基本情報

写真a

西山 暁(ニシヤマ アキラ)

NISHIYAMA Akira


職名

准教授

生年

1969年

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5713

メールアドレス

anishi.tmj@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/dent/tmj/tmj-J.htm

研究分野・キーワード

顎関節症 睡眠時ブラキシズム 咬合感覚異常

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科補綴学  博士課程  1999年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2007年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 助教
  • 2007年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 顎関節治療部 助教
  • 2015年12月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔顔面痛制御学分野 助教
  • 2016年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 口腔顔面痛制御学分野 講師
  • 2020年04月
    -
    2021年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野 講師
  • 2021年05月
    -
    2021年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 歯科麻酔・口腔顔面痛制御学分野 准教授
  • 2021年12月
    -
    2022年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 全人的医療開発学講座 総合診療歯科学分野 准教授
  • 2022年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 総合診療歯科学 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 昭和大学歯科補綴学講座 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会、日本顎関節学会,日本睡眠学会,日本産業衛生学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月
    -
    現在
    日本顎関節学会 診療ガイドライン作成委員会委員 (現職)
  • 2015年07月
    -
    2017年06月
    日本顎関節学会 学術大会運営委員会
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 ガイドライン委員会エキスパートパネル
  • 2018年07月
    -
    現在
    日本顎関節学会 専門医制度等委員会 副委員長
  • 2018年07月
    -
    現在
    日本顎関節学会 学術委員会
  • 2018年07月
    -
    現在
    日本顎関節学会 疫学調査委員会 副委員長

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

  • 外科系歯学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 1)顎関節症の寄与因子調査,2)VDT作業と顎関節症との関係,3)睡眠時ブラキシズム測定装置の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 睡眠時無呼吸症の新たな口腔装置の開発と効果判定 -赤外線センサ-での非接触分析-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 携帯型筋電図計を用いた睡眠時ブラキシズムの診断基準を確立する

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 睡眠時ブラキシズム発症に関与する因子構造の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • リポジトリとiPS細胞バンクを基盤とした睡眠時ブラキシズム発症機序の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hidaka Rena, Furuya Junichi, Nishiyama Akira, Suzuki Hiroyuki, Aoyagi Michiyo, Matsubara Chiaki, Yoshizumi Yu, Yoshimi Kanako, Nakane Ayako, Tohara Haruka, Sato Yuji, Minakuchi Shunsuke. Structural Equation Modeling of Tongue Function and Tongue Hygiene in Acute Stroke Patients INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH. 2021.05; 18 (9): 4567. ( PubMed, DOI )

  2. Hiroyuki Ishiyama, Masayuki Hideshima, Shusuke Inukai, Meiyo Tamaoka, Akira Nishiyama, Yasunari Miyazaki. Evaluation of Respiratory Resistance as a Predictor for Oral Appliance Treatment Response in Obstructive Sleep Apnea: A Pilot Study. Journal of Clinical Medicine. 2021.03; 10 (6): 1255-1268. ( PubMed, DOI )

  3. Nguyen Ngan G. K., Nishiyama Akira, Shimada Masahiko. A rat model for inducing temporomandibular anterior disc displacement experimentally JOURNAL OF ORAL SCIENCE. 2020.01; 62 (1): 70-74. ( PubMed, DOI )

  4. Satokawa C, Nishiyama A, Suzuki K, Uesugi S, Kokai S, Ono T. Evaluation of tissue oxygen saturation of the masseter muscle during standardised teeth clenching. Journal of oral rehabilitation. 2020.01; 47 (1): 19-26. ( PubMed, DOI )

  5. Nguyen Ngan G.K., Nishiyama Akira, Shimada Masahiko. A rat model for inducing temporomandibular anterior disc displacement experimentally Journal of Oral Science. 2020.01; 62 (1): 70-74. ( 医中誌 )

  6. Ngan Gia Kieu Nguyen, Akira Nishiyama, Masahiko Shimada. A rat model for inducing temporomandibular anterior disc displacement experimentally 2019.08;

  7. Nguyen Gia Kieu Ngan, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 実験的な顎関節円板前方転位誘発? ラットモデル(Inducing Temporomandibular Anterior Disc Displacement Experimentally?: A model on Rats) 日本歯科心身医学会雑誌. 2018.12; 33 (2): 114. ( 医中誌 )

  8. S. Liang, A. Nishiyama, M. Shimada. Changes in Sensory Thresholds of the Pulp and Periodontal Ligaments after Standardized Tooth Clenching Int J Dent Oral Health . 2018.11; 4 (5): 1-7. ( DOI )

  9. Nguyen Gia Kieu Ngan, Akira Nishiyama, Masahiko Shimada. Inducing temporomandibular anterior disc displacement experimentally? A model on rats J. Jpn Soc T.M.J.. 2018.07; 30 (Suppl.): 121. ( 医中誌 )

  10. Rena Nakayama, Akira Nishiyama, Masahiko Shimada. Bruxism-Related Signs and Periodontal Disease: A Preliminary Study The Open Dentistry Journal. 2018.05; 12

  11. Nakayama R, Nishiyama A, Shimada M. Bruxism-Related Signs and Periodontal Disease: A Preliminary Study. The open dentistry journal. 2018; 12 400-405. ( PubMed, DOI )

  12. Suzuki K, Kokai S, Uesugi S, Nishiyama A, Ono T. Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry Orthodontic Waves. 2017.12; 76 (4): 232-237. ( DOI )

  13. Nakayama R., Nishiyama A., Matsuda C., Nakayama Y., Hakuta C., Shimada M.. Oral health status of hospitalized amyotrophic lateral sclerosis patients Acta Odontologica Scandinavica. 2017.12; 76 open access. ( DOI )

  14. Suzuki Katsuhiko, Kokai Satoshi, Uesugi Shunsuke, Nishiyama Akira, Ono Takashi. 顔面非対称を呈する患者における咀嚼筋群の組織酸素飽和度の側性評価(Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry) Orthodontic Waves. 2017.12; 76 (4): 232-237. ( 医中誌 )

  15. Tsukagoshi K., Nishiyama A., Shimada M.. Association between Symptoms of Temporomandibular Disorders and Duration of Computer Use in a Working Population in Japan Int J Dent Oral Health. 2017.10; 3 (5): open access.

  16. Rena Nakayama, Akira Nishiyama and Masahiko Shimada. Creating a Quality of Life Index for Patients with Temporomandibular Disorders Int J Dent Oral Health . 2017.09; 3 (5): ( DOI )

  17. Ishiyama Hiroyuki, Inukai Shusuke, Nishiyama Akira, Hideshima Masayuki, Nakamura Shuhei, Tamaoka Meiyo, Miyazaki Yasunari, Fueki Kenji, Wakabayashi Noriyuki. Effect of jaw-opening exercise on prevention of temporomandibular disorders pain associated with oral appliance therapy in obstructive sleep apnea patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH. 2017.07; 61 (3): 259-267. ( PubMed, DOI )

  18. Ishiyama Hiroyuki, Inukai Shusuke, Nishiyama Akira, Hideshima Masayuki, Nakamura Shuhei, Tamaoka Meiyo, Miyazaki Yasunari, Fueki Kenji, Wakabayashi Noriyuki. 閉塞性睡眠時無呼吸患者において口腔内装置治療に併発する顎関節症痛の予防に対する開口訓練の効果 無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験(Effect of jaw-opening exercise on prevention of temporomandibular disorders pain associated with oral appliance therapy in obstructive sleep apnea patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial) Journal of Prosthodontic Research. 2017.07; 61 (3): 259-267. ( 医中誌 )

  19. Nishiyama A, Tsuchida E. Relationship Between Wind Instrument Playing Habits and Symptoms of Temporomandibular Disorders in Non-Professional Musicians The Open Dentistry Journal. 2016.08; 10 411-416.

  20. Nishiyama A, Kino K, Tsukagoshi K, Tobe S, Otomo N. Effect of water-soluble titanium microparticle-permeated tape on temporomandibular disorders-related pain: A preliminary study Acta Odont Scand. 2014; 72 428-431.

  21. Akira Nishiyama, Natsuko Otomo, Kaori Tsukagoshi, Shoko Tobe and Koji Kino. The True-Positive Rate of a Screening Questionnaire for Temporomandibular Disorders The Open Dent J. 2014; 8 236-240.

  22. Nishiyama A, Kuruma E, Hayashi K, Tsukagoshi K, Kino K, Sugisaki M. Evaluation of therapeutic effects using the limitation of daily functions questionnaire in patients with temporomandibular disorders Oral Health and Dental Management. 2014; 13 982-986.

  23. Nishiyama A, Otomo N, Tsukagoshi K, Tobe S, Kino K. Magnitude of bite force that is interpreted as clenching in patients with temporomandibular disorders: A pilot study Dentistry. 2014; Special Issue2 004.

  24. Hidemichi Yuasa, Koji Kino, Eiro Kubota, Kenji Kakudo, Masashi Sugisaki, Akira Nishiyama, Yoshizo Matsuka, Nobumi Ogi, the Evidence-based Clinical Practice Guidelines Task Force. Primary treatment of temporomandibular disorders: The Japanese Society for the temporomandibular joint evidence-based clinical practice guidelines, 2nd edition Jap Dent Sci Rev. 2013; 43 89-98.

  25. Akira Nishiyama, Koji KINO. Effect of tandospirone on sleep bruxism: A case report Sleep and Biologic Rhythms. 2012; 10 247-249.

  26. Akira Nishiyama, Koji Kino, Masashi Sugisaki, Kaori Tsukagoshi. Influence of psychosocial factors and habitual behavior in temporomandibular disorder–related symptoms in a working population in Japan The Open Dentistry Journal. 2012; 6 240-247.

  27. Akira Nishiyama, Koji Kino , Kaori Tsukagoshi. A survey of influence of work environment on temporomandibular disorder-related symptoms in Japan Head & Face Medicine. 2012; 8 24.

  28. Toshihisa Shibuya, Koji Kino, Masashi Sugisaki, Fumiaki Sato, Tadasu Haketa, Akira Nishiyama, Michiko Takaoka, Takenobu Ota, Takayuki Ishikawa and Noriyuki Narita. Comparison of occlusal discomfort in patients with temporomandibular disorders between myofascial pain and disc displacement J Med Dent Sci. 2009; 56 (4): 139-147.

  29. Baba K, Igarashi Y, Nishiyama A, John MT, Akagawa Y, Ikebe K, Ishigami T, Kobayashi H, and Yamashita S. Patterns of missing occlusal units and oral health-related quality of life in SDA patients J Oral Rehabil. 2008; 35 621-628.

  30. H. ITOH, K. BABA, K. ARIDOME, D. OKADA, A. TOKUDA, A. NISHIYAMA, H. MIURA, Y. IGARASHI. Effect of direct retainer and major connector designs on RPD and abutment tooth movement dynamics J Oral Rehabil. 2008; 35 810-815.

  31. Baba K, Igarashi Y, Nishiyama A, Mike T. John, Akagawa A, Ikebe K, Ishigami T, Kobayashi H, Yamashita S. The Relationship Between Missing Occlusal Units and Oral Health related Quality of Life in Patients with Shortened Dental Arches International Journal of Prosthodontics. 2008; 21 72-74.

  32. Inukai S, Hideshima M,Sato M, Nishiyama A, Ando T,Ohyama T. Analysis of the relationship between the incisal overjet in a maxilary denture and phonetic function using a speech recognition system Prosthodont Res Pract. 2006; 5 171-177.

  33. Xilin Jin, Masayuki Sato, Akira Nishiyama, Takashi Ohyama. Influence of loading positions of mandibular unilateral distal extension removable partial denture on movements of abutment tooth and denture base J Med Dent Sci. 2004; 51 155-163.

  34. Mizuuchi W, Yatabe M, Sato M, Nishiyama A, Ohyama T. The effects of loading locations and direct retainers on the monements of the abutment tooth and denture base of removable partial dentures Journal of Medical and Dental Sciences. 2002; 49 (1): 11-18.

  35. Minakuchi Hajime, Fujisawa Masanori, Abe Yuka, Iida Takashi, Oki Kyosuke, Okura Kazuo, Tanabe Norimasa, Nishiyama Akira. Managements of sleep bruxism in adult: A systematic review JAPANESE DENTAL SCIENCE REVIEW. 2022.11; 58 124-136. ( PubMed, DOI )

  36. Soe Kay Thwe Ye Min, Ishiyama Hiroyuki, Nishiyama Akira, Shimada Masahiko, Maeda Shigeru. Effect of Different Maxillary Oral Appliance Designs on Respiratory Variables during Sleep INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH. 2022.06; 19 (11): ( PubMed, DOI )

  37. 石山裕之, 秀島雅之, 犬飼周佑, 玉岡明洋, 西山 暁, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における, 口腔内装置療法の効果予測因子としての呼吸抵抗の評価:予備研究 睡眠口腔医学. 2022.05; 8 (3): 64-72.

  38. 石山 裕之, 秀島 雅之, 犬飼 周佑, 玉岡 明洋, 西山 暁, 宮崎 泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸における、口腔内装置療法の効果予測因子としての呼吸抵抗の評価 予備研究 睡眠口腔医学. 2022.05; 8 (3): 64-72. ( 医中誌 )

  39. 石山裕之, 西山 暁. 閉塞性睡眠時無呼吸に対する口腔内装置療法で 関節円板の位置が変化し, 臼歯部開咬を発症した1例 日本顎関節学会雑誌. 2022; 34 (1): 3-9.

  40. 西山 暁. 顎関節症をどう診る? 顎が痛い、口が開かない患者が来院したら 東京都歯科医師会雑誌. 2019.12; 67 (11): 517-525. ( 医中誌 )

  41. 田邊 元, 渡邉 孝士郎, 和田 敬広, 西山 暁, 中禮 宏, 香田 郡秀, 上野 俊明. 剣士の顎口腔系障害と口腔衛生、OHIP-14に関する基礎的調査 日本臨床スポーツ医学会誌. 2019.11; 27 (4): S245. ( 医中誌 )

  42. 松田 千春, 清水 俊夫, 中山 優季, 原口 道子, 白田 千代子, 中山 玲奈, 板垣 ゆみ, 小倉 朗子, 西山 暁, 沼山 貴也. 筋萎縮性側索硬化症患者における舌肥大の出現率と臨床的特徴との関係 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S452. ( 医中誌 )

  43. 石山 裕之, 秀島 雅之, 西山 暁, 中村 周平, 玉岡 明洋, 宮崎 泰成, 嶋田 昌彦. 閉塞性睡眠時無呼吸症に対する口腔内装置治療により、関節円板の位置が変化したと考えられる一症例 睡眠口腔医学. 2019.10; 6 (1): 94. ( 医中誌 )

  44. 西山 暁. 【内科医に求められる他科の知識-専門家が伝えるDo/Don't】(第10章)歯科・口腔外科 顎関節症 内科. 2019.09; 124 (3): 2013-2016. ( 医中誌 )

  45. 中山 玲奈, 松田 千春, 西山 暁, 古屋 純一. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とALS以外の神経疾患の口腔内状況の比較 日本歯科衛生学会雑誌. 2019.08; 14 (1): 166. ( 医中誌 )

  46. 中山 玲奈, 西山 暁, 古屋 純一, 嶋田 昌彦. TMD患者用QOL質問票の信頼性 日本顎関節学会雑誌. 2019.07; 31 (Suppl.): 132. ( 医中誌 )

  47. 石山 裕之, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 閉塞性睡眠時無呼吸症に対する口腔内装置の治療で、短期に咬合変化を発症した一症例 日本顎関節学会雑誌. 2019.07; 31 (Suppl.): 162. ( 医中誌 )

  48. 西山 暁. 臨床の行方 咬合違和感の患者を診る 日本歯科評論. 2019.02; 79 (2): 16-17. ( 医中誌 )

  49. 西山 暁. 身近な臨床・これからの歯科医のための臨床講座 ブラキシズムとしてのTCH 日本歯科医師会雑誌. 2019.01; 71 (10): 47-53.

  50. 西山 暁. 身近な臨床・これからの歯科医のための臨床講座 顎関節症の基礎 病態と治療概念 日本歯科医師会雑誌. 2018.12; 71 (9): 765-773. ( 医中誌 )

  51. 中山 玲奈, 西山 暁, 古屋 純一, 嶋田 昌彦. TMD患者用QOL質問票の信頼性検討 日本歯科心身医学会雑誌. 2018.12; 33 (2): 130. ( 医中誌 )

  52. 松香 芳三, 西山 暁, 湯浅 秀道, 水口 一, 高野 直久, 羽毛田 匡, 鈴木 善貴, Dalanon Junhel C., 久保田 英朗, 杉崎 正志, 木野 孔司, 古谷野 潔, 日本顎関節学会疫学調査委員会. 特別養護老人ホーム入所者における顎関節脱臼の実態調査 日本顎関節学会雑誌. 2018.12; 30 (3): 249-254. ( 医中誌 )

  53. 梁 珊珊, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 種々の持続的クレンチングによる歯根膜および歯髄感覚の変化 日本歯科心身医学会雑誌. 2018.12; 33 (2): 106. ( 医中誌 )

  54. 石山 裕之, 秀島 雅之, 玉岡 明洋, 藤江 俊秀, 中村 周平, 林 奨太, 飯田 知里, 西山 暁, 嶋田 昌彦, 宮崎 泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置の適応症に関する、新たな診断法の確立 呼吸抵抗の有用性について 睡眠口腔医学. 2018.10; 5 (1): 70. ( 医中誌 )

  55. 中山玲奈、西山暁、白田千代子、嶋田昌彦. 歯科衛生士の自立高齢者に対する複合的介護予防プログラムの効果 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2):

  56. 石山 裕之, 秀島 雅之, 玉岡 明洋, 藤江 俊秀, 白井 剛, 増尾 昌宏, 中村 周平, 西山 暁, 嶋田 昌彦, 宮崎 泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置(OA)療法の適応症の新たな判定法 呼吸抵抗(IOS検査)によるOA適否の判定 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集. 2018.07; 43回 211. ( 医中誌 )

  57. 梁 珊珊, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 種々の持続的クレンチングによる歯根膜および歯髄感覚の変化 日本顎関節学会雑誌. 2018.07; 30 (Suppl.): 113. ( 医中誌 )

  58. 中山 玲奈, 西山 暁, 古屋 純一, 嶋田 昌彦. TMD患者用QOL質問票の信頼性検討 日本顎関節学会雑誌. 2018.07; 30 (Suppl.): 141. ( 医中誌 )

  59. 中山 玲奈, 西山 暁, 白田 千代子, 嶋田 昌彦. 歯科衛生士の自立高齢者に対する複合的介護予防プログラムの効果 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 43-51. ( 医中誌 )

  60. 木村浩子、木野孔司、戸邉昌子、西山 暁、和気裕之、儀武啓幸、嶋田昌彦. 乾癬性関節炎に起因した顎関節強直症に対する顎関節授動術後の長期経過観察 日本顎関節学会雑誌. 2018.04; 30 (1): 59-64.

  61. 財津 崇, 斉藤 智也, 西山 暁, 植野 正之, 川口 陽子. 顎関節症状と労働パフォーマンスとの関連について 口腔衛生学会雑誌. 2018.04; 68 (増刊): 153. ( 医中誌 )

  62. 西山 暁, 中山 玲奈. 男女におけるPC使用時間と顎関節症との関連 企業調査から 口腔衛生学会雑誌. 2018.04; 68 (増刊): 154. ( 医中誌 )

  63. 木村 浩子, 木野 孔司, 戸邉 昌子, 西山 暁, 和気 裕之, 儀武 啓幸, 嶋田 昌彦. 乾癬性関節炎に起因した顎関節強直症に対する顎関節授動術後の長期経過観察 日本顎関節学会雑誌. 2018.04; 30 (1): 59-64. ( 医中誌 )

  64. 中山 玲奈, 西山 暁, 白田 千代子, 嶋田 昌彦. 入院下における筋萎縮性側索硬化症患者50名の口腔内に関する調査 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 29. ( 医中誌 )

  65. 西山 暁. <EBMを活用した顎関節疾患の臨床>読んだ論文で注意すべきこと 日本顎関節学会雑誌. 2017.12; 29 (3): 162-165. ( 医中誌 )

  66. 西山 暁. 顎関節症の基礎と耳鼻咽喉科医との連携 耳鼻咽喉科展望. 2017.08; 60 (4): 196-204. ( 医中誌 )

  67. 西山 暁, 嶋田 昌彦. 最近の歯学 口腔顔面痛制御 覚醒時ブラキシズムの考え方 口腔病学会雑誌. 2017.07; 84 (2): 94. ( 医中誌 )

  68. 中山 玲奈, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 顎関節症患者を対象としたQOL質問項目の検討 日本顎関節学会雑誌. 2017.07; 29 (Suppl.): 83. ( 医中誌 )

  69. 石山 裕之, 西山 暁, 中山 玲奈, 嶋田 昌彦. 顎関節症スクリーニング質問票の感度 日本顎関節学会雑誌. 2017.07; 29 (Suppl.): 83. ( 医中誌 )

  70. 西山 暁, 戸辺 昌子, 塚越 香, 中山 玲奈, 嶋田 昌彦. 企業就労者におけるPC使用時間と顎関節症との関係 日本顎関節学会雑誌. 2017.07; 29 (Suppl.): 122. ( 医中誌 )

  71. 西山 暁. 【日常臨床における難症例集 求められる診断と適切な対応】口腔外科 開業医が診る顎関節症・顎関節脱臼 DENTAL DIAMOND. 2017.04; 42 (6): 144-151. ( 医中誌 )

  72. 塚越 香, 西山 暁, 嶋田 昌彦. 就労者における顎関節症リスクと習癖行動因子、心理社会的因子およびPersonal Computer作業時間の関連 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 50. ( 医中誌 )

  73. 西山 暁. 顎関節学会ガイドライン策定の経緯 日本磁気歯科学会雑誌. 2012; 21 21-26.

  74. 塚越 香,西山 暁,木野孔司,杉崎正志,羽毛田 匡. 顎関節症の疼痛症状に影響を与える因子 日本口腔顔面痛学会雑誌. 2011.09; 4 47-55.

  75. 大山篤,新田浩,西山暁,小田茂,秀島雅之,塩沢育巳,荒木孝二,俣木志朗. 臨床実習終了時Objective Structured Clinical Examination (OSCE)の運営経験 ヘルスサイエンス・ヘルスケア. 2011; 11

  76. 杉崎正志,高野直久,林勝彦,齋藤高,来間恵里,木野孔司,西山 暁. 東京都内一般歯科診療受診者における顎関節症スクリーニングと性別就業内容に関する予備研究 日本顎関節学会雑誌. 2011; 23 (3): 143-148.

  77. 木野孔司,覚道健治,杉崎正志,星 佳芳,湯浅秀道,松香芳三,齋藤 高,西山 暁. 顎関節症の診療ガイドライン作成における“Patient Question”収集のための患者ボランティアに対する個別面接調査 日本顎関節学会雑誌. 2010; 22 (3): 151-157.

  78. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,塚越 香. 企業修了者の顎関節症症状に影響を及ぼす寄与因子の検討 日本顎関節学会雑誌. 2010; 22 (1): 1-8.

  79. 馬場一美,小野康寛,西山 暁. 顎機能障害の診断と発症原因を考慮に入れた治療-パラファンクションと顎機能障害の発症- 日本補綴歯科学会誌. 2009; 1 7-12.

  80. 杉崎正志,高野直久,木野孔司,林 勝彦,斉藤 高,西山 暁,鈴木 茂. 東京都内就労者における質問票による顎関節症有病率調査 日本顎関節学会雑誌. 2008; 20 (2): 127-133.

  81. 西山 暁. 下顎後方滑走運動誘導部の傾斜が下顎位および咀嚼筋筋活動におよぼす影響 口腔病学会雑誌. 1999; 66 (1): 20-32.

  82. 岡部良博,藍 稔,屋嘉智彦,西山 暁,佐藤雅之. 内側翼突筋に関する筋電図学的検討-第2報 咬合支持部位の相違が閉口筋に及ぼす影響 日本補綴歯科学会雑誌. 1999; 43 (4): 681-688.

  83. 岡部良博,榎澤宗司,藍 稔,屋嘉智彦,佐藤雅之,西山 暁. 内側翼突筋に関する筋電図学的検討-第1報 試作双極電極と刺入方向指示装置 日本補綴歯科学会雑誌. 1996; 40 (5): 933-939.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 西山 暁.【TMDアップデート 顎関節症の治療をどう行うべきか】顎関節症症状と咬合違和感が併存する場合の治療介入 . (株)ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2021.02

  2. 中沢勝宏,田口望,和気裕之,島田淳,西山暁 他. 顎関節症セルフケア指導ハンドブック. 医歯薬出版, 2018.05 第3章-2 上下歯列接触癖(tooth contacting habit: TCH)

  3. 湯浅 秀道, 西山 暁. 療ガイドラインを活用しよう! 歯科医師のための正しい理解と読み方. 2017.07

  4. 木野孔司,西山暁 他. 顎関節症のリハビリトレーニング よく動く関節は痛くない. 医歯薬出版, 2017.06 Chapter 2,6

  5. 西山暁 他. 日常臨床における難症例集 求められる診断と適切な対応. デンタルダイアモンド社, 2017.04 開業医が診る顎関節症・顎関節脱臼

  6. 西山 暁. ザ・クインテッセンス 7月号 特集1「覚醒時ブラキシズムとTCH わかっていることいないこと,今できること」. クインテッセンス出版, 2016.07

  7. 木野孔司,西山 暁,他. TCHのコントロールで治す顎関節症. 医歯薬出版, 2015 3章

  8. TMD Year Book 2011 「アゴの痛みに対処する」. クインテッセンス出版, 2011 2章-6習癖行動(Tooth Contacting Habit)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Kay Thwe Ye Min Soe, Akira Nishiyama. Effect of different Upper Oral Appliance designs on sleep-associated-respiratory status. 2021 ADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2021.07.24 (online)

  2. Kay Thwe Ye Min Soe, Akira Nishiyama. Effect of different Upper Oral Appliance designs on sleep-associated-respiratory status. 2121 ADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2021.06.21

  3. Kay Thwe Ye Min Soe, Akira Nishiyama. Effect of palatal width and vertical dimension of the upper oral appliance on respiratory status during sleep. The 75th Annual Meeting of Japanese Stomatological Society 2021.05.13 (online)

  4. NGUYEN G.K.Ngan, 西山 暁, 嶋田昌彦. Inducing Temporomandibular Anterior Disc Displacement Experimentally – A model on Rats. 第31回日本顎関節学会総会・学術大会 2018.07.08 小倉

  5. Akira Nishiyama. Prospects for treatment and research related to TMD. Association of International Dental Relationships 2nd Culture an 2018.06.23

  6. Katsuhiko Suzuki, Satoshi Kokai, Shun-suke Uesugi, Akira NishiyamaTakashi Ono.. Evaluation of the laterality of the tissue oxygen saturation of masticatory muscles in subjects with facial asymmetry. The 93rd congress of the European Orthodontic Society 2017.06.05 Montreux, Switzerland

  7. 2. Chiho Satokawa, Akira Nishiyama, Katsuhiko Suzuki, Shunsuke Uesugi, Satoshi Kokai, Takashi Ono. The change of tissue oxygen saturation with various contentious clenching. IADR/APR General Session & Exhibition 2016.06.13

  8. Rena Nakayama, Chiyoko Hakuta, Akira Nishiyama. Relationship between Periodontal Disease and Bruxism – pilot study-. Asian Academy of Preventive Dentistry 2016.05.12

  9. Kaori Tsukagoshi, Akira Nishiyama. The effects of mouth opening exercises for 2 cases of patient with the temporomandibular disorders with anterior disk displacement without reduction. 4th Asian Academic Congress for Temporomandibular Joint 2015.11.17

  10. 塚越 香,木野孔司,西山 暁,高岡美智子,太田武信,渋谷寿久,羽毛田 匡,石川高行,神山美穂. 顎関節症における私費診療. 日本顎関節学会第23回学術大会 2010.07.24

  11. 羽毛田匡,傳 開元,木野孔司,杉崎正志,西山 暁,高岡美智子,太田武信,塚越 香,渋谷寿久,佐藤文明,石川高行. 顎関節症の病態と寄与因子の国際比較―中国・日本の顎関節症患者について. 第23回一般社団法人日本顎関節学会総会 2010.07.24

  12. K.Tsukagoshi,A.Nishiyama,K.Kino,F.Sato,T.Haketa. Prevalence of temporomandibular disorders among working population. The first Asian Academic Congress for Temporomandibular Joint 2009.09.19

  13. 渋谷寿久,木野孔司,杉崎正志,羽毛田匡,西山 暁,高岡美智子,太田武信,塚越 香,佐藤文明,石川高行,来間恵里,成田紀之. Ⅰ型顎関節症患者にみられる咬合違和感についての検討. 日本顎関節学会第22回学術大会 2009.07.25

  14. K.Baba,Y.Igarashi,A.Nishiyama,M.T.John,Y.Akagawa,K.Ikebe,T.Ishigami,H.Kobayashi,and S.Yamashita. Occlusal units and oral-health-related QoL in SDA patients. 85th IADR 2007.03.22

  15. H.Itoh,K.Baba,D.Okada,K.Aridome,A.Tokuda,A.Nishiyama,H.Miura. Effect of direct retainer design on dynamics of RPD. 85th IADR 2007.03.22

  16. バザル・アマルサナー、水谷 紘、高橋英和、西山 暁、石川 晋、細見洋泰、五十嵐順正. 常温重合レジンによる義歯床内取り付け時の磁石構造体の動態. 第16回日本磁気歯科学会学術大会 2006.10.28

  17. T. ANDO, M. HIDESHIMA, S. INUKAI, M. SATO, A. NISHIYAMA, T. SAKAI, and Y. IGARASHI. Influence of Palatal Forms on Phonetic Function in Maxillary Dentures. 84th General Session and Exhibition of the IADR 2006.06.30

  18. Yatabe M, Mizutani H, Nishiyama A, Haketa T, Kim X. Attractive Force of Magnetic Attachment Influenced by Directional Variations. 79th IADR 2001.06.27

  19. Ai M, Nishiyama A, Mizutani H, Okano N. Influence of Tooth Contacts during Mandibular Retrusion on the Terminal Jaw Relation of Habitual Closures. Store Kro Meeting 1999.05.13

  20. 戸邉昌子, 石山裕之, 宮園敬資, 木村浩子, 西山 暁. 顎関節症の機能時痛に対する, 最適な開口訓練の強さの検討:ランダム化比較試験. 第27回日本口腔顔面痛学会学術大会 2022.10.09 千葉県松戸市

  21. 西山 暁,田邊 元,服部麻里子,中禮 宏,隅田由香,上野俊明. 楽器演奏者を指導する者が演奏に影響をおよぼすと考える歯科的問題. 第1回日本演奏芸術医学研究会 2022.07.13

  22. 田邊 元, 小幡哲史, 服部麻里子, 中禮 宏, 西山 暁, 上野俊明, 森 隆志, 隅田由香. 楽器演奏と歯科口腔科学の接点を探る -産学連携による楽器演奏者への大規模アンケート. 第1回日本演奏芸術医学研究会 2022.07.13

  23. 西山 暁. 「顎関節症診療ガイドライン:改定に向けて・若手が作成に参加することについて」.「1.本学会における顎関節症臨床診療ガイドライン作成の経緯」. 第35回日本顎関節学会学術大会 2022.07.02

  24. 石山裕之, 西山 暁. 顎関節症に起因するとされた起床時頭痛に対して, 睡眠時無呼吸の影響を疑った一症例. 第35回日本顎関節学会学術大会 2022.07 札幌(ハイブリッド開催)

  25. 西山 暁. 顎関節症治療 -スプリントからの脱却-. 神奈川県保険医協会 歯科臨床研究会 2022.06.02

  26. 西山 暁. TCHを再考する -発生要因と口腔内症状について-. 練馬区歯科医師会 学術講演 2022.05.20

  27. 西山 暁. 顎関節症の実践論 -「わかる」から「治せる」へ GPのための診断と対応,リハビリテーション. 1Dセミナー 2022.04.01

  28. 西山 暁. 睡眠時ブラキシズムの診断と対応. GC Web セミナー 2021.12.23

  29. 石山裕之, 西山 暁, 秀島雅之, 前田 茂. 起床時の頭痛に対し, 睡眠時無呼吸の影響を疑った1例. 第20回日本睡眠歯科学会学術集会 2021.11.27 北九州市(ハイブリッド開催)

  30. 石山 裕之, 西山 暁, 秀島 雅之, 前田 茂. 起床時の頭痛に対し、睡眠時無呼吸の影響を疑った1例. 睡眠口腔医学 2021.11.01

  31. 西山 暁. 正しいTCHの知識. WhiteCrossセミナー 2021.10.15

  32. 小木 信美, 高木 律男, 馬場 一美, 山口 泰彦, 西山 暁, 山田 一尋. 日本顎関節学会の研修施設数に地域的な偏在はあるか. 日本顎関節学会雑誌 2021.10.01

  33. 田邊 元, 服部麻里子, 高橋優美, 中禮 宏, 西山 暁, 隅田由香, 上野俊明. 音楽歯科の提起:カスタムメイドリップシールドを適用したクラリネット奏者の心理音響分析と経過観察. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 横浜(オンライン)

  34. 服部麻里子, 隅田由香, 西山 暁, 田邊 元, 中禮 宏, 上野俊明. 音楽歯科の提起:テナーサキソフォン演奏時の顔面の形態分析. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 横浜(オンライン)

  35. 西山 暁. 歯列接触癖(TCH)からみる頭蓋顎口腔疾患. 徳島大学 2021.07.01

  36. 西山 暁. いまさら聞けない顎関節症. WhiteCrossセミナー 2021.06.11

  37. 西山 暁. 明日から使えるTCHの臨床論. 1Dセミナー 2021.04.15

  38. 西山 暁. GPが知っておくべき顎関節症の対応. 1Dセミナー 2021.03.04

  39. EBMについて、読んだ論文で注意すべきこと . 睡眠歯科医学会 2020.11.21

  40. 中学校3年間における顎関節症状の変化 . 第34回日本顎関節学会学術大会 2020.07.04

  41. TMD患者の初診時のQOL障害度の傾向 . 2020.07.04

  42. 宮園敬資, 石山裕之, 西山 暁. 企業就労者における睡眠時ブラキシズムおよび覚醒時歯牙接触の頻度と関連要因の検討. 第33回一般社団法人日本顎関節学会学術大会 2020.07

  43. 石山裕之, 秀島雅之, 西山 暁, 中村周平, 玉岡明洋, 宮崎泰成, 嶋田昌彦. 閉塞性睡眠時無呼吸症に対する口腔内装置治療により, 関節円板の位置が変化したと考えら れる一症例. 第18回日本睡眠歯科学会総会・学術集会 2019.11 新潟

  44. 石山裕之, 西山暁, 嶋田昌彦. 閉塞性睡眠時無呼吸症に対する口腔内装置の治療で, 短期に咬合変化を発症した一症例. 第32回日本顎関節学会総会・学術大会 2019.07.28 東京

  45. 中山玲奈、西山暁、古屋純一、嶋田昌彦. TMD患者用QOL質問票の信頼性. 第32回日本顎関節学会総会・学術大会 2019.07.27 東京

  46. 西山 暁. 顎関節症の各病態に対する保存的治療. 日本顎関節学会 第46回学術講演会 2019.02.10 東京

  47. 西山 暁. 顎関節症の基礎とTCHコントロール. 愛豊歯科医師会学術講演会 2018.12.06

  48. 西山 暁. 再考 顎関節症とブラキシズム. 台東区歯科医師会学術講演会 2018.11.27

  49. 石山裕之, 秀島雅之, 玉岡明洋, 藤江俊秀, 中村周平, 林 奨太, 飯田 知里, 西山 暁, 嶋田昌彦, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置の適応症に関する, 新たな診断法の確立-呼吸抵抗の有用性について- . 第17回日本睡眠歯科学会総会・学術集会 2018.11.24 つくば

  50. 西山 暁. 咬合の違和感と歯科心身症-PBS,顎関節症,ブラキシズム,TCH-. 東京医科歯科大学歯科同窓会 講演会 2018.09.09

  51. 嶋田昌彦、西山 暁、山﨑陽子. 口腔顔面領域の慢性疼痛について -歯科における神経障害性疼痛、顎関節症および非歯原性歯痛を中心として-. 平成30年度東京都歯科医師会卒後研修会 2018.08.05 東京

  52. 西山 暁. 顎関節症による咬合違和感. 相模原市歯科医師会学術講演会 2018.07.26 相模原市

  53. 西山 暁. TCHを正しく理解していますか?. 群馬県歯科医師会学術講演会 2018.07.15 群馬県前橋市

  54. 石山裕之, 秀島雅之, 玉岡明洋, 藤江俊秀, 白井 剛, 増尾昌宏, 中村周平, 西山 暁, 嶋田昌彦, 宮崎泰成. 閉塞性睡眠時無呼吸症における口腔内装置(OA)療法の適応症の新たな判定法-呼吸抵抗(IOS検査)によるOA適否の判定-. 日本睡眠学会第43回定期学術集会 2018.07.12 札幌

  55. 中山玲奈、西山暁、古屋純一、嶋田昌彦. TMD患者用QOL質問票の信頼性検討. 第31回日本顎関節学会総会・学術大会 2018.07.07

  56. 梁 珊珊、西山 暁、嶋田昌彦. 種々の持続的クレンチングによる歯根膜および歯髄感覚の変化. 第23回日本口腔顔面痛学会 2018.07.07 小倉

  57. 財津 崇, 斉藤智也, 西山 暁, 植野正之, 川口陽子. 顎関節症状と労働パフォーマンスとの関連について. 第67回日本口腔衛生学会・総会 2018.05.20 札幌市教育文化会館, 北海道

  58. 西山 暁,中山玲奈. 男女におけるPC 使用時間と顎関節症との関連─企業調査から. 第67回日本口腔衛生学会総会 2018.05.19

  59. 中山玲奈,白田千代子,西山 暁. 企業就労者におけるブラキシズムに影響を及ぼす要因の検討. 第67回日本口腔衛生学会総会 2018.05.19

  60. 中山玲奈、西山暁、白田千代子、嶋田昌彦. 入院下における筋萎縮性側索硬化症患者50名の口腔内に関する調査. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.19 東京

  61. 西山 暁,戸辺昌子,塚越 香,中山玲奈,嶋田昌彦. 企業就労者におけるPC使用時間と顎関節症との関係. 第30回日本顎関節学会総会・学術大会 2017.07.30 横浜

  62. 中山玲奈、西山暁、嶋田昌彦. 顎関節症患者を対象としたQOL質問項目の検討. 第30回日本顎関節学会総会・学術大会 2017.07.29

  63. 石山裕之、西山 暁,中山 玲奈,嶋田 昌彦. 顎関節症スクリーニング質問票の感度. 第30回日本顎関節学会総会・学術大会 2017.07.29 横浜

  64. 1. 中山玲奈、西山暁、白田千代子. 筋萎縮性側索硬化症患者の口腔内状況. 日本口腔衛生学会 2017.05.12

  65. 西山 暁,塚越 香. 企業就労者における顎関節症リスクとパーソナルコンピューター使用時間との関係. 2017.05.12

  66. 塚越 香,西山 暁,嶋田昌彦. 就労者における顎関節症リスクと習癖行動因子,心理社会的因子およびPersonal computer作業時間の関連. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26 東京

  67. 中山玲奈,須田智也,白田千代子,和泉雄一,西山 暁. 歯周疾患とブラキシズムの関連性. 第80回口腔病学会 2015.12.26 東京

  68. 三間 裕子、秀島 雅之、中村 周平、飯田 知里、林 奨太、西山 暁、犬飼 周佑、石山 裕之、石原直樹、松原 恒、稲数 彩花、俣木 志朗、嶋田 昌彦. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来の診療概要と口腔内装置の臨床的有効性. 第80回口腔病学会学術大会 2015.12.26

  69. 中山玲奈,西山 暁. 企業就労者における顎関節症リスクとその寄与因子. 第74回日本公衆衛生学会総会 2015.11.05 長崎

  70. 西山 暁,百瀬英哉,羽毛田 匡,木野孔司. 携帯型筋電図計を用いた睡眠時ブラキシズムの簡易診断システムの開発-携帯型筋電図計の信頼性検討. 第25回日本顎関節学会学術大会 2015.07.14

  71. 木村浩子,木野孔司,戸辺昌子,塚越香,大友奈津子,西山 暁,和気裕之,儀武啓幸. 20年にわたり観察を行った乾癬性顎関節炎による顎関節強直症の1例. 第28回日本顎関節学会学術大会 2015.07.04

  72. 西山 暁,大友奈津子,木村浩子,塚越 香,戸辺昌子,中山玲奈,梁珊珊,木野孔司. TMD患者が「クイシバリ・カミシメ」として認識する咬合力の大きさ. 第28回日本顎関節学会学術大会 2015.07.04 名古屋

  73. 玉岡明洋、甫母瑞枝、立石知也、藤江俊秀、上里彰仁、宮崎泰成、犬飼周佑、中村周平、西山暁、石山裕之、林奨太、飯田知里、秀島雅之. 体位依存性によるCPAP・OA適否の診断. 日本睡眠学会第40回定期学術集会 2015.07.02

  74. 犬飼周佑,秀島雅之,中村周平,西山暁,石山裕之,飯田知里,岡明洋,藤江俊秀,上里彰仁,宮崎泰成,若林則幸. IOS 検査によるOA 適否の予知性. 日本睡眠学会第40回定期学術集会 2015.07.02 宇都宮

  75. 中山玲奈,西山 暁,木野孔司. 企業就労者の顎関節症とその背景. 第80回日本産業衛生学会総会 2015.05.14 大阪

  76. 中村周平, 秀島雅之, 飯田知里, 林 奨太, 西山 暁, 犬飼周佑, 石山裕之, 松原 恒, 稲数彩花, 三間裕子, 俣木志朗, 嶋田昌彦. 快眠歯科(いびき・無呼吸)外来の閉塞性睡眠時無呼吸症候群における口腔内装置療法の臨床的有効性および問題点の検討. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12

  77. 西山 暁. 顎関節症に対する理学療法の実際-理学療法をより効果的にするためのTCHコントロール. 第27回日本顎関節学会総会・学術大会 2014.07.20

  78. 佐藤文明,西山暁,木野孔司,戸辺昌子,木村浩子,渋谷寿久,塚越香,儀武啓幸,小林明子,和気創,大友奈津子,原田清. 中学校検診における顎関節調査法の検討とその疫学的特徴. 第27回本顎関節学会総会・学術大会 2014.07.19

  79. 神山美穂,土田愛梨沙,西山 暁.木野孔司. 管楽器吹奏時の癖と顎関節症. 第27回本顎関節学会総会・学術大会 2014.07.19

  80. 小海 暁,犬飼周佑,酒井敬一,中村周平,桐井絢子,上杉俊輔,三間裕子,安部友佳,上里彰仁,藤江俊秀,西山 暁,玉岡 明洋,宮崎泰成,秀島雅之,小野卓史. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における口腔内装置装着に伴う顎顔面・上部気道形態の変化が治療結果に与える影響. 日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014

  81. 飯田知里,秀島雅之,中村周平,西山暁,犬飼周佑,石山裕之,三間裕子,松原恒,玉岡明洋,宮崎泰成. AHI20以上の患者に対するOA治療の現状と今後の課題. 日本睡眠歯科学会第13回学術集会 2014

  82. 犬飼周佑,秀島雅之,中村周平,西山暁,石山裕之,飯田知里,玉岡明洋,藤江俊秀,宮崎泰成,若林則幸. 閉塞性睡眠時無呼吸症患者に対する口腔内装置の治療効果予測システムの開発. 日本睡眠歯科学会第13回学術集会 2014

  83. 来間恵理,杉崎正志,高野直久,林勝彦,竹内理華,玉井和樹,木野孔司,西山暁. 都東京都内一般歯科診療所受信者における顎関節症患者背景因子の年次推移. 第26回日本顎関節学会総会・学術大会 2013.07.20

  84. 塚越 香,西山 暁,木野孔司,戸辺昌子,大友奈津子,木村浩子. 顎関節症スクリーニング質問票を用いた顎関節症患者調査. 第26回日本顎関節学会総会・学術大会 2013.07.20

  85. 犬飼 周佑,西山 暁,安部 友佳,石山 裕之,中村 周平,秀島 雅之,. OA療法予定のOSA患者に対する睡眠の客観的評価と主観的評価との関連について. 日本睡眠学会第38回定期学術集会 2013.06.27

  86. 西山 暁,木野孔司. Tandospironeの投与により睡眠時ブラキシズムに関連した症状が軽減した症例. 日本睡眠学会第38回定期学術集会 2013.06.27

  87. 西山 暁,木野孔司,塚越 香,杉崎正志. 顎関節症における就労環境の影響. 第86回日本産業衛生学会 2013.05.17

  88. 中山玲奈,西山 暁,木野孔司. 顎関節症関連症状における就労環境の影響. 第77回口腔病学会学術大会 2012.12.01

  89. 犬飼周佑,秀島雅之,西山 暁,松原 恒,安部友佳,中村周平,藤江俊秀,上里彰仁,玉岡明洋,宮崎泰成,俣木志朗,五十嵐順正,吉澤靖之. ブラキシズム既往の閉塞性無呼吸症候群患者に対して可動型口腔内装置による治療を行った一例. 第11回日本睡眠歯科学会学術大会 2012.11.11

  90. 塚越 香,西山 暁,木野孔司,戸辺昌子,大友奈津子,羽毛田 匡,渋谷寿久,石川高行,神山美穂,高岡美智子,太田武信,佐藤文明. 東京医科歯科大学顎関節治療部で使用している臨床的顎関節症の病態診断法について. 第25回日本顎関節学会学術大会 2012.07.14

  91. 西山 暁. 顎関節学会ガイドライン策定の経緯. 第21回日本磁気歯科学会学術大会 2011.10.16

  92. 西山 暁. 顎関節症の疼痛症状に影響を与える因子 ―企業就労者を対象とした調査から. 第16回日本口腔顔面痛学会 2011.10.08

  93. 船登雅彦,工藤有加,西山 暁,阿部有吾,太田武信,塚越 香,高岡美智子,羽毛田 匡,渡邊友希,片岡竜太,木野 孔司,古屋良一,馬場一美. 患者立脚型健康指標を用いた顎関節症患者の健康関連QoLの検討. 第24回一般社団法人日本顎関節学会総会 2011.07.24

  94. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,高岡美智子,太田武信,塚越 香,来間理恵,渋谷寿久,羽毛田 匡,石川高行. 日常生活障害度を用いたTMD治療効果の評価につい. 第24回一般社団法人日本顎関節学会総会 2011.07.24

  95. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,塚越 香. 企業就労者における労働環境とTMDとの関係. 日本顎関節学会第23回学術大会 2010.07.24

  96. 高岡美智子,木野孔司,西山 暁,太田武信,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明. Tooth Contacting Habitへの認知行動療法から発展したリラクセーション技法の慢性顎関節症患者に対する効果. 第23回一般社団法人日本顎関節学会総会 2010.07.24

  97. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,高岡美智子,太田武信,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明. 就労者における質問票による顎関節症有病率調査. 日本顎関節学会第22回学術大会 2009.07.25

  98. 佐藤 有加,船登 雅彦,西山 暁,阿部 有吾,片岡竜太,高岡 美智子,太田 武信,塚越 香,羽毛田 匡,木野 孔司,古屋 良一,馬場 一美. 口腔関連 QoL を指標とした顎関節症患者の治療効果についての前向き研究. 日本顎関節学会第22回学術大会 2009.07.25

  99. 太田武信,石川高行,木野孔司,西山 暁,高岡美智子,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,佐藤文明. 顎関節症患者における睡眠障害の影響- ブラキシズム患者を中心に . 日本顎関節学会第22回学術大会 2009.07.25

  100. 西山 暁,木野孔司,太田武信. 就労者における質問票による顎関節症有病率調査. 日本補綴歯科学会第118回学術大会 2009.06.06

  101. 佐藤 有加,船登 雅彦,西山 暁,阿部 有吾,井上 美智子,太田 武信,羽毛田 匡,木野 孔司,古屋 良一,馬場 一美. 顎関節症患者の口腔関連QoL についての臨床的調査. 日本補綴歯科学会東京支部会 2008.10.18

  102. 西山 暁,木野孔司,羽毛田 匡,渋谷寿久,石川高行,高岡美智子,太田武信,塚越 香,佐藤文明. 治療に直結した顎関節症の病態診断法について. 第21回日本口腔診断学会学術集会 2008.09.19

  103. 高岡美智子,木野孔司,西山 暁,太田武信,塚越 香,羽毛田匡,石川高行,渋谷寿久,佐藤文明. クリック患者へのTCH是正:リラクセーショントレーニングの効果. 日本顎関節学会第21回学術大会 2008.07.27

  104. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,成田紀之,高岡美智子,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明,吉田奈穂子,来間恵理. 有痛性顎関節症患者における起床時症状の保有に影響する因子の検討. 日本顎関節学会第21回学術大会 2008.07.27

  105. 太田武信,木野孔司,西山 暁,高岡美智子,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明. 顎関節症患者における疼痛強度の関連因子の検討. 2008.07.27

  106. 塚越 香,羽毛田匡,木野孔司,杉崎正志,成田紀之,西山 暁,高岡美智子,塚越 香,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明,吉田奈穂子,来間恵理. 顎関節症症型間の生活困難度,疼痛,関連症状および寄与因子の比較. 日本顎関節学会第21回学術大会 2008.07.26

  107. 西山 暁,石川高行,羽毛田匡,木野孔司,杉崎正志,成田紀之,吉田菜穂子.. 顎関節症患者におけるブラキシズムと寄与因子の関係. 日本補綴歯科学会第11回東京支部会 2007.12.01

  108. 伊東令華,馬場一美,有留久美子,西山 暁,岡田大蔵,徳田彩子,三浦宏之,五十嵐順正. 支台装置の連結強度と大連結子の剛性の違いが支台歯と義歯の挙動に与える影響 -片側性遊離端義歯の症例において. 日本補綴歯科学会第11回東京支部会 2007.12.01

  109. 秀島雅之,都甲雅俊,福本幹介,安藤智宏,西山 暁,佐藤雅之,水谷 紘,五十嵐順正. 磁性アタッチメントの配置が床義歯の動態に及ぼす影響. 第17回日本磁気歯科学会学術大会 2007.11.18

  110. バザル-アマルサナー,水谷 紘,安藤智宏,大草大輔,石川 晋,高野伸尋,西山 暁,佐藤雅之,五十嵐順正. 着脱試験前後の根面アタッチメントの維持力変化 ―海外磁性アタッチメントを中心に. 第17回日本磁気歯科学会学術大会 2007.11.17

  111. 西山 暁,木野孔司,杉崎正志,成田紀之,高岡美智子,太田武信,渋谷寿久,羽毛田匡,石川高行,佐藤文明. 顎関節症患者における年代別来院動向と寄与因子の影響について. 第20回日本顎関節学会学術大会 2007.07.14

  112. 高岡美智子,羽毛田匡,木野孔司,西山 暁,渋谷寿久,佐藤文明,太田武信,石川高行. ストレッチリラクセーションが奏功した長期経過を持つ顎関節症患者. 第20回日本顎関節学会学術大会 2007.07.14

  113. 羽毛田匡,木野孔司,杉崎正志,高岡美智子,太田武信,渋谷寿久,佐藤文明,西山 暁,石川高行. 非復位性関節円板前方転位の治療法のランダム化比較試験による検討. 第20回日本顎関節学会学術大会 2007.07.14

  114. 安藤智宏,秀島雅之,犬飼周佑,佐藤雅之,西山 暁,酒井哲史,松浦 博. 上顎義歯の口蓋形態の違いが発語機能に及ぼす影響. 第35回日本顎口腔機能学会学術大会 2006.06.16

  115. 馬場一美,有留久美子,西山 暁,五十嵐順正. 欠損補綴治療を対象とした医療情報収集支援ソフトの開発. 第25回日本歯科医学教育学会総会 2006.06.16

  116. 水内若菜,西山 暁,佐藤雅之,羽毛田 匡,谷田部 優,大山喬史. 部分床義歯の直接維持装置が支台歯と義歯床の変位に及ぼす影響について. 第4回日本補綴歯科学会東京支部大会 2001.02.10

  117. 水谷 紘,西山 暁,谷田部 優,羽毛田 匡,小竹雅人,大山喬史. 即日応用型キーパーの口腔内設置と義歯の着脱方向-設置傾斜と吸引力との関係. 第10回日本磁気歯科学会 2000.11.25

  118. 西山 暁,藍  稔. 下顎後方滑走運動の誘導部の変化が顎機能に与える影響. 第100回日本補綴歯科学会記念大会 1998.11.28

  119. 西山 暁,藍  稔. 後方滑走運動の誘導部の変化が下顎の閉口終末位と筋活動に及ぼす影響. 第62回口腔病学会学術大会 1997.11.28

  120. 西山 暁,岡部良博,藍 稔,佐藤雅之,屋嘉智彦. 内側翼突筋に関する筋電図学的研究・第2報:咬合支持部位の相違が閉口筋に及ぼす影響. 第96回日本補綴歯科学会学術大会 1996.11.02

  121. 岡部良博,佐藤雅之,榎澤宗司,屋嘉智彦,西山 暁,藍 稔. 内側翼突筋に関する筋電図学的研究-第1報 試作電極による内側翼突筋筋電図. 第94回日本補綴歯科学会学術大会 1995.10.27

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • ポスター発表優秀賞,日本産業衛生学会,2013年05月

  • ポスター発表優秀賞,日本顎関節学会,2012年07月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月

    ラジオ出演(J-WAVE TOKYO MORNING RADIO  「SUNSTER PLEASURE PICK UP!」)

  • 2022年04月

    ラジオ出演(J-WAVE TOKYO MORNING RADIO  「SUNSTER PLEASURE PICK UP!」)

  • 西山 暁,東京医科歯科大学歯科同窓会CDE実習コース,2021年10月

    TMD の診査・診断とTCH コントロール

  • 第26回日本顎関節学会総会・学術大会,2013年07月

    実行委員長

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 口腔保健工学 オーラルアプライアンス,2018年 - 現在

  • 顎機能障害,2015年 - 現在

  • 口腔顔面痛(顎関節症の痛み),2015年 - 現在

  • オクル―ジョン(顎関節症と咬合),2015年 - 現在

  • 臨床イントロダクション,2015年 - 現在

  • 頭頚部解剖,2015年 - 現在

  • 咬合回復基礎,2015年 - 現在

  • 病態科学演習,2015年 - 現在

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 補綴診療基礎技術,昭和大学歯学部

  • 顎関節症の治療,昭和大学歯学部

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「歯ぎしり」や、「食いしばり」に関する問題,J-WAVE,SUNSTAR PLEASURE PICK UP!,2022年04月01日

  • 西山 暁,0歳から始める100年つきあう体づくり,日経BP,Beyond Health,2021年09月14日

  • 顎関節症について,毎日が発見,ヘルスアンドビューティーの達人,2019年09月02日

  • 顎関節症の原因・メカニズム・治療について,NHK,「ガッテン!」,2019年03月04日

  • 顎関節症,メディカルトリビューン,時事通信社関連 地方紙,2018年12月21日

  • 口腔顔面領域の慢性疼痛について -歯科における神経障害性疼痛、顎関節症および非歯原性歯痛を中心として-,東京都歯科医師会,平成30年度東京都歯科医師会卒後研修,東京医科歯科大学歯学部,2018年08月05日

  • 顎関節症による咬合違和感,相模原市歯科医師会,2018年07月26日

  • TCHを正しく理解していますか?,2018年07月26日

  • 顎関節症とTCHの新概念,学際企画,大阪,2018年04月22日

  • 顎関節症とTCHの新概念,学際企画,東京,2018年04月15日

  • 顎関節症とTCHの新概念,学際企画,博多,2018年03月25日

  • “寝て” も “覚めて” もブラキシズム,佐世保若手会,佐世保,2018年03月24日

  • 顎関節症とブラキシズムコントロール,東京医科歯科大学群馬県同窓会,高崎,2018年01月27日

  • 力のコントロール -寝ても覚めてもブラキシズム-,東京医科歯科大学さつき会,2017年10月22日

  • 顎関節症の診査・診断から治療まで -フォースコントロールの重要性,TDSG,2017年08月26日

  • TMDとは? ブラキシズムコントロールとは?,名古屋市歯科医師会,2016年12月01日

  • 顎関節症と力のコントロール-TCHを中心に,岐阜県保険医協会,2016年06月11日

  • それって顎関節症?,EPSDC,2016年05月08日

  • TMDの診査・診断そして治療へ-Part 2 TMDの治療,EPSDC,2016年03月27日

  • 顎関節症の基礎とその対応‐“力”のコントロール,昭和大学学士会,昭和大学歯学部付属病院,2016年02月24日

  • TMDの診査・診断そして治療へ-Part 1 TMDの診査と診断,EPSDC,2016年01月24日

  • TMDの正しい知識とブラキシズムコントロール,横浜口腔インプラント研究会,横浜口腔インプラント研究会学術講演会,2015年11月17日

  • “寝て”も“覚めて”もブラキシズム,GoodLine(青山歯科研究会),GoodLine(青山歯科研究会)学術講演会,2015年11月12日

  • “寝て”も“覚めて”もブラキシズム,東京医科歯科大学歯学部同窓会,東京医科歯科大学歯学部同窓会 白熱教室,2015年09月19日

  • 顎関節症と“力”のコントロール‐TCHとは,昭和・瑞穂・天白三区歯科医師会,昭和・瑞穂・天白三区合同学術講演会,2015年09月03日

  • 顎関節症と“力”のコントロール‐TCHとは,セコメディック病院,セコメディック病院学術講演会,2015年06月28日

  • 顎関節症と“力”のコントロール‐TCHを中心に,渋谷区歯科医師会,渋谷区歯科医師会学術講演会,東京,2015年05月23日

  • VDT作業者等の顎関節症‐“TCH”とその影響,産業衛生学会関東支部会,産業衛生学会関東支部会講演会,東京,2015年02月21日

  • 東京医科歯科大学快眠歯科外来へようこそ- 睡眠時無呼吸症候群へのスプリント療法:補綴学からのアプローチ -,東京医科歯科大学歯科同窓会,東京医科歯科大学歯科同窓会 CDE実習コース,東京医科歯科大学7号館示説室・実習室,2014年02月23日 - 2017年07月09日

▼全件表示