基本情報

写真a

松村 寛行(マツムラ ヒロユキ)

MATSUMURA Hiroyuki


職名

助教

生年

1979年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学部  2002年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  薬学研究科  修士課程  2004年03月  修了

  • 京都大学  医学研究科  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 幹細胞医学分野 テニュアトラック
  • 2010年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 難治病態研究部門 幹細胞医学分野 助教

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 幹細胞分裂に着目した毛包老化の仕組みの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 皮膚発癌におけるヘミデスモソーム構成因子の役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 表皮基底細胞の細胞競合におけるヘミデスモソーム構成因子の役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2018年

  • 皮膚構成細胞の細胞運命解析による皮膚の老化・再生機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 毛包幹細胞の分裂制御におけるヘミデスモソーム構成因子の役割とその仕組みの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • ヘミデスモソーム構成分子の毛包幹細胞分裂における役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 幹細胞分裂に着目した毛包老化の仕組みの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 競合ダイナミクスに着眼した皮膚発癌機構解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Morinaga Hironobu, Mohri Yasuaki, Grachtchouk Marina, Asakawa Kyosuke, Matsumura Hiroyuki, Oshima Motohiko, Takayama Naoya, Kato Tomoki, Nishimori Yuriko, Sorimachi Yuriko, Takubo Keiyo, Suganami Takayoshi, Iwama Atsushi, Iwakura Yoichiro, Dlugosz Andrzej A., Nishimura Emi K.. Obesity accelerates hair thinning by stem cell-centric converging mechanisms NATURE. 2021.07; 595 (7866): 266-+. ( DOI )

  2. Al-Busani Hind, Al-Sobaihi Saber, Nojima Kohei, Tanemura Atsushi, Yaguchi Tomonori, Kawakami Yutaka, Matsumura Hiroyuki, Nishimura Emi K., Yokozeki Hiroo, Namiki Takeshi. NUAK2 localization in normal skin and its expression in a variety of skin tumors with YAP JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE. 2020.02; 97 (2): 143-151. ( DOI )

  3. Al-Busani Hind, Al-Sobaihi Saber, Nojima Kohei, Tanemura Atsushi, Yaguchi Tomonori, Kawakami Yutaka, Matsumura Hiroyuki, Nishimura Emi K., Yokozeki Hiroo, Namiki Takeshi. 正常皮膚におけるNUAK2の局在と種々のYAPを有する皮膚腫瘍での発現(NUAK2 localization in normal skin and its expression in a variety of skin tumors with YAP) Journal of Dermatological Science. 2020.02; 97 (2): 143-151. ( 医中誌 )

  4. Liu Nan, Matsumura Hiroyuki, Kato Tomoki, Ichinose Shizuko, Takada Aki, Namiki Takeshi, Asakawa Kyosuke, Morinaga Hironobu, Mohri Yasuaki, Nanba Daisuke, Nishimura Emi K.. 皮膚の恒常性と加齢をコントロールする幹細胞競合(Stem cell competition underlies skin homeostasis and aging) 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム. 2019.10; 44回 131. ( 医中誌 )

  5. Liu N., Matsumura H., Kato T., Ichinose S., Takada A., Namiki T., Asakawa K., Morinaga H., Mohri Y., Arcangelis A., Georges-Labouesse E., Nanba D., Nishimura E. K.. Epidermal stem cell competition orchestrates skin organ homeostasis and aging JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2019.09; 139 (9): S313.

  6. Liu Nan, Matsumura Hiroyuki, Kato Tomoki, Ichinose Shizuko, Takada Aki, Namiki Takeshi, Asakawa Kyosuke, Morinaga Hironobu, Mohri Yasuaki, De Arcangelis Adele, Geroges-Labouesse Elisabeth, Nanba Daisuke, Nishimura Emi K.. Stem cell competition orchestrates skin homeostasis and ageing NATURE. 2019.04; 568 (7752): 344-+. ( DOI )

  7. Noguchi S, Honda S, Saitoh T, Matsumura H, Nishimura E, Akira S, Shimizu S. Beclin 1 regulates recycling endosome and is required for skin development in mice. Communications biology. 2019; 2 37. ( PubMed, DOI )

  8. Nishimura Emi, Kato Tomoki, Matsumura Hiroyuki, Liu Nan. 幹細胞は毛包老化プログラムを制御する(Stem cells orchestrate hair follicle aging program) Experimental Animals. 2018.07; 67 (Suppl.): S20. ( 医中誌 )

  9. Namiki T., Matsumura H., Yaguchi T., Kawakami Y., Nishimura E., Yokozeki H.. NUAK2 promote melanoma development by regulating mTOR pathway JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2018.05; 138 (5): S201.

  10. Nanba Daisuke, Mohri Yasuaki, Okamoto Sakura, Matsumura Hiroyuki, Usami Takako, Aida Tomomi, Tanaka Koichi, Nishimura Emi K.. クローニングフリーCRISPR/Cas9技術によるDct遺伝子座を有するメラノサイト幹細胞の標的化(Targeting melanocyte stem cells with Dct locus by cloning-free CRISPR/Cas9 technology) 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム. 2017.11; 42回 253. ( 医中誌 )

  11. Matsumura H., Mohri Y., Nguyen T., Morinaga H., Fukuda M., Ito M., Kurata S., Hoeijmakers J., Nishimura E. K.. Defective maintenance of hair follicle stem cells through COL17A1 loss orchestrates the hair follicle aging program JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2017.10; 137 (10): S235.

  12. Nanba D., Toki F., Matsumura H., Toki H., Nishimura E. K.. Locomotive ability of human keratinocyte stem cells is an intrinsic property for stem cell expansion and epidermal reconstruction JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2017.10; 137 (10): S310.

  13. Matsumura H, Mohri Y, Binh NT, Morinaga H, Fukuda M, Ito M, Kurata S, Hoeijmakers J, Nishimura EK. Hair follicle aging is driven by transepidermal elimination of stem cells via COL17A1 proteolysis. Science (New York, N.Y.). 2016.02; 351 (6273): aad4395. ( PubMed, DOI )

  14. Tokuhiro K, Satouh Y, Nozawa K, Isotani A, Fujihara Y, Hirashima Y, Matsumura H, Takumi K, Miyano T, Okabe M, Benham AM, Ikawa M. Calreticulin is required for development of the cumulus oocyte complex and female fertility. Scientific reports. 2015.09; 5 14254. ( PubMed, DOI )

  15. Shehata M, Matsumura H, Okubo-Suzuki R, Ohkawa N, Inokuchi K. Neuronal stimulation induces autophagy in hippocampal neurons that is involved in AMPA receptor degradation after chemical long-term depression. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2012.07; 32 (30): 10413-22. ( PubMed, DOI )

  16. Tada M, Matsumura H, Kurose Y, Nakatsuji N, Tada T. Target chromosomes of inducible deletion by a Cre/inverted loxP system in mouse embryonic stem cells. Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology. 2009; 17 (4): 443-50. ( PubMed, DOI )

  17. Otsuji T, Matsumura H, Suzuki T, Nakatsuji N, Tada T, Tada M. Rapid induction of large chromosomal deletions by a Cre/inverted loxP system in mouse ES Cell hybrids. Journal of molecular biology. 2008.04; 378 (2): 328-36. ( PubMed, DOI )

  18. Matsumura H, Tada T. Cell fusion-mediated nuclear reprogramming of somatic cells. Reproductive biomedicine online. 2008.01; 16 (1): 51-6. ( PubMed )

  19. Matsumura H, Tada M, Otsuji T, Yasuchika K, Nakatsuji N, Surani A, Tada T. Targeted chromosome elimination from ES-somatic hybrid cells. Nature methods. 2007.01; 4 (1): 23-5. ( PubMed, DOI )

  20. 松村 寛行, 劉 楠, 西村 栄美. 【組織幹細胞の共通性と特殊性】幹細胞のクローン性増殖とAging Q.幹細胞のLife Cycle 幹細胞競合と皮膚の再生老化 生体の科学. 2021.04; 72 (2): 166-171. ( 医中誌 )

  21. 毛利 泰彰, 加藤 智起, 芹澤 直隆, 松村 寛行, 森永 浩伸, 西村 栄美. 毛髪の老化、最新情報 加齢性の脱毛や白髪における幹細胞の関与 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2020.09; 20回 115. ( 医中誌 )

  22. 松村 寛行, 劉 楠, 西村 栄美. 【細胞競合による生体制御とがん】生理的な細胞競合 表皮幹細胞の細胞競合と皮膚の再生・老化 医学のあゆみ. 2020.08; 274 (5): 491-499. ( 医中誌 )

  23. 松村 寛行, 劉 楠, 西村 栄美. 細胞生物学 幹細胞競合が皮膚の恒常性維持と老化を担う 医学のあゆみ. 2020.08; 274 (6-7): 597-598. ( 医中誌 )

  24. 松村 寛行, 劉 楠, 西村 栄美. 【最近のトピックス2020 Clinical Dermatology 2020】皮膚疾患の病態 細胞競合が担う皮膚の恒常性維持と老化 臨床皮膚科. 2020.04; 74 (5): 37-43. ( 医中誌 )

  25. 劉 楠, 松村 寛行, 西村 栄美. 表皮幹細胞の細胞競合が担う皮膚の再生・老化 再生医療. 2019.11; 18 (4): 373-390. ( 医中誌 )

  26. 西村 栄美, 松村 寛行, 劉 楠. 個体老化の分子メカニズムの解明を目指して〜細胞老化、加齢性疾患との関りの解析〜 上皮系臓器の老化の仕組み 幹細胞競合が司る皮膚の恒常性と老化について 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集. 2019.06; 19回 115. ( 医中誌 )

  27. 並木 剛, 松村 寛行, 谷口 智憲, 河上 裕, 横関 博雄, 西村 栄美. 悪性黒色腫細胞におけるマイクロアレイを用いたNUAK2下流シグナル伝達路の検討 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集. 2019.04; 35回 124. ( 医中誌 )

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 脱毛および白毛化を抑制もしくは改善するための組成物ならびにその使用

    特許番号: US 11298372

  • 脱毛および白毛化を抑制もしくは改善するための組成物ならびにその使用

    特許番号: 特許第6923927号

  • 脱毛および白毛化を抑制もしくは改善するための組成物ならびにその使用

    特許番号: 6355222

  • 脱毛および白毛化を抑制もしくは改善するための組成物ならびにその使用

    特許番号: 10702544

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「 幹細胞分裂タイプの違いが毛包の再生・老化を決定づけることを発見 」― 毛髪再生を含む上皮の再生促進・抗老化に期待 ―,2021年02月

    Nature aging