基本情報

写真a

秀島 雅之(ヒデシマ マサユキ)

HIDESHIMA Masayuki


職名

講師

生年

1959年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室FAX番号

03-5803-4551

メールアドレス

m.hideshima.rpro@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

睡眠歯学,発語機能評価,音声認識,症型分類,診療ガイドライン,顎運動,シミュレーション実習,口腔感覚

分野紹介URL

快眠歯科)(いびき・無呼吸)外来

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  1984年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  1989年03月  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 義歯科(専)快眠歯科(いびき・無呼吸)外来 講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 総合診療歯科学分野 講師
  • 2012年09月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 快眠歯科(いびき無呼吸)外来 講師
  • 2003年04月
    -
    2012年08月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 講師
  • 1984年04月
    -
    1999年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 顎義歯外来 顎口腔機能治療部(現顎義歯外来) 助教
  • 1999年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 摂食機能構築学分野(現部分床義歯補綴学分野) 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 昭和59年 東京医科歯科大学歯学部卒
  • 同年 歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 入局
  • 平成元年 大学院修了
  • 学位論文「片側性臼歯部交叉咬合を伴う口蓋裂患者の咀嚼運動について」
  • 同年 歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 助手就任
  • 同 3年  文部省在外若手研究員として米国イリノイ州立大学顎顔面補綴診療科
  • に留学
  • 同11年 東京医科歯科大学大学院 講師就任
  • 摂食機能回復学講座 部分床義歯補綴学分野に移籍,現在に至る

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本睡眠歯科学会

  • 日本睡眠学会

  • 日本磁気歯科学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本顎口腔機能学会

  • 日本顎顔面補綴学会

  • 口腔病学会

  • 日本口蓋裂学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
    -
    現在
    日本睡眠歯科学会 理事
  • 2011年04月
    -
    現在
    日本磁気歯科学 理事,医療委員長
  • 2010年01月
    -
    現在
    日本顎顔面補綴学会 理事,会計担当理事
  • 1995年04月
    -
    現在
    日本顎口腔機能学会 評議員
  • 2012年04月
    -
    現在
    日本口蓋裂学会 診療ガイドライン委員
  • 2003年04月
    -
    2008年03月
    日本補綴歯科学会 診療ガイドライン部会委員
  • 2002年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大歯学部 共用試験小委員会OSCE部会委員
  • 2008年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大歯学部附属病院 社会保険委員会

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症の医科との連携診療・研究,2008年 - 現在

  • 症型分類 (欠損歯列の難易度診査),2002年

  • チェアサイドでの音声認識装置を用いた義歯装着者の発語機能評価,2002年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 睡眠時無呼吸症の治療効果の予測モデルの確立と検証 -口腔内装置療法の非接触評価-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 義歯装着時の発語評価・調整法の確立-チェアサイド用構音動態可視化システムの開発-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 発話音声から疲労度を検出する音声セグメントに基づく疲労度評価法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 音声認識による聴覚障害者の発音訓練法の開発 -音声セグメント技術の導入-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 音声セグメント技術を用いた日本語発話学習支援システムの研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 顎変形症の術後の長期経過患者における睡眠時無呼吸症の発症リスクと顎骨移動の関係

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咽喉部機能維持のための発話訓練法ー音声認識・深層学習を用いた評価訓練プログラムー

    文部科学省/日本学術振興会

  • 睡眠時無呼吸症の口腔内装置療法の治療効果予測と検証-予測モデルと内視鏡での判定-

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kimura-Ono A, Maekawa K, Kuboki T, Nawachi K, Fujisawa M, Sato H, Aita H, Koyama S, Hideshima M, Sato Y, Wake H, Nagao K, Kodaira-Ueda Y, Tamaki K, Sadamori S, Tsuga K, Nishi Y, Sawase T, Koshino H, Masumi SI, Sakurai K, Ishibashi K, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K, Yatani H, Matsumura H, Ichikawa T, Ohkawa S, Baba K. Prosthodontic treatment can improve the ingestible food profile in Japanese adult outpatients. Journal of prosthodontic research. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  2. Hiroyuki Ishiyama, Masayuki Hideshima, Shusuke Inukai, Meiyo Tamaoka, Akira Nishiyama, Yasunari Miyazaki. Evaluation of Respiratory Resistance as a Predictor for Oral Appliance Treatment Response in Obstructive Sleep Apnea: A Pilot Study. Journal of Clinical Medicine. 2021.03; 10 (6): 1255-1268. ( PubMed, DOI )

  3. Wada J, Hideshima M, Uchikura K, Shichiri Y, Inukai S, Matsuura H, Wakabayashi N. Influence of the Covering Area of Major Connectors of Mandibular Dentures on the Accuracy of Speech Production: A Pilot Study Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2019.12; 18 1-10. ( PubMed, DOI )

  4. Wada J, Hideshima M, Inukai S, Katsuki A, Matsuura H, Wakabayashi N.. Influence of Oral Morphology on Speech Production in Subjects Wearing Maxillary Removable Partial Dentures with Major Connectors. Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2018.08; 70 138-148. ( PubMed, DOI )

  5. Kuboki T, Ichikawa T, Baba K, Fujisawa M, Sato H, Aita H, Koyama S, Hideshima M, Sato Y, Wake H, Kimura-Ono A, Nagao K, Kodaira-Ueda Y, Tamaki K, Sadamori S, Tsuga K, Nishi Y, Sawase T, Koshino H, Masumi SI, Sakurai K0, Ishibashi K, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K, Yatani H, Matsumura H.. A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society. J Prosthodont Res. 2018.04; 62 (2): 162-170. ( DOI )

  6. Kuboki Takuo, Ichikawa Tetsuo, Baba Kazuyoshi, Fujisawa Masanori, Sato Hironobu, Aita Hideki, Koyama Shigeto, Hideshima Masayuki, Sato Yuji, Wake Hiroyuki, Kimura-Ono Aya, Nagao Kan, Kodaira-Ueda Yorika, Tamaki Katsushi, Sadamori Shinsuke, Tsuga Kazuhiro, Nishi Yasuhiro, Sawase Takashi, Koshino Hisashi, Masumi Shin-ichi, Sakurai Kaoru, Ishibashi Kanji, Ohyama Takashi, Akagawa Yasumasa, Hirai Toshihiro, Sasaki Keiichi, Koyano Kiyoshi, Yatani Hirofumi, Matsumura Hideo. 日本補綴歯科学会により開発された治療困難指数の妥当性を評価した多施設共同での疫学研究(A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society) Journal of Prosthodontic Research. 2018.04; 62 (2): 162-170. ( 医中誌 )

  7. Uezato Akihito, Enomoto Mitsuhiro, Tamaoka Meiyo, Hobo Mizue, Inukai Shusuke, Hideshima Masayuki, Miyazaki Yasunari, Nishikawa Toru, Yagishita Kazuyoshi. 睡眠におよぼす高圧酸素療法の効果 睡眠障害に対する有力な処方(Effects of Hyperbaric Oxygen Treatment on Sleep: A Potential Prescription for Sleep Disorders) スポーツ精神医学. 2017.08; 14 7-12. ( 医中誌 )

  8. Ishiyama Hiroyuki, Inukai Shusuke, Nishiyama Akira, Hideshima Masayuki, Nakamura Shuhei, Tamaoka Meiyo, Miyazaki Yasunari, Fueki Kenji, Wakabayashi Noriyuki. 閉塞性睡眠時無呼吸患者において口腔内装置治療に併発する顎関節症痛の予防に対する開口訓練の効果 無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験(Effect of jaw-opening exercise on prevention of temporomandibular disorders pain associated with oral appliance therapy in obstructive sleep apnea patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial) Journal of Prosthodontic Research. 2017.07; 61 (3): 259-267. ( 医中誌 )

  9. Uezato A, Enomoto M, Tamaoka M, Hobo M, Inukai S, Hideshima M, Miyazaki Y, Nisikawa T, Yagishita K. The effect of hyperbaric oxgyne treatment on sleep: Potential prescription for sleep disorders. Japanese Journal of Sports Psychiatry.. 2017.03; 14 7-12.

  10. Uezato Akihito, Enomoto Mitsuhiro, Tamaoka Meiyo, Hobo Mizue, Inukai Shusuke, Hideshima Masayuki, Miyazaki Yasunari, Nishikawa Toru, Yagishita Kazuyoshi. 高圧酸素療法施行患者における短時間睡眠潜時(Shorter sleep onset latency in patients undergoing hyperbaric oxygen treatment) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2017.02; 71 (1-2): 73-74. ( 医中誌 )

  11. Uezato A, Enomoto M, Tamaoka M, Hobo M, Inukai S, Hideshima M, Miyazaki Y, Nishikawa T, Yagishita K. Shorter sleep onset latency in patients undergoing hyperbaric oxygen treatment. Psychiatry Clin Neurosci. 2017.01; 71 (1): 73-74.

  12. Hiroyuki Ishiyama, Shusuke Inukai, Akira Nishiyama, Masayuki Hideshima, Shuhei Nakamura, Meiyo Tamaoka, Yasunari Miyazaki, Kenji Fueki, Noriyuki Wakabayashi. Effect of jaw-opening exercise on prevention of temporomandibular disorders pain associated with oral appliance therapy in obstructive sleep apnea patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial J Prosthodont Res.. 2017.01; ( PubMed, DOI )

  13. Uezato Akihito, Enomoto Mitsuhiro, Tamaoka Meiyo, Hobo Mizue, Inukai Shusuke, Hideshima Masayuki, Miyazaki Yasunari, Nishikawa Toru, Yagishita Kazuyoshi. Shorter sleep onset latency in patients undergoing hyperbaric oxygen treatment PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES. 2017.01; 71 (1): 73-74. ( PubMed, DOI )

  14. Wada J, Hideshima M, Inukai S, Matsuura H, Wakabayashi N. Influence of the Width and Cross-Sectional Shape of Major Connectors of Maxillary Dentures on the Accuracy of Speech Production. Folia Phoniatr Logop. 2014.12; 66 227-236.

  15. M. Hideshima, T. Ichikawa, H. Koshino, K. Hoshiai, J. Tanaka, S. Ozawa, Y. Suzuki, Y. Umekawa, T. Ishigami, K. Nagao, M. Sone, M. Kono, J. Wada, J. Wadachi, A. Nishiyama. Formulating clinical practice guidelines for magnetic attachment applications: The process and results of a survey using the Delphi method. J J Mag Dent. 2013.12; 22 (2): 47-53.

  16. 秀島雅之. 部分歯列欠損の難易度分類とプロトコール策定の経緯 顎顔面補綴. 2012.12; 35 105-107.

  17. Kuboki T, Ichikawa T, Baba K, Hideshima M, Sato Y, Wake H, Nagao K, Kodaira-Ueda Y, Kimura-Ono, A, Tamaki K Tsuga K, Sakurai K, Sato H, Ishibashi K, Yatani H, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K. A multi-centered epidemiological study evaluating the reliability of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society. J of Pros Res. 2012; 56 (2): 71-86.

  18. Shuhei Nakamura, Mitsuo Sato, Shiro Mataki, Norimasa Kurosaki, Makoto Hasegawa. Subjective and objective assessments of short-term adverse effects induced by oral appliance therapy in obstructive sleep apnea: a preliminary study. J. Med. Dent. Sci.. 2009.03; 56 (1): 37-48. ( PubMed, 医中誌 )

  19. HideshimaM, FukumotoM, TokoM, AndohT, MizutaniH, IgarashiY. A case report of an RPD with magnetic attachments applied to a partially edentulous patient without occlusal contact. JJ Mag Dent. 2009; 18 (2): 73-77. ( 医中誌 )

  20. HideshimaM, MizutaniH, AndoT, DestineD, IshikawaS, MatsuzakiS, SasakiH, NishiyamaA, OkusaD, AoA, NakamuraK, IgarashiY. Effects of Dental Alloys and a Magnetic Keeper on MRI: Part 2: Relationship between Cast Crowns and Artifacts of Axial Plane Images. JJ Mag Dent. 2009; 18 (2): 25-28. ( 医中誌 )

  21. SakaiTetsushi, HideshimaMasayuki, TakahashiHidekazu, IchinoseShizuko, IgarashiYoshimasa. Effect of mold temperatures on interface between primary and secondary castings of cast-on method for precision metal frameworks Journal of Prosthodontic Research. 2009; 53 (2): 60-66. ( 医中誌 )

  22. BazarA, MizutaniH, HideshimaM, SatoM, NishiyamaA, AndoT, NakamuraK, TakanoN, IshikawaS, OkusaD, IgarashiY. Changes of retentive Force of Radicular Attachments Before and After Wear Simulation-Fpcusing on Overseas Magnetic Attachments. JJ Mag Dent. 2008; 17 (2): 85-89. ( 医中誌 )

  23. MizutaniH, DestineD, HideshimaM, SatoM, WadachiJ, NishiyamaA, NakamuraK, IshikawaS, OkusaD, SasakiH, MatsuzakiS, IgarashiY. Effects of Dental Alloys and a Magnetic Keeper on MRI: Part 1 Analysis from Dicom Data. JJ Mag Dent. 2008; 17 (2): 70-74. ( 医中誌 )

  24. HideshimaM, TokohM, FukumotoM, AndohT, NishiyamaA, SatoM, MizutaniH, IgarashiY. Influence of the arrangement of the magnetic attachments in the remaining dentition upon the denture mobility. JJ Mag Dent. 2008; 17 (2): 51-58. ( 医中誌 )

  25. TanakaAtsushi, HideshimaMasayuki, OhyamaTakashi. Influence of Cross-sectional Shape of the Margin, Contour and Positioning of Palatal Connectors on Oral Sensation Prosthodontic Research & Practice. 2007; 6 (1): 6-13. ( 医中誌 )

  26. UnoKaoru, HideshimaMasayuki, OhyamaTakashi. Effects of the Insertion of Unilateral Extension Base Removable Partial Dentures on the Amount of an Umami Component Eluted during Mastication Prosthodontic Research & Practice. 2007; 6 (1): 39-45. ( 医中誌 )

  27. AndoTomohiro, HideshimaMasayuki, InukaiShusuke, IgarashiYoshimasa, MatsuuraHiroshi. Analysis of the Relationship between Palatal Contour and the Phonetic Function in Complete Denture Wearers Using a Speech Recognition System Prosthodontic Research & Practice. 2006; 5 (4): 231-237. ( 医中誌 )

  28. InukaiShusuke, HideshimaMasayuki, SatoMasayuki, NishiyamaAkira, AndoTomohiro, OhyamaTakashi, MatsuuraHiroshi. Analysis of the Relationship between the Incisal Overjet in a Maxillary Denture and Phonetic Function Using a Speech Recognition System Prosthodontic Research & Practice. 2006; 5 (3): 171-177. ( 医中誌 )

  29. Togano H, Hideshima M, Ohyama T. Reproducibility of interocclusal recording for mandibular removable partial denture in bilateral distal extension cases. J Med Dent Sci. 2003.03; 50 (1): 53-61. ( PubMed )

  30. Nakajima J, Hideshima M, Takahashi M, Taniguchi H, Ohyama T. Masticatory mandibular movements for different foods textures related to onomatopoetic words. J Med Dent Sci. 2001.12; 48 (4): 121-129. ( PubMed )

  31. Park I, Eto M, Wakabayashi N, Hideshima M, Ohyama T. Dynamic retentive force of a mandibular unilateral removable partial denture framework with a back-action clasp. J Med Dent Sci. 2001.12; 48 (4): 105-111. ( PubMed )

  32. Takahashi M, Hideshima M, Park I, Taniguchi H, Ohyama T. Study of mandibular movements in mandibulectomy patients--border movements and functional movements during mastication, deglutition and speech. J Med Dent Sci. 1999.06; 46 (2): 93-103. ( PubMed )

  33. Hideshima M. [Masticatory movements in cleft lip and palate patients with unilateral buccal cross-bite. The effect of different buccal overlap on pattern of chewing]. Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi. 1989.10; 33 (5): 1168-1182. ( PubMed )

  34. 石山裕之, 秀島雅之, 犬飼周佑, 玉岡明洋, 西山 暁, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における, 口腔内装置療法の効果予測因子としての呼吸抵抗の評価:予備研究 睡眠口腔医学. 2022.05; 8 (3): 64-72.

  35. 石山 裕之, 秀島 雅之, 犬飼 周佑, 玉岡 明洋, 西山 暁, 宮崎 泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸における、口腔内装置療法の効果予測因子としての呼吸抵抗の評価 予備研究 睡眠口腔医学. 2022.05; 8 (3): 64-72. ( 医中誌 )

  36. Hattori Akitaka, Tonami Ken-ichi, Tsuruta Jun, Hideshima Masayuki, Kimura Yasuyuki, Nitta Hiroshi, Araki Kouji. Effect of the haptic 3D virtual reality dental training simulator on assessment of tooth preparation JOURNAL OF DENTAL SCIENCES. 2022.01; 17 (1): 514-520. ( PubMed, DOI )

  37. 鱒見 進一, 秀島 雅之, 大久保 力廣, 大川 周治. 保険収載された磁性アタッチメントについて 歯界展望. 2021.11; 138 (5): 974-979. ( 医中誌 )

  38. 秀島雅之,石原直樹,石山裕之. 閉塞性睡眠時無呼吸症の口腔内装置療法とその治療効果の予測モデルの構築 細胞. 2020.09; 52  (697): 570-573.

  39. 則武 加奈子, 金森 ゆうな, 海老原 新, 城戸 大輔, 岩城 麻衣子, 木村 康之, 楠 侑香子, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 荒木 孝二, 新田 浩. 在宅勤務を命じられた研修歯科医への臨床研修実施奮闘記 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2020.09; 39回 63. ( 医中誌 )

  40. 服部 旭威, 鶴田 潤, 木村 康之, 秀島 雅之, 荒木 孝二. 歯科切削技術における人工歯切削とVRシミュレーターの相関性に関する報告 日本シミュレーション医療教育学会雑誌. 2020.09; 8 120-121. ( 医中誌 )

  41. 青木 章, 竹内 康雄, 秋月 達也, 水谷 幸嗣, 片桐 さやか, 池田 裕一, 前川 祥吾, 渡辺 数基, 海老原 新, 秀島 雅之, 二階堂 徹, 小田 茂, 荒木 孝二, 岩田 隆紀, 和泉 雄一. 東京医科歯科大学歯学部歯学科学生の歯周治療臨床実習の改革とその現状 2018年卒業生の実習内容とその実績から 日本歯周病学会会誌. 2020.03; 62 (1): 38-46. ( 医中誌 )

  42. 秀島 雅之. 欠損歯列症例のOA治療 睡眠口腔医学. 2019.10; 6 (1): 47. ( 医中誌 )

  43. 窪木 拓男, 市川 哲雄, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 佐藤 博信, 會田 英紀, 小山 重人, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 和気 裕之, 大野 彩[木村], 永尾 寛, 上田 順加[小平], 玉置 勝司, 貞森 紳丞, 津賀 一弘, 西 恭宏, 澤瀬 隆, 越野 寿, 鱒見 進一, 櫻井 薫, 石橋 寛二, 大山 喬史, 赤川 安正, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 古谷野 潔, 矢谷 博文, 松村 英雄. Secondary Publication 補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの妥当性の検討 (公社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究 日本補綴歯科学会誌. 2019.10; 11 (4): 355-375. ( 医中誌 )

  44. 松浦博,虞賽,澤崎宏一,和田淳一郎,秀島雅之. 音声セグメントと基本周波数を用いた日本語発話教育支援システムの開発と実評価 日本e-learning学会誌. 2019.07; 19 15-26. ( DOI )

  45. 渡邉 真央, 乙丸 貴史, 李 娜, 秀島 雅之, 谷口 尚, 隅田 由香. 閉塞性睡眠時無呼吸症を伴う上顎欠損患者にオーラルアプライアンスを適用し、2年の経過観察をした1症例 顎顔面補綴. 2019.06; 42 (1): 45-50. ( 医中誌 )

  46. 佐藤一道,奥野健太郎,秀島雅之,松尾 朗,植野芳和,古畑 升. 日本国内で使用されている口腔内装置のタイプに関する調査 - 日本睡眠歯科学会会員を対象としたアンケート調査 - 睡眠口腔医学. 2018.10; 4 (2): 138-144.

  47. 石山 裕之, 秀島 雅之, 玉岡 明洋, 藤江 俊秀, 中村 周平, 林 奨太, 飯田 知里, 西山 暁, 嶋田 昌彦, 宮崎 泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置の適応症に関する、新たな診断法の確立 呼吸抵抗の有用性について 睡眠口腔医学. 2018.10; 5 (1): 70. ( 医中誌 )

  48. 佐藤 一道, 奥野 健太郎, 秀島 雅之, 松尾 朗, 植野 芳和, 古畑 升, 特定非営利活動法人日本睡眠歯科学会理事長諮門委員会. 日本国内で使用されている口腔内装置のタイプに関する調査 日本睡眠歯科学会会員を対象としたアンケート調査 睡眠口腔医学. 2018.08; 4 (2): 138-144. ( 医中誌 )

  49. 渡邉 真央, 乙丸 貴史, リ・ナ , 秀島 雅之, 谷口 尚. 睡眠時無呼吸症を伴う上顎欠損患者にオーラルアプライアンスを適用し経過観察した一症例 顎顔面補綴. 2017.12; 40 (2): 51-52. ( 医中誌 )

  50. 秀島雅之. 特集 口腔顎顔面に関連する疾患とその治療の現状,睡眠時無呼吸症の口腔内装置による治療 Clinical calcium. 2017.10; 27 (10): 1393-1402.

  51. 秀島 雅之. Oral Appliance(OA)治療について OAの基礎(作用機序、作製方法、調整、副作用、フォローアップ)と応用(欠損歯列患者への対応など) 睡眠口腔医学. 2017.10; 4 (1): 30. ( 医中誌 )

  52. 鈴木 達, 松原 恒, 秀島 雅之, 中村 周平, 飯田 知里, 三間 裕子, 石山 裕之, 林 奨太, 玉岡 明洋, 宮崎 泰成. 義歯製作用レジン注入装置を用いたソフトタイプOA製作法の検討 睡眠口腔医学. 2017.10; 4 (1): 72. ( 医中誌 )

  53. 林 奨太, 秀島 雅之, 石原 直樹, 倉島 智洋, 犬飼 周佑, 三間 裕子, 中村 周平, 藤江 俊秀, 宮崎 泰成, 玉岡 明洋. 東京医科歯科大学医学部附属病院・歯学部附属病院におけるOSA患者のCPAP治療からOA治療への移行例の検討 睡眠口腔医学. 2017.10; 4 (1): 65. ( 医中誌 )

  54. 佐藤 一道, 奥野 健太郎, 秀島 雅之, 松尾 朗, 植野 芳和, 古畑 升, 日本睡眠歯科学会理事長諮問会議委員会. 日本国内で使用されている口腔内装置の形態に関する調査 日本睡眠歯科学会会員を対象としたアンケート調査 睡眠口腔医学. 2017.10; 4 (1): 73. ( 医中誌 )

  55. 秀島雅之. 疑問に答えて 著者から読者へ(DE No.196) 「睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置」 歯科理工誌. 2017.09; 36 (4): 260.

  56. 秀島 雅之. 【口腔顎顔面に関連する疾患とその治療の現状】 睡眠時無呼吸症の口腔内装置による治療 Clinical Calcium. 2017.09; 27 (10): 1393-1402. ( 医中誌 )

  57. 林 奨太, 玉岡 明洋, 藤江 俊秀, 立石 知也, 石原 直樹, 三間 裕子, 中村 周平, 秀島 雅之, 宮崎 泰成, 稲瀬 直彦. 当院のOSAS患者におけるCPAPから口腔内装置(OA)への移行例の検討 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2017.06; 42回 220. ( 医中誌 )

  58. 小野 卓史, 豊福 明, 秀島 雅之, 古屋 純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト 働き(口腔機能) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 48. ( 医中誌 )

  59. 礪波 健一, 木村 康之, 梅森 幸, 秀島 雅之, 俣木 志朗, 荒木 孝二. フラクタル次元を用いた歯冠形態診断のための基礎的研究 日本口腔診断学会雑誌. 2017.02; 30 (1): 142. ( 医中誌 )

  60. Hideshima M. [Oral Appliance Therapy for Sleep Apnea.] Clinical calcium. 2017; 27 (10): 1393-1402. ( PubMed, DOI )

  61. 松浦博,北條友梨, 澤崎宏一,和田淳一郎, 犬飼周佑,秀島雅之. 音声セグメントラベルと基本周波数を用いた日本語学習のための文節アクセント・イントネーションのe-Learningシステム 日本e-Learning学会会誌. 2016.08; 16 29-39.

  62. 松浦 博,山本哲平,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 疲労が音声へもたらす影響の音声セグメントを用いた研究 電子情報通信論文誌. 2016.07; 99J99-A (9): 351-360.

  63. 秀島雅之,中村周平,松原 恒,鈴木 達. 特集「先端歯科技工技術の開発」 睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置 日本歯科理工学会誌,DE. 2016.01; 35 (1): 10-13.

  64. 秀島雅之. 【診療ガイドライン企画】インプラントVS天然歯への磁性アタッチメント適用,ガイドライン策定経緯と遊離端義歯への磁性アタッチメント適用の診療ガイドライン. 日本磁気歯科学会雑誌. 2014.12; 23 (1): 45-49.

  65. 松浦博,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 日本語を学ぶ留学生のための音声セグメントラベルを用いた促音・長音の発語学習システム. 日本e-Learning学会会誌. 2014.07; 14 14-23.

  66. 秀島雅之. 補綴歯科WGにおける診療ガイドラインCQ作成. 日口蓋誌. 2014.06; 39 (2): 86.

  67. 秀島雅之. 磁性アタッチメントで困ったら:診療ガイドラインを踏まえて. 日本磁気歯科学会雑誌. 2013.12; 22 (1): 19-23.

  68. 秀島雅之,松浦 博. 義歯と発音機能 -音声認識システムによる発語明瞭度の客観的評価-. 2013.01; 61 (1): 4-13.

  69. James E.Eckhart,秀島雅之(監訳),渡邊竜登美. 睡眠時無呼吸症候群治療のための口腔内装置,いびき防止用口腔内装置の比較. 歯界展望. 2012.04; 119 (4): 689-704.

  70. 秀島雅之,難波佳子,小西富代,小田 茂. 歯周炎と間違えやすい病変に気づこう 第2回 不良補綴物. 歯科衛生士. 2012.02; 36 36-40.

  71. 和田淳一郎, 秀島雅之, 犬飼周佑, 安藤智宏, 五十嵐順正, 松浦博. 上顎義歯の大連結子の走行が発語機能に及ぼす影響 日本顎口腔機能学会雑誌. 2010; 16 (2): 152-153. ( 医中誌 )

  72. 都甲雅秀, 秀島雅之, 福本幹介, 水谷紘, 五十嵐順正. 磁性アタッチメントの配置が床義歯の動態に及ぼす影響(第2報) 日本磁気歯科学会雑誌. 2009; 18 (1): 87. ( 医中誌 )

  73. 福本幹介, 秀島雅之, 都甲雅俊, 安藤智宏, 水谷紘, 五十嵐順正. すれ違い咬合に磁性アタッチメント部分床義歯で対応した1症例 日本磁気歯科学会雑誌. 2009; 18 (1): 86. ( 医中誌 )

  74. 松原恒, 水谷紘, 秀島雅之, 西山暁, 佐々木英隆, 松崎慎也, 中村和夫, 五十嵐順正. カーボン芯を用いたキーパーセメントボンド法(第1報) 技工術式 日本磁気歯科学会雑誌. 2009; 18 (1): 85. ( 医中誌 )

  75. 市川哲雄, 永尾寛, 窪木拓男, 木村彩, 秀島雅之, 玉置勝司, 小平順可, 貞森紳丞, 津賀一弘, 越野寿, 赤川安正, 平井敏博. 咀嚼能力評価の標準化に関する研究 日本歯科医学会誌. 2009; 28 34-38. ( 医中誌 )

  76. 佐藤 光生, 棚橋 孝之, 近藤 知里, 高島 明子, 高橋 啓, 中村 周平, 田村 梨沙, 砺波 健一, 俣木 志朗, 黒崎 紀正, 長谷川 誠. OSAS治療用口腔内装置の臨床 歯科臨床研究. 2008.07; 5 (2): 16-22. ( 医中誌 )

  77. 秀島雅之, 都甲雅俊, 福本幹介, 安藤智宏, 西山暁, 佐藤雅之, 水谷紘, 五十嵐順正. 磁性アタッチメントの配置が床義歯の動態に及ぼす影響 日本磁気歯科学会雑誌. 2008; 17 (1): 80-81. ( 医中誌 )

  78. 酒井哲史, 秀島雅之, 高橋英和, 五十嵐順正. キャストオン法を応用した精密性メタルフレームの作製 鋳型温度の鋳造界面への影響 日本補綴歯科学会雑誌. 2008; 52 (2): 262. ( 医中誌 )

  79. 酒井哲史, 秀島雅之, 五十嵐順正, 高橋英和. キャストオン法を応用した精密性メタルフレームの作製 鋳型温度の鋳造界面への影響 口腔病学会雑誌. 2008; 75 (1): 77. ( 医中誌 )

  80. 水谷紘, 秀島雅之, 笛木賢治, 佐藤雅之, 上野剛史, 南一郎, 中村輝保, 五十嵐順正, 馬場一美, 西山暁. 平成18年度新カリキュラムでの部分床義歯製作基礎実習 口腔病学会雑誌. 2008; 75 (1): 72. ( 医中誌 )

  81. 犬飼周佑, 秀島雅之, 安藤智宏, 和田淳一郎, 佐藤雅之, 五十嵐順正, 松浦博. チェアサイドでの音声認識による発語機能評価システムの確立 日本歯科医師会雑誌. 2008; 61 (5): 498. ( 医中誌 )

  82. デスティネ・ダリーン, 水谷紘, 安藤智宏, 大草大輔, 佐々木秀隆, 松崎慎也, 中村和夫, 秀島雅之, 五十嵐順正. Effects of Magnetic Keeper and Dental Alloys on MRI Part 2 Relationship between Cast Crown and Artifacts of Axial Plane Images 日本磁気歯科学会雑誌. 2008; 17 (1): 69. ( 医中誌 )

  83. 水谷紘, 秀島雅之, 馬場一美, 笛木賢治, 佐藤雅之, 西山暁, 上野剛史, 南一郎, 中村輝保, 五十嵐順正. 平成18年度新カリキュラムでの部分床義歯製作基礎実習を終えて 日本補綴歯科学会雑誌. 2008; 52 (2): 279. ( 医中誌 )

  84. 安藤智宏, 秀島雅之, 五十嵐順正. 口蓋前方部形態が発語機能に及ぼす影響 口腔病学会雑誌. 2007; 73/74 (3/1): 66. ( 医中誌 )

  85. 市川哲雄, 佐藤博信, 窪木拓男, 佐藤裕二, 秀島雅之, 和気裕之, 安田登, 服部正巳, 貞森紳丞, 尾関雅彦, 友竹偉則, 永尾寛, 大山喬史, 赤川安正. 歯質欠損,部分歯列欠損,無歯顎に対する症型分類の提案 日本歯科医学会誌. 2006; 25 63-75. ( 医中誌 )

  86. 安藤智宏, 秀島雅之, 犬飼周佑, 佐藤雅之, 西山暁, 酒井哲史, 松浦博. 上顎義歯の口蓋形態の違いが発語機能に及ぼす影響 日本顎口腔機能学会雑誌. 2006; 12 (2): 134-135. ( 医中誌 )

  87. 宇野薫, 秀島雅之, 大山喬史. 臼歯部咀嚼におけるうま味成分溶出の測定について 日本補綴歯科学会雑誌. 2005; 49 (2): 363. ( 医中誌 )

  88. 秀島雅之, 犬飼周佑, 佐藤雅之, 大山喬史, 松浦博. チェアサイドで補綴診療時の発語機能評価が可能な音声認識装置の開発 歯界展望. 2005; 特別号 (健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004-): 301. ( 医中誌 )

  89. 田中淳, 秀島雅之. 口蓋部の床の形態および走行位置が口腔感覚に与える影響 日本顎口腔機能学会雑誌. 2005; 11 (2): 152-153. ( 医中誌 )

  90. 秀島雅之, 市川哲雄, 友竹偉則, 安田登, 佐藤博信, 服部正巳, 大山喬史. 歯の欠損の難易度を判定する 症型分類の意義と実際 日本補綴歯科学会「クリティカルパスと症型分類」への取り組み 歯界展望. 2005; 105 (4): 825-833. ( 医中誌 )

  91. 秀島雅之, 犬飼周佑, 佐藤雅之, 大山喬史, 松浦博. チェアサイドで補綴診療時の発語機能評価が可能な音声認識装置の開発 日本歯科医師会雑誌. 2004; 57 (4): 414. ( 医中誌 )

  92. 秀島雅之, 大山喬史, 佐藤尚弘, 真柳昭紘, 栗山實, 三浦宏之, 鈴木哲也, 篠ヶ谷龍哉, 関田俊明, 早川巌, 木下淳博, 竹田淳志, 大槻昌幸, 森山孝, 吉増秀實. 歯科臨床予備実習シミュレーションシステムの構築 口腔病学会雑誌. 2004; 71 (1): 49. ( 医中誌 )

  93. 市川哲雄, 佐藤博信, 安田登, 服部正巳, 尾関雅彦, 友竹偉則, 秀島雅之, 佐藤裕二, 窪木拓男, 和気裕之, 大山喬史. 日本補綴歯科学会でいまどうして症型分類なのか 補綴臨床. 2004; 37 (6): 639-645. ( 医中誌 )

  94. 秀島雅之, 犬飼周佑, 佐藤雅之, 大山喬史, 松浦博. 日常臨床時に発語機能評価が可能な音声認識装置の開発 日本歯科医学会誌. 2004; 23 113. ( 医中誌 )

  95. 犬飼周佑, 秀島雅之, 安藤智宏, 佐藤雅之, 西山暁, 大山喬史, 松浦博. 上顎義歯における前歯部被蓋の違いが発語機能に及ぼす影響 日本補綴歯科学会雑誌. 2004; 48 (112回特別): 62. ( 医中誌 )

  96. 秀島雅之, 犬飼周佑, 佐藤雅之, 大山喬史, 松浦博. チェアサイドで補綴治療時の発語機能評価が可能な音声認識装置の開発 日本補綴歯科学会雑誌. 2003; 47 (110回特別): 56. ( 医中誌 )

  97. 大山篤, 佐々木好幸, 大林尚人, 木下淳博, 秀島雅之, 森尾郁子, 大谷啓一, 荒木孝二, 俣木志朗. 本学歯学部における学生臨床実習前後OSCEの評価項目とCBT結果との関連の検討 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2003; 22回 34. ( 医中誌 )

  98. 栂野博, 秀島雅之, 小竹雅人, 若林則幸, 大山喬史. 下顎両側遊離端欠損における咬合採得時の再現性の評価 日本補綴歯科学会雑誌. 2001; 45 (106回特別): 52. ( 医中誌 )

  99. 中島純子, 高橋深雪, 谷口尚, 秀島雅之, 大山喬史. 食感と咀嚼運動時の下顎の動態について 口腔病学会雑誌. 2001; 68 (1): 162. ( 医中誌 )

  100. 江藤美穂, 若林則幸, 秀島雅之, 大山喬史. 上顎部分床義歯大連結子の有限要素解析 日本補綴歯科学会雑誌. 2001; 45 (106回特別): 103. ( 医中誌 )

  101. 谷田部優, 大山喬史, 秀島雅之, 西山暁. 磁性アタッチメントの臼歯部への適用とキーパーの鋳接における安定性 Quintessence of Dental Technology. 2001; 26 (1): 79-85. ( 医中誌 )

  102. 朴仁任, 江藤美穂, 小竹雅人, 若林則幸, 秀島雅之, 大山喬史. 下顎片側性遊離端義歯メタルフレームの動的維持力の解析 クラスプデザインの影響 日本補綴歯科学会雑誌. 2000; 44 (104回特別): 48. ( 医中誌 )

  103. 中島純子, 高橋深雪, 秀島雅之, 向山仁, 大山喬史, 谷口尚. 上顎骨部分欠損症例の嚥下時下顎運動 顎顔面補綴. 2000; 23 (2): 120. ( 医中誌 )

  104. 鈴木るり, 飯田敏明, 上野俊明, 向山仁, 秀島雅之, 谷口尚, 大山喬史. 当科における口唇裂口蓋裂患者の補綴処置 過去20年間の臨床統計的観察 日本口蓋裂学会雑誌. 1999; 24 (2): 204. ( 医中誌 )

  105. 高橋深雪, 秀島雅之, 朴仁任, 中島純子, 栂野博, 冨岡孝之, 谷口尚, 大山喬史. 下顎半側切除症例における咀嚼・嚥下・発音時の下顎運動について 顎顔面補綴. 1998; 21 (2): 104-105. ( 医中誌 )

  106. 秀島雅之, 他. 上顎最後臼歯の位置異常を伴う口唇裂口蓋裂患者の顎運動 日本口蓋裂学会雑誌. 1996; 21 (4): 247-248. ( 医中誌 )

  107. 秀島雅之, 他. TelescopeとBar attachment併用の可撤式補綴物を適用した口唇裂口蓋裂症例 日本口蓋裂学会雑誌. 1994; 19 (4): 291. ( 医中誌 )

  108. 秀島雅之, 大山喬史. 下顎の顎補綴 下顎欠損の分類と患者動態 わが国における下顎の顎補綴患者の実態 歯科ジャーナル. 1993; 38 (4): 495-501. ( 医中誌 )

  109. 鈴木るり, 秀島雅之, 柳沢治之, 他. 唇顎口蓋裂患者の歯・歯列・咬合の異常とその処置について 障害者歯科. 1993; 14 (1): 10-22. ( 医中誌 )

  110. 秀島雅之, 他. 片側性口唇裂口蓋裂患者の咀嚼運動 臼歯部被蓋別にみた咀嚼経路・リズム 日本口蓋裂学会雑誌. 1993; 18 (4): 421. ( 医中誌 )

  111. 橋本洋司, 鈴木るり, 秀島雅之, 他. 新しい上顎欠損の分類法(VHS分類)の試み 顎顔面補綴. 1991; 14 (2): 76-92. ( 医中誌 )

  112. 秀島雅之, 谷口尚, 中野雅昭, 他. 片側性臼歯部交叉咬合を伴う唇顎口蓋裂患者の咀嚼運動 臼歯部被蓋の違いが側方移植量に及ぼす影響 日本補綴歯科学会雑誌. 1990; 34 (特別): 111. ( 医中誌 )

  113. 秀島雅之, 他. 片側性臼歯部交叉咬合を伴う唇顎口蓋裂患者の咀嚼運動臼歯部被蓋の違いと食品差が咀嚼運動に及ぼす影響 日本口蓋裂学会雑誌. 1990; 15 (3): 232. ( 医中誌 )

  114. 秀島雅之. 片側性臼歯部交叉咬合を伴う口蓋裂患者の咀嚼運動について 臼歯部被蓋の違いが咀嚼パターンに及ぼす影響 日本補綴歯科学会雑誌. 1989; 33 (5): 1168-1182. ( 医中誌 )

  115. 秀島雅之, 他. 片側性臼歯部交叉咬合を伴う唇顎口蓋裂患者の咀嚼運動 臼歯部被蓋の違いが咀嚼パターンに及ぼす影響 日本口蓋裂学会雑誌. 1989; 14 (2): 291. ( 医中誌 )

  116. 秀島雅之, 他. 少数残存歯症例の口蓋裂患者の補綴処置について 日本口蓋裂学会雑誌. 1986; 11 (2): 298-299. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 宮崎泰成,秀島雅之編. いびき!? 眠気!? 睡眠時無呼吸症を疑ったら - 周辺疾患を含めた,検査,診断から治療法までの診療の実践 - 1章Q31,35,36,41,42,2章3.歯科から医科への紹介,5章1.1)⑤口腔内装置(OA)療法. 羊土社, 2018.04

  2. 宮崎泰成,秀島雅之編. いびき!? 眠気!? 睡眠時無呼吸症を疑ったら - 周辺疾患を含めた,検査,診断から治療法までの診療の実践 - 1章Q32,40,43,4章1.初診時チェックリスト. 羊土社, 2018.04

  3. 全国歯科技工士教育協議会編,秀島雅之,中村周平,松原 恒,鈴木 達. 最新歯科技工士教本 歯科技工実習. 医歯薬出版, 2017.04 睡眠時無呼吸症のための口腔内装置

  4. 安田 登 監著,遠藤泰生,金田 ,小笠原浩一,谷田部 優,木下 亨,秀島雅之. 迷わない,悩まないパーシャルデンチャーのつくり方 -欠損パターンで覚えるパーシャルデンチャー-.. クインテッセンス, 2014.04

  5. 五十嵐順正・若林則幸 編著,秀島雅之,笛木賢治,犬飼周佑,上野剛史,佐藤雅之,和達重郎,松原 恒. パーシャルデンチャーを得意になろう!- 設計原則からトラブル対応までの臨床ガイド -. ヒョーロン, 2013.02 装着後に起きる問題. 顎堤の吸収.

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 則武 加奈子, 須永 昌代, 海老原 新, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 金森 ゆうな, 木下 淳博, 新田 浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の研修歯科医採用試験におけるオンライン試験の試み. 第40回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2021.11.20 東京(オンライン)

  2. Akitaka Hattori ,Jun Turuta2,Yasuyuki Kimura , Masayuki Hideshima, Kouji Araki. Study on the correlation between artificial tooth cutting and VR simulator. 口腔病学会 2019.12.06 東京医科歯科大学

  3. 秀島雅之. 教育セミナー:OA治療における臨床でのヒント.欠損歯列症例のOA治療.. 第18 回日本睡眠歯科学会総会• 学術集会 2019.11.24 新潟

  4. 三間 裕子, 中村 周平, 飯田 知里, 犬飼 周佑, 玉岡 明洋, 秀島 雅之. 舌前方保持装置の臨床的有用性に関する検討. 第18 回日本睡眠歯科学会総会• 学術集会 2019.11.24 新潟

  5. 秀島雅之,古畑 升. インプラント補綴症例への睡眠時無呼吸症のOA(Oral Appliance)治療の現状と展望. 第47回日本口腔インプラント学会学術大会 2017.09.24 仙台国際センター

  6. Ken-ichi Tonami, Chikako Nakamura, Azusa Yamada, Sachi Umemori, Kanako Noritake, Maiko Iwaki, Masayo Sunaga, Satoko Ohara, Masayuki Hideshima, Jun Tsuruta, Hiroshi Nitta, Shigeru Oda, Atsuhiro Kinoshita, Kouji Araki, Shiro Mataki. Development of professionalism during experiential learning at welfare facilities. 26th seaade Annual Scientific Meeting, Bali, Indonesia 2015.08.12 Bali, Indonesia

  7. 礪波健一,山田 梓,梅森 幸,則武加奈子,岩城麻衣子,大原里子,秀島雅之,新田 浩,小田 茂,木下淳博,荒木孝二,俣木志朗. 行動科学基礎体験学習における人間理解に関する学生の意識の変化. 日本歯科医学教育学会学術大会 2015.07.10

  8. 秀島雅之,中村周平,飯田知里,西山暁,犬飼周佑,安部友佳,石山裕之,稲数彩花,三間裕子,足立明奈,松原恒,俣木志朗,嶋田昌彦. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来発足の経緯と診療概要. 第78回口腔病学会学術大会 2013.12

  9. 秀島雅之. 磁性アタッチメントの保険収載と診療ガイドライン. 日本補綴歯科学会第131回学術大会 臨床リレーセッション4「補綴医に必要な磁性アタッチメントの知識と技能」 2022.07.17 大阪

  10. 秀島 雅之. 磁性アタッチメントの保険収載と診療ガイドライン. 日本補綴歯科学会誌 2022.07.01

  11. 則武 加奈子, 金森 ゆうな, 木村 康之, 城戸 大輔, 海老原 新, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 須永 昌代, 木下 淳博, 新田 浩. 過去9年間における協力型臨床研修施設での研修歯科医の評価. 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  12. 則武加奈子,金森ゆうな,木村康之,城戸大輔,海老原新,秀島雅之,礪波健一,梅森幸,須永昌代,木下淳博,新田浩. 過去9ヶ年における協力型臨床研修施設での研修歯科医の評価. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.04 東京

  13. 石山裕之, 西山 暁, 秀島雅之, 前田 茂. 起床時の頭痛に対し, 睡眠時無呼吸の影響を疑った1例. 第20回日本睡眠歯科学会学術集会 2021.11.27 北九州市(ハイブリッド開催)

  14. 金森ゆうな, 則武加奈子, 木村康之, 城戸大輔, 海老原 新, 秀島雅之, 礪波健一, 梅森 幸, 新田 浩. 東京医科歯科大学研修歯科医の支台歯形成を評価する能力について. 第40回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2021.11.20 オンライン開催

  15. 則武 加奈子, 須永 昌代, 海老原 新, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 金森 ゆうな, 木下 淳博, 新田 浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院の研修歯科医採用試験におけるオンライン試験の試み. 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  16. 金森 ゆうな, 則武 加奈子, 木村 康之, 城戸 大輔, 海老原 新, 秀島 雅之, 礪波 健一, 梅森 幸, 新田 浩. 東京医科歯科大学研修歯科医の支台歯形成を評価する能力について. 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集 2021.11.01

  17. 宮地 舞, 秀島 雅之, 石山 裕之, 玉岡 明洋, 宮崎 泰成, Arman Sherwin, Merrill Robert. 米国での閉塞性睡眠時無呼吸に対する口腔内装置療法における副作用への対応. 日本睡眠学会第46回定期学術集会(ハイブリッド開催) 2021.09.23 福岡国際会議場

  18. 秀島雅之,菅沼岳史,奥野健太郎,槙原絵理. シンポジウム「睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置による治療」. 第130回日本補綴歯科学会学術大会 2021.06.20 オンライン

  19. 秀島 雅之, 乙丸 貴史, 金崎 彩子, 尾澤 昌悟, 松井 桂子, 高橋 哲, 代田 達夫, 檀上 敦, 山下 佳雄. シンポジウム 口唇裂・口蓋裂の診療ガイドラインについて - 口唇裂・口蓋裂の補綴歯科診療ガイドライン策定 -. 第45回日本口蓋裂学会学術集会 オンライン 2021.05.21 オンライン

  20. 宮地舞, 秀島雅之, R. Merrill, S. Arman. 米国における睡眠歯科医学の臨床現場と教育制度. 日本睡眠歯科学会第19回学術集会 2020.11.22 オンライン

  21. 中村 周平, 秀島 雅之, 石山 裕之, 飯田 知里, 佐藤 光生, 古畑 升, 鈴木 達, 松原 恒, 玉岡 明洋, 宮崎 泰成. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来の閉塞性睡眠時無呼吸における口腔内装置療法の臨床的有効性の検討. 2020.11.22 オンライン

  22. 齋藤 七海, 佐藤 晴瑞, 佐藤 哲大, 二宮 健司, 齋藤 滋子, 片平 治人, 秀島 雅之. OA装着後に簡易検査で数値が悪化した症例について. 日本睡眠歯科学会第19回学術集会 2020.11.22 オンライン

  23. 柳沢 治之, 秀島 雅之. 保険適用OAの効率的な下顎前方移動および固定法の提案. 日本睡眠歯科学会第19回学術集会 2020.11.22 オンライン

  24. 山本 裕明, 秀島 雅之. 中枢性無呼吸混在型OSA患者、lip incompetence(口唇閉鎖不全)を伴う就寝中口呼吸患者の無随意呼吸の特徴 過換気呼吸と睡眠時無呼吸・口呼吸との関係. 日本睡眠歯科学会第19回学術集会 2020.11.22 オンライン

  25. 則武加奈子、金森ゆうな、海老原 新、城戸大輔、岩城麻衣子、木村康之、楠 侑香子、秀島雅之、礪波健一、梅森 幸、荒木 孝二、新田 浩. 在宅勤務を命じられた研修歯科医への臨床研修実施奮闘記. . 第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2020.09.26 横須賀(誌上開催)

  26. 金森ゆうな, 則武加奈子, 梅森 幸, 岩城麻衣子, 城戸大輔, 秀島雅之, 木村康之, 服部旭威, 礪波健一, 海老原 新, 荒木孝二, 新田 浩. 東京医科歯科大学研修歯科医に対する試行的臨床技能試験の研修歯科医による評価. 第39回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2020.09.26 横須賀(誌上開催)

  27. 金森ゆうな, 則武加奈子, 梅森幸, 岩城麻衣子, 城戸大輔, 竹内祥吾, 服部旭威, 礪波健一, 海老原新, 秀島雅之, 荒木孝二, 新田浩. 東京医科歯科大学歯学部附属病院研修歯科医への客観的歯科臨床技能評価の導入の試み. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京都文京区

  28. 石山裕之, 秀島雅之, 西山 暁, 中村周平, 玉岡明洋, 宮崎泰成, 嶋田昌彦. 閉塞性睡眠時無呼吸症に対する口腔内装置治療により, 関節円板の位置が変化したと考えら れる一症例. 第18回日本睡眠歯科学会総会・学術集会 2019.11.24 新潟

  29. 服部 旭威,鶴田 潤,木村 康之,秀島 雅之,荒木 孝二. 歯科切削技術における人工歯切削と VR シミュレーターの相関性に関する報告. 日本シュミレーション医療教育学会 2019.09.21 日本医科大学

  30. 鈴木大虎,松浦 博,井本智明,和田淳一郎,秀島雅之. 高齢化による発話への影響の音声セグメントを用いた評価. 日本音響学会2019年秋季大会 2019.09.06 草津(滋賀県)

  31. 林奨太,玉岡明洋,立石知也,藤江俊秀,稲葉雄一郎,鈴木康弘,上里彰仁,治徳大介,秀島雅之,中村周平,飯田知里,石山裕之,室田勇騎,半田伊吹,宮崎泰成. いびき音解析による閉塞性睡眠時無呼吸症重症度判定の新たな指標について. 日本睡眠学会第 44 回定期学術集会 2019.06.28 名古屋

  32. 石山裕之, 秀島雅之, 玉岡明洋, 藤江俊秀, 中村周平, 林 奨太, 飯田 知里, 西山 暁, 嶋田昌彦, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置の適応症に関する, 新たな診断法の確立-呼吸抵抗の有用性について- . 第17回日本睡眠歯科学会総会・学術集会 2018.11.24 つくば

  33. 樋口 智也,松浦 博,澤崎 宏一,和田 淳一郎,秀島 雅之. 音声セグメントと深層学習を用いた発話アクセント・イントネーションの推定.. 日本音響学会2018年秋季大会 2018.09.13 大分(大分大学旦野原キャンパス )

  34. 石山裕之, 秀島雅之, 玉岡明洋, 藤江俊秀, 白井 剛, 増尾昌宏, 中村周平, 西山 暁, 嶋田昌彦, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置(OA)療法の適応症の新たな判定法-呼吸抵抗(IOS検査)によるOA適否の判定-. 日本睡眠学会第43回定期学術集会 2018.07.12 札幌

  35. 青木 章, 竹内 康雄, 秋月 達也, 水谷 幸嗣, 片桐 さやか, 池田 裕一, 前川 祥吾, 渡辺 数基, 松浦 孝典, 大津 杏理, 柿﨑 翔, 駒崎 利奈, 三上 理沙子, 秀島 雅之, 二階堂 徹, 荒木 孝二, 和泉 雄一. 東京医科歯科大学歯学部第5・第6学年の歯周治療臨床実習の現状. 第61回春季日本歯周病学会学術大会 2018.06.01 京王プラザホテル, 東京

  36. 和田淳一郎,秀島雅之,松浦博. 高齢者における歯の喪失に伴う発語障害と歯科治療 ―音声認識を用いた取り組み―. 第11回高齢社会デザイン研究発表会 2018.03.16 東京

  37. 樋口 智也,浅野 慎二,松浦 博,澤崎 宏一,和田 淳一郎,秀島 雅之. 音声セグメントを用いた日本語学習者による発話イントネーションの自動推定.. 日本音響学会2018年春季大会 2018.03.15 埼玉(日本工業大学宮代キャンパス)

  38. 林 奨太,秀島雅之,石原直樹,倉島智洋,犬飼周佑,三間裕子,中村周平,藤江俊秀,宮崎泰成,玉岡明洋. 東京医科歯科大学医学部附属病院・歯学部附属病院における OSA 患者の CPAP 治療から OA 治療への移行例の検討. 2017.11.04

  39. 鈴木達,松原恒,秀島雅之,中村周平,飯田知里,三間裕子,石山裕之,林奨太,玉岡明洋,宮崎泰成. 義歯製作用レジン注入装置を用いたソフトタイプOA製作法の検討.. 第16 回日本睡眠歯科学会学術集会 2017.11.04 山口

  40. 松浦 博, 澤崎 宏一, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 秀島 雅之. 音声セグメントと基本周波数との連携による日本語学習者の発話評価. 日本音響学会2017年秋季大会 2017.09.27 愛媛大学城北キャンパス

  41. 林奨太,玉岡明洋,藤江俊秀,立石知也,石原直樹,三間裕子,中村周平,秀島雅之,宮崎泰成,稲瀬直彦. 当院のOSA患者におけるCPAPから口腔内装置(OA)への移行例の検討. 2017.06.30 神奈川

  42. 小野 卓史, 豊福 明, 秀島 雅之, 古屋 純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト 働き(口腔機能). 口腔病学会雑誌 2017.03.01

  43. 小野 卓史, 豊福 明, 秀島 雅之, 古屋 純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト 働き(口腔機能). 口腔病学会雑誌 2017.03.01

  44. 小野 卓史, 豊福 明, 秀島 雅之, 古屋 純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクト 働き(口腔機能). 口腔病学会雑誌 2017.03.01

  45. 石原 直樹、野間 久史、中村 周平、飯田 知里、三間 裕子、石山 裕之、林 将太、犬飼 周佑、宮崎 泰成、秀島 雅之. 閉塞性睡眠時無呼吸症患者に対するOA療法の治療効果予測モデルの開発. 第15回日本睡眠歯科学会総会・学術大会 2016.11.13

  46. 井本智明,松浦博,秀島雅之. 主成分分析と回帰分析を用いた音声セグメントと疲労度の関連性の検討. 日本音響学会2016年秋季研究発表会 2016.09.15 富山

  47. 礪波健一,山田梓,梅森幸,則武加奈子,木村康之,岩城麻衣子,須永昌代,秀島雅之,小田茂,新田浩,木下淳博,荒木孝二,俣木志朗. 歯学科学生の人間関係に関する認識に及ぼす東日本大震災の影響. 第57回日本歯科医療管理学会 2016.07.16

  48. 和田淳一郎,秀島雅之,犬飼周佑,松浦博,若林則幸. 歯列弓および口蓋の形態が上顎部分床義歯の大連結子による発語障害の程度に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.09 金沢

  49. 中村周平,秀島雅之,飯田知里,三間裕子,林奨太,石原直樹,西山暁,石山裕之,犬飼周佑,松原恒,藤江俊秀,玉岡明洋,宮崎泰成. 快眠歯科外来のOA療法の実際とその診療実績. 第41回日本睡眠学会学術集会 2016.07.07 新宿

  50. 秀島雅之,谷口充孝. OSASへのCPAP・OA療法によるテイラーメイド型治療の実際.. 第41回日本睡眠学会学術集会 2016.07.07 新宿

  51. 玉岡明洋,林奨太,立石知也,藤江俊秀,甫母瑞枝,上里彰仁,石山裕之,犬飼周佑,西山暁,中村周平,飯田知里,三間裕子,秀島雅之,宮崎泰成,稲瀬直彦. 当院における後期高齢者OSASに対するCPAP治療の現状. 第41回日本睡眠学会学術集会 2016.07.07 新宿

  52. 石山裕之, 犬飼周佑, 西山暁, 秀島雅之. 中村周平, 飯田知里, 三間裕子, 林奨太, 上里彰仁, 藤江俊秀, 玉岡明洋, 宮崎泰成, 嶋田昌彦, 若林則幸. OA療法予定の閉塞性睡眠時無呼吸患者に対して行う開口訓練は、顎関節痛予防およびコンプライアンス向上に有効か -二重盲検ランダム化比較試験-. 日本睡眠学会第41回定期学術集会 2016.07.07

  53. 礪波 健一,山田 梓,梅森 幸,則武加奈子,木村康之,岩城麻衣子, 須永昌代, 秀島雅之,小田 茂,新田 浩,木下淳博,荒木孝二,俣木 志朗. ビデオ教材を用いた医療倫理演習の3年後の学生授業評価に影響を与える因子. 第35回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2016.07.01 大阪

  54. 則武加奈子, 鶴田潤, 小田茂, 秀島雅之, 荒木孝二. 東京医科歯科大学歯学部歯学科包括臨床実習へ協力する患者背景の分析. 第80回 口腔病学会記念学術大会 2015.12.26 東京

  55. 三間 裕子、秀島 雅之、中村 周平、飯田 知里、林 奨太、西山 暁、犬飼 周佑、石山 裕之、石原直樹、松原 恒、稲数 彩花、俣木 志朗、嶋田 昌彦. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来の診療概要と口腔内装置の臨床的有効性. 第80回口腔病学会学術大会 2015.12.26

  56. 石山裕之,犬飼周佑,西山暁,秀島雅之,中村周平,飯田知里,三間裕子,玉岡明洋,宮崎泰成,若林則幸. OA使用の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する運動療法が顎関節の痛みに及ぼす影響について―二重盲検ランダム化比較試験―. 第14回日本睡眠歯科学会学術集会抄録集 2015.11.23

  57. 石山裕之, 犬飼周佑, 西山暁, 秀島雅之, 中村周平, 飯田知里, 三間裕子, 玉岡明洋, 宮崎泰成, 若林則幸. OA使用の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する運動療法が顎関節の痛みに及ぼす影響について -二重盲検ランダム化比較試験-. 日本睡眠歯科学会第14回定期学術集会 2015.11.23

  58. 北條友梨, 松浦博, 澤崎宏一, 和田淳一郎, 犬飼周佑, 秀島雅之. 音声セグメントラベルと基本周波数を用いた日本語学習者のためのアクセント・イントネーションe-Learningシステム. 日本 e-Learning 学会第18回(2015年度)学術講演会 2015.10

  59. 中村周平,秀島雅之,林奨太,荒木孝二,俣木志朗. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の診断および快眠歯科(いびき・無呼吸)外来における口腔内装置療法の臨床的有効性に関する検討. 第28回日本口腔診断学会学術大会 2015.09.05

  60. 新田浩, 礪波健一, 梅森幸, 則武加奈子, 岩城麻衣子, 小田茂, 秀島雅之, 渕田慎也, 荒木孝二, 俣木志朗. 東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科医師臨床プログラムの満足度についてー全国平均との比較ー. 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2015.07.10 鹿児島

  61. 秀島雅之,佐藤 誠. OSASへのCPAP・OA療法等の適否を判定する検査・診断法. 第40回日本睡眠学会学術集会 2015.07.03 宇都宮

  62. 玉岡明洋,甫母瑞枝,立石知也,藤江俊秀, 上里彰仁,宮崎泰成,犬飼周佑,中村周平,西山 暁,石山裕之,林 奨太,飯田知里,秀島雅之. 体位依存性によるCPAP・OA適否の診断. 第40回日本睡眠学会学術集会 2015.07.03 宇都宮

  63. 犬飼周佑,秀島雅之,中村周平,西山暁,石山裕之,飯田知里,玉岡明洋,藤江俊秀,上里彰人,宮崎泰成,若林則幸. IOS検査によるOA適否の予知性. 第40回日本睡眠学会学術集会 2015.07.03

  64. 渡邉真央,乙丸貴史,秀島雅之,谷口 尚. オーラルアプライアンス(OA)装着により睡眠時無呼吸が改善した上顎欠損症例. 第124回日本補綴歯科学会学術大会 2015.05.30 埼玉県さいたま市

  65. 大城一輝,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之,松浦 博. 音素とアクセントの自動推定に基づく日本語発語の学習支援.. 2015年日本電子情報通信学会総合大会 2015.03.13 立命館大学びわこ・くさつキャンパス,滋賀県草津市

  66. 毎熊容子, 新田 浩, 礪波健一, 梅森 幸, 則武加奈子, 小田 茂, 秀島雅之, 俣木志朗. 歯科臨床研修の満足度調査について. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  67. 中村周平, 秀島雅之, 飯田知里, 林 奨太, 西山 暁, 犬飼周佑, 石山裕之, 松原 恒, 稲数彩花, 三間裕子, 俣木志朗, 嶋田昌彦. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来の閉塞性睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置療法の臨床的有効性および問題点の検討.. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.06 東京

  68. 飯田知里,秀島雅之,中村周平,西山暁,犬飼周佑,石山裕之,三間裕子,松原恒,玉岡明洋,宮崎泰成. AHI20以上の患者に対するOA治療の現状と今後の課題. 第13回日本睡眠歯科学会学術集会 2014.11

  69. 犬飼周佑,秀島雅之,中村周平,西山暁,石山裕之,飯田知里,玉岡明洋,藤江俊秀,宮崎泰成,若林則幸. 閉塞性睡眠時無呼吸症患者に対する口腔内装置の治療効果予測システムの開発. 第13回日本睡眠歯科学会学術集会 2014.11

  70. 酒井敬一,小海 暁,桐井絢子,上杉俊輔,犬飼周佑,米満郁男,大村 進,秀島雅之,小野卓史. 下顎の前方移動が顎顔面・上気道形態に与える影響について – 口腔内装置と下顎前方移動術の比較 -.. 日本矯正歯科学会学術大会 2014.10.20 幕張

  71. 松浦博,大城一輝,和田淳一郎,犬飼周佑,秀島雅之. 日本語アクセントの音声セグメントと基本周波数を用いた自動評価.. 日本音響学会2014年秋季研究発表会 2014.09.03 北海道

  72. 玉岡明洋,筒井俊晴,立石知也,藤江俊秀,甫母瑞枝,上里彰仁,宮崎泰成,飯田知里,西山 暁,秀島雅之,稲瀬直彦. OSASにおける医科・歯科連携診療での課題,歯科への提言.. 第39回日本睡眠学会学術集会 2014.07.04 徳島

  73. 成井浩司,秀島雅之. OSASにおけるテーラーメイド型治療を目指して – 医科・歯科の連携診療における治療法選択の決定 -. 第39回日本睡眠学会学術集会 2014.07.04 徳島

  74. 小海 暁,犬飼周佑,酒井敬一,中村周平,桐井絢子,上杉俊輔,三間裕子,安部友佳,上里彰仁,藤江俊秀,西山 暁,玉岡明洋,宮崎泰成,秀島雅之,小野卓史. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置に伴う顎顔面・上気道形態の変化が治療結果に与える影響.. 第39回日本睡眠学会学術集会 2014.07.03 徳島

  75. 小海暁,犬飼周佑,酒井敬一,中村周平,桐井絢子,上杉俊輔,三間裕子,安部友佳,上杉彰仁,藤江俊秀,西山暁,玉岡明洋,宮崎泰成,秀島雅之,小野卓史. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置装着に伴う顎顔面・上部気道形態の変化が治療効果に与える影響. 第39回日本睡眠学会学術集会 2014.07

  76. 秀島雅之. 診療ガイドライン作成委員会パネルディスカッション,補綴歯科WGにおける診療ガイドラインCQ作成. 第38回日本口蓋裂学会学術集会 2014.05.29 札幌

  77. 松井 文香,松浦 博, 和田 淳一郎, 犬飼 周佑, 秀島 雅之. 音声セグメントと基本周波数によるアクセント型の推定と留学生の促音発話. 日本音響学会2014年春季研究発表会 2014.03.11 東京

  78. 中村周平,秀島雅之,飯田知里,西山暁,犬飼周佑,安部友佳,石山裕之,稲数彩花,三間裕子,足立明奈,松原恒,宮崎泰成,藤江俊秀,上里彰仁,玉岡明洋. 咬合力測定システムを用いた閉塞性睡眠時無呼吸症患者の口腔内装置使用に伴う経時的な咬合状態の評価. 第12回日本睡眠歯科学会学術集会 2013.09

  79. 犬飼周佑,西山暁,安部友佳,石山裕之,中村周平,秀島雅之,藤江俊秀,上里彰仁,玉岡明洋,宮崎泰成. OA療法予定のOSA患者に対する睡眠の客観的評価と主観的評価との関連について. 第38回日本睡眠学会定期学術集会 2013.06

  80. 犬飼周佑,秀島雅之,西山暁,松原恒,安部友佳,中村周平,藤江俊秀,上里彰仁,玉岡明洋,宮崎泰成,俣木志朗,五十嵐順正,吉澤靖之. ブラキシズム既往の閉塞性無呼吸症候群患者に対して可動型口腔内装置による治療を行った一例. 第11回日本睡眠歯科学会学術集会 2012.11

  81. 中村周平. 睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置治療における起床後の咬合に及ぼす影響に関する予備的研究. 第7回日本睡眠歯科学会学術集会 2008.10

  82. 近藤知里,礪波健一,佐藤光生,中村周平,田村梨沙,長谷川誠,俣木志朗,黒﨑紀正. 重度睡眠時無呼吸症候群患者に対する口腔内装置の治療効果について. 第33回日本睡眠学会定期学術集会 2008.06

  83. 中村周平,佐藤光生,長谷川誠. 睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置治療による起床時の咬合及び顎関節への影響について. 第62回日本口腔科学会学術集会 2008.04

  84. 佐藤光生,千葉義明,遠藤由理,長谷川誠,礪波健一,近藤知里,棚橋孝之,高島明子,高橋啓,中村周平,田村梨沙,俣木志朗,黒﨑紀正,鈴木雅明. 動脈血酸素飽和度に影響を及ぼす諸因子. 第38回睡眠呼吸障害研究会 2007.02

  85. 佐藤光生,長谷川誠,中村周平,高島明子,近藤知里,中川健三,俣木志朗,黒﨑紀正. 睡眠時無呼吸症候群におけるスリープスプリント療法について. 第36回睡眠呼吸障害研究会 2006.02

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 医療チーム功労賞,東京医科歯科大学,2020年12月

  • 石原 直樹. 菊池賞(優秀発表賞),第15回日本睡眠歯科学会総会・学術大会,2016年11月

  • 第14回日本睡眠歯科学会学術集会 優秀発表賞(石山裕之),日本睡眠歯科学会,2015年11月

  • 2018年度日本歯周病学会教育賞,日本歯周病学会,2019年05月

  • 東京医科歯科大学歯学部優秀教員賞 (秀島雅之),東京医科歯科大学歯学部,2015年01月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 令和4~6年度 科学研究費補助金・基盤研究(C)「睡眠時無呼吸症の口腔内装置療法の治療効果予測と検証-予測モデルと内視鏡での判定-」,2022年04月

    秀島雅之
    科学研究費(基盤研究(C))2022年
    課題番号: 22K10051
    研究期間: 2022~2024年度
    研究代表者: 秀島雅之
    配分額: 3200千円

  • 睡眠時無呼吸症の治療効果の予測モデルの確立と検証 -口腔内装置療法の非接触評価-,2021年04月

    秀島雅之
    科学研究費(基盤研究(C))2018年
    課題番号: 18K09678
    研究期間: 2018~2021年度
    研究代表者: 秀島雅之
    配分額: 3500千円

  • 咽喉部機能維持のための発話訓練法-音声認識・深層学習を用いた評価訓練プログラム-,2021年04月

    秀島雅之(分担)
    科学研究費(基盤研究(C))2020年
    課題番号: 20K11894
    研究期間: 2020~2024年度
    研究代表者: 松浦 博
    配分額: 3300千円

  • 顎変形症の術後の長期経過患者における睡眠時無呼吸症の発症リスクと顎骨移動の関係,2021年04月

    秀島雅之(分担)
    科学研究費(基盤研究(C))2021年
    課題番号: 21K10086
    研究期間: 2021~2023年度
    研究代表者: 友松伸允

  • 睡眠医学,歯科医師のための睡眠学セミナー2019,2019年02月

    日本睡眠歯科学会が主催する歯科医師,コ・デンタルスタッフを対象とした睡眠医学のセミナー.睡眠学の基礎を学ぶとともに,医科の日本睡眠学会の認定試験を受験する際の,対策プログラムも組み込まれている.

  • 秀島雅之(代表).科学研究費(基盤研究(C)),2018年04月

    睡眠時無呼吸症の治療効果の予測モデルの確立と検証 -口腔内装置療法の非接触評価-.2018-2020.

  • 秀島雅之: テレビ東京「ゆうがたサテライト,5時のクリニック:閉塞性睡眠時無呼吸症」,2017年09月

    テレビ東京の情報番組「ゆうがたサテライト」の「5時のクリニック」にて,本学快眠センター・快眠歯科における閉塞性睡眠時無呼吸症の睡眠検査,マウスピース治療について放映.

  • 秀島雅之: 夕刊フジ「快適睡眠研究」,2017年08月

    閉塞性睡眠時無呼吸症の診断を受けた記者が,本学快眠歯科を受診し,マウスピース治療を受けた際の体験リポートを夕刊フジに連載.

  • 「睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-」,2017年04月

    秀島雅之
    科学研究費(基盤研究(C))2017年
    課題番号: 15K11152
    研究期間: 2015~2017年度
    研究代表者: 秀島雅之
    配分額: 3700千円

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症への上下一体型口腔内装置の長期使用が顎口腔に及ぼす影響,2017年03月

    中村周平
    科学研究費 (若手研究(B))2017年
    研究期間: 2014~2017年度
    研究代表者:中村周平
    配分額:3770千円
    リンクURL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20644272.ja.html

  • 「睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-」,2016年04月

    秀島雅之
    科学研究費補助金・基盤研究(C)(一般)2016年
    課題番号: 15K11152
    研究期間: 平成27~29年度
    研究代表者: 秀島雅之
    配分額: 3700千円

  • 睡眠時無呼吸症候群の新たな評価方法の開発 -赤外線センサでの非接触分析-,2016年

    研究代表者:中村周平
    研究期間:2016年8月1日~2017年5月31日(予定)
    研究分野:睡眠医学
    研究種目:福田記念医療技術振興財団 共同研究助成
    配分額:771千円
    リンクURL:http://www.fukudakinen.or.jp/

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症への上下一体型口腔内装置の長期使用が顎口腔に及ぼす影響,2016年

    研究代表者:中村周平
    研究期間:2015年4月1日~2016年3月31日(予定)
    研究分野:補綴・理工系歯学
    研究種目:科学研究費補助金 若手研究(B)
    配分額:3770千円
    リンクURL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20644272.ja.html

  • 「睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-」,2015年04月

    秀島雅之
    科学研究費補助金・基盤研究(C)(一般)2015年
    課題番号: 15K11152
    研究期間: 平成27~29年度
    研究代表者: 秀島雅之
    配分額: 3700千円

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症への上下一体型口腔内装置の長期使用が顎口腔に及ぼす影響,2015年

    研究代表者:中村周平
    研究期間:2015年4月1日~2016年3月31日
    研究分野:補綴・理工系歯学
    研究種目:科学研究費補助金 若手研究(B)
    配分額:3770千円
    リンクURL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20644272.ja.html

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症への上下一体型口腔内装置の長期使用が顎口腔に及ぼす影響,2014年

    研究代表者:中村周平
    研究期間:2014年4月1日~2015年3月31日
    研究分野:補綴・理工系歯学
    研究種目:科学研究費補助金 若手研究(B)
    配分額:3770千円
    リンクURL:https://kaken.nii.ac.jp/d/r/20644272.ja.html

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D6包括臨床実習PhaseⅠ~Ⅲ,2011年 - 現在

  • D4臨床体験実習2ハードシミュレーション実習,2006年 - 現在

  • 口腔保健工学4年 オーラルアプライアンス工学,2014年 - 現在

  • 修士過程1年 病院実習総括講義,2011年 - 現在

  • 口腔保健学4年 臨床口腔保健応用学(睡眠時無呼吸症),2019年 - 現在

  • 口腔保健学4年 全身と口腔の健康評価,2016年 - 2018年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 経営情報学  「歯科医学への情報科学の活用」,静岡県立大学経営情報学部

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯科医学への情報科学の活用,2008年12月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症Obstrutive Sleep Apnea)の口腔内装置(Oral Appliance)療法(秀島雅之),東京医科歯科大学茶静会,東京医科歯科大学 茶静会総会 特別講演,静岡,2020年02月09日

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症(Obstrutive Sleep Apnea)の口腔内装置(Oral Appliance)療法(秀島雅之),東京医科歯科大学技友会,東京医科歯科大学 技友会総会学術講演会 特別講演,東京,2019年03月16日

  • オーラルアプライアンス(OA)治療について,日本睡眠歯科学会,日本睡眠医学基礎講座2017,山口,2017年11月03日

  • テレビ東京「ゆうがたサテライト,5時のクリニック:閉塞性睡眠時無呼吸症」(秀島雅之),テレビ東京「ゆうがたサテライト,5時のクリニック」,2017年09月12日

  • 東京医科歯科大学快眠歯科外来へようこそ- 睡眠時無呼吸症候群へのスプリント療法:補綴学からのアプローチ -,東京医科歯科大学歯科同窓会,東京医科歯科大学歯科同窓会 CDE実習コース,東京医科歯科大学7号館示説室・実習室,2014年02月23日 - 2017年07月09日