基本情報

写真a

大友 康裕(オオトモ ヤスヒロ)

OTOMO Yasuhiro


職名

教授

生年

1959年

メールアドレス

otomo.accm@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 日本医科大学  医学部  1984年  卒業

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 救急災害医学 教授
  • 2006年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 救急災害医学 教授
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 救急災害医学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 昭和59年3月 日本医科大学医学部 卒業
  • 平成4年3月 日本医科大学大学院医学研究科 修了 博士(医学)
  • 昭和59年6月 日本医科大学救急医学教室入局 付属病院救命救急センター勤務
  • 平成3年4月 総合会津中央病院救命救急センター部長
  • 平成4年12月 日本医科大学付属病院救命救急センター
  • 平成6年1月 日本医科大学付属千葉北総病院 救命救急部医局長
  • 平成7年7月 国立病院東京災害医療センター 救命救急センター、第2外科医長, 日本医科大学兼任講師
  • 平成12年4月 国立病院東京災害医療センター 副救命救急センター長
  • 平成12年12月 同 臨床研究部治療技術研究室長
  • 平成14年4月 同 救命救急センター長
  • 平成16年4月 国立病院機構災害医療センター 救命救急センター部長、救命救急センター長
  • 平成18年1月 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 救急災害医学分野教授、東京医科歯科大学医学部附属病院 病院長補佐 ERセンター長
  • 平成19年4月 同 救命救急センター長

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 学会役員等(抜粋)
  • 平成12年11月 日本外傷学会外傷研修コース開発委員会委員
  • 平成13年10月 日本救急医学会外傷研修コース企画運営特別委員会委員
  • 平成14年3月 日本救急医学会DIC特別委員会委員
  • 平成14年3月 日本救急医学会 JPTEC協議会本部世話人
  • 平成15年12月 日本救急医学会メディカルコントロール体制検討委員会 JPTECテキスト編集委員会委員
  • 平成17年4月 日本集団災害医学会用語委員会 委員長
  • 平成19年9月 日本外科学会専門医認定委員会試験委員
  • 平成20年2月 日本集団災害医学会理事
  • 平成20年4月 JPTEC関東代表
  • 平成20年5月 日本外傷学会理事
  • 平成20年5月 日本集団災害医学会 災害医療コーディネーション委員会 委員長
  • 平成21年1月 日本救急医学会救急部門のあり方委員会委員
  • 平成22年7月 日本外科学会専門医制度委員会委員
  • 平成23年1月 日本救急医学会救急部門のあり方委員会 委員長
  • 行政関係(抜粋)
  • 平成15年12月 東京DMAT計画運営検討委員会委員
  • 平成16年10月 国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム研修方針検討会 委員長
  • 平成18年8月 総務省消防庁「災害時における消防と医療の連携に関する検討会」委員
  • 平成18年10月 厚生労働省 厚生科学審議会健康危機管理部会委員
  • 平成20年6月 総務省消防庁「消防機関における新型インフルエンザ対策検討会」座長
  • 平成21年4月 総務省消防庁「航空消防防災体制のあり方に関する研究会」委員
  • 平成22年5月 日本DMAT検討委員会 副委員長、日本DMAT検討委員会作業部会部会長
  • 平成23年5月 国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム支援委員会 副委員長、同総合調整部会 部会長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 救急医学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 外傷患者に対する適切な救急医療提供体制の構築に資する研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2023年03月

  • 浸水被害も含めた、新たな医療機関の事業継続計画(BCP)策定に資する研究

    厚生労働省 : 2021年04月 - 2023年03月

  • 大量出血症例に対するフィブリノゲン濃縮製剤投与と輸血量に関する介入研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • 東日本大震災の課題からみた今後の災害医療体制のあり方に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • 首都直下地震に対応したDMATの戦略的医療活動に必要な医療支援の定量的評価に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • 災害時における医療チームと関係機関との連携に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 -

  • CBRNE事態における公衆衛生対応に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 -

  • 災害における公衆衛生的な活動を行う支援組織の創設に係る研究

    厚生労働省 : 2012年04月 -

  • 日本発の新しい外傷重症度スコアの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2016年

  • 敗血症に伴う多臓器不全に対する内皮細胞保護療法

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sasaki Y, Nakakuki K, Ikeda M, Sumi Y, Miura H, Imazu Y, Otomo Y. Undergraduate medical and dental science students’ interest and support needs in medical volunteer activities during times of disasters Japanese Journal of Disaster Medicine. 2022.04; 27 102-109. ( DOI )

  2. Ishii E, Nawa N, Matsui H, Otomo Y, Fujiwara T. Response to the Letter to the Editor on "Comparison of disease patterns and outcomes between non-Japanese and Japanese patients at a single tertiary emergency care center in Japan". Journal of epidemiology. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  3. Fujishima Seitaro, Gando Satoshi, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Shiraishi Atsushi, Mayumi Toshihiko, Sasaki Junichi, Kotani Joji, Takeyama Naoshi, Tsuruta Ryosuke, Takuma Kiyotsugu, Yamashita Norio, Shiraishi Shin-ichiro, Ikeda Hiroto, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Yamakawa Kazuma, Umemura Yutaka. Incidence and Impact of Dysglycemia in Patients with Sepsis Under Moderate Glycemic Control SHOCK. 2021.10; 56 (4): 507-513. ( PubMed, DOI )

  4. Hatakeyama Toshihiro, Kiguchi Takeyuki, Sera Toshiki, Nachi Sho, Ochiai Kanae, Kitamura Tetsuhisa, Ogura Shinji, Otomo Yasuhiro, Iwami Taku. Physician's presence in pre-hospital setting improves one-month favorable neurological survival after out-of-hospital cardiac arrest: A propensity score matching analysis of the JAAM-OHCA Registry RESUSCITATION. 2021.10; 167 38-46. ( PubMed, DOI )

  5. Nakatsutsumi Keita, Morishita Koji, Yagi Masayuki, Doki Sanae, Watanabe Arisa, Ikegami Nahoko, Kobayashi Testuyuki, Kojima Mitsuaki, Senda Atsushi, Yamamoto Kouhei, Aiboshi Junichi, Coimbra Raul, Otomo Yasuhiro. Vagus nerve stimulation modulates arachidonic acid production in the mesenteric lymph following intestinal ischemia-reperfusion injury JOURNAL OF TRAUMA AND ACUTE CARE SURGERY. 2021.10; 91 (4): 700-707. ( PubMed, DOI )

  6. Nagaoka Eiki, Arai Hirokuni, Ugawa Toyomu, Masuda Takahiro, Ochiai Kanae, Tamaoka Meiyo, Kurashima Naoki, Oi Keiji, Fujiwara Tatsuki, Yoshida Masayuki, Shigemitsu Hidenobu, Otomo Yasuhiro. Efficacy of multidisciplinary team approach with extracorporeal membrane oxygenation for COVID-19 in a low volume ECMO center ARTIFICIAL ORGANS. 2021.09; 45 (9): 1061-1067. ( PubMed, DOI )

  7. Ishikawa Shigeto, Miyagawa Ippei, Kusanaga Masashi, Abe Toshikazu, Shiraishi Atsushi, Fujishima Seitaro, Ogura Hiroshi, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Shiino Yasukazu, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Takeyama Naoshi, Gando Satoshi, Mayumi Toshihiko. Association of frailty on treatment outcomes among patients with suspected infection treated at emergency departments EUROPEAN JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE. 2021.08; 28 (4): 285-291. ( PubMed, DOI )

  8. Nakatsutsumi K, Endo A, Okuzawa H, Onishi I, Koyanagi A, Nagaoka E, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y. Colon perforation as a complication of COVID-19: a case report. Surgical case reports. 2021.08; 7 (1): 175. ( PubMed, DOI )

  9. Nakatsutsumi Keita, Endo Akira, Okuzawa Hiraaki, Onishi Ichiro, Koyanagi Anri, Nagaoka Eiki, Morishita Koji, Aiboshi Junichi, Otomo Yasuhiro. Colon perforation as a complication of COVID-19: a case report(和訳中) Surgical Case Reports. 2021.08; 7 1 of 5-5 of 5. ( 医中誌 )

  10. Takayama W, Endo A, Morishita K, Otomo Y. Dielectric Blood Coagulometry for the Early Detection of Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Prospective Observational Study. Critical care medicine. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  11. Takayama Wataru, Endo Akira, Murata Kiyoshi, Hoshino Kota, Kim Shiei, Shinozaki Hiroharu, Harada Keisuke, Nagano Hiroaki, Hagiwara Masahiro, Tsuchihashi Atsuhito, Shimada Nagato, Kitamura Naomi, Kuramoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro. The impact of blood type on the mortality of patients with severe abdominal trauma: a multicenter observational study SCIENTIFIC REPORTS. 2021.08; 11 (1): 16147. ( PubMed, DOI )

  12. Endo Akira, Saida Fumitaka, Mochida Yuzuru, Kim Shiei, Otomo Yasuhiro, Nemoto Daisuke, Matsubara Hisahiro, Yamagishi Shigeru, Murao Yoshinori, Mashiko Kazuki, Hirano Satoshi, Yoshikawa Kentaro, Sera Toshiki, Inaba Mototaka, Koami Hiroyuki, Kobayashi Makoto, Murata Kiyoshi, Shoko Tomohisa, Takiguchi Noriaki. Planned Versus On-Demand Relaparotomy Strategy in Initial Surgery for Non-occlusive Mesenteric Ischemia JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY. 2021.07; 25 (7): 1837-1846. ( PubMed, DOI )

  13. Takayama Wataru, Endo Akira, Otomo Yasuhiro. Anticoagulation therapy using unfractionated heparin at a therapeutic dose for coronavirus disease 2019 patients with severe pneumonia: a retrospective historical control study(和訳中) Acute Medicine & Surgery. 2021.06; 8 (1): 1 of 7-7 of 7. ( 医中誌 )

  14. Takada Yosuke, Otomo Yasuhiro, Karki Khem Bahadur. Evaluation of Emergency Medical Team Coordination Following the 2015 Nepal Earthquake DISASTER MEDICINE AND PUBLIC HEALTH PREPAREDNESS. 2021.06; 15 (3): 308-315. ( PubMed, DOI )

  15. Mitsumura Takahiro, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Iijima Yuki, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Aiboshi Junichi, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Shigemitsu Hidenobu, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Tohda Shuji, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Yasuda Shinsuke, Miyazaki Yasunari. Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2021.06; 27 (6): 857-863. ( PubMed, DOI )

  16. Mitsumura Takahiro, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Iijima Yuki, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Aiboshi Junichi, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Shigemitsu Hidenobu, Arai Hirokuni, Otomo Yasuhiro, Tohda Shuji, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Yasuda Shinsuke, Miyazaki Yasunari. Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia(和訳中) Journal of Infection and Chemotherapy. 2021.06; 27 (6): 857-863. ( 医中誌 )

  17. Mori Shusuke, Hori Atsushi, Turker Isik, Inaji Motoki, Bello-Pardo Erika, Miida Takashi, Otomo Yasuhiro, Ai Tomohiko. Abnormal Cardiac Repolarization After Seizure Episodes in Structural Brain Diseases: Cardiac Manifestation of Electrical Remodeling in the Brain? JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION. 2021.05; 10 (9): e019778. ( PubMed, DOI )

  18. Wada Takeshi, Shiraishi Atsushi, Gando Satoshi, Yamakawa Kazuma, Fujishima Seitaro, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Mayumi Toshihiko, Sasaki Junichi, Kotani Joji, Takeyama Naoshi, Tsuruta Ryosuke, Takuma Kiyotsugu, Yamashita Norio, Shiraishi Shin-ichiro, Ikeda Hiroto, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Umemura Yutaka, Otomo Yasuhiro. Disseminated intravascular coagulation immediately after trauma predicts a poor prognosis in severely injured patients SCIENTIFIC REPORTS. 2021.05; 11 (1): 11031. ( PubMed, DOI )

  19. Morishita Koji, Matsushima Kazuhide, Benitez Yanez, Ito Kaori, Inoue Satoshi, Okada Kazuya, Hondo Kenichi, Kato Nagisa, Yagi Masayuki, Otomo Yasuhiro. Evaluation of bleeding control course for health-care providers in Japan(和訳中) Acute Medicine & Surgery. 2021.05; 8 (1): 1 of 5-5 of 5. ( 医中誌 )

  20. Yamamoto Ryo, Fujishima Seitaro, Sasaki Junichi, Gando Satoshi, Saitoh Daizoh, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Mayumi Toshihiko, Kotani Joji, Nakada Taka-aki, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Shiraishi Shin-Ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Hifumi Toru, Yamakawa Kazuma, Hagiwara Akiyoshi, Otomo Yasuhiro. Hyperoxemia during resuscitation of trauma patients and increased intensive care unit length of stay: inverse probability of treatment weighting analysis WORLD JOURNAL OF EMERGENCY SURGERY. 2021.04; 16 (1): 19. ( PubMed, DOI )

  21. Morishita Koji, Takase Kozo, Ishikane Masahiro, Otomo Yasuhiro. Impact of incentives for health-care workers wearing personal protective equipment while dealing with coronavirus disease in Japan(和訳中) Journal of Occupational Health. 2021.04; 63 (1): 1 of 3-3 of 3. ( 医中誌 )

  22. Shiraishi Atsushi, Gando Satoshi, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Mayumi Toshihiko, Fujishima Seitaro, Hagiwara Akiyoshi, Shiino Yasukazu, Shiraishi Shin-ichiro, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sasaki Junichi, Takuma Kiyotsugu, Yamakawa Kazuma, Hanaki Yoshihiro, Harada Masahiro, Morino Kazuma. Quick sequential organ failure assessment versus systemic inflammatory response syndrome criteria for emergency department patients with suspected infection SCIENTIFIC REPORTS. 2021.03; 11 (1): 5347. ( PubMed, DOI )

  23. Nakao M, Matsuda J, Iwai M, Endo A, Yonetsu T, Otomo Y, Sasano T. Coronary spasm and optical coherence tomography defined plaque erosion causing ST-segment-elevation acute myocardial infarction in a patient with COVID-19 pneumonia. Journal of cardiology cases. 2021.02; 23 (2): 87-89. ( PubMed, DOI )

  24. Umemura Yutaka, Ogura Hiroshi, Takuma Kiyotsugu, Fujishima Seitato, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Hifumi Toru, Hagiwara Akiyoshi, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Saitoh Daizoh, Mayumi Toshihiko, Yamakawa Kazuma, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Tsuruta Ryosuke, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Gando Satoshi. Current spectrum of causative pathogens in sepsis: A prospective nationwide cohort study in Japan INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES. 2021.02; 103 343-351. ( PubMed, DOI )

  25. Nakao Masahiko, Matsuda Junji, Iwai Miho, Endo Akira, Yonetsu Taishi, Otomo Yasuhiro, Sasano Tetsuo. COVID-19肺炎患者における冠血管攣縮と光干渉断層撮影で明らかになったST上昇型心筋梗塞を引き起こすプラークびらん(Coronary spasm and optical coherence tomography defined plaque erosion causing ST-segment-elevation acute myocardial infarction in a patient with COVID-19 pneumonia) Journal of Cardiology Cases. 2021.02; 23 (2): 87-89. ( 医中誌 )

  26. Iijima Yuki, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Mitsumura Takahiro, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Aiboshi Junichi, Otomo Yasuhiro, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Miyazaki Yasunari. MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2021.02; 27 (2): 284-290. ( PubMed, DOI )

  27. Hagiwara Akiyoshi, Tanaka Noriko, Inaba Yosuke, Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Otomo Yasuhiro, Ikeda Hiroto, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Shiino Yasukazu, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tarui Takehiko, Tsuruta Ryosuke, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Yamakawa Kazuma, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Abe Toshikazu, Ueyama Masashi, Okamoto Kohji, Sasaki Junichi, Masuno Tomohiko, Mayumi Toshihiko, Fujishima Seitaro, Umemura Yutaka, Fujimi Satoshi. Predictors of severe sepsis-related in-hospital mortality based on a multicenter cohort study The Focused Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis, and Trauma study MEDICINE. 2021.02; 100 (8): e24844. ( PubMed, DOI )

  28. Iijima Yuki, Okamoto Tsukasa, Shirai Tsuyoshi, Mitsumura Takahiro, Sakakibara Rie, Honda Takayuki, Ishizuka Masahiro, Tateishi Tomoya, Tamaoka Meiyo, Aiboshi Junichi, Otomo Yasuhiro, Anzai Tatsuhiko, Takahashi Kunihiko, Miyazaki Yasunari. MuLBSTAスコアはCOVID-19疾患の挙動を予測するための有用なツールである(MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior) Journal of Infection and Chemotherapy. 2021.02; 27 (2): 284-290. ( 医中誌 )

  29. Coccolini Federico, Kluger Yoram, Moore Ernest E., Maier Ronald V., Coimbra Raul, Ordonez Carlos, Ivatury Rao, Kirkpatrick Andrew W., Biffl Walter, Sartelli Massimo, Hecker Andreas, Ansaloni Luca, Leppaniemi Ari, Reva Viktor, Civil Ian, Vega Felipe, Chiarugi Massimo, Chichom-Mefire Alain, Sakakushev Boris, Peitzman Andrew, Chiara Osvaldo, Abu-Zidan Fikri, Maegele Marc, Miccoli Mario, Chirica Mircea, Khokha Vladimir, Sugrue Michael, Fraga Gustavo P., Otomo Yasuhiro, Baiocchi Luca, Catena Fausto. Trauma quality indicators: internationally approved core factors for trauma management quality evaluation WORLD JOURNAL OF EMERGENCY SURGERY. 2021.02; 16 (1): 6. ( PubMed, DOI )

  30. Morimura Naoto, Mizobata Yasumitsu, Sugita Manabu, Takeda Satoshi, Kiyozumi Tetsuro, Shoko Tomohisa, Inoue Yoshiaki, Otomo Yasuhiro, Sakurai Atsushi, Koido Yuichi, Tanabe Seizan, Okumura Tetsu, Yamasawa Fumihiro, Tanaka Hideharu, Kinoshi Tomoya, Kaku Koki, Matsuda Kiyoshi, Kitamura Nobuya, Hayakawa Tatsuya, Kuroda Yasuhiro, Kuroki Yumiko, Sasaki Junichi, Oda Jun, Inokuchi Masataka, Kakuta Toru, Arai Satoru, Sato Noriaki, Matsuura Hiroyuki, Nozawa Masahiro, Osamura Toshio, Yamashita Kazunori, Okudera Hiroshi, Kawana Akihiko, Koshinaga Tsugumichi, Hirano Satoshi, Sugawara Erisa, Kamata Michihiro, Tajiri Yasuhito, Kohno Mototsugu, Suzuki Michiyasu, Nakase Hiroyuki, Suehiro Eiichi, Yamase Hiroaki, Otake Hiroshi, Morisaki Hiroshi, Ozawa Akiko, Takahashi Sho, Otsuka Kotaro, Harikae Kiyokazu, Kishi Kazuo, Mizuno Hiroshi, Nakajima Hideaki, Ueta Hiroki, Nagayama Masao, Kikuchi Migaku, Yokota Hiroyuki, Shimazu Takeshi, Yukioka Tetsuo, The Joint Committee of the Academic Consortium on Emergency Medical Services,Disaster Medical Response Plan during the Tokyo Olympic and Paralympic Games in 2020(AC2020). 集団災害時の医療 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催中における救急・災害医療体制の準備状況 AC2020からの報告(Medicine at mass gatherings: current progress of preparedness of emergency medical services and disaster medical response during 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games from the perspective of the Academic Consortium(AC2020)) Acute Medicine & Surgery. 2021.02; 8 (1): 1 of 12-12 of 12. ( 医中誌 )

  31. Takayama W, Endo A, Otomo Y. Anticoagulation therapy using unfractionated heparin at a therapeutic dose for coronavirus disease 2019 patients with severe pneumonia: a retrospective historical control study. Acute medicine & surgery. 2021.01; 8 (1): e679. ( PubMed, DOI )

  32. Oami Takehiko, Karasawa Satoshi, Shimada Tadanaga, Nakada Taka-aki, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Association between low body mass index and increased 28-day mortality of severe sepsis in Japanese cohorts SCIENTIFIC REPORTS. 2021.01; 11 (1): 1615. ( PubMed, DOI )

  33. Morishita K, Matsushima K, Benitez Y, Ito K, Inoue S, Okada K, Hondo K, Kato N, Yagi M, Otomo Y. Evaluation of bleeding control course for health-care providers in Japan. Acute medicine & surgery. 2021.01; 8 (1): e646. ( PubMed, DOI )

  34. Morishita Koji, Takase Kozo, Ishikane Masahiro, Otomo Yasuhiro. Impact of incentives for health-care workers wearing personal protective equipment while dealing with coronavirus disease in Japan JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH. 2021.01; 63 (1): e12213. ( PubMed, DOI )

  35. Morimura N, Mizobata Y, Sugita M, Takeda S, Kiyozumi T, Shoko T, Inoue Y, Otomo Y, Sakurai A, Koido Y, Tanabe S, Okumura T, Yamasawa F, Tanaka H, Kinoshi T, Kaku K, Matsuda K, Kitamura N, Hayakawa T, Kuroda Y, Kuroki Y, Sasaki J, Oda J, Inokuchi M, Kakuta T, Arai S, Sato N, Matsuura H, Nozawa M, Osamura T, Yamashita K, Okudera H, Kawana A, Koshinaga T, Hirano S, Sugawara E, Kamata M, Tajiri Y, Kohno M, Suzuki M, Nakase H, Suehiro E, Yamase H, Otake H, Morisaki H, Ozawa A, Takahashi S, Otsuka K, Harikae K, Kishi K, Mizuno H, Nakajima H, Ueta H, Nagayama M, Kikuchi M, Yokota H, Shimazu T, Yukioka T, Joint Committee of the Academic Consortium on Emergency Medical Services, Disaster Medical Response Plan during the Tokyo Olympic and Paralympic Games in 2020 (AC2020).. Medicine at mass gatherings: current progress of preparedness of emergency medical services and disaster medical response during 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games from the perspective of the Academic Consortium (AC2020). Acute medicine & surgery. 2021.01; 8 (1): e626. ( PubMed, DOI )

  36. Endo Akira, Kojima Mitsuaki, Uchiyama Saya, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro. Physician-led prehospital management is associated with reduced mortality in severe blunt trauma patients: a retrospective analysis of the Japanese nationwide trauma registry SCANDINAVIAN JOURNAL OF TRAUMA RESUSCITATION & EMERGENCY MEDICINE. 2021.01; 29 (1): 9. ( PubMed, DOI )

  37. Shiraki H, Morishita K, Kishino M, Nakatsutsumi K, Kimura K, Shirai T, Ishizuka M, Miyazaki Y, Aiboshi J, Otomo Y. An Experience of Multiple Hematomas in a Coronavirus Disease-19 Patient Administered with ART-123 and Heparin. Open access emergency medicine : OAEM. 2021; 13 207-211. ( PubMed, DOI )

  38. Komori Akira, Abe Toshikazu, Yamakawa Kazuma, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Otomo Yasuhiro, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiino Yasukazu, Takeyama Naoshi, Tarui Takehiko, Tsuruta Ryosuke, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Iriyama Hiroki, Naito Toshio, Gando Satoshi. Characteristics and outcomes of frail patients with suspected infection in intensive care units: a descriptive analysis from a multicenter cohort study BMC GERIATRICS. 2020.12; 20 (1): 485. ( PubMed, DOI )

  39. Ishii E, Nawa N, Matsui H, Otomo Y, Fujiwara T. Comparison of disease patterns and outcomes between non-Japanese and Japanese patients at a single tertiary emergency care center in Japan. Journal of epidemiology. 2020.12; ( PubMed, DOI )

  40. Hashimoto Daisuke, Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, MasakazuToi, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Ohki Takao, Kodera Yasuhiro. Is there disparity between regions and facilities in surgical resident training in Japan? Insights from a national survey SURGERY TODAY. 2020.12; 50 (12): 1585-1593. ( PubMed, DOI )

  41. Senda Atsushi, Morishita Koji, Kojima Mitsuaki, Doki Sanae, Taylor Beth, Yagi Masayuki, Watanabe Arisa, Kobayashi Tetsuyuki, Aiboshi Junichi, Coimbra Raul, Otomo Yasuhiro. The role of mesenteric lymph exosomal lipid mediators following intestinal ischemia-reperfusion injury on activation of inflammation JOURNAL OF TRAUMA AND ACUTE CARE SURGERY. 2020.12; 89 (6): 1099-1106. ( PubMed, DOI )

  42. Hashimoto Daisuke, Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, Toi Masakazu, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Ohki Takao, Kodera Yasuhiro. 日本の外科研修医のトレーニングは地域や施設によって格差があるのか 全国調査から得られた知見(Is there disparity between regions and facilities in surgical resident training in Japan? Insights from a national survey) Surgery Today. 2020.12; 50 (12): 1585-1593. ( 医中誌 )

  43. Nakata Hidekazu, Yamakawa Kazuma, Kabata Daijiro, Umemura Yutaka, Ogura Hiroshi, Gando Satoshi, Shintani Ayumi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi. IDENTIFYING SEPTIC SHOCK POPULATIONS BENEFITTING FROM POLYMYXIN B HEMOPERFUSION: A PROSPECTIVE COHORT STUDY INCORPORATING A RESTRICTED CUBIC SPLINE REGRESSION MODEL SHOCK. 2020.11; 54 (5): 667-674. ( PubMed, DOI )

  44. Takayama W, Endo A, Yoshii J, Arai H, Oi K, Nagaoka E, Toyama S, Yamamoto H, Uchida T, Otomo Y. Severe COVID-19 Pneumonia in a 30-Year-Old Woman in the 36th Week of Pregnancy Treated with Postpartum Extracorporeal Membrane Oxygenation. The American journal of case reports. 2020.10; 21 e927521. ( PubMed, DOI )

  45. Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Wada Takeshi, Yamakawa Kazuma, Fujishima Seitaro, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Otomo Yasuhiro. A multicenter prospective validation study on disseminated intravascular coagulation in trauma-induced coagulopathy JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2020.09; 18 (9): 2232-2244. ( PubMed, DOI )

  46. Mori Shusuke, Ai Tomohiko, Otomo Yasuhiro. Characteristics, laboratories, and prognosis of severe COVID-19 in the Tokyo metropolitan area: A retrospective case series PLOS ONE. 2020.09; 15 (9): e0239644. ( PubMed, DOI )

  47. Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Stefanidis Dimitrios, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hashimoto Daisuke, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, Toi Masakazu, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Kodera Yasuhiro. Are graduating residents sufficiently competent? Results of a national gap analysis survey of program directors and graduating residents in Japan SURGERY TODAY. 2020.09; 50 (9): 995-1001. ( PubMed, DOI )

  48. Takayama Wataru, Endo Akira, Koguchi Hazuki, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Age-related differences in the impact of coagulopathy in patients with isolated traumatic brain injury: An observational cohort study JOURNAL OF TRAUMA AND ACUTE CARE SURGERY. 2020.09; 89 (3): 523-528. ( PubMed, DOI )

  49. Endo Akira, Kojima Mitsuaki, Hong Zhi-Jie, Otomo Yasuhiro, Coimbra Raul. Open-chest versus closed-chest cardiopulmonary resuscitation in trauma patients with signs of life upon hospital arrival: a retrospective multicenter study CRITICAL CARE. 2020.09; 24 (1): 541. ( PubMed, DOI )

  50. Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Stefanidis Dimitrios, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hashimoto Daisuke, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, Toi Masakazu, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Kodera Yasuhiro. 研修修了医は十分な技能を有するか 日本の研修責任者と研修修了医を対象とした全国ギャップ分析調査の結果から(Are graduating residents sufficiently competent? Results of a national gap analysis survey of program directors and graduating residents in Japan) Surgery Today. 2020.09; 50 (9): 995-1001. ( 医中誌 )

  51. Senda Atsushi, Endo Akira, Tachimori Hisateru, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. Early administration of glucocorticoid for thyroid storm: analysis of a national administrative database CRITICAL CARE. 2020.07; 24 (1): 470. ( PubMed, DOI )

  52. Imazawa W, Nakamura H, Yagi M, Morishita K, Otomo Y, Ueno A. Measurement of Vagus Nerve Response to Transcutaneous Electrical Ear Canal Stimulation in Anesthetized Rat. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference. 2020.07; 2020 5216-5219. ( PubMed, DOI )

  53. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. Reply to the comment by Osuka et al. JOURNAL OF INTENSIVE CARE. 2020.07; 8 (1): 48. ( PubMed, DOI )

  54. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. Osuka氏らのコメントに対する回答(Reply to the comment by Osuka et al.) Journal of Intensive Care. 2020.07; 8 1 of 3-3 of 3. ( 医中誌 )

  55. Gando Satoshi, Fujishima Seitaro, Saitoh Daizoh, Shiraishi Atsushi, Yamakawa Kazuma, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Mayumi Toshihiko, Sasaki Junichi, Kotani Joji, Takeyama Naoshi, Tsuruta Ryosuke, Takuma Kiyotsugu, Yamashita Norio, Shiraishi Shin-ichiro, Ikeda Hiroto, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Umemura Yutaka. The significance of disseminated intravascular coagulation on multiple organ dysfunction during the early stage of acute respiratory distress syndrome THROMBOSIS RESEARCH. 2020.07; 191 15-21. ( PubMed, DOI )

  56. Abe Toshikazu, Yamakawa Kazuma, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Otomo Yasuhiro, Kotani Joji, Umemura Yutaka, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiino Yasukazu, Takeyama Naoshi, Tarui Takehiko, Shiraishi Shin-ichiro, Tsuruta Ryosuke, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Hagiwara Akiyoshi, Ueyama Masashi, Yamashita Norio, Masuno Tomohiko, Ikeda Hiroto, Komori Akira, Iriyama Hiroki, Gando Satoshi. Epidemiology of sepsis and septic shock in intensive care units between sepsis-2 and sepsis-3 populations: sepsis prognostication in intensive care unit and emergency room (SPICE-ICU) JOURNAL OF INTENSIVE CARE. 2020.06; 8 (1): 44. ( PubMed, DOI )

  57. Urushibata Nao, Murata Kiyoshi, Endo Hideki, Yoshiyuki Ayako, Otomo Yasuhiro. Evaluation of manual chest compressions according to the updated cardiopulmonary resuscitation guidelines and the impact of feedback devices in an educational resuscitation course BMC EMERGENCY MEDICINE. 2020.06; 20 (1): 49. ( PubMed, DOI )

  58. Shimazui Takashi, Nakada Taka-aki, Walley Keith R., Oshima Taku, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Significance of body temperature in elderly patients with sepsis CRITICAL CARE. 2020.06; 24 (1): 387. ( PubMed, DOI )

  59. Abe Toshikazu, Yamakawa Kazuma, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Otomo Yasuhiro, Kotani Joji, Umemura Yutaka, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiino Yasukazu, Takeyama Naoshi, Tarui Takehiko, Shiraishi Shin-ichiro, Tsuruta Ryosuke, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Hagiwara Akiyoshi, Ueyama Masashi, Yamashita Norio, Masuno Tomohiko, Ikeda Hiroto, Komori Akira, Iriyama Hiroki, Gando Satoshi. 敗血症-2群と敗血症-3群におけるICUでの敗血症および敗血症性ショックの疫学的比較 ICUと救急初療室における敗血症の予後(SPICE-ICU)(Epidemiology of sepsis and septic shock in intensive care units between sepsis-2 and sepsis-3 populations: sepsis prognostication in intensive care unit and emergency room(SPICE-ICU)) Journal of Intensive Care. 2020.06; 8 1 of 9-9 of 9. ( 医中誌 )

  60. Fujishima Seitaro, Gando Satoshi, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Shiraishi Atsushi, Mayumi Toshihiko, Sasaki Junichi, Kotani Joji, Takeyama Naoshi, Tsuruta Ryosuke, Takuma Kiyotsugu, Yamashita Norio, Shiraishi Shin-ichiro, Ikeda Hiroto, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Yamakawa Kazuma, Umemura Yutaka. Demographics, Treatments, and Outcomes of Acute Respiratory Distress Syndrome: the Focused Outcomes Research in Emergency Care in Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis, and Trauma (FORECAST) Study SHOCK. 2020.05; 53 (5): 544-549. ( PubMed, DOI )

  61. Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Mayumi Toshihiko, Fujishima Seitaro, Hagiwara Akiyoshi, Shiino Yasukazu, Shiraishi Shin-ichiro, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sasaki Junichi, Takuma Kiyotsugu, Yamakawa Kazuma. The SIRS criteria have better performance for predicting infection than qSOFA scores in the emergency department SCIENTIFIC REPORTS. 2020.05; 10 (1): 8095. ( PubMed, DOI )

  62. Hifumi Toru, Fujishima Seitaro, Ubukata Kimiko, Hagiwara Akiyoshi, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Mayumi Toshihiko, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiino Yasukazu, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tarui Takehiko, Tsuruta Ryosuke, Nakada Taka-aki, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. β型溶血連鎖球菌と肺炎連鎖球菌の細菌毒性に関連した重症敗血症および敗血症性ショック患者の臨床的特徴(Clinical characteristics of patients with severe sepsis and septic shock in relation to bacterial virulence of beta-hemolytic Streptococcus and Streptococcus pneumoniae) Acute Medicine & Surgery. 2020.05; 7 (1): 1 of 8-8 of 8. ( 医中誌 )

  63. Takada Yosuke, Otomo Yasuhiro. Study of Medical Demand-Supply Balance for the Nankai Trough Earthquake PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE. 2020.04; 35 (2): 160-164. ( PubMed, DOI )

  64. Yagi Masayuki, Morishita Koji, Ueno Akinori, Nakamura Hajime, Akabori Hiroya, Senda Atsushi, Kojima Mitsuaki, Aiboshi Junichi, Costantini Todd, Coimbra Raul, Otomo Yasuhiro. Electrical stimulation of the vagus nerve improves intestinal blood flow after trauma and hemorrhagic shock SURGERY. 2020.03; 167 (3): 638-645. ( PubMed, DOI )

  65. Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Impact of blood glucose abnormalities on outcomes and disease severity in patients with severe sepsis: An analysis from a multicenter, prospective survey of severe sepsis PLOS ONE. 2020.03; 15 (3): e0229919. ( PubMed, DOI )

  66. Abe Toshikazu, Suzuki Tomoharu, Kushimoto Shigeki, Fujishima Seitaro, Sugiyama Takehiro, Iwagami Masao, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Mayumi Toshihiko, Iriyama Hiroki, Komori Akira, Nakada Taka-Aki, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-Ichiro, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Takuma Kiyotsugu, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Gando Satoshi. History of diabetes may delay antibiotic administration in patients with severe sepsis presenting to emergency departments MEDICINE. 2020.03; 99 (11): e19446. ( PubMed, DOI )

  67. Endo Hideki, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. The off-hour effect in severe trauma and the structure of care delivery among Japanese emergency and critical care centers: A retrospective cohort study SURGERY. 2020.03; 167 (3): 653-660. ( PubMed, DOI )

  68. Komori Akira, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Naito Toshio, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Characteristics and outcomes of bacteremia among ICU-admitted patients with severe sepsis SCIENTIFIC REPORTS. 2020.02; 10 (1): 2983. ( PubMed, DOI )

  69. Anan Hideaki, Otomo Yasuhiro, Homma Masato, Oshiro Kenichi, Kondo Hisayoshi, Shimamura Fumihiko, Takahashi Ayako, Hamada Masahiko, Hirabayashi Atushi, Koido Yuichi. Proposal for Reforming Prehospital Response to Chemical Terrorism Disasters in Japan: Going Back to the Basics of Saving the Lives of the Injured by Securing the Safety of the Rescue Team PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE. 2020.02; 35 (1): 88-91. ( PubMed, DOI )

  70. Nakatsutsumi K, Sekiya K, Urushibata N, Hosoi M, Arai H, Nagaoka E, Fujiwara T, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y. A successful case of extracorporeal membrane oxygenation treatment for intractable pneumothorax in a patient with COVID-19. Acute medicine & surgery. 2020.01; 7 (1): e612. ( PubMed, DOI )

  71. Hifumi T, Fujishima S, Ubukata K, Hagiwara A, Abe T, Ogura H, Shiraishi A, Kushimoto S, Saitoh D, Mayumi T, Ikeda H, Ueyama M, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiino Y, Shiraishi SI, Takuma K, Tarui T, Tsuruta R, Nakada TA, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Fujimi S, Gando S, JAAM FORECAST group.. Clinical characteristics of patients with severe sepsis and septic shock in relation to bacterial virulence of beta-hemolytic <i>Streptococcus</i> and <i>Streptococcus pneumoniae</i>. Acute medicine & surgery. 2020.01; 7 (1): e513. ( PubMed, DOI )

  72. Mori S, Ai T, Otomo Y. Laceration of the transverse mesocolon in an old man with a habit of abdominal massage for constipation: a case report. Surgical case reports. 2020.01; 6 (1): 1. ( PubMed, DOI )

  73. Iriyama Hiroki, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Fujishima Seitaro, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Mayumi Toshihiko, Naito Toshio, Komori Akira, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi, Tasaki Osamu, Mizobata Yasumitsu, Funakoshi Hiraku, Okuyama Toshiro, Yamashita Iwao, Kanai Toshio, Yamada Yasuo, Aibiki Mayuki, Sato Keiji, Yamashita Susumu, Yamashita Susumu, Yoshida Kenichi, Kasaoka Shunji, Kon Akihide, Rinka Hiroshi, Kato Hiroshi, Okudera Hiroshi, Narimatsu Eichi, Fujiwara Toshifumi, Sugita Manabu, Shichinohe Yasuo, Nakae Hajime, Iiduka Ryouji, Nakamura Mitsunobu, Murata Yuji, Sato Yoshitake, Ishikura Hiroyasu, Myojo Yasuhiro, Tsujita Yasuyuki, Kinoshita Kosaku, Yamaguchi Hiroyuki, Sakurai Toshihiro, Miyatake Satoru, Saotome Takao, Yasuda Susumu, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Umemura Yutaka, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Sasaki Junichi, Mayumi Toshihiko, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Mizushima Yasuaki, Gando Satoshi. Risk modifiers of acute respiratory distress syndrome in patients with non-pulmonary sepsis: a retrospective analysis of the FORECAST study JOURNAL OF INTENSIVE CARE. 2020.01; 8 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  74. Mori Shusuke, Ai Tomohiko, Otomo Yasuhiro. 便秘のため腹部マッサージを受けている高齢男性に生じた横行結腸間膜裂傷 1症例報告(Laceration of the transverse mesocolon in an old man with a habit of abdominal massage for constipation: a case report) Surgical Case Reports. 2020.01; 6 1 of 5-5 of 5. ( 医中誌 )

  75. Iriyama Hiroki, Abe Toshikazu, Kushimoto Shigeki, Fujishima Seitaro, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Mayumi Toshihiko, Naito Toshio, Komori Akira, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. 非肺敗血症患者における急性呼吸窮迫症候群のリスク修飾因子 FORECAST研究の後向き解析(Risk modifiers of acute respiratory distress syndrome in patients with non-pulmonary sepsis: a retrospective analysis of the FORECAST study) Journal of Intensive Care. 2020.01; 8 1 of 9-9 of 9. ( 医中誌 )

  76. Mori S, Ai T, Morishita K, Otomo Y. A Case of Fatal Stanford Type A Aortic Dissection Caused by a Traffic Accident with Low Energy Impact. Open access emergency medicine : OAEM. 2020; 12 287-291. ( PubMed, DOI )

  77. Shirai T, Mitsumura T, Aoyagi K, Okamoto T, Kimura M, Gemma T, Shigematsu T, Takahashi J, Azuma S, Yoshizuka R, Sasaki H, Urushibata N, Ochiai K, Hondo K, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y, Miyazaki Y. COVID-19 pneumonia complicated by bilateral pneumothorax: A case report. Respiratory medicine case reports. 2020; 31 101230. ( PubMed, DOI )

  78. Umemura Yutaka, Ogura Hiroshi, Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitato, Mayumi Toshihiko, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Yamakawa Kazuma. Prognostic Accuracy of Quick SOFA is different according to the severity of illness in infectious patients JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2019.12; 25 (12): 943-949. ( PubMed, DOI )

  79. Umemura Yutaka, Ogura Hiroshi, Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitato, Mayumi Toshihiko, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Yamakawa Kazuma. Quick SOFAによる感染症患者の予後予測の精度は疾患の重症度により異なる(Prognostic Accuracy of Quick SOFA is different according to the severity of illness in infectious patients) Journal of Infection and Chemotherapy. 2019.12; 25 (11-12): 943-949. ( 医中誌 )

  80. Endo Hideki, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. Volume-outcome relationship in severe operative trauma surgery: A retrospective cohort study using a Japanese nationwide administrative database SURGERY. 2019.12; 166 (6): 1105-1110. ( PubMed, DOI )

  81. Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Yoshikawa Shunsuke, Morishita Koji, Roberts Ian, Matsui Hiroki. Derivation and validation of an easy-to-compute trauma score that improves prognostication of mortality or the Trauma Rating Index in Age, Glasgow Coma Scale, Respiratory rate and Systolic blood pressure (TRIAGES) score CRITICAL CARE. 2019.11; 23 (1): 365. ( PubMed, DOI )

  82. Akutsu Koichi, Yoshino Hideaki, Shimokawa Tomoki, Ogino Hitoshi, Kunihara Takashi, Takahashi Toshiyuki, Usui Michio, Watanabe Kazuhiro, Tobaru Tetsuya, Hagiya Kenichi, Shimizu Wataru, Niino Tetsuya, Kawata Mitsuhiro, Masuhara Hiroshi, Watanabe Yoshinori, Yoshida Nobuko, Yamamoto Takeshi, Nagao Ken, Takayama Morimasa, Aoki Jiro, Taketani Tsuyoshi, Takyama Tadateru, Tanaka Masashi, Kinoshita Kosaku, Iwata Hiroshi, Doi Shizuyuki, Fukui Ryo, Yamashita Hiromasa, Takahashi Toshiyuki, Saito Katsumi, Otsubo Satoshi, Sekine Kazuhiko, Watanabe Norikazu, Aoki Atsushi, Doi Kenji, Tobaru Tetsuya, Takanashi Shu-Ichiro, Suzuki Kazuhito, Mizuno Atsushi, Misumi Hiroyasu, Ishimatsu Shinichi, Minami Yuichiro, Yaguchi Arino, Sasaki Ahikito, Watanabe Yusuke, Shimokawa Tomoki, Sakamoto Tetsuya, Senba Hiroaki, Kunihara Takashi, Mitani Haruo, Yoshihara Katsunori, Watanabe Yoshinori, Yoshihara Katsunori, Watanabe Kazuhiro, Hata Mitsumasa, Akiyama Kenji, Hokama Youhei, Shindo Shunya, Arai Takao, Minamishima Toshinori, Kubota Hiro-Shi, Yamaguchi Yoshihiro, Fujimoto Hajime, Nishimura Takashi, Tsuchiyama Takaaki, Watanabe Masazumi, Goto Hideaki, Tara Shuhei, Morota Tetsuro, Yokota Hiroy-Uki, Nakajima Shun, Asano Ryuta, Shoko Tomohisa, Kuroki Norihiro, Ishikawa Susumu, Hamabe Yuichi, Tamura Takashi, Nozato Toshihiro, Yoshizaki Tomoya, Suzaki Shinichiro, Tanaka Shigehiro, Okada Yasusei, Tanaka Hiroyuki, Otsuka Toshiya, Shimizu Keiki, Shimizu Shigeo, Niino Tetsuya, Koido Yuichi, Kurihara Ken, Someya Take-Shi, Kawakami Masato, Oohira Hiroshi, Nomoto Kazumiki, Kubota Takeyuki, Sakakibara Masayoshi, Kanemura Takeyuki, Tei Imun, Hirasawa Yasuhiro, Morimoto Satoshi, Hashimoto Kazuhiro, Matsushita Masashiro, Shibata Ko, Hayama Yasufumi, Suto Yukio, Hosoya Yumiko, Yamauchi Haruo, Morimura Naoto, Tanimoto Shuzo, Tabata Hirotsugu, Kohno Takashi, Shimizu Hideyuki, Ito Ryosuke, Ogino Hitoshi, Oda Jun, Hara Hisao, Horai Tetsuya, Kimura Akio, Sugimura Yoichi, Ota Hiroshi, Murata Seiichiro, Saeki Hitoshi, Ito Shigeki, Kato Ryuichi, Tatebayashi Takayuki, Oikawa Keiko, Kodani Eitaro, Unemoto Kyoko, Suzuki Tatenori, Shinooka Taro, Hachimaru Tsuyoshi, Otomo Yasuhiro, Ikenouchi Hiroshi, Hayashi Munehiro, Yamashita Hiroshi, Kasahara Katsuhiko, Momiyama Yukihiko, Osako Motohiko, Kikuno Takaaki, Usui Michio, Ayabe Seiji, Shibata Takahiro, Katayama Takuji, Hosokawa Joji, Ishii Yasuhiro, Isomura Tadashi, Murasaki Satoshi, Sawa Shigeharu, Hirose Mizuki, Fujiwara Yasumasa, Iwakura Tomohiro, Ui Susumu, Takahashi Yasuhiro, Mochida Yasuyuki, Domae Hiroshi. Is systolic blood pressure high in patients with acute aortic dissection on first medical contact before hospital transfer? HEART AND VESSELS. 2019.11; 34 (11): 1748-1757. ( DOI )

  83. Abe T, Kushimoto S, Tokuda Y, Phillips GS, Rhodes A, Sugiyama T, Komori A, Iriyama H, Ogura H, Fujishima S, Shiraishi A, Saitoh D, Mayumi T, Naito T, Takuma K, Nakada TA, Shiino Y, Tarui T, Hifumi T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi SI, Tsuruta R, Hagiwara A, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Gando S, JAAM FORECAST group.. Implementation of earlier antibiotic administration in patients with severe sepsis and septic shock in Japan: a descriptive analysis of a prospective observational study. Critical care (London, England). 2019.11; 23 (1): 360. ( PubMed, DOI )

  84. Yamakawa Kazuma, Gando Satoshi, Ogura Hiroshi, Umemura Yutaka, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitato, Mayumi Toshihiko, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Tasaki Osamu, Mizobata Yasumitsu, Funakoshi Hiraku, Okuyama Toshiro, Yamashita Iwao, Kanai Toshio, Yamada Yasuo, Aibiki Mayuki, Sato Keiji, Yamashita Susumu, Yoshida Kenichi, Kasaoka Shunji, Kon Akihide, Rinka Hiroshi, Kato Hiroshi, Okudera Hiroshi, Narimatsu Eichi, Fujiwara Toshifumi, Sugita Manabu, Shichinohe Yasuo, Nakae Hajime, Iiduka Ryouji, Nakamura Mitsunobu, Murata Yuji, Sato Yoshitake, Ishikura Hiroyasu, Myojo Yasuhiro, Tsujita Yasuyuki, Kinoshita Kosaku, Yamaguchi Hiroyuki, Sakurai Toshihiro, Miyatake Satoru, Saotome Takao, Yasuda Susumu, Fujishima Seitaro, Mizushima Yasuaki. Identifying Sepsis Populations Benefitting from Anticoagulant Therapy: A Prospective Cohort Study Incorporating a Restricted Cubic Spline Regression Model THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2019.11; 119 (11): 1740-1751. ( PubMed, DOI )

  85. Picetti Edoardo, Rossi Sandra, Abu-Zidan Fikri M., Ansaloni Luca, Armonda Rocco, Baiocchi Gian Luca, Bala Miklosh, Balogh Zsolt J., Berardino Maurizio, Biffl Walter L., Bouzat Pierre, Buki Andras, Ceresoli Marco, Chesnut Randall M., Chiara Osvaldo, Citerio Giuseppe, Coccolini Federico, Coimbra Raul, Di Saverio Salomone, Fraga Gustavo P., Gupta Deepak, Helbok Raimund, Hutchinson Peter J., Kirkpatrick Andrew W., Kinoshita Takahiro, Kluger Yoram, Leppaniemi Ari, Maas Andrew I. R., Maier Ronald V., Minardi Francesco, Moore Ernest E., Myburgh John A., Okonkwo David O., Otomo Yasuhiro, Rizoli Sandro, Rubiano Andres M., Sahuquillo Juan, Sartelli Massimo, Scalea Thomas M., Servadei Franco, Stahel Philip F., Stocchetti Nino, Taccone Fabio S., Tonetti Tommaso, Velmahos George, Weber Dieter, Catena Fausto. WSES consensus conference guidelines: monitoring and management of severe adult traumatic brain injury patients with polytrauma in the first 24 hours WORLD JOURNAL OF EMERGENCY SURGERY. 2019.11; 14 (1): 53. ( PubMed, DOI )

  86. Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Stefanidis Dimitrios, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hashimoto Daisuke, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, Toi Masakazu, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Kodera Yasuhiro. A snapshot of surgical resident training in Japan: results of a national-level needs assessment survey SURGERY TODAY. 2019.10; 49 (10): 870-876. ( PubMed, DOI )

  87. Urushibata Nao, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Decision-making criteria for damage control surgery in Japan SCIENTIFIC REPORTS. 2019.10; 9 (1): 14895. ( PubMed, DOI )

  88. Mori Shusuke, Ai Tomohiko, Sera Toshiki, Ochiai Kanae, Otomo Yasuhiro. Human Soluble Recombinant Thrombomodulin, ART-123, Resolved Early Phase Coagulopathies, but Did Not Significantly Alter the 28 Day Outcome in the Treatment of DIC Associated with Infectious Systemic Inflammatory Response Syndromes JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2019.10; 8 (10): ( PubMed, DOI )

  89. Fujishima S, Gando S, Saitoh D, Kushimoto S, Ogura H, Abe T, Shiraishi A, Mayumi T, Sasaki J, Kotani J, Takeyama N, Tsuruta R, Takuma K, Yamashita N, Shiraishi SI, Ikeda H, Shiino Y, Tarui T, Nakada TA, Hifumi T, Otomo Y, Okamoto K, Sakamoto Y, Hagiwara A, Masuno T, Ueyama M, Fujimi S, Yamakawa K, Umemura Y. Trends in sepsis care in Japan: comparison of two sepsis cohort studies conducted by the Japanese Association for Acute Medicine. Acute medicine & surgery. 2019.10; 6 (4): 425-427. ( PubMed, DOI )

  90. Poudel Saseem, Hirano Satoshi, Kurashima Yo, Stefanidis Dimitrios, Akiyama Hirotoshi, Eguchi Susumu, Fukui Toshihiro, Hagiwara Masaru, Hashimoto Daisuke, Hida Koya, Izaki Tomoko, Iwase Hirotaka, Kawamoto Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Nagai Eishi, Saito Mitsue, Takami Hideki, Takeda Yuko, Toi Masakazu, Yamaue Hiroki, Yoshida Motofumi, Yoshida Shigetoshi, Kodera Yasuhiro. 日本における外科研修医訓練のスナップショット 全国規模でのニーズ評価調査の結果(A snapshot of surgical resident training in Japan: results of a national-level needs assessment survey) Surgery Today. 2019.10; 49 (10): 870-876. ( 医中誌 )

  91. Fujishima Seitaro, Gando Satoshi, Saitoh Daizoh, Kushimoto Shigeki, Ogura Hiroshi, Abe Toshikazu, Shiraishi Atsushi, Mayumi Toshihiko, Sasaki Junichi, Kotani Joji, Takeyama Naoshi, Tsuruta Ryosuke, Takuma Kiyotsugu, Yamashita Norio, Shiraishi Shin-ichiro, Ikeda Hiroto, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Nakada Taka-aki, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Sakamoto Yuichiro, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Yamakawa Kazuma, Umemura Yutaka. 日本における敗血症治療の動向 日本救急医学会が実施した二つの敗血症コホート研究の比較(Trends in sepsis care in Japan: comparison of two sepsis cohort studies conducted by the Japanese Association for Acute Medicine) Acute Medicine & Surgery. 2019.10; 6 (4): 425-427. ( 医中誌 )

  92. Matsubara Tsunehiro, Yamakawa Kazuma, Umemura Yutaka, Gando Satoshi, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Tarui Takehiko, Hagiwara Akiyoshi, Otomo Yasuhiro, Fujimi Satoshi. Significance of plasma fibrinogen level and antithrombin activity in sepsis: A multicenter cohort study using a cubic spline model THROMBOSIS RESEARCH. 2019.09; 181 17-23. ( PubMed, DOI )

  93. Gando Satoshi, Otomo Yasuhiro. Trauma-induced coagulopathy: The past, present, and future: A comment JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS. 2019.09; 17 (9): 1567-1569. ( PubMed, DOI )

  94. Matsumura Yosuke, Nakada Taka-aki, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Shiino Yasukazu, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi, Tasaki Osamu, Mizobata Yasumitsu, Funakoshi Hiraku, Okuyama Toshiro, Yamashita Iwao, Kanai Toshio, Yamada Yasuo, Aibiki Mayuki, Sato Keiji, Yamashita Susumu, Yoshida Kenichi, Kasaoka Shunji, Kon Akihide, Rinka Hiroshi, Kato Hiroshi, Okudera Hiroshi, Narimatsu Eichi, Fujiwara Toshifumi, Sugita Manabu, Shichinohe Yasuo, Nakae Hajime, Iiduka Ryouji, Nakamura Mitsunobu, Murata Yuji, Sato Yoshitake, Ishikura Hiroyasu, Myojo Yasuhiro, Tsujita Yasuyuki, Kinoshita Kosaku, Yamaguchi Hiroyuki, Sakurai Toshihiro, Miyatake Satoru, Saotome Takao, Yasuda Susumu, Mizushima Yasuaki, Gando Satoshi. Nighttime and non-business days are not associated with increased risk of in-hospital mortality in patients with severe sepsis in intensive care units in Japan: The JAAM FORECAST study JOURNAL OF CRITICAL CARE. 2019.08; 52 97-102. ( PubMed, DOI )

  95. Sakurai Atsushi, Kinoshita Kosaku, Maeda Yukihiro, Homma Yosuke, Tahara Yoshio, Yonemoto Naohiro, Nagao Ken, Yaguchi Arino, Morimura Naoto, Inokuchi Sadaki, Masui Yoshihiro, Miura Kunihisa, Tsutsumi Haruhiko, Takuma Kiyotsugu, Atsushi Ishihara, Nakano Minoru, Tanaka Hiroshi, Ikegami Keiichi, Arai Takao, Yaguchi Arino, Kitamura Nobuya, Oda Shigeto, Kobayashi Kenji, Suda Takayuki, Ono Kazuyuki, Morimura Naoto, Furuya Ryosuke, Furuya Ryosuke, Koido Yuichi, Iwase Fumiaki, Nagao Ken, Kanesaka Shigeru, Okada Yasusei, Unemoto Kyoko, Sadahiro Tomohito, Iyanaga Masayuki, Muraoka Asaki, Hayashi Munehiro, Ishimatsu Shinichi, Miyake Yasufumi, Yokokawa Hideo, Koyama Yasuaki, Tsuchiya Asuka, Kashiyama Tetsuya, Hayashi Munetaka, Oshima Kiyohiro, Kiyota Kazuya, Hamabe Yuichi, Yokota Hiroyuki, Hori Shingo, Inaba Shin, Sakamoto Tetsuya, Harada Naoshige, Kimura Akio, Kanai Masayuki, Otomo Yasuhiro, Sugita Manabu, Kinoshita Kosaku, Sakurai Takatoshi, Kitano Mitsuhide, Matsuda Kiyoshi, Tanaka Kotaro, Yoshihara Katsunori, Yoh Kikuo, Suzuki Junichi, Toyoda Hiroshi, Mashiko Kunihiro, Shimizu Naoki, Muguruma Takashi, Shimada Tadanaga, Kobe Yoshiro, Shoko Tomohisa, Nakanishi Kazuya, Shiga Takashi, Yamamoto Takefumi, Sekine Kazuhiko, Izuka Shinichi. Confirmed cardiac output on emergency medical services arrival as confounding by indication: an observational study of prehospital airway management in patients with out-of-hospital cardiac arrest EMERGENCY MEDICINE JOURNAL. 2019.07; 36 (7): 410-+. ( DOI )

  96. Abe Toshikazu, Tokuda Yasuharu, Shiraishi Atsushi, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Sugiyama Takehiro, Deshpande Gautam A., Shiino Yasukazu, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Takeyama Naoshi, Gando Satoshi, Gando Satoshi, Abe Toshikazu, Okamoto Kohji, Fujishima Seitaro, Sasaki Junichi, Shiino Yasukazu, Otomo Yasuhiro, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Hifumi Toru, Yamakawa Kazuma, Mayumi Toshihiko, Shiraishi Atsushi, Hagiwara Akiyoshi, Muroya Takashi, Koike Kaoru, Anan Hideaki, Sugita Manabu, Miki Yasuo, Yamashita Hisashi, Kittaka Hirotada, Maehara Junichi, Nachi Sho, Morino Kazuma, Hoshino Atsumi, Yamaguchi Hiroyuki, Harada Masahiro, Ishikura Hiroyasu, Kawakami Masato, Deguchi Yoshizumi, Yoshihara Hideaki, Hanaki Yoshihiro, Okada Kunihiko, Kaneko Tadashi, Kiyota Kazuya, Shimizu Yoshihiro. In-hospital mortality associated with the misdiagnosis or unidentified site of infection at admission CRITICAL CARE. 2019.06; 23 (1): 202. ( PubMed, DOI )

  97. Gando Satoshi, Shiraishi Atsushi, Yamakawaka Kazuma, Ogura Hiroshi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Tasaki Osamu, Mizobata Yasumitsu, Funakoshi Hiraku, Okuyama Toshiro, Yamashita Iwao, Kanai Toshio, Yamada Yasuo, Aibiki Mayuki, Sato Keiji, Yamashita Susumu, Yoshida Kenichi, Kasaoka Shunji, Kon Akihide, Rinka Hiroshi, Kato Hiroshi, Okudera Hiroshi, Narimatsu Eichi, Fujiwara Toshifumi, Sugita Manabu, Shichinohe Yasuo, Nakae Hajime, Iiduka Ryouji, Murata Yuji, Nakamura Mitsunobu, Sato Yoshitake, Ishikura Hiroyasu, Myojo Yasuhiro, Tsujita Yasuyuki, Kinoshita Kosaku, Yamaguchi Hiroyuki, Sakurai Toshihiro, Miyatake Satoru, Saotome Takao, Yasuda Susumu, Mizushima Yasuaki. Role of disseminated intravascular coagulation in severe sepsis THROMBOSIS RESEARCH. 2019.06; 178 182-188. ( PubMed, DOI )

  98. Kushimoto Shigeki, Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Impact of Body Temperature Abnormalities on the Implementation of Sepsis Bundles and Outcomes in Patients With Severe Sepsis: A Retrospective Sub-Analysis of the Focused Outcome Research on Emergency Care for Acute Respiratory Distress Syndrome, Sepsis and Trauma Study CRITICAL CARE MEDICINE. 2019.05; 47 (5): 691-699. ( PubMed, DOI )

  99. Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Shiraishi Atsushi, Sugiyama Takehiro, Deshpande Gautam A., Uchida Masatoshi, Nagata Isao, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi, Tasaki Osamu, Mizobata Yasumitsu, Funakoshi Hiraku, Okuyama Toshiro, Yamashita Iwao, Kanai Toshio, Yamada Yasuo, Aibiki Mayuki, Sato Keiji, Yamashita Susumu, Yoshida Kenichi, Kasaoka Shunji, Kon Akihide, Rinka Hiroshi, Kato Hiroshi, Okudera Hiroshi, Narimatsu Eichi, Fujiwara Toshifumi, Sugita Manabu, Shichinohe Yasuo, Nakae Hajime, Iiduka Ryouji, Nakamura Mitsunobu, Murata Yuji, Sato Yoshitake, Ishikura Hiroyasu, Myojo Yasuhiro, Tsujita Yasuyuki, Kinoshita Kosaku, Yamaguchi Hiroyuki, Sakurai Toshihiro, Miyatake Satoru, Saotome Takao, Yasuda Susumu, Mizushima Yasuaki. Variations in infection sites and mortality rates among patients in intensive care units with severe sepsis and septic shock in Japan JOURNAL OF INTENSIVE CARE. 2019.05; 7 28. ( PubMed, DOI )

  100. Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Kushimoto Shigeki, Shiraishi Atsushi, Sugiyama Takehiro, Deshpande Gautam A., Uchida Masatoshi, Nagata Isao, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Hifumi Toru, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi, JAAM FORECAST group. 日本のICUに入室している重症敗血症および敗血症性ショック患者における感染部位および死亡率の差異(Variations in infection sites and mortality rates among patients in intensive care units with severe sepsis and septic shock in Japan) Journal of Intensive Care. 2019.05; 7 1 of 9-9 of 9. ( 医中誌 )

  101. Takayama Wataru, Endo Akira, Koguchi Hazuki, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Differences in durations, adverse events, and outcomes of in-hospital cardiopulmonary resuscitation between day-time and night-time: An observational cohort study RESUSCITATION. 2019.04; 137 14-20. ( PubMed, DOI )

  102. 森下 幸治, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 外傷・救急外科医による医療安全に配慮した合併症例に対する緊急初期治療・手術対応について 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-159. ( 医中誌 )

  103. Kojima Mitsuaki, Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro. Age-Related Characteristics and Outcomes for Patients With Severe Trauma: Analysis of Japan's Nationwide Trauma Registry ANNALS OF EMERGENCY MEDICINE. 2019.03; 73 (3): 281-290. ( PubMed, DOI )

  104. Enomoto Masaya, Endo Akira, Yatsushige Hiroshi, Fushimi Kiyohide, Otomo Yasuhiro. Clinical Effects of Early Edaravone Use in Acute Ischemic Stroke Patients Treated by Endovascular Reperfusion Therapy STROKE. 2019.03; 50 (3): 652-658. ( PubMed, DOI )

  105. Tamura Tomoyoshi, Suzuki Masaru, Hayashida Kei, Sasaki Junichi, Yonemoto Naohiro, Sakurai Atsushi, Tahara Yoshio, Nagao Ken, Yaguchi Arino, Morimura Naoto, Inokuchi Sadaki, Masui Yoshihiro, Miura Kunihisa, Tsutsumi Haruhiko, Takuma Kiyotsugu, Atsushi Ishihara, Nakano Minoru, Tanaka Hiroshi, Ikegami Keiichi, Arai Takao, Yaguchi Arino, Kitamura Nobuya, Oda Shigeto, Kobayashi Kenji, Suda Takayuki, Ono Kazuyuki, Morimura Naoto, Furuya Ryosuke, Koido Yuichi, Iwase Fumiaki, Nagao Ken, Kanesaka Shigeru, Okada Yasusei, Unemoto Kyoko, Sada-hiro Tomohito, Iyanaga Masayuki, Muraoka Asaki, Hayashi Munehiro, Ishimatsu Shinichi, Miyake Yasufumi, Yokokawa Hideo, Koyama Yasuaki, Tsuchiya Asuka, Kashiyama Tetsuya, Hayashi Munetaka, Oshima Kiyohiro, Kiyota Kazuya, Hamabe Yuichi, Yokota Hiroyuki, Hori Shingo, Inaba Shin, Sakamoto Tetsuya, Harada Naoshige, Kimura Akio, Kanai Masayuki, Otomo Yasuhiro, Sugita Manabu, Kinoshita Kosaku, Sakurai Takatoshi, Kitano Mitsuhide, Matsuda Kiyoshi, Tanaka Kotaro, Yoshihara Katsunori, Yoh Kikuo, Suzuki Junichi, Toyoda Hiroshi, Mashiko Kunihiro, Shimizu Naoki, Muguruma Takashi, Shimada Tadanaga, Kobe Yoshiro, Shoko Tomohisa, Nakanishi Kazuya, Shiga Takashi, Yamamoto Takefumi, Sekine Kazuhiko, Izuka Shinichi. Renal Function and Outcome of Out-of-Hospital Cardiac Arrest - Multicenter Prospective Study (SOS-KANTO 2012 Study) - CIRCULATION JOURNAL. 2019.01; 83 (1): 139-+. ( DOI )

  106. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi. Volume-outcome relationship on survival and cost benefits in severe burn injury: a retrospective analysis of a Japanese nationwide administrative database JOURNAL OF INTENSIVE CARE. 2019.01; 7 7. ( PubMed, DOI )

  107. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi. 重症熱傷の生存および費用便益にみられる患者数-アウトカム関係 日本における全国的診療報酬請求データベースの後ろ向き解析(Volume-outcome relationship on survival and cost benefits in severe burn injury: a retrospective analysis of a Japanese nationwide administrative database) Journal of Intensive Care. 2019.01; 7 (January): 1-11. ( 医中誌 )

  108. Mori S, Ai T, Otomo Y. Atypical profile of aortic injury associated with blunt trauma in the metropolitan area of Japan. Trauma surgery & acute care open. 2019; 4 (1): e000342. ( PubMed, DOI )

  109. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Increased Severe Trauma Patient Volume is Associated With Survival Benefit and Reduced Total Health Care Costs A Retrospective Observational Study Using a Japanese Nationwide Administrative Database ANNALS OF SURGERY. 2018.12; 268 (6): 1091-1096. ( PubMed, DOI )

  110. Abe Toshikazu, Ogura Hiroshi, Shiraishi Atsushi, Kushimoto Shigeki, Saitoh Daizoh, Fujishima Seitaro, Mayumi Toshihiko, Shiino Yasukazu, Nakada Taka-aki, Tarui Takehiko, Hifumi Toru, Otomo Yasuhiro, Okamoto Kohji, Umemura Yutaka, Kotani Joji, Sakamoto Yuichiro, Sasaki Junichi, Shiraishi Shin-ichiro, Takuma Kiyotsugu, Tsuruta Ryosuke, Hagiwara Akiyoshi, Yamakawa Kazuma, Masuno Tomohiko, Takeyama Naoshi, Yamashita Norio, Ikeda Hiroto, Ueyama Masashi, Fujimi Satoshi, Gando Satoshi. Characteristics, management, and in-hospital mortality among patients with severe sepsis in intensive care units in Japan: the FORECAST study CRITICAL CARE. 2018.11; 22 (1): 322. ( PubMed, DOI )

  111. Endo A., Shiraishi A., Fushimi K., Murata K., Otomo Y.. Outcomes of patients receiving a massive transfusion for major trauma BRITISH JOURNAL OF SURGERY. 2018.10; 105 (11): 1426-1434. ( DOI )

  112. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Impact of continuous regional arterial infusion in the treatment of acute necrotizing pancreatitis: analysis of a national administrative database JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2018.09; 53 (9): 1098-1106. ( PubMed, DOI )

  113. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. 急性壊死性膵炎の治療における、持続的局所動注療法の重要性 全国調査データベースの解析(Impact of continuous regional arterial infusion in the treatment of acute necrotizing pancreatitis: analysis of a national administrative database) Journal of Gastroenterology. 2018.09; 53 (9): 1098-1106. ( 医中誌 )

  114. Endo A, Shiraishi A, Fushimi K, Murata K, Otomo Y. Outcomes of patients receiving a massive transfusion for major trauma British Journal of Surgery. 2018.07; 105 1426-1434.

  115. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Fushimi Kiyohide, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. Comparative effectiveness of elemental formula in the early enteral nutrition management of acute pancreatitis: a retrospective cohort study ANNALS OF INTENSIVE CARE. 2018.06; 8 (1): 69. ( PubMed, DOI )

  116. Takayama W, Akira E, Koguchi H, Sugimoto M, Murata K, Otomo Y. The impact of blood type O on mortality of severe trauma patients: a retrospective observational study Crit Care. 2018.05; 22 100.

  117. Abe T, Ogura H, Shiraishi A, Kushimoto S, Saitoh D, Fujishima S, Mayumi T, Shiino Y, Nakada T, Tarui T, Hifumi T, Otomo Y, Okamoto K, Umemura Y, Kotani J, Sakamoto Y, Sasaki J, Shiraishi S, Takuma K, Tsuruta R, Hagiwara A, Yamakawa K, Masuno T, Takeyama N, Yamashita N, Ikeda H, Ueyama M, Fujimi S, Gando S. Characteristics, management, and in-hospital mortality among patients with severe sepsis in intensive care units in Japan: the FORECAST study Crit Care. 2018.05; 22 322.

  118. Takayama Wataru, Endo Akira, Koguchi Hazuki, Sugimoto Momoko, Murata Kiyoshi, Otomo Yasuhiro. The impact of blood type O on mortality of severe trauma patients: a retrospective observational study CRITICAL CARE. 2018.05; 22 (1): 100. ( PubMed, DOI )

  119. Sekiya K, Mori S, Otomo Y. Coin pica-induced gastric perforation resulting from ingestion of 1,894 coins, 8 kg in total: case report and review of published works Acute Medicine & Surgery. 2018.04; 5 177-180.

  120. Takayama W, Koguchi H, Akira E, Otomo Y. A Case of Impalement Brain Injury That Could Achieve Good Neurological Outcome by Introducing Early Sedation and Immobilization Strategy Case Reports in Emergency Medicine. 2018.04;

  121. Sekiya K, Mori S, Otomo Y. Coin pica-induced gastric perforation resulting from ingestion of 1,894 coins, 8 kg in total: case report and review of published works. Acute medicine & surgery. 2018.04; 5 (2): 177-180. ( PubMed, DOI )

  122. Takayama Wataru, Koguchi Hazuki, Endo Akira, Otomo Yasuhiro. The Association between Cardiopulmonary Resuscitation in Out-of-Hospital Settings and Chest Injuries: A Retrospective Observational Study PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE. 2018.04; 33 (2): 171-175. ( PubMed, DOI )

  123. Sekiya Kosuke, Mori Shusuke, Otomo Yasuhiro. コイン1894枚(計8kg)の摂取によって生じたコイン異食症誘発の胃穿孔(Coin pica-induced gastric perforation resulting from ingestion of 1,894 coins, 8 kg in total: case report and review of published works) Acute Medicine & Surgery. 2018.04; 5 (2): 177-180. ( 医中誌 )

  124. Takayama W, Koguchi H, Akira E, Otomo Y. The Association between Cardiopulmonary Resuscitation in Out-of-Hospital Settings and Chest Injuries: A Retrospective Observational Study Prehosp Disaster Med. 2018.03; 33 171-175.

  125. Endo A, Shiraishi A, Fushimi K, Murata K, Otomo Y. Impact of continuous regional arterial infusion in the treatment of acute necrotizing pancreatitis: analysis of a national administrative database Journal of Gastroenterology. 2018.03; 53 1098-1106.

  126. Yoshikawa Shunsuke, Shiraishi Atsushi, Kishino Mitsuhiro, Honda Makiko, Urushibata Nao, Sekiya Kosuke, Shoko Tomohisa, Otomo Yasuhiro. Predictive ability and interobserver reliability of computed tomography findings for angioembolization in patients with pelvic fracture JOURNAL OF TRAUMA AND ACUTE CARE SURGERY. 2018.02; 84 (2): 319-324. ( PubMed, DOI )

  127. Takayama W, Yamasaki K, Endo A, Otomo Y. A Case of Impalement Brain Injury That Could Achieve Good Neurological Outcome by Introducing Early Sedation and Immobilization Strategy. Case reports in emergency medicine. 2018; 2018 3025717. ( PubMed, DOI )

  128. Komemushi Atsushi, Sakamoto Noriaki, Tanigawa Noboru, Sone Miyuki, Ouchi Yasufumi, Goto Yasuo, Komemushi Atsushi, Shioyama Yasukazu, Sofue Keitaro, Nakajima Yasuo, Noguchi Tomoyuki, Hashimoto Masayuki, Yasumoto Taku, Yata Shinsaku, Otomo Yasuhiro, Watanabe Hiroaki, Nishimaki Hiroshi, Kashimi Fumie, Tajima Hiroyuki, Hagiwara Akiyoshi, Hattori Takayuki, Mine Takahiko, Funabiki Tomohiro, Yamashita Hirotaka, Kanazawa Susumu, Osuga Keigo, Kayama Hideo, Korogi Yukunori, Goto Yasuo, Tsurusaki Masakatsu, Narimatsu Yoshiaki, Mimura Hidefumi, Ito Kensuke, Japanese Society for Interventional Radiology, The Japanese Association for the Surgery of Trauma, 2015 IR Guidelines for Blunt Hepatic Trauma Guideline Creation/Revision Committee, 2011 IR Guidelines for Blunt Hepatic Trauma Guideline Creation/Revision Committee. 鈍的肝臓外傷に対する2016 IRガイドライン(2016 IR Guidelines for Blunt hepatic trauma) Interventional Radiology. 2018; 3 (1): 1-27. ( 医中誌 )

  129. Shinozaki Koichiro, Suzuki Masaru, Oda Shigeto, Becker Lance B., Tagami Takashi, Sakurai Atsushi, Tahara Yoshio, Nagao Ken, Yonemoto Naohiro, Yaguchi Arino, Morimura Naoto, Miyazaki Dai, Ogasawara Tomoko, Hayashida Kei, Amino Mari, Nomura Tomohisa, Akashi Akiko, Inokuchi Sadaki, Masui Yoshihiro, Miura Kunihisa, Tsutsumi Haruhiko, Takuma Kiyotsugu, Atsushi Ishihara, Nakano Minoru, Tanaka Hiroshi, Ikegami Keiichi, Arai Takao, Yaguchi Arino, Kitamura Nobuya, Kobayashi Kenji, Suda Takayuki, Ono Kazuyuki, Morimura Naoto, Furuya Ryosuke, Koido Yuichi, Iwase Fumiaki, Kanesaka Shigeru, Okada Yasusei, Unemoto Kyoko, Sadahiro Tomohito, Iyanaga Masayuki, Muraoka Asaki, Hayashi Munehiro, Ishimatsu Shinichi, Miyake Yasufumi, Yokokawa Hideo, Koyama Yasuaki, Tsuchiya Asuka, Kashiyama Tetsuya, Hayashi Munetaka, Oshima Kiyohiro, Kiyota Kazuya, Hamabe Yuichi, Yokota Hiroyuki, Hori Shingo, Inaba Shin, Sakamoto Tetsuya, Harada Naoshige, Kimura Akio, Kanai Masayuki, Otomo Yasuhiro, Sugita Manabu, Kinoshita Kosaku, Sakurai Takatoshi, Kitano Mitsuhide, Matsuda Kiyoshi, Tanaka Kotaro, Yoshihara Katsunori, Yoh Kikuo, Suzuki Junichi, Toyoda Hiroshi, Mashiko Kunihiro, Shimizu Naoki, Muguruma Takashi, Shimada Tadanaga, Kobe Yoshiro, Shoko Tomohisa, Nakanishi Kazuya, Shiga Takashi, Yamamoto Takefumi, Sekine Kazuhiko, Izuka Shinichi. Initial Blood Ammonia Level Is a Useful Prognostication Tool in Out-of-Hospital Cardiac Arrest - Multicenter Prospective Study (SOS-KANTO 2012 Study) CIRCULATION JOURNAL. 2017.12; 81 (12): 1839-+. ( DOI )

  130. Endo Akira, Okamura Miko, Yoshikawa Shunsuke, Otomo Yasuhiro, Morio Tomohiro. MULTILATERAL FUNCTIONAL ALTERATIONS OF HUMAN NEUTROPHILS IN SEPSIS: FROM THE POINT OF DIAGNOSIS TO THE SEVENTH DAY SHOCK. 2017.12; 48 (6): 629-637. ( PubMed, DOI )

  131. Yamanouchi Satoshi, Sasaki Hiroyuki, Kondo Hisayoshi, Mase Tomohiko, Otomo Yasuhiro, Koido Yuichi, Kushimoto Shigeki. Survey of Preventable Disaster Deaths at Medical Institutions in Areas Affected by the Great East Japan Earthquake: Retrospective Survey of Medical Institutions in Miyagi Prefecture PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE. 2017.10; 32 (5): 515-522. ( PubMed, DOI )

  132. Akashi Akiko, Kashiura Masahiro, Sugiyama Kazuhiro, Hamabe Yuichi, Sakurai Atsushi, Tahara Yoshio, Yonemoto Naohiro, Nagao Ken, Yaguchi Arino, Morimura Naoto, Takashi Tagami, Miyazaki Dai, Ogasawara Tomoko, Hayashida Kei, Suzuki Masaru, Amino Mari, Kitamura Nobuya, Nomura Tomohisa, Shimizu Naoki, Inokuchi Sadaki, Masui Yoshihiro, Miura Kunihisa, Tsutsumi Haruhiko, Takuma Kiyotsugu, Atsushi Ishihara, Nakano Minoru, Tanaka Hiroshi, Ikegami Keiichi, Arai Takao, Oda Shigeto, Kobayashi Kenji, Suda Takayuki, Ono Kazuyuki, Furuya Ryosuke, Koido Yuichi, Iwase Fumiaki, Kanesaka Shigeru, Okada Yasusei, Unemoto Kyoko, Sadahiro Tomohito, Iyanaga Masayuki, Muraoka Asaki, Hayashi Munehiro, Ishimatsu Shinichi, Miyake Yasufumi, Yokokawa Hideo, Koyama Yasuaki, Tsuchiya Asuka, Kashiyama Tetsuya, Hayashi Munetaka, Oshima Kiyohiro, Kiyota Kazuya, Yokota Hiroyuki, Hori Shingo, Inaba Shin, Sakamoto Tetsuya, Harada Naoshige, Kimura Akio, Kanai Masayuki, Otomo Yasuhiro, Sugita Manabu, Kinoshita Kosaku, Sakurai Takatoshi, Kitano Mitsuhide, Matsuda Kiyoshi, Tanaka Kotaro, Yoshihara Katsunori, Yoh Kikuo, Suzuki Junichi, Toyoda Hiroshi, Mashiko Kunihiro, Shimizu Naoki, Muguruma Takashi, Shimada Tadanaga, Kobe Yoshiro, Shoko Tomohisa, Nakanishi Kazuya, Shiga Takashi, Yamamoto Takefumi, Sekine Kazuhiko, Izuka Shinichi. A NEW RULE FOR TERMINATING RESUSCITATION OF OUT-OF-HOSPITAL CARDIAC ARREST PATIENTS IN JAPAN: A PROSPECTIVE STUDY JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE. 2017.09; 53 (3): 345-352. ( DOI )

  133. Coccolini Federico, Montori Giulia, Catena Fausto, Kluger Yoram, Biffl Walter, Moore Ernest E., Reva Viktor, Bing Camilla, Bala Miklosh, Fugazzola Paola, Bahouth Hany, Marzi Ingo, Velmahos George, Ivatury Rao, Soreide Kjetil, Horer Tal, ten Broek Richard, Pereira Bruno M., Fraga Gustavo P., Inaba Kenji, Kashuk Joseph, Parry Neil, Masiakos Peter T., Mylonas Konstantinos S., Kirkpatrick Andrew, Abu-Zidan Fikri, Gomes Carlos Augusto, Benatti Simone Vasilij, Naidoo Noel, Salvetti Francesco, Maccatrozzo Stefano, Agnoletti Vanni, Gamberini Emiliano, Solaini Leonardo, Costanzo Antonio, Celotti Andrea, Tomasoni Matteo, Khokha Vladimir, Arvieux Catherine, Napolitano Lena, Handolin Lauri, Pisano Michele, Magnone Stefano, Spain David A., de Moya Marc, Davis Kimberly A., De Angelis Nicola, Leppaniemi Ari, Ferrada Paula, Latifi Rifat, Navarro David Costa, Otomo Yashuiro, Coimbra Raul, Maier Ronald V., Moore Frederick, Rizoli Sandro, Sakakushev Boris, Galante Joseph M., Chiara Osvaldo, Cimbanassi Stefania, Mefire Alain Chichom, Weber Dieter, Ceresoli Marco, Peitzman Andrew B., Wehlie Liban, Sartelli Massimo, Di Saverio Salomone, Ansaloni Luca. Splenic trauma: WSES classification and guidelines for adult and pediatric patients WORLD JOURNAL OF EMERGENCY SURGERY. 2017.08; 12 ( DOI )

  134. Anan H, Kondo H, Akasaka O, Oshiro K, Nakamura M, Kiyozumi T, Yamada N, Homma M, Morino K, Nakayama S, Otomo Y, Koido Y. Investigation of Japan Disaster Medical Assistance Team response guidelines assuming catastrophic damage from a Nankai Trough earthquake. Acute medicine & surgery. 2017.07; 4 (3): 300-305. ( PubMed, DOI )

  135. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Tomita Makoto, Matsui Hiroki, Murata Kiyoshi. Open-chest versus closed-chest cardiopulmonary resuscitation in blunt trauma: analysis of a nationwide trauma registry CRITICAL CARE. 2017.07; 21 (1): 169. ( PubMed, DOI )

  136. Anan Hideaki, Kondo Hisayoshi, Akasaka Osamu, Oshiro Kenichi, Nakamura Mitsunobu, Kiyozumi Tetsuro, Yamada Norihiko, Homma Masato, Morino Kazuma, Nakayama Shinichi, Otomo Yasuhiro, Koido Yuichi. 南海トラフ大地震による壊滅的被害を想定した日本災害派遣医療チームの対応ガイドラインの評価(Investigation of Japan Disaster Medical Assistance Team response guidelines assuming catastrophic damage from a Nankai Trough earthquake) Acute Medicine & Surgery. 2017.07; 4 (3): 300-305. ( 医中誌 )

  137. Shiraishi A., Kushimoto S., Otomo Y., Matsui H., Hagiwara A., Murata K.. Effectiveness of early administration of tranexamic acid in patients with severe trauma BRITISH JOURNAL OF SURGERY. 2017.05; 104 (6): 710-717. ( DOI )

  138. Ochiai Kanae, Shiraishi Atsushi, Otomo Yasuhiro, Koido Yuuichi, Kanemura Takashi, Honma Masato. Increasing or fluctuating bispectral index values during post-resuscitation targeted temperature management can predict clinical seizures after rewarming RESUSCITATION. 2017.05; 114 106-112. ( PubMed, DOI )

  139. Morishita Koji, Mori Shusuke, Kosaki Ryohei, Sekiya Kosuke, Oka Tomo, Aiboshi Junichi, Kaji Masahito, Otomo Yasuhiro. 汎血球減少症患者における重症鈍的多発外傷例(A case of multiple blunt severe trauma in patient with pancytopenia) 日本外傷学会雑誌. 2017.05; 31 (2): 199. ( 医中誌 )

  140. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Matsui Hiroki, Hondo Kenichi, Otomo Yasuhiro. Assessment of Progress in Early Trauma Care in Japan over the Past Decade: Achievements and Areas for Future Improvement JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS. 2017.02; 224 (2): 191-198E5. ( PubMed, DOI )

  141. Burkle FM Jr, Erickson T, von Schreeb J, Kayden S, Redmond A, Chan EY, Della Corte F, Cranmer H, Otomo Y, Johnson K, Roy N. The Solidarity and Health Neutrality of Physicians in War &amp; Peace. PLoS currents. 2017.01; 9 ( PubMed, DOI )

  142. Junichi Inoue, Atsushi Shiraishi, Ayako Yoshiyuki, Koichi Haruta, Hiroki Matsui, Yasuhiro Otomo. Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta might be dangerous in patients with severe torso trauma: a propensity score analysis. J Trauma Acute Care Surg. 2016.01; ( PubMed, DOI )

  143. Kojima Mitsuaki, Aiboshi Junichi, Shibata Masahiro, Kobayashi Tetsuyuki, Otomo Yasuhiro. Novel role of group VIB Ca2+-independent phospholipase A2gamma in leukocyte-endothelial cell interactions: An intravital microscopic study in rat mesentery. J Trauma Acute Care Surg. 2015.11; 79 (5): 782-789. ( PubMed, DOI )

  144. Mikami Saori, Aiboshi Junichi, Kobayashi Tetsuyuki, Kojima Mitsuaki, Morishita Koji, Otomo Yasuhiro. Discrete roles of intracellular phospholipases A2 in human neutrophil cytotoxicity. J Trauma Acute Care Surg. 2015.08; 79 (2): 238-246. ( PubMed, DOI )

  145. Shoko T,Otomo Y, Tomioka M. The earthquake in Nepal: Surgeons’ dispatch from Barhabise thebmj. 2015.07;

  146. Ushizawa Hiroto, Yahata Yuichiro, Endo Takeo, Iwashima Tomoko, Misawa Michiyo, Sonobe Makoto, Yamagishi Takuya, Kamiya Hajime, Nakashima Kazutoshi, Matsui Tamano, Matsui Mari, Suzuki Satowa, Shibayama Keigo, Doi Mikio, Irie Fujiko, Yamato Shinichi, Otomo Yasuhiro, Oishi Kazunori. An Epidemiological Investigation of a Nosocomial Outbreak of Multidrug-resistant Acinetobacter baumannii in a Critical Care Center in Japan, 2011-2012. Jpn J Infect Dis. 2015.06; ( PubMed, DOI )

  147. Yamanouchi Satoshi, Sasaki Hiroyuki, Tsuruwa Miho, Ueki Yuzuru, Kohayagawa Yoshitaka, Kondo Hisayoshi, Otomo Yasuhiro, Koido Yuichi, Kushimoto Shigeki. Survey of preventable disaster death at medical institutions in areas affected by the Great East Japan Earthquake: a retrospective preliminary investigation of medical institutions in Miyagi Prefecture. Prehosp Disaster Med. 2015.04; 30 (2): 145-151. ( PubMed, DOI )

  148. Gando Satoshi, Otomo Yasuhiro. Local hemostasis, immunothrombosis, and systemic disseminated intravascular coagulation in trauma and traumatic shock. Crit Care. 2015; 19 72. ( PubMed, DOI )

  149. Fukuike S,Otomo Y. Cardiac Arrest Cases and Automated External Defibrillator Use in Railroad Stations in Tokyo International Journal of Clinical Medicine . 2014.11; Volume 5 (Number 20): 1328-1336 . ( DOI )

  150. Anan Hideaki, Akasaka Osamu, Kondo Hisayoshi, Nakayama Shinichi, Morino Kazuma, Homma Masato, Koido Yuichi, Otomo Yasuhiro. Experience from the Great East Japan Earthquake Response as the Basis for Revising the Japanese Disaster Medical Assistance Team (DMAT) Training Program. Disaster Med Public Health Prep. 2014.11; 1-8. ( PubMed, DOI )

  151. Otomo Yasuhiro, Burkle Frederick M. Breakout session 1 summary: frameworks and policies relating to medical preparedness and health management in disasters. Disaster Med Public Health Prep. 2014.08; 8 (4): 359-360. ( PubMed, DOI )

  152. Burkle Frederick M Jr, Egawa Shinichi, MacIntyre Anthony G, Otomo Yasuhiro, Beadling Charles W, Walsh John T. The 2015 Hyogo Framework for Action: cautious optimism. Disaster Med Public Health Prep. 2014.06; 8 (3): 191-192. ( PubMed, DOI )

  153. Endo Akira, Shiraishi Atsushi, Aiboshi Junichi, Hayashi Yoshiro, Otomo Yasuhiro. A case of purpura fulminans caused by Hemophilus influenzae complicated by reversible cardiomyopathy. J Intensive Care. 2014; 2 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  154. Hondo Kenichi, Shiraishi Atsushi, Fujie Satoshi, Saitoh Daizoh, Otomo Yasuhiro. In-hospital trauma mortality has decreased in Japan possibly due to trauma education. J Am Coll Surg. 2013.11; 217 (5): 850-7.e1. ( PubMed, DOI )

  155. 大友 康裕. 非常時における高カリウム血症の対策を考える 我が国の災害医療対策を含めて 日本急性血液浄化学会雑誌. 2021.09; 12 (Suppl.): 104. ( 医中誌 )

  156. 工藤 敏文, 西澤 真人, 内山 大樹, 菊池 亨, 植木 穣, 森下 幸治, 相星 淳一, 大友 康裕, 長島 道生, 荒井 裕国. COVID-19関連静脈血栓塞栓症-災害時に備えて- 当院における重症COVID-19肺炎症例に合併した静脈血栓塞栓症の治療成績 静脈学. 2021.08; 32 (2): 224. ( 医中誌 )

  157. 八木 雅幸, 大友 康裕. 【大規模災害時の周産期医療-災害に負けない準備と対応】災害医療の基本 災害医療教育研修 MIMMS,NDLS,MCLS 臨床婦人科産科. 2021.06; 75 (6): 525-531. ( 医中誌 )

  158. 鈴木 利直, 白石 淳, 大友 康裕, 伊藤 憲佐, 内野 隼材, 遠藤 彰, 北井 勇也, 角山 泰一朗, 蜂谷 聡明, 舩越 拓, 松本 松圭, 山本 一太, 吉村 有矢. REBOAに関する現状と展望 外傷診療におけるREBOAの外傷手術適用 日本外傷データバンクを用いた記述研究 日本外傷学会雑誌. 2021.05; 35 (2): 133. ( 医中誌 )

  159. 中堤 啓太, 大友 康裕. 【消化器・一般外科医のための腹部外傷外科手術講座】総論 腹部外傷患者に対する救急外来・緊急手術における感染対策 withコロナ時代の緊急手術 手術. 2021.05; 75 (6): 937-943. ( 医中誌 )

  160. 森下 幸治, 安部 隆三, 松島 一英, 鈴木 崇根, 島居 傑, 本藤 憲一, 中田 孝明, 織田 成人, 大友 康裕. 外傷外科手技のためのASSETコースの開催状況の報告 日本外傷学会雑誌. 2021.05; 35 (2): 152. ( 医中誌 )

  161. 大友 康裕. 本邦の外傷医療は本当に向上したか 防ぎえる外傷死(Preventable Trauma Death;PTD)への取り組み 日本外傷学会雑誌. 2021.05; 35 (2): 113. ( 医中誌 )

  162. 世良 俊樹, 佐伯 辰彦, 佐尾山 裕生, 三谷 雄己, 田邊 輝真, 日下 あかり, 伊関 正彦, 竹崎 享, 楠 真二, 板本 敏行, 宇根 一暢, 鈴木 慶, 志馬 伸朗, 大友 康裕. 緊急RBC製剤・REBOAを持ち出し、ドクターヘリで重症外傷患者を転院搬送した1例 日本外傷学会雑誌. 2021.05; 35 (2): 141. ( 医中誌 )

  163. 渡部 広明, 村上 壮一, 坂本 義之, 阪本 雄一郎, 河野 元嗣, 溝端 康光, 大友 康裕, 日本Acute Care Surgery学会ACS認定外科医制度委員会. Acute Care Surgery認定外科医の誕生と展望 Acute Care Surgery認定外科医制度委員会の活動と今後の展望 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 38. ( 医中誌 )

  164. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 平野 聡, 吉川 健太郎, 世良 俊樹, 稲葉 基高, 小網 博之, 小林 誠人, 村田 希吉, 庄古 知久, 滝口 典聡. NOMIの治療戦略 NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2021.04; 121回 PD-12. ( 医中誌 )

  165. 遠藤 彰, 内山 紗也, 小島 光暁, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 重症外傷患者に対する医師病院前派遣の有効性についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 44. ( 医中誌 )

  166. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 血液型と重症腹部外傷患者予後に関する多施設共同研究 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 44. ( 医中誌 )

  167. 中堤 啓太, 遠藤 彰, 関谷 宏祐, 伊藤 慧, 村田 希吉, 大友 康裕. ScienceとしてのAcute Care Surgery 下部消化管穿孔に対する緊急手術後の創部感染における予防的Negative pressure wound therapyの効果に関する多施設後ろ向きコホート研究 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021.04; 10 (2): 42. ( 医中誌 )

  168. 森下 幸治, 大友 康裕, 庄古 知久, 松島 一英, 井上 潤一, 比良 英司, 安部 隆三, 中田 孝明, 織田 成人, 溝端 康光, 渡部 広明, 平野 聡. 厚生労働省外傷外科医養成事業における院内体制調査報告書の分析 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2021.04; 121回 SF-079. ( 医中誌 )

  169. 大友 康裕. 【災害医療 それぞれの10年を振り返って】災害医療行政・体制の10年 防ぎえた災害死 救急医学. 2021.03; 45 (3): 338-345. ( 医中誌 )

  170. 大友 康裕. 腹部外傷に対する緊急手術の適応と手技 日本腹部救急医学会雑誌. 2021.02; 41 (2): 194. ( 医中誌 )

  171. 落合 香苗, 相星 淳一, 本藤 憲一, 漆畑 直, 大友 康裕. 【新型コロナウイルス感染症 何が起きたのか/起きているのか】救急・集中治療領域における新型コロナウイルス対応 重症COVID-19患者診療 最善の治療を模索する 救急医学. 2021.01; 45 (1): 19-24. ( 医中誌 )

  172. 赤星 径一, 中川 剛士, 山内 慎一, 岡本 健太郎, 岡田 英理子, 遠藤 彰, 八島 正文, 石橋 洋則, 絹笠 祐介, 植竹 宏之, 大久保 憲一, 大友 康裕, 荒井 裕国, 田邉 稔. 外科系新専門医制度のあるべきグランドデザイン 外科系新専門医制度の現状分析と課題 日本外科学会雑誌. 2021.01; 122 (1): 86-89. ( 医中誌 )

  173. 唐鎌 淳, 稲次 基希, 阿部 大数, 高橋 暁, 橋本 聡華, 菅原 貴志, 田中 洋次, 大友 康裕, 前原 健寿. 高齢者頭部外傷における特徴の検証 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2021.01; 44回 107. ( 医中誌 )

  174. 内山 紗也, 遠藤 彰, 大友 康裕. 患者背景や病態に応じて異なった蘇生アプローチを用いた敗血症性ショックの2例 エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2020.12; 24 (1): 65. ( 医中誌 )

  175. 遠藤 彰, 岡村 美湖, 吉川 俊輔, 森尾 友宏, 大友 康裕. 敗血症性ショック患者におけるトレミキシンカラム前後の好中球機能とサイトカインの変化についての検討 エンドトキシン血症救命治療研究会誌. 2020.12; 24 (1): 122. ( 医中誌 )

  176. 霧生 信明, 井上 潤一, 本間 正人, 小井土 雄一, 大友 康裕. 災害時危機的状況下における診療基準 Crisis Standards of Careの形成およびその進展 日本救急医学会雑誌. 2020.12; 31 (12): 2393-2401. ( 医中誌 )

  177. 石北 悠, 千田 篤, 伊藤 慧, 大友 康裕. ARDSを呈するCOVID-19患者における腹臥位療法の有効性及び有害事象の検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1354. ( 医中誌 )

  178. 森 周介, 藍 智彦, 大友 康裕. COVID-19における予後因子に関する検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2024. ( 医中誌 )

  179. 岩井 美穂, 高山 渉, 鈴木 啓介, 大友 康裕. COVID-19重症肺炎患者におけるせん妄 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2213. ( 医中誌 )

  180. 横山 健, 高山 渉, 大友 康裕. COVID-19重症肺炎に対するVV-ECMOの使用経験 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2033. ( 医中誌 )

  181. 細井 毬愛, 中堤 啓太, 関谷 宏祐, 漆畑 直, 大友 康裕. COVID-19肺炎治療中に気胸を合併し、V-V ECMOによる治療を行なった一症例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1040. ( 医中誌 )

  182. 野原 理花, 鈴木 啓介, 高山 渉, 大友 康裕. COVID-19肺炎専門病院としての運用を医療費から考える 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 962. ( 医中誌 )

  183. 白木 秀門, 森下 幸治, 中堤 啓太, 漆畑 直, 相星 淳一, 木村 浩一郎, 岸野 光浩, 青木 惇, 石塚 聖洋, 宮崎 泰成, 大友 康裕. COVID-19肺炎加療中に、抗凝固薬使用により3ヶ所の動脈からの出血によって巨大な胸壁血腫を形成した1例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1361. ( 医中誌 )

  184. 伊藤 慧, 大友 康裕, 石北 悠, 千田 篤. COVID-19肺炎における腹臥位管理後の呼吸状態予測モデルの検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2216. ( 医中誌 )

  185. 久保田 悠史, 中堤 啓太, 相星 淳一, 大友 康裕. COVID-19流行期に来院し、診断治療に難渋した両側すりガラス影を伴う肺炎の2症例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1032. ( 医中誌 )

  186. 落合 香苗, 相星 淳一, 本藤 憲一, 漆畑 直, 長島 道生, 重光 秀信, 羽田野 義郎, 貫井 陽子, 山下 直美, 溝江 亜紀子, 大友 康裕. COVID-19感染拡大に伴うICU preparednessとその後の長期計画を考える 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2039. ( 医中誌 )

  187. 白石 淳, 大友 康裕. TRIAGES scoreを用いた外傷病院前トリアージ 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1966. ( 医中誌 )

  188. 本藤 憲一, 相星 淳一, 落合 香苗, 漆畑 直, 大友 康裕. みんなで戦う 重症COVID-19に対する集中治療とチーム診療 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2032. ( 医中誌 )

  189. 手塚 匠海, 中堤 啓太, 八木 雅幸, 森下 幸治, 大友 康裕. 右鎖骨下動脈に誤留置された中心静脈カテーテル抜去に対してAngio-Sealが有用であった一例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1933. ( 医中誌 )

  190. 畠山 稔弘, 木口 雄之, 世良 俊樹, 名知 祥, 落合 香苗, 北村 哲久, 小倉 真治, 大友 康裕, 石見 拓. 心停止の蘇生率向上を目指して 内因性病院外心停止のためにドクターカー/ヘリ等を用いた、病院前救護での医師の有効性に関する検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 792. ( 医中誌 )

  191. 梶間 諒, 鈴木 啓介, 高山 渉, 高橋 麻里恵, 本藤 憲一, 相星 淳一, 大友 康裕. 後腹膜線維腫出血を合併し開腹止血を要したvon Recklinghausen病の多発外傷の一例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1045. ( 医中誌 )

  192. 吉井 淳一郎, 高山 渉, 大友 康裕. 帝王切開後ECMO管理を要した、重症COVID-19肺炎の一例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1011. ( 医中誌 )

  193. 小山 照央, 高山 渉, 鈴木 啓介, 大友 康裕. 多発肋骨骨折に対し観血的固定術を施行するも、人工呼吸器離脱に難渋した一例 日本外傷学会雑誌. 2020.11; 34 (5): 272. ( 医中誌 )

  194. 和田 剛志, 丸藤 哲, 白石 淳, 山川 一馬, 藤島 清太郎, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 小倉 裕司, 阿部 智一, 大友 康裕. 外傷性凝固異常(traumainduced coagulopathy) Trauma-induced coagulopathy(TIC)とDICは同一の病態である JAAM FORECAST TRAUMA 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 723. ( 医中誌 )

  195. 久下 晶子, 八木 雅幸, 中堤 啓太, 高山 渉, 森下 幸治, 相星 淳一, 大友 康裕. 急性膿胸に合併した大量気道出血に対してECMOを使用し救命した1例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1168. ( 医中誌 )

  196. 山内 英雄, 三島 有華, 長島 道生, 山下 直美, 関谷 宏祐, 遠藤 彰, 相星 淳一, 溝江 亜紀子, 大友 康裕, 重光 秀信. 東京医科歯科大学医学部付属病院集中治療室におけるCOVID-19患者受け入れに際してのゾーニング 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2025. ( 医中誌 )

  197. 遠藤 彰, 小島 光暁, 大友 康裕. 来院時生命兆候を有する重症外傷患者における開胸心臓マッサージの有効性の検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2281. ( 医中誌 )

  198. 漆畑 直, 相星 淳一, 本藤 憲一, 落合 香苗, 大友 康裕. 新型コロナウィルスに対する病床拡充における人員確保と診療の標準化の試み 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1299. ( 医中誌 )

  199. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 新しい敗血症診断基準(sepsis-3)による多施設前向き登録研究 MAESTRO研究 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 941. ( 医中誌 )

  200. 中嶋 裕理, 遠藤 彰, 高山 渉, 大友 康裕. 救急科初期研修医の時間外労働時間は敗血症患者の予後に影響を与えるか 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1796. ( 医中誌 )

  201. 中堤 啓太, 八木 雅幸, 森下 幸治, 大友 康裕. 救急外来における危機(リスク)管理 救急外来におけるCT所見の見逃しに対する当院の取り組み 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 786. ( 医中誌 )

  202. 落合 香苗, 相星 淳一, 本藤 憲一, 漆畑 直, 大友 康裕. 救急・集中治療領域における新型コロナウイルス対応 重症COVID-19患者診療 最善の治療を模索する 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 744. ( 医中誌 )

  203. 霧生 信明, 井上 潤一, 本間 正人, 小井土 雄一, 大友 康裕. 我が国災害医療におけるCrisis Standards of Careの必要性について 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1729. ( 医中誌 )

  204. 千田 篤, 遠藤 彰, 大友 康裕. 甲状腺クリーゼに対する糖質コルチコイド投与の有効性についての検討 DP Cデータを使用した大規模データベース研究 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2075. ( 医中誌 )

  205. 内山 紗也, 大友 康裕, 遠藤 彰. 重症外傷患者における医師病院前派遣の有用性の検討 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2191. ( 医中誌 )

  206. 森 周介, 大友 康裕. 軽微な外傷に誘発された悪性リンパ腫による巨脾破裂の1例 日本外傷学会雑誌. 2020.11; 34 (5): 261. ( 医中誌 )

  207. 西山 優, 鈴木 啓介, 関谷 宏祐, 大友 康裕. 診断に難渋した破傷風の一例 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 1025. ( 医中誌 )

  208. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 安部 隆三, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 遠藤 彰, 岡本 好司, 小谷 穣治, 小林 辰輔, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 高橋 治郎, 田上 隆, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 戸谷 昌樹, 鍋田 雅和, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 山川 一馬, 和田 剛志, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 血小板減少を伴う敗血症におけるDICとTMAの関連を解明する多施設前向き研究 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 942. ( 医中誌 )

  209. 大友 康裕. 非常時における高カリウム血症の対策を考える 我が国の災害医療対策を含めて 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 699. ( 医中誌 )

  210. 小島 光暁, 遠藤 彰, 庄古 知久, 大友 康裕. 高齢者外傷の疫学的特徴と輸血戦略 日本救急医学会雑誌. 2020.11; 31 (11): 2268. ( 医中誌 )

  211. 霧生 信明, 井上 潤一, 本間 正人, 小井土 雄一, 大友 康裕. 我が国災害医療におけるCrisis Standards of Careの必要性について 日本救急医学会雑誌. 2020.10; 31 (10): 411-418. ( 医中誌 )

  212. 山内 英雄, 長島 道生, 丸山 史, 三島 有華, 落合 香苗, 山下 直美, 溝江 亜紀子, 大友 康裕, 高橋 英夫, 重光 秀信. RAS(Risk Assessment System)で拾うことができなかった急変死亡症例の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 649. ( 医中誌 )

  213. 遠藤 彰, 千田 篤, 伏見 清秀, 大友 康裕. Vasopressin vs Epinephrine:Norepinephrine抵抗性敗血症性ショックを伴う重症肺炎に対する昇圧剤選択 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 457. ( 医中誌 )

  214. 漆畑 直, 相星 淳一, 大友 康裕. ヒト血小板機能におけるカルシウム非依存性ホスホリパーゼA2の役割 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 431. ( 医中誌 )

  215. 手塚 匠海, 中堤 啓太, 星 博勝, 末金 彰, 松井 宏樹, 加地 正人, 大友 康裕. オピオイド離脱症状に対する代償性の高度代謝性アシドーシスの診断、治療に難渋した一例 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 717. ( 医中誌 )

  216. 島居 傑, 中田 孝明, Walley Keith, 大島 拓, 阿部 智一, 小倉 裕司, 白石 淳, 久志本 成樹, 大友 康裕, 丸藤 哲. 低体温は、非高齢敗血症患者の院内死亡と関係する JAAM FORECAST study 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 421. ( 医中誌 )

  217. 森 周介, 藍 智彦, 大友 康裕. 器質的脳疾患を有する患者と有さない患者間でのけいれん発作後の心電図の比較 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 512. ( 医中誌 )

  218. 中嶋 裕理, 遠藤 彰, 高山 渉, 大友 康裕. 救急科研修医の時間外労働時間は敗血症患者予後に影響を与えるか 日本集中治療医学会雑誌. 2020.09; 27 (Suppl.): 469. ( 医中誌 )

  219. 赤星 径一, 伴 大輔, 中川 剛士, 山内 慎一, 岡本 健太郎, 岡田 英理子, 遠藤 彰, 八島 正文, 石橋 洋則, 絹笠 祐介, 植竹 宏之, 大久保 憲一, 大友 康裕, 荒井 裕国, 田邉 稔. 外科系新専門医制度の現状分析と課題 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SP-3. ( 医中誌 )

  220. 二見 茜, 森下 幸治, 大友 康裕. 対応に苦慮したラグビーW杯2019日本大会観戦のために来日した外国人患者の救急搬送の一例 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 496. ( 医中誌 )

  221. 加藤 渚, 本藤 憲一, 加地 正人, 大友 康裕. 救急領域のAI研究と実用化 音声入力システムを使った救急隊及びER業務負担軽減への挑戦 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 345. ( 医中誌 )

  222. 石井 芳, 植木 穣, 井上 源貴, 西 翔太, 瀬戸 俊典, 落合 香苗, 本藤 憲一, 八木 雅幸, 大友 康裕. 東日本大震災が人口動態に与えた影響について 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 491. ( 医中誌 )

  223. 井上 源貴, 八木 雅幸, 落合 香苗, 本藤 憲一, 植木 穣, 大友 康裕. 敗血症患者の生命予後に与える社会的背景因子の探索的研究 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 491. ( 医中誌 )

  224. 瀬戸 俊典, 本藤 憲一, 大友 康裕, 西 翔太, 井上 源貴, 石井 芳. 転落による頭部外傷患者を対象とした予後に関与する因子の研究 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 397. ( 医中誌 )

  225. 持田 弦, 森下 幸治, 赤星 昂己, 藤田 晃浩, 高橋 麻里絵, 江頭 隆一郎, 相星 淳一, 加藤 渚, 大友 康裕. 重篤な脳幹梗塞にて帰国のための搬送に苦渋した外国籍患者の一例 日本旅行医学会学会誌. 2020.08; 15 (1): 161. ( 医中誌 )

  226. 西 翔太, 落合 香苗, 井上 源貴, 瀬戸 俊典, 石井 芳, 本藤 憲一, 八木 雅幸, 植木 穣, 大友 康裕. 駅での心停止に注目した心肺蘇生の質と影響 日本臨床救急医学会雑誌. 2020.08; 23 (3): 494. ( 医中誌 )

  227. 八木 雅幸, 大友 康裕. 【災害医療2020 大規模イベント、テロ対応を含めて】(第II章)災害医療の基礎知識 災害医療の標準的トレーニングコース NDLS 日本医師会雑誌. 2020.06; 149 (特別1): S89-S91. ( 医中誌 )

  228. 大友 康裕. 【災害医療2020 大規模イベント、テロ対応を含めて】(第II章)災害医療の基礎知識 防ぎえた災害死 日本医師会雑誌. 2020.06; 149 (特別1): S59-S64. ( 医中誌 )

  229. 吉川 俊輔, 岡 智, 大友 康裕. 開腹手術で確定診断と治療を行った後腹膜膿瘍を合併した十二指腸水平脚潰瘍穿孔の1例 日本救急医学会雑誌. 2020.04; 31 (4): 153-157. ( 医中誌 )

  230. 中堤 啓太, 関谷 宏佑, 大友 康裕. 80歳以上の高齢者に対する腹部救急疾患の治療戦略 超高齢者における下部消化管穿孔に対する緊急手術の治療成績 日本腹部救急医学会雑誌. 2020.02; 40 (2): 273. ( 医中誌 )

  231. 小寺 輝, 高山 渉, 鈴木 啓介, 森 周介, 相星 淳一, 大友 康裕. S状結腸鼠径ヘルニア嵌頓による全結腸壊死型閉塞性大腸炎術後にNOMIを合併した1例 日本腹部救急医学会雑誌. 2020.02; 40 (2): 345. ( 医中誌 )

  232. 田村 友里, 中堤 啓太, 手塚 匠海, 星 博勝, 末金 彰, 松井 宏樹, 遠藤 彰, 大友 康裕. 鼠径ヘルニアに続発した大網捻転に伴う大網動脈損傷により出血性ショックに至った1例 日本腹部救急医学会雑誌. 2020.02; 40 (2): 423. ( 医中誌 )

  233. 青山 祐希, 森 祥子, 小宮 力, 池田 賢司, 辻本 和峰, 中堤 啓太, 大野 十央, 大友 康裕, 堤 剛, 山田 哲也. バセドウ病による甲状腺クリーゼに対し、甲状腺全摘術を施行した1例 日本内科学会関東地方会. 2019.11; 655回 28. ( 医中誌 )

  234. 森下 幸治, 尾林 聡, 大友 康裕, 鳥羽 三佳代. 院内急変における外傷・救急外科医によるRapid Responseについて 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 371. ( 医中誌 )

  235. 森下 幸治, 大友 康裕, 田邊 稔. Acute Care Surgeonの働き方改革 働き方改革を見据えた外傷・救急外科医の育成について Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 92. ( 医中誌 )

  236. 加藤 渚, 森下 幸治, 大友 康裕. ACSおよびICUにおけるMedical staffの役割 ACSにおける医療機関に所属する救急救命士の役割 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 112. ( 医中誌 )

  237. 園部 浩之, 村田 希吉, 遠藤 英樹, 漆畑 直, 中本 礼良, 伏見 清秀, 大友 康裕. DPCデータからみた敗血症患者に対するリコモジュリン製剤投与 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 158. ( 医中誌 )

  238. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 平野 聡, 吉川 健太郎, 世良 俊樹, 稲葉 基高, 小網 博之, 小林 誠人, 村田 希吉, 庄古 智久, 滝口 典聡. NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 148. ( 医中誌 )

  239. 杉本 桃子, 高山 渉, 山崎 繁, 大友 康裕. 出血コントロールに難渋し、腎摘出術を要した特発性腎出血の一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 188. ( 医中誌 )

  240. 漆畑 直, 村田 希吉, 中本 礼良, 吉行 綾子, 園部 浩之, 阿久津 智洋, 宮原 杏奈, 駒井 佑哉, 伏見 清秀, 大友 康裕. 外傷患者に対するトラネキサム酸投与の影響 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 164. ( 医中誌 )

  241. 高橋 佑典, 中堤 啓太, 遠藤 彰, 大友 康裕. 十二指腸に遺残した結石により術後早期に再発に至った胆石イレウスの一症例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 193. ( 医中誌 )

  242. 森下 幸治, 松島 一英, 伊藤 香, 井上 聡, 加藤 渚, 八木 雅幸, 本藤 憲一, 大友 康裕. 医学教育におけるアメリカ外科学会のBleeding Control Courseの有用性について Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 131. ( 医中誌 )

  243. 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて東京都の救急医療対応 主にテロ対応について 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (増刊): 334. ( 医中誌 )

  244. 濱崎 樹里亜, 本藤 憲一, 植野 広大, 鈴木 啓介, 関谷 宏祐, 大友 康裕. 破裂性腹部大動脈瘤に腹直筋前鞘反転法を用いて早期閉腹後に陰圧閉鎖療法で創傷管理を行った一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 200. ( 医中誌 )

  245. 星 博勝, 中堤 啓太, 遠藤 彰, 大友 康裕. 開腹手術を施行し救命した、腹部コンパートメント症候群合併重症急性膵炎の一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 180. ( 医中誌 )

  246. 鈴木 啓介, 関谷 宏祐, 小寺 輝, 本藤 憲一, 相星 淳一, 大友 康裕. 膀胱破裂に伴う広範な腹壁壊死に対し、長期開腹管理により閉腹し得た一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 174. ( 医中誌 )

  247. 吉川 俊輔, 白石 淳, 岡 智, 山岸 茂, 赤坂 理, 阿南 英明, 大友 康裕. 脾臓部分切除症例と脾臓全摘出症例の転帰比較 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2019.10; 9 (1): 173. ( 医中誌 )

  248. 遠藤 彰, 中堤 啓太, 関谷 宏裕, 大友 康裕. 緊急手術における周術期感染対策 左側大腸穿孔に対する緊急手術における予防的局所陰圧閉鎖療法の効果に関する検討 日本外科感染症学会雑誌. 2019.10; 16 (5): 460. ( 医中誌 )

  249. 森村 尚登, 奥寺 敬, 溝端 康光, 櫻井 淳, 大友 康裕, 佐々木 淳一, 新井 悟, 武田 聡, 坂本 哲也, 横田 裕行, 嶋津 岳士, 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催中の救急災害医療を検討する学術連合体合同委員会. 2020年東京オリンピック・パラリンピックに関わる救急・災害医療体制を検討する学術連合隊の活動現状と今後の展開について 2020年東京オリンピック・パラリンピックに関わる救急・災害医療体制を検討する学術連合隊の活動現状と今後の展開 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 560. ( 医中誌 )

  250. 加藤 渚, 本藤 憲一, 溝江 亜紀子, 手塚 匠海, 大友 康裕. AIを用いた救急医療の展開 救急隊業務負担軽減に向けた音声入力システムを使った病院引継ぎ時の検討 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 566. ( 医中誌 )

  251. 中堤 啓太, 関谷 宏祐, 大友 康裕. Acute Care Surgeryを科学する 下部消化管穿孔に対する緊急手術における予防的創部陰圧閉鎖療法の有用性 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 555. ( 医中誌 )

  252. 遠藤 彰, 斎田 文貴, 持田 弦, 金 史英, 大友 康裕, 根本 大資, 松原 久裕, 山岸 茂, 村尾 佳則, 益子 一樹, 多施設共同研究グループNOMI. Acute Care Surgeryを科学する NOMIの初回手術における手術戦略についての検討 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 555. ( 医中誌 )

  253. 高山 渉, 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. ERから臨床研究を発信する 臨床研究のススメ 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 575. ( 医中誌 )

  254. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. FORECAST研究・SPICE研究・MAESTRO研究の全体像と目指すもの 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  255. 山川 一馬, 丸藤 哲, 梅村 穣, 小倉 裕司, 白石 淳, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. JAAM FORECAST DIC研究 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 617. ( 医中誌 )

  256. 濱崎 樹里亜, 高山 渉, 大友 康裕. Lactobacillus gasseriによるフルニエ壊疽の一例 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 794. ( 医中誌 )

  257. 一二三 亨, 藤島 清太郎, 丸藤 哲, 阿部 智一, 小倉 裕司, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. β溶連菌と肺炎球菌による重症敗血症と敗血症性ショック患者の病原性と臨床的特徴 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  258. 森下 幸治, 井上 聡, 伊藤 香, 加藤 渚, 松島 一英, 大友 康裕. 不断前進、病院前診療 病院前教育における米国外科学会Bleeding Controlコースの開催について 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 595. ( 医中誌 )

  259. 小島 光暁, 遠藤 彰, 大友 康裕, 庄古 知久. 不断前進、外傷診療 新鮮凍結血漿の早期大量投与はすべての重症外傷患者に有用なのか? 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 550. ( 医中誌 )

  260. 森 周介, 藍 智彦, 大友 康裕. けいれん発作後の心電図変化に関する検討 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 691. ( 医中誌 )

  261. 大友 康裕. 【災害時小児周産期リエゾン】我が国の災害医療体制 周産期医学. 2019.09; 49 (9): 1177-1185. ( 医中誌 )

  262. 加藤 渚, 森下 幸治, 小島 光暁, 井上 聡, 八木 雅幸, 大友 康裕. 医療職種別ターニケット多種類使用調査 米国外科学会出血コントロールコースにおける検討 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 705. ( 医中誌 )

  263. 漆畑 直, 村田 希吉, 中本 礼良, 吉行 綾子, 大友 康裕. 徒手的心肺蘇生と機械的心肺蘇生の比較 ガイドライン2015に基づいて 日本集中治療医学会雑誌. 2019.09; 26 (5): 379-383. ( 医中誌 )

  264. 横田 裕行, 坂本 哲也, 山口 芳裕, 大友 康裕, 森村 尚登, 猪口 正孝, 新井 悟, 大規模イベント時における救急災害医療体制検討部会. 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 東京都における東京オリパラ2020における救急医療体制構築について 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 545. ( 医中誌 )

  265. 阿南 英明, 大友 康裕, 大城 健一, 平林 篤志, 本間 正人, 嶋村 文彦, 高橋 礼子, 小井土 雄一. 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 大規模国際イベント時のCBRNE災害の対応策の改変 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 544. ( 医中誌 )

  266. 二見 茜, 森下 幸治, 大友 康裕. 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 外国人患者対応におけるコミュニケーションと業務負担軽減のための工夫 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 544. ( 医中誌 )

  267. 比良 英司, 森下 幸治, 松島 一英, 庄古 知久, 井上 潤一, 渡部 広明, 溝端 康光, 織田 成人, 大友 康裕, 平野 聡, 外傷外科医養成研修実施委員会. 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据えた外傷外科医養成研修事業 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 544. ( 医中誌 )

  268. 森村 尚登, 横田 裕行, 大友 康裕, 坂本 哲也, 猪口 正孝, 山口 芳裕, 新井 悟, 問田 千晶, 大田 祥子, 服部 潤, 高橋 耕平, 厚生労働省科学特別研究事業「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けての救急・災害医療体制の構築に関する研究(主任研究者:横田裕行)」研究班. 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける救急医療需給均衡度に応じた体制の構築 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 545. ( 医中誌 )

  269. 藤島 清太郎, 丸藤 哲, 阿部 智一, 小倉 裕司, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 急兵呼吸促迫症候群(ARDS)の疫学、治療状況と転帰 FORECAST-ARDS研究報告 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  270. 梅村 穣, 田熊 清継, 丸藤 哲, 小倉 裕司, 阿部 智一, 藤島 清太郎, 佐々木 淳一, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 本邦の救急領域における敗血症起因菌の評価 FORECAST sepsisサブ解析 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  271. 久志本 成樹, 丸藤 哲, 阿部 智一, 小倉 裕司, 齋藤 大蔵, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 敗血症患者における入院時血糖値異常と臨床的特徴、重症化および臨床転帰 The FORECAST study副研究 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  272. 久志本 成樹, 丸藤 哲, 阿部 智一, 小倉 裕司, 齋藤 大蔵, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 大友 康裕, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 敗血症患者における体温異常と臨床的特徴、初期治療および臨床転帰 The FORECAST study副研究 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 616. ( 医中誌 )

  273. 河原 直毅, 松井 宏樹, 大友 康裕. 社交ダンスイベントにて集団発生した大麻含有食品による急性大麻中毒の2例 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 701. ( 医中誌 )

  274. 手塚 匠海, 本藤 憲一, 加藤 渚, 大友 康裕. 音声認識ソフトを活用した救急初期診療 時間外労働時間短縮への挑戦 日本救急医学会雑誌. 2019.09; 30 (9): 693. ( 医中誌 )

  275. 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて、テロ発生時の東京都の救急医療対応について 日本整形外科スポーツ医学会雑誌. 2019.08; 39 (4): 384. ( 医中誌 )

  276. 漆畑 直, 村田 希吉, 大友 康裕. 【腹部外傷治療戦略】腹部外傷におけるDamage Control Surgeryの適応基準の検討 日本腹部救急医学会雑誌. 2019.07; 39 (5): 845-849. ( 医中誌 )

  277. 本間 正人, 阿南 英明, 小井土 雄一, 大友 康裕. 化学テロに対する医療機関対応のパラダイムシフト 中毒研究. 2019.07; 32 (2): 211. ( 医中誌 )

  278. 大友 康裕. 医学・医療におけるシミュレータの進歩と普及(Vol.26) 高機能患者シミュレータHPSとSimMan3G 医学のあゆみ. 2019.07; 270 (4): 358-363. ( 医中誌 )

  279. 高山 渉, 遠藤 彰, 森下 幸治, 辻 武弘, 大友 康裕. センターコンソールアームレストが関連した腎損傷・脾損傷の一例 日本交通科学学会誌. 2019.06; 19 (Suppl.): 77. ( 医中誌 )

  280. 森下 幸治, 江頭 隆一郎, 高山 渉, 加地 正人, 大友 康裕. 医工連携交通事故分析のあり方 重症鉄道外傷の現状について 日本交通科学学会誌. 2019.06; 19 (Suppl.): 60. ( 医中誌 )

  281. 村田 希吉, 漆畑 直, 中本 礼良, 園部 浩之, 大友 康裕. Damage Control Surgery 手術時間と予後の関係 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 245. ( 医中誌 )

  282. 井上 潤一, 大友 康裕. 【外傷外科を取り巻く最新のトピックス】REBOA(Resuscitative Endovascular Balloon Occlusion of the Aorta) 日本外科学会雑誌. 2019.05; 120 (3): 282-289. ( 医中誌 )

  283. 村田 希吉, 漆畑 直, 中本 礼良, 園部 浩之, 伏見 清秀, 大友 康裕. フィブリノゲン濃縮製剤投与は外傷患者の輸血量を増やす 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 257. ( 医中誌 )

  284. 森 周介, 大友 康裕. 便秘解消を目的とした腹壁圧迫が原因と考えられた横行結腸間膜断裂の1例 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 268. ( 医中誌 )

  285. 鈴木 啓介, 高山 渉, 大友 康裕. 当院における墜落外傷の検討 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 269. ( 医中誌 )

  286. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. 年齢別、凝固障害が重症頭部外傷患者の予後に与える影響 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 221. ( 医中誌 )

  287. 井上 潤一, 霧生 信明, 大友 康裕, 日本外傷学会東京オリンピック・パラリンピック特別委員会. 爆傷患者に対する院内診療手順案 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 265. ( 医中誌 )

  288. 鈴木 利直, 白石 淳, 大友 康裕. 鈍的脾単独損傷に対する動脈塞栓術と脾臓摘出術の比較検討 cluster exact propensity score matching 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 229. ( 医中誌 )

  289. 吉川 俊輔, 白石 淳, 岡 智, 山岸 茂, 赤坂 理, 阿南 英明, 大友 康裕. 脾臓全摘術と部分切除術を行った外傷症例の背景因子比較 日本外傷学会雑誌. 2019.05; 33 (2): 229. ( 医中誌 )

  290. 藤田 晃輔, 大友 康裕, 落合 香苗. 交通外傷患者に対するドクターカーの効果に関する研究 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 401. ( 医中誌 )

  291. 加藤 渚, 森下 幸治, 八木 雅幸, 小島 光暁, 井上 聡, 大友 康裕. 米国外科学会出血コントロールコースにおける検討 看護師によるターニケット種類別使用調査 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 279. ( 医中誌 )

  292. 島居 傑, 安部 隆三, 鈴木 崇根, 松島 一英, 橋田 知明, 森下 幸治, 大友 康裕, 織田 成人. 重症外傷患者への対応策:off the job trainingから海外on the job trainingへと 遺体を用いた外傷外科手技教育コース、ASSETコースの有用性 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 246. ( 医中誌 )

  293. 二見 茜, 森下 幸治, 大友 康裕. 身元不明の外国籍重症外傷患者の帰国搬送の1例 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 328. ( 医中誌 )

  294. 米虫 敦, 坂本 憲昭, 谷川 昇, 曽根 美雪, 大内 泰文, 後藤 靖雄, 塩山 靖和, 祖父江 慶太郎, 中島 康雄, 野口 智幸, 橋本 政幸, 保本 卓, 矢田 晋作, 大友 康裕, 渡部 広明, 西巻 博, 樫見 文枝, 田島 廣之, 萩原 章嘉, 服部 貴行, 嶺 貴彦, 船曳 知弘, 山下 寛高, 金沢 右, 大須賀 慶悟, 加山 英夫, 興梠 征典, 鶴崎 正勝, 成松 芳明, 三村 秀文, 伊藤 憲佐, 日本IVR学会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン2015ガイドライン作成/改訂委員会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン作成/改訂委員会, 日本IVR学会ガイドライン委員会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン2015ガイドライン評価委員会, 日本外傷学会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン2011ガイドライン作成委員会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン作成委員会, 肝外傷に対するIVRのガイドライン2011ガイドライン評価委員会. 肝外傷に対するIVRのガイドライン2016 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2019.04; 33 (4): 472-484. ( 医中誌 )

  295. 大友 康裕. 頻発する災害を経験した我が国の対策の現状 防ぎえる災害死回避のための、これまでの取り組み 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 207. ( 医中誌 )

  296. 寺井 あゆみ, 鈴木 啓介, 杉本 桃子, 関谷 宏祐, 大友 康裕. 高Mg血症に腸管壊死を合併したものの、腸管切除を行い救命し得た1例 日本臨床救急医学会雑誌. 2019.04; 22 (2): 291. ( 医中誌 )

  297. 遠藤 彰, 鈴木 啓介, 伏見 清秀, 大友 康裕. DPCデータから見た出血性外傷患者に対するトラネキサム酸投与の有効性および効果の異質性の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O24-1]. ( 医中誌 )

  298. 大友 康裕. ICUは東京オリンピック・パラリンピック2020にどう備えるべきか 2020東京オリンピック・パラリンピックへ向けて、爆弾テロによる外傷多数傷病者発生時の集中治療室の役割 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [PD13-4]. ( 医中誌 )

  299. 大友 康裕, JICA国際緊急援助隊医療チーム. Emergency responseに大きく舵を切ったWHOの変革 FMT(Foreign Medical Team)からEMT(Emergency Medical Team)へ Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 261. ( 医中誌 )

  300. 高橋 英夫, 長島 道生, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. RRSに期待される医療安全との連携-次世代に向けた新しい流れ- Rapid Response System(RRS)で対応した患者のCode Statusに関する報告 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [SY8-5]. ( 医中誌 )

  301. 阿南 英明, 大友 康裕, 大城 健一, 嶋村 文彦, 高橋 礼子, 本間 正人, 小井土 雄一. 「大量殺傷型テロに対する諸問題」 化学テロに対する現場対応指針の大幅な改変に関する提言 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 285. ( 医中誌 )

  302. 大友 康裕. わが国におけるAcute Care Surgeonの育成 日本Acute Care Surgery学会認定外科医 日本腹部救急医学会雑誌. 2019.02; 39 (2): 305. ( 医中誌 )

  303. 稲次 基希, 前原 健寿, 大友 康裕, 大野 喜久郎. けいれん、てんかんに対する救急治療の現状と課題 Neurosurgical Emergency. 2019.02; 23 (3): 311. ( 医中誌 )

  304. 大友 康裕. 【ドクターが診る×ナースが看る 危ない救急疾患の見抜きかた】日本の救急医療システムにおける問題点 Emer Log. 2019.02; 32 (1): 108-111. ( 医中誌 )

  305. 中久木 康一, 熊谷 章子, 眞瀬 智彦, 出羽 厚二, 渡邉 暁洋, 佐々木 吉子, 大友 康裕. 「災害医療における医歯薬連携」 災害時の歯科保健医療における多職種連携 人材育成と体制構築 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 287. ( 医中誌 )

  306. 加藤 渚, 植木 穣, 世良 俊樹, 大友 康裕. 「東京オリンピック開催を見据えて:大都市部のマスギャザリング時のMCI対応」 JR東日本と東京医科歯科大学の災害時医療連携の取り組み 東京駅におけるテロ対応における医療的課題 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 281. ( 医中誌 )

  307. 加藤 渚, 植木 穣, 加地 正人, 森下 幸治, 大友 康裕. 「大量殺傷型テロに対する諸問題」 医療機関が標的となる犯罪事象・テロへの備え TOKYO 2020へ向けて我々が取るべき対策とは Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 286. ( 医中誌 )

  308. 古口 葉月, 本藤 憲一, 高橋 麻理絵, 加地 正人, 大友 康裕. 受傷2ヵ月後に発症した遅発性脾動脈瘤破裂の一例 日本腹部救急医学会雑誌. 2019.02; 39 (2): 449. ( 医中誌 )

  309. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例の既往疾患別acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併リスク評価 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O79-4]. ( 医中誌 )

  310. 浅倉 友理, 関谷 宏裕, 鈴木 啓介, 大友 康裕. 外傷性消化管穿孔を来したクローン病患者の1例 日本腹部救急医学会雑誌. 2019.02; 39 (2): 437. ( 医中誌 )

  311. 森下 幸治, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 合併症対応における外傷・救急外科医によるSurgical Rescueについて 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O140-3]. ( 医中誌 )

  312. 落合 香苗, 加藤 渚, 大友 康裕. 放射線・核災害に関する意識・知識調査に基づく災害教育の検討 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 399. ( 医中誌 )

  313. 杉本 桃子, 高山 渉, 村田 希吉, 大友 康裕. 敗血症予後予測因子としての乳酸クリアランスに対する感染臓器別比較 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O92-6]. ( 医中誌 )

  314. 加藤 渚, 植木 穣, 岩崎 恵, 出口 善純, 野原 博一, 大友 康裕. 災害初動対応における役割の振り分けの提唱 DO!GET!WRITE! Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 371. ( 医中誌 )

  315. 落合 香苗, 加藤 渚, 世良 俊樹, 大友 康裕. 院外心停止患者の初期心電図波形から病着時心電図波形への変化による予後予測 日本集中治療医学会雑誌. 2019.02; 26 (Suppl.): [O50-5]. ( 医中誌 )

  316. 赤星 昂己, 八木 雅幸, 竹田津 史野, 世良 俊樹, 高橋 宏之, 大友 康裕. 米国災害トレーニング「National Disaster Life Support」日本へ導入して10年、現状と今後の課題とは Japanese Journal of Disaster Medicine. 2019.02; 23 (3): 458. ( 医中誌 )

  317. 藤田 晃浩, 本藤 憲一, 森 周介, 大友 康裕. 他国で透析用カテーテルを挿入したのち日本に入国したが、難民認定に難渋し入院が70日と長期化した1例 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2019.01; 39 (3): 370-372. ( 医中誌 )

  318. 森下 幸治, 加地 正人, 相星 淳一, 本藤 憲一, 田邉 稔, 大友 康裕. 救急のスペシャリティを考える 外科のスペシャリティ 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2018.12; 39 (2): 227-231. ( 医中誌 )

  319. 大友 康裕. Acute Care Surgeryにおける救急医と外科医の役割 わが国におけるAcute Care Surgeonの育成 日本Acute Care Surgery学会認定外科医 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 341. ( 医中誌 )

  320. 藤島 清太郎, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 小倉 裕司, 久志本 成樹, 阿部 智一, 白石 淳, 真弓 俊彦, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. ARDSに対する前向き観察研究 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 415. ( 医中誌 )

  321. 加藤 渚, 落合 香苗, 江頭 隆一郎, 大友 康裕. AEDが心室細動に対して「ショック不要」と解析判断した一例 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 531. ( 医中誌 )

  322. 森 周介, 大友 康裕. Acute Care Surgeryにおける救急医と外科医の役割 米国Trauma and Acute Care Surgery Fellowshipの経験を通じて 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 391. ( 医中誌 )

  323. 山川 一馬, 小倉 裕司, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山下 典雄, 藤見 聡, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. JAAM FORECAST DIC研究 抗凝固療法の患者選択の最適化 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 416. ( 医中誌 )

  324. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. SPICE-ICU研究報告 Sepsis-3を科学的に検証する 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 412. ( 医中誌 )

  325. 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 小倉 裕司, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 藤見 聡, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. Sepsis 定義と診断基準の変遷 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 413. ( 医中誌 )

  326. 小倉 裕司, 梅村 穣, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. Sepsis-3とqSOFAのpros & cons 敗血症診療における検証 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 413. ( 医中誌 )

  327. 梅村 穣, 小倉 裕司, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. Quick SOFAの予後予測能は患者の重症度に左右される 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 415. ( 医中誌 )

  328. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. qSOFAの敗血症特異的な予後予測精度の検討と新たな指標の提案 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 485. ( 医中誌 )

  329. 小谷 穣治, 樽井 武彦, 久志本 成樹, 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 齋藤 大蔵, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 淳, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 藤島 清太郎, 増野 智彦, 真弓 俊彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. JAAM FORECAST Sepsis研究 敗血症治療における補助・支持療法の治療疫学 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 414. ( 医中誌 )

  330. 小倉 裕司, 阿部 智一, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. JAAM FORECAST Sepsis研究 全体疫学 敗血症患者の特徴と転帰 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 414. ( 医中誌 )

  331. 一二三 亨, 藤島 清太郎, 萩原 章嘉, 小倉 裕司, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. β溶連菌と肺炎球菌による重症敗血症と敗血症性ショック患者の病原性と臨床的特徴 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 415. ( 医中誌 )

  332. 園部 浩之, 村田 希吉, 漆畑 直, 中本 礼良, 吉行 綾子, 遠藤 英樹, 伏見 清秀, 大友 康裕. ビッグデータを用いた救急医学研究 DPCデータからみた外傷患者に対するトラネキサム酸 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 381. ( 医中誌 )

  333. 本間 正人, 阿南 英明, 小井土 雄一, 大友 康裕. シミュレーション研修手法を用いた化学テロに対する病院前救護体制の検討 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 507. ( 医中誌 )

  334. 大友 康裕. わが国のテロに対する医療対応は大丈夫か? 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 262. ( 医中誌 )

  335. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 阿部 智一, 白石 淳, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. さあ、臨床研究を始めよう〜日々の疑問から論文まで 日本救急医学会の学会主導多施設研究の成果と課題 ANZICSと比較して 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 355. ( 医中誌 )

  336. 大友 康裕, 田中 秀治, 横田 裕行, 病院前救護統括体制認定機構統括医師・認定・研修プログラム検討委員会. 【救急救命士の現状と未来-活躍の場とその拡大を俯瞰する】民間救急救命士と病院前救護統括体制認定機構 統括医師の研修・認定 救急医学. 2018.10; 42 (11): 1533-1536. ( 医中誌 )

  337. 浅倉 友理, 大友 康裕, 本藤 憲一, 小島 光暁. 体温異常の現状と対策 中心静脈留置型経皮的体温調整システムを用いて効果的に復温を行えた重症の偶発性低体温症患者の本邦報告例 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 386. ( 医中誌 )

  338. 森下 幸治, 尾林 聡, 鳥羽 三佳代, 石垣 裕美, 小野 和代, 佐瀬 裕子, 増田 孝広, 高橋 弘充, 田中 直文, 大友 康裕. 当院における初期研修医の安全管理レポート提出についての検討 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 379. ( 医中誌 )

  339. 藤島 清太郎, 丸藤 哲, 阿部 智一, 齋藤 大蔵, 小倉 裕司, 久志本 成樹, 白石 淳, 真弓 俊彦, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 梅村 穣, 大友 康裕, 岡本 好司, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 白石 振一郎, 田熊 清継, 武山 直志, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 萩原 章嘉, 一二三 亨, 増野 智彦, 山川 一馬, 山下 典雄, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 我が国における敗血症バンドル遵守率の推移 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 414. ( 医中誌 )

  340. 阿南 英明, 近藤 久禎, 小井土 雄一, 大友 康裕. 災害による病院ライフライン途絶時の『患者の治療中断判断基準』について 大規模災害時の病院被災評価と行動評価基準における集中治療中断の意義 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 351. ( 医中誌 )

  341. 井上 潤一, 霧生 信明, 岩瀬 史明, 大友 康裕. 災害による病院ライフライン途絶時の『患者の治療中断判断基準』について Crisis Standard of Care 社会全体で考える危機的状況下での診療基準 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 351. ( 医中誌 )

  342. 加藤 渚, 大友 康裕. 東京都心部における現場派遣型ドクターカーの運用について 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 453. ( 医中誌 )

  343. 森下 幸治, 石垣 裕美, 小野 和代, 尾林 聡, 二見 茜, 上里 彰仁, 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020において救急医が果たす役割 外国籍の救急患者対応には多職種による診療体制の構築が重要である 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 325. ( 医中誌 )

  344. 杉本 桃子, 高山 渉, 村田 希吉, 大友 康裕. 敗血症を合併した肺炎患者における乳酸クリアランスと予後との関係 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 486. ( 医中誌 )

  345. 加藤 正哉, 上村 修二, 梶野 健太郎, 小林 誠人, 田邊 晴山, 辻 友篤, 野田 英一郎, 大友 康裕. 救急現場における教育の工夫 メディカルコントロールに関する知識の普及と課題 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 383. ( 医中誌 )

  346. 五十嵐 豊, 萩原 純, 横堀 將司, 久野 将宗, 小笠原 智子, 増野 智彦, 布施 明, 畝本 恭子, 小井土 雄一, 大友 康裕, 横田 裕行. 救急医療体制におけるドクターカー・ドクターヘリの意義 東京都におけるドクターカーの活動概況 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 376. ( 医中誌 )

  347. 森 周介, 世良 俊樹, 白石 淳, 落合 香苗, 大友 康裕. 救急医療体制におけるドクターカー・ドクターヘリの意義 ドクターカーの院外心停止に対する転帰への寄与 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 324. ( 医中誌 )

  348. 古口 葉月, 高山 渉, 村田 希吉, 大友 康裕. 救急医療における疫学研究の取り組み TOR基準と院外蘇生時間の検討 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 391. ( 医中誌 )

  349. 阿南 英明, 赤坂 理, 大城 健一, 近藤 久禎, 大友 康裕, 小井土 雄一. 救急医療と災害医療 大規模災害時の病院機能ダメージコントロールに救急医が参画する必要性の検討 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 334. ( 医中誌 )

  350. 川良 健二, 鈴木 啓介, 高山 渉, 大友 康裕. 異なる転機を辿った抗NMDA抗体受容体脳炎が疑われた2例の比較 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 440. ( 医中誌 )

  351. 落合 香苗, 加藤 渚, 世良 俊樹, 大友 康裕. 院外心停止患者の発生時刻が転帰に与える影響 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 516. ( 医中誌 )

  352. 川端 賢一, 鈴木 啓介, 森下 幸治, 大友 康裕. 鉄パイプによる外傷性腹壁ヘルニアの1例 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 544. ( 医中誌 )

  353. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 重症外傷診療のエビデンス構築を目指して 本邦の外傷症例acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併頻度と損傷部位別リスクの検証 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 321. ( 医中誌 )

  354. 阿部 智一, 小倉 裕司, 白石 淳, 久志本 成樹, 齋藤 大蔵, 藤島 清太郎, 真弓 俊彦, 一二三 亨, 椎野 泰和, 中田 孝明, 樽井 武彦, 大友 康裕, 岡本 好司, 梅村 穣, 小谷 穣治, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 白石 振一郎, 田熊 清継, 鶴田 良介, 萩原 章嘉, 山川 一馬, 増野 智彦, 武山 直志, 山下 典雄, 池田 弘人, 上山 昌史, 藤見 聡, 丸藤 哲, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 記述疫学 感染部位と予後 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 414. ( 医中誌 )

  355. 千田 篤, 森下 幸治, 小島 光暁, 八木 雅之, 相星 淳一, 大友 康裕. 腸管虚血再灌流障害後の腸間膜リンパ液は炎症細胞の活性化に関与する 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 514. ( 医中誌 )

  356. 森 周介, 大友 康裕. 魅力ある専門医制度を目指して 米国専門医制度に学ぶ我が国の救急科専門医制度の発展と構築 日本救急医学会雑誌. 2018.10; 29 (10): 315. ( 医中誌 )

  357. 井上 潤一, 白石 淳, 岩瀬 史明, 大友 康裕. エビデンスに基づくcons vs.可能性に挑戦するpros 7 蘇生を要する外傷患者に対するREBOA REBOA as an Invention of the Devil REBOAは悪魔の発明か? Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 52. ( 医中誌 )

  358. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例のacute respiratory distress syndrome(ARDS)合併に関する損傷部位別リスクの検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 89. ( 医中誌 )

  359. 川端 賢一, 関谷 宏祐, 大友 康裕. 当院におけるOpen Abdominal Managementの実績と今後の展望 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 89. ( 医中誌 )

  360. 本藤 憲一, 関谷 宏祐, 高山 渉, 大友 康裕. 外傷診療における多職種連携にむけて 当院での取り組み Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 94. ( 医中誌 )

  361. 森下 幸治, 加地 正人, 本藤 憲一, 田邉 稔, 大友 康裕. 新専門医制度においてacute care surgeonを育てる 当院における新専門医制度におけるAcute Care Surgeryの育成について Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 56. ( 医中誌 )

  362. 渡部 広明, 村上 壮一, 坂本 義之, 阪本 雄一郎, 河野 元嗣, 溝端 康光, 大友 康裕, 島根大学医学部Acute Care Surgery講座日本Acute Care Surgery学会認定外科医制度委員会. 明確なAcute Care Surgery認定外科専門医像を共有する Acute Care Surgery認定外科医制度の概要 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 58. ( 医中誌 )

  363. 村上 壮一, 渡部 広明, 坂本 義之, 河野 元嗣, 阪本 雄一郎, 庄古 知久, 溝端 康光, 大友 康裕, 日本Acute Care Surgery学会認定外科医制度委員会. 明確なAcute Care Surgery認定外科専門医像を共有する Acute Care Surgery認定外科医に求められるSurgical Skillと手術経験 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 59. ( 医中誌 )

  364. 溝端 康光, 村上 壮一, 渡部 広明, 河野 元嗣, 阪本 雄一郎, 坂本 義之, 大友 康裕, 日本Acute Care Surgery学会認定外科医制度委員会. 明確なAcute Care Surgery認定外科専門医像を共有する Acute Care Surgery認定外科医に求められるmanagement、decision making能力の評価 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 58. ( 医中誌 )

  365. 浅倉 友理, 遠藤 彰, 小島 光暁, 落合 香苗, 大友 康裕. 重症胸部外傷に対してV-V ECMOを併用したダメージコントロール戦略を行い救命し得た一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 86. ( 医中誌 )

  366. 遠藤 彰, 小島 光暁, 大友 康裕. 高齢外傷患者の転帰予測における問題点とモデル改善の方向性についての検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2018.09; 8 (1): 91. ( 医中誌 )

  367. 本藤 憲一, 森下 幸治, 松島 一英, 安部 隆三, 鈴木 崇根, 吉川 俊輔, 岡 智, 織田 成人, 大友 康裕. ASSETコース受講者アンケートからみた外傷手術手技教育の有用性の検討 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 345. ( 医中誌 )

  368. 森下 幸治, 松島 一英, 安部 隆三, 鈴木 崇根, 吉川 俊輔, 本藤 憲一, 島居 傑, 織田 成人, 矢永 勝彦, 大友 康裕. Off-the-job trainingの現況 外傷外科手技のためのASSETコースの有用性 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 229. ( 医中誌 )

  369. 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 「外傷センター 日本の未来」 外傷患者の集中治療室入室数の増加と生命転帰の改善は関連している 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 208. ( 医中誌 )

  370. 吉川 俊輔, 白石 淳, 遠藤 彰, 大友 康裕. 外傷症例のacute respiratory distress syndrome(ARDS)合併と損傷部位の関係性 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 335. ( 医中誌 )

  371. 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けて、テロに対する医療対応は大丈夫か? 日本クリティカルケア看護学会学術集会抄録集. 2018.06; 14回 [EL7]. ( 医中誌 )

  372. 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けて、テロに対する医療対応は大丈夫か? 日本災害看護学会誌. 2018.06; 20 (1): 68. ( 医中誌 )

  373. 白石 淳, 大友 康裕, 井上 潤一, 鈴木 利直. 重症外傷患者におけるREBOAの現況と問題点 大動脈内バルーン遮断後の合併症 傾向スコア解析を用いた対照群との比較 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 236. ( 医中誌 )

  374. 井上 潤一, 岩瀬 史明, 本間 正人, 森村 尚登, 溝端 康光, 渡部 広明, 織田 成人, 松島 一英, 庄古 知久, 森下 幸治, 比良 英司, 大友 康裕. 銃創・爆傷に対する救急救護と救命治療 銃創・爆傷への対応力向上の取り組み 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 250. ( 医中誌 )

  375. 本間 正人, 大友 康裕, 阿南 英明, 井上 潤一, 高橋 栄治, 張替 喜世一. 銃創・爆傷に対する救急救護と救命治療 銃創・爆傷に対する病院の備え 大量殺傷型テロ対応病院コースの開発について 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 250. ( 医中誌 )

  376. 鈴木 利直, 白石 淳, 大友 康裕. 鈍的脾損傷に対する動脈塞栓術と脾臓摘出術の比較検討 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 289. ( 医中誌 )

  377. 杉本 桃子, 高山 渉, 漆畑 直, 中本 礼良, 吉行 綾子, 原 英展, 村田 希吉, 大友 康裕. 頸髄損傷に伴う高カリウム血症と他合併症との関連 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 357. ( 医中誌 )

  378. 古口 葉月, 高山 渉, 原 英展, 吉行 綾子, 中本 礼良, 漆畑 直, 村田 希吉, 大友 康裕. 高齢者重症頭部外傷の予後予測因子に凝固障害は有用か? 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 364. ( 医中誌 )

  379. 遠藤 彰, 小島 光暁, 白石 淳, 大友 康裕. 高齢者外傷治療の問題点 高齢者外傷の特徴と課題 超高齢社会の外傷レジストリ解析 日本外傷学会雑誌. 2018.06; 32 (2): 236. ( 医中誌 )

  380. 大友 康裕. Acute Care Surgeryのいま─わが国におけるAcute Care Surgeon育成─ 医学の歩み. 2018.04; 265 298-302.

  381. 張替 喜世一, 大友 康裕, 本間 正人, 阿南 英明. 4文字、5文字教育コースを整理する 災害対応3〜5文字表記教育コースの紹介 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 240. ( 医中誌 )

  382. 伊東 翼, 岡 智, 落合 香苗, 遠藤 彰, 大友 康裕. CBRNE災害発生時対応に関する医療従事者の意識・知識調査 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 350. ( 医中誌 )

  383. 永田 高志, 高橋 栄治, 竹島 茂人, 阿南 英明, 井上 潤一, 張替 喜世一, 清住 哲郎, 本間 正人, 森村 尚登, 大友 康裕. マスギャザリング・テロ対応 MCLS大量殺傷型テロ対応セミナーの現状と課題 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 226. ( 医中誌 )

  384. 大友 康裕. 救急医学 現状と課題(Vol.16) Acute Care Surgeryのいま わが国におけるAcute Care Surgeon育成 医学のあゆみ. 2018.04; 265 (4): 298-302. ( 医中誌 )

  385. 小林 茉耶, 遠藤 彰, 落合 香苗, 岡 智, 大友 康裕. 敗血症治療における輸液と転帰の関連 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 350. ( 医中誌 )

  386. 江口 岳志, 岡 智, 落合 香苗, 加藤 渚, 大友 康裕. 院外心停止患者において救急隊現場滞在時間が長くなる条件 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 350. ( 医中誌 )

  387. 落合 香苗, 世良 俊樹, 加藤 渚, 大友 康裕. 院外心停止患者の発生時刻による蘇生率の検討 日本臨床救急医学会雑誌. 2018.04; 21 (2): 355. ( 医中誌 )

  388. 遠藤 彰, 伏見 清秀, 白石 淳, 村田 希吉, 大友 康裕. DPCデータベースを用いた救急領域の臨床疫学研究の利点と課題 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 342. ( 医中誌 )

  389. 長島 道生, 高橋 英夫, 落合 香苗, 高橋 洋子, 我満 幸子, 塩田 修玄, 増田 孝広, 若林 健二, 大友 康裕, 重光 秀信. ICUとERスタッフがコラボレートしたCritical Care Outreach Team(CCOT)による全病棟回診の試み 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O93-5]. ( 医中誌 )

  390. 大友 康裕. 【救急医療における外傷診療の最前線】テロへの対応 爆傷外傷を中心に 日本医師会雑誌. 2018.02; 146 (11): 2262-2266. ( 医中誌 )

  391. 高山 渉, 遠藤 彰, 大友 康裕. 一歩進んだ外傷患者に対する集中治療 ABO型血液型と重症外傷患者予後との関係 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [PD11-3]. ( 医中誌 )

  392. 氏川 彩, 稲次 基希, 壽美田 一貴, 森内 麻美, 高山 渉, 大友 康裕, 前原 健寿. クエスチョンマーク型の金属棒による頭部穿通外傷の一例 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2018.02; 41回 131. ( 医中誌 )

  393. 岡崎 哲ロバート, 高山 渉, 森 周介, 大友 康裕. 甲状腺クリーゼにより多臓器不全を生じた一剖検例 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O16-7]. ( 医中誌 )

  394. 関谷 宏祐, 森下 幸治, 岡 智, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 重症急性膵炎の治療戦略 腹圧上昇を伴う重症急性膵炎の治療戦略 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 322. ( 医中誌 )

  395. 小島 光暁, 森下 幸治, 千田 篤, 八木 雅幸, 大友 康裕. 腸間膜リンパ液中のエクソソームは出血性ショック後の肺傷害および免疫不全発症に関与する 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 342. ( 医中誌 )

  396. 落合 香苗, 世良 俊樹, 加藤 渚, 大友 康裕. 高齢院外心停止患者における予後予測因子の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2018.02; 25 (Suppl.): [O85-3]. ( 医中誌 )

  397. 加地 正人, 大友 康裕. 【これだけは知っておきたい 膵外傷のマネージメント】膵外傷の機序と病態 胆と膵. 2018.01; 39 (1): 15-18. ( 医中誌 )

  398. 副島 将史, 江頭 隆一郎, 落合 香苗, 大友 康裕. ホームから軌道敷へ転落し当院へ救急搬送された症例の検討 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2018.01; 39 (1): 134. ( 医中誌 )

  399. 藤田 晃浩, 本藤 憲一, 原 英展, 赤星 昴己, 持田 弦, 江頭 隆一郎, 関谷 宏祐, 高橋 麻里絵, 森下 幸浩, 森 周介, 相星 淳一, 大友 康裕. 他国でバスキュラーアクセスを挿入し、難民として入国後に当院に搬送されるも難民として認定されず、70日間入院した一例 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2018.01; 39 (1): 145. ( 医中誌 )

  400. 岩崎 陽平, 高山 渉, 岡 智, 本藤 憲一, 森下 幸治, 加地 正人, 大友 康裕. 当院のAcute Care Surgery体制 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2018.01; 39 (1): 147. ( 医中誌 )

  401. 森下 幸治, 加地 正人, 相星 淳一, 大友 康裕. 救急科領域におけるサブスペシャリティを考える 救急のサブスペシャリティーを考える 外科というサブスペシャリティー 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2018.01; 39 (1): 71. ( 医中誌 )

  402. 遠藤 彰, 白石 淳, 伏見 清秀, 村田 希吉, 大友 康裕. 本邦における外傷センターの整備 DPCデータからみた本邦における施設あたりの重症外傷患者数と生存率・入院総医療費との関連の検討 日本外傷学会雑誌. 2018.01; 32 (1): 40-43. ( 医中誌 )

  403. 岬 美穂, 千島 佳也子, 近藤 久禎, 小井土 雄一, 吉原 克則, 大友 康裕. 訓練からみえた首都直下地震における東京都災害医療体制の課題 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.11; 22 (2): 161-169. ( 医中誌 )

  404. 関谷 宏祐, 森下 幸治, 森 周介, 岡 智, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 当院における外傷手術後のOpen Abdominal Management施行症例22例の検討 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 536. ( 医中誌 )

  405. 本藤 憲一, 相星 淳一, 森下 幸治, 大友 康裕. Ca2+-independent Phospholipase A2γの急性炎症における役割の検討 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 605. ( 医中誌 )

  406. 大友 康裕. acute care系学会の現状と将来像 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 84. ( 医中誌 )

  407. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. DPCデータを用いた大量輸血を要した外傷患者の最適な新鮮凍結血漿/赤血球比の検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 87. ( 医中誌 )

  408. 遠藤 彰, 白石 淳, 大友 康裕. DPCデータを用いた大量輸血患者の最適な新鮮凍結血漿/赤血球比と血小板/赤血球比の検討 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 593. ( 医中誌 )

  409. 本藤 憲一, 森下 幸治, 吉川 俊輔, 大友 康裕, 鈴木 崇根, 安部 隆三, 織田 成人, 岡 智. Thiel法による固定屍体を用いたAdvanced Surgical Skills for Exposure In Trauma(ASSET)コース開催の経験 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 175. ( 医中誌 )

  410. 久下 晶子, 竹村 友秀, 宮本 貴庸, 大友 康裕. インフルエンザを契機に褐色細胞腫が判明した一例 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 552. ( 医中誌 )

  411. 大友 康裕. 【外科専門医のための外傷外科手術off-the-job training(OFF-JT)】外科専門医の外傷修練について 日本外科学会雑誌. 2017.09; 118 (5): 544-549. ( 医中誌 )

  412. 小島 光暁, 森下 幸治, 大友 康裕, Coimbra Raul. 侵襲反応を制御する〜基礎研究(臨床への架け橋) エクソソームを介した腸管由来炎症性メディエーターの新たな輸送機構 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 424. ( 医中誌 )

  413. 吉岡 義朗, 森下 幸治, 岡 智, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 当院における腹部刺創患者の検討 自傷と他傷の比較 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 514. ( 医中誌 )

  414. 関谷 宏祐, 森下 幸治, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 当院における腹圧上昇を伴う重症急性膵炎12例の腹圧管理方法 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 611. ( 医中誌 )

  415. 岡崎 哲ロバート, 森下 幸治, 高山 渉, 八木 雅幸, 岡 智, 森 周介, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 当院における外傷性脾損傷の治療経験 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 577. ( 医中誌 )

  416. 大友 康裕, 横田 裕行. 専門医制度と救急医の養成 救急科専門医の確保は、医師の地理的偏在を軽減する 日本救急医学会アンケート調査から 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 417. ( 医中誌 )

  417. 小倉 裕司, 丸藤 哲, 阿部 智一, 池田 弘人, 射場 敏明, 上山 昌史, 岡本 好司, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 齋藤 大蔵, 阪本 雄一郎, 佐々木 淳一, 椎野 泰和, 大友 康裕, 白石 振一郎, 田熊 清継, 樽井 武彦, 鶴田 良介, 中田 孝明, 一二三 亨, 藤島 清太郎, 藤見 聡, 増野 智彦, 真弓 俊彦, 武山 直志, 山下 典雄, 白石 淳, 萩原 章嘉, 水島 靖明, 日本救急医学会多施設共同試験特別委員会. 多施設研究による日本からの情報発信 日本救急医学会 学会主導多施設研究の発展と今後の展望 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 436. ( 医中誌 )

  418. 山崎 佳穂, 高山 渉, 吉川 俊輔, 岡 智, 大友 康裕. 前頭骨を貫通し前頭葉正中まで達していた金属棒による穿通性頭部外傷の一例 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 533. ( 医中誌 )

  419. 古口 葉月, 高山 渉, 落合 香苗, 村田 希吉, 大友 康裕. 内因性院外心肺停止患者の診療における地域差の検討 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 614. ( 医中誌 )

  420. 吉川 俊輔, 岡村 美湖, 遠藤 彰, 大友 康裕, 森尾 友宏. 侵襲反応を制御する〜臨床研究(breakthrough) 外傷症例における好中球の活性酸素産生量の経時的評価と健常者との比較 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 424. ( 医中誌 )

  421. 森 周介, 大友 康裕. 日本の救急医療レベルは決して米国に劣らない 両国の救急医療を経験して 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 460. ( 医中誌 )

  422. 岩崎 陽平, 小早川 義貴, 岡 智, 森下 幸治, 大友 康裕. 東日本大震災の被災地における卒後臨床研修で得た私の経験 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 474. ( 医中誌 )

  423. 加藤 渚, 岡 智, 岩崎 陽平, 大友 康裕. 東京医科歯科大学歯学部附属病院内で発生した刺傷事件における現場対応 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 639. ( 医中誌 )

  424. 井上 潤一, 岩瀬 史明, 大友 康裕. 東京オリンピック・パラリンピックに向けた救急医療体制の整備 爆発物テロ対応を3年で確立するために 出血想定の現場3Tと搬送原則、消防指令室での医療調整、病院surge capacity強化 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 415. ( 医中誌 )

  425. 大友 康裕, 森村 尚登, 本間 正人, 永田 高志, 阿南 英明, 井上 潤一, 大城 建一, 高橋 栄治. 爆弾テロ対応は、これまでの多数傷病者対応を根本的に見直す必要がある 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 446. ( 医中誌 )

  426. 原 英展, 関谷 宏祐, 岡 智, 大友 康裕. 開腹手術を避け経肛門アプローチにより摘出しえた巨大直腸異物の1例 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 502. ( 医中誌 )

  427. 森下 幸治, 高山 渉, 江頭 隆一郎, 八木 雅幸, 関谷 宏祐, 吉川 俊輔, 本藤 憲一, 森 周介, 岡 智, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 誰がacute care surgeryを担うのか? 地域性と多様性 都心の大学病院におけるacute care surgeryの役割 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 99. ( 医中誌 )

  428. 岩崎 陽平, 高山 渉, 岡 智, 本藤 憲一, 森下 幸治, 加地 正人, 大友 康裕. 誰がacute care surgeryを担うのか? 地域性と多様性 当院の担うAcute Care Surgery Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 104. ( 医中誌 )

  429. 落合 香苗, 北村 文絵, 山川 祐馬, 工藤 侃, 世良 俊樹, 大友 康裕. 蘇生後体温管理療法における目標体温逸脱の予測因子の検討 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 613. ( 医中誌 )

  430. 岡 智, 加地 正人, 相星 淳一, 大友 康裕. 腹部外傷に対する腹腔鏡下手術 日本外傷データバンク解析 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 577. ( 医中誌 )

  431. 岡崎 哲ロバート, 高山 渉, 藤田 晃浩, 関谷 宏祐, 江頭 隆一郎, 森 周介, 森下 幸治, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 腹腔内遊離ガスを認め消化管穿孔が疑われた肝膿瘍破裂の一例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 229. ( 医中誌 )

  432. 岩崎 陽平, 加藤 渚, 岡 智, 森下 幸治, 大友 康裕. 病院レベルでの防犯・テロ対策および傷病者対応 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 642. ( 医中誌 )

  433. 高山 渉, 古口 葉月, 落合 香苗, 岡 智, 大友 康裕. 院外心肺停止発生時間と蘇生の質の関係 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 452. ( 医中誌 )

  434. 吉川 俊輔, 白石 淳, 庄古 知久, 大友 康裕. 骨盤骨折症例に対して行う検査・処置に要した時間の予後に与える影響 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 184. ( 医中誌 )

  435. 持田 弦, 岡 智, 関谷 宏祐, 江頭 隆一郎, 八木 雅幸, 遠藤 彰, 小島 光暁, 本藤 憲一, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 食道破裂19例の検討 日本救急医学会雑誌. 2017.09; 28 (9): 551. ( 医中誌 )

  436. 関谷 宏祐, 岡 智, 森下 幸治, 森 周介, 大友 康裕. 下部消化管穿孔術後の超汚染創に対するVAC systemを用いたSSI発生予防の有用性 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PN10-3. ( 医中誌 )

  437. 田中 由香利, 丸 光惠, 佐々木 吉子, 深堀 浩樹, 川本 祐子, 前田 留美, 大友 康裕. 文京区の診療所における災害対策状況と医療者が災害対策のために希望する外部からの支援に関する実態調査 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.07; 22 (1): 30-37. ( 医中誌 )

  438. 大友 康裕. 防ぎえる外傷死・防ぎえる災害死 回避のために、これまでやってきたこと 東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集. 2017.06; 31回 31. ( 医中誌 )

  439. 井上 潤一, 岩瀬 史明, 小林 辰輔, 松本 学, 宮崎 善史, 河野 陽介, 柳沢 政彦, 白石 淳, 大友 康裕. IABO/REBOA 外傷診療における適応と活用法 今、我が国でREBOAはどのように使われているのか? JTDB登録データから見えた課題 日本外傷学会雑誌. 2017.05; 31 (2): 177. ( 医中誌 )

  440. 白石 淳, 井上 潤一, 大友 康裕. REBOAと関連した高い死亡リスクは施設間格差では説明できない 日本外傷学会雑誌. 2017.05; 31 (2): 324. ( 医中誌 )

  441. 遠藤 彰, 白石 淳, 村田 希吉, 大友 康裕. 本邦における外傷センターの整備 DPCデータからみた本邦における施設外傷症例数と転帰との関連 日本外傷学会雑誌. 2017.05; 31 (2): 183. ( 医中誌 )

  442. 吉川 俊輔, 白石 淳, 漆畑 直, 関谷 宏祐, 庄古 知久, 大友 康裕. 骨盤骨折に対するTranscatherter Arterial Embolization(TAE)を推定するCT所見の検証 日本外傷学会雑誌. 2017.05; 31 (2): 314. ( 医中誌 )

  443. 本藤 憲一, 森下 幸治, 鈴木 崇根, 吉川 俊輔, 岡 智, 大友 康裕. Thiel法による固定屍体を用いたAdvanced Surgical Skills for Exposure In Trauma(ASSET)コース開催を経験して 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SP-3. ( 医中誌 )

  444. 永田 高志, 須田 志優, 阿南 英明, 井上 潤一, 張替 喜世一, 竹島 茂人, 本間 正人, 森村 尚登, 大友 康裕. 事態対処医療の普及に向けた取り組み MCLS大量殺傷型テロ対応コース試行コース開発の経緯 日本臨床救急医学会雑誌. 2017.04; 20 (2): 276. ( 医中誌 )

  445. 安部 隆三, 橋田 知明, 島居 傑, 鈴木 崇根, 森下 幸治, 大友 康裕, 織田 成人. 外傷外科の最前線 基礎および臨床 多発外傷の救命率向上を目指した、遺体を用いた外傷外科手技教育プログラムの構築 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 WS-5. ( 医中誌 )

  446. 森下 幸治, 吉川 俊輔, 本藤 憲一, 安部 隆三, 織田 成人, 鈴木 崇根, 大友 康裕. 外科医への固定屍体を用いた外傷外科手技のためのAdvanced Surgical Skills for Exposure In Traumaコースの有用性の検討 アンケート結果をふまえて 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SF-48. ( 医中誌 )

  447. 恩部 陽弥, 石井 美恵子, 山田 英子, 大友 康裕, 小井土 雄一, 張替 喜世一, 峯田 雅寛, 久保山 一敏, 田口 裕紀子, 川谷 陽子, 高田 洋介. BHELP試行コース開催報告 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 622. ( 医中誌 )

  448. 遠藤 彰, 伏見 清秀, 白石 淳, 松居 宏樹, 村田 希吉, 大友 康裕. DPCデータを用いた肺炎による重症敗血症に対するvasopressin併用療法の有効性の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2017.02; 24 (Suppl.): DP85-3. ( 医中誌 )

  449. 加藤 渚, 世良 俊樹, 植木 穣, 竹田津 史野, 谷澤 秀, 大友 康裕. JR東日本と東京医科歯科大学の災害時医療連携の取組み Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 512. ( 医中誌 )

  450. 井上 潤一, 岩瀬 史明, 宮崎 善文, 大友 康裕. MCLS・CBRNE 爆発物テロには事前計画と外科的Surge Capacity Buildingが必須である マドリード多発列車爆破テロに学ぶ Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 462. ( 医中誌 )

  451. 大友 康裕, 本間 正人, 阿南 英明, 森村 尚登, 須田 志優, 張替 喜世一, 永田 高志, 井上 潤一, 布施 明, 竹島 茂人, MCLS運営委員会MCLS爆傷・銃創コースワーキンググループ. MCLS・CBRNE MCLS爆傷・銃創コース(仮称)の開発 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 462. ( 医中誌 )

  452. 阿南 英明, 大城 健一, 中村 光伸, 高橋 礼子, 小澤 和弘, 清住 哲郎, 近藤 久禎, 本間 正人, 大友 康裕, 小井土 雄一. 南海トラフ地震における初動時対応 南海トラフ地震における新DMAT戦略提示のための具体的検討 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 454. ( 医中誌 )

  453. 牧田 一平, 高山 渉, 大友 康裕. 当院における墜落外傷の検討 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2017.02; 38 (1): 104. ( 医中誌 )

  454. 稲次 基希, 橋本 聡華, 黒羽 真砂恵, 田中 洋次, 森下 幸治, 大友 康裕, 前原 健寿. 外傷早期けいれんに対するレベチラセタム予防投与効果 日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集. 2017.02; 40回 137. ( 医中誌 )

  455. 大友 康裕. 国際潮流・EMT Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 443. ( 医中誌 )

  456. 森村 尚登, 小井土 雄一, 大友 康裕, 田邊 晴山, 日本集団災害医学会MassGatheringイベント医療検討委員会. 東京オリンピック・パラリンピックコンソーシアム担当企画 マスギャザリング 2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(コンソーシアム) 日本集団災害医学会の役割 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 469. ( 医中誌 )

  457. 大友 康裕, 本間 正人, 阿南 英明, 森村 尚登, 須田 志優, 張替 喜世一, 永田 高志, 井上 潤一, 布施 明, 竹島 茂人. 東京オリンピック・パラリンピックコンソーシアム担当企画 マスギャザリング わが国のCBRNE医療対応体制の課題と解決策 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 470. ( 医中誌 )

  458. 加藤 渚, 植木 穣, 小林 孝子, 大友 康裕. 災害初動対応における役割の振り分け「Do」「Get」「Write」の活用 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 547. ( 医中誌 )

  459. 清水 厚哉, 岡 智, 遠藤 彰, 落合 香苗, 世良 俊樹, 大友 康裕. 重症敗血症患者における水分バランスと予後の関係の解析 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2017.02; 38 (1): 108. ( 医中誌 )

  460. 山名 英俊, 萩原 純, 横堀 將司, 藤江 聡, 世良 俊樹, 小井土 雄一, 布施 明, 大友 康裕, 横田 裕行. 都心部におけるドクターカーの有効性に関する一考察 Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 603. ( 医中誌 )

  461. 上岡 純子, 関谷 宏佑, 三田 基樹, 高山 渉, 世良 俊樹, 相星 淳一, 加地 正人, 大友 康裕. 覚醒剤使用後に認められた心筋障害の一例 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2017.02; 38 (1): 97. ( 医中誌 )

  462. 北村 文絵, 世良 俊樹, 落合 香苗, 大友 康裕. 病院外心停止患者の生存率と発生時刻の関連について 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2017.02; 38 (1): 117. ( 医中誌 )

  463. 茂木 佑太, 遠藤 彰, 岡 智, 落合 香苗, 世良 俊樹, 大友 康裕. 頭部外傷における転帰予測因子と手術適応の新基準 日本救急医学会関東地方会雑誌. 2017.02; 38 (1): 83. ( 医中誌 )

  464. 落合 香苗, 北村 文絵, 山川 祐馬, 工藤 侃, 世良 俊樹, 大友 康裕. 高齢院外心停止患者における予後予測因子の検討 日本集中治療医学会雑誌. 2017.02; 24 (Suppl.): DP60-5. ( 医中誌 )

  465. 大友康裕. 【特集1 Acute Care Surgeonに求められる技術的達成度と養成カリキュラムの工夫】第6回日本ACS学会学術集会パネルディスカッション2より Japanese Journal of Acute Care Surgery (JJACS)vol. 5 No.1, 2015. 2015.11; (vol. 5 No.1, 2015): 1-3.

  466. 小島 光暁,村田 希吉,加地 正人,大友 康裕. 【特集2 若手から見たAcute Care Surgery研修の現状,今求める研修とは】当院におけるAcute Care Surgeon養成コースの現状と課題 Japanese Journal of Acute Care Surgery (JJACS)vol. 5 No.1, 2015. 2015.11; (vol. 5 No.1, 2015): 22-24.

  467. 大友康裕. 災害時における消防とDMATとの連携 消防研修 第97号 44-51, 2015 . 2015.03; 44-51, 2015 (第97号):

  468. 小島 光暁, 加地 正人, 村田 希吉, 相星 淳一, 大友 康裕. 【食道破裂、穿孔の診断と治療における戦略と工夫】 特発性食道破裂14例の検討 治療成績と術式の工夫 日本腹部救急医学会雑誌. 2015.01; 35 (1): 47-53. ( 医中誌 )

  469. 森村 尚登, 相引 眞幸, 大友 康裕, 小倉 真治, 久志本 成樹, 嶋津 岳士, 田勢 長一郎, 溝端 康光, 平出 敦, 日本救急医学会救急医学領域教育研修委員会救急医学教育カリキュラム検討ワーキンググループ. 国公立大学医学部における救急医学教育カリキュラム策定に係わるアンケート結果報告 救急医学教育基本項目の提案 日本救急医学会雑誌. 2014.07; 25 (7): 325-333. ( 医中誌 )

  470. 村田 希吉, 大友 康裕, 山崎 繁, 小泉 雅典, 瀧口 典聡, 丸山 尚嗣, 磯部 陽, 長島 敦, 仲野 明. 【わが国においてAcute Care Surgeryをいかに整備するか?】 Acute Care Surgeonは救命救急センターと外科専門医指定施設のローテーションで育成する 日本腹部救急医学会雑誌. 2014.07; 34 (5): 969-974. ( DOI 医中誌 )

  471. 本藤憲一、加地正人、大友康裕. Acute Care Surgeon育成におけるNational Clinical Database(NCD)の問題点の検証 Japanese Journal of Acute Care Surgery, JJACS 4, 2014; 88-91. 2014.06;

  472. 遠藤 彰、村田希吉、小島光暁、本藤憲一、加地正人、大友康裕. 日本におけるAcute Care Surgeryの現状と課題;「外傷外科手術指南塾」で試行した受講生アンケートの結果から Japanese Journal of Acute Care Surgery, JJACS 4, 2014; 77-81. 2014.06;

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Asensio JA, Petrone P, Perez-Alonso A, Osmolak A, Loden J, Gracia G, Ksycki M, Joseph D, Fujita T, OtomoY. Current Therapy of Trauma and Surgical Critical Care, 2nd Edition. Elsevier, 2015.06 Operative Exposure and Management of Axillary Vessel Injuries (ISBN : 978-0323079808)

  2. 外傷専門診療ガイドラインJETEC. へるす出版, 2014.10 第2章外傷治療戦略 2 損傷部位別の治療戦略 (5)腹部外傷治療戦略 (ISBN : 978-4-89269-848-4)

  3. 標準多数傷病者対応MCLSテキスト. 株式会社ぱーそん書房, 2014.05 (ISBN : 978-4-907095-12-3)

  4. トリアージ. 荘道社, 2014.05 特殊災害におけるトリアージ CBRNEテロ・災害におけるトリアージ (ISBN : 978-4-915878-98-5)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Otomo Y. Medical Response to Terrorism in Japan. The 14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM) 2018.10.17 Kobe, Hyogo

  2. Otomo Y. Key Area of Work in H-EDRM Research and Up-to-Date Activities How to Build Strong Domestic Emergency Medical Teams Capacities - The Case of Japan. The 14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM) 2018.10.16 Kobe, Hyogo

  3. Otomo Y. Traumatic Coagulopathy. The 4th World Trauma Congress 2018.09.28 San Diego, USA

  4. Otomo Y. ACS Board Certified Surgeon in Japan. The 4th World Trauma Congress 2018.09.28 San Diego, USA

  5. Otomo Y. Traumatic Coagulopathy: Is it All the Same? DIC or Trauma-Induced Coagulopathy? Eastern Perspective. The 4th World Trauma Congress 2018.09.27 San Diego, USA

  6. Otomo Y. AED/PAD in JAPAN Current situation. SOS@Hotel Forum 2018.03.15 Bangkok, Thailand

  7. Otomo Y. The First Asia Emergency Medicine Friendship Forum on Acute Stroke and Myocardial Infarction in the Elderly Stroke in JAPAN Current situation. The First Asia Emergency Medicine Friendship Forum 2018.03.14 Bangkok, Thailand

  8. Otomo Y. International Preparedness & Response to Emergencies and Disasters Medical Response to Terrorism in Japan. 5th International Preparedness & Response to Emergencies and Disasters 2018.01.16 Tel Aviv, Israel

  9. Jun-ichi Inoue, Atushi Shiraishi, Ayako Yoshiyuki, Koichi Haruta, Yasuhiro Otomo. RESUSCITATIVE ENDOVASCULAR BALLOON OCCLUSION OF THE AORTA (REBOA) MIGHT BE DANGEROUS IN PATIENTS WITH SEVERE TORSO TRAUMA ─ A PROPENSITY SCORE ANALYSIS SAYS ─. 74th Annual Meeting of AAST and Clinical Congress of Acute Care Surgery 2016.09.09 Las Vegas, NV, United States

  10. Otomo Y. "Global EMT Registry – Lead Mentor & Verification program workshop 12-13th November 2015, WHO HQ Geneva, Switzerland ". 2015.11.12 Geneva, Switzerland

  11. Otomo Y. "INFORMAL EXPERT CONSULTATION ON STRENGTHENING NATIONAL AND FOREIGN MEDICAL TEAMS IN RESPONSE TO DISASTERS How to build strong domestic and international emergency medical teams capacities: the case of Japan". INFORMAL EXPERT CONSULTATION ON STRENGTHENING NATIONAL AND FOREIGN MEDICAL TEAMS IN RESPONSE TO DISASTERS, REGIONAL OFFICE FOR THE WESTERN PACIFIC, Manila 2015.09.22 Manila

  12. Inoue J,Shiraishi A, Yoshiyuki A, Haruta K, Otomo Y. "RESUSCITATIVE ENDOVASCULAR BALLOON OCCLUSION OF THE AORTA (REBOA) MIGHT BE DANGEROUS IN PATIENTS WITH SEVERE TORSO TRAUMA ─ A PROPENSITY SCORE ANALYSIS SAYS". the 74th annual meeting of American Association for the Surgery of Trauma, Las Vegas 2015.09.12 Las Vegas

  13. Atsushi Shiraishi, Keita Nakatsutsumi, Yasuhiro Otomo. UNDERGOING TRUNCAL TRAUMA SURGERY BEFORE CT SCAN MAY IMPROVE IN-HOSPITAL MORTALITY IN HYPOTENSIVE OR COMATOSE TRAUMA PATIENTS. 74th Annual Meeting of AAST and Clinical Congress of Acute Care Surgery 2015.09.09 Las Vegas, NV, United States

  14. Otomo Y. "Posters Session Shock/Transfusions I". the 74th annual meeting of American Association for the Surgery of Trauma, Las Vegas 2015.09.09 Las Vegas

  15. Otomo Y. "Invited lecture Symposium 17 Critical Care in Disaster and War: Field Report Industrial Accident (Fukushima)". "12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine, Seoul, South Korea" 2015.08.29

  16. Otomo Y. "Chairman Symposium 17 Critical Care in Disaster and War: Field Report". "12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine, Seoul, South Korea" 2015.08.29

  17. Otomo Y. "chairman IATSIC Free Papers ""Trauma Surgery"" ". 46TH WORLD CONGRESS OF SURGERY WCS 2015, Bangkok, Thailand 2015.08.25 Bangkok, Thailand

  18. Otomo Y. "chairman IATSIC POSTER WALK Group 2: CLINICAL TRAUMA CARE – 1 ". 46TH WORLD CONGRESS OF SURGERY WCS 2015, Bangkok, Thailand 2015.08.24 Bangkok, Thailand

  19. Nakatsutsumi K,Otomo Y, Shiraishi A. "RISKS OF COMPUTED TOMOGRAPHY BEFORE EMERGENCY THORACOTOMY OR LAPAROTOMY IN SEVERELY INJURED TRAUMA VICTIMS: A NATIONWIDE OBSERVATIONAL STUDY Travel award ". 46TH WORLD CONGRESS OF SURGERY WCS 2015, Bangkok, Thailand 2015.08.24 Bangkok, Thailand

  20. Shiraishi A, Watanabe T, Kawahara N, Otomo Y. Decompressive craniotomy can improve mortality in patients with putaminal or subcortical intracerebral hemorrhage –A propensity score analysis. 24. European Stroke Conference 2015.05.14 Vienna, Austria

  21. Shiraishi A, Otomo Y, Murata K, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matsuoka T, Uejima T, Morimura T, Ishikura H, Hayakawa M, Hagiwara A, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Yokota H Sakamoto T Tanaka T Kushimoto S. Effect of Tranexamic Acid in the Real World --A Propensity Score Matching Analysis of Data from Japan Observational Study for Coagulation and Thrombolysis in Early Trauma (J-OCTET). The 16th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2015.05.10 Amsterdam

  22. Otomo Y. LESSENS LEARNED FROM THE JAPAN TSUNAMI DISASTER. 19th World Congress on Disaster and Emergency Medicine 2015.04.23

  23. Ushizawa H,Shiraishi A, Otomo Y. CHARACTERISTICS OF MORTALITY IN GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE, 2011. 19th World Congress on Disaster and Emergency Medicine 2015.04.23

  24. Shiraishi A、Otomo Y. DERIVATION AND EXTERNAL VALIDATION OF A NOVEL PREDICTION SCORE FOR EARLY TRAUMA CARE. 19th World Congress on Disaster and Emergency Medicine 2015.04.23

  25. Otomo Y. Invited lecture 10 Years Tsunami Phuket: The Next Tsunami Zero Lost Lessens Learned from the Japan Tsunami Disaster. 10 Years Tsunami Phuket: The Next Tsunami Zero Lost 2014.12.11 Phuket,Thailand

  26. Otomo Y. Invited lecture Disaster Medical Service Symposium of Seoul National University Hospital Lessens Learned from the Japan Tsunami Disaster. Disaster Medical Service Symposium of Seoul National University Hospital 2014.12.08 Seoul

  27. Otomo Y. AAST Invited Discussant Overwhelming tPA Release, not PAI-1 Degradation, is Responsible for Hyperfibrinolysis in Severely Injured Trauma Patients. the 73th annual meeting of American Association for the Surgery of Trauma 2014.09.11

  28. Otomo Y. Invited lecture Enhancing Disaster Awarness on the CBRNE Medical Response to NBC Terrorism in Japan. 5th International Conference on Disaster Nuesing, Daejeon, Korea 2014.09.04

  29. Otomo Y. PPTC2014: Plenary Session 1 What's New after Japan Earthquake. The second Pan-Pacific Trauma Congress 2014 in Seoul 2014.06.27 Seoul

  30. Otomo Y. ASEM: Natural Disaster in Asia: Impact to Emergency Physician and Disaster Preparedness Japanese disaster medical system - An experience from the Japan tsunami disaster and the nuclear power plant accident. International Conference on Emergency Medicine (ICEM) 2014 in Hong Kong 2014.06.13

  31. Otomo Y. Who cares for the trauma patient around the world? The Japanese System. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.27 Frankfurt

  32. Haruta K,Shiraishi A,Yoshiyuki A,Otomo Y. Laparotomy after Intra-aorta balloon occlusion (IABO) is hazardaous in patients with severe abdominal trauma: A report from Japan Trauma Data Bank. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.27 Frankfurt

  33. Hondo K,Shiraishi A,Saida F,Otomo Y. Mortality of the severely injured patient with DCS hasn't improved in Japan.. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.27 Frankfurt

  34. Shiraishi A,Nakatsutsumi K,Otomo Y. Is CT scan the tunnel of death in most severely injured trauma victims?. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.26 Frankfurt

  35. Yoshikawa S,Shiraishi A,Kojima M,Shoko T,Otomo Y. Measurement of serum lactate accurately predicts mortality in patients with pelvic fracture.. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.26 Frankfurt

  36. Otomo Y. Multi-organ damage control strategies Vascular Damage Control: Ligation, shunts and other maneuvers. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.25 Frankfurt

  37. Kojima M,Shiraishi A,Otomo Y. The use of laparoscopy in Japanese trauma patients with abdominal injury. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.25 Frankfurt

  38. Ichinose T,Shiraishi A,Yoshiyuki A,Otomo Y. Transarterial embolization may be an alternative to open surgery in low severerity abdominal trauma cases: A report from Japan Trauma Data Bank. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.25 Frankfurt

  39. Otomo Y. Multi-organ damage control strategies. 15th European Congress of Trauma & Emergency Surgery 2nd World Trauma Congress (Frankfurt) 2014.05.25 Frankfurt

  40. Review of the Hyogo Framework for Action 2005-2015 Frameworks and policies relating to medical preparedness and health management in disasters Co-Lead. International Symposium for Disaster Medical and Public Health Management 2014.05.21

  41. Yoshikawa K,Shiraishi A, Otomo Y. Doctor ambulance dispatch was an independent predictor of favorable outcome in ROSC,survival and functional outcome.. Resuscitation 2014 2014.05.16

  42. Otomo Y. 2nd Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS. 6th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery 2nd Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS (Seoul) 2014.04.12

  43. Kojima M,Murata K, Kaji M, OtomoY. Surgical Treatment for Spontaneous Esophageal Rupture . 6th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery 2nd Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS (Seoul) 2014.04.12

  44. Murata K,Otomo Y. How to Bring up Young Acute Care Surgeon? Our Attempt in Tokyo Medical and Dental University. 6th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery 2nd Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS (Seoul) 2014.04.12

  45. Otomo Y. Special Lecture The issues on Trauma surgery in Japan What we have done, What we should do next. The 2014 Annual Meeting of the Taiwan Surgical Association 2014.03.16

  46. 大友康裕. 「我が国の災害医療体制」. 平成30年度高知県災害薬事コーディネーター研修 2018.12.16 高知

  47. 大友康裕. わが国の災害医療体制 ─防ぎえる災害死への取り組み─. 第20回東都保健医療福祉協議会 医局集談会 2018.12.15 東京

  48. 大友康裕. 外傷性凝固障害. 東葛北部出血と凝固セミナー 2018.12.12 千葉

  49. 大友康裕. Acute Care Surgeryにおける救急医と外科医の役割 わが国におけるAcute Care Surgeon の育成ー日本Acute Care Surgery 学会認定外科医. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  50. 古口葉月、高山渉、村田希吉、大友康裕. 救急医療における疫学研究の取り組み TOR基準と院外蘇生時間の検討. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  51. 吉川俊輔、白石淳、遠藤彰、大友康裕. 重症外傷診療のエビデンス構築を目指して 本邦の外傷症例acute respiratory distress syndrome (ARDS)合併頻度と損傷部位別リスクの検証. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  52. 千田篤、森下幸治、小島光暁、八木雅之、相星淳一、大友康裕. 腸管虚血再灌流障害後の腸間膜リンパ液は炎症細胞の活性化に関与する. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  53. 本間正人、阿南英明、小井土雄一、大友康裕. シミュレーション研修手法を用いた化学テロに対する病院前救護体制の検討. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  54. 山川一馬、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、藤島清太郎、増野智彦、一二三亨、山下典雄. JAAM FORECAST DIC研究 2.抗凝固療法の患者選択の最適化. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  55. 一二三亨、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、藤島清太郎、増野智彦、山川一馬、山下典雄. β溶連菌と肺炎球菌による重症敗血症と敗血症性ショック患者の病原性と臨床的特徴. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  56. 藤島清太郎、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. ARDSに対する前向き観察研究. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  57. 梅村穣、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、小谷穣治、大友康裕、岡本好司、藤島清太郎、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. Quick SOFAの予後予測能は患者の重症度に左右される. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  58. 小谷穣治、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、藤島清太郎、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. JAAM FORECAST Sepsis研究 4. 敗血症診療における補助・支持療法の治療疫学. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  59. 藤島清太郎、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、小倉 裕司、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. 我が国における敗血症バンドル遵守率の推移. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  60. 阿部智一、小倉 裕司、白石淳、久志本成樹、齋藤大蔵、藤島清太郎、真弓俊彦、池田弘人、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄、藤見聡、丸藤 哲. 記述疫学:感染部位と予後. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  61. 小倉裕司、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. JAAM FORECAST Sepsis研究 1.全体疫学:敗血症患者の特徴と転帰. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  62. 井上潤一、霧生信明、岩瀬史明、大友康裕. 災害による病院ライフライン途絶時の『患者の治療中断判断基準』について Crisis Standard of Care―社会全体で考える危機的状況下での診療基準. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  63. 阿南英明、近藤久禎、小井土雄一、大友康裕. 災害による病院ライフライン途絶時の『患者の治療中断判断基準』について 大規模災害時の病院被災評価と行動評価基準における集中治療中断の意義. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  64. 落合香苗、加藤渚、世良俊樹、大友康裕. 院外心停止患者の発生時刻が転帰に与える影響. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.21 横浜

  65. 森周介、大友康裕. 魅力ある専門医制度を目指して 米国専門医制度に学ぶ我が国の救急科専門医制度の発展と構築. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  66. 杉本桃子、高山渉、村田希吉、大友康裕. 敗血症を合併した肺炎患者における乳酸クリアランスと予後との関係. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  67. 遠藤彰、白石淳、大友康裕. qSOFAの敗血症特異的な予後予測精度の検討と新たな指標の提案. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  68. 浅倉友理、大友康裕、本藤憲一、小島光暁. 中心静脈留置型経皮的体温調整システムを用いて効果的に復温を行えた重症の偶発性低体温症患者の本邦報告例. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  69. 阿南英明、赤坂理、大城健一、近藤久禎、大友康裕、小井土雄一. 救急医療と災害医療 大規模災害時の病院機能ダメージコントロールに救急医が参画する必要性の検討. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  70. 川良健二、鈴木啓介、高山渉、大友康裕. 異なる転機を辿った抗NMDA抗体受容体脳炎が疑われた2例の比較. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.20 横浜

  71. 森周介、世良俊樹、白石淳、落合香苗、大友康裕. 救急医療体制におけるドクターカー・ドクターヘリの意義 ドクターカーの院外心停止に対する転帰への寄与. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  72. 森下幸治、石垣裕美、小野和代、尾林聡、二味茜、上里彰仁、大友康裕. 外国籍の救急患者対応には多職種による診療体制の構築が重要である. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  73. 加藤渚、大友康裕. 東京都心部における現場派遣型ドクターカーの運用について. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  74. 小倉裕司、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. さあ,臨床研究を始めよう~日々の疑問から論文まで 日本救急医学会の学会主導多施設研究の成果と課題~ ANZICSと比較して. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  75. 加藤渚、落合香苗、江頭隆一郎、大友康裕. AEDが心室細動に対して「ショック不要」と解析判断した一例. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  76. 川端賢一、鈴木啓介、森下幸治、大友康裕. 鉄パイプによる外傷性腹壁ヘルニアの1例. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  77. 小倉裕司、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. JAAM SPICE 報告 Sepsis-3とqSOFAのpros & cons:敗血症診療における検証. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  78. 丸藤 哲、齋藤大蔵、小倉 裕司、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. JAAM SPICE 報告 Sepsis:定義と診断基準の変遷. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  79. 小倉裕司、丸藤 哲、齋藤大蔵、久志本成樹、藤島清太郎、真弓俊彦、阿部智一、白石淳、池田弘人、射場敏明、上山昌史、梅村穣、大友康裕、岡本好司、小谷穣治、阪本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、白石振一郎、田熊清継、武山直志、樽井武彦、鶴田良平、中田孝明、萩原章嘉、一二三亨、増野智彦、山川一馬、山下典雄. SPICE-ICU研究報告:Sepsis-3を科学的に検証する. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  80. 加藤正哉、上村修二、梶野健太郎、小林誠人、田邊晴山、辻友篤、野田英一郎、大友康裕. 救急現場における教育の工夫 メディカルコントロールに関する知識の普及と課題. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  81. 園部浩之、村田希吉、漆畑直、中本礼良、吉行綾子、遠藤英樹、伏見清秀、大友康裕. ビッグデータを用いた救急医学研究 DPCデータからみた外傷患者に対するトラネキサム酸. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  82. 五十嵐豊、萩原純、横堀将司、久野将宗、小笠原智子、増野智彦、布施明、畝本恭子、小井土雄一、大友康裕、横田裕行. 関連セッション 救急医療体制におけるドクターカー・ドクターヘリの意義 東京都におけるドクターカーの活動概況. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018.11.19 横浜

  83. 大友康裕. 救急医療講演会 Acute Care Surgeryにおけるダメージコントロール・NPWTを用いた治療戦略. 産業医科大学 救急医療講演会 2018.11.14 福岡

  84. 大友康裕. わが国の被ばく医療の現状と課題について. 原子力災害拠点病院事業 平成30年度原子力災害医療基礎研修会 2018.11.09 青森

  85. 大友康裕. 医師救急医療業務実地修練 「災害・テロ対策に関すること」. 医師救急医療業務実地修練 2018.10.31 東京

  86. 大友康裕. 「災害医療対策から見た”レジリエンス”の強化」 被災地医療支援のコーディネートと地元への引継ぎ. 防災推進国民大会2018 2018.10.13 東京

  87. 大友康裕. 集団災害と脳神経外科 日本の集団災害対応 ─防ぎえる災害死への取組─. 第77回日本脳神経外科学会学術総会 2018.10.10 仙台

  88. 大友康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けて、テロに対する医療対応は大丈夫か?. 第20回日本災害看護学会 2018.08.11 神戸

  89. 大友康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けて、テロに対する医療対応は大丈夫か?. 静岡中部地区救急・集中治療研究会 2018.07.20 静岡

  90. 大友康裕. 東京オリンピック・パラリンピック2020へ向けて、テロに対する医療対応は大丈夫か?. 第14回日本クリティカルケア看護学会学術集会 2018.07.01 東京

  91. 井上潤一、岩瀬史明、本間正人、森村尚登、溝端康光、渡部広明、織田成人、松島一英、庄古知久、森下幸治、比良英司、大友康裕. 「銃創・爆傷に対する救急救護と救命治療」 銃創・爆傷への対応力向上の取り組み. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.22 京都

  92. 本藤憲一、森下幸治、松下一英、安部隆三、鈴木崇根、吉川俊輔、岡智、織田成人、大友康裕. ASSET コース受講者アンケートからみた外傷手術手技教育の有用性の検討. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.22 京都

  93. 吉川俊輔、白石淳、遠藤彰、大友康裕. 外傷症例の acute respiratory distress syndrome(ARDS)合併と損傷部位の関係性. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.22 京都

  94. 本間正人、大友康裕、阿南英明、井上潤一、高橋栄治、張替喜世一. 「銃創・爆傷に対する救急救護と救命治療」 銃創・爆傷に対する病院の備え:大量殺傷型テロ対応病院コースの開発について. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.22 京都

  95. 白石淳、遠藤彰、大友康裕. 「外傷センター 日本の未来」外傷患者の集中治療室入室数の増加と生命転帰の改善は関連している. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  96. 古口葉月、高山渉、原英展、吉行綾子、中本礼良、漆畑直、村田希吉、大友康裕. 高齢者重症頭部外傷の予後予測因子に凝固障害は有用か?. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  97. 杉本桃子、高山渉、漆畑直、中本礼良、吉行綾子、原英展、村田希吉、大友康裕. 頸髄損傷に伴う高カリウム血症と他合併症との関連. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  98. 遠藤彰、小島光暁、白石淳、大友康裕. 「高齢者外傷治療の問題点」 高齢者外傷の特徴と課題ー超高齢社会の外傷レジストリ解析. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  99. 白石淳、大友康裕、井上潤一、鈴木利直. 「重症外傷患者における REBOA の現況と問題点」 大動脈内バルーン遮断後の合併症 傾向スコア解析を用いた対照群との比較. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  100. 森下幸治、松下一英、安部隆三、鈴木崇根、吉川俊輔、鳥居傑、織田成人、矢永勝彦、大友康裕. 「Off-the-job training の現況」 外傷外科手技のための ASSET コースの有用性. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018.06.21 京都

  101. 大友康裕. 2020年東京オリンピック・パラリンピックへ向けて集団災害医療対策はどうあるべきか. 高知大学医学部 災害医療講演会 2018.05.23 高知

  102. 大友康裕. わが国の医療における救急科専門医の役割. 松戸市立総合医療センター講演会 2018.05.14 千葉

  103. 大友康裕. 2020東京オリンピック・パラリンピックへ向けて集団災害医療対策はどうあるべきか. 第21回千葉県救急医療研究会 2018.04.28 千葉

  104. 大友康裕. 銃創・爆傷の外科治療. 日本外科学会外傷講習会 2018.04.05 東京

  105. 関谷宏祐、森下幸治, 岡智, 相星淳一, 加地正人, 大友康裕. 「重症急性膵炎の治療戦略」 腹圧上昇を伴う重症急性膵炎の治療戦略. 第54回日本腹部救急医学会学術集会 2018.03.09 仙台

  106. 小島光暁、森下幸治、千田篤、八木雅幸、大友康裕. 腸間膜リンパ液中のエクソソームは出血性ショック後の肺傷害および免疫不全発症に関与する. 第54回日本腹部救急医学会学術集会 2018.03.09 仙台

  107. 遠藤彰、伏見清秀、白石 淳、村田希吉、大友康裕. 診療と研究のトピックス・ビューポイント DPCデータベースを用いた救急領域の臨床疫学研究の利点と課題. 第54回日本腹部救急医学会学術集会 2018.03.09 仙台

  108. 大友康裕. 2020東京オリンピック・パラリンピックへ向けて集団災害医療対策はどうあるべきか. 県立広島病院講演会 2018.03.05 広島

  109. 大友康裕. 我が国の災害医療体制に関する基本的知識. 日本薬剤師会 平成29年薬剤師生涯教育推進事業 次世代薬剤師指導者研修会 2018.02.11 東京

  110. 大友康裕. 「病院・社会福祉施設等を対象とした事業継続に係るシンポジウム」 激甚災害に対する病院の備えーBCP(業務継続計画)の考え方をふまてー. 内閣官房主催「病院・社会福祉施設等を対象とした事業継続に係るシンポジウム」 2018.02.07 東京

  111. 小井土雄一、岬美穂、千島佳也子、河嶌護、近藤久禎、大友康裕、吉原克則. 「災害時の医療:首都直下地震」 首都直下地震における日本 DMAT の役割. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.03 横浜

  112. 大友康裕、森村尚登、本間正人、阿南英明、永田高志、井上潤一、張替喜世一. 「東京オリンピック開催時の救急医療体制」 爆弾テロ対応は、これまでの多数傷病者対応を根本的に見直す必要がある. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  113. 加藤 渚、植木穣、加地正人、世良俊樹、森下幸治、本藤憲一、八木雅幸、高橋宏之、竹田津史野、大友康裕. JR 東日本と東京医科歯科大学の災害時医療連携の取り組み 東京駅大規模災害訓練の計画から実施まで. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  114. 井上潤一、岩瀬史明、阿南英明、高橋栄治、加藤渚、張替喜世一、本間正人、大友康裕. 「東京オリンピック・パラリンピック」 オリンピック期間中の救急医療体制にテロを含む多数傷病者対応をいかに組み込むか?. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  115. 加藤 渚、森周介、加地正人、森下幸治、岡智、本藤憲一、世良俊樹、岩崎陽平、大友康裕. 「東京オリンピック・パラリンピック」 医療機関が標的となる犯罪事象「テロ」への備え -来るべき事件に対して我々はどう備えるべきかー. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  116. 加藤渚、加地正人、當山光哉、大友康裕. 沖縄県消防救急隊に対して行った局所災害時指揮連携・情報管理に関する机上シュミレーションを用いた教育の効果. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  117. 岩崎陽平、加藤 渚、岡智、森下幸治、加地正人、大友康裕. 医療機関内で発生した刺傷事件に対する現場対応の経験. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.02 横浜

  118. 峯田雅寛、石井美恵子、山田栄子、恩部 陽弥、田口裕紀子、三和田陽介、大友康裕、小井土雄一、久保山一敏、張替喜世一、川谷陽子、高田洋介. BHELP 試行コース受講者アンケートからの一考察. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.01 横浜

  119. 恩部陽弥、石井美恵子、峯田雅寛、田口裕紀子、三和田陽介、山田栄子、大友康裕、小井土雄一、張替喜世一、久保山一敏. BHELP 標準コース開催報告と今後の課題. 第23回日本集団災害医学会 2018.02.01 横浜

  120. 副島 将史、大友康裕. ホームから軌道敷へ転落し当院へ救急搬送された症例の検討. 第68回日本救急医学会関東地方会 2018.01.27 東京

  121. 藤田 晃浩、大友康裕. 他国でバスキュラーアクセスを挿入し、難民として入国後に当院に搬送されるも難民として認定されず、70 日間入院した一例. 第68回日本救急医学会関東地方会 2018.01.27 東京

  122. 森下幸治、大友康裕. 救急のサブスペシャリティーを考えるー外科というサブスペシャリティー. 第68回日本救急医学会関東地方会 2018.01.27 東京

  123. 大友康裕. "平成27年度国立病院機構災害医療従事者研修会 NBC災害". 平成27年度国立病院機構災害医療従事者研修会 2015.12.14

  124. 大友康裕. 静岡県立総合病院高度救命救急センター開所記念講演会 災害時における消防・医療・関連機関の連携について. 静岡県立総合病院高度救命救急センター開所記念講演会、静岡市、150名 2015.11.30 静岡市

  125. 大友康裕. シンポジウム4 「地域の外科救急を守るAcute Care Surgery」. 第77回日本臨床外科学会、福岡 2015.11.27 福岡

  126. 大友康裕. "パネルディスカッション6 局所災害にいかに対応するか 司会". 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.23 東京

  127. 小崎良平、宮城夏子、関谷宏祐、吉川俊輔、落合香苗、牛澤洋人、岡智、白石淳、加地正人、大友康裕. 特発性食道破裂に対して保存的加療で軽快した一例 -当院での保存的治療のストラテジーを考える-. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.23 東京

  128. 八木雅幸、岡智、園部浩之、鈴木啓介、冨重智徳、森下幸治、白石淳、加地正人、大友康裕. 特発性胆嚢管穿孔の 1 例. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.23 東京

  129. 前川聡一、冨岡正雄、庄古知久、甲斐聡一郎、大友康裕. Wireless-FPD による術中透視装置を用いた屋外テント内での外傷患者に対する治療経験 ―2015 年ネパール地震災害-. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.23 東京

  130. 村田希吉、大友康裕、尾林聡. "シンポジウム6 医療事故調査制度の見直しに向けた救急医学会からの提言 医療事故調査制度が救急医療にもたらす影響と見直しに向けた提言". 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.23 東京

  131. 松井宏樹、森下幸治、八木雅幸、遠藤彰、相星淳一、村田希吉、世良俊樹、冨重智徳、加地正人、大友康裕. 心タンポナーデに対し,初療室で緊急心嚢ドレナージを行い救命した 5 例 . 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.22 東京

  132. 大友康裕. "緊急報告 1 ネパール地震医療支援 JDR 医療チーム". 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.22 東京

  133. 宮城夏子、小崎良平、大友康裕. 気道緊急において外科的気道確保を必要とした症例の検討. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.22 東京

  134. 竹田津史野、八木雅幸、松井宏樹、冨重智徳、遠藤彰、世良俊樹、森下幸治、村田希吉、相星淳一、大友康裕. 緊急 TAE を必要とした腎血管筋脂肪腫の1例 . 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.22 東京

  135. 落合香苗、阿久津智洋、大友康裕. 心停止蘇生後症候群の1症例におけるNicolet OneとBispevtral Indexの比較. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.21 東京

  136. 世良俊樹、白石淳、関谷宏祐、八木雅幸、牛澤洋人、森下幸治、岡智、村田希吉、相星淳一、加地正人、大友康裕. 卒前救急医学教育における夜間実習(当直)の導入経験. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.21 東京

  137. 冨重智徳、白石淳、世良俊樹、大友康裕. 急性薬物中毒患者における簡便な在院時間予測モデル. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.21 東京

  138. 牛澤洋人、世良俊樹、貫井陽子、小池竜司、大友康裕. 2014 年の東京医科歯科大学救命救急センターにおける血液培養症例の検討. 第43回日本救急医学会総会・学術集会 東京 2015.10.21 東京

  139. 大友康裕. 産業医科大学 学生講義 外傷初療. 産業医科大学 M4学生講義 2015.10.14

  140. 大友康裕. 産業医科大学 救急医療講演会 外傷外科、救急室からICU、ope室までーIABOと大動脈クランプ、Damage controlー. 産業医科大学 救急医療講演会(産業医科大学講堂、50名参加) 2015.10.13

  141. 大友康裕. "シンポジウム4「災害医療と急性血液浄化」 司会". 第26回日本急性血液浄化学会 2015.10.10

  142. 阿南英明、大友康裕、本間正人、近藤久禎、小井土雄一、赤坂理. "シンポジウム4「災害医療と急性血液浄化」 DMATによるクラッシュ症候群対応". 第26回日本急性血液浄化学会 2015.10.10

  143. 三木隆弘、大友康裕、森實雅司、小島達也、矢田哲康. "シンポジウム4「災害医療と急性血液浄化」 地震災害におけるクラッシュ症候群に対する血液浄化療法 ─国際緊急援助隊における血液浄化ユニット─". 第26回日本急性血液浄化学会 2015.10.10

  144. 大友康裕. "シンポジウム4「災害医療と急性血液浄化」 地震災害時のクラッシュ症候群発生と対応策". 第26回日本急性血液浄化学会 2015.10.10

  145. 大友康裕. "平成27年度第2回全国災害拠点病院災害医療従事者研修会 NBC災害". 平成27年度第2回全国災害拠点病院災害医療従事者研修会 2015.10.05

  146. 大友康裕. シンポジウム2 「わが国のAcute Care Surgery育成プログラム ー学会認定カリキュラム策定に向けてー」司会. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  147. 吉川 俊輔、遠藤 彰、本藤 憲一、小島 光暁、村田 希吉、加地 正人、大友 康裕. "シンポジウム1関連演題2 日本Acute Care Surgery 学会主催「外傷外科手術指南塾」受講生アンケートの検討". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  148. 河野 元嗣、溝端 康光、臼井 章浩、阪本雄一郎、渡部 広明、大友康裕. "シンポジウム2 「わが国のAcute Care Surgery育成プログラム ー学会認定カリキュラム策定に向けてー」 Acute care surgeon の surgical skill requirement". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  149. 渡部 広明、溝端 康光、河野 元嗣、臼井 章浩、阪本雄一郎、大友康裕. "シンポジウム2 「わが国のAcute Care Surgery育成プログラム ー学会認定カリキュラム策定に向けてー」 Acute Care Surgery カリキュラムにおける治療戦略決定と チームワーク構築トレーニング". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  150. 村田希吉、加地正人、大友康裕. "シンポジウム1 「わが国のAcute Care Surgery育成プログラム ー学会認定カリキュラム策定に向けてー」 東京医科歯科大学Acute Care Surgery Training Course 現状と教育". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  151. 大友康裕、溝端 康光、渡部 広明、河野 元嗣、臼井 章浩、阪本雄一郎. "シンポジウム2 「わが国のAcute Care Surgery育成プログラム ー学会認定カリキュラム策定に向けてー」 わが国におけるAcute Care Surgeryの概念". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.03 福岡

  152. 森下幸治、白石 淳、高橋麻里絵、市野瀬 剛、加地 正人、大友 康裕. "パネルディスカッション2 「腹部外傷-我々の治療方針、手術か IVR か-」 腹部外傷におけるIVR と開腹の選択 JTDB によるデーターの検討". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  153. 藤田 晃浩、"岡 智、白石 淳、関谷 宏祐、牛澤 洋人、落合 香苗、 加地 正人、森下 幸治、大友 康裕". Extraxasation を伴わず診断に難渋した外傷性腎動脈断裂の1 例. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  154. 小崎 良平、宮城 夏子、関谷 宏祐、吉川 俊輔、落合 香苗、牛澤 洋人、岡智  智、白石  淳、加地 正人、大友 康裕. Extraxasation を伴わず診断に難渋した外傷性腎動脈断裂の1 例. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  155. 末田敬志朗、岡 智、大友 康裕、八木 雅幸、関谷 宏祐. 長期尿道カテーテル留置によると考えられるS 状結腸膀胱瘻の1手術例. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  156. 関谷 宏祐、村田希吉、大友 康裕. Damage Control Surgery の新たな適応基準. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  157. 遠藤彰、白石淳、大友 康裕. 開胸心マッサージはどのような患者に有効か. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  158. 松井 宏樹、森下 幸治、八木 雅幸、相星 淳一、村田 希吉、世良 俊樹、大友 康裕. 外傷で生じた心タンポナーデに対し、初療室で緊急処置を行い救命し得た2 例. 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  159. 岡 智、白石 淳、小島 光暁、加地 正人、大友 康裕. "ワークショップ1 「ACS における内視鏡外科の役割」 腹部外傷における内視鏡外科の適応 ―日本外傷データバンク(JTDB)での腹腔鏡手術の解析―". 第7回日本Acute Care Surgery学会学術集会、福岡 2015.10.02 福岡

  160. 大友康裕. 熊本大学 平成27年度大学院医学教育部セミナーシリーズ「名医に学ぶセミナー」 わが国の災害医療の現状と課題 ─新たな防ぎえる災害死への取り組み─. 熊本大学 平成27年度大学院医学教育部セミナーシリーズ「名医に学ぶセミナー」 熊本大学医学部病院、参加者 80名 2015.09.30 熊本

  161. 大友康裕. シンポジウム17 「東日本大震災を経験して ─次なる大災害に備える─」 「災害医療コーディネーター」について. 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会 2015.08.02

  162. 大友康裕. "平成27年度第1回全国災害拠点病院災害医療従事者研修会 NBC災害". 平成27年度第1回全国災害拠点病院災害医療従事者研修会 2015.07.27

  163. 大友康裕. "日本救急看護学会主催 救急看護セミナー(基礎病態セミナー) 腹部救急疾患". 日本救急看護学会主催 救急看護セミナー(基礎病態セミナー)平成27年東京会場(約100名) 2015.07.25

  164. 大友康裕. "日本救急看護学会主催 救急看護セミナー(基礎病態セミナー) 外傷の病態と治療". 日本救急看護学会主催 救急看護セミナー(基礎病態セミナー)平成27年東京会場(約100名) 2015.07.25

  165. 大友康裕. "パネルディスカッション3 災害医療教育の現状と課題 ─ここからの災害医療人材育成─ わが国の災害医療教育・研修の現状と今後". 第47回日本医学教育学会大会 2015.07.25

  166. 大友康裕. ネパール大震災に対する日本政府国際緊急援助隊医療チームの活動について ─世界の災害医療支援の新しい潮流─. 高知大学医学部 災害医療講演会 第15回シリーズ防災・災害医療 2015.07.15

  167. 大友康裕. "日中医学協会【2015年度JICA中国国別突発的公衆衛生課題】研修 健康危機管理に関する人材育成". 日中医学協会【2015年度JICA中国国別突発的公衆衛生課題】研修 中国各省(四川省、河北省など)衛生計画委員会 副主任 10名 2015.06.26

  168. 大友康裕. 広島県消防学校 多数傷病者災害・特殊災害対応講義. 広島県消防学校講義 参加者30人 2015.06.23

  169. 白石 淳、大友康裕、久志本成樹、齋籐大蔵、村田希吉、植嶋利文、早川峰司、金子直之、加藤 宏、佐々木淳一、小倉裕司、松岡哲也、森村尚登、石倉宏恭、萩原章嘉、武田宗和、横田裕行、坂本照夫、田中 裕. トラネキサム酸は 日本の外傷診療でも転帰を改善していた. 第29回日本外傷学会総会・学術集会 2015.06.11 札幌

  170. 白石 淳、本藤憲一、大友康裕. 外傷患者への現場での気管挿管は外傷患者の生命予後を悪化させる. 第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2015.06.05 富山

  171. 大友康裕. 特別企画2「南海トラフ地震にどう対応するか─未来に対する災害の備え─ 司会. 第 115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.16

  172. 加地正人、八木 雅幸, 吉川 俊輔, 遠藤 彰, 小島 光暁, 本藤 憲一, 安池 純士, 森下 幸治, 岡 智, 中島 康, 村田 希吉, 相星 淳一, 大友 康裕. [SY-10] シンポジウム(10): Top knifeに聞く—外傷手術の肝(キモ)と鍛練法—(Video) Acute Care Surgeryに求められる外科手技. 第 115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.16

  173. 森下幸治、大友 康裕, 植野 彰規:, Todd Costantini, Raul Coimbra. "[PLS-5] プレナリーセッション(5): その他 外傷出血性ショックによる腸管虚血再灌流障害における迷走神経刺激による治療法の可能性". 第 115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.16

  174. 大友康裕. 愛知医科大学災害医療研究センター設立記念講演会 災害医療の成り立ちと今後の展開 ─わが国で実効性ある災害医療を構築するには─. "愛知医科大学災害医療研究センター講演会 参加者100人  " 2015.03.26

  175. 大友康裕. "国立大学附属病院長会議主催 国立大学病院災害医療研修会(災害対応管理者研修会) 講演 「災害対応における大学病院の果たすべき役割」". 国立大学病院災害医療研修会(災害対応管理者研修会) 2015.03.07

  176. 大友康裕. 座長 研修医・医学生セッション 口演04 「外傷・その他」 . 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.06

  177. 遠藤彰、漆畑直、大友康裕. 非外傷性膀胱破裂8例の検討 . 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.06

  178. 岡 智、阿久津智洋、鈴木啓介、園部浩之、藤江聡、大友康裕. "主題関連演題14 腹腔鏡下虫垂切除2 腹腔鏡下虫垂切除術のコツ ‐ モチベーションを保つ,かつ教育的な手術手技 ‐ ". 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.06

  179. 森下幸治、大友康裕、Raul Coimbra. 診療と研究のトピックス・ビューポイント 迷走神経刺激は外傷出血性ショック後の腸間膜リンパ節における制御性T 細胞とTh17細胞のバランスを調節する . 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.05

  180. 吉川俊輔、遠藤彰、村田希吉、大友康裕. 十二指腸憩室穿孔の1例 . 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.05

  181. 阿久津智洋、森下幸治、村田希吉、園部浩之、八木雅之、加地正人、大友康裕. 腹痛を主訴に緊急搬送された子宮広間膜ヘルニアの2例 . 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.05

  182. 鈴木啓介、岡智、遠藤彰、大友康裕. "大腿から下腿一部におよぶ筋間膿瘍を伴う閉鎖孔ヘルニア嵌頓の1手術例‐ ". 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.05

  183. 村田希吉、大友康裕. "シンポジウム2 腹部外傷における腹腔内出血コントロールInterventional RadiologyとDamage Control Surgeryの適応の限界 Damage Control Surgeryのリスク因子とその適応基準 ". 第51回日本腹部救急医学会学術集会 2015.03.05

  184. 大友康裕. "統括セッション  全ての医療従事者が学ぶべきもの". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  185. 井上潤一、岩瀬史明、大友康裕. "ワークショップ 8「NBC テロ対策」 爆発物テロ災害に対する医療対応トレーニングプログラムの開発". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  186. 阿南英明、大友康裕、本間正人、森野一真、近藤久禎、小井土雄一、張替喜世一、大城健一. "ワークショップ 8「NBC テロ対策」 MCLS-CBRNE 試行コースの結果報告と活用―". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  187. 井上潤一、大友康裕. "ワークショップ 6「マスギャザリング 爆発物テロに対する効果的な 3T 対応のあり方―ボストンマラソン爆弾事件に学ぶ―". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  188. 大友康裕、郡山一明. 座長 ワークショップ 8「NBC テロ対策」. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  189. 大友康裕、江川新一. 座長 ワークショップ 10「兵庫行動枠組み(HFA)1 から 2 へ─世界の潮流から─」. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.28

  190. 大友康裕、山内聡. 座長 シンポジウム 8「防ぎえた災害死」. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.27

  191. 森村尚登、相引眞幸、大友康裕、小倉真治、久志本成樹、嶋津岳士、田勢長一郎、溝端康光、平出敦. "パネルディスカッション 5「災害医学基礎教育」 災害医学の卒前教育について". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.27

  192. 本間正人、大友康裕、近藤久禎、小井土雄一、辺見 弘. "シンポジウム1「阪神大震災〜20 年の月日を経て〜」 阪神淡路大震災後の急性期災害医療体制の発展―4 期に分けた考察から―". 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  193. 塚原紘平、中尾博之、中島康、吉矢和久、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-p 国立大学病院災害対策マニュアルにおける時相別対応の現状調査. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  194. 塚原紘平、中尾博之、中島康、吉矢和久、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-p 国立大学病院災害対策マニュアルにおけるインフラストラクチャーと備蓄品の記載調査. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  195. 吉矢和久、中尾博之、中島康、塚原紘平、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-p 国立大学病院災害対策マニュアルにおける他機関との連携に関する分析. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  196. 中島康、中尾博之、吉矢和久、塚原紘平、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-p 国立大学病院災害対策マニュアルにおける準備および訓練と被災経験の関連性. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  197. 中尾博之、中島康、吉矢和久、塚原紘平、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-project 全体構成の分析. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  198. 中尾博之、中島康、吉矢和久、塚原紘平、氏家良人、嶋津岳士、大友康裕. DMMHA-project の概要. 第20回日本集団災害医学会 2015.02.26

  199. 阿部大数、稲次基希、河野能久、菅原貴志、田中洋次、大友康裕、成相直、前原健寿. 当院における外傷性髄液漏に対する治療戦略. 第39回日本脳神経外傷学会 2015.02.26

  200. 大友康裕. "東京都災害時薬事活動リーダー研修 わが国の災害医療体制について". 東京都災害時薬事活動リーダー研修 2015.02.11

  201. 白石 淳、山本陽菜、大友康裕. 緊急室と集中治療室に おける初期臨床研修は 患者の転帰に影響するか?. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.02.10 東京

  202. 大友康裕. 次の大災害とMCLS ─消防の多数傷病者対応はどうあるべきか─ . 第65回日本救急医学会学関東地方会 参加者400人 2015.02.07

  203. 大友康裕. 教育セミナー V 司会 ICUにおける感染症管理のスタンダード. 第19回エンドトキシン血症救命治療研究会 2015.01.23

  204. 大友 康裕. 消防大学校 講義 幹部科 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 講義 幹部科 2014.11.26 消防大学校 幹部科

  205. 大友 康裕. 北海道救急医学会学術集会 特別講演 わが国の防ぎ得る災害死をひとりでも多く減らすために. 第38回北海道救急医学会学術集会 2014.11.23

  206. 大友 康裕. 三島市災害対策市民講演会 わが国の災害医療体制の変革 ~1・17、3・11の経験から防ぎ得る災害死をひとりでも多く減らすために~. 三島市災害対策市民講演会 2014.11.21 三島市

  207. 大友 康裕. シンポジウム15 大規模災害医療への対応 一般二次救急病院が大規模災害対応において期待されていること. 第62回日本職業・災害医学会 2014.11.17

  208. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 警防科 講義 2014.11.10

  209. 本間正人、大友康裕、小井土雄一、辺見 弘. ワークショップ5 災害医療体制による最大限の貢献を求めて 災害医療のパラダムシフト ─体制・設備整備から人材の育成へ. 第42回日本救急医学会総会・学術集会  2014.10.30

  210. 大友 康裕. シンポジウム6 重症外傷におけるMassive Transfusionのあり方 司会. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  211. 藤江聡、白石淳、伊藤史生、大友康裕. 院内抗生剤アナフィラキシーの検討. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  212. 鈴木啓介、遠藤彰、大友康裕. 病態別による腸管壊死予測因子の検討. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  213. 森村尚登、相引眞幸、大友 康裕、小倉真治、久志本成樹、嶋津岳士、田勢長一郎、溝端康光、平出敦. 大学医学部における救急医学教育カリキュラム策定に係わるアンケート結果報告. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  214. 世良俊樹、村田希吉、白石淳、相星淳一、加地正人、大友康裕. 卒前救急医学教育におけるTeam Based Learning (TBL)の導入経験. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  215. 八木雅幸、白石淳、市野瀬剛、春田浩一、吉行綾子、大友康裕. 日本外傷データバンクを用いたIABOと大動脈クランプの比較. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30 福岡

  216. 白石淳、大友康裕. 外傷初期診療におけるthe Japan Coma Scaleはthe Glasgow Coma Scaleと遜色ない意識障害の優れた評価尺度である. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.30

  217. 森下幸治、植野彰規、相星淳一、大友康裕、Raul Coimbra. シンポジウム3-1 炎症の制御を科学する(基礎) 外傷出血性ショックに続発する多臓器障害に対する迷走神経刺激による治療の可能性. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  218. 大友 康裕. 教育講演9 Acute Care Surgeonへの道. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  219. 阿久津智洋、遠藤彰、白石淳、相星淳一、大友康裕. 可逆性心筋症を合併したHemophilus influenzaeによる電撃性紫斑病の一例. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29

  220. 櫻井啓暢、落合香苗、遠藤彰、村田希吉、大友康裕. Massive transfusion protocolによる緊急0型輸血がRh不適合であった一例. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  221. 河原直毅、白石淳、渡邉稔之、大友康裕. 学生・研修医部会設置運用特別委員会 優秀演題パネルディスカッション 外側型脳出血の重症度及び手術適用基準を判断するためのスコア作成. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  222. 本間正人、阿南英明、大友康裕、勝見敦、近藤久禎、小井土雄一. SCU整備状況についての都道府県に対するアンケート調査. 第42回日本救急医学会総会・学術集会  2014.10.29 福岡

  223. 牛澤洋人、白石淳、大友康裕. 東日本大震災における被災3県の死亡率の背景と特徴. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  224. 村田希吉、大友康裕. パネルディスカッション5  凝固・線溶異常の最前線 受傷機転が凝固線溶異常に及ぼす影響. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.29 福岡

  225. 白石淳、大友康裕. 外傷発生現場へのドクターカー派遣とその転帰改善効果. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  226. 中島康、白石淳、加地正人、大友康裕. ドクターカーの現場判断は救急医療資源の適正配分に寄与するか. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  227. 井上潤一、岩瀬史明、中島康、大友康裕、小井土雄一. 救急救命士の処置拡大にともなうCSMの新たな展開:研修プログラムと運用上の課題. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  228. 吉川俊輔、白石淳、小島光暁、庄古知久、大友康裕. 骨盤骨折症例予後予測因子としての血清乳酸値の有用性. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  229. 冨重智徳、白石淳、小島光暁、大友康裕. 急性薬物中毒患者における在院日数予測因子. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  230. 遠藤彰、岡村美湖、吉川俊輔、森尾友宏、大友康裕. 白血球減少を伴った重症敗血症における好中球機能異常の解析. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  231. 落合香苗、白石淳、大友康裕、小井土雄一. 心配邸蘇生後低体温療法中のBISと復温後の痙攣後遺症の相関. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  232. 森野一真、小井土雄一、大友康裕、本間正人、近藤久禎. トリアージの信頼性. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  233. 園部浩之、市野瀬剛、八木雅幸、吉川俊輔、牛澤洋人、安武純士、中島康、白石淳、村田希吉、加地正人、大友康裕. 深大腿動脈損傷に伴った大腿コンパートメント症候群の一例. 第42回日本救急医学会総会・学術集会 2014.10.28 福岡

  234. 山内 崇弘、稲次 基希, 田中 洋次, 成相 直, 大友 康裕, 前原 健寿. 急性硬膜下血腫に対する外減圧術の検討. 日本脳神経外科学会第73回学術総会 2014.10.10

  235. 大友 康裕. 特別講演1 新たな防ぎえる災害死への取り組み─東日本大震災の経験から─. 第123回中部日本整形外科災害外科学会 2014.10.03 名古屋市

  236. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 幹部科 2014.09.30

  237. 鈴木啓介、小島光暁、加地正人 、大友康裕. 特発性食道破裂11例の検討. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森

  238. 村田希吉、加地正人 、大友康裕. Acute Care Surgery Training Course 今後の課題. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森

  239. 八木雅幸、村田希吉、鈴木啓介、園部浩之、藤江聡、牛澤洋人、加地正人 、大友康裕. 緊急開胸術にて止血した転移性肋骨に伴う大量血胸の1例. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森

  240. 園部浩之、吉川俊輔、藤江聡、市野瀬剛、八木雅幸、牛澤洋人、安池純士、中島康、白石淳、加地正人 、村田希吉、大友康裕. キックボクシングで受傷し深部大腿動脈損傷を伴った大腿コンパートメント症候群の一例. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森

  241. 小島光暁、村田希吉 、加地正人 、大友康裕. パネルディスカッション1「若手から見たAcute Care Surgery研修の現状、今求める研修とは」 当院の外傷外科医(Acute Care Surgeon)養成コースの現状. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.20 青森

  242. 大友 康裕. パネルディスカッション2  司会 Acute Care Surgeonに求められる技術的到達度と養成カリキュラムの工夫. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.20 青森

  243. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 2014.09.16 消防大学校

  244. 大友 康裕. 災害現場における消防とDMATの連携ついて. 岐阜県消防長会主催平成26年度救急最前線研修 2014.08.29

  245. 大友 康裕. 日本DMATの活動について. 東京都災害時薬事活動リーダー研修 2014.08.03

  246. 大友 康裕. 特別講演 わが国の災害医療体制の変革─1・17、3・11の経験から─. 姫路市医師会夏季大学 2014.07.27 姫路市

  247. 大友 康裕. 特別講演 胸腹部外傷におけるExperience Based Surgery. 高知Acute Care Surgery研究会 2014.07.25 高知市

  248. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 幹部科・警防科合同 2014.07.14

  249. 大友 康裕. 新たな防ぎえる災害死への取り組み─東日本大震災の経験から─DMATからDHEATへ ─ . 富山県立中央病院 講演 2014.07.11

  250. 大友 康裕. 新たな防ぎえる災害死への取り組み─東日本大震災の経験から─ DMATからDHEATへ ─ . 順天堂静岡病院 講演 2014.07.04

  251. 大友 康裕. 一般演題「災害-1」. 第17回日本臨床救急医学会 2014.06.01

  252. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 講義 指揮隊コース 2014.05.19

  253. 大友 康裕. 災害対応における大学病院の果たすべき役割. 国立大学病院と省庁の災害時における連携シンポジウム 2014.05.10

  254. 大友 康裕. 災害医学・災害医療. 高知大学医学部医学科 講義 2014.04.23

  255. 大友 康裕. 新たな防ぎ得る災害死への取り組み 〜東日本大震災の経験から〜. 高知大学医学部 災害医療講演会 第10回シリーズ防災・災害医療 2014.04.23

  256. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 指揮隊コース 講義 2014.04.21

  257. 大友 康裕. 特別講演 日本医科大学武蔵小杉病院研修医発表会 「救急医としてこれまでやってきたこと」. 平成25年度日本医科大学武蔵小杉病院研修医発表会 2014.03.15

  258. 大友 康裕. 特別講演2 わが国の災害医療体制の変革─1・17 、3・11 の経験から─. 第37回日本脳神経外傷学会 2014.03.08

  259. 大友 康裕. 特別講演 災害医療体制のあり方に関する検討会(厚労省)の最新動向. 第 12 回日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会 2014.03.08

  260. 大友 康裕. 教育セミナー10 「Acute Care Surgeryのこれから」 日本型Acute Care Surgeryの課題と今後の方向性について. 第50回日本腹部救急医学会 2014.03.07

  261. 大友 康裕. パネルディスカッション6 Open Abdominal Managementの最前線 . 第50回日本腹部救急医学会 2014.03.06

  262. 大友 康裕. NBC災害. 平成25年度災害医療従事者研修会 2014.02.12

  263. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 幹部科 講義 2014.02.10

  264. 大友 康裕. 災害時における消防と医療との連携について. 消防大学校 警防科 講義 2014.02.10

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ドクターカー 救命へ駆ける ヘリより低コスト、全国で290台,日本経済新聞社,日本経済新聞,2021年08月13日

  • 一斉抗原検査について,東洋経済新報社,週刊東洋経済,2020年06月29日

  • 新型コロナ関連の医療の課題,読売新聞社,読売新聞,2020年05月28日

  • 新型コロナウイルス対策の今後の変化,フジテレビジョン,Mr.サンデー,2020年05月23日

  • 新型コロナウイルスの第二波の対策,朝日新聞社,朝日新聞、朝日新聞デジタル,2020年05月22日

  • 新型コロナウイルス感染症について現場の声,毎日新聞社,毎日新聞,2020年04月28日

  • 新型コロナウイルス拡大下での救急医療の現状,朝日新聞社,朝日新聞,2020年04月22日

  • コロナウイルスによる救急センター受け入れ状況,日本テレビ放送網株式会社,newszero,2020年04月14日

  • 症状別 ・病気逆引き事典,文芸春秋,週刊文春,2019年04月09日

  • 現在の救急医療が抱える問題点と改善案,NHK出版,新書(タイトル未定),2019年03月14日

  • 医師が知っておきたい災害医療の心得,株式会社リクルートメディカルキャリア,月刊「リクルートドクターズキャリア」,2019年02月21日

  • 災害医療,エムスリー株式会社,m3.com,2018年12月17日

  • 東京オリンピックパラリンピックに向けたテロ対策の課題,NHK,NHKニュース,2018年07月09日

  • げが死亡『O型が多い』,フジテレビ,プライムニュースイブニング,2018年05月14日

  • 日本外科学会の外傷外科医認定について,読売新聞社,読売新聞,2018年04月09日

  • 平成29年度外傷外科医養成研修事業の研修会について,NHK,NHKニュース,2017年10月19日

▼全件表示