基本情報

写真a

竹内 崇(タケウチ タカシ)

TAKEUCHI Takashi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-3813-6111

研究室FAX番号

03-5803-0135

研究分野・キーワード

リエゾン精神医学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 講師
  • 2018年01月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 講師
  • 2019年01月
    -
    2019年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 講師
  • 2019年11月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 精神科 講師
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神神経学会

  • 日本総合病院精神医学会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

  • 日本周産期メンタルヘルス学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    日本総合病院精神医学会 評議員
  • 2016年
    -
    現在
    日本周産期メンタルヘルス学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 精神神経科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 精神保健指定医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 致死性の低い手段による自殺未遂者の予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • せん妄の治療、予防、医療安全に関する実証研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 神経炎症を視点にしたせん妄の予測,予防,治療に関する総合研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • メラトニン・オレキシン神経伝達を視点にしたせん妄予防,治療,病態評価の総合研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 将来の妊娠を考慮した性差に基づくうつ病・双極性障害薬物療法構築のエビデンス創生

    文部科学省/日本学術振興会

  • せん妄に対する高照度光療法の有効性-脳波による検証-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 親のメンタルヘルスリテラシー向上を目指した家庭用がん教育教材の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • メラトニン・オレキシン神経伝達を視点にした時間薬理学的なせん妄予防と発症予測研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 発達段階のストレス暴露がPTSDのストレス応答制御機構に与えるメカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Komatsu K, Kimura S, Kiryu Y, Oka S, Takahashi H, Matsushima E, Takeuchi T. Detailed analysis of social support and proactive coping with depressive symptoms in Japanese HIV-infected individuals. AIDS care. 2021.06; 34 (8): 1-9. ( PubMed, DOI )

  2. Matsumoto Y, Fujino J, Shiwaku H, Miyajima M, Doi S, Hirai N, Jitoku D, Takagi S, Tamura T, Maruo T, Shidei Y, Kobayashi N, Ichihashi M, Noguchi S, Oohashi K, Takeuchi T, Sugihara G, Okada T, Fujiwara T, Takahashi H. Factors affecting mental illness and social stress in hospital workers treating COVID-19: Paradoxical distress during pandemic era. Journal of psychiatric research. 2021.05; 137 298-302. ( PubMed, DOI )

  3. Ichikura Kanako, Miyajima Miho, Miki Takahiro, Kosugi Kazuhiro, Matsushima Eisuke, Takeuchi Takashi. The stereotyped image of death among elementary school children: A content analysis of school ethical education text book ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY. 2021.04; 13

  4. Miyajima Miho, Ichikura Kanako, Miki Takahiro, Kosugi Kazuhiro, Matsushima Eisuke, Takeuchi Takashi. Description of psychosocial aspects of cancer in Japanese ethical textbooks for elementary school education: A qualitative content analysis ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY. 2021.04; 13

  5. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic(TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic(和訳中) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2021.02; 75 (1-2): 24-25. ( 医中誌 )

  6. Shiwaku Hiroki, Doi Satomi, Miyajima Miho, Matsumoto Yukiko, Fujino Junya, Hirai Nobuhide, Jitoku Daisuke, Takagi Shunsuke, Tamura Takehiro, Maruo Takashi, Shidei Yuki, Kobayashi Nanase, Ichihashi Masanori, Noguchi Shiori, Oohashi Kanako, Takeuchi Takashi, Sugihara Genichi, Okada Takayuki, Fujiwara Takeo, Takahashi Hidehiko. Novel brief screening scale, Tokyo Metropolitan Distress Scale for Pandemic (TMDP), for assessing mental and social stress of medical personnel in COVID-19 pandemic PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2021.01; 75 (1): 24-25. ( PubMed, DOI )

  7. Omoya Rie, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Suzuki Yoko, Aoki Ai, Fujiwara Mayo, Watanabe Takafumi, Yoshida Noriko, Suwa Hiroshi, Kawara Tokuhiro, Takahashi Hidehiko, Matsushima Eisuke, Takeuchi Takashi. Heart rate response to orthostatic challenge in patients with dementia with Lewy bodies and Alzheimer's disease Psychogeriatrics. 2021.01; 21 (1): 62-70. ( 医中誌 )

  8. Omoya Rie, Miyajima Miho, Ohta Katsuya, Suzuki Yoko, Aoki Ai, Fujiwara Mayo, Watanabe Takafumi, Yoshida Noriko, Suwa Hiroshi, Kawara Tokuhiro, Takahashi Hidehiko, Matsushima Eisuke, Takeuchi Takashi. Heart rate response to orthostatic challenge in patients with dementia withLewy bodies andAlzheimer's disease PSYCHOGERIATRICS. 2020.10; 21 (1): 62-70. ( PubMed, DOI )

  9. Tachibana Masumi, Hashimoto Tasuku, Tanaka Mami, Watanabe Hiroyuki, Sato Yasunori, Takeuchi Takashi, Terao Takeshi, Kimura Shou, Koyama Akio, Ebisawa Sachie, Shizu Yuichiro, Nagase Teruyoshi, Hirakawa Junichi, Hatta Kotaro, Nakazato Michiko, Iyo Masaomi. Patterns in Psychiatrists' Prescription of Valproate for Female Patients of Childbearing Age With Bipolar Disorder in Japan: A Questionnaire Survey FRONTIERS IN PSYCHIATRY. 2020.04; 11 250. ( PubMed, DOI )

  10. Takeuchi Takashi, Okumura Yasuyuki, Ichikura Kanako. Alcohol Consumption or Excessive Use of Psychotropic Medication Prior to Suicidal Self-injury in Patients with Adjustment Disorder, Depression, and Schizophrenia: A Cross-sectional Study(和訳中) Acta Medica Okayama. 2020.02; 74 (1): 49-52. ( 医中誌 )

  11. Hatta K, Kishi Y, Wada K, Takeuchi T, Hashimoto N, Suda K, Taira T, Tsuchida K, Ohmori T, Akizuki N, Nishio Y, Nakanishi Y, Usui C, Kurata A, Horikawa N, Eguchi H, Ito S, Muto H, Nakamura H, Uchimura N. Real-World Effectiveness of Ramelteon and Suvorexant for Delirium Prevention in 948 Patients With Delirium Risk Factors. The Journal of clinical psychiatry. 2019.12; 81 (1): ( PubMed, DOI )

  12. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan(和訳中) 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2019.10; 29回・49回 126. ( 医中誌 )

  13. Takagi Shunsuke, Terasawa Yuuya, Takeuchi Takashi. Asystole a Few Seconds After the Electrical Stimulation of Electroconvulsive Therapy PSYCHOSOMATICS. 2019; 60 (1): 66-69.

  14. Takashi Takeuchi, Kanako Ichikura, Kanako Amano, Wakana Takeshita, Kazuho Hisamura. The degree of social difficulties experienced by cancer patients and their spouses. BMC Palliative Care. 2018.06; 17 ( PubMed, DOI )

  15. Takagi S, Terasawa Y, Takeuchi T. Asystole a Few Seconds After the Electrical Stimulation of Electroconvulsive Therapy. Psychosomatics. 2018.03; 60 (1): 66-69. ( PubMed, DOI )

  16. Takeuchi T, Okumura Y, Uezato A, Nishikawa T. Clinical characteristics of suicidal behavior in an intensive care unit at a university hospital in Japan: A 7-year observational study. Asian journal of psychiatry. 2018.03; 33 121-125. ( PubMed, DOI )

  17. Takagi Shunsuke, Takeuchi Takashi, Yamamoto Naoki, Fujita Munehisa, Furuta Ko, Ishikawa Hiroyo, Motohashi Nobutaka, Nishikawa Toru. 日本人における電気けいれん療法後の認知機能の短期及び長期評価(Short- and long-term evaluation of cognitive functions after electroconvulsive therapy in a Japanese population) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2018.02; 72 (1-2): 95-102. ( 医中誌 )

  18. Yoshimura Kensuke, Hashimoto Tasuku, Sato Yasunori, Sato Aiko, Takeuchi Takashi, Watanabe Hiroyuki, Terao Takeshi, Nakazato Michiko, Iyo Masaomi. Survey of Anticonvulsant Drugs and Lithium Prescription in Women of Childbearing age in Japan Using a Public National Insurance Claims Database(和訳中) Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics. 2018; 9 20-28. ( 医中誌 )

  19. Takashi Takeuchi, Yasuyuki Okumura, Akihito Uezato, Toru Nishikawa. Clinical characteristics of suicidal behavior in an intensive care unit at a university hospital in Japan: a 7-year observational study. Asian Journal of Psychiatry. 2017.11; in press ( PubMed, DOI )

  20. Kotaro Hatta, Yasuhiro Kishi, Ken Wada, Takashi Takeuchi, Shigeo Ito, Akiko Kurata, Kazunori Murakami, Manabu Sugita, Chie Usui, Hiroyuki Nakamura, . Preventive Effects of Suvorexant on Delirium: A Randomized Placebo-Controlled Trial. J Clin Psychiatry. 2017.08; ( PubMed, DOI )

  21. Ichikura K, Okumura Y, Takeuchi T. Associations of adverse clinical course and ingested substances among patients with deliberate drug-poisoning: a cohort study from an intensive care unit in Japan PLOS ONE. 2016.08; 11 (8):

  22. Okumura Y, Hatta K, Wada K, Takeuchi T, Kishi Y; DELIRIA-J Group. Expert opinions on the first-line pharmacological treatment for delirium in Japan: a conjoint analysis Int Psychogeriatr. 2016.06; 28 (6): 1041-1050.

  23. Suzuki S, Takeuchi T, Okano T, Kamiya N, Sugiyama T, Ebine M, Matsuda H, Suzuki T, Okai T, Takeda S, Ochiai K, Kinoshita K. Problems of Perinatal Mental Health Care in Tokyo, Japan. J Clin Med Res. 2015.12; 7 (12): 1013. ( PubMed, DOI )

  24. Shioiri A, Kurumaji A, Takeuchi T, Nemoto K, Arai H, Nishikawa T. A Decrease in the Volume of Gray Matter as a Risk Factor for Postoperative Delirium Revealed by an Atlas-based Method. Am J Geriatr Psychiatry. 2015.09; ( PubMed, DOI )

  25. 武藤 仁志、竹内 崇. 産後うつ病の理解と支援のポイント 保健師ジャーナル. 2022.10; 78 (5): 374-379.

  26. 松島英介,宮島美穂、竹内 崇. せん妄の病態生理: 危険要因と発生機序 老年医学. 2022.09; 60 (9): 777-784.

  27. 松島英介,竹内 崇. 妊娠・出産・育児をめぐるこころの不調 こころの科学. 2022.09; 225 (9): 71-77.

  28. 竹内 崇, 松岡 裕美, 金子 慈史, 村上 一徳, 有川 淑恵, 安積 紗希, 宮坂 尚幸. 【メンタルヘルスの視点からみたCOVID-19感染の影響とその対応】メンタルヘルスケアシステムと感染症蔓延下における工夫 東京医科歯科大学病院における母子支援システム 周産期医学. 2022.06; 52 (6): 848-850. ( 医中誌 )

  29. 竹内 崇. 【こんなときどうする?他科とのコミュニケーションガイド】(第12章)精神科 妊産婦の精神科疾患 産科と婦人科. 2022.03; 89 (Suppl.): 426-430. ( 医中誌 )

  30. 竹内 崇. COVID-19に伴うメンタルヘルスの問題 糖尿病と妊娠. 2022.02; 22 (1): S-9. ( 医中誌 )

  31. 竹内 崇,治徳大介,杉原玄一 他. COVID-19パンデミックにおける東京医科歯科大学での医療従事者へのメンタルヘルスの取り組み 総合病院精神医学. 2022.01; 34 (1): 11-16.

  32. 竹内 崇, 治徳 大介, 杉原 玄一, 平井 伸英, 松岡 裕美, 村上 一徳, 三宅 智, 高橋 英彦. 【コロナ禍における医療従事者の健康支援の課題と工夫】COVID-19パンデミックにおける東京医科歯科大学での医療従事者へのメンタルヘルスの取り組み 総合病院精神医学. 2022.01; 34 (1): 11-16. ( 医中誌 )

  33. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【せん妄治療の現在-この10年の進歩-】せん妄の疫学、予後との関連 この10年の知見 精神科治療学. 2021.12; 36 (12): 1361-1365. ( 医中誌 )

  34. 竹内 崇. 【今日の精神科治療ハンドブック】(第15章)コンサルテーション・リエゾン(二次性の精神および行動の症候群を含む) 周産期における精神障害 精神科治療学. 2021.10; 36 (増刊): 316-319. ( 医中誌 )

  35. 竹内 崇. 【精神科研修のエッセンスがまるごとわかる 医療面接の基本や精神症状への対応など、どの科でも必ず役立つ基本事項を身につけよう!】知っておきたい精神科リエゾンチーム レジデントノート. 2021.01; 22 (15): 2816-2822. ( 医中誌 )

  36. 佐藤 仁美, 竹内 崇, 宮島 美穂, 中山 菜央, 菅野 朋子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における血液内科入院患者に対するメンタルケアの実践 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-208. ( 医中誌 )

  37. 竹内 崇. 周産期メンタルヘルスの対応(その2) 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-112. ( 医中誌 )

  38. 治徳 大介, 竹内 崇, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 平井 伸英, 三宅 智, 野口 詩織, 大橋 花菜子, 四手井 友紀, 市橋 雅典, 小林 七彩, 藤野 純也, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 松本 有紀子, 宮島 美穂, 高橋 英彦. 東京医科歯科大学におけるCOVID-19に関連した職員メンタルヘルスの実際 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-204. ( 医中誌 )

  39. 市倉 加奈子, 竹下 若那, 清水 沙友里, 大島 乃里子, 有泉 陽介, 藤江 俊秀, 山内 慎一, 石川 敏昭, 中島 康晃, 深瀬 裕子, 村瀬 華子, 田ヶ谷 浩邦, 竹内 崇, 松島 英介. がん患者が心理療法の選択で重視する要素 コンジョイント分析を用いたニーズ調査 総合病院精神医学. 2020.11; 32 (Suppl.): S-187. ( 医中誌 )

  40. 小松 賢亮, 木村 聡太, 霧生 瑶子, 菊池 嘉, 岡 慎一, 松島 英介, 竹内 崇. 日本におけるHIV陽性者の抑うつ症状の有病率と関連要因の検討 日本エイズ学会誌. 2020.11; 22 (4): 525. ( 医中誌 )

  41. 竹内 崇. COVID-19に伴うメンタルヘルスの問題 糖尿病と妊娠. 2020.11; 20 (3): S-46. ( 医中誌 )

  42. 橘 真澄, 橋本 佐, 中里 道子, 伊豫 雅臣, 渡邊 博幸, 田中 麻未, 竹内 崇. 妊娠可能年齢にある女性双極性患者に対するバルプロ酸処方傾向の現状 精神科医を対象とする全国アンケート調査より 千葉医学雑誌. 2020.10; 96 (5): 107. ( 医中誌 )

  43. 竹内 崇, 治徳 大介, 丸尾 享司, 杉原 玄一, 松岡 裕美, 村上 一徳, 三宅 智, 本松 裕子, 山下 礼, 高橋 英彦. 【COVID-19に伴うメンタルヘルスの諸問題】COVID-19患者の家族対応 臨床精神医学. 2020.09; 49 (9): 1519-1523. ( 医中誌 )

  44. 腰本 さおり, 竹内 崇, 太田 克也. 精神疾患を有する患者の栄養相談ニーズ(NNP)とQOLの関係 New Diet Therapy. 2020.09; 36 (2): 132. ( 医中誌 )

  45. 小泉 友紀暁, 武藤 仁志, 藤木 修子, 田村 赳紘, 治徳 大介, 竹内 崇, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 急性期脳梗塞後に発症したPoststroke psychosisに抗精神病薬が速やかに奏功した一例 精神神経学雑誌. 2020.09; (2020特別号): S297. ( 医中誌 )

  46. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【精神科臨床評価マニュアル(改訂版)】(第1章)精神科臨床評価 全般 周産期特有の精神症状評価尺度 臨床精神医学. 2020.08; 49 (8): 1025-1031. ( 医中誌 )

  47. 竹内 崇, 松島 英介, 宮島 美穂. 3学会からオランザピンを語る サイコオンコロジー分野におけるオランザピンの利用 Palliative Care Research. 2020.08; 15 (Suppl.): S58. ( 医中誌 )

  48. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 金子 慈史, 有川 淑恵. 【妊娠・出産と精神科臨床アップデート】精神疾患患者の妊娠・出産 周産期医療との連携 臨床精神医学. 2020.07; 49 (7): 867-871. ( 医中誌 )

  49. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【悩ましい局面で薬をどう使う?せん妄薬物療法のリスク・ベネフィット】疾患・病態別のせん妄薬物療法 呼吸不全 薬事. 2020.06; 62 (8): 1563-1566. ( 医中誌 )

  50. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【産婦人科処方のすべて2020-症例に応じた実践マニュアル】産科編 産褥期の異常 マタニティブルーズ・産後うつ病 臨床婦人科産科. 2020.04; 74 (4): 336-339. ( 医中誌 )

  51. 武藤 仁志, 竹内 崇, 治徳 裕美, 村上 一徳. 東京医科歯科大学におけるせん妄予防の取り組み 総合病院精神医学. 2019.11; 31 (Suppl.): S-188. ( 医中誌 )

  52. 竹内 崇. 施設の機能や事情に応じた、多職種チームの現状と活動の工夫 指定発言 総合病院精神医学. 2019.11; 31 (Suppl.): S-96. ( 医中誌 )

  53. 小林 七彩, 竹内 崇. 【内科医に求められる他科の知識-専門家が伝えるDo/Don't】(第9章)精神神経科 不眠症 内科. 2019.09; 124 (3): 1981-1984. ( 医中誌 )

  54. 竹内 崇. 透析患者のうつ病への対応 Depression Strategy. 2019.09; 9 (3): 10-12. ( 医中誌 )

  55. 竹内 崇. 妊産婦のメンタルヘルスケア 自殺対策〜多職種の連携の充実〜 精神科との連携 母性衛生. 2019.09; 60 (3): 74. ( 医中誌 )

  56. 橘 真澄, 橋本 佐, 中里 道子, 伊豫 雅臣, 渡邊 博幸, 田中 麻未, 竹内 崇. 将来の妊娠を考慮したうつ病・双極性障害の薬物療法の現状 全国の精神科医向け女性のライフステージに基づいたアンケート研究より 千葉医学雑誌. 2019.08; 95 (4): 136. ( 医中誌 )

  57. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【内科疾患とうつ病up-to-date】喘息・COPDに伴ううつ病 精神科治療学. 2019.07; 34 (7): 787-792. ( 医中誌 )

  58. 竹内 崇. 成育医療の現代的課題と対策 成育過程におけるメンタルヘルス 精神科の役割について 日本医師会雑誌. 2019.06; 148 (3): 513-517. ( 医中誌 )

  59. 河野 靖世, 松井 仁美, 大矢 雅樹, 長谷川 裕美, 筒井 卓実, 古田 光, 竹内 崇, 車地 暁生. 幻覚妄想状態で急性発症し、術後せん妄との鑑別を要したProbable DLBの一例 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S585. ( 医中誌 )

  60. 竹内 崇. 医療倫理コンサルテーションと意思決定支援:リエゾン精神医学の新たな課題 周産期医療における倫理的な問題 精神科医の役割 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S395. ( 医中誌 )

  61. 八田 耕太郎, 橋本 直子, 須田 潔子, 平 俊浩, 和田 健, 内村 直尚, 岸 泰宏, 竹内 崇, 土田 和生, 臼井 千恵, 秋月 伸哉, 西尾 優子, 中西 幸子, 倉田 明子, 堀川 直希, 江口 寛, 伊藤 滋朗, 武藤 仁志, 大森 隆史. せん妄の新たな予防方略とその実効性を高める発症予測の研究展開 せん妄の新たな予防方略の展開とそのエビデンス 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S693. ( 医中誌 )

  62. 橘 真澄, 橋本 佐, 渡邉 博幸, 田中 麻未, 佐藤 泰憲, 竹内 崇, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 全国の精神科医向けアンケート研究 妊娠可能年齢の女性および妊婦におけるうつ病・双極性障害の薬物選択 精神神経学雑誌. 2019.06; (2019特別号): S456. ( 医中誌 )

  63. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【38症例と用語解説で今度こそわかる!合併症妊娠の薬物治療】救え!妊婦の合併症 各疾患の薬物治療 不眠症 調剤と情報. 2019.05; 25 (7): 1107-1116. ( 医中誌 )

  64. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 野口 澄子, 有川 淑恵. 【新たな精神科保険診療のベストプラクティス】 精神疾患患者の妊娠・出産の連携診療 臨床精神医学. 2019.02; 48 (2): 223-228. ( 医中誌 )

  65. 橋本 佐, 橘 真澄, 田中 麻未, 竹内 崇, 渡邊 博幸, 佐藤 泰憲, 寺尾 岳, 八田 耕太郎, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 女性のライフステージに基づいたうつ病・双極性障害の診療に関するアンケート調査研究 総合病院精神医学. 2018.11; 30 (Suppl.): S-175. ( 医中誌 )

  66. 橘 真澄, 橋本 佐, 中里 道子, 伊豫 雅臣, 渡邉 博幸, 田中 麻未, 竹内 崇. 全国の精神科医向け女性のライフステージに基づいたうつ病・双極性障害の診療に関するアンケート研究 千葉医学雑誌. 2018.10; 94 (5): 192. ( 医中誌 )

  67. 竹内 崇、武藤 仁志、松岡 裕美、村上 一徳. 周産期メンタルヘルスにおいて総合病院精神科医に期待される役割とは何か 総合病院精神医学. 2018.10; 30 (4): 334-340.

  68. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳. 【周産期メンタルヘルスにおける総合病院精神科医の役割】周産期メンタルヘルスにおいて総合病院精神科医に期待される役割とは何か 総合病院精神医学. 2018.10; 30 (4): 334-340. ( 医中誌 )

  69. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【精神疾患と妊娠・授乳】 産褥期精神病の妊婦・授乳婦への治療 医学のあゆみ. 2018.08; 266 (6-7): 528-532. ( 医中誌 )

  70. 竹内 崇. 不眠症とせん妄へのアプローチ 精神科リエゾンチームの活動から 医学教育. 2018.07; 49 (Suppl.): 58. ( 医中誌 )

  71. 竹内 崇、武藤仁志、松岡裕美、村上一徳、野口澄子、有川淑恵. 周産期医療との協働 精神医学. 2018.06; 60 (6): 603-609.

  72. 竹内 崇. 【透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック】 神経(CQ 31) 精神疾患を認める患者における対応はどのように行いますか? 臨床透析. 2018.06; 34 (7): 809-812. ( 医中誌 )

  73. 武藤 仁志, 竹内 崇, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 東京医科歯科大学医学部附属病院において術後に発症した急性ジストニアの14症例について 精神神経学雑誌. 2018.06; (2018特別号): S365. ( 医中誌 )

  74. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 野口 澄子, 有川 淑恵. 【医療・医学の課題としての身体合併症】 周産期医療との協働 精神医学. 2018.06; 60 (6): 603-609. ( 医中誌 )

  75. 竹内 崇. 【PICS 集中治療後症候群】(Part 3)PICS 3要素 精神障害 Intensivist. 2018.01; 10 (1): 91-96. ( 医中誌 )

  76. 竹内 崇. 【妊産褥婦のこころを支えたい-今,精神医療に求められる周産期リエゾン活動】 総合病院に求められる周産期リエゾン活動 精神神経学雑誌. 2018.01; 120 (1): 45-51. ( 医中誌 )

  77. 竹内 崇. 周産期メンタルヘルス対策において総合病院精神科医はどのような役割を担うべきか 全国の有床総合病院精神科の状況について 総合病院精神医学. 2017.11; 29 (Suppl.): S-74. ( 医中誌 )

  78. 村上 一徳, 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 土肥 美沙, 西川 徹. 植込型補助人工心臓患者への精神面のサポート 当院リエゾンチームの関わりから 総合病院精神医学. 2017.11; 29 (Suppl.): S-157. ( 医中誌 )

  79. 武藤 仁志, 竹内 崇, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙, 西川 徹. 東京医科歯科大学における精神科リエゾンコンサルテーション依頼件数増加への対策 総合病院精神医学. 2017.11; 29 (Suppl.): S-184. ( 医中誌 )

  80. 武藤 仁志、竹内 崇. 総合病院での周産期メンタルケア連携 精神科医の立場から 精神科治療学. 2017.06; 32 (6): 737-741.

  81. 竹内 崇. 妊娠中と産後に生じる精神障害:特徴と対策 日本周産期メンタルヘルス学会会誌. 2017.06; 3 (1): 17-21.

  82. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ 精神神経学雑誌. 2017.06; (2017特別号): S397. ( 医中誌 )

  83. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動 精神神経学雑誌. 2017.06; (2017特別号): S442. ( 医中誌 )

  84. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【周産期メンタルケア-多職種連携の作り方-】 総合病院での周産期メンタルケア連携 精神科医の立場から 精神科治療学. 2017.06; 32 (6): 737-741. ( 医中誌 )

  85. 竹内 崇. 【周産期メンタルヘルスの現状と課題】 妊娠中と産後に生じる精神障害 特徴と対策 日本周産期メンタルヘルス学会会誌. 2017.06; 3 (1): 17-21. ( 医中誌 )

  86. 武藤 仁志、竹内 崇. 全身の症状 疲れやすくて食欲がなくて,何もする気が起きません 内科. 2017.04; 119 (4): 792-795. ( 医中誌 )

  87. 武藤 仁志, 竹内 崇. 【症候から考える画像診断アトラス】(第5章)全身の症状 疲れやすくて食欲がなくて,何もする気が起きません [易疲労感,食欲不振,意欲低下,集中力低下,興味関心の喪失] 内科. 2017.04; 119 (4): 792-795. ( 医中誌 )

  88. 竹内 崇. 精神科救急現場ではどのようにしてコーマスケール評価を行うか? 日本医事新報. 2017.01; 4840 61-62.

  89. 武藤仁志、竹内 崇. 周術期におけるせん妄 薬事. 2016.12; 58 (16): 3457-3461.

  90. 日野恒平、竹内 崇. せん妄の診療と予防の実際-せん妄の治療- Progress in Medicine . 2016.12; 36 (12): 1659-1663.

  91. 竹内 崇. 精神疾患 周産期医学. 2016.10; 46 1203-1206.

  92. 日野恒平,竹内 崇. せん妄の治療に対する薬物療法的アプローチ 医学のあゆみ. 2016.03; 256 1140-1144.

  93. 竹内 崇. 周産期におけるリエゾン活動-対象となる精神疾患と今後のあり方について- 精神医学. 2016.02; 58 141-148.

  94. 高木俊輔, 竹内 崇. 【精神科臨床評価マニュアル[2016年版]】 (第3章)精神科臨床評価 特定の精神障害に関連したもの 1.意識障害、せん妄 臨床精神医学. 2016.01; 44 267-276.

  95. 高木 俊輔, 竹内 崇. 【急性薬物中毒 精神疾患を持つ患者の自殺企図へのアプローチ】 この患者ではどう対応する?エキスパートが教えるココがポイント! 自殺未遂を繰り返している患者 薬局. 2015.10; 66 (11): 2806-2810. ( 医中誌 )

  96. 江川真希子,宮坂尚幸,沖倉詩織,大蔵慶憲,久保田俊郎,竹内 崇. 精神疾患合併妊娠-産科医の立場から 総合病院精神医学. 2015.09; 27 (3): 206-211.

  97. 鈴木俊治,竹内 崇,神谷直樹,岡井崇,落合和彦,木下勝之. 東京都の精神疾患合併妊婦取扱に関する実態調査結果 周産期医学. 2015.05; 45 1802-1806.

  98. 武藤 仁志, 竹内 崇. 内科医が知っておくべき精神疾患の知識 夜になると急に人が変わって怒りっぽくなったそうですが,まったく覚えていないんです 内科. 2015.05; 115 (5): 849-855. ( 医中誌 )

  99. 光定 博生, 竹内 崇. 【身体疾患に併発した精神障害への薬物療法I】 精神疾患と不整脈 精神科治療学. 2014.03; 29 (3): 365-370. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 竹内 崇. 地域精神医療 リエゾン精神医療 精神科救急医療. 中山書店, 2022.06 周産期精神医療 (ISBN : 978-4-521-74827-6)

  2. 日本臨床救急医学会監修. 妊産褥婦メンタルケアガイドブック. へるす出版, 2021.04 企図後のケアの実際 院内連携

  3. 竹内 崇. 今日の治療指針. 医学書院, 2021.01 妊産婦精神疾患 (ISBN : 978-4-260-04283-3)

  4. 市倉加奈子、竹内 崇 他. 婦人科がんサバイバーのヘルスケアガイドブック. 診断と治療者, 2020.04 心理療法 (ISBN : 978-4-7878-2425-7)

  5. 岡野禎治、鈴木利人、渡邉央美. 妊婦の精神疾患と向精神薬. 南山堂, 2018.06

  6. 武藤仁志、松岡裕美、竹内 崇. クロストークから読み解く周産期メンタルヘルス. 南山堂, 2016.08

  7. 竹内 崇、西川 徹. 抑うつ(うつ病).病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図 第3版.. 医学書院, 2016

  8. 甫母瑞枝,竹内 崇.. 【内科医に求められる他科の知識 専門家が伝える Do-Don't】(第9章)精神神経科 不眠症 内科.. 南江堂, 2014.12

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  2. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  3. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  4. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  5. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  6. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  7. 吉村 健佑, 橋本 佐, 佐藤 泰憲, 佐藤 愛子, 竹内 崇, 渡邉 博幸, 寺尾 岳, 中里 道子, 伊豫 雅臣. 日本の公共全国保険診療請求データベースを用いた出産適齢期女性に対する抗凝固薬とリチウムの処方に関する調査(Survey of anticonvulsant drugs and lithium prescription in women of childbearing age in Japan using public national insurance claims database of Japan). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2019.10.01

  8. 竹内 崇. 周産期の精神病性障害. 第41回日本精神科診断学会 2022.09.10 WEB開催

  9. 竹内 崇. わが国における周産期メンタルヘルスの現状と課題. 第46回日本自殺予防学会総会 2022.09.09 熊本

  10. 竹内 崇. 不安の「見える化」. 第33回日本サイコネフロロジー学会学術集会 2022.07.23 WEB開催

  11. 竹内 崇. コロナ禍での周産期メンタルヘルス. 第118回日本精神神経学会学術集会 2022.06.17 福岡

  12. 竹内 崇. 妊産婦とECT. 第118回日本精神神経学会学術集会 2022.06.16 福岡

  13. 宮島 美穂, 柏崎 祥大, 市橋 雅典, 治徳 大介, 田村 赳紘, 竹内 崇, 杉原 玄一, 渡辺 雅子, 高橋 英彦. 脳炎後の難治てんかんに合併した心因性非てんかん発作の一例 大学病院精神科とてんかん専門クリニックの治療連携. てんかん研究 2022.06.01

  14. 佐藤 仁美, 宮島 美穂, 樺沢 勇司, 富岡 寛文, 原田 浩之, 武藤 仁志, 石田 陽菜, 竹内 崇. 高照度光療法を用いた口腔がんのせん妄予防の取り組み. 総合病院精神医学 2021.11.01

  15. 赤穂 理絵, 朝長 章子, 安井 玲子, 小林 清香, 今村 隆, 外間 朝諒, 竹内 崇, 笠井 さつき. 総合病院医療者のワーク・ライフ・インテグレーション 仕事と人生の幸せな統合とは. 総合病院精神医学 2021.11.01

  16. 竹内 崇. 救急医療施設に搬送される市販薬中毒患者の依存・乱用について-多施設共同調査の中間報告- 東京医科歯科大学における薬物中毒患者の現状. 総合病院精神医学 2021.11.01

  17. 竹内 崇. コロナ禍における医療従事者の健康支援の課題と工夫 東京医科歯科大学における医療従事者へのメンタルヘルスの取り組み. 総合病院精神医学 2021.11.01

  18. 上里 彰仁, 丸谷 美紀, 二見 茜, 坂本 幸平, 竹内 崇. 外国人妊産婦の支援に関する問題及び問題解決に向けたタブレット端末・通信機器の有用性. 日本周産期メンタルヘルス学会学術集会抄録集 2021.10.01

  19. 竹内 崇. 精神疾患の基本的な考え方. 日本周産期メンタルヘルス学会学術集会抄録集 2021.10.01

  20. 川田 隆裕, 垣渕 洋一, 冨高 緑, 宮島 美穂, 杉原 玄一, 松島 英介, 竹内 崇, 高橋 英彦. 注意欠如多動症がアルコール使用障害の入院治療の効果に及ぼす影響に関する研究. 精神神経学雑誌 2021.09.01

  21. 竹内 崇. 周産期メンタルヘルスに関連する諸問題 周産期メンタルヘルスの現状とこれから. 精神神経学雑誌 2021.09.01

  22. 八田 耕太郎, 岸 泰宏, 和田 健, 竹内 崇, 橋本 直子, 須田 潔子, 平 俊浩, 土田 和生, 大森 隆史, 秋月 伸哉, 西尾 優子, 中西 幸子, 臼井 千恵, 倉田 明子, 堀川 直希, 江口 寛, 伊藤 滋朗, 武藤 仁志, 内村 直尚. せん妄の機序・病態の追求とそれに基づく発症予測・予防・治療方略 せん妄予防方略における睡眠覚醒サイクル障害と時間薬理学的アプローチ. 精神神経学雑誌 2021.09.01

  23. 上田 光人, 林 賢秀, 沢尻 修司, 丸尾 享司, 市橋 雅典, 宮島 美穂, 松本 有紀子, 塩飽 裕紀, 田村 赳紘, 高木 俊輔, 竹内 崇, 杉原 玄一, 高橋 英彦. 失語症や失声症との鑑別を要した緘黙を主体とするうつ病性カタトニアの1例. 精神神経学雑誌 2021.08.01

  24. 竹内 崇. せん妄の予防とケア. 第31回日本サイコネフロロジー学会学術集会・総会 2021.02.13 Web開催

  25. 竹内 崇. 透析と自殺・死にまつわる問題. 第31回日本サイコネフロロジー学会学術集会・総会 2021.02.13 Web開催

  26. 竹内 崇. 周産期メンタルヘルスの対応(後編). 第33回日本総合病院精神医学会総会 2020.11.20 Web開催

  27. 佐藤仁美、竹内崇、宮島美穂、中山菜央、菅野朋子. 東京医科歯科大学医学部附属病院における血液内科病棟入院患者に対するメンタルケアの実践. 第33回日本総合病院精神医学会総会 2020.11.20 Web開催

  28. 竹内 崇. COVID-19に伴うメンタルヘルスの問題. 第36回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 2020.11.13 Web開催

  29. 竹内 崇. 妊産婦の自殺予防、対策および取り組み. 第7回妊産婦メンタルヘルスケア研修会(オンライン) 2020.09.19 オンライン

  30. 竹内 崇. 精神科との連携. 第60回日本母性衛生学会総会・学術集会 2019.12 Web学会

  31. 竹内 崇. 周産期メンタルケアにおける精神科医の役割. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.16 大阪

  32. 竹内 崇. 指定発言. 第32回日本総合病院精神医学会総会 2019.11.15 倉敷

  33. 竹内 崇. 周産期の精神障害の取り扱い 産科から精神科へ. 第7回城南地区周産期メンタルヘルスケア連絡会 2019.10.31 東京

  34. 市倉加奈子,宮島美穂,竹内崇. 死に対するスピリチュアルイメージ:小学校の道徳教科書における内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10

  35. 竹内崇,宮島美穂,市倉加奈子. 小学校教科書における「疫病」の描写―高学年道徳教科書の内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10

  36. 宮島美穂,市倉加奈子,竹内崇. 小学校教科書における「がん」のQOL、心理社会的側面およびスピリチュアリティの描写―高学年道徳教科書の内容分析. 第32回日本サイコオンコロジー学会 2019.10

  37. 竹内 崇. 精神科/心療内科医の立場から. 第6回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座 2019.09.23 東京

  38. 竹内崇,市倉加奈子,宮島美穂. 小学校教科書における「死」の記述―高学年道徳教科書の内容分析. 第25回日本臨床死生学会 2019.09

  39. 竹内 崇. 周産期医療の現場で何をやるべきか. 産前産後のメンタルヘルスケア 2019.07.14 神奈川県こども医療センター

  40. 竹内 崇. 向精神薬の使い方. 第30回日本サイコネフロロジー研究会 2019.07.07 長崎

  41. 竹内 崇. 周産期のメンタルヘルス. 第19回日本母子看護学会学術集会 2019.06.29 東京

  42. 竹内 崇. 周産期における意思決定支援-精神科医の役割-. 第115回日本精神神経学会学術総会 2019.06.20 新潟

  43. 竹内 崇. 成育過程におけるメンタルヘルス~精神科の役割について~. 平成30年度母子保健講習会 2019.02.17 東京

  44. 竹内 崇. 妊産婦の自殺予防対策. 横浜市健康福祉局委託 救命救急センターにおける自殺未遂者再発防止事業 2019.01.18 横浜

  45. 竹内 崇. 妊産婦のメンタルヘルス. 周産期メンタルヘルス研修会2018 2018.09.23 東京

  46. 竹内 崇. 不眠症とせん妄へのアプローチ~精神科リエゾンチームの活動から~. 第50回日本医学教育学会大会共催ランチョンセミナー1 2018.08.03 東京

  47. 竹内 崇. 妊産婦のメンタルヘルス. 平成30年度第1回足立区母子保健研修会 2018.07.09 東京

  48. 竹内 崇. ベンゾジアゼピン薬剤入門. 第29回日本サイコネフロロジー研究会 2018.07.08 東京

  49. 竹内 崇. 妊産婦のメンタルヘルスの不調と対応. 第3回母と子のメンタルヘルスケア研修会(入門編) 2018.07.01 大分

  50. 竹内 崇. ICU患者の記憶と精神障害. 日本集中治療医学会第2回関東甲信越支部学術集会 2018.06.30 宇都宮

  51. 竹内 崇. 周産期メンタルヘルス. 周産期メンタルヘルス研修会 2018.05.25 沖縄県

  52. 竹内 崇. 高齢者の周術期における精神科リエゾンチーム活動. 日本麻酔科学会第65回学術集会 2018.05.17 横浜

  53. 竹内 崇. 妊産婦のメンタルヘルスの不調と対応. 第1回母と子のメンタルヘルスケア研修会(入門編) 2017.12.10 東京

  54. 竹内 崇. 総合病院精神科医に期待される役割とは何か. 第30回日本総合病院精神医学会総会 2017.11.17 富山

  55. 武藤仁志,竹内崇,松岡裕美. 多職種連携により安全に周産期管理を行えた衝動性の高い外国人妊婦の一例. 第14回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 2017.10.28 大分市

  56. 松岡裕美、有川淑恵、村上一徳、武藤仁志、竹内 崇. 多職種協働支援システムによる周産期メンタルヘルス支援の実際. 第14回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 2017.10.28 大分

  57. 竹内崇、武藤仁志、松岡裕美、村上一徳、土肥美沙. 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 第113回日本精神神経学会学術総会 2017.06.23 名古屋

  58. 竹内崇、武藤仁志、松岡裕美、村上一徳、土肥美沙. 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 第113回日本精神神経学会学術総会 2017.06.23

  59. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  60. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  61. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  62. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  63. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  64. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  65. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  66. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  67. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  68. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  69. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  70. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  71. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 妊産褥婦のこころを支えたい〜今、精神医療に求められる周産期リエゾン活動〜 総合病院に求められる周産期リエゾン活動. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  72. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡 裕美, 村上 一徳, 土肥 美沙. 精神科リエゾンチームの新たな展開-今日までの活動に対する評価と今後の課題 精神科リエゾン困難事例に対する多職種チームアプローチ. 精神神経学雑誌 2017.06.01

  73. 竹内 崇. 総合病院精神科に求められる周産期メンタルヘルスの課題. 第29回日本総合病院精神医学会総会 2016.11.25 東京

  74. 竹内 崇. 妊産婦の自殺予防のために必要なシステムとは?. 第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 2016.11.20 東京

  75. 竹内 崇. 周産期におけるリエゾン活動の現状と課題. 第13回日本うつ病学会総会 2016.08.06 名古屋

  76. 竹内 崇. せん妄の予防と対策. 第22回生涯教育研修会 2016.07.16 東京

  77. 竹内 崇. ワークショップ2 せん妄の臨床. 第112回日本精神神経学会学術総会 2016.06.03 千葉

  78. 武藤 仁志, 竹内 崇, 阿部 又一郎, 松岡 裕美, 土肥 美沙, 村上 一徳, 西川 徹. 東京医科歯科大学医学部附属病院における周産期メンタルヘルスの課題. 第112回日本精神神経学会学術総会 2016.06.03 千葉

  79. 武藤 仁志, 竹内 崇, 松岡 裕美, 土肥 美沙, 村上一德, 西川 徹. 東京医科歯科大学医学部附属病院精神科リエゾンチームにおけるせん妄介入の取り組み. 第28回日本総合病院精神医学会学術総会 2015.11.28 徳島

  80. 村上一徳,竹内 崇,武藤仁志,松岡裕美,土肥美沙,西川 徹.. 東京医科歯科大学医学部附属病院における精神科リエゾンチームの活動状況~心理士の立場から~. 第28回日本総合病院精神医学会総会 2015.11.27 徳島

  81. 竹内 崇, 武藤 仁志, 松岡裕美, 村上一徳, 土肥美沙. 多職種によるチーム活動の意義. 第28回日本総合病院精神医学会総会 2015.11.27 徳島

  82. 治徳大介,武藤仁志,川俣光太郎,高木俊輔,甫母瑞枝,光定博生,武田充弘,成島健二,竹内 崇,山本直樹,車地暁生,西川 徹. 東京医科歯科大学におけるクロザピン投与患者8症例についての検討. 第28回日本総合病院精神医学会 2015.11.27 徳島

  83. 車地曉生,塩入明子,竹内 崇,荒井裕国,西川 徹,根本清貴. 術後せん妄危険因子としての脳体積減少に関するAtlas-based 法を用いた研究. 第45 回日本神経精神薬理学会第37 回日本生物学的精神医学会 2015.09.25 東京

  84. 竹内 崇. せん妄の薬物療法. 第63回GHP研究会 2015.07.25 東京

  85. 治徳大介,染谷あやの,松岡裕美,板坂典郎,日野恒平,光定博生,阿部又一郎,竹内 崇,山本直樹,車地暁生,西川 徹. 東京医科歯科大学における双極性障害集団心理教育プログラムの現状. 第12回日本うつ病学会・第15回日本認知療法学会合同総会 2015.07.17 東京

  86. 竹内 崇. 周産期における精神科リエゾンの取り組み~現状と課題~. 母と子のメンタルヘルスフォーラム 2015.07.05 東京

  87. 半田剛久,治徳大介,光定博生,阿部又一郎,竹内崇,山本直樹,車地暁生,西川 徹. レビー小体型認知症のジセステジアに対してタンドスピロンが著効した一症例. 第111回日本精神神経学会学術総会 2015.06.06 大阪

  88. 治徳大介,染谷あやの,松岡裕美,板坂典郎,日野恒平,光定博生,阿部又一郎,竹内崇,山本直樹,車地暁生,西川 徹. 東京医科歯科大学における躁• うつ再発予防外来の現状. 第111 回日本精神神経学会学術総会 2015.06.04 大阪

  89. 武藤 仁志, 野崎 優衣, 佐々木 芽里, 竹内 崇, 松岡 裕美, 土肥 美沙, 西川 徹. 東京医科歯科大学医学部附属病院における精神科リエゾンチームの現状. 第111回日本精神神経学会学術総会 2015.06.04 大阪

  90. 甫母瑞枝,上里彰仁,光定博生,治徳大介,日野恒平,竹内崇,山本直樹,車地暁生,阿部又一郎,西川 徹. 悪性緊張病を合併した特発性肺動脈性肺高血圧へ安全にECT が施行できた一例. 第111 回日本精神神経学会学術総会 2015.06.04 大阪

  91. 竹内 崇. 低活動性せん妄に対する治療エビデンス.. 第27回日本総合病院精神医学会総会 2014.11.28 筑波

  92. 野崎優衣, 佐々木芽里, 竹内 崇, 松岡裕美, 武藤仁志, 土肥美沙, 西川 徹.. 東京医科歯科大学医学部附属病院における精神科リエゾンチームの活動状況.. 第27回日本総合病院精神医学会総会 2014.11.28 茨城

  93. 竹内 崇. 妊娠中と産後に生じる精神障害-特徴と対策-.. 第11回日本周産期メンタルヘルス研究会学術集会 2014.11.13 大宮

  94. 武藤仁志, 光定博生, 竹内 崇, 車地曉生, 西川 徹. . トリへキシフェニジルの有害使用により認知機能低下を生じた不安障害の1例.. 第102回東京精神医学会学術集会 2014.11.08 松山

  95. 板坂 典郎, 車地 暁生, 上里 彰仁, 治徳 大介,甫母 瑞枝, 光定 博生, 竹内 崇, 山本 直樹, 西川 徹.. 統合失調症における拡散異方性度と平均拡散能を指標とした拡散テンソル画像解析.. 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会 2014.09.29 奈良

  96. 竹内 崇, 京野穂集, 武田充弘, 治徳大介, 上里彰仁, 甫母瑞枝, 光定博生, 日野恒平, 寺澤祐哉, 冨岡 悠, 山本直樹, 車地曉生, 西川 徹.. 都市部における自殺関連行動患者の実態.. 第110回日本精神神経学会学術総会 2014.06.27 横浜

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 産後パパも不安感,2019年07月

    読売新聞の記事に対するコメントの掲載

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 認知症,2015年 - 現在

  • 器質性精神障害・リエゾン精神医学,2001年 - 現在

  • 器質性精神障害の診断と治療,2001年 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 周産期メンタルヘルスコンセンサスガイド評価委員,2016年 - 2017年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 産後のメンタルケア,NHK Eテレ,毎日すくすく,2020年08月21日

  • 精神科による職員へのメンタルサポート,読売新聞社,読売新聞,2020年04月28日

  • 産前産後のメンタルヘルスについて,株式会社ネクストビート,子育てメディア「KIDSNA」,2020年03月06日

  • せん妄と認知症を判別して介護に役立てる,日経メディカル開発,パラマウントベット広報誌 「けあ・ふる」,2019年03月18日

  • 産後うつについて,NHK,ひるまえほっと,2019年03月07日

  • 男性の産後うつについて,読売新聞社,読売新聞,2019年01月28日

  • NHK シブ5時 産後の孤立を防げ! 生出演,NHK 報道局 社会番組部,ニュース シブ5時 総合テレビ,2018年09月26日

▼全件表示