基本情報

写真a

大坂 瑞子(オオサカ ミズコ)

OSAKA Mizuko


職名

助教

研究室電話番号

03-5803-4617

メールアドレス

mizu.vasc@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

動脈硬化症 血管生物学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学  基礎工学部  生物工学科  1994年03月  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月
    東京医科歯科大学 学内共同教育研究施設 生命倫理研究センター 先進倫理医科学開発部 特任助教
  • 2011年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 先進倫理医科学 助教
  • 2014年10月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 研究・産学連携推進機構 生命倫理研究センター 助教
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 血管代謝探索講座 特任助教
  • 2017年04月
     
     
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 生命倫理研究センター 助教
  • 2017年05月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 生命倫理研究センター 助教
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 研究基盤クラスター 生命倫理研究センター 助教

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器学会

  • 血管生物医学会

  • 日本分子生物医学会

  • 日本動脈硬化学会

  • 日本生化学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    現在
    日本血管生物医学会 日本血管生物医学会評議委員
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    日本血管生物医学会 事務局長
  • 2019年07月
    -
    現在
    日本動脈硬化学会 評議員
  • 2022年04月
    -
    現在
    日本血管生物医学会 学術委員会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • in vivoでの血管内皮と白血球相互作用の可視化,2010年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化症初期段階における血管内膜内在性樹状細胞の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2017年

  • 動脈硬化症の発症・進展過程における白血球浸潤の可視化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 心腎連関の原因物質としての尿毒症毒素の血管傷害メカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 動脈硬化巣形成過程における好中球細胞外トラップ(NET)と単球接着の可視化

    文部科学省/日本学術振興会

  • 活性化好中球が動脈硬化症における慢性的血管炎症を進展させる機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Osaka M, Deushi M, Aoyama J, Funakoshi T, Ishigami A, Yoshida M. High-Fat Diet Enhances Neutrophil Adhesion in LDLR-Null Mice Via Hypercitrullination of Histone H3. JACC. Basic to translational science. 2021.06; 6 (6): 507-523. ( PubMed, DOI )

  2. Mizuko Osaka, Shunsuke Ito, Masaki Honda, Yukihiro Inomata, Kensuke Egashira, Masayuki Yoshida. Critical role of the C5a-activated neutrophils in high-fat diet-induced vascular inflammation. Scientific Reports. 2016.02; 6 21391. ( PubMed, DOI )

  3. Inoue R, Nishi H, Osaka M, Yoshida M, Nangaku M. Neutrophil Protein Kinase R Mediates Endothelial Adhesion and Migration by the Promotion of Neutrophil Actin Polymerization. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2022.04; ( PubMed, DOI )

  4. Aoyama J, Osaka M, Deushi M, Hosoya S, Ishigami A, Maehara T, Yoshida M. CXCL1-Triggered PAD4 Cytoplasmic Translocation Enhances Neutrophil Adhesion through Citrullination of PDIA1. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  5. Dewan SMR, Osaka M, Deushi M, Yoshida M. Complement C5a-triggered differentiated HL-60 stimulates migration of THP-1 monocytic leukocytes via secretion of CCL2. FEBS open bio. 2021.05; 11 (5): 1374-1381. ( PubMed, DOI )

  6. Dewan Syed Masudur Rahman, Osaka Mizuko, Deushi Michiyo, Yoshida Masayuki. C5a-stimulated Neutrophil-like Differentiated HL-60 Induced Migration of Monocytic THP-1 through the Secretion of MCP-1(和訳中) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2021.03; 85回 OE029-5. ( 医中誌 )

  7. Tsuru Hiromi, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. Complement Factor D Facilitates the Development of Fatty Liver under Long-term but not Short-term High-fat Diet-feeding Conditions(和訳中) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2021.03; 85回 OE113-3. ( 医中誌 )

  8. Inoue Reiko, Nishi Hiroshi, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki, Nangaku Masaomi. NEUTROPHIL INTERFERON-INDUCED, DOUBLE-STRANDED RNA-ACTIVATED PROTEIN KINASE (EIF2AK2) PROMOTES ADHESION IN NON-VIRAL INFLAMMATORY KIDNEY DISEASE NEPHROLOGY. 2020.10; 25 35.

  9. Tsuru H, Osaka M, Hiraoka Y, Yoshida M. HFD-induced hepatic lipid accumulation and inflammation are decreased in Factor D deficient mouse. Scientific reports. 2020.10; 10 (1): 17593. ( PubMed, DOI )

  10. Dewan Syed Masudur Rahman, Deushi Michiyo, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. C5a stimulation of differentiated HL60 induces THP-1 chemotaxis via MCP-1 dependent pathway(和訳中) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2020.07; 52回 268. ( 医中誌 )

  11. Tsuru Hiromi, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. Critical Role of Complement Factor D in the Development of High-fat Diet-induced Fatty Liver(和訳中) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2020.07; 84回 PE28-2. ( 医中誌 )

  12. Dewan Syed Masudur Rahman, Deushi Michiyo, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. C5a Elevates MCP-1 Expression in Neutrophil-like Differentiated HL60 via NF-κ B Signaling Pathway(和訳中) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2020.07; 84回 OE122-6. ( 医中誌 )

  13. Higashijima Y, Matsui Y, Shimamura T, Nakaki R, Nagai N, Tsutsumi S, Abe Y, Link VM, Osaka M, Yoshida M, Watanabe R, Tanaka T, Taguchi A, Miura M, Ruan X, Li G, Inoue T, Nangaku M, Kimura H, Furukawa T, Aburatani H, Wada Y, Ruan Y, Glass CK, Kanki Y. Coordinated demethylation of H3K9 and H3K27 is required for rapid inflammatory responses of endothelial cells. The EMBO journal. 2020.03; e103949. ( PubMed, DOI )

  14. Nishi H., Inoue R., Osaka M., Inoue T., Yoshida M., Nangaku M.. Neutrophil interferon-induced, double-stranded RNA-activated protein kinase (EIF2AK2) mediates vascular adhesion and transmigration in non-viral inflammatory disease EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2019.10; 49 582.

  15. Dewan Syed Masudur Rahman, Shiraishi Orie, Deushi Michiyo, Tani Mariko, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. C5aによる好中球β2インテグリン活性化はPKCδの膜移行に関与する(C5a-induced β2 integrin activation in neutrophils involves membrane translocation of PKC δ) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2019.07; 51回 2-P. ( 医中誌 )

  16. Tani M, Kamata Y, Deushi M, Osaka M, Yoshida M.. 7-Ketocholesterol enhances leukocyte adhesion to endothelial cells via p38MAPK pathway. PLoS One. 2018.06; 13 (7): e0200499. ( PubMed, DOI )

  17. Yoshida Masayuki, Osaka Mizuko. POTENTIAL ROLE OF NEUTROPHIL-MEDIATED VASCULAR INFLAMMATION AND NET FORMATION IN ATHEROSCLEROSIS ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS. 2018.06; 32 107.

  18. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食誘発性の血管の炎症における補体系D因子の潜在的役割(Potential Role of Complement Factor D in High-fat Diet-induced Vascular Inflammation) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2018.03; 82回 PJ035-2. ( 医中誌 )

  19. Yoshida Masayuki, Osaka Mizuko. 核内因子の放出によって誘導される血栓形成・炎症反応 好中球細胞外トラップ(NET)の形成は高脂肪食誘発性血管炎において重要な役割を果たす NETと粥状動脈硬化が関連する可能性(Formation of extracellular trap in neutrophil plays a pivotal role in high fat diet-induced vascular inflammation: a potential link between NET and atherosclerosis) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 129. ( 医中誌 )

  20. Miyachi Y, Tsuchiya K, Komiya C, Shiba K, Shimazu N, Yamaguchi S, Deushi M, Osaka M, Inoue K, Sato Y, Matsumoto S, Kikuta J, Wake K, Yoshida M, Ishii M, Ogawa Y.. Roles for Cell-Cell Adhesion and Contact in Obesity-Induced Hepatic Myeloid Cell Accumulation and Glucose Intolerance. Cell Reports. 2017.05; 18 (11): 2766-2779. ( PubMed, DOI )

  21. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 好中球の枯渇はLDLRヌルマウスにおけるアテローム性動脈硬化症発症を抑制する(Neutrophil-depletion Pevents Dvelopment of Aherosclerosis in LDLR Null Mice) 日本循環器学会学術集会抄録集. 2017.03; 81回 PJ-174. ( 医中誌 )

  22. Michiyo Deushi, Mizuko Osaka, Kaku Nakano, Kyoichi Osada, Kensuke Egashira, Masayuki Yoshida. Ezetimibe reduced hepatic steatosis induced by dietary oxysterols in nonhuman primates. FEBS Open Bio. 2016.10; 6 (10): 1008-1015. ( PubMed, DOI )

  23. Osaka Mizuko, Honda Masaki, Inomata Yukihiro, Egashira Kensuke, Yoshida Masayuki. C5a play an important role in high fat diet-induced neutrophil activation IMMUNOBIOLOGY. 2016.10; 221 (10): 1142. ( DOI )

  24. Ito Shunsuke, Osaka Mizuko, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Yoshida Masayuki. インドキシル硫酸誘発性血管炎におけるアリール炭化水素受容体(AhR)の重大な役割(Crucial Role of the Aryl Hydrocarbon Receptor(AhR) in Indoxyl Sulfate-Induced Vascular Inflammation) Journal of Atherosclerosis and Thrombosis. 2016.08; 23 (8): 960-975. ( 医中誌 )

  25. Osaka Mizuko, Ito Shunsuke, Yoshida Masayuki. 高脂肪食で誘発された好中球活性化はin vivoにおいてマウス大腿動脈への白血球接着を引き起こす(High-Fat Diet-triggered Neutrophil Activation Initiates Leukocyte Adhesion to Murine Femoral Artery in vivo) Circulation Journal. 2016.03; 80 (Suppl.I): 2380. ( 医中誌 )

  26. Ito S, Osaka M, Edamatsu T, Itoh Y, Yoshida M.. Crucial Role of the Aryl Hydrocarbon Receptor (AhR) in Indoxyl Sulfate-Induced Vascular Inflammation. Journal of Atherosclerosis Thrombosis. 2016.02; ( PubMed )

  27. Kataoka H, Ariyama Y, Deushi M, Osaka M, Nitta K, Yoshida M.. Inhibitory Effect of Serotonin Antagonist on Leukocyte-Endothelial Interactions In Vivo and In Vitro. PROS ONE. 2016.01; 11 (1): e0147929. ( PubMed, DOI )

  28. Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 高脂肪食に誘発される血管の炎症の初期段階における末梢好中球の重要な役割(Critical role of peripheral neutrophis in the initial phase of high fat diet-induced vascular inflammation) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2015.06; 47回 237. ( 医中誌 )

  29. Ito Shunsuke, Osaka Mizuko, Sawada Naoki, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Yoshida Masayuki. CRUCIAL ROLE OF ARYL HYDROCARBON RECEPTOR IN INDOXYL Sulfate-INDUCED VASCULAR INFLAMMATION NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION. 2015.05; 30 ( DOI )

  30. Ito Shunsuke, Osaka Mizuko, Hamada Katsuhiko, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Sawada Naoki, Yoshida Masayuki. 尿毒素誘発性血管炎症におけるアリール炭化水素受容体の極めて重要な役割(Crucial Role of Aryl Hydrocarbon Receptor in Uremic Toxin-Induced Vascular Inflammation) Circulation Journal. 2015.03; 79 (Suppl.I): 2765. ( 医中誌 )

  31. Kotaro Aihara, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Oral administration of the milk casein-derived tripeptide Val-Pro-Pro attenuates high-fat diet-induced adipose tissue inflammation in mice. Br. J. Nutr.. 2014.08; 112 (4): 513-519. ( PubMed, DOI )

  32. Toyozaki M., Osaka M., Kondo K., Yoshida M.. WESTERN DIET ENHANCES DPP-IV ACTIVITY IN RAT MESENTERIC LYMPH ATHEROSCLEROSIS. 2014.08; 235 (2): E185-E186.

  33. Osaka Mizuko, Ito Shunsuke, Yoshida Masayuki. マウス大腿動脈の高脂肪食誘発性血管炎の初期段階における好中球由来MCP-1の重要な役割(Critical Role of Neutrophil-Derived MCP-1 in the Initial Phase of High Fat Diet-Induced Vascular Inflammation in Mouse Femoral Artery) Circulation Journal. 2014.03; 78 (Suppl.I): 311-312. ( 医中誌 )

  34. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. 小腸は高脂肪食誘導性のDPP-4アップレギュレーションに関与しているが腸管リンパ球は関与していない(Small Intestine, but not Intestinal Lymphocyte, was Responsible for High Fat Diet-induced Upregulation of DPP-4) Circulation Journal. 2014.03; 78 (Suppl.I): 149. ( 医中誌 )

  35. Ito Shunsuke, Hamada Katsuhiko, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 培養内皮細胞におけるアリール炭化水素受容体を介した尿毒症毒素誘発E-selectin発現はCRE依存性ではなくAP-1依存性の遺伝子調節が関係する(Uremic Toxin-induced E-selectin Expression via Aryl Hydrocarbon Receptor Involves AP-1, but Not CRE, Dependent Gene Regulation in Cultured Endothelial Cells) Circulation Journal. 2014.03; 78 (Suppl.I): 341-342. ( 医中誌 )

  36. Hamada Katsuhiko, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 血管内皮における細胞密度はサイトカイン誘導E-selectin遺伝子発現のエピジェネティック制御に影響を与える(Cell Density Impacts Epigenetic Regulation of Cytokine-Induced E-selectin Gene Expression in Vascular Endothelium) Circulation Journal. 2014.03; 78 (Suppl.I): 339-340. ( 医中誌 )

  37. Katsuhiko Hamada, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Cell density impacts epigenetic regulation of cytokine-induced E-selectin gene expression in vascular endothelium. PLoS ONE. 2014; 9 (4): e90502. ( PubMed, DOI )

  38. Shunsuke Ito, Yusuke Higuchi, Yoko Yagi, Fuyuhiko Nishijima, Hideyuki Yamato, Hideto Ishii, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Reduction of indoxyl sulfate by AST-120 attenuates monocyte inflammation related to chronic kidney disease. J. Leukoc. Biol.. 2013.06; 93 (6): 837-845. ( PubMed, DOI )

  39. Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. Athero-prone大腿動脈への白血球接着の生体における画像化により明らかになったrosuvastatinの抗炎症作用(In vivo imaging of leukocyte adhesion to the athero-prone femoral artery reveals anti-inflammatory effects of rosuvastatin) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 253. ( 医中誌 )

  40. Yokomura Masaru, Deushi Michiyo, Toyozaki Miku, Ito Shunsuke, Hamada Katsuhiko, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. PPARα作動剤、fenofibrateは単球の血管内皮細胞への接着を抑制する(A PPAR α agonist, fenofibrate inhibits the adhesion of monocytes to vascular endothelial cells) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 252. ( 医中誌 )

  41. Ito Shunsuke, Hamada Katsuhiko, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 尿毒症毒素誘導性血管炎症におけるアリル炭化水素受容体の重要な役割(Crucial role of aryl hydrocarbon receptor in uremic toxin-induced vascular inflammation) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 288. ( 医中誌 )

  42. Aihara Kotaro, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 天然に存在するトリペプチドのVal-Pro-Pro(VPP)のマウスへの経口投与は高脂肪食誘導性脂肪組織の炎症を調節する(Oral administration of naturally occurring tripeptide, Val-Pro-Pro (VPP), moderate high fat diet-induced adipose inflammation in mice) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 277. ( 医中誌 )

  43. Teng Yun, Deushi Michiyo, Toyozaki Miku, Ito Shunsuke, Hamada Katsuhiko, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. プロスタサイクリンの活性型類似物質であるberaprostは流れの中での単球の転がりと血管内皮細胞への接着を減少させる(Beraprost, an active analog of prostacyclin, reduces rolling and adhesion of monocytes to vascular endothelial cells under flow) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 253. ( 医中誌 )

  44. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. 高脂肪および高コレステロール食は腸リンパにおけるDPP-IV活性を増強する(High fat and high cholesterol diet enhances DPP-IV activity in intestinal lymph) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2013.06; 45回 277. ( 医中誌 )

  45. Ito Shunsuke, Aoki Rieko, Hamada Katsuhiko, Edamatsu Takeo, Itoh Yoshiharu, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. UREMIC TOXIN TRANSCRIPTIONALLY UP-REGULATES ENDOTHELIAL E-SELECTIN VIA ARYL HYDROCARBON RECEPTOR NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION. 2013.05; 28 409.

  46. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. High Fat and High Cholesterol Diet Induces DPP-IV Activity in Intestinal Lymph JOURNAL OF OLEO SCIENCE. 2013.04; 62 (4): 201-205. ( DOI )

  47. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. 高脂肪および高コレステロール食は小腸リンパにおいてジペプチジルペプチダーゼ-IV(DPP-IV)の活性を誘導する(High Fat and High Cholesterol Diet Induces DPP-IV Activity In Intestinal Lymph) Journal of Oleo Science. 2013.04; 62 (4): 201-205. ( 医中誌 )

  48. Hamada Katsuhiko, Osaka Mizuko, Ishii Hideto, Yoshida Masayuki. 非静止状態下でのE-selectin介在性の白血球-内皮相互作用におけるYY1の重要な役割(Crucial Role of YY1 in E-selectin-Mediated Leukocyte-Endothelial Interaction under Non-Static Condition) Circulation Journal. 2013.03; 77 (Suppl.I): 189-190. ( 医中誌 )

  49. Mizuko Osaka, Sumihiko Hagita, Masayuki Yoshida. In vivo imaging of leukocyte recruitment to the atheroprone femoral artery reveals anti-inflammatory effects of rosuvastatin. Biomed Res Int. 2013; 2013 962369. ( PubMed, DOI )

  50. Miku Toyozaki, Mizuko Osaka, Kazuo Kondo, Masayuki Yoshida. High fat and high cholesterol diet induces DPP-IV activity in intestinal lymph. J Oleo Sci. 2013; 62 (4): 201-205. ( PubMed )

  51. Ito Shunsuke, Yagi Yoko, Goto Sumie, Yamato Hideyuki, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. Indoxyl Sulfate Increases Ly6Chigh Inflammatory Monocytes and Enhanced Neointima Formation in Response to Vessel Injury CIRCULATION. 2012.11; 126 (21):

  52. Kataoka Hiroshi, Osaka Mizuko, Deushi Michiyo, Nitta Kosaku, Yoshida Masayuki. Serotonin Antagonist Inhibits Leukocyte-Endothelial Interactions in Vivo and in vitro: Potential Contribution of Pkc-Dependent Pathway CIRCULATION. 2012.11; 126 (21):

  53. Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. アテローム性動脈硬化症における最先端の分子イメージング 診断学と治療学 in vivoでの初期血管炎における高脂肪食誘発性白血球動員の描出(State-of-the-art Molecular Imaging in Atherosclerosis: Diagnosis and Therapeutics Visualization of high-fat diet-induced leukocyte recruitment in the early phase of vascular inflammation in vivo) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2012.07; 44回 124. ( 医中誌 )

  54. Ito Shunsuke, Yagi Yoko, Goto Sumie, Edamatsu Takeo, Uchida Motoyuki, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. インドキシル硫酸はLy6Chigh炎症性単球の誘導を介して新生内膜形成を促進する(Indoxyl Sulfate Enhances Neointimal formation via induction of Ly6Chigh Inflammatory Monocytes) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2012.07; 44回 210. ( 医中誌 )

  55. Hamada Katsuhiko, Osaka Mizuko, Ishii Hideto, Yoshida Masayuki. 転写調節因子YY1の阻害は、TNF-α活性化ヒト臍帯静脈内皮細胞における白血球接着を、E-セレクチンのダウンレギュレーションを介して減弱させる(Inhibition of transcription regulator YY1 attenuates leukocyte adhesion in TNF-α-activated HUVEC via down regulation of E-selectin) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2012.07; 44回 253. ( 医中誌 )

  56. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. 高脂肪食はラットの腸間膜リンパの免疫炎症状態に有意な影響を及ぼす(High fat diet significantly affects immuno-inflammatory status of rat mesenteric lymph) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2012.07; 44回 248. ( 医中誌 )

  57. Kataoka Hiroshi, Osaka Mizuko, Nitta Kosaku, Yoshida Masayuki. 選択的5-HT2A受容体アンタゴニストのサルポグレラートは、in vivoでのマウス大腿動脈への高脂肪高フルクトース誘発性白血球動員を阻害する(Sarpogrelate, a selective 5-HT2A receptor antagonist inhibits high-fat high-fructose-induced leukocyte recruitment to mouse femoral artery in vivo) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2012.07; 44回 214. ( 医中誌 )

  58. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 百聞は一見にしかず 基礎・臨床領域におけるイメージングの最前線 動脈硬化症における白血球接着の可視化 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2012.06; 12回 139. ( 医中誌 )

  59. Yagi Yoko, Ito Shunsuke, Goto Sumie, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. INDOXYL SULFATE ENHACES NEOINTIMA FORMATION VIA INDUCTION OF LY6CHIGH INFLAMMATORY MONOCYTE NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION. 2012.05; 27 16-17.

  60. 伊藤 俊輔, 八木 洋子, 後藤 寿美恵, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. インドキシル硫酸はLy6Chigh炎症性単球を増加させ内膜肥厚を促進する 日本腎臓学会誌. 2012.04; 54 (3): 260. ( 医中誌 )

  61. Osaka Mizuko, Egashira Kensuke, Yoshida Masayuki. CCR2欠損により、高脂肪食が誘発するマウス大腿動脈への白血球動員が消滅する(CCR2 Deficiency Abolished High Fat Diet-Induced Leukocyte Recruitment to Mouse Femoral Artery) Circulation Journal. 2012.03; 76 (Suppl.I): 2150. ( 医中誌 )

  62. Ito Shunsuke, Yoko Yagi, Goto Sumie, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. Indoxyl sulfateはLy6C high炎症性単球の誘導を介して新生内膜の形成を促進する(Indoxyl Sulfate Enhances Neointimal Formation via Induction of Ly6Chigh Inflammatory Monocytes) Circulation Journal. 2012.03; 76 (Suppl.I): 2151. ( 医中誌 )

  63. Toyozaki Miku, Osaka Mizuko, Kondo Kazuo, Yoshida Masayuki. 高脂肪食はin vivoにおける脂肪吸収性免疫炎症反応を変化させる(High Fat Diet Alters Lipid Absorption Induced Immuno-inflammatory Reaction in Vivo) Circulation Journal. 2012.03; 76 (Suppl.I): 2084. ( 医中誌 )

  64. Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Yoshida Masayuki. A Brief High-Fat Diet Induces Leukocyte Recruitment to Femoral Artery in Mice with Normal Arterial Shear Flow CIRCULATION. 2011.11; 124 (21):

  65. Aoyama Jiro, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. High Fat Diet-Induced Leukocyte Recruitment to Femoral Artery was Compromised in E-Selectin Knockout Mice CIRCULATION. 2011.11; 124 (21):

  66. Aoyama Jiro, Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Yoshida Masayuki. 機械的損傷誘発性の血管炎症における組換えアネキシンIIの抗炎症能の生体顕微鏡による解明(Intravital microscopy reveals anti-inflamatory potential of recombinant annexin II in mechanical injury-induced vascular inflammation) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2011.07; 43回 231. ( 医中誌 )

  67. Mitsui Jun-ichiro, Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Egashira Kensuke, Yoshida Masayuki. 間葉系幹細胞からの脂肪細胞分化時におけるCCR2受容体欠損によるPPARγ発現の減少(Absence of CCR2 receptor reduces PPARγ expression during adipocyte differentiation from mesenchymal stem cells) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2011.07; 43回 169. ( 医中誌 )

  68. Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Yoshida Masayuki. 野生型マウスにおいて高脂肪食は非損傷大腿動脈に白血球を動員する(High-fat diet induces leukocyte recruitment to non-injured femoral artery in wild type mice) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2011.07; 43回 172. ( 医中誌 )

  69. Ariyama Yuno, Deushi Michiyo, Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 生理学的血流条件下において血小板はセロトニン受容体依存性機序を介して血管内皮への白血球接着を増強する(Platelets significantly enhances leukocyte adhesion to vascular endothelium via serotonin receptor-dependent mechanism under physiological flow condition) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2011.07; 43回 231. ( 医中誌 )

  70. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentaro, Yoshida Masayuki. アムロジピンとアトルバスタチンの併用はマウス機械的損傷大腿動脈への白血球動員を相乗的に減少させる(Combination of amloclipine and atorvastatin synergistically reduces leukocyte recruitment to mechanically injured mouse femoral artery) Hypertension Research. 2011.04; 34 (4): 450-455. ( 医中誌 )

  71. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentaro, Yoshida Masayuki. 内臓脂肪組織はMCP-1およびMIP-1βのアップレギュレーションを介してマウス大腿動脈への白血球動員を誘導する(Visceral Adipose Tissue Triggers Leukocyte Recruitment to Mouse Femoral Artery via Upregulation of MCP-1 and MIP-1β) Circulation Journal. 2011.03; 75 (Suppl.I): 85. ( 医中誌 )

  72. Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Yoshida Masayuki. 新規のintravital imagingにより野生型マウスにおける高脂肪食による非損傷大腿動脈への白血球の急速な動員が明らかになった(Novel Intravital Imaging Discovered Acute Recruitment of Leukocytes to Non-injured Femoral Artery by High Fat Diet in Wild Type Mice) Circulation Journal. 2011.03; 75 (Suppl.I): 44. ( 医中誌 )

  73. Abe Keiko, Osaka Mizuko, Ishii Hideto, Yoshida Masayuki. 脈管内皮における転写調節因子YY1の抑制はICAM-1とVCAM-1のダウンレギュレーションを通して単球癒着を低下させた(Inhibition of Transcription Regulator YY1 in Vascular Endothelium Reduced Monocyte Adhesion via Down Regulation of ICAM-1 and VCAM-1) Circulation Journal. 2011.03; 75 (Suppl.I): 171-172. ( 医中誌 )

  74. Hagita S, Osaka M, Shimokado K, Yoshida M. Combination of amlodipine and atorvastatin synergistically reduces leukocyte recruitment to mechanically injured mouse femoral artery. Hypertens Res. 2011.01; ( PubMed, DOI )

  75. Sumihiko Hagita, Mizuko Osaka, Kentaro Shimokado, Masayuki Yoshida. Adipose inflammation initiates recruitment of leukocytes to mouse femoral artery: role of adipo-vascular axis in chronic inflammation. PLoS ONE. 2011; 6 (5): e19871. ( PubMed, DOI )

  76. Ito S, Osaka M, Higuchi Y, Nishijima F, Ishii H, Yoshida M. Indoxyl sulfate induces leukocyte-endothelial interactions through up-regulation of E-selectin. J Biol Chem. 2010.12; 285 (50): 38869-38875. ( PubMed, DOI )

  77. Hagita S., Osaka M., Shimokado K., Yoshida M.. Direct observation of adipose tissue-induced leukocyte recruitment to the artery wall via chemokine signal A potential link between obesity and atherosclerosis EUROPEAN HEART JOURNAL. 2010.09; 31 175.

  78. Osaka M., Hagita S., Yoshida M.. Real-time observation of leukocyte recruitment to mouse femoral artery after wire injury EUROPEAN HEART JOURNAL. 2010.09; 31 251.

  79. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentaro, Yoshida Masayuki. 動脈壁への脂肪組織誘発性のケモカイン介在性白血球動員の直接的観察 肥満とアテローム性硬化症との関連(Direct observation of adipose tissue-induced leukocyte recruitment to the artery wall via chemokine A potential link between obesity and atherosclerosis) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2010.07; 42回 224. ( 医中誌 )

  80. Ito Shunsuke, Osaka Mizuko, Higuchi Yusuke, Nishijima Fuyuhiko, Ishii Hideto, Yoshida Masayuki. 腎臓亜全摘後のマウスにおけるE-セレクチン介在性のインドキシル硫酸誘発性白血球動員の生体内顕微鏡観察による解明(Intravital microscopic analysis revealed indoxyl sulfate-induced leukocyte recruitment via E-selectin in mice after subtotal renal ablation) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2010.07; 42回 239. ( 医中誌 )

  81. Ino J, Kojima C, Osaka M, Nitta K, Yoshida M. Dynamic observation of mechanically-injured mouse femoral artery reveals an antiinflammatory effect of renin inhibitor. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2009.11; 29 (11): 1858-1863. ( PubMed, DOI )

  82. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentaro, Yoshida Masayuki. Direct Observation of Adipose Tissue-induced Leukocyte Recruitment to the Artery Wall: A Direct Link Between Obesity and Atherosclerosis CIRCULATION. 2009.11; 120 (18): S1050.

  83. Ito Shunsuke, Osaka Mizuko, Higuchi Yusuke, Nishijima Fuyuhiko, Ishii Hideto, Yoshida Masayuki. Intravital Microscopic Analysis Revealed Indoxyl Sulfate-induced Leukocyte Recruitment via E-selectin in Mice After Subtotal Renal Ablation CIRCULATION. 2009.11; 120 (18): S1030.

  84. Ino Jun, Kojima Chiari, Osaka Mizuko, Nitta Kosaku, Yoshida Masayuki. マウス血管損傷モデルにおいてレニン阻害は白血球動員を抑制する(Renin Inhibition Blocked Leukocyte Recruitment in Mouse Model of Vascular Injury) 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2009.07; 41回 263. ( 医中誌 )

  85. Hagita S., Osaka M., Shimokado K., Yoshida M.. OXIDATIVE STRESS IN CIRCULATING LEUKOCYTES, BUT NOT IN THE VASCULATURES, PLAYS A DOMINANT ROLE IN THEIR ADHESION DURING ACUTE PHASE VASCULAR INJURY ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS. 2009.06; 10 (2):

  86. Yoshida M., Osaka M., Hagiata S.. REAL-TIME OBSERVATION OF LEUKOCYTE RECRUITMENT TO MOUSE FEMORAL ARTERY AFTER INJURY ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS. 2009.06; 10 (2):

  87. 井野 純, 小島 智亜理, 大坂 瑞子, 新田 孝作, 吉田 雅幸. マウスにおけるレニン抑制によるカフ損傷大腿動脈部位への白血球動員の遮断(Renin Inhibition Blocked Leukocyte Recruitment to Cuff-Injured Femoral Artery in Mouse) 日本腎臓学会誌. 2009.04; 51 (3): 308. ( 医中誌 )

  88. Osaka Mizuko, Hagita Sumihiko, Yoshida Masayuki. アテローム好発大腿動脈への白血球動員のin vivo画像によるロスバスタチンの抗炎症作用の解明(In Vivo Imaging of Leukocyte Recruitment to the Athero-Prone Femoral Artery reveals anti Inflammatory Effects of Rosuvastatin) Circulation Journal. 2009.03; 73 (Suppl.I): 576. ( 医中誌 )

  89. Ino Jun, Kojima Chiari, Osaka Mizuko, Ishii Hideto, Nitta Kosaku, Yoshida Masayuki. 急性血管炎症においてアリスキレンは酸化ストレス依存性かつ血圧非依存性に白血球動員を低減させる(Aliskiren Reduces Leukocyte Recruitment in Acute Vascular Inflammation via Oxidative Stress-dependent, but Blood Pressure Independent Mechanisms) Circulation Journal. 2009.03; 73 (Suppl.I): 736. ( 医中誌 )

  90. Kawakami A, Osaka M, Aikawa M, Uematsu S, Akira S, Libby P, Shimokado K, Sacks FM, Yoshida M. Toll-like receptor 2 mediates apolipoprotein CIII-induced monocyte activation. Circ Res. 2008.12; 103 (12): 1402-1409. ( PubMed, DOI )

  91. Ino Jun, Kojima Chiari, Ishli Hideto, Osaka Mizuko, Nitta Kosaku, Yoshida Masayuki. Aliskiren, a Direct Renin Inhibitor, Prevents Leukocyte Recruitment to Mouse Femoral Artery via Blood Pressure-independent Modulation of Adhesion Molecules and Oxidative Stress CIRCULATION. 2008.10; 118 (18): S565.

  92. Kawakami A, Osaka M, Tani M, Azuma H, Sacks FM, Shimokado K, Yoshida M. Apolipoprotein CIII links hyperlipidemia with vascular endothelial cell dysfunction. Circulation. 2008.08; 118 (7): 731-742. ( PubMed, DOI )

  93. 萩田 澄彦, 大坂 瑞子, 下門 顕太郎, 吉田 雅幸. 機械的傷害血管への急性期白血球接着におけるアトルバスタチンとアムロジピンの抗接着作用の生体内顕微鏡解析 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2008.06; 40回 205. ( 医中誌 )

  94. Hagita S, Osaka M, Shimokado K, Yoshida M. Oxidative stress in mononuclear cells plays a dominant role in their adhesion to mouse femoral artery after injury. Hypertension. 2008.03; 51 (3): 797-802. ( PubMed, DOI )

  95. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentaro, Yoshida Masayuki. in vivoでの血管損傷への急性期白血球動員の安定化におけるアトルバスタチンとアムロジピンの相乗効果(Synergistic Effect of Atorvastaitn and Amlodipine in Stabilization of Acute Phase Leukocyte Recruitment to the Vascular Injury in Vivo) Circulation Journal. 2008.03; 72 (Suppl.I): 645. ( 医中誌 )

  96. Osaka M, Hagita S, Haraguchi M, Kajimura M, Suematsu M, Yoshida M. Real-time imaging of mechanically injured femoral artery in mice reveals a biphasic pattern of leukocyte accumulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2007.04; 292 (4): H1876-82. ( PubMed, DOI )

  97. Hagita Sumihiko, Osaka Mizuko, Shimokado Kentarou, Yoshida Masayuki. オルメサルタンが酸化ストレスを低下させることにより機械的損傷動脈への白血球リクルートに対する抑制効果を示すことが、リアルタイム顕微鏡的血管イメージングにより判明した(Real-time Microscopic Vascular Imaging Demonstrates Inhibitory Effects of Olmesartan in Leukocyte Recruitment to Mechanically Injured Artery via Reducing Oxidative Stress) Circulation Journal. 2007.03; 71 (Suppl.I): 676. ( 医中誌 )

  98. 萩田 澄彦, 大坂 瑞子, 梶村 真弓, 下門 顕太郎, 末松 誠, 吉田 雅幸. 動脈硬化モデルマウス大腿動脈への白血球接着のリアルタイム解析 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2006.07; 38回 234. ( 医中誌 )

  99. 大坂 瑞子. 【NETs関連総説】NETsと癌 日本血栓止血学会誌. 2021.12; 32 (6): 665-671. ( 医中誌 )

  100. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 補体D因子は非アルコール性脂肪性肝疾患の病態を進展させる 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2020.09; 20回 177. ( 医中誌 )

  101. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食負荷による肝臓NAFLD炎症反応における補体D因子の役割 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2020.07; 52回 281. ( 医中誌 )

  102. 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 選択的PPARαアゴニスト、ペマフィブラートはLDL受容体欠損マウス大腿動脈における高中性脂肪血症を改善し、白血球接着を抑制する 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2020.07; 52回 241. ( 医中誌 )

  103. 青山 二郎, 大坂 瑞子, 細谷 祥一, 吉田 雅幸. シトルリン化蛋白質は好中球の血管内皮細胞接着現象を亢進する 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2020.07; 52回 241. ( 医中誌 )

  104. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症発症前血管炎症におけるヒストンシトルリン化好中球の重要性 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2020.07; 52回 159. ( 医中誌 )

  105. 井上 玲子, 西 裕志, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 南学 正臣. 好中球EIF2AK2阻害は血管内皮接着・血管外遊走を抑制し炎症性腎疾患急性期を制御する 日本腎臓学会誌. 2020.07; 62 (4): 255. ( 医中誌 )

  106. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食誘導性脂肪肝には肝臓由来補体D因子が関与する 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2020.04; 57回 74. ( 医中誌 )

  107. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 【NETsにまつわる様々な病態】総論 Thrombosis Medicine. 2019.12; 9 (4): 285-290. ( 医中誌 )

  108. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食負荷肝臓内脂肪蓄積における補体D因子の影響 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2019.07; 51回 1-P. ( 医中誌 )

  109. 谷 真理子, 大坂 瑞子, 青山 二郎, 吉田 雅幸. 食後の血清脂質の増加が補体因子C5aと好中球に及ぼす影響 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2019.07; 51回 1-P. ( 医中誌 )

  110. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 臓器障害としての動脈硬化症と血管炎症 PAD4誘導性ヒストンシトルリン化によるLDL受容体欠損マウスにおける血管炎症のメカニズム 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2019.07; 51回 GS4-2. ( 医中誌 )

  111. 青山 二郎, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. シアストレス存在下の好中球 血管内皮細胞接着現象におけるケモカインCXCL1の役割 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2019.07; 51回 1-P. ( 医中誌 )

  112. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. PEMAFIBRATEは生理的血流存在下の白血球接着を抑制する 日本バイオレオロジー学会誌(B&R). 2019.06; 33 (2): 104. ( 医中誌 )

  113. 吉田 雅幸, 大坂 瑞子, 出牛 三千代. うるおいのある血管を求めて〜ゴースト血管をやっつけろ!〜 脂質異常症が誘発する血管炎症反応と好中球シトルリン化の分子機序 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2019.06; 19回 123. ( 医中誌 )

  114. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 動脈硬化巣形成における好中球細胞外トラップ(NET)の関与 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2018.06; 50回 266. ( 医中誌 )

  115. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食摂取は肝細胞特異的に補体活性化酵素の発現を増強する 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2018.06; 50回 319. ( 医中誌 )

  116. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 過剰な高脂肪食摂取が血管炎症反応を誘導する機序の解明 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2018.04; 55回 70. ( 医中誌 )

  117. 谷 真理子, 大坂 瑞子, 神田 英一郎, 才田 恵美, 樅山 幸彦, 吉田 雅幸. 高齢の冠動脈疾患例における血中C5a濃度測定の有用性 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 209. ( 医中誌 )

  118. 鶴 裕美, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 高脂肪食摂取が誘発する血中C5a濃度上昇の機序解析 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 207. ( 医中誌 )

  119. 白石 織栄, 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 補体成分C5aによる好中球接着現象の機序の解明 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 206. ( 医中誌 )

  120. 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 鶴 裕美, 吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症の進展における好中球の重要性 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2017.06; 49回 201. ( 医中誌 )

  121. 谷 真理子, 大坂 瑞子, 鶴 裕美, 鎌田 悠子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolはp38MAPK経路を介して白血球の血管内皮への接着を亢進する 日本バイオレオロジー学会誌(B&R). 2017.05; 31 (2): 157. ( 医中誌 )

  122. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 柴 久美子, 森 健太郎, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 菊田 順一, 石井 優, 小川 佳宏. 細胞接着・接触を介した肝臓における糖代謝制御機構の解明 日本内分泌学会雑誌. 2017.04; 93 (1): 380. ( 医中誌 )

  123. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 山口 忍, 柴 久美子, 森 健太郎, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 菊田 順一, 石井 優, 小川 佳宏. 細胞間物理的相互作用に注目した肥満に伴う肝臓の糖代謝異常の分子機構 糖尿病. 2017.04; 60 (Suppl.1): S-491. ( 医中誌 )

  124. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 柴 久美子, 森 健太郎, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 菊田 順一, 石井 優, 小川 佳宏. 細胞接着と接触を介した肥満に伴う糖代謝異常の惹起機構 日本内分泌学会雑誌. 2017.01; 92 (3): 889. ( 医中誌 )

  125. 谷 真理子, 鶴 裕美, 鎌田 悠子, 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolが白血球遊走作用に及ぼす影響 Anti-aging Science. 2016.12; 8 (1): 68. ( 医中誌 )

  126. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 過剰な高脂肪食摂取は補体成分C5aを増加させることによって血管炎症反応を誘導する Anti-aging Science. 2016.12; 8 (1): 62. ( 医中誌 )

  127. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 柴 久美子, 森 健太郎, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 菊田 順一, 石井 優, 小川 佳宏. 肝臓における細胞接触・接着を介した新たな糖代謝制御機構の解明 肥満研究. 2016.09; 22 (Suppl.): 193. ( 医中誌 )

  128. 谷 真理子, 鎌田 悠子, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolの白血球-血管内皮相互作用機序に関する検討 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2016.06; 48回 184. ( 医中誌 )

  129. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症の進展における補体成分C5aの役割 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2016.06; 48回 229. ( 医中誌 )

  130. 大坂 瑞子. 乱流が活性化するp90RSK kinaseはSENP2の機能を抑制することによって動脈硬化を亢進する Total Vascular Management. 2016.04; (1): 64-66.

  131. 谷 真理子, 鎌田 悠子, 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolが白血球の血管内皮細胞に及ぼす影響 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2016.04; 70回 295. ( 医中誌 )

  132. 谷 真理子, 鎌田 悠子, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolが白血球の血管内皮細胞接着に及ぼす影響 機能性食品と薬理栄養. 2015.12; 9 (4): 248. ( 医中誌 )

  133. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 山口 忍, 柴 久美子, 小宮 力, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 小川 佳宏. 細胞接着・接触を介した肝臓における糖代謝制御機構の解明 肥満研究. 2015.09; 21 (Suppl.): 161. ( 医中誌 )

  134. 谷 真理子, 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 酸化コレステロールが血管炎症に及ぼす影響 New Diet Therapy. 2015.09; 31 (2): 169. ( 医中誌 )

  135. 谷 真理子, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 7-ketocholesterolの血管炎症惹起作用に関する検討 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2015.06; 47回 213. ( 医中誌 )

  136. 細渕 彩, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. アンジオテンシンII受容体拮抗薬オルメサルタンによるインスリン抵抗性改善の機序の解明 日本バイオレオロジー学会誌(B&R). 2015.06; 29 (2): 86. ( 医中誌 )

  137. 宮地 康高, 土屋 恭一郎, 柴 久美子, 小宮 力, 菅波 孝祥, 出牛 三千代, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 小川 佳宏. 肥満における肝類洞内皮細胞に対する炎症性細胞接着機構の解明 日本内分泌学会雑誌. 2015.04; 91 (1): 335. ( 医中誌 )

  138. 大坂 瑞子, 江頭 健輔, 吉田 雅幸. 高脂肪食が引き起こす好中球活性化におけるMCP-1/CCR2シグナルの意義 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2014.06; 46回 321. ( 医中誌 )

  139. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 【プラークバイオロジーの解明から新しい冠動脈イメージングまで】 脂肪酸とプラークの炎症 The Lipid. 2014.04; 25 (2): 115-121. ( 医中誌 )

  140. 伊藤 俊輔, 濱田 勝彦, 枝松 剛生, 伊藤 義治, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. インドキシル硫酸はarylhydrocarbon receptorを介して血管炎症を増強する 日本腎臓学会誌. 2013.04; 55 (3): 340. ( 医中誌 )

  141. 豊崎 美紅, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 近藤 和雄. 高脂肪・高コレステロール食による腸管リンパ液でのDPP-IV発現の検討 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2013.04; 67回 121. ( 医中誌 )

  142. 豊崎 美紅, 大坂 瑞子, 吉田 雅幸, 近藤 和雄. 高脂質食持続負荷が脂質吸収時免疫応答に与える影響 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2012.04; 66回 233. ( 医中誌 )

  143. 藍 真澄, 神田 英一郎, 小笹 由香, 二井 奈保子, 大坂 瑞子, 稲澤 譲治, 吉田 雅幸. バイオリソースバンクのあり方に関する臨床医の意識調査 日本内科学会雑誌. 2012.02; 101 (Suppl.): 321. ( 医中誌 )

  144. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 【スタチンと血管】 血管内皮細胞による血管新生とスタチン Angiology Frontier. 2011.09; 10 (3): 186-190. ( 医中誌 )

  145. 大坂 瑞子. 【慢性炎症と循環器疾患】 動脈硬化の慢性炎症とイメージング 呼吸と循環. 2011.09; 59 (9): 857-863. ( 医中誌 )

  146. 大坂 瑞子, 萩田 澄彦, 吉田 雅幸. 動脈硬化症モデルマウス大腿動脈における白血球接着現象の可視化 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2010.12; 83回・33回 3T7-5. ( 医中誌 )

  147. 伊藤 俊輔, 大坂 瑞子, 樋口 祐介, 西島 冬彦, 石井 秀人, 吉田 雅幸. 尿毒症毒素インドキシル硫酸は白血球内皮相互作用を増強する 日本腎臓学会誌. 2010.05; 52 (3): 281. ( 医中誌 )

  148. 萩田 澄彦, 大坂 瑞子, 下門 顕太郎, 吉田 雅幸. マウス血管障害モデルにおける白血球接着のリアルタイム解析とアンジオテンシンII受容体抑制による制御 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2010.04; 47回 70. ( 医中誌 )

  149. 伊藤 俊輔, 大坂 瑞子, 樋口 祐介, 西島 冬彦, 石井 秀人, 吉田 雅幸. 尿毒症毒素インドキシル硫酸は白血球内皮相互作用を増強する 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2010.04; 47回 53. ( 医中誌 )

  150. 大坂 瑞子, 萩田 澄彦, 下門 顕太郎, 吉田 雅幸. 血管内皮傷害モデルのマウス大腿動脈における白血球接着現象のリアルタイムイメージングに関する研究 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2010.04; 47回 70. ( 医中誌 )

  151. 萩田 澄彦, 大坂 瑞子, 下門 顕太郎, 吉田 雅幸. 機械的傷害後の単核球接着現象における単核球の酸化ストレスの重要性 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2007.10; 30回 226. ( 医中誌 )

  152. 根城 尭英, 大坂 瑞子, 萩田 澄彦, 吉田 雅幸. PPAR-gamma agonistはマウス傷害血管へのCD34陽性細胞の遊走を誘導する 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2007.06; 39回 219. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 青山 二郎,大坂 瑞子,吉田 雅幸. CXCL1 誘導性好中球接着亢進に好中球 Peptidylarginine deiminase 4 による細胞 質シトルリン化を介する integrin 活性化が 関与する. 第29回日本血管生物医学会学術集会(心血管代謝週間2021) 2021.12.10 web

  2. Tsuru Hiromi, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 補体D因子は長期高脂肪食条件下で脂肪肝の発生を促進する(Complement Factor D Facilitates the Development of Fatty Liver under Long-term but not Short-term High-fat Diet-feeding Conditions). 日本循環器学会学術集会抄録集 2021.03.01

  3. 大坂瑞子. 動脈硬化症関連血管炎症反応における好中球でのヒストンシトルリン化の重要性. 第43回日本分子生物学会年会 2020.12.02

  4. Syed Masudur Rahman Dewan, Michiyo Deushi, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. C5a elevates MCP-1 expression in neutrophil-like differentiated HL60 via NF-κB signaling pathway. 第84回日本循環器学会学術集会 2020.07.27 京都

  5. Hiromi Tsuru, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Critical Role of Complement Factor D in the Development of High-fat Diet-induced Fatty Liver . 第84回日本循環器学会学術集会 2020.07.27 Kyoto

  6. 大坂 瑞子、出牛 三千代、吉田 雅幸. 選択的PPARaアゴニスト、ペマフィブラートはLDL受容体欠損マウス大腿動脈における高中性脂肪血症を改善し、白血球接着を抑制する. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2020.07.17 名古屋

  7. Dewan Syed Masudur Rahman, Deushi Michiyo, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 分化したHL60のC5aによる刺激はMCP-1依存的経路を介してTHP-1走化性を誘導する(C5a stimulation of differentiated HL60 induces THP-1 chemotaxis via MCP-1 dependent pathway). 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2020.07.01

  8. Tsuru Hiromi, Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. 高脂肪食誘発性脂肪肝の発症において補体D因子が果たす重要な役割(Critical Role of Complement Factor D in the Development of High-fat Diet-induced Fatty Liver). 日本循環器学会学術集会抄録集 2020.07.01

  9. Shwd Masudur Rahman Dewan, Michiyo Deushi, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. C5a induces NFkB dependent MCP-1 expression in neutrophil-like differentiated HL60. 2019.12.14 神戸

  10. Syed Masudur Rahman Dewan, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. C5a induces PKC dependent β2 integrin activation in neutrophil-like differentiated HL-60.. 第四回J-ISCP年次学術集会 国際心血管薬物療法学会日本部会 2019.06.08

  11. Syed Masudur Rahman Dewan, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Complement component C5a induces qualitative change on neutrophil-endothelial interaction under physiological flow condition. 第16回日韓血管生物合同シンポジウム 2018.09.14

  12. Osaka M, Deushi M, Yoshida M. Neutrophil extracellular traps (NETs) triggers atherosclerotic lesion development in high fat diet fed mice. . The 20th International Vascular Biology Meeting 2018 2018.06.03 Helsinki, Finland

  13. Osaka M, Yoshida M. High fat diet-triggered neutrophil activation initiates leukocyte adhesion to murine artery in vivo.. 23rd Annual Scientific meeting of ISCP 2018 2018.05.26 Kyoto, Japan

  14. Osaka M, Deushi M, Yoshida M. Citrullinated neutrophil plays a key role in high fat diet-induced atherosclerotic plaque formation in LDL receptor null mice. 1st JCS Council Forum on Basic CardioVascular Research 2018.01.06 Shinagwa, Japan

  15. Yoshida Masayuki, Osaka Mizuko. 核内因子の放出によって誘導される血栓形成・炎症反応 好中球細胞外トラップ(NET)の形成は高脂肪食誘発性血管炎において重要な役割を果たす NETと粥状動脈硬化が関連する可能性(Formation of extracellular trap in neutrophil plays a pivotal role in high fat diet-induced vascular inflammation: a potential link between NET and atherosclerosis). 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2017.06.01

  16. Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida.. Neutrophil-depletion prevents development of atherosclerosis in LDLR null mice. The 81st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2017.03.17 Kanazawa, Japan

  17. Mizuko Osaka, Masaki Honda, Yukihiro Inomata, Masayuki Yoshida. Critical role of complement C5a and neutrophils during high-fat diet-induced vascular inflammation.. 19th International vascular biology meeting 2016.10.30 Boston

  18. Mizuko Osaka, Masaki Honda, Yukihiro Inomata, Kensuke Egashira, Masayuki Yoshida. C5a play an important role in high fat diet-induced neutrophil activation. XXVIth INTERNATIONAL COMPLEMENT WORKSHOP 2016.09.04

  19. Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Neutrophil-depletion prevents development of atherosclerosis in LDLR null mice.. 第81回日本循環器学会学術集会 2016.03.17 金沢

  20. Shunsuke Ito, Mizuko Osaka, Katsuhiko Hamada, Yoshiharu Ito, Masayuki Yoshida. Activation of Aryl Hydrocarbon Receptor by Indoxyl Sulfate, a Uremic Toxin, is Critically Involved in Vascular Inflammation. ASN kidney week 2014 2014.11.13 Philadelphia

  21. Shunsuke Ito, Mizuko Osaka, Katsuhiko Hamada, Yoshiharu Ito, Masayuki Yoshida. Indoxyl Sulfate-induced E-selectin Expression via Aryl Hydrocarbon Receptor Involves AP-1, but Not CRE, Dependent Gene Regulation in Vascular Endothelial Cells. 8th International Congress on Uremia Research and Toxicity 2014.05.13 Okinawa

  22. Osaka Mizuko, Yoshida Masayuki. アテローム性動脈硬化症における最先端の分子イメージング 診断学と治療学 in vivoでの初期血管炎における高脂肪食誘発性白血球動員の描出(State-of-the-art Molecular Imaging in Atherosclerosis: Diagnosis and Therapeutics Visualization of high-fat diet-induced leukocyte recruitment in the early phase of vascular inflammation in vivo). 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2012.07.01

  23. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 百聞は一見にしかず 基礎・臨床領域におけるイメージングの最前線 動脈硬化症における白血球接着の可視化. 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 2012.06.01

  24. Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Pemafibrate attenuates high-fat diet-induced neutrophil adhesion via inhibition of histoneH3 citrullination in LDLR-/- mice.. 第86回日本循環器学会学術集会 2022.03.11 web

  25. Jiro Aoyama, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. CXCL1-induced neutrophil adhesion enhancement involves Β2 integrin activation via cytosolic citrullination by PAD4. 第 2022.03.11 web

  26. 大坂 瑞子. 高脂肪食によるマウス白血球接着亢進現象にはケモカイン CXCL1 を介する好中 球のヒストン H3 シトルリン化が関与する. 第29回日本血管生物医学会学術集会(心血管代謝週間2021) 2021.12.10 web

  27. 大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 生化学で切り込む循環器研究の最前線 動脈硬化症関連血管炎症における好中球ヒストンのシトルリン化の重要性. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2021.11.01

  28. 青山 二郎, 大坂 瑞子, 細谷 祥一, 吉田 雅幸. 蛋白シトルリン化はβ2インテグリンの活性化を介して好中球の血管内皮細胞接着現象を亢進する. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2021.10.01

  29. 大坂 瑞子, 出牛 三千代, 吉田 雅幸. 好中球のヒストンシトルリン化はLDL受容体欠損マウスにおける血管内膜への好中球接着を亢進する. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 2021.10.01

  30. 大坂 瑞子、出牛 三千代、吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症発症前血管炎症におけるヒストンシトルリン化好中球の重要性. 第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2020.07.17 名古屋

  31. 大坂 瑞子、吉田 雅幸. LDLR欠損マウスにおける高脂肪食誘発性血管炎症には好中球細胞外トラップが関与する. Cardiovascular and Metabolic Week 2019 2019.12.14 神戸

  32. 青山 二郎、大坂 瑞子、吉田 雅幸. シアストレス存在下の好中球-血管内皮細胞接着現象におけるケモカインCXCL1の役割. Cardiovascular and Metabolic Week 2019 2019.12.14 神戸

  33. 大坂 瑞子. PAD4誘導性ヒストンシトルリン化によるLDL受容体欠損マウスにおける血管炎症のメカニズム. 第 51回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2019.07.16

  34. 靏 裕美、大坂 瑞子, 吉田 雅幸. 補体Factor D(FD)が非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease: NAFLD )の発症・進展に及ぼす影響の検討. Cardiovascular and Metabolic Week 2018 2018.12.07

  35. 大坂 瑞子. 高脂肪食誘発性血管炎症反応における好中球シトルリン化の重要性. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.12

  36. 大坂 瑞子. 動脈硬化巣形成における好中球細胞外トラップ(NET)の関与. 第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2018.07.12

  37. 靏 裕美、大坂 瑞子、吉田 雅幸. 高脂肪食摂取は肝細胞特異的に補体活性化酵素の発現を増強する. 第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2018.07.12

  38. 大坂 瑞子、吉田 雅幸. 過剰な高脂肪食摂取が血管炎症反応を誘導する機序の解明. 第55回日本臨床分子医学会学術集会 2018.04.13 京都

  39. 大坂 瑞子、出牛 三千代、吉田 雅幸. 高脂肪食誘発性の動脈硬化巣形成には好中球細胞外トラップ形成が関与する. 第25回日本血管生物医学会学術集会(心血管代謝週間2017) 2017.12.08 大阪

  40. 大坂 瑞子、出牛 三千代、鶴 裕美、吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症の進展における好中球の重要性. 第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2017.07.06 広島

  41. 大坂 瑞子、出牛 三千代、鶴 裕美、吉田 雅幸. 動脈硬化巣形成における好中球の重要性. 第3回J-ISCP学術集会 2017.06.17 東京

  42. 大坂 瑞子、吉田 雅幸. 過剰な高脂肪食摂取は補体成分C5aを増加させることによって血管炎症反応を誘導する。. 脳心血管抗加齢研究会2016 2016.12.17 東京

  43. Mizuko Osaka, Masaki Honda, Yukihiro Inomata, Kensuke Egashira, Masayuki Yoshida. Complement C5a initiate vascular inflammation by high-fat diet- feeding.. 第24回日本血管生物医学会学術集会 2016.12.08 長崎

  44. 大坂 瑞子、吉田 雅幸. アテローム性動脈硬化症の進展における補体成分C5aの役割. 第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2016.07.14 東京

  45. Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida.. High fat diet-induced vascular inflammation involves initial activation of neutrophils in mice femoral artery.. 第80回日本循環器学会学術集会 2016.03.18 仙台

  46. 大坂 瑞子. 高脂肪食摂取が血管炎症を誘発する機序の解明. 第2回血管生物若手研究会 2016.03.05 仙台

  47. 大坂瑞子、阿部史行、出牛三千代、吉田雅幸. アナグリプチンはERK、p38のリン酸化抑制を介して血管内皮細胞への白血球接着を抑制する. . 第23回日本血管生物医学会学術集会 2015.12.10 神戸

  48. Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida.. Critical role of peripheral neutrophis in the initial phase of high fat diet-induced vascular inflammation.. 第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会 2015.07.09 仙台

  49. 大坂 瑞子、萩田 澄彦、吉田 雅幸.. オルメサルタンは傷害血管における白血球接着と内膜肥厚を抑制する.. 第一回国際心血管薬物療法学会日本部会学術集会 2015.06.20

  50. Shunsuke Ito, Mizuko Osaka, Katsuhiko Hamada, Yoshiharu Ito, Masayuki Yoshida. Critical Role of Aryl Hydrocarbon Receptor in Uremic Toxin-induced Vascular Inflammation in Vivo and in Vitro. AHA Scientific Sessions2014 2014.11 Chicago

  51. Shunsuke Ito, Mizuko Osaka, Katsuhiko Hamada, Yoshiharu Ito, Masayuki Yoshida. 尿毒症毒素インドキシル硫酸はAryl hydrocarbon receptorを介して血管炎症を増強する.. 第37回日本高血圧学会総会 2014.10.17 横浜

  52. Mizuko Osaka, Kensuke Egashira, Masayuki Yoshida. 高脂肪食が引き起こす好中球活性化にはMCP-1/CCR2シグナルが関与する. 第46回日本動脈硬化学会総会 2014.07.10 東京

  53. Mizuko Osaka, Shunsuke Ito, Masayuki Yoshida. Critical role of neutrophil in the early phase of high fat diet-induced vascular inflammation in mouse femoral artery. The 18th International Vascular Biology Meeting 2014.04.14 京都

  54. Mizuko Osaka, Shunsuke Ito, Masayuki Yoshida. Critical role of neutrophil-derived MCP-1 in the initial phase of high fat diet-induced vascular inflammation in mouse femoral artery. 第78回日本循環器学会学術集会 2014.03.21 東京

  55. Shunsuke Ito, Mizuko Osaka, Katsuhiko Hamada, Yoshiharu Ito, Masayuki Yoshida. Uremic Toxin-induced Vascular Inflammation is Mediated by Aryl Hydrocarbon Receptor. 第78回日本循環器学会学術集会 2014.03.21 東京

  56. Katsuhiko Hamada, Mizuko Osaka, Masayuki Yoshida. Cell Density Impacts Epigenetic Regulation of Cytokine-Induced E-selectin Gene Expression in Vascular Endothelium. 第78回日本循環器学会学術集会 2014.03.21 東京

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化性疾患の発症の予測因子および検査方法

    特許番号: 特許第6923212号

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Using Mice to Open the Way to Prevent Blocked Arteries,2021年07月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「 動脈硬化症発症における好中球ヒストンシトルリン化の役割を解明 」― 動脈硬化症の新規治療ターゲットとして期待―,2021年05月

    JACC: Basic to Translational Science

  • 第3回J-ISCP学術集会,2017年07月

    第三回 J-ISCP学術集会の学会事務局運営を行った。具体的にはプログラム作成、招待講演者の決定、そのほかの事前準備全般と、当日運営の指揮を行った。

  • 秋期特別日本血管生物医学会シンポジウム,2016年09月

    プログラム作成、会場設営、講演依頼、共催の調整等の事前準備と受付や進行の当日運営、収支報告等を行った。

  • 第38回日本バイオレオロジー学会年会,2015年06月

    第38回日本バイオレオロジー学会年会の学会事務局運営を行った。具体的にはプログラム作成、招待講演者の決定、そのほかの事前準備全般と、当日運営の指揮、収支報告等を行った。

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本血管生物医学会秋季シンポジウム企画・準備・運営・報告書作成,日本血管生物医学会,日本血管生物医学会秋季シンポジウム,東京医科歯科大学3号館2階 医学部講義室1,2016年09月10日

  • 第48回日本動脈硬化学会学術集会企画・準備・運営,第48回日本動脈硬化学会学術集会,第48回日本動脈硬化学会学術集会,京王プラザホテル,2015年12月 - 2016年07月15日

  • 投稿論文査読,Journal of Cardiovascular Pharmacology,Journal of Cardiovascular Pharmacology,2014年10月

  • 第38回日本バイオレオロジー学会企画・運営,日本バイオレオロジー学会,第38回日本バイオレオロジー学会,学術総合センター,2014年03月 - 2015年06月07日