基本情報

写真a

二村 昭元(ニムラ アキモト)

NIMURA Akimoto


職名

教授

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

解剖、骨関節、整形外科、運動機能

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1999年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  運動器外科学分野  博士課程  2008年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 運動器機能形態学講座 教授
  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 運動器機能形態学講座 准教授
  • 2013年01月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 講師
  • 2010年10月
    -
    2012年12月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 助教
  • 2010年04月
    -
    2010年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 医員(医病)
  • 2017年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 運動器機能形態学講座 准教授
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 ジョイントリサーチ講座・ジョイントリサーチ部門 運動器機能形態学講座 教授
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 整形外科学 ジョイントリサーチ講座 教授
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 臨床解剖学 教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年05月
    -
    1999年06月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床研修医
  • 1999年07月
    -
    1999年09月
    九段坂病院 整形外科 医員(医病)
  • 1999年10月
    -
    2000年03月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床研修医
  • 2000年04月
    -
    2001年03月
    湘南鎌倉総合病院 整形外科 医員(医病)
  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    中野総合病院 整形外科 医員(医病)
  • 2002年04月
    -
    2003年05月
    済生会川口総合病院 整形外科 医員(医病)
  • 2003年06月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学医学部附属病院 医員(医病)
  • 2008年04月
    -
    2009年03月
    同愛記念病院 整形外科 医員(医病)
  • 2009年04月
    -
    2010年03月
    済生会川口総合病院 整形外科 医員(医病)
  • 2013年01月
    -
    2013年02月
    サンティ整形外科センター 研究補助員
  • 2013年03月
     
     
    ルーアン大学 解剖学教室 研究補助員

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  • 日本手外科学会

  • 日本整形外科学会

  • 日本肩関節学会

  • 日本肘関節学会

  • 日本解剖学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年12月
    -
    現在
    日本肩関節学会 倫理・利益相反委員会
  • 2016年04月
    -
    2022年03月
    日本手外科学会 代議員
  • 2017年05月
    -
    2021年03月
    日本手外科学会 編集委員会
  • 2018年10月
    -
    現在
    日本肩関節学会 代議員
  • 2018年11月
    -
    現在
    日本肩関節学会 編集委員
  • 2019年12月
    -
    現在
    日本肩関節学会 高岸直人賞決定委員
  • 2022年02月
    -
    現在
    日本肘関節学会 編集委員
  • 2022年02月
    -
    現在
    日本肘関節学会 評議員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • 解剖学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 手外科指導医

  • 死体解剖資格

  • 手外科専門医

  • 整形外科専門医

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 整形外科領域における臨床解剖

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 「関節包」からみた肩・肘関節疾患に関するメゾ解剖学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 肩腱板断裂の再生治癒を目的とした滑膜間葉系幹細胞移植

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • マイクロCTを用いた筋腱付着部障害に関する解剖学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yugo Miura, Haruhiko Shimura, Koji Fujita, Akimoto Nimura. Understanding the susceptibility to lateral condyle fracture by analyzing unaffected Baumann's angle in children with distal humeral fracture. J Orthop Sci. 2022.01; 27 (1): 211-214. ( PubMed, DOI )

  2. Masahiro Tsutsumi, Akimoto Nimura, Hajime Utsunomiya, Keiichi Akita. Dynamic changes of the joint capsule in relation to the zona orbicularis: An anatomical study with possible implications for hip stability mechanism. Clin Anat. 2021.11; 34 (8): 1157-1164. ( PubMed, DOI )

  3. Ochi J, Nozaki T, Nimura A, Yamaguchi T, Kitamura N. Subchondral insufficiency fracture of the knee: review of current concepts and radiological differential diagnoses. Jpn J Radiol. 2021.11; ( PubMed, DOI )

  4. Takafumi Koyama, Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Mio Norose, Takuya Ibara, Toru Sasaki, Toshitaka Yoshii, Akimoto Nimura, Masaki Takahashi, Atsushi Okawa. Analysis of Spastic Gait in Patients With Cervical Myelopathy Using the Timed Up and Go Test With a Laser Range Sensor. Spine (Phila Pa 1976). 2021.11; ( PubMed, DOI )

  5. Kohtaro Eguchi, Kenya Kobayashi, Tomonari Takano, Akiko Ito, Azusa Sakai, Atsuo Ikeda, Yoshifumi Matsumoto, Go Omura, Fumihiko Matsumoto, Seiichi Yoshimoto. Carotid artery ligation via sternotomy as a palliative surgery: Case report of advanced intramediastinal malignant soft tissue tumor. Clin Case Rep. 2021.08; 9 (8): ( PubMed, DOI )

  6. Natsumi Saka, Akimoto Nimura, Masahiro Tsutsumi, Taiki Nozaki, Yoshinobu Watanabe, Keiichi Akita. Anatomic study of fibrous structures attached to the volar ulnar corner of the radius: implications in the volar rim fracture. J Hand Surg Eur Vol. 2021.07; 46 (6): 637-646. ( PubMed, DOI )

  7. Eiichiro Kagawa, Akimoto Nimura, Hisayo Nasu, Ryuichi Kato, Keiichi Akita. Fibrous Connection Between Cervical Nerve and Zygapophysial Joint and Implication of the Cervical Spondylotic Radiculopathy: An Anatomic Cadaveric Study. Spine (Phila Pa 1976). 2021.07; 46 (13): E704-E709. ( PubMed, DOI )

  8. Atsuhiro Tano, Akimoto Nimura, Masahiro Tsutsumi, Reiko Yamaguchi, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Anatomical Study of the Interosseous Ligament of the Tibiofibular Syndesmosis: An Analysis of Osseous Morphology and Attaching Interposing Structures. J Bone Joint Surg Am. 2021.05; 103 (10): 905-912. ( PubMed, DOI )

  9. Keiko Fukino, Masahiro Tsutsumi, Akimoto Nimura, Koh Miwa, Takashi Ono, Keiichi Akita. Anatomy of inferior end of palatopharyngeus: its contribution to upper esophageal sphincter opening. Eur Arch Otorhinolaryngol. 2021.03; 278 (3): 749-754. ( PubMed, DOI )

  10. Yusuke Ueda, Akimoto Nimura, Keisuke Matsuki, Kumiko Yamaguchi, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Morphology of the Undersurface of the Anterolateral Acromion and Its Relationship to Surrounding Structures. Orthop J Sports Med. 2021.01; 9 (1): 2325967120977485. ( PubMed, DOI )

  11. Saya Horiuchi, Akimoto Nimura, Masahiro Tsutsumi, Shiro Suzuki, Koji Fujita, Taiki Nozaki, Keiichi Akita. Anatomical relationship between the morphology of the styloid process of the ulna and the attachment of the radioulnar ligaments. J Anat. 2020.12; 237 (6): 1032-1039. ( PubMed, DOI )

  12. Nasu H, Nimura A, Yamaguchi K, Akita K. Morphology of the anterolateral ligament: a complex of fibrous tissues spread to the anterolateral aspect of the knee joint. Anatomical science international. 2020.09; 95 (4): 470-477. ( PubMed, DOI )

  13. Kuroiwa T, Nimura A, Takahashi Y, Sasaki T, Koyama T, Okawa A, Fujita K. Device Development for Detecting Thumb Opposition Impairment Using Carbon Nanotube-Based Strain Sensors Sensors (Basel). 2020.07; 20 (14): 3998. ( PubMed, DOI )

  14. Toru Sasaki, Koji Makino, Akimoto Nimura, Shiro Suzuki, Tomoyuki Kuroiwa, Takafumi Koyama, Atsushi Okawa, Hidetsugu Terada, Koji Fujita. Assessment of grip-motion characteristics in carpal tunnel syndrome patients using a novel finger grip dynamometer system. J Orthop Surg Res. 2020.07; 15 (1): 245. ( PubMed, DOI )

  15. Koji Fujita, Hirotaka Iijima, Ryo Eguchi, Tomoyuki Kuroiwa, Toru Sasaki, Yukihiro Yokoyama, Takafumi Koyama, Akimoto Nimura, Ryuichi Kato, Atsushi Okawa, Masaki Takahashi. Gait analysis of patients with distal radius fracture by using a novel laser Timed Up-and-Go system. Gait Posture. 2020.06; 80 223-227. ( PubMed, DOI )

  16. Shusaku Hosono, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Release of cervical muscular tension improved severe pruritus in moderate-to-severe atopic dermatitis: A case series. JAAD Case Rep. 2020.06; 6 (6): 510-513. ( PubMed, DOI )

  17. Toru Sasaki, Shigenori Kawabata, Yuko Hoshino, Kensuke Sekihara, Yoshiaki Adachi, Miho Akaza, Isamu Ozaki, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Yuki Miyano, Yuki Mitani, Taishi Watanabe, Shinji Sato, Sukchan Kim, Atsushi Okawa. Visualization of electrophysiological activity at the carpal tunnel area using magnetoneurography. Clin Neurophysiol. 2020.04; 131 (4): 951-957. ( PubMed, DOI )

  18. Kawabata A, Nimura A, Fujita K, Ishii S, Okawa A. Locking of the Distal Radioulnar Joint Caused by Dorsal Tear of the Triangular Fibrocartilage Complex A Case Report JBJS Case Connector. 2020.04; 10 (2): e0143. ( DOI )

  19. Hoshika S, Nimura A, Takahashi N, Sugaya H, Akita K. Valgus stability is enhanced by flexor digitorum superficialis muscle contraction of the index and middle fingers. J Orthop Surg Res. 2020.03; 15 (1): 121. ( PubMed, DOI )

  20. Hattori S, Nimura A, Koyama M, Tsutsumi M, Amaha K, Ohuchi H, Akita K. Dorsiflexion is more feasible than plantar flexion in ultrasound evaluation of the calcaneofibular ligament: a combination study of ultrasound and cadaver Knee Surgery Sports Traumatology Arthroscopy. 2020.01; 28 (1): 262-269. ( DOI )

  21. Koji Fujita, Takuro Watanabe, Tomoyuki Kuroiwa, Toru Sasaki, Akimoto Nimura, Yuta Sugiura. A Tablet-Based App for Carpal Tunnel Syndrome Screening: Diagnostic Case-Control Study. JMIR Mhealth Uhealth. 2019.09; 7 (9): e14172. ( PubMed, DOI )

  22. Tomoyuki Kuroiwa, Akimoto Nimura, Shiro Suzuki, Toru Sasaki, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Measurement of thumb pronation and palmar abduction angles with a small motion sensor: a comparison with Kapandji scores. J Hand Surg Eur Vol. 2019.09; 44 (7): 728-733. ( PubMed, DOI )

  23. Tomoyuki Kuroiwa, Megumi Matsumoto, Ryuji Kato, Akimoto Nimura, Toshitaka Yoshii, Atsushi Okawa, Koji Fujita. Activation of cancer-related and mitogen-activated protein kinase signaling pathways in human mature osteoblasts isolated from patients with type 2 diabetes. Bone Rep. 2019.06; 10 100199. ( PubMed, DOI )

  24. Shota Hoshika, Akimoto Nimura, Reiko Yamaguchi, Hisayo Nasu, Kumiko Yamaguchi, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Medial elbow anatomy: A paradigm shift for UCL injury prevention and management. Clin Anat. 2019.04; 32 (3): 379-389. ( PubMed, DOI )

  25. Koji Fujita, Kenji Kimori, Akimoto Nimura, Atsushi Okawa, Yoshikazu Ikuta. MRI analysis of carpal tunnel syndrome in hemodialysis patients versus non-hemodialysis patients: a multicenter case-control study. J Orthop Surg Res. 2019.03; 14 (1): 91. ( PubMed, DOI )

  26. Yamaguchi R, Nimura A, Amaha K, Yamaguchi K, Segawa Y, Okawa A, Akita K. Anatomy of the Tarsal Canal and Sinus in Relation to the Subtalar Joint Capsule. Foot & ankle international. 2018.11; 39 (11): 1360-1369. ( PubMed, DOI )

  27. Kuroiwa T, Fujita K, Nimura A, Miyamoto T, Sasaki T, Okawa A. A new method of measuring the thumb pronation and palmar abduction angles during opposition movement using a three-axis gyroscope. Journal of orthopaedic surgery and research. 2018.11; 13 (1): 288. ( PubMed, DOI )

  28. Tetsuya Sato, Akimoto Nimura, Reiko Yamaguchi, Koji Fujita, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Intramuscular Tendon of the Adductor Pollicis and Underlying Capsule of the Metacarpophalangeal Joint: An Anatomical Study With Possible Implications for the Stener Lesion. J Hand Surg Am. 2018.07; 43 (7): 682.e1-682.e8. ( PubMed, DOI )

  29. Haruhiko Shimura, Akimoto Nimura, Koji Fujita, Takashi Miyamoto. Mid-Term Functional Outcome after Volar Locking Plate Fixation of Distal Radius Fractures in Elderly Patients. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2018.06; 23 (2): 238-242. ( PubMed, DOI )

  30. Momma D, Nimura A, Muro S, Fujishiro H, Miyamoto T, Funakoshi T, Mochizuki T, Iwasaki N, Akita K. Anatomic analysis of the whole articular capsule of the shoulder joint, with reference to the capsular attachment and thickness. Journal of experimental orthopaedics. 2018.06; 5 (1): 16. ( PubMed, DOI )

  31. Yugo Miura, Koji Fujita, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Yoshiaki Wakabayashi, Atsushi Okawa. Successful Reconstruction of a Traumatic Complete Femoral Nerve Rupture with a Sural Nerve Cable Graft: A Case Report. JBJS Case Connect. 2018.04; 8 (2): e24. ( PubMed, DOI )

  32. Tanaka M, Nimura A, Takahashi N, Mochizuki T, Kato R, Sugaya H, Akita K. Location and thickness of delaminated rotator cuff tears: cross-sectional analysis with surgery record review. JSES open access. 2018.03; 2 (1): 84-90. ( PubMed, DOI )

  33. Hisayo Nasu, Akimoto Nimura, Sara Sugiura, Hitomi Fujishiro, Hideyuki Koga, Keiichi Akita. An anatomic study on the attachment of the joint capsule to the tibia in the lateral side of the knee. Surg Radiol Anat. 2017.11; ( PubMed, DOI )

  34. Junichiro Hamada, Akimoto Nimura, Kunio Yoshizaki, Keiichi Akita. Anatomic study and electromyographic analysis of the teres minor muscle. J Shoulder Elbow Surg. 2017.05; 26 (5): 870-877. ( PubMed, DOI )

  35. Fujishiro H, Tsukada S, Nakamura T, Nimura A, Mochizuki T, Akita K. Attachment area of fibres from the horns of lateral meniscus: anatomic study with special reference to the positional relationship of anterior cruciate ligament. Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA. 2017.02; 25 (2): 368-373. ( PubMed, DOI )

  36. Tomoyuki Mochizuki, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Hideyuki Koga, Keiichi Akita, Takeshi Muneta. Repair of Rotator Cuff Tear With Delamination: Independent Repairs of the Infraspinatus and Articular Capsule. Arthrosc Tech. 2016.10; 5 (5): e1129-e1134. ( PubMed, DOI )

  37. Masataka Nakazawa, Akimoto Nimura, Tomoyuki Mochizuki, Masahiro Koizumi, Tatsuo Sato, Keiichi Akita. The Orientation and Variation of the Acromioclavicular Ligament: An Anatomic Study. Am J Sports Med. 2016.10; 44 (10): 2690-2695. ( PubMed, DOI )

  38. Haruhiko Shimura, Akimoto Nimura, Hisayo Nasu, Hitomi Fujishiro, Junya Imatani, Atsushi Okawa, Keiichi Akita. Joint capsule attachment to the coronoid process of the ulna: an anatomic study with implications regarding the type 1 fractures of the coronoid process of the O'Driscoll classification. J Shoulder Elbow Surg. 2016.09; 25 (9): 1517-1522. ( PubMed, DOI )

  39. Taiki Nozaki, Akimoto Nimura, Hitomi Fujishiro, Tomoyuki Mochizuki, Kumiko Yamaguchi, Ryuichi Kato, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. The anatomic relationship between the morphology of the greater tubercle of the humerus and the insertion of the infraspinatus tendon J Shoulder Elbow Surg. 2015; ( PubMed, DOI )

  40. Tamaki Tatsuya, Nimura Akimoto, Oinuma Kazuhiro, Shiratsuchi Hideaki, Iida Satoshi, Akita Keiichi. An anatomic study of the impressions on the greater trochanter:bony geometry indicates the alignment of the short external rotator muscles J Arthroplasty. 2014.12; 29 (12): 2473-2477. ( PubMed, DOI )

  41. Arai Ryuzo, Nimura Akimoto, Yamaguchi Kumiko, Yoshimura Hideya, Sugaya Hiroyuki ,Saji Takahiko, Matsuda Shuichi, Akita Keiichi. The anatomy of the coracohumeral ligament and its relation to the subscapularis muscle J Shoulder Elbow Surg. 2014.10; 23 (10): 1575-1581. ( PubMed, DOI )

  42. Satoru Muro, Kumiko Yamaguchi, Yasuo Nakajima, Kentaro Watanabe, Masayo Harada, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Dynamic intersection of the longitudinal muscle and external anal sphincter in the layered structure of the anal canal posterior wall Surg Radiol Anat. 2014.08; 36 (6): 551-559. ( PubMed, DOI )

  43. Hisayo Nasu, Akimoto Nimura, Kumiko Yamaguchi, Keiichi Akita. Distribution of the axillary nerve to the subacromial bursa and the area around the long head of the biceps tendon 2014.06;

  44. Tasaki Atsushi, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Yamaguchi Kumiko, Kato Ryuichi, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. Anatomic observation of the running space of the suprascapular nerve at the suprascapular notch in the same direction as the nerve Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.06; ( PubMed, DOI )

  45. Tsukada Sachiyuki, Fujishiro Hitomi, Watanabe Kentaro, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Mahakkanukrauh Pasuk , Yasuda Kazunori, Akita Keiichi. Anatomic variations of the lateral intercondylar ridge: relationship to the anterior margin of the anterior cruciate ligament Am J Sports Med. 2014.05; 42 (5): 1110-1117. ( PubMed, DOI )

  46. Haruhiko Shimura, Yoshiaki Wakabayashi, Akimoto Nimura. A novel closed reduction with extension block and flexion block using Kirschner wires and microscrew fixation for mallet fractures. J Orthop Sci. 2014.03; 19 (2): 308-312. ( PubMed, DOI )

  47. Nimura Akimoto, Fujishiro Hitomi, Wakabayashi Yoshiaki, Imatani Junya, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. Joint capsule attachment to the extensor carpi radialis brevis origin:an anatomical study with possible implications regarding the etiology of lateral epicondylitis J Hand Surg Am. 2014.02; 39 (2): 219-225. ( PubMed, DOI )

  48. Tomoyuki Mochizuki, Hitomi Fujishiro, Akimoto Nimura, Pasuk Mahakkanukrauh, Kazunori Yasuda, Takeshi Muneta, Keiichi Akita. Anatomic and histologic analysis of the mid-substance and fan-like extension fibres of the anterior cruciate ligament during knee motion, with special reference to the femoral attachment. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.02; 22 (2): 336-344. ( PubMed, DOI )

  49. Tasaki Atsushi, Nimura Akimoto, Nozaki Taiki, Yamakawa Akira, Niitsu Mamoru, Morita Wataru, Hoshikawa Yoshimitsu, Akita Keiichi . Quantitative and qualitative analyses of subacromial impingement by kinematic open MRI. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.02; ( PubMed, DOI )

  50. Yoshihiro Hagiwara, Kenji Kanazawa, Akira Ando, Akimoto Nimura, Takashi Watanabe, Kazuhiro Majima, Keiichi Akita, Eiji Itoi. Blood flow changes of the anterior humeral circumflex artery decrease with the scapula in internal rotation. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2014.01; ( PubMed, DOI )

  51. Hatsushika Daisuke, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Yamaguchi Kumiko, Muneta Takeshi, Akita Keiichi. Attachments of separate small bundles of human posterior cruciate ligament: an anatomic study. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.05; 21 (5): 998-1004. ( PubMed, DOI )

  52. Mochizuki Tomoyuki, Nimura Akimoto, Tateishi Tomohiko, Yamaguchi Kumiko, Muneta Takeshi, Akita Keiichi. Anatomic study of the attachment of the medial patellofemoral ligament and its characteristic relationships to the vastus intermedius. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2013.02; 21 (2): 305-310. ( PubMed, DOI )

  53. Nimura Akimoto, Akita Keiichi. Reply to: "The superior capsule of the shoulder joint complements the insertion of the rotator cuff". J Shoulder Elbow Surg. 2013.02; 22 (2): e20-e21. ( PubMed, DOI )

  54. Sato Kengo, Nimura Akimoto, Yamaguchi Kumiko, Akita Keiichi. Anatomical study of the proximal origin of hamstring muscles. J Orthop Sci. 2012.09; 17 (5): 614-618. ( PubMed, DOI )

  55. Nimura Akimoto, Kato Atsuo, Yamaguchi Kumiko, Mochizuki Tomoyuki, Okawa Atsushi, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. The superior capsule of the shoulder joint complements the insertion of the rotator cuff. J Shoulder Elbow Surg. 2012.07; 21 (7): 867-872. ( PubMed, DOI )

  56. Kato Atsuo, Nimura Akimoto, Yamaguchi Kumiko, Mochizuki Tomoyuki, Sugaya Hiroyuki, Akita Keiichi. An anatomical study of the transverse part of the infraspinatus muscle that is closely related with the supraspinatus muscle. Surg Radiol Anat. 2012.04; 34 (3): 257-265. ( PubMed, DOI )

  57. Nakazawa Masataka, Koizumi Masahiro, Nimura Akimoto, Sato Tatsuo, Akita Keiichi. Functional aspects of the coracoclavicular space. Surg Radiol Anat. 2011.12; 33 (10): 913-918. ( PubMed, DOI )

  58. Nimura Akimoto, Nakagawa Teruhiko, Wakabayashi Yoshiaki, Sekiya Ichiro, Okawa Atsushi, Muneta Takeshi. Repair of olecranon fractures using fiberWire without metallic implants: report of two cases. J Orthop Surg Res. 2010; 5 73. ( PubMed, DOI )

  59. Nimura Akimoto, Muneta Takeshi, Otabe Koji, Koga Hideyuki, Ju Young-Jin, Mochizuki Tomoyuki, Suzuki Koji, Sekiya Ichiro. Analysis of human synovial and bone marrow mesenchymal stem cells in relation to heat-inactivation of autologous and fetal bovine serums. BMC Musculoskelet Disord. 2010; 11 208. ( PubMed, DOI )

  60. Segawa Yuko, Muneta Takeshi, Makino Hatsune, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Ju Young-Jin, Ezura Yoichi, Umezawa Akihiro, Sekiya Ichiro. Mesenchymal stem cells derived from synovium, meniscus, anterior cruciate ligament, and articular chondrocytes share similar gene expression profiles. J Orthop Res. 2009.04; 27 (4): 435-441. ( PubMed, DOI )

  61. Arai Ryuzo, Sugaya Hiroyuki, Mochizuki Tomoyuki, Nimura Akimoto, Moriishi Joji, Akita Keiichi. Subscapularis tendon tear: an anatomic and clinical investigation. Arthroscopy. 2008.09; 24 (9): 997-1004. ( PubMed, DOI )

  62. Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Nagase Tsuyoshi, Nimura Akimoto, Ju Young-Jin, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Comparison of mesenchymal tissues-derived stem cells for in vivo chondrogenesis: suitable conditions for cell therapy of cartilage defects in rabbit. Cell Tissue Res. 2008.08; 333 (2): 207-215. ( PubMed, DOI )

  63. Nagase Tsuyoshi, Muneta Takeshi, Ju Young-Jin, Hara Kenji, Morito Toshiyuki, Koga Hideyuki, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Analysis of the chondrogenic potential of human synovial stem cells according to harvest site and culture parameters in knees with medial compartment osteoarthritis. Arthritis Rheum. 2008.05; 58 (5): 1389-1398. ( PubMed, DOI )

  64. Mizuno Keisuke, Muneta Takeshi, Morito Toshiyuki, Ichinose Shizuko, Koga Hideyuki, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Exogenous synovial stem cells adhere to defect of meniscus and differentiate into cartilage cells. J Med Dent Sci. 2008.03; 55 (1): 101-111. ( PubMed )

  65. Nimura Akimoto, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Mochizuki Tomoyuki, Suzuki Koji, Makino Hatsune, Umezawa Akihiro, Sekiya Ichiro. Increased proliferation of human synovial mesenchymal stem cells with autologous human serum: comparisons with bone marrow mesenchymal stem cells and with fetal bovine serum. Arthritis Rheum. 2008.02; 58 (2): 501-510. ( PubMed, DOI )

  66. Tang Tao, Muneta Takeshi, Ju Young-Jin, Nimura Akimoto, Miyazaki Kyosuke, Masuda Hiroyuki, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Serum keratan sulfate transiently increases in the early stage of osteoarthritis during strenuous running of rats: protective effect of intraarticular hyaluronan injection. Arthritis Res Ther. 2008; 10 (1): R13. ( PubMed, DOI )

  67. Koga Hideyuki, Shimaya Masayuki, Muneta Takeshi, Nimura Akimoto, Morito Toshiyuki, Hayashi Masaya, Suzuki Shiro, Ju Young-Jin, Mochizuki Tomoyuki, Sekiya Ichiro. Local adherent technique for transplanting mesenchymal stem cells as a potential treatment of cartilage defect. Arthritis Res Ther. 2008; 10 (4): R84. ( PubMed, DOI )

  68. Yokoyama Akiko, Muneta Takeshi, Nimura Akimoto, Koga Hideyuki, Mochizuki Tomoyuki, Hata Yuiro, Sekiya Ichiro. FGF2 and dexamethasone increase the production of hyaluronan in two-dimensional culture of elastic cartilage-derived cells: in vitro analyses and in vivo cartilage formation. Cell Tissue Res. 2007.09; 329 (3): 469-478. ( PubMed, DOI )

  69. Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Mochizuki Tomoyuki, Ju Young-Jin, Hara Kenji, Nimura Akimoto, Yagishita Kazuyoshi, Sekiya Ichiro. A prospective randomized study of 4-strand semitendinosus tendon anterior cruciate ligament reconstruction comparing single-bundle and double-bundle techniques. Arthroscopy. 2007.06; 23 (6): 618-628. ( PubMed, DOI )

  70. Yoshimura Hideya, Muneta Takeshi, Nimura Akimoto, Yokoyama Akiko, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro. Comparison of rat mesenchymal stem cells derived from bone marrow, synovium, periosteum, adipose tissue, and muscle. Cell Tissue Res. 2007.03; 327 (3): 449-462. ( PubMed, DOI )

  71. Koga Hideyuki, Muneta Takeshi, Ju Young-Jin, Nagase Tsuyoshi, Nimura Akimoto, Mochizuki Tomoyuki, Ichinose Shizuko, von der Mark Klaus, Sekiya Ichiro. Synovial stem cells are regionally specified according to local microenvironments after implantation for cartilage regeneration. Stem Cells. 2007.03; 25 (3): 689-696. ( PubMed, DOI )

  72. Mochizuki Tomoyuki, Muneta Takeshi, Sakaguchi Yusuke, Nimura Akimoto, Yokoyama Akiko, Koga Hideyuki, Sekiya Ichiro. Higher chondrogenic potential of fibrous synovium- and adipose synovium-derived cells compared with subcutaneous fat-derived cells: distinguishing properties of mesenchymal stem cells in humans. Arthritis Rheum. 2006.03; 54 (3): 843-853. ( PubMed, DOI )

  73. 二村 昭元. 運動器超音波検査に必要な臨床解剖 第2回 肘の解剖 超音波検査技術. 2022.04; 47 (2): 167-173. ( DOI )

  74. 二村 昭元. 肩・肘関節解剖に関する最近の知見 兵庫県整形外科医会 医会だより. 2022.03; (91): 68-71.

  75. 二村 昭元. 肘の機能と解剖 整形外科看護. 2021.11; 26 (11): 70-71.

  76. 二村 昭元. 肘関節解剖の最近の知見-外側と内側 整形外科リハビリテーション学会 学会誌. 2021.09; 22 56-60.

  77. 鏑木 秀俊, 二村 昭元. 【上肢の手術進入路の手引き】各関節周囲ならびに関節内アプローチ 肩後方アプローチ Orthopaedics. 2021.05; 34 (5): 85-92. ( 医中誌 )

  78. 二村 昭元, 堤 真大, 秋田 恵一. 関節の解剖学における正常構造の新知見 画像診断. 2020.12; 41 (1): 8-18.

  79. 二村 昭元, 秋田 恵一. 【上腕骨外側上顆炎の治療】<手術療法>関節内鏡視における肘関節外側組織の解剖解説 Orthopaedics. 2020.10; 33 (11): 55-60. ( 医中誌 )

  80. 野呂瀬 美生, 二村 昭元, 鈴木 志郎. 骨未成熟な反復性肩関節脱臼に、鏡視下Bankart修復術を施行した一例 肩関節. 2020.09; 44 (1): 43-46. ( 医中誌 )

  81. 星加 昭太, 二村 昭元. 【機能的アプローチからみる肘のスポーツ障害治療】肘関節の解剖と機能 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2020.09; (96): 2-11. ( 医中誌 )

  82. 二村 昭元. column 解剖と臨床 臨床整形外科. 2020.05; 55 (5): 656-661.

  83. 二村 昭元. [共同研究講座からの研究報告] 中高年の肩はなぜ痛みやすいのか? ―構造から考える肩疼痛性疾患の考察― 共済総合研究. 2020.03; (80): 165-176.

  84. 小山 恭史, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 大川 淳. デッドボールによる手指基節骨粉砕骨折に対して保存治療が奏功したプロ野球選手の1例 東日本整形災害外科学会雑誌. 2020.03; 32 (1): 62-65. ( 医中誌 )

  85. 志村 治彦, 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 志郎. 小児上腕骨顆上骨折に対する閉鎖的整復と観血的整復の治療成績の比較検討 日本手外科学会雑誌. 2020.02; 36 (5): 732-735. ( 医中誌 )

  86. 天野 祐輔, 志村 治彦, 石突 正文, 中川 照彦, 太田 剛, 吉村 英哉, 二村 昭元. 経験と考察 胸鎖関節後方脱臼治療の変遷 過去15年9例の治療経験から 整形外科. 2020.02; 71 (2): 109-112. ( 医中誌 )

  87. 太田 剛, 串田 淑久, 八百 陽介, 二村 昭元, 若林 良明, 大川 淳. 橈骨茎状突起骨片を伴う橈骨遠位端骨折への掌側ロッキングプレート茎状突起スクリューの刺入位置とプレート選択の検討 日本手外科学会雑誌. 2020.02; 36 (5): 716-719. ( 医中誌 )

  88. 佐々木 亨, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 小山 恭史, 若林 良明, 藤田 浩二. 手根管症候群における電気生理学的重症度分類の比較検討 日本手外科学会雑誌. 2020.02; 36 (5): 772-776. ( 医中誌 )

  89. 二村 昭元, 星加 昭太, 秋田 恵一. 【投球障害肘を考える】基礎編 肘関節の解剖 内側支持機構を中心に 臨床スポーツ医学. 2019.11; 36 (11): 1208-1212. ( 医中誌 )

  90. 太田 剛, 鏑木 秀俊, 八百 洋介, 二村 昭元, 大川 淳. 橈骨遠位端骨折に伴う橈骨茎状突起骨片へのスクリュー刺入位置とプレート選択 骨折. 2019.06; 41 (3): 720-723. ( 医中誌 )

  91. 二村 昭元, 秋田 恵一. 【腱板広範囲断裂に対する肩関節温存手術】腱板断裂手術に役立つ肩の解剖 整形外科最小侵襲手術ジャーナル. 2019.05; (91): 2-8. ( 医中誌 )

  92. 三浦 雄悟, 志村 治彦, 二村 昭元, 富澤 將司, 藤田 浩二, 大川 淳. 小児上腕骨遠位骨幹・骨幹端部骨折の治療経験 東日本整形災害外科学会雑誌. 2019.03; 31 (1): 98-101. ( 医中誌 )

  93. 二村 昭元, 那須 久代, 秋田 恵一. 【肩インピンジメント症候群を考える】基礎編 肩関節複合体の構造 臨床スポーツ医学. 2019.02; 36 (2): 116-121. ( 医中誌 )

  94. 那須 久代, 二村 昭元, 秋田 恵一. 【オーバーヘッドスポーツの外傷と障害】 基礎編 上肢帯の構造と機能 臨床スポーツ医学. 2018.12; 35 (12): 1232-1237. ( 医中誌 )

  95. 二村 昭元, 志村 治彦, 秋田 恵一. Complex elbow instabilityの診断・治療に必要な機能解剖(外側) 整形・災害外科. 2017.08; 60 (9): 1061-1065.

  96. 二村 昭元, 宮本 崇. 肩関節痛の鑑別ーリウマチ性多発筋痛症,肩関節周囲炎,腱板断裂など リウマチ科. 2017.02; 57 (2): 223-229.

  97. 鈴木志郎, 宮本崇, 二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢 肩関節疾患の画像診断 理学療法. 2016; 33 (4): 351-363.

  98. 佐藤哲也, 二村昭元, 中川照彦. 運動器疾患の画像診断 上肢 スポーツによる肘関節障害 理学療法. 2016; 33 (6): 545-556.

  99. 志村治彦, 二村昭元. 運動器疾患の画像診断 上肢 成人の肘関節外傷 理学療法. 2016; 33 (5): 457-467.

  100. 二村昭元,秋田恵一. テニス肘の病態 解剖学の所見から 臨床整形外科. 2015; 50 (4): 303-308.

  101. 二村昭元,秋田恵一. 運動器疾患の画像診断2 総論2画像診断学のための機能解剖学 理学療法. 2015; 32 (8): 747-752.

  102. 二村昭元,秋田恵一. 肘関節の外側構造;上腕骨外側上頼炎(テニス肘)の病態との関連 Monthly Book Orthopaedics. 2015; 28 (7): 13-18.

  103. 橋本淳, 若林良明, 二村昭元, 志村治彦, 請川円, 大川淳. 上肢手術の術前凝固検査値の検討 術中止血困難にて血友病と診断された症例の経験から 東日本整形災害外科学会雑誌. 2014.06; 26 (2): 203-206. ( 医中誌 )

  104. 鈴木 英嗣, 若林 良明, 二村 昭元, 大川 淳. 重症手根管症候群における第2虫様筋複合筋活動電位の有用性 日本手外科学会雑誌. 2013.12; 30 (3): 245-247. ( 医中誌 )

  105. 魚水 麻里, 二村 昭元, 田崎 篤, 秋田 恵一, 望月 智之, 萩原 嘉廣, 中川 照彦. 前・後上腕回旋動脈の起始、走行、分布に関する解剖学的知見 肩関節. 2013.10; 37 (3): 911-913. ( 医中誌 )

  106. 加瀬 雅士, 若杉 琢磨, 若林 良明, 鈴木 英嗣, 二村 昭元. 徒手整復不能であった示指遠位指節間関節開放脱臼の1例 整形外科. 2013.03; 64 (3): 237-239. ( 医中誌 )

  107. 若杉 琢磨, 加瀬 雅士, 若林 良明, 鈴木 英嗣, 二村 昭元. 一次性変形性手関節症に対して橈骨月状骨間固定術を行った1例 整形外科. 2013.02; 64 (2): 127-130. ( 医中誌 )

  108. 鏑木 秀俊, 若林 良明, 二村 昭元, 平井 高志, 大川 淳. 両側特発性手根管症候群の片側手術後における非手術側の臨床経過 日本手外科学会雑誌. 2013.02; 29 (5): 470-472. ( 医中誌 )

  109. 若林 良明, 二村 昭元, 鏑木 秀俊, 大川 淳. 肘部管症候群の臨床評価における上肢障害評価表(DASH)の選択項目(スポーツ/芸術活動、仕事)の有用性の検討 日本手外科学会雑誌. 2012.12; 29 (3): 184-187. ( 医中誌 )

  110. 若杉 琢磨, 白坂 律郎, 若林 良明, 二村 昭元. 橈骨遠位端骨折に対するMicronailによる骨接合術における、橈骨神経浅枝障害の回避のための工夫 日本手外科学会雑誌. 2012.12; 29 (2): 98-100. ( 医中誌 )

  111. 志村 治彦, 太田 剛, 若林 良明, 二村 昭元. 手根管部におけるtrigger wristの治療経験 日本手外科学会雑誌. 2012.12; 29 (3): 287-289. ( 医中誌 )

  112. 吉村 英哉, 小松 秀郎, 望月 智之, 二村 昭元, 秋田 恵一, 新井 隆三. 肩甲下筋腱最頭側部のMRI評価 肩関節. 2012.09; 36 (3): 813-816. ( 医中誌 )

  113. 田崎 篤, 二村 昭元, 加藤 敦夫, 山口 久美子, 秋田 恵一, 星川 吉光, 望月 智之. 肩関節包肩甲骨側付着部の解剖学的調査 肩関節. 2012.09; 36 (3): 787-790. ( 医中誌 )

  114. 伊奈 沙織, 二村 昭元, 若林 良明, 中川 照彦, 宗田 大. 第1肋骨疲労骨折による胸郭出口症候群の1例 肩関節. 2012.09; 36 (3): 1099-1102. ( 医中誌 )

  115. 野崎 太希, 田崎 篤, 山川 晃, 星川 吉光, 二村 昭元, 秋田 恵一, 望月 智之. 1.2T-Open MRIを用いた烏口下インピンジメント現象の動態解析 肩関節. 2012.08; 36 (2): 691-694. ( 医中誌 )

  116. 田崎 篤, 山川 晃, 星川 吉光, 野崎 太希, 二村 昭元, 秋田 恵一, 望月 智之. 1.2テスラーkinematic open MRIによる肩インピンジメントの定量的評価 肩関節. 2012.08; 36 (2): 685-690. ( 医中誌 )

  117. 志村 治彦, 若林 良明, 二村 昭元. 指節骨骨折の偽関節・陳旧性骨折に対するlow profile plate and screw systemを用いた治療経験 日本手外科学会雑誌. 2012.04; 28 (6): 614-617. ( 医中誌 )

  118. 若林 良明, 二村 昭元. 手根管開放術単独施行例と母指対立再建術併施例の患者立脚型アウトカムによる比較検討 日本手外科学会雑誌. 2011.12; 28 (3): 153-157. ( 医中誌 )

  119. 加藤 敦夫, 山口 久美子, 秋田 恵一, 二村 昭元, 望月 智之, 菅谷 啓之. 肩関節包上腕骨大結節付着部の解剖学的検討 肩関節. 2011.11; 35 (3): 711-714. ( 医中誌 )

  120. 二村 昭元, 若林 良明. 重度手根管症候群に対する長掌筋-短母指伸筋腱移行を用いた母指対立再建術(木森法)の治療成績 日本手外科学会雑誌. 2011.11; 28 (2): 45-47. ( 医中誌 )

  121. 松山 嘉彦, 中川 照彦, 佐藤 哲也, 土屋 正光, 多嶋 佳孝, 二村 昭元. 鏡視下腱板修復術の術後MRI所見の推移と短期成績の検討 肩関節. 2011.08; 35 (2): 493-495. ( 医中誌 )

  122. Sekiya Ichiro, Muneta Takeshi, Koga Hideyuki, Nimura Akimoto, Morito Toshiyuki, Shimaya Masayuki, Mochizuki Tomoyuki, Segawa Yuko, Sakaguchi Yusuke, Tsuji Kunikazu, Ichinose Shizuko. [Articular cartilage regeneration with synovial mesenchymal stem cells]. Clin Calcium. 2011.06; 21 (6): 879-889. ( PubMed, DOI )

  123. 志村 治彦, 太田 剛, 松山 嘉彦, 若林 良明, 二村 昭元, 四宮 謙一. 母指中手指節関節90°屈曲位ロッキングの1例 整形外科. 2011.05; 62 (5): 439-441. ( 医中誌 )

  124. 志村 治彦, 若林 良明, 二村 昭元, 佐藤 哲也. 【運動器疾患に対する最小侵襲手術】 骨折手術 関節・近傍骨折 マレット骨折に対するマイクロスクリュー固定法 別冊整形外科. 2011.04; (59): 179-182. ( 医中誌 )

  125. 二村 昭元, 若林 良明, 中川 照彦. 肘頭骨折に対するFiberWireのみを用い整復固定術の治療成績 日本肘関節学会雑誌. 2010.12; 17 (2): 39-41. ( 医中誌 )

  126. 志村 治彦, 若林 良明, 二村 昭元. 手の外科手術における酸素飽和度モニターを用いた駆血帯圧の検討 日本手外科学会雑誌. 2010.11; 27 (2): 145-147. ( 医中誌 )

  127. 太田 剛, 松山 嘉彦, 二村 昭元, 志村 治彦, 若林 良明, 石突 正文. 橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレートにおける抜釘の必要性の検討 日本手外科学会雑誌. 2010.09; 26 (5): 463-465. ( 医中誌 )

  128. 松山 嘉彦, 中川 照彦, 多嶋 佳孝, 能瀬 宏行, 二村 昭元. 腱板不全断裂に対する鏡視下修復術の臨床成績 肩関節. 2010.08; 34 (3): 767-769. ( 医中誌 )

  129. 二村 昭元, 太田 剛, 若林 良明, 佐藤 浩一, 四宮 謙一, 宗田 大. 肘頭骨折に対するAI-wiring systemの治療成績 抜釘手術の必要性という観点から 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.06; 22 (2): 218-221. ( 医中誌 )

  130. 二村 昭元, 中川 照彦, 多嶋 佳孝, 望月 智之, 秋田 恵一, 宗田 大. 腱板小・中断裂における上腕骨停止部での断裂部位の検討 術前MRIを用いた検討 肩関節. 2010.06; 34 (2): 397-400. ( 医中誌 )

  131. 木村 浩明, 太田 剛, 二村 昭元, 佐藤 浩一, 四宮 謙一. 橈骨頭粉砕骨折に対する人工橈骨頭置換術の経験 東日本整形災害外科学会雑誌. 2010.03; 22 (1): 76-80. ( 医中誌 )

  132. 志村 治彦, 太田 剛, 石突 正文, 中川 照彦, 多嶋 佳孝, 二村 昭元, 若林 良明, 四宮 謙一. 胸鎖関節後方脱臼はどのスポーツに多く発生するのか? JOSKAS. 2010.03; 35 (1): 254-255. ( 医中誌 )

  133. 中川 照彦, 多嶋 佳孝, 二村 昭元, 土屋 正光. 大きな関節窩骨欠損を伴う反復性肩関節脱臼に対する鏡視下腸骨移植術の1例 関節鏡. 2009.05; 34 (2): 282-288. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Akimoto Nimura, Keiichi Akita, Hiroyuki Sugaya. DISORDERS OF THE ROTATOR CUFF AND BICEPS TENDON. ELSEVIER, 2019.10 Clinical Anatomy of the Rotator Cuff (ISBN : 978-0-323-28784-5)

  2. Keiichi Akita, Akimoto Nimura. Bergman's Comprehensive Encyclopedia of Human Anatomic Variation. Wiley, 2016 Arm Muscles, Forearm Muscles (ISBN : 978-1-1184-30354)

  3. Akimoto Nimura, Hisayo Nasu, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita. Advances in Shoulder Surgery. Springer, 2016 Anatomy (ISBN : 978-4-431-55986-3)

  4. Akimoto Nimura,Keiichi Akita,Hiroyuki Sugaya. Normal and Pathological Anatomy of the Shoulder. Springer, 2015 Brachial Plexus (ISBN : 978-3-662-45719-1)

  5. Akimoto Nimura,Keiichi Akita,Hiroyuki Sugaya. Normal and Pathological Anatomy of the Shoulder. Springer, 2015 Rotator Cuff (ISBN : 978-3-662-45718-4)

  6. 堤 真大, 二村 昭元. 整形外科医のための股関節のスポーツ診療のすべて. 日本医事新報社, 2021.12 股関節の解剖 (ISBN : 978-4-7849-5897-9)

  7. 二村 昭元, 秋田 恵一. 整形外科医のための肩のスポーツ診療のすべて. 日本医事新報社, 2021.12 肩関節周囲の解剖 (ISBN : 978-4-7849-5893-1)

  8. 二村 昭元. 今日の整形外科治療指針第8版. 医学書院, 2021.10 前腕の解剖 (ISBN : 978-4260042604)

  9. 二村 昭元, 秋田 恵一. ビジュアル・サージカルテクニック 肩関節鏡視下手術. 文光堂, 2021.05 肩関節鏡視下手術に役立つ局所解剖 (ISBN : 978-4-8306-2746-0)

  10. 秋田 恵一, 二村 昭元. 運動器臨床解剖学ーチーム秋田の「メゾ解剖学」基本講座ー. 全日本病院出版会, 2020.05 (ISBN : 978-4-86519-274-2)

  11. 古賀 英之, 二村 昭元, 齊田 良知, 山藤 崇, 加藤 欽志. 予防に導くスポーツ整形外科. 文光堂, 2019.11 (ISBN : 978-4-8306-5189-2)

  12. 菅谷 啓之, 秋田 恵一, 二村 昭元. 肩関節手術のすべて. メジカルビュー, 2018.04

  13. 今谷潤也,秋田恵一,二村昭元. 肘関節手術のすべて. メジカルビュー, 2015

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Suthasinee Tharnmanularp, Akimoto Nimura, Masahiro Tsutsumi, and Keiichi Akita. An Anatomical Study Regarding the Medial Patellofemoral Ligament in Terms of Bone Morphology and Attaching Aponeurotic Structures. 16th Congress of the European Association of Clinical Anatomy (EACA) and XII Meeting of the International Symposium of Clinical and Applied Anatomy (ISCAA) 2021.09.16

  2. Masahiro Tsutsumi, Akimoto Nimura, Hajime Utsunomiya, Keiichi Akita. Morphological changes of the joint capsule during hip movement in relation to the zona orbicularis.. 16th Congress of the European Association of Clinical Anatomy (EACA) and Ⅻ Meeting of the International Symposium of Clinical and Applied Anatomy (ISCAA) 2021.09.15

  3. Rintaro Yamamoto, Mizuki Izumida, Tohma Sakuraya, Kenji Emura, Takamitsu Arakawa, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. The fibrous arrangement of flexor carpi ulnaris tendon at Guyon's canal. 16th Congress of the European Association of Clinical Anatomy (EACA) and Ⅻ Meeting of the International Symposium of Clinical and Applied Anatomy (ISCAA) 2021.09.15 Web

  4. Akimoto Nimura, Saya Horiuchi, Masahiro Tsutsumi, Keiichi Akita. Anatomical study regarding radioulnar ligament attachment to the styloid process of the ulna. 19th ESSKA(European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy)CONGRESS VIRTUAL 2021.05.11 Web

  5. Akimoto Nimura. Shoulder Anatomy. 2nd Asia-Pacific Shoulder and Elbow Symposium 2019.11.30 Bunkyo-ku, Tokyo

  6. Nimura Akimoto, Akita Keiichi. Anatomy based on the common pathologies around the elbow joint. 4th Asian Association of Clinical Anatomists 2018.10.28 Busan, Korea

  7. Masahiro Tsutsumi, Akimoto Nimura, Keiichi Akita. Morphological analysis of gluteus medius tendon and its insertion sites. 35th Annual meeting of American Association of Clinical Anatomy 2018.07.11 Atlanta,USA

  8. Akimoto Nimura, Shota Hoshika, Rerika Yamaguchi, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Reconsideration of the anatomy regarding the ulnar collateral ligament of the elbow in terms of the tendinous fascia. The 2018 Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons 2018.03.07 New Orleans, USA

  9. Akimoto Nimura, Shota Hoshika, Hiroyuki Sugaya, Keiichi Akita. Anatomy of medial ligament complex in elbow. 1st AP Shoulder and Elbow Symposium 2017.10.08 Tokyo, Japan

  10. Akimoto Nimura, Tetsuya Sato, Reiko Yamaguchi, Koji Fujita, Takashi Miyamoto, Keiichi Akita. Intramuscular tendons of the adductor pollicis and the thumb metacarpophalangeal joint capsule: an anatomic study with implications regarding Stener lesion. Eurohand 2017 2017.06.21 Budapest, Hungary

  11. Daisuke Momma, Akimoto Nimura, Tadanao Funakoshi, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita, Norimasa Iwasaki. Anatomical Analysis of the Whole Articular Capsule from the Glenoid and the Humeral Attachment. Orthopaedic Research Society 2017 Annual Meeting 2017.03.19 San Diego, USA

  12. Mari Uomizu, Tomoyuki Mochizuki, Toshiyuki Ohara, Junpei Matsuda, Nobutaka Ozeki, Kunikazu Tsuji, Akimoto Nimura, Takashi Miyamoto, Masafumi Goto, Ichiro Sekiya, Takeshi Muneta. Synovium-derived MSCs promote the restoration of tensile strength of the rotator cuff tendon after repair in a rat model. Orthopaedic Research Society 2017 Annual Meeting 2017.03.19 San Diego, USA

  13. 望月 智之、二村 昭元、宮本 崇、日山 鐘浩、吉村 英哉. ラグビー選手における鏡視下バンカート法の長期成績. 第43回日本肩関節学会 2016.10.21

  14. Mari Uomizu, H. Yoshimura, A. Nimura, T. Miyamoto, T. Mochizuki. Return to Sports Activity after Arthroscopic Rotator Cuff Repair on the Middle-aged and Senior Patients. The 13th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery 2016.05.18 Korea

  15. Daisuke Momma, Akimoto Nimura, Tadanao Funakoshi, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita, Norimasa Iwasaki. Anatomical Analysis of the Articular Capsule based on the Widths between the Footprints. The 13th International Congress of Shoulder and Elbow Surgery 2016.05.17 Jeju, Korea

  16. Fujishiro H, Tsukada S, Nimura A, Akita K. An anatomic study of spatial relationships between the anterior cruciate ligament and the lateral meniscus. 11th Australian & New Zealand Association of Clinical Anatomy 2014.12.03

  17. Ban D, Akita K, Ueda H, Ooba A, Nimura A, Yamaguchi K, Nasu H, Matsumura S, Aihara A, Irie T, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Anatomy of Mesopancreas and Pancreatic uncus. The 2nd congress of Asian association of clinical anatomy and the 18th congress of Japanese research society of clinical anatomy 2014.11.08

  18. Fujishiro H, Tsukada S, Nakamura T, Nimura A, Akita K. Anatomic relationship between lateral meniscus and anterior cruciate ligament. The 2nd congress of Asian association of clinical anatomy and the 18th congress of Japanese research society of clinical anatomy 2014.11.08

  19. Nakazawa M, Nimura A, Koizumi M, Sato T, Akita K. Posterior bundle of the acromioclavicular ligament plays a role in joint stabilization. The 2nd congress of Asian association of clinical anatomy and the 18th congress of Japanese research society of clinical anatomy 2014.11.08

  20. Tamaki T, Oinuma K, Shiratsuchi H, Nimura A, Akita K. The attachments of the short external rotator tendons can be visualized using preoperative 3D-CT. The 2nd congress of Asian association of clinical anatomy and the 18th congress of Japanese research society of clinical anatomy 2014.11.08

  21. Tanaka M, Nimura A, Kawai N, Mochizuki T, Takahashi N, Sugaya H, Akita K. Arthroscopic Evaluation of Delaminated Rotator Cuff Tears:A Morphological Analysis. The 2nd congress of Asian association of clinical anatomy and the 18th congress of Japanese research society of clinical anatomy 2014.11.08

  22. Tanaka M, Nimura A, Sugaya H, Akita K. “Arthroscopic Evaluation of Delaminated Rotator Cuff Tears:A Morphological Analysis”. Academic Congress of the Asian Shoulder Association 2014.11

  23. Tsukada S, Fujishiro H, Watanabe K, Nimura A, Mochizuki T, Mahakkanukrauh P, Yasuda K, Akita K. The lateral intercondlylar ridge: Anatomic variations and relationship to the anterior margin of the anterior cruciate ligament. 16th European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery & Arthroscopy Congress 2014.05.14

  24. Akimoto Nimura, Taiki Nozaki, Tomoyuki Mochizuki, Keiichi Akita. Anatomic relationship between lateral impression of greater tuberosity of humerus and insertion of infraspinatus tendon. 16th European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy Congress 2014.05.13 Amsterdam, Netherland

  25. Tanaka M, Nimura A, Sugaya H, Akita K. Arthroscopic Evaluation of Delaminated Rotator Cuff Tears:A Morphological Analysis. European Society for Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy 2014.05

  26. Nimura A, Mochizuki T, Fujishiro H, Imatani J, Sugaya H, Muneta T, Akita K. Initiation Of Tennis Elbow; Anatomic Findings Of Origin Of Extensor Carpi Radialis Brevis And Joint Capsule. the 2014 Annual Meeting of the American Academy of Orthopaedic Surgeons 2014.03.11 New Orleans, LO, USA

  27. Nimura A, Akita K. Lateral Epicondylitis Originates At The Anterior Side Of The Articular Capsule Underlying The Extensor Carpi Radialis Brevis. the Orthpaedic Research Society 2014.03

  28. 二村 昭元. 整形外科領域の運動器エコー「運動器エコーに関わるあなたに伝えたい骨関節解剖」. 第47回日本超音波検査学会学術集会 2022.05.29 千代田区, 東京都

  29. 二村 昭元, 中澤 正孝. 肩鎖関節脱臼に関する解剖の知見. 第95回日本整形外科学会学術総会 2022.05.20 兵庫県, 神戸市

  30. 二村 昭元. 手外科領域における解剖研究の現状と展望. 第65回日本手外科学会学術集会 2022.04.14 北九州市, 福岡県

  31. 二村 昭元. 腱板断裂に関する解剖学ー最近の知見ー. 2022年度 Mitek名古屋セミナー 2022.04.09 Web

  32. 山本 凜太郎, 二村 昭元, 堤 真大, 室生 暁, 荒川 高光, 秋田 恵一. 尺側手根屈筋停止腱の線維配列に着目した屈筋支帯との解剖学的関係. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 2022.03.28 Web

  33. 二村 昭元. セラピストが知っておくべき肩関節の臨床解剖学. Professional Therapy Seminars 2022.03.26 Web

  34. 二村 昭元. 手関節. 運動器リハビリテーションのための臨床解剖学講座 2022.01.15 Web

  35. 二村 昭元. 解剖研究からみた肩関節疾患. 第83回宮崎整形外科懇話会宮崎整形外科学術セミナー 2021.12.25 宮崎県宮崎市

  36. 二村 昭元. 靱帯の再考~最新の知見を踏まえて~. 日本整形内科学研究会第4回学術集会 2021.11.27 Web

  37. 二村 昭元. 肘関節①(外側). 運動器リハビリテーションのための臨床解剖学講座 2021.11.20 Web

  38. 二村 昭元. 上肢骨関節解剖における最近の知見 - 変形性関節症との関連. 第40回金鯱手外科セミナー 2021.11.18 愛知県名古屋市

  39. 二村 昭元. 肘関節内側の解剖における最近の知見. 第36回 日本整形外科学会基礎学術集会 2021.10.14 三重県伊勢市,

  40. 二村 昭元. 肩関節解剖における最近の知見 靱帯と関節包. 第9回肩関節疼痛研究会 2021.08.28 Web

  41. 二村 昭元. 上肢関節疾患に関する運動器臨床解剖学の知見. 第22回ASHULA上肢 2021.07.13 Web

  42. 二村 昭元. 関節包や周囲筋腱構造から再考する股関節の安定性. 第51回日本人工関節学会 2021.07.07 神奈川県横浜市

  43. 二村 昭元. セラピストへ伝えたい 運動器リハビリテーションに必要な臨床解剖学-股関節・足関節編. Professional Therapy Seminars 2021.07.03 Web

  44. 二村 昭元. 肩の解剖~投球障害肩を絡めて~. encounter school 投球障害肩コース 2021.07.02 Web

  45. 二村 昭元. 肩関節疾患治療に関わる解剖の知見. 第12回青江肩関節研究会 2021.06.26 Web

  46. 二村 昭元. セラピストへ伝えたい 運動器リハビリテーションに必要な臨床解剖学-肩関節編. 運動器リハビリテーションセミナー 2021.03.06 Web

  47. 二村 昭元. 肩・肘関節解剖に関する最近の知見. 令和2年度第5回兵庫県整形外科医会学術講演会 2020.12.05 Web

  48. 二村 昭元. 肩関節解剖トレーニング-Basic to Advanced-. Mitek Shoulder Basic Seminar 2020.09.23 Web

  49. 二村 昭元. 放射線科医に聞いてほしい骨関節解剖の新知見. 第31回骨軟部放射線研究会 2020.02.07 中央区, 東京都

  50. 二村 昭元. 上肢解剖からわかった新知見 ~疼痛の発症機序と治療薬も含めて~. 山形整形外科研究会手外科セミナー 2020.01.11 山形市, 山形県

  51. 二村 昭元. 上肢骨関節における解剖-最近の知見-. 第31回千葉上肢を語る会 2019.11.16 千葉市, 千葉県

  52. 二村 昭元. 肩関節治療に必要な解剖学的知見. 第45回北九州肩関節研究会 2019.11.08 北九州市, 福岡県

  53. 二村 昭元. 骨関節解剖における最近の知見- 靱帯とは. 第13回川崎スポーツリハビリテーションフォーラム 2019.10.06 川崎市, 神奈川県

  54. 二村 昭元. 腱・腱膜・関節包に基づいた関節の安定化機構「靱帯の再考」. 第23回臨床解剖研究会 2019.10.05 文京区, 東京都

  55. 二村 昭元. 尺骨遠位端の骨形態に基づいた遠位橈尺関節の解剖. 第12回日本手関節外科ワークショップ 2019.09.14 奈良市, 奈良県

  56. 佐々木 亨,川端 茂徳, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 星野 優子, 関原 謙介, 足立 善昭, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐藤 慎司, 大川 淳. 神経磁界計測による手根管症候群の機能診断. 第68回東日本整形災害外科学会 2019.09.05 文京区, 東京都

  57. 二村 昭元. 骨関節解剖の最近の知見-靱帯の再考. 第15回上肢外科サマーセミナーin Kasaoka 2019.08.03 笠岡市, 岡山県

  58. 二村 昭元. 肩関節の解剖について. MITEK静岡セミナー 2019.07.27 静岡市, 静岡県

  59. 二村 昭元. 「骨関節疾患の診断・治療につながる解剖学的知見 」 -靱帯の再考 -. 第9回駿河台スポー ツ医学・関節鏡セミナー 2019.05.25 千代田区, 東京都

  60. 二村 昭元. 肘関節解剖の最近の知見ー外側と内側ー. 平成30年度整形外科リハビリテーション学会特別講演会 2019.04.27 名古屋市, 愛知県

  61. 二村 昭元. 上肢関節における解剖学的知見―「靱帯」の再考. 第62回日本手外科学会学術集会 2019.04.19 札幌市, 北海道

  62. 二村 昭元, 藤田 浩二, 鈴木 志郎, 秋田 恵一. 高解像度時代における骨関節解剖研究に対するニーズ. 第62回日本手外科学会学術集会 2019.04.18 札幌市, 北海道

  63. 佐々木 亨,川端 茂徳, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 星野 優子, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 大川 淳. 正中神経活動磁界計測による手根管症候群の診断. 第62回日本手外科学会学術集会 2019.04.18 札幌市, 北海道

  64. 佐々木 亨,川端 茂徳, 藤田 浩二, 二村 昭元, 鈴木 志郎, 星野 優子, 足立 善昭, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 大川 淳. 神経磁界計測による腕神経叢障害の機能診断. 第62回日本手外科学会学術集会 2019.04.18 札幌市, 北海道

  65. 二村 昭元. 上肢領域における解剖研究ー最近の知見. 整形外科Total Care Seminar 2019.03.25 高崎市, 群馬県

  66. 二村 昭元. 運動器機能形態学講座 解剖学 肘関節、足関節. 第3回HMC Shoulder and sport meeting 2019.03.16 博多市, 福岡県

  67. 二村 昭元, 星加 昭太, 鈴木 志郎, 藤田 浩二, 秋田 恵一. 肘関節尺側側副靱帯の解剖. 第31回日本肘関節学会 2019.02.08 小樽市, 北海道

  68. 二村 昭元. 腱板と上方関節包の解剖. 第3回SCR研究会 2018.12.22 品川区, 東京都

  69. 堤 真大, 二村 昭元, 秋田 恵一. 中殿筋腱とその停止部構造の形態学的意義. 第23回日本基礎理学療法学会学術大会 2018.12.16 京都市, 京都府

  70. 二村 昭元. 肩関節の解剖について. 岡山Mitekセミナー 2018.12.15 岡山市, 岡山県

  71. 天羽 健太郎, 二村 昭元, 山口 玲子, 服部 惣一, 田野 敦寛, 秋田 恵一. 基礎研究 関節包とその隣接構造に基づいた足関節内側および距骨下関節の解剖学的解析. 第43回日本足の外科学会学術集会 5th Ankle Instability Group Annual Meeting 合同会議 2018.11.02 木更津市, 千葉県

  72. 二村 昭元. 肘関節における解剖学的知見ー靱帯とは何かを考える. 第1回関西スポラボセミナー 2018.10.21 大阪市, 大阪府

  73. 二村 昭元. 肩関節の解剖について. 第1回Yamaguchi Shoulder Meeting 2018.09.15 山口市, 山口県

  74. 二村 昭元. 臨床に役立つ肩関節の解剖について. 第7回香川県肩関節研究会 2018.08.04 高松市, 香川県

  75. 二村 昭元. 骨関節領域解剖に関する最近の知見-関節周囲炎との関連. 第8回栃木県運動機能研究会 2018.08.02 下野市, 栃木県

  76. 今谷 潤也, 森谷 史朗, 近藤 秀則, 二村 昭元, 秋田 恵一. Common fracturesのtips & tricks "展開の妙" Terrible triad injuryの治療戦略. 第44回日本骨折治療学会 2018.07.06 岡山市, 岡山県

  77. 山口 玲子, 二村 昭元, 天羽 健太郎, 服部 惣一, 田野 敦寛, 秋田 恵一. 関節包に基づく距骨下関節に関する解剖学的研究. 第10回JOSKAS 2018.06.15 福岡市, 福岡県

  78. 服部 惣一, 大内 洋, 高澤 修三, 田野 敦寛, 山口 玲子, 天羽 健太郎, 山田 慎, 加藤 有紀, 二村 昭元, 熊井 司, 秋田 恵一. Cutting Edge on Clinical Management of Chronic Lateral Ankle Instability エコーを使用した足関節不安定症の診断と治療. 第10回JOSKAS 2018.06.15 福岡市, 福岡県

  79. 秋田 恵一, 二村 昭元. 関節の臨床解剖 関節包と靱帯を考える. 第10回JOSKAS 2018.06.14 福岡市, 福岡県

  80. 星加 昭太, 二村 昭元, 菅谷 啓之, 高橋 憲正, 秋田 恵一. 肘関節内側における安定化構造に関する解剖学的特徴. 第91回日本整形外科学術集会 2018.05.24 神戸市, 兵庫県

  81. 二村 昭元, 堀内 沙矢, 野崎 太希, 藤田 浩二, 大川 淳, 加藤 龍一, 秋田 恵一. 三角線維軟骨の尺骨遠位端に対する付着部の局在と骨形態の関係 解剖学的研究. 第91回日本整形外科学会 2018.05.24 神戸市, 兵庫県

  82. 二村 昭元, 藤田 浩二, 宮本 崇, 秋田 恵一. 骨形態解析に基づいた三角線維軟骨と尺骨遠位端との線維性連続の局在. 第61回日本手外科学会学術集会 2018.04.27 新宿区, 東京都

  83. 二村 昭元. 骨形態・組織に基づくTFCCの解剖学的解析. 第16回東京スポーツ整形外科研修会 2018.04.14 千代田区, 東京都

  84. 二村 昭元. 肘関節解剖のトピック~内側・外側の安定化構造を中心に~. さがみスポリハ研究会 2018.02.22 相模原市, 神奈川県

  85. 星加 昭太, 二村 昭元, 菅谷 啓之, 高橋 憲正, 秋田 恵一. 肘関節内側の安定化に対する浅指屈筋の動的因子としての寄与について. 第30回日本肘関節学会 2018.02.16 港区, 東京都

  86. 藤田 浩二, 二村 昭元, 宮本 崇. 尺側手根屈筋腱付着部炎により豆状骨変形を起こした1 例の経験. 第32回東日本手外科研究会 2018.02.03 文京区, 東京都

  87. 佐藤 哲也, 中川 照彦, 藤田 浩二, 佐々木 研, 二村 昭元. スポーツ外傷による橈骨関節面に対する全手根骨尺側偏位の1例. 第32回東日本手外科研究会 2018.02.03 文京区, 東京都

  88. 二村 昭元. 肩腱板修復術に必要な解剖学的知見. 第1回京滋セミナー 2018.01.13 京都市, 京都府

  89. 二村 昭元. 肘関節における解剖学的解析-最近の知見. 整形外科リハビリテーション学会関東合同症例検討会&シンポジウム 2018.01.08 文京区, 東京都

  90. 二村 昭元. 肘関節における最近の知見. 第26回スポラボセミナー 2017.10.14 松戸市, 千葉県

  91. 二村 昭元, 佐藤 哲也. Stener病変に関わる母指MP関節尺側の解剖学的知見. 第57回東京手・肘の外科研究会 2017.08.01 目黒区, 東京都

  92. 二村 昭元, 宮本 崇, 藤田 浩二, 秋田 恵一. 肘関節内・外側安定化構造に関する解剖学的解析. 第31回東日本手外科研究会 2017.02.11 札幌市, 北海道

  93. 佐藤 哲也, 二村 昭元, 中川 照彦, 宮本 崇, 藤田 浩二, 秋田 恵一. 母指MP関節における尺側部安定化機構の解剖学的研究. 第31回東日本手外科研究会 2017.02.11 札幌市, 北海道

  94. 星加 昭太, 二村 昭元, 佐藤 哲也, 高橋 憲正, 菅谷 啓之, 秋田 恵一. 肘関節内側における安定化機構に関する解剖学的特徴. 第29回日本肘関節学会 2017.02.03 港区, 東京都

  95. 二村昭元. フランス留学報告. 第17回日仏整形外科学会 2016.11.26 岡山

  96. 天羽健太郎, 二村昭元, 服部惣一, 山 玲子, 秋田恵一. 足関節内側に関する関節包に基づく解剖学的研究. 第41回日本足の外科学会・学術集会 2016.11.18 奈良

  97. 二村昭元. 上肢関節領域における解剖研究ー最近の知見. 北海道上肢疾患セミナー2016 2016.11.12 北海道

  98. 三浦雄悟, 藤田浩二, 二村昭元, 若林良明, 大川淳. 外傷性大腿神経断裂に対して両側腓腹神経移植を行った1例. 第65回東日本整形災害外科学会 2016.09.22 箱根

  99. 天羽健太郎, 二村昭元, 秋田恵一. 関節包に基づく足関節内側に関する解剖学的研究. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.07.29 福岡

  100. 那須久代, 杉浦沙羅, 二村昭元, 古賀英之, 秋田恵一. 膝関節外側における関節包の付着形態に関する解剖学的研究. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.07.28 福岡

  101. 塚田幸行, 望月智之, 二村昭元, 秋田恵一. 前十字靱帯の脛骨付着部線維の解剖学的研究 脛骨付着部と大腿骨付着部との関係. 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016.07.28 福岡

  102. 二村昭元, 志村治彦, 今谷潤也, 秋田恵一. 「関節包」を基に考える肘関節外側の解剖学的特徴. 第42回日本骨折治療学会 2016.07.01 東京

  103. 二村昭元, 中澤正孝, 大川淳, 宗田大 ,秋田恵一. 肩鎖靱帯の付着部位、走行に関する解剖学的研究. 第89回日本整形外科学会学術総会 2016.05.12 神奈川

  104. 二村昭元, 那須久代, 山口久美子, 秋田恵一. 肘関節外側における病態・安定性に関する筋腱解剖. 第121回日本解剖学総会・全国学術集会 2016.03.28 福島

  105. 二村昭元. 肩腱板周囲構造からみた解剖学的知見. 第35回日本画像医学会 2016.02.27 東京

  106. 二村昭元, 志村治彦, 今谷潤也, 秋田恵一. 筋腱・関節包からみた肘関節前・外側の解剖学的考察. 第28回日本肘関節学会 2016.02.13 岡山

  107. 二村昭元. 骨関節解剖における最近の知見. 聖路加整形外科研究会(第3回) 2015.12.02 東京

  108. 二村昭元. 骨・関節領域の解剖における最近の知見. 第10回西多摩・痛みのセミナー 2015.11.26 東京

  109. 井坪広樹, 吉村英哉, 新谷尚子, 初鹿大佑, 二村昭元, 望月智之, 荻内隆司. 当院のBony Bankart bridge法の成績. 第42回日本肩関節学会 2015.10.10 仙台

  110. 吉村英哉, 荻内隆司, 二村昭元, 望月智之. 肩甲下筋腱最頭側部の解剖学的修復と上腕二頭筋長頭腱との関係. 第42回日本肩関節学会 2015.10.10 仙台

  111. 門間大輔、二村昭元、船越忠直、望月智之、岩崎倫政、秋田恵一. 肩関節安定化機構再建を目的とした肩関節包の総合的解剖学的研究. 第42回日本肩関節学会 2015.10.10 仙台

  112. 新谷尚子, 吉村英哉, 井坪広樹, 荻内隆司, 二村昭元, 望月智之. 関節拘縮を伴う腱板断裂における鏡視下腱板修復術の治療成績. 第42回日本肩関節学会 2015.10.09 仙台

  113. 吉村英哉, 荻内隆司, 二村昭元, 望月智之. LHB病変に対する温存手術および腱固定・切除術の術後成績. 第42回日本肩関節学会 2015.10.09 仙台

  114. 二村昭元. 肩関節鏡に必要な解剖のお話. 第1回肩関節鏡手術セミナー 将来の肩職人育成コース 2015.10.08 仙台

  115. 二村昭元. 肩関節の解剖における最近の知見. 第10回福岡肩関節鏡手術研究会 2015.04.25 福岡

  116. 川畑篤礼, 宮本崇, 石井宣一, 二村昭元, 大川淳. 外傷を契機に生じた遠位橈尺関節ロッキングの一例. 第55回関東整形災害外科 2015.03.27 さいたま

  117. 二村昭元. 新たな知見がもたらす骨関節機能解剖の新局面. 若松整形外科スポーツ関節鏡研究会 2015.03.04 小倉

  118. 望月智之, 宮本崇, 吉村英哉, 二村昭元. 解剖研究に基づいた腱板断裂の診断および治療法. 第34回日本画像医学会 2015.02.28 東京

  119. 田巻達也, 松本和章, 二村昭元, 秋田恵一, 老沼和弘, 白土英明. 3D-テンプレートを用いたTHA大腿骨操作に伴う内外閉鎖筋停止部損傷の評価. 日本股関節学会 2014.10.30

  120. 二村昭元. 肘の解剖. 運動機能研究会 2014.04.06 東京

  121. 那須久代, 二村昭元, 山口久美子, 秋田恵一. 前腕伸筋群の神経支配についてー特に橈側の筋群に着目してー. 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会 2014.03.27 自治医科大学

  122. 二村昭元, 若林良明, 今谷潤也, 秋田恵一. 肘関節外側における関節包付着部に関する解剖学的研究. 日本肘関節学会 2014.02.28 東京

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「関節包」からみた肩・肘関節疾患に関するメゾ解剖学的研究 ,2018年04月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C) 研究代表者:二村昭元
    研究課題番号:16K10890

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~,2018年04月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C) 研究分担者:二村昭元
    研究課題番号:17K01289

  • 肩腱板断裂の再生治療を目的とした滑膜間葉系幹細胞移植,2017年04月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C) 研究分担者:二村昭元
    研究課題番号:15K10432

  • 高難度手術の教育システム開発~いかに安全に職人技を継承させるか~,2017年04月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C) 研究分担者:二村昭元
    研究課題番号:17K01289

  • 「関節包」からみた肩・肘関節疾患に関するメゾ解剖学的研究,2017年04月

    科学研究費助成事業 基盤研究(C) 研究代表者:二村昭元
    研究課題番号:16K10890

  • 「関節包」からみた肩・肘関節疾患に関するメゾ解剖学的研究,2016年04月

    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究C 研究代表者:二村 昭元, 課題番号: 16K10890

  • マイクロCTを用いた筋腱付着部障害に関する解剖学的研究,2012年04月

    文部科学研究費補助金 若手研究(B) 研究代表者:二村昭元
    研究課題番号:24791525

▼全件表示