基本情報

写真a

中根 綾子(ナカネ アヤコ)

NAKANE Ayako


職名

助教

生年

1977年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 松本歯科大学  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  博士課程  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 総合診療科 スペシャルケア外来 助教
  • 2008年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2006年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 高齢者歯科外来 医員(歯病)
  • 2018年04月
    -
    2020年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 助教
  • 2020年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 嚥下医学会

  • 日本障害者歯科学会

  • 日本老年歯科医学会

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

  • 日本静脈経腸栄養学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 東京都文京区地域医療連携推進協議会 高齢者・障碍者口腔保険医療検討部会員
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 評議委員
  • 2015年10月
    -
    現在
    東京都文京区地域医療連携推進協議会 在宅医療検討部会員
  • 2015年10月
    -
    現在
    文京区地域包括ケア推進委員会医療介護連携専門部 委員
  • 2016年
    -
    現在
    一般社団法人日本老年歯科医学会 代議員

全件表示 >>

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 摂食機能療法専門歯科医師

  • 歯科医師

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

  • 日本老年歯科医学会指導医

  • 日本老年歯科医学会専門医

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 摂食嚥下障害

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2020年03月

  • 施設入所の要介護高齢者の栄養状態と誤嚥性肺炎発症との関連について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 要介護高齢者の不適切な食事形態と誤嚥性肺炎発症率の関連について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂取改善要因と介護者の心理的支援に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yamaguchi K, Nakagawa K, Yoshimi K, Chantaramanee A, Nakane A, Furuya J, Tohara H . Age-related changes in swallowing muscle intramuscular adipose tissue deposition and related factors Experimental Gerontology. 2021.08;

  • 堀内玲,中根綾子,奥村拓真 小谷朋子,米田早織,戸原玄. オンライン診療におけるミールラウンドの取り組み支援について 老年歯科医学. 2021.07; 36 (1): 72-78.

  • 中根 綾子, 戸原 玄. 多職種連携の必須知識!〈歯科医師・口腔ケア〉─口腔機能はライフステージごとに関わり方がある 日本医事新法. 2021.07; 5072 12-13.

  • Yoshimi K, Nakagawa K, Momosaki R, Yamaguchi K, Nakane A, Tohara H. . Effects of Oral Management on Elderly Patients with Pneumonia. The journal of nutrition, health & aging.. 2021.07; ( DOI )

  • Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Akatsuka A, Nakagawa K, Yoshimi K, Nakane A, Shimizu Y, Saito K, Itsui Y, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S. Oral health status and its association with nutritional support in malnourished patients hospitalised in acute care. Gerodontology. 2021.07; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 中根綾子. 疾患別栄養管理実践講座 第6巻 経口移行・維持の栄養ケア DVD. 2021.09 口腔機能のアセスメントの実際

  • 中根 綾子, 戸原 玄. 総合診療専門研修公式テキストブック. 2020.12 第8章 考慮すべき社会情勢制度 歯科医師・口腔ケア

  • 中根 綾子. 新型コロナウイルス感染対策のための摂食嚥下障害患者へのオンライン診療. PDN通信, 2020.07

  • 中根綾子、戸原玄. 別巻 ヘルスプロモーション. 株式会社 メヂカルフレンド社, 2018.11 Ⅵ 歯・口腔

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 石井美紀,中川量晴,山口浩平,吉見佳那子, 奥村拓真,長谷川翔平,中根綾子,戸原玄. 慢性期高齢者の体液貯留は摂食嚥下機能と日々の過ごし方の影響を受ける. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.21 名古屋,web開催

  • 奥村 拓真, 原 豪志, 並木 千鶴, 吉見 佳那子, 山口 浩平, 中根 綾子, 戸原 玄. 口腔癌術後患者の経鼻胃管抜去までの日数と嚥下動態の関連について. 第26・27回合同学術大会日本摂食嚥下リハビリテーション学会 2021.08.21 名古屋, Web開催

  • 頚椎疾患の術前後嚥下機能の運動学的解析 -咀嚼嚥下の検討-. 2021.08.20

  • Shohei Hasegawa, Kazuharu Nakagawa, Kanako Yoshimi, Kohei Yamaguchi, Ayako Nakane, Miki Ishii, Takuma Okumura, Haruka Tohara. The jaw-retraction exercise improves the anterior displacement of the hyoid bone during swallowing in elderly patients with mild dysphagia.. World Dysphagia Summit 2021 2021.08.20 Nagoya, Japan / Online

  • 嚥下障害患者にとろみ付き炭酸飲料は有効か. 2021.08.20

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第31回日本老年歯科医学会学術大会優秀ポスター賞(歯科衛生士部門),一般社団法人日本老年歯科医学会,2020年11月

  • 第31回日本老年歯科医学会学術大会優秀ポスター賞(歯科衛生士部門),一般社団法人日本老年歯科医学会,2020年11月

  • 日本障害者歯科学会優秀発表賞,2020年11月

  • 学術大会優秀発表賞,日本障害者歯科学会,2020年11月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 中根綾子 在宅療養患者の摂食嚥下リハビリテーションが孤立や治療アドヒアランスに及ぼす影響について,2021年02月

    2020年度(後期)公益財団法人在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療研究への助成」

  • 中根綾子 舌がん患者の再建舌に影響を及ぼす身体特性・体成分,2021年

    日本摂食嚥下リハビリテーション学会研究助成費 共同研究者

  • 中根綾子 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂食改善要因と介護者の心理的支援に関する研究,2020年04月

    科学研究費 基盤研究 (C) 分担研究者

  • 中根綾子 摂食・嚥下リハビリテーションの経口摂食改善要因と介護者の心理的支援に関する研究,2019年04月

    科学研究費 基盤研究 (C) 分担研究者

  • 中根綾子 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究,2019年04月

    地域医療基盤開発推進研究事業 (2018-2020) 分担研究者

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 口腔保健学科 高齢者歯科,2020年 - 現在

  • 医歯学融合教育 総合診療・地域医療 D3M3,2020年 - 現在

  • 大学院保健衛生学研究科在宅ケア看護学 ,2020年

  • D6包括臨床実習PhaseⅢ-アドバンス選択実習,2016年 - 現在

  • D6後期臨床セミナー,2015年 - 現在

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 患者情報から病態を読む ,昭和薬科大学 6年