基本情報

写真a

柿沼 晴(カキヌマ セイ)

KAKINUMA Sei


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究分野・キーワード

肝再生、肝硬変、幹細胞

分野紹介URL

https://www.tmd.ac.jp/grad/gast/research/liver.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  内科学  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科学専攻 生体検査科学講座 疾患生理機能解析学分野 教授
  • 2017年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 准教授
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 肝臓病態制御学講座 講師
  • 2009年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 分子肝炎制御学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成7年3月 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
  • 平成7年4月 東京医科歯科大学医学部 第二内科 入局
  • 平成11年4月 東京医科歯科大学大学院 医学系研究科 博士課程
  • 平成15年3月 同上修了 博士号授与
  • 2005年04月
    -
    2005年08月
    平成15年4月 東京医科歯科大学 医学部附属病院 総合診療部  医員
  • 2003年09月
    -
    2005年05月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 消化器内科 助手
  • 2005年06月
    -
    2008年03月
    国立大学法人 東京大学 医科学研究所 特任助教 (幹細胞治療研究分野 産学官連携研究員) 特任助教
  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    独立行政法人 科学技術振興機構 中内幹細胞制御プロジェクト 研究員
  • 2009年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 分子肝炎制御学 講師
  • 2013年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 肝臓病態制御学 講師
  • 2017年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 肝臓病態制御学 准教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 疾患生理機能解析学分野 教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本内科学会

  • 日本再生医療学会

  • 肝細胞研究会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 肝類洞壁細胞研究会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本肝臓学会 学会評議員、東部会評議員、指導医
  • 日本消化器病学会 学会評議員、関東支部評議員、指導医
  • 肝細胞研究会 世話人
  • 肝類洞壁細胞研究会 世話人

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

  • 細胞生物学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヒトiPS細胞を利用した疾患病態モデルと分子標的の開発

  • 肝再生と線維化を制御する分子機構の研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化に依存しない多細胞人工発癌オルガノイドモデルの開発と細胞連関解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 発癌・進展に関わる背景肝ゲノム要因の探索とiPS細胞を用いた肝発癌機構の統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 新規細胞移植モデルの確立を目指した肝幹細胞の分化・増殖機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 非古典的Wntシグナルを介した肝幹・前駆細胞の分化調節機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • iPS細胞由来肝細胞系譜におけるHBV感染系の可視化とHBVを根絶する治療の創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • 肝炎ウイルスに対する新規クラス抗ウイルス化合物の開発と作用機序の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 自然免疫を基軸としたウイルス性肝炎治療抵抗性機序の解明と新規治療法の創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 肝幹細胞分化を基軸としたHBV cccDNAの完全排除を目指す新規治療の創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 肝幹細胞の分化決定と細胞移植効率に関わる分子機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 人工肝細胞移植系を用いたHCV感染動物モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 自然免疫を基軸としたウイルス性肝炎治療抵抗性機序の解明と新規治療法の創成

    文部科学省/日本学術振興会

  • 癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 原腸由来臓器の上皮細胞可塑性と互換性の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • 遺伝子改変iPS細胞を用いたHBVゲノムの組み込みによる発癌メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌オルガノイドを用いた肝癌微小環境中免疫学的プロファイルに関わる病態解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝星細胞におけるTNFシグナルを基軸とした肝線維化分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの開発と肝線維化・発癌病態モデルの創成

    文部科学省/日本学術振興会

  • 肝癌ゲノム情報と癌微小環境の空間的多様性の機械学習による臨床予測モデルの構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • ウイルス制御下の肝病態制御機構に関与する新規標的分子の探索

    文部科学省/日本学術振興会

  • 病態を再現するヒト肝臓オルガノイドの創成と肝星細胞脱活性化をめざした細胞種間解析

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of fibrocystin promotes interleukin-8-dependent proliferation and CTGF production of biliary epithelium. J. Hepatol.. 2019.07; 71 (1): 143-152. ( PubMed, DOI )

  2. Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. LIM homeobox 2 promotes interaction between human iPS-derived hepatic progenitors and iPS-derived hepatic stellate-like cells. Sci Rep. 2019.02; 9 (1): 2072. ( PubMed, DOI )

  3. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Sayuri Nitta, Yu Asano, Hiroko Nagata, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Hiromitsu Nakauchi, Hironori Nishitsuji, Saneyuki Ujino, Kunitada Shimotohno, Masashi Iwamoto, Koichi Watashi, Takaji Wakita, Mamoru Watanabe. Human induced pluripotent stem cell-derived hepatic cell lines as a new model for host interaction with hepatitis B virus. Sci Rep. 2016.07; 6 29358. ( PubMed, DOI )

  4. Ayako Sato, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Tomoyuki Tsunoda, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Vasoactive intestinal peptide derived from liver mesenchymal cells mediates tight junction assembly in mouse intrahepatic bile ducts. Hepatol Commun. 2020.02; 4 (2): 235-254. ( PubMed, DOI )

  5. Fumio Goto, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Shun Kaneko, Ayako Sato, Yu Asano, Satoshi Otani, Seishin Azuma, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Bone morphogenetic protein-4 modulates proliferation and terminal differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells. Hepatol. Res.. 2017.08; 47 (9): 941-952. ( PubMed, DOI )

  6. Satoshi Otani, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Fumio Goto, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Fukiko Kawai-Kitahata, Sayuri Nitta, Toru Nakata, Ryuichi Okamoto, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Tomoyuki Yamaguchi, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Matrix metalloproteinase-14 mediates formation of bile ducts and hepatic maturation of fetal hepatic progenitor cells. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2016.01; 469 (4): 1062-1068. ( PubMed, DOI )

  7. Kei Kiyohashi, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Naoya Sakamoto, Sayuri Nitta, Hideto Yamanaka, Kouhei Yoshino, Junko Fujiki, Miyako Murakawa, Akiko Kusano-Kitazume, Hiromichi Shimizu, Ryuichi Okamoto, Seishin Azuma, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Naoki Tanimizu, Akira Kikuchi, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Wnt5a signaling mediates biliary differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells in mice. Hepatology. 2013.06; 57 (6): 2502-2513. ( PubMed, DOI )

  8. Sei Kakinuma, Akihide Kamiya. A rodent model for cell transplantation of hepatic progenitor cells. Methods Mol Biol. 2019; 1905 211-219. ( PubMed, DOI )

  9. Mina Nakagawa, Nobutoshi Nawa, Eiko Takeichi, Taro Shimizu, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Takeo Fujiwara, Mamoru Watanabe, Yujiro Tanaka, Yasuhiro Asahina, . Mac-2 binding protein glycosylation isomer as a novel predictive biomarker for patient survival after hepatitis C virus eradication by DAAs. J Gastroenterol. 2020.10; 55 (10): 990-999. ( PubMed, DOI )

  10. Sayuri Nitta, Kazuaki Takahashi, Fukiko Kawai-Kitahata, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe, Yasuhiro Asahina. Time course alterations of virus sequences and immunoglobulin titers in a chronic hepatitis E patient. Hepatol Res. 2020.04; 50 (4): 524-531. ( PubMed, DOI )

  11. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Minoru Tanabe, Emiko Sugawara, Akira Takemoto, Hidenori Ojima, Michiie Sakamoto, Masaru Muraoka, Shinichi Takano, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive genetic analysis of cholangiolocellular carcinoma with a coexistent hepatocellular carcinoma-like area and metachronous hepatocellular carcinoma. Hepatol. Res.. 2019.07; ( PubMed, DOI )

  12. Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe. Analysis of the mechanism underlying liver diseases using human induced pluripotent stem cells. Immunol Med. 2019.06; 42 (2): 71-78. ( PubMed, DOI )

  13. Kakinuma Sei, Watanabe Mamoru. ヒト人工多能性幹細胞を使用する肝疾患のメカニズム解析(Analysis of the mechanism underlying liver diseases using human induced pluripotent stem cells) Immunological Medicine. 2019.06; 42 (2): 71-78. ( 医中誌 )

  14. Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res.. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( PubMed, DOI )

  15. Inoue-Shinomiya Emi, Murakawa Miyako, Asahina Yasuhiro, Nakagawa Mina, Tsuchiya Jun, Sato Ayako, Tsunoda Tomoyuki, Miyoshi Masato, Nitta Sayuri, Kawai-Kitahata Fukiko, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Murata Kazumoto, Mizokami Masashi, Watanabe Mamoru. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents(和訳中) Hepatology Research. 2019.05; 49 (5): 500-511. ( 医中誌 )

  16. Sayuri Nitta, Yasuhiro Asahina, Takanobu Kato, Jun Tsuchiya, Emi Inoue-Shinomiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Hayato Hikita, Tetsuo Takehara, Mamoru Watanabe. Impact of novel NS5A resistance-associated substitutions of hepatitis C virus detected in treatment-experienced patients. Sci Rep. 2019.04; 9 (1): 5722. ( PubMed, DOI )

  17. Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Sei Kakinuma, Keiko Azuma, Masato Miyoshi, Emi Inoue, Tomoyuki Tsunoda, Ayako Sato, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Makoto Tomita, Mina Nakagawa, Mamoru Watanabe. Diabetic Retinopathy as a Risk Factor Associated with the Development of Hepatocellular Carcinoma in Nonalcoholic Fatty Liver Disease. [Epub ahead of print] Dig Dis. 2019.01; 1-8. ( PubMed, DOI )

  18. Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Ayako Sato, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Toshihiko Nouchi, Hideki Sakai, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe. Effect of interferon-based and -free therapy on early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C. J. Hepatol. 2017.11; 67 (5): 933-939. ( PubMed, DOI )

  19. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Shun Kaneko, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Yu Asano, Ayako Sato, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Toshihiko Nouchi, Yohei Furumoto, Tooru Asano, Yoshimichi Chuganji, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. ITPA gene variation and ribavirin-induced anemia in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated with sofosbuvir plus ribavirin. Hepatol. Res.. 2017.10; 47 (11): 1212-1218. ( PubMed, DOI )

  20. Nitta Sayuri, Murakawa Miyako, Kato Takanobu, Sato Ayako, Tsunoda Tomoyuki, Miyoshi Masato, Asano Yu, Kaneko Shun, Nagata Hiroko, Kawai-Kitahata Fukiko, Itsui Yasuhiro, Nakagawa Mina, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Asahina Yasuhiro. The analysis of NS5A Resistance-Associated Substitutions (RAS): In vitro study of NS5A recombinant hepatitis C in infectious cell culture system for various RAS detected after treatment failure in chronic hepatitis C patients HEPATOLOGY. 2017.10; 66 480A.

  21. Murakawa Miyako, Asahina Yasuhiro, Nakagawa Mina, Nitta Sayuri, Kawai-Kitahata Fukiko, Nagata Hiroko, Kaneko Syun, Asano Yu, Miyoshi Masato, Tsunoda Tomoyuki, Inoue-Shinomiya Emi, Sato Ayako, Itsui Yasuhiro, Kakinuma Sei, Azuma Seishin, Watanabe Mamoru. On-treatment higher levels of alpha-fetoprotein and M2BPGi are associated with development of hepatocellular carcinoma during nucleos(t)ide analog therapy in patients with HBV chronic infection HEPATOLOGY. 2017.10; 66 507A.

  22. Nakagawa Mina, Asahina Yasuhiro, Nagata Hiroko, Kaneko Shun, Kawai-Kitahata Fukiko, Murakawa Miyako, Nitta Sayuri, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Tanaka Yujiro, Watanabe Mamoru. Evaluation of an early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with All-Oral DAAs - propensity score-matched analysis of a prospective database HEPATOLOGY. 2017.10; 66 38A-39A.

  23. Kaneko Shun, Kakinuma Sei, Asahina Yasuhiro, Kamiya Akihide, Miyoshi Masato, Tsunoda Tomoyuki, Inoue-Shinomiya Emi, Nitta Sayuri, Sato Ayako, Asano Yu, Nagata Hiroko, Kawai-Kitahata Fukiko, Murakawa Miyako, Itsui Yasuhiro, Nakagawa Mina, Azuma Seishin, Watanabe Mamoru. A novel culture model for coinfection of hepatitis B and hepatitis C viruses using human induced pluripotent stem cell-derived hepatic cells for analyses of changes in host-innate immune responses HEPATOLOGY. 2017.10; 66 69A.

  24. Murakawa Miyako, Asahina Yasuhiro, Nagata Hiroko, Nakagawa Mina, Kakinuma Sei, Nitta Sayuri, Kawai-Kitahata Fukiko, Otani Satoshi, Kaneko Shun, Miyoshi Masato, Tsunoda Tomoyuki, Asano Yu, Sato Ayako, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Nouchi Toshihiko, Furumoto Yohei, Asano Tooru, Chuganji Yoshimichi, Tohda Shuji, Watanabe Mamoru. ソホスブビル+リバビリン治療を行ったC型慢性肝炎ジェノタイプ2患者におけるITPA遺伝的変異とリバビリン誘発性貧血(ITPA gene variation and ribavirin-induced anemia in patients with genotype 2 chronic hepatitis C treated with sofosbuvir plus ribavirin) Hepatology Research. 2017.10; 47 (11): 1212-1218. ( 医中誌 )

  25. Azuma Seishin, Asahina Yasuhiro, Kakinuma Sei, Azuma Keiko, Watanabe Mamoru. Diabetic retinopathy as a risk factor associated with development of hepatocellular carcinoma in non-alcoholic fatty liver disease JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2017.09; 32 158.

  26. Goto Fumio, Kakinuma Sei, Miyoshi Masato, Tsunoda Tomoyuki, Kaneko Shun, Sato Ayako, Asano Yu, Otani Satoshi, Azuma Seishin, Nagata Hiroko, Kawai-Kitahata Fukiko, Murakawa Miyako, Nitta Sayuri, Itsui Yasuhiro, Nakagawa Mina, Asahina Yasuhiro, Watanabe Mamoru. 骨形成因子4は胎児肝幹/前駆細胞の増殖と最終分化を調整する(Bone morphogenetic protein-4 modulates proliferation and terminal differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells) Hepatology Research. 2017.08; 47 (9): 941-952. ( 医中誌 )

  27. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Fukiko Kawai-Kitahata, Mina Nakagawa, Sayuri Nitta, Satoshi Otani, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhito Tanaka, Sayuki Iijima, Kaoru Tsuchiya, Namiki Izumi, Shuji Tohda, Mamoru Watanabe. Hepatic IFNL4 expression is associated with non-response to interferon-based therapy through the regulation of basal interferon-stimulated gene expression in chronic hepatitis C patients. J. Med. Virol.. 2017.07; 89 (7): 1241-1247. ( PubMed, DOI )

  28. Hiroko Nagata, Mina Nakagawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Yu Asano, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Shun Kaneko, Fumio Goto, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Naoko Tojo, Shuji Tohda, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe, . Serial measurement of Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein is useful for predicting liver fibrosis and the development of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with IFN-based and IFN-free therapy. Hepatol Int. 2016.11; 10 (6): 956-964. ( PubMed, DOI )

  29. Masato Miyoshi, Sei Kakinuma, Yoko Tanabe, Koji Ishii, Tian-Cheng Li, Takaji Wakita, Yukio Tsuura, Hideki Watanabe, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe, Takaaki Ikeda. Chronic Hepatitis E Infection in a Persistently Immunosuppressed Patient Unable to Be Eliminated after Ribavirin Therapy. Intern. Med.. 2016.08; 55 (19): 2811-2817. ( PubMed, DOI )

  30. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shinji Tanaka, Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Takako Watanabe, Satoshi Otani, Miki Taniguchi, Fumio Goto, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Megumi Tasaka-Fujita, Yuki Nishimura-Sakurai, Seishin Azuma, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Minoru Tanabe, Shinichi Takano, Mitsuharu Fukasawa, Minoru Sakamoto, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features. J. Gastroenterol.. 2016.05; 51 (5): 473-486. ( PubMed, DOI )

  31. Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Yuki Nishimura-Sakurai, Sei Kakinuma, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Ootani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miki Taniguchi, Miyako Murakawa, Takako Watanabe, Megumi Tasaka-Fujita, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Mamoru Watanabe. Efficacy of additional radiofrequency ablation after transcatheter arterial chemoembolization for intermediate hepatocellular carcinoma. Hepatol. Res.. 2016.04; 46 (4): 312-319. ( PubMed, DOI )

  32. Miki Taniguchi, Megumi Tasaka-Fujita, Mina Nakagawa, Takako Watanabe, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Fumio Goto, Hiroko Nagata, Shun Kaneko, Sayuri Nitta, Miyako Murakawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Seishin Azuma, Yasuhiro Itsui, Kenichi Mori, Shintaro Yagi, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Evaluation of Interferon Resistance in Newly Established Genotype 1b Hepatitis C Virus Cell Culture System. J Clin Transl Hepatol. 2016.03; 4 (1): 5-11. ( PubMed, DOI )

  33. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Naoya Sakamoto, Sayuri Nitta, Akiko Kusano-Kitazume, Takako Watanabe, Fukiko Kawai-Kitahata, Satoshi Otani, Miki Taniguchi, Fumio Goto, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe. Impaired induction of interleukin 28B and expression of interferon λ 4 associated with nonresponse to interferon-based therapy in chronic hepatitis C. J. Gastroenterol. Hepatol.. 2015.06; 30 (6): 1075-1084. ( PubMed, DOI )

  34. Yoshihito Kano, Sei Kakinuma, Fumio Goto, Seishin Azuma, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Susumu Kirimura, Tomonori Amano, Takashi Ito, Takumi Akashi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Primary hepatic neuroendocrine carcinoma with a cholangiocellular carcinoma component in one nodule. Clin J Gastroenterol. 2014.10; 7 (5): 449-454. ( PubMed, DOI )

  35. Yasuhiro Asahina, Kaoru Tsuchiya, Takashi Nishimura, Masaru Muraoka, Yuichiro Suzuki, Nobuharu Tamaki, Yutaka Yasui, Takanori Hosokawa, Ken Ueda, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Masayuki Kurosaki, Nobuyuki Enomoto, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe, Namiki Izumi. Genetic variation near interleukin 28B and the risk of hepatocellular carcinoma in patients with chronic hepatitis C. J. Gastroenterol.. 2014.07; 49 (7): 1152-1162. ( PubMed, DOI )

  36. Yasuhiro Asahina, Kaoru Tsuchiya, Takashi Nishimura, Masaru Muraoka, Yuichiro Suzuki, Nobuharu Tamaki, Yutaka Yasui, Takanori Hosokawa, Ken Ueda, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Masayuki Kurosaki, Nobuyuki Enomoto, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe, Namiki Izumi. α-fetoprotein levels after interferon therapy and risk of hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C. Hepatology. 2013.10; 58 (4): 1253-1262. ( PubMed, DOI )

  37. Sayuri Nitta, Naoya Sakamoto, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Kako Mishima, Akiko Kusano-Kitazume, Kei Kiyohashi, Miyako Murakawa, Yuki Nishimura-Sakurai, Seishin Azuma, Megumi Tasaka-Fujita, Yasuhiro Asahina, Mitsutoshi Yoneyama, Takashi Fujita, Mamoru Watanabe. Hepatitis C virus NS4B protein targets STING and abrogates RIG-I-mediated type I interferon-dependent innate immunity. Hepatology. 2013.01; 57 (1): 46-58. ( PubMed, DOI )

  38. Masayuki Kurosaki, Naoki Hiramatsu, Minoru Sakamoto, Yoshiyuki Suzuki, Manabu Iwasaki, Akihiro Tamori, Kentaro Matsuura, Sei Kakinuma, Fuminaka Sugauchi, Naoya Sakamoto, Mina Nakagawa, Namiki Izumi. Data mining model using simple and readily available factors could identify patients at high risk for hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C. J. Hepatol.. 2012.03; 56 (3): 602-608. ( PubMed, DOI )

  39. Kusano-Kitazume Akiko, Sakamoto Naoya, Okuno Yukiko, Sekine-Osajima Yuko, Nakagawa Mina, Kakinuma Sei, Kiyohashi Kei, Nitta Sayuri, Murakawa Miyako, Azuma Seishin, Nishimura-Sakurai Yuki, Hagiwara Masatoshi, Watanabe Mamoru. Identification of novel N-(morpholine-4-carbonyloxy) amidine compounds as potent inhibitors against hepatitis C virus replication. Antimicrob Agents Chemother. 2012.03; 56 (3): 1315-1323. ( PubMed, DOI )

  40. Masayuki Kurosaki, Naoki Hiramatsu, Minoru Sakamoto, Yoshiyuki Suzuki, Manabu Iwasaki, Akihiro Tamori, Kentaro Matsuura, Sei Kakinuma, Fuminaka Sugauchi, Naoya Sakamoto, Mina Nakagawa, Hiroshi Yatsuhashi, Namiki Izumi. Age and total ribavirin dose are independent predictors of relapse after interferon therapy in chronic hepatitis C revealed by data mining analysis. Antivir. Ther. (Lond.). 2012.01; 17 (1): 35-43. ( PubMed, DOI )

  41. Naoki Hiramatsu, Masayuki Kurosaki, Naoya Sakamoto, Manabu Iwasaki, Minoru Sakamoto, Yoshiyuki Suzuki, Fuminaka Sugauchi, Akihiro Tamori, Sei Kakinnuma, Kentaro Matsuura, Namiki Izumi. Pretreatment prediction of anemia progression by pegylated interferon alpha-2b plus ribavirin combination therapy in chronic hepatitis C infection: decision-tree analysis. J. Gastroenterol.. 2011.09; 46 (9): 1111-1119. ( PubMed, DOI )

  42. Watanabe T, Sakamoto N, Nakagawa M, Kakinuma S, Itsui Y, Nishimura-Sakurai Y, Ueyama M, Funaoka Y, Kitazume A, Nitta S, Kiyohashi K, Murakawa M, Azuma S, Tsuchiya K, Oooka S, Watanabe M. Inhibitory Effect of a Triterpenoid Compound, with or without Alpha Interferon, on Hepatitis C Virus Infection. Antimicrob Agents Chemother. 2011.06; 55 (6): 2537-2545. ( PubMed, DOI )

  43. Funaoka Y, Sakamoto N, Suda G, Itsui Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Watanabe T, Mishima K, Ueyama M, Onozuka I, Nitta S, Kitazume A, Kiyohashi K, Murakawa M, Azuma S, Tsuchiya K, Watanabe M. Analysis of interferon signaling by infectious hepatitis C virus clones with substitutions of core amino acids 70 and 91. J Virol. 2011.06; 85 (12): 5986-5994. ( PubMed, DOI )

  44. Sakamoto N, Nakagawa M, Tanaka Y, Sekine-Osajima Y, Ueyama M, Kurosaki M, Nishida N, Tamori A, Yuki NS, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Hige S, Itoh Y, Tanaka E, Hiasa Y, Izumi N, Tokunaga K, Mizokami M, Watanabe M. Association of IL28B variants with response to pegylated-interferon alpha plus ribavirin combination therapy reveals intersubgenotypic differences between genotypes 2a and 2b. J Med Virol. 2011.05; 83 (5): 871-878. ( PubMed, DOI )

  45. Izumi Onozuka, Sei Kakinuma, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Naoya Sakamoto, Kei Kiyohashi, Takako Watanabe, Yusuke Funaoka, Mayumi Ueyama, Mina Nakagawa, Naohiko Koshikawa, Motoharu Seiki, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Cholestatic liver fibrosis and toxin-induced fibrosis are exacerbated in matrix metalloproteinase-2 deficient mice. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2011.03; 406 (1): 134-140. ( PubMed, DOI )

  46. Yamamoto M, Sakamoto N, Nakamura T, Itsui Y, Nakagawa M, Nishimura-Sakurai Y, Kakinuma S, Azuma S, Tsuchiya K, Kato T, Wakita T, Watanabe M. Studies on virus kinetics using infectious fluorescence-tagged hepatitis C virus cell culture. Hepatol Res. 2011.03; 41 (3): 258-269. ( PubMed, DOI )

  47. Ueyama Mayumi, Nakagawa Mina, Sakamoto Naoya, Onozuka Izumi, Funaoka Yusuke, Watanabe Takako, Nitta Sayuri, Kiyohashi Kei, Kitazume Akiko, Murakawa Miyako, Nishimura-Sakurai Yuki, Sekine-Osajima Yuko, Itsui Yasuhiro, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Watanabe Mamoru, Ochanomizu-Liver Conference Study Group. Serum interleukin-6 levels correlate with resistance to treatment of chronic hepatitis C infection with pegylated-interferon-alpha2b plus ribavirin. Antivir Ther. 2011; 16 (7): 1081-1091. ( PubMed, DOI )

  48. Sakamoto N, Tanaka Y, Nakagawa M, Yatsuhashi H, Nishiguchi S, Enomoto N, Azuma S, Nishimura-Sakurai Y, Kakinuma S, Nishida N, Tokunaga K, Honda M, Ito K, Mizokami M, Watanabe M. ITPA gene variant protects against anemia induced by pegylated interferon-alpha and ribavirin therapy for Japanese patients with chronic hepatitis C. Hepatol Res. 2010.11; 40 (11): 1063-1071. ( PubMed, DOI )

  49. Suda G, Sakamoto N, Itsui Y, Nakagawa M, Tasaka-Fujita M, Funaoka Y, Watanabe T, Nitta S, Kiyohashi K, Azuma S, Kakinuma S, Tsuchiya K, Imamura M, Hiraga N, Chayama K, Watanabe M. IL-6-mediated intersubgenotypic variation of interferon sensitivity in hepatitis C virus genotype 2a/2b chimeric clones. Virology. 2010.11; 407 (1): 80-90. ( PubMed, DOI )

  50. Mishima K, Sakamoto N, Sekine-Osajima Y, Nakagawa M, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Kiyohashi K, Kitazume A, Tsuchiya K, Imamura M, Hiraga N, Chayama K, Wakita T, Watanabe M. Cell culture and in vivo analyses of cytopathic hepatitis C virus mutants. Virology. 2010.09; 405 (2): 361-369. ( PubMed, DOI )

  51. Karakama Y, Sakamoto N, Itsui Y, Nakagawa M, Tasaka-Fujita M, Nishimura-Sakurai Y, Kakinuma S, Oooka M, Azuma S, Tsuchiya K, Onogi H, Hagiwara M, Watanabe M. Inhibition of hepatitis C virus replication by a specific inhibitor of serine-arginine-rich protein kinase. Antimicrob Agents Chemother. 2010.08; 54 (8): 3179-3186. ( PubMed, DOI )

  52. Nakagawa M, Sakamoto N, Ueyama M, Mogushi K, Nagaie S, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka H, Enomoto N, Watanabe M. Mutations in the interferon sensitivity determining region and virological response to combination therapy with pegylated-interferon alpha 2b plus ribavirin in patients with chronic hepatitis C-1b infection. J Gastroenterol. 2010.06; 45 (6): 656-665. ( PubMed, DOI )

  53. Nishimura-Sakurai Y, Sakamoto N, Mogushi K, Nagaie S, Nakagawa M, Itsui Y, Tasaka-Fujita M, Onuki-Karakama Y, Suda G, Mishima K, Yamamoto M, Ueyama M, Funaoka Y, Watanabe T, Azuma S, Sekine-Osajima Y, Kakinuma S, Tsuchiya K, Enomoto N, Tanaka H, Watanabe M. Comparison of HCV-associated gene expression and cell signaling pathways in cells with or without HCV replicon and in replicon-cured cells. J Gastroenterol. 2010.05; 45 (5): 523-536. ( PubMed, DOI )

  54. Hitoshi Takizawa, Satoshi Nishimura, Naoya Takayama, Atsushi Oda, Hidekazu Nishikii, Yohei Morita, Sei Kakinuma, Satoshi Yamazaki, Satoshi Okamura, Noriko Tamura, Shinya Goto, Akira Sawaguchi, Ichiro Manabe, Kiyoshi Takatsu, Hiromitsu Nakauchi, Satoshi Takaki, Koji Eto. Lnk regulates integrin alphaIIbbeta3 outside-in signaling in mouse platelets, leading to stabilization of thrombus development in vivo. J. Clin. Invest.. 2010.01; 120 (1): 179-190. ( PubMed, DOI )

  55. Yasuhiro Itsui, Naoya Sakamoto, Sei Kakinuma, Mina Nakagawa, Yuko Sekine-Osajima, Megumi Tasaka-Fujita, Yuki Nishimura-Sakurai, Gouki Suda, Yuko Karakama, Kako Mishima, Machi Yamamoto, Takako Watanabe, Mayumi Ueyama, Yusuke Funaoka, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. Antiviral effects of the interferon-induced protein guanylate binding protein 1 and its interaction with the hepatitis C virus NS5B protein. Hepatology. 2009.12; 50 (6): 1727-1737. ( PubMed, DOI )

  56. Akihide Kamiya, Sei Kakinuma, Yuji Yamazaki, Hiromitsu Nakauchi. Enrichment and clonal culture of progenitor cells during mouse postnatal liver development in mice. Gastroenterology. 2009.09; 137 (3): 1114-26, 1126.e1. ( PubMed, DOI )

  57. Sei Kakinuma, Haruhiko Ohta, Akihide Kamiya, Yuji Yamazaki, Tsunekazu Oikawa, Ken Okada, Hiromitsu Nakauchi. Analyses of cell surface molecules on hepatic stem/progenitor cells in mouse fetal liver. J. Hepatol.. 2009.07; 51 (1): 127-138. ( PubMed, DOI )

  58. Tsunekazu Oikawa, Akihide Kamiya, Sei Kakinuma, Mikio Zeniya, Ryuichi Nishinakamura, Hisao Tajiri, Hiromitsu Nakauchi. Sall4 regulates cell fate decision in fetal hepatic stem/progenitor cells. Gastroenterology. 2009.03; 136 (3): 1000-1011. ( PubMed, DOI )

  59. Sei Kakinuma, Hiromitsu Nakauchi, Mamoru Watanabe. Hepatic stem/progenitor cells and stem-cell transplantation for the treatment of liver disease. J. Gastroenterol.. 2009.03; 44 (3): 167-172. ( PubMed, DOI )

  60. Akihide Kamiya, Sei Kakinuma, Masafumi Onodera, Atsushi Miyajima, Hiromitsu Nakauchi. Prospero-related homeobox 1 and liver receptor homolog 1 coordinately regulate long-term proliferation of murine fetal hepatoblasts. Hepatology. 2008.07; 48 (1): 252-264. ( PubMed, DOI )

  61. Kakinuma S, Asahina K, Okamura K, Teramoto K, Tateno C, Yoshizato K, Tanaka Y, Yasumizu T, Sakamoto N, Watanabe M, Teraoka H. Human cord blood cells transplanted into chronically damaged liver exhibit similar characteristics to functional hepatocytes. Transplant Proc. 2007.01; 39 (1): 240-243. ( PubMed, DOI )

  62. Itsui Y, Sakamoto N, Kurosaki M, Kanazawa N, Tanabe Y, Koyama T, Takeda Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Sekine Y, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Expressional screening of interferon-stimulated genes for antiviral activity against hepatitis C virus replication. J Viral Hepat. 2006.10; 13 (10): 690-700. ( PubMed, DOI )

  63. Kohashi T, Maekawa S, Sakamoto N, Kurosaki M, Watanabe H, Tanabe Y, Chen CH, Kanazawa N, Nakagawa M, Kakinuma S, Yamashiro T, Itsui Y, Koyama T, Enomoto N, Watanabe M. Site-specific mutation of the interferon sensitivity-determining region (ISDR) modulates hepatitis C virus replication. J Viral Hepat. 2006.09; 13 (9): 582-590. ( PubMed, DOI )

  64. Koyama T, Sakamoto N, Tanabe Y, Nakagawa M, Itsui Y, Takeda Y, Kakinuma S, Sekine Y, Maekawa S, Yanai Y, Kurimoto M, Watanabe M. Divergent activities of interferon-alpha subtypes against intracellular hepatitis C virus replication. Hepatol Res. 2006.01; 34 (1): 41-49. ( PubMed, DOI )

  65. Mina Nakagawa, Naoya Sakamoto, Yoko Tanabe, Tomoyuki Koyama, Yasuhiro Itsui, Yoshie Takeda, Cheng-Hsin Chen, Sei Kakinuma, Shinya Oooka, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Suppression of hepatitis C virus replication by cyclosporin a is mediated by blockade of cyclophilins. Gastroenterology. 2005.09; 129 (3): 1031-1041. ( PubMed, DOI )

  66. Hamano K, Sakamoto N, Enomoto N, Izumi N, Asahina Y, Kurosaki M, Ueda E, Tanabe Y, Maekawa S, Itakura J, Watanabe H, Kakinuma S, Watanabe M. Mutations in the NS5B region of the hepatitis C virus genome correlate with clinical outcomes of interferon-alpha plus ribavirin combination therapy. J Gastroenterol Hepatol. 2005.09; 20 (9): 1401-1409. ( PubMed, DOI )

  67. Chen CH, Nagayama K, Enomoto N, Miyasaka Y, Kurosaki M, Sakamoto N, Maekawa S, Kakinuma S, Ikeda T, Izumi N, Sato C, Watanabe M. Enhancement of mitochondrial gene expression in the liver of primary biliary cirrhosis. Hepatol Res. 2005.01; 31 (1): 24-30. ( PubMed, DOI )

  68. Kanazawa N, Kurosaki M, Sakamoto N, Enomoto N, Itsui Y, Yamashiro T, Tanabe Y, Maekawa S, Nakagawa M, Chen CH, Kakinuma S, Oshima S, Nakamura T, Kato T, Wakita T, Watanabe M. Regulation of hepatitis C virus replication by interferon regulatory factor 1. J Virol. 2004.09; 78 (18): 9713-9720. ( PubMed, DOI )

  69. Tanabe Y, Sakamoto N, Enomoto N, Kurosaki M, Ueda E, Maekawa S, Yamashiro T, Nakagawa M, Chen CH, Kanazawa N, Kakinuma S, Watanabe M. Synergistic inhibition of intracellular hepatitis C virus replication by combination of ribavirin and interferon- alpha. J Infect Dis. 2004.04; 189 (7): 1129-1139. ( PubMed, DOI )

  70. Nakagawa M, Sakamoto N, Enomoto N, Tanabe Y, Kanazawa N, Koyama T, Kurosaki M, Maekawa S, Yamashiro T, Chen CH, Itsui Y, Kakinuma S, Watanabe M. Specific inhibition of hepatitis C virus replication by cyclosporin A. Biochem Biophys Res Commun. 2004.01; 313 (1): 42-47. ( PubMed )

  71. Sei Kakinuma, Yujiro Tanaka, Ryoko Chinzei, Mamoru Watanabe, Keiko Shimizu-Saito, Yuzuru Hara, Kenichi Teramoto, Shigeki Arii, Chifumi Sato, Kozo Takase, Takehiko Yasumizu, Hirobumi Teraoka. Human umbilical cord blood as a source of transplantable hepatic progenitor cells. Stem Cells. 2003.03; 21 (2): 217-227. ( PubMed, DOI )

  72. Chinzei R, Tanaka Y, Shimizu-Saito K, Hara Y, Kakinuma S, Watanabe M, Teramoto K, Arii S, Takase K, Sato C, Terada N, Teraoka H. Embryoid-body cells derived from a mouse embryonic stem cell line show differentiation into functional hepatocytes. Hepatology. 2002.07; 36 (1): 22-29. ( PubMed, DOI )

  73. Ono K, Tanaka Y, Kusano F, Kakinuma S, Ishidate K, Watanabe M, Marumo F, Sato C. Fas-ligand and perforin expression in infiltrating cytotoxic T lymphocytes in the liver of chronic hepatitis C. Hepatol Res. 2002.07; 23 (3): 153-162. ( PubMed )

  74. Ohbayashi H, Tanaka Y, Ohoka S, Chinzei R, Kakinuma S, Goto M, Watanabe M, Marumo F, Sato C. TT virus is shown in the liver by in situ hybridization with a PCR-generated probe from the serum TTV-DNA. J Gastroenterol Hepatol. 2001.04; 16 (4): 424-428. ( PubMed )

  75. 柿沼 晴. 【門脈圧亢進症に対する診療】門脈圧亢進症をきたす特殊な疾患に対する診療 特発性門脈圧亢進症 臨床消化器内科. 2021.10; 36 (12): 1561-1568. ( 医中誌 )

  76. 赤座 実穂, 上中 沙衿, 柿沼 晴, 市川 由理, 笹野 哲郎, 沢辺 元司, 窪田 哲朗, 角 勇樹. モールを用いた腹部脈管模型作製実習 臨床検査学教育 . 2021.03; 13 (1): 8-12. ( 医中誌 )

  77. 柿沼 晴. 【肝・胆道系症候群(第3版)-その他の肝・胆道系疾患を含めて-肝臓編(上)】血行異常 特発性門脈圧亢進症 日本臨床. 2021.01; 別冊 (肝・胆道系症候群I): 256-260. ( 医中誌 )

  78. Murakawa Miyako, Shimizu Taro, Takeichi Eiko, Tsuchiya Jun, Sato Ayako, Miyoshi Masato, Kawai-Kitahata Fukiko, Nitta Sayuri, Itsui Yasuhiro, Nakagawa Mina, Azuma Seishin, Kakinuma Sei, Asahina Yasuhiro. Poor improvement of on-treatment FIB-4 index after initiation of nucleos(t)ide analogs is associated with development of hepatocellular carcinoma in both cirrhotic and non-cirrhotic chronic hepatitis B patients JOURNAL OF HEPATOLOGY. 2020.08; 73 S592-S593.

  79. 柿沼 晴. ヒトiPS細胞を用いた肝線維化研究 消化器・肝臓内科. 2019.12; 6 (6): 548-554.

  80. 柿沼 晴. 【新規技術の肝臓病研究への応用】ヒトiPS細胞を用いた肝線維化研究 消化器・肝臓内科. 2019.12; 6 (6): 548-554. ( 医中誌 )

  81. 三好正人、柿沼 晴. 【肝胆膵の線維化up-to-date】肝臓の線維化 基礎研究 ヒトiPS細胞由来肝星細胞の作製と細胞間相互作用を介した肝細胞の成熟化 肝胆膵. 2019.11; 79 (5): 837-843. ( 医中誌 )

  82. 佐藤 綾子, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. ゲノミクス・メタボロミクスからバイオマーカ・創薬への展開 肝間葉系細胞との細胞間相互作用を介した胆管形成の分子機序 肝臓. 2018.11; 59 (Suppl.3): A799. ( 医中誌 )

  83. 角田 知之, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 肝疾患における免疫応答の新知見 iPS細胞先天性肝線維症病態モデルによる胆管細胞異常に起因する肝線維化における免疫応答の解析 肝臓. 2018.11; 59 (Suppl.3): A878. ( 医中誌 )

  84. 佐藤 綾子, 柿沼 晴, 渡辺 守. 傷害肝の修復を目指す抗線維化・肝再生研究の展望 肝前駆細胞による胆管形成における肝間葉系細胞との細胞間相互作用 肝臓. 2018.09; 59 (Suppl.2): A625. ( 医中誌 )

  85. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【特集II:進化するB型肝炎治療】 ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB型肝炎ウイルス感染培養系の構築 消化器・肝臓内科. 2017.04; 1 (4): 441-448.

  86. 金子 俊, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 【進化するB型肝炎治療】ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB型肝炎ウイルス感染培養系の構築 消化器・肝臓内科. 2017.04; 1 (4): 441-448. ( 医中誌 )

  87. 金子 俊, 柿沼 晴, 朝比奈靖浩. iPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB型肝炎ウイルス感染培養系の構築 肝細胞研究会. 2016.09; 研究交流

  88. 中川美奈、朝比奈靖浩、村川美也子、永田紘子、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、櫻井 幸、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、今田安津子、伊藤 崇、谷合麻紀子、橋本悦子、田中雄二郎、渡辺 守. 5年にわたる経時的な経過観察の中で急激なエコー上変化をきたした原発性硬化性胆管炎の1例 肝臓. 2016.08; 57 (8): 382-390. ( 医中誌 )

  89. 武市瑛子、柿沼 晴、大谷賢志、小橋健一郎、東 正新、北畑富貴子、村川美也子、櫻井 幸、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. Direct-acting antiviralsによる抗ウイルス療法が著効し、C型肝炎ウイルス関連クリオグロブリン腎症が改善した一例 肝臓. 2016.08; 57 (8): 405-411. ( 医中誌 )

  90. 櫻井 幸, 朝比奈靖浩, 宍戸華子, 井津井康浩, 中 美奈, 柿沼 晴, 東 正新, 東條尚子, 渡辺 守. 多彩な超音波画像の変化を呈した原発性硬化性胆管炎の一例 超音波医学. 2014.04; 41 (Suppl.): S543. ( 医中誌 )

  91. 柿沼 晴. 【ウイルス肝炎診療の最前線と今後の展開 日常臨床のポイントと知っておきたい最新情報】 肝疾患における再生医療の展望 内科. 2014.04; 113 (4): 713-716. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Promising resources of hepatic progenitor cells. (Review) In: Okita K, eds. Stem cell and Liver regeneration.. Springer Press, 2003

  2. 柿沼 晴. 特発性門脈圧亢進症 臨床消化器内科 36巻12号 Page1561-1568. 2021.10 臨床消化器内科 36巻12号 Page1561-1568

  3. 柿沼 晴. 特発性門脈圧亢進症 日本臨床 別冊肝・胆道系症候群I . 2021.01 日本臨床 別冊肝・胆道系症候群I

  4. 柿沼 晴. 【ハリソン内科学日本語版第5版】幹細胞生物学の臨床医学への応用. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2017.03 第90e章

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Mina Nakagawa, Masato Miyoshi, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina. Factors associated with HCC development and patients’ survival in patients with an SVR. JSH International Liver Conference 2021 2021.10.03

  2. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina , Sei Kakinuma, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Masato Miyoshi, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Taro Shimizu, Eiko Takeichi, Mina Nakagawa, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Comprehensive analysis of cancer-related genes and aav/hepatitis b virus integration into genome on development of hepatocellular carcinoma in patients with prior hepatitis b virus infection. EASL The Digital International Liver Congress 2020 2020.08.28 Web開催

  3. Sakurako Kobayashi, Satoshi Watanabe, Yosuke Yoneyama, Kousuke Tanimoto, Ryu Nishimura, Sayaka Nagata, Masami Inoue, Kouhei Suzuki, Sei Kakinuma, Kiichiro Tsuchiya, Ryuichi Okamoto, Mamoru Watanabe, Takanori Takebe, Shiro Yui. Conceptual basis of lineage shift between intestinal epithelium and hepatocytes. Keystone Symposia, Tissue Organoids as Models of Host Physiology and Pathophysiology of Disease 2020.01.22 Vancouver(Canada)

  4. Yasuhiro Asahina Y, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma. Comprehensive analysis of cancer gene mutations and viral integration in hepatocellular carcinoma arising from non-fibrotic liver. AASLD The Liver Meeting 2019 2019.11.10 Hynes Convention Center

  5. MIna Nakagawa, Yasuhiro Asahina, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Msato Miyosh, Emi Inoue, Fukiko Kawai-Kitahata, MIyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Makoto Tomita, Mamoru Watanabe. Impact of HCV clearance on HCC development and patient survival: Propensity score-matched analysis of an ongoing database of 2173 CHC patients. EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Messe Wien Congress and Exhibition Center(Vienna (Austria))

  6. Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Emi Inoue, Mina Nakagawa, Jun Tuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Fukiko Kitahata-Kawai, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Mamoru Watanabe. The association of serum IFN-lambda 3 levels with liver fibrosis and hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents . EASL, The International Liver Congress 2019 2019.04.13 Vienna (Austria)

  7. Nitta S, Kato T, Tuchiya J, Sato A, Tsunoda T, Miyoshi M, Inoue- Shinomiya E, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Kakinuma S, Asahina Y. The Characteristic and the Anti-HCV Reagents Susceptibility Analysis of NS5A Resistance-Associated Substitutions (RAS) Detected after Daa Treatment Failure Patients. AASLD, The Liver Meeting 2018 2018.11.10 San Francisco (USA)

  8. Asahina Y, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Nakagawa M, Kakinuma S, Watanabe M. Gene Mutational Profile and Viral Integration in Hepatocellular Carcinoma with or without HBV/HCV Suppression. AASLD, The Liver Meeting 2018 2018.11.10 San Francisco (USA)

  9. Nitta S, Kato T, Tuchiya J, Shinomiya-Inoue E, Sato A, Tsunoda T, Miyoshi M, Kitahata-Kawai F, Murakawa M, Istui Y, Azuma S, Nakagawa M, Kakinuma S, Asahina Y. The in vitro analysis of NS5A resistance-associated substitutions (RAS) observed in DAA treatment failure patients. 25th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses 2018.10.09 Dublin(Ireland)

  10. Y Asahina, S Kakinuma . HBV reactivation and changes in interferon-stimulated gene expression during treatment of direct-acting antivirals for HCV: Analyses in a novel in vitro model for HBV-HCV coinfection using human induced pluripotent stem cell-derived hepatic cells . EASL, The International Liver Congress 2018 2018.04.14 Paris(France)

  11. Kitahata-kawai F, Asahina Y, KakinumaS, Murakawa M, Nitta S, Nagata H, Kaneko S, Inoue E, Miyoshi M, Tsunoda T, Sato A, Nakagawa M, Itsui Y, Azuma S, Tanaka S, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N and Watanabe M. Difference of gene mutational profile among viral- and non-viral HCC with or without prior HBV infection: Results of comprehensive deep sequencing analyses of cancer genes and HBV/A AV integration. EASL, The International Liver Congress 2018 2018.04.14 Paris(France)

  12. Nakagawa M, Asahina Y, Nagata H, Kaneko S, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Nitta S, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka Y, Watanabe M. Evaluation of an early occurrence and recurrence of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients treated with All-Oral DAAs - propensity score-matched analysis of a prospective database -. AASLD, The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Washington D.C (USA)

  13. Kaneko S, Kakinuma S, Asahina Y, Kamiya A, Miyoshi M, Tsunoda T, Inoue-Shinomiya E, Nitta S, Sato A, Asano Y, Nagata H, Kawai-Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Watanabe M. A novel culture model for coinfection of hepatitis B and hepatitis C viruses using human induced pluripotent stem cell–derived hepatic cells for analyses of changes in host-innate immune responses . AASLD The Liver Meeting 2017 2017.10.22 Washington DC

  14. Murakawa M, Asahina Y, Nakagawa M, Nitta S, Kawai-Kitahata F, Nagata H, Kaneko S, Asano Y, Miyoshi M, Tsunoda T, Inoue-Shinomiya E, Sato A, Itsui Y, Kakinuma S, Azuma S, Watanabe M. On-treatment higher levels of alpha-fetoprotein and M2BPGi are associated with development of hepatocellular carcinoma during nucleos(t)ide analog therapy in patients with HBV chronic infection. AASLD, The Liver Meeting 2017 2017.10.21 Washington DC

  15. Seishin Azuma, Yasuhiro Asahina, Sei Kakinuma, Keiko Azuma, Mamoru Watanabe. Diabetic retinopathy as a risk factor associated with development of hepatocellular carcinoma in non-alcoholic fatty liver disease. Asian Pacific Digestive Week 2017 2017.09.25 香港

  16. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Kakinuma S, Murakawa M, Niita S, Nagata H, Kaneko S, Otani S, Miyoshi M, Tsunoda T, Sato A, Nakagawa M, Itsui Y, Azuma S, Tanaka S, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Genetic differences in hepatocellular carcinoma among chronic persistent hepatitis B virus infection with or without viral suppression and prior hepatitis B virus infection. EASL The International Liver Congress 2017 2017.04.20 Amsterdam

  17. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Sayuri Nitta, Ayako Sato, Yu Asano, Hiroko Nagata, Satoshi Otani, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe. Genetically modified human induced pluripotent stem cell-derived hepatic progenitor-like cell lines as a model for interaction between hepatitis B virus and host cells.. AASLD The Liver meeting 2016 2016.11.11 Boston(USA)

  18. Kaneko S, Kakinuma S, Asahina Y, Kamiya A, Nitta S, Tsunoda T, Miyoshi M, Asano Y, Nagata H , Goto F, Otani S, Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Watanabe M. A new model for studying interaction between hepatitis B virus and host cells derived from human induced pluripotent stem cells.. EASL The International Liver Congress 2016 2016.04.14 Barcelona(Spain)

  19. Kaneko S, Kakinuma S, Asahina Y, Kamiya A, Nitta S, Tsunoda T, Miyoshi M, Asano Y, Nagata H , Goto F, Otani S, Kitahata F, Murakawa M, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Watanabe M. A Model for Interaction between HBV and Host Cells Derived from Human Induced Pluripotent Stem Cells.. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 International Convention Center Pamir, Tokyo(JAPAN)

  20. Kakinuma S. 【Basic science】Chair. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 International Convention Center Pamir, Tokyo(JAPAN)

  21. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Otani S, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Asano Y, Miyoshi M, Tsunoda T, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 International Convention Center Pamir, Tokyo(JAPAN)

  22. Nagata H, Sakurai Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Azuma S, Murakawa M, Nitta S, Itsui Y, Asahina Y, Watanabe M. Serial changes in M2BPGi levels as predictors of fibrosis and HCC in chronic hepatitis C. The 25th Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2016.02.22 International Convention Center Pamir, Tokyo(JAPAN)

  23. Shun Kaneko, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina, Akihide Kamiya, Sayuri Nitta, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Otani, Miyako Murakawa, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Mamoru Watanabe.. Human induced pluripotent stem cell-derived hepatic progenitor-like cells and hepatocyte-like cells as a model for interaction between hepatitis B virus and host cells.. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.16 San Francisco, CA

  24. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Watanabe T, Otani S, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features.. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.14 San Francisco

  25. Takako Watanabe, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Sei Kakinuma, Yasuhiro Itsui, Hiroko Nagata, Miyako Murakawa, Fukiko Kawai-Kitahata, Mika Miura, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe.. Serial change of resistant associated variants during early phase of NS3/4A triple therapy and the final virological outcome: analyses by ultra-deep sequencing technology.. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.13 San Francisco, CA

  26. Hiroko Nagata, Yasuhiro Itsui, Fukiko Kawai-Kitahata, Shun Kaneko, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Yasuhiro Asahina.. Variations of the host genome and interaction of hepatitis B viral X protein associated with hepatocarcinogenesis.. AASLD The Liver Meeting 2015 2015.11.13 San Francisco, CA

  27. Satoshi Otani,Sei Kakinuma,Mamoru Watanabe. Matrix Metalloproteinase(MMP)-14 regulates the differentiation of hepatic stem/progenitor cells. The 3rd JSGE International Topic Conference 2015.04.25 Sendai

  28. Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Hiroko Nagata, Fumio Goto, Satoshi Otani, Miki Taniguchi, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Takako Watanabe, Megumi Tasaka-Fujita, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Shinji Tanaka , Minoru Tanabe, Nobuyuki Enomoto and Mamoru Watanabe. Gene alterations in TERT promoter, CTNNB1, and TP53 are closely associated with development and prognosis of hepatocellular carcinoma : Comprehensive analyses by next generation sequencing technology. The 3rd JSGE International Topic Conference 2015.04.24 仙台

  29. Asahina Y, Kawai-Kitahata F, Kaneko S, Nagata H, Goto F, Otani S, Taniguchi M, Murakawa M, Nitta S, Watanabe T, Tasaka-Fujita M, Nishimura-Sakurai Y, Itsui Y, Nakagawa M, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka S, Tanabe M, Enomoto N, Watanabe M. Gene alterations in tert promoter, CTNNB1, and TP53 are closely associated with development and prognosis of hepatocellular carcinoma: comprehensive analyses by next generation sequencing technology. 50th The International liver congress TM 2015 2015.04.22 Vienna

  30. Murakawa M, Asahina Y, Nakagawa M, Kawai-Kitahata F, Taniguchi M, Nitta S, Watanabe T, Itsui Y, Kakinuma S, Sakamoto N, Watanabe M. Expression of IFNλ4 in liver and PBMC is closely associated with higher basal expression of ISGs and impaired induction of IL28B by interferon treatment in chronic hepatitis C non-responder patients. The 65th. Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD The Liver Meeting 2014) 2014.11.11 Boston

  31. Otani S, Kakinuma S, Watanabe M. Matrix Metalloproteinase-14 regulates the maturation of fetal hepatic stem/progenitor cells in mice. The 65th. Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD The Liver Meeting 2014) 2014.11.11 Boston

  32. Watanabe T, Asahina Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Itsui Y, Taniguchi M, Murakawa M, Nagata H, Miura M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M. Emergence or selection of resistant associated variant immediately after initiation of the therapy is predictive for failure of direct acting antiviral therapy:ultra-deep sequencing analyses for serial time points. The 65th. Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD The Liver Meeting 2014) 2014.11.11 Boston

  33. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Kaneko S, Nagata H, Goto F, Otani S, Taniguchi M , Murakawa M , Nitta S, Watanabe T, Itsui Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Enomoto N, Watanabe M. Gene alterations in β-catenin and p53/cell cycle control pathway are closely associated with development and prognosis of hepatocellular carcinoma: Comprehensive analyses by next generation sequencing technology. The 65th. Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD The Liver Meeting 2014) 2014.11.10 Boston

  34. Nakagawa M, Asahina Y, Taniguchi M, Watanabe T, Nishimura-Sakurai Y, Itsui Y, Azuma S, Kakinuma S, Tanaka Y, Watanabe M. Impact of host and therapeutic factors and resistant associated variants on response to interferon based-direct acting antiviral treatment in difficult-to-treat chronic hepatitis C patients. The 65th. Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases(AASLD The Liver Meeting 2014) 2014.11.09 Boston

  35. Otani S, Kakinuma S, Kamiya A, Goto F, Kaneko S, Azuma S, Asahina Y, Watanabe M. Matrix Metalloproteinase-14 controls differentiation of fetal hepatic stem/progenitor cells. Japan Digesive Disease Weeks 2014 2014.10.23 Kobe

  36. 谷口未樹、中川美奈、 朝比奈靖浩 柿沼 晴、東 正新、渡辺貴子、櫻井 幸、村川美也子、大谷賢志、河合富貴子、後藤文男、坂本直哉、渡辺 守. 慢性肝疾患における肝細胞癌とIL-6 の関連. 第49回日本肝臓学会総会 2013.06.06 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  37. 新田沙由梨、朝比奈靖浩、柿沼 晴、坂本直哉、渡辺 守. ウイルス肝炎における自然免疫応答抑制メカニズムの解析. Liver Forum in Kyoto 第16回学術集会 2013.03.29 京都

  38. 新田 沙由梨, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. ヒトiPS細胞を用いたHBV integrationモデルの樹立と悪性形質獲得に関わる分子機構の解析. 第44回肝臓学会東部会 2022.11.25

  39. 井戸章雄、柿沼 晴. HBV・創薬他<司会>. 第29回肝細胞研究会 2022.08.26 東京

  40. 志水太郎、三好正人、朝比奈靖浩、岡本隆一、柿沼 晴. ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイド培養系の確立と形質解析. 第29回肝細胞研究会 2022.08.26 東京

  41. 土屋 淳、三好正人、朝比奈靖浩、岡本隆一、柿沼 晴. ヒトiPS細胞を利用したMLL4領域へのB型肝炎ウイルスゲノム挿入による肝発癌メカニズムの解析. 第29回肝細胞研究会 2022.08.25 東京

  42. 新田 沙由梨, 柿沼 晴, 持田 知洋, 渡壁 慶也, 志水 太郎, 土屋 淳, 三好 正人, 北畑 富貴子, 村川 美也子, 井津井 康浩, 中川 美奈, 東 正新, 朝比奈 靖浩. TERT領域へのHBVゲノム挿入が癌形質獲得に与える影響. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  43. 柿沼 晴. 肝再生・その他 基礎<司会>. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  44. 柿沼 晴、三好正人、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞由来肝構成細胞を用いた細胞間相互作用の解析. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  45. 志水 太郎, 三好 正人, 柿沼 晴, 土屋 淳, 持田 知洋, 渡壁 慶也, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 井津井 康浩, 東 正新, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの樹立と疾患モデルへの応用. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  46. 土屋 淳, 柿沼 晴, 三好 正人, 志水 太郎, 渡壁 慶也, 持田 知洋, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 井津井 康浩, 東 正新, 中川 美奈, 朝比奈 靖浩, 岡本 隆一. ヒトiPS細胞を利用したB型肝炎ウイルス関連肝細胞癌発癌におけるMLL4の機能解析. 第58回日本肝臓学会総会 2022.06.02 横浜

  47. 土屋 淳、柿沼 晴、三好正人、朝比奈靖浩、岡本隆一. B 型肝炎ウイルスの MLL4 領域への integration による肝発癌のメカニズム. 第58回日本肝癌研究会 2022.05.13 東京

  48. 土屋 淳, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. ヒトiPS由来細胞を利用したB型肝炎ウイルスゲノム挿入による発癌プロセスの解析. 第108回日本消化器病学会総会 2022.04.21 東京

  49. 志水太郎、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 網羅的遺伝子発現解析によるヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの形質解析. 第108回日本消化器病学会総会 2022.04.21 東京

  50. 三好正人、柿沼 晴、朝比奈靖浩. iPS細胞由来肝構成細胞を用いた肝線維化モデルと分子機構の解析. 第108回日本消化器病学会総会 2022.04.21 東京

  51. 三好正人、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 新規ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイド系の構築と肝疾患研究. JDDW2021 2021.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫)

  52. 柿沼 晴. ヒトiPS細胞を用いた疾患モデル研究による先天性肝線維症の病態解明. 第49回日本小児栄養消化器肝臓学会 2021.10.02 長野県松本市

  53. 土屋淳,三好正人,紙谷聡英,志水太郎,新田沙由梨,北畑富貴子,渡壁慶也,持田知洋,村川美也子,中川美奈,東正新,朝比奈靖浩,朝比奈靖浩,岡本隆一,柿沼晴. ヒトiPS細胞培養系を利用したB型肝炎ウイルスゲノム組み込みによる発癌プロセスの解析. 第28回肝細胞研究会 2021.09.11 兵庫県淡路市

  54. 柿沼 晴. 肝炎診療の進化から肝疾患研究の進歩へ. 第28回肝細胞研究会 2021.09.10 兵庫県淡路市

  55. 土屋 淳, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 肝臓研究のfrontline ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を利用した肝細胞癌発生におけるMLL4の機能解析. 第57回日本肝臓学会総会 2021.06.18 札幌

  56. 新田沙由梨、柿沼 晴、朝比奈靖浩. HBV genome integration 肝細胞癌における遺伝子発現の特徴と発癌機序の検討. 第 57 回 日本肝臓学会総会 2021.06.17 京王プラザホテル札幌(北海道)

  57. 志水 太郎, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 肝再生の可能性と障壁 疾患モデルへの応用を目指したヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの樹立. 第57回日本肝臓学会総会 2021.06.17

  58. 肝再生の可能性と障壁<司会>. 第 57 回日本肝臓学会総会 2021.06.17 札幌

  59. 土屋 淳, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 肝癌に関する基礎的研究とその臨床応用 ヒトiPS細胞を利用したHBV関連肝細胞癌におけるMLL4の機能的意義の検討. 第107回日本消化器病学会総会 2021.04.15 東京

  60. 柿沼 晴. ヒトiPS細胞由来肝臓構成細胞による肝線維症の病態解析. 第20回 日本再生医療学会総会 2021.03.12 Web開催

  61. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、北畑富貴子、志水太郎、土屋 淳、佐藤綾子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴. 核酸アナログによるHBV制御後の発癌予測因子の検討. 第56回日本肝癌研究会 2020.12.22

  62. 加納嘉人、北畑富貴子、村川美也子、柿沼晴、東正新、中川美奈、 井津井康浩、新田沙由梨、三好正人、青柳康子、松寺翔太郎、遠山皓基、 田邉稔、三宅智、池田貞勝、朝比奈靖浩. 進行肝細胞癌に対するがんゲノム診療における網羅的遺伝子パネル検査の有用性とバイオマーカー探索. 第56回日本肝癌研究会  2020.12.22

  63. 柿沼 晴、佐藤綾子、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、志水太郎、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肝間葉系細胞によるvasoactive intestinal peptideを介した胆管形成調節機構. 第27回 肝細胞研究会 2020.12.15 Web開催

  64. 柿沼 晴. ヒトiPS細胞由来肝臓構成細胞の疾患モデルへの応用. 第27回 肝細胞研究会 2020.12.15 Web開催

  65. 川西真明、河﨑 翔、田中将平、伊藤 剛、北畑富貴子、水谷知裕、新田沙由梨、福田将義、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、朝比奈靖浩、岡本隆一. 遺伝子解析により確定された大量輸血後のE型急性肝炎の1例. 日本消化器病学会 関東支部第362回例会 2020.12.05

  66. 土屋 淳、柿沼 晴、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞培養系を利用した肝細胞癌発生におけるMLL4の機能的意義の検討. 第43回 日本肝臓学会東部会 2020.12.03 Web開催

  67. 柿沼 晴. 臨床応用を見据えた肝の臓器再生研究の展望. 第43回 日本肝臓学会東部会 2020.12.03 Web開催

  68. 柿沼 晴. 自己免疫性肝疾患 その他. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.06 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  69. 佐藤綾子、柿沼 晴、志水太郎、土屋 淳、三好正人、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩. Vasoactive intestinal peptideの肝内胆管形成および胆汁うっ滞性肝障害への寄与. 第24回 日本肝臓学会大会 2020.11.05 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  70. 土屋 淳, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 臨床応用を見据えた肝の臓器再生研究の展望 ヒトiPS細胞培養系を利用した肝細胞癌発生におけるMLL4の機能的意義の検討. 肝臓 2020.11.01

  71. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、柿沼 晴. B型肝炎ウイルスの制御状態による肝細胞癌の癌関連遺伝子とviral integrationの解析. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.29 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  72. 佐藤綾子、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 肝間葉系細胞由来vasoactive intestinal peptideによる胆管形成の促進機構. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.29 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  73. 柿沼 晴. ワークショップ総括. 第56回日本肝臓学会総会 2020.08.28 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  74. 柿沼 晴、角田知之、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞を用いた肝線維症における分子標的の探索. 第106回日本消化器病学会 2020.08.11 Web開催

  75. 柿沼 晴、角田知之、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、志水太郎、新田沙由梨、東 正新、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルの開発と先天性肝線維症の病態解明. 第57回日本消化器免疫学会総会 2020.07.02 Web開催

  76. 柿沼 晴, 角田 知之, 朝比奈 靖浩. 消化器疾患における最先端のトランスレーショナルリサーチ ヒトiPS細胞を用いた肝線維症における分子標的の探索. 日本消化器病学会雑誌 2020.07.01

  77. 久壽米木駿、勝田景統、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、油井史郎、根本泰宏、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、石田尚子、伊藤 崇 . 肝膿症との鑑別を要したG-CSF生産を伴う肝内胆管癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第358回例会 2020.02.22 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  78. 渡邊沙希、三好正人、小林正典、加藤 周、日比谷秀爾、本林麻衣子、清水寛路、竹中健人、福田将義、新田沙由梨、齊藤詠子、藤井俊光、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡田英理子、柿沼 晴、長堀正和、渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例. 日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019.12.07 海運クラブ

  79. 三好正人、柿沼 晴、渡辺 守. ヒトiPS細胞由来肝星細胞様細胞による肝前駆細胞機能の調節. JDDW2019(第23回日本肝臓学会大会) 2019.11.22 神戸コンベンションセンター

  80. 柿沼 晴、角田知之、渡辺 守. [会長賞受賞講演]ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索. JDDW2019 第23回日本肝臓学会大会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  81. 村川美也子、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩. B型肝炎ウイルスキャリアにおけるHBs抗原陰性化および発癌に関わる臨床因子の検討. JDDW2019 第23回日本肝臓学会大会 2019.11.21 神戸コンベンションセンター

  82. 角田 知之, 小林 宗也, 梅津 守一郎, 向内 隆太郎, 十河 剛, 乾 あやの, 柿沼 晴, 渡辺 守, 藤沢 知雄. 遺伝性肝疾患・胆汁うっ滞症 ヒトiPS細胞疾患モデルを用いた先天性肝線維症の病態研究. 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 2019.10.01

  83. 神谷昂汰、河本亜美、村川美也子、小林正典、北畑富貴子、新田沙由梨、油井史郎、根本泰宏、井津井康浩、大島 茂、岡田英理子、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、土屋輝一郎、東 正新、永石宇司、朝比奈靖浩、渡辺 守、根木真理子. 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例. 日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019.09.21 海運クラブ(東京)

  84. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、金子 俊、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、 三好正人、佐藤綾子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、田邉 稔、菅原江美子、竹本 暁、坂元亨宇、尾島英知、村岡 優、前川伸哉 、榎本信幸 、渡辺 守. 細胆管細胞癌内の異なる表現型及び肝細胞癌における癌関連遺伝子の網羅的解析. 第55回日本肝癌研究会 2019.07.05 ホテル椿山荘(東京)

  85. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、角田知之 、三好正人、四宮恵美、佐藤綾子、土屋 淳、井津井康浩、中川美奈、 東 正新、田中真二、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 背景肝の線維化からみた肝細胞癌における癌関連遺伝子変異とviral integrationの検討. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル

  86. 村川美也子、朝比奈靖浩、四宮恵美、中川美奈、土屋 淳、佐藤綾子、三好正人、角田知之、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、渡辺 守. C型慢性肝疾患におけるSVR後肝発癌とIFN-λ3の関連. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  87. 三好正人、柿沼 晴、渡辺 守. 転写因子LHX2のヒトiPS細胞由来肝星細胞様細胞における機能の解析. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京)

  88. 角田知之、柿沼 晴、三好正人、紙谷聡英、佐藤綾子、土屋 淳、金子 俊、四宮恵美、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞疾患モデルを利用した先天性肝線維症における病態と分子標的の解明. 第55回日本肝臓学会総会 2019.05.30 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  89. 柿沼 晴、角田知之、三好正人、紙谷聡英、土屋 淳、佐藤綾子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS細胞疾患モデルに基づく先天性肝線維症の病態と分子標的の解明. 第26回肝細胞研究会 2019.05.24 横浜市開港記念会館(神奈川県横浜市)

  90. 佐藤綾子、柿沼 晴、土屋 淳、三好正人、角田知之、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. Vasoactive intestinal peptideによる胆管形成調節の分子機序. 第26回肝細胞研究会 2019.05.24 横浜市開港記念会館

  91. 角田知之、柿沼 晴、渡辺 守. 【シンポジウム1:技術革新がもたらした消化器研究のパラダイムシフト】ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルによる肝線維化の病態研究. 第105回 日本消化器病学会総会 2019.05.11 ANAクラウンプラザホテル金沢(石川県金沢市)

  92. 角田知之、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【ワークショップ1:肝疾患における免疫応答の新知見】iPS 細胞先天性肝線維症病態モデルによる胆管細胞異常に起因する肝線維化における免疫応答 の解析. 第42回日本肝臓学会東部会 2018.12.07 ザ・プリンスパークタワー東京(東京都品川区)

  93. 佐藤綾子、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【シンポジウム3:ゲノミクス・メタボロミクスからバイオマーカ・創薬への展開】肝間葉系細胞との細胞間相互作用を介した胆管形成の分子機序. 第42回日本肝臓学会東部会 2018.12.07 ザ・プリンスパークタワー東京(東京都品川区)

  94. 井津井康浩、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態によるE 型肝炎慢性化症例の解析. 第42回日本肝臓学会東部会 2018.12.07 ザ・プリンスパークタワー東京(東京都品川区)

  95. 山田倫子、秋山慎太郎、堀田伸勝、福田将義、齊藤詠子、藤井俊光、岡田英理子、大島 茂、井津井康浩、中川美奈、岡本隆一、土屋輝一郎、柿沼 晴、東 正新、永石宇司、中村哲也、長堀正和、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守. 難治性潰瘍性大腸炎経過中に血球貪食症候群を契機に判明したT 細胞性リンパ腫の一例. 日本消化器病学会関東支部第352回例会 2018.12.01 海運クラブ(東京都千代田区)

  96. 柿沼 晴. 【肝硬変(腹水2)】司会. JDDW2018 2018.11.02 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  97. 佐藤綾子、柿沼 晴、渡辺 守. 肝前駆細胞による胆管形成における肝間葉系細胞との細胞間相互作用. JDDW2018 2018.11.01 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  98. 東 正新、朝比奈靖浩、三好正人、井上恵美、角田知之、佐藤綾子、金子 俊、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、渡辺 守. NAFLD由来の肝細胞癌に関連したリスク因子の検討. JDDW2018 2018.11.01 神戸国際展示場(兵庫県神戸市)

  99. 川内結加里、秋山慎太郎、福田将義、鈴木康平、竹中健人、鬼澤道夫、北畑冨貴子、村川美也子、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英理子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守. 回腸瘻から大量出血を来した小腸型クローン病の1例. 日本消化器病学会関東支部第350回例会 2018.07.14 海運クラブ(東京都千代田区)

  100. 佐藤綾子、柿沼 晴、三好正人、角田知之、金子 俊、井津井康浩、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 肝前駆細胞による胆管形成に対する胎生期肝間葉系細胞との細胞間相互作用. 第25回肝細胞研究会 2018.07.13 東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)

  101. 柿沼 晴. 【肝発癌と治療】司会. 第25回肝細胞研究会 2018.07.12 東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)

  102. 山﨑佳穗、竹中健人、日比谷秀爾、勝倉暢洋、仁部洋一、根本泰宏、鬼澤道夫、新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、藤井俊光、岡田英里子、柿沼 晴、岡本隆一、中川美奈、大島 茂、福田正義、山内慎一、大西威一郎、大塚和朗、渡辺 守. 貧血を契機に小腸バルーン内視鏡で診断されたLST様回腸腫瘍の一例. 第106回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2018.06.16 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  103. 柿沼 晴. 【ポスターセッション18:線維化】司会. 第54回日本肝臓学会 2018.06.15 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  104. 三好正人、柿沼 晴、金子 俊、紙谷聡英、佐藤綾子、角田知之、四宮恵美、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ヒトiPS 細胞由来星細胞様細胞における転写因子LHX2 の機能解析. 第54回日本肝臓学会 2018.06.15 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  105. 角田知之、柿沼 晴、渡辺 守. 【ワークショップ1】ヒトiPS 細胞を用いた先天性肝線維症病態モデルの樹立と分子標的の探索. 第54回日本肝臓学会 2018.06.14 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  106. 新田沙由梨、朝比奈靖浩、佐藤綾子、三好正人、角田知之、永田紘子、金子 俊、北畑富貴子、村川美也子、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、加藤孝宣、渡辺 守. HCV NS5A キメラ株感染培養系を用いたNS5A 阻害剤に対する耐性変異と薬剤感受性評価システムの構築. 第54回日本肝臓学会 2018.06.14 大阪国際会議場(大阪府大阪市)

  107. 新田沙由梨. In vitroにおけるHCV-NS5A 薬剤耐性関連変異(Resistance associated substitutions; RAS) の特性と薬剤感受性の解析. 第28回抗ウイルス療法学会 2018.06.09 北海道大学医学部学友会館フラテ大ホール(北海道札幌市)

  108. 角田 知之, 柿沼 晴, 渡辺 守. 肝臓領域の基礎研究における新しい潮流と臨床応用 ヒトiPS細胞を用いた先天性肝線維症病態モデルの樹立と分子標的の探索. 肝臓 2018.04.01

  109. 柿沼 晴. 肝臓の再生・幹細胞研究から拓かれる線維化・発癌の研究への展望. 第17回御茶ノ水消化器疾患先端医療研究会 2018.02.03 六本木アカデミーヒルズ49(東京都港区)

  110. 角田知之、 柿沼 晴、 朝比奈靖浩. 【パネルディスカッション4:肝再生研究の進歩】ヒトiPS細胞由来肝臓系譜細胞を用いた先天性肝線維症の病態解析. JDDW 2017 2017.10.13 福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  111. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、井津井康浩、新田沙由梨、北畑富貴子、金子 俊、永田紘子、浅野 侑、三好正人、角田知之、井上恵美、佐藤綾子、渡辺 守. B型慢性肝疾患における核酸アナログ治療成績と肝発癌予測因子の検討. JDDW2017 第21回肝臓学会大会 2017.10.13

  112. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【シンポジウム1 HBV再活性化対策のUp-to-date】HBV-HCV共感染時における抗HCV-DAA治療に伴うHBV再活性化機構の解析. JDDW2017 2017.10.12 福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  113. 村川美也子、 朝比奈靖浩、 中川美奈、 佐藤綾子、 井上恵美、 三好正人、 角田知之、 浅野 侑、 金子 俊、 永田紘子、 井津井康浩、 東 正新、 柿沼 晴、 渡辺 守. 【デジタルポスターセッション32:B型肝炎(治療)1】B型慢性肝疾患における核酸アナログ治療成績と肝発癌予測因子の検討 . JDDW 2017 2017.10.12 マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)

  114. 三好正人、 柿沼 晴、 渡辺 守. 【ワークショップ9:肝線維化研究の新たな展開】ヒトiPS細胞由来間葉系譜細胞とヒトiPS細胞由来肝前駆様細胞との細胞間相互作用の解析. JDDW 2017 2017.10.12 福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  115. 近藤有紀、藤井 崇、日比谷秀爾、勝倉暢洋、竹中健人、鬼澤道夫、北畑富貴子、村川美也子、松岡克善、新田沙由梨、藤井俊光、岡田英里子、井津井康浩、齋藤詠子、中川美奈、柿沼 晴、長堀正和、大塚和朗、渡辺 守、高岡亜弓、山内慎一. 2年間持続する貧血があり、イレウス症状を契機に診断に至った原発性小腸癌の1例. 日本消化器病学会 関東支部第346回例会 2017.09.30 海運クラブ(東京都千代田区)

  116. 角田知之、柿沼 晴、三好正人、佐藤綾子、四宮恵美、金子 俊、浅野 侑、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【スポンサードワークショップ1:慢性肝疾患の線維化発がん阻止への展望】ヒトiPS細胞由来肝臓系譜細胞による病態モデルの作成と先天性肝線維症の病態解析. 第54回日本消化器免疫学会総会 2017.09.29 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  117. 村川 美也子, 朝比奈 靖浩, 中川 美奈, 佐藤 綾子, 井上 恵美, 三好 正人, 角田 知之, 浅野 侑, 金子 俊, 永田 紘子, 井津井 康浩, 東 正新, 柿沼 晴, 渡辺 守. B型慢性肝疾患における核酸アナログ治療成績と肝発癌予測因子の検討. 肝臓 2017.09.01

  118. 三好 正人, 柿沼 晴, 渡辺 守. 肝線維化研究の新たな展開 ヒトiPS細胞由来間葉系譜細胞とヒトiPS細胞由来肝前駆様細胞との細胞間相互作用の解析. 肝臓 2017.09.01

  119. 角田 知之, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. 肝再生研究の進歩 ヒトiPS細胞由来肝臓系譜細胞を用いた先天性肝線維症の病態解析. 肝臓 2017.09.01

  120. 金子 俊, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. HBV再活性化対策のUp-to-date HBV-HCV共感染時における抗HCV-DAA治療に伴うHBV再活性化機構の解析. 肝臓 2017.09.01

  121. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中信二、村川美也子、新田沙由梨、柿沼 晴、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、角田知之、三好正人、井上恵美、佐藤綾子、井津井康浩、中川美奈、東 正新、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 【シンポジウム1 肝炎ウイルス制御後の肝癌の特性と治療:エビデンスとコンセンサス】肝炎ウイルス制御下およびB型肝炎ウイルス既往感染における肝細胞癌遺伝子変異の検討. 第53回日本肝癌研究会 2017.07.06 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  122. 三好正人、柿沼 晴、紙谷聡英、金子 俊、角田知之、佐藤綾子、浅野 侑、井津井康浩、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. LHX2発現によるヒトiPS由来間葉系細胞の機能調節. 第24回肝細胞研究会 2017.07.01 旭川市民文化会館(北海道旭川市)

  123. 柿沼 晴、角田知之、紙谷聡英、三好正人、金子 俊、佐藤綾子、井津井康浩、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. ゲノム編集ヒトiPS細胞由来胆管様細胞を利用した先天性肝線維症の病態解明. 第24回肝細胞研究会 2017.06.30 旭川市民文化会館(北海道旭川市)

  124. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩、紙谷聡英、三好正人、角田知之、四宮恵美、佐藤綾子、浅野 有、新田沙由梨、村川美也子、井津井靖浩、東 正新、渡辺 守. ヒトiPS細胞培養系を利用したHBV-HCV共感染下でのHCV排除により惹起されるHBVの再活性化メカニズムの解明. 第24回肝細胞研究会 2017.06.30 旭川市民文化会館(北海道旭川市)

  125. 鈴木美麗, 桑原小の実, 福田将義, 和田祥城, 岡田英理子, 松岡克善, 山内 慎一, 安野正道, 和田あかね, 倉田盛人, 仁部洋一, 北畑富貴子, 根本泰宏, 藤井俊光, 大島 茂, 中川美奈, 永石宇司, 柿沼 晴, 岡本隆一, 大塚和朗, 渡辺 守. 直腸絨毛腫瘍により電解質異常を認めた一例. 第104回 日本消化器内視鏡学会関東支部例会 2017.06.11 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  126. 柿沼  晴、浅野 侑、三好正人、佐藤綾子、角田知之、金子 俊、大谷賢志、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 食餌誘導性NASHモデルマウスにおけるMatrix Metalloporoteinase-2の機能的解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.09 広島国際会議場(広島県広島市)

  127. 角田知之、柿沼 晴、渡辺 守. 【ワークショップ9:肝疾患における新規バイオマーカーの探索】ヒトiPS細胞由来肝臓系譜細胞を利用した先天性肝線維症の病態解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.09 リーガロイヤルホテル広島(広島県広島市)

  128. 井津井康浩、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、柿沼 晴、東 正新、高橋和明、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態でのE型肝炎慢性化症例の解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  129. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【シンポジウム1:B型肝炎研究の新展開】ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB型肝炎ウイルス感染への宿主自然免疫応答の解析. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  130. 柿沼 晴. 【分化・再生・幹細胞2】司会. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  131. 新田沙由梨、村川美也子、永田紘子、佐藤綾子、三好正人、角田知之、浅野 侑、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、東 正新、柿沼 晴、中川美奈、加藤孝宣、朝比奈靖浩、渡辺 守. HCV-NS5A阻害薬使用に関連する薬剤耐性変異ウイルスとその特徴. 第53回日本肝臓学会総会 2017.06.08 広島国際会議場(広島県広島市)

  132. 鈴木 美麗, 桑原 小の実, 福田 将義, 和田 祥城, 岡田 英理子, 松岡 克善, 山内 慎一, 安野 正道, 和田 あかね, 倉田 盛人, 仁部 洋一, 北畑 富貴子, 根本 泰宏, 藤井 俊光, 大島 茂, 中川 美奈, 永石 宇司, 柿沼 晴, 岡本 隆一, 大塚 和朗, 渡辺 守. 直腸絨毛腫瘍により電解質異常を認めた一例. Progress of Digestive Endoscopy 2017.06.01

  133. 保志ゆりか, 矢内真人, 松岡克善, 日比谷秀爾, 勝倉暢洋, 竹中健人, 鬼澤道夫, 北畑富貴子, 村川美也子, 新田沙由梨, 藤井俊光, 岡田英理子, 井津井康浩, 中川美奈, 柿沼 晴, 東 正新, 長堀正和, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に合併した急性膵炎の2例. 日本消化器病学会 関東支部第344回例会 2017.05.27 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  134. 角田知之、柿沼 晴、渡辺 守. 【ワークショップ8:肝線維化治療と肝再生医療の最新知見】ゲノム編集ヒトiPS 細胞による疾患モデルを用いた先天性肝線維症の病態メカニズムの 解析. 第103回日本消化器病学会総会 2017.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  135. 金子 俊, 柿沼 晴, 朝比奈 靖浩. B型肝炎研究の新展開 ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB型肝炎ウイルス感染への宿主自然免疫応答の解析. 肝臓 2017.04.01

  136. 柿沼 晴, 浅野 侑, 三好 正人, 佐藤 綾子, 角田 知之, 金子 俊, 大谷 賢志, 永田 紘子, 北畑 富貴子, 村川 美也子, 新田 沙由梨, 井津井 康浩, 中川 美奈, 東 正新, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守. 食餌誘導性NASHモデルマウスにおけるMatrix metalloproteinase-2の機能的解析. 肝臓 2017.04.01

  137. 角田 知之, 柿沼 晴, 渡辺 守. 肝疾患における新規バイオマーカーの探索 ヒトiPS細胞由来肝臓系譜細胞を利用した先天性肝線維症の病態解析. 肝臓 2017.04.01

  138. 井津井 康浩, 大谷 賢志, 北畑 富貴子, 新田 沙由梨, 村川 美也子, 中川 美奈, 柿沼 晴, 東 正新, 高橋 和明, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守. 免疫抑制状態でのE型肝炎慢性化症例の解析. 肝臓 2017.04.01

  139. 新田 沙由梨, 村川 美也子, 永田 紘子, 佐藤 綾子, 三好 正人, 角田 知之, 浅野 侑, 金子 俊, 大谷 賢志, 北畑 富貴子, 東 正新, 柿沼 晴, 中川 美奈, 加藤 孝宣, 朝比奈 靖浩, 渡辺 守. HCV/NS5A阻害薬使用に関連する薬剤耐性変異ウイルスとその特徴. 肝臓 2017.04.01

  140. 角田 知之, 柿沼 晴, 渡辺 守. 肝線維化治療と肝再生医療の最新知見 ゲノム編集ヒトiPS細胞による疾患モデルを用いた先天性肝線維症の病態メカニズムの解析. 日本消化器病学会雑誌 2017.03.01

  141. 井津井康浩、大谷賢志、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、中川美奈、東 正新、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. 免疫抑制状態におけるE 型急性肝炎の慢性化リスクについて. 第41回日本肝臓学会東部会 2016.12.09 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  142. 柿沼 晴. 肝癌治療(3):座長. 第41回日本肝臓学会東部会 2016.12.08 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  143. 持田知洋、松本太一、中田 徹、日比谷秀爾、鬼澤道夫、村野竜朗、野崎賢吾、北畑富貴子、村川美也子、新田沙百梨、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、中村哲也、朝比奈靖浩、渡辺 守、竹中健人、勝倉暢洋. 先行する皮膚症状をきっかけとしてクインケ浮腫による胃腸炎の診断に至った1例. 日本消化器病学会関東支部第342回例会 2016.12.03 海運クラブ(東京都千代田区)

  144. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 【ワークショップ9】HBV排除にむけたヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いた培養系の開発. JDDW2016 2016.11.04 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  145. 柿沼 晴、後藤文男、大谷賢志、角田知之、三好正人、東 正新、金子 俊、浅野 侑、永田紘子、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、井津井康浩、中川美奈、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【デジタルポスターセッション】肝再生・基礎研究2 BMP-4による肝幹/前駆細胞の増殖と終末分化の制御機構. JDDW2016 2016.11.03 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  146. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、浅野 侑、三好正人、角田知之、永田紘子、金子 俊、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、井津井康浩、東 正新、柿沼 晴、渡辺 . 【デジタルポスターセッション】C型肝炎(治療)9_C型慢性肝疾患のDAA治療効果に関わるウイルス・宿主因子の解析. JDDW2016 2016.11.03 神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)

  147. 山本竜也、桑原小の実、大岡真也、東 正新、仁部洋一、野崎賢吾、小林正典、勝倉暢洋、福田将義、北畑富貴子、村川美也子、新田沙由梨、村野竜朗、鬼澤道夫、井津井康浩、中川美奈、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守、石川敏昭. 【研修医Ⅱ(胃・十二指腸2、小腸)】直腸癌化学療法中に食道静脈瘤破裂を来した一例. 日本消化器病学会関東支部第340回例会 2016.07.16 海運クラブ(東京都千代田区)

  148. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩、紙谷聡英、三好正人、角田知之、新田沙由梨、佐藤綾子、 浅野 侑、大谷賢志、東 正新、渡辺 守. HBV 感染培養系におけるヒトiPS 細胞由来肝細胞系譜細胞の応用. 第23回肝細胞研究会 2016.07.07 大阪大学中之島センター(大阪府大阪市)

  149. 柿沼 晴、後藤文男、角田知之、三好正人、大谷賢志、浅野 侑、金子 俊、東 正新、渡辺 守. Bone Morphogenetic Protein-4 による肝幹/ 前駆細胞の増殖と終末分化の調節機構. 第23回肝細胞研究会 2016.07.07 大阪大学中之島センター(大阪府大阪市)

  150. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中真二、村川美也子、新田沙由梨、大谷賢志、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、角田知之、三好正人、井津井康浩、柿沼 晴、中川美奈、東 正新、田邉 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. 宿主ゲノム変異の網羅的解析からみた背景肝疾患別の肝癌の特徴. 第52回日本肝癌研究会 2016.07.02 虎ノ門ヒルズ(東京都港区)

  151. 松川直樹、武井ゆりあ、大塚和朗、新宅 洋、伊藤 崇、明石 巧、三浦夏希、堀家英之、並木 伸、竹中健人、村川美也子、藤井俊光、井津井康浩、大島 茂、松岡克善、中川美奈、岡本隆一、柿沼 晴、永石宇司、渡辺 守. 【研修医セッション:小腸・大腸】小腸内視鏡による観察を行った小腸粘膜内癌を有した里吉病の1例. 第102回日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 2016.06.12 シェーンバッハ・サボー(東京都千代田区)

  152. 柿沼 晴. 【ポスターセッション】肝分化・再生・幹細胞 司会. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.20 ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

  153. 後藤文男、柿沼 晴、大谷賢志、角田知之、三好正人、浅野 侑、金子 俊、井津井靖浩、中川美奈、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. 【ポスターセッション29】肝幹/前駆細胞におけるBone Morphogenetic Protein-4 の機能解析. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.20 ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

  154. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩. ヒトiPS細胞由来肝細胞系譜細胞を用いた新たなHBV感染培養系モデル. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.19 ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

  155. 北畑富貴子、朝比奈靖浩、田中真二、村川美也子、新田沙由梨、大谷賢志、後藤文男、永田紘子、金子 俊、浅野 侑、三好正人、角田知之、井津井靖浩、柿沼 晴、中川美奈、東 正新、田邊 稔、前川伸哉、榎本信幸、渡辺 守. HBV 持続感染とHBV 既感染肝細胞癌における宿主ゲノム変異とHBV integrationの比較検討. 第52回日本肝臓学会総会 2016.05.19 ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

  156. 大谷賢志、柿沼 晴、渡辺 守. 【ワークショップ2:臨床応用を見据えた肝再生医学・線維化研究の新展開】Matrix Metalloproteinase 14 の肝前駆細胞分化における機能解析. 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  157. 柿沼 晴. 【ワークショップ2:臨床応用を見据えた肝再生医学・線維化研究の新展開】(司会). 第102回日本消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  158. 東 正新、朝比奈靖浩、櫻井 幸、井津井康浩、三好正人、井上恵美、浅野 侑、金子 俊、永田紘子、後藤文男、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、村川美也子、中川美奈、柿沼 晴、渡辺 守. Intermediate HCCに対する治療戦略. 第102回消化器病学会総会 2016.04.22 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  159. 篠原元、小橋健一郎、柿沼 晴、東 正新、村川美也子、北畑富貴子、水谷知裕、櫻井 幸、新田沙由梨、井津井康浩、大島 茂、中川美奈、永石宇司、大岡真也、土屋輝一郎、岡本隆一、荒木昭博、中村哲也、朝比奈靖浩、渡辺 守. Direct-Acting Antivirals による抗ウイルス療法が奏功し、続発性クリオグロブリン血症が改善した1例. 日本消化器病学会関東支部第338回例会 2016.02.06 海運クラブ(東京都千代田区)

  160. 武市瑛子、大谷賢志、藤井俊光、松岡克善、櫻井 幸、藤田めぐみ、野崎賢吾、福田将義、根本泰宏、井津井康浩、中川美奈、東 正新、土屋輝一郎、大岡真也、長堀正和、渡辺 守、荒木昭博、大塚和朗、柿沼 晴、朝比奈靖浩. 潰瘍性大腸炎に対するinflixmab投与により間質性肺炎が誘発されたと考えられる一例. 日本消化器病学会関東支部第337回例会 2015.12.05 東京

  161. 永田紘子, 朝比奈靖浩, 井津井康浩, 北畑富貴子, 金子 俊, 後藤文男, 大谷賢志, 谷口未樹, 村川美也子, 新田沙由梨, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 中川美奈, 東 正新, 柿沼 晴, 田中真二, 田邉 稔, 榎本信幸, 渡辺 守. 【B型肝炎-基礎・病態・診断】肝細胞癌の病態に関連するTERT遺伝子とB型肝炎ウイルスX蛋白の機能解析 . JDDW2015 2015.10.09 東京

  162. 柿沼 晴、大谷賢志、渡辺 守. 【肝再生 基礎から臨床】Matrix Metalloproteinase−14を介した肝幹/前駆細胞の分化調節機構 . JDDW2015 2015.10.08 東京

  163. 北澤優美, 村川美也子, 福田将義, 松岡克善, 井津井康浩, 中川美奈, 柿沼 晴, 大岡真也, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 腹腔内遊離ガスを伴ったα-グルコシダーゼ阻害薬による腸管気腫症の1例. 第617回日本内科学会関東地方会 2015.09.12 東京

  164. 永田紘子, 朝比奈靖浩, 井津井康浩, 北畑富貴子, 金子 俊, 後藤文男, 大谷賢志, 谷口未樹, 村川美也子, 新田沙由梨, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 中川美奈, 東 正新, 柿沼 晴, 田中真二, 田邉 稔, 榎本信幸, 渡辺 守. 肝細胞癌の病態に関連する宿主ゲノム変異とB 型肝炎ウイルスX 蛋白の関連解析. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  165. 北畑富貴子, 朝比奈靖浩, 田中真二, 金子 俊, 永田紘子, 後藤文男, 谷口未樹, 大谷賢志, 村川美也子, 新田沙由梨, 中川美奈, 柿沼 晴, 田邉 稔, 榎本信幸, 渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態・予後に関連する宿主ゲノム変異の網羅的解析. 第51回日本肝癌研究会 2015.07.23 神戸

  166. 秋山慎太郎, 大岡真也, 水谷知裕, 松岡克善, 藤井俊光, 岡田英理子, 大島 茂, 井津井康浩, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 免疫染色が診断の一助となった肝内胆管癌小腸転移の1例. 第100回日本消化器内視鏡学会関東地方会 2015.06.14 東京

  167. 柿沼 晴、大谷賢志、紙谷聡英、後藤文男、金子 俊、東 正新、朝比奈靖浩、渡辺 守. Matrix Metalloproteinase-14 による肝幹/前駆細胞の分化・成熟化の調節. 第22回肝細胞研究会 2015.06.04 鳥取

  168. 金子 俊、柿沼 晴、朝比奈靖浩、紙谷聡英、永田紘子、後藤文男、大谷賢志、北畑富貴子、新田沙由梨、東 正新、渡辺 守. ヒトiPS 細胞由来肝細胞系譜細胞を用いたB 型肝炎ウイルス感染培養系の構築. 第22回肝細胞研究会 2015.06.04 鳥取

  169. 三代博之, 井上恵美, 藤井俊光, 齊藤詠子, 井津井康浩, 岡田英里子, 大島 茂, 松岡克善, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 周期的な腹痛・発熱を主訴としMEFV遺伝子変異を認めた否定型家族性地中海熱の1例. 第334回日本消化器病学会関東支部例会 2015.05.23 東京

  170. 永田紘子, 朝比奈靖浩, 井津井康浩, 北畑富貴子, 金子 俊, 後藤文男, 大谷賢志, 谷口未樹, 村川美也子, 新田沙由梨, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 中川美奈, 東 正新, 柿沼 晴, 田中真二, 田邉 稔, 榎本信幸, 渡辺 守. 肝細胞癌の病態に関連する宿主ゲノム変異とB 型肝炎ウイルスX 蛋白の関連解析. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.22 熊本

  171. 金子 俊, 柿沼 晴, 朝比奈靖浩. ヒトiPS 細胞由来肝幹/前駆細胞を用いたHBV 感染培養系の構築. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  172. 大谷賢志, 柿沼 晴, 後藤文男, 紙谷聡英, 櫻井 幸, 井津井康浩, 東 正新, 中川美奈, 朝比奈靖浩, 坂本直哉, 中内啓光. 肝幹/前駆細胞におけるMatrix Metalloproteinase-14 による分化調節機構の解析. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  173. 村川美也子, 朝比奈靖浩, 北畑富貴子, 中川美奈, 永田紘子, 金子 俊, 後藤文男, 谷口未樹, 大谷賢志, 新田沙由里, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 井津井康浩, 東 正新, 柿沼 晴, 飯島沙幸, 田中靖人, 坂本直哉, 渡辺 守. C 型慢性肝炎患者におけるIFN 治療応答性に関わる肝内ISG 発現とIFNλ4 の関連. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  174. 井津井康浩, 永田紘子, 金子 俊, 後藤文男, 大谷賢志, 谷口未樹, 北畑富貴子, 村川美也子, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 中川美奈, 東 正新, 柿沼 晴, 大岡真也, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 炎症性腸疾患コホートにおけるHBV 再活性化の実態と再活性化及びde novo B 型肝炎に関わる要因の解析. 第51回日本肝臓学会総会 2015.05.21 熊本

  175. 柿沼 晴. 肝幹/前駆細胞の分化制御の解析と肝炎ウイルス研究への応用. 第12回Tokyo Liver Meeting Junio 2015.03.26 東京

  176. 勝倉暢洋, 秋山慎太郎, 井上恵美, 竹中健人, 木村麻衣子, 松沢 優, 水谷知裕, 福田将義, 村川美也子, 清水寛路, 和田祥城, 藤井俊光, 櫻井 幸, 斎藤詠子, 渡辺貴子, 藤田めぐみ, 井津井康浩, 岡田英里子, 大島 茂, 松岡克善, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 肺血栓塞栓症を合併した潰瘍性大腸炎の一例. 第23回御茶の水消化器セミナー 2015.03.25 東京

  177. 杉本京子, 勝倉暢洋, 藤井俊光, 斎藤詠子, 松岡克善, 水谷知裕, 藤田めぐみ, 岡田英理子, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 岡本隆一, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部第333回例会 2015.02.28 東京

  178. 秋山慎太郎,大岡真也,齊藤詠子,和田祥城,藤井俊光,岡田英理子,大島 茂,井津井康浩,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,中村哲也,長堀正和,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈靖浩,渡辺 守. 小腸イレウスを契機に診断した肝内胆管癌小腸転移の1例. 第332回日本消化器病学会関東支部例会 2014.12.13 東京

  179. 村川美也子,和田祥城,藤井俊光,齊藤詠子,藤田めぐみ,井津井康浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守,油谷知穀,菊池章史,大石克己,竹本 暁,菅原江美子,伊藤栄作,明石 巧. 転移性骨腫瘍の免疫組織学的所見が診断に有用であった原発性小腸癌の一例. 第52回 小腸研究会 2014.11.15 東京

  180. 井津井 康浩,朝比奈靖浩,渡辺 守. 高齢者C型慢性肝炎へのIFN治療後肝発癌と発癌に関与する因子の解析. 第18回日本肝臓学会大会(JDDW 2014) 2014.10.24 神戸

  181. 渡辺 貴子,朝比奈 靖浩,中川 美奈,柿沼 晴,井津井 康浩,前川 伸哉,三浦 美香,榎本 信幸,渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いたNS3阻害剤3剤併用療法におけるNS3及びNS5A耐性変異株の解析. 第18回日本肝臓学会大会(JDDW 2014) 2014.10.24

  182. 峠 千晶,村川美也子,齊藤詠子,藤井俊光,和田祥城,藤田めぐみ,井津井靖浩,大島 茂,岡田英理子,中川美奈,岡本隆一,土屋輝一郎,柿沼 晴,東 正新,永石宇司,大岡真也,長堀正和,中村哲也,荒木昭博,大塚和朗,朝比奈康浩,渡辺 守. 転移性骨髄腫の免疫染色で診断し得た原発性小腸癌の一例. お茶の水消化器病セミナー 2014.08.30 東京

  183. 堤 大樹,竹中健人,長堀正和,大塚和朗,藤井俊光,荒木昭博,永石宇司,東 正新,大島 茂,齊藤詠子,朝比奈靖浩,柿沼 晴,中村哲也,土屋輝一郎,岡本隆一,大岡真也,中川美奈,井津井康浩,岡田英理子,渡辺 守. 慢性偽性腸閉塞においてバルーン内視鏡にて回腸の炎症性腸疾患様の粘膜変化を観察できた一例. 日本消化器病学会 関東支部 第330回例会 2014.07.26 東京

  184. 後藤文男,柿沼 晴,大谷賢志,紙谷聡英,東正新,朝比奈靖浩,渡辺 守. 肝幹・前駆細胞におけるCalmodulin-dependent protein kinase II活性化動態の解析. 第21回肝細胞研究会 2014.06.27 東京

  185. 大谷賢志,柿沼 晴,後藤文男,紙谷聡英,東正新,朝比奈靖浩,渡辺 守. Matrix Metalloproteinase-14を介した胎仔肝幹/前駆細胞における分化調節. 第21回肝細胞研究会 2014.06.27 東京

  186. 柿沼 晴. 肝疾患の病態を制御するメカニズム(座長). 第21回肝細胞研究会 2014.06.27 東京

  187. 柿沼 晴. 肝疾患の病態を制御するメカニズム(座長). 第21回肝細胞研究会 2014.06.27 東京

  188. 渡辺 貴子,朝比奈 靖浩,中川 美奈,柿沼 晴,井津井 康浩,前川 伸哉,三浦 美香,榎本 信幸,坂本直哉,渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いたNS3及びNS5A耐性変異株の解析とシメプレビルまたはテラプレビル3剤併用療法の治療効果との関連. 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.30 東京

  189. 大谷賢志,柿沼 晴,後藤文男,紙谷聡英,新田沙由梨,東正新,中川美奈,朝比奈靖浩,坂本直哉,中内啓光,渡辺 守. Matrix Metalloproteinase-14による肝幹/前駆細胞分化の調節. 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.29

  190. 北畑富貴子,朝比奈靖浩,後藤文男,大谷賢志,谷口未樹,村川美也子,新田沙由梨,渡辺貴子,井津井康浩,中川美奈,柿沼 晴,田中真二,田邊稔,榎本信幸,渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いた肝細胞癌の病態に関連する遺伝子変異の解析. 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.29 東京

  191. 七松 東, 鈴木康平, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守, 新田沙由梨. 家族性地中海熱の2例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第329回例会 2014.05.10 東京

  192. 杉本京子, 勝倉暢洋, 藤井俊光, 斎藤詠子, 松岡克善, 水谷知裕, 藤田めぐみ, 岡田英里子, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 岡本隆一, 東 正新, 大岡真也, 永石宇司, 中村哲也, 長堀正和, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 潰瘍性大腸炎に肺血栓塞栓症を合併した一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第333回例会 2014.02.28 東京

  193. 福与涼介, 鈴木康平, 斎藤詠子, 水谷知裕, 和田祥城, 藤井俊光, 井津井康浩, 大島 茂, 中川美奈, 岡本隆一, 土屋輝一郎, 柿沼 晴, 東 正新, 永石宇司, 大岡真也, 長堀正和, 中村哲也, 荒木昭博, 大塚和朗, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. 慢性的な水様便および発熱を契機に発見された小腸原発perpheral T-cell lymphoma, not otherwise specified(PTCL-NOS)の一例. 日本消化器病学会 関東支部例会 第328回例会 2014.02.22 東京

  194. 柿沼 晴. C型肝炎他施設共同研究(御茶ノ水リバーカンファレンス)の成果と今後の展開」. 第13回 御茶ノ水消化器疾患先端医療研究会 2014.02.01 東京

  195. 新田沙由梨、朝比奈靖浩、柿沼 晴、坂本直哉、渡辺 守. C型肝炎ウイルスNS4B蛋白による宿主自然免疫応答の抑制機構の解析. 第21回浜名湖シンポジウム 2013.12.12 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

  196. 柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. 高齢者C型肝炎におけるウイルス排除を目指した治療の有効性と安全性. JDDW2013 2013.10.10 グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール(東京都港区)

  197. 東 正新, 朝比奈靖浩, 後藤文男, 大谷賢志, 谷口未樹, 河合富貴子, 藤木純子, 村川美也子, 小野塚 泉, 新田沙由梨, 北詰晶子, 櫻井 幸, 中川美奈, 柿沼 晴, 渡辺 守. 肝細胞癌診断におけるMRI拡散強調画像の有用性の検討. JDDW2013 2013.10.09 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  198. 新田沙由梨 , 坂本直哉, 村川美也子, 柿沼 晴, 中川美奈, 朝比奈靖浩, 渡辺 守. HCV-NS4BはIFN-β発現誘導だけでなくIFN-λ発現誘導も抑制する. JDDW2013 2013.10.09 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  199. 村川美也子, 朝比奈靖浩, 中川美奈, 大谷賢志, 河合富貴子, 谷口未樹, 新田沙由梨, 北詰晶子, 渡辺貴子, 櫻井 幸, 柿沼 晴, 坂本直哉, 渡辺 守. C型慢性肝炎治療におけるIFN不応性に関わるINFλの機能解析. JDDW2013 2013.10.09 グランドプリンスホテル新高輪

  200. 柿沼 晴, 幾世橋 佳, 紙谷聡英, 新田沙由梨, 東 正新, 中川美奈, 朝比奈靖浩, 坂本直哉, 中内啓光, 渡辺 守. Wnt5a-CaMK2経路による肝幹/前駆細胞の分化調節機構. JDDW2013 2013.10.09 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  201. 渡辺貴子、前川伸哉、中川美奈、柿沼 晴、三浦美香、辰巳明久、榎本信幸、坂本直哉、朝比奈靖浩、渡辺 守. 次世代シークエンサーを用いたプロテアーゼ阻害薬耐性変異株の解析と治療予後の関連につ いての検討. 第49回日本肝臓学会総会 2013.06.07 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  202. 新田沙由梨、坂本直哉、村川美也子、 北詰晶子、藤田めぐみ、中川美奈、柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守 . HCV-NS4BによるSTINGを標的とした自然免疫応答回避メカニズムの解析. 第49回日本肝臓学会総会 2013.06.07 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  203. 村川美也子、朝比奈靖浩、中川美奈、河合富貴子、藤木純子、大谷賢志、山中秀人、谷口未樹、新田沙由梨、北詰晶子、渡辺貴子、櫻井幸、柿沼 晴、坂本直哉、渡辺 守. IL28B 産生能と C 型慢性肝炎に対するインターフェロン治療応答性および遺伝子多型(SNP)との関連. 第49回日本肝臓学会総会 2013.06.06 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  204. 柿沼 晴、幾世橋佳、山中秀人、紙谷聡英、新田沙由梨、藤木純子、吉野耕平、中川美奈、東 正新、坂本直哉、朝比奈靖浩、中内啓光、渡辺 守. Wnt5-CaMK2 経路による肝幹/前駆細胞の胆管分化の調節機構. 第49回日本肝臓学会総会 2013.06.06 京王プラザホテル(東京都新宿区)

  205. 柿沼 晴、中川美奈、朝比奈靖浩. Matrix Metalloproteinase-2の肝線維化過程における機能の解析. 第39回日本肝臓学会東部会 2012.12.06 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)

  206. 柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守. Non-canonical Wnt経路による肝幹/前駆細胞の増殖/分化の調節. JDDW2012 2012.10.11

  207. 三好正人、藤井俊光、櫻井 幸、齊藤詠子、大島 茂、土屋輝一郎、岡本隆一、永石宇司、中村哲也、岡田英理子、柿沼 晴、東 正新、大岡真也、長堀正和、荒木昭博、大塚和朗、朝比奈靖浩、渡辺 守、鈴木伸治、伴 大輔、河内 洋. 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例. 第320回 日本消化器病学会関東支部例会 2012.07.07 東京

  208. 新田沙由梨,朝比奈靖浩,坂本直哉,村川美也子,北詰晶子,幾世橋 佳, 東 正新, 柿沼 晴, 中川美奈, 渡辺 守. IFN不応例における宿主自然免疫応答とHCV逃避機構. 第77回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2012.06.21 神戸商工会議所(兵庫県神戸市)

  209. 柿沼 晴、紙谷聡英、坂本直哉、佐藤千史、中内啓光、渡辺 守. 肝細胞および肝幹・前駆細胞移植におけるdonor由来Matrix Metalloproteinase(MMP)の関与. 第17回浜名湖シンポジウム 2009.12.22 アクトシティ浜松コングレスセンター(静岡県浜松市)

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回日本肝臓学会大会 会長賞 「ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索」 受賞者:柿沼 晴,2019年11月

  • 第29回肝細胞研究会 優秀発表賞,肝細胞研究会,2022年08月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B):21H02896「ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの開発と肝線維化・発癌病態モデルの創成」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 次世代がん医療加速化研究事業 「制御性単球を標的としたがん治療法の開発」 研究代表者:田中正人 研究分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴,2022年04月

  • 令和4年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化研究事業 「B 型肝炎培養細胞、抗ウイルス応答細胞モデルを用いた創薬シーズ化合物の大規模探索」 研究代表者:坂本直哉 研究分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴,2022年04月

  • 令和4年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「新規星細胞培養系創出とiPS由来星細胞培養系による線維化機構解明」 研究代表者:三好正人 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈欣治,2022年04月

  • 令和4年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「革新的オルガノイド技術を用いた肝線維化・発がん機構の解明と肝星細胞活性化制御をめざした治療法の創成」 研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、武部貴則、田中真二、疋田隼人,日本医療研究開発機構,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):20K08303「遺伝子改変iPS細胞を用いたHBVゲノムの組み込みによる発癌メカニズムの解明」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B):20H03657「原腸由来臓器の上皮細胞可塑性と互換性の検証」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽):21K19476「自己組織化に依存しない多細胞人工発癌オルガノイドモデルの開発と細胞連関解析」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07977「肝癌オルガノイドを用いた肝癌微小環境中免疫学的プロファイルに関わる病態解明」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07939「肝癌ゲノム情報と癌微小環境の空間的多様性の機械学習による臨床予測モデルの構築」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):22K08005「ウイルス制御下の肝病態制御機構に関与する新規標的分子の探索」,文部科学省,2022年04月

  • 令和4年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B):22H03054「病態を再現するヒト肝臓オルガノイドの創成と肝星細胞脱活性化をめざした細胞種間解析」,文部科学省,2022年04月

  • 第28回肝細胞研究会 優秀発表賞,肝細胞研究会,2021年09月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽):21K19476 「自己組織化に依存しない多細胞人工発癌オルガノイドモデルの開発と細胞連関解析」研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、岡本隆一,2021年05月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「血清・肝組織の網羅的グライコミクス等による、肝線維化の病態を効率的に評価・予後予測するバイオマーカーの探索」 研究分担者:朝比奈靖浩 研究参加者: 柿沼 晴,2021年04月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「新規メカニズムに基づくB型肝炎治療薬の探索」 研究分担者:朝比奈靖浩 研究参加者: 柿沼 晴,2021年04月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 次世代がん医療創生研究事業 「制御性単球を標的としたがんの進展•転移に対する治療法の開発」 研究分担者:朝比奈靖浩 研究参加者: 柿沼 晴,2021年04月

  • 令和3年度 日本医療研究開発機構 (AMED) 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、武部貴則、田中真二、疋田隼人,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):19K08461「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、大島 茂,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):19K08415「ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明」研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B):19H03635「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、中川美奈,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(A):19H01050「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」研究代表者:渡辺 守 研究分担者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):20K08303「遺伝子改変iPS細胞を用いたHBVゲノムの組み込みによる発癌メカニズムの解明」研究代表者:新田沙由梨 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B):20H03657「原腸由来臓器の上皮細胞可塑性と互換性の検証」研究代表者:油井史郎 研究分担者:柿沼 晴、武部貴則,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07977 「肝癌オルガノイドを用いた肝癌微小環境中免疫学的プロファイルに関わる病態解明」研究代表者:村川美也子 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、岡本隆一,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(B): 21H02896 「ヒトiPS細胞由来肝細胞オルガノイドの開発と肝線維化・発癌病態モデルの創成」研究代表者: 柿沼 晴、研究分担者:朝比奈 靖浩、岡本 隆一,文部科学省,2021年04月

  • 令和3年度 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C):21K07909 「肝星細胞におけるTNFシグナルを基軸とした肝線維化分子機構の解明」研究代表者:東 正新 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、岡本隆一,2021年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 次世代がん医療創生研究事業 「制御性単球を標的としたがんの進展・転移に対する治療法の開発」 研究開発代表者:田中正人 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、中川美奈,2020年06月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02790「肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発」 研究代表者:柿沼 晴 分担研究者:朝比奈靖浩、渡辺 守,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「血清・肝組織の網羅的グライコミクス等による、肝線維化の病態を効率的に評価・予後予測するバイオマーカーの探索」 研究開発代表者:坂本直哉 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、三好正人,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「新規メカニズムに基づくB型肝炎治療薬の探索」 研究開発代表者:森屋恭爾 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴、新田沙由梨,2020年04月

  • 令和2年度 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼 晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、東 正新、井津井康浩、土屋 淳、志水太郎,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08303 「遺伝子改変ips細胞を用いたHBVゲノムの組み込みによる発癌メカニズムの解明」 研究代表者:新田沙由梨 分担研究者:朝比奈靖浩、柿沼 晴,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 分担研究者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08415 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明」 研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03635 「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明」 研究代表者:朝比奈靖浩 分担研究者:朝比奈靖浩 分担研究者:柿沼 晴、中川美奈,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 分担研究者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎,2020年04月

  • 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07964 「肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索」 研究代表者:東 正新 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2020年04月

  • 第23回日本肝臓学会大会 優秀演題賞 「ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用した先天性肝線維症分子標的の探索」 受賞者:柿沼 晴,2019年11月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策事業 「ヒトiPS細胞誘導性肝オルガノイドを用いた革新的疾患モデルの開発および肝線維化と発がんを抑止する治療法の創成」 研究開発代表者:朝比奈靖浩 研究開発分担者:柿沼晴 研究参加者:新田沙由梨、村川美也子、北畑富貴子、三好正人、佐藤綾子、土屋 淳,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07964 「肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索」 研究代表者:東 正新 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02790 「肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発」 研究代表者:柿沼 晴 研究分担者:朝比奈靖浩、渡辺 守,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽):17K19647 「ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発」 研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、中川美奈,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09406 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明 研究代表者:新田沙由梨 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09407 「慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発」 研究代表者:井津井康浩 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般):19K08415 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明」 研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03635 「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明」 研究代表者:朝比奈靖浩 研究分担者:柿沼 晴、中川美奈,2019年04月

  • 令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 研究分担者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業 「慢性肝疾患の組織病態進展機構の解析および血清組織糖鎖の網羅的探索による予後予測マーカーの構築」 研究開発代表者:坂本直哉 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究協力者:柿沼 晴,2019年04月

  • 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「新規メカニズムに基づくB型肝炎治療薬の探索」 研究開発代表者:森屋恭爾 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究参加者:柿沼 晴,2019年04月

  • ギリアド・サイエンシズ株式会社 2018年度研究助成賞「ヒトiPS細胞モデルを利用した新規NASH治療標的分子機構の解明」受賞者:柿沼 晴,2018年08月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「人工多能性幹細胞由来肝細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明」研究代表者:新田沙由梨 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守 ,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索」研究代表者:東 正新 研究分担者:柿沼 晴,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) 「肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発」研究代表者:柿沼 晴 研究分担者:朝比奈靖浩,2018年04月

  • 平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 17K09407「慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発」研究代表者:井津井康浩  研究分担者:朝比奈靖浩、柿沼 晴、渡辺 守 ,2018年04月

  • ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)研究助成賞「ヒトiPS細胞モデルを利用したNASH肝線維化改善を可能とする新規治療標的分子機構の解明」受賞者:柿沼 晴,2018年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 課題番号15K08989「非古典的Wntシグナルを介した肝幹・前駆細胞の分化調節機構の解明」研究代表者:東 正新  分担研究者:朝比奈靖浩、柿沼 晴、渡辺 守 ,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 「人工多能性幹細胞由来肝細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明」研究代表者:新田沙由梨 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 15K08988「新規細胞移植モデルの確立を目指した肝幹細胞の分化・増殖機構の解明」研究代表者:柿沼 晴 ,2017年04月

  • 平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 17K09407「慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発」研究代表者:井津井康浩  分担研究者:朝比奈靖浩、柿沼 晴、渡辺 守,2017年04月

  • 平成28年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 課題番号15K08988「新規細胞移植モデルの確立を目指した肝幹細胞の分化・増殖機構の解明」研究代表者:柿沼 晴,2016年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 : 課題番号15K15285「iPS細胞由来肝細胞系譜におけるHBV感染系の可視化とHBVを根絶する治療の創成」研究分担者:柿沼 晴,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 課題番号15K08989「非古典的Wntシグナルを介した肝幹・前駆細胞の分化調節機構の解明」分担研究者:柿沼 晴,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) : 課題番号25293169「自然免疫を基軸としたウイルス性肝炎治療抵抗性機序の解明と新規治療法の創成」分担研究者:柿沼 晴,2015年04月

  • 平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) : 課題番号15K08988「新規細胞移植モデルの確立を目指した肝幹細胞の分化・増殖機構の解明」研究代表者:柿沼 晴,2015年04月

  • 2015年度 日本消化器病学会 研究助成賞.受賞者:柿沼 晴,2015年01月

  • 平成26年 MSD株式会社研究助成賞「ウイルス肝炎によるインターフェロンλの機能解明」研究代表者:柿沼 晴,2014年12月

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C): 24590957「肝幹細胞の分化決定と細胞移植効率に関わる分子機構の解析」研究代表者:柿沼 晴,2014年04月

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究:課題番号25670366「肝幹細胞分化を基軸としたHBV cccDNAの完全排除を目指す新規治療の創成」研究代表者:朝比奈靖浩 分担研究者:柿沼 晴,2014年04月

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B): 課題番号25860523「インターフェロンλによるC型肝炎ウイルス排除機構の解明」代表研究者:藤田めぐみ 分担研究者:柿沼 晴,2014年04月

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):24590959「人工肝細胞移植系を用いたHCV感染動物モデルの構築」研究代表者:東 正新 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩,2014年04月

  • 浜名湖シンポジウム研究助成賞,2010年

  • Liver Forum in Kyoto 研究助成賞,2007年

  • 第13回肝細胞研究会会長賞,2006年

  • Liver Forum in Kyoto 研究助成賞,2002年

  • 米国肝臓病学会 Young Investigator Travel Award,2001年

  • 浜名湖シンポジウム研究助成賞,2001年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • ヒトiPS細胞を用いた疾患モデルを開発し、難治性肝疾患の病態解明に成功,2019年03月

    Journal of Hepatology

  • 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞の作製と細胞間相互作用を介した肝細胞の成熟化に成功」― 肝再生医療発展への寄与、肝硬変の治療法開発に期待 ―,2019年02月

    Scientific Reports

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床病態学,2020年 - 現在

  • 生理機能検査学,2020年 - 現在

  • 心電図判読,2021年 - 現在

  • アドバンスド生理機能検査学,2021年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第106回日本消化器病学会総会での発表演題「ヒトiPS細胞を用いた肝線維症における分子標的の探索」について,株式会社メディカルトリビューン,「Medical Tribune Web」,2020年08月11日

  • ヒトiPS細胞による疾患モデルを利用して、病気の原因を解明する,2019年度第1回記者懇談会,東京医科歯科大学,2019年06月06日