基本情報

写真a

松元 亮(マツモト アキラ)

MATSUMOTO Akira


職名

准教授

研究室住所

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 システム部門 制御分野 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10

研究室電話番号

+81-3-5280-8098

研究室FAX番号

+81-3-5280-8098

メールアドレス

matsumoto.bsr@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/bsr/index.html

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  工学部材料学科  2000年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学系研究科  材料学専攻  博士課程  2004年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 工学  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス 准教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス 准教授
  • 2010年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 生体界面工学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2011 March- present: Associate Professor, Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Japan
  • 2010 September-2011 February: Project Assistant Professor, Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Japan
  • 2010 April-2010 August: Postdoctoral Fellow, National Institute for Materials Science, Japan
  • 2006 April -2010 March: Project Assistant Professor, Department of Bioengineering at The University of Tokyo, Japan
  • 2004 April-2006 March: Postdoctoral fellow, Biomedical Engineering at Tufts University, USA
  • 2019年04月
    -
    現在
    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所 プロジェクトリーダー
  • 2021年11月
    -
    現在
    B-MED株式会社 取締役社長

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    現在
    高分子学会 分子ゲル研究会 副委員長
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    日本電気学会 デジタルヘルスケア時代の血糖値センサ調査専門委員会委員
  • 2011年04月
    -
    現在
    高分子学会 高分子ゲル研究会 運営委員
  • 2012年04月
    -
    現在
    マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議 プログラム委員
  • 2022年01月
    -
    現在
    高分子学会 高分子ゲル研究会 委員長

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料科学

  • 構造材料、機能材料

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高分子材料、ソフトマテリアル、DDS、バイオセンサ

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ボロン酸の特異な分子認識を活用した「人工トランスポーター」の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • ボロン酸を利用した新規イオンシーケンシング法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • スマートゲルを利用した完全合成型の"人工膵臓"の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2014年

  • 次世代型アポトーシスパスウェイ解析のための集積化酵素活性計測トランジスタの創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • ボロン酸の特異な分子認識を活用した「人工トランスポーター」の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 生体内でキメラ抗原受容体制御性T細胞を作り出す自己免疫疾患治療のmRNA療法

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hatano H, Meng F, Sakata M, Matsumoto A, Ishihara K, Miyahara Y, Goda T. Transepithelial delivery of insulin conjugated with phospholipid-mimicking polymers via biomembrane fusion-mediated transcellular pathways. Acta biomaterialia. 2022.03; 140 674-685. ( PubMed, DOI )

  2. Chen S, Miyazaki T, Itoh M, Matsumoto H, Moro-Oka Y, Tanaka M, Miyahara Y, Suganami T, Matsumoto A. A Porous Reservoir-Backed Boronate Gel Microneedle for Efficient Skin Penetration and Sustained Glucose-Responsive Insulin Delivery. Gels (Basel, Switzerland). 2022.01; 8 (2): ( PubMed, DOI )

  3. 松元亮*、宮崎拓也、伊藤美智子、菅波孝祥、宮原裕二. ボロン酸ゲルを用いた糖尿病治療デバイスの社会実装 バイオマテリアル. 2021.10; 39 (4): 253-257.

  4. Miyazaki T, Khan T, Tachihara Y, Itoh M, Miyazawa T, Suganami T, Miyahara Y, Cabral H, Matsumoto A. Boronic Acid Ligands Can Target Multiple Subpopulations of Pancreatic Cancer Stem Cells via pH-Dependent Glycan-Terminal Sialic Acid Recognition. ACS applied bio materials. 2021.09; 4 (9): 6647-6651. ( PubMed, DOI )

  5. Hong T, Miyazaki T, Matsumoto A, Koji K, Miyahara Y, Anraku Y, Cabral H. Phosphorylcholine-Installed Nanocarriers Target Pancreatic Cancer Cells through the Phospholipid Transfer Protein. ACS biomaterials science & engineering. 2021.08; 7 (9): 4439-4445. ( PubMed, DOI )

  6. Horiguchi Yukichi, Barthelmes Kevin, Miyahara Yuji, Matsumoto Akira. pH-responsive Adsorption and Dissociation of Sialic Acid Expressed Protein on Boronic Acid Immobilized Surface CHEMISTRY LETTERS. 2021.08; 50 (8): 1467-1469. ( DOI )

  7. Tabata Miyuki, Kataoka-Hamai Chiho, Nogami Kozue, Tsuya Daiju, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Organic and inorganic mixed phase modification of a silver surface for functionalization with biomolecules and stabilization of electromotive force RSC ADVANCES. 2021.07; 11 (40): 24958-24967. ( DOI )

  8. Matsumoto Akira, Chen Siyuan. A boronate gel-based synthetic platform for closed-loop insulin delivery systems POLYMER JOURNAL. 2021.07; 53 (12): 1305-1314. ( DOI )

  9. Matsumoto A, Osawa S, Arai T, Maejima Y, Otsuka H, Miyahara Y. Potentiometric Determination of Circulating Glycoproteins by Boronic Acid End-Functionalized Poly(ethylene glycol)-Modified Electrode. Bioconjugate chemistry. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  10. Kazunori Igarashi, Horacio Cabral, Taehun Hong, Yasutaka Anraku, Fotios Mpekris, Triantafyllos Stylianopoulos, Thahomina Khan, Akira Matsumoto, Kazunori Kataoka, Yu Matsumoto, Tatsuya Yamasoba. Vascular Bursts Act as a Versatile Tumor Vessel Permeation Route for Blood-Borne Particles and Cells Small. 2021;

  11. Wenqian Yang, Takuya Miyazaki, Pengwen Chen, Taehun Hong, Mitsuru Naito, Yuji Miyahara, Akira Matsumoto, Kazunori Kataoka, Kanjiro Miyata, Horacio Cabral. Block Catiomer with Flexible Cationic Segment Enhances Complexation with siRNA and the Delivery Performance in Vitro Science and Technology of Advanced Materials. 2021;

  12. Takuya Miyazaki, Thahomina Khan, Yoshihiro Tachihara, Michiko Itoh, Taiki Miyazawa, Takayoshi Suganami, Yuji Miyahara, Horacio Cabral, Akira Matsumoto. Boronic acid ligands can target multiple subpopulations of pancreatic cancer stem cells via pH-dependent glycan-terminal sialic acid recognition ACS Applied Bio Materials. 2021;

  13. Miyazaki Takuya, Uchida Satoshi, Hatano Hiroaki, Miyahara Yuji, Matsumoto Akira, Cabral Horacio. Guanidine-phosphate interactions stabilize polyion complex micelles based on flexible catiomers to improve mRNA delivery EUROPEAN POLYMER JOURNAL. 2020.11; 140 ( DOI )

  14. Tanaka Miyako, Saka-Tanaka Marie, Ochi Kozue, Fujieda Kumiko, Sugiura Yuki, Miyamoto Tomofumi, Kohda Hiro, Ito Ayaka, Miyazawa Taiki, Matsumoto Akira, Aoe Seiichiro, Miyamoto Yoshihiro, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Suematsu Makoto, Yamasaki Sho, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi. C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered inflammation in acute kidney injury JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE. 2020.11; 217 (11): ( PubMed, DOI )

  15. Osawa Shigehito, Matsumoto Akira, Maejima Yukie, Suzuki Toshihiro, Miyahara Yuji, Otsuka Hidenori. Direct Observation of Cell Surface Sialylation by Atomic Force Microscopy Employing Boronic Acid-Sialic Acid Reversible Interaction ANALYTICAL CHEMISTRY. 2020.09; 92 (17): 11714-11720. ( PubMed, DOI )

  16. Chen Siyuan, Miyazaki Takuya, Itoh Michiko, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira. Temperature-Stable Boronate Gel-Based Microneedle Technology for Self-Regulated Insulin Delivery ACS APPLIED POLYMER MATERIALS. 2020.07; 2 (7): 2781-2790. ( DOI )

  17. Matsumoto Akira, Kuwata Hirohito, Kimura Shinichiro, Matsumoto Hiroko, Ochi Kozue, Moro-oka Yuki, Watanabe Akiko, Yamada Hironori, Ishii Hitoshi, Miyazawa Taiki, Chen Siyuan, Baba Toshiaki, Yoshida Hiroshi, Nakamura Taichi, Inoue Hiroshi, Ogawa Yoshihiro, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi. Hollow fiber-combined glucose-responsive gel technology as an in vivo electronics-free insulin delivery system COMMUNICATIONS BIOLOGY. 2020.06; 3 (1): 313. ( PubMed, DOI )

  18. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Sriyudthsak Mana. Protein immobilization method on the ion-sensitive FET(和訳中) 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2020.04; 令和元年度 162. ( 医中誌 )

  19. Shiozaki Y, Sakurai S, Sakamoto R, Matsumoto A, Maruoka K. Iron-Catalyzed Radical Cleavage/C-C Bond Formation of Acetal-Derived Alkylsilyl Peroxides. Chemistry, an Asian journal. 2020.03; 15 (5): 573-576. ( PubMed, DOI )

  20. Hatano H, Goda T, Matsumoto A, Miyahara Y. Induced Proton Dynamics on Semiconductor Surfaces for Sensing Tight Junction Formation Enhanced by an Extracellular Matrix and Drug. ACS sensors. 2019.12; ( PubMed, DOI )

  21. Chen Siyuan, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira. Smart Microneedle Fabricated with Silk Fibroin Combined Semi interpenetrating Network Hydrogel for Glucose-Responsive Insulin Delivery ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING. 2019.11; 5 (11): 5781-5789. ( DOI )

  22. Matsumoto A, Numata K. Biomaterials Science and Engineering in Japan: Attractive, Multidisciplinary, and Essential Research Field in Japan. ACS biomaterials science & engineering. 2019.11; 5 (11): 5559-5560. ( PubMed, DOI )

  23. Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Determination of Intra- and Extra-cellular Vitamin C Dynamics GIT Laboratory Journal. 2019.09;

  24. Siyuan Chen, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. Smart Microneedle Fabricated with Silk Fibroin Combined Semi-interpenetrating Network Hydrogel for Glucose-Responsive Insulin Delivery ACS Biomaterials Science & Enginering. 2019.07;

  25. Siyuan Chen, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. Smart Microneedle Fabricated with Silk Fibroin Combined Semi-interpenetrating Network Hydrogel for Glucose-Responsive Insulin Delivery ACS Biomaterials Science & Enginering. 2019.07;

  26. Miyazawa Taiki, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Determination of cellular vitamin C dynamics by HPLC-DAD ANALYST. 2019.06; 144 (11): 3483-3487. ( PubMed, DOI )

  27. Goda T, Imaizumi Y, Hatano H, Matsumoto A, Ishihara K, Miyahara Y. Translocation Mechanisms of Cell-Penetrating Polymers Identified by Induced Proton Dynamics. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2019.06; 35 (24): 8167-8173. ( PubMed, DOI )

  28. Yoshizumi Toshihiro, Goda Tatsuro, Yatabe Rui, Oki Akio, Matsumoto Akira, Oka Hiroaki, Washio Takashi, Toko Kiyoshi, Miyahara Yuji. Field-effect transistor array modified by a stationary phase to generate informative signal patterns for machine learning-assisted recognition of gas-phase chemicals MOLECULAR SYSTEMS DESIGN & ENGINEERING. 2019.04; 4 (2): 386-389. ( DOI )

  29. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. Dental caries evaluation using wireless pH sensor: Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Chindanai(和訳中) 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 119. ( 医中誌 )

  30. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Kul-eung Pornnapat, Sriyudthsak Mana, Nakajima Anri. ISFETゲート表面の機能化によるpH感度への影響(Effect of functionalization of ISFET gate surface on pH sensitivity) 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 165. ( 医中誌 )

  31. Hatano H, Goda T, Matsumoto A, Miyahara Y. Induced Proton Perturbation for Sensitive and Selective Detection of Tight Junction Breakdown. Analytical chemistry. 2019.03; 91 (5): 3525-3532. ( PubMed, DOI )

  32. Chen Siyuan, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira. Microneedle-Array Patch Fabricated with Enzyme-Free Polymeric Components Capable of On-Demand Insulin Delivery ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS. 2019.02; 29 (7): ( DOI )

  33. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. Fabrication of Intracellular ATP-responsive Polyion Complex Micelles for Smart Nucleotide Therapeutics Delivery(和訳中) 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2018.11; 40回 489. ( 医中誌 )

  34. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Gold Nanoparticles with Ligand/Zwitterion Hybrid Layer for Individual Counting of Influenza A H1N1 Subtype Using Resistive Pulse Sensing. Langmuir. 2018.08; ( PubMed, DOI )

  35. Yoshizumi Toshihiro, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Gas-sensitive Field-effect Transistor Incorporating Polymer Layer and Porous Metal Electrode in the Gate Structure SENSORS AND MATERIALS. 2018.05; 30 (5 1): 1001-1008. ( DOI )

  36. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Watanagool Natthapol, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Sriyudthsak Mana, Miyahara Yuji. Characterization and Optimization of Thermally Grown Iridium Oxide and Its Application to pH Sensors SENSORS AND MATERIALS. 2018.05; 30 (5 SI): 1175-1185. ( DOI )

  37. Hai Wenfeng, Goda Tatsuro, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji, Horiguchi Yukichi, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Human influenza virus detection using sialyllactose-functionalized organic electrochemical transistors SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL. 2018.05; 260 635-641. ( DOI )

  38. カーン・タホミナタレク , カブラル・オラシオ , 松元 亮, 片岡 一則. DEVELOPMENT OF 5-BORONOPICOLINIC ACID-INSTALLED POLYMERIC MICELLES FOR TARGETING SIALYLATED EPITOPES ON CANCER CELLS 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2018.05; 34回 202. ( 医中誌 )

  39. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Kitasako Yuichi, Ikeda Masaomi, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Tagami Junji, Miyahara Yuji. pH Mapping on Tooth Surfaces for Quantitative Caries Diagnosis Using Micro Ir/IrOx pH Sensor ANALYTICAL CHEMISTRY. 2018.04; 90 (7): 4925-4931. ( DOI )

  40. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. Ir/IrOxワイヤレスpHセンサーを用いた齲食部位のpHマッピング 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 171. ( 医中誌 )

  41. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. Enhanced Intracellular Delivery of siRNA by Controlling ATP-Responsivity of Phenylboronic Acid-Functionalized Polyion Complex Micelles MACROMOLECULAR BIOSCIENCE. 2018.01; 18 (1 SI): 1700357. ( DOI )

  42. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. 'Borono-lectin' based engineering as a versatile platform for biomedical applications. Sci Technol Adv Mater. 2018; 19 (1): 18-30. ( PubMed, DOI )

  43. Matsumoto Akira, Tanaka Miyako, Matsumoto Hiroko, Ochi Kozue, Moro-oka Yuki, Kuwata Hirohito, Yamada Hironori, Shirakawa Ibuki, Miyazawa Taiki, Ishii Hitoshi, Kataoka Kazunori, Ogawa Yoshihiro, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi. Synthetic "smart gel" provides glucose-responsive insulin delivery in diabetic mice SCIENCE ADVANCES. 2017.11; 3 (11): eaaq0723. ( DOI )

  44. Matsumoto A., Stephenson-Brown A. J., Khan T., Miyazawa T., Cabral H., Kataoka K., Miyahara Y.. Heterocyclic boronic acids display sialic acid selective binding in a hypoxic tumor relevant acidic environment CHEMICAL SCIENCE. 2017.09; 8 (9): 6165-6170. ( DOI )

  45. Imaizumi Yuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Identification of types of membrane injuries and cell death using whole cell-based proton-sensitive field-effect transistor systems ANALYST. 2017.09; 142 (18): 3451-3458. ( DOI )

  46. Horiguchi Yukichi, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji, Miyahara Yuji. Direct and label-free influenza virus detection based on multisite binding to sialic acid receptors BIOSENSORS & BIOELECTRONICS. 2017.06; 92 234-240. ( DOI )

  47. Hai Wenfeng, Goda Tatsuro, Takeuchi Hiroaki, Yamaoka Shoji, Horiguchi Yukichi, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Specific Recognition of Human Influenza Virus with PEDOT Bearing Sialic Acid-Terminated Trisaccharides ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES. 2017.04; 9 (16): 14162-14170. ( DOI )

  48. Matsumoto Akira, Sato Shohei, Sakamaki Tomoko, Sanjo Mai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Asoh Taka-Aki, Kikuchi Akihiko, Miyahara Yuji. Demonstration of thermo-sensitive tetra-gel with implication for facile and versatile platform for a new class of smart gels JOURNAL OF BIOMATERIALS SCIENCE-POLYMER EDITION. 2017.04; 28 (10-12 SI): 1000-1009. ( DOI )

  49. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya. 実地モニタリングのための小型化ワイヤレスpHセンサー(Miniaturized wireless pH sensor for on-site monitoring) 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2017.04; 平成28年度 49. ( 医中誌 )

  50. Imaizumi Yuki, Goda Tatsuro, Schaffhauser Daniel F., Okada Jun-ichi, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Proton-sensing transistor systems for detecting ion leakage from plasma membranes under chemical stimuli ACTA BIOMATERIALIA. 2017.03; 50 502-509. ( DOI )

  51. Miyuki Tabata, Yurika Katayama, Fahmida Mannan, Ayaka Seichi, Koji Suzuki, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Label-free and Electrochemial Detection of Nucleic Acids Based on Isothermal Amplification in Combination with Solid-state pH Sensor 2017.01; 168 419-422.

  52. Miyuki Tabata, Chindanai Ratanaporncharoen, Aoi Asano, Yuichi Kitasako, Masaomi Ikeda, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Junji Tagami, Yuji Miyahara. Miniaturized Ir/IrOx pH Sensor for Quantitative Diagnosis of Dental Caries Procedia Eng.. 2017.01; 168 598-601.

  53. Imaizumi Yuki, Goda Tatsuro, Toya Yutaro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Oleyl group-functionalized insulating gate transistors for measuring extracellular pH of floating cells SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS. 2016.07; 17 (1): 337-345. ( DOI )

  54. Seichi Ayaka, Kozuka Nanami, Kashima Yuko, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Iwasawa Naoko, Citterio Daniel, Miyahara Yuji, Suzuki Koji. Real-time Monitoring and Detection of Primer Generation-Rolling Circle Amplification of DNA Using an Ethidium Ion-selective Electrode ANALYTICAL SCIENCES. 2016.05; 32 (5): 505-510.

  55. Goda Tatsuro, Yamada Eriko, Katayama Yurika, Tabata Miyuki, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Potentiometric responses of ion-selective microelectrode with bovine serum albumin adsorption BIOSENSORS & BIOELECTRONICS. 2016.03; 77 208-214. ( DOI )

  56. Akira Matsumoto, Mai Yuasa, Hiroko Matsumoto, Mai Sanjo, Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Toru Hoshi, Takao Aoyagi, Yuji Miyahara. Boronate Functionalized Polymer Gel Based Insulin Delivery System with Improved Stability in Performance: A Comparative Structure-Function Study 2016.02; 45 (4): 460-462. ( DOI )

  57. Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Field-effect transistors for detection of biomolecular recognition Intelligent Nanosystems for Energy, Information and Biological Technologies. 2016.01; 2 13-25. ( DOI )

  58. M. Tabata, C. Ratanaporncharoen, A. Asano, Y. Kitasako, M. Ikeda, T. Goda, A. Matsumoto, J. Tagami, Y. Miyahara. Miniaturized Ir/IrOx pH sensor for quantitative diagnosis of dental caries PROCEEDINGS OF THE 30TH ANNIVERSARY EUROSENSORS CONFERENCE - EUROSENSORS 2016. 2016; 168 598-601. ( DOI )

  59. Miyuki Tabata, Yurika Katayama, Fahmida Mannan, Ayaka Seichi, Koji Suzuki, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Label-free and Electrochemical Detection of Nucleic Acids Based on Isothermal Amplification in Combination with Solid-state pH Sensor PROCEEDINGS OF THE 30TH ANNIVERSARY EUROSENSORS CONFERENCE - EUROSENSORS 2016. 2016; 168 419-422. ( DOI )

  60. Goda Tatsuro, Toya Masahiro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) Bearing Phosphorylcholine Groups for Metal-Free, Antibody-Free, and Low-Impedance Biosensors Specific for C-Reactive Protein ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES. 2015.12; 7 (49): 27440-27448. ( DOI )

  61. Goda Tatsuro, Higashi Daiki, Matsumoto Akira, Hoshi Toru, Sawaguchi Takashi, Miyahara Yuji. Dual aptamer-immobilized surfaces for improved affinity through multiple target binding in potentiometric thrombin biosensing BIOSENSORS & BIOELECTRONICS. 2015.11; 73 174-180. ( DOI )

  62. Sanjoh Mai, Iizuka Daisuke, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji. Boronate Based Metal-Free Platform for Diphosphate-Specific Molecular Recognitions. Org Lett. 2015.01; ( PubMed, DOI )

  63. Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Electrochemical label-free degranulation monitoring for in-situ evaluation of cellular function 2015 37TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC). 2015; 2015-November 3177-3180. ( DOI )

  64. M. Tabata, H. Yang, F. Mannan, Y. Katayama, T. Goda, A. Matsumoto, A. Seichi, K. Suzuki, Y. Miyahara. ELECTROCHEMICAL REAL-TIME MONITORING OF ISOTHERMAL NUCLEIC ACID AMPLIFICATION FOR QUANTITATIVE ANALYSIS 2015 TRANSDUCERS - 2015 18TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOLID-STATE SENSORS, ACTUATORS AND MICROSYSTEMS (TRANSDUCERS). 2015; 1553-1556. ( DOI )

  65. Goda Tatsuro, Oohashi Mikiya, Matsumoto Akira, Hoshi Toru, Sawaguchi Takashi, Pumera Martin, Miyahara Yuji. Chemical Optimization for Simultaneous Voltammetric Detection of Molybdenum and Silver Nanoparticles in Aqueous Buffer Solutions ChemElectroChem. 2014.12; 1 (12): 2110-2115. ( DOI )

  66. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Current Development Status and Perspectives of Self-Regulated Insulin Delivery Systems: A Review ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN. 2014.12; 97 (12): 57-61. ( DOI )

  67. Miyuki Tabata, Kozue Nogami, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Fabrication of Self-assembled Monolayer/AgCl Mixed Surface and It's Electrochemical Properties IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines. 2014.10; 134 (10): 315-319.

  68. Akira Matsumoto, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. New directions in the design of phenylboronate-functionalized polymers for diagnostic and therapeutic applications POLYMER JOURNAL. 2014.08; 46 (8): 483-491. ( DOI )

  69. Mai Sanjoh, Yuji Miyahara, Kazunori Kataoka, Akira Matsumoto. Phenylboronic acids-based Diagnostic and Therapeutic Applications. Analytical Sciences. 2014; 30 (1): 111-117. ( PubMed )

  70. Akira Matsumoto, Yusuke Tsurui, Hiroko Matsumoto, Yasuhiro Maeda, Toru Hoshi, Takashi Sawaguchi, and Yuji Miyahara. Chemo-electrical Signal Transduction by using Stimuli-responsive Polymer Gate-Modified Field Effect Transistor. Chemosensors. 2014; 2 (2): 97-107. ( DOI )

  71. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Current and emerging challenges of field effect transistor based bio-sensing Nanoscale. 2013.11; 5 (22): 10702-10718. ( PubMed, DOI )

  72. Tatsuro Goda, Ankit Balram Singi, Yasuhiro Maeda, Akira Matsumoto, Masaki Torimura, Hiroshi Aoki and Yuji Miyahara. Label-free Potentiometry for Detecting DNA Hybridization using Peptide Nucleic Acid and DNA Probes. Sensors. 2013; 13 (2): 2267-2278. ( DOI )

  73. Akira Matsumoto, Hiroko Matsumoto, Yasuhiro Maeda and Yuji Miyahara. Simple and Robust Strategy for Potentiometric Detection of Glucose Using Fluorinated Phenylboronic Acid Self-assembled Monolayer. BBA - Gen. Subjects. 2013; 1830 (9): 4359-4364. ( DOI )

  74. Stephanie Deshayes, Horacio Cabral, Takehiko Ishii, Yutaka Miura, Shutaro Kobayashi, Takashi Yamashita, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara, Nobuhiro Nishiyama and Kazunori Kataoka. Phenylboronic acid-installed polymeric micelles for targeting sialylated epitopes in solid tumors. J. Am. Chem. Soc.. 2013; 135 (41): 15501-15507. ( DOI )

  75. Akira Matsumoto, Takehiko Ishii, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Glucose-Responsive Gel for Self-Regulated Insulin Delivery System. Drug Delivery System. 2013; 28 (2): 119-126. ( DOI )

  76. Tatsuro Goda, Kozue Masuno, Junko Nishida, Nobuyoshi Kosaka, Takahiro Ochiya, Akira Matsumoto and Yuji Miyahara. A Label-free Electrical Detection of Exosomal microRNAs using Microelectrode Array. Chem. Commun.. 2012; 48 (98): 11942-11944. ( DOI )

  77. Akira Matsumoto, Takehiko Ishii, Junko Nishida, Hiroko Matsumoto, Kazunori Kataoka and Yuji Miyahara. A Synthetic Approach Toward Self-regulated Insulin Delivery System. Angew. Chem. Int. Ed.. 2012; 51 (9): 2124-2128. ( DOI )

  78. Mitsuru Naito, Takehiko Ishii, Akira Matsumoto, Kanjiro Miyata, Yuji Miyahara and Kazunori Kataoka. A Phenylboronate-Functionalized Polyion Complex Micelle for ATP-Triggered Release of siRNA. Angew. Chem. Int. Ed.. 2012; 51 (43): 10751-10755. ( DOI )

  79. Yasuhiro Maeda, Akira Matsumoto, Yoshiko Miura and Yuji Miyahara. Preparation of alpha-Mannoside Hydrogel and Electrical Detection of Saccharide-protein Interactions using the Smart Gel-modified Gate Field Effect Transistor. Nanoscale Res. Lett.. 2012; 7 108. ( DOI )

  80. Tatsuro Goda, Kozue Masuno, Junko Nishida, Nobuyoshi Kosaka, Takahiro Ochiya, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. A label-free electrical detection of exosomal microRNAs using microelectrode array CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2012; 48 (98): 11942-11944. ( DOI )

  81. Brooke Beier, Katherine Musick, Akira Matsumoto, Alyssa Panitch, Eric Nauman, Pedro Irazoqui. Toward a Continuous Intravascular Glucose Monitoring System. Sensors. 2011; 11 409-424. ( DOI )

  82. Matsumoto A, Cabral H, Sato N, Kataoka K, Miyahara Y. Assessment of tumor metastasis by the direct determination of cell-membrane sialic acid expression. Angew Chem Int Ed Engl. 2010.07; 49 (32): 5494-5497. ( PubMed, DOI )

  83. Matsumoto A, Yamamoto K, Yoshida R, Kataoka K, Aoyagi T, Miyahara Y. A totally synthetic glucose responsive gel operating in physiological aqueous conditions. Chem Commun (Camb). 2010.04; 46 (13): 2203-2205. ( PubMed, DOI )

  84. Akira Matsumoto, Naoko Sato, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Self-assembled molecular gate field effect transistor for label free sialic acid detection at cell membrane EUROSENSORS XXIV CONFERENCE. 2010; 5 926-929. ( DOI )

  85. Akira Matsumoto, Naoko Sato, Toshiya Sakata, Ryo Yoshida, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Chemical-to-Electrical-Signal Transduction Synchronized with Smart Gel Volume Phase Transition ADVANCED MATERIALS. 2009.11; 21 (43): 4372-+. ( DOI )

  86. Matsumoto A, Endo T, Yoshida R, Miyahara Y. Electrical visualization of chemo-mechanical signal transduction using a smart gel-modified gate field effect transistor. Chem Commun (Camb). 2009.10; (37): 5609-5611. ( PubMed, DOI )

  87. Akira Matsumoto, Naoko Sato, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Label Free Potentiometric Sialic Acid Detection Applicable to Living Cell Diagnosis IEEE Sensors 2009. 2009.10;

  88. Matsumoto A, Sato N, Kataoka K, Miyahara Y. Noninvasive sialic acid detection at cell membrane by using phenylboronic acid modified self-assembled monolayer gold electrode. J Am Chem Soc. 2009.09; 131 (34): 12022-12023. ( PubMed, DOI )

  89. A. Matsumoto, N. Sato, Y. Miyahara. Label free carbohydrate detection by using phenylboronic acid gate-modified field effect transistor CURRENT APPLIED PHYSICS. 2009.07; 9 (4): E214-E217. ( DOI )

  90. Koji Futamura, Akira Matsumoto, Toshiya Sakata, Kazuhiko Ishihara, Yuji Miyahara. Phospholipid Polymer-modified Field Effect Transistor for Sensitive Detection of Biomolecular Recognition Proceedings of conference, MicroTAS 2009. 2009.01;

  91. Akira Matsumoto, Naoko Sato, Toshiya Sakata, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Glucose-sensitive field effect transistor using totally synthetic compounds JOURNAL OF SOLID STATE ELECTROCHEMISTRY. 2009.01; 13 (1): 165-170. ( DOI )

  92. Akira Matsumoto, Naoko Sato, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Label Free Living Cell Diagnosis by Using Sialic Acid Selective Solid-state Electrode Proceedings of conference, MicroTAS 2009. 2009.01;

  93. Akira Matsumoto; Naoko Sato; Yuji Miyahara. Label Free Carbohydrate Detection By Using Phenylboronic Acid Gate-Modified Field Effect Transistor. Curr. Appl. Phys.. 2009; 9 214-217.

  94. Akira Matsumoto, N. Sato, T. Sakata, R. Yoshida, K. Kataoka, Y. Miyahara. Electrical Signal Transduction Synchronized with Smart Gel Volume Phase Transition. Adv. Mater.. 2009; 21 4372-4378.

  95. Akira Matumoto, Naoko Sato, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Label Free Potentiometric Sialic Acid Detection Applicable to Living Cell Diagnosis 2009 IEEE SENSORS, VOLS 1-3. 2009; 1885-1888.

  96. Akira Matsumoto, Amil Lindsay, Behrouz Abedian, David L. Kaplan. Silk Fibroin Solution Properties Related to Assembly and Structure MACROMOLECULAR BIOSCIENCE. 2008.11; 8 (11): 1006-1018. ( DOI )

  97. Akira Matsumoto; Amil Lindsay; Ung-Jin Kim; Behrouz A. Abedian; David L. Kaplan. Silk Fibroin Solution Properties Related to Assembly and Structure. Macromol. Biosci.. 2008; 8 (11): 1006-1018.

  98. Wang X, Wenk E, Matsumoto A, Meinel L, Li C, Kaplan DL. Silk microspheres for encapsulation and controlled release. J Control Release. 2007.02; 117 (3): 360-370. ( PubMed, DOI )

  99. Bettinger CJ, Cyr KM, Matsumoto A, Langer R, Borenstein JT, Kaplan DL. Silk Fibroin Microfluidic Devices. Adv Mater. 2007; 19 (5): 2847-2850. ( PubMed, DOI )

  100. Y. Miyahara, C. Kataoka-Hamai, H. Inoue, T. Sakata, A. Matsumoto, N. Sato, I. Makino. Biochemical responses of nano-pillar gate field-effect devices Proceedings of IEEE Sensors. 2007; 682-685. ( DOI )

  101. Toshiya Sakata, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Bio-transistor for Genetic Analysis. Function & Materials. 2007; 27 25-34.

  102. Matsumoto A, Chen J, Collette AL, Kim UJ, Altman GH, Cebe P, Kaplan DL. Mechanisms of silk fibroin sol-gel transitions. J Phys Chem B. 2006.11; 110 (43): 21630-21638. ( PubMed, DOI )

  103. Xianyan Wang, Andrea Daley, Hyeon Joo Kim, Peng Xu, Akira Matsumoto, David L. Kaplan. Controlled release biomaterial nanoscale coatings by stepwise deposition of silk fibroin 2006.03;

  104. Xianyan Wang; Hyeon Joo Kim; Cheryl Wong; Charu Vepari; Akira Matsumoto; David L. Kaplan. Fibrous Protein and Tissue Engineering. Materials Today. 2006; 9 (12): 44-53.

  105. Wang X, Kim HJ, Xu P, Matsumoto A, Kaplan DL. Biomaterial coatings by stepwise deposition of silk fibroin. Langmuir. 2005.11; 21 (24): 11335-11341. ( PubMed, DOI )

  106. Hyeon Joo Kim; Hyun Suk Kim; Akira Matsumoto; In-Joo Chin; Hyoung-Joon Jin; David L. Kaplan. Processing Windows for Forming Silk Fibroin Biomaterials into 3D Porous Matrices. Aust. J. Chem.. 2005; 58 (10): 716-720.

  107. Matsumoto A, Yoshida R, Kataoka K. Glucose-responsive polymer gel bearing phenylborate derivative as a glucose-sensing moiety operating at the physiological pH. Biomacromolecules. 2004.05; 5 (3): 1038-1045. ( PubMed, DOI )

  108. A Matsumoto, T Kurata, D Shiino, K Kataoka. Swelling and shrinking kinetics of totally synthetic, glucose-responsive polymer gel bearing phenylborate derivative as a glucose-sensing moiety MACROMOLECULES. 2004.02; 37 (4): 1502-1510. ( DOI )

  109. Matsumoto A, Ikeda S, Harada A, Kataoka K. Glucose-responsive polymer bearing a novel phenylborate derivative as a glucose-sensing moiety operating at physiological pH conditions. Biomacromolecules. 2003.09; 4 (5): 1410-1416. ( PubMed, DOI )

  110. Fujisaki Hideki, Watcharawittayakul Tongchatra, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Goda Tatsuro. In-situ chemical modification of printed conducting polymer films for specific glucose biosensing SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL. 2021.12; 349 ( DOI )

  111. Yang Wenqian, Miyazaki Takuya, Chen Pengwen, Hong Taehun, Naito Mitsuru, Miyahara Yuji, Matsumoto Akira, Kataoka Kazunori, Miyata Kanjiro, Cabral Horacio. Block catiomer with flexible cationic segment enhances complexation with siRNA and the delivery performance in vitro SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS. 2021.12; 22 (1): 850-863. ( PubMed, DOI )

  112. 松元 亮, 宮崎 拓也, 伊藤 美智子, 菅波 孝祥, 宮原 裕二. 【すべての人々の健康・福祉の実現に貢献するバイオマテリアル】ボロン酸ゲルを用いた糖尿病治療デバイスの社会実装 バイオマテリアル-生体材料-. 2021.10; 39 (4): 252-257. ( 医中誌 )

  113. Igarashi Kazunori, Cabral Horacio, Hong Taehun, Anraku Yasutaka, Mpekris Fotios, Stylianopoulos Triantafyllos, Khan Thahomina, Matsumoto Akira, Kataoka Kazunori, Matsumoto Yu, Yamasoba Tatsuya. Vascular Bursts Act as a Versatile Tumor Vessel Permeation Route for Blood-Borne Particles and Cells SMALL. 2021.10; 17 (42): e2103751. ( PubMed, DOI )

  114. 伊藤 美智子, 金井 紗綾香, 田村 篤志, 白川 伊吹, 金森 耀平, 田中 都, 松元 亮, 宮原 裕二, 小川 佳宏, 菅波 孝祥. マクロファージにおける脂質代謝障害に着目したNASH発症機構の解明 日本内分泌学会雑誌. 2021.04; 97 (1): 282. ( 医中誌 )

  115. 伊藤美智子、金井紗綾香、田村篤志、白川伊吹、金森耀平、田中都、松元亮、宮原裕二、小川佳宏、菅波孝祥. マクロファージにおける脂質代謝障害に着目したNASH発症機構の解明 日本内分泌学会雑誌. 2021.04; 97 (1): 282.

  116. 松元 亮. 非機械型で完全合成型「貼るだけ人工膵臓」開発の最前線 人工臓器. 2020.10; 49 (2): S-31. ( 医中誌 )

  117. 宮崎 大輔, 松井 誠, Chen Siyuan, 宮崎 拓也, 武元 宏泰, 野本 貴大, 松元 亮, 三浦 裕, 西山 伸宏. ナノメディシンの低侵襲的な投与に向けた多孔性シルクマイクロニードルの創製 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2020.08; 36回 140. ( 医中誌 )

  118. 木村 真一郎, 桑田 博仁, 田中 都, 松本 裕子, 越智 梢, 渡辺 亜希子, 岡田 純, 白川 伊吹, 馬場 利明, 吉田 博, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. スマートインスリンデバイスによる革新的な糖尿病治療戦略の開発 日本内分泌学会雑誌. 2020.08; 96 (1): 231. ( 医中誌 )

  119. 木村 真一郎, 桑田 博仁, 田中 都, 松本 裕子, 越智 梢, 岡田 純, 渡辺 亜希子, 白川 伊吹, 馬場 利明, 吉田 博, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. スマートインスリンデバイスによる新たな糖尿病治療戦略の検討 糖尿病. 2020.08; 63 (Suppl.1): S-123. ( 医中誌 )

  120. 松元 亮. 「"貼るだけ"人工膵臓」開発の最前線 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020.04; 74回 130. ( 医中誌 )

  121. 菅波 孝祥, 田中 都, 木村 真一郎, 桑田 博仁, 越智 梢, 渡辺 亜希子, 松元 亮, Chen Siyuan, 松本 裕子, 宮崎 拓也, 伊藤 美智子, 宮原 裕二. 次世代型の人工膵臓による革新的な糖尿病治療機器の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2020.04; 令和元年度 128. ( 医中誌 )

  122. 向田 彩乃, 宮澤 大樹, 松元 亮, 宮原 裕二. 抗がん作用に及ぼすビタミンC酸化体の存在意義の解明 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020.04; 74回 257. ( 医中誌 )

  123. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 吉岡 祐亮, 落谷 孝宏. 低分子核酸を定量解析するpHセンサチップの開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2020.04; 令和元年度 161. ( 医中誌 )

  124. 木村 真一郎, 田中 都, 松元 亮, 菅波 孝祥. 人工膵臓様デバイスによる血糖管理の未来 Pharma Medica. 2019.12; 37 (12): 59-62.

  125. 宮島 健, 内藤 瑞, 松元 亮, 宮原 裕二, 宮田 完二郎. ピリジルボロン酸とがん細胞表面のシアル酸の特異的な結合を利用したポリマー型リガンドの開発 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2019.11; 41回 488. ( 医中誌 )

  126. 合田 達郎, 波多野 豊晃, 松元 亮, 石原 一彦, 宮原 裕二. 両親媒性リン脂質ポリマーの上皮細胞バリア透過挙動の解明 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2019.11; 41回 154. ( 医中誌 )

  127. 波多野 豊晃, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 上皮タイトジャンクション形成の新規評価手法の開発 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2019.11; 41回 160. ( 医中誌 )

  128. 革新的な糖尿病治療ー機械も注射も使わない人工膵臓の開発ー キャノン財団 第10回助成先だより. 2019.07;

  129. 松元 亮, 宮原 裕二. 【レクチン医学最前線】糖鎖を標的とした工学的アプローチ ボロノレクチンを利用したバイオエンジニアリング 医学のあゆみ. 2019.06; 269 (9): 697-702.

  130. 「ボロノレクチン」工学が拓く新しい治療オプション MDB技術予測レポート‐2050年 未来・世界を変える技術‐. 2019.05;

  131. 松元 亮. "エレクトロニクスフリー"で完全合成型の人工膵臓の開発 バイオサイエンスとインダストリー. 2019.05; 77 (3): 256-257.

  132. 木村 真一郎, 桑田 博仁, 田中 都, 越智 梢, 松本 裕子, 岡田 純, 渡辺 亜希子, 白川 伊吹, 馬場 利明, 吉田 博, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. 中空糸融合型人工膵臓デバイスによる新たな糖尿病治療戦略の開発 日本内分泌学会雑誌. 2019.04; 95 (1): 374. ( 医中誌 )

  133. 宮島 健, 内藤 瑞, 宮田 完二郎, 松元 亮, 宮原 裕二. がん細胞表面のシアル酸を特異的に認識するボロン酸含有ポリマー型リガンドの開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 63. ( 医中誌 )

  134. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, Tenaglia Enrico, Guiducci Carlotta. 等温核酸増幅法を利用したラベルフリーな電気化学的DNA検出法の確立 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 125. ( 医中誌 )

  135. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 加藤 功一. 核酸増幅モニタリングを目指した薄膜電気化学センサ 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 126. ( 医中誌 )

  136. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 吉岡 祐亮, 落谷 孝弘. リキッドバイオプシー応用のためのラベルフリーにmicroRNAを検出する電気化学センサ 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 127. ( 医中誌 )

  137. 菅波 孝祥, 田中 都, 木村 真一郎, 桑田 博仁, 越智 梢, 渡辺 亜希子, 松元 亮, 松本 裕子, 宮原 裕二. スマートインスリンデバイスによる革新的な糖尿病治療機器の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 57. ( 医中誌 )

  138. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, Tenaglia Enrico, Guiducci Carlotta. 等温核酸増幅法を利用したラベルフリーな電気化学的DNA検出法の確立 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 125.

  139. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 加藤 功一. 核酸増幅モニタリングを目指した薄膜電気化学センサ 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 126.

  140. 木村 真一郎, 桑田 博仁, 田中 都, 松本 裕子, 越智 梢, 馬場 利明, 吉田 博, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. 中空糸融合型人工膵臓デバイスによる新たな糖尿病治療戦略の開発 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集. 2019.04; 56回 73.

  141. 菅波 孝祥, 田中 都, 木村 真一郎, 桑田 博仁, 越智 梢, 渡辺 亜希子, 松元 亮, 松本 裕子, 宮原 裕二. スマートインスリンデバイスによる革新的な糖尿病治療機器の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 57.

  142. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 加藤 功一. 核酸増幅モニタリングを目指した薄膜電気化学センサ 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2019.04; 平成30年度 126.

  143. 桑田 博仁, 田中 都, 越智 梢, 松本 裕子, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. グルコース応答性ゲルを用いた人工膵臓様デバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発 肥満研究. 2018.09; 24 (Suppl.): 166.

  144. 堀口 諭吉, 合田 達郎, 松元 亮, 武内 寛明, 山岡 昇司, 宮原 裕二. 細孔電気抵抗法を用いたヒトインフルエンザウイルスの特異的検出 日本分析化学会講演要旨集. 2018.08; 67年会 87. ( 医中誌 )

  145. 増山 絢子, 青柳 隆夫, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 微小電極とイメージングによる単一細胞内外カルシウムイオン同時測定 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 168. ( 医中誌 )

  146. Ainiwaer Dilinaer, 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, Tenaglia Enrico, Guiducci Carlotta. 等温核酸増幅法と組み合わせたpH-based microRNA検出システムの創製 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 71. ( 医中誌 )

  147. 淡路 啓一郎, 星 徹, 青柳 隆夫, 飯塚 大介, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 二リン酸検出を目的としたボロン酸ポリマーの合成と評価 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 137. ( 医中誌 )

  148. 内藤 瑞, 吉永 直人, 石井 武彦, 宮田 完二郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 片岡 一則. ATP応答性高分子ミセルによる細胞質内へのsiRNA送達技術の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 52. ( 医中誌 )

  149. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 吉岡 祐亮, 落谷 孝広. パターン化Ir/IrOxセンサの作製とリキッドバイオプシーへの応用 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 166. ( 医中誌 )

  150. 内藤 瑞, 吉永 直人, 石井 武彦, 宮田 完二郎, 松元 亮, 宮原 裕二, 片岡 一則. ATP応答性高分子ミセルによる細胞質内へのsiRNA送達技術の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 52.

  151. 田中 都, 桑田 博仁, 越智 梢, 松本 裕子, 後藤 沙也香, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. グルコース応答性スマートゲルを用いた新規インスリンデバイスの開発 日本内分泌学会雑誌. 2018.04; 94 (1): 324.

  152. 菅波 孝祥, 田中 都, 越智 梢, 桑田 博仁, 岡田 純, 松元 亮, 松本 裕子, 宮原 裕二. スマートインスリンデバイスによる革新的な糖尿病治療機器の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2018.04; 平成29年度 161.

  153. 桑田 博仁, 田中 都, 越智 梢, 松本 裕子, 後藤 沙也香, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. エレクトロニクスフリーな人工膵臓様デバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発 糖尿病. 2018.04; 61 (Suppl.1): S-134.

  154. 合田 達郎, 波多野 豊晃, 松元 亮, 宮原 裕二. NH4Cl刺激による上皮細胞シート基底部の過渡的pH変化を指標とした密着結合の評価 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2017.11; 39回 198. ( 医中誌 )

  155. 合田 達郎, 海 文峰, 堀口 諭吉, 松元 亮, 宮原 裕二. シアル酸糖鎖修飾型導電性高分子の創製とインフルエンザウイルスの電気的検出 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2017.11; 39回 192. ( 医中誌 )

  156. 堀口 諭吉, 合田 達郎, 松元 亮, 武内 寛明, 山岡 昇司, 宮原 裕二. ウイルス認識ナノ粒子を用いた電気抵抗ナノパルス法によるウイルス計測 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2017.11; 39回 253.

  157. 田中 都, 桑田 博仁, 越智 梢, 松本 裕子, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. グルコース応答性ゲルを用いた自律的インスリンデバイスの開発 肥満研究. 2017.09; 23 (Suppl.): 175. ( 医中誌 )

  158. 田畑 美幸, Tenaglia Enrico, Guiducci Carlotta, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. pH検出に基づく小型核酸定量デバイスの創製 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2017.04; 平成28年度 58. ( 医中誌 )

  159. 松元 亮, 松本 裕子, 諸岡 由佳, 宮原 裕二, 白川 伊吹, 小川 佳宏, 桑田 博仁, 石井 均, 越智 梢, 田中 都, 菅波 孝祥. 完全合成材料による「エレクトロニクスフリー」な人工膵臓の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2017.04; 平成28年度 44. ( 医中誌 )

  160. 田中 都, 桑田 博仁, 越智 梢, 松本 裕子, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. スマートインスリンデバイスによる新しい糖尿病治療戦略の開発 日本内分泌学会雑誌. 2017.04; 93 (1): 366. ( 医中誌 )

  161. 桑田 博仁, 田中 都, 越智 梢, 松本 裕子, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. エレクトロニクスフリーなスマートインスリンデバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発 糖尿病. 2017.04; 60 (Suppl.1): S-265. ( 医中誌 )

  162. 松元 亮, 松本 裕子, 諸岡 由佳, 宮原 裕二, 白川 伊吹, 小川 佳宏, 桑田 博仁, 石井 均, 越智 梢, 田中 都, 菅波 孝祥. 完全合成材料による「エレクトロニクスフリー」な人工膵臓の開発 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2017.04; 平成28年度 44.

  163. 田畑 美幸, Tenaglia Enrico, Guiducci Carlotta, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. pH検出に基づく小型核酸定量デバイスの創製 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書. 2017.04; 平成28年度 58.

  164. 田中 都, 桑田 博仁, 越智 梢, 松本 裕子, 白川 伊吹, 宮原 裕二, 石井 均, 小川 佳宏, 松元 亮, 菅波 孝祥. スマートインスリンデバイスによる新しい糖尿病治療戦略の開発 日本内分泌学会雑誌. 2017.04; 93 (1): 366.

  165. 松元亮. 生体分子との相性が抜群な「ボロン酸工学」の発展を目指して NanoSky. 2017.03;

  166. 合田 達郎, 今泉 祐輝, 松元 亮, 宮原 裕二. 分析・検査 pH応答トランジスタを用いた細胞膜透過性高分子による膜障害性測定 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2016.11; シンポジウム2016 201.

  167. 田畑 美幸, Schaffhauser Daniel, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 細胞機能の非破壊解析技術の開発 生体材料工学研究所年報. 2016.03; 49 29-32.

  168. 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 自己組織化膜/塩化銀ナノ混合表面の構築と核酸検出バイオセンサへの応用 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2015.11; 37回 253.

  169. 片山 由梨佳, 田畑 美幸, 合田 達郎, 松元 亮, 星地 彩花, 鈴木 孝治, 宮原 裕二. マイクロpHセンサを用いた等温核酸増幅の電気化学的リアルタイムモニタリング 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2015.11; 37回 255.

  170. 片山 由梨佳, 合田 達郎, 田畑 美幸, 松元 亮, 宮原 裕二. 電気化学測定における金属電極へのタンパク質非特異吸着の影響 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 79.

  171. 荒井 貴裕, 前島 雪絵, 合田 達郎, 松元 亮, 大塚 英典, 宮原 裕二. フェニルボロン酸含有高分子層を検出界面とするシアル酸認識バイオトランジスタの創製 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 78.

  172. 飯塚 大介, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. ボロン酸による二リン酸特異的な分子認識 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 101.

  173. 片山 由梨佳, 合田 達郎, 田畑 美幸, 松元 亮, 宮原 裕二. 電気化学測定における金属電極へのタンパク質非特異吸着の影響 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 79.

  174. 荒井 貴裕, 前島 雪絵, 合田 達郎, 松元 亮, 大塚 英典, 宮原 裕二. フェニルボロン酸含有高分子層を検出界面とするシアル酸認識バイオトランジスタの創製 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 78.

  175. 星地 彩花, 小塚 ななみ, 田畑 美幸, 松元 亮, 合田 達郎, 宮原 裕二, Citterio Daniel, 鈴木 孝治. イオン選択性電極を用いたリアルタイムDNA増幅検出のための新規測定法 日本分析化学会講演要旨集. 2014.09; 63年会 277.

  176. 宮原裕二, 松元亮, 合田達郎, 前田康弘, 田畑美幸, 三條舞. 機能性超分子界面を用いるバイオトランジスタ 超分子材料の設計と応用展開. 2014.09; 2.1.3 78-90.

  177. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. スマートゲルを利用した完全合成型の“人工膵臓” スマート・ヒューマンセンシング~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~. 2014; 233-240.

  178. Miyuki Tabata, Koziie Noganii, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Fabrication of self-assembled monolayer/AGCL mixed surface and it's electrochemical properties IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines. 2014; 134 (10): 315-319. ( DOI )

  179. 山田 恵梨子, 野上 こずえ, 田畑 美幸, 三條 舞, 前田 康弘, 合田 達郎, 松元 亮, 宮原 裕二. 核酸増幅の電気化学的モニタリング 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2013.11; 35回 155.

  180. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. 生体計測技術ーバイオセンシングー, Biosensing technology. 人工臓器. 2013; 42 (3): 213-216.

  181. Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. 機能性ナノ界面を有するバイオトランジスタ, Biotransistor with Functional Nanointerface Containing Biomolecules. 電気学会論文誌E, IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines. 2013; 133 (11): B314-B319. ( DOI )

  182. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. 生体計測技術ーバイオセンシングー, Biosensing technology. 人工臓器. 2013; 42 (3): 213-216.

  183. Akira Matsumoto, Takehiko Ishii, Kazunori Kataoka, Yuji Miyahara. Glucose-responsive gel for self-regulated insulin delivery system Drug Delivery System. 2013; 28 (2): 119-126. ( DOI )

  184. 田畑 美幸, 増野 こずえ, 合田 達郎, 松元 亮, 前田 康弘, 片岡 知歩, 井上 裕美, 岩井 秀夫, 宮原 裕二. がんマーカーを検出する簡易デバイスの創製 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2012.11; シンポジウム2012 468.

  185. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. 自律型インスリン投与デバイスの開発状況と将来展望, Current Development Status and Perspective of Self-Regulated Insulin Delivery Systems: A Review. 電気学会論文誌E, IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines. 2012; 132 (12): 455-458. ( DOI )

  186. 宮原 裕二, 松元 亮, 合田 達郎, 前田 康弘. 界面化学で理解する経口吸収 バイオトランジスタを利用したトランスポータの基質スクリーニング 日本薬剤学会年会講演要旨集. 2011.05; 26年会 33.

  187. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. ナノバイオセンシングの新展開 New trends in NanoBio-Sensing. Drug Delivery System. 2011; 26 (1): 15-19. ( DOI )

  188. 松元亮, 宮原裕二. バイオセンサの現状と今後の展望. 応用物理. 2011; 80 (3): 205-210.

  189. 松元亮, 宮原裕二. ナノバイオセンシングの新展開. DDS. 2011; 26 (1): 15-19.

  190. 松元亮、宮原裕二. バイオトランジスタの開発. 現代化学. 2010; 54-58.

  191. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Development of Intelligent Polymeric Materials for Controlled Insulin Release to Treat Diabetes Drug Delivery System. 2008.05;

  192. Yuji Miyahara, Toshiya Sakata, Akira Matsumoto, Chiho Kataoka. Detection of Biomolecular Recognition Using Biotransistor Proceedings of the Chemical Sensor Symposium. 2008.03;

  193. Toshiya Sakata, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Field Effect-based Biosensing Device. Materials Integration. 2007; 20 50-56.

  194. Thahomina Khan, Kazunori Igarashi, Ami Tanabe, Taiki Miyazawa, Shigeto Fukushima, Yutaka Miura, Yu Matsumoto, Tatsuya Yamasoba, Akira Matsumoto, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka. Structural Control of Boronic Acid Ligands Enhances Intratumoral Targeting of Sialic Acid to Eradicate Cancer Stem-Like Cells ACS Applied Bio Materials. 2020.07; 3 (8): 5030-5039. ( PubMed, DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. "Intelligent surfaces for solid-state nano-biosensing devices", in intelligent Surfaces in Biotechnology: Scientific and Engineering Concepts, Enabling Technologies, and Translation to Bio-Oriented Applications. Wiley & Sons Inc., 2012

  2. intelligent surfaces for solid-state nano-biosensing devices in intelligent surfaces: polymeric coatings for applications in bio-related and life sciences. Wiley & Sons Inc., 2011

  3. microbial genetic analysis based on field effect transistors in principle of bacterial detection: biosensors, recognition receptors and microsystems. Springer Science + Bussiness Media. LCC., 2008

  4. Silk, Handbook of Fiber Chemistry Third Edition. Menachem Lewin, 2006

  5. 松元 亮. 刺激応答性高分子ハンドブック. 株式会社 エヌ・ティー・エス, 2018.10 グルコース応答性ポリマーの設計と医療応用

  6. 松元 亮. 困難な人工すい臓を実現した、研究者の好奇心とは. 2018 今日の健康

  7. 松元亮、宮原裕二. スマート・ヒューマンセンシング ~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~. 2014.03 スマートゲルを利用した完全合成型の”人工膵臓”

  8. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. "生体計測技術ーバイオセンシングー, Biosensing technology" . 人工臓器 Vol. 42  No. 3  (2013), 2013

  9. 薬物放出ゲル、食品・化粧品・医療分野へのゲルの応用. シーエムシー出版, 2010

  10. バイオトランジスタによる生体分子認識の検出、バイオチップ実用化ハンドブック. エヌティーエス出版, 2010

  11. 半導体技術を利用したバイオデバイス、ナノ空間材料の創製と応用. フロンティア出版, 2009

  12. バイオトランジスタを用いた生体分子検出チップ、三林浩二編、ヘルスケアとバイオ医療のための先端デバイス機器. シーエムシー出版, 2009

  13. ソフトマターを用いるバイオデバイス、ソフトマター. 丸善, 2009

  14. Akira Matsumoto and David L. Kaplan. In “Fiber” Superbiomimetics –The Creative Technologies in Coming Future-: nanoscale features of silkworm cocoon and spider orb web silk proteins. 2006.10

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Akira Matsumoto. “Borono-lectin” based bioengineering. The 8th Joint Symposium between IBB/TMDU and Chulalongkorn University on “Biomedical Materials and Engineering” 2022.01.25

  2. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Sriyudthsak Mana. イオン感受性FET上でのタンパク質固定法(Protein immobilization method on the ion-sensitive FET). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2020.04.01

  3. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Sriyudthsak Mana. イオン感受性FET上でのタンパク質固定法(Protein immobilization method on the ion-sensitive FET). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2020.04.01

  4. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Sriyudthsak Mana. イオン感受性FET上でのタンパク質固定法(Protein immobilization method on the ion-sensitive FET). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2020.04.01

  5. Khamhanglit Chattarika, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Sriyudthsak Mana. イオン感受性FET上でのタンパク質固定法(Protein immobilization method on the ion-sensitive FET). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2020.04.01

  6. Chattarika Khamhanglit, Miyuki Tabata, Pornnapat Kul-eung, Mana Sriyudthsak, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Tetsuo Tabei, Anri Nakajima, Yuji Miyahara. The effect of chemical modification on gate surface to pH response of ISFET,. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.08

  7. Tatsuro Goda, Hideki Fujisaki, Wenfeng Hai, Masahiro Toya, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Sugar-tethered and Zwitterionic PEDOTs for Virus Detections and Antifouling Biosensing. 12th International Symposium on Flexible Organic Electronics (ISFOE19) 2019.07.01

  8. Hiroaki Hatano, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Ultrasensitive assays for epithelial tight junction formation by monitoring proton leaks using ISFET. The 10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019.06.25

  9. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Specific Detection of Human Influenza Virus Using Resistive Pulse Sensing with Nanoparticle-based Molecular Recognition. 10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019.06.25

  10. Akira Matsumoto. Borono-lectin" based polymer engineering for smart drug delivery systems. 2019 US-Japan Polymer Symposium:- Macromolecules: Challenges and Opportunities for the 21st Century- 2019.06.21

  11. Siyuan Chen, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Kozue Ochi, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. Enzyme-Free and Nanoparticle Free Polymeric Microneedle-Array Patch Serves as On-Skin Pancreas for Sustained On-Demand Insulin Delivery. 第68回高分子学会年次大会 2019.05.29

  12. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. 無線pHセンサーを用いた齲蝕の評価法(Dental caries evaluation using wireless pH sensor: Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Chindanai). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2019.04.01

  13. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. 無線pHセンサーを用いた齲蝕の評価法(Dental caries evaluation using wireless pH sensor: Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Chindanai). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2019.04.01

  14. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. 無線pHセンサーを用いた齲蝕の評価法(Dental caries evaluation using wireless pH sensor: Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Chindanai). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2019.04.01

  15. Ratanaporncharoen Chindanai, Tabata Miyuki, Goda Tatsuro, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Ishihara Noboru, Masu Kazuya, Sriyudthsak Mana. 無線pHセンサーを用いた齲蝕の評価法(Dental caries evaluation using wireless pH sensor: Institute of Biomaterials and Bioengineering, Tokyo Medical and Dental University, Chindanai). 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2019.04.01

  16. Taiki Miyazawa, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Determination of Vitamin C kinetics of cancer cells by HPLC-DAD. 日本化学会第99春季年会 2019.03.17

  17. Miyuki Tabata, Chindanai Ratanaporncharoen, Yuichi Kitasako, Masaomi Ikeda, Junji Tabami, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Micro Ir/IrOx pH sensor for quantitative dental caries detection. The 3rd International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science 2019.01.13

  18. Miyuki Tabata, Enrico Tenaglia, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Carlotta Guiducci, Yuji Miyahara. Establishment of label-free electrochemical DNA detection methods using isothermal nucleic acid amplification. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08

  19. Miyuki Tabata, Dilinaer Ainiwaer, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Koichi Kato, Yuji Miyahara. ntegrated thin-film electrochemical sensors for monitoring nucleic acid amplification. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08

  20. Akira Matsumoto, Siyuan Chen, Takayoshi Suganami, Yuji Miyahara. mart artificial on-skin pancreas fabricated with phenylboronic acid/silk fibroin hybrid hydrogel for glucose-responsive insulin delivery. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08

  21. Chindanai Ratanaporncharoen, Miyuki Tabata, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, Mana Sriyudthsak, Yuichi Kitasako, Masaomi Ikeda, Junji Tagami, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Development of the wireless pH sensor for quantitative analysis in dental field. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08

  22. Miyuki Tabata, Yusuke Yoshioka, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Takahiro Ochiya, Yuji Miyahara. Label-free electrochemical sensors detecting microRNA for liquid biopsy. The 3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018.11.08

  23. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. 高性能ヌクレオチド治療薬を送達するための細胞内ATP応答性ポリイオン複合体ミセルの調製(Fabrication of Intracellular ATP-responsive Polyion Complex Micelles for Smart Nucleotide Therapeutics Delivery). 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2018.11.01

  24. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. 高性能ヌクレオチド治療薬を送達するための細胞内ATP応答性ポリイオン複合体ミセルの調製(Fabrication of Intracellular ATP-responsive Polyion Complex Micelles for Smart Nucleotide Therapeutics Delivery). 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2018.11.01

  25. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. 高性能ヌクレオチド治療薬を送達するための細胞内ATP応答性ポリイオン複合体ミセルの調製(Fabrication of Intracellular ATP-responsive Polyion Complex Micelles for Smart Nucleotide Therapeutics Delivery). 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2018.11.01

  26. Naito Mitsuru, Yoshinaga Naoto, Ishii Takehiko, Matsumoto Akira, Miyahara Yuji, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori. 高性能ヌクレオチド治療薬を送達するための細胞内ATP応答性ポリイオン複合体ミセルの調製(Fabrication of Intracellular ATP-responsive Polyion Complex Micelles for Smart Nucleotide Therapeutics Delivery). 日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2018.11.01

  27. Akira Matsumoto. “Borono-lectin” engineering as a versatile platform for biosensing and drug delivery applications. "Frontiers2018" - EPFL/TMDU/ UTokyo Symposium 2018.09.19

  28. Chindanai Ratanaporncharoen, Miyuki Tabata, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, Mana Sriyudthsak, Yuichi Kitasako, Masaomi Ikeda, Junji Tagami, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Application of solid-state electrochemical sensors for quantitative analysis in dental field. "Frontiers2018" - EPFL/TMDU/UTokyo Symposium 2018.09.19

  29. Tatsuro Goda, Wenfeng Hai, Yukichi Horiguchi, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Incorporation of Sugar into Conducting Polymer Enables Specific Biosensing of Human Influenza Virus. 17th International Meeting on Chemical Sensors 2018.07.15

  30. Akira Matsumoto. Borono-lectin Based Engineering for Smart Drug Delivery Applications. The 35th International Conference of Photopolymer Science and Technology 2018.06.26

  31. Thahomina Khan, Akira Matsumoto, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka. Development of 5-boronopicolinic acid-installed polymeric micells for targeting sialylated epitopes on cancer cells. Biomaterials International Conference 2018.06.22

  32. Thahomina Khan, Akira Matsumoto, Horacio Cabral, Kazunori Kataoka. 5-Boronopicolinic acid-installed nano-carriers for targeting sialylated epitopes on cancer cells. 34th Japan Drug Delivery Society Conference 2018.06.21

  33. Tatsuro Goda, Wenfeng Hai, Yukichi Horiguchi, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Sugar-Incorporated Conducting Polymers for Influenza Virus Diagnosis. Finland Japan Workshop: The next generation medical engineering in biomaterials 2018.06.17

  34. Akira Matsumoto. Borono-lectin” Engineering as a Versatile Platform for Intelligent Drug Delivery Systems. CIMTEC 2018 8th Forum on New Materials 2018.06.14

  35. カーン・タホミナタレク , カブラル・オラシオ , 松元 亮, 片岡 一則. 癌細胞上のシアル化エピトープ標的化に関する5-boronopicolinic acidを含んだ多量体ミセルの開発(DEVELOPMENT OF 5-BORONOPICOLINIC ACID-INSTALLED POLYMERIC MICELLES FOR TARGETING SIALYLATED EPITOPES ON CANCER CELLS). 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2018.05.01

  36. カーン・タホミナタレク , カブラル・オラシオ , 松元 亮, 片岡 一則. 癌細胞上のシアル化エピトープ標的化に関する5-boronopicolinic acidを含んだ多量体ミセルの開発(DEVELOPMENT OF 5-BORONOPICOLINIC ACID-INSTALLED POLYMERIC MICELLES FOR TARGETING SIALYLATED EPITOPES ON CANCER CELLS). 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2018.05.01

  37. カーン・タホミナタレク , カブラル・オラシオ , 松元 亮, 片岡 一則. 癌細胞上のシアル化エピトープ標的化に関する5-boronopicolinic acidを含んだ多量体ミセルの開発(DEVELOPMENT OF 5-BORONOPICOLINIC ACID-INSTALLED POLYMERIC MICELLES FOR TARGETING SIALYLATED EPITOPES ON CANCER CELLS). 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2018.05.01

  38. カーン・タホミナタレク , カブラル・オラシオ , 松元 亮, 片岡 一則. 癌細胞上のシアル化エピトープ標的化に関する5-boronopicolinic acidを含んだ多量体ミセルの開発(DEVELOPMENT OF 5-BORONOPICOLINIC ACID-INSTALLED POLYMERIC MICELLES FOR TARGETING SIALYLATED EPITOPES ON CANCER CELLS). 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2018.05.01

  39. Akira Matsumoto, Miyako Tanaka, Hiroko Matsumoto, Kozue Ochi, Yuki Moro-oka, Hirohito Kuwata, Hironori Yamada, Ibuki Shirakawa, Taiki Miyazawa, Hitoshi Ishii, Kazunori Kataoka, Yoshihiro Ogawa, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami. Synthetic “smart-gel” based approach toward “electronics-free” artificial pancreas. The 11th international conference on advanced technologies and treatment for diabetes (ATTD 2018) 2018.02.14

  40. Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Label-free electrochemical monitoring of isothermal nucleic acid amplification using micro pH sensors. 4th COINS symposium 2017.12.08

  41. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Investigation of the Influenza Virus Detection System Using Sialic Acid Receptor. The 19th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium, Research Institute of Electronics 2017.11.21

  42. Miyuki Tabata, Yusuke Yoshioka, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Takahiro Ochiya, Yuji Miyahara. Label-free microRNA detecting sensors for liquid biopsy. The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017.11.09

  43. Chindanai Ratanaporncharoen, Miyuki Tabata, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, Mana Sriyudthsak, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Miniaturized Ir/IrOx wireless pH sensing system for biosensor application. The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017.11.09

  44. Miyuki Tabata, Enrico Tenaglia, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Calotta Guiducci, Yuji Miyahara. pH detecting devices for label-free electrochemical monitoring of isothermal nucleic acid amplification. The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017.11.09

  45. Yukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Hiroaki Takeuchi, Shoji Yamaoka, Yuji Miyahara. Label-free selective detection of influenza A virus subtype H1N1 using multisite binding of sialic acid receptors. The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017) 2017.08.27

  46. Miyuki Tabata, Enrico Tenaglia, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Carlotta Guiducci, Yuji Miyahara. Label-free nucleic acid amplification detection using micro pH devices. European Advanced Materials Congress 2017 2017.08.22

  47. uji Miyahara, Miyuki Tabata, Chindanai Ratanaporncharoen, Aoi Asano, Yuichi Kitasako, Masaomi Ikeda, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Junji Tagami. Fabrication of needle type pH sensor for quantitative caries detection. European Advanced Materials Congress 2017 2017.08.22

  48. Yuji Miyahara, Akira Matsumoto, Tatsuro Goda, Miyuki Tabata. Functional gate-field effect transistors for electrically neutral molecules. Matrafured 2017 2017.06.11

  49. Chindanai Ratanaporncharoen,石原昇,田畑美幸,合田達郎,松元亮,益一哉,Mana Sriyudthsak,宮原 裕二. Miniaturized wireless pH sensor for on-site monitoring. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2017.03.24

  50. Akira Matsumoto. Synthetic boronate gel-driven "closed-loop" insulin delivery system with feasible safety and efficacy in mic. 11th International Gel Symposium 2017.03.09

  51. Matsumoto A, Suganami T, Matsumoto H, Tanaka M, Ochi K, Moro-oka Y, Ogawa Y, Ishii T, Kataoka K, Miyahara Y. Electronics-free and synthetic polymeric materials based approach toward artificial pancreas. 3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo 2016.11.28 Tokyo, Japan

  52. ukichi Horiguchi, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Label-free and specific virus detection using densely immobilized sialic acid receptors. 3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo 2016.11.28

  53. Matsumoto A. Takayoshi Suganami, Electronics-free and Symthetic Materials Based Approach toward Artificial Pancreas. Seminar at City of Hope 2016.08.23 Pasadena, USA

  54. Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. "Borono-lectin" based platforms for bio-sensing and drug delivery applications,. The 33rd International Conference on Photopolymer Science and Technology 2016.06.24

  55. Matsumoto A. Synthetic Gel based Approaches towards “Electronics-free” Artificial Pancreas. EPFL, Tokyo Tech, TMDU Joint Workshop 2016.04.19 TMDU, Japan

  56. Matsumoto A. Phenylboronate based Strategies for Drug Delivery Systems and Nanobiosensing. 8th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials/9th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science (ISPlasma2016 / IC-PLANTS2016) 2016.03.06 Higashiyama Campus, Nagoya University, Aichi, Japan

  57. Matsumoto A, Miyahara Y. “Borono-lectin” based Platforms for Bio-sensing and Drug Delivery Applications. The 33rd International Conference on Photopolymer Science and Technology 2016.01.24 Chiba, Japan

  58. Matsumoto A, Ishii T, Kataoka K, Matsumoto H, Suganami T, Tanaka M, Ogawa Y, Miyahara Y. Synthetic gel based approach toward "electronics-free" artificial pancreas. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015.12.15 Hawaii, USA

  59. Matsumoto A, Tabata M, Yang H, Mannan F, Katayama Y, Goda T, Seichi A, Suzuki K, Miyahara Y. Electrochemical quantitative monitoring of isothermal nucleic acid amplification. 2nd COINS International Symposium 2015.11.24 Tokyo, Japan

  60. Matsumoto A, Miyahara Y. "Borono-lectin" based strategies for biosensing and smart drug delivery systems. 12th International Symposium on Stimuli-responsive Materials 2015.10.25 Sonoma, USA

  61. Matsumoto A. Synthetic gel based approach toward "electronics-free" artificial pancreas. City of Hope Seminar 2015.08.05 Pasadena, USA

  62. Matsumoto A, Ishii T, Matsumoto H, Suganami T, Tanaka M, Ogawa Y, Kataoka K, Miyahara Y. Synthetic gel based approach toward "electronics-free" artificial pancreas. City of Hope Seminar 2015.03.06 Pasadena, USA

  63. Matsumoto A, Ishii T, Matsumoto H, Suganami T, Tanaka M, Ogawa Y, Kataoka K, Miyahara Y. A Synthetic Gel Based Approach Toward Self-Regulated Insulin Delivery. 2014 MRS Fall Meeting & Exhibit 2014.11.30 Boston, USA

  64. Matsumoto A, Miyahara Y. Borono-lectin" Based Strategies for Biosensing and Smart Drug Delivery Systems. AMDI-5 & 6th IBB Frontier Symposium 2014.11.19 Tokyo, Japan

  65. Matsumoto A, Ishii T, Matsumoto H, Suganami T, Tanaka M, Ogawa Y, Kataoka K, Miyahara Y. A Synthetic Gel Based Approach Toward Self-regulated Insulin Delivery. PN&G 2014.11.10 Tokyo, Japan

  66. Sato S, Matsumoto A, Goda T, Kikuchi A, Miyahara Y. Preparation of poly(N-isopropylacrylamide) Gel from the Four-arm-branched Macromer. PN&G 2014.11.10 Tokyo, Japan

  67. Yuasa M, Matsumoto A, Goda T, Hoshi T, Sawaguchi T, Miyahara Y. Phenylboronate Based Glucose-responsive Gel with Improved Stability in Performance against Thermal Fluctuation. PN&G 2014.11.10 Tokyo, Japan

  68. Matsumoto A. Borono-lectin" Based Strategies for Smart Drug Delivery Systems and Biosensing. 6th TMDU International Summer Program (ISP 2014) 2014.08.25 TMDU

  69. Matsumoto A. Boronolectin" Based Strategies for Drug Delivery and Biosensing. Seminar at Birmingham University 2014.05.02 Birmingham, UK

  70. Matsumoto A. Boronolectin" Based Strategies for Drug Delivery and Biosensing. RSC Carbohydrate 2014 2014.04.29 Bath, UK

  71. Matsumoto A. A synthetic gel based approach toward self-regulated insulin delivery system. International Symposium on Smart Biomaterials 2014.03.24 NIMS, Japan

  72. 松元 亮. 完全合成材料による 「エレクトロニクスフリー」な 人工膵臓の開発. 令和3年度 生体医歯工学共同研究拠点(第1期) 最終成果報告会 2022.03.04

  73. 松元 亮. 「貼るだけ人工膵臓」開発の最前線. 東京都医工連携HUB機構 連携セミナー 2021.11.30

  74. 松元 亮. ボロノレクチンを駆使した次世代医工学. 第25回次世代医工学研究会 2021.10.29

  75. 松元 亮. ボロン酸化学を駆使した医工学研究の最前線. 高分子学会2021年度 Webinar(第5回) 2021.10.05

  76. 松元亮、Chen Siyuan、宮崎 拓也、伊藤 美智子、Kevin Barthelmes、松本裕子、金井紗綾香、池原清、諸岡由佳、木村 真一郎、田中都、菅波孝祥、宮原裕二. 高分子ゲルの階層的エンジニアリングによる持続型マイクロニードルデバイスの開発. 第70回高分子討論会 2021.09.08

  77. 松元 亮、宮崎 拓也、Khan Thahomina、宮澤 大樹、Cabral Horacio、宮原 裕二. ボロン酸を生体対話の基盤とした「はたらく高分子」. 第70回高分子討論会 2021.09.07

  78. 松元 亮. 機能性高分子を応用した ドラッグデリバリーシステムの研究. MLS-IBB-DSC Collaborative Workshop 2021.08.17

  79. 松元亮. 高分子ゲルを応用した完全合成型人工膵臓デバイス. 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻マテリアル工学セミナー・次世代バイオ・医療技術を先導するマテリアル研究の展開 2021.08.10

  80. 菅波 孝祥, 田中 都, 木村 真一郎, 越智 梢, 渡辺 亜希子, 松元 亮, Chen Siyuan, 松本 裕子, 宮崎 拓也, 伊藤 美智子, 金井 紗綾香, 宮原 裕二. 次世代型の人工膵臓による革新的な糖尿病治療機器の開発. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告書 2021.04.01

  81. 田畑美幸, Chindanai Ratanaporncharoen, 北迫勇一, 池田正臣, 合田達郎, 松元亮, 田上順次, 宮原裕二. マイクロpHセンサによる定量う蝕診断. 2019年度砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2019) 2019.08.28

  82. 田畑美幸, Chindanai Ratanaporncharoen, 北迫勇一, 池田正臣, 合田達郎, 松元亮, 田上順二, 宮原裕二. う蝕診断をサポートするマイクロpHセンサ. 第58回日本生体医工学会大会 2019.06.06

  83. 松元 亮. ボロノレクチン”を利用した生体計測とダオラッグデリバリーシステム. 分子ナノテクノロジー第174委員会第65回研究会 2019.05.27

  84. 吉住年弘, 合田達郎, 松元亮, 鷲尾隆, 宮原裕二. 多孔性ゲート電極と固定相材料膜からなる電界効果トランジスタ型センサアレイおよび機械学習による揮発性バイオマーカーのインテリジェントセンシング. 第66回応用物理学会春季学術講演会 2019.03.09

  85. 松元 亮, Siyuan Chen. 糖尿病患者に期待の新星、貼るだけ自律型の人工膵臓の開発. サイエンスパーク拠点間連携シンポジウム 2019.01.24

  86. 田畑美幸, 吉岡祐亮, 合田達郎, 松元亮, 落谷孝弘, 宮原裕二. 小型・可搬型microRNA定量検出pHセンサの開発. 第3回Liquid Biopsy研究会 2019.01.18

  87. 堀口諭吉, 合田達郎, 松元亮, 武内寛明, 山岡昇司, 宮原裕二. 粒子個別計測技術を用いたインフルエンザウイルスの特異的検出手法の開拓. 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019.01.11

  88. 松元 亮. ここまで来たグルコース応答性ゲル-貼るだけ人工膵臓-. 第二回ナノマシン研究会 2018.12.15

  89. 松元 亮, Siyuan Chen. 貼るだけ人工膵臓の開発. KISTEC Innovation Hub 2018 2018.10.16

  90. 松元 亮. 次世代型の人工膵臓による革新的な糖尿病治療機器の開発. ACT-M/MS第1回成果発表会 2018.10.12

  91. 吉住年弘, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二. 機能性有機化合物修飾電界効果トランジスタのアレイ化による気相アルデヒド化合物のクロスリアクティブセンシング. 第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018.09.18 名古屋国際会議場

  92. 松元 亮. ”ボロノレクチン”を基盤とする生体計測とドラッグデリバリーシステム. 第67回高分子討論会 2018.09.14

  93. 松元亮, Chen Siyuan, 松本裕子, 諸岡由桂, 山田紘理, 桑田博仁, 田中都, 越智梢, 片岡一則, 菅波孝祥, 宮原裕二. スマートゲルと皮下アクセス技術を融合した人工膵臓デバイスの開発. 第67回高分子討論会 2018.09.12

  94. 田中都, 桒田博仁, 越智梢, 松本裕子, 後藤沙也香, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. グルコース応答性スマートゲルを用いた新規インスリンデバイスの開発. 第91回日本内分泌学会学術集会 2018.04.26

  95. 吉住年弘,合田達郎,松元亮,宮原裕二. 揮発性バイオマーカーのセンシングによる医療診断を指向した電界効果トランジスタ型ガスセンサーの開発. 日本化学会 第98春季年会第98春季年会 2018.03.20 日本大学理工学部 船橋キャンパス

  96. 宮澤大樹,松元亮,合田達郎,宮原裕二. Direct determination of vitamin C and oxidized vitamin C by UV-HPLC. 日本化学会 第98春季年会第98春季年会 2018.03.20

  97. 内藤瑞,吉永直人,石井武彦,宮田完二郎,松元亮,宮原裕二,片岡一則. ATP応答性高分子ミセルによる細胞質内へのsiRNA送達技術の開発. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09

  98. 菅波孝祥,田中都,越智梢,桒田博仁,岡田純,松元亮,松本裕子,宮原裕二. スマートインスリンデバイスによる革新的な糖尿病治療機器の開発. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09

  99. 田畑美幸,合田達郎,松元亮,宮原裕二,吉岡祐亮,落谷孝広. パターン化Ir/IrOx センサの作製とリキッドバイオプシーへの応用. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2018.03.09 東京工業大学すずかけ台キャンパス

  100. 増山絢子,青柳隆夫,合田達郎,松元亮,宮原裕二. 微小電極とイメージングによる単一細胞内外カルシウムイオン同時測定. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09 東京工業大学すずかけ台キャンパス

  101. 淡路啓一郎,星徹,青柳隆夫,飯塚大介,合田達郎,松元亮,宮原裕二. 二リン酸検出を目的としたボロン酸ポリマーの合成と評価. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09 東京工業大学すずかけ台キャンパス

  102. Dilinaer Ainiwaer,田畑美幸,合田達郎,松元亮,宮原裕二,Enrico Tenaglia,Carlotta Guiducci. 等温核酸増幅法と組み合わせたpH-based microRNA検出システムの創製. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09 東京工業大学すずかけ台キャンパス

  103. 内藤瑞, 吉永直人, 石井武彦, 宮田完二郎, 松元亮, 宮原裕二, 片岡一則. ATP応答性高分子ミセルによる細胞質内へのsiRNA送達技術の開発. 平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018.03.09

  104. 松元 亮. ”ボロノレクチン”を基盤とする生態計測とドラッグデリバリーシステム. 第36回機器分析講座 高分子による生体関連センサーの開発とIoT社会への展開 2018.03.02

  105. 桒田博仁, 田中都, 越智梢, 松本裕子, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. グルコース応答性ゲルを用いたエレクトロニクスフリーな新規インスリンデバイスの開発. 第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 2018.02.23

  106. 田畑美幸, 吉岡祐亮, 合田達郎, 松元亮, 落谷孝広, 宮原裕二. リキッドバイオプシーを指向したmicroRNA定量検出デバイス. 第2 回Liquid Biopsy 研究会 2018.01.20 京王プラザホテル

  107. 松元 亮. ボロノレクチン」を利用したバイオエンジニアリング. 第5回レクチン利用技術研究会・ワークショップ 2018.01.15

  108. 内藤瑞, 吉永直人, 松元亮, 宮原裕二, 宮田完二郎, 片岡一則. 細胞内ATP応答性システムを利用した核酸医薬デリバリー技術の構築. 第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム 2018.01.10

  109. 堀口諭吉, 合田達郎, 松元亮, 武内寛明, 山岡昇司, 宮原裕二. 細孔電気抵抗法と分子認識機構を用いたヒトA型インフルエンザウイルスの検出. 第27回日本MRS年次大会 2017.12.05

  110. 口諭吉,合田達郎,松元亮,武内寛明,山岡昇司,宮原裕二. ウイルス認識ナノ粒子を用いた電気抵抗ナノパルス法によるウイルス計測. 第39回バイオマテリアル学会大会 2017.11.21

  111. 合田達郎, 海文峰, 堀口諭吉, 松元亮, 宮原裕二. シアル酸糖鎖修飾型導電性高分子の創製とインフルエンザウイルスの電気的検出. 第39回バイオマテリアル学会大会 2017.11.20

  112. 今泉祐輝, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二. イオン応答性電界効果トランジスタを用いたアクティブ細胞膜障害性測定法の開発. 第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017.10.31

  113. 田畑美幸, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二. pH検出に基づく核酸の増幅と検出を行う小型デバイスの創製. 第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017.10.31

  114. 波多野豊晃, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二. pH応答性電界効果トランジスタを用いた上皮タイトジャンクション評価系の構築. 第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017.10.31

  115. 合田達郎, 海文峰, 堀口諭吉, 松元亮, 宮原裕二. 糖鎖修飾導電性高分子を用いたインフルエンザウイルスの電気的検出. 第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017.10.31

  116. 増山絢子, 合田達郎, 松元亮, 青柳隆夫, 宮原裕二. 微小電極とイメージングによる単一細胞内外[Ca2+]同時測定系の開発. 第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017.10.31

  117. 松元 亮. 貼るだけ人工膵臓の実用化を目指して. Innovation Leaders Summit 2017 2017.10.23

  118. 田中都, 桒田博仁, 越智梢, 松本裕子, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. グルコース応答性ゲルを用いた自律的インスリンデバイスの開発. 第38回日本肥満学会 2017.10.07

  119. 淡路啓一郎, 飯塚大介, 合田達郎, 星徹, 青柳隆夫, 松元亮, 宮原裕二. 二リン酸検出を目的としたボロン酸ポリマーの合成と評価. 第66回高分子討論会 2017.09.20

  120. 松元亮, 松本裕子, 宮澤大樹, 諸岡由桂, Siyuan Chen, 山田紘理, 小川佳宏, 田中都, 桑田博仁, 越智梢, 菅波孝祥, 片岡一則, 宮原裕二. スマートゲルと皮下挿入技術を融合した人工膵臓デバイスの検討. 第66回高分子討論会 2017.09.20

  121. 田中 都, 桒田博仁, 越智 梢, 松本裕子, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井 均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. 3. スマートインスリンデバイスによる新しい糖尿病治療戦略の開発. 第7回名古屋大学・生理学研究所合同シンポジウム 2017.09.09

  122. 松元 亮, 菅波孝祥. 糖応答性高分子ゲルによるインテリジェント型インスリンポンプの開発. キヤノン財団第6回「産業基盤の創生」研究成果報告会 2017.08.08

  123. 松元 亮. 貼るだけ人工膵臓」の開発. 平成29年度KISTEC研究報告会 2017.07.18

  124. 松元 亮. 生体分子との相性が抜群な“ボロン酸工学”の発展を目指して. 第10回ナノバイオ若手ネットワーキングシンポジウム 2017.06.10

  125. 内藤瑞, 吉永直人, 石井武彦, 松元亮, 宮原裕二, 宮田完二郎, 片岡一則. 細胞内へのsiRNA送達を目指したATP応答性PICミセルの機能評価. 第66回高分子学会年次大会 2017.05.29

  126. 桒田博仁, 田中都, 越智梢, 松本裕子, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. エレクトロニクスフリーなスマートインスリンデバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発. 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017.05.18

  127. 田中都, 桒田博仁, 越智梢, 松本裕子, 白川伊吹, 宮原裕二, 石井均, 小川佳宏, 松元亮, 菅波孝祥. スマートインスリンデバイスによる新しい糖尿病治療戦略の開発. 第90回日本内分泌学会学術集会 2017.04.20

  128. 田畑美幸,Enrico Tenaglia,合田達郎,松元亮,Carlotta Guiducci,宮原裕二. pH検出に基づく小型核酸定量デバイスの創製. 生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2017.03.24

  129. 松元 亮. 完全合成材料による「エレクトロニクスフリー」な人工膵臓の開発. 第1回生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2017.03.24

  130. 松元 亮. 体に貼りつける人工膵臓デバイス. 独)日本学術振興会先端ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会 平成28年度 第7回研究会 2017.03.02

  131. 松元 亮. 糖尿病患者のQOL向上を目指したエレクトロニクスフリーな人工膵臓の開発. 再生・細胞医療産業化促進セミナー 2016.12.08 ライフイノベーションセンター

  132. 松元 亮. “ボロノレクチンを利用した生体計測とドラッグデリバリーシステム. 化学特別講義2セミナー 2016.12.07 東京理科大学神楽坂キャンパス

  133. 松元 亮. 糖応答性高分子ゲルによるインテリジェント型人工膵臓の開発. キャノン財団報告会 2016.08.03 Canon Global Management Institute

  134. 松元 亮. “ボロノレクチン”を利用した生体計測とDDS. 名古屋大学環境医学研究所セミナー 2016.07.21 名古屋大学

  135. 松元 亮. ”ボロノレクチン”を利用した生体計測とDDS. 新化学技術推進協会(JACI)先端化学・材料技術部会高選択性反応分科会 2016.05.31 新化学技術推進協会(JACI)

  136. 松元 亮, 松本 裕子, 田中 都, 越智 梢, 菅波 孝祥, 小川 佳宏, 片岡 一則, 宮原 裕二. スマートゲルと透析用中空糸を融合した人工膵臓デバイスの検討. 第65回高分子学会年次大会 2016.05.25 神戸国際会議場・展示場

  137. 松元亮, 田畑美幸, 合田達郎, 宮原裕二. 小型・簡易microRNA解析デバイス. COINS 第5回全体会議 2016.01.22 川崎市(ナノ医療イノベーションセンター: iCONM)

  138. 松元 亮. ボロン酸を利用した生体計測とDDS. コロイド先端技術講座2015バイオ・アクティブ・ソフトマター 2015.12.02 日本化学会化学会館

  139. 松元亮, 石井武彦, 松本裕子, 菅波孝祥, 田中都, 小川 佳宏, 片岡一則, 宮原 裕二. 機能性ゲルを利用した人工膵臓創製への挑戦,第64回高分子討論会. 第64回高分子討論会 2015.09.15 東北大学川内キャンパス

  140. 松元亮, 田畑美幸, 合田達郎, 宮原裕二. 小型・簡易microRNA解析デバイス. COINS 第4回全体会議 2015.06.19 川崎市(ナノ医療イノベーションセンター: iCONM)

  141. 松元 亮. スマートゲルを用いたエレクトロニクスフリーな人工膵臓の検討. 第8回若手ネットーワーキングシンポジウム 2015.06.12 長良川国際会議場(岐阜市)

  142. 松元亮, 石井武彦, 片岡一則, 松本裕子, 菅波孝祥, 田中都, 小川 佳宏, 宮原 裕二. スマートハイドロゲルを用いたエレクトロニクスフリーな人工膵臓に関する研究. 第64回高分子年次大会 2015.05.27 札幌コンベンションセンター

  143. 松元 亮. ボロン酸を利用したDDSと生体計測. 第26回高分子ゲル研究討論会 2015.01.19 東京大学

  144. 松元亮, 田畑美幸, 合田達郎, 三條舞, 宮原裕二. バイオトランジスタによる生体計測とその界面設計. 電気学会「統合化バイオサーキット技術調査専門委員会」技術講演会 2014.12.22 東京医科歯科大学

  145. 松元亮. ボロン酸を利用した生体計測とドラッグデリバリーシステム. 平成26年度第4回硬組織疾患ゲノムセンターセミナー 2014.10.28 東京医科歯科大学

  146. 松元亮, 石井武彦, 片岡一則, 松本裕子, 菅波孝祥, 田中都, 小川 佳宏, 宮原 裕二. ボロン酸ゲルを利用した自律型インスリンデリバリーシステムの創製. 第63回高分子討論会 2014.09.24 長崎大学文教キャンパス

  147. 松元亮. ボロン酸を利用したDDSと生体計測. ナノバイオ国際共同研究教育拠点第3回若手国内シンポジウム NanoBio第7回若手ネットワーキングシンポジウム 2014.06.13 九州大学

  148. 松元亮, 石井武彦, 片岡一則, 松本裕子, 菅波孝祥, 田中都, 小川佳宏, 宮原裕二. ボロン酸ゲルを利用した自律型インスリン投与システムの創製. 第63回高分子学会年次大会 2014.05.28 名古屋国際会議場

  149. 松元亮. バイオトランジスタによる生体計測. ImPACT申請に関する講演会 2014.05.13 名古屋安保ホール

  150. 松元亮. 進化する半導体-バイオトランジスタによる生体計測-. 日本薬学会第134年会 2014.03.27 熊本大学

  151. 松元亮, 三條舞, 前田康弘, 宮原裕二. ボロン酸による二リン酸特異的な分子認識. ソフトインターフェース第10回領域会議 2014.03.17 箕面山荘,大阪

  152. 松元亮. ボロン酸を利用した生体計測とドラッグデリバリーシステム. 東京工業大学資源化学研究所セミナー 2014.01.17 東京工業大学

  153. 松元亮. 高分子ゲルを応用した完全合成型人工膵臓デバイスの開発. 旭化成株式会社講演会 2021.01.27

  154. 松元亮. <糖尿病>機械を使わず、安く、痛みのない治療を目指して. 第7回COINSシンポジウム〜小さく寄り添い大きく守る、未来の医療はすぐそこに〜(オンライン) 2020.12.04

  155. Akira Matsumoto, Chen Siyuan, Takuya Miyazaki, Michiko Ito, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Yuji Miyahara. Polymer gel-based totally synthetic pancreas device. The 30th Frontier Scientists Workshop, Recent Advances in Medical Polymers for Therapeutic Applications 2020.11.27

  156. 松元亮. 合成分子のみで完結した「インスリンがやってくる」技術. CSJ化学フェスタ2020(オンライン会議) 2020.10.10

  157. 松元亮. 拡散制御性におけるゲルのやわらか機能デザインを通じた「人工膵臓」の開発. 第69回高分子討論会(オンライン会議) 2020.09.18

  158. 松元亮. 高分子ゲルを応用した完全合成型人工膵臓デバイスの開発. 第69回高分子討論会(オンライン会議) 2020.09.17

  159. 松元亮. 革新的な高尿病治療を実現する「貼るだけ人工膵臓」の開発. 有機機能材料のリソグラフィ加工コンソーシアム・第36回定例会(オンライン会議) 2020.06.25

  160. 松元亮. 「”貼るだけ” 人工膵臓」開発の最前線. 第74回日本栄養・食糧学会大会 2020.05.16

  161. 向田彩乃, 宮澤大樹, 松元亮, 宮原裕二. 抗がん作用に及ぼすビタミンⅭ酸化体の存在意義の解明. 第74回日本栄養・食糧学会大会 2020.05.16

  162. 田畑美幸, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二, 吉岡祐亮, 落谷孝宏. 低分子核酸を定量するpHセンサチップの開発. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2020.03.13

  163. 内藤瑞, 宮島健, 宮田完二郎, 松元亮, 宮原裕二. ピリジルボロン酸を利用したポリマー型リガンドの開発とがん細胞標的化への展開. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2020.03.13

  164. Chattarika Khamhanglit, Miyuki Tabata, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara, Mana Sriyudthsak. Protein Immobilization Method on the Ion-Sensitive FET. 令和元年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2020.03.13

  165. 波多野豊晃, 合田達郎, 松元亮, 宮原裕二. 上皮タイトジャンクション形成の新規評価手法の開発. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.24

  166. Miyuki Tabata, Yusuke Yoshioka, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Takahiro Ochiya, Yuji Miyahara. Ir/IrOx chips for electrochemical DNA detection combining with isothermal nucleic acid amplification. 4th International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.14

  167. Ken Miyajima, Mitsuru Naito, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara, Kanjiro Miyata. Pyridylboronic Acid-Incorporated Polymeric Ligand for Targeting Sialic Acid on Cancer Cell Surface. 4th International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.14

  168. Hiroaki Hatano, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Yuji Miyahara. Analysis of cellular internalization mechanism of sulfobetaine polymers with different cationic structures. 4th International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.14

  169. Chattarika Khamhanglit, Miyuki Tabata, Pornnapat Kul-eung, Mana Sriyudthsak, Tatsuro Goda, Akira Matsumoto, Tetsuo Tabei, Anri Nakajima, Yuji Miyahara. Direct immobilization of urease on the Ta2O5 gate for FET. 4th International Symposium on Biomedical Engineering 2019.11.14

  170. 宮島健, 内藤瑞, 松元亮, 宮原裕二, 宮田完二郎. ピリジルボロン酸を利用したがん細胞表面のシアル酸を標的化するポリマー型リガンドの開発. 第68回高分子討論会 2019.09.25

  171. Siyuan Chen, Hiroko Matsumoto, Yuki Morooka, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. Two-layer microneedles fabricated with SemiInterpenetrating Network Hydrogels for smart transdermal insulin delivery. 第68回高分子討論会 2019.09.25

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 薬剤送達用デバイス

    特許番号: 特許第6830662号

  • ウィルスおよび細菌検出バイオセンサ用デバイス、及びバイオセンサ

    特許番号: 特許第6824527号

  • 薬剤送達用デバイス

    特許番号: US11141486

  • 薬剤送達用デバイス

    特許番号: CN ZL201680072480.X

  • インスリン送達用デバイス

    特許番号: 特許第6784352号

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマーおよびその使用

    特許番号: 5481614

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマー およびその使用

    特許番号: 9,114,177(US patent)

  • フェニルボロン酸基が導入されたブロックコポリマーおよびその使用

    出願番号: 2012337721

  • 糖応答性ゲル及び薬剤投与デバイス

    特許番号: 5696961

  • バイオセンサ、バイオセンサを用いた生体物質の検出方法、及びそのキット

    特許番号: 5467312

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会旭化成賞,高分子学会,2020年09月

  • 学生優秀発表賞,日本栄養・食料学会,2020年05月

  • Soft Matter Presentation Prize,第31回高分子ゲル研究討論会,2020年01月

  • Young Researchers Poster Award,2019年11月

  • Most Impressive Presentation Award,2019年11月

  • 日本高分子学会 広報委員会パブリシティ賞,2019年05月

  • 第 13 回ナノ・バイオメディカル学会 学会賞,ナノ・バイオメディカル学会,2018年11月

  • 第2回バイオインダストリー奨励賞,一般財団法人バイオインダストリー協会,2018年07月

  • 日本糖尿病学会 第8回(2018年)若手研究奨励賞,エレクトロニクスフリーな人工膵臓様デバイスによる新規糖尿病治療戦略の開発,2018年05月

  • 2回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 Young Investigators Award,第32回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 ,2018年02月

  • 高木賞,第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム,2018年01月

  • IPC 2014 Young Scientist Poster Award(Akira Matsumoto),International Polymer Conferences (IPC) 2014,2014年12月

  • 第63回高分子討論会優秀ポスター賞(松元 亮),公益社団法人 高分子学会,2014年09月

  • 東京医科歯科大学優秀研究賞(2013/10/11),2013年

  • Journal of Materials Chemistry Poster Prize(2013/10/22),2013年

  • 第4回中谷賞(財団法人中谷電子計測技術振興財団)(2012/2/24),2012年

  • European Materials Research Society Poster Award(2012/5/16),2012年

  • NanoBio Seoul Poster Award(2008/10/31),2008年

  • 第14回日本高分子学会ゲル討論会ポスター賞(2004/1/16),2004年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 研究成果の実用化を目指すベンチャー企業が設立されました,2021年11月

    -

  • 「グルコース応答性ゲルと中空糸を組み合わせた人工膵臓デバイス」―平均血糖値と日内変動指標を劇的に改善―,2020年06月

    Communications Biology

  • 「糖尿病「貼る」治療に力」,2019年10月

    読売新聞

  • 「「貼るだけ医薬品」開発進む」,2019年03月

    熊本日日新聞

  • 「進む「貼るだけ医薬品」」,2019年03月

    京都新聞

  • 「開発進む「貼るだけ医薬品」」,2019年03月

    山陽新聞

  • 「手軽で患者負担少なく 進む「貼るだけ医薬品」開発」,2019年03月

    四国新聞

  • 「進む「貼るだけ医薬品」」,2019年02月

    高知新聞

  • 「貼る医薬品開発進む」,2019年02月

    福井新聞

  • 「ワクチン、人工すい臓も―「貼るだけ医薬品」開発」,2019年02月

    山陰中央新聞

  • 「貼る医薬品 開発進む」,2019年02月

    大分合同新聞

  • 「「薬や注射の手間なし―「貼るだけ医薬品」進化」,2019年02月

    下野新聞

  • 「貼るだけ医薬品 進む開発」,2019年02月

    北海道新聞

  • 「進む「貼るだけ医薬品」」,2019年02月

    琉球新聞

  • 「体にぺたり 医療を変える」,2019年02月

    山形新聞

  • 「開発進む「貼るだけ医薬品」」,2019年02月

    徳島新聞

  • 「貼る医薬品 進む開発」,2019年02月

    中国新聞

  • 上皮組織のバリア機能を非侵襲かつ選択的に評価する新規手法を開発,2019年01月

    Analytical Chemistry

  • マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓の開発1週間以上の持続性と急性(血糖値)応答性を両立した世界初のプロトタイプ,2019年01月

    Advanced Functional Materials

  • マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓の開発1週間以上の持続性と急性(血糖値)応答性を両立した世界初のプロトタイプ,2019年01月

    Advanced Functional Materials

  • 第二回「バイオインダストリー奨励賞」受賞,2018年08月

    一般財団法人バイオインダスト協会プレスリリース(受賞決定)(8/24/2018)
    https://www.jba.or.jp/web_file/180718_2nd_award_pressrelease2.pdf
    一般財団法人バイオインダスト協会プレスリリース(受賞式)(10/15/2018)
    https://www.jba.or.jp/jba/osirase/post_103.php
    AMEDプレスリリース(10/23/2018)
    https://www.amed.go.jp/news/seika/jyusho/20181018.html
    本学HP「お知らせ」掲載(10/30/2018)
    http://www.tmd.ac.jp/index.html

  • 文部科学省「平成30年度地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」 支援対象地域の決定,2018年08月

    文科省プレスリリース(8/24/2018)
    http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/1407585.htm
    株式会社日本医療機器開発機構(JOMDD)プレスリリース(8/24/2018)
    https://jomdd.com/2018/08/2094.html
    神奈川県プレスリリース(8/24/2018)
    https://www.kanagawa-iri.jp/

  • マイクロpHセンサによるう蝕定量マッピング」―視診できないう蝕の簡便診断への応用の可能性―,2018年04月

    Analytical Chemistry

  • 「人工臓器で糖尿病に勝つ」,2018年01月

    日経産業新聞

  • 「「貼るだけ」糖尿病治療ー自動でインスリン調整 新素材」,2018年01月

    朝日新聞

  • 「血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発」,2017年12月

    朝日新聞デジタル

  • 「機械・タンパク質不使用 カテーテル型の人工膵臓」,2017年12月

    日刊工業新聞

  • 「電気駆動でない人工膵臓「世界初開発」マウスで機能実証 血糖値変化からインスリン供給調整」,2017年12月

    科学新聞

  • 「“エレクトロニクスフリー”な人工膵臓を開発」 血糖値の変化を検知して、自律的にインスリンを放出 ―,2017年11月

    Science Advances

  • 「“エレクトロニクスフリー”な人工膵臓を開発」 血糖値の変化を検知して、自律的にインスリンを放出 ―,2017年11月

    Science Advances

  • 「人工臓器、小型で使いやすく」,2017年10月

    日経新聞

  • インフルエンザウイルスを高感度かつ選択的に検出する導電性プラスチックの開発」―ウイルス感染をその場で診断するウエアラブルデバイスへの応用に期待―,2017年04月

    ACS Applied Materials Interfaces

  • 水素イオンセンサーを用いて生体膜のバリア性を評価する新手法の開発」―ナノメディシンの安全性評価に期待―,2016年12月

    Acta Biomaterialia

  • 「解剖—先端拠点—“実物に近い人工組織を」,2016年03月

    日経産業新聞

  • 細胞内環境に応答した核酸医薬(siRNA)送達のための高性能ナノキャリア,2013年01月

    Angewandte Chemie International Edition

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 貼るだけの人工すい臓システムについて,小学館,週刊ポスト,2022年05月17日 - 2022年07月29日

  • 「貼るだけ」の人工肝臓が糖尿病治療を変える,株式会社保健同人社,ウェブサイト 「みんなの健康ライブラリー」,2021年11月02日

  • リポート◎インスリン投与量を自動で増減、「人工膵臓」の最前線【後編】 日本で開発進む究極の「貼るだけ人工膵臓」,日経BP,日経メディカル Online,2021年10月04日

  • 人工膵臓デバイス,医薬経済社,医薬経済,2020年06月23日

  • 「貼るだけ人工 膵臓」に関する最新の研究状況について,化学工業日報社,化学工業日報,2018年11月07日