基本情報

写真a

中川 剛士(ナカガワ ツヨシ)

NAKAGAWA Tsuyoshi


職名

講師

生年

1971年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2007年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1997年05月
    -
    1997年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第2外科 研修医
  • 1998年01月
    -
    1998年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第2外科 研修医
  • 2003年01月
    -
    2004年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 医員(医病)
  • 2006年07月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 医員(医病)
  • 2009年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 乳腺外科 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年07月
    -
    1997年12月
    山梨県立中央病院 麻酔科 研修医
  • 1998年07月
    -
    2000年12月
    社会保険三島病院 外科 医師
  • 2001年01月
    -
    2002年12月
    武蔵野赤十字病院 外科 医師
  • 2005年01月
    -
    2006年06月
    三島社会保険病院 外科 医師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本乳癌学会

  • 日本外科学会

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tomoyuki Fujioka, Mio Mori, Kazunori Kubota, Yuka Kikuchi, Leona Katsuta, Mio Adachi, Goshi Oda, Tsuyoshi Nakagawa, Yoshio Kitazume, Ukihide Tateishi. Breast Ultrasound Image Synthesis using Deep Convolutional Generative Adversarial Networks. Diagnostics (Basel). 2019.11; 9 (4): ( PubMed, DOI )

  • Fujioka T, Mori M, Kubota K, Kikuchi Y, Katsuta L, Kasahara M, Oda G, Ishiba T, Nakagawa T, Tateishi U. Simultaneous comparison between strain and shear wave elastography of breast masses for the differentiation of benign and malignant lesions by qualitative and quantitative assessments. Breast cancer (Tokyo, Japan). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  • Fujioka T, Kubota K, Kikuchi Y, Tsuchiya J, Tateishi U, Kasaharak M, Oda G, Ishiba T, Nakagawa T. The feasibility of using 18F-FDG-PET/CT in patients with mucinous breast carcinoma. Nuclear medicine communications. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  • Tomoyuki Fujioka, Kazunori Kubota, Akira Toriihara, Youichi Machida, Kaori Okazawa, Tsuyoshi Nakagawa, Yukihisa Saida, Ukihide Tateishi. Tumor characteristics of ductal carcinoma in situ of breast visualized on [F-18] fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography: Results from a retrospective study. World J Radiol. 2016.08; 8 (8): 743-749. ( PubMed, DOI )

  • Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Yashima Yuka, Nomura Kyoko, Yamaga Emi, Hosoya Tokuko, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kubota Kazunori, Tateishi Ukihide. Clinical usefulness of the fast protocol of breast diffusion-weighted imaging using 3T magnetic resonance imaging with a 16-channel breast coil CLINICAL IMAGING. 2021.10; 78 217-222. ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 小川 あゆみ, 熊木 裕一, 細矢 徳子, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 胃空腸バイパス術によりQOLの向上を図った乳癌腹腔内転移の2例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  • 中川 剛士, 森 弘樹, 小田 剛史, 熊木 裕一, 小川 あゆみ, 細矢 徳子. 腹部自家組織を用いた乳房1次再建後の腹部手術の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  • 小田 剛史, 中川 剛士, 吉野 真穂, 林 久美子, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 杉本 斉, 植村 法子, 森 弘樹, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 当院におけるDIEP皮弁による乳房一次再建の長期成績. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  • 藤岡 友之, 久保田 一徳, 森 美央, 菊池 夕絵, 勝田 玲於奈, 足立 未央, 小田 剛史, 中川 剛士, 立石 宇貴秀. 敵対的生成ネットワークを用いた乳房超音波画像における異常検出の有用性の検証. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  • 佐藤 栄吾, 長内 孝之, 中川 剛士. 急速に進行した頸椎転移により上肢麻痺をきたした再発乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群と求められるがんゲノム医療,2018年06月

    -

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • コロナとがん治療,読売新聞社,読売新聞,2020年04月24日

  • 遺伝性乳がん 卵巣がん症候群外来の取り組みにつきまして,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月28日

  • 東京医大の女子受験生の減点問題に関連する問題として「女性医師の勤務継続のための取り組み」について取材,TBS,NEWS23,2018年08月03日