基本情報

写真a

清水 則夫(シミズ ノリオ)

SHIMIZU Norio


職名

准教授

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/fro/vru/index_j.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東北大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 再生医療研究センター 准教授
  • 2015年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 細胞治療センター 品質管理責任者
  • 1996年10月
    -
    2014年12月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 フロンティア研究室(ウイルス治療学) 准教授
  • 1996年10月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 病態細胞生物学分野 准教授
  • 1996年10月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 病態細胞生物学 准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • EBウイルス関連疾患の研究、新しいウイルス検査系の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 滑膜幹細胞による半月板・関節軟骨の治癒促進・再生

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

  • 創薬・疾患研究のための細胞・組織コレクション供給体制確立に関する研究

    厚生労働省 : 2013年04月 - 2016年03月

  • ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子型と病態・疾病予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子型と病態・疾病予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ウイルス等感染性因子安全性評価に関する研究

    厚生労働省 : 2012年04月 - 2015年03月

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Nakano S, Tomaru Y, Kubota T, Takase H, Mochizuki M, Shimizu N, Sugita S, Direct Strip PCR Project Groups.. Multiplex solid-phase real-time polymerase chain reaction without DNA extraction: A rapid intraoperative diagnosis using microvolumes. Ophthalmology. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • 湯之前雄太, 林克彦, 大谷梓, 松村佳代子, 中尾亮介, 毛利聡里, 古田美玲,小原有弘, 河合充生, 内田恵理子, 清水則夫, 伊豆津健一, 工藤由起子, 菊池裕. マイコプラズマ否定試験に用いるマイコプラズマ参照品 に関する研究(第2報) 第十七改正日本薬局方収載NBRC由来マイコプラズマの 核酸増幅法(NAT)による検出感度に関する共同比較研究 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス. 2020.04; 51 (4): 224-233.

  • 中野 聡子, 鈴木 崇, 外丸 靖浩, 高瀬 博, 久保田 敏昭, 望月 學, 清水 則夫, 杉田 直. DNA精製不要の多項目迅速PCR検査「Direct Strip PCR」感染性角結膜炎キットの開発 日本眼科学会雑誌. 2020.03; 124 (臨増): 195. ( 医中誌 )

  • 林 克彦, 湯之前 雄太, 酒井 瑶実, 遠藤 晴香, 永嶋 玲美, 渡辺 愛弓, 門脇 成武, 大谷 梓, 豊田 淑江, 松村 佳代子, 中尾 亮介, 毛利 聡里, 古田 美玲, 清水 則夫, 鈴木 俊宏, 小原 有弘, 河合 充生, 内田 恵理子, 伊豆津 健一, 菊池 裕, 工藤 由起子. 第十七改正日本薬局方マイコプラズマ否定試験核酸増幅法(NAT)に用いるマイコプラズマ参照品の調製法及び検出感度に関する研究 日本薬学会年会要旨集. 2020.03; 140年会 28P-pm186. ( 医中誌 )

  • Mizuno M, Endo K, Katano H, Tsuji A, Kojima N, Watanabe K, Shimizu N, Morio T, Sekiya I. The environmental risk assessment of cell-processing facilities for cell therapy in a Japanese academic institution. PloS one. 2020; 15 (8): e0236600. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 清水則夫. 品質管理試験-ウイルス試験・マイコプラズマ試験, テキストブック再生医療~創る、行う、支える. 日本再生医療学会, 2019.03

  • 清水則夫, 湯之前雄太, 小島尚美. ウイルス・マイコプラズマ安全性試験のバリデーション, 細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化. ㈱技術情報協会, 2018.10

  • 清水則夫. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス Vol.47. 一般財団法人レギュラトリーサイエンス, 2016.12 バイオ医薬品等の品質管理のための迅速微生物試験法 <9> ウイルス・マイコプラズマ否定試験への適用

  • 清水則夫、外丸靖浩、渡邊健、森尾友宏. 再生医療・細胞治療のための細胞加工物評価技術. シーエムシー出版, 2016.10 第3章 ウイルス検査

  • 清水則夫. 細胞培養の基礎知識と細胞培養基材の利用・開発の留意点. 株式会社情報機構, 2016.09 細胞の品質管理

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 中野聡子、杉田直、外丸靖浩、高瀬博、清水則夫. 眼感染症網羅的PCR検査「Direct Strip PCR」と眼科先進医療. 第31回日本臨床微生物学会 2020.01.31 金沢

  • Yoshimori M, Shixing Wu, Tateishi M, Ohashi A, Shimizu N, Imadome K, Arai A. The expression and function of EBV-derived micro-RNA in chronic active EBV infection(慢性活動性EBウイルス感染症におけるウイルス由来マイクロRNAの発現と機能). 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.11 東京

  • 清水則夫. 再生医療の微生物安全性確保:迅速無菌試験法の開発. 第1回再生医療産業化展第1回アカデミックフォーラム 2019.07.04 東京

  • 杉田直、高瀬博、中野聡子、寶野阿祐美、外丸靖浩、清水則夫、望月学. ぶどう膜炎PCR診断. 第72回日本臨床眼科学会 2018.10.11 東京

  • 清水則夫. 再生医療の試験・検査をめぐる諸課題について. 第3回再生医療バリューチェーンセミナー・FIRM基準説明会 2018.10.01 東京

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 濾過滅菌に適したステロール含有細胞培養培地

    特許番号: 特許第6442808号

  • マイコプラズマを検出する方法

    特許番号: 特許第6704565号

  • 新規な陽性コントロール核酸を利用した、被検試料中の標的核酸の検出・定量法

    出願番号: PCT/JP2015/005198

  • マイコプラズマを検出する方法

    特許番号: 3192878

  • 新規な陽性コントロール核酸を利用した、被検試料中の標的核酸の検出定量法(清水 則夫、渡邊 健、外丸 靖浩)

    出願番号: 特願2014-212496

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス・免疫疾患総論,2004年 - 2011年