基本情報

写真a

中川 剛士(ナカガワ ツヨシ)

NAKAGAWA Tsuyoshi


職名

講師

生年

1971年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2007年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1997年05月
    -
    1997年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第2外科 研修医
  • 1998年01月
    -
    1998年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 第2外科 研修医
  • 2003年01月
    -
    2004年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 医員(医病)
  • 2006年07月
    -
    2009年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 医員(医病)
  • 2009年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 乳腺外科 助教
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 講師
  • 2015年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 乳腺外科 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 総合外科学 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年07月
    -
    1997年12月
    山梨県立中央病院 麻酔科 研修医
  • 1998年07月
    -
    2000年12月
    社会保険三島病院 外科 医師
  • 2001年01月
    -
    2002年12月
    武蔵野赤十字病院 外科 医師
  • 2005年01月
    -
    2006年06月
    三島社会保険病院 外科 医師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本乳癌学会

  • 日本外科学会

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tomoyuki Fujioka, Mio Mori, Kazunori Kubota, Yuka Kikuchi, Leona Katsuta, Mio Adachi, Goshi Oda, Tsuyoshi Nakagawa, Yoshio Kitazume, Ukihide Tateishi. Breast Ultrasound Image Synthesis using Deep Convolutional Generative Adversarial Networks. Diagnostics (Basel). 2019.11; 9 (4): ( PubMed, DOI )

  2. Fujioka T, Mori M, Kubota K, Kikuchi Y, Katsuta L, Kasahara M, Oda G, Ishiba T, Nakagawa T, Tateishi U. Simultaneous comparison between strain and shear wave elastography of breast masses for the differentiation of benign and malignant lesions by qualitative and quantitative assessments. Breast cancer (Tokyo, Japan). 2019.06; ( PubMed, DOI )

  3. Fujioka T, Kubota K, Kikuchi Y, Tsuchiya J, Tateishi U, Kasaharak M, Oda G, Ishiba T, Nakagawa T. The feasibility of using 18F-FDG-PET/CT in patients with mucinous breast carcinoma. Nuclear medicine communications. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  4. Tomoyuki Fujioka, Kazunori Kubota, Akira Toriihara, Youichi Machida, Kaori Okazawa, Tsuyoshi Nakagawa, Yukihisa Saida, Ukihide Tateishi. Tumor characteristics of ductal carcinoma in situ of breast visualized on [F-18] fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography: Results from a retrospective study. World J Radiol. 2016.08; 8 (8): 743-749. ( PubMed, DOI )

  5. Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Yashima Yuka, Nomura Kyoko, Yamaga Emi, Hosoya Tokuko, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kubota Kazunori, Tateishi Ukihide. Clinical usefulness of the fast protocol of breast diffusion-weighted imaging using 3T magnetic resonance imaging with a 16-channel breast coil CLINICAL IMAGING. 2021.10; 78 217-222. ( DOI )

  6. Fujioka Tomoyuki, Mori Mio, Kubota Kazunori, Yamaga Emi, Yashima Yuka, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Onishi Iichiroh, Ishiba Toshiyuki, Tateishi Ukihide. Clinical Usefulness of Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration and Core Needle Biopsy for Patients with Axillary Lymphadenopathy MEDICINA-LITHUANIA. 2021.07; 57 (7): ( DOI )

  7. Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Kubota Kazunori, Katsuta Leona, Yashima Yuka, Nomura Kyoko, Yamaga Emi, Tsuchiya Junichi, Hosoya Tokuko, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Onishi Iichiroh, Tateishi Ukihide. Relationship between Prognostic Stage in Breast Cancer and Fluorine-18 Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography/Computed Tomography JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE. 2021.07; 10 (14): ( DOI )

  8. Fujioka Tomoyuki, Mori Mio, Onishi Iichiroh, Yashima Yuka, Yamaga Emi, Oyama Jun, Yokoyama Kota, Kubota Kazunori, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Tateishi Ukihide. A Rare Case of Primary Breast Osteosarcoma Evaluated with Multiple Modalities DIAGNOSTICS. 2021.07; 11 (7): ( DOI )

  9. Fujioka Tomoyuki, Yokoyama Kota, Mori Mio, Yashima Yuka, Yamaga Emi, Kubota Kazunori, Oyama Jun, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Tateishi Ukihide. Active Herpes Zoster Mimicking Worsening of Axillary Lymph Node Metastases of Breast Cancer after Chemotherapy on 18F-Fluorodeoxyglucose Positron-Emission Tomography/Computed Tomography DIAGNOSTICS. 2021.06; 11 (6): ( DOI )

  10. Ishiba Toshiyuki, Aruga Tomoyuki, Miyamoto Hiromi, Ishihara Sakiko, Nara Miyako, Adachi Mio, Kumaki Yuichi, Saita Chiaki, Onishi Mai, Goto Risa, Iwamoto Naoko, Yonekura Rika, Honda Yayoi, Fujii Miwako, Tomita Shoichi, Horiguchi Shinichiro, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Fujioka Tomoyuki, Terao Yasunobu. Short- and long-term outcomes of immediate breast reconstruction surgery after neoadjuvant chemotherapy SURGERY TODAY. 2021.06; ( DOI )

  11. Matsudera Shotaro, Kano Yoshihito, Aoyagi Yasuko, Tohyama Kohki, Takahashi Kenta, Kumaki Yuichi, Mitsumura Takahiro, Kimura Koichiro, Onishi Iichiro, Takemoto Akira, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Oshima Noriko, Ogino Kei, Watanabe Shun, Tani Yukiko, Yamaguchi Takeshi, Nakajima Masanobu, Morita Shinji, Yamaguchi Satoru, Takagi Masatoshi, Ishikawa Toshiaki, Nakagawa Tsuyoshi, Okamoto Kentaro, Uetake Hiroyuki, Tanabe Minoru, Miyake Satoshi, Tsuchioka Takashi, Kojima Kazuyuki, Ikeda Sadakatsu. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study) ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2021.03; ( DOI )

  12. Yabe Sakiko, Nakagawa Tsuyoshi, Oda Goshi, Ishiba Toshiyuki, Aruga Tomoyuki, Fujioka Tomoyuki, Mori Mio, Kubota Kazunori, Uetake Hiroyuki. Association between skin flap necrosis and sarcopenia in patients who underwent total mastectomy ASIAN JOURNAL OF SURGERY. 2021.02; 44 (2): 465-470. ( PubMed, DOI )

  13. Fujioka Tomoyuki, Yashima Yuka, Oyama Jun, Mori Mio, Kubota Kazunori, Katsuta Leona, Kimura Koichiro, Yamaga Emi, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kitazume Yoshio, Tateishi Ukihide. Deep-learning approach with convolutional neural network for classification of maximum intensity projections of dynamic contrast-enhanced breast magnetic resonance imaging MAGNETIC RESONANCE IMAGING. 2021.01; 75 1-8. ( PubMed, DOI )

  14. Nakagawa T, Oda G, Kikuchi A, Saito T, Fujioka T, Kubota K, Mori M, Onishi I, Uetake H. Peritoneal dissemination of breast cancer diagnosed by laparoscopy. International cancer conference journal. 2021.01; 10 (1): 91-94. ( PubMed, DOI )

  15. Fujioka Tomoyuki, Mori Mio, Kubota Kazunori, Oyama Jun, Yamaga Emi, Yashima Yuka, Katsuta Leona, Nomura Kyoko, Nara Miyako, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kitazume Yoshio, Tateishi Ukihide. The Utility of Deep Learning in Breast Ultrasonic Imaging: A Review DIAGNOSTICS. 2020.12; 10 (12): ( PubMed, DOI )

  16. Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Kikuchi Yuka, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kitazume Yoshio, Kubota Kazunori, Tateishi Ukihide. Feasibility of new fat suppression for breast MRI using pix2pix JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY. 2020.11; 38 (11): 1075-1081. ( PubMed, DOI )

  17. Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Kikuchi Yuka, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kitazume Yoshio, Kubota Kazunori, Tateishi Ukihide. pix2pixを用いた乳房MRIにおける新たな脂肪抑制法の実行可能性(Feasibility of new fat suppression for breast MRI using pix2pix) Japanese Journal of Radiology. 2020.11; 38 (11): 1075-1081. ( 医中誌 )

  18. Ishiba Tohiyuki, Aruga Tomoyuki, Nara Miyako, Yabe Sakiko, Saita Chiaki, Onishi Mai, Iwamoto Naoko, Yonekura Rika, Miyamoto Hiromi, Honda Yayoi, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Nakanishi Akira, Uetake Hiroyuki, Miki Yoshio. Calretinin can be the specific marker for phyllodes tumor CANCER RESEARCH. 2020.08; 80 (16): ( DOI )

  19. Kaku Takumi, Oh Yoto, Sato Shingo, Koyanagi Hirotaka, Hirai Takashi, Yuasa Masato, Yoshii Toshitaka, Nakagawa Tsuyoshi, Miyake Satoshi, Okawa Atsushi. Incidence of atypical femoral fractures in the treatment of bone metastasis: An alert report JOURNAL OF BONE ONCOLOGY. 2020.08; 23 100301. ( PubMed, DOI )

  20. Fujioka T, Kubota K, Mori M, Kikuchi Y, Katsuta L, Kimura M, Yamaga E, Adachi M, Oda G, Nakagawa T, Kitazume Y, Tateishi U. Efficient Anomaly Detection with Generative Adversarial Network for Breast Ultrasound Imaging. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2020.07; 10 (7): ( PubMed, DOI )

  21. Oda G, Nakagawa T, Ogawa A, Kumaki Y, Hosoya T, Sugimoto H, Ishiba T, Mio M, Fujioka T, Kubota K, Onishi I, Uetake H. Predictors for upstaging of ductal carcinoma <i>in situ</i> (DCIS) to invasive carcinoma in non-mass-type DCIS. Molecular and clinical oncology. 2020.07; 13 (1): 67-72. ( PubMed, DOI )

  22. Fujioka T, Kubota K, Mori M, Katsuta L, Kikuchi Y, Kimura K, Kimura M, Adachi M, Oda G, Nakagawa T, Kitazume Y, Tateishi U. Virtual Interpolation Images of Tumor Development and Growth on Breast Ultrasound Image Synthesis With Deep Convolutional Generative Adversarial Networks. Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine. 2020.06; ( PubMed, DOI )

  23. Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Kubota Kazunori, Mori Mio, Kikuchi Yuka, Kato Arisa, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Kitazume Yoshio, Tateishi Ukihide. Classification of breast masses on ultrasound shear wave elastography using convolutional neural networks ULTRASONIC IMAGING. 2020.06; 161734620932609. ( PubMed, DOI )

  24. Adachi M, Fujioka T, Mori M, Kubota K, Kikuchi Y, Xiaotong W, Oyama J, Kimura K, Oda G, Nakagawa T, Uetake H, Tateishi U. Detection and Diagnosis of Breast Cancer Using Artificial Intelligence Based assessment of Maximum Intensity Projection Dynamic Contrast-Enhanced Magnetic Resonance Images. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2020.05; 10 (5): ( PubMed, DOI )

  25. Kikuchi Y, Mori M, Fujioka T, Yamaga E, Oda G, Nakagawa T, Koyanagi A, Tomii S, Kubota K, Tateishi U. Feasibility of ultrafast dynamic magnetic resonance imaging for the diagnosis of axillary lymph node metastasis: A case report. European journal of radiology open. 2020; 7 100261. ( PubMed, DOI )

  26. Fujioka Tomoyuki, Mori Mio, Kubota Kazunori, Kikuchi Yuka, Katsuta Leona, Kasahara Mai, Oda Goshi, Ishiba Toshiyuki, Nakagawa Tsuyoshi, Tateishi Ukihide. 定性的および定量的評価による、良性病変と悪性病変の鑑別における乳房腫瘤のstrain elastographyとshear wave elastographyの同時比較(Simultaneous comparison between strain and shear wave elastography of breast masses for the differentiation of benign and malignant lesions by qualitative and quantitative assessments) Breast Cancer. 2019.11; 26 (6): 792-798. ( 医中誌 )

  27. Mori Mio, Fujioka Tomoyuki, Katsuta Leona, Tsuchiya Junichi, Kubota Kazunori, Kasahara Mai, Oda Goshi, Nakagawa Tsuyoshi, Onishi Iichiroh, Tateishi Ukihide. Diagnostic performance of time-of-flight PET/CT for evaluating nodal metastasis of the axilla in breast cancer NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS. 2019.09; 40 (9): 958-964. ( PubMed, DOI )

  28. Fujioka Tomoyuki, Kubota Kazunori, Mori Mio, Kikuchi Yuka, Katsuta Leona, Kasahara Mai, Oda Goshi, Ishiba Toshiyuki, Nakagawa Tsuyoshi, Tateishi Ukihide. convolutional neural networkによる深層学習を用いた乳房超音波検査における良性および悪性乳房腫瘤の判別(Distinction between benign and malignant breast masses at breast ultrasound using deep learning method with convolutional neural network) Japanese Journal of Radiology. 2019.06; 37 (6): 466-472. ( 医中誌 )

  29. Fujioka T, Kubota K, Mori M, Kikuchi Y, Katsuta L, Kasahara M, Oda G, Ishiba T, Nakagawa T, Tateishi U. Distinction between benign and malignant breast masses at breast ultrasound using deep learning method with convolutional neural network. Japanese journal of radiology. 2019.03; ( PubMed, DOI )

  30. Ishiba T., Nakagawa T., Oda G., Yamashita Y., Nakashima Y., Baba H., Hoshino N., Nishioka Y., Uetake H.. Efficiency of Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography/Computed Tomography to Evaluate Neoadjuvant Chemotherapy in Breast Cancer ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY. 2017.02; 24 S44.

  31. Kasahara M, Nagahara M, Nakagawa T, Ishikawa T, Sato T, Uetake H, Sugihara K. Clinicopathological relevance of kinesin family member 18A expression in invasive breast cancer. Oncology letters. 2016.09; 12 (3): 1909-1914. ( PubMed, DOI )

  32. Mori Hiroki, Uemura Noriko, Okazaki Mutsumi, Nakagawa Tsuyoshi, Sato Takanobu. 乳頭温存乳房切除およびエキスパンダーインプラント再建後の乳頭位置異常(Nipple malposition after nipple-sparing mastectomy and expander-implant reconstruction) Breast Cancer. 2016.09; 23 (5): 740-744. ( 医中誌 )

  33. Mori H, Uemura N, Okazaki M, Nakagawa T, Sato T. Nipple malposition after nipple-sparing mastectomy and expander-implant reconstruction. Breast cancer (Tokyo, Japan). 2016.09; 23 (5): 740-4. ( PubMed, DOI )

  34. Sugimoto H, Nagahara M, Bae Y, Nakagawa T, Ishikawa T, Sato T, Uetake H, Eishi Y, Sugihara K. Clinicopathologic relevance of claudin 5 expression in breast cancer. American journal of clinical pathology. 2015.04; 143 (4): 540-6. ( PubMed, DOI )

  35. Ishiba T, Nakagawa T, Sato T, Nagahara M, Oda G, Sugimoto H, Kasahara M, Hosoya T, Kubota K, Fujioka T, Danenberg P, Danenberg K, Uetake H. Efficiency of fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography to predict prognosis in breast cancer patients received neoadjuvant chemotherapy. SpringerPlus. 2015; 4 817. ( PubMed, DOI )

  36. Ishiba T, Nagahara M, Nakagawa T, Sato T, Ishikawa T, Uetake H, Sugihara K, Miki Y, Nakanishi A. Periostin suppression induces decorin secretion leading to reduced breast cancer cell motility and invasion. Scientific reports. 2014.11; 4 7069. ( PubMed, DOI )

  37. Oda G, Sato T, Ishikawa T, Kawachi H, Nakagawa T, Kuwayama T, Ishiguro M, Iida S, Uetake H, Sugihara K. Significance of stromal decorin expression during the progression of breast cancer. Oncology reports. 2012.12; 28 (6): 2003-8. ( PubMed, DOI )

  38. Sato T, Iwasaki A, Iwama T, Kawai S, Nakagawa T, Sugihara K. A rare case of extensive ductal carcinoma in situ of the breast with secretory features. Rare tumors. 2012.10; 4 (4): e52. ( PubMed, DOI )

  39. Nagahara M, Nishida N, Iwatsuki M, Ishimaru S, Mimori K, Tanaka F, Nakagawa T, Sato T, Sugihara K, Hoon DS, Mori M. Kinesin 18A expression: clinical relevance to colorectal cancer progression. International journal of cancer. 2011.12; 129 (11): 2543-52. ( PubMed, DOI )

  40. Nagahara M, Mimori K, Kataoka A, Ishii H, Tanaka F, Nakagawa T, Sato T, Ono S, Sugihara K, Mori M. Correlated expression of CD47 and SIRPA in bone marrow and in peripheral blood predicts recurrence in breast cancer patients. Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research. 2010.09; 16 (18): 4625-35. ( PubMed, DOI )

  41. Nakagawa T, Iida S, Osanai T, Uetake H, Aruga T, Toriya Y, Takagi Y, Kawachi H, Sugihara K. Decreased expression of SOCS-3 mRNA in breast cancer with lymph node metastasis. Oncology reports. 2008.01; 19 (1): 33-9. ( PubMed )

  42. Osanai T, Takagi Y, Toriya Y, Nakagawa T, Aruga T, Iida S, Uetake H, Sugihara K. Inverse correlation between the expression of O6-methylguanine-DNA methyl transferase (MGMT) and p53 in breast cancer. Japanese journal of clinical oncology. 2005.03; 35 (3): 121-5. ( PubMed, DOI )

  43. Osanai Takayuki, Takagi Yoko, Toriya Yoichi, Nakagawa Tsuyoshi, Aruga Tomoyuki, Iida Satoru, Uetake Hiroyuki, Sugihara Kenichi. 乳癌におけるO6-メチルグアニン-DNAメチルトランスフェラーゼ(MGMT)とp53発現の逆相関(Inverse Correlation Between the Expression of O6-Methylguanine-DNA Methyl Transferase (MGMT) and p53 in Breast Cancer) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2005.03; 35 (3): 121-125. ( 医中誌 )

  44. 中川 剛士, 小田 剛史, 熊木 裕一, 若菜 公雄, 大島 乃里子, 中村 玲子, 高橋 健太, 吉田 雅幸, 甲畑 宏子, 植竹 宏之, 大西 威一郎. 5臓器7病変の多臓器多発癌を発症したLynch症候群の1例 癌と化学療法. 2020.12; 47 (13): 1966-1968. ( 医中誌 )

  45. Nakagawa T, Oda G, Kumaki Y, Wakana K, Oshima N, Nakamura R, Takahashi K, Yoshida M, Koubata H, Uetake H, Onishi I. [A Case of Lynch Syndrome with Seven Cancers in Five Organs]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2020.12; 47 (13): 1966-1968. ( PubMed )

  46. 長内 孝之, 上平 大輔, 村形 綾乃, 田波 秀朗, 中川 剛士. mTOR阻害剤にて著明な心嚢水貯留を認めた再発乳癌の1例 日本外科系連合学会誌. 2020.06; 45 (3): 209-213. ( 医中誌 )

  47. Yabe S, Oda G, Nakagawa T, Kasahara M, Kumaki Y, Fujioka T, Kubota K, Onishi L, Uetake H. [A Case of Axillary Accessory Breast Cancer Treated via Latissimus Dorsi Musculocutaneous Flap Reconstruction]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2020.02; 47 (2): 343-345. ( PubMed )

  48. 矢部 早希子, 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 熊木 裕一, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 広背筋皮弁再建を施行した腋窩副乳癌の1例 癌と化学療法. 2020.02; 47 (2): 343-345. ( 医中誌 )

  49. Kumaki Y, Nakagawa T, Kasamatsu M, Ogawa A, Hosoya N, Oda G, Fujioka T, Kubota K, Uetake H. [A Case of Breast Cancer Complicated with Castleman's Disease]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.12; 46 (13): 2455-2457. ( PubMed )

  50. 熊木 裕一, 中川 剛士, 笠松 桃子, 小川 あゆみ, 細谷 徳子, 小田 剛史, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 植竹 宏之. Castleman病に合併した乳癌の1例 癌と化学療法. 2019.12; 46 (13): 2455-2457. ( 医中誌 )

  51. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  52. 熊木 裕一, 高橋 健太, 三ツ村 隆弘, 横堀 潤子, 高嶺 恵理子, 石橋 恵理, 坂下 博之, 石川 敏昭, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大島 乃里子, 中川 剛士, 木村 浩一朗, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 田邉 稔, 植竹 宏之, 三宅 智, 池田 貞勝. FoundationOne CDx検査を用いたがんゲノム解析の臨床的有用性(PROFILE-F Study) 癌と化学療法. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( 医中誌 )

  53. 長内 孝之, 中川 剛士, 滝口 典聡. 標準治療に不応となった後にPARP阻害剤が有用であった再発乳癌の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (10): 1802-1806. ( 医中誌 )

  54. 長内 孝之, 中川 剛士, 滝口 典聡. 乳癌転移による食道狭窄の1例 日本外科系連合学会誌. 2019.10; 44 (5): 883-888. ( 医中誌 )

  55. 熊木 裕一, 久保田 一徳, 小川 あゆみ, 細谷 徳子, 小田 剛史, 中川 剛士, 藤岡 友之, 池田 貞勝, 植竹 宏之. 【Women's Imaging 2019 Breast Imaging(Vol.14) Precision Medicine時代におけるライフステージと乳がん画像診断】画像診断技術の動向と臨床応用 がんゲノム医療と画像診断の現状および今後の展望 INNERVISION. 2019.07; 34 (8): 59-61. ( 医中誌 )

  56. 久保田 一徳, 菊池 夕絵, 藤岡 友之, 森 美央, 勝田 玲於奈, 野村 京子, 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 立石 宇貴秀. 【乳癌の診断と治療】診断 乳癌 サブタイプ別浸潤癌の画像診断とその鑑別 超音波検査 臨床放射線. 2019.04; 64 (4): 463-471. ( 医中誌 )

  57. 森園亜理紗、小田剛史、斎藤均、松村由佳理、田中道雄、久保田一徳、小林宏寿. 結核PCR法により診断し得た乳腺結核の1例 乳癌の臨床. 2018.10; 33 (5): 479-484.

  58. 小田剛史、久保田一徳、中川剛士、笠原舞、石場俊之、熊木裕一、足立未央、藤岡友之、植竹宏之. HBOC外来診療において乳腺画像診断に求めること インナービジョン. 2018.08; 33 (8): 5-8.

  59. 木村 文香, 小田 剛史, 花岡 まりえ, 中川 剛士, 裴 有安, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 若林 昌, 植竹 宏之. 卵巣癌乳房転移 当院で経験した卵巣癌乳房内リンパ節転移の1例報告と文献的考察 乳癌の臨床. 2018.08; 33 (4): 337-341. ( 医中誌 )

  60. 小田 剛史, 久保田 一徳, 中川 剛士, 笠原 舞, 石場 俊之, 熊木 裕一, 足立 未央, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 【Women's Imaging 2018 Breast Imaging Vol.13 個別化医療(Precision Medicine)に向けた乳がん画像診断・治療の展望】乳がん診療における画像診断の役割と進化 HBOC外来診療において乳腺画像診断に求めること INNERVISION. 2018.07; 33 (8): 5-8. ( 医中誌 )

  61. 長内孝之、佐藤栄吾、富義明、村形綾乃、小田剛史. 化学療法にて10年以上CRを得ている乳癌肝転移の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.05; 79 (8): 1609-1612.

  62. Ishiba T, Oda G, Nakagawa T, Akashi T, Yamashita Y, Aburatani T, Ogo T, Nakashima Y, Baba H, Hoshino N, Nishioka Y, Kawano T. [A Case of HER2 Positive Occult Breast Cancer Presenting as Swollen Axillary Lymph Nodes]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2018.03; 45 (3): 533-535. ( PubMed )

  63. 石場 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士, 明石 巧, 山下 大和, 油谷 和毅, 小郷 泰一, 中嶌 雄高, 馬場 裕信, 星野 直明, 西岡 良薫, 河野 辰幸. 腋窩リンパ節腫大で診断されたHER2陽性潜在性乳癌の1例 癌と化学療法. 2018.03; 45 (3): 533-535. ( 医中誌 )

  64. 木村文香、小田剛史、花岡まりえ、中川剛士、裴有安、久保田一徳、藤岡友之、若林昌、植竹宏之. 当院で経験した卵巣癌乳房内リンパ節転移の1例報告と文献的考察 乳癌の臨床. 2018; 33 (4): 337-341.

  65. 小川あゆみ、小田剛史、安川峻、熊木裕一、滝口典聡、鈴木恵子、森耕一、中川剛士.. 炎症性乳癌を呈し急速に進行したG-CSF産生乳腺Pleomorphic Carcinomaの1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1760-1762.

  66. 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、久保田一徳、藤岡友之、大西威一郎、植竹宏之. 感染を伴う潰瘍を形成した乳癌局所再発の1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1850-1852.

  67. 山下大和、石場俊之、小田剛史、中川剛士、油谷和毅、小郷泰一、中嶌雄高、馬場裕信、星野直明、西岡良薫、河野辰幸、伊藤崇、桐村進、小林宏寿.. 男性非浸潤性乳管癌の1例. 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1835-1837.

  68. Oda G, Nakagawa T, Fukuda M, Ishiba T, Kubota K, Fujioka T, Onishi I, Uetake H. [A Case of Ipsilateral Breast Tumor Recurrence with Breast Ulcer]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2017.11; 44 (12): 1850-1852. ( PubMed )

  69. Yamashita Y, Ishiba T, Oda G, Nakagawa T, Aburatani T, Ogo T, Nakashima Y, Baba H, Hoshino N, Nishioka Y, Kawano T, Itoh T, Kirimura S, Kobayashi H. [A Case of Noninvasive Ductal Carcinoma of the Breast in a Male]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2017.11; 44 (12): 1835-1837. ( PubMed )

  70. 山下 大和, 石場 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士, 油谷 和毅, 小郷 泰一, 中嶌 雄高, 馬場 裕信, 星野 直明, 西岡 良薫, 河野 辰幸, 伊藤 崇, 桐村 進, 小林 宏寿. 男性非浸潤性乳管癌の1例 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1835-1837. ( 医中誌 )

  71. 小川 あゆみ, 小田 剛史, 安川 峻, 熊木 裕一, 滝口 典聡, 鈴木 恵子, 森 耕一, 中川 剛士. 炎症性乳癌を呈し急速に進行したG-CSF産生乳腺Pleomorphic Carcinomaの1例 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1760-1762. ( 医中誌 )

  72. 小田 剛史, 中川 剛士, 福田 未緒, 石場 俊之, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 感染を伴う潰瘍を形成した乳癌局所再発の1例 癌と化学療法. 2017.11; 44 (12): 1850-1852. ( 医中誌 )

  73. 森 弘樹, 植村 法子, 岡崎 睦, 中川 剛士. 同時性両側乳癌に対する両側拡大広背筋皮弁での一次再建 Oncoplastic Breast Surgery. 2016.12; 1 (1): 37-41. ( 医中誌 )

  74. 小田 剛史, 中川 剛士, 石場 俊之, 細矢 徳子, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 癌性胸膜炎を発症した乳癌再発症例の検討 日本乳癌学会総会プログラム抄録集. 2016.06; 24回 599. ( 医中誌 )

  75. Takaoka A, Nakagawa T, Ogawa N, Hayashi M, Park S, Iseki H, Bei Y. [HER2-Positive T1a Breast Cancer Metastatic to the Liver and Brain in a Patient Who Died Four Years and Three Months after Mastectomy--A Case Report]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2015.11; 42 (12): 1779-81. ( PubMed )

  76. Hosoya T, Nakagawa T, Oda G, Uetake H. [Seven Cases of Surgery for Breast Cancer under Tumescent Local Anesthesia]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2015.11; 42 (12): 1797-9. ( PubMed )

  77. 細矢 徳子, 中川 剛士, 小田 剛史, 植竹 宏之. 低濃度大量局所浸潤麻酔(Tumescent Local Anesthesia:TLA)法にて手術を施行した乳癌の7例 癌と化学療法. 2015.11; 42 (12): 1797-1799. ( 医中誌 )

  78. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 佐藤 雄哉, 細矢 徳子, 杉原 健一. 癌性胸水・腹水に対してS-1+CPT-11併用療法が奏効した乳癌の4例 日本臨床外科学会雑誌. 2014.04; 75 (4): 880-883.

  79. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 佐藤 雄哉, 細矢 徳子, 杉原 健一. 癌性胸水・腹水に対してS-1+CPT-11併用療法が奏効した乳癌の4例 日本臨床外科学会雑誌. 2014.04; 75 (4): 880-883. ( 医中誌 )

  80. Sato Y, Nakagawa T, Sato T, Nagahara M, Sugihara K. [A case of recurrent breast cancer with carcinomatous pleurisy responding to bevacizumab and paclitaxel therapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2013.11; 40 (12): 2387-9. ( PubMed )

  81. 佐藤 雄哉, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 杉原 健一. Bevacizumab+Paclitaxel療法が奏効した乳癌癌性胸膜炎の1例 癌と化学療法. 2013.11; 40 (12): 2387-2389. ( 医中誌 )

  82. Nakagawa T, Sato T, Mori H, Uemura N, Nagahara M, Sugihara K. [A case of T4bN3c breast cancer treated with modified radical mastectomy with immediate reconstruction using a tissue expander after systemic chemotherapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2013.11; 40 (12): 2354-6. ( PubMed )

  83. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 森 弘樹, 植村 法子, 永原 誠, 杉原 健一. 全身化学療法施行後、組織拡張器挿入により一次再建を施行したT4bN3c乳癌の1例 癌と化学療法. 2013.11; 40 (12): 2354-2356. ( 医中誌 )

  84. 久保田 一徳, 町田 洋一, 藤岡 友之, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 渋谷 均. 【癌の術後画像診断-合併症と局所再発のチェックポイント-】(第3章)乳癌 乳房温存手術 断端再発と所属リンパ節再発 画像診断. 2013.09; 33 (11): s38-s48. ( 医中誌 )

  85. 豊岡 正裕, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. LetrozoleとZoledronic acidの併用にて完全奏効を得た、多発骨転移を伴うStage IV乳癌の1例 乳癌の臨床. 2013.06; 28 (3): 349-355. ( 医中誌 )

  86. 石場 俊之, 中川 剛士, 笠原 舞, 杉本 斉, 水原 誠, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法中の骨転移出現を18F-FDG PET-CTにより確認できた2例 乳癌の臨床. 2012.12; 27 (6): 727-732. ( 医中誌 )

  87. Ueda H, Nakagawa T, Sato T, Nagahara M, Sugihara K. [A case of breast cancer liver metastases with jaundice responding to trastuzumab monotherapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2012.11; 39 (12): 2068-70. ( PubMed )

  88. Sugimoto H, Nakagawa T, Sato T, Nagahara M, Ishiba T, Kasahara M, Kawachi H, Kubota K, Sugihara K. [A long-surviving case of HER2-positive breast cancer with brain metastasis treated by multidisciplinary therapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2012.11; 39 (12): 2071-3. ( PubMed )

  89. Yamauchi S, Nakagawa T, Kasahara M, Sugimoto H, Ishiba T, Tamura N, Nagahara M, Sato T, Sugihara K. [A case of metastatic breast cancer with bilateral hydronephrosis effectively treated with capecitabine]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2012.11; 39 (12): 2077-9. ( PubMed )

  90. Ishiba T, Nakagawa T, Kasahara M, Sugimoto H, Nagahara M, Sato T, Kubota I, Kawauchi H, Sugihara K. [A case of cardiac tamponade due to breast cancer treated with weekly paclitaxel]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2012.11; 39 (12): 2060-2. ( PubMed )

  91. 杉本 斉, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 石場 俊之, 笠原 舞, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 集学的治療によって長期生存が得られたHER2強陽性乳癌脳転移の1例 癌と化学療法. 2012.11; 39 (12): 2071-2073. ( 医中誌 )

  92. 石場 俊之, 中川 剛士, 笠原 舞, 杉本 斉, 永原 誠, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. Paclitaxel投与が有効であった再発乳癌による心タンポナーデの1例 癌と化学療法. 2012.11; 39 (12): 2060-2062. ( 医中誌 )

  93. 上田 浩樹, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 杉原 健一. 黄疸進行する肝転移にTrastuzumab単剤投与が著効した乳癌の1例 癌と化学療法. 2012.11; 39 (12): 2068-2070. ( 医中誌 )

  94. 山内 慎一, 中川 剛士, 笠原 舞, 杉本 斉, 石場 俊之, 田村 宜子, 永原 誠, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. Capecitabineが奏効した再発乳癌による両側水腎症の1例 癌と化学療法. 2012.11; 39 (12): 2077-2079. ( 医中誌 )

  95. 杉本 斉, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 石場 俊之, 笠原 舞, 杉原 健一. 乳腺サルコイドーシスの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2012.07; 73 (7): 1638-1642. ( 医中誌 )

  96. 竹本 暁, 市村 香代子, 櫻井 うらら, 廣岡 信一, 小林 大輔, 河内 洋, 細矢 匡, 中川 剛士, 久保田 一徳, 明石 巧. ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死Bisphosphonate Related Osteonecrosis of the Jaw(BRONJ)を侵入門戸とする感染性心内膜炎を発症した関節リウマチ・乳癌術後の1剖検例 お茶の水医学雑誌. 2012.03; 60 (1): 83-88. ( 医中誌 )

  97. Sato T, Nakagawa T, Kuwayama T, Oda G, Sugimoto H, Ishiba T, Sugihara K. [A case of breast cancer liver metastases responding to lapatinib and capecitabine therapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2011.11; 38 (12): 2180-2. ( PubMed )

  98. Kuwayama T, Sato T, Nakagawa T, Sugimoto H, Ishiba T, Kubota K, Sugihara K. [A case of scalp metastases from breast cancer successfully treated with letrozole]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2011.11; 38 (12): 2183-5. ( PubMed )

  99. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 杉本 斉, 石場 俊之, 杉原 健一. Lapatinib+Capecitabine併用療法が奏効した乳癌肝転移の1例 癌と化学療法. 2011.11; 38 (12): 2180-2182. ( 医中誌 )

  100. 桑山 隆志, 佐藤 隆宜, 中川 剛士, 杉本 斉, 石場 俊之, 久保田 一徳, 杉原 健一. Letrozole単独投与が著効した乳癌後頭部皮膚転移の1例 癌と化学療法. 2011.11; 38 (12): 2183-2185. ( 医中誌 )

  101. 桑山 隆志, 佐藤 隆宜, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 杉原 健一. 広範囲な梗塞壊死を伴った乳癌の2例 外科. 2011.05; 73 (5): 533-536. ( 医中誌 )

  102. 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 中川 剛士, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 一期的乳房再建を施行した原発性乳腺血管肉腫の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2011.03; 72 (3): 604-607. ( 医中誌 )

  103. 中川 剛士, 森 弘樹, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 杉原 健一, 長内 孝之. 局所再発を繰り返す悪性葉状腫瘍に対して胸壁切除広背筋皮弁再建を施行した1例 外科. 2011.02; 73 (2): 211-213. ( 医中誌 )

  104. 小田 剛史, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 術前化学療法でpCRを得たが術後早期に多発肝転移をきたした進行乳癌の1例 外科. 2010.12; 72 (13): 1556-1558. ( 医中誌 )

  105. Oda G, Nakagawa T, Sato T, Kuwayama T, Yamamoto K, Kawachi H, Kubota K, Sugihara K. [A case of stage IV breast cancer with bone metastases that responded well for long-term to hormonal therapy]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2010.11; 37 (12): 2753-5. ( PubMed )

  106. Sato T, Nakagawa T, Kuwayama T, Oda G, Kuboto K, Machida Y, Kawachi H, Sugihara K. [Pilot study of radiofrequency ablation (RFA) therapy in patients with early breast cancer]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2010.11; 37 (12): 2750-2. ( PubMed )

  107. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 久保田 一徳, 町田 洋一, 河内 洋, 杉原 健一. 当院での乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の試み 癌と化学療法. 2010.11; 37 (12): 2750-2752. ( 医中誌 )

  108. 小田 剛史, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 山本 浩平, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. ホルモン療法が長期奏効している骨転移を伴うStage IV乳癌の1例 癌と化学療法. 2010.11; 37 (12): 2753-2755. ( 医中誌 )

  109. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 森 弘樹, 久保田 一徳, 杉原 健一, 長内 孝之. 腹直筋皮弁による左乳房再建後に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例 手術. 2010.07; 64 (8): 1205-1207. ( 医中誌 )

  110. Sato T, Nakagawa T, Kuwayama T, Kubota K, Suzuki S, Sugihara K. [A case of inflammatory breast cancer responding to anastrozole]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2009.11; 36 (12): 2477-9. ( PubMed )

  111. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 久保田 一徳, 鈴木 志保, 杉原 健一. Anastrozoleが著効した炎症性乳癌の1例 癌と化学療法. 2009.11; 36 (12): 2477-2479. ( 医中誌 )

  112. 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 鳥井原 彰, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 長内 孝之, 渋谷 均. 【乳癌の診断と治療update】PET 乳癌のPETの意義と実際について 臨床放射線. 2009.10; 54 (11): 1426-1434. ( 医中誌 )

  113. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 菊池 章史, 河内 洋, 杉原 健一. 胸骨傍リンパ節のセンチネルリンパ節生検が有用であった異時性同側乳癌の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2009.03; 70 (3): 673-676. ( 医中誌 )

  114. 永原 誠, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 有井 滋樹, 杉原 健一. 肝移植後に発症した異時性肺癌,乳癌の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2007.11; 68 (11): 2905-2908. ( 医中誌 )

  115. 中川 剛士, 有賀 智之, 長内 孝之, 久保田 一徳, 森 弘樹, 杉原 健一. Adenoma of the nippleと鑑別を要した乳頭直下浸潤性乳管癌の1例 外科. 2005.07; 67 (7): 840-843. ( 医中誌 )

  116. 中川 剛士, 長内 孝之, 大石 陽子, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 杉原 健一. Trastuzumab,docetaxel併用療法にてCRが得られた後,脳転移が出現した再発乳癌の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2004.10; 65 (10): 2619-2623. ( 医中誌 )

  117. 高垣 航輔, 大浦 正晴, 山田 敏生, 清水 規隆, 小林 史枝, 江原 洋, 前田 正人, 中川 剛士, 中村 勝運, 永合 正浩, 柴田 稔. 自動車エアバッグ展開により腹腔内出血を呈した1例 救急医学. 2000.02; 24 (2): 244-246. ( 医中誌 )

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 森 美央, 菊池 夕絵, 勝田 玲於奈, 足立 未央, 小田 剛史, 中川 剛士, 立石 宇貴秀. 敵対的生成ネットワークを用いた乳房超音波画像における異常検出の有用性の検証. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  2. 高橋 健太, 熊木 裕一, 横堀 潤子, 高嶺 恵里子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 敏昭, 伴 大輔, 工藤 篤, 木村 浩一朗, 中川 剛士, 田邉 稔, 宮坂 尚幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんの診断・治療とLiquid Biopsyの意義 がんゲノム医療におけるLiquid biopsyの可能性 前向き観察研究PROFILE試験の結果から. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2019.10.01

  3. 石場 俊之, 中西 啓, 高木 洋子, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一, 三木 義男. ペリオスチン欠損によるデコリンの分泌は癌細胞の遊走・浸潤を抑制する(Decorin secretion from cancer cells with periostin deficiency significantly decreased the cancer migration and invasion). 日本癌学会総会記事 2013.10.01

  4. 石場 俊之, 中西 啓, 高木 洋子, 笠原 舞, 杉本 斉, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一, 三木 義男. 葉状腫瘍のプロテオーム解析から導いたdecorinとperiostinの関連性(The correlation of decorin and periostin indicated by the proteomics of phyllodes). 日本癌学会総会記事 2012.08.01

  5. 永原 誠, 三森 功士, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一, 森 正樹. 乳癌骨髄中のCD47発現と乳癌サブタイプにおける予後・再発予測因子としての意義. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  6. 小川 あゆみ, 熊木 裕一, 細矢 徳子, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 胃空腸バイパス術によりQOLの向上を図った乳癌腹腔内転移の2例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  7. 小田 剛史, 中川 剛士, 吉野 真穂, 林 久美子, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 杉本 斉, 植村 法子, 森 弘樹, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 当院におけるDIEP皮弁による乳房一次再建の長期成績. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  8. 中川 剛士, 森 弘樹, 小田 剛史, 熊木 裕一, 小川 あゆみ, 細矢 徳子. 腹部自家組織を用いた乳房1次再建後の腹部手術の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  9. 佐藤 栄吾, 長内 孝之, 中川 剛士. 急速に進行した頸椎転移により上肢麻痺をきたした再発乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  10. 杉本 斉, 中川 剛士, 林 久美子, 吉野 真穂, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 小田 剛史, 植竹 宏之. 乳癌の転移にて水腎症を来した7例の検討. 日本臨床外科学会雑誌 2020.10.01

  11. 熊木 裕一, 中川 剛士, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 小田 剛史, 池田 貞勝, 植竹 宏之. がん遺伝子パネル検査を施行した乳癌患者20例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  12. 小田 剛史, 中川 剛士, 小川 あゆみ, 熊木 裕一, 細矢 徳子, 植村 法子, 森 弘樹, 森 美央, 藤岡 友之, 植竹 宏之. 乳癌センチネルリンパ節転移陽性で腋窩郭清を施行し4個以上リンパ節転移を認めた症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  13. 小川 あゆみ, 林 久美子, 吉野 真穂, 細矢 徳子, 杉本 斉, 小田 剛史, 中川 剛士, 森 美央, 藤岡 友之, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 乳癌を併発したWerner症候群の1例. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2020.10.01

  14. 森 弘樹, 中川 剛士, 小田 剛史. 3次元カメラでの乳房計測において適切なマーカー数・位置とは?. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2020.10.01

  15. 木内 英美, 中川 剛士, 小田 剛史. 術後7年目に急激な全身転移を来した乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2020.09.01

  16. 三宅 久美子, 小田 剛史, 中川 剛士, 熊木 裕一, 小川 あゆみ, 植竹 宏之. 乳癌腹腔内リンパ節転移による両側水腎症に対し両側尿管ステント留置を施行した一例. 日本臨床外科学会雑誌 2020.09.01

  17. 石場 俊之, 矢部 早希子, 奈良 美也子, 才田 千晶, 大西 舞, 後藤 理紗, 岩本 奈織子, 宮本 博美, 本田 弥生, 小田 剛史, 中川 剛士, 植竹 宏之, 有賀 智之. 術後漿液腫予防のためのエネルギーデバイスを用いた腋窩リンパ節郭清. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  18. 中川 剛士, 小田 剛史, 森 弘樹, 植村 法子. 進行乳癌に対して術前化学療法施行後のNipple sparing mastectomy施行の是非. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  19. 赤星 径一, 伴 大輔, 中川 剛士, 山内 慎一, 岡本 健太郎, 岡田 英理子, 遠藤 彰, 八島 正文, 石橋 洋則, 絹笠 祐介, 植竹 宏之, 大久保 憲一, 大友 康裕, 荒井 裕国, 田邉 稔. 外科系新専門医制度の現状分析と課題. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  20. 熊木 裕一, 池田 貞勝, 小川 あゆみ, 細矢 徳子, 小田 剛史, 中川 剛士, 高橋 健太, 高嶺 恵理子, 横堀 潤子, 植竹 宏之. 乳癌再発患者に対するリキッドバイオプシーの臨床的有用性について. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  21. 松寺 翔太郎, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 青柳 康子, 熊木 裕一, 高橋 健太, 木村 浩一朗, 大西 威一郎, 荻野 恵, 伴 大輔, 中川 剛士, 高木 正稔, 石川 敏明, 岡本 健太郎, 植竹 宏之, 田邊 稔, 土岡 丘, 小嶋 一幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの有用性の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020.08.01

  22. 笠原 舞, 矢部 早希子, 足立 未央, 熊木 裕一, 小田 剛史, 中川 剛士, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 線維腺腫内・近傍に発生した浸潤性乳癌3例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  23. 石場 俊之, 才田 千晶, 大西 舞, 後藤 理紗, 岩本 奈緒子, 小田 剛史, 中川 剛士, 三木 義男, 本田 弥生, 宮本 博美, 有賀 智之. 当院における乳房Paget病17例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  24. 矢部 早希子, 中川 剛士, 熊木 裕一, 笠原 舞, 小田 剛史, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 乳房全切除術におけるサルコペニアと術後合併症との関連についての検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  25. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 森 美央, 勝田 玲於奈, 菊池 夕絵, 野村 京子, 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 大西 威一郎, 立石 宇貴秀. 乳房画像診断のQuality Indicator作成の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  26. 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 熊木 裕一, 矢部 早希子, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 植村 法子, 森 弘樹, 植竹 宏之. 乳癌腋窩リンパ節転移陽性者に対する乳房一次再建症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  27. 熊木 裕一, 池田 貞勝, 矢部 早希子, 笠原 舞, 小田 剛史, 高嶺 恵理子, 横堀 潤子, 石橋 恵理, 高橋 健太, 坂下 博之, 中川 剛士, 三宅 智, 植竹 宏之. 乳癌患者の治療選択におけるがんゲノム検査の有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  28. 足立 未央, 熊木 裕一, 笠原 舞, 藤岡 友之, 小田 剛史, 久保田 一徳, 中川 剛士, 吉川 公麿. マイクロ波を用いた非侵襲性乳腺腫瘍検出装置における乳癌の検出. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  29. 長内 孝之, 中川 剛士, 関 知子, 滝口 典聡. HR陽性/HER2陰性転移性乳がんに対してCDK4/6阻害剤(palbociclib)使用に関しての検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  30. 森 弘樹, 中川 剛士, 小田 剛史. Axillary tail 外側の乳腺位置・形態についての術前MRIでの評価. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  31. 吉田 匡宏, 菅沼 伸康, 山下 年成, 山中 隆司, 志賀 淑子, 山本 大悟, 戸田 一真, 小島 未央, 中川 剛士, 小田 剛史, 吉村 亮一. SAVIを用いたAPBIの前向き多施設臨床試験の早期有害事象報告. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2019.07.01

  32. 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 熊木 裕一, 足立 未央. 術前に腫瘤非形成性DCISと診断された症例の臨床病理学的検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  33. 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 植竹 宏之, 森 弘樹, 久保田 一徳, 藤岡 友之. Skin-sparing mastectomy/Nipple-sparing mastectomyの局所再発形式の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2019.04.01

  34. 加瀬 早織, 笠原 舞, 小田 剛史, 松岡 陽, 中川 剛士, 植竹 宏之. 透析関連腎細胞癌術後に腋窩リンパ節転移を認めた1例. 日本臨床外科学会雑誌 2019.03.01

  35. 岡本 真穂, 長内 孝之, 佐藤 栄吾, 笠原 舞, 小田 剛史, 中川 剛士. インドシアニングリーン蛍光造影法にて病変を確認した乳癌皮膚再発の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2018.10.01

  36. 長内 孝之, 中川 剛士, 弓削 徳久, 関 知子, 滝口 典聡. OncotypeDX検査と各種molecular markerとの関連. 日本臨床外科学会雑誌 2018.10.01

  37. 笠松 桃子, 福田 未緒, 小田 剛史, 中川 剛士, 植竹 宏之. Castleman病に合併した乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2018.06.01

  38. 小田剛史、中川剛士、笠原舞、石場俊之、藤岡友之、久保田一徳、森弘樹、植竹宏之. C領域乳癌に対する乳房温存手術における皮膚切開および欠損部充填の工夫 . 第26回日本乳癌学会学術総会 2018.05.18 京都

  39. 中川剛士、小田剛史、笠原舞、久保田一徳、藤岡友之、植竹宏之. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 第26回日本乳癌学会学術総会 2018.05.18 京都

  40. 藤岡友之、久保田一徳、八嶋夕絵、白川陽子、大熊ひでみ、立石宇貴秀、笠原舞、石場俊之、小田剛史、中川剛士. 乳腺粘液癌におけるFDG-PET/CTの有用性の検討. 第26回日本乳癌学会学術総会 2018.05.16 京都

  41. 笠原舞、鳥屋洋一、松田実、嘉和知靖之、瀧和博、櫻井うらら、小田剛史、中川剛士.. 化学療法の効果判定が困難であった局所進行巨大粘液癌の1例.. 第26回日本乳癌学会学術総会 2018.05.16 京都

  42. 石場俊之、矢部早希子、花岡まりえ、藤原直人、星野直明、 西岡良薫、杉本斉、小田剛史、中川剛士、三木義男. 進行・再発乳癌における肺転移巣の臨床的完全奏功症例の検討 . 第26回日本乳癌学会学術総会 2018.05.16 京都

  43. 石場 俊之, 矢部 早希子, 花岡 まりえ, 藤原 直人, 星野 直明, 西岡 良薫, 杉本 斉, 小田 剛史, 中川 剛士, 三木 義男. 進行・再発乳癌における肺転移巣の臨床的完全奏功症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  44. 関 知子, 有田 カイダ, 長内 孝之, 中川 剛士. 当院における非常勤の乳腺専門医との連携診療について 乳がん看護認定看護師の活動と見解. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  45. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 八嶋 夕絵, 白川 陽子, 立石 宇貴秀, 笠原 舞, 石破 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士. 乳腺粘液癌におけるFDG-PET/CTの有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  46. 笠原 舞, 鳥屋 洋一, 松田 実, 嘉和知 靖之, 瀧 和博, 櫻井 うらら, 小田 剛史, 中川 剛士. 化学療法の効果判定が困難であった局所進行巨大粘液癌の1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  47. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 戸田 一真, 吉村 亮一, 立石 宇貴秀. SAVIによるAPBIにおける画像診断 造影MRIと術後の超音波を中心に. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  48. 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 植竹 宏之. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  49. 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 石場 俊之, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 森 弘樹, 植竹 宏之. C領域乳癌に対する乳房温存手術における皮膚切開および欠損部充填の工夫. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2018.05.01

  50. 中川剛士、小田剛史、笠原舞、植竹宏之. 術前化学療法を施行した進行乳癌の予後予測因子の検討. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  51. 小田剛史, 中川剛士, 笠原舞, 石場俊之, 藤岡友之, 久保田一徳, 大西威一郎, 植竹宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  52. 小田 剛史, 中川 剛士, 笠原 舞, 石場 俊之, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 植竹 宏之. 非浸潤癌に対する治療 DCIS針生検検体におけるHER2検査の意義. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2018.04.01

  53. 中川 剛士, 小田 剛史, 笠原 舞, 植竹 宏之. 術前化学療法を施行した進行乳癌の予後予測因子の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2018.04.01

  54. 小田剛史、中川剛士、石場俊之、笠原舞、福田未緒、藤岡友之、久保田一徳、植竹宏之.. 腫瘤非形成性の非浸潤性乳管癌における浸潤部を予測する因子についての検討.. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21 横浜

  55. 中川剛士、小田剛史、久保田一徳、植竹宏之. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 第55回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21 横浜

  56. 小田 剛史, 中川 剛士, 石場 俊之, 笠原 舞, 福田 未緒, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 腫瘤非形成性の非浸潤性乳管癌における浸潤部を予測する因子についての検討. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2017.10.01

  57. 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 植竹 宏之. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2017.10.01

  58. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 小田 剛志, 中川 剛士, 齋田 幸久, 立石 宇貴秀. 乳腺マルチモダリティ診断に必要なシステム環境について. 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2017.08.01

  59. 石場俊之、星野直明、山下大和、油谷知毅、小郷泰一、中嶌雄高、馬場裕信、小田剛史、三木義男、中川剛士、西岡良薫.. 肉芽腫性乳腺炎の二例. 第25回乳癌学会学術総会 2017.07.14 福岡

  60. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大熊 ひでみ, 石場 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士, 立石 宇貴秀. Shear wave elastographyを用いた浸潤性乳管癌における硬さと画像・病理学的因子との関係の検討. 日本乳癌学会総会 2017.07.13 福岡

  61. 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場 俊之、藤岡友之、 久保田一徳、武田浩文、植竹宏之.. 骨修飾薬および内分泌療法を施行したホルモン陽性乳癌骨転移症例についての検討. 第25回乳癌学会学術総会 2017.07.13 福岡

  62. 小田 剛史, 中川 剛士, 福田 未緒, 石場 俊之, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 武田 浩文, 植竹 宏之. 骨修飾薬および内分泌療法を施行したホルモン陽性乳癌骨転移症例についての検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  63. 石場 俊之, 星野 直明, 山下 大和, 油谷 知毅, 小郷 泰一, 中嶌 雄高, 馬場 裕信, 小田 剛士, 三木 義男, 中川 剛士, 西岡 良薫. 肉芽腫性乳腺炎の二例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  64. 福田 未緒, 小田 剛史, 中川 剛士, 藤岡 友之, 久保田 一徳, 秋田 くらら, 大西 威一郎, 明石 巧, 秋山 太, 植竹 宏之. 腺筋上皮腫が悪性転化し局所再発した1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  65. 森 弘樹, 中川 剛士, 小田 剛史. 患者報告アウトカムから考える上から目線の乳房写真評価. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  66. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 大熊 ひでみ, 石場 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士, 立石 宇貴秀. Shear wave elastographyを用いた浸潤性乳管癌における硬さと画像・病理学的因子との関係の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  67. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 中川 剛士, 小田 剛史, 立石 宇貴秀. FDG-PET/CTからみた若年者乳がんの特徴. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2017.07.01

  68. 小田剛史、中川剛士、福田未緒、石場俊之、大西威一郎 藤岡友之 久保田徳、植竹宏之.. 感染を伴う潰瘍を形成した 乳癌局所再発の一例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  69. 福田未緒、小田剛史、中川剛士、戸田一真、吉村亮一、久保田一徳、植竹宏之.. SAVIを用いた術後APBIを施行した症例の検討. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  70. 石場俊之、西岡良薫、星野直明、馬場裕信、小郷泰一、中嶌雄高、油谷知毅、小田剛史、中川剛士、植竹宏之.. 腋窩リンパ節腫大で診断されたHER2 陽性潜在性乳癌の一例. 第39回日本癌局所療法研究会 2017.06.23 京都

  71. 中川剛士、小田剛史、久保田一徳、植竹宏之、石場俊之.. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性.. 第50回制癌剤適応研究会 2017.03.17 徳島

  72. 中川剛士.. 【座長】一般演題⑦ 乳腺⑤. 第18回SNNS研究会学術集会 2016.11.12 東京

  73. 木村 文香, 小田 剛史, 花岡 まりえ, 細矢 徳子, 中川 剛士, 裴 有安, 若林 晶, 植竹 宏之. 当院で手術を施行した卵巣癌乳腺転移の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2016.11.01

  74. 小川 あゆみ, 中川 剛士, 小田 剛史, 細矢 徳子, 裴 有安, 植竹 宏之. 右C領域に発生した男性乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2016.11.01

  75. 小田剛史、中川剛士、石場俊之、福田未緒、久保田一徳、植竹宏之.. 術前非浸潤性乳管癌と診断された症例の検討(生検デバイスによる違いがあるか).. 第54回日本癌治療学会学術集会 2016.10.21 横浜

  76. 小田 剛史, 中川 剛士, 石場 俊之, 福田 未緒, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 術前非浸潤性乳管癌と診断された症例の検討 生検デバイスによる違いがあるか. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2016.10.01

  77. 石場 俊之, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 森 弘樹, 西岡 良薫, 植竹 宏之. 乳腺 画像診断の進歩 術前化学療法を受けた乳癌患者の予後予測におけるFDG-PET/CTの有用性. 日本癌治療学会学術集会抄録集 2016.10.01

  78. 小田剛史、中川剛士、石場俊之、細矢徳子、久保田一徳、植竹宏之.. 癌性胸膜炎を発症した乳癌再発症例の検討.. 第24回日本乳癌学会学術総会 2016.06.18 東京

  79. 中川剛士、小田剛史、植竹宏之、三宅智.. 乳癌癌性胸水に対するLate lineでのS-1+CPT-11併用療法の施行経験.. 第21回日本緩和医療学会学術大会 2016.06.17 京都

  80. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 岡澤 かおり, 中川 剛士, 小田 剛史, 細谷 徳子. 高濃度造影剤を使用した乳房MRIの初期経験. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2016.06.01

  81. 森 弘樹, 岡崎 睦, 中川 剛士, 小田 剛史. 再建乳房評価における上方からの写真撮影. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2016.06.01

  82. 中川 剛士, 小田 剛史, 植竹 宏之, 三宅 智. 乳癌癌性胸水に対するLate lineでのS-1+CPT-11併用療法の施行経験. Palliative Care Research 2016.06.01

  83. 石場 俊之, 小田 剛史, 中川 剛士, 小畑 満, 吉野内 聡, 大野 玲, 植竹 宏之. オンコロジックエマージェンシーとなった高カルシウム血症を契機に診断された乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2016.06.01

  84. 中川剛士、小田剛史、細矢徳子、森弘樹、植竹宏之.. 術前化学療法を施行した乳頭乳輪温存乳房切除術症例の検討.. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016.04.15 大阪

  85. 中川 剛士, 小田 剛史, 細矢 徳子, 森 弘樹, 植竹 宏之. 術前化学療法を施行した乳頭乳輪温存乳房切除術症例の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2016.04.01

  86. 小田剛史.. 東京医科歯科大学におけるHBOC診療の取り組み.. 第4回TM遺伝性乳がん卵巣がん研究会 2016.03.01 東京

  87. 高岡 亜弓, 中川 剛士, 小川 憲人, 林 美貴子, 朴 成進, 井石 秀明, 裴 有安. 術後9ヵ月で多発肝転移を認め術後4年3ヵ月で死亡したT1a乳癌の1例. 癌と化学療法 2015.11.01

  88. 中川剛士、小田剛史、細矢徳子、久保田一徳、植竹宏之.. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.29 京都

  89. 小田剛史、中川剛士、細矢徳子、植竹宏之.. 当院における乳癌脳転移再発症例の検討.. 第53回日本癌治療学会学術集会 2015.10.29 京都

  90. 中川 剛士, 小田 剛史, 細矢 徳子, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 術前針生検で非浸潤性乳管癌と診断した症例の検討 高齢者の治療方針に差があるか. 日本臨床外科学会雑誌 2015.10.01

  91. 花岡 まりえ, 小田 剛史, 細矢 徳子, 中川 剛士, 新宅 洋, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 対側腋窩リンパ節転移を来した温存術後の乳癌局所再発の一症例. 日本臨床外科学会雑誌 2015.10.01

  92. 細矢 徳子, 中川 剛士, 永原 誠, 小田 剛史, 植竹 宏之. TLA(Tumescent Local Anesthesia)法にて手術を施行した乳癌7例. 日本臨床外科学会雑誌 2015.10.01

  93. 小田 剛史, 中川 剛士, 細矢 徳子, 植竹 宏之. 当院における乳癌脳転移再発症例の検討. 日本癌治療学会誌 2015.09.01

  94. 中川 剛士, 小田 剛史, 細矢 徳子, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 乳腺 乳がん治療個別化のバイオマーカー FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 日本癌治療学会誌 2015.09.01

  95. 小田剛史.. 当院における新規抗HER2療法の使用経験.. Chugai Breast Cancer Symposium in 御茶ノ水 2015.07.29 東京

  96. 細矢徳子、中川剛士、大和田薫里、石場俊之、小田剛史、永原誠、植竹宏之.. TLA(Tumescent Local Anesthesia)法にて手術を施行した乳癌7例.. 第37回日本乳癌局所療法研究会 2015.07.10 千葉

  97. 中川剛士、小田剛史、石場俊之、細矢徳子、永原誠.. 乳癌癌性胸水/腹水に対するS-1+CPT-11併用療法.. 第23回日本乳癌学会学術総会 2015.07.02 東京

  98. 小田 剛史, 中川 剛士, 永原 誠, 石場 俊之, 細矢 徳子, 藤岡 友之, 久保田 一徳. 乳癌骨転移に対してbone-modifying agentsおよびホルモン治療を施行した症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  99. 中川 剛士, 小田 剛史, 石場 俊之, 細矢 徳子, 永原 誠. 乳癌癌性胸水/腹水に対するS-1+CPT-11併用療法. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  100. 森 弘樹, 岡崎 睦, 中川 剛士, 永原 誠. Vertical型切開を用いたSkin-sparing mastectomyの乳房皮弁血流. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  101. 佐藤 隆宣, 及川 明奈, 福富 隆志, 中川 剛士. SLN転移陽性症例における腋窩郭清縮小の可能性についての検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  102. 藤岡 友之, 町田 洋一, 久保田 一徳, 岡澤 かおり, 細矢 徳子, 小田 剛史, 石場 俊之, 永原 誠, 中川 剛士, 斎田 幸久, 立石 宇貴秀. BI-RADSを用いた乳房MRIの読影・病変のマネージメント 有用性・問題点. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  103. 久保田 一徳, 藤岡 友之, 岡澤 かおり, 中川 剛士, 小田 剛史, 永原 誠, 細谷 徳子, 石場 俊之, 中館 雅志, 岩佐 嘉洋, 齋田 幸久, 立石 宇貴秀. Abbreviated breast MRIの検証. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2015.07.01

  104. 中川剛士、小田剛史、細矢徳子、久保田一徳、植竹宏之.. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性.. 第24回日本癌病態治療研究会 2015.06.25 栃木

  105. 小田剛史、中川剛士、細矢徳子、森弘樹、久保田一徳、植竹宏之.. 若年乳癌に対する皮下乳腺全摘+一次再建症例の検討.. 第21回日本家族性腫瘍学会学術集会 2015.06.06 埼玉

  106. 小田 剛史, 中川 剛士, 細矢 徳子, 森 弘樹, 久保田 一徳, 植竹 宏之. 若年乳癌に対する皮下乳腺全摘+一次再建症例の検討. 家族性腫瘍 2015.05.01

  107. 中川剛士、小田剛史、永原誠、細矢徳子、森弘樹、久保田一徳.. Nipple sparing mastectomyの局所再発形式の検討.. 第115回日本外科学会定期学術集会 2015.04.17

  108. 中川 剛士, 小田 剛史, 永原 誠, 細矢 徳子, 森 弘樹, 久保田 一徳. 乳癌外科治療の個別化に向けての取り組み 乳腺・内分泌 Nipple Sparing mastectomyの局所再発形式の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集 2015.04.01

  109. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 小田 剛史, 石場 俊之.. 乳癌癌性胸水/腹水/心嚢水に対してS-1+CPT-11併用療法が奏効した5例.. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.22 福島

  110. 高岡 亜弓, 小川 憲人, 林 美貴子, 朴 成進, 井石 秀明, 中川 剛士, 裴 有安. 術後9ヵ月で多発肝転移を認めたT1a乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2014.10.01

  111. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 小田 剛史, 石場 俊之, 杉本 斉. 乳癌癌性胸水/腹水/心嚢水に対してS-1+CPT-11併用療法が奏効した5例. 日本臨床外科学会雑誌 2014.10.01

  112. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 小田 剛史, 杉本 斉, 永原 誠, 安野 正道, 西岡 良薫, 杉原 健一.. 進行再発乳癌に対するpaclitaxel+bevacizumabの使用経験.. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.28 横浜

  113. 細矢 徳子, 笠原 舞, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣.. 腋窩部に発生した乳癌の1例.. 第22回日本乳癌学会学術総会 2014.07.13 大阪

  114. 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一.. 当院における進行再発乳がんに対するフルべストラントの治療成績.. 第22回日本乳癌学会学術総会 2014.07.12 大阪

  115. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 細矢 徳子, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一.. 乳癌ラジオ波焼灼療法(RFA)施行後3年以上経過した症例検討.. 第22回日本乳癌学会学術総会 2014.07.11 大阪

  116. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳,町田 洋一, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 永原 誠, 杉原 健一.. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治癒効果判定の有用性.. 第22回日本乳癌学会学術総会 2014.07.10 大阪

  117. 石場 俊之, 大野 玲, 平岡 優, 吉野内 聡, 村瀬 秀明, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 超音波ガイド下生検用VAB装置(マンモトームエリート)の有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  118. 細矢 徳子, 笠原 舞, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣. 腋窩部に発生した乳癌の1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  119. 岡澤 かおり, 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 藤岡 友之, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. 当院のステレオガイド下マンモトーム生検施行症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  120. 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 当院における進行再発乳がんに対するフルベストラントの治療成績. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  121. 久保田 一徳, 町田 洋一, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣. 乳房MRI診断におけるT1強調画像・T2強調画像所見の意義. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  122. 森 弘樹, 岡崎 睦, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. 乳房インプラントの拘縮を客観的に評価する DurometerとMRI、Baker分類の相関について. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  123. 笠原 舞, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 乳癌におけるKIF18A発現と臨床病理学的因子との関係の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  124. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 岡澤 かおり, 町田 洋一, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣. ソナゾイド造影超音波を使い術前マーキングを施行した症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  125. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 細矢 徳子, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一. 乳癌ラジオ波焼灼療法(RFA)施行後3年以上経過した症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  126. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 町田 洋一, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 永原 誠, 杉原 健一. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定の有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2014.07.01

  127. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 小田 剛史, 杉本 斉, 永原 誠, 安野 正道, 西岡 良薫, 杉原 健一. 進行再発乳癌に対するpaclitaxel+bevacizumabの使用経験. 日本癌治療学会誌 2014.06.01

  128. 中川 剛士. 【司会】. Chugai Breast Cancer Sympojium in 御茶ノ水 2014.05.14 東京

  129. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 河内 洋, 久保田 一徳, 細矢 徳子, 杉原 健一.. 術前化学療法施行した乳癌の予後因子の検討.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  130. 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一.. 乳癌におけるmiR-29 発現の臨床病理学的意義.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.05 京都

  131. 石場 俊之, 中西 啓, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 円城寺 恩, 大野 玲, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一, 三木 義男.. 葉状腫瘍のプロテオーム解析から導いたperiostin欠乏によるdecorinの細胞外放出.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  132. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 杉原 健一.. cN1以上の症例におけるAxillary Reverse Mapping法の検討.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都

  133. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 杉原 健一.. 乳癌癌性胸水/腹水に対してS-1+CPT-11併用療法が奏効した4例. 第47回制癌剤適応研究会 2014.03.07 名古屋

  134. 石場 俊之, 中西 啓, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 円城寺 恩, 大野 玲, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一, 三木 義男. 葉状腫瘍のプロテオーム解析から導いたperiostin欠乏によるdecorinの細胞外放出. 日本外科学会雑誌 2014.03.01

  135. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 河内 洋, 久保田 一徳, 細矢 徳子, 杉原 健一. 術前化学療法施行した乳癌の予後因子の検討. 日本外科学会雑誌 2014.03.01

  136. 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 乳がんにおけるmiR-29発現の臨床病理学的意義. 日本外科学会雑誌 2014.03.01

  137. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 細矢 徳子, 笠原 舞, 杉原 健一. cN1以上の症例におけるAxillary Reverse Mapping法の検討. 日本外科学会雑誌 2014.03.01

  138. 小川 憲人, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 乳癌術後にtoxic shock syndromeを発症した1例. 日本臨床外科学会雑誌 2013.10.01

  139. 中川 剛士, 上田 浩樹, 杉本 斉, 小田 剛史, 石場 俊之, 西岡 良薫, 安野 正道, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 杉原 健一. 進行再発乳癌に対するpaclitaxel+bevacizumabの使用経験. 日本癌治療学会誌 2013.09.01

  140. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 石場 俊之, 杉原 健一. ビスフォスフォネート製剤+ホルモン治療を施行した乳癌骨転移症例の検討. 日本癌治療学会誌 2013.09.01

  141. 石場 俊之, 中川 剛士, 永原 誠, 佐藤 隆宣, 大野 玲, 杉原 健一. FDG-PETによる乳癌術前化学療法の治療効果判定と予後予測. 日本癌治療学会誌 2013.09.01

  142. 上田 浩樹, 中川 剛士, 杉本 斉, 星野 直明, 西岡 良薫. 遠隔転移を伴う局所進行乳癌に対しweekly paclitaxelとBevacizumab併用化学療法が奏功し局所切除し得た1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  143. 角張 瑠奈, 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 渋谷 均, 佐藤 隆宜, 中川 剛士, 永原 誠. 男性乳房に発生した良性腫瘍5例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  144. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 岡澤 かおり, 角張 るな, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 田村 宜子, 石場 俊之, 笠原 舞. 針生検でDCISと診断された場合のFDG-PET/CTの有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  145. 神谷 綾子, 永原 誠, 笠原 舞, 石場 俊之, 田村 宣子, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 当院における乳腺粘液癌症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  146. 石場 俊之, 中川 剛士, 笠原 舞, 永原 誠, 佐藤 隆宣, 町田 洋一, 久保田 一徳, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法後の手術・術後薬物療法選択におけるFDG-PETの有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  147. 森 弘樹, 岡崎 睦, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. 乳房インプラントと再建乳房の幅と突出を比較する研究. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  148. 町田 洋一, 久保田 一徳, 片山 貴, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 角張 瑠奈, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 田村 宜子, 石場 俊之. 乳癌症例における病側優位のbackground parenchymal enhancement概念としての提唱とその特徴の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  149. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 石場 俊之, 笠原 舞, 田村 宜子, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一. センチネルリンパ節転移陽性症例における腋窩リンパ節転移個数予測の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2013.06.01

  150. 岡本 直子, 佐藤 麻奈, 関根 正喜, 根木 真理子, 河内 洋, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 長内 孝之, 江石 義信. 固定条件および使用抗体に着目した乳癌HER2検査陽性率の検討. 日本病理学会会誌 2013.04.01

  151. 中川 剛士, 飯田 聡, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 植竹 宏之, 高木 洋子, 河内 洋, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるp-STAT3発現の意義 ER発現に基づく検討. 日本外科学会雑誌 2013.03.01

  152. 岡本 直子, 河内 洋, 関根 正喜, 佐藤 麻奈, 根木 真理子, 永原 誠, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 長内 孝之, 江石 義信. 固定条件および使用抗体に着目した乳癌HER2検査陽性率の検討. 日本外科学会雑誌 2013.03.01

  153. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 永原 誠, 石場 俊之, 笠原 舞, 田村 宜子, 杉原 健一. SLN転移陽性症例における上肢リンパ流を温存する腋窩郭清の可能性についての検討. 日本外科学会雑誌 2013.03.01

  154. 町田 洋一, 久保田 一徳, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 渋谷 均. 乳房内に広範囲な進展を呈した浸潤性微小乳頭癌の一例. Japanese Journal of Diagnostic Imaging 2013.02.01

  155. 小川 憲人, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 術後にtoxic shock syndromeを発症した乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2013.01.01

  156. 岡澤 かおり, 片山 貴, 町田 洋一, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 藤澤 里奈, 佐藤 真優子, 渋谷 均, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 河内 洋. 葉状腫瘍のMRI所見について. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  157. 杉本 斉, 佐藤 隆宣, 石場 俊之, 桑山 隆志, 中川 剛士, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 当院におけるセンチネルリンパ節生検陽性例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  158. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 石場 俊之, 杉本 斉, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 術前化学療法施行した乳癌の予後因子の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  159. 町田 洋一, 森 弘樹, 久保田 一徳, 片山 貴, 岡澤 かおり, 藤澤 里奈, 藤岡 友之, 佐藤 真優子, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 渋谷 均. 深下腹壁動脈穿通枝皮弁(DIEP flap)による乳房再建 術前評価クオリティ向上への放射線診断学的取り組み. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  160. 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 岡沢 かおり, 藤澤 里奈, 藤岡 友之, 佐藤 真優子, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 杉本 斉, 石場 俊之, 河内 洋, 渋谷 均. 乳癌術後局所のFDG-PET/CT良悪鑑別と再発所見について. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  161. 石場 俊之, 中川 剛士, 杉本 斉, 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 町田 洋一, 片山 貴, 久保田 一徳, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法におけるFDG-PETの有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  162. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 佐藤 真優子, 藤澤 里奈, 岡澤 かおり, 町田 洋一, 片山 貴, 渋谷 均, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 河内 洋. MRIにてclustered ring enhancementを認めた症例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  163. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 杉本 斉, 石場 俊之, 久保田 一徳, 杉原 健一. A領域乳癌に対して整容性を考慮した温存手術. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2012.05.01

  164. 石場 俊之, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉本 斉, 笠原 舞, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法におけるFDG-PETの有用性. 日本外科学会雑誌 2012.03.01

  165. 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 石場 俊之, 杉本 斉, 杉原 健一. CT lymphography(CTLG)によるAxillary Reverse Mappingとセンチネルリンパ節(SN)の検討. 日本外科学会雑誌 2012.03.01

  166. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 永原 誠, 石場 俊之, 杉本 斉, 杉原 健一. 乳癌腹腔内リンパ節転移による閉塞性黄疸に対し胆管ステントが有用であった1例. 日本腹部救急医学会雑誌 2012.02.01

  167. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 石場 俊之, 杉本 斉, 杉原 健一. 黄疸を来した乳癌肝転移の4例. 日本臨床外科学会雑誌 2011.10.01

  168. 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 中川 剛士, 杉本 斉, 石場 俊之, 杉原 健一. 乳癌治療においてこれからリンパ節郭清をどう考える? 上肢リンパ浮腫を配慮した腋窩郭清の可能性について. 日本臨床外科学会雑誌 2011.10.01

  169. 上田 浩樹, 中川 剛士, 椙田 浩文, 平崎 重雄, 小林 大輔, 眞田 克也. von Recklinghausen病に合併した3重複癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2011.10.01

  170. 久保田 一徳, 片山 貴, 町田 洋一, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 河内 洋, 本田 真希子, 岡澤 かおり, 藤岡 友之, 渋谷 均. 複数モダリティによる胸骨傍リンパ節評価の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  171. 町田 洋一, 久保田 一徳, 片山 貴, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 河内 洋, 渋谷 均. 腹臥位撮影PETの撮影と、MRIとのfusion画像を含めた有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  172. 杉本 斉, 中川 剛士, 小田 剛史, 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 猪狩 亨, 杉原 健一. 水腎症をきたした再発乳癌の3例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  173. 森 弘樹, 岡崎 睦, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. 乳房再建 自家組織と人工物 一次再建が多い施設の視点から. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  174. 岡澤 かおり, 片山 貴, 町田 洋一, 久保田 一徳, 藤岡 友之, 渋谷 均, 佐藤 隆宜, 中川 剛士, 桑山 隆志, 岡本 直子, 河内 洋. 乳房Paget病5症例のMRI所見についての検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  175. 中川 剛士, 森 弘樹, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 全身化学療法施行後、組織拡張器挿入により一期再建を施行したT4bN3c乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  176. 藤岡 友之, 久保田 一徳, 岡澤 かおり, 町田 洋一, 片山 貴, 渋谷 均, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 河内 洋. 乳腺超音波検査における構築の乱れについて 他モダリティとの比較. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  177. 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 石場 俊之, 杉本 斉, 河内 洋, 杉原 健一. 乳癌T1mic症例におけるdecorin発現の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  178. 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一. 乳癌センチネルリンパ節の解剖学的位置の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  179. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 森 弘樹, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. Nipple sparing mastectomyの局所再発形式の検討. 日本癌治療学会誌 2011.09.01

  180. 石場 俊之, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 杉本 斉, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定の有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  181. 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 杉原 健一. CT lymphography(CTLG)によるセンチネルリンパ節(SN)とAxillary Reverse Mapping(ARM)の関係. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2011.09.01

  182. 上田 浩樹, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 伊藤 栄作, 杉原 健一. 診断に苦慮した乳癌肝転移の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2011.05.01

  183. 柴崎 ゆかり, 桑山 隆志, 中川 剛士, 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 後頭部皮膚転移にて発見された乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2011.05.01

  184. 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 中川 剛士, 高木 洋子, 河内 洋, 杉原 健一. 乳癌におけるDecorinの発現についての免疫組織化学的検討. 日本外科学会雑誌 2011.05.01

  185. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 小田 剛史, 森 弘樹, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. Nipple-sparing mastectomy施行症例の検討. 日本外科学会雑誌 2011.05.01

  186. 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 杉原 健一. CT lymphography(CTLG)によるセンチネルリンパ節(SN)とAxillary Reverse Mapping(ARM)の検討. 日本外科学会雑誌 2011.05.01

  187. 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 男性乳房に発生したmyofibroblastomaの1例. 日本臨床外科学会雑誌 2010.10.01

  188. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 石場 俊之, 杉原 健一. 整容性を重視した乳癌手術 整容性に配慮した乳房温存手術 容易な欠損部補填法. 日本臨床外科学会雑誌 2010.10.01

  189. 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 小田 剛史, 杉原 健一. 再発乳癌治療における緩和ケアとチーム医療. 日本臨床外科学会雑誌 2010.10.01

  190. 村瀬 秀明, 中川 剛士, 小田 剛史, 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 杉原 健一. 水腎症をきたした再発乳癌の2例. 日本臨床外科学会雑誌 2010.10.01

  191. 石場 俊之, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 小田 剛史, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一, 長内 孝之. PETの有用性と問題点 FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定の有用性. 日本臨床外科学会雑誌 2010.10.01

  192. 石場 俊之, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 小田 剛史, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法中の骨転移出現をFDG-PETにより確認できた2例. 日本癌治療学会誌 2010.09.01

  193. 小田 剛史, 佐藤 隆宜, 桑山 隆志, 中川 剛士, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 乳癌組織におけるDecorin発現変化についての免疫組織学的検討. 日本癌治療学会誌 2010.09.01

  194. 中川 剛士, 森 弘樹, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 河内 洋, 桑山 隆志, 小田 剛史, 杉原 健一. 一期的乳房再建を施行した乳癌症例に対する術後胸壁照射の検討. 日本癌治療学会誌 2010.09.01

  195. 小田 剛史, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 町田 洋一, 河内 洋, 杉原 健一. 左副腎への孤立性転移切除後5年生存を得た乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  196. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 小田 剛史, 桑山 隆志, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 乳癌術後25年目に局所再発を来した1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  197. 町田 洋一, 久保田 一徳, 片山 貴, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 澁谷 均. 初回生検ツールとしてUS下Vacuum Assisted Biopsyを使用した乳腺症例のまとめ. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  198. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一. 乳癌ラジオ波熱凝固療法の施行困難例に対する私の工夫. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  199. 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 渋谷 均. 乳癌温存術前マーキング 4Dプローブを用いた超音波とMRIとの比較. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  200. 森 弘樹, 岡崎 睦, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. Skin-sparing mastectomyと遊離腹部皮弁による乳房再建の後に保存肋軟骨を用いて乳頭再建. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  201. 片山 貴, 久保田 一徳, 町田 洋一, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 河内 洋, 渋谷 均. CTでincidentalに乳房所見を指摘された症例の経緯. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  202. 樋口 京子, 中川 剛士, 小田 剛史, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 河内 洋, 久保田 一徳, 町田 洋一, 杉原 健一. TAM+AIでSD継続している両側男性乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2010.05.01

  203. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 小田 剛史, 杉原 健一. 術前化学療法施行した乳癌の予後因子の検討. 日本外科学会雑誌 2010.03.01

  204. 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 小田 剛史, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 当院における術前化学療法前N0乳癌に対する化学療法後のセンチネルリンパ節生検について. 日本外科学会雑誌 2010.03.01

  205. 小田 剛史, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 森 弘樹, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 一期的再建を施行した皮下乳腺全摘症例の局所再発の検討. 日本外科学会雑誌 2010.03.01

  206. 的場 秀亮, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 天野 与稔, 杉原 健一. Von Recklinghausen病に合併した乳癌の1症例. 日本臨床外科学会雑誌 2010.03.01

  207. 久保田 一徳, 町田 洋一, 片山 貴, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 澁谷 均. 4Dプローブを用いた超音波下乳癌術前マーキングの検討 MRIとの比較. 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2010.02.01

  208. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一, 長内 孝之. 進行再発乳癌に対する4th line以降のTS-1+CPT-11施行症例の検討. 日本臨床外科学会雑誌 2009.10.01

  209. 中川 剛士, 長内 孝之, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一. 腺葉区域切除施行症例の検討. 日本臨床外科学会雑誌 2009.10.01

  210. 小田 剛史, 中川 剛士, 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 河内 洋, 久保田 一徳, 杉原 健一. 術前化学療法によりpCRを得たが、術後早期に肝転移を来した進行乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2009.10.01

  211. 桑山 隆志, 佐藤 隆宜, 中川 剛士, 杉原 健一. 乳癌遠隔再発症例において局所再発は予後因子となるか. 日本臨床外科学会雑誌 2009.10.01

  212. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 久保田 一徳, 河内 洋, 桑山 隆志, 杉原 健一, 長内 孝之. FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定の有用性. 日本癌治療学会誌 2009.09.01

  213. 森 弘樹, 佐藤 隆宣, 中川 剛士. 皮下乳腺全摘後再建における切開線が整容性に与える影響. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  214. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 小田 剛史, 久保田 一徳, 町田 洋一, 河内 洋, 杉原 健一. 原発性乳癌cNO症例におけるFDG-PETの腋窩リンパ節転移診断能. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  215. 小田 剛史, 桑山 隆志, 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 杉原 健一, 久保田 一徳, 町田 洋一, 河内 洋. 乳房原発血管肉腫の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  216. 町田 洋一, 久保田 一徳, 片山 貴, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 河内 洋, 澁谷 均. 乳癌腋窩リンパ節転移術前評価 当院症例のまとめ. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  217. 片山 貴, 久保田 一徳, 町田 洋一, 佐藤 隆宜, 桑山 隆志, 中川 剛士, 河内 洋. 乳癌の遠隔転移診断 乳癌骨転移におけるFDG-PET/CT所見. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  218. 久保田 一徳, 五味 直哉, 倉田 彰子, 町田 洋一, 片山 貴, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 河内 洋, 渋谷 均. 乳癌の術前画像診断 針生検で浸潤部が見られなかった場合. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2009.06.01

  219. 裴 有安, 伊藤 崇, 河内 洋, 岡本 直子, 猪狩 亨, 明石 巧, 江石 義信, 久保田 一徳, 中川 剛士. Atypical medullary carcinomaと診断した浸潤性乳癌の1例. 日本病理学会会誌 2009.03.01

  220. 久保田 一徳, 五味 直哉, 倉田 彰子, 町田 洋一, 片山 貴, 桑山 隆志, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 河内 洋, 渋谷 均. 針生検診断にて非浸潤性乳管癌と診断された乳癌の術前MRI診断. 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2009.02.01

  221. 町田 洋一, 久保田 一徳, 片山 貴, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 渋谷 均. 当院乳癌症例における腋窩リンパ節転移術前評価の現状. 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2009.02.01

  222. 中川 徳子, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 桑山 隆志, 森 弘樹, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一, 長内 孝之. 一期的再建を施行した皮下乳腺全摘症例の局所再発の検討. 日本外科学会雑誌 2009.02.01

  223. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 久保田 一徳, 河内 洋, 長内 孝之, 杉原 健一. FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定の有用性. 日本癌治療学会誌 2008.10.01

  224. 片山 貴, 久保田 一徳, 町田 洋一, 倉田 彰子, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 佐藤 隆宜, 河内 洋, 渋谷 均. 広範囲の乳管内病巣と微小浸潤巣を伴った乳房Paget病の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  225. 久保田 一徳, 村田 雄二, 倉田 彰子, 長内 孝之, 佐藤 隆宣, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 河内 洋, 渋谷 均. 乳癌術後の局所評価におけるFDG-PET/CTの意義. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  226. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 平崎 重雄, 久保田 一徳, 杉原 健一. 乳癌におけるPET-CTのSUV値と臨床病理学的因子の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  227. 村瀬 秀明, 中川 剛士, 吉田 謙, 大川 卓也, 眞田 克也, 柴田 稔. von Recklinghausen病に合併した男性乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  228. 町田 洋一, 久保田 一徳, 倉田 彰子, 片山 貴, 佐藤 隆宣, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 平崎 重雄, 河内 洋, 渋谷 均. Vacoraを用いた乳腺組織生検5例と有用性の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  229. 鳥屋 洋一, 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 平崎 重雄, 久保田 一徳, 倉田 彰子, 河内 洋, 杉原 健一. TLA(Tumescent Local Anesthesia)法にて乳房切除術を施行した慢性呼吸不全を伴う乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  230. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 桑山 隆志, 久保田 一徳, 河内 洋, 長内 孝之, 杉原 健一. FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定の有用性. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2008.09.01

  231. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 森 弘樹, 桑山 隆志, 久保田 一徳, 河内 洋, 長内 孝之, 杉原 健一. 癌の根治性と整容性 一期的乳房再建手術を施行した、術前化学療法施行乳癌症例についての検討. 日本外科系連合学会誌 2008.05.01

  232. 佐藤 隆宣, 佐藤 新平, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 平崎 重雄, 杉原 健一. 乳癌肝転移に対するラジオ波焼灼療法(RFA)の検討. 日本外科系連合学会誌 2008.05.01

  233. 佐藤 雄哉, 平崎 重雄, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 佐藤 隆宣, 鳥羽 美佳代, 長内 孝之, 杉原 健一. 術後5年目に両側卵巣に初発再発を起こした乳癌の1症例. 日本臨床外科学会雑誌 2008.04.01

  234. 中川 剛士, 佐藤 隆宣, 鳥屋 洋一, 久保田 一徳, 河内 洋, 杉原 健一, 長内 孝之, 森 弘樹. 非浸潤性乳管癌(DCIS)への挑戦 術前に非浸潤性乳管癌と診断した手術症例の検討. 日本外科学会雑誌 2008.04.01

  235. 佐藤 隆宣, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 平崎 重雄, 久保田 一徳, 杉原 健一. FDG-PETを用いた乳癌における腋窩リンパ節転移状況の評価. 日本外科学会雑誌 2008.04.01

  236. 久保田 一徳, 村田 雄二, 長内 孝行, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 河内 均, 渋谷 均. 乳癌術後局所FDG-PET/CT所見の検討 良性変化への集積と局所再発の違いについて. 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2008.02.01

  237. 堺 美由紀, 杉本 斉, 永原 誠, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 佐藤 隆宣, 長内 孝之, 杉原 健一. 乳腺Pseudoangiomatous stronal hyperplasia(PASH)の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2007.10.01

  238. 中川 剛士, 長内 孝之, 佐藤 隆宣, 鳥屋 洋一, 久保田 一徳, 河内 洋, 永原 誠, 杉原 健一. FDG-PETを用いた乳癌術前化学療法効果判定に関しての検討. 日本癌治療学会誌 2007.09.01

  239. 若林 舞, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 中川 剛士, 永原 誠, 杉原 健一. 線維腺腫内に生じた非浸潤性乳管癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2007.07.01

  240. 倉田 彰子, 五味 直哉, 久保田 一徳, 山本 千佐子, 長内 隆之, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 河内 洋. 画像診断で壊死を伴う線維腺腫との鑑別が困難だった乳癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007.06.01

  241. 岡田 卓也, 中川 剛士, 眞田 克也, 大川 卓也, 山内 慎一, 柴田 稔. 再発葉状腫瘍に合併した非浸潤性乳管癌の一例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007.06.01

  242. 中川 剛士, 長内 孝之, 飯田 聡, 鳥屋 洋一, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるp-STAT3とSOCS-1、-3の発現の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007.06.01

  243. 久保田 一徳, 五味 直哉, 倉田 彰子, 山本 千佐子, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 長内 孝之, 河内 洋, 渋谷 均. Two-compartment modelを用いた乳癌術前化学療法におけるMRI血流解析. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007.06.01

  244. 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 中川 剛士, 久保田 一徳, 倉田 彰子, 河内 洋, 杉原 健一. Weekly paclitaxel followed by FEC術前化学療法の評価. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2007.06.01

  245. 長内 孝之, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 高浜 佑己子, 久保田 一徳, 倉田 彰子, 杉原 健一. 乳癌術前化学療法におけるMRI縮小パターン 3レジメによる比較検討. 日本外科学会雑誌 2007.03.01

  246. 中川 剛士, 長内 孝之, 飯田 聡, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 植竹 宏之, 高木 洋子, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるp-STAT3とSOCS-3の発現の検討. 日本外科学会雑誌 2007.03.01

  247. 岡田 卓也, 真田 克也, 中川 剛士, 柴田 稔. 門脈ガス血症を伴う上腸間膜動脈分枝血栓症の1救命例. 日本臨床外科学会雑誌 2006.10.01

  248. 中川 剛士, 山内 慎一, 真田 克也, 柴田 稔. TS-1/CDDP併用療法が奏効した肝転移を伴う胃小細胞癌の一例. 日本消化器外科学会雑誌 2006.07.01

  249. 倉田 奈都子, 中川 剛士, 柴田 稔, 真田 克也, 山内 慎一. Diabetic Mastopathyの1例. 日本臨床外科学会雑誌 2006.06.01

  250. 中川 剛士, 飯田 聡, 長内 孝之, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 桑山 隆志, 林 祐二, 植竹 宏之, 高木 洋子, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるp-STAT3とSOCS-1の発現の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2006.05.01

  251. 桑山 隆志, 長内 孝之, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 林 祐二, 中川 剛士, 久保田 一徳, 河内 洋, 伊藤 栄作, 杉原 健一. 乳癌におけるapoptosis関連遺伝子のメチル化. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2006.05.01

  252. 河合 富貴子, 柴田 稔, 眞田 克也, 中川 剛士, 山内 慎一. 回盲部軸捻転症の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2006.02.01

  253. 中川 剛士, 柴田 稔, 真田 克也, 山内 慎一, 伊藤 栄作, 河内 洋, 杉原 健一. 直腸原発絨毛癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2005.10.01

  254. 山内 慎一, 中川 剛士, 真田 克也, 岸野 充浩, 河合 富貴子, 柴田 稔. 腹部単純レントゲン写真にて診断が可能であった異食によるイレウスの一例. 日本臨床外科学会雑誌 2005.10.01

  255. 中川 剛士, 飯田 聡, 長内 孝之, 植竹 宏之, 柿本 應貴, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 桑山 隆志, 林 祐二, 高木 洋子, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるp-STAT3とVEGF-Cの発現の検討. 日本癌治療学会誌 2005.09.01

  256. 山内 慎一, 中川 剛士, 円城寺 恩, 真田 克也, 柴田 稔, 伊藤 栄作. 追加切除を要した虫垂carcinoidの2例. 日本消化器外科学会雑誌 2005.07.01

  257. 桑山 隆志, 中川 剛士, 有賀 智之, 林 祐二, 遠藤 文庫, 長内 孝之, 杉原 健一. 当院におけるトラスツズマブ・タキサン併用療法施行例の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  258. 林 祐二, 桑山 隆志, 有賀 智之, 中川 剛士, 久保田 一徳, 長内 孝之, 杉原 健一. 浸潤性小葉癌の画像所見についての検討(MRIを中心に). 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  259. 中川 剛士, 長内 孝之, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 柿本 應貴, 桑山 隆志, 林 祐二, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるHER2発現とadriamycinの感受性について. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  260. 有賀 智之, 長内 孝之, 中川 剛士, 桑山 隆志, 林 祐二. エコーガイド下CNB標本は主病巣の腫瘍関連因子を正確に反映するか?. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  261. 遠藤 文庫, 鳥屋 洋一, 柿本 應貴, 中川 剛士, 桑山 隆志, 林 祐二, 有賀 智之, 長内 孝之, 杉原 健一. 女性化乳房に伴った男性線維腺腫の1例. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  262. 長内 孝之, 中川 剛士, 有賀 智之, 桑山 隆志, 林 祐二, 森 弘樹, 杉原 健一. Informed Choiceに基づく乳癌治療方針 選択術式の傾向と各術式の予後の比較. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2005.05.01

  263. 有賀 智之, 植竹 宏之, 長内 孝之, 高木 洋子, 飯田 聡, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 桑山 隆志, 林 祐二, 杉原 健一. 超音波ガイド下Core Needle Biopsy標本は主病巣の腫瘍関連蛋白発現,腫瘍関連マクロファージを正確に反映するか?. 日本外科学会雑誌 2005.04.01

  264. 滝島 茂, 桑山 隆志, 林 祐二, 遠藤 文庫, 有賀 智之, 中川 剛士, 長内 孝之, 久保田 一徳, 杉原 健一. 広範囲に壊死を認めた乳癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2005.04.01

  265. 中川 剛士, 長内 孝之, 飯田 聡, 植竹 宏之, 高木 洋子, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 桑山 隆志, 林 祐二, 柿本 應貴, 杉原 健一. 原発性乳癌におけるphospho-STAT3発現の臨床病理学的検討. 日本外科学会雑誌 2005.04.01

  266. 林 祐二, 桑山 隆志, 有賀 智之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 杉原 健一. 原発性乳癌における抗癌剤感受性試験とホルモンレセプター発現の検討. 日本外科学会雑誌 2005.04.01

  267. 高橋 英督, 嘉和知 靖之, 岩瀬 俊一, 窪田 孝蔵, 栗栖 茜, 丸山 洋, 松木 盛行, 中川 剛士, 石畝 亨. 長期透析後に発症した消化管アミロイドーシスの一手術例. 日本大腸肛門病学会雑誌 2005.03.01

  268. 遠藤 晴久, 中川 剛士, 林 祐二, 桑山 隆志, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 杉原 健一. 1年半の経過にて著明な増大を認めた巨大葉状腫瘍の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2004.10.01

  269. 藤森 喜毅, 有賀 智之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 杉原 健一. 非浸潤性アポクリン癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2004.09.01

  270. 長内 孝之, 森 弘樹, 有賀 智之, 中川 剛士, 桑山 隆志, 林 祐二, 鳥屋 洋一, 杉原 健一. 癌手術における機能再建の工夫 一期的乳房再建手術の成績 機能再建として知覚神経吻合術の結果を含めて. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  271. 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 林 祐二, 桑山 隆志, 有賀 智之, 中川 剛士, 高木 洋子, 植竹 宏之, 杉原 健一. 乳癌におけるdoxorubicinに対する抗癌剤感受性試験成績とホルモンレセプターおよびVascular Endothelial Growth Factor発現との相関の検討. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  272. 桑山 隆志, 中川 剛士, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 林 祐二, 長内 孝之, 杉原 健一. Trastuzumab,Paclitaxel併用療法にてCRを得たAnthracycline耐性乳癌肝転移の一例. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  273. 林 祐二, 桑山 隆志, 有賀 智之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 森 弘樹, 杉原 健一. 一期的乳房再建術後の再発形式に関する検討. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  274. 中川 剛士, 長内 孝之, 有賀 智之, 鳥屋 洋一, 大石 陽子, 桑山 隆志, 林 祐二, 杉原 健一. HT療法にて局所及び癌性胸膜炎に対してCRが得られた後,脳転移が出現した再発乳癌の一例 当院のHT療法施行10例との比較検討. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  275. 有賀 智之, 桑山 隆志, 林 祐二, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 杉原 健一. Fine Needle Aspirationによるimplantationと考えられた大胸筋内再発の一例. 日本癌治療学会誌 2004.09.01

  276. 長内 孝之, 高木 洋子, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 中川 剛士, 飯田 聡, 植竹 宏之, 柿本 應貴, 杉原 健一. 乳癌におけるO(6)-methylguanine-DNA methyl transferase(MGMT)およびp53発現に関する検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2004.06.01

  277. 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 有賀 智之, 中川 剛士, 柿本 應貴, 高木 洋子, 植竹 宏之, 杉原 健一, Danenberg Kathleen, Danenberg Peter V.. 乳癌におけるVascular Endothelial Growth Factor(VEGF)発現とEstrogen Receptor(ER)発現との相関. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2004.06.01

  278. 有賀 智之, 長内 孝之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 柿本 應貴, 高木 洋子, 植竹 宏之, 杉原 健一, Danenberg Kathleen, Danenberg Peter V.. 乳癌におけるVascular Endothelial Growth Factor(VEGF),Thymidine Phosphorylase(TP)の遺伝子発現の検討. 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 2004.06.01

  279. 山内 慎一, 有賀 智之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 杉原 健一. 術前に粘液癌と診断された男性乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2004.05.01

  280. 有賀 智之, 森 弘樹, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 柿本 應貴, 長内 孝之, 杉原 健一. 当科における一期的乳房再建術の検討. 日本外科学会雑誌 2004.03.01

  281. 長内 孝之, 高木 洋子, 鳥屋 洋一, 有賀 智之, 中川 剛士, 柿本 應貴, 飯田 聡, 植竹 宏之, 杉原 健一. 乳癌におけるO(6)-methylguanine-DNA methyl transferase(MGMT)発現と臨床的な意義. 日本外科学会雑誌 2004.03.01

  282. 鳥屋 洋一, 長内 孝之, 高木 洋子, 有賀 智之, 中川 剛士, 柿本 應貴, 杉原 健一. 乳癌組織培養法抗癌剤感受性試験(Histoculture drug response assay)における抗癌剤間の感受性相関に関する検討. 日本外科学会雑誌 2004.03.01

  283. 中川 剛士, 柿本 應貴, 長内 孝之, 鳥屋 洋一, 竹下 惠美子, 高木 洋子, 植竹 宏之, 杉原 健一, Kathleen Danenberg , Peter V. Danenberg . 乳癌におけるVascular Endothelial Growth Factor(VEGF)とThymidine Phosphorylase(TP)の遺伝子発現に関する検討. 日本外科学会雑誌 2004.03.01

  284. 塩谷 尚子, 長内 孝之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 石黒 めぐみ, 杉原 健一. 巨大嚢胞形成を伴った浸潤性乳管癌の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2004.02.01

  285. 中川 剛士, 長内 孝之, 柿本 應貴, 鳥屋 洋一, 杉原 健一. 皮下乳腺全摘後も再発を繰り返した悪性葉状腫瘍の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2003.10.01

  286. 岡崎 聡, 長内 孝之, 柿本 應貴, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 杉原 健一. 術前診断が困難であった乳癌の3例 鏡視下腫瘍切除後に追加切除が必要となった症例. 日本臨床外科学会雑誌 2003.10.01

  287. 岡本 直子, 長内 孝之, 鳥屋 洋一, 中川 剛士, 柿本 應貴, 五味 直哉, 杉原 健一. 鏡視下切除を施行した乳房内結節性筋膜炎の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2003.09.01

  288. 岡崎 聡, 長内 孝之, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 柿本 應貴, 杉原 健一. 巨大乳腺悪性リンパ腫の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2003.09.01

  289. 中川 剛士, 長内 孝之, 柿本 應貴, 鳥屋 洋一, 高木 洋子, 植竹 宏之, 杉原 健一. 乳癌における組織培養抗癌剤感受性試験 各抗癌剤間の関連に関する検討. 日本癌治療学会誌 2003.09.01

  290. 中川 剛士, 栗栖 茜, 松木 盛行, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 窪田 孝蔵, 杉原 健一. 上行結腸に穿破した虫垂癌の一例. 日本腹部救急医学会雑誌 2003.03.01

  291. 岩瀬 俊一, 丸山 洋, 石畝 亨, 中川 剛士, 松木 盛行, 嘉和知 靖之, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 腹部血管造影,小腸造影を用いて術前に診断し得た成人出血性Meckel憩室症の一手術例. 日本臨床外科学会雑誌 2002.11.01

  292. 中川 剛士, 嘉和知 靖之, 石畝 亨, 岩瀬 俊一, 真田 克也, 松木 盛行, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵, 瀧 和博. 内視鏡下に切除した十二指腸嵌入0-I型早期胃癌の一例. 日赤医学 2002.08.01

  293. 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 松木 盛行, 中川 剛士, 石畝 亨, 岩瀬 俊一, 真田 克也, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 当科における腹腔鏡下脾臓摘出術 anterior approachの有用性. 日本消化器外科学会雑誌 2002.07.01

  294. 真田 克也, 石畝 亨, 中川 剛士, 岩瀬 俊一, 松木 盛行, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 当院における小腸・大腸のGIST. 日本消化器外科学会雑誌 2002.07.01

  295. 石畝 亨, 松木 盛行, 中川 剛士, 真田 克也, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵, 竹内 浩紀, 平山 廉三. 成人腸重積症の検討 自験例8例と本邦報告例40例の集計. 日本消化器外科学会雑誌 2002.07.01

  296. 石畝 亨, 中川 剛士, 岩瀬 俊一, 真田 克也, 松木 盛行, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 大腸腺腫に起因した成人腸重積の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2002.06.01

  297. 戸谷 剛, 武居 正郎, 日下 隼人, 中川 剛士, 窪田 孝蔵, 志賀 尚子, 須崎 伸一郎. 来院時ショック状態を呈しながら救命しえた2歳の小腸腸間膜裂孔内ヘルニアの一例. 日本小児救急医学会雑誌 2002.06.01

  298. 宮川 直登, 松木 盛行, 石畝 亨, 中川 剛士, 真田 克也, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 急性腹症で発症し,胆嚢捻転症と鑑別を要した肝嚢胞の一例. 日本臨床外科学会雑誌 2002.03.01

  299. 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 松木 盛行, 中川 剛士, 宮川 直登, 鳥屋 洋一, 吉田 裕, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 腹腔鏡下副腎摘出術36症例の検討. 日本臨床外科学会雑誌 2001.09.01

  300. 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 松木 盛行, 中川 剛士, 宮川 直登, 鳥屋 洋一, 吉田 裕, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 当科における腹腔鏡下副腎摘出術. 日本臨床外科学会雑誌 2001.09.01

  301. 宮川 直登, 窪田 孝蔵, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 吉田 裕, 松木 盛行, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 武居 正郎. 膵亜全摘術後10年経過した膵島細胞症の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2001.09.01

  302. 中川 剛士, 嘉和知 靖之, 鳥屋 洋一, 吉田 裕, 宮川 直登, 松木 盛行, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵, 瀧 和博. 副乳癌の一例. 日赤医学 2001.08.01

  303. 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 中川 剛士, 鳥屋 洋一, 宮川 直登, 吉田 裕, 松木 盛行, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 直腸切断術後会陰創に対するケア(ドレッシングは必要か). 日本消化器外科学会雑誌 2001.07.01

  304. 吉田 裕, 松木 盛行, 中川 剛士, 宮川 直登, 鳥屋 洋一, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 多彩な転移組織像を示した大腸腺扁平上皮癌の1例. 日本消化器外科学会雑誌 2001.07.01

  305. 吉田 裕, 松木 盛行, 中川 剛士, 宮川 直登, 鳥屋 洋一, 嘉和知 靖之, 丸山 洋, 栗栖 茜, 窪田 孝蔵. 偶発腫瘤で発見された褐色細胞腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2001.06.01

  306. 梶浦 謙, 中川 剛士, 井上 淳, 柴田 稔, 今城 眞人. 内視鏡表面の洗浄消毒をほぼ不要化する先端キャップ一体型使い捨てカバーの試作とその使用経験. Gastroenterological Endoscopy 2001.03.01

  307. 中川 剛士, 永合 正浩, 井上 淳, 柴田 稔. 穿孔性虫垂炎による汎発性腹膜炎術後に生じた肝膿瘍の1例. 日本臨床外科学会雑誌 2001.02.01

  308. 永合 正浩, 仁瓶 善郎, 杉原 健一, 柴田 稔, 中村 勝運, 中川 剛士, 高垣 航輔. エアバッグによる腹腔内出血の1例. 日本腹部救急医学会雑誌 2001.02.01

  309. 中川 剛士, 永合 正浩, 中村 勝運, 柴田 稔, 根本 哲生. 原発性回腸癌切除4年後に回腸及びS状結腸の同時性重複癌を切除した1例. 日本臨床外科学会雑誌 2000.12.01

  310. 中川 剛士, 永合 正浩, 井上 淳, 柴田 稔, 根本 哲夫. 虫垂goblet cell adenocarcinoidの1例. 日本臨床外科学会雑誌 2000.10.01

  311. 中川 剛士, 永合 正浩, 中村 勝運, 柴田 稔. 食餌性イレウスにバリウムイレウスを併発した1例. 日本臨床外科学会雑誌 2000.09.01

  312. 永合 正浩, 柴田 稔, 中川 剛士, 中村 勝運, 杉原 健一, 仁瓶 善郎. 破裂性仮性膵嚢胞の1例. 日本消化器外科学会雑誌 2000.07.01

  313. 中川 剛士, 市川 度, 山下 俊樹, 代田 嘉典, 飯田 聡, 木村 尚哉, 伊藤 雅史, 仁瓶 善郎, 杉原 健一. AFP産生胃癌術後肝転移との鑑別が困難であったinflammatory pseudotumorの1例. 日本臨床外科学会雑誌 1999.02.01

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群と求められるがんゲノム医療,2018年06月

    -

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • コロナとがん治療,読売新聞社,読売新聞,2020年04月24日

  • 遺伝性乳がん 卵巣がん症候群外来の取り組みにつきまして,日本経済新聞社,日本経済新聞,2019年01月28日

  • 東京医大の女子受験生の減点問題に関連する問題として「女性医師の勤務継続のための取り組み」について取材,TBS,NEWS23,2018年08月03日