基本情報

写真a

川端 茂德(カワバタ シゲノリ)

KAWABATA Shigenori


職名

教授

研究室住所

〒113-8519東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

脊椎外科(40)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  整形外科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師
  • 2003年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 先端技術医療応用学講座 教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 先端技術医療応用学講座 教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 ジョイントリサーチ講座 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本脊椎脊髄病学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • 日本運動器疼痛学会

  • 日本生体磁気学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床神経生理学会 評議員
  • 日本運動器疼痛学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 生体医工学・生体材料学

  • 整形外科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「脊磁計」による非侵襲的な腰部神経根・馬尾の機能障害部位診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 末梢神経刺激-脊髄誘発磁界測定を用いた完全に非侵襲的脊髄機能診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 脊髄疾患・心臓疾患発症リスク予測のための脊心磁計の研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ウエアラブル生体磁気センサに関する基礎技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshiaki Adachi , Shigenori Kawabata , Jun Hashimoto , Yoshinori Okada, Yoshihisa Naijo, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Gen Uehara. Multichannel SQUID Magnetoneurograph System for Functional Imaging of Spinal Cords and Peripheral Nerves IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY. 2021.08; 31 (5): ( DOI )

  • Masahiro Funaba, Tsukasa Kanchiku, Go Yoshida, Shiro Imagama, Shigenori Kawabata, Yasushi Fujiwara, Muneharu Ando, Kei Yamada, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hideki Shigematsu, Kazuyoshi Kobayashi, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Kei Ando, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Efficacy of Intraoperative Neuromonitoring Using Transcranial Motor-Evoked Potentials for Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multicenter Study by the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.07; ( PubMed, DOI )

  • Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hideki Shigematsu, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Sho Kobayashi, Hiroki Ushirozako, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Effects of Preoperative Motor Status on Intraoperative Motor-evoked Potential Monitoring for High-risk Spinal Surgery: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.06; 46 (12): E694-E700. ( PubMed, DOI )

  • Hiroki Ushirozako, Go Yoshida, Shiro Imagama, Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Efficacy of Transcranial Motor Evoked Potential Monitoring During Intra- and Extramedullary Spinal Cord Tumor Surgery: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Global Spine J. 2021.05; 21925682211011443. ( PubMed, DOI )

  • Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama, Shiro Imagama. Characteristics of Tc-MEP Waveforms in Spine Surgery for Patients with Severe Obesity. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Shigenori Kawabata. Visualization of electrophysiological activities of spinal cord using magnetospinography. 2014.11

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 川端茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位によるによる術中脊髄モニタリング. 第8回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2021.08.07 オンライン

  • Atsushi Miyaoka, Shigenori Kawabata, Jun Hashimoto, Yoshiaki Adachi, Hidekazu Yaginuma, Hiroshi Deguchi, Yoshihisa Naijo, Taishi Watanabe, Koki Ishida, Toshihiko Hosoya, Atsushi Okawa. Imaging spinal cord neuronal spikes in rodents by magnetoneurography. 第44回 日本神経科学大会 第1回 CJK国際会議 2021.07.28 神戸

  • 辰岡 鉄郎,川端 茂徳,橋本 淳,星野 優子,関原 謙介,澁谷 朝彦,足立 義昭,大川 淳. センサ可動型治具を用いた磁気抵抗効果(MR)素子による体性感覚誘発脳磁場(SEF)の 測定. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  • 久保田 知恵,上村 伸夫,笠松 幸香,東山 さとり,岸本 美保,来栖 宏二,川端 茂徳,荒船 龍彦. 保育業務の暗黙知言語化のための保育データベースシステムの開発. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  • 宮岡 敦史,川端 茂徳,橋本 淳,足立 善昭,柳沼 秀和,出口 浩司,内城 禎久,渡部 泰士,石田 洸樹,細谷 俊彦,大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 磁気計測装置

    特許番号: 特許第6602456号

  • 磁気計測装置

    特許番号: 17759677.2

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: 3383262

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: 10722701

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 10433758

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2019年9月15日 医理産業新聞 第1049号,2019年09月

    短信 金沢工業大学 (川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年9月18日 Japan Today,2019年09月

    health: New system visualizes function of spinal nerves(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年8月1日 日経BPBeyondHealth,2019年08月

    脊髄末梢の神経活動を可視化する脊磁計(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年8月4日 日本経済新聞 朝刊30面,2019年08月

    神経の状況表面から計測 医科歯科大などが装置開発(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月27日 読売新聞 夕刊5面,2019年07月

    脊髄の異常正確に特定 東京医科歯科大など 装置開発実用化へ 腰痛や神経難病診断に活用(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 生体磁気センサの共同研究について(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳) ,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年02月28日

  • 手足のしびれ(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),読売新聞東京本社,読売新聞,2018年12月19日

  • 脊磁計について(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),リコー,リコーWebサイト,2018年03月15日

  • 生体磁気センシングの未来,TDK,TDKWebサイト,2017年09月21日