基本情報

写真a

長岡 英気(ナガオカ エイキ)

NAGAOKA Eiki


職名

講師

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5270

メールアドレス

nagaoka.cvsg@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2001年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2014年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2008年04月
    -
    2010年06月
    心臓肺外科 医員(医病)
  • 2010年07月
    -
    2011年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2018年04月
    -
    2019年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 助教
  • 2019年08月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 心臓血管外科 講師
  • 2019年11月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 心臓血管外科 講師
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 心臓血管外科学 講師
  • 2021年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医系診療部門 外科系診療領域 心臓血管外科 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2008年4月 東京医科歯科大学 心肺機能外科 医員
  • 2009年4月 東京医科歯科大学 心臓血管外科学講座 大学院

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本胸部外科学会

  • 日本心臓血管外科学会

  • 日本血管外科学会

  • 日本冠疾患学会

  • 日本冠動脈外科学会

  • European Association for Cardio-thoracic Surgery

  • International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年02月
    -
    2017年03月
    日本心臓血管外科学会 U-40 関東甲信越 幹事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 心臓血管外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • レーザースペックルコントラストイメージング(LSCI)による心停止中の心筋保護の評価,2022年03月 - 2023年03月

  • 補助人工心臓の開発、機能性僧帽弁閉鎖不全症の解析・治療、感染性心内膜炎の治療,2009年

  • 術後心房細動に伴う脳梗塞の予防に関する研究,2021年09月 - 現在

  • AI を用いた ECMO 関連有害事象の事前予測システムの開発,2021年04月 - 2024年03月

  • 体外臓器灌流による移植臓器の長時間保存,2020年04月 - 現在

  • ロボット心臓手術において必要な基礎データの構築

  • 長時間心筋保護法の研究

  • 心臓移植における移植心の長時間保護方法の研究

  • 骨髄の止血機能を併せ持った開胸システムの開発

  • 低侵襲心臓手術の開発、研究

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kinoshita R, Arai H, Yashima M, Hachimaru T, Fujiwara T, Tamura K, Tanaka H, Oi K, Mizuno T, Nagaoka E. Mid-term results of mitral valve reconstruction with autologous pericardial patch for active infective endocarditis with extensive leaflet destruction. General thoracic and cardiovascular surgery. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  2. Oba S, Hosoya T, Amamiya M, Mitsumura T, Kawata D, Sasaki H, Kamiya M, Yamamoto A, Ando T, Shimada S, Shirai T, Okamoto T, Tateishi T, Endo A, Aiboshi J, Nosaka N, Yamanouchi H, Ugawa T, Nagaoka E, Oi K, Tao S, Maejima Y, Tanaka Y, Tanimoto K, Takeuchi H, Tohda S, Hirakawa A, Sasano T, Arai H, Otomo Y, Miyazaki Y, Yasuda S. Arterial and Venous Thrombosis Complicated in COVID-19: A Retrospective Single Center Analysis in Japan. Frontiers in cardiovascular medicine. 2021.11; 8 ( PubMed, DOI )

  3. Mizuno T, Hachimaru T, Fujiwara T, Oishi K, Takeshita M, Yashima M, Okumura Y, Nagaoka E, Oi K, Arai H. One-Stage Hybrid Total Aortic Arch and Descending Thoracic Aortic Repair is a Safe and Secure Procedure With Less Postoperative Complications for Extended Aortic Arch Aneurysms. Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists. 2021.09; 15266028211047954. ( PubMed )

  4. Oishi K, Mizuno T, Fujiwara T, Kuroki H, Yashima M, Takeshita M, Nagaoka E, Oi K, Arai H. Surgical strategy for inflammatory thoracic aortic aneurysms in the endovascular surgery era. Journal of vascular surgery. 2021.08; ( PubMed, DOI )

  5. Nakatsutsumi K, Endo A, Okuzawa H, Onishi I, Koyanagi A, Nagaoka E, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y. Colon perforation as a complication of COVID-19: a case report. Surgical case reports. 2021.08; 7 (1): 175. ( PubMed, DOI )

  6. Nagaoka E, Arai H, Ugawa T, Masuda T, Ochiai K, Tamaoka M, Kurashima N, Oi K, Fujiwara T, Yoshida M, Shigemitsu H, Otomo Y. Efficacy of Multidisciplinary Team Approach with Extracorporeal Membrane Oxygenation for COVID-19 in Low Volume ECMO center. Artificial organs. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  7. Noda K, Nosaka N, Sai Y, Nagaoka E, Nagashima M, Arai H, Shigemitsu H. A laceration of a wired silastic tracheostomy tube: A case report and review of the literature. Clinical case reports. 2021.03; 9 (3): 1500-1503. ( PubMed, DOI )

  8. Nakatsutsumi K, Sekiya K, Urushibata N, Hosoi M, Arai H, Nagaoka E, Fujiwara T, Morishita K, Aiboshi J, Otomo Y. A successful case of extracorporeal membrane oxygenation treatment for intractable pneumothorax in a patient with COVID-19. Acute medicine & surgery. 2020.12; 7 (1): e612. ( PubMed, DOI )

  9. Mizuno T, Ohuchi K, Fujiwara T, Oi K, Nagaoka E, Oishi K, Yashima M, Takeshita M, Arai H. Development of a novel heart positioner for minimally invasive coronary surgery. The Annals of thoracic surgery. 2020.11; 110 (5): 1746-1750. ( PubMed, DOI )

  10. Oishi K, Arai H, Yoshida T, Oi K, Nagaoka E, Yashima M, Fujiwara T, Takeshita M, Okumura Y, Mizuno T. Coronary Ostial Patch Angioplasty With Femoral Artery in Takayasu Arteritis. The Annals of thoracic surgery. 2020.11; 110 (5): e427-e430. ( PubMed, DOI )

  11. Takayama W, Endo A, Yoshii J, Arai H, Oi K, Nagaoka E, Toyama S, Yamamoto H, Uchida T, Otomo Y. Severe COVID-19 Pneumonia in a 30-Year-Old Woman in the 36th Week of Pregnancy Treated with Postpartum Extracorporeal Membrane Oxygenation. The American journal of case reports. 2020.10; 21 e927521. ( PubMed, DOI )

  12. Takeshita M, Arai H, Nagaoka E, Mizuno T. Papillary muscle relocation and annular repositioning for functional tricuspid regurgitation. JTCVS techniques. 2020.09; 3 162-165. ( PubMed, DOI )

  13. Eiki Nagaoka, Jill Gelinas, Marco Vola, Bob Kiaii. Early Clinical Experiences of Robotic Assisted Aortic Valve Replacement for Aortic Valve Stenosis with Sutureless Aortic Valve. Innovations. 2020.01; 15 (1): 88-92. ( PubMed, DOI )

  14. Nagaoka E, Sato K, Hage A, Bagur R, Harle C, Asopa S, Kiaii B. Rescue Balloon Aortic Valvuloplasty After Sutureless Aortic Valve Replacement for Severe Paravalvular Leak. Innovations (Phila). 2019.10; 14 (5): 476-479. ( PubMed, DOI )

  15. Oi Keiji, Arai Hirokuni, Mizuno Tomohiro, Ouchi Katusuhiro, Yashima Masafumi, Nagaoka Eiki, Fujiwara Tatsuki, Takeshita Masashi, Oishi Kiyotoshi, Okumura Yushi, Sai Youshun, Seki Haruna. Minimally invasive mitral valve procedures: MICS, MitraClip, NeoChord, and Transcatheter Mitral Valve Replacement A Novel Peel-away Type Device for Artificial Chordae Reconstruction with Tube Technique(和訳中) 人工臓器. 2019.10; 48 (2): S-19. ( 医中誌 )

  16. Sakai Kenji, Mizuno Tomohiro, Watanabe Taiju, Nagaoka Eiki, Oi Keiji, Yashima Masafumi, Hachimaru Tsuyoshi, Kuroki Hidehito, Fujiwara Tatsuki, Takeshita Masashi, Tanabe Minoru, Arai Hirokuni. Management of Right Gastroepiploic Arterial Coronary Grafts in Subsequent Abdominal Surgeries ANNALS OF THORACIC SURGERY. 2018.07; 106 (1): 52-57. ( PubMed, DOI )

  17. Yamanaka Y, Yoshida T, Nagaoka E. Bilateral External Iliac Artery Dissection in a Middle-Aged Male Athlete. Annals of vascular diseases. 2017.12; 10 (4): 446-448. ( PubMed, DOI )

  18. Yamanaka Yasushi, Yoshida Tetsuya, Nagaoka Eiki. 中年男性アスリートにおける両側外腸骨動脈解離(Bilateral External Iliac Artery Dissection in a Middle-Aged Male Athlete) Annals of Vascular Diseases. 2017.12; 10 (4): 446-448. ( 医中誌 )

  19. 大井 啓司, 水野 友裕, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. CABGにおける第3のグラフトチョイス 三つの動脈グラフトを使用した冠動脈バイパス術の長期成績と第三のグラフト選択 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PD-15. ( 医中誌 )

  20. Ryoji Kinoshita, MD, Tomohiro Mizuno, MD, PhD, Tsuyoshi Hachimaru, MD, Keiji Oi, MD, PhD, Masafumi Yashima, MD, Eiki Nagaoka, MD, PhD, Tatsuki Fujiwara, MD, Hidehito Kuroki, MD, Dai Tasaki, MD, and Hirokuni Arai, MD, PhD. Antineutrophil Cytoplasmic Antibody—Associated Multiple Giant Saccular Aortic Aneurysms The Annals of Thoracic Surgery. 2017.02; 103 (2): e153-e155. ( DOI )

  21. Kinoshita Ryoji, Mizuno Tomohiro, Hachimaru Tsuyoshi, Oi Keiji, Yashima Masafumi, Nagaoka Eiki, Fujiwara Tatsuki, Kuroki Hidehito, Tasaki Dai, Arai Hirokuni. Antineutrophil Cytoplasmic Antibody-Associated Multiple Giant Saccular Aortic Aneurysms ANNALS OF THORACIC SURGERY. 2017.02; 103 (2): E153-E155.

  22. Ohuchi Katsuhiro, Mizuno Tomohiro, Ooi Keiji, Yashima Masafumi, Hachimaru Tsuyoshi, Nagaoka Eiki, Fujiwara Tatsuki, Kuroki Hidehito, Tasaki Dai, Takeshita Masashi, Kinoshita Ryoji, Endo Syu, Kanai Masami, Kimura Tarou, Arai Hirokuni. 生きた動物の手術を組み合わせた心臓手術トレーニングプログラム開発の試み(Attempt for the Development of Cardiac Surgery Training Program Combined with Live Animal Surgery) Experimental Animals. 2016.05; 65 (Suppl.): S75. ( 医中誌 )

  23. Nagaoka Eiki, Mizuno Tomohiro, Ooi Keiji, Hachimaru Tsuyoshi, Kuroki Hidehito, Tasaki Dai, Fujiwara Tatsuki, Kinoshita Ryouji, Arai Hirokuni. Efficacy of Papillary Muscle Relocation against Mitral Valve Complex: Difference Depending on Relocating Direction JOURNAL OF CARDIAC FAILURE. 2015.10; 21 (10): S157.

  24. Tatsuki Fujiwara, Mizuno Tomohiro, Oi Keiji, Yashima Masafumi, Hachimaru Tsuyoshi, Nagaoka Eiki, Sasaoka Taro, Isobe Mitsuaki, Arai Hirokuni. The Review of Extracorporeal Ventricular Assist Device Use Post Approval of Implantable Ventricular Assist Device JOURNAL OF CARDIAC FAILURE. 2015.10; 21 (10): S168.

  25. Arai Hirokuni, Fujiwara Tatsuki, Nagaoka Eiki, Oi Keiji, Mizuno Tomohiro. What is Optimal Conversion from PCPS to VAD in Acute Cardiogenic Shock? JOURNAL OF CARDIAC FAILURE. 2015.10; 21 (10): S149.

  26. Sakota D, Nagaoka E, Maruyama O. Hyperspectral imaging of vascular anastomosis associated with blood flow and hemoglobin concentration. Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual Conference. 2015; 2015 4246-9. ( PubMed, DOI )

  27. Watanabe Taiju, Arai Hirokuni, Nagaoka Eiki, Oi Keiji, Hachimaru Tsuyoshi, Kuroki Hidehito, Fujiwara Tatsuki, Mizuno Tomohiro. Influence of procedural differences on mitral valve configuration after surgical repair for functional mitral regurgitation: in which direction should the papillary muscle be relocated? JOURNAL OF CARDIOTHORACIC SURGERY. 2014.12; 9 185. ( PubMed, DOI )

  28. Nagaoka Eiki, Arai Hirokuni, Tamura Kiyoshi, Makita Satoru, Miyagi Naoto. Prevention of Atrial Fibrillation with Ultra-Low Dose Landiolol after Off-Pump Coronary Artery Bypass Grafting ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2014.04; 20 (2): 129-134. ( PubMed, DOI )

  29. Nagaoka Eiki, Arai Hirokuni, Tamura Kiyoshi, Makita Satoru, Miyagi Naoto. 超低用量のランジオロールを用いたオフポンプ冠動脈バイパス術後の心房細動の予防(Prevention of Atrial Fibrillation with Ultra-Low Dose Landiolol after Off-Pump Coronary Artery Bypass Grafting) Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2014.04; 20 (2): 129-134. ( 医中誌 )

  30. Fujiwara Tatsuki, Nagaoka Eiki, Watanabe Taiju, Miyagi Naoto, Kitao Takashi, Sakota Daisuke, Mamiya Taichi, Shinshi Tadahiko, Arai Hirokuni, Takatani Setsuo. New Generation Extracorporeal Membrane Oxygenation With MedTech Mag-Lev, a Single-Use, Magnetically Levitated, Centrifugal Blood Pump: Preclinical Evaluation in Calves ARTIFICIAL ORGANS. 2013.05; 37 (5): 447-456. ( PubMed, DOI )

  31. Kimura Taro, Yokoyama Yoshimasa, Sakota Daisuke, Nagaoka Eiki, Kitao Takashi, Takakuda Kazuo, Takatani Setsuo. Evaluation of platelet aggregability during left ventricular bypass using a MedTech MagLev VAD in a series of chronic calf experiments JOURNAL OF ARTIFICIAL ORGANS. 2013.03; 16 (1): 34-41. ( PubMed, DOI )

  32. Kimura Taro, Yokoyama Yoshimasa, Sakota Daisuke, Nagaoka Eiki, Kitao Takashi, Takakuda Kazuo, Takatani Setsuo. 一連の長期の仔ウシを用いた実験におけるMedTech MagLev LADを用いた左心バイパス時の血小板凝集性の評価(Evaluation of platelet aggregability during left ventricular bypass using a MedTech MagLev VAD in a series of chronic calf experiments) Journal of Artificial Organs. 2013.03; 16 (1): 34-41. ( 医中誌 )

  33. Nagaoka Eiki, Fujiwara Tatsuki, Kitao Takashi, Sakota Daisuke, Shinshi Tadahiko, Arai Hirokuni, Takatani Setsuo. MedTech Mag-Lev, Single-use, Extracorporeal Magnetically Levitated Centrifugal Blood Pump for Mid-term Circulatory Support ASAIO JOURNAL. 2013; 59 (3): 246-252. ( PubMed, DOI )

  34. Yokoyama Naoyuki, Sakota Daisuke, Nagaoka Eiki, Takatani Setsuo. Alterations in Red Blood Cell Volume and Hemoglobin Concentration, Viscoelastic Properties, and Mechanical Fragility Caused by Continuous Flow Pumping in Calves ARTIFICIAL ORGANS. 2011.08; 35 (8): 791-799. ( PubMed, DOI )

  35. Ando Y, Kitao T, Nagaoka E, Kimura T, Yokoyama Y, Yoshikawa M, Tominaga R, Takatani S. One-month biocompatibility evaluation of the pediatric TinyPump in goats. Artificial organs. 2011.08; 35 (8): 813-8. ( PubMed, DOI )

  36. Nagaoka Eiki, Someya Takeshi, Kitao Takashi, Kimura Taro, Ushiyama Tomohiro, Hijikata Wataru, Shinshi Tadahiko, Arai Hirokuni, Takatani Setsuo. Development of a Disposable Magnetically Levitated Centrifugal Blood Pump (MedTech Dispo) Intended for Bridge-to-Bridge Applications-Two-Week In Vivo Evaluation ARTIFICIAL ORGANS. 2010.09; 34 (9): 778-782. ( PubMed, DOI )

  37. Miyagi Naoto, Tamura Kiyoshi, Makita Satoru, Ushiyama Tomohiro, Nagaoka Eiki, Shindo Shunsuke, Takeshita Masashi, Arai Hirokuni. The Utility of Subvalvular Procedure for Ischemic Mitral Regurgitation JOURNAL OF CARDIAC FAILURE. 2010.09; 16 (9): S137.

  38. Someya Takeshi, Kobayashi Mariko, Waguri Satoshi, Ushiyama Tomohiro, Nagaoka Eiki, Hijikata Wataru, Shinshi Tadahiko, Arai Hirokuni, Takatani Setsuo. Development of a Disposable Maglev Centrifugal Blood Pump Intended for One-Month Support in Bridge-to-Bridge Applications: In Vitro and Initial In Vivo Evaluation ARTIFICIAL ORGANS. 2009.09; 33 (9): 704-713. ( PubMed, DOI )

  39. Nagaoka Eiki, Yano Makoto, Sugano Takahiko, Miyamoto Takamichi. Thrombus in the left superior pulmonary vein after left upper pulmonary lobectomy JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2008.03; 135 (3): 709-710. ( PubMed, DOI )

  40. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 長岡 英気, 八島 正文, 関 晴永, 大石 清寿, 竹下 斉史, 奥村 裕士, 崔 容俊, 荒井 裕国. 低心機能functional MRに対して完全心拍動下に乳頭筋吊り上げと後尖patch augmentationを施行したMVPの1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2019.11; (181回): 11. ( 医中誌 )

  41. 崔 容俊, 長岡 英気, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 藤原 立樹, 大石 清寿, 竹下 斉史, 奥村 裕士, 関 晴永, 荒井 裕国. 僧帽弁輪部とAorto-mitral curtainに膿瘍を伴った人工弁心内膜炎の一治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2019.11; (181回): 13. ( 医中誌 )

  42. 大内 克洋, 八島 正文, 藤原 立樹, 関 晴永, 田原 智禎, 金井 正美, 鈴木 さやか, 岡田 卓, 木村 太郎, 崔 容俊, 奥村 裕士, 竹下 斉史, 大石 清寿, 長岡 英気, 大井 啓司, 水野 友裕, 荒井 裕国. 中大動物の急性・慢性実験による医療機器開発支援への取り組み 人工臓器. 2019.10; 48 (2): S-226. ( 医中誌 )

  43. 水野 友裕, 藤原 立樹, 大石 清寿, 長岡 英気, 大井 啓司, 八島 正文, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 急性循環不全の補助循環 重症急性循環不全に対するVAD治療の功罪と今後の課題 人工臓器. 2019.10; 48 (2): S-79. ( 医中誌 )

  44. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 竹下 斉史, 横山 賢司, 櫻井 啓暢, 倉島 直樹, 古川 文子, 大内 克洋, 荒井 裕国. 心原性ショックに対するVAD治療 体外式拍動流型と遠心ポンプの使い分け 心原性ショックに対する治療戦略 MERAモノピボット遠心ポンプを用いた左心補助の有用性の検証 人工臓器. 2017.08; 46 (2): S-34. ( 医中誌 )

  45. 大内 克洋, 水野 友裕, 大井 啓司, 藤原 立樹, 迫田 大輔, 小阪 亮, 丸山 修, 渡邉 宣夫, 遠藤 衆, 金井 正美, 鈴木 さやか, 木村 太郎, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 心臓血管外科領域医療機器開発・トレーニングにおける実験動物の選択 不要な動物実験を減らすための検討 人工臓器. 2017.08; 46 (2): S-186. ( 医中誌 )

  46. 竹下 斉史, 八島 正文, 水野 友裕, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 木下 亮二, 荒井 裕国. 成人先天性重複僧帽弁口症に対するbridging tissue切離を伴う僧帽弁形成術の1治験例 術後12年の追跡 日本小児循環器学会雑誌. 2017.07; 33 (Suppl.1): s1-362. ( 医中誌 )

  47. 長岡英気, 荒井裕国. 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する外科治療の考え方、適応と限界 日本冠疾患学会雑誌. 2017.06; 23 (2): 121-124.

  48. 櫻井 啓暢, 八島 正文, 竹下 斉史, 水野 友裕, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 木下 亮二, 荒井 裕国. 単冠動脈を伴うファロー四徴症にRastelli型手術を施行した一例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2017.06; (174回): 26. ( 医中誌 )

  49. 長岡 英気, 荒井 裕国. 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する外科治療の考え方、適応と限界 日本冠疾患学会雑誌. 2017.06; 23 (2): 121-124. ( 医中誌 )

  50. 永田 恵実, 黒木 秀仁, 大井 啓司, 八丸 剛, 水野 友裕, 八島 正文, 長岡 英気, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 血栓閉塞型急性解離後の反復性再解離に対し、亜急性期にTEVARを施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2017.06; (174回): 8. ( 医中誌 )

  51. 長岡英気, 荒井裕国. 本邦における補助人工心臓治療の問題点と近未来 医工学治療. 2017.03; 29 (1): 32-36.

  52. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. Tetheringによるsevere TRに対し心拍動下乳頭筋吊り上げ術を施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2017.03; (173回): 16. ( 医中誌 )

  53. 長岡 英気, 荒井 裕国. 【人工心臓の現況と近未来】本邦における補助人工心臓治療の問題点と近未来 医工学治療. 2017.03; 29 (1): 32-36. ( 医中誌 )

  54. 伊澤 朗, 長岡 英気, 水野 友裕, 八島 正文, 大井 啓司, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 巨大疣贅を伴う真菌性人工弁感染の1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2017.03; (173回): 9. ( 医中誌 )

  55. 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. ECMO、VAD support 急性期心不全回復のための新しい試み 急性心不全、経皮的循環補助状態からの救命 離脱、補助人工心臓、心移植 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 852. ( 医中誌 )

  56. 八島 正文, 水野 友裕, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. ハイリスク症例におけるSSI対策 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 495. ( 医中誌 )

  57. 田崎 大, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 大動脈基部拡大を伴わない大動脈三尖弁ARに対する大動脈弁形成術の治療成績 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 821. ( 医中誌 )

  58. 長岡 英気, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 僧帽弁閉鎖不全症 複雑病変への取り組みと遠隔成績 多領域に及ぶ複雑病変に対する僧帽弁形成術の成績 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 37. ( 医中誌 )

  59. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 僧帽弁後尖逸脱病変に対する人工腱索移植と弁尖切除・縫合法の遠隔成績比較 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 865. ( 医中誌 )

  60. 水野 友裕, 八丸 剛, 大井 啓司, 八島 正文, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 弓部瘤のステントグラフト治療成績 弓部を含む広範囲胸部大動脈瘤に対する一期的total debranching TEVARの功罪 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 86. ( 医中誌 )

  61. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 高安動脈炎に伴う冠動脈起始部狭窄に対する大腿動脈グラフトを用いたcarrel patch再建 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 69. ( 医中誌 )

  62. 大井 啓司, 水野 友裕, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 糖尿病性腎症患者における術前ヘモグロビンA1c値の意義とoff-pump CABGの効果 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 312. ( 医中誌 )

  63. 大井 啓司, 水野 友裕, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 大内 克洋, 荒井 裕国. 簡便、確実な人工腱索再建に向けたピールアウェイ式デバイスの開発と逆流テストの工夫 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 557. ( 医中誌 )

  64. 竹下 斉史, 八島 正文, 水野 友裕, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 木下 亮二, 荒井 裕国. 成人先天性僧帽弁疾患に対する僧帽弁形成術 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 552. ( 医中誌 )

  65. 黒木 秀仁, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 当院における大動脈弁置換術の遠隔成績 生体弁と機械弁の比較 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2017.02; 47回 468. ( 医中誌 )

  66. 長岡 英気, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 木下 亮二, 荒井 裕国. イスケミックMR 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手術の有用性 日本冠疾患学会雑誌. 2016.12; (Suppl.): 118. ( 医中誌 )

  67. 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 狭小冠動脈の血行再建はどこまで可能か 冠動脈バイパスにおける狭小冠動脈への対応 日本冠疾患学会雑誌. 2016.12; (Suppl.): 142. ( 医中誌 )

  68. 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 虚血による慢性心不全に対する外科内科治療 虚血性重症心不全症例に対する補助人工心臓治療の中期成績 日本冠疾患学会雑誌. 2016.12; (Suppl.): 121. ( 医中誌 )

  69. 佐藤 翔太, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 持続性心室細動となった虚血性心筋症に対し、CABG・体外型LVAD装着後、心機能改善を認めLVADを離脱し得た1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.11; (172回): 18. ( 医中誌 )

  70. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 異常乳頭筋の僧帽弁直接付着によるMRに対し経大動脈弁的異常乳頭筋切離を実施した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.11; (172回): 9. ( 医中誌 )

  71. 水野 友裕, 長岡 英気, 藤原 立樹, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. わが国におけるDestination therapyへの期待と問題点 DT導入による高齢重症心不全症例に対する新たな治療戦略への期待と問題点 人工臓器. 2016.10; 45 (2): S-7. ( 医中誌 )

  72. 大内 克洋, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 藤原 立樹, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 遠藤 衆, 金井 正美, 鈴木 さやか, 木村 太郎, 荒井 裕国. 医療機器開発迅速化のための環境整備 大型動物実験を通じた医療機器開発迅速化と医療トレーニング充実へ向けた取り組み 人工臓器. 2016.10; 45 (2): S-17. ( 医中誌 )

  73. 長岡 英気, 水野 友裕, 八島 正文, 大井 啓司, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 大内 克洋, 荒井 裕国. 心臓弁膜症治療の新展開 機能的僧帽弁閉鎖不全症を伴う重症心不全に対する人工弁輪の有用性と限界 人工臓器. 2016.10; 45 (2): S-33. ( 医中誌 )

  74. 水野 友裕, 八島 正文, 大井 啓司, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 大内 克洋, 荒井 裕国. 重症心不全治療への挑戦 重症右心不全に対する右心補助装着手技 人工臓器. 2016.10; 45 (2): S-31. ( 医中誌 )

  75. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 倉島 直樹, 二井 奈保子, 古川 文子, 大内 克洋, 荒井 裕国. 重症心不全治療への挑戦 当院におけるINTERMACS Profile 1に対する治療戦略 遠心ポンプを用いた左心補助の有用性の検証 人工臓器. 2016.10; 45 (2): S-30. ( 医中誌 )

  76. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 右鎖骨下動脈起始異常を伴う弓部大動脈瘤に対して右鎖骨下動脈へのバイパスを併施した弓部置換術を実施した2治験例 日本血管外科学会雑誌. 2016.06; 25 (Suppl.): 432. ( 医中誌 )

  77. 田崎 大, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 左冠動脈領域の急性心筋梗塞を合併した急性大動脈解離に対する1救命例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.06; (171回): 29. ( 医中誌 )

  78. 八丸 剛, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 当科における広範囲胸部大動脈病変に対する術式の工夫 Type 2 hybrid arch repair(上行置換+total debranching TEVAR) 日本血管外科学会雑誌. 2016.06; 25 (Suppl.): 242. ( 医中誌 )

  79. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 長期PCPS補助を経て、体外型BiVAD、植込型LVADへと移行し得た高度右心不全を伴う劇症型心筋炎の1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.06; (171回): 10. ( 医中誌 )

  80. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. VF発作精査中に発見された心房中隔嚢胞性腫瘍に対する手術例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.03; (170回): 22. ( 医中誌 )

  81. 稲端 翔太, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 右房内浮遊血栓から急性循環虚脱に陥った急性肺動脈塞栓症の一救命例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2016.03; (170回): 22. ( 医中誌 )

  82. 大井 啓司, 水野 友裕, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. ローリスク症例ではOPCABかcCABGか? Low-risk例ではOPCABかcCABGか? 短期成績および遠隔成績の検討 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2016.02; 46回 PR22-2. ( 医中誌 )

  83. 水野 友裕, 八丸 剛, 大井 啓司, 八島 正文, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 弓部大動脈病変を含む広範囲胸部大動脈瘤に対する治療戦略 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2016.02; 46回 PP-243. ( 医中誌 )

  84. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 広範囲弁尖破壊を伴う活動期感染性心内膜炎に対する自己心膜パッチを用いた僧帽弁形成 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2016.02; 46回 VP13-4. ( 医中誌 )

  85. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 心原性ショック症例におけるPCPSからVADへのconversionに関する検討 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2016.02; 46回 PP-206. ( 医中誌 )

  86. 田崎 大, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 活動期感染性心内膜炎に対する僧帽弁形成術の早期・遠隔成績の検討 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2016.02; 46回 PP-054. ( 医中誌 )

  87. 長岡 英気, 迫田 大輔. ハイパースペクトラルイメージングを用いた冠動脈バイパス術評価 心臓. 2015.12; 47 (12): 1485. ( 医中誌 )

  88. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. MVP術後MR再発に対し自己心膜による後尖leaflet augmentationを施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2015.11; (169回): 10. ( 医中誌 )

  89. 大井 啓司, 水野 友裕, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. Off-pump CABGかOn-pump CABGかの選択基準の変遷 Off-pump CABGかon-pump CABGか 選択基準の変遷と遠隔成績の推移 日本冠疾患学会雑誌. 2015.11; (Suppl.): 113. ( 医中誌 )

  90. 長岡 英気, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 僧帽弁前尖まで浸潤していた左房内肉腫に対して腫瘍切除と僧帽弁形成術を行った1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2015.11; (169回): 35. ( 医中誌 )

  91. 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. Destination Therapyに向けての植込み型補助人工心臓の展望と問題点 非心臓移植施設におけるDT導入 心臓外科の重症心不全治療戦略に影響するか 人工臓器. 2015.10; 44 (2): S-10. ( 医中誌 )

  92. 大内 克洋, 藤原 立樹, 関 晴永, 田原 禎生, 山野 春樹, 遠藤 衆, 鈴木 さやか, 木村 太郎, 横山 直幸, 渡邉 宣夫, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 人工臓器におけるコメディカルのスキルアップ 大型動物手術ライブデモンストレーションを用いた新しい医療研修への取り組み 人工臓器. 2015.10; 44 (2): S-52. ( 医中誌 )

  93. 藤原 立樹, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 竹下 斉史, 木下 亮二, 二井 奈保子, 倉島 直樹, 荒井 裕国. 救命医療、周術期医療における人工臓器の役割 心原性ショック症例におけるPCPSの限界とVADへのconversion 人工臓器. 2015.10; 44 (2): S-46. ( 医中誌 )

  94. 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 木下 亮二, 荒井 裕国. 重症心不全への挑戦 INTERMACS Profile 1重症心不全に対する遠心ポンプを使用した急性期VAD治療の効果 人工臓器. 2015.10; 44 (2): S-21. ( 医中誌 )

  95. 木下 亮二, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 八丸 剛, 長岡 英気, 黒木 秀仁, 田崎 大, 藤原 立樹, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 高安動脈炎を背景とした多発大動脈瘤に対しtotal debranching TEVARを施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2015.06; (168回): 19. ( 医中誌 )

  96. 大井 啓司, 宮田 裕章, 本村 昇, 坂田 隆造, 吉田 哲矢, 長岡 英気, 木下 亮二, 高本 眞一. 神経学的イベント既往例に対するCABGの治療戦略 日本心臓血管外科学会雑誌. 2014.01; 43 (Suppl.): 272. ( 医中誌 )

  97. 藤原 立樹, 長岡 英気, 渡辺 大樹, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. Bridge to Heart-Lung TransplantationのためのECMOシステムの開発 移植. 2013.06; 48 (2-3): 172. ( 医中誌 )

  98. 長岡 英気, 田渕 典之, 齋藤 文美恵, 進藤 俊介. 機能的僧帽弁閉鎖不全症に対する弁輪形成術 至適人工弁輪径の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2013.02; 42 (Suppl.): 341. ( 医中誌 )

  99. 藤原 立樹, 長岡 英気, 渡辺 大樹, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. 体外型磁気浮上式遠心ポンプMedTech Mag-Levを使用したBridge to Heart and Lung TransplantationのためのECMOの開発 人工臓器. 2012.11; 41 (2): S-168. ( 医中誌 )

  100. 藤原 立樹, 長岡 英気, 渡辺 大樹, 北尾 貴史, 迫田 大輔, 横山 直幸, 間宮 太一, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. 体外型磁気浮上式遠心ポンプMedTech Mag-Levを使用した新しいPCPSの研究開発 生体材料工学研究所年報. 2012.03; 45 42-48. ( 医中誌 )

  101. 藤原 立樹, 長岡 英気, 渡辺 大樹, 宮城 直人, 北尾 貴史, 迫田 大輔, 進士 忠彦, 高谷 節雄, 荒井 裕国. 体外型磁気浮上式遠心ポンプMedTech Mag-Levを使用した新しいPCPSの研究開発 日本心臓血管外科学会雑誌. 2012.03; 41 (Suppl.): 410. ( 医中誌 )

  102. 藤原 立樹, 長岡 英気, 間宮 太一, 北尾 貴志, 横山 直幸, 迫田 大輔, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. CPBやECMOとしてのSingle-use磁気浮上遠心血液ポンプMedTech Mag-Lev(MedTech Mag-Lev, A Single-use Magnetically Levitated Centrifugal Blood Pump for CPB or ECMO) 人工臓器. 2011.10; 40 (2): S129. ( 医中誌 )

  103. 長岡 英気, 藤原 立樹, 北尾 貴史, 間宮 太一, 染谷 毅, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. MedTech Mag-Levを使用した体外式補助人工心臓治療の低侵襲化 人工臓器. 2011.10; 40 (2): S128. ( 医中誌 )

  104. 高谷 節雄, 長岡 英気, 北尾 貴史, 藤原 立樹, 迫田 大輔, 間宮 太一, 土方 亘, 進士 忠彦, 荒井 裕国. 製品化を見据えた人工心臓研究開発の最前線 新生児、小児並びに成人用体外設置型、シングルユース遠心式補助人工心臓の研究開発 人工臓器. 2011.10; 40 (2): S41. ( 医中誌 )

  105. 藤原 立樹, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 長岡 英気, 大石 清寿, 荒井 裕国. 大動脈解離の最前線 急性大動脈解離に対するBentall手術の治療成績 脈管学. 2011.09; 51 (Suppl.): S78. ( 医中誌 )

  106. 大石 清寿, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 長岡 英気, 藤原 立樹, 荒井 裕国. 変性MRとの鑑別が困難であった虚血性MRの1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2011.06; (156回): 7. ( 医中誌 )

  107. 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. Modified Bentall術における工夫と長期遠隔期成績の検討 日本血管外科学会雑誌. 2011.04; 20 (2): 247. ( 医中誌 )

  108. 三原 茜, 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 巨大右心房を伴う三尖弁閉鎖不全症・僧帽弁閉鎖不全症・冠動脈狭窄に対する一手術治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2011.03; (155回): 10. ( 医中誌 )

  109. 竹下 斉史, 牧田 哲, 田村 清, 宮城 直人, 長岡 英気, 三原 茜, 荒井 裕国. 遺残PAPVR、PLSVCを伴う僧帽弁位人工弁機能不全に対して再々手術を施行した一治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2011.03; (155回): 9. ( 医中誌 )

  110. 三原 茜, 長岡 英気, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 竹下 斉史, 荒井 裕国. DES及びBMS留置後のCABG症例の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 266. ( 医中誌 )

  111. 牧田 哲, 田村 清, 宮城 直人, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. free graftの新しい近位側吻合法"Sushi吻合"Graftの術中血流評価 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 409. ( 医中誌 )

  112. 竹下 斉史, 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 荒井 裕国. 三尖弁輪縫縮術におけるCosgroveリングとMC3リングの比較 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 282. ( 医中誌 )

  113. 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 当院におけるTOYOBO LVAS患者の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 240. ( 医中誌 )

  114. 長岡 英気, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 機能的僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術 拡張期僧帽弁機能の解析 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 278. ( 医中誌 )

  115. 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 当院における僧帽弁膜症手術のストラテジー 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 276. ( 医中誌 )

  116. 三原 茜, 長岡 英気, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 当院における僧帽弁の活動性感染性心内膜炎に対する外科治療 日本心臓血管外科学会雑誌. 2011.01; 40 (Suppl.): 400. ( 医中誌 )

  117. 竹下 斉史, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 長岡 英気, 三原 茜, 稲垣 裕, 磯部 光章, 荒井 裕国. CTO病変に対するCABGの有用性の検討 日本冠疾患学会雑誌. 2010.11; 16 (4): 369. ( 医中誌 )

  118. 長岡 英気, 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. Landiolol低用量持続投与による冠動脈バイパス術後の心房細動予防効果 日本冠疾患学会雑誌. 2010.11; 16 (4): 397. ( 医中誌 )

  119. 三原 茜, 長岡 英気, 田村 清, 牧田 哲, 宮城 直人, 竹下 斉史, 荒井 裕国. DES及びBMS留置後のCABG症例の検討 日本冠疾患学会雑誌. 2010.11; 16 (4): 374. ( 医中誌 )

  120. 長岡 英気, 染谷 毅, 土方 亘, 横山 敬正, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 北尾 貴志, 木村 太郎, 高谷 節雄. ディスポ式磁気浮上型血液遠心ポンプMedTech Dispoの開発状況 人工臓器. 2010.11; 39 (2): S121. ( 医中誌 )

  121. 安東 勇介, 北尾 貴史, 長岡 英気, 吉川 雅治, 金野 智浩, 石原 一彦, 富永 隆治, 高谷 節雄. 小児用小型遠心血液ポンプTinyPumpの生体適合性評価 人工臓器. 2010.11; 39 (2): S107. ( 医中誌 )

  122. 三原 茜, 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 家族性高コレステロール血症により急速に進行したsevere AS、狭心症の1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2010.11; (154回): 8. ( 医中誌 )

  123. 田村 清, 宮城 直人, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 外科的完全血行再建の意義を問う ハイリスク高齢者への冠動脈バイパス術における完全血行再建の有用性に関する検討 日本冠疾患学会雑誌. 2010.11; 16 (4): 317. ( 医中誌 )

  124. 横山 敬正, 長岡 英気, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. 仔牛を用いた慢性実験における磁気浮上遠心血液ポンプのインペラ挙動解析 人工臓器. 2010.11; 39 (2): S94. ( 医中誌 )

  125. 竹下 斉史, 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 荒井 裕国. 感染性心内膜炎手術直後に感染性脳動脈瘤破裂を来たした1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2010.11; (154回): 21. ( 医中誌 )

  126. 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 本邦におけるSVRの臨床成績vs.STICH trial 虚血性低心機能患者に対する左室形成術の成績 STICH trialとの比較 日本冠疾患学会雑誌. 2010.11; 16 (4): 297. ( 医中誌 )

  127. 宮城 直人, 田村 清, 牧田 哲, 長岡 英気, 三原 茜, 竹下 斉史, 荒井 裕国. 心臓外科を支える最新のテクノロジー OPCABを支える最新のテクノロジー 日本臨床外科学会雑誌. 2010.10; 71 (増刊): 352. ( 医中誌 )

  128. 大石 清寿, 宮城 直人, 進藤 俊介, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 吉崎 智也, 荒井 裕国. 冠動脈バイパス術(CABG)における周術期脳虚血障害の検討 日本冠疾患学会雑誌. 2010.06; 16 (2): 107-112. ( 医中誌 )

  129. 進藤 俊介, 牛山 朋彦, 長岡 英気, 宮城 直人, 牧田 悟, 吉崎 智也, 田村 清, 荒井 裕国. 大動脈弁位Starr-Edwards Ball弁移植後34年目にPVEを発症した一例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2010.06; (153回): 18. ( 医中誌 )

  130. 宮城 直人, 進藤 俊介, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 牧田 哲, 田村 清, 荒井 裕国. 高齢者心臓手術の成績と問題点 当院における後期高齢者冠動脈バイパス術の短期・長期成績 日本外科系連合学会誌. 2010.05; 35 (3): 410. ( 医中誌 )

  131. 進藤 俊介, 吉崎 智也, 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 牧田 哲, 荒井 裕国. 弓部大動脈手術における腋窩動脈送血と上行大動脈送血の梗塞発症率の比較 日本血管外科学会雑誌. 2010.04; 19 (2): 340. ( 医中誌 )

  132. 長岡 英気, 土方 亘, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. MedTech Dispoの研究開発 Bridge-to-Bridgeを目的とした日本初、ディスポ式、磁気浮上遠心血液ポンプ 生体材料工学研究所年報. 2010.03; 43 41-44. ( 医中誌 )

  133. 牛山 朋彦, 吉崎 智也, 宮城 直人, 長岡 英気, 大石 清寿, 進藤 俊介, 荒井 裕国. 心臓大血管手術後人工呼吸器管理下の縦隔炎に対する治療経験 Vacuum-Assisted Closure療法の有用性 日本外科学会雑誌. 2010.03; 111 (臨増2): 555. ( 医中誌 )

  134. 進藤 俊介, 宮城 直人, 牧田 哲, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 吉崎 智也, 荒井 裕国. 僧帽弁輪部穿孔に対し2度のMVPを施行した一治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2010.02; (152回): 6. ( 医中誌 )

  135. 吉崎 智也, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 長岡 英気, 大石 清寿, 進藤 俊介, 荒井 裕国. OPCABにおける近位側吻合の重要性とその工夫 日本心臓血管外科学会雑誌. 2010.01; 39 (Suppl.): 227. ( 医中誌 )

  136. 牛山 朋彦, 吉崎 智也, 宮城 直人, 長岡 英気, 大石 清寿, 進藤 俊介, 荒井 裕国. TOYOBO型補助人工心臓植え込みにおける手術手技の工夫 日本心臓血管外科学会雑誌. 2010.01; 39 (Suppl.): 364. ( 医中誌 )

  137. 長岡 英気, 吉崎 智也, 宮城 直人, 牛山 朋彦, 大石 清寿, 進藤 俊介, 荒井 裕国. 脳梗塞を合併した感染性心内膜炎の外科治療 日本心臓血管外科学会雑誌. 2010.01; 39 (Suppl.): 396. ( 医中誌 )

  138. 進藤 俊介, 吉崎 智也, 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 荒井 裕国. DES留置後のCABG症例の検討 日本冠疾患学会雑誌. 2009.11; 15 (4): 374. ( 医中誌 )

  139. 長岡 英気, 宮城 直人, 進藤 俊介, 大石 清寿, 牛山 朋彦, 吉崎 智也, 荒井 裕国. 塩酸ランジオロール低用量持続投与による冠動脈バイパス術後の心房細動予防効果 日本冠疾患学会雑誌. 2009.11; 15 (4): 346. ( 医中誌 )

  140. 進藤 俊介, 吉崎 智也, 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 荒井 裕国. 急性心筋炎に対しLVAS装着を行った1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2009.11; (151回): 10. ( 医中誌 )

  141. 吉崎 智也, 宮城 直人, 牛山 朋彦, 長岡 英気, 大石 清寿, 進藤 俊介, 荒井 裕国. 高齢者の冠動脈バイパス術における左主幹部・多枝病変に対する治療選択 日本冠疾患学会雑誌. 2009.11; 15 (4): 345. ( 医中誌 )

  142. 長岡 英気, 染谷 毅, 土方 亘, 牛山 朋彦, 北尾 貴史, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄. MedTech Dispoの研究開発 Bridge-to-Bridgeを目的とした日本発、ディスポ式、磁気浮上遠心血液ポンプ 人工臓器. 2009.10; 38 (2): S-143. ( 医中誌 )

  143. 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 吉崎 智也, 荒井 裕国. 度重なるPCIにてステント11本留置後OPCABを施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2009.06; (150回): 19. ( 医中誌 )

  144. 大石 清寿, 宮城 直人, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. Marfan syndromeにおけるextreme Barlow's syndromeのsevere MRに対し完全心拍動下僧帽弁形成術を施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2009.03; (149回): 16. ( 医中誌 )

  145. 牛山 朋彦, 大石 清寿, 長岡 英気, 宮城 直人, 染谷 毅, 藤原 直之, 伊藤 聡彦, 小島 勝雄, 荒井 裕国. 僧帽弁形成術の限界 僧帽弁形成困難症例の克服 心拍動下手術の有用性 日本心臓血管外科学会雑誌. 2009.03; 38 (Suppl.): 166. ( 医中誌 )

  146. 伊藤 聡彦, 田中 啓之, 染谷 毅, 宮城 直人, 牛山 朋彦, 長岡 英気, 大石 清寿, 荒井 裕国. 周術期低容量ハンプ持続投与による腎保護効果の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2009.03; 38 (Suppl.): 402. ( 医中誌 )

  147. 染谷 毅, 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国, 田中 啓之. 冠動脈バイパス術後のBNP変化におよぼす心機能変化の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2009.03; 38 (Suppl.): 350. ( 医中誌 )

  148. 長岡 英気, 大石 清寿, 牛山 朋彦, 宮城 直人, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. 活動期感染性心内膜炎に対する僧帽弁形成術の中・長期成績 日本心臓血管外科学会雑誌. 2009.03; 38 (Suppl.): 246. ( 医中誌 )

  149. 宮城 直人, 大石 清寿, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対するsubvalvular procedureの有用性 日本心臓血管外科学会雑誌. 2009.03; 38 (Suppl.): 298. ( 医中誌 )

  150. 長岡 英気, 大石 清寿, 宮城 直人, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. 開心術における圧ライン付左心系ベントカテーテルの有用性 日本外科学会雑誌. 2009.02; 110 (臨増2): 601. ( 医中誌 )

  151. 長岡 英気, 宮城 直人, 大石 清寿, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. TR MRを合併したDCMに心拍動下TVR+MVPを施行した1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2008.12; (148回): 11. ( 医中誌 )

  152. 大石 清寿, 宮城 直人, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 荒井 裕国. 冠動脈バイパス術(CABG)における周術期脳虚血障害の検討 日本冠疾患学会雑誌. 2008.11; 14 (4): 353. ( 医中誌 )

  153. 長岡 英気, 藤原 等, 小林 直紀. ヘパリン起因性血小板減少症発症早期における内シャント造設の経験 日本血管外科学会雑誌. 2008.10; 17 (6): 651-654. ( 医中誌 )

  154. 大石 清寿, 伊藤 聡彦, 長岡 英気, 牛山 朋彦, 染谷 毅, 宮城 直人, 荒井 裕国. AVR、上行大動脈置換術施行4年後に人工弁のDetachを認め、大動脈基部置換術を行った大動脈炎の1治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2008.09; (147回): 14. ( 医中誌 )

  155. 長岡 英気, 菅野 隆彦, 小林 直紀, 藤原 等. 超低体温循環停止下、非胸骨正中切開で右房進展した腎癌を切除した1例 日本血管外科学会雑誌. 2008.03; 17 (2): 301. ( 医中誌 )

  156. 長岡 英気, 藤原 等, 小林 直紀. 重複下大静脈をともなった腹部大動脈瘤手術の検討 日本血管外科学会雑誌. 2008.03; 17 (2): 379. ( 医中誌 )

  157. 牛山 朋彦, 田中 啓之, 長岡 英気, 水野 友裕, 染谷 毅, 伊藤 聡彦, 田村 清, 荒井 裕国. 前乳頭筋部分断裂に対する僧帽弁形成術 胸部外科. 2007.12; 60 (13): 1158-1162. ( 医中誌 )

  158. 長岡 英気, 宮本 貴庸, 藤原 等, 川崎 まり子, 杉山 知代, 橋本 敬史, 大山 明子, 嘉納 寛人, 高村 千智, 久佐 茂樹, 鈴木 篤, 山内 康照, 尾林 徹. 急性心筋梗塞後左室自由壁破裂治療の早期および遠隔成績 日本冠疾患学会雑誌. 2007.11; 13 (4): 370. ( 医中誌 )

  159. 杉山 知代, 尾林 徹, 久佐 茂樹, 高橋 洋子, 橋本 敬史, 大山 明子, 嘉納 寛人, 高村 千智, 鈴木 篤, 山内 康照, 宮本 貴庸, 丹羽 明博, 長岡 英気, 菅野 隆彦, 藤原 等, 磯部 光章. 完全房室ブロックを合併した感染性心内膜炎の1例 Circulation Journal. 2007.10; 71 (Suppl.III): 936. ( 医中誌 )

  160. 長岡 英気, 矢野 真, 開 陽子, 吉澤 正文. 特発性肥厚性硬膜炎に合併した肺癌の1手術例 肺癌. 2007.10; 47 (5): 667. ( 医中誌 )

  161. 小林 凡子, 岩本 麻里, 若林 麻衣, 花田 繁, 長岡 英気, 天野 英介, 菅野 隆彦, 羽田 俊彦, 藤原 等, 石田 雄二, 安藤 亮一. 橈骨動脈仮性瘤をきたした血液透析患者の1例 日本透析医学会雑誌. 2007.07; 40 (7): 617-621. ( 医中誌 )

  162. 長岡 英気, 藤原 等, 菅野 隆彦. PCI中にLMTの破裂をきたし、PCPS導入後、緊急手術にて救命しえた1例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2007.06; (142回): 12. ( 医中誌 )

  163. 小林 凡子, 岩本 麻里, 若林 麻衣, 羽田 俊彦, 長岡 英気, 菅野 隆彦, 藤原 等, 安藤 亮一. 前腕部腫脹で発症した左橈骨動脈仮性瘤を認めた血液透析患者の一例 日本透析医学会雑誌. 2007.05; 40 (Suppl.1): 577. ( 医中誌 )

  164. 長岡 英気, 菅野 隆彦, 藤原 等. 超高齢者心室瘤 治療方針に難渋した一手術例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2006.12; (140回): 10. ( 医中誌 )

  165. 長岡 英気, 菅野 隆彦, 藤原 等. 瘤壁を利用した血管ロールにより肋間動脈バイパスを作成した下行大動脈全置換の一例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2006.02; (137回): 8. ( 医中誌 )

  166. 井上 裕美, 熊谷 洋一, 圓谷 隆治, 坂本 渉, 長岡 英気, 伊藤 泰輔, 薄井 佳子, 三浦 昭順, 渡邊 久美子, 関田 吉久, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰, 小田島 肇. Desmoplastic small cell tumor(DSRCT)の1例 太田綜合病院学術年報. 2005.10; (40): 124. ( 医中誌 )

  167. 三浦 昭順, 圓谷 隆治, 坂本 渉, 井上 裕美, 長岡 英気, 伊藤 泰輔, 薄井 佳子, 渡邊 久美子, 関田 吉久, 熊谷 洋一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰, 野口 記生, 福屋 安彦. 人工肛門癌の3例 太田綜合病院学術年報. 2005.10; (40): 125. ( 医中誌 )

  168. 長岡 英気, 田中 啓之, 伊藤 聡彦, 吉崎 智也, 水野 友裕, 田渕 典之, 荒井 裕国, 砂盛 誠. 重症3枝病変を合併した未破裂Valsalva洞動脈瘤,ARの一治験例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2005.02; (133回): 10. ( 医中誌 )

  169. 伊藤 聡彦, 田中 啓之, 長岡 英気, 吉崎 智也, 水野 友裕, 田渕 典之, 荒井 裕国, 砂盛 誠. 冠動脈疾患を合併した胸部大動脈瘤手術症例の検討 日本心臓血管外科学会雑誌. 2005.01; 34 (Suppl.): 404. ( 医中誌 )

  170. 荒井 裕国, 水野 友裕, 吉崎 智也, 伊藤 聡彦, 長岡 英気, 田渕 典之, 田中 啓之, 砂盛 誠. 改良型Tentacles(分散型多方向性ハートポジショナー)を用いたOPCABにおける視野展開法 日本心臓血管外科学会雑誌. 2005.01; 34 (Suppl.): 242. ( 医中誌 )

  171. 薄井 佳子, 太田 一寿, 坂本 渉, 井上 裕美, 長岡 英気, 伊藤 泰輔, 渡辺 久美子, 三浦 昭順, 関田 吉久, 熊谷 洋一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 山崎 繁, 高橋 正泰. S状結腸癌を先進部として肛門脱出をきたした腸重積の1例 東北医学雑誌. 2004.12; 116 (2): 179. ( 医中誌 )

  172. 長岡 英気, 田中 啓之, 伊藤 聡彦, 吉崎 智也, 水野 友裕, 田渕 典之, 荒井 裕国, 砂盛 誠. 大動脈縮窄症に合併した慢性B型解離の1手術例 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集. 2004.09; (131回): 9. ( 医中誌 )

  173. 井上 裕美, 熊谷 洋一, 長岡 英気, 三浦 昭順, 関田 吉久, 飯田 道夫, 山崎 繁, 小池 盛雄. desmoplastic small round cell tumorの一例 日本消化器外科学会雑誌. 2004.07; 37 (7): 1257. ( 医中誌 )

  174. 三浦 昭順, 長岡 英気, 伊藤 泰輔, 薄井 佳子, 渡邊 久美子, 関田 吉久, 熊谷 洋一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰, 河野 辰幸. アカラシアに対する鏡視下手術の1経験例 東北医学雑誌. 2003.12; 115 (2): 199-200. ( 医中誌 )

  175. 太田 一寿, 坂本 渉, 伊藤 泰輔, 長岡 英気, 薄井 佳子, 三浦 昭順, 渡辺 久美子, 関田 吉久, 熊谷 洋一, 飯田 道夫, 石井 芳正, 堀田 稔, 山崎 繁, 高橋 正泰. 大腸癌肝転移に対する肝切除症例の検討 東北医学雑誌. 2003.12; 115 (2): 210. ( 医中誌 )

  176. 長岡 英気, 伊藤 泰輔, 薄井 佳子, 三浦 昭順, 渡邊 久美子, 関田 吉久, 熊谷 洋一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰. 腸重積を併発した小腸リンパ管腫の1例 東北医学雑誌. 2003.12; 115 (2): 182. ( 医中誌 )

  177. 長岡 英気, 三浦 昭順, 阿部 宣子, 千葉 哲磨, 伊藤 泰輔, 薄井 佳子, 関田 吉久, 中村 直和, 中山 浩一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰. 両側外傷性横隔膜ヘルニアの1例 東北医学雑誌. 2003.08; 115 (1): 117. ( 医中誌 )

  178. 薄井 佳子, 三浦 昭順, 長岡 英気, 阿部 宣子, 千葉 哲磨, 伊藤 泰輔, 関田 吉久, 中村 直和, 中山 浩一, 飯田 道夫, 堀田 稔, 石井 芳正, 太田 一寿, 山崎 繁, 高橋 正泰. 診断に難渋した回盲部捻転の1例 東北医学雑誌. 2003.08; 115 (1): 116. ( 医中誌 )

  179. 長岡 英気, 田中 啓之, 大井 啓司, 栗生 和幸, 水野 友裕, 田渕 典之, 荒井 裕国, 砂盛 誠. 左房粘液腫の腫瘍塞栓を契機に診断に至ったCarney症候群の一例 The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2002.03; 50 (Suppl.): 100. ( 医中誌 )

  180. 長岡 英気, 田中 啓之, 大井 啓司, 栗生 和幸, 水野 友裕, 田渕 典之, 荒井 裕国, 砂盛 誠. 梅毒性大動脈炎を合併した解離性大動脈瘤の一治験例 The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY. 2002.03; 50 (Suppl.): 79. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 長岡英気, 荒井裕国. 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁疾患 新心臓血管外科テキスト. 中外医学社, 2016.09

  2. 長岡英気. 全部わかる!心臓血管外科-治療法と術後管理-1章 心臓血管外科の術後ケア,  2章 虚血性心疾患/冠動脈バイパス術. 総合医学社, 2016.08

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 長岡 英気, 水野 友裕, 大井 啓司, 八島 正文, 藤原 立樹, 大石 清寿, 竹下 斉史, 鍋島 惇也, 田原 禎生, 荒井 裕国. 心房性機能性僧帽弁閉鎖不全症はこれまでの機能性僧帽弁閉鎖不全症治療に影響を与えるか. 第52日本心臓血管外科学会学術総会 2022.03.04 横浜

  2. Eiki Nagaoka. MIS mitral surgery, the Japanese way. 6th Singapore Valve 2021 2021.08.15 SINGAPORE

  3. Eiki Nagaoka, Hirokuni Arai, Tomohiro Mizuno, Keiji Oi, Tatsuki Fujiwara, Kiyotoshi Oishi. . A 13-year Experience Of Tentacles. 21 ISMICS Re-imagined 2021.06.20 Poland, Warshaw

  4. Nagaoka E., Mizuno T., Goya M., Oi K., Yashima M., Hachimaru T., Kuroki H., Tasaki D., Fujiwara T., Takeshita M., Kinoshita R., Arai H. Hybrid Approach for Intravenous Lead Extraction. 17 ISMICS Annual Scientific Meeting 2017.06.07 Rome, Italy

  5. E. Nagaoka, T. Mizuno, K. Oi, M. Yashima, T. Hachimaru, H. Kuroki, D. Tasaki, T. Fujiwara, M. Takeshita, R. Kinoshita, H. Arai. Efficacy of Subvalvular Procedures for Ischemic Mitral Regurgitation . AATS Mitral Conclave 2017 2017.04.27 New York, United States

  6. E Nagaoka, T Mizuno, K Oi, T Hachimaru, H Kuroki, D Tasaki, T Fujiwara, R Kinoshita, H Arai. On-pump Beating Heart Mitral Valve Repair without Aortic Cross-clamping: Tips and Tricks for Safe Practice. ISMICS 2016 Winter Workshop 2016.10.29 Kyoto

  7. Eiki Nagaoka, Tomohiro Mizuno, Keiji Oi, Tuyoshi Hachimaru, Hidehito Kuroki, Dai Tasaki, Tatsuki Fujiwara, Ryouji Kinoshita, Hirokuni Arai. The Effect of Papillary Muscle Relocation on Posterior Leaflet Tethering in Functional Mitral Regurgitation. the 24th Annual meeting of Asian Society for Cardiovascular ant Thoracic Surgery (ASCVTS2016) 2016.04.08 Taipei,Taiwan

  8. Nagaoka E., Mizuno T., Oi K., Yashima M., Hachimaru T., Kuroki H., Tasaki D., Fujiwara T., Takeshita M., Kinoshita R., Arai H. . Assessment of Reverse Remodeling after Combination Therapy for Ischemic Mitral Regurgitation. AATS International Coronary Congress 2015 2015.08.21 New York, USA

  9. 長岡 英気. MICSに関する問題点と対策; これからMICSを始める方へ. 第188回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2022.03.22 東京

  10. 長岡 英気、鵜川 豊世武、増田 孝広、漆畑 直、玉岡 明洋、吉田 雅幸、 倉島 直樹、藤原 立樹、大井 啓司、荒井 裕国. (シンポジウム)多職種チームによるCOVID-19に対 するExtracorporeal membrane oxygenation: 現状の課題と展望. 第59回日本人工臓器学会大会 2021.11.27 千葉

  11. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 竹下斉史, 鍋島惇也, 田原禎生, 荒井裕国. (シンポジウム)僧帽弁形成術後の再僧帽弁手術の成績. 第74回日本胸部外科学会定期学術集会 2021.11.02 東京

  12. 長岡 英気. 補助循環療法勉強会: ECMOについて. 補助循環療法勉強会 2021.08.16 学内

  13. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 竹下斉史, 荒井裕国. Mt. Fuji Technique for Mitral Valve Repair in Minimally Invasive Approach . 第5回日本低侵襲心臓手術学会学術集会 2021.07.03 長崎

  14. 長岡英気. (座長) 弁膜症 2. 第185回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2021.03.13 東京

  15. 長岡英気. ECMOとコロナ治療 コロナ治療最前線 多職種チームアプローチの役割 . 日本体外循環技術医学会 関東甲信越地方会 2021.02.20 オンライン

  16. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 竹下斉史, 崔容俊, 田原禎生, 荒井裕国. (ビデオシンポジウム)心膜パッチを用いた僧帽弁形成術の有用性と限界. 第51回日本心臓血管外科学会学術総会 2021.02.19 京都・オンライン

  17. 長岡英気, 鵜川豊世武, 増田孝広, 落合香苗, 玉岡明洋, 吉田雅幸, 倉島直樹, 溝江亜紀子, 山下直美, 藤原立樹, 大井啓司, 荒井裕国. COVID-19 重症肺炎に対する Extracorporeal membrane oxygenation:多職種チームアプローチに よる包括的治療の役割. 第58回日本人工臓器学会大会 2020.11.14 高知

  18. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 竹下斉史, 崔容俊, 田原禎生, 荒井裕国. (シンポジウム)人工腱索を使用した僧帽弁形成術の遠隔成績;多彩な病変への治療適応. 第73回日本胸部外科学会定期学術集会 2020.10.30 愛知

  19. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 藤原立樹, 大石清寿, 竹下斉史, 奥村裕士, 関晴永, 崔容俊, 荒井裕国. (シンポジウム)多領域に病変がおよぶ複雑性僧帽弁閉鎖不全症に対する長期成績. 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 2020.08 福島県立医科大学医学部心臓血管外科学講座内

  20. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 荒井裕国. (シンポジウム) 多領域に及ぶ複雑病変に対する僧帽弁形成術の成績. 第47回日本心臓血管外科学会学術総会 2017.02.27 東京

  21. 長岡英気. 弁形成について. 日本体外循環技術医学会関東甲信越地方会 2016年度第3回勉強会 2017.01.21 東京

  22. 長岡英気,水野友裕,大井啓司,八島正文,八丸剛,黒木秀仁,田崎大,藤原立樹,木下亮二,荒井裕国. (シンポジウム)虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁下手術の有用性. 第30回日本冠疾患学会学術集会 2016.12.10 東京

  23. 長岡英気, 水野友裕, 八島正文, 大井啓司, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 大内克洋, 荒井裕国. (シンポジウム)機能的僧帽弁閉鎖不全症を伴う重症心不全に対する人工弁輪の有用性と限界. 第54回日本人工臓器学会 2016.11.24 鳥取

  24. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 荒井裕国. 診断および治療に難渋した難治性肺高血圧に対する補助循環の一例. 第12回TOKYO Advanced Cardiac Surgery Conference 2016.11.08 東京

  25. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 荒井裕国. (シンポジウム)機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋吊り上げ術の中期成績 ~僧帽弁複合体のジオメトリー改善効果~. 第69回日本胸部外科学会定期学術集会 2016.09.29 岡山

  26. 長岡英気,水野友裕,大井啓司,八丸剛,黒木秀仁,田崎大,藤原立樹,木下亮二,荒井裕国. 機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋吊上げ術の予後改善効果. 第21回日本冠動脈外科学会学術大会 2016.07.14 福岡

  27. 長岡英気. 非心臓移植実施施設における植込み型補助人工心臓治療. 第44回人工心臓と補助循環懇話会学術集会 2016.03.05 宮城

  28. 長岡英気, 水野友裕, 大井啓司, 八島正文, 八丸剛, 黒木秀仁, 田崎大, 藤原立樹, 竹下斉史, 木下亮二, 荒井裕国. 僧帽弁前尖まで浸潤していた左房内肉腫に対して腫瘍切除と僧帽弁形成術を行った1例. 第169回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2015.11.07 東京

  29. 長岡英気,水野友裕,八島正文,大井啓司,八丸剛,黒木秀仁,田崎大,藤原立樹,竹下斉史,木下亮二,荒井裕国. (ワークショップ)機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋吊り上げ術が僧帽弁複合体に与える影響. 第19回日本心不全学会学術集会 2015.10.22 大阪

  30. 長岡英気、水野友裕、八島正文、大井啓司、八丸剛、黒木秀仁、田崎大、藤原立樹、竹下斉史、木下亮二、荒井裕国. 機能性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋吊上げ術の中期遠隔成績. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会 2015.10.18 兵庫

  31. 長岡英気. (座長)Debate 大動脈基部置換術の年齢の適応限界. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会 2015.10.18 兵庫

  32. 長岡英気, 吉田哲矢. 新たな冠動脈バイパスグラフト血流評価機器の開発 (血流の可視化と定量的評価). 第20回日本冠動脈外科学会学術大会 2015.07.10 京都

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2011 ISRBP Asia Pacific Young Investigator Award 19th ISRBP Congress,International Society for Rotary Blood Pump,2011年09月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 長岡英気 (審査員)JATS Case Presentation Awards 心臓5 M弁腫瘍,2021年11月

    第74回 日本胸部外科学会 JATS Case Presentation Awards 心臓5 M弁腫瘍 セッション

  • 長岡英気 冠動脈技術吻合競技会審査員,2021年06月

    冠動脈技術吻合競技会審査員 Bクラス審査員

  • 長岡英気 海外留学体験記 カナダ臨床留学を振り返って:London Ontario. ,2019年

    日本心臓血管外科学会雑誌 2019 Vol. 48 No. 6. 439-441

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • OSCE評価者 (全身状態・バイタルサイン),2021年 - 現在

  • PCC 胸背部痛,2019年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス患者のECMO治療,産経新聞社,産経新聞,2020年05月11日