基本情報

写真a

川岸 将彦(カワギシ マサヒコ)

KAWAGISHI Masahiko


職名

助教

研究室住所

113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  分子細胞生物学専攻  博士課程  1999年  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年02月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1999年12月
    -
    2006年02月
    東京大学 大学院医学系研究科 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 一分子蛍光偏光イメージングによる収縮環形成メカニズムの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 神経伝導路の機能的同定・可視化を目指す新規手法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 革新的蛍光偏光標識技術開発とその細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 脳組織タンパク質の質量分析イメージングの高感度化に向けた技術開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 蛍光偏光観測による核ラミナのフィラメント構造と重合機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 中間径フィラメント蛋白質の時空間動態制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 革新的蛍光相関分光装置の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 非線型ラマン分光法による生体組織内における薬剤分子局在の可視化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 生命現象に迫るユニバーサルな蛍光偏光顕微観測法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 回転拡散を利用した螢光相関分光による細胞骨格蛋白分子の重合過程の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • コヒーレントラマン顕微鏡を用いた生理活性気体分子の生体内動態計測

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 蛍光偏光イメージングによる筋芽細胞融合の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 時間分解誘導ラマン散乱顕微鏡による血中薬剤濃度測定

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nakai N, Sato K, Tani T, Kawagishi M, Ka H, Saito K, Terada S. Development of nanobody-based POLArIS orientation probes enabled multi-color/multi-target orientation imaging in living cells. Biochemical and biophysical research communications. 2021.08; 565 50-56. ( PubMed, DOI )

  2. Ayana Sugizaki, Keisuke Sato, Kazuyoshi Chiba, Kenta Saito, Masahiko Kawagishi, Yuri Tomabechi, Shalin B Mehta, Hirokazu Ishii, Naoki Sakai, Mikako Shirouzu, Tomomi Tani, Sumio Terada. POLArIS, a versatile probe for molecular orientation, revealed actin filaments associated with microtubule asters in early embryos Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021.03; 118 (11): ( DOI )

  3. Yuko Iwasaki, Masahiko Kawagishi, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Discrimination of dissociated lymphoma cells from leukocytes by Raman spectroscopy. Sci Rep. 2020.09; 10 (1): 15778. ( PubMed, DOI )

  4. Kawagishi Masahiko, Obara Yuki, Suzuki Takayuki, Hayashi Masumi, Misawa Kazuhiko, Terada Sumio. Direct label-free measurement of the distribution of small molecular weight compound inside thick biological tissue using coherent Raman microspectroscopy Sci Rep. 2015.09; 5 13868. ( PubMed, DOI )

  5. 寺田 純雄, 川岸 将彦. 軸索 脳科学辞典. 2021.06; ( DOI )

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 杉﨑 綾奈,佐藤 啓介,千葉 和義,川岸 将彦,寺田 純雄. ヒトデ初期発生の有糸分裂においてアクチン繊維は微小管星状体と関連して放射状に伸長する. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.29 オンライン開催

  2. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Direct Label-Free Measurement of the Distribution of Small Molecular Weight Compound Inside Thick Biological Tissue using Coherent Raman Microspectroscopy. Biophysical Society 60th Annual Meeting 2016.03.01 Los Angeles, California, USA

  3. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Direct Label-Free Measurement of the Distribution of Small Molecular Weight Compound Inside Thick Biological Tissue Using Coherent Raman Microspectroscopy. The 2nd East-Asia Microscopy Conference 2015.11.25 Himeji, Hyogo, Japan

  4. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Measuring the distribution of small molecule compounds inside biological tissue via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy. The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2015.07.29 Kobe, Hyogo, Japan

  5. Kawagishi Masahiko, Obara Yuki, Suzuki Takayuki, Hayashi Masumi, Misawa Kazuhiko, Terada Sumio. 生命現象の顕微計測のフロンティア 非線形ラマン分光法を用いた内因性分子振動による生物組織中での低分子化合物の濃度分布測定. the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists / the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2015.03.23 Kobe, Hyogo, Japan

  6. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Measuring the Distribution of Taurine Molecule Inside Biological Tissue via Intrinsic Molecular Vibrations using Nonlinear Raman Spectroscopy. Biophysical Society 59th Annual Meeting 2015.02.11 Baltimore, Maryland, USA

  7. M. Kawagishi, Y. Obara, T. Suzuki, M. Hayashi, K. Misawa, S. Terada. Measuring the distribution of taurine molecule inside biological tissue via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy. 2014 ASCB/IFCB Meeting 2014.12.07 Philadelphia, Pennsylvania, USA

  8. Masahiko Kawagishi, Takayuki Suzuki, Yu Nagashima, Sumio Terada, Kazuhiko Misawa. In Vivo Molecular Labeling of Halogenated Volatile Anesthetics via Intrinsic Molecular Vibrations using Nonlinear Raman Spectroscopy. Biophysical Society 56th Annual Meeting 2012.02.28 San Diego, California, USA

  9. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と細胞骨格動態解析への応用. 生体運動研究合同班会議2022 2022.01.08 名古屋

  10. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と生細胞内アクチン動態解析への応用. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.03 横浜

  11. 杉崎綾奈, 佐藤啓介, 千葉和義, 川岸将彦, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングによるヒトデ卵の初期発生におけるアクチン動態の解析. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  12. 中井紀, 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 永嶋一貴, 齊藤健太, 川岸将彦, 谷知己, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングのためのプローブPOLArISの汎用性拡張の試み. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  13. 岩崎優子、川岸将彦、 高瀬博、大野京子. ラマン散乱光解析による悪性リンパ腫細胞と正常リンパ球の鑑別能. 2019年度日本分光学会年次講演会 2019.05.23 京都府宇治市(京都大学化学研究所)

  14. Masahiko KAWAGISHI, Yuki OBARA, Takayuki SUZUKI, Masumi HAYASHI, Kazuhiko MISAWA, Sumio TERADA. Direct label-free measurement of the distribution of small molecular weight compound using coherent Raman microspectroscopy. 第122回日本解剖学会総会全国学術集会 2017.03.29 長崎県長崎市

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経科学(神経構造)実習 (医学科第3学年)