基本情報

写真a

中根 綾子(ナカネ アヤコ)

NAKANE Ayako


職名

助教

生年

1977年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 松本歯科大学  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 スペシャルケア外来 助教
  • 2008年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 高齢者歯科外来 医員(歯病)
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本老年歯科医学会

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

  • 日本静脈経腸栄養学会

  • 嚥下医学会

  • 日本障害者歯科学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 東京都文京区地域医療連携推進協議会 高齢者・障碍者口腔保険医療検討部会員
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 評議委員
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京都文京区地域医療連携推進協議会 在宅医療検討部会員
  • 2015年10月
    -
    現在
    文京区地域包括ケア推進委員会医療介護連携専門部 委員
  • 2016年
    -
    現在
    一般社団法人日本老年歯科医学会 代議員

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 摂食機能療法専門歯科医師

  • 歯科医師

  • 日本障害者歯科学会認定医

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

  • 日本老年歯科医学会指導医

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 摂食嚥下障害

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2020年03月

  • 施設入所の要介護高齢者の栄養状態と誤嚥性肺炎発症との関連について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 要介護高齢者の不適切な食事形態と誤嚥性肺炎発症率の関連について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂取改善要因と介護者の心理的支援に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yamaguchi K, Tohara H, Hara K, Chantaramanee A, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Minakuchi S. Tongue thickness is associated with masticatory performance of perioral muscles: Ultrasonographic study of perioral muscle characteristics in healthy young subjects. Journal of oral rehabilitation. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  • Hara K, Tohara H, Chizuru N, Yamaguchi K, Chantaramanee A, Kobayashi K, Saito T, Nakagawa K, Okumura T, Yoshimi K, Nakane A, Furuya J, Minakuchi S. Relationship between displacement of the masseter muscle during biting and masseter muscle quality and bite force in healthy elderly persons. Journal of oral rehabilitation. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  • Chantaramanee A, Tohara H, Nakagawa K, Hara K, Nakane A, Yamaguchi K, Yoshimi K, Junichi F, Minakuchi S. Association between echo intensity of the tongue and its thickness and function in elderly subjects. Journal of oral rehabilitation. 2019.07; 46 (7): 634-639. ( PubMed, DOI )

  • Kurosawa Y, Hara K, Tohara H, Namiki C, Chantaramanee A, Nakane A, Nakagawa K, Yamaguchi K, Yoshimi K, Furuya J, Minakuchi S. Calf Circumference Is a Useful Index for Assessing Dysphagia among Community Dwelling Elderly Recipients of Long-Term Care. The Tohoku journal of experimental medicine. 2019.07; 248 (3): 201-208. ( PubMed, DOI )

  • Kurosawa Yukiko, Hara Koji, Tohara Haruka, Namiki Chizuru, Chantaramanee Ariya, Nakane Ayako, Nakagawa Kazuharu, Yamaguchi Kohei, Yoshimi Kanako, Furuya Junichi, Minakuchi Shunsuke. Calf Circumference Is a Useful Index for Assessing Dysphagia among Community Dwelling Elderly Recipients of Long-Term Care(和訳中) The Tohoku Journal of Experimental Medicine. 2019.07; 248 (3): 201-208. ( 医中誌 )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 中根綾子、戸原玄. 別巻 ヘルスプロモーション. 株式会社 メヂカルフレンド社, 2018.11 Ⅵ 歯・口腔

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Kanako Yoshimi, Haruka Tohara, Kazuharu Nakagawa, Koji Hara, Kohei Yamaguchi, Chizuru Namiki, Ayako Nakane. RELATIONSHIP BETWEEN TONGUE PRESSURE AND BACK MUSCLE STRENGTH IN HEALTHY ELDERLY INDIVIDUALS. 9th ESSD annual meeting 2019.09.21 Vienna

  • Nakagawa K, Yamaguchi K, Yoshimi K, Nakane A, Hara K, Tohara H.. KINEMATIC ANALYSIS OF SWALLOWING FUNCTION BEFORE AND AFTER ANTERIOR CERVICAL DISTCECTOMY AND FUSION FOR CERVICAL SPONDYLOTIC AMYOTROPHY. 9th ESSD annual meeting 2019.09.20 Vienna

  • 吉田早織,中根綾子,戸原玄. 舌癌術後の継続的な経口摂取支援により皮弁容量の改善を認めた1例. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2019.09.07 新潟

  • 奥村拓真,原豪志,戸原玄,,中川量晴,並木千鶴,吉見佳那子,山口浩平,中根綾子. 舌切除・再建術後における咽頭収縮率と嚥下機能の関連. 第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2019.09.07 新潟

  • 吉見佳那子,中川量晴,堀内玲,中根綾子,原豪志,山口浩平,戸原玄. 口腔期嚥下障害に影響する歯列不正に対し口腔愛装置を適応した在宅脳卒中患者の一例. 2019.09.07 新潟

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 中根綾子 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究,2019年04月

    地域医療基盤開発推進研究事業 (2018-2020) 分担研究者

  • 中根綾子 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂食改善要因と介護者の心理的支援に関する研究,2019年04月

    科学研究費 基盤研究 (C) 分担研究者

  • 中根綾子 脳卒中急性期における口腔機能管理法の開発に関する研究,2018年04月

    循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業 (2016-2019) 分担研究者

  • 中根綾子 施設入所の要介護高齢者の栄養状態と誤嚥性肺炎発症との関連について,2018年04月

    科学研究費 基盤研究(C)2016-2019

  • 中根綾子 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂食改善要因と介護者の心理的支援に関する研究,2018年04月

    科学研究費 基盤研究 (C) 分担研究者

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • D6包括臨床実習PhaseⅢ-アドバンス選択実習,2016年 - 現在

  • D6後期臨床セミナー,2015年 - 現在

  • D5咀嚼と嚥下のバイオロジー講義(嚥下機能評価),2015年 - 2018年

  • 口腔保健学科口腔保健衛生学専攻4年生 臨地・臨床実習,2014年 - 2018年

  • PhaseⅡ D5D6 摂食・嚥下障害およびVE,訪問歯科診療についての講義・実習,2007年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 患者情報から病態を読む ,昭和薬科大学 6年