脈洞腫蕩摘出術. 第24回日本頭蓋底外科学会 2012.07.11 東京

  215. 青柳傑、河野能久、玉置正史、平井作京、田村郁、菅原貴志、大野喜久郎. Anterior transpetrosal approachとsubtemporal approachの併用手術. 第24回日本頭蓋底外科学会 2012.07.11 東京

  216. 河野能久、青柳傑、平井作京、田村都、菅原貴志、岸本誠司、大野喜久郎. 側頭下窩アプローチにおける三叉神経切離の有用性と適応. 第24回日本頭蓋底外科学会 2012.07.11 東京

  217. 荻島 隆浩, 原 祥子, 蛯子 裕輔, 菅原 貴志, 矢野 知之, 田中 洋次, 青柳 傑, 大野 喜久郎. 待機的に髄液漏閉鎖・顔面骨修復を行い、良好な転帰を得た前頭蓋底顔面骨折の一例. 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 2012.01.01

  218. 吉野義一,根本繁,三木一徳,稲次基希,菅原貴志,河野能久,大野喜久郎. 治療困難な脳動脈瘤に対するエンタープライズVRDを用いた血管内手術. 第27回日本脳神経血管内治療学会学術総会 2011.11.24 千葉

  219. 吉野 義一, 根本 繁, 三木 一徳, 前原 健寿, 稲次 基希, 菅原 貴志, 河野 能久, 大野 喜久郎. 治療困難な脳動脈瘤に対するエンタープライズVRDを用いた血管内手術. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2011.11.01

  220. 菅原 貴志、青柳 傑、田中 洋次 、河野 能久 、清水 一秀、大野 喜久郎. Fluid hematomaを主成分とする下垂体腺腫5例の診断と手術手技. 第70回日本脳神経外科学会学術総会 2011.10.14 神奈川 パシフィコ横浜

  221. 河野能久,青柳傑,平井作京,菅原貴志,田中洋次,岸本誠司,大野喜久郎. 頭蓋底髄膜腫に対する拡大頭蓋底手術と術後放射線治療の検討ー頭蓋底髄膜腫80例の治療成績から. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14 横浜

  222. 青柳傑,河野能久,角田篤信,矢野智之,吉野義一,菅原貴志,平井作京,玉置正史,根本繁,大野喜久郎,岸本誠司. 頭蓋内外に進展する頭蓋底腫瘍に対する頭蓋底チームによるmultidisciplinary approach. 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.13 横浜

  223. 丸山 絢子, 野口 佳裕, 青柳 傑, 菅原 貴志, 喜多村 健. 術後著明な聴力回復を示した小脳脚海綿状血管腫の1例. Otology Japan 2011.10.01

  224. 田中 洋次, 角田 篤信, 青柳 傑, 玉置 正史, 菅原 貴志, 岸本 誠司, 大野 喜久郎. 経鼻下垂体手術に於ける脳神経外科・耳鼻咽喉科の連携. 日本内分泌学会雑誌 2011.08.01

  225. 重田 恵吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉. 【動脈解離と脳卒中】 椎骨脳底動脈解離(内科治療・外科治療) くも膜下出血発症の解離性椎骨脳底動脈瘤 治療成績の底上げを目指して. The Mt. Fuji Workshop on CVD 2011.07.01

  226. 菅原 貴志、青柳 傑、吉野 義一、田中 洋次、稲次 基希、河野 能久、武川 麻紀、角田 篤信、岸本 誠司、大野 喜久郎. 頭蓋底腫瘍に対する顕微鏡・神経内視鏡併用手術. 第23回日本頭蓋底外科学会 2011.06.17 大阪 千里ライフサイエンスセンター

  227. 青柳傑,河野能久,玉置正史,菅原貴志,大野喜久郎. Anterior transpetrosal approach及び,その変法による頭蓋底手術と成績. 第23回日本頭蓋底外科学会 2011.06.16 大阪

  228. 菅原 貴志、青柳 傑、田中 洋次 、河野 能久 、清水 一秀、大野 喜久郎. Chronic expanding fluid hematomaを主成分とする下垂体腺腫5例の診断と手術手技. 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会 2011.03.11 東京 秋葉原コンベンションホール

  229. 田中洋次,角田篤信,青柳傑,玉置正史,菅原貴志,岸本誠司,大野喜久郎. 経鼻下垂体手術における脳外科・耳鼻科の連携. 第21回日本間脳下垂体腫瘍学会 2011.03.11 東京

  230. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 八ツ繁 寛, 重田 恵吾, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉. 高齢者における頭部外傷受傷機転の特徴. 国立病院総合医学会講演抄録集 2010.11.01

  231. 重田 恵吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉, 戸根 修. 特殊な破裂脳動脈瘤に対する新たなDeviceの活用. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2010.11.01

  232. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 重田 恵吾, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉, 吉野 義一. ED coilのみで塞栓を行った小動脈瘤の2例. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2010.11.01

  233. 重田 恵吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉, 戸根 修. くも膜下出血発症の解離性椎骨動脈瘤に対する脳血管内治療. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2010.11.01

  234. 重回恵吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆弘、前田卓哉、戸根修. くも膜下出血発症の解離性椎骨脳底動脈瘤に対する治療戦略の変遷と今後~治療困難例に対する夢の治療の実現に向かって~. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.29 福岡

  235. 鈴木 秀謙、 長谷川 雄、 宗前 匠、 菅原 貴志、 金丸 憲司、 Zhang John、 滝 和郎. くも膜下出血後の血液脳関門障害におけるオステオポンチンの役割. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡

  236. 竹内誠、高皇良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 外傷性大悩半球間裂硬膜下血腫症例の検討. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡

  237. 正岡 博幸、 高里 良男、 早川 隆宣、 八ッ繁 寛、 重田 恵吾、 菅原 貴志、百瀬 俊也、 鈴木 剛、 荻島 隆浩、 前田 卓哉. 重症頭部外傷に対する脳低温療法施行中の脳循環代謝測定. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡

  238. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前田卓哉. 頭部外傷での造影CTを用いた血管病変検索と血腫の増大の予測について. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡

  239. 前田卓哉、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、重岡恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 当院における頭部外傷術後CTの検討. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡

  240. 重回恵吾、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前回車哉. くも膜下出血発症の解離性椎骨脳底動脈瘤~治療成績の底上げを目指して~. 第29回The Mt. Fuji Workshop on CVD 2010.08.28 福岡

  241. 正岡博幸、高里良男、早川隆宣、八ツ繁覧、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前田卓哉. 重症頭部外傷に対する脳低温療法中の脳循環代謝測定. 第16回日本脳神経モニタリング学会 2010.07.10 東京

  242. 前田卓哉、高里良男、正岡博幸、早川l隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 軽微頭部外傷後に出現したLateral sinus pericraniiの一例. 第18回多摩神経外傷カンファレンス 2010.07.09 東京

  243. 正岡博幸、高皇良男、早川隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前回車哉. 重症頭部外傷患者の脳低温療法における脳循環代謝測定. 第18回多摩神経外傷カンファレンス 2010.07.09 東京

  244. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 重田 恵吾, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩, 前田 卓哉. 脳血管障害に対する脳低温療法 当施設での脳血管障害に対する脳低温療法の有効性の検討. 日本脳低温療法学会プログラム・抄録集 2010.07.01

  245. 重田恵吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前回卓哉. 1本のcoilで血栓化した前交通動脈瘤の再開通にMatrix2で追加塞栓した1症例. 第7回日本脳神経血管内治療学会関東地方会 2010.06.05 東京

  246. 荻島隆浩、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、前田卓哉. 家族性脊髄血管芽腫の一例. 第24回多摩脊椎脊髄カンフアレンス 2010.06.03 東京

  247. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩、前田卓哉. 災害医療セン空ーにおける頚動脈狭窄病変の治療について. 第21回新御茶ノ水セミナー 2010.05.29 東京

  248. 荻島隆浩、重田恵吾、高塁良男、正岡博幸、早川隆宜、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、前田卓哉. 当院におけるクモ膜下出血例の血管攣縮頻度の検討. 第26回スパズムシンポジウム 2010.04.17 盛岡

  249. 竹内誠、高里良男、正岡博幸、早川隆宜、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 同時多発性高血圧性悩出血症例の検討. 第39回日本脳卒中の外科学会 2010.04.15 盛岡

  250. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 八ツ繁 寛, 重田 恵吾, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩. 頭部外傷例における受傷機転の年齢別分析. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2010.03.01

  251. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 重田 恵吾, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻島 隆浩. 重症頭部外傷の集中治療 脳低温療法はいま 重症頭部外傷に対する34・35度3日間の脳低温療法の安全性と有効性について. 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集 2010.03.01

  252. 荻島隆浩、重田恵吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛. SAHで発症した椎骨動脈解離tandem lesionの一例. 第110回日本脳神経外科学会関東支部会 2009.12.05 東京

  253. 鈴木 剛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 住吉 京子, 青柳 盟史, 竹内 誠, 竹迫 直樹, 本間 千帆. 脳梗塞にて入院中、後天性血友病を発症した1例. 日本救急医学会関東地方会雑誌 2009.12.01

  254. 正岡博幸、高里良男、早川隆室、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 救命センターにおける高齢者くも膜下出血の治療について. 第30回多摩地区脳卒中研究会 2009.11.13 東京

  255. 八ツ繁寛、高呈良男、正岡博幸、早川隆宣、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 当科における経静脈的tPA投与の脳梗塞の治療について. 第30回多摩地区脳卒中研究会 2009.11.13 東京

  256. 荻島隆浩、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛. 多重治療を行った脳動脈癒の2例. 第40回多摩脳神経外科懇話会 2009.11.05 東京

  257. 吉野 義一, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志. 急性期中大脳動脈主幹部閉塞に対する軽度低体温治療を組み合わせた局所血栓溶解療法 静脈内投与療法との比較. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2009.11.01

  258. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、荻島隆浩. 経時的脳血管撮影にて出血源が不明であった非外傷性くも膜下出血24症例の検討. 第37回日本救急医学会総会 2009.10.29 盛岡

  259. 正岡博幸、高里良男、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 高齢者くも膜下出血患者の臨床的検討. 第37回日本救急医学会総会 2009.10.29 盛岡

  260. 正岡博幸、高呈良男、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 当施設での脳低温療法の有効性の検討. 第68回日本脳神経外科学会学術総会 2009.10.15 東京

  261. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. 高齢者頭部外傷例における受傷機転の分析. 第68回日本脳神経外科学会学術総会 2009.10.14 東京

  262. 荻島隆浩、高里良男、正岡博幸、早川|隆宣、八ッ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛. 視力視野障害で発症したEntirely Suprasellar Rathke's Cleft Cystの一例. 第109回日本脳神経外科学会関東支部会 2009.09.12 東京

  263. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛, 荻原 隆浩. 高齢者くも膜下出血患者の臨床的検討. 日本救急医学会雑誌 2009.08.01

  264. 鈴木 剛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 大谷 直樹, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 荻島 隆浩. 経時的脳血管撮影にて出血源が不明であった非外傷性くも膜下出血25症例の検討. 日本救急医学会雑誌 2009.08.01

  265. 荻島隆浩、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ッ繁寛、重田恵吾、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛. 外傷後2日目に発症した急性硬膜下血腫の一例. 第17回多摩神経外傷カンファレンス 2009.07.25 東京

  266. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 鈴木 剛. 低体温療法が有効であったEBウイルス出血性脳炎の1例. 日本脳低温療法学会プログラム・抄録集 2009.07.01

  267. 正岡博幸、高里良男、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、青柳盟史、鈴木剛. 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の有効性と限界. 第22回脳死脳蘇生学会 2009.06.26 横浜

  268. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、荻島隆浩、小町祐二、曾我ー将、橋本祐二. 脳底槽にSAHが認められた髄膜炎の1例. 第23回日本神経救急学会学術集会 2009.06.20 栃木

  269. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 脳蘇生の現状と展望 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の有効性と限界. 脳死・脳蘇生 2009.06.01

  270. 鈴木 剛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 荻島 隆浩, 小町 裕志, 橋本 祐二, 曾我 一將. CT上、脳底槽にhigh densityが認められた髄膜炎の1例. 日本神経救急学会雑誌 2009.06.01

  271. 吉野義一、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. Mass effectを示す巨大内頚動脈瘤に対する瘤内塞栓術と頚動脈閉鎖術を組合わせた治療-4症例の検討ー. 第20回新御茶ノ水セミナー 2009.05.30 東京

  272. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛、荻島隆浩. くも膜下腔に進展した脳腫蕩の一例. 第11回多摩脳腫瘍研究会 2009.05.23 東京

  273. 荻島隆浩、高呈良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、鈴木剛. 後頭下関頭にて治療した脊髄空洞症の1例. 第22回多摩脊椎・脊髄カンファレンス 2009.05.21 東京

  274. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川隆章、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、青柳盟史、荻島隆浩. 脳血管撮影上、2mm以下の破裂脳動脈癒の2例. 第108回日本脳神経外科学会関東支部学術集会 2009.04.11 東京

  275. 大谷 直樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 百瀬 俊也, 青柳 盟史, 竹内 誠. 重症急性硬膜下血腫に対する穿頭頭蓋内圧初圧値と転帰との相関について. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2009.04.01

  276. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 外傷性小脳出血 17例の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2009.04.01

  277. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、青柳盟史、鈴木剛. 高齢者頭部外傷例の受傷機転の検討. 第22回日本老年脳神経外科学会 2009.03.27 広島

  278. 菅原貴志、ジャダハブ ビクラム、エイヤー ロバート、チェン ワンチョウ、 ザング ジョン. アルガトロバンによるラットにおけるくも膜下出血後急性脳損傷と神経学的予後改善効果. 第34回日本脳卒中学会総会 2009.03.22 島根 県民会館・サンラポーむらくも

  279. 正岡博幸、高里良男、早川l隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、青柳盟史、鈴木剛. 救命センターにおける高齢者くも膜下出血の検討. 第34回日本脳卒中学会総会 2009.03.22 松江

  280. 大谷直樹、高畏良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、百瀬俊也、青柳盟史、鈴木剛. 経時的脳血管録影にて出血源が不明であった非外傷性くも膜下出血27例の検討. 第34回日本脳卒中学会総会 2009.03.22 松江

  281. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、住吉京子、菅原貴志、青柳盟史、鈴木剛. 細菌性髄膜炎に脳梗塞を合併した症例の検討. 第36回日本集中治療医学会学術総会 2009.03.05 大阪

  282. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川隆宜、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、住吉京子、青柳盟史、竹内誠、竹迫直樹、本間千穂. 脳梗塞にて入院中、後天性血友病を発症した1例. 第59回日本救急医学会関東地方会 2009.02.07 東京

  283. 大谷直樹、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁寛、住吉京子、菅原貴志、青柳盟史、竹内誠、鈴木剛. 重症急性硬膜下血腫に対する緊急穿頭頭蓋内圧測定の意義について. 第14回日本脳神経外科救急学会 2009.01.17 埼玉

  284. 大谷 直樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠. 頭蓋内圧モニタリングの有用性 重症急性硬膜下血腫に対する緊急穿頭頭蓋内圧測定の意義について. 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 2009.01.01

  285. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 細菌性髄膜炎に脳梗塞を合併した症例の検討. 日本集中治療医学会雑誌 2009.01.01

  286. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 鈴木 剛. EBウイルス感染により出血性脳炎と可逆性脳梁膨大部病変を認めた1例. 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 2009.01.01

  287. 青柳盟史、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、住吉京子、菅原貴志、鈴木剛. 再出血を来たしたperimesencephalic nonaneurysmal hemorrhageと思われた一例. 第107回日本脳神経外科学会関東支部地方会 2008.12.13 東京

  288. 菅原貴志、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、住吉京子、青柳盟史、鈴木剛. 当院におけるくも膜下出血治療の現況. 第29回多摩地区脳卒中研究会 2008.11.28 東京 立川パレスホテル

  289. 吉野 義一, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠, 鈴木 剛. 被核、視床出血に対する定位的血腫吸引術 自験218例の検討. 国立病院総合医学会講演抄録集 2008.11.01

  290. 吉野 義一, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 竹内 誠, 今江 省吾. 前方循環急性期脳梗塞に対する低体温治療を組み合わせたtPA局所血栓溶解療法 静脈内投与療法との比較. JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 2008.11.01

  291. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、住吉京子、菅原貴志、青柳盟史、竹内誠. 当院における頭部外傷術後のCTの検討. 第36回日本救急医学会総会 2008.10.14 札幌

  292. 菅原 貴志, 坪川 民治, Vikram Jadhav, Wanqiu Chen, John H Zhang. Akt, eNOSリン酸化経路を介したシンバスタチンによる脳血管攣縮予防効果. 第67回日本脳神経外科学会総会 2008.10.01 盛岡 岩手県民会館

  293. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 住吉 京子, 竹内 誠, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の冷却プロトコールの検討. 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 2008.10.01

  294. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠, 鈴木 剛. くも膜下出血後の高次脳機能予後に影響する因子の分析. 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 2008.10.01

  295. 吉野 義一, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 竹内 誠, 青柳 盟史, 鈴木 剛. 急性期前方循環脳梗塞のtPA静脈投与と局所血栓溶解療法の比較. 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 2008.10.01

  296. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠, 鈴木 剛. 当院における小児頭部外傷の検討. 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集 2008.10.01

  297. 竹内誠、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、住吉京子、青柳盟史、鈴木剛. 骨折を認めず受傷部位と反対側に生じた外傷性中硬膜動静脈瘻の1例. 第106回日本脳神経外科学会関東支部会 2008.09.06 東京

  298. 鈴木 剛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠. 当院における頭部外傷術後CTの検討. 日本救急医学会雑誌 2008.08.01

  299. 鈴木剛、高里良男、正岡博幸、早川l隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、住吉京子、菅原貴志、青柳盟史、竹内誠. 当院における頭部外傷術後のCTの検討. 第15回多摩神経外傷力ンファランス 2008.07.04 東京

  300. 鈴木 剛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 住吉 京子, 青柳 盟史, 竹内 誠. 多発性脳梗塞を併発した成人発症重症髄膜炎5症例の検討. 日本神経救急学会雑誌 2008.06.01

  301. 大谷 直樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 住吉 京子, 菅原 貴志, 青柳 盟史, 竹内 誠, 鈴木 剛. けいれん重積発作にて発症した脳底動脈閉塞症4症例の検討. 日本神経救急学会雑誌 2008.06.01

  302. 有本 裕彦, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 小町 裕志, 本間 正人. 脳幹出血患者の予後に関する臨床的検討. 脳卒中 2008.01.01

  303. 八ツ繁寛、高皇良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、菅原貴志、北橋章子、本間正人. 両側減圧関頭術をおこなった重症頭部外傷症例の予後因子の検討. 第34回日本集中治療医学会学術総会 2007.03.01 神戸

  304. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 菅原 貴志, 北橋 章子, 本間 正人. 両側減圧開頭術をおこなった重症頭部外傷症例の予後因子の検討. 日本集中治療医学会雑誌 2007.01.01

  305. 八ツ繁寛、高里良男、正問博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、菅原貴志、帯包雄次郎、北橋章子、青柳盟史、本間正人. 当院における両側減圧関頭血腫除去を行った症例の検討. 第34回日本救急医学会総会 2006.10.30 福岡

  306. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 菅原 貴志, 帯包 雄次郎, 北橋 章子, 青柳 盟史, 本間 正人. 当院における両側減圧開頭血腫除去をおこなった症例の検討. 日本救急医学会雑誌 2006.08.01

  307. 帯包雄次郎、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉監講一、大谷直樹、八ツ繁寛、菅原貴志、北橋章子、青柳盟史. 円蓋部髄膜腫を合併したvon Hippel-Lindau病の1例. 第99回日本脳神経外科学会関東地方会 2006.04.22 東京

  308. 青柳盟史、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ッ繁寛、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎. 再発悪性神経膠腫に対するリニアックナイフ治療について. 第33回多摩脳神経外科懇話会 2006.04.13 東京

  309. 今江省吾、高里良男、正岡博幸、早川唯室、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎. 脳主幹動脈急性閉塞における局所動注血栓溶解療法と脳低体温療法の治療成績. 第35回日本脳卒中の外科学会 2006.03.21 横浜

  310. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、早川 隆宣、大谷 直樹、吉野 義一、八ツ繁 寛、北橋 章子、帯包 雄次郎、武川 麻紀. 当院における尾状核出血19例の臨床的検討. 第31回 日本脳卒中学会総会 2006.03.20 横浜 パシフィコ横浜

  311. 正岡博幸、高里良男、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁覚、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 救命センターにおける若年者脳出血の臨床的検討. 第31回日本脳卒中学会総会 2006.03.20 横浜

  312. 大谷直樹、武川麻紀、帯包雄次郎、北橋章子、菅原貴志、八ツ繁寛、古里子義一、早川隆宣、正岡博幸、高塁良男. 重症クモ膜下出血患者に対する減圧関頭術の有用性. 第31回日本脳卒中学会総会 2006.03.19 横浜

  313. 宮脇博基、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎. 超高齢者急性硬膜下血腫の臨床的検討. 第19回日本老年脳神経外科学会 2006.03.11 久留米

  314. 大谷直樹、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、八ツ繁覚、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎. 高齢者急性硬膜外血腫の臨床的検討. 第19回日本老年脳神経外科学会 2006.03.11 久留米

  315. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 北橋 章子, 帯包 雄次郎. 重症頭部外傷における急性期脳圧と高次脳機能障害の相関. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2006.03.01

  316. 大谷 直樹, 武川 麻紀, 帯包 雄次郎, 北橋 章子, 菅原 貴志, 八ツ繁 寛, 吉野 義一, 早川 隆宣, 正岡 博幸, 高里 良男. 重症クモ膜下出血患者に対する減圧開頭術の有用性. 脳卒中 2006.03.01

  317. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 重症急性硬膜下血腫症例に対する減圧開頭血腫除去の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2006.03.01

  318. 大谷 直樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 竹内 誠. 減圧開頭血腫除去術を要した急性硬膜外血腫30症例の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2006.03.01

  319. 竹内 誠, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎. 急性硬膜外血腫の治療成績 当センター脳神経外科166例の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2006.03.01

  320. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 救命センターにおける若年者脳出血の臨床的検討. 脳卒中 2006.03.01

  321. 北橋章子、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、帯包雄次郎、武川麻紀. 減圧関頭術を要した若年性神経膠芽腫内出血の一例. 第56回日本救急医学会関東地方会 2006.02.25 茨城

  322. 北橋章子、高皇良男、正岡博幸、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、帯包雄次郎、武川麻紀. 頭蓋底骨折の髄液漏に対する治療の検討. 第13回多摩神経外傷カンファランス 2006.02.17 東京

  323. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、吉里子義一、大谷直樹、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 当院における主幹動脈閉塞症に対する局所血栓溶解と低体温療法を組み合わせた治療. 第11回日本脳神経外科救急学会 2006.01.21 大阪

  324. 正岡博幸、高皇良男、早川隆宣、大谷直樹、吉野義一、八ツ繁寛、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 重症くも膜下出血に対する脳低温療法を加えた集学的治療の有効性の検討. 第11回日本脳神経外科救急学会 2006.01.20 大阪

  325. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 大谷 直樹, 吉野 義一, 八ツ繁 寛, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 重症くも膜下出血の治療 重症くも膜下出血に対する脳低温療法を加えた集学的治療の有効性の検討. 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 2006.01.01

  326. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 吉野 義一, 大谷 直樹, 菅原 貴志, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀. 急性期脳虚血性疾患に対する血管内治療の役割 当院における主幹動脈閉塞症に対する局所血栓溶解と低体温療法を組み合わせた治療. 日本脳神経外科救急学会プログラム・抄録集 2006.01.01

  327. 帯包雄次郎、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、大谷直樹、八ッ繁寛、菅原貴志、北橋章子、武川麻紀. Von Hippel Lindau病家系に生じた側脳室血管芽腫の一例. 第98回日本脳神経外科学会関東地方会 2005.12.10 東京

  328. 帯包雄次郎、高皇良男、正岡博幸、早川隆宣、吉野義一、大谷直樹、八ツ繁覚、菅原貴志、北橋章子、武川麻紀、戸根修、富田博樹. クリッピング術後にコイル塞栓術を追加した6例. 第32回多摩脳神経外科懇話会 2005.12.01 東京

  329. 早川唯宣、高里良男、正岡博幸、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀、倉本憲明. 3D-SSPを用いたびまん性軸索損傷例における局所脳血流の分析. 第45回日本核医学会総会 2005.11.12 東京

  330. 武川麻紀、高里良男、正問博幸、早川|隆宣、吉野義一、大谷直樹、八ツ繁寛、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎. 白血病に伴った頭蓋内出血10例の検討. 第26回多摩地区脳卒中研究会 2005.11.11 東京

  331. 今江省吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 内頚動脈急性閉塞に対する局所動注血栓溶解療法および脳低体温療法の治療成績. 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 2005.11.10 和歌山

  332. 武川l麻紀、高里良男、正岡博幸、早川隆宜、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基北橋章子、帯包雄次郎、戸根修. 上矢状静脈洞に発生した硬膜動静脈瘻に対しNBCAを用いて閉塞術を行った1例. 第21回日本脳神経血管内治療学会総会 2005.11.10 和歌山

  333. 早川隆室、高里良男、正岡博幸、大谷直樹、吉呈予義一、八ツ繁寛、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 著明な石灰化を伴い壊死像を呈した下垂体腫瘍の症例. 第4回多摩脳腫療研究会 2005.10.15 東京

  334. 武川麻紀、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎. 白血病に伴って発症した頭蓋内出血10例の検討. 第64回日本脳神経外科学会総会 2005.10.07 横浜

  335. 今江省吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 脳主幹動脈急性閉塞に対する局所動注血栓溶解療法と脳低体温療法の治療成績. 第64回日本脳神経外科学会総会 2005.10.06 横浜

  336. 帯包雄次郎、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、武川麻紀. 亜急性硬膜下血腫8例の検討. 第64回日本脳神経外科学会総会 2005.10.06 横浜

  337. 正岡博幸、高里良男、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀、本間正人. 重症くも膜下出血に対する脳低温療法の有効性の検討. 第64回日本脳神経外科学会総会 2005.10.05 横浜

  338. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 3D-SSPによる頭部外傷における局所脳血流低下領域の分析. 第64回日本脳神経外科学会総会 2005.10.05 横浜

  339. 武川麻紀、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、石井洋介. 神輿の最中に発症した若年性内頚動脈解離の1例. 第16回新お茶の水セミナー 2005.09.24 東京

  340. 高里良男、正岡博幸、早川隆室、大谷直樹、八ツ繁箆今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 重症頭部外傷における脳低温療法の役割. 第16回新お茶の水セミナー 2005.09.24 東京

  341. 早川隆宣、高畏良男、正岡博幸、大谷直樹、八ツ繁寛、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 3D-SSPを用いた頭部外傷の脳血流の臨床的検討. 第16回新お茶の水セミナー 2005.09.24 東京

  342. 石井洋介、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 発症から6年後に再出血した椎骨脳底動脈解離の1例. 第97回日本脳神経外科学会関東地方 2005.09.17 東京

  343. 武川麻紀、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、石井洋介. 神輿の最中に発症した若年性内頚動脈解離の1例. 第12回多摩神経外傷カンファレンス 2005.07.29 東京

  344. 正岡 博幸, 高里 良男, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀, 本間 正人. 重症くも膜下出血に対する脳低温療法. 日本脳低温療法学会プログラム・抄録集 2005.07.01

  345. 今江 省吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 北橋 章子, 帯包 雄次郎, 武川 麻紀, 石井 洋介. 脳主幹動脈急性閉塞に対する局所動注血栓溶解療法と脳低体温療法の治療成績. 日本脳低温療法学会プログラム・抄録集 2005.07.01

  346. 武川麻紀、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、帯包雄次郎. 内頚動脈閉塞を伴った好酸球増多症候群の1例. 第19回日本神経救急学会 2005.06.18 東京

  347. 山本 崇裕, 高里 良男, 正岡 博幸, 大田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 木野 智幸. 難治性慢性硬膜下血腫を呈し,意識障害を来した特発性低髄液圧症候群の1治療例. お茶の水医学雑誌 2005.06.01

  348. 宮脇博基、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. 頚髄手術後の脊髄空洞症の1例. 第14回多摩脊推脊髄カンファレンス 2005.05.26 東京

  349. 正岡博幸、高里良男、太田被久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、帯包雄次郎、武川麻紀. 血腫型重症クモ膜下出血に対する脳低温療法を加えた集学的治療の検討. 第34回日本脳卒中の外科学会 2005.04.23 東京

  350. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、太田 禎久、早川 隆宣、今江 省吾、宮脇 博基、山本 崇裕、武川 麻紀. Terson症候群をきたしたくも膜下出血20例の臨床的検討. 弟34回 日本脳卒中の外科学会 2005.04.22 盛岡 岩手県民会館

  351. 宮脇博基、高呈良男、正問博幸、太田禎久、早川瞳宣、今江省吾、菅原貴志、帯包雄次郎、武川麻紀. chronic encapusulated expanding hematomaの2例. 第30回日本脳卒中学会 2005.04.22 盛岡

  352. 今江省吾、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、菅原貴志、宮脇博基、帯包雄次郎、武川麻紀. 最近5年間の脳動脈療の治療成績. 第15回新お茶の水セミナー 2005.04.16 東京

  353. 帯包雄次郎、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、武川麻紀. 診断に苦慮したクモ膜下出血発症、前大脳動脈解離性動脈瘤の1例. 第31回多摩脳神経外科懇話会 2005.04.14 東京

  354. 今江省吾、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、菅原貴志、宮脇博基、山本崇裕、武川麻紀. 高齢者脳主幹動脈急性閉塞に対する局所動注血栓溶解療法および脳低体温療法についての検討. 第18回日本老年脳神経外科学会 2005.04.07 富山

  355. 武川麻紀、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、帯包雄次郎. 好酸球増多症候群に内頚動脈閉塞を伴った1例. 第96回日本脳神経外科学会関東地方会 2005.04.02 東京

  356. 今江 省吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宜, 菅原 貴志, 山本 崇裕, 武川 麻紀. 高齢者脳主幹動脈急性閉塞に対する局所動注血栓溶解および脳低体温療法についての検討. 脳卒中 2005.04.01

  357. 武川 麻紀, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 山本 崇裕. 白血病に伴う頭蓋内出血の予後の検討. 脳卒中 2005.04.01

  358. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 山本 崇裕, 武川 麻紀. クモ膜下出血後の前頭葉機能障害の検討. 脳卒中 2005.04.01

  359. 太田 禎久, 武川 麻紀, 山本 崇裕, 宮脇 博基, 菅原 貴志, 今江 省吾, 早川 隆宣, 正岡 博幸, 高里 良男. 当院におけるPrimary Intraventricular Hemorrhageの検討. 脳卒中 2005.04.01

  360. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、武川麻紀. 低髄液圧症候群の2例. 第28回日本脳神経CI学会総会 2005.03.18 香川

  361. 早川隆宣、高塁良男、正岡博幸、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、北橋章子、帯包雄次郎、武川麻紀. von-Hippel Lindau病家系に生じた側脳室三角部腫瘍の1例. 第3回多摩脳腫瘍研究会 2005.03.12 東京

  362. 正岡 博幸, 高里 良男, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 山本 崇裕, 武川 麻紀, 本間 正人. 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法の脳循環代謝測定についての検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2005.03.01

  363. 山本 崇裕, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 武川 麻紀. 減圧開頭症例における外傷性水頭症の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2005.03.01

  364. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 今江 省吾, 菅原 貴志, 宮脇 博基, 山本 崇裕, 武川 麻紀. 3D-SSPによるびまん性軸索損傷例の局所脳血流低下パターン. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2005.03.01

  365. 宮脇 博基, 高里 良男, 正岡 博幸, 大田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 山本 崇裕, 武川 麻紀. 外傷性亜急性硬膜下血腫の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2005.03.01

  366. 宮脇博基、高塁良男、正岡博幸、早川隆宣、太田禎久、今江省吾、菅原貴志、山本崇裕、武川l麻紀. SAHで発症したPICA末梢部の解離性動脈瘤の1例. 第55回日本救急医学会関東地方会 2005.02.19 千葉

  367. 宮脇博基、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早}I唯宣、今江省吾、菅原貴志、山本崇裕、武川麻紀. 亜急性期硬膜下血腫例の検討. 第11回多摩神経外傷カンファレンス 2005.02.18 東京

  368. 武川麻紀、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、山本崇裕、宮脇博基. 動眼神経麻痺で発症した梗塞性下垂体卒中の1例. 第95回日本脳神経外科学会関東地方会 2004.12.11 東京

  369. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆室、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、武川麻紀. 出血発症時脳ヘルニアを呈した前頭蓋底硬膜動静脈奇形の1例. 第30回多摩脳神経外科懇話会 2004.11.25 東京

  370. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、太田 禎久、早川 隆宣、今江 省吾、山本 崇裕、武川 麻紀. 重症脳梗塞に対する局所血栓溶解前、脳低温療法中、慢性期の脳血流の評価. 第20回 日本脳神経血管内治療学会 2004.11.17 札幌 札幌コンベンションセンター

  371. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、太田禎久、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、山本崇裕、武川麻紀. 3DーSSPによるクモ膜下出血後の脳血流評価. 第3回西東京核医学研究会 2004.11.17 東京

  372. 宮脇博基、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、山本崇裕、武川麻紀. Chronic expanding encapsulated hematornaの2例. 第25回多摩地区脳卒中研究会 2004.11.06 東京

  373. 鈴木 隆辰, 森田 信敏, 玉井 秀樹, 美崎 朋子, 伊藤 高規, 宍戸 恒郎, 大木 純, 菅原 貴志. 後頭顆骨折の治療経験. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 2004.11.01

  374. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川峰宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、武川麻紀. 低髄液圧症候群の2例. 第13回多摩脊椎・脊髄カンファレンス 2004.10.14 東京

  375. 正岡博幸、高里良男、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸、山本崇裕、本間正人. 重症急性硬膜下血腫に対する脳低温療法を加えた集学的治療の有用性と限界. 第63回日本脳神経外科学会総会 2004.10.07 名古屋

  376. 早川隆宣、高里良男、正問博幸、太田禎久、今江省吾、菅原貴志、木野智幸、山本崇裕. SEE (Stereotactic Extraction Estimation)を用いた3D-SSPによるクモ膜下出血後の局所血流低下部位の検出. 第63回日本脳神経外科学会総会 2004.10.07 名古屋

  377. 太田禎久、山本崇裕、木野智幸、菅原貴志、今江省吾、早川隆宣、正岡博幸、高里良男. 当院におけるprimary Intraventricular Hemorrhageの検討. 第63回日本脳神経外科学会総会 2004.10.07 名古屋

  378. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川|隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸. 減圧関頭症例における外傷性水頭症の検討. 第63回日本脳神経外科学会総会 2004.10.06 名古屋

  379. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸. 重度意識障害を伴う難治怯慢性硬膜下血腫を呈した特発性低髄液圧症候群の一例. 第94回日本脳神経外科学会関東地方会 2004.09.18 東京

  380. 木野智幸、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、宮脇博基、山本崇裕. 当院における解離性椎骨脳底動脈瘤の治療について. 第14回新お茶の水セミナー 2004.09.11 東京

  381. 正岡 博幸, 高里 良男, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 木野 智幸, 山本 崇裕, 本間 正人. 重症急性硬膜下血腫の脳低温療法を加えた集学的治療の検討. 日本救急医学会雑誌 2004.09.01

  382. 今江 省吾, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 菅原 貴志, 木野 智幸, 山本 崇裕. 内頸動脈閉塞に対する局所動注血栓溶解脳低体温療法についての検討. 日本救急医学会雑誌 2004.09.01

  383. 太田禎久、冨土井陸、木野智幸、菅原貴志、今江省吾、早川隆宣、正岡博幸、高里良男. 乳幼児急性硬膜下血腫の臨床像一当院で経験された症例の検討ー. 第46回日本小児神経学会総会 2004.07.16 東京

  384. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸. 難治性慢性硬膜下血腫を呈し、意識障害を来した特発性低髄圧症候群の1治療例. 第24回お茶の水セミナー 2004.07.10 東京

  385. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸. 幼児の箸による頭蓋底穿適性外傷の1例. 第10回多摩神経外傷カンファレンス 2004.07.09 東京

  386. 木野智幸、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、山本崇裕. 出血発症時脳ヘルニアを呈した前頭蓋底硬膜度静脈奇形. 第18回日本神経救急学会学術集会 2004.06.19 富山

  387. 太田 禎久, 富士井 睦, 木野 智幸, 菅原 貴志, 今江 省吾, 早川 隆宣, 正岡 博幸, 高里 良男. 乳幼児急性硬膜下血腫の臨床像 当院で経験された症例の検討. 脳と発達 2004.06.01

  388. 太田禎久、冨土井陸、木野智幸、菅原貴志、今江省吾、早川隆宣、正岡博幸、高里良男. 乳幼児急性硬膜下血腫の臨床像一当院で経験された症例の検討ー. 第32回日本小児神経外科学会 2004.05.29 埼玉

  389. 山本崇裕、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宣、今江省吾、菅原貴志、木野智幸. 難治性慢性硬膜下血腫を呈した特発性低髄液圧症候群の一例. 第12回多摩脊椎脊髄カンファレンス 2004.05.27 東京

  390. 今江省吾、高皇良男、正岡博幸、太田禎久、早川監宣、菅原貴志、冨土井陸、木野智幸. 内頚動脈急性閉塞の治療法の検討. 第29回多摩脳神経外科懇話会 2004.04.15 東京

  391. 太田 禎久, 富士井 睦, 木野 智幸, 菅原 貴志, 今江 省吾, 早川 隆宣, 正岡 博幸, 高里 良男. 乳幼児急性硬膜下血腫の病態と治療 乳幼児急性硬膜下血腫の臨床像 当院で経験された症例の検討. 小児の脳神経 2004.04.01

  392. 菅原 貴志、 高里 良男、 正岡 博幸、 太田 禎久、早川 隆宣、 今江 省吾、 冨士井 睦、 木野 智幸. 両側減圧開頭術を施行した 重症頭部外傷8例の検討. 第27回 日本神経外傷学会 2004.03.27 東京 都市センターホテル

  393. 正岡博幸、高里良男、太田禎久、早川隆宜、今江省吾、菅原貴志、冨土井陸、木野智幸、倉本憲明. 中大脳動脈閉塞に対する局所動注血栓溶解脳低温療法についての検討. 第29回日本脳卒中学会総会 2004.03.18 名古屋

  394. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、太田禎久、今江省吾、菅原貴志、富士井陸、木野智幸. 3D-SSPによるクモ膜下出血後の脳血流評価. 第29回日本脳卒中学会総会 2004.03.18 名古屋

  395. 菅原 貴志、 高里 良男、 正岡 博幸、 太田 禎久、早川 隆宣、 今江 省吾、 冨士井 睦、 木野 智幸. 痙攣後の横紋筋融解症に併発したRPLSの一例. 第54回 日本救急医学会関東地方会 2004.03.06 昭和大学上條講堂

  396. 冨士井 睦, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 木野 智幸. 頭蓋底骨折に伴う遅発性顔面神経麻痺の臨床的検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2004.03.01

  397. 正岡 博幸, 高里 良男, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 冨士井 睦, 木野 智幸, 本間 正人. 重症急性硬膜下血腫に対する脳低温療法を加えた治療の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2004.03.01

  398. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 今江 省吾, 菅原 貴志, 冨士井 睦, 木野 智幸. 年齢別にみた頭部外傷後の高次脳機能障害. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2004.03.01

  399. 菅原 貴志, 高里 良男, 正岡 博幸, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 冨士井 睦, 木野 智幸. 両側減圧開頭術を施行した重症頭部外傷8例の検討. 日本神経外傷学会プログラム・抄録集 2004.03.01

  400. 正岡 博幸, 高里 良男, 太田 禎久, 早川 隆宣, 今江 省吾, 菅原 貴志, 冨士井 睦, 木野 智幸, 倉本 憲明. 中大脳動脈閉塞に対する局所動注血栓溶解脳低温療法についての検討. 脳卒中 2004.03.01

  401. 菅原 貴志、 高里 良男、 正岡 博幸、 太田 禎久、早川 隆宣、 今江 省吾、 冨士井 睦、 木野 智幸. 両側減圧開頭術を施行した 重症頭部外傷8例の検討. 多摩神経外傷カンファレンス 2004.02.28

  402. 木野智幸、高里良男、正問博幸、太田禎久、早川隆宜、今江省吾、菅原貴志、冨土井陸. 定位放射線治療後に奇異な経過をたどったAVMの1例. 第92回日本脳神経外科学会関東地方会 2003.11.29 東京

  403. 工藤琢己、武井秀憲、宍戸恒郎、菅原貴志、大木純. バルーンアシストにてステント留置及びコイル塞桧術を施行した右椎骨動脈解離性動脈瘤の1例. 第92回日本脳神経外科学会関東地方会 2003.11.29 東京

  404. 木野智幸、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川隆宜、今江省吾、菅原貴志、富士井陸. 定位放射線治療後にchronic encapsulated expanding hematomaを呈したAVMの1例. 第28回多摩脳神経外科懇話会 2003.11.20 東京

  405. 木野智幸、高里良男、正岡博幸、太田禎久、早川陛度、今江省吾、菅原貴志、冨土井陸. 総頸動脈結紮術にて治療した症候性巨大脳動脈瘤の2例. 第24回多摩地区脳卒中研究会 2003.11.08 東京

  406. 秋元 秀昭, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 菅原 貴志. びまん性軸索損傷重症例における急性期脳血流量及びMRI所見と転帰との関係. 日本救急医学会雑誌 2003.01.01

  407. 直江伸行、武井秀憲、宍戸恒郎、大木純、菅原貴志、長尾公美子、西原弘治、市橋鋭ー. GDCコイル塞栓術後の一剖検例. 第2回静岡県脳神経血管内手術懇話会 2002.11.30 浜松

  408. 菅原 貴志、武井 秀憲、宍戸 恒郎、大木 純、直江 伸行. 大動脈縮窄症を合併しくも膜下出血にて発症した多発脳動脈瘤の一例. 第88回 日本脳神経外科学会関東地方会 2002.11.23 東京医大臨床講堂

  409. 菅原 貴志、武井 秀憲、宍戸 恒郎、大木 純、直江 伸行. 診断に難渋した前頭蓋底、円蓋部腫瘍の一例 . 新御茶ノ水セミナー 2002.04.01

  410. 菅原 貴志、武井 秀憲、宍戸 恒郎、大木 純、直江 伸行. 診断に難渋した前頭蓋底、円蓋部腫瘍の一例 . 第85回 日本脳神経外科学会関東地方会 2002.03.02 アサヒビール吾妻橋ビル

  411. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 河面 吉彦, 早川 隆宣, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 本間 正人, 倉本 憲明. 急性期脳主幹動脈閉塞症における局所血栓溶解後脳低温療法中の脳血流の検討. 脳循環代謝 2002.03.01

  412. 正岡 博幸, 高里 良男, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 横堀 將司. 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法における脳循環代謝測定. 脳循環代謝 2001.12.01

  413. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広. 局所動注血栓溶解療法施行後に脳低体温療法を施行した中大脳動脈閉塞症例の検討. 第17回日本脳神経血管内治療学会 2001.11.21 新潟

  414. 森川健太郎、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、菅原貴志、高山泰広. 急速な自然閉塞後、再破裂した椎骨解離性動脈癌の1例. 第17回日本脳神経血管内治療学会 2001.11.21 新潟

  415. 正岡博幸、高里良男、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人. 適応決定因子としての脳低温療法の脳循環代謝測定. 第60回日本脳神経外科学会総会 2001.10.26 岡山

  416. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人、倉本憲明. 脳主幹動脈閉塞に対する局所血栓溶解脳低温療法における経過中の脳血流. 第60回日本脳神経外科学会総会 2001.10.26 岡山

  417. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人. 急性硬膜下血腫148例の臨床的検討. 第60回日本脳神経外科学会総会 2001.10.25 岡山

  418. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、有本 裕彦、早川 隆宣、秋元 秀昭、八ツ繁 寛、東森 俊樹、森川 健太郎、本間 正人. 重症脳出血に対する脳低温療法の有効性の検討. 第60回 日本脳神経外科学会総会 2001.10.24 岡山 ホテルグランヴィア岡山

  419. 早川隆宣、高里良男、正岡博幸、河国吉彦、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広. CT誘導下定位的脳内血腫吸引術を施行した被殻、視床出血の予後不良因子の検討. 第60回日本脳神経外科学会総会 2001.10.24 岡山

  420. 河面吉彦、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広. EC/IC bypass後いつ患側の脳循環動態は安定するか. 第60回日本脳神経外科学会総会 2001.10.24 岡山

  421. 武井秀憲、宍戸恒郎、大木純、直江伸行、三枝邦康、菅原貴志. 超高齢者(80歳以上)におけるくも膜下出血の治療の検討. 第40回全国自治体病院学会 2001.10.11 長野

  422. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆室、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、本間正人,倉本憲明. 急性期脳主幹動脈閉塞症における局所血栓溶解後脳低温療法中の脳血流の検討. 第13回日本脳循環代謝学会総会 2001.10.04 横浜

  423. 正岡 博幸, 高里 良男, 河面 吉彦, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 高山 泰広, 本間 正人. 重症頭部外傷の脳低温療法施行患者における予後推定・適応決定のための脳循環代謝測定. 日本救急医学会雑誌 2001.10.01

  424. 森川 健太郎, 高里 良男, 正岡 博幸, 河面 吉彦, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 菅原 貴志, 高山 泰広, 本間 正人. 重症クモ膜下出血(Hunt & Kosnik grade5)症例の三年間の検討. 日本救急医学会雑誌 2001.10.01

  425. 東森 俊樹, 高里 良男, 正岡 博幸, 河面 吉彦, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 高山 泰広. 重症急性硬膜下血腫症例の予後不良因子と治療法についての検討. 日本救急医学会雑誌 2001.10.01

  426. 八ツ繁 寛, 高里 良男, 正岡 博幸, 河面 吉彦, 早川 隆宣, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 高山 泰広, 本間 正人. 急性期脳主幹動脈閉塞症における局所血栓溶解脳低温療法中の脳血流の検討. 日本救急医学会雑誌 2001.10.01

  427. 正岡博幸、高里良男、河面吉彦、早川降宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広. クモ膜下出血発症の解離性椎骨動脈瘤の治療と予後につての検討. 第20回The Mt. Fuji Workshop on CVD 2001.08.25 札幌

  428. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、森川健太郎、高山泰広、菅原貴志,本間正人. 多発外傷の体幹処置中に急速悪化した急性硬膜下血腫の1例. 第4回多摩神経外傷カンファレンス 2001.07.13 東京

  429. 正岡博幸、高里良男、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁覚、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人. 重症頭部外傷患者の脳低温療法における脳循環代謝測定. 第7回日本脳代謝モニタリング研究会 2001.07.07 東京

  430. 正岡博幸、高里良男、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人. 適応決定因子としての重症頭部外傷患者の脳低温療法における脳循環代謝測定. 第4回日本脳低温療法研究会 2001.07.06 山口

  431. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆室、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広,本間正人、倉本憲明. 重症脳梗塞に対する局所血栓溶解脳低温療法経過中の脳血流. 第4回日本脳低温療法研究会 2001.07.06 山口

  432. 森川健太郎、高塁良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、菅原貴志,高山泰広、本間正人. 急速に自然閉塞した解離性椎骨動脈痛の1例. 第82回日本脳神経外科学会関東地方会 2001.06.30 東京

  433. 高山泰広、高恩良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,本間正人、辺見弘. 急性硬膜下出血で発症した脳動脈破裂症例の検討. 第51回日本救急医学会関東地方会 2001.06.23 群馬

  434. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、有本裕彦、早川隆宣、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,高山泰広、本間正人. 多発外傷をともなう重症頭部外傷に対して脳低温療法を施行した2例. 第15回日本神経救急研究会 2001.05.12 鹿児島

  435. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、有本裕彦、早川隆宣、八ツ繁寛、森川健太郎、菅原貴志,高山泰広、杉浦ゆり、井上文子. 頭蓋内病変併発し急激な転帰をたどった急性骨髄性白血病の4例. 第15回日本神経救急研究会 2001.05.12 鹿児島

  436. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、河面 吉彦、早川 隆宣、八ツ繁 寛、東森 俊樹、森川 健太郎、高山 泰広. 血管芽腫の3手術例. 多摩脊椎脊髄カンファレンス 2001.05.01

  437. 正岡博幸、高里良男、有本裕彦、早川隆室、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、横堀将司、本間正人. 高者急性硬膜下血腫症例の臨床的検討. 第14回日本老年脳神経外科学会 2001.04.07 熊本

  438. 有本裕彦、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,本間正人. 高齢者破裂脳動脈痛に対する積極的急性期治療の予後の検討. 第14回日本老年脳神経外科学会 2001.04.07 熊本

  439. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、河面吉彦、早川隆宣、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、高山泰広. 視床脳幹部の悪性リンパ腫の1例. 第23回多摩脳神経外科懇話会 2001.04.05 東京

  440. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、有本 裕彦、早川 隆宣、秋元 秀昭、八ツ繁 寛、東森 俊樹、森川 健太郎、本間 正人. 減圧開頭、脳低温療法により加療した外傷性内頚動脈解離の一例. 第24回 日本神経外傷学会 2001.03.29 高松 香川県県民ホール

  441. 正岡博幸、高里良男、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,横堀将司. 脳低温療法施行患者における脳循環代謝測定. 第24回日本神経外傷学会 2001.03.29 香川

  442. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、森川健太郎,菅原貴志、横堀将司. 血管内手術による塞栓術を施行した外傷性大量顔面出血の4例. 第24回日本神経外傷学会 2001.03.29 香川

  443. 森川健太郎、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁覚、東森俊樹、菅原貴志,横堀終司. 遅発進行性の脳圧亢進症状を呈した両側前頭葉脳挫傷に対して脳低温療法を行った3例. 第24回日本神経外傷学会 2001.03.29 香川

  444. 秋元秀昭、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,本間正人. びまん性軸索損傷症例の急性期脳血流量およびMRI所見と予後との関係. 第24回日本神経外傷学会 2001.03.29 香川

  445. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、秋元秀昭、早川隆宣、八ツ繁寛、森川健太郎、菅原貴志,横堀将司. 血行再建術後の経時的脳血流変化について. 第26回日本脳卒中学会総会 2001.03.16 大阪

  446. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、有本 裕彦、早川 隆宣、秋元 秀昭、八ツ繁 寛、東森 俊樹、森川 健太郎、本間 正人. 重症脳出血に対する脳低温療法の有効性の検討. 第30回 日本脳卒中の外科学会 2001.03.14 大阪 大阪国際会議場

  447. 正岡博幸、高里良男、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,横堀将司. クモ膜下出血で発症した解離性椎骨脳底動脈癌の治療と予後. 第30回日本脳卒中の外科学会 2001.03.14 大阪

  448. 八ツ繁寛、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、宅k元秀昭、有本裕彦、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志,本間正人. 重症クモ膜下出血における脳低温療法の有効性の検討. 第30回日本脳卒中の外科学会 2001.03.14 大阪

  449. 有本 裕彦, 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 小町 裕志. 救命センターにおける脳幹出血患者の予後に関する臨床的検討. 脳卒中 2001.03.01

  450. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁覚、森川健太郎、菅原貴志、横堀将司. 血管内手術にて治療した両側性椎骨解離性動脈瘤の1例. 第81回日本脳神経外科学会関東地方会 2001.02.24 東京

  451. 森川健太郎、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、菅原貴志、横堀将司. 減圧関頭・脳低温療法を併用し良好な結果を得た、皮質下出血で発症した類もやもや病の1例. 第50回日本救急医学会関東地方会 2001.02.10 東京

  452. 森川健太郎、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、菅原貴志,横堀将司、本間正人. 遅発進行性の両側前頭葉脳挫傷の1例. 第3回多摩神経外傷カンファランス 2001.01.26 東京

  453. 秋元秀昭、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、横堀終司、戸根修. 癌内塞栓術後早期に再出血したVA union large aneurysmの1例. 第27回関東脳神経血管内手術セミナー 2000.12.09 東京

  454. 正岡博幸、高里良男、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、菅原貴志、横堀将司. 重症頭部外傷症例に対する脳低温療法における脳循環代謝測定. 第12回日本脳循環代謝学会総会 2000.12.05 仙台

  455. 東森俊樹、高里良男、正岡博幸、早川隆宣、秋元秀昭、有本裕彦、八ツ繁寛、森川健太郎、菅原貴志、横堀将司. 頭蓋底陥入、後頭骨環椎癒合およびキアリ奇形を合併した1例. 第22回多摩脳神経外科懇話会 2000.11.30 東京

  456. 森川健太郎、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、秋元秀昭、八ツ繁寛、東森俊樹、菅原貴志、横堀将司. 後頭下減圧術、権弓形成的脊椎管拡大術を施行した大後頭孔,脊柱管狭窄症の1例. 第5回多摩脊椎・脊髄カンファレン 2000.10.19 東京

  457. 正岡 博幸, 高里 良男, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 菅原 貴志, 森川 健太郎, 本間 正人. 重症頭部外傷症例に対する脳低温療法の適応についての検討. 日本脳神経外科学会総会抄録集 2000.10.01

  458. 早川 隆宣, 高里 良男, 正岡 博幸, 有本 裕彦, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 細田 進, 菅原 貴志. 脳室内出血に対するt-PAによる血腫溶解ドレナージの治療成績. 日本脳神経外科学会総会抄録集 2000.10.01

  459. 正岡 博幸, 高里 良男, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 細田 進. 重症頭部外傷症例に対する脳低温療法の冷却や適応についての検討. 日本救急医学会雑誌 2000.10.01

  460. 高里 良男, 正岡 博幸, 早川 隆宣, 秋元 秀昭, 有本 裕彦, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 倉本 憲明. 脳低温療法はどのような病態に有効か 急性脳主幹動脈閉塞に対する局所血栓溶解+脳低温療法の効果. 日本救急医学会雑誌 2000.10.01

  461. 秋元 秀昭, 高里 良男, 正岡 博幸, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 菅原 貴志, 本間 正人. びまん性軸索損傷症例の急性期脳血流量及びMRI所見と予後との関係. 日本脳神経外科学会総会抄録集 2000.10.01

  462. 森川 健太郎, 菅原 貴志, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 秋元 秀昭, 早川 隆宣, 有本 裕彦, 本間 正人, 正岡 博幸, 高里 良男. 同時期多発性脳内出血の3例. 日本脳神経外科学会総会抄録集 2000.10.01

  463. 秋元 秀昭, 高里 良男, 正岡 博幸, 有本 裕彦, 早川 隆宣, 八ツ繁 寛, 東森 俊樹, 森川 健太郎, 細田 進, 菅原 貴志. 急性期脳血流測定及びMRI所見によりびまん性軸索損傷症例の予後は予測可能か?. 日本救急医学会雑誌 2000.10.01

  464. 菅原 貴志、高里 良男、正岡 博幸、有本 裕彦、早川 隆宣、秋元 秀昭、八ツ繁 寛、東森 俊樹、森川 健太郎、横堀 将司. 前大脳動脈A1穿通枝動脈瘤の一例. 第79回 日本脳神経外科学会関東地方会 2000.09.30 後楽園会館

  465. 秋元秀昭、高里良男、正岡博幸、有本裕彦、早川隆宣、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎、細田進、菅原貴志、本間正人. 重症頭部外傷患者に対する脳低温療法導入前後の脳血流と脳代謝. 第3回日本脳低温療法研究会 2000.07.22 名古屋

  466. 八ツ繁寛、高里良男,正岡博幸,有本裕彦、早川|隆宣,秋元秀昭,東森俊樹、森川健太郎、細田進、菅原貴志、本間正人. 当院におけるスパズムの治療成績の経年的変化. 第16回スパズムシンポジウム 2000.07.21 京都

  467. 高里良男、正岡博幸、早川隆宣、秋元秀昭、有本裕彦、八ツ繁寛、東森俊樹、森川健太郎,細田進、菅原貴志、倉本憲明. 急性重症脳使塞に対する局所血栓溶解+脳低温療法の効果. 第3回日本脳低温療法研究会 2000.07.21 名古屋

  468. 八ツ繁寛、東森俊樹、細田進、菅原貴志. 一過性片麻痺を呈した小児頭部外傷の1例. 第2回多摩神経外傷カンフアランス 2000.06.30 東京

  469. 菅原 貴志、森本 卓史、青柳 傑、平川 公義、菅宮 斉. 痙攣発作にて発症したruptured dermoid cystの一例. 第76回 日本脳神経外科学会関東地方会 1999.11.27 野口英世記念会館

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本頭蓋底外科学会 優秀論文賞,日本頭蓋底外科学会,2016年06月

  • 手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス Memorable presentation award,手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス,2020年02月

  • 手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス Best presentation award,手技にこだわる脳神経外科ビデオカンファランス,2019年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 第四回御茶ノ水手術アプローチ研究会,2019年12月

    手術アプローチ研究会

  • 第三回御茶ノ水手術アプローチ研究会,2018年12月

    手術アプローチ研究会

  • 第二回御茶ノ水手術アプローチ研究会,2017年12月

    手術アプローチ研究会

  • 第一回御茶ノ水手術アプローチ研究会,2016年12月

    手術アプローチ研究会

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学・臨床ブロック くも膜下出血,2020年 - 現在

  • 神経科学・臨床ブロック 脳出血,2020年 - 現在

  • 神経科学・臨床ブロック 老年脳神経外科,2017年 - 2018年

  • 頭頸部臨床ブロック 頭蓋底腫瘍・脳神経,2016年 - 現在

  • PCC診察問診,2016年

  • 神経科学(臨床)ブロック 脳梗塞の外科,2014年

  • 神経科学(臨床)ブロック 意識障害,2013年 - 現在

  • 神経科学(臨床)ブロック 先天性疾患・奇形,2012年 - 現在

  • 神経・精神 画像II,2011年

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 2018 ACNS Hanoi Skull Base Live Surgery Seminar,Asian Congress of Neurological Surgeons,Hanoi, Vietnam,2018年10月05日 - 2018年10月07日

  • 2nd Congress of Neurosurgeons of Uzbekistan WFNS FOUNDATION ACNS LIVE SEMINAR,Asian Congress of Neurological Surgeons ,Tashkent, Uzbekistan,2018年09月05日 - 2018年09月07日

  • ACNS Endoscopic Cadever Dissection and Live Surgery Seminar,2018年08月03日 - 2018年08月05日