基本情報

写真a

井上 純(イノウエ ジュン)

INOUE Jun


職名

准教授

研究室住所

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5820

研究室FAX番号

03-5803-0244

メールアドレス

jun.cgen@mri.tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mri/cgen/framepage.htm

研究分野・キーワード

分子腫瘍学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  鳥取大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝 助教
  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 分子細胞遺伝学 助教
  • 2009年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝 講師
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 ゲノム応用医学研究部門 分子細胞遺伝 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2009年9月〜現在 東京医科歯科大学・難治疾患研究所・分子細胞遺伝 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 病態医化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 癌発生の分子メカニズムの解明

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オートファジー活性を基盤とした新たな癌治療戦略の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • BETファミリー遺伝子BRD4を標的とする癌抑制型マイクロRNA抗癌核酸薬の創製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • がん細胞文脈のシステム的統合理解による新たながん診断・治療概念の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • オートファジー活性を基盤とした新たな癌治療戦略の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • がんのゲノム・エピゲノム情報の包括的理解に基づく個性診断法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Xu H, Miki K, Ishibashi S, Inoue J, Sun L, Endo S, Sekiya I, Muneta T, Inazawa J, Dezawa M, Mizusawa H. Transplantation of neuronal cells induced from human mesenchymal stem cells improves neurological functions after stroke without cell fusion. J Neurosci Res. 2010.12; 88 (16): 3598-3609. ( PubMed, DOI )

  • Inoue J, Misawa A, Tanaka Y, Ichinose S, Sugino Y, Hosoi H, Sugimoto T, Imoto I, Inazawa J. Lysosomal-associated protein multispanning transmembrane 5 gene (LAPTM5) is associated with spontaneous regression of neuroblastomas. PLoS One. 2009; 4 (9): e7099. ( PubMed, DOI )

  • Zhao C, Inoue J, Imoto I, Otsuki T, Iida S, Ueda R, Inazawa J. POU2AF1, an amplification target at 11q23, promotes growth of multiple myeloma cells by directly regulating expression of a B-cell maturation factor, TNFRSF17. Oncogene. 2008.01; 27 (1): 63-75. ( PubMed, DOI )

  • Sugino Y, Misawa A, Inoue J, Kitagawa M, Hosoi H, Sugimoto T, Imoto I, Inazawa J. Epigenetic silencing of prostaglandin E receptor 2 (PTGER2) is associated with progression of neuroblastomas. Oncogene. 2007.11; 26 (53): 7401-7413. ( PubMed, DOI )

  • Tanaka K, Imoto I, Inoue J, Kozaki K, Tsuda H, Shimada Y, Aiko S, Yoshizumi Y, Iwai T, Kawano T, Inazawa J. Frequent methylation-associated silencing of a candidate tumor-suppressor, CRABP1, in esophageal squamous-cell carcinoma. Oncogene. 2007.09; 26 (44): 6456-6468. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • マイクロRNAの測定方法、並びに、がん治療剤及びこれを含有するがん治療のための医薬組成物

    特許番号: 9994843

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Scholar-in-Training Award, American Association for Cancer Research (AACR),2005年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「がん抑制型miRNA-634 を創薬シーズとした核酸抗がん製剤を開発」―膵臓がんに対するマイクロRNAを用いた新たな核酸抗がん薬の実用化へ期待―,2020年01月

    Molecular Therapy – Nucleic Acids

  • 急性リンパ性白血病におけるL-アスパラギナーゼ投与時のオートファジー作用の解明―オートファジーを標的とした急性リンパ性白血病に対する新規治療法への期待 ―,2017年03月

    oncogene