基本情報

写真a

渡 一平(ワタリ イッペイ)

WATARI Ippei


職名

助教

生年

1976年

研究室住所

東京医科歯科大学大学院 咬合機能矯正学分野 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5529

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能矯正学 助教
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔育成系診療領域 矯正歯科 助教
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • GPCR転写ネットワーク制御と骨再生を目指したRNA核酸医療への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 呼吸様式の変化に伴う味覚情報処理機構の破綻と回復に関するメカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 歯槽骨再生におけるHSPGを介したエクソソーム取り込みのメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 次世代シークエンサーによるGPCR転写制御マップの作成と骨再生遺伝子治療

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • GPCRクラスA転写マップの作成~唾液腺由来のRNA核酸医療の骨再生への応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 成長期の鼻呼吸障害における筋機能の変調が顎顔面発育に影響を与えるか

    文部科学省/日本学術振興会

  • 咀嚼機能低下がマイオカインを介し顎顔面領域と全身に与える病態メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 海馬における記憶・学習機能の評価による、成長期咀嚼刺激回復の生物学的意義の検証

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Jui-Chin Hsu, Ippei Watari, Rieko Ono, Jutiporn Privatananupunt, Mariko Mizumachi-Kubono, Koji Honda, Yuji Ishida, Takashi Ono. Degeneration of fungiform and circumvallate papillae following molar extraction in rats. Acta Odontol. Scand.. 2014.11; 72 (8): 880-886. ( PubMed, DOI )

  2. Emina Aoyama, Ippei Watari, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Masaki Yanagishita, Takashi Ono. Expression of glucagon-like peptide-1 receptor and glucose‑dependent insulinotropic polypeptide receptor is regulated by the glucose concentration in mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells. Int. J. Mol. Med.. 2014.08; 34 (2): 475-482. ( PubMed, DOI )

  3. Jutiporn Privatananupunt, Ippei Watari, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Mariko Kubono, Takashi Ono. Expression of glucose-dependent insulinotropic polypeptide and its receptor in the rat major salivary glands. Acta Histochem.. 2014.05; 116 (4): 545-550. ( PubMed, DOI )

  4. 渡一平、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞謹、井上カタジナアンナ、青山絵美奈、小野卓史. 妊娠中の耐糖能低下が母体の口腔内および新生児の頭蓋顎顔面成長発育に与える影響 女性健康科学研究会誌. 2014.05; 3 (1): 57-62.

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Watari I, Abbassy MA, Podyma-Inoue KA, Ono T. Major Topics in Type 1 Diabetes. INTECH, 2015.11 Complication of Type 1 Diabetes in Craniofacial and Dental Hard Tissue (ISBN : 978-953-51-2204-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Ippei Watari, Ikuo Yonemitsu, Ayako Kirii, Misako Koketsu, Mirei Hagiwara, Erika Ozawa, Akemi Kanaguchi-Arita, Takashi Ono. Pharyngeal airway changes after lower teeth distal movement using the implant anchorage.. 9th World Implant Orthodontic Conference 2017.07.02 神戸

  2. Ershu Ren, Ippei Watari, Hsu Jui-Chin, Mariko Mizumachi-Kubono, Katarzyna Anna Podyma-Inoue, Tetsuro Watabe, Takashi Ono. Unilateral nasal obstruction effects gustatory function in rats. The 39 th Annual Scientific Conference on Dental Research 2017.03.31 Ho Chi Minh city, Vietnam

  3. Ippei Watari, Emina Wakasugi, Kasia A Inoue, Masaki Yanagishita, Takashi Ono. Expression of incretin receptor (GLP-1 receptor and GIP receptor) on osteoblastic cell line and it’s expression alter by the glucose concentration.. 17th International Symposiumon Molecular Medicine 2014.10.09 Athens, Greece

  4. 若杉絵美菜, 渡一平, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 小野卓史. 次世代シークエンサーを用いたマウス前骨芽細胞MC3T3-E1におけるGLP-1関与遺伝子の解析. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  5. 齋藤絵里、渡一平、窪野真理子、許瑞瑾、小野卓史. 歯根膜刺激低下および回復は顎下腺におけるアクアポリン5の局在に影響を与える. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  6. 任尓舒, 渡一平, 許瑞瑾, 井上カタジアンナ, 窪野真理子, 渡部徹郎, 小野卓史. 鼻呼吸障害が味覚に与える影響について. 第76回日本矯正歯科学会大会 2017.10.18 札幌

  7. 渡一平、若杉絵美奈、パイワッタナヌパンジュティポーン、許瑞謹、井上カタジナアンナ、小野卓史. 妊娠糖尿病はラット新生仔の頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を与える. 第30回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 2014.11.28

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • Maternal and early-life high-fat diets result in a taste for salty food,2023年04月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 「胎生期・発達期の栄養状態が味覚に影響を与えることを発見」 ― 妊娠・授乳期の高脂肪食摂取が子の塩味嗜好性を増加させる ― ,2023年04月

    Scientific Reports