基本情報

写真a

柿沼 晴(カキヌマ セイ)

KAKINUMA Sei


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究分野・キーワード

肝再生、肝硬変、幹細胞

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  内科学  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 循環生理解析学分野 教授
  • 2009年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 准教授(肝臓病態制御学)
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 講師
  • 2017年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成7年3月 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
  • 平成7年4月 東京医科歯科大学医学部 第二内科 入局
  • 平成11年4月 東京医科歯科大学大学院 医学系研究科 博士課程
  • 平成15年3月 同上修了 博士号授与
  • 2005年04月
    -
    2005年08月
    平成15年4月 東京医科歯科大学 医学部附属病院 総合診療部  医員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本内科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本肝臓学会 学会評議員(代議員)、指導医
  • 日本消化器病学会 学会評議員、指導医

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

  • 細胞生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Cell biology of hepatic stem/progenitor cells,Cell transplantation for liver diseases,Developmental biology of liver

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of fibrocystin promotes interleukin-8-dependent proliferation and CTGF production of biliary epithelium. J. Hepatol.. 2019.07; 71 (1): 143-152. ( PubMed, DOI )

  • Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. LIM homeobox 2 promotes interaction between human iPS-derived hepatic progenitors and iPS-derived hepatic stellate-like cells. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2072. ( PubMed, DOI )

  • Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Sayuri Nitta, Yu Asano, Hiroko Nagata, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Hironori Nishitsuji, Saneyuki Ujino, Kunitada Shimotohno, Masashi Iwamoto, Koichi Watashi, Takaji Wakita, Mamoru Watanabe. Human induced pluripotent stem cell-derived hepatic cell lines as a new model for host interaction with hepatitis B virus. Sci Rep. 2016.07; 6 29358. ( PubMed, DOI )

  • Ayako Sato, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Vasoactive intestinal peptide derived from liver mesenchymal cells mediates tight junction assembly in mouse intrahepatic bile ducts. Hepatol Commun. 2019.12; 4 (2): 235-254. ( PubMed, DOI )

  • Fumio Goto, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Shun Kaneko, Ayako Sato, Yu Asano, Satoshi Otani, Seishin Azuma, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Bone morphogenetic protein-4 modulates proliferation and terminal differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells. Hepatol. Res.. 2017.08; 47 (9): 941-952. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 柿沼 晴. 【ハリソン内科学日本語版第5版】幹細胞生物学の臨床医学への応用. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2017.03 第90e章

  • Promising resources of hepatic progenitor cells. (Review) In: Okita K, eds. Stem cell and Liver regeneration.. Springer Press, 2003

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 北畑富貴子、朝比奈靖浩、柿沼 晴. B型肝炎ウイルスの制御状態による肝細胞癌の癌関連遺伝子とviral integrationの解析. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.29 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  • 佐藤綾子、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 肝間葉系細胞由来vasoactive intestinal peptideによる胆管形成の促進機構. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.29 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  • 柿沼 晴. ワークショップ総括. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.28 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  • Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina , Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Masato Miyoshi, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Mina Nakagawa, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Comprehensive analysis of cancer-related genes and aav/hepatitis b virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior hepatitis b virus infection. EASL The Digital International Liver Congress 2020 2020.08.28 Web開催

  • 柿沼晴、角田知之、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞を用いた肝線維症における分子標的の探索. 第106回日本消化器病学会 2020.08.11 Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回日本肝臓学会大会 会長賞 「ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索」 受賞者:柿沼 晴,2019年11月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 「制御性単球を標的としたがんの進展・転移に対する治療法の開発」 研究開発代表者:田中正人 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、中川美奈,2020年06月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「血清・肝組織の網羅的グライコミクス等による、肝線維化の病態を効率的に評価・予後予測するバイオマーカーの探索」 研究開発代表者:坂本直哉 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、三好正人,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「新規メカニズムに基づくB型肝炎治療薬の探索」 研究開発代表者:森屋恭爾 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、新田沙由梨,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼 晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、東 正新、井津井康浩、土屋 淳、志水太郎,2020年04月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルを開発し、難治性肝疾患の病態解明に成功,2019年03月

    Journal of Hepatology

  • 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞の作製と細胞間相互作用を介した肝細胞の成熟化に成功」― 肝再生医療発展への寄与、肝硬変の治療法開発に期待 ―,2019年02月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • Clinical Clerkship,2009年 - 現在

  • 消化器,2009年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第106回日本消化器病学会総会での発表演題「ヒトiPS細胞を用いた肝線維症における分子標的の探索」について,株式会社メディカルトリビューン,「Medical Tribune Web」,2020年08月11日

  • ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用して、病気の原因を解明する,2019年度第1回記者懇談会,東京医科歯科大学,2019年06月06日