基本情報

写真a

川端 茂德(カワバタ シゲノリ)

KAWABATA Shigenori


職名

教授

研究室住所

〒113-8519東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

脊椎外科(40)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  整形外科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 先端技術医療応用学講座 教授
  • 2011年06月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 講師
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 ジョイントリサーチ講座 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本脊椎脊髄病学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • 日本運動器疼痛学会

  • 日本生体磁気学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床神経生理学会 評議員
  • 日本運動器疼痛学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経科学一般

  • 生体医工学

  • 整形外科学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「脊磁計」による非侵襲的な腰部神経根・馬尾の機能障害部位診断法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 末梢神経刺激-脊髄誘発磁界測定を用いた完全に非侵襲的脊髄機能診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • ウエアラブル生体磁気センサに関する基礎技術の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 脊髄疾患・心臓疾患発症リスク予測のための脊心磁計の研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 生体磁場計測装置を用いた末梢神経活動電流の可視化

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Masahiro Funaba, Tsukasa Kanchiku, Kazuyoshi Kobayashi, Go Yoshida, Masaaki Machino, Kei Yamada, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Hiroki Ushirozako, Masahito Takahashi, Naoya Yamamoto, Shinji Morito, Shigenori Kawabata, Yasushi Fujiwara, Muneharu Ando, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Kanichiro Wada, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Tsunenori Takatani, Kei Ando, Yukihiro Matsuyama, Shiro Imagama. The Utility of Transcranial Stimulated Motor-evoked Potential Alerts in Cervical Spine Surgery Varies Based on Preoperative Motor Status. Spine (Phila Pa 1976). 2022.08; ( PubMed, DOI )

  2. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Jun Hashimoto, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Miho Akaza, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Taishi Watanabe, Shinji Sato, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Assessing carpal tunnel syndrome with magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2022.07; 139 1-8. ( PubMed, DOI )

  3. Go Yoshida, Hiroki Ushirozako, Masaaki Machino, Hideki Shigematsu, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Hiroshi Iwasaki, Muneharu Ando, Shinichirou Taniguchi, Tsunenori Takatani, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Kenta Kurosu, Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Katsushi Takeshita, Yukihiro Matsuyama, Shiro Imagama. Transcranial Motor-evoked Potentials for Intraoperative Nerve Root Monitoring during Adult Spinal Deformity Surgery: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2022.07; ( PubMed, DOI )

  4. Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Toru Sasaki, Jun Hashimoto, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa. Magnetoneurography as a novel functional imaging technique for the ulnar nerve at the elbow. Clin Neurophysiol. 2022.06; 138 153-162. ( PubMed, DOI )

  5. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masanao Sasaki, Yu Matsukura, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Akihiro Hirakawa, Atsushi Okawa. Comparison of decompression, decompression plus fusion, and decompression plus stabilization: a long-term follow-up of a prospective, randomized study. Spine J. 2022.05; 22 (5): 747-755. ( PubMed, DOI )

  6. Takuya Takahashi, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Yu Matsukura, Shingo Morishita, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Atsuyuki Kawabata, Jun Hashimoto, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Motonori Hashimoto, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Risk factors for recurrence and regrowth of spinal schwannoma. J Orthop Sci. 2022.04; (22): 00069-0. ( PubMed, DOI )

  7. Hideki Shigematsu, Muneharu Ando, Kazuyoshi Kobayashi, Go Yoshida, Masahiro Funaba, Shinji Morito, Masahito Takahashi, Hiroki Ushirozako, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Toshikazu Tani, Kei Ando, Masaaki Machino, Tsunenori Takatani, Yukihiro Matsuyama, Shiro Imagama. Efficacy of D-Wave Monitoring Combined With the Transcranial Motor-Evoked Potentials in High-Risk Spinal Surgery: A Retrospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Global Spine J. 2022.03; 21925682221084649. ( PubMed, DOI )

  8. Jun Hashimoto, Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Shinji Sato, Sukchan Kim, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Assessment of thoracic spinal cord electrophysiological activity through magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2022.01; 133 39-47. ( PubMed, DOI )

  9. Ryohei Takada, Tetsuya Jinno, Kazumasa Miyatake, Masanobu Hirao, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Does surgical body position influence the risk for neurovascular injury in total hip arthroplasty? A magnetic resonance imaging study. Orthop Traumatol Surg Res. 2021.12; 102817. ( PubMed, DOI )

  10. Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Kei Ando, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Nobunori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Characteristics of Cases with Poor Transcranial Motor-evoked Potentials Baseline Waveform Derivation in Spine Surgery: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.11; 46 (22): E1211-E1219. ( PubMed, DOI )

  11. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Yu Matsukura, Shuta Ushio, Shingo Morishita, Satoru Egawa, Hiroaki Onuma, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Tomoyuki Tanaka, Takayuki Motoyoshi, Takuya Takahashi, Motonori Hashimoto, Kentaro Sakaeda, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy with Fusion versus Anterior Hybrid Fusion Surgery for Patients with Severe Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament Involving Three or More Levels: A Retrospective Comparative Study. J Clin Med. 2021.11; 10 (22): 5315. ( PubMed, DOI )

  12. Masahito Takahashi, Shiro Imagama, Kazuyoshi Kobayashi, Kei Yamada, Go Yoshida, Naoya Yamamoto, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Kanichiro Wada, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Hiroki Ushirozako, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Kei Ando, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Validity of the Alarm Point in Intraoperative Neurophysiological Monitoring of the Spinal Cord by the Monitoring Working Group of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research: A Prospective Multicenter Cohort Study of 1934 Cases. Spine (Phila Pa 1976). 2021.10; 46 (20): E1069-E1076. ( PubMed, DOI )

  13. Go Yoshida, Hiroki Ushirozako, Shiro Imagama, Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Tsunenori Takatani, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Transcranial Motor-evoked Potential Alert after Supine-to-Prone Position Change during Thoracic Ossification in Posterior Longitudinal Ligament Surgery: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.10; ( PubMed, DOI )

  14. Yoshiaki Adachi , Shigenori Kawabata , Jun Hashimoto , Yoshinori Okada, Yoshihisa Naijo, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Gen Uehara. Multichannel SQUID Magnetoneurograph System for Functional Imaging of Spinal Cords and Peripheral Nerves IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY. 2021.08; 31 (5): ( DOI )

  15. Masahiro Funaba, Tsukasa Kanchiku, Go Yoshida, Shiro Imagama, Shigenori Kawabata, Yasushi Fujiwara, Muneharu Ando, Kei Yamada, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hideki Shigematsu, Kazuyoshi Kobayashi, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Kei Ando, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Efficacy of Intraoperative Neuromonitoring Using Transcranial Motor-Evoked Potentials for Degenerative Cervical Myelopathy: A Prospective Multicenter Study by the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.07; ( PubMed, DOI )

  16. Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hideki Shigematsu, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Sho Kobayashi, Hiroki Ushirozako, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Effects of Preoperative Motor Status on Intraoperative Motor-evoked Potential Monitoring for High-risk Spinal Surgery: A Prospective Multicenter Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.06; 46 (12): E694-E700. ( PubMed, DOI )

  17. Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama, Shiro Imagama. Characteristics of Tc-MEP Waveforms in Spine Surgery for Patients with Severe Obesity. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; ( PubMed, DOI )

  18. Hiroki Ushirozako, Go Yoshida, Shiro Imagama, Kazuyoshi Kobayashi, Kei Ando, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Efficacy of Transcranial Motor Evoked Potential Monitoring During Intra- and Extramedullary Spinal Cord Tumor Surgery: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Global Spine J. 2021.05; 21925682211011443. ( PubMed, DOI )

  19. Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Kei Ando, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Hideki Shigematsu, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Jun Hashimoto, Shinji Morito, Tsunenori Takatani, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Characteristics of Tc-MEP Waveforms for Different Locations of Intradural Extramedullary Tumors: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.05; ( PubMed, DOI )

  20. Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Go Yoshida, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hideki Shigematsu, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Efficacy of Intraoperative Intervention Following Transcranial Motor-evoked Potentials Alert During Posterior Decompression and Fusion Surgery for Thoracic Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament: A Prospective Multicenter Study of the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Spine (Phila Pa 1976). 2021.02; 46 (4): 268-276. ( PubMed, DOI )

  21. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Miyano, Taishi Watanabe, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Yuki Sumi, Takanori Yokota. Noninvasive measurement of sensory action currents in the cervical cord by magnetospinography. Clin Neurophysiol. 2020.12; 132 (2): 382-391. ( PubMed, DOI )

  22. Hiroaki Onuma, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factors for delirium in patients aged ≥75 years undergoing spinal surgery: a retrospective study. J Int Med Res. 2020.10; 48 (10): 300060520961212. ( PubMed, DOI )

  23. Yuki Miyano, Shigenori Kawabata, Miho Akaza, Kensuke Sekihara, Yuko Hoshino, Toru Sasaki, Taishi Watanabe, SukChan Kim, Shinji Sato, Yuki Mitani, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of electrical activity in the cervical spinal cord and nerve roots after ulnar nerve stimulation using magnetospinography. Clin Neurophysiol. 2020.10; 131 (10): 2460-2468. ( PubMed, DOI )

  24. Hideki Shigematsu, Go Yoshida, Kazuyoshi Kobayashi, Shiro Imagama, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Shinichirou Taniguchi, Hiroshi Iwasaki, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Masahiro Funaba, Akimasa Yasuda, Hiroki Ushirozako, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Understanding the effect of non-surgical factors in a transcranial motor-evoked potential alert: A retrospective cohort study. J Orthop Sci. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  25. Toshitaka Yoshii, Shoji Tomizawa, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Surgical Outcomes in Selective Laminectomy and Conventional Double-Door Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy. Orthopedics. 2020.07; 43 (4): e311-e315. ( PubMed, DOI )

  26. Kyohei Sakaki, Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Senichi Ishii, Masaki Tomori, Shoji Tomizawa, Mitsuhiro Enomoto, Atsushi Okawa. Evaluation of neural activity by magnetospinography with 3D sensors. Clin Neurophysiol. 2020.06; 131 (6): 1252-1266. ( PubMed, DOI )

  27. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Taishi Watanabe, Shinji Sato, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area using magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2020.04; 131 (4): 951-957. ( PubMed, DOI )

  28. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Satoru Egawa, Kenichiro Sakai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Tsuyoshi Kato, Yoshiyasu Arai, Shigenori Kawabata, Shigeo Shindo, Osamu Nakai, Atsushi Okawa. Increased Height of Fused Segments Contributes to Early-Phase Strut Subsidence after Anterior Cervical Corpectomy with Fusion for Multilevel Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Spine Surg Relat Res. 2020.03; 4 (4): 294-299. ( PubMed, DOI )

  29. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Shuta Ushio, Hiroaki Onuma, Keigo Hirai, Yutaka Kobayashi, Kurando Utagawa, Jun Hashimoto, Atsuyuki Kawabata, Kenichiro Sakai, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Is Modified K-line a Powerful Tool of Surgical Decision Making for Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy? Clin Spine Surg. 2019.11; 32 (9): 351-356. ( PubMed, DOI )

  30. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Shuta Ushio, Toru Sasaki, Yuki Miyano, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Novel functional imaging technique for the brachial plexus based on magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2019.11; 130 (11): 2114-2123. ( PubMed, DOI )

  31. Go Yoshida, Shiro Imagama, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Hiroki Ushirozako, Kazuyoshi Kobayashi, Akimasa Yasuda, Muneharu Ando, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Adverse Events Related to Transcranial Electric Stimulation for Motor-evoked Potential Monitoring in High-risk Spinal Surgery. Spine. 2019.10; 44 (20): 1435-1440. ( PubMed, DOI )

  32. Yoshiaki Adachi,Daisuke Oyama, Yasushi Terazono, Tetsuo Hayashi, Tomohiko Shibuya, Shigenori Kawabata. Calibration of Room Temperature Magnetic Sensor Array for Biomagnetic Measurement IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS. 2019.07; 55 (7): ( DOI )

  33. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Shoji Tomizawa, Kyohei Sakaki, Takashi Hirai, Masato Yuasa, Hiroyuki Inose, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical Spinal Cord Injury Associated With Neck Flexion in Posterior Cervical Decompression. Clin Spine Surg. 2019.06; 32 (5): E221-E227. ( PubMed, DOI )

  34. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masahito Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative Risk Factors for Adjacent Segment Degeneration after Two-Level Floating Posterior Fusion at L3-L5. Spine Surg Relat Res. 2019.04; 4 (1): 43-49. ( PubMed, DOI )

  35. Go Yoshida, Muneharu Ando, Shiro Imagama, Shigenori Kawabata, Kei Yamada, Tsukasa Kanchiku, Yasushi Fujiwara, Nobuaki Tadokoro, Masahito Takahashi, Kanichiro Wada, Naoya Yamamoto, Sho Kobayashi, Hiroki Ushirozako, Kazuyoshi Kobayashi, Akimasa Yasuda, Toshikazu Tani, Yukihiro Matsuyama. Alert Timing and Corresponding Intervention With Intraoperative Spinal Cord Monitoring for High-Risk Spinal Surgery. Spine. 2019.04; 44 (8): E470-E479. ( PubMed, DOI )

  36. Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Satoshi Sumiya, Dai Ukegawa, Kyohei Sakaki, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Atsushi Okawa. Visualization of the electrical activity of the cauda equina using a magnetospinography system in healthy subjects. Clin Neurophysiol. 2019.01; 130 (1): 1-11. ( PubMed, DOI )

  37. Yasuhiro Shirai, Kenzo Hirao, Tomohiko Shibuya, Shuichi Okawa, Yuki Hasegawa, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shigenori Kawabata. Magnetocardiography Using a Magnetoresistive Sensor Array. Int Heart J. 2019.01; 60 (1): 50-54. ( PubMed, DOI )

  38. Hiroaki Onuma, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical and radiologic outcomes of bone grafted and non-bone grafted double-door laminoplasty, the modified Kirita-Miyazaki method, for treatment of cervical spondylotic myelopathy: Five-year follow-up. J Orthop Sci. 2018.11; 23 (6): 923-928. ( PubMed, DOI )

  39. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Masato Yuasa, Tsuyoshi Yamada, Hidetsugu Maehara, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Comparison of Decompression, Decompression Plus Fusion, and Decompression Plus Stabilization for Degenerative Spondylolisthesis: A Prospective, Randomized Study. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E347-E352. ( PubMed, DOI )

  40. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Kenichiro Sakai, Shuta Ushio, Satoru Egawa, Masato Yuasa, Tsuyoshi Kato, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. A Prospective Comparative Study in Skin Antiseptic Solutions for Posterior Spine Surgeries: Chlorhexidine-Gluconate Ethanol Versus Povidone-Iodine. Clin Spine Surg. 2018.08; 31 (7): E353-E356. ( PubMed, DOI )

  41. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Yamada, Mitsuhiro Enomoto, Atsushi Okawa. A multi-train electrical stimulation protocol facilitates transcranial electrical motor evoked potentials and increases induction rate and reproducibility even in patients with preoperative neurological deficits. J Clin Monit Comput. 2018.06; 32 (3): 549-558. ( PubMed, DOI )

  42. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Koji Fujita, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. T112. Visualization of electrical activities in the carpal tunnel area by magnetoneurography of median nerve Clinical Neurophysiology. 2018.05; 129 e45-e46.

  43. Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Yamamoto Naoki, Hirai Takashi, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Clinical Outcomes of Cervical Spinal Surgery for Cervical Myelopathic Patients With Coexisting Lumbar Spinal Canal Stenosis (Tandem Spinal Stenosis): A Retrospective Analysis of 297 Cases. Spine (Phila Pa 1976). 2018.02; 43 (4): E234-E241. ( PubMed, DOI )

  44. Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Inose Hiroyuki, Yamada Tsuyoshi, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Arai Yoshiyasu, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Long-term results of a prospective study of anterior decompression with fusion and posterior decompression with laminoplasty for treatment of cervical spondylotic myelopathy. J Orthop Sci. 2018.01; 23 (1): 32-38. ( PubMed, DOI )

  45. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Mieradili Mulati, Takashi Hirai, Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Bone Turnover Markers as a New Predicting Factor for Nonunion After Spinal Fusion Surgery. Spine. 2018.01; 43 (1): E29-E34. ( PubMed, DOI )

  46. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shoji Tomizawa, Masaki Tomori, Senichi Ishii, Kyohei Sakaki, Dai Ukegawa, Shuta Ushio, Taishi Watanabe, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the cervical spinal cord. Sci Rep. 2017.05; 7 (1): 2192. ( PubMed, DOI )

  47. Y. Adachi, J. Kawai, Y. Haruta, M. Miyamoto, S. Kawabata, K. Sekihara, G. Uehara. Recent advancements in the SQUID magnetospingram system, Supercond Sci Tech. 2017.03; Vol30 63001.

  48. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Kenichiro Sakai, Shinichi Sotome, Mitsuhiro Enomoto, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Anterior Cervical Corpectomy and Fusion Using a Synthetic Hydroxyapatite Graft for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. Orthopedics. 2017.03; 40 (2): e334-e339. ( PubMed, DOI )

  49. Atsuyuki Kawabata, Hiroyuki Inose, Dai Ukegawa, Shigenori Kawabata, Tsuyoshi Yamada, Atsushi Okawa. A foreign body granuloma after the usage of polyglycolic acid mesh and fibrin glue for dural repair. A case report. J Orthop Sci. 2017.03; 22 (2): 371-374. ( PubMed, DOI )

  50. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Mitsuhiro Enomoto, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression with floating method for massive ossification of the posterior longitudinal ligament. J Orthop Surg Res. 2017.01; 12 (1): 12. ( PubMed, DOI )

  51. Toshitaka Yoshii, Kenichiro Sakai, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Mitsuhiro Enomoto, Shoji Tomizawa, Shigenori Kawabata, Yoshiyasu Arai, Atsushi Okawa. Anterior decompression with fusion versus posterior decompression with fusion for massive cervical ossification of the posterior longitudinal ligament with a ≥50% canal occupying ratio: a multicenter retrospective study. Spine J. 2016.11; 16 (11): 1351-1357. ( PubMed, DOI )

  52. Zenya Ito, Yukihiro Matsuyama, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Tsukasa Kanchiku, Kazunobu Kida, Yasushi Fujiwara, Kei Yamada, Naoya Yamamoto, Sho Kobayashi, Takanori Saito, Kanichiro Wada, Nobuaki Tadokoro, Masato Takahashi, Kazuhiko Satomi, Kenichi Shinomiya, Toshikazu Tani. Postoperative Paralysis From Thoracic Ossification of Posterior Longitudinal Ligament Surgery Risk Factor of Neurologic Injury: Nationwide Multiinstitution Survey. Spine. 2016.10; 41 (19): E1159-E1163. ( PubMed, DOI )

  53. Tsuyoshi Yamada, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Clinical Outcomes of Spinal Surgery for Patients Undergoing Hemodialysis. Orthopedics. 2016.09; 39 (5): e863-e868. ( PubMed, DOI )

  54. Kensuke Sekihara, Yuya Kawabata, Shuta Ushio, Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Yoshiaki Adachi, Srikantan S Nagarajan. Dual signal subspace projection (DSSP): a novel algorithm for removing large interference in biomagnetic measurements. J Neural Eng. 2016.06; 13 (3): 036007. ( PubMed, DOI )

  55. Zenya Ito, Yukihiro Matsuyama, Muneharu Ando, Shigenori Kawabata, Tsukasa Kanchiku, Kazunobu Kida, Yasushi Fujiwara, Kei Yamada, Naoya Yamamoto, Sho Kobayashi, Takanori Saito, Kanichiro Wada, Kazuhiko Satomi, Kenichi Shinomiya, Toshikazu Tani. What Is the Best Multimodality Combination for Intraoperative Spinal Cord Monitoring of Motor Function? A Multicenter Study by the Monitoring Committee of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. Global Spine J. 2016.05; 6 (3): 234-241. ( PubMed, DOI )

  56. Yoshii Toshitaka, Hirai Takashi, Yamada Tsuyoshi, Sumiya Satoshi, Mastumoto Renpei, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Lumbosacral pedicle screw placement using a fluoroscopic pedicle axis view and a cannulated tapping device. J Orthop Surg Res. 2015; 10 79. ( PubMed, DOI )

  57. Taniyama Takashi, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Yasuda Hiroaki, Saito Masanori, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Modified K-line in magnetic resonance imaging predicts clinical outcome in patients with nonlordotic alignment after laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.10; 39 (21): E1261-E1268. ( PubMed, DOI )

  58. Nakajima Masahiro, Takahashi Atsushi, Tsuji Takashi, Karasugi Tatsuki, Baba Hisatoshi, Uchida Kenzo, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi, Shindo Shigeo, Takeuchi Kazuhiro, Taniguchi Yuki, Maeda Shingo, Kashii Masafumi, Seichi Atsushi, Nakajima Hideaki, Kawaguchi Yoshiharu, Fujibayashi Shunsuke, Takahata Masahiko, Tanaka Toshihiro, Watanabe Kei, Kida Kazunobu, Kanchiku Tsukasa, Ito Zenya, Mori Kanji, Kaito Takashi, Kobayashi Sho, Yamada Kei, Takahashi Masahito, Chiba Kazuhiro, Matsumoto Morio, Furukawa Ken-Ichi, Kubo Michiaki, Toyama Yoshiaki, Ikegawa Shiro, Genetic Study Group of Investigation Committee on Ossification of the Spinal Ligaments. A genome-wide association study identifies susceptibility loci for ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. Nat Genet. 2014.09; 46 (9): 1012-1016. ( PubMed, DOI )

  59. Araya Naoko, Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Saito Masanori, Sumiya Satoshi, Yamada Tsuyoshi, Yoshii Toshitaka, Kawabata Shigenori, Okawa Atsushi. Spinal deformity caused by hyperimmunoglobulin E syndrome: clinical article. J Neurosurg Spine. 2014.08; 21 (2): 292-295. ( PubMed, DOI )

  60. Arai Yoshiyasu, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Sakai Kenichiro, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Matsumoto Renpei, Yamada Tsuyoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. A prospective comparative study of 2 minimally invasive decompression procedures for lumbar spinal canal stenosis: unilateral laminotomy for bilateral decompression (ULBD) versus muscle-preserving interlaminar decompression (MILD). Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39 (4): 332-340. ( PubMed, DOI )

  61. Ukegawa Dai, Kawabata Shigenori, Sakaki Kyohei, Ishii Senichi, Tomizawa Shoji, Inose Hiroyuki, Yoshii Toshitaka, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Okawa Atsushi. Efficacy of biphasic transcranial electric stimulation in intraoperative motor evoked potential monitoring for cervical compression myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2014.02; 39 (3): E159-E165. ( PubMed, DOI )

  62. Kobayashi Sho, Matsuyama Yukihiro, Shinomiya Kenichi, Kawabata Shigenori, Ando Muneharu, Kanchiku Tsukasa, Saito Takanori, Takahashi Masahito, Ito Zenya, Muramoto Akio, Fujiwara Yasushi, Kida Kazunobu, Yamada Kei, Wada Kanichiro, Yamamoto Naoya, Satomi Kazuhiko, Tani Toshikazu. A new alarm point of transcranial electrical stimulation motor evoked potentials for intraoperative spinal cord monitoring: a prospective multicenter study from the Spinal Cord Monitoring Working Group of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research. J Neurosurg Spine. 2014.01; 20 (1): 102-107. ( PubMed, DOI )

  63. Yoshii Toshitaka, Yamada Tsuyoshi, Hirai Takashi, Taniyama Takashi, Kato Tsuyoshi, Enomoto Mitsuhiro, Inose Hiroyuki, Sumiya Satoshi, Kawabata Shigenori, Shinomiya Kenichi, Okawa Atsushi. Dynamic changes in spinal cord compression by cervical ossification of the posterior longitudinal ligament evaluated by kinematic computed tomography myelography. Spine (Phila Pa 1976). 2014.01; 39 (2): 113-119. ( PubMed, DOI )

  64. Sasaki Ken, Inose Hiroyuki, Kawabata Shigenori, Yoshii Toshitaka, Kato Tsuyoshi, Saito Masanori, Okawa Atsushi. Combined surgical and radiosurgical treatment for a symptomatic cervical metastasis in a case of malignant paraganglioma: a case report. BMC Res Notes. 2013; 6 494. ( PubMed, DOI )

  65. 重松 英樹, 吉田 剛, 今釜 史郎, 小林 和克, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 山田 圭, 寒竹 司, 藤原 靖, 谷口 愼一郎, 岩崎 博, 田所 伸朗, 高橋 雅人, 和田 簡一郎, 山本 直也, 舩場 真裕, 安田 明正, 松山 幸弘, 後迫 宏紀, 谷 俊一. 経頭蓋刺激筋誘発電位の波形低下における非手術関連因子の影響について 脊椎脊髄病学会モニタリング委員多施設データより 脊髄機能診断学. 2022.01; 42 (1): 53-56.

  66. 上中 沙衿, 赤座 実穂, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐々木 亨, 叶内 匡, 足立 善昭, 関原 謙介, 角 勇樹, 大川 淳, 横田 隆徳. 超音波検査と誘発磁界計測による正中神経前腕部神経活動評価 脊髄機能診断学. 2022.01; 42 (1): 30-33.

  67. 水口 隆介, 赤座 実穂, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐々木 亨, 叶内 匡, 足立 善昭, 関原 謙介, 角 勇樹, 大川 淳, 横田 隆徳. 磁場計測と神経超音波検査を組み合わせた正中神経肘部神経活動評価 脊髄機能診断学. 2022.01; 42 (1): 34-37.

  68. 小林 和克, 佐藤 公治, 今釜 史郎, 安藤 圭, 吉田 剛, 川端 茂徳, 寒竹 司, 田所 伸朗, 山田 圭, 高橋 雅人, 谷口 愼一郎, 山本 直也, 和田 簡一郎, 藤原 靖, 舩場 真裕, 重松 英樹, 岩崎 博, 橋本 淳, 後迫 宏紀, 森戸 伸治, 安田 明正, 高谷 恒範, 安藤 宗治, 松山 幸弘. 脊髄モニタリングにおける手術開始時下肢全筋波形導出不良例の検討 日本脊椎脊髄病学会多施設データより 脊髄機能診断学. 2022.01; 42 (1): 48-52. ( 医中誌 )

  69. 安藤 宗治, 川端 茂徳. 【新しい脊髄・神経機能診断】特集にあたって 臨床神経生理学. 2021.12; 49 (6): 481.

  70. 橋本 淳, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 足立 善昭, 大川 淳. 【新しい脊髄・神経機能診断】神経磁界計測による胸髄・馬尾神経・神経根の電気活動の非侵襲的機能評価 臨床神経生理学. 2021.12; 49 (6): 496-502.

  71. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 橋本 淳, 足立 善昭, 大川 淳. 【新しい脊髄・神経機能診断】上肢末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化 臨床神経生理学. 2021.12; 49 (6): 503-509.

  72. 辰岡 鉄郎, 川端 茂徳, 橋本 淳, 星野 優子, 関原 謙介, 澁谷 朝彦, 足立 義昭, 大川 淳. センサ可動型治具を用いた磁気抵抗効果(MR)素子による体性感覚誘発脳磁場(SEF)の測定 生体医工学. 2021.10; Annual59 (Abstract): 346.

  73. 宮岡 敦史, 川端 茂徳, 橋本 淳, 足立 善昭, 柳沼 秀和, 出口 浩司, 内城 禎久, 渡部 泰士, 石田 洸樹, 細谷 俊彦, 大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化 生体医工学. 2021.10; Annual59 (Abstract): 558.

  74. 石田 洸樹, 渡部 泰士, 川端 茂徳, 橋本 淳, 大川 淳 . 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経機能評価 生体医工学. 2021.10; Annual59 (Abstract): 451.

  75. 久保田 知恵, 上村 伸夫, 笠松 幸香, 東山 さとり, 岸本 美保, 来栖 宏二, 川端 茂徳, 荒船 龍彦. 保育業務の暗黙知言語化のための保育データベースシステムの開発 生体医工学. 2021.10; Annual59 (Abstract): 565.

  76. 橋本 淳, 川端 茂徳, 大川 淳. Vocabulary 神経磁界計測 整形外科. 2021.09; 72 (10): 1080. ( 医中誌 )

  77. 川端 茂徳, 足立 善昭. SQUIDを用いた脊髄・末梢神経磁界計測システムの医療応用 低温工学. 2021.03; 56 (2): 82-86. ( DOI )

  78. 高橋 雅人, 吉田 剛, 安藤 宗治, 山本 直也, 川端 茂徳, 山田 圭, 今釜 史郎, 寒竹 司, 藤原 靖, 和田 簡一郎, 田所 伸朗, 小林 和克, 舩場 真裕, 谷口 愼一郎, 岩崎 博, 重松 英樹, 安田 明正, 後迫 宏紀, 谷 俊一, 松山 幸弘, 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ. 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループが策定した術中脊髄モニタリングアラームポイントの基準妥当性 多施設共同前向き研究 脊髄機能診断学. 2021.03; 41 (1):

  79. 金 碩燦, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測装置を用いた坐骨神経刺激後の腰部神経活動の評価 脊髄機能診断学. 2021.03; 41 (1): 25-28.

  80. 橋本 淳, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による健常者胸髄活動の可視化 脊髄機能診断学. 2021.03; 41 (1): 29-33.

  81. 川端 茂徳, 橋本 淳, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による脊髄・脊髄神経機能診断 ペインクリニック. 2021.02; 42 (2): 249-253. ( 医中誌 )

  82. 石田 洸樹, 渡部 泰士, 川端 茂徳, 橋本 淳, 大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経機能評価 日本生体磁気学会誌. 2021; 34 (1): 164-166. ( 医中誌 )

  83. 宮岡 敦史, 川端 茂徳, 橋本 淳, 足立 善昭, 柳沼 秀和, 出口 浩司, 内城 禎久, 渡部 泰士, 石田 洸樹, 細谷 俊彦, 大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化 日本生体磁気学会誌. 2021; 34 (1): 203-205. ( 医中誌 )

  84. 大和田 舜, 久保田 知恵, 上村 伸夫, 森本 幸香, 東山 さとり, 来栖 宏二, 川端 茂徳, 荒船 龍彦. SIDS予防のためのリアルタイム乳幼児呼吸動態解析システムの検討 生体医工学. 2020.08; Annual58 (Abstract): 312. ( DOI )

  85. 川端茂徳,佐々木亨, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭, 大川淳. 新しい医療技術 脊磁図・末梢神経磁図による神経機能診断 整形・災害外科. 2020.06; 63 (7): 951-956. ( DOI 医中誌 )

  86. 佐々木 亨,川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 腰部神経根障害の脊磁計による評価 脊髄機能診断学. 2020.02; 40 (1): 25-32. ( 医中誌 )

  87. 長谷川 由貴,川端 茂徳, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた尺骨神経刺激後の頸部神経活動の可視化 脊髄機能診断学. 2020.02; 40 (1): 19-24. ( 医中誌 )

  88. 川端 茂徳, 渡部 泰士, 足立 善昭. 検査からみる神経疾患 脊磁図による脊髄・脊髄神経機能診断 Clinical Neuroscience. 2019.10; 37 (10): 1260-1261. ( 医中誌 )

  89. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前・術中危険因子の検討 Journal of Spine Research. 2019.09; 10 (9): 1252-1256. ( 医中誌 )

  90. 高田 真弘, 木下 彰, 川端 茂徳. CNNを用いた単純X線画像における腰椎椎体部の検出およびラベリング MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY. 2019.09; 37 (4): 194-203. ( DOI 医中誌 )

  91. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 新しい画像・機能診断 生体磁界計測による神経活動イメージング 別冊整形外科. 2019.04; (75): 53-58. ( 医中誌 )

  92. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【整形外科診療における最先端技術】診断、評価 新しい画像・機能診断 生体磁界計測による神経活動イメージング 2019.04; (75): 53-5358. ( DOI 医中誌 )

  93. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 【しびれ・痛みに対する整形外科診療の進歩】 疾患・病態別の診断・治療 診断法 神経磁界計測による脊髄から末梢神経までの機能診断 別冊整形外科. 2018.10; (74): 206-211. ( 医中誌 )

  94. 高田 真弘, 木下 彰, 川端 茂徳. CNNを用いた単純X線画像における腰椎椎体部の検出およびラベリング 日本医用画像工学会大会予稿集. 2018.07; 37回 81-89. ( 医中誌 )

  95. 伊藤 全哉, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 寒竹 司, 田所 伸朗, 小林 祥, 藤原 靖, 山田 圭, 山本 直也, 和田 簡一郎, 高橋 雅人, 谷 俊一. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】手術的治療の研究 脊柱靱帯骨化症の術中モニタリングに関する多施設前向き研究 整形外科. 2018.05; 69 (6): 572-575. ( 医中誌 )

  96. 伊藤 全哉, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 寒竹 司, 田所 伸朗, 小林 祥, 藤原 靖, 山田 圭, 山本 直也, 高橋 雅人, 和田 簡一郎, 谷 俊一. 胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)手術におけるBr-MEPのアラームポイント 8年後越しの検討 Journal of Spine Research. 2018.01; 9 (1): 9-14. ( 医中誌 )

  97. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 【高齢者(75歳以上)の運動器変性疾患に対する治療】 脊椎の変性疾患に対する高齢者治療 頸椎変性疾患 高齢者頸髄症に対する頸椎前方手術の成績 別冊整形外科. 2017.10; (72): 85-87. ( 医中誌 )

  98. 川端 茂徳. 【C5麻痺の今】 C5麻痺の診断と予測 術中脊髄モニタリング 脊椎脊髄ジャーナル. 2017.03; 30 (3): 195-198. ( 医中誌 )

  99. 川端 茂徳. 【脊椎・脊髄外傷診療の最前線】 脊椎・脊髄外傷の診断・評価 脊磁図による脊髄電気生理診断 整形外科. 2016.07; 67 (8): 730-735. ( 医中誌 )

  100. 小林 祥, 松山 幸弘, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 寒竹 司, 高橋 雅人, 伊藤 全哉, 藤原 靖, 田所 伸朗, 和田 簡一郎, 山田 圭, 山本 直也, 谷 俊一. 【「術中脳脊髄モニタリングの現状と問題点」整形外科における脊髄モニタリングの最近の動向】 日本脊椎脊髄病学会術中脊髄モニタリングワーキンググループの過去8年にわたる多施設研究成果 臨床神経生理学. 2016.06; 44 (3): 116-119. ( 医中誌 )

  101. 川端 茂徳, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. 【「術中脳脊髄モニタリングの現状と問題点」整形外科における脊髄モニタリングの最近の動向】 経頭蓋刺激筋誘発電位、経頭蓋刺激脊髄誘発電位、spontaneous EMGによる術中脊髄モニタリング 臨床神経生理学. 2016.06; 44 (3): 138-142. ( 医中誌 )

  102. 山田 圭, 松山 幸弘, 小林 祥, 長濱 賢, 和田 簡一郎, 田所 伸朗, 村本 明生, 寒竹 司, 岩崎 博, 関 庄二, 平尾 雄二郎, 溝田 敦子, 安藤 宗治, 山本 直也, 角谷 智, 大田 亮, 伊藤 全哉, 藤原 靖, 木田 和伸, 高橋 雅人, 川端 茂徳, 齋藤 貴徳, 谷 俊一, 里見 和彦, 四宮 謙一. 脊柱変形の病態別に見た脊椎矯正手術におけるアラームポイントの検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究 Journal of Spine Research. 2016.05; 7 (5): 901-907. ( 医中誌 )

  103. 小林 祥, 松山 幸弘, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 寒竹 司, 高橋 雅人, 伊藤 全哉, 藤原 靖, 田所 伸朗, 和田 簡一郎, 山田 圭, 山本 直也, 木田 和伸, 谷 俊一. ハイリスク脊椎手術における術中脊髄モニタリング 脊椎脊髄病学会モニタリング委員会によるBr(E)-MsEP多施設研究 Journal of Spine Research. 2016.05; 7 (5): 897-900. ( 医中誌 )

  104. 川端 茂徳. 整形外科手術における脊髄・末梢神経モニタリング 東京都医学検査. 2016.03; 44 (1): 29-32. ( 医中誌 )

  105. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する術式選択 前方法、後方法の比較 Journal of Spine Research. 2016.01; 7 (1): 20-24. ( 医中誌 )

  106. 伊藤 全哉, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 寒竹 司, 木田 和伸, 小林 祥, 齋藤 貴徳, 田所 伸朗, 藤原 靖, 山田 圭, 山本 直也, 和田 簡一郎, 谷 俊一. 胸椎OPLL手術において術後麻痺を防ぐには? 麻痺を呈する要因 全国多施設研究 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 126-132. ( 医中誌 )

  107. 藤原 靖, 松山 幸弘, 小林 祥, 伊藤 全哉, 山田 圭, 齋藤 貴徳, 川端 茂徳, 木田 和伸, 寒竹 司, 和田 簡一郎, 安藤 宗治, 山本 直也, 高橋 雅人, 四宮 謙一, 里見 和彦, 谷 俊一, 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ. 経頭蓋刺激筋誘発電位術中脊髄モニタリングを用いた脊髄髄内腫瘍摘出術の手術戦略 日本脊椎脊髄病学会多施設共同前向き研究 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 164-171. ( 医中誌 )

  108. 小林 祥, 松山 幸弘, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 寒竹 司, 高橋 雅人, 伊藤 全哉, 藤原 靖, 田所 伸朗, 和田 簡一郎, 山田 圭, 山本 直也, 木田 和伸, 谷 俊一. 高リスク脊椎手術におけるBr(E)-MsEP解析 脊椎脊髄病学会モニタリング委員会による多施設研究 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 172-176. ( 医中誌 )

  109. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度train刺激による波形増幅効果の検証 脊髄機能診断学. 2016.01; 36 (1): 88-93. ( 医中誌 )

  110. 兵藤 彰信, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 胸髄部自己免疫性肥厚性硬膜炎の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.12; 26 (4): 444-447. ( 医中誌 )

  111. 小谷野 岳, 神野 哲也, 古賀 大介, 川端 茂徳, 大川 淳. 整形外科でのITの活用(第9回) 教育・研究編 iPadを用いた整形外科専門医試験学習法 関節外科. 2014.09; 33 (9): 992-994. ( 医中誌 )

  112. 川端 茂徳, 大川 淳. 【整形外科イメージングの進歩】 (Part1)脊髄・神経根・末梢神経 脊磁図(MagnetoSpinoGraphy)による脊髄機能診断 Bone Joint Nerve. 2014.04; 4 (2): 253-258. ( 医中誌 )

  113. 富澤 將司, 川端 茂徳. 【術中モニタリング-症例から学ぶ検査技師の役割-】 症例から学ぶ術中モニタリングの実際 整形外科領域 術中脊髄モニタリングの実際 Medical Technology. 2013.10; 41 (10): 1071-1079. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Shigenori Kawabata. Visualization of electrophysiological activities of spinal cord using magnetospinography. 2014.11

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Atsushi Miyaoka, Shigenori Kawabata, Jun Hashimoto, Yoshiaki Adachi, Hidekazu Yaginuma, Hiroshi Deguchi, Yoshihisa Naijo, Taishi Watanabe, Koki Ishida, Toshihiko Hosoya, Atsushi Okawa. Imaging spinal cord neuronal spikes in rodents by magnetoneurography. The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society・The 1st CJK International Meeting 2021.07.28 Kobe

  2. Yoshiaki Adachi,Shigenori Kawabata. Magnetospinography visualizes electic activities of spinal cords and peripheral nerves. Workshop on Australasian Magnetoencephalography (WAM2019) 2019.12.10 Sydney

  3. Yoshiaki Adachi,Shigenori Kawabata. Detection of Biomagnetic Signals from Magnetic Sources Adjacent to Flux Sensors. International Workshop on Magnetic Biosensing (IWMBS2019) 2019.11.29 Taipei

  4. Jun Hashimoto,Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Shinji Sato, Yuki Mitani, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Magnetospinography is a noninvasive and useful modality to visualize electrophysiological activities in the lumbar radiculopathy. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  5. Toru Sasaki,Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Shinji Sato, Yuki Mitani, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity in patients with carpal tunnel syndrome using magnetoneurography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  6. Taishi Watanabe,Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Yuki Miyano, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. VISUALIZATION OF NERVE ACTIVITIES ALONG THE BRACHIAL PLEXUS AFTER MEDIAN / ULNAR NERVE STIMULATION USING A MAGNETONEUROGRAPHY SYSTEM. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  7. Shigenori Kawabata,Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Atsushi Okawa. Diagnosis of conduction block in cervical myelopathy patients by non-invasive magnetospinography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  8. Satoshi Sumiya,Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa. Cervical spinal cord injury associated with neck flexion in posterior cervical decompression -Verification by intraoperative spinal cord monitoring-. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  9. Satoshi Sumiya,Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Taishi Watanabe, Yuki Miyano, Sukchan Kim, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity in the cervical spinal cord using Magnetospinography. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  10. Saeri Kaminaka,Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Taishi watanabe, Yuki Hasegawa, Iida Shintaro, Toru Sasaki, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Tadashi Kanouchi, Yuki Sumi, Atsushi Okawa, Takanori Yokota. Diagnosis of C8 radiculopathy by magnetospinogram. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  11. S. Kim,S. Kawabata, M. Akaza, K. Sekihara, Y. Hoshino, T. Sasaki, T. Watanabe, Y. Miyano, S. Sato, Y .Mitani, T. Yamaga, Y. Adachi, A. Okawa. VISUALIZATION OF NEURAL ACTIVITIES IN LUMBAR SPINE IN RESPONSE TO THE SCIATIC NERVE STIMULATION BY MAGNETONEUROGRAPHY. 24th World Congress of Neurology 2019.10.30 Dubai

  12. Shuta Ushio, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Preoperative risk factor of adjacent segment degeneration after two-levels floating posterior fusion at L2-L4 or L3-L5 levels. 46th ISSLS 2019.06.07 Kyoto

  13. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Taishi watanabe, Yuki Hasegawa, Iida Shintaro, Toru Sasaki, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Tadashi Kanouchi, Yuki Sumi, Atsushi Ohkawa, Takanori Yokota. Diagnosis of C8 radiculopathy by magnetospinogram. 60th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology 2019.05.24 Osaka

  14. Shuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for proximal type of cervical spondylotic amyotroph. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  15. Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa, Kenichiro Sakai. Increase of fusion segment height may impact on postoperative dislodgement of strut after anterior cervical corpectomy with fusion for multilevel OPLL. 10th CSRS-AP 2019 2019.03.14 Yokohama

  16. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Kensuke Sekihara, Deguchi Hiroshi, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Visualization of neural activity of thoracic spinal cord by magnetospinography system. ACNS 2019 2019.02.06 LasVegas, USA

  17. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Satoshi Sumiya, Atsushi Okawa. Visualization of muscle electrical activity after electrical stimulation of the ulnar nerve using superconducting quantum interference device sensors . 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia, USA

  18. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Atsushi Okawa . Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area in response to stimulation of the digital nerve using magnetoneurography. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  19. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Toru Sasaki, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Taishi Watanabe, Takumi Yamaga, Yoshiaki Adachi, Hiromichi Komori, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the cervical spine after peripheral nerve stimulation. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  20. Shigenori Kawabata, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Satoshi Sumiya, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Diagnosis of conduction block in myelopathy patients by magnetospinography. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  21. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. Magnetospinography visualizes electrophysiological activity in the lumber radiculopathy. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia

  22. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuki Hasegawa, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Visualization of neural activity in the brachial plexus after ulnar nerve stimuli using magnetoneurography system. 21st International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2018) 2018.08.26 Philadelphia, USA

  23. Hiroyuki Inose, Masato Yuasa,Takashi Hirai,Toshitaka Yoshii,Shigenori Kawabata,Atsushi Okawa. The prevalence of sarcopenia among urbandwelling populations and its impact on the results of lumbar spinal surgery . 91st. Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Association 2018.05.24 Kobe, Japan

  24. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Koji Fujita, Shuta Ushio, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Yoshiaki Adachi, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Takumi Yamaga, Atsushi Okawa. Visualization of electrical activities in the carpal tunnel area by magnetoneurography of median nerve. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  25. Ushio S. Kawabata S., Watanabe T., Hasegawa Y., Adachi Y., Yamaga T., Okawa A. Visualization of electrical activities of lumbar nerve root and cauda equina by a magnetospinograph system. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  26. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Hasegawa, Taishi watanabe, Hiroshi Deguchi, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa, Yuki Sumi, Takanori Yokota. Magnetic recordings of sensory action currents in the cervical cord. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  27. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Yuki Hasegawa, Toru Sasaki, Shuta Ushio, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Isamu Ozaki, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa . Visualization of nerve impulse traveling along the brachial plexus after ulnar nerve stimulation using magnetoneurography system. 31st International Congress of Clinical Neurophysiology 2018.05.01 Washington, DC.

  28. Onuma H, Hirai T, Yoshii T, Inose H, Yuasa M, Kawabata A, Okawa A. Clinical and Radiologic Outcomes of Bone Grafted and Non-bone grafted Double-door Laminoplasty for Treatment of Cervical Spondylotic Myelopathy: Five-year Follow-up . 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  29. Ushio Shuta, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Masato Yuasa, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation on factors related to outcomes in of surgical procedures for cervical spondylotic amyotrophy. 9th Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia Pacific Section 2018.03.22 New Delhi, India

  30. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa . Cervical spinal cord impairment associated with neck flexion in posterior cervical decompression. Cevical Spine Research Society 45th Annual Meeting 2017.11.30 Hollywood, Florida

  31. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio , Takumi Yamaga, Yuki Hasegawa, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa. Evaluation of spinal conduction block in myelopathy patients by magnetospinography. XXIII World Congress of Neurology 2017 2017.09.19 Kyoto

  32. Yasuhiro Shirai, Taishi Watanabe, Yuki Hasegawa, Kensuke Sekihara, Shigenori Kawabata. Noninvasive evaluation of electrical activity in left atrium and pulmonary vein using SQUID system: Comparison between before and after pulmonary vein isolation.. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  33. Kensuke Sekihra, Tomohiko Shibuya, Shuichi Okawa, Shigenori Kawabata. Environmental noise cancellation for room-temperature magnetoresistive (MR) sensor array. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  34. Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Isamu Ozaki, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Removal of stimulation artifact noise near the measurement site using CSP. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  35. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi. Clinical application of magnetospinography. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  36. Isamu Ozaki, Taishi Watanabe, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Shigenori Kawabata, Kensuke Sekihara. Magnetic recordings of sensory action currents along the peripheral nerves at hand, forearm or upper arm and the brachial plexus. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  37. Miho Akaza, Shigenori Kawabata, Isamu Ozaki, Yuki Hasegawa, Taishi watanabe, Yoshiaki Adachi, Yuki Sumi, Takanori Yokota. Magnetic recordings of sensory action currents in the cervical cord.. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  38. Atsuhiko Yagishita, Yasuhiro Shirai, Tomohiko Shibuya, Shuta Ushio, Shuichi Okawa, Shigenori Kawabata. Biomagnetic measurement using relocatable MR sensor array. Biomagnetic Sendai 2017 2017.05.22 Sendai

  39. Satoru Egawa, Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Hiroyuki Inose, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Prevertebral Soft Tissue Swelling (PSTS) of anterior cervical surgery in Ossification of Posterior Longitudinal Ligament Is Higher Than Other Cervical Degenerative Disorders; A Radiographic Analysis.. CSRS-AP 2017 2017.03.09 koube

  40. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio; Takumi Yamaga; Yuki Hasegawa; Taishi Watanabe; Kensuke Sekihara; Yoshiaki Adachi; Atsushi OkawaShuta Ushio; Takumi Yamaga; Yuki Hasegawa; Taishi Watanabe; Kensuke Sekihara; Yoshiaki Adachi; Atsushi Okawa. Diagnosis of Spinal Conduction Block by Magnetospinography. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  41. Taishi Watanabe, Shigenori Kawabata, Miho Akaza, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. Combination of neurophysiological and the morphological information in brachial plexus using SQUID biomagnetometer system. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  42. Shuta Ushio, Shigenori Kawabata, Koji Fujita, Toru Sasaki, Satoshi Sumiya, Taishi Watanabe, Kensuke Sekihara, Yuki Hasegawa, Tomohiko Shibuya, Shuichi Okawa, Yoshiaki Adachi, Atsushi Okawa . Visualization of muscle electrical activity evoked by electrical stimulation of the ulnar nerve using superconducting quantum interference device sensors. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  43. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata; Shuta Ushio; Yuko Hoshino; Kensuke Sekihara; Taishi Watanabe; Takumi Yamaga; Yoshiaki Adachi; Hiromichi Komori; kenichi Shinomiya; Atsushi Okawa. Noninvasive evaluation by magnetospinography of electrophysiological activity in the cervical spine after peripheral nerve stimulation. ACNS 2017 2017.02.08 Arizona PHOENIX

  44. Shigenori Kawabata, Satoshi Sumiya, Yuko Hoshino, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Shuta Ushio, Taishi Watanabe, Atsushi Okawa. . Visualization of electrophysiological activity in cervical spinal cord and spinal nerves by magnetospinography.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  45. Yuki Hasegawa, Kensuke Sekihara, Yasuhiro Shirai, Taishi Watanabe, Yoshiaki Adachi, Kenzo Hirao, Shigenori Kawabata. . Comparison between Hosaka-Cohen transformation and 2D source image in MCG study .. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  46. Yasuhiro Shirai,Kenzo Hirao, Taishi Watanabe, Shuta Ushio, Shigenori Kawabata. . Visualization of the electrical current in atrioventricular node by magnetocardiograms.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  47. Yasuhiro Shirai,Kenzo Hirao, Tomohiro Shibuya, Shuta Ushio, Shigenori Kawabata. . Mesurement of magnetocardiogram using magnetoresistive sensor.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  48. Shigenori Kawabata, Shuta Ushio, Tomohiko Shibuya, Yoshiaki Adachi, Kensuke Sekihara, Atsushi Okawa. . Measurement of magnetomyography using an array of magnetoresistive ( MR) sensor.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  49. Ushio S, Kawabata S, Sumiya S, Ukegawa D, Sekihara K, Adachi Y, Okawa A. . Non-invasive fuctional evaluation of lumbar nerveroot and cauda equina with high spatial re-solution by magnetospinography system.. BIOMAG2016(20th International Conference on Biomagnetism) 2016.10.01 Seoul, Korea

  50. Satoshi Sumiya, Shigenori Kawabata, Syuta Ushio, Toshitaka Yoshii, Tsuyoshi Kato, Atsushi Okawa. Noninvasive Evaluation By Magnetospinography Of Electrophysiological Activity In The Cervical Spine After Peripheral Nerve Stimulation In Humans. 43rd CSRS 2015.12.03 San Diego

  51. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Satoshi Sumiya, Tsuyoshi Kato, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa, Kenichi Shinomiya. Anterior Decompression with Fusion vs. Posterior Decompression with Fusion for Massive Cervical Ossification of Posterior Longitudinal Ligament with 50% Canal Occupying Ratio or More: Retrospective Multi-Center Study. 43rd CSRS 2015.12.03 San Diego

  52. Tsuyoshi Kato, Toshitaka Yoshii, Hiroyuki Inose, Takashi Hirai, Tsuyoshi Yamada, Takashi Taniyama, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Long-term outcome of surgery for lumbar degenerative spondylolisthesis in a prospective randomized clinical trial. ISSLS 2015.06.08 San Francisco

  53. Toshitaka Yoshii, Takashi Hirai, Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Kato, Kenichiro Sakai, Shigenori Kawabata, Kenichi Shinomiya, Atsushi Okawa. A Prospective, Randomized Study Comparing Selective Laminectomy and Conventional Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Minimum of 2-year Follow-up . 6th CSRS Asia Pacific Section 2015.03.26 Yokohama

  54. 川端 茂徳, 橋本 淳, 東川 尚人, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰椎疾患の神経機能評価. 第30回 日本腰痛学会 2022.10.22 岩手

  55. 川端茂徳. 脊磁図による次世代の脊髄・神経機能診断. 第29回 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 2022.09.02 大分

  56. 川端茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位によるによる術中脊髄モニタリング. 第 9 回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2022.07.30 大阪

  57. 橋本 淳, 川端茂徳, ⽥中雄太,東川尚⼈, ⾜⽴善昭,渡部泰⼠,⽯⽥洸樹,上中沙衿, ⼭本祐輔,江川 聡,松倉 遊,平井⾼志,猪瀬弘之,吉井俊貴, ⼤川 淳. 脊磁図による脊髄・神経根障害診断. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  58. ⽥中雄太,川端茂徳,橋本 淳,⾜⽴善昭,渡部泰⼠,⽯⽥洸樹,鏑⽊秀俊,藤⽥浩⼆,⼆村昭元,⼤川 淳. 神経磁界計測装置を⽤いた肘部尺⾻神経機能の⾮侵襲的評価⽅法の検討 . 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  59. ⽯⽥洸樹,渡部泰⼠,川端茂徳,橋本 淳,⽥中雄太,宮野由貴,⻑岡信頼,上中沙衿,⼭本祐輔,⼤川 淳. 神経両側の内向き電流の加算波形による上肢末梢神経機能評価法の検討. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  60. ⻑岡信頼,川端茂徳,渡部泰⼠,上中沙衿,⼭本祐輔,⽯⽥洸樹,橋本 淳,⽥中雄太,⼤川 淳. 神経磁界計測による脊髄機能評価の再現性検討. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  61. 渡部泰⼠,関原謙介,川端茂徳. MSG / MNG の信号処理. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  62. 尾崎 勇, ⾚座実穂,渡部泰⼠,宮野由貴, ⾜⽴善昭,川端茂徳. 腕神経叢活動における神経磁界計測と電位計測の⽐較. 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  63. ⾚座実穂, ⼤⾕ 泰,叶内 匡,川端茂徳,渡部泰⼠, ⽯⽥洸樹,宮野由貴, ⾜⽴善昭,関原謙介,橫⽥隆徳. 磁場測定による運動単位の電気活動評価 . 第37回日本生体磁気学会大会 2022.06.14 札幌

  64. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 渡部 泰士, 足立 善昭, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰部神経根症・馬尾症における新たな非侵襲的機能評価法としての神経磁界計測の有用性の検討. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  65. 吉田 剛, 小林 和克, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 山田 圭, 重松 英樹, 和田 簡一郎, 岩崎 博, 高橋 雅人, 今釜 史郎, 松山 幸弘. 胸椎後縦靱帯骨化症手術における脊髄モニタリングを用いた術中神経障害の予防 体位変換前後の脊髄電位変化に注目して. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  66. 重松 英樹, 安藤 宗治, 小林 和克, 吉田 剛, 舩場 真裕, 森戸 伸治, 高橋 雅人, 川端 茂徳, 藤原 靖, 松山 幸弘, 今釜 史郎. ハイリスク脊椎手術における経頭蓋刺激運動誘発電位に組み合わせるD-waveモニタリングの有効性 モニタリングWG多施設共同研究. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  67. 小林 和克, 佐藤 公治, 安藤 智洋, 今釜 史郎, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 吉田 剛, 川端 茂徳, 重松 英樹, 山田 圭, 山本 直也. 硬膜内髄外腫瘍における術中脊髄モニタリングの高位別波形特性 日本脊椎脊髄病学会多施設前向き研究. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  68. 川端 茂徳. 脊磁図・末梢神経磁図による革新的な脊髄・末梢神経機能評価. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  69. 山田 哲也, 川端 茂徳, 藤田 浩二, 二村 昭元, 佐々木 亨, 田中 雄太, 足立 善昭, 渡部 泰士, 大川 淳. 末梢神経疾患に対する診断の進歩 胸郭出口症候群の診断における神経磁界計測の有用性. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  70. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 橋本 淳, 田中 雄太, 藤田 浩二, 二村 昭元, 吉井 俊貴, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 大川 淳. 手根管症候群 病態理解と診断up to date 神経磁界計測による手根管部正中神経活動電流の可視化. 第95 回 日本整形外科学会学術総会 2022.05.19 神戸

  71. 川端茂徳. 脊髄モニタリング総論. 第20回脊椎脊髄病研修コース 2022.04.23 横浜

  72. 川端茂徳. モニタリング脊椎脊髄病研修コース. 第 20 回脊椎脊髄病研修コース 2022.04.23 横浜

  73. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図を用いた腰部神経根症・馬尾症における新たな非侵襲的神経機能評価. 第51回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2022.04.21 横浜

  74. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本  淳,足立 善昭,渡部 泰士,石田 洸樹 ,鏑木 秀俊 , 藤田 浩二 ,二村 昭元,大川  淳. 神経磁界計測装置を用いた肘部尺骨神経機能の非侵襲的評価方法の検討. 第65回日本手外科学会学術集会 2022.04.14 北九州

  75. 舩場真裕,寒竹 司,小林和克,町野正明,吉田 剛,安藤宗治,川端茂徳,山田 圭,藤原 靖,谷口愼一郎,岩崎 博,高橋雅人,重松英樹,田所伸朗,和田簡一郎,山本直也,後迫宏紀,安田明正,橋本 淳,森戸伸治,高谷恒範,安藤 圭,松山幸弘,今釜史郎. 術前高度筋力低下症例はTc-MEP によるモニタリングの有用性が向上する~頸椎疾患2476例からの日本脊椎脊髄病学会モニタリング委員会多施設前向き研究~. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  76. 吉田 剛,今釜史郎,小林和克,安藤宗治,川端茂徳,山本直也,山田 圭,高橋雅人,寒竹 司,和田簡一郎,田所伸朗,藤原 靖,谷口愼一郎,岩崎 博,重松英樹,舩場真裕,安田明正,安藤 圭,町野正明,後迫宏紀,橋本 淳,森戸伸治,高谷恒範,谷 俊一,松山幸弘. 胸椎後縦靱帯骨化症手術における脊髄モニタリングを用いた術中神経障害の予防 体位変換前後の電位に注目して ―JSSR モニタリングWG 多施設研究―. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  77. 橋本 淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,金 碩燦,佐藤慎司,高橋陽一郎,⾧岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,小林 裕,江川聡,松倉 遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者における神経電気活動の非侵襲的評価. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  78. 後迫宏紀,吉田 剛,今釜史郎,安藤宗治,谷口愼一郎,岩崎 博,川端茂徳,山田 圭,藤原 靖,和田簡一郎,高橋雅人,山本直也,寒竹 司,田所伸朗,重松英樹,舩場真裕,安田明正,松山幸弘. 脊髄髄内および髄外腫瘍手術における術中MEP アラートの特徴 – 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究 –. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  79. 高橋雅人,小林和克,吉田 剛,重松英樹,舩場真裕,森戸伸治,町野正明,山本直也,安藤宗治,川端茂徳,山田 圭,岩崎 博,谷口愼一郎,寒竹 司,藤原 靖,和田簡一郎,安藤 圭,田所伸朗,後迫宏紀,安田明正,橋本 淳,高谷恒範,谷 俊一,松山幸弘,今釜史郎. 脊髄モニタリングFalse negative の検討 多機関共同研究日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ5,272 例の解析. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  80. 小林和克,吉田 剛,川端茂徳,寒竹 司,田所伸朗,山田 圭,高橋雅人,安藤宗治,谷口愼一郎,山本直也,和簡一郎,藤原 靖,舩場真裕,重松英樹,岩崎 博,橋本 淳,後迫宏紀,森戸伸治,安田明正,町野正明,今釜史郎,松山幸弘. 硬膜内髄外腫瘍における術中脊髄モニタリングの高位別波形特性 ―日本脊椎脊髄病学会多施設前向き研究―. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  81. 重松英樹,安藤宗治,小林和克,吉田 剛,舩場真裕,森戸伸治,高橋雅人,川端茂徳,山田 圭,寒竹 司,藤原 靖,谷口愼一郎,岩崎 博,田所伸朗,和田簡一郎,山本直也,安田明正,後迫宏紀,橋本 淳,安藤 圭,松山幸弘,今釜史郎. ハイリスク脊椎手術における経頭蓋刺激運動誘発電位に組み合わせるD-wave モニタリングの有効性:日本脊椎脊髄病学会モニタリングWG 多施設共同研究. 第43回日本脊髄機能診断学会学術大会 2022.02.05 オンライン

  82. 川端茂徳. 神経磁界計測装置による脊髄・末梢神経の機能診断~神経障害性疼痛の診断を踏まえて~. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  83. 田中雄太,川端茂徳,橋本淳,藤田浩二,大川 淳. 頚椎以外の手術後に上肢筋力低下を認めた症例. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  84. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,小林裕,江川聡,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川 淳. 頚椎後方除圧固定術後に生じたC5麻痺と術中脊髄機能モニタリングとの関係. 第23回圧迫性脊髄症研究会 2022.01.22 オンライン

  85. 田中 雄太, 川端 茂徳, 橋本 淳, 石田 洸樹, 渡部 泰士, 足立 善昭, 山田 哲也, 代田 雅彦, 藤田 浩二, 二村 昭元, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測で局所の神経伝導遅延が明らかとなった胸郭出口症候群の1例. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  86. 辰岡 鉄郎, 澁谷 朝彦, 橋本 淳, 関原 謙介, 足立 義昭, 川端 茂徳. 室温生体磁気計測の進歩:SQUIDを超えて MRセンサを用いた生体磁気計測の経緯と現状. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  87. 大谷 泰, 赤座 実穂, 叶内 匡, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 長岡 信頼, 石田 洸樹, 宮野 由貴, 足立 善昭, 関原 謙介, 横田 隆徳. 生体磁場計測装置を用いた単一の運動単位の活動電流の可視化. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  88. 石田 洸樹, 渡部 泰士, 川端 茂徳, 橋本 淳, 大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経活動の可視化. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  89. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 金 碩燦, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 吉井 俊貴, 大川 淳. 両側坐骨神経同期刺激法により実現した神経磁界計測を用いた全胸髄電気活動の非侵襲的機能評価. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  90. 橋本 淳, 川端 茂徳, 田中 雄太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 高橋 陽一郎, 長岡 信頼, 石田 洸樹, 上中 沙衿, 山本 祐輔, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の新たな非侵襲的機能評価法. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  91. 川端 茂徳. 脊磁図・末梢神経磁図・筋磁図による次世代の神経機能診断. 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  92. 橋本 淳, 川端 茂徳, 小林 裕, 江川 聡, 松倉 遊, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリング精度向上のための工夫 Multi-train刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位と自発筋電図(Spontaneous EMG, Free run EMG). 第51回日本臨床神経生理学会 2021.12.16 仙台

  93. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,足立善昭,渡部泰士,佐藤慎司,長岡信頼,石田洸樹,上中沙衿,山本祐輔,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第14回日本運動器疼痛学会 2021.11.20 オンライン

  94. 橋本淳,川端茂徳,吉井俊貴,大川淳. 腰部神経根症・馬尾症患者における神経磁界計測を用いた非侵襲的神経機能評価. 第56回日本脊髄障害医学会 2021.11.18 オンライン

  95. 橋本淳,川端茂徳,田中雄太,星野優子,関原謙介,足立善昭,橋本泉智,渡部泰士,小林裕,松倉遊,平井高志,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 神経磁界計測による腰部神経根症・馬尾症患者に対する新たな非侵襲的神経機能評価. 第29回日本腰痛学会 2021.10.22 虎ノ門

  96. 田中 雄太,川端 茂徳,橋本 淳,石田 洸樹,渡部 泰士,足立 善昭,鏑木 秀俊,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腕神経叢部から頚椎の神経活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  97. 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,佐藤 慎司,三谷 悠貴,金 碩燦,吉井 俊貴,大川 淳. 両側坐骨神経同期刺激法により実現した神経磁界計測を用いた胸髄電気活動の非侵襲的評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  98. 橋本 淳,川端 茂徳,足立 善昭,渡部 泰士,森下 真伍,松倉 遊,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 神経磁界計測を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  99. 佐々木 亨,川端 茂徳,橋本 淳,田中 雄太,藤田 浩二,二村 昭元,吉井 俊貴,足立 善昭,渡部 泰士,佐藤 慎司,大川 淳. 神経磁界計測による上肢末梢神経活動電流の可視化. 第36回日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 伊勢

  100. 川端茂徳. 脊椎脊髄疾患の画像診断と電気生理学的診断. 第19回日本整形外科学会脊椎脊髄病医研修会 2021.09.12 オンライン

  101. 川端茂徳. 術中モニタリング~最新の話題などを含めて~. 第34回日本神経生理検査研究会中部支部研修会 2021.09.11 名古屋

  102. 川端茂徳. 脊磁図・末梢神経磁図による新しい神経機能評価. 第28回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 2021.09.03 京都

  103. 川端茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位によるによる術中脊髄モニタリング. 第8回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2021.08.07 オンライン

  104. 辰岡 鉄郎,川端 茂徳,橋本 淳,星野 優子,関原 謙介,澁谷 朝彦,足立 義昭,大川 淳. センサ可動型治具を用いた磁気抵抗効果(MR)素子による体性感覚誘発脳磁場(SEF)の 測定. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  105. 久保田 知恵,上村 伸夫,笠松 幸香,東山 さとり,岸本 美保,来栖 宏二,川端 茂徳,荒船 龍彦. 保育業務の暗黙知言語化のための保育データベースシステムの開発. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  106. 宮岡 敦史,川端 茂徳,橋本 淳,足立 善昭,柳沼 秀和,出口 浩司,内城 禎久,渡部 泰士,石田 洸樹,細谷 俊彦,大川 淳. 神経磁場計測システムを用いたラット脊髄の神経活動の可視化. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  107. 石田 洸樹,渡部 泰士,川端 茂徳,橋本 淳,大川 淳. 背側からの神経磁界測定による腕神経叢の神経機能評価. 第60回日本生体医工学会大会・第36回日本生体磁気学会大会 2021合同開催 in Kyoto 2021.06.15 オンライン

  108. 小林 和克,今釜 史郎,安藤 圭,吉田 剛,安藤 宗治,川端 茂徳,山田 圭,寒竹 司,藤原 靖,谷口 愼一郎,岩﨑 博,松山 幸弘. 胸部OPLL手術での術中脊髄モニタリングに おけるアラーム時レスキュー操作の有効性  ―多施設前向き研究―. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  109. 橋本 淳,川端 茂徳,星野 優子,関原 謙介,足立 善昭,渡部 泰士,宮野 由貴,湯浅 将人,平井 高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による腰部神経根症・馬尾症の非侵襲的神経機能評価. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  110. 高橋 雅人, 今釜 史郎, 小林 和克, 山田 圭, 吉田 剛, 山本 直也, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 藤原 靖, 寒竹 司, 谷 俊一, 松山 幸弘 靖,谷口 愼一郎,岩﨑 博,松山 幸弘. 日本脊椎脊髄病学会ワーキンググループが策定した脊髄モニタリングアラームポイントの妥当性 3,625例の多施設共同前向き研究. 第94回日本整形外科学会学術総会 2021.05.20 東京

  111. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)を用いた腰部神経根症・馬尾症患者の非侵襲的神経機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  112. 後迫 宏紀, 吉田 剛, 今釜 史郎, 小林 和克, 安藤 宗治, 谷口 愼一郎, 岩崎 博, 川端 茂徳, 山田 圭, 藤原 靖, 和田 簡一郎, 高橋 雅人, 山本 直也, 寒竹 司, 田所 伸朗, 松山 幸弘, 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ. 脊髄髄内および髄外腫瘍手術に対する経頭蓋電気刺激筋誘発電位の有用性 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  113. 和田 簡一郎, 松山 幸弘, 今釜 史郎, 小林 和克, 安藤 圭, 川端 茂徳, 岩崎 博, 舩場 真裕, 山田 圭, 藤原 靖, 重松 英樹, 谷口 愼一郎, 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ. 頸椎前方固定術と後方固定術における術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位の比較 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  114. 小林 和克, 安藤 圭, 吉田 剛, 川端 茂徳, 寒竹 司, 山田 圭, 谷口 愼一郎, 山本 直也, 和田 簡一郎, 藤原 靖, 岩崎 博, 高橋 雅人, 重松 英樹, 安藤 宗治, 松山 幸弘, 今釜 史郎. 術中脊髄モニタリングにおける手術開始時全筋波形導出不良例の検討 日本脊椎脊髄病学会 多施設前向き研究. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  115. 高橋 雅人, 今釜 史郎, 小林 和克, 吉田 剛, 山田 圭, 山本 直也, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 藤原 靖, 谷口 愼一郎, 安藤 圭, 後迫 宏紀, 松山 幸弘. 日本脊椎脊髄病学会ワーキンググループが策定した脊髄モニタリングアラームポイントの妥当性 3,625例の多施設共同前向き研究. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  116. 橋本 淳, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 森下 真伍, 松倉 遊, 湯浅 将人, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄神経活動の非侵襲的機能評価. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  117. 川端 茂徳. 脊磁図による次世代の脊髄機能診断. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  118. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊髄前方圧迫因子を認める頸椎症性脊髄症に対する頸椎後方除圧固定術の有意性の検討. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  119. 高橋 拓也, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 当施設で手術を行った脊椎に発生する神経鞘腫の再発,増大リスク因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  120. 高橋 拓也, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 松倉 遊, 森下 真伍, 小林 裕, 歌川 蔵人, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 元吉 貴之, 田中 寛来, 橋本 泉智, 川端 茂徳, 大川 淳. 化膿性脊椎炎における長期入院の予測因子. 第50回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  121. 小林 和克, 今釜 史郎, 安藤 圭, 吉田 剛, 川端 茂徳, 寒竹 司, 田所 信朗, 山田 圭, 高橋 雅人, 安藤 宗治, 岩崎 博, 山本 直也, 和田 簡一郎, 藤原 靖, 重松 英樹, 松山 幸弘, 日本脊椎脊髄病学会モニタリングWG. 高度肥満脊椎手術における術中脊髄モニタリングの特性 日本脊椎脊髄病学会 多施設前向き研究. 第50回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2021.04.22 京都

  122. 足立善昭,川端茂徳. 神経磁場計測システムとその臨床応用. 令和3年電気学会全国大会シンポジウム 2021.03.09

  123. 川端茂徳. 神経障害における脊磁図・末梢神経磁図の役割と展望. Expert Seminar for Innovation 2021.02.09 オンライン

  124. 重松英樹,吉田剛,今釜史郎,小林和克,安藤宗治,川端茂徳,山田圭,寒竹司,藤原靖,谷口愼一郎,岩﨑博,田所 伸朗,高橋雅人,和田簡一郎,山本直也,舩場真裕,安田明正,松山幸弘,後迫宏紀, 谷俊一. 経頭蓋刺激筋誘発電位の波形低下における非手術関連因子の影響について脊椎脊髄病学会モニタリング委員多施設データより. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  125. 川端茂徳. 脊髄・末梢神経の新しい電気生理学的機能診断法 -脊磁図・末梢神経磁図-. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  126. 上中沙衿,赤座実穂,川端茂徳,渡部泰士,宮野由貴,佐々木亨,叶内匡,足立善昭,関原謙介,角 勇樹, 大川淳,横田 隆徳. 超音波検査と誘発磁界計測による正中神経前腕部神経活動評価. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  127. 水口隆介,赤座実穂,川端茂徳,渡部泰士,宮野由貴,佐々木亨,叶内匡,足立善昭,関原謙介,角勇樹,大川淳,横田隆徳. 磁場計測と神経超音波検査を組み合わせた正中神経肘部神経活動評価. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  128. 小林和克,今釜史郎,安藤圭,川端茂徳,吉田剛,安藤宗治,山田圭,寒竹司,藤原靖,谷口愼一郎,岩崎博,重松 英樹,田所伸朗,高橋雅人,和田簡一郎,山本直也,舩場真裕,松山幸弘. 術中脊髄モニタリングにおける手術開始時 下肢全筋波形導出不良例の検討-日本脊椎脊髄病学会 多施設前向き研究-. 第42回脊髄機能診断研究会 2021.02.06 オンライン

  129. 橋本淳、川端茂徳、足立善昭、渡部泰士、宮野由貴、佐藤慎司、三谷悠貴、吉井俊貴、大川淳. 神経磁界計測装置(脊磁計)を用いた両側坐骨神経刺激後の健常者胸髄電気活動の非侵襲的機能評価. 第22回圧迫性脊髄症研究会 2021.01.16 オンライン

  130. 足立善昭, 川端茂徳. 神経磁場計測システムの開発. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  131. 川端茂徳, 橋本淳, 佐々木亨, 関原謙介, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 四宮謙一, 大川淳. 脊磁図・末梢神経磁図による新しい神経機能評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  132. 渡部泰士, 星野優子, 川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 橋本淳, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測による肘部管周辺の神経活動の評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  133. 橋本淳, 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 三谷悠貴, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測)を用いた胸腰椎の神経電気活動の非侵襲的機能評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  134. 後迫宏紀, 吉田剛, 小林和克, 岩崎博, 川端茂徳, 和田簡一郎, 高橋雅人, 田所伸朗, 重松英樹, 今釜史郎, 松山幸弘. 成人脊柱変形矯正手術に対する経頭蓋電気刺激筋誘発電位の有用性-日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究-. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  135. 和田簡一郎, 松山幸弘, 今釜史郎, 川端茂徳, 岩崎博, 舩場真裕, 山田圭, 藤原靖, 重松英樹, 谷口愼一郎. 術中経頭蓋電気刺激筋誘発電位からみる頚椎前方固定術と後方固定術の神経合併症リスクの比較―日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究―. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  136. 辰岡鉄郎, 川端茂徳, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 澁谷朝彦, 足立善昭, 大川淳. 磁気抵抗効果素子(MR)を用いた体性感覚誘発脳磁場(SEF)測定. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  137. 藤原靖, 松山幸弘, 吉田剛, 今釜史郎, 川端茂徳, 岩崎博, 舩場真裕, 山田圭, 和田簡一郎, 谷口愼一郎, 重松英樹. 脊髄腫瘍に対する術中脊髄モニタリングの工夫: 日本脊椎脊髄病学会モニタリングワーキンググループ多施設共同研究. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  138. 三谷悠貴, 赤座実穂, 川端茂徳, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 高橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測と神経超音波による腓腹神経活動の評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  139. 橋本淳, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 高橋陽一郎, 長岡信頼, 足立善昭, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測装置)を用いた胸髄電気活動の非侵襲的評価. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  140. 宮野由貴, 赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳, 川端茂徳. 脊磁図による尺骨神経および正中神経刺激後の頚部椎間孔への電流流入分布の比較. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  141. 佐々木亨, 川端茂徳, 橋本淳, 赤座実穂, 足立善昭, 宮野由貴, 渡部泰士, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川淳. 上肢末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  142. 山田圭, 松山幸弘, 今釜史郎, 和田簡一郎, 寒竹司, 田所伸朗, 岩崎博, 山本直也, 重松英樹, 高橋雅人, 川端茂徳. 小児側弯症矯正手術における術中脊髄モニタリング. 日本臨床神経生理学会学術大会第50回記念大会 2020.11.26 京都

  143. 橋本淳,川端茂徳、佐々木亨、星野優子、関原謙介、足立善昭、渡部泰士、宮野由貴、佐藤慎司、三谷悠貴、金碩燦、高橋陽一郎、吉井俊貴、大川淳. 脊磁計(神経磁界計測装置)を用いた腰部神経根症の非侵襲的機能評価. 第28回日本腰痛学会 2020.10.30 オンライン

  144. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 大川淳. 神経磁界計測による健常者の全胸髄活動の可視化. 第35回 日本整形外科学会基礎学術集会 2020.10.15

  145. 足立善昭,川端茂徳. SQUID神経磁気イメージングとその応用. 2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2020.09.16

  146. 足立善昭,川端茂徳. SQUID磁気神経イメージング装置の開発. 第81回応用物理学会秋季学術講演会 2020.09.10 オンライン

  147. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄症患者の伝導障害部位評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  148. 橋本淳,川端茂徳,佐々木亨,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,平井高志,湯浅将人,猪瀬弘之,吉井俊貴,大川淳. 脊磁図(MSG)による馬尾神経活動の非侵襲的評価. 第49回日本脊椎脊髄病学会 2020.09.08 神戸

  149. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対する頸椎椎弓形成術後の矢状面アライメントと骨移植の有無による椎間骨癒合の検討. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  150. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川畑 篤礼, 橋本 淳, 歌川 蔵人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者の頸椎~上位胸椎手術における術前予測可能な術後せん妄の危険因子の解析. 第49回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2020.09.07 神戸(ハイブリッド形式)

  151. 橋本淳,川端茂徳, 足立善昭, 渡部泰士, 吉井俊貴, 大川淳. 脊磁図(神経磁界計測)による胸髄電気活動の可視化. 第55回日本脊髄障害医学会 2020.09.05 横浜

  152. 川端茂徳,赤座実穂, 橋本淳, 佐々木亨, 宮野由貴, 渡部泰士, 関原謙介, 星野優子, 足立善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による脊髄・末梢神経の伝導診断. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  153. 宮野由貴,橋本淳, 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 脊磁図による胸髄神経活動伝搬の可視化. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  154. 三谷悠貴,川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 髙橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測による腓腹神経活動の評価. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  155. 渡部泰士,川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測による肘部管周囲の神経活動の可視化. 第61回日本神経学会 2020.08.31 岡山

  156. 棗 祐有, 川端 茂徳, 関川 雅裕, 関原 謙介, 澁谷 朝彦, 林 達也, 笹野 哲郎. 常温MR磁気センサ2面心磁計による心電流マッピング. 第84回 日本循環器学会学術集会 2020.07.27 オンライン

  157. 川端茂徳,佐々木亨,橋本淳,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,宮野由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,大川淳. 脊磁図による脊髄・神経根の機能診断. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  158. 三谷悠貴,赤座実穂, 川端茂徳, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 髙橋陽一郎, 足立善昭, 関原 謙介, 大川淳. 神経磁界計測による腓腹神経活動の可視化と評価 . 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  159. 渡部泰士,川端茂徳, 星野優子, 赤座実穂, 尾崎勇, 牛尾修太, 佐々木亨, 宮野由貴, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. SQUIDセンサシステムによる正中神経 / 尺骨神経刺激後の腕神経叢の神経活動の可視化. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  160. 佐々木亨,川端茂徳, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 末梢神経磁界計測による神経活動電流の可視化. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  161. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 吉井俊貴, 大川 淳. 神経磁界計測(脊磁図)による健常者胸髄電気活動の非侵襲的評価. 第35回日本生体磁気学会 2020.07.03 誌上開催

  162. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二,二村昭元,鈴木志郎,足立善昭,佐藤慎司, 渡部泰士,宮野由貴, 大川 淳. 神経磁界計測を用いた手根管部伝導障害の局在診断. 第63回日本手外科学 2020.06.25 オンライン

  163. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 足立善昭, 佐藤慎司, 渡部泰士, 宮野由貴, 大川 淳. 神経磁界計測を用いた肘部管症候群の診断. 第63回日本手外科学会 2020.06.25 オンライン

  164. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,平井高志, 湯浅将人, 猪瀬弘之,吉井俊貴 大川 淳. 脊磁図(神経磁界計測)による健常者胸髄電気活動の可視化. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  165. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 湯浅将人, 平井高志,猪瀬 弘之,吉井 俊貴,渡部泰士,関原謙介,足立善昭,星野優子,大川 淳. 末梢神経刺激後の脊磁図による完全に非侵襲的な頚髄伝導ブロックの評価. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11

  166. 佐々木亨,川端茂徳,藤田浩二,二村昭元,鈴木志郎,星野優子,関原謙介,足立善昭,渡部泰士,長谷川由貴,佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,大川 淳. 神経磁界計測を用いた手根管症候群の伝導障害部位の診断. 第93回日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  167. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 75歳以上の高齢者脊椎手術において術前に予想できる術後せん妄危険因子の検討. 第93回 日本整形外科学会学術総会 2020.06.11 オンライン

  168. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士,宮野由貴, 佐藤慎司,三谷悠貴,金碩燦,吉井俊貴,大川 淳. 神経磁界計測による健常者胸髄活動の可視化. 第41回脊髄機能診断研究会 2020.02.01 東京

  169. 金 碩燦,川端 茂徳, 赤座 実穂, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測装置を用いた坐骨神経刺激後の腰部神経活動電流分布の可視化と評価. 第41回脊髄機能診断研究会 2020.02.01 東京

  170. 川端茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位による術中脊髄モニタリング. 第6 回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2020.01.25 大阪

  171. 峯岸香奈子,佐藤彩美, 黒澤菖子, 瀬島啓史, 倉島直樹, 川端茂徳. 脊椎脊髄外科手術でのフェード現象におけるフェンタニルの影響. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  172. 宮野由貴,赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳, 川端茂徳. 脊磁図による肘部尺骨神経刺激後の頚部神経活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  173. 辰岡鉄郎,川端茂徳, 橋本淳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 棗祐有, 林達也, 水原悠貴, 澁谷朝彦, 足立善昭, 大川淳. 磁気抵抗素子(MR)を用いた末梢神経磁界測定. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  174. 川端茂徳,佐々木亨, 橋本淳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 脊磁図による頚髄症の電気生理学的診断. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  175. 赤座実穂,川端茂徳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐々木亨, 叶内匡, 足立善昭, 関原謙介, 角勇樹, 大川淳, 横田隆徳. 神経超音波検査と末梢神経磁界測定による神経活動評価. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  176. 三谷悠貴,"川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 橋本淳, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 高橋陽一郎, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳". 神経磁界計測による腓腹神経活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  177. 佐藤慎司,川端茂徳, 赤座実穂, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 宮野由貴, 三谷悠貴, 金碩燦, 足立善昭, 大川淳. 肘部正中神経刺激による手根管部神経電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  178. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 肘部正中神経磁界計測による手根管症候群の障害部位診断. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  179. 金碩燦,川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 関原謙介, 大川淳. 神経磁界計測装置を用いた坐骨神経刺激後の腰部神経電流分布の可視化と評価. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  180. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 宮野由貴, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測装置(MNG)による胸髄電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  181. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 金碩燦, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 足立善昭, 大川淳. 神経磁界計測装置(MNG)による坐骨神経刺激後の馬尾電気活動の可視化. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  182. 川端茂徳. 脊髄の電気生理診断. 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  183. 川端茂徳. "神経磁界計測による神経活動の可視化  -脊髄から末梢神経まで-". 第49回日本臨床神経生理学会 2019.11.30 福島

  184. 川端茂徳. 神経磁界計測による神経活動の可視化と障害部位診断 -脊髄から末梢神経まで-. 第30回日本臨床スポーツ医学会 2019.11.17 横浜

  185. 足立善昭,川端茂徳. SQUID脊磁計開発~実用化に向けた取り組み. 日本磁気学会第255回研究会 2019.11.15 東京

  186. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 橋本 淳, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 渡部 泰士, 関原 謙介, 星野 優子, 足立 善昭, 大川 淳. 運動器疾患の病態を捉えるイメージング 神経磁界計測による神経活動イメージング 脊髄から末梢神経まで. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  187. 橋本淳,川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 金碩燦, 大川淳. 神経磁界計測による健常者胸髄活動の非侵襲的評価. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  188. 佐々木亨,川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川淳. 坐骨神経刺激後の神経磁界計測による腰部神経機能評価. 第34回 日本整形外科学会基礎学術集会 2019.10.17 横浜

  189. 川端茂徳. 脊髄・末梢神経の術中モニタリング. 第17回三重神経生理フォーラム 2019.10.04 津

  190. 川端茂徳. 術中脊髄・神経モニタリングの基礎とピットフォール. 東京都臨床検査技師会講習会 2019.09.18

  191. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の頚椎―上位胸椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討―. 第68回 東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京

  192. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 大川 淳. 神経磁界計測による手根管症候群の機能診断. 第68回東日本整形災害外科学会 2019.09.05 東京

  193. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座美穂, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 肘部正中神経刺激による神経磁界計測を用いた手根管症候群の診断. 第30回日本末梢神経学会 2019.08.23 金沢

  194. 川端茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位による術中脊髄モニタリング. 第5回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2019.07.21 大阪

  195. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 末梢神経磁界計測による腕神経叢障害患者の神経活動電流の可視化. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  196. 宮野 由貴, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた肘関節部尺骨神経刺激後の神経磁界計測と体性感覚誘発電位の比較. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  197. 佐藤 慎司, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 足立 善昭, 大川 淳. 肘部正中神経刺激後の手根管部神経磁界計測. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  198. 渡部 泰士, 関原 謙介, 佐々木 亨, 川端 茂徳, 大川 淳. ボクセルタイムコースによる共通部分空間投影を用いたアーチファクト除去. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  199. 金 碩燦, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁場計測による坐骨神経刺激後の腰部神経電気活動の可視化. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21

  200. 岡田吉智,佐々木亨, 足立善昭, 関原謙介, 川端茂徳. 脊髄、末梢神経電気活動を可視化する脊磁計の開発と未来. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  201. 尾崎勇,渡部泰士,川端茂徳,長谷川由貴,赤座実穂,足立善昭. 末梢神経インパルス伝導の可視化. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  202. 川端茂徳,佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 宮野由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 山賀匠, 大川 淳. 末梢神経刺激脊磁図による頚髄障害部位診断. 第34回 日本生体磁気学会 2019.06.21 函館

  203. 佐々木亨, 川端茂徳, 赤座実穂, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 岡田吉智, 大川 淳. 指神経刺激後の正中神経活動磁界計測による手根管症候群の機能診断. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  204. 佐藤慎司, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 金 碩燦, 三谷 悠貴, 足立 善昭, 大川 淳. 肘部正中神経刺激後の手根管部神経電気活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  205. 金碩燦, 川端 茂徳, 赤座実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳, . 神経磁場計測による坐骨神経刺激後の腰部神経電気活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  206. 岡田吉智,川端茂徳, 佐々木亨, 赤座実穂, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士1, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊磁図による腰部神経根障害の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  207. 渡部泰士,川端 茂徳, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 牛尾 修太, 佐々木 亨, 足立 善昭, 関原 謙介, 大川 淳. SQUID磁気センサによる正中神経・尺骨神経刺激後の腕神経叢の神経活動の. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  208. 宮野由貴,赤座 実穂, 関原 謙介, 星野 優子, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 金 碩燦, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳, 川端 茂徳. 脊磁図を用いた尺骨神経刺激後の頚部神経活動の可視化. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  209. 川端茂徳,赤座実穂、佐々木亨, 牛尾修太, 長谷川由貴, 渡部泰士, 関原謙介, 足立善昭、星野優子、大川 淳. 脊磁図による頚部脊髄障害部位診断. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.24 大阪

  210. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と関連する因子. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  211. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 藤田 浩二, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 大川 淳. 複数指神経同時刺激後の正中神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  212. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 星野 優子, 赤座 実穂, 長谷川 由貴, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による肘部尺骨神経活動の可視化. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  213. 川端 茂徳, 佐々木 亨, 牛尾 修太, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由貴, 渡部 泰士, 足立 善昭, 関原 謙介, 大川 淳. 脊磁図による頸髄伝導ブロックの可視化. 第92回 日本整形外科学会学術総会 2019.05.09 横浜

  214. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者脊椎手術において予測できる術後せん妄の危険因子の検討. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  215. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 谷山 崇, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 近位型頸椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の成績と因子. 第48回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019.04.18 横浜

  216. 佐々木亨,川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 鈴木志郎, 星野優子, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腕神経叢障害の機能診断. 第62回日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  217. 佐々木 亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座美穂、足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 大川 淳 . 正中神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第62回 日本手外科学会 2019.04.18 札幌

  218. 川端茂徳. 整形外科領域における術中神経モニタリングのノウハウ. 第4回神経生理研修会 2019.02.17 東京

  219. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 佐藤 慎司, 三谷 悠貴, 金 碩燦, 大川 淳. 腰部神経根障害の脊磁計による評価 . 第40回 脊髄機能診断研究会 2019.02.02 永田町

  220. 牛尾修太, 吉井俊貴、平井高志、猪瀬弘之、湯浅将人、川端茂徳、大川淳. 近位型頚椎症性筋萎縮症の前方除圧固定術の術後成績と関連する因子の検討. 第5回 JALAS 2019.01.26 品川

  221. 川端茂徳. 医科歯科発の新規医療機器「脊磁計」による脊髄・末梢神経活動の可視化. お茶の水中央ブロック臨床医会 2019.01.24 御茶ノ水

  222. 川端茂徳, 佐々木亨、渡部泰士、星野優子,関原謙介、赤座実穂、足立善昭,大川淳. 神経磁界計測で神経活動や伝導障害をみせる. 第11回 日本運動器疼痛学会 2018.12.01 滋賀

  223. 川端茂徳, 佐々木亨, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 山賀 匠, 大川 淳. 脊磁計による頚髄症の電気生理学的機能診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  224. 尾崎勇, 渡部泰士, 川端茂徳, 長谷川由貴, 赤座実穂, 足立善昭. 末梢神経インパルス伝導の電気磁気的解析. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  225. 佐藤彩美, 川端 茂徳, 佐々木亨, 瀬島啓史, 大川淳, 倉島直樹. 経頭蓋刺激筋誘発電位(Br-MsEP)が導出しにくい大腿四頭筋での皮下針電極と表面電極の比較. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  226. 長谷川由貴, 川端茂徳, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 脊磁図を用いた坐骨神経刺激後の腰部電気活動の可視. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  227. 赤座実穂, 川端茂徳, 関原謙介, 星野優子, 佐々木亨, 渡部泰士, 金碩燦, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 脊磁計を用いたC8神経根障害の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  228. 渡部泰士, 川端茂徳, 関原謙介, 佐々木亨, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川 淳. 神経磁界計測による肘部管周囲の神経活動の可視化. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  229. 佐々木亨, 川端茂徳, 小柳広高, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 末梢神経磁界計測による腕神経叢障害の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  230. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 複数指神経同時刺激による手根管部正中神経磁界計測. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  231. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 指神経刺激による正中神経活動磁界計測を用いた手根管症候群の診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  232. 佐々木亨, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊磁計による腰部神経根障害の機能診断. 第48回 日本臨床神経生理学会学術集会 2018.11.08 東京

  233. 川端茂徳. 術中脊髄神経モニタリング. 国公私立大学病院医療技術関係職員研修 2018.11.01 東京

  234. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 指神経刺激後の神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  235. 渡部泰士, 尾崎勇, 川端茂徳, 赤座実穂, 佐々木亨, 長谷川由貴, 山賀匠, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川淳. 腕神経叢部における誘発電位計測と誘発磁界計測の比較. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  236. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 肘部正中神経刺激による手根管部神経磁界計測. 第33回 日本整形外科学会基礎学術集会 2018.10.11 奈良

  237. 牛尾 修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳 . 近位型頚椎症性筋萎縮症に対する前方除圧固定術の術後成績と関連する因子についての検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28 日本橋, 東京

  238. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の胸腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第27回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018.09.28

  239. 川端茂徳. モニタリング専門医・専門技師制度にむけてのカリキュラムについて-整形外科の立場から. 第5回日本脳脊髄術中モニタリング研究会 2018.09.09 新宿

  240. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 大川 淳. 手根管症候群における指神経刺激後の正中神経活動磁界計測. 第29回 日本末梢神経学会学術集会 2018.09.07 下関

  241. 高田真弘,木下 彰,川端茂徳. CNNを用いた単純X線画像における腰椎椎体部の検出およびラベリング. 第37回日本医用画像工学会大会 2018.07.25 つくば

  242. 川端 茂徳. 神経磁界計測による脊髄から末梢神経の神経障害部位診断. 第30回九州臨床神経生理研究会 2018.07.15 沖縄

  243. 川端茂徳, 佐々木亨, 牛尾修太, 大川 淳. 「術中脳脊髄神経モニタリングにおける基準の共有」整形外科医の立場から. 第24回 日本脳神経モニタリング学会 2018.07.07 東京

  244. 佐々木亨, 川端茂徳, 星野優子, 関原謙介, 足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴,佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 脊髄磁界計測による腰部神経根障害の診断. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  245. 関川雅裕, 柳下敦彦, 澁谷朝彦, 大川秀一, 辰岡 鉄郎 , 関原 謙介, 平尾 見三, 川端茂徳. 磁気抵抗効果(MR)素子を用いた64チャンネルのセンサアレイによる心磁図計測. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  246. 渡部泰士, 川端茂徳,佐々木亨, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 山賀匠, 大川 淳. DSSPを用いた肘部管における神経活動の可視化. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  247. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩司, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴, 佐藤慎司, 三谷悠貴, 金碩燦, 大川 淳. 指神経刺激後の正中神経磁界計測による手根管部電気活動の可視化. 第33回 日本生体磁気学会大会 2018.06.15 広島

  248. 吉井 俊貴, 平井 高志, 友利 正樹, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する後方単独進入椎体再建術 -片側椎体アプローチの試み- . 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  249. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 湯浅 将人, 小沼 博明, 大川 淳. 小児の腰椎関節突起間部断面積と椎弓癒合不全から見た腰椎分離症の病態の考察. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  250. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs. 制動術Graf システム -第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討-. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  251. 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳 . 硬膜欠損を伴う脳表へモジデリン沈着症における欠損部同定(MRI balanced sequence 法の有用性). 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  252. 佐々木亨, 川端茂徳, 藤田浩二, 星野優子, 関原謙介, 赤座実穂, 尾崎 勇,足立善昭 , 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 神経活動磁界による手根管部における神経活動電流の可視化. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  253. 渡部泰士, 川端茂徳,赤座実穂, 尾崎 勇,牛尾修太,佐々木亨, 長谷川由貴, 足立善昭 , 関原謙介, 大川 淳. SQUID磁束計による尺骨神経刺激後の腕神経叢部における神経活動電流の可視. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  254. 山田 圭, 松山 幸弘, 吉田 剛, 今釜 史郎, 和田 簡一郎, 寒竹 司, 田所 伸朗, 山本 直也, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 谷 俊一. 脊柱変形手術の手術操作による神経障害のリスクと術中対応策の有効性の検討 JSSR脊髄モニタリングWG多施設前向き研究. 第91回 日本整形外科学会学術総会 2018.05.24 神戸

  255. 佐々木亨, 渡部泰士, 川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 長谷川由貴, 大川 淳. Magnetoneurographyによる腕神経叢部における神経活動電流の可視化. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 東京

  256. 佐々木亨 川端茂徳, 藤田浩二, 二村昭元, 星野優子, 赤座実穂, 足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 大川 淳. 正中神経活動磁界計測による手根管部電気活動の可視化. 第61回 日本手外科学会学術集会 2018.04.26 東京

  257. 吉井 俊貴, 湯浅 将人,平井 高志,加藤 剛,山田 剛史,猪瀬 弘之,坂井 顕一郎,新井 容嘉,川端 茂徳,大川 淳. 腰椎椎体間固定術における新しい人工骨,多孔質ハイドロキシアパタイト/コラーゲン複合体の臨床使用-局所骨との前向き比較研究- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  258. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人,牛尾 修太, 平井 敬悟,小沼 博明, 大川 淳. L5椎弓正中非癒合例では関節突起間部断面積が小さい傾向にある−小児CT の画像解析による検討− . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  259. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術における骨移植による各椎間骨癒合変化の検討 -術後5年経過例について- . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  260. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 江川 聡, 平井 敬悟, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の術前危険因子の検討. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  261. 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法前向きランダム化研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  262. 猪瀬 弘之, 加藤 剛,湯浅 将人, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する装具治療の違いによる疼痛への影響. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  263. 牛尾修太, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 2椎体腰椎後方固定術1年後の早期隣接椎間障害発生の術前危険因子に関する検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  264. 牛尾修太, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之,平井 高志, 湯浅 将人,江川 聡,川端 茂徳, 大川 淳. 頚椎症性筋萎縮症に対する術式別の手術成績と関連する因子についての検討 . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  265. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 松本 連平, 江川 聡,平井 敬悟, 小沼 博明, 小林 裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 当院における頚椎症性脊髄症の手術治療成績〜術前MRI におけるModified K-lineを用いた後方除圧の限界点を考慮した取り組み  . 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  266. 小林 和克, 今釜 史郎, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 山田 圭, 吉田 剛, 小林 祥, 川端 茂徳, 高橋 雅人, 藤原 靖, 田所 伸朗, 和田 簡一郎, 寒竹 司, 山本 直也, 谷 俊一. 胸椎OPLL手術における術中脊髄モニタリング波形悪化因子の検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  267. 藤原 靖, 松山 幸弘, 吉田 剛, 小林 祥, 安藤 宗治, 川端 茂徳, 山田 圭, 今釜 史郎, 小林 和克, 寒竹 司, 高橋 雅人, 田所 信朗, 和田 簡一郎, 山本 直也, 谷 俊一. 脊髄髄外腫瘍術後麻痺形態と術中脊髄モニタリングにおける注意点 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  268. 吉田 剛, 小林 祥, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 今釜 史郎, 小林 和克, 川端 茂徳, 山田 圭, 藤原 靖, 寒竹 司, 和田 簡一郎. 高リスク脊椎手術におけるレスキュー症例の検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  269. 山田 圭, 松山 幸弘, 吉田 剛, 今釜 史郎, 和田 簡一郎, 寒竹 司, 田所 伸朗, 山本 直也, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 小林 祥, 小林 和克, 藤原 靖, 高橋 雅人, 喜安 克仁, 谷 俊一. 脊柱変形手術の術中脊髄モニタリングでtrue positiveとfalse positive症例を発生する手術操作の検討 JSSR脊髄モニタリングWG多施設前向き研究. 第47回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018.04.12 神戸

  270. 佐々木亨, 川端茂徳,牛尾修太, 星野優子, 関原謙介,足立善昭, 渡部泰士, 長谷川由貴, 山賀匠, 大川 淳. 脊磁計を用いて腰部神経根障害を診断した1例. 第39回 脊髄機能診断研究会 2018.02.10 東京

  271. 佐藤 彩美, 川端 茂徳, 瀬島 啓史, 倉島 直樹, 工藤 敏文. 腹部大動脈瘤切除術において経頭蓋刺激脊髄誘発電位によるモニタリングが有用であった1例. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.12.01 横浜

  272. 川端 茂徳. 脊磁計による神経伝導の可視化 -脊髄から末梢神経まで-. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.30 横浜

  273. 川端 茂徳. 脊椎脊髄手術における神経モニタリングの安全策. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  274. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 山賀 匠, 大川 淳. 脊磁計を用いた腰部神経根障害の診断. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  275. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 佐々木 亨, 牛尾 修太, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測(Magnetoneurography)による尺骨神経刺激後の腕神経叢部神経活動の可視化. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  276. 佐々木 亨, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 赤座 実穂, 尾崎 勇, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 山賀 匠, 大川 淳. 指神経刺激後の手根管部における神経活動磁界計測. 第47回 日本臨床神経生理学会学術大会 2017.11.29 横浜

  277. 川端 茂徳. 整形外科領域における神経モニタリングの秘訣. 平成29年度 先駆的臨床検査技術研修会 第3回 神経生理研修会 2017.11.05 東京

  278. 川端 茂徳, 牛尾修太, 佐々木亨, 平井高志, 猪瀬弘之, 吉井俊貴, 星野優子, 関原謙介, 渡部泰士, 長谷川由貴, 山賀匠, 足立善昭, 大川淳. 脊磁計による腰部神経根障害の可視化と定量化. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  279. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの頻度及びその腰椎疾患手術に与える影響. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  280. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 湯浅 将人, 牛尾 修太, 小沼 博明, 平井 敬悟, 大川 淳. 小児CT における腰椎関節突起間部断面積から見た腰椎分離症発症メカニズムの考察. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  281. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 江川聡, 川端茂徳, 大川淳. L3-5 の2 椎間腰椎後方固定術における上位隣接椎間障害の術前危険因子の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  282. 小沼 博明, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 平井 高志, 湯浅 将人, 川端 茂徳, 大川 淳. 後期高齢者(75 歳以上)の下位胸椎~腰椎手術における術後せん妄の検討. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  283. 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎変性辷り症に対する手術療法 前向きランダム化研究. 第25回 日本腰痛学会 2017.11.03 品川

  284. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. 神経磁界計測(magnetoneurography)による腕神経叢部神経活動の可視化. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  285. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 星野 優子, 長谷川 由貴, 佐々木 亨, 藤田 浩二, 関原 謙介, 大川 淳. 神経誘発磁界測定によるGuyon管部尺骨神経における順行性の電気的活動の可視化. 第32回 日本整形外科学会基礎学術総会 2017.10.26 沖縄

  286. 牛尾修太, 平井高志, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 山田剛史, 江川聡, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川淳. 腰椎後方固定術における隣接椎間障害の術前危険因子の検討 −L3-5 間のfloating fusion における検討−. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  287. 湯浅 将人, 猪瀬 弘之, 小林 裕, 牛尾 修太, 平井 高志, 加藤 剛, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 大川 淳. 腰椎固定術PLF vs 制動術Graf System 第4 腰椎変性すべり症術後長期の画像の比較検討. 第26回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2017.10.13 金沢

  288. 川端 茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位によるによる術中脊髄モニタリング. 第3回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2017.08.06 大阪

  289. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 藤田 浩二, 佐々木 亨, 渡部 泰士, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 足立 善昭, 大川 淳. 超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた尺骨神経電気刺激後の筋誘発磁界測定による筋活動の評価. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  290. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada , Takash Hirai i, Toshitaka Yoshii , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Bone turnover markers as a new predicting factor for non-union after spinal fusion surgery. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  291. Toshitaka Yoshii , Takashi Hirai , Hiroyuki Inose , Tsuyoshi Yamada , Shigenori Kawabata , Atsushi Okawa . Intraoperative evaluation using mobile computed tomography in anterior cervical decompression for ossification of the posterior longitudinal ligament. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  292. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. 124ch SQUID磁束計を用いた胸郭出口部の神経電気活動の可視化. 第90回 日本整形外科学会学術総会 2017.05.18 仙台

  293. 平井 高志, 榎本 光裕, 山田 剛史, 谷山 崇, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症術後の難治性神経障害性疼痛を有する患者に対してNSAIDS内服療法とプレガバリン内服療法の治療効果の比較 ランダム化比較研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  294. 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症に対して行われた前方除圧固定術における術後10年成績神経機能回復と隣接椎間障害発生の頻度. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  295. 川端 茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川 由美, 渡部 泰士, 山賀 匠, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による脊髄伝導障害の可視化 機能情報と形態画像との融合. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  296. 江川 聡, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 牛尾 修太, 平井 敬悟, 大川 淳. 頸椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹の増悪因子に関する検討. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  297. 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方骨化浮上術における術中CTの有用性. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  298. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 腰椎固定術における骨癒合予測因子の研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  299. 小沼 博明, 平井 高志, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 江川 聡, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎椎弓形成術(桐田-宮崎法)における骨移植による強直とアライメント変化の検討 術後5年経過例について. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  300. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 富澤 將司, 山田 剛史, 友利 正樹, 平井 高志, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体圧潰に対する片側後方進入椎体亜全摘再建術の有用性 多施設研究. 第46回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2017.04.13 札幌

  301. 川端 茂徳. 脊椎外科医のための 術中脊髄モニタリングと 術前神経機能診断. 第30回埼玉脊椎•脊髄病研究会 2017.03.18 埼玉

  302. 川端茂徳, 牛尾 修太, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 長谷川由貴, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁図による胸髄刺激後脊髄誘発磁界による脊髄障害高位診断. 第38回 脊髄機能診断研究会 2017.02.04 小石川 東京

  303. 渡部 泰士,川端茂徳, 赤座実穂, 関原謙介, 牛尾修太, 足立義昭, 大川淳. 生体磁気計測装置を用いた胸郭出口から神経根までの神経活動の可視化. 第38回 脊髄機能診断研究会 2017.02.04 小石川 東京

  304. 川端茂徳,牛尾 修太, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 大川 淳. 脊磁計による脊髄伝導障害部位診断. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  305. 平井高志, 吉井俊貴, 進藤重雄, 猪瀬弘之, 山田剛史, 川端茂徳, 中井修, 大川淳. 当教室で経験したArachnoid web の4 例. 第18回 圧迫性脊髄症研究会 2017.01.21 東京

  306. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. 頚椎多椎間前方除圧固定術後の軟部組織腫脹に関する検討 -頚椎後縦靱帯骨化症と 他疾患の比較- . 第25回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2016.10.28 長崎

  307. 川端 茂徳, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. 術中脊髄機能モニタリングの現状と問題点 経頭蓋刺激筋誘発電位、経頭蓋刺激脊髄誘発電位、spontaneous EMGによる術中脊髄モニタリング. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  308. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 福井 崇人, 大川 秀一, 大川 淳. 常温で使用可能な磁気センサーを用いた筋誘発磁界測定. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  309. 渡部 泰士, 川端 茂徳, 赤座 実穂, 関原 謙介, 牛尾 修太, 足立 善昭, 大川 淳. ベクトル型SQUID磁束計を用いた胸郭出口部の神経活動の可視化. 第46回 臨床神経生理学会 2016.10.27 福島

  310. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 大川 淳. 超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた筋誘発磁界測定による筋活動の評価. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  311. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 大川 秀一, 角谷 智, 大川 淳. 常温使用可能な磁気抵抗効果(MR)素子センサーを用いた筋誘発磁界測定による筋活動評価. 第31回 日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13 福岡

  312. 田中 寛来, 江川 聡, 川端 茂徳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 手術治療を行ったovershunting associated myelopathy(OSAM)の一例 血流変化から見た病態の考察. 第65回 東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  313. 川端 茂徳. 脊椎脊髄手術の神経モニタリングの基礎. 第3回日本脳脊髄術中モニタリング研究会 2016.09.11 東京

  314. 猪瀬弘之、 山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 腰椎疾患におけるサルコペニアの関与及びその治療成績への影響 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  315. 牛尾修太, 川端茂徳,角谷智,請川大, 加藤剛, 吉井俊貴,山田剛史, 猪瀬弘之, 榎本光裕, 大川淳. 脊磁計による健常成人の馬尾伝導速度の非侵襲的機能評価 . 第24回 日本腰痛学会 2016.09.02 甲府

  316. 川端 茂徳. 経頭蓋電気刺激複合筋活動電位によるによる術中脊髄モニタリング. 第2回術中脳脊髄モニタリングセミナー 2016.08.07 大阪

  317. 川端 茂徳. 整形外科医が知っておきたい 電気生理学的検査  . 埼玉県整形外科医会定例総会講演会 2016.06.25 埼玉

  318. 川端 茂徳. 整形外科手術における神経モニタリング. 第6回奈良術中神経モニター講習会 2016.06.11 大阪

  319. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 星野 優子, 関原 謙介, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 小森 博達, 四宮 謙一, 大川 淳. Magnetospinographyによる頸椎椎間孔機能評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  320. 白井 康大, 平尾 見三, 澁谷 朝彦, 牛尾 修太, 川端 茂徳. 心磁図計測を目指した新しい磁気センシング技術 MR(磁気抵抗効果)素子を用いたアレイセンサによる心磁場計測. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  321. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 請川 大, 関原 謙介, 渡部 泰士, 山賀 匠, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による20代から60代健常人の非侵襲的腰部神経活動評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  322. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 渋谷 朝彦, 福井 崇人, 大川 秀一, 大川 淳. 常温使用可能な磁気抵抗効果(MR)素子センサーによる筋誘発磁界測定と筋活動の可視化. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  323. 足立 善昭, 河合 淳, 川端 茂徳, 藤平 潤一, 上原 弦. クローズドサイクルヘリウム再凝縮装置を装備したSQUID脊磁計の評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  324. 関原 謙介, 川畑 裕也, 牛尾 修太, 角谷 智, 川端 茂徳, 足立 善昭, Nagarajan Srikantan S.. DSSPアルゴリズム. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  325. 長谷川 由貴, 棗 祐有, 佐藤 綾菜, 白井 康大, 川端 茂徳, 関原 謙介, 足立 善昭, 平尾 見三, 笹野 哲郎. 高感度ベクトル心磁計を用いたP波フラグメント解析による心房内伝導遅延評価. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  326. 山賀 匠, 渡部 泰士, 出口 浩司, 足立 善昭, 牛尾 修太, 角谷 智, 川端 茂徳. 脊磁計観測面の傾斜角度に関する検討. 第31回 日本生体磁気学会大会 2016.06.09 金沢

  327. 谷口 愼一郎, 齋藤 貴徳, 安藤 宗治, 小川 潤, 川端 茂徳, 玉置 哲也, 飯田 宏樹, 川口 昌彦, 後藤 哲哉, 佐々木 達也, 川真田 樹人. 経頭蓋電気刺激運動誘発電位による術中脊髄モニタリングの合併症に関するアンケート調査. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  328. 藤原 靖, 松山 幸弘, 小林 祥, 伊藤 全哉, 齋藤 貴徳, 川端 茂徳, 寒竹 司, 和田 簡一郎, 安藤 宗治, 山本 直也, 谷 俊一, . 脊髄髄内腫瘍摘出術における麻痺の持続期間に影響を与える因子の検討 (日本脊椎脊髄病学会多施設共同前向き研究). 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  329. 山田 圭, 松山 幸弘, 小林 祥, 岩崎 博, 関 庄二, 伊藤 全哉, 山本 直也, 川端 茂徳, 寒竹 司, 和田 簡一郎, 田所 伸朗. 脊柱変形手術による神経障害機序の検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  330. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. CT再構成を用いた術中透視の再現によるS2 alar-Iliac screwの挿入方法の検討 至適位置とSAI axis viewによる挿入方法の正確性. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  331. 吉井俊貴、平井高志、山田剛史、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川淳. A prospective, randomized study comparing selective laminectomy and conventional laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  332. Hiroyuki Inose, Tsuyoshi Yamada, Takashi Hirai, Toshitaka Yoshii, Shigenori Kawabata, Atsushi Okawa. Investigation of predicting factors for nonunion after spinal fusion . 第89回 日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  333. 吉井 俊貴, 平井 高志, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊椎後方手術における術野消毒液の検討 前向き比較試験. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  334. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 平井 高志, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  335. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する経椎弓根的椎体造影vertebrographyによる椎体形成術術後予測. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  336. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 牛尾 修太, 江川 聡, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータを用いた採型不要の硬性コルセット作製. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 横浜

  337. 大川 淳, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 山田 剛史, 加藤 剛, 川端 茂徳, 坂井 顕一郎. K-line(-)の頸椎OPLLでは前方骨化浮上法が第一選択術式である. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  338. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 猪瀬 弘之, 福島 和之, 平井 高志, 山田 剛史, 大川 淳. 透視下SAI axis viewによるS2 Alar-Iliac screw挿入の正確性の検討 CT再構成により再現した仮想透視像を用いて. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  339. 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. サルコペニアの病態における腰椎疾患の関与. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  340. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による健常成人の馬尾神経活動の非侵襲的機能評価. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  341. 猪瀬 弘之, 齋藤 正徳, 山田 剛史, 平井 高志, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  342. 吉井 俊貴, 平井 高志, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 走行型術中CTを使用した頸椎椎弓根スクリュー挿入 fluoroscopy側面透視下挿入との精度の比較. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  343. 小林 祥, 松山 幸弘,川端 茂徳, 安藤 宗治, 寒竹 司, 高橋 雅人, 伊藤 全哉, 藤原 靖, 山田 圭, 和田 簡一郎, 田所 伸朗, 山本 直也, 谷 俊一, 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ. 脊椎脊髄手術この10年のイノベーション 防ぎ得た麻痺の根絶にむけて この10年間のJSSR術中脊髄モニタリング多施設研究成果より. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  344. 伊藤 全哉, 松山 幸弘, 安藤 宗治, 寒竹 司, 小林 祥, 山本 直也, 和田 簡一郎, 山田 圭, 田所 伸朗, 木田 和伸, 藤原 靖, 高橋 雅人, 川端 茂徳, 四宮 謙一, 里見 和彦, 谷 俊一, 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ. 脊椎脊髄手術この10年のイノベーション 胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)手術におけるBr-MEPのアラームポイント 8年後越しの検討. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  345. 谷口 愼一郎, 齋藤 貴徳, 安藤 宗治, 小川 潤, 川端 茂徳, 玉置 哲也. 整形外科施設における経頭蓋電気刺激運動誘発電位を用いた術中脊髄モニタリングの施行の実態と合併症に関するアンケート調査. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  346. 藤原 靖, 松山 幸弘, 小林 祥, 伊藤 全哉, 寒竹 司, 山田 圭, 齋藤 貴徳, 川端 茂徳, 木田 和伸, 和田 簡一郎, 安藤 宗治, 山本 直也, 高橋 雅人, 谷 俊一, 日本脊椎脊髄病学会精髄モニタリングワーキンググループ. 脊髄髄内腫瘍摘出術における麻痺の持続期間に影響を与える因子の検討 日本脊椎脊髄病学会多施設共同前向き研究. 第45回 日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.04.14 幕張 千葉

  347. 田中 寛来, 平井 高志, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 頸椎変性疾患手術の再手術例における疼痛の残存評価 単回手術症例と比較して. 第56回 関東整形災害外科学会 2016.03.25 品川 東京

  348. 川端茂徳、大川淳 、加藤剛、吉井俊貴 、猪瀬弘之 、牛尾修太 、江川 聡 、野邊吏司 、奥野雅大. CT, MRIデータを利用したCAD/CAMによる硬性コルセット作製. 第10回 日本CAOS研究会 2016.03.24 愛知

  349. 猪瀬弘之 、加藤剛、山田剛史、平井高志、吉井俊貴、川端茂徳、大川淳. 整形外科医の立場からの骨粗鬆症治療について. 東とうきょう骨粗しょう症フォーラム 2016.03.11 御茶ノ水

  350. 牛尾修太, 川端茂徳,角谷智,請川大, 加藤剛, 吉井俊貴,山田剛史. 20代から60代までの健常成人の脊磁計による頚髄神経活動の非侵襲的機能評価 . 第37回 脊髄機能診断研究会 2016.02.06 日比谷

  351. 平井高志、吉井俊貴、猪瀬弘之、山田剛史、江川 聡、加藤 剛、 川端茂徳、大川 淳. 当院における圧迫性頚髄症対す手術の再率ついて. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  352. 江川 聡、吉井俊貴、猪瀬弘之、平井高志、山田剛史、川端茂徳、大川淳. Overshunting associated myelopathyと思われる上位頚髄障害により歩行を呈した一例. 第17回 圧迫性脊髄症研究会 2016.01.23 東京

  353. 牛尾修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による体表からの術前胸髄障害部位診断. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  354. 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 硬膜欠損を伴う特発性脳表ヘモジデリン沈着症の画像診断. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  355. 吉井 俊貴, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 高占拠率頚椎後縦靱帯骨化症に対する手術治療 前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較-多施設研究. 第50 回日本脊髄障害医学会 2015.11.19 高輪

  356. 平井高志 吉井俊貴 山田剛史 猪瀬弘之 加藤剛 川端茂徳 大川淳. 腰椎変性疾患手術の再手術例における腰痛・下肢痛の残存評価~単回手術症例と比較して~. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  357. 加藤 剛, 吉井俊貴, 猪瀬弘之, 平井高志,  山田剛史, 榎本光裕, 川端茂徳, 大川 淳 . 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に 対する経椎弓根的椎体造影による椎体形成術術前評価. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  358. 川端茂徳、加藤 剛、榎本 光裕、吉井 俊貴、猪瀬 弘之、山田 剛史、角谷 智、牛尾 修太、大川 淳. CT、MRI データを用いた採型不要の硬性体幹装具の製作. 第23 回日本腰痛学会 2015.11.14 東京

  359. 平井高志 吉井俊貴、猪瀬弘之、加藤剛、川端茂徳、大川 淳. 腰椎変性疾患手術の再手術率について -固定術と除圧術との比較検討. 第24 回 日本脊椎インストゥルメンテーション学会 2015.11.06 新潟

  360. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊髄・神経根機能診断の最近の進歩 脊磁計による脊髄機能評価. 第45回 日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  361. 川端 茂徳. 頚椎後縦靭帯骨化症の術中脊髄モニタリング 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設研究. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  362. 川端 茂徳. 第2 回脳脊髄術中モニタリング懇話会  「2014 年文献レビュー」. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  363. 川端 茂徳. 非侵襲的脊髄・神経機能診断装置「脊磁計」  . 第45 回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  364. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. trainの複数回刺激による経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)の波形安定性と導出率の改善効果. 第45 回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  365. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 請川 大, 早乙女 進一, 大川 淳. 脊髄靱帯骨化の発症機序の解明 OPLLの進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  366. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計による中高年健常者の馬尾神経の非侵襲的機能評価. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22 富山

  367. 川端 茂徳. 脊髄・神経の電気生理学的診断と術中モニタリング-はじめの一歩から、日本発の脊髄・神経機能診断装置「脊磁計」-. 第22 回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 2015.09.18 新宿

  368. 江川 聡, 吉井 俊貴, 黒佐 義郎, 川端 茂徳, 加藤 剛, 福島 和之, 猪瀬 弘之, 平井 高志, 大川 淳. S2 Alar-Iliac screwの正確簡便な刺入方法 CT解析による至適挿入位置と透視下SAI axis viewを用いた挿入方法の正確性の検討. 第64回 東日本整形災害外科学会 2015.09.11 福島

  369. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による中高年健常者の馬尾神経誘発磁界と馬尾神経伝導速度の測定. 第30回日本生体磁気学会大会 2015.06.05 旭川

  370. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 関原 謙介, 足立 善昭, 大川 淳. 脊磁計による胸髄神経活動の評価. 第30回日本生体磁気学会大会 2015.06.05 旭川

  371. 齊藤 正徳, 猪瀬 弘之, 川端 茂徳, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 山田 剛史, 角谷 智, 大川 淳. 後縦靱帯骨化症の進展・発生に関与する遺伝子の検索. 第35回日本骨形態計測学学会 2015.06.04 倉敷

  372. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 大川 淳. 高度占拠率OPLLに対する治療戦略 頸椎高度占拠率OPLLに対する前方骨化浮上術の有用性 後方法との比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  373. 川端 茂徳, 加藤 剛, 榎本 光裕, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 大川 淳. CT、MRIのDICOMデータからの硬性体幹装具の短期間製作. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  374. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 大川 淳. 経頭蓋刺激筋誘発電位測定(BR-MSEP)における高頻度複数刺激による波形安定性の検証. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  375. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁計にて非侵襲的に測定した脊髄誘発磁界 椎間孔を通過する電流量の比較. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  376. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. Free run EMGを併用したreal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  377. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 局所後彎を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  378. 坂井 顕一郎, 吉井 俊貴, 平井 高志, 新井 嘉容, 川端 茂徳, 加藤 剛, 四宮 謙一, 大川 淳. 頸椎症性脊髄症術後の頸椎矢状面バランス・アライメント変化の前向き比較研究 前方除圧固定術vs.椎弓形成術. 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.05.21 神戸

  379. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 友利 正樹, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨粗鬆症性椎体骨折に対する後方進入脊柱再建術 前後方再建手術との比較、多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  380. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. 頸椎椎間孔での神経電気活動 脊磁計による無侵襲機能評価. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  381. 小柳津 卓哉, 榎本 光裕, 請川 大, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 大川 淳. 脊柱後彎変形患者におけるX線パラメーターと腰背筋筋疲労の関係. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  382. 山田剛史、角谷智、猪瀬弘之、吉井俊貴、加藤剛、川端茂徳、大川淳. 当院における透析脊椎手術の現況 . 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  383. 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 角谷 智, 牛尾 修太, 榎本 光裕, 川端 茂徳, 大川 淳. 80歳以上の高齢者に対する脊椎手術の適正マネジメントの検討. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  384. 牛尾 修太, 川端 茂徳, 角谷 智, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 猪瀬 弘之, 山田 剛史, 榎本 光裕, 大川 淳. 脊磁図による胸髄神経活動の可視化. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  385. 角谷 智, 川端 茂徳, 牛尾 修太, 山田 剛史, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 加藤 剛, 榎本 光裕, 大川 淳. ハイリスク脊髄症手術におけるFree run EMGを併用したReal time術中脊髄モニタリングの有用性. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  386. 吉井 俊貴, 坂井 顕一郎, 角谷 智史, 山田 剛史, 友利 正樹, 猪瀬 弘之, 加藤 剛, 川端 茂徳, 新井 嘉容, 佐藤 浩一, 大川 淳. 骨化占拠率の大きい(≧50%)頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方除圧固定術と後方除圧固定術の比較 多施設研究. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.04.16 福岡

  387. 吉原 有俊, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 大川 淳. 不全対麻痺を呈する多発神経鞘腫患者に発症したフルニエ壊死の治療経験. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  388. 久保田 礼, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 川端 茂徳, 榎本 光裕, 柳下 和慶, 大川 淳. 当科における化膿性脊椎炎の治療戦略 早期固定術での早期離床と高気圧酸素療法併用を基本として. 第55回関東整形災害外科学会 2015.03.27 埼玉

  389. 川端茂徳, 榎本 光裕, 角谷 智, 牛尾 修太, 四宮 謙一, 大川 淳. 脊髄機能モニタリングの有用性と問題点 脊椎外科医の立場から. 第44回日本臨床神経生理学会 2014.11.21

  390. 川端 茂徳, 請川 大, 加藤 剛, 吉井 俊貴, 牛尾 修太, 大川 淳. ハイリスク脊椎手術におけるfree run EMGモニタリングの有用性. 第54回関東整形災害外科学会 2014.03.29

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 生体磁気計測装置、生体情報計測装置及び生体磁気計測方法

    特許番号: US 11375934

  • 筋活動測定装置及び筋活動測定方法

    特許番号: 特許第6857367号

  • 生体磁気計測装置

    特許番号: 特許第7048949号

  • 診断支援システム、診断支援方法及び診断支援プログラム

    特許番号: US11138746

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: ZL201680068325.0

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 特許第7026365号

  • 生体情報計測装置

    特許番号: US11076790

  • 生体情報計測装置

    特許番号: US11076790

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 特許第6999897号

  • 無線型生体信号通信端末及び無線型生体信号通信システム

    特許番号: 特許第7038360号

  • 生体磁気測定装置

    特許番号: 特許第7036319号

  • 生体磁気測定装置

    特許番号: EP3494879

  • 生体磁気測定装置

    特許番号: 特許第7075340号

  • 磁気計測装置

    特許番号: 特許第6602456号

  • 磁気計測装置

    特許番号: CN ZL201780013786.2

  • 磁気計測装置

    特許番号: EP17759677.2

  • 磁気計測装置

    特許番号: US10918293

  • 生体磁気計測装置

    特許番号: US10952631

  • 生体磁気計測装置

    特許番号: 特許第6782391号

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: 3383262

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: US10722701

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 特許第6857345号

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 10433758

  • 生体情報計測装置

    特許番号: 特許第6513798号

  • 神経刺激装置、生体磁界計測システム 

    特許番号: 特許第6746300号

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「脊磁計による神経機能情報を活用した新たな診断技術の確立」に関して 日本医療研究開発機構医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)の 委託研究開発契約を締結 ~ リコー、東京医科歯科大学、金沢工業大学が共同で、臨床現場への普及を目指す ~,2022年05月

    -

  • 2019年9月15日 医理産業新聞 第1049号,2019年09月

    短信 金沢工業大学 (川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年9月18日 Japan Today,2019年09月

    health: New system visualizes function of spinal nerves(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年8月1日 日経BPBeyondHealth,2019年08月

    脊髄末梢の神経活動を可視化する脊磁計(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年8月4日 日本経済新聞 朝刊30面,2019年08月

    神経の状況表面から計測 医科歯科大などが装置開発(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • プレスリリース「Visualization of the electrical activity of the cauda equina using a magnetospinography system in healthy subjects」,2019年07月

    Clinical Neurophysiology (川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 日刊工業新聞 26面,2019年07月

    体傷つけず神経可視化 東京医科歯科大学など 脊髄磁界計を開発(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月24日 プレスリリース「身体を傷つけることなく脊髄の神経活動を可視化するシステム「脊磁計」を開発」,2019年07月

    (川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月31日 化学工業日報 朝刊8面,2019年07月

    ヘルスケア事業25年めど500億円規模 リコー、脊磁計を牽引役に(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月30日 日本経済新聞,2019年07月

    リコー、25年にヘルスケア事業500億円に(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月29日 建設工業新聞 北陸圏,2019年07月

    腰部等の磁界計測成功「脊磁計」実用化へ前進 金沢工大ら(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月27日 読売新聞 夕刊5面,2019年07月

    脊髄の異常正確に特定 東京医科歯科大など 装置開発実用化へ 腰痛や神経難病診断に活用(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月26日 医薬通信社,2019年07月

    頚部・腰部・末梢神経の非侵襲磁界計計測に成功 東京医科歯科大・金沢工業大・リコー(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月26日 日経 xTECH,2019年07月

    リコーが医療機器として申請へ、神経機能を可視化する「脊磁計」(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 日本の研究.com,2019年07月

    東京医科歯科大学・金沢工業大学・リコーが共同で、非侵襲で脊髄の神経活動を可視化する「脊磁計」を開発(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 AFPBB News,2019年07月

    東京医科歯科大学・金沢工業大学・リコー、「脊磁計」を用いた腰部・頚部・末梢神経の生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 デジタル毎日,2019年07月

    東京医科歯科大学・金沢工業大学・リコー、「脊磁計」を用いた腰部・頚部・末梢神経の生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月24日 日本経済新聞,2019年07月

    東京医科歯科大・金沢工大・リコー、脊髄磁界計測システムを用いた腰部・頚部・末梢神経の生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 朝日新聞デジタル,2019年07月

    神経の信号を「見える化」実用化めど リコーと2大学:(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月24日 マイナビニュース,2019年07月

    身体を傷つけないで腰/脛/末梢神経の生体磁界計測に成功 - TMDUなど(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 Yahoo!ファイナンス,2019年07月

    リコー、東京医科歯科大学や金沢工業大学と、腰部、頚部、末梢神経の生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 MORNINGSTAR,2019年07月

    リコー、東京医科歯科大学や金沢工業大学と、腰部、頚部、末梢神経の生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月24日 IoTNEWS,2019年07月

    リコー・東京医科歯科大学・金沢工業大学、身体を傷つけずに神経活動を可視化する脊髄磁界計測システムを用いた腰部などの生体磁界計測に成功(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 化学工業日報 7面,2019年07月

    非侵襲で神経活動可視化 リコー・東京医歯大など 腰部や末梢神経(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年7月25日 電波新聞 3面,2019年07月

    リコーがヘルスケア事業強化 東京医科歯科大、金沢工大と共同で「脊磁計」システム初開発(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年5月9日 日経産業新聞,2019年05月

    HDD技術、心臓可視化(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年4月9日 日経産業新聞,2019年04月

    医療機器を小さく安く 電子部品各社、ノウハウ展開(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • プレスリリース「磁気センサ: 世界初、MR磁気センサで心臓活動のリアルタイムでのモニタリングに成功」,2019年03月

    -(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年3月9日 日本経済新聞WEB,2019年03月

    TDK、磁気センサーで心臓を可視化測定コスト5分の1(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年3月29日 MagneticsMag.com,2019年03月

    First Real-Time Monitoring of Biomagnetic Field of Human Heart Reported by Medical R&D Team in Tokyo(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年3月10日 日本経済新聞 7面,2019年03月

    心臓の異常 磁気で検出(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年1月23日 読売新聞 17面 くらし,2019年01月

    医療ルネサンス No6965 手足のしびれ
    「脊柱管狭まり神経圧迫」(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 2019年1月23日 読売新聞 WEB,2019年01月

    医療ルネサンス No6965 手足のしびれ
    「脊柱管狭まり神経圧迫」(川端茂徳:先端技術医療応用学講座)

  • 日本経済新聞朝刊 14ページ,2017年05月

    心臓の動き見える化 TDK・東京医歯大磁気センサーで(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月9日 EE Times,2016年06月

    MRセンサーで心臓活動の測定に初めて成功、TDK(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 日刊工業新聞 10面掲載,2016年06月

    心臓の磁場分布測定(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 産経,フジサンケイビジネスアイ,2016年06月

    心磁気センサ(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 日経デジタルヘルス,2016年06月

    TDK、心臓の活動を磁気センサーで(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 gooニュース,2016年06月

    心臓の磁場変化、常温で可視化 TDKなど、高感度センサー(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 Yahoo!ニュース,2016年06月

    心臓の磁場変化、常温で可視化 TDKなど、高感度センサー(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 企業情報FISCO,2016年06月

    心臓の磁場変化を常温で可視化する磁場センサー開発 マーケット速報(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月8日 SankeiBiz,2016年06月

    心臓の磁場変化、常温で可視化 TDKなど、高感度センサー開発(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年6月7日 日経産業新聞 6面掲載,2016年06月

    心磁気センサ(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年3月12日 日本経済新聞,2016年03月

    リコー、医療機器に参入(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年3月1日 日経ものづくり(P28-29),2016年03月

    神経信号を高精度に見える化(先端技術医療応用学講座)

  • 2016年2月2日 EE Times,2016年02月

    脊髄機能を見える化するセンサー、MRIと併用へ(先端技術医療応用学講座)

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 生体磁気センサの共同研究について(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳) ,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年02月28日

  • 手足のしびれ(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),読売新聞東京本社,読売新聞,2018年12月19日

  • 脊磁計について(先端技術医療応用学講座 川端 茂徳),リコー,リコーWebサイト,2018年03月15日

  • 生体磁気センシングの未来,TDK,TDKWebサイト,2017年09月21日