基本情報

写真a

石川 敏昭(イシカワ トシアキ)

ISHIKAWA Toshiaki


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5261

研究室FAX番号

03-5803-0139

メールアドレス

ishi.srg2@tmd.ac.jp

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2003年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 応用腫瘍学講座 助教
  • 2008年11月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 講師
  • 2013年10月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腫瘍外科学 助教
  • 2014年12月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授
  • 2019年05月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 准教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本癌学会

  • 日本大腸肛門病学会

  • 米国がん学会(American Association for Cancer Research)

  • 欧州臨床腫瘍学会(European Society of Medical Oncology)

  • 日本遺伝性腫瘍学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本臨床外科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    現在
    大腸癌研究会 ガイドライン委員会
  • 大腸癌研究会 遺伝性大腸癌委員会
  • 日本臨床外科学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・大腸癌治療におけるバイオマーカーの探索と個別化治療の開発、・切除不能大腸癌に対する治療法の開発,2006年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sasaki Megumi, Ishikawa Toshiaki, Ishiguro Megumi, Okazaki Satoshi, Yamauchi Shinichi, Kikuchi Akifumi, Matsuyama Takatoshi, Kawada Kenro, Tokunaga Masanori, Uetake Hiroyuki, Kinugasa Yusuke. The effectiveness of plasma miR-33a-5p as a predictive biomarker for the efficacy of colorectal cancer chemotherapy ONCOLOGY LETTERS. 2021.06; 21 (6): ( DOI )

  2. Ayumi Takaoka, Toshiaki Ishikawa, Satoshi Okazaki, Shuichi Watanabe, Fuyuki Miya, Tatsuhiko Tsunoda, Akifumi Kikuchi, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Masanori Tokunaga, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. 41. ELF3 Overexpression as Prognostic Biomarker for Recurrence of Stage II Colorectal Cancer. In vivo. 2021.02; 35 (1): 191-201.

  3. Tomiyuki Miura, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Satoshi Okazaki, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. Methylation of bone morphogenetic protein 2 is associated with poor prognosis in colorectal cancer Oncology letters. 2020.01; 19 (1): 229-238.

  4. Matsuyama T, Ishikawa T, Takahashi N, Yamada Y, Yasuno M, Kawano T, Uetake H, Goel A.. Transcriptomic expression profiling identifies ITGBL1, an epithelial to mesenchymal transition (EMT)-associated gene, is a promising recurrence prediction biomarker in colorectal cancer. Molecular Cancer. 2019.02; 18 (1): 19. ( PubMed, DOI )

  5. Raju Kandimalla, Feng Gao, Takatoshi Matsuyama, Toshiaki Ishikawa, Hiroyuki Uetake, Naoki Takahashi, Yasuhide Yamada, Carlos R Becerra, Scott Kopetz, Xin Wang, Ajay Goel. Genome-wide discovery and identification of a novel miRNA signature for recurrence prediction in stage II and III colorectal cancer. Clin. Cancer Res.. 2018.08; 24 (16): 3867-3877. ( PubMed, DOI )

  6. Marie Hanaoka, Toshiaki Ishikawa, Megumi Ishiguro, Michiyo Tokura, Shinichi Yamauchi, Akifumi Kikuchi, Hiroyuki Uetake, Masamichi Yasuno, Tatsuyuki Kawano. Expression of ATF6 as a marker of pre-cancerous atypical change in ulcerative colitis-associated colorectal cancer: a potential role in the management of dysplasia. J. Gastroenterol.. 2017.09; ( PubMed, DOI )

  7. Iwata N, Ishikawa T, Okazaki S, Mogushi K, Baba H, Ishiguro M, Kobayashi H, Tanaka H, Kawano T, Sugihara K, Uetake H.. Clinical significance of methylation and reduced expression of the quaking gene in colorectal cancer. Anticancer Res. 2017.02; 37 489-498.

  8. Orita F, Ishikawa T, Ishiguro M, Okazaki S, Kikuchi A, Yamauchi S, Matsuyama T, Tokunaga M, Uetake H, Kinugasa Y. PHLDA1 expression in ulcerative colitis: A potential role in the management of dysplasia. Molecular and clinical oncology. 2021.09; 15 (3): 192. ( PubMed, DOI )

  9. Nakajima Hiromichi, Fukuoka Shota, Masuishi Toshiki, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Negoro Yuji, Komoda Masato, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Hatachi Yukimasa, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Enomoto Masanobu, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Ando Koji, Yuki Satoshi, Okuyama Hiroyuki, Kusaba Hitoshi, Sakai Daisuke, Okamoto Koichi, Tamura Takao, Yamashita Kimihiro, Gosho Masahiko, Moriwaki Toshikazu. Clinical Impact of Primary Tumor Location in Metastatic Colorectal Cancer Patients Under Later-Line Regorafenib or Trifluridine/Tipiracil Treatment FRONTIERS IN ONCOLOGY. 2021.06; 11 688709. ( PubMed, DOI )

  10. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Takahashi Kenta, Kumaki Yuichi, Mitsumura Takahiro, Kimura Koichiro, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ogino Kei, Watanabe Shun, Tani Yukiko, Yamaguchi Takeshi, Nakajima Masanobu, Morita Shinji, Yamaguchi Satoru, Takagi Masatoshi, Ishikawa Toshiaki, Nakagawa Tsuyoshi, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Ikeda Sadakatsu. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study) ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2021.03; ( PubMed, DOI )

  11. Ueno Hideki, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Ishikawa Toshiaki, Uetake Hiroyuki, Murotani Kenta, Matsui Shigeyuki, Teramukai Satoshi, Sugai Tamotsu, Ajioka Yoichi, Maruo Hirotoshi, Kotaka Masahito, Tsujie Masaki, Munemoto Yoshinori, Yamaguchi Takashi, Kuroda Hisashi, Fukunaga Mutsumi, Tomita Naohiro, Sugihara Kenichi. Prognostic value of desmoplastic reaction characterisation in stage II colon cancer: prospective validation in a Phase 3 study (SACURA Trial) BRITISH JOURNAL OF CANCER. 2021.03; 124 (6): 1088-1097. ( PubMed, DOI )

  12. Chida Keigo, Kotani Daisuke, Moriwaki Toshikazu, Fukuoka Shota, Masuishi Toshiki, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Komoda Masato, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Hatachi Yukimasa, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Enomoto Masanobu, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Ando Koji, Yuki Satoshi, Okita Yoshihiro, Kusaba Hitoshi, Sakai Daisuke, Okamoto Koichi, Tamura Takao, Yamashita Kimihiro, Gosho Masahiko, Shimada Yasuhiro. Survival Benefit of Crossover Administration of Regorafenib and Trifluridine/Tipiracil Hydrochloride for Patients With Metastatic Colorectal Cancer: Exploratory Analysis of a Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum Multicenter Observational Study (REGOTAS) FRONTIERS IN ONCOLOGY. 2021.03; 11 576036. ( PubMed, DOI )

  13. Ueno Hideki, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Ishikawa Toshiaki, Uetake Hiroyuki, Matsui Shigeyuki, Teramukai Satoshi, Murotani Kenta, Ajioka Yoichi, Shimazaki Hideyuki, Maeda Atsuyuki, Takuma Kunio, Yoshida Takefumi, Kambara Takeshi, Matsuda Keiji, Takagane Akinori, Tomita Naohiro, Sugihara Kenichi. Optimal Criteria for G3 (Poorly Differentiated) Stage II Colon Cancer Prospective Validation in a Randomized Controlled Study (SACURA Trial) AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY. 2020.12; 44 (12): 1685-1698. ( PubMed, DOI )

  14. Takatoshi Matsuyama, Raju Kandimalla, Toshiaki Ishikawa, Naoki Takahashi, Yasuhide Yamada, Masamichi Yasuno, Yusuke Kinugasa, Torben Frøstrup Hansen, Marwan Fakih, Hiroyuki Uetake, Balázs Győrffy, Ajay Goel . A novel mesenchymal-associated transcriptomic signature for risk-stratification and therapeutic response prediction in colorectal cancer International journal of cancer. 2020.07; Online ahead of print

  15. Moriwaki Toshikazu, Fukuoka Shota, Masuishi Toshiki, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Esaki Taito, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Hatachi Yukimasa, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Enomoto Masanobu, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Oki Eiji, Komatsu Yoshito, Tsuji Akihito, Tsuchihashi Kenji, Sakai Daisuke, Ueno Hideki, Tamura Takao, Yamashita Kimihiro, Shimada Yasuhiro. Prognostic scores for evaluating the survival benefit of regorafenib or trifluridine/tipiracil in patients with metastatic colorectal cancer: an exploratory analysis of the REGOTAS study INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.04; 25 (4): 614-621. ( PubMed, DOI )

  16. Moriwaki Toshikazu, Fukuoka Shota, Masuishi Toshiki, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Esaki Taito, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Hatachi Yukimasa, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Enomoto Masanobu, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Oki Eiji, Komatsu Yoshito, Tsuji Akihito, Tsuchihashi Kenji, Sakai Daisuke, Ueno Hideki, Tamura Takao, Yamashita Kimihiro, Shimada Yasuhiro. 転移性大腸癌患者に対しレゴラフェニブまたはトリフルリジン/チピラシル合剤が示す生存利益を評価するための予後スコア REGOTAS研究の探索的解析(Prognostic scores for evaluating the survival benefit of regorafenib or trifluridine/tipiracil in patients with metastatic colorectal cancer: an exploratory analysis of the REGOTAS study) International Journal of Clinical Oncology. 2020.04; 25 (4): 614-621. ( 医中誌 )

  17. Nakajima Hiromichi, Fukuoka Shota, Moriwaki Toshikazu, Masuishi Toshiki, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Komoda Masato, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Hatachi Yukimasa, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Enomoto Masanobu, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Oki Eiji, Gosho Masahiko, Shimada Yasuhiro. Clinical impact of primary tumor location in patients with metastatic colorectal cancer (mCRC) treated with regorafenib or trifluridine/tipiracil as later-line JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.02; 38 (4):

  18. Ueno Hideki, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Ishikawa Toshiaki, Uetake Hiroyuki, Matsuda Chu, Nakamoto Yoshihiko, Kotake Masanori, Kurachi Kiyotaka, Egawa Tomohisa, Yasumasa Keigo, Murata Kohei, Ikawa Osamu, Shinji Seiichi, Murotani Kenta, Matsui Shigeyuki, Teramukai Satoshi, Tomita Naohiro, Sugihara Kenichi. Prospective Multicenter Study on the Prognostic and Predictive Impact of Tumor Budding in Stage II Colon Cancer: Results From the SACURA Trial JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2019.08; 37 (22): 1886-+. ( PubMed, DOI )

  19. Ishikawa Toshiaki, Murotani Kenta, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Uetake Hiroyuki, Matsui Shigeyuki, Sugihara Kenichi. Novel multi-gene classifier for prediction of relapse-free survival after FU-based adjuvant chemotherapy for stage III colon cancer: A biomarker study of the ACTS-C trial, a randomized controlled study CANCER RESEARCH. 2019.07; 79 (13): ( DOI )

  20. Masuishi Toshiki, Moriwaki Toshikazu, Fukuoka Shota, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Esaki Taito, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Satake Hironaga, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Katsumata Kenji, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Oki Eiji, Komatsu Yoshito, Yoshimura Kenichi, Shimada Yasuhiro. Predictive factors for early mortality after initiation of regorafenib or trifluridine/tipiracil in refractory metastatic colorectal cancer. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2019.05; 37 (15):

  21. Ishikawa Toshiaki, Oki Eiji, Shinto Eiji, Shimokawa Mototsugu, Yamaguchi Shigeki, Ishiguro Megumi, Hasegawa Seiji, Takii Yasumasa, Ishida Hideyuki, Kusumoto Tetsuya, Morita Masaru, Tomita Naohiro, Shiozawa Manabu, Tanaka Masafumi, Ozawa Heita, Hashiguchi Yojiro, Ohnuma Shinobu, Tada Sachiyo, Matsushima Tomoko, Hase Kazuo. The 55 STAR study: Prognostic and predictive value of the 55-gene classifier (55GC) in stage III colon cancer JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2019.05; 37 (15):

  22. Tsuchihashi Kenji, Ito Mamoru, Moriwaki Toshikazu, Fukuoka Shota, Taniguchi Hiroya, Takashima Atsuo, Kumekawa Yosuke, Kajiwara Takeshi, Yamazaki Kentaro, Esaki Taito, Makiyama Akitaka, Denda Tadamichi, Satake Hironaga, Suto Takeshi, Sugimoto Naotoshi, Katsumata Kenji, Ishikawa Toshiaki, Kashiwada Tomomi, Oki Eiji, Komatsu Yoshito, Okuyama Hiroyuki, Sakai Daisuke, Ueno Hideki, Tamura Takao, Yamashita Kimihiro, Kishimoto Junji, Shimada Yasuhiro, Baba Eishi. Role of Predictive Value of the Modified Glasgow Prognostic Score for Later-line Chemotherapy in Patients With Metastatic Colorectal Cancer CLINICAL COLORECTAL CANCER. 2018.12; 17 (4): E687-E697. ( PubMed, DOI )

  23. Kusumoto Tetsuya, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Yoshida Motoki, Inoue Tsukasa, Nakamoto Yoshihiko, Shiomi Akio, Takagane Akinori, Sunami Eiji, Shinozaki Hiroharu, Takii Yasumasa, Maeda Atsuyuki, Ojima Hitoshi, Hashida Hiroki, Mukaiya Mitsuhiro, Yokoyama Tadashi, Nakamura Masato, Munemoto Yoshinori, Sugihara Kenichi, Kusunoki Yasuyo, Kinoshita Fumie, Kashiwagi Naoko, Kono Hideki, Kono Kenichi, Inaji Tasuku, Tsumura Hayami, Ogasawara Akinori, Ueda Yuri, Ugimoto Syuichiro, Uetake Hiroyuki, Ishikawa Toshiaki, Takagi Yoko, Saito Aiko, Kishiro Sachiko, Okamoto Yasuyo, Nakagawa Yoko, Kagimura Tatsuo, Fukushima Masanori, Watanabe Toshiaki, Takiuchi Hiroya. Updated 5-year survival and exploratory T x N subset analyses of ACTS-CC trial: a randomised controlled trial of S-1 versus tegafur-uracil/leucovorin as adjuvant chemotherapy for stage III colon cancer ESMO OPEN. 2018.08; 3 (6): ( DOI )

  24. Yamauchi S., Takaoka A., Seki R., Matsumiya Y., Orita F., Sasaki M., Miura T., Kikuchi A., Matsuyama T., Ishiguro M., Ishikawa T., Uetake H., Yasuno M., Kinugasa Y., Sugihara K.. Indication of Extended Lateral Lymph Node Dissection for Patients with Lower Rectal Cancer ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2018.02; 25 S164.

  25. Toshikazu Moriwaki, Shota Fukuoka, Hiroya Taniguchi, Atsuo Takashima, Yusuke Kumekawa, Takeshi Kajiwara, Kentaro Yamazaki, Taito Esaki, Chinatsu Makiyama, Tadamichi Denda, Hironaga Satake, Takeshi Suto, Naotoshi Sugimoto, Masanobu Enomoto, Toshiaki Ishikawa, Tomomi Kashiwada, Masahiko Sugiyama, Yoshito Komatsu, Hiroyuki Okuyama, Eishi Baba, Daisuke Sakai, Tomoki Watanabe, Takao Tamura, Kimihiro Yamashita, Masahiko Gosho, Yasuhiro Shimada. Propensity Score Analysis of Regorafenib Versus Trifluridine/Tipiracil in Patients with Metastatic Colorectal Cancer Refractory to Standard Chemotherapy (REGOTAS): A Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum Multicenter Observational Study. Oncologist. 2018.01; 23 (1): 7-15. ( PubMed, DOI )

  26. Ozawa T, Matsuyama T, Toiyama Y, Takahashi N, Ishikawa T, Uetake H, Yamada Y, Kusunoki M, Calin G, Goel A.. CCAT1 and CCAT2 long noncoding RNAs, located within the 8q.24.21 'gene desert', serve as important prognostic biomarkers in colorectal cancer. Ann Oncol.. 2017.08; 28 (8): 1882-1888.

  27. Aburatani Tomoki, Inokuchi Mikito, Takagi Yoko, Ishikawa Toshiaki, Okuno Keisuke, Gokita Kentaro, Tomii Chiharu, Tanioka Toshiro, Murase Hideaki, Otsuki Sho, Uetake Hiroyuki, Kojima Kazuyuki, Kawano Tatsuyuki. High expression of P21-activated kinase 5 protein is associated with poor survival in gastric cancer ONCOLOGY LETTERS. 2017.07; 14 (1): 404-410. ( PubMed, DOI )

  28. Hanaoka M, Yasuno M, Ishiguro M, Yamauchi S, Kikuchi A, Tokura M, Ishikawa T, Nakatani E, Uetake H.. Morphologic change of the psoas muscle as a surrogate marker of sarcopenia and predictor of complications after colorectal cancer surgery. Int J Colorectal Dis. 2017.06; 32 (6): 847-856.

  29. Hanaoka Marie, Yasuno Masamichi, Ishiguro Megumi, Yamauchi Shinichi, Kikuchi Akifumi, Tokura Michiyo, Ishikawa Toshiaki, Nakatani Eiji, Uetake Hiroyuki. Morphologic change of the psoas muscle as a surrogate marker of sarcopenia and predictor of complications after colorectal cancer surgery INTERNATIONAL JOURNAL OF COLORECTAL DISEASE. 2017.06; 32 (6): 847-856. ( PubMed, DOI )

  30. Shinozaki Eiji, Ishiguro Megumi, Nakatani Eiji, Yamaguchi Tatsuro, Nakamura Masato, Miyamoto Yuji, Ojima Hitoshi, Honma Yoshitaka, Gotoh Masahiro, Ishikawa Toshiaki, Takahashi Keiichi, Shimada Yasuhiro, Yoshida Kazuhiro, Mizunuma Nobuyuki, Muro Kei, Komatsu Yoshito, Yamaguchi Kensei, Nakano Hiroshi, Koike Junki, Sugihara Kenichi. A phase II study of panitumumab with FOLFOX or FOLFIRI as first-line chemotherapy for KRAS-wild type metastatic colorectal cancer: The PaFF-J study. JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2017.02; 35 (4):

  31. Hanaoka M., Ishikawa T., Ishiguro M., Tokura M., Yamauchi S., Kikuchi A., Okazaki S., Yasuno M., Uetake H., Kawano T.. ATF6, a UPR Related Gene, Expression in Malignant Conversion and Progression of Ulcerative Colitis (UC)-Associated and Non-UC-Associated Colorectal Cancer ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2017.02; 24 S74.

  32. Tomii C, Inokuchi M, Takagi Y, Ishikawa T, Otsuki S, Uetake H, Kojima K, Kawano T. TPX2 expression is associated with poor survival in gastric cancer World J Surg Oncol. 2017.01; 15 (1): ( PubMed, DOI )

  33. Nasri B, Inokuchi M, Ishikawa T, Uetake H, Takagi Y, Otsuki S, Kojima K, Kawano T. High expression of EphA3 (erythropoietin-producing hepatocellular A3) in gastric cancer is associated with metastasis and poor survival. BMC clinical pathology. 2017; 17 8. ( PubMed, DOI )

  34. Masuda T, Ishikawa T, Mogushi K, Okazaki S, Ishiguro M, Iida S, Mizushima H, Tanaka H, Uetake H, Sugihara K.. Overexpression of the S100A2 protein as a prognostic marker for patients with stage II and III colorectal cancer. Int J Oncol. 2016; 48 (3): 975-982.

  35. Baba H, Ishikawa T, Mogushi K, Ishiguro M, Uetake H, Tanaka H, Sugihara K.. Identification of SATB1 as a specific biomarker for lymph node metastasis in colorectal cancer. Anticancer Research. 2016; 36 4069-4076.

  36. Ishikawa T, Uetake H, Murotani K, Kobunai T, Ishiguro M, Matsi S, Sugihara K.. Genome-wide DNA Copy-number Analysis in ACTS-CC Trial of Adjuvant Chemotherapy for Stage III Colonic Cancer. Anticancer Research. 2016; 36 853-860.

  37. Takahashi H, Ishikawa T, Ishiguro M, Okazaki S, Mogushi K, Kobayashi H, Iida S, Mizushima H, Tanaka H, Uetaka H, Sugihara K.. Prognostic significance of Traf2-and Nck-interacting kinase (TNIK) in colorectal cancer. BMC Cancer. 2015.02; 15 794.

  38. Kobayashi Hirotoshi, Kikuchi Akifumi, Okazaki Satoshi, Ishiguro Megumi, Ishikawa Toshiaki, Iida Satoru, Uetake Hiroyuki, Sugihara Kenichi. Diagnostic performance of multidetector row computed tomography for assessment of lymph node metastasis in patients with distal rectal cancer. Ann Surg Oncol. 2015.01; 22 (1): 203-208. ( PubMed, DOI )

  39. Kobayashi Hirotoshi, Kikuchi Akifumi, Okazaki Satoshi, Ishiguro Megumi, Ishikawa Toshiaki, Iida Satoru, Uetake Hiroyuki, Sugihara Kenichi. Over-the-scope-clipping system for anastomotic leak after colorectal surgery: report of two cases. World J Gastroenterol. 2014.06; 20 (24): 7984-7987. ( PubMed, DOI )

  40. Yamauchi S, Iida S, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Sugihara K.. Clinical significance of platelet-derived growth factor-C expression in colorectal cancer. J Cancer Therapy. 2014.01; 5 11-20.

  41. 石川 敏昭. 【外科医のための-悪性腫瘍補助療法のすべて】結腸癌の術後補助化学療法 経口フッ化ピリミジン単独療法 臨床外科. 2021.02; 76 (2): 176-184. ( 医中誌 )

  42. 石川 敏昭, 岡崎 聡, 増田 大機, 菊池 章史, 山内 慎一, 松山 貴俊, 絹笠 祐介, 植竹 宏之. 大腸がん薬物療法における免疫チェックポイント阻害薬の役割 MSI-H大腸癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の実地臨床における現状と課題 日本大腸肛門病学会雑誌. 2020.09; 73 (9): A49. ( 医中誌 )

  43. Okazaki S, Ishikawa T, Uetake H. [Perioperative Chemotherapies for Patients with Colorectal Liver Metastasis]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2020.04; 47 (4): 574-577. ( PubMed )

  44. 髙岡亜弓、石川敏昭、岡﨑聡、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介、植竹宏之. 放射線療法と薬物療法が奏功した骨盤内デスモイド型線維腫の1例 癌と化学療法. 2020.02; 47 (2): 337-339.

  45. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  46. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  47. 花岡 まりえ, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 山内 慎一, 菊池 章史, 植竹 宏之, 安野 正道. 潰瘍性大腸炎における小胞体ストレス応答関連蛋白ATF6の発現 Dysplasia鑑別における有用性 日本大腸肛門病学会雑誌. 2019.05; 72 (5): 242. ( 医中誌 )

  48. 石川 敏昭, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 馬場 裕信, 菊池 章史, 山内 慎一, 松山 貴俊, 絹笠 祐介, 植竹 宏之. 腫瘍免疫のがん治療への応用 進行・再発大腸癌におけるMSIとCD8 T細胞浸潤 免疫チェックポイント阻害剤の症例選択を考える 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 WS-9. ( 医中誌 )

  49. 髙岡亜弓、石川敏昭、佐々木恵、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 再発巣感染による敗血症を合併した直腸癌術後骨盤内再発に放射線療法が有用であった2例 癌と化学療法. 2018.11; 45 (13): 2078-2080.

  50. 山内慎一、絹笠祐介、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ. 大腸がんの化学療法 臨牀と研究. 2018.03; 95 (3): 92-98.

  51. 三浦富之、石川敏昭、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、植竹宏之、安野正道.. 脳転移に対するガンマナイフ治療により長期生存が得られた直腸癌術後脳転移・肺転移の1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1179-1181.

  52. 織田福一郎、石川敏昭、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌多発転移による重症肝不全に対する肝動注化学療法+Cetuximabが奏効し全身化学療法に移行できた2症例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1245-1247.

  53. 佐々木恵、石川敏昭、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 放射線療法により症状緩和の得られた直腸癌術後頭蓋底転移の1症例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1335-1337.

  54. Orita F, Ishikawa T, Sasaki M, Miura T, Tokura M, Hanaoka M, Yamauchi S, Kikuchi A, Ishiguro M, Yasuno M, Uetake H. [Two Cases of Colon Cancer with Severe Liver Dysfunction Due to Multiple Liver Metastases Effectively Treated with Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy plus CetuximabFollowed by Systemic Chemotherapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2017.11; 44 (12): 1245-1247. ( PubMed )

  55. 石川 敏昭, 山内 慎一, 石黒 めぐみ, 織田 福一郎, 佐々木 恵, 三浦 富之, 菊池 章史, 松山 貴俊, 安野 正道, 植竹 宏之. 当科におけるレゴラフェニブとTAS102の使い分けと治療成績の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2017.10; 55回 P160-2. ( 医中誌 )

  56. 石川 敏昭, 山内 慎一, 石黒 めぐみ, 織田 福一郎, 佐々木 恵, 三浦 富之, 菊池 章史, 松山 貴俊, 安野 正道, 植竹 宏之. 転移性肝癌の治療限界[手術vs化学療法] 大腸癌H2/3肝転移症例に対する集学的治療の有用性 化学療法後肝切除の治療成績 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 375. ( 医中誌 )

  57. 石川 敏昭, 山内 慎一, 石黒 めぐみ, 織田 福一郎, 佐々木 恵, 菊池 章史, 松山 貴俊, 安野 正道, 植竹 宏之. 大腸癌に対する薬物療法の進歩と選択 切除不能大腸癌に対する当科の方針と治療成績の検討 1次治療におけるFP+OX+Bmab療法の有用性 日本大腸肛門病学会雑誌. 2017.09; 70 (抄録号): A39. ( 医中誌 )

  58. 石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之、杉原健一. 「大腸癌治療ガイドライン2016年版」の概要. 臨牀消化器内科. 2017.07; 32 (7): 872-879.

  59. 石川敏昭、安野正道、植竹宏之. 切除不能な遠隔転移を有するStage IV大腸癌に対する原発巣切除の意義. 日本消化器病学会雑誌. 2017.07; 114 1201-1208.

  60. 石川敏昭.. 大腸がん術後補助化学療法における経口フッ化ピリミジン薬の位置付けと使い方. Suzuken Medical. 2017.07; 20 (4): 7-10.

  61. 石川敏昭.. 手足症候群をコントロールして完遂したステージIIIa盲腸がんの1例. Suzuken Pharma. 2017.07; 20 (4): 1.

  62. 石川敏昭.. 手足症候群をコントロールして完遂したステージIIIa盲腸がんの1例. Suzuken Medical. 2017.07; 20 (4): 1-3.

  63. 石川 敏昭, 植竹 宏之, 石黒 めぐみ, 室谷 健太, 上野 秀樹, 松井 茂之, 中谷 英仁, 手良向 聡, 冨田 尚裕, 杉原 健一. 臨床応用を目指した消化器外科領域の基礎研究・橋渡し研究 Stage II結腸癌に対する術後補助化学療法の第III相試験(SACURA trial)におけるMSIと予後の検討 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 O2-82. ( 医中誌 )

  64. 安野正道、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 直腸癌側方転移の頻度と手術適応. 外科. 2017.06; 79 (6): 507-511.

  65. 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 植竹 宏之, 杉原 健一. 【大腸癌の診療】大腸癌の治療 「大腸癌治療ガイドライン2016年版」の概要 臨床消化器内科. 2017.05; 32 (7): 872-879. ( 医中誌 )

  66. 石川 敏昭, 山内 慎一, 石黒 めぐみ, 織田 福一郎, 佐々木 恵, 三浦 富之, 十倉 三千代, 花岡 まりえ, 菊地 章史, 岡崎 聡, 松山 貴俊, 田邉 稔, 安野 正道, 植竹 宏之. 大腸癌H2/3肝転移症例に対する化学療法後肝切除の治療成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SF-34. ( 医中誌 )

  67. 石川 敏昭, 山内 慎一, 染野 泰典, 菊池 章史, 松山 貴俊, 石黒 めぐみ, 安野 正道, 植竹 宏之. 切除可能H2/3肝単独転移および切除可能肝・肺転移に対する化学療法後転移巣切除の治療成績の検討 日本大腸肛門病学会雑誌. 2017.02; 70 (2): 141. ( 医中誌 )

  68. 石川敏昭. 大腸癌の化学療法 Vita. 2017.01; 34 (1): 62-69.

  69. Ishikawa T, Yasuno M, Uetake H. Management of patients with asymptomatic colorectal cancer and synchronous irresectable metastases. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology. 2017; 114 (7): 1201-1208. ( PubMed, DOI )

  70. 大庭 篤志、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、安野 正道、石川 敏昭、植竹 宏之、田中 真二、田邉 稔. 外科医が攻める高度進行大腸癌 両葉多発転移 臨床外科. 2016.08; 71 (8): 922-930.

  71. 山内慎一、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、安野正道.. 大腸癌術後補助化学療法. 癌と化学療法. 2016; 43 (2): 156-159.

  72. 山内慎一、植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、菊池章史、安野正道.. 大腸癌切除術後の補助化学療法. 消化器外科. 2016; 39 (8): 1125-1132.

  73. 石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 術後補助化学療法のupdate. Pharma Medica. 2016; 34 (12): 27-32.

  74. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、十倉三千代、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. 集学的治療を必要とした特異な転移形式を来した上行結腸癌の1例. 癌と化学療法. 2016; 43 (12): 2169-2171.

  75. 石川敏昭、植竹宏之、石黒めぐみ.. ”切除が最適でない”大腸癌肝転移に対する治療戦略. 日本臨牀増刊号「最新臨床大腸癌学」. 2015.04; 73 (4): 475-480.

  76. 染野 泰典, 石川 敏昭, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一. 肛門扁平上皮癌に対して化学放射線療法を施行した3例 癌と化学療法. 2014.12; 41 (12): 1855-1857.

  77. 植竹 宏之, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ. がんの治療薬を知る 薬剤選択のための知識 トリフルリジン・チピラシル塩酸塩(TAS-102) 臨床腫瘍プラクティス. 2014.08; 10 (3): 364-367. ( 医中誌 )

  78. 植竹 宏之, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ. 【大腸癌治療-課題克服のための新たなストラテジー】 大腸癌肝転移症例の臨床的問題と治療の実際 消化器の臨床. 2014.08; 17 (4): 345-349. ( 医中誌 )

  79. 植竹 宏之, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 杉原 健一. 薬の知識 レゴラフェニブ水和物(スチバーガ) 臨床消化器内科. 2014.05; 29 (6): 765-769. ( 医中誌 )

  80. 植竹 宏之, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 杉原 健一. 【大腸がん化学療法の最前線】 補助化学療法の適応と実践 Mebio. 2014.03; 31 (3): 82-88. ( 医中誌 )

  81. 石黒 めぐみ, 植竹 宏之, 石川 敏昭, 岡崎 聡, 杉原 健一. 【大腸癌診療の新たな展開】 補助化学療法の適応とレジメンの選択 わが国と欧米の治療成績の差異も踏まえて コンセンサス癌治療. 2014.02; 13 (1): 26-31. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ. RAS野生型症例への一次治療に用いる分子標的薬はこう選ぶー血管新生阻害薬か?抗EGFR抗体薬か?  進行・再発大腸癌の分子標的治療. 2017.09

  2. 石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之. 大腸癌化学療法において「費用対効果」を考える意義.大腸疾患NOW2017-2018. 日本メディカルセンター, 2017.01

  3. 石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之.. 第3章大腸がん 大腸がんに対する術後補助化学療法の考え方.うまく続ける!消化器がん薬物療法の基本とコツ. 羊土社, 2016.05

  4. 石川敏昭.. 診断と治療のABC 大腸腺腫・大腸がん. 最新医学社, 2015.12 術後補助化学療法.

  5. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ.. ガイドラインサポートハンドブック 大腸癌2014年版. 医薬ジャーナル社, 2015.04 StageⅡ大腸癌に対する術後補助化学療法. 

  6. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ.. ガイドラインサポートハンドブック 大腸癌2014年版. 医薬ジャーナル社, 2015.04 切除可能肝転移に対する術前補助化学療法:エビデンスの現状と現在の位置づけ.

  7. 石川 敏昭.. 大腸・肛門外科の要点と盲点[第3版]. 文光堂, 2014.11 MSI (microsatellite instability).

  8. 石川 敏昭.. TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス.原書2版. 丸善出版, 2014.08 肛門.

  9. 植竹 宏之, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 杉原 健一.. ガイドラインには載っていない消化管がんPractical Treatment.. メジカルレビュー社, 2014.08 Ⅲ大腸癌のプラクティス            ⑪肝切除周術期の化学療法

  10. 石黒 めぐみ, 植竹 宏之, 石川 敏昭, 望月 英隆, 固武 健二郎, 高橋 慶一, 渡邉 聡明, 亀岡 信悟, 渡邊 昌彦, 冨田 尚裕, 朴 成和, 杉原 健一.. 大腸疾患NOW2014. 日本メディカルセンター, 2014.01 結腸癌術後補助療法における高齢者の有害事象の特徴-【ACTS-CC trial】安全性の年齢別解析の結果から.

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shinichi Yamauchi, Yasuko Aoyagi, Yudai Yamamoto, Ayumi Takaoka, Hironobu Baba, Akifumi Kikuchi, Satoshi Okazaki, Takatoshi Matsuyama, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for patients with lower rectal cancer: A propensity score analysis in a multicenter retrospective study. SSO 2019 Annual Cancer Symposium (72nd Annual Cancer Symposium of the Society of Surgical Oncology) 2019.03.29 San Diego(USA)

  2. Ishikawa T, Ishiguro M, Nakatani E, Ueno H, Uetake H, Murotani K, Matsui S, Tomita N, Shimada Y, Takahashi K, Kotake K, Watanabe M, Mochizuki H, Teramukai S, Sugihara K. Prognostic impact of MSI and 18qLOH in Stage II colon cancer:Aprospective biomarker study in the SACURA trial. ESMO 2018 2018.10.21 Munich (Germany)

  3. Takatoshi Matsuyama, Raju Kandimalla, Xuan Wang, Toshiaki Ishikawa, Naoki Uetake, Yasuhide Yamada, Masamichi Yasuno, Yusuke Kinugasa, Hiroyuki Uetake, Ajay Goel. A mesenchymal-associated transcriptomic signature has a prognostic and predictive potential in stage II and III colorectal cancer patients. American Association for Cancer Research (AACR 2018) 2018.04.16 Chicago (USA)

  4. Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Ayumi Takaoka, Yuriko Matsumiya, Ryota Seki, Fukuichiro Orita, Megumi Sasaki, Tomiyuki Miura, Akifumi Kikuchi, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Hiroyuki Uetake, Masamichi Yasuno, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Yusuke Kinugasa. Laparoscopic and open surgery for ulcerative colitis. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO2018) 2018.04.12 Tokyo

  5. Tomiyuki Miura, Shinichi Yamauchi, Takatoshi Matsuyama, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Yasuaki Nakajima, Kazuyuki Kojima, Masamichi Yasuno, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa. A case of Incarcerated Internal Hernia through a Defect of the Falciform Ligament. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO2018) 2018.04.04 Tokyo

  6. Shinichi Yamauchi, Ayumi Takaoka, Yuriko Matsumiya, Ryota Seki, Fukuichiro Orita, Megumi Sasaki, Tomiyuki Miura, Akifumi Kikuchi, Takatoshi Matsuyama, Megumi Ishiguro, Toshiaki Ishikawa, Masamichi Yasuno, Hiroyuki Uetake, Yusuke Kinugasa, Kenichi Sugihara. Indication of Extended Lateral Lymph Node Dissection for Patients with Lower Rectal Cancer. SSO 2018 Annual Cancer Symposium 2018.03.23 Chicago, US

  7. Miura T, Yamauchi S, Takaoka A, Seki R, Matsumiya Y, Orita F, Sasaki M, Tokura M, Kikuchi A, Matsuyama T, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Yasuno M.. Negative pressure wound therapy for closure of ileostomy and colostomy.. The 1st International Conference of Surgical Infection Society Asia-Pacific 2017.11.29 東京

  8. Yamauchi S, Yasuno M, Takaoka A, Matsumiya Y, Seki R, Orita F, Sasaki M, Miura T, Kikuchi A, Matsuyama T, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Sugihara K.. Clinical significance of extended lateral lymph node dissection for lower rectal cancer.. Asian Surgical Association 21st Asian Congress of Surgery 2017.11.12 東京

  9. Ueno H, Ishiguro M, Nakatani E, Ishikawa T, Uetake H, Murotani K, Matsui S, Tomita N, Shimada Y, Takahashi K, Kotake K, Watanabe M, Mochizuki H, Tramukai S, Sugihara K.. Prognostic impact of tumor budding in Stage II colon cancer: A Prospective study(SACURA trial).. American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2017 Annual Meeting 2017.06.02 Chicago (USA)

  10. Ishikawa T, Ishiguro M, Nakatani E, Uetake H, Ueno H, Murotani K, Matsui S, Tomita N, Shimada Y, Takahashi K, Kotake K, Watanabe M, Mochizuki H, Teramukai S, Sugihara K.. Prognostic impact of MSI in stage II colon cancers: An additional translational study of the SACURA trial.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2017 Annual Meeting 2017.06.02 Chicago (USA)

  11. Ishiguro M, Nakatani E, Ueno H, Ishikawa T, Uetake H, Shimada Y, Takahashi K, Kotake K, Watanabe M, Tomita N, Mochizuki H, Teramukai S, Sugihara K.. Recurrence risk factors and outcome stratification stage II colon cancer patients: A subanalysis of the SACURA trial.. American Society of Clinical Oncology (ASCO) 2017 Annual Meeting 2017.06.02 Chicago (USA)

  12. Yamauchi S, Okazaki S, Kikuchi A, Ishiguro M, Ishikawa T, Uetake H, Yasuno M, Sugihara K.. Prognostic factor of lower rectal cancer with lateral pelvic lymph node metastasis treated with lateral lymph node dissection.. Sosiety of Surgical Oncology (SSO) 2017 Annual Meeting 2017.03.16 Seattle(USA)

  13. Hanaoka M, Ishikawa T, Ishiguro M, Tokura M, Yamauchi S, Kikuchi A, Yasuno M, Uetake H, Kawano T. . ATF6, a UPR related gene, expression in malignant conversion and progression of Ulcerative colitis (UC)-associated and non-UC-associated colorectal cancer. . Sosiety of Surgical Oncology (SSO) 2017 Annual Meeting 2017.03.16 Seattle(USA)

  14. Shinozaki E, Ishiguro M, Nakatani E, Yamaguchi T, Nakamura M, Miyamoto Y, Ojima H, Honma Y, Gotoh M, Ishikawa T, Takahashi K, Shimada Y, Yoshida K, Mizunuma N, Muro K, Komatsu Y, Yamaguchi K, Nakano H, Koike J, Sugihara K.. A phase II study of panitumumab with FOLFOX or FOLFIRI as 1st line chemotherapy for KRAS-wild type metastatic colorectal cancer;the PaFF-J study.. American Society of Clinical Oncology 2018 Gastrointestinal Cancers Symposium (ASCO-GI) 2017.01.21 San Francisco (USA)

  15. Ishikawa T, Uetake H, Ishiguro M, Murotani K, Ueno H, Matsui S, Sugihara K, Tomita N.. MSI, 18qLOH, and clinicopathological features in stage II sporadic colon cancers: Biomarker study in a Phase III study of postoperative adjuvant chemotherapy for stage II colon cancer (SACURA trial). ACCR 2015 2015.04.22 Philadelphia (USA)

  16. Ishikawa T, Uetake H, Murotani K, Kobunai T, Ishiguro M, Matsui S, Sugihara K.. Correlation between DNA copy number and clinicopathological features: Biomarker search using genome-wide analysis of DNA copy number alterations in a phase Ⅲ study of postoperative adjuvant chemotherapy for stage Ⅲ colon cancer (ACTS-CC trial).. European Society of Medical Oncology (ESMO) 2014 Annual Meeting 2014.09.29 Madrid (Spain)

  17. Baba H, Ishikawa T, Iwata N, Takahashi H, Kikuchi A, Okazaki S, Ishiguro M, Kobayashi H, Iida S, Uetake H, Sugihara K.. Identification of a novel biomarker related to lymph node metastasis in colorectal cancer through gene expression analysis.. Annual Society Of Surgical Oncology Cancer 2014(67th SSO) 2014.03.13 Arizona (USA)

  18. 松宮由利子、末永光邦、角田龍太、岩田乃理子、増田大機、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、石川敏昭、絹笠祐介. 大腸癌術後患者におけるBacteroides fragilisと予後の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 WEB

  19. 髙岡亜弓、岡﨑聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、絹笠祐介、植竹宏之. StageⅡ大腸癌におけるELF3遺伝子発現量による予後予測. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 WEB

  20. 髙岡亜弓、岡﨑聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介、植竹宏之. StageⅡ大腸癌の予後予測バイオマーカーの同定. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

  21. 松宮由利子、岡崎聡、石川敏昭、青柳康子、山本雄大、高岡亜弓、馬場裕信、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. Pagetoid spreadを伴う肛門管腺癌に対しmFOLFOX6+Bevacizumab療法が有効であった1例. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.16 高知

  22. 高岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介、植竹宏之. 当院における切除不能進行・再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の使用経験. 第81回日本臨床外科学会総会 2019.11.14 高知

  23. 髙岡亜弓、松山貴俊、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 当院における原発性空腸・回腸癌15例の検討. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.12 東京

  24. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、徳永正則、中島康晃、絹笠祐介. 直腸神経内分泌腫瘍に対する手術治療成績. 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019.10.11 東京

  25. 松山貴俊、石川敏昭、岡崎聡、山内慎一、高橋直樹、山田康秀、中島康晃、Goel Ajay、植竹宏之、絹笠祐介. stageⅡ/Ⅲ大腸癌における間葉関連遺伝子パネルによる再発リスク予測. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  26. 佐々木恵、石川敏昭、石黒めぐみ、岡崎聡、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌化学療法における感受性予測因子としての血漿中miR-33-5pの有用性. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  27. 山内慎一、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、岡崎聡、石川敏昭、中島康晃、井ノ口幹人、植竹宏之、絹笠祐介. StageⅣ大腸癌に対する原発切除後の周術期合併症と予後に関する検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  28. 髙岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、植竹宏之、絹笠祐介. StageⅡ大腸癌の予後予測バイオマーカーの同定. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17 東京

  29. 髙岡亜弓、岡崎聡、石川敏昭、茂原富美、青柳康子、山本雄大、松宮由利子、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、絹笠祐介、植竹宏之. 当院における切除不能進行・再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法の使用経験. 第91回大腸癌研究会 2019.07.05 東京

  30. 松山貴俊、問山裕二、石川敏昭、奥川喜永、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、中島康晃、植竹宏之、Ajay Goel、絹笠祐介. 血中大腸癌遠隔転移関連miRNAによるstageⅡ/Ⅲ大腸癌の再発予測. 第28回日本癌病態治療研究会 2019.06.28 川越市

  31. 髙岡亜弓、石川敏昭、岡崎聡、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、植竹宏之、絹笠祐介. 放射線療法と薬物療法が奏功した骨盤内デスモイド型繊維腫の1例. 第41回日本癌局所療法研究会 2019.06.21 岡山

  32. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、松山貴俊、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、田邉稔、絹笠祐介、杉原健一. 大腸癌における発症原発部位別の臨床的特徴. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.20 大阪

  33. 織田福一郎、石川敏昭、石黒めぐみ、岡崎聡、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎におけるPHLDA1発現と発癌との関連の検討. 第119回日本外科学会学術集会 2019.04.19 大阪

  34. 石川敏昭. 経口抗癌剤を活用した切除不能大腸癌の化学療法~Disease Contorol Lineまで~. East Tokyo 2019 消化器癌フォーラム 2019.02.15 東京

  35. 馬場裕信、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 当院におけるコンソールサージョン育成状況の検討. 第11回日本ロボット外科学会学術集会 2019.01.26 名古屋

  36. 髙岡亜弓、山内慎一、茂原富美、青柳康子、山本雄大、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 術前化学放射線療法施行後にロボット支援下手術を施行した直腸癌の経験. 第90回大腸癌研究会 2019.01.25 福岡

  37. 石川敏昭. 知ってますか?がん治療とQOLの関係. 第5回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座 2019.01.13 東京

  38. 石川敏昭. 大腸癌に対する化学療法の実際と最近の知見. 市川消化器病研修会 2018.11.26 千葉

  39. 石川敏昭. 消化器癌治療における疼痛緩和の実際. がん治療のための疼痛治療講演会 2018.11.16 東京

  40. 髙岡亜弓、松山貴俊、青柳康子、山本雄大、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 当院における原発性空腸・回腸癌13例の検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.10 東京

  41. 松山貴俊、梅林佑弥、菊池章史、山内慎一、馬場裕信、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、岡崎聡、石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡,経肛門内視鏡同時手術の手技と短期成績. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  42. 菊池章史、髙岡亜弓、三浦富之、佐々木恵、織田福一郎、馬場裕信、山内慎一、岡崎聡、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介. 回腸双孔式人工肛門増設後のoutlet obstructionの危険因子の検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  43. 山内慎一、青柳康子、山本雄大、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、馬場裕信、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、絹笠祐介、杉原健一. 下部直腸癌根治手術後の再発に関する検討. 第73回日本大腸肛門病学会学術集会 2018.11.09 東京

  44. 石川敏昭. 経口抗癌剤を活用した切除不能大腸癌の化学療法~Disease Control Lineまで. Colorectal Cancer Expert Meeting 2018.11.05 広島

  45. 菊池章史、髙岡亜弓、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、中島康晃、植竹宏之、小嶋一幸、絹笠祐介、杉原健一. 多施設症例集積データを用いた大腸同時性多発癌の臨床的検討. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

  46. 松山貴俊、織田福一郎、佐々木恵、髙岡亜弓、松宮由利子、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. Stage Ⅱ/Ⅲ大腸癌患者における術後血清CEA、CA19-9値測定の臨床的意義. JDDW2018 (Japan Digestive Disease Week)第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  47. 石川敏昭. 第Ⅲ相臨床試験におけるFFPE組織を用いた大腸癌バイオマーカー探索から得られた知見. 第23回日本下外科病理学会学術集会 スポンサードセミナー 2018.10.26 横浜

  48. 石川敏昭. 切除不能大腸癌に対する化学療法~最新の知見. 県央・県北CRC講演会 2018.10.12 茨城

  49. 石川敏昭. 【座長】(演者:中野大輔). Tokyo Metropolitan CRC Experts Club~大腸癌治療のさらなる進歩を目指して~ 2018.09.10 東京

  50. 岡﨑聡. 【パネルディスカッション】患者さんに最適な化学療法を考える(パネリスト). Tokyo Metropolitan CRC Experts Club~大腸癌治療のさらなる進歩を目指して~ 2018.09.10 東京

  51. 佐々木恵、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、松山貴俊、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌化学療法における継時的な血漿中micro RNAの網羅的解析. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  52. 三浦富之、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、松山貴俊、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、安野正道、絹笠祐介. 大腸癌におけるBMP2遺伝子の発現およびメチル化とその臨床的意義. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  53. 石黒めぐみ、石川敏昭、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、植竹宏之. 大腸癌の発見契機と予後との関連の検討ー検診の重要性の啓蒙に向けて. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  54. 石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、田邉稔、植竹宏之. 大腸癌多発肝転移に対する化学療法(FP+OX+Bmab療法)後肝切除の有用性と肝切除のタイミングの検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  55. 松山貴俊、石川敏昭、山内慎一、菊池章史、安野正道、石黒めぐみ、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 大腸癌遠隔転移関連miRNAの血中バイオマーカーとしての意義. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  56. 山内慎一、松山貴俊、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、絹笠祐介. 潰瘍性大腸炎に対する開腹手術と腹腔鏡下手術の治療成績に関する検討. 第73回日本消化器外科学会総会 2018.07.11 鹿児島

  57. 石川敏昭. TMDUにおけるがん薬物療法の現状~大腸癌、腫瘍センター、がんゲノム. 第34回婦人科合同がんセミナー 2018.06.23 東京

  58. 石川敏昭. 切除不能大腸癌の治療戦略~できるだけシンプルに、患者の声を聴きながら~. 第43回日本外科系連合学会学術集会 2018.06.22 東京

  59. 石川敏昭. 経口抗癌剤を活用した切除不能大腸癌の化学療法. Oita Colorectal Cancer Consensus Meeting 2018.06.20 大分

  60. 髙岡亜弓、石川敏昭、佐々木恵、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、中島康晃、小島一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 再発巣感染により敗血症を合併した直腸癌術後骨盤内再発に放射線療法が有用であった2例. 第40回日本癌局所療法研究会 2018.06.15 東京

  61. 石川敏昭. 経口抗癌剤を活用した切除不能大腸癌の化学療法~Disease Control Lineまで~. Colorectal Cancer Expert Meeting in Yamaguchi 2018.05.23 山口

  62. 松山貴俊、山内慎一、菊池章史、安野正道、石川敏昭、石黒めぐみ、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する経肛門内視鏡併用腹腔鏡下大腸全摘術の手技と初期成績. 第72回手術手技研究会 2018.05.11 徳島

  63. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、絹笠祐介、田邉稔、植竹宏之. 大腸癌同時性肝転移に対するWait-and-see policyの検討. 第118回外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  64. 佐々木恵、菊池章史、高岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、中島康晃、小嶋一幸、植竹宏之、絹笠祐介. クローン病を背景とした難治性術後腹腔内膿瘍から十二指腸へ瘻孔形成をきたした一例. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.08 東京

  65. 石川敏昭. 転移・再発のある大腸がんの治療方針~治療の目的を考える~. ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2018 in 東京 2018.03.03 東京

  66. 杉原健一、福田将義、石川敏昭、齋浦明夫、室圭、野城郁郎. Q&Aトークセッション 質問にお答えします!. ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2018 in 東京 2018.03.03 東京

  67. 石川敏昭.. 当科におけるザルトラップ(アフリベルセプトベータ)の位置づけと使用経験.. CRC-WEB 2018.03.02 東京

  68. 佐々木恵、山内慎一、高岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之、絹笠祐介. Stage Ⅱ大腸癌における郭清リンパ節個数の予後に与える影響. 第23回大腸癌術後フォローアップ研究会 2018.02.17 東京

  69. 織田福一郎、山内慎一、高岡亜弓、松宮由利子、関亮太、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、絹笠祐介、杉原健一. 他施設症例集積データを用いた大腸癌における発症原発部位別の臨床的特徴. 第88回大腸癌研究会 2018.01.26 東京

  70. 石川敏昭、中谷英仁、石黒めぐみ、上野秀樹、室谷健太、松井茂之、手良向聡、植竹宏之、冨田尚裕、杉原健一. Stage II結腸癌における18qCIN (Chromosomal Instability) と予後の検討~SACURA試験バイオマーカー研究. 第88回大腸癌研究会 2018.01.26 東京

  71. 菊池章史、安野正道、高岡亜弓、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石川敏昭. 腹腔鏡下直腸手術後の下腿コンパートメント症候群3例の経験と当科における対策. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  72. 松山貴俊、安野正道、山内慎一、菊池章史、石川敏昭、石黒めぐみ、植竹宏之、絹笠祐介. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下三期分割手術の手技と成績. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.09 京都

  73. 山内慎一、松山貴俊、髙岡亜弓、松宮由利子、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之。菊池章史、石川敏昭、安野正道.. 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の治療成績に関する検討.. 第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12.07 京都

  74. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌H2/3肝転移症例に対する集学的治療の有用性~化学療法後肝切除の治療成績.. 第79日本臨床外科学会総会 2017.11.25 東京

  75. 石川敏昭.. 【司会】大腸癌のバイオマーカーから考える治療戦略(演者:山口達郎)/大腸癌に対する腹腔鏡手術の最前線(演者:松本寛). 第79回日本臨床外科学会総会 学術セミナー17 2017.11.24 東京

  76. 石黒めぐみ、上野秀樹、石川敏昭、中谷英仁、手良向聡、松井茂之、室谷健太、望月英隆、固武健二郎、高橋慶一、渡邊昌彦、島田安博、冨田尚裕、植竹宏之、杉原健一.. Stage II 結腸癌における再発リスクの層別と治療戦略の展望~SACURA trial の結果から.. 第79日本臨床外科学会総会 2017.11.24 東京

  77. 山内慎一、髙岡亜弓、松宮由利子、関亮太、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. Colitic cancer を合併した潰瘍性大腸炎患者に対する腹腔鏡下大腸全摘術.. 第79日本臨床外科学会総会 2017.11.23 東京

  78. 三浦富之、山内慎一、菊池章史、髙岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 腹腔鏡補助下超低位前方切除術後に下腿コンパートメント症候群を発症した2例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  79. 山内慎一、安野正道、髙岡亜弓、松宮由利子、関亮太、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 下部直腸癌根治手術における側方郭清の意義.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  80. 松山貴俊、石川敏昭、石黒めぐみ、菊池章史、山内慎一、植竹宏之、安野正道.. 大腸癌における新規上皮間葉転換関連遺伝子 ITGBL の臨床的意義.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  81. 織田福一郎、菊池章史、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. コック式回腸瘻の reservoir 内に多発早期癌を発症した1例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  82. 佐々木恵、菊池章史、髙岡亜弓、関亮太、松宮由利子、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道、植竹宏之.. X連鎖無ガンマグロブリン血症に合併したS状結腸癌の一例.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  83. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 切除不能大腸癌に対する当科の方針と治療成績の検討~1次治療におけるFP+OX+Bmab療法の有用性.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.11 福岡

  84. 菊池章史、安野正道、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 回腸双孔式人工肛門造設後の outlet obstruction の危険因子の検討.. 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 2017.11.10 福岡

  85. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、菊池章史、松山貴俊、安野正道、植竹宏之.. 当科におけるレゴラフェニブとTAS102の使い分けと治療成績の検討.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.22 横浜

  86. 中村将人、石黒めぐみ、中谷英仁、篠崎英司、山口達郎、宮本裕士、尾嶋仁、本間義崇、後藤昌弘、石川敏昭、杉原健一.. Panitumumab併用一次治療による大腸癌肝単独転移症例の治療成績:PaFF-J試験.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.22 横浜

  87. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、杉原健一.. 大腸癌補助化学療法ー腫瘍外科医の視点から.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21 横浜

  88. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ.. 大腸癌に対する化学療法.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.20 横浜

  89. 石川敏昭.. 経口抗癌剤を活用した切除不能進行・再発大腸癌の化学療法.. Colorectal Cancer Meeting in Kawasaki 2 2017.09.08 川崎

  90. 山内慎一,安野正道,菊池章史,岡崎聡,石黒めぐみ,石川敏昭,植竹宏之,小嶋一幸,田邉稔,河野辰幸. 人工肛門閉鎖術の皮膚閉鎖創に対する局所陰圧閉鎖療法. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  91. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 小胞体ストレス反応関連遺伝子ATF6の大腸癌/UC関連癌における発現とDysplasia識別診断補助としての有用性.. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  92. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ、上野秀樹、松井茂之、室谷健太、中谷英仁、手良向聡、冨田尚裕、杉原健一.. わが国におけるStageII,III結腸癌に対する術後補助化学療法のバイオマーカー探索:SACURA trial とACTS-CC trialより.. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  93. 石川敏昭、植竹宏之、石黒めぐみ、室谷健太、上野秀樹、松井茂之、中谷英仁、手良向聡、冨田尚裕、杉原健一.. Stage II結腸癌に対する術後補助化学療法の第III相試験(SACURA trial)におけるMSIと予後の検討.. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  94. 上野秀樹、石黒めぐみ、石川敏昭、中谷英仁、室谷健太、松井茂之、手良向聡、植竹宏之、冨田尚裕、杉原健一.. Stage II結腸癌におけるdesmoplastic reaction分類の臨床的意義-SACURA trialにおける前向き付随研究.. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  95. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、菊池章史、植竹宏之、安野正道.. 潰瘍性大腸炎における小胞体ストレス応答関連蛋白ATF6の発現:Dysplasia識別における有用性.. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  96. 石川敏昭. 【座長】示説II-2 実用化を目指した大腸癌のbiomarker. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  97. 菊池章史、安野正道、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 当科における下部直腸癌に対する開腹手術と腹腔鏡下手術のdistal marginの検討.. 第87回大腸癌研究会 2017.07.07 三重

  98. 三浦富之、石川敏昭、織田福一郎、佐々木恵、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 脳転移に対するガンマナイフ治療により長期生存が得られた直腸癌術後脳・肺転移の1例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  99. 佐々木恵、石川敏昭、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之. 放射線療法により症状緩和の得られた直腸癌術後頭蓋底転移の1 症例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  100. 織田 福一郎、石川敏昭、佐々木恵、三浦 富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之. 切除不能大腸癌肝転移に対するHAI + Cmab が奏功し全身化学療法に移行できた2 症例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  101. 石黒めぐみ、手良向聡、中川陽子、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. Stage II結腸癌における再発リスク因子の同定と因子個数による予後の層別~治療戦略の立案に向けて~SACURA trialサブ解析.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29 横浜

  102. 岡崎聡、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 結腸癌の漿膜露出(SE)症例に対する腹腔鏡手術後vs開腹手術後の播種再発.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29 横浜

  103. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、田邉稔、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌H2/3肝転移症例に対する化学療法後肝切除の治療成績.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  104. 山内慎一、安野正道、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、小嶋一幸、河野辰幸、杉原健一.. 側方リンパ節転移を有する下部直腸癌根治手術症例の予後に関する検討.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28 横浜

  105. 花岡まりえ、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 大腸癌およびUC関連大腸癌における小胞体ストレスセンサーATF6の遺伝子発現の解析.. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  106. 石川敏昭. 【座長】大腸癌におけるPrecision Cancer Medicine(演者:池田貞勝). 御茶ノ水大腸癌治療カンファレンス2017 2017.03.30 東京

  107. 石川敏昭. RAS遺伝子検査とは?.. ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2017 in 東京 2017.03.05 東京

  108. 織田福一郎.. StageⅢ若年発症大腸癌の特徴について.. 第22回大腸癌術後フォローアップ研究会 2017.02.04 東京

  109. 石川敏昭. 新たな時代を迎えたがん免疫療法 Cancer Immunotherapy Comes of Age.. 2016年度クリニカルサミット 第2回研究会 2017.02.02 東京

  110. 石川敏昭. RAS野生型大腸癌に対する全身化学療法~抗EGFR抗体を使いたい症例とそのタイミング~.. 1st V-TEC on Colorectal Cancer~Tumor locatiom and Biology~ 2017.01.30 東京

  111. 菊池章史、花岡まりえ、山内慎一、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 直腸前方切除における吻合法の選択肢としての側端吻合.. 第86回大腸癌研究会 2017.01.20 盛岡

  112. 山内慎一、安野正道、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 多施設症例集積データを用いた大腸癌における浸潤増殖様式の臨床的意義に関する検討.. 第86回大腸癌研究会 2017.01.20 盛岡

  113. 石川敏昭. 【総合司会】. 第3回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座 2017.01.15 東京

  114. 菊池章史、織田福一郎、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 腹腔鏡補助下超低位前方切除後に重症下肢コンパートメント症候群を合併した1例.. 第29回日本内視鏡外科学会総会 2016.12.09 横浜

  115. 石川敏昭.. 外科医による大腸癌化学療法の実際.. 兵庫若獅子外科医勉強会 2016.11.29 兵庫

  116. 石川敏昭、安野正道、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、岡崎聡、植竹宏之、河野辰幸.. 原発巣切除が可能なStageⅣ大腸癌に対する治療戦略~原発巣切除先行の立場から~.. 第78回日本臨床外科学会総会 2016.11.25 東京

  117. 山内慎一、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、杉原健一.. 下部直腸癌根治手術症例の予後因子と再発に関する検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.19 三重

  118. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、織田福一郎、佐々木恵、三浦富之、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、松山貴俊、安野正道.. 同時性H1肝転移に対する治療戦略~Wait-and-see policyの検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  119. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、植竹宏之、杉原健一、安野正道.. 高齢者大腸癌に対すする術後補助化学療法が有用な背景因子の検討.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  120. 石黒めぐみ、中谷英仁、河野健一、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 近年のStageⅢ大腸癌において3年DFSは5年OSの代替エンドポイントとして妥当か?:ACTS-CC trial.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  121. 菊池章史、三浦富之、織田福一郎、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 重症潰瘍性大腸炎に対する粘液瘻造設を伴う3期分割手術を腹腔鏡下に施行し得た2手術例.. 第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016.11.18 三重

  122. 花岡まりえ、山内慎一、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 高齢者大腸癌の合併症のリスク因子の検討-腸腰筋萎縮度とCONUTスコアを組み合わせたMalnutrition Indexの有用性-. 第24回日本消化器関連学会週間(JDDW2016) 2016.11.05 兵庫

  123. 石川敏昭.. 進行再発大腸がんに対する治療戦略~当科における工夫~.. 第45回東京大腸セミナー学術集会 2016.10.28 東京

  124. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、安野正道、植竹宏之.. 大腸癌化学療法における肝動注化学療法(レスキュー肝動注)の有用性の検討.. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.22 横浜

  125. 石川敏昭.. 切除不能大腸癌に対する化学療法の実際~1st line から DC (Disease Control) line まで.. 新潟大腸癌講演会 2016.10.01 新潟

  126. 丸山陽介、山内慎一、織田福一郎、三浦富之、佐々木恵、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、岡崎聡、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. 鑑別に難渋した骨盤内巨大脾症の一例.. 第842回外科集談会 2016.09.10 東京

  127. 石川敏昭.. 当科の切除不能大腸癌に対する治療戦略.. Surgical Oncology Meeting in Fukuoka 2016.07.22 福岡

  128. 石川敏昭.. Bevacizumabの有害事象マネジメントの実際~大腸癌治療での経験~.. 城東婦人科腫瘍カンファレンス 2016.07.20 東京

  129. 花岡まりえ、安野正道、十倉三千代、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 大腸癌術前の腸腰筋形態変化・栄養学的指標は術後合併症の指標となりうるか?.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.16 徳島

  130. 山内慎一、山田一郎、宮坂尚幸、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、伊藤崇、吉野教夫、安野正道、河野辰幸.. 高磁場MRIによる大腸癌壁深達度診断とリンパ節転移診断の有用性の検証.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.14 徳島

  131. 安野正道、山内慎一、菊池章史、花岡まりえ、十倉三千代、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 下部直腸癌局所再発(脈管・リンパ節遺残)の外科治療戦略:自験例からの検討.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.07.06 徳島

  132. 山内慎一、岡崎聡、十倉三千代、花岡まりえ、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、杉原健一.. 治癒切除直腸癌症例における進行度分類と予後、再発に関する検討.. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  133. 菊池章史、十倉三千代、花岡まりえ、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 当科における局所進行結腸癌T4a症例に対する腹腔鏡下手術の検討(開腹手術との比較).. 第85回大腸癌研究会 2016.07.01 大阪

  134. 花岡まりえ、安野正道、十倉三千代、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 集学的治療を必要とした特異な再発形式を来した上行結腸癌の一例.. 第38回日本癌局所療法研究会 2016.06.10 東京

  135. 石川敏昭.. 実地臨床における大腸癌術後補助化学療法.. つくば大腸癌ミーティング 2016.06.10 茨城

  136. 山内慎一、岡崎聡、安野正道、十倉三千代、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸、杉原健一.. StageⅢ直腸癌の手術例における予後因子の解析~多施設集積データの解析~. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.16 大阪

  137. 花岡まりえ、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、十倉三千代、植竹宏之、安野正道.. 潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘回腸嚢肛門吻合術後合併症の危険因子について検討.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.16 大阪

  138. 石川敏昭、山内慎一、石黒めぐみ、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、安野正道、田邉稔、河野辰幸、植竹宏之.. 当科の大腸癌肝転移に対するwait-and-see policyの検討.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.15 大阪

  139. 花岡まりえ、安野正道、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 特異な再発形式を来した上行結腸癌の一例.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  140. 十倉三千代、植竹宏之、花岡まりえ、染野泰典、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、安野正道.. TAS-102によって長期にコントロールされた上行結腸癌腹膜再発の一例.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  141. 石川敏昭、石黒めぐみ、十倉三千代、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、山内慎一、安野正道、河野辰幸、植竹宏之.. 大腸癌における免疫学的バイオマーカーとMSIの検討.. 第49回制癌剤適応研究会 2016.03.25 福島

  142. 石川敏昭.. RAS遺伝子検査とは?.. ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2016 in 東京 2016.03.21 東京

  143. 山口研成、篠崎英司、石川敏昭、野城郁郎.. 【パネルディスカッション】大腸がんの薬物療法と治療中の生活.. ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと2016 in 東京 2016.03.21 東京

  144. 石川敏昭.. RAS解析時代の大腸癌治療戦略から最近話題のがん免疫まで.. Colorectal Downtown Meeting~個別化医療の時代を迎えて~ 2016.03.18 東京

  145. 石川敏昭.. RAS解析時代の大腸癌治療戦略から最近話題のがん免疫まで.. 大腸癌治療研究会 2016.03.04 東京

  146. 石川敏昭、植竹宏之、石黒めぐみ、室谷健太、中谷英仁、小武内尚、松井茂之、杉原健一.. StageⅢ結腸癌におけるDNAコピー数変化と無再発生存期間の関連~ACTS-CC試験のバイオマーカー探索.. 第71回日本消化器外科学会総会 2016.02.06 徳島

  147. 花岡まりえ、十倉三千代、染野泰典、山内慎一、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道.. 80歳以上の超高齢大腸癌患者の予後因子の解析と術後補助化学療法の意義に関する検討.. 第21回大腸癌術後フォローアップ研究会 2016.02.06 東京

  148. 石川敏昭.. 大腸癌と癌免疫:入門編.. 第6回Tokyo大腸がん治療懇話会 2016.02.05 東京

  149. 石川敏昭.. 【司会】医科歯科大のがん治療update(演者:朝蔭孝宏、吉村亮一ほか)                       . 第1回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座 2016.01.24 東京

  150. 山内慎一、山田一郎、宮坂尚幸、染野泰典、菊池章史、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、伊藤崇、吉野教夫、安野正道.. 高磁場MRIによる大腸癌壁深達度診断の有用性の検証.. 第84回大腸癌研究会 2016.01.15 熊本

  151. 末田敬志朗、菊池章史、十倉三千代、花岡まりえ、谷岡利朗、染野泰典、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、安野正道、河野辰幸.. Tailgut Cystの1手術例.. 第839回外科集談会 2015.12.12 東京

  152. 十倉三千代、小林宏寿、花岡まりえ、染野泰典、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、杉原健一.. 下行結腸空腸瘻を合併した大腸型クローン病に対し腹腔鏡補助下手術を行った1例.. 第28回日本内視鏡外科学会総会 2015.12.12 大阪

  153. 十倉三千代、山内慎一、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、小林宏寿、石川敏昭、杉原健一.. 膿瘍形成を伴う急性虫垂炎の術後に診断された虫垂杯細胞カルチノイドの1例.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.14 愛知

  154. 小林宏寿、菊池章史、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之.. 瘻孔を有するクローン病に対する腹腔鏡下手術.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.14 愛知

  155. 菊池章史、十倉三千代、山内慎一、松山貴俊、石黒めぐみ、石川敏昭、小林宏寿.. 直腸癌術後1か月で虚血性腸炎を発症し穿孔に至った1例.. 第70回日本大腸肛門病学会学術集会 2015.11.13 愛知

  156. 石川敏昭、石黒めぐみ、山内慎一、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、河野辰幸、植竹宏之.. 大腸癌治療における免疫学的バイオマーカーの探索.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.30 京都

  157. 植竹宏之、石川敏昭、石黒めぐみ.. StageⅢ結腸癌に対する術後補助化学療法におけるバイオマーカー検索.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.30 京都

  158. 石川敏昭、植竹宏之、石黒めぐみ、室谷健太、上野秀樹、松井茂之、杉原健一、冨田尚裕.. StageⅡ結腸癌術後補助化学療法の第Ⅲ相試験(SACURA試験)におけるMSI・18qLOHと臨床病理学的因子の相関.. 第70回日本消化器外科学会総会 2015.07.15 静岡

  159. 石川敏昭、山内慎一、染野泰典、菊池章史、松山貴俊、石黒めぐみ、安野正道、植竹宏之.. 切除不能H2/H3肝単独転移および切除可能肝・肺転移に対する化学療法後転移巣切除の治療成績の検討.. 第83回大腸癌研究会 2015.07.03 福岡

  160. 室生暁、小林宏寿、十倉三千代、谷岡利朗、五木田憲太朗、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の腸管狭窄に対し腹腔鏡補助下結腸切除術を施行した1例.. 第837回外科集談会 2015.06.13 東京

  161. 佐野隆一郎、小林宏寿、十倉三千代、谷岡利朗、五木田憲太朗、染野泰典、菊池章史、山内慎一、石黒めぐみ、石川敏昭、植竹宏之、河野辰幸.. 腸間膜脂肪織炎によるS状結腸狭窄に対し腹腔鏡補助下に切除した1例.. 第837回外科集談会 2015.06.13 東京

  162. 石川敏昭、岡崎聡、石黒めぐみ、染野泰典、岩田乃理子、高橋英徳、菊池章史、小林宏寿、飯田聡、杉原健一、植竹宏之.. 両葉多発肝転移に対する化学療法後肝切除の治療成績~H2/H3肝転移症例の検討.. 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.17 愛知

  163. 小林 宏寿, 染野 泰典, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 開腹大腸切除における創縁保護用ドレープの有用性に関するランダム化第Ⅱ相試験.. 第27回日本外科感染症学会総会学術集会 2014.12.04 東京

  164. 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 杉原 健一.. StageⅢ結腸癌術後補助化学療法の第Ⅲ相試験(ACTS-CC trial)におけるFFPE標本を用いたバイオマーカー探索~mRNA発現とDNAコピー数の相関.. 第69回日本大腸肛門病学会学術集会 2014.11.07 横浜

  165. 小林 宏寿, 染野 泰典, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘・回腸嚢肛門管吻合術の定経化.. 第69回日本大腸肛門病学会学術集会 2014.11.07 横浜

  166. 菊池 章史, 小林 宏寿, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡.. 経過中にイレウス管による腸重積を合併した狭窄型虚血性小腸炎の1手術例.. 第69回日本大腸肛門病学会学術集会 2014.11.07 横浜

  167. 石川 敏昭. 1次治療におけるPmabの使用経験の検討.. 第6回大腸がん化学療法セミナー 2014.10.27 東京

  168. 小林 宏寿, 染野 泰典, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘・回腸嚢肛門管吻合術と瘻孔を有するクローン病に対する手術.. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡

  169. 石川 敏昭. 【司会】. Leaders Meeting in Tokyo 2014.09.05 東京

  170. 石川 敏昭, 植竹 宏之, 岡崎 聡, 岩田 乃理子, 馬場 裕信, 高橋 英徳, 菊池 章史, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 杉原 健一.. 大腸癌化学療法における肝動注化学療法~レスキュー肝動注と緩和的肝動注の有用性.. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.29 横浜

  171. 小林 宏寿, 染野 泰典, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 単孔式腹腔鏡下大腸切除術における術中出血に対する処置.. 単孔式手術研究会 2014.08.02 福井

  172. 高橋 英徳, 石川 敏昭, 馬場 裕信, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 大腸癌におけるTNIKの発現と予後予測因子としての意義.. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  173. 小林 宏寿, 植竹 宏之, 飯田 聡, 石川 敏昭, 石黒 めぐみ, 岡崎 聡, 菊池 章史, 杉原 健一.. 腹膜外アプローチを併用した側方郭清:下膀胱血管温存の予防的郭清と内腸骨血管合併切除を伴う治療的郭清.. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山

  174. 石川 敏昭, 植竹 宏之, 岡崎 聡, 馬場 裕信, 高橋 英徳, 菊池 章史, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 杉原 健一.. 大腸癌治療の個別化におけるMSIと18qLOHの有用性の検討.. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  175. 岩田 乃理子, 石川 敏昭, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 大腸癌における癌抑制遺伝子QKIのメチル化および遺伝子発現について.. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山

  176. 石黒 めぐみ, 中谷 英仁, 石川 敏昭, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 高齢者におけるS-1, UFT+LVを用いた結腸癌術後補助化学療法の有効性:ACTS-CC trial年齢別解析.. 第81回大腸癌研究会 2014.07.04 名古屋

  177. 石川 敏昭. Bevacizumabの有害事象マネジメントの実際~大腸癌治療の実地臨床から.. 城北婦人科腫瘍スモールカンファレンス 2014.06.30 東京

  178. 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 馬場 裕信, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 盲腸癌腹膜播種に対しCape+Bmad療法を施行し秦効した1例.. 第36回癌局所療法研究会 2014.06.27 大阪

  179. 石川 敏昭. Bevacizumabの有害事象マネジメントの実際~大腸癌治療の実施臨床から~.. Ovarian Cancer Symposium AVASTIN 2014.06.18 前橋

  180. 石川 敏昭, 岡崎 聡, 染野 秦典, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 杉原 健一, 植竹 宏之.. 結腸癌における宿主免疫応答の解析~がん組織内浸潤CD8+T細胞数と予後の検討.. 第35回癌免疫外科研究会 2014.05.23 大阪

  181. 石川 敏昭. 大腸癌におけるアバスチン使用経験について.. 第66回日本産科婦人科学会学術講演会 2014.04.18 東京

  182. 馬場 裕信, 石川 敏昭, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 大腸癌リンパ節転移予測マーカーの網羅的分子情報の統合解析による探究.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  183. 岡崎 聡, 小林 宏寿, 岩田 乃理子, 高橋 英徳, 馬場 裕信, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 腹腔鏡下手術におけるDST後縫合不全のリスクと対策.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  184. 岩田 乃理子, 小林 宏寿, 高橋 英徳, 馬場 裕信, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 大腸術後SSI予測因子の検討.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  185. 石川 敏昭, 植竹 宏之, 岡崎 聡, 岩田 乃理子, 馬場 裕信, 高橋 英徳, 菊池 章史, 石黒 めぐみ, 小林 宏寿, 飯田 聡, 杉原 健一.. 大腸癌肝転移に対する化学療法後肝切除の治療成績の検討.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都

  186. 石川 敏昭. 大腸癌化学療法におけるS-1の位置付けと実践活用.. 第50回日本腹部救急医学会総会ランチョンセミナー 2014.03.06 東京

  187. 岩田 乃理子, 馬場 裕信, 高橋 英徳, 菊池 章史, 岡崎 聡, 石黒 めぐみ, 石川 敏昭, 小林 宏寿, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一.. 大腸癌同時性肝転移症例に対するCurB術後のサーベイランスの検討と術後化学療法の必要性.. 第19回大腸癌術後フォローアップ研究会 2014.01.25 東京

  188. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡﨑聡、石川敏昭、伴大輔、工藤篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉稔、三宅智、絹笠祐介、池田貞勝. 消化管がん患者におけるFoundationOne® CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ブルーリボンキャラバン2019 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂,2019年03月16日

  • 第5回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン,東京医科歯科大学M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂,2019年01月13日

  • ブルーリボンキャラバン2018 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大腸・肛門外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン/認定NPO法人キャンサーネットジャパン,2018年03月03日

  • 第4回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/消化器化学療法外科/大学院応用腫瘍学講座/大学院未来がん医療プロフェッショナル養成プラン,2017年10月15日

  • ブルーリボンキャラバン2017 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/腫瘍化学療法外科/大腸・肛門外科/NPO法人キャンサーネットジャパン,2017年03月03日

  • 第3回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/腫瘍化学療法外科/大学院がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン,2017年01月15日

  • ブルーリボンキャラバン2016 in 東京~もっと知ってほしい「大腸がん」のこと~(市民公開講座),【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/腫瘍化学療法外科/大腸・肛門外科/NPO法人キャンサーネットジャパン,2016年03月24日

  • 第1回東京医科歯科大学「がんを考える」市民公開講座,【共催】東京医科歯科大学医学部附属病院 腫瘍センター/腫瘍化学療法外科/大学院がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン,2016年01月24日

▼全件表示