基本情報

写真a

髙瀬 博(タカセ ヒロシ)

TAKASE Hiroshi


職名

講師

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 眼科学 講師
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 眼科学 講師
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 眼科学 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科学会

  • 日本眼炎症学会

  • 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会

  • Global Ocular Inflammation Workshops

  • International Ocular Inflammation Society (IOIS)

  • 日本緑内障学会

  • 日本眼感染症学会

  • The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)

  • 日本コンタクトレンズ学会

  • International Uveitis Study Group

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    現在
    日本眼炎症学会 理事
  • 2020年11月
    -
    現在
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 理事
  • 2017年
    -
    現在
    Global Ocular Inflammation Workshops Executive board member
  • 2022年02月
    -
    2023年01月
    日本眼科学会 日本眼科学会総集会プログラム委員会に対する評価委員会委員
  • 2013年
    -
    2015年10月
    日本眼科手術学会 編集委員
  • 2014年
    -
    現在
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 評議員
  • 2016年07月
    -
    現在
    日本眼炎症学会 評議員
  • 2017年04月
    -
    2020年10月
    日本眼科学会 日本眼科学会総集会プログラム委員会委員
  • 2018年06月
    -
    2020年05月
    公益社団法人東京都眼科医会 理事

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 風疹ウイルス関連ぶどう膜炎の頻度と病態に関する研究,2018年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 風疹ウイルス関連ぶどう膜炎の頻度と病態に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子型と病態・疾病予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子型と病態・疾病予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 原発性および続発性眼内リンパ腫におけるリンパ腫細胞の眼内浸潤機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 眼内悪性リンパ腫におけるCD79B遺伝子変異と疾病予後に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Kenichi Namba, Hiroshi Takase, Yoshihiko Usui, Fumihiko Nitta, Kazuichi Maruyama, Sentaro Kusuhara, Masaki Takeuchi, Atsushi Azumi, Ryoji Yanai, Yutaka Kaneko, Eiichi Hasegawa, Kei Nakai, Hidekazu Tsuruga, Kazuo Morita, Toshikatsu Kaburaki. Multicenter, retrospective, observational study for the Treatment Pattern of systemic corticoSTERoids for relapse of non-infectious uveitis accompanying Vogt-Koyanagi-Harada disease or sarcoidosis. Jpn J Ophthalmol. 2022.03; 66 (2): 130-141. ( PubMed, DOI )

  2. Kayo Suzuki, Kenichi Namba, Keitaro Hase, Kazuomi Mizuuchi, Daiju Iwata, Takako Ito, Nobuyoshi Kitaichi, Hiroshi Takase, Susumu Ishida. A case of Epstein-Barr virus acute retinal necrosis successfully treated with foscarnet. Am J Ophthalmol Case Rep. 2022.03; 25 101363. ( PubMed, DOI )

  3. Shintaro Horie, Hiroshi Takase, Takeshi Yoshida, Kyoko Ohno-Matsui. Sympathetic ophthalmia in eye with pathologic myopia. Am J Ophthalmol Case Rep. 2022.03; 25 101295. ( PubMed, DOI )

  4. Hiroshi Takase, Ayako Arai, Yuko Iwasaki, Ayano Imai, Toshikage Nagao, Masahiko Kawagishi, Tomoka Ishida, Manabu Mochizuki. Challenges in the diagnosis and management of vitreoretinal lymphoma - Clinical and basic approaches. Prog Retin Eye Res. 2022.02; 101053. ( PubMed, DOI )

  5. Kengadhevi Yogeswaran, João M Furtado, Bahram Bodaghi, Janet M Matthews, International Ocular Toxoplasmosis Study Group, Justine R Smith. Current practice in the management of ocular toxoplasmosis. Br J Ophthalmol. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  6. Takashi Ono, Hiroshi Goto, Tsutomu Sakai, Fumihiko Nitta, Nobuhisa Mizuki, Hiroshi Takase, Yutaka Kaneko, Junko Hori, Satoko Nakano, Nobuhisa Nao-I, Nobuyuki Ohguro, Kazunori Miyata, Makoto Tomita, Manabu Mochizuki, . Comparison of combination therapy of prednisolone and cyclosporine with corticosteroid pulse therapy in Vogt-Koyanagi-Harada disease. Jpn J Ophthalmol. 2021.10; ( PubMed, DOI )

  7. Yukiko Terada, Toshikatsu Kaburaki, Hiroshi Takase, Hiroshi Goto, Satoko Nakano, Yoshitsugu Inoue, Kazuichi Maruyama, Kazunori Miyata, Kenichi Namba, Koh-Hei Sonoda, Yutaka Kaneko, Jiro Numaga, Masaya Fukushima, Noe Horiguchi, Mitsunao Ide, Fumie Ehara, Dai Miyazaki, Eiichi Hasegawa, Manabu Mochizuki. Distinguishing Features of Anterior Uveitis Caused by Herpes Simplex Virus, Varicella-Zoster Virus, and Cytomegalovirus. Am J Ophthalmol. 2021.07; 227 191-200. ( PubMed, DOI )

  8. Hiroshi Takase. Characteristics and management of ocular sarcoidosis. Immunol Med. 2021.07; 1-10. ( PubMed, DOI )

  9. Satoko Nakano, Yasuhiro Tomaru, Toshiaki Kubota, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki, Norio Shimizu, Sunao Sugita, . Multiplex Solid-Phase Real-Time Polymerase Chain Reaction without DNA Extraction: A Rapid Intraoperative Diagnosis Using Microvolumes. Ophthalmology. 2021.05; 128 (5): 729-739. ( PubMed, DOI )

  10. Sunao Sugita, Hiroshi Takase, Satoko Nakano. Practical use of multiplex and broad-range PCR in ophthalmology. Jpn J Ophthalmol. 2021.03; 65 (2): 155-168. ( PubMed, DOI )

  11. Noe Horiguchi, Koju Kamoi, Shintaro Horie, Yuko Iwasaki, Hisako Kurozumi-Karube, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. A 10-year follow-up of infliximab monotherapy for refractory uveitis in Behçet's syndrome. Sci Rep. 2020.12; 10 (1): 22227. ( PubMed, DOI )

  12. Hiroshi Takase, Nisha R Acharya, Kalpana Babu, Bahram Bodaghi, Moncef Khairallah, Peter J McCluskey, Nattaporn Tesavibul, Jennifer E Thorne, Ilknur Tugal-Tutkun, Joyce H Yamamoto, Narsing A Rao, Justine R Smith, Manabu Mochizuki, . Recommendations for the management of ocular sarcoidosis from the International Workshop on Ocular Sarcoidosis. The British journal of ophthalmology. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  13. Hiroshi Takase, Hiroshi Goto, Kenichi Namba, Nobuhisa Mizuki, Annabelle A Okada, Nobuyuki Ohguro, Koh-Hei Sonoda, Makoto Tomita, Hiroshi Keino, Takeshi Kezuka, Reo Kubono, Kazuomi Mizuuchi, Etsuko Shibuya, Hiroyuki Takahashi, Ryoji Yanai, Manabu Mochizuki. Clinical Characteristics, Management, and Factors Associated with Poor Visual Prognosis of Acute Retinal Necrosis. Ocular immunology and inflammation. 2020.09; 1-6. ( PubMed, DOI )

  14. Yuko Iwasaki, Masahiko Kawagishi, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Discrimination of dissociated lymphoma cells from leukocytes by Raman spectroscopy. Sci Rep. 2020.09; 10 (1): 15778. ( PubMed, DOI )

  15. Kosei Shinohara, Noriaki Shimada, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. FUNCTIONAL AND STRUCTURAL OUTCOMES AFTER FOVEA-SPARING INTERNAL LIMITING MEMBRANE PEELING FOR MYOPIC MACULAR RETINOSCHISIS BY MICROPERIMETRY. Retina. 2020.08; 40 (8): 1500-1511. ( PubMed, DOI )

  16. Akira Meguro, Mami Ishihara, Martin Petrek, Ken Yamamoto, Masaki Takeuchi, Frantisek Mrazek, Vitezslav Kolek, Alzbeta Benicka, Takahiro Yamane, Etsuko Shibuya, Atsushi Yoshino, Akiko Isomoto, Masao Ota, Keisuke Yatsu, Noriharu Shijubo, Sonoko Nagai, Etsuro Yamaguchi, Tetsuo Yamaguchi, Kenichi Namba, Toshikatsu Kaburaki, Hiroshi Takase, Shin-Ichiro Morimoto, Junko Hori, Keiko Kono, Hiroshi Goto, Takafumi Suda, Soichiro Ikushima, Yasutaka Ando, Shinobu Takenaka, Masaru Takeuchi, Takenosuke Yuasa, Katsunori Sugisaki, Nobuyuki Ohguro, Miki Hiraoka, Nobuyoshi Kitaichi, Yukihiko Sugiyama, Nobuyuki Horita, Yuri Asukata, Tatsukata Kawagoe, Ikuko Kimura, Mizuho Ishido, Hidetoshi Inoko, Manabu Mochizuki, Shigeaki Ohno, Seiamak Bahram, Elaine F Remmers, Daniel L Kastner, Nobuhisa Mizuki. Genetic control of CCL24, POR, and IL23R contributes to the pathogenesis of sarcoidosis. Communications biology. 2020.08; 3 (1): 465. ( PubMed, DOI )

  17. Tomoka Ishida, Hiroshi Takase, Ayako Arai, Kyoko Ohno-Matsui. Multimodal imaging of secondary vitreoretinal lymphoma with optic neuritis and retinal vasculitis. Am J Ophthalmol Case Rep. 2020.06; 18 100696. ( PubMed, DOI )

  18. Satoko Nakano, Yasuhiro Tomaru, Toshiaki Kubota, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki, Norio Shimizu, Sunao Sugita, . Evaluation of a Multiplex Strip PCR Test for Infectious Uveitis: A Prospective Multicenter Study. American journal of ophthalmology. 2020.05; 213 252-259. ( PubMed, DOI )

  19. Mari Handa-Miyauchi, Hiroshi Takase, Miyuki Tanaka, Masako Akiyama, Kyoko Ohno-Matsui, Manabu Mochizuki. A Validation Study of the Revised Diagnostic Criteria from the International Workshop on Ocular Sarcoidosis at a Single Institute in Japan. Ocul Immunol Inflamm. 2020.05; 1-6. ( PubMed, DOI )

  20. Ayako Arai, Hiroshi Takase, Mayumi Yoshimori, Kouhei Yamamoto, Manabu Mochizuki, Osamu Miura. Gene expression profiling of primary vitreoretinal lymphoma. Cancer science. 2020.04; 111 (4): 1417-1421. ( PubMed, DOI )

  21. Susumu Yamazaki, Asami Shimbo, Yuko Akutsu, Hiroshi Takase, Tomohiro Morio, Masaaki Mori. Importance of pediatric rheumatologists and transitional care for juvenile idiopathic arthritis-associated uveitis: a retrospective series of 9 cases. Pediatr Rheumatol Online J. 2020.03; 18 (1): 26. ( PubMed, DOI )

  22. Masaru Miyanaga, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Anti-Neutrophil Cytoplasmic Antibody-Associated Ocular Manifestations in Japan: A Review of 18 Patients. Ocular immunology and inflammation. 2020.02; 1-6. ( PubMed, DOI )

  23. Miyuki Tanaka, Koju Kamoi, Natsuko Nagaoka, Tomoka Ishida, Hisako Karube, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Bilateral diffuse retinal pigment epithelium proliferation induced by choroidal inflammation: A case report. Medicine. 2019.11; 98 (47): e18152. ( PubMed, DOI )

  24. Manabu Mochizuki, Justine R Smith, Hiroshi Takase, Toshikatsu Kaburaki, Nisha R Acharya, Narsing A Rao, . Revised criteria of International Workshop on Ocular Sarcoidosis (IWOS) for the diagnosis of ocular sarcoidosis. The British journal of ophthalmology. 2019.10; 103 (10): 1418-1422. ( PubMed, DOI )

  25. Hiroyuki Takahashi, Hiroshi Takase, Yukiko Terada, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matsui. Acquired myopia in Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol. 2019.03; 39 (3): 521-531. ( PubMed, DOI )

  26. Hiroyuki Takahashi, Hiroshi Takase, Ayako Arai, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matsui. Bilateral granulomatous panuveitis in two patients with T-cell type of chronic active Epstein-Barr virus infection. BMC Ophthalmol. 2019.03; 19 (1): 83. ( PubMed, DOI )

  27. Ichiro Yonese, Hiroshi Takase, Mayumi Yoshimori, Erika Onozawa, Akiho Tsuzura, Tohru Miki, Manabu Mochizuki, Osamu Miura, Ayako Arai. CD79B mutations in primary vitreoretinal lymphoma: Diagnostic and prognostic potential. Eur. J. Haematol.. 2019.02; 102 (2): 191-196. ( PubMed, DOI )

  28. Masato Sakai, Hiroshi Takase, Kenichi Namba, Kazuomi Mizuuchi, Daiju Iwata, Susumu Ishida. Two cases of cytomegalovirus panuveitis in immunocompetent patients. Am J Ophthalmol Case Rep. 2018.06; 10 189-191. ( PubMed, DOI )

  29. Ayano Imai, Hiroshi Takase, Ken-Ichi Imadome, Go Matsuda, Iichiro Ohnishi, Kouhei Yamamoto, Takumi Kudo, Yoji Tanaka, Taketoshi Maehara, Osamu Miura, Ayako Arai. Development of Extranodal NK/T-cell Lymphoma Nasal Type in Cerebrum Following Epstein-Barr Virus-positive Uveitis. Intern. Med.. 2017.06; 56 (11): 1409-1414. ( PubMed, DOI )

  30. Satoko Nakano, Sunao Sugita, Yasuhiro Tomaru, Ayumi Hono, Takako Nakamuro, Toshiaki Kubota, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki, Masayo Takahashi, Norio Shimizu. Establishment of Multiplex Solid-Phase Strip PCR Test for Detection of 24 Ocular Infectious Disease Pathogens. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci.. 2017.03; 58 (3): 1553-1559. ( PubMed, DOI )

  31. Manabu Mochizuki, Sunao Sugita, Koju Kamoi, Hiroshi Takase. A new era of uveitis: impact of polymerase chain reaction in intraocular inflammatory diseases. Jpn. J. Ophthalmol.. 2017.01; 61 (1): 1-20. ( PubMed, DOI )

  32. Yoshihiko Usui, Narsing A Rao, Hiroshi Takase, Kinya Tsubota, Kazuhiko Umazume, Daniel Diaz-Aguilar, Takeshi Kezuka, Manabu Mochizuki, Hiroshi Goto, Sunao Sugita. Comprehensive polymerase chain reaction assay for detection of pathogenic DNA in lymphoproliferative disorders of the ocular adnexa. Sci Rep. 2016.11; 6 36621. ( PubMed, DOI )

  33. Hiroki Akiyama, Hiroshi Takase, Fumito Kubo, Tohru Miki, Masahide Yamamoto, Makoto Tomita, Manabu Mochizuki, Osamu Miura, Ayako Arai. High-dose methotrexate following intravitreal methotrexate administration in preventing central nervous system involvement of primary intraocular lymphoma. Cancer Sci.. 2016.10; 107 (10): 1458-1464. ( PubMed, DOI )

  34. Yoshiyuki Kawashima, Yoshihiro Noguchi, Hiroshi Takase, Masatoki Takahashi, Shintaro Horie. Bilateral hearing impairment as the initial symptom of sympathetic ophthalmia. Am J Otolaryngol. 2015.07; 36 (4): 606-610. ( PubMed, DOI )

  35. Noriko Koizumi, Tsutomu Inatomi, Takashi Suzuki, Atsushi Shiraishi, Yuichi Ohashi, Michiko Kandori, Dai Miyazaki, Yoshitsugu Inoue, Takeshi Soma, Kohji Nishida, Hiroshi Takase, Sunao Sugita, Manabu Mochizuki, Shigeru Kinoshita, . Clinical features and management of cytomegalovirus corneal endotheliitis: analysis of 106 cases from the Japan corneal endotheliitis study. Br J Ophthalmol. 2015.01; 99 (1): 54-58. ( PubMed, DOI )

  36. Hiroshi Takase, Annabelle A Okada, Hiroshi Goto, Nobuhisa Mizuki, Kenichi Namba, Nobuyuki Ohguro, Koh-Hei Sonoda, Makoto Tomita, Hiroshi Keino, Takeshi Kezuka, Reo Kubono, Kazuomi Mizuuchi, Etsuko Shibuya, Hiroyuki Takahashi, Ryoji Yanai, Manabu Mochizuki. Development and validation of new diagnostic criteria for acute retinal necrosis. Jpn. J. Ophthalmol.. 2015.01; 59 (1): 14-20. ( PubMed, DOI )

  37. 山岡 正卓, 五十嵐 勉, 有馬 武志, 國重 智之, 岩崎 優子, 高瀬 博, 高橋 浩. 眼内レンズ縫着術後の縫着糸による壊死性強膜炎の1例 あたらしい眼科. 2022.02; 39 (2): 235-238.

  38. 高瀬 博. 硝子体網膜リンパ腫に対する眼内液診断 日本の眼科. 2021.11; 92 (11): 1362-1366.

  39. 今井 彩乃, 高瀬 博, 大野 明子, 鴨居 功樹, 香西 康司, 大野 京子. ベンダムスチンを含む抗がん剤治療に伴いサイトメガロウイルス網膜炎を生じた2症例 臨床眼科. 2021.07; 75 (7): 898-903.

  40. 高瀬 博. 眼関連脊椎炎 急性前部ぶどう膜炎の臨床像と治療 日本脊椎関節炎学会誌. 2021.07; 8 (1): 11-16.

  41. 多田 明日美, 岩橋 千春, 中井 慶, 南場 研一, 岡田 アナベルあやめ, 慶野 博, 高瀬 博, 福田 祥子, 後藤 浩, 臼井 嘉彦, 蕪城 俊克, 水木 信久, 安積 淳, 園田 康平, 武田 篤信, 大黒 伸行. 結核性ぶどう膜炎の臨床像と治療の検討 日本眼科学会雑誌. 2021.04; 125 (4): 415-424.

  42. 高瀬 博. 【もう悩まない ぶどう膜炎の診断と治療-達人の診療プロセスを教えます】汎ぶどう膜炎 急性網膜壊死 臨床眼科. 2021.01; 75 (1): 47-52.

  43. 高瀬 博. 【眼科救急疾患2020】ぶどう膜 急性網膜壊死 眼科. 2020.10; 62 (11): 1149-1154.

  44. 宮永 将, 鴨居 功樹, 高瀬 博. ベーチェット病による難治性ぶどう膜炎に対するインフリキシマブとアダリムマブの比較 リウマチ科. 2020.09; 64 (3): 327-334.

  45. 高瀬 博. 脊椎関節炎の眼症状 日本臨牀. 2020.08; 78 (8): 1303-1307.

  46. 高瀬 博. 感染〜網膜およびぶどう膜炎〜 RETINA Medicine. 2020.04; 9 (1): 50-54.

  47. 永田健児, 高瀬 博, 蕪城 俊克, 橋田徳康, 臼井嘉彦. 手術相談室 症例呈示 硝子体混濁を伴うサイトメガロウイルス網膜炎 眼科手術. 2020.04; 33 (2): 259-264.

  48. 永田 優理、高瀬 博、大野 京子. Vogt-小柳-原田病に対する全身ステロイド治療中に中心性漿液性脈絡網膜症を生じた一例 眼科臨床紀要. 2020.01; 13 (1): 9-13.

  49. 石田 友香、相馬 亮子、高瀬 博. 【眼腫瘍における最新画像診断活用アトラス】後眼部非色素性網膜病変 網膜硝子体リンパ腫、網膜血管増殖性腫瘍、網膜星状膠細胞過誤腫 あたらしい眼科. 2020.01; 37 (1): 23-32.

  50. 高瀬 博. 【ぶどう膜炎の治療アップデート】生物製剤の適正使用 眼科グラフィック. 2019.10; 8 (5): 585-591.

  51. 高瀬 博. 【最近の眼科薬物治療】Vogt-小柳-原田病 眼科. 2019.10; 61 (10): 1086-1093.

  52. 高瀬 博. 【眼科と薬剤】Vogt-小柳-原田病 眼科. 2019.09; 61 (10): 1086-1093.

  53. 高瀬 博、中野聡子、杉田 直、外園千恵、後藤 浩、望月 學. 我が国の感染性ぶどう膜炎診断目的の眼内液PCR施行状況に関する実態調査 日本眼科学会雑誌. 2019.07; 123 (7): 764-770.

  54. 後藤 浩, 南場 研一, 蕪城 俊克, 毛塚 剛司, 園田 康平, 高瀬 博, 大黒 伸行, 大野 重昭, 水木 信久, 日本眼炎症学会TNF阻害薬使用検討委員会. 非感染性ぶどう膜炎に対するTNF阻害薬使用指針および安全対策マニュアル(改訂第2版, 2019年版) 日本眼科学会雑誌. 2019.06; 123 (6): 697-705.

  55. 高瀬 博. 【「ぶどう膜炎における診断・治療の最前線」】わかりやすい臨床講座 感染性ぶどう膜炎におけるPCR診断 日本の眼科. 2019.06; 90 (6): 692-697.

  56. 高瀬 博. 緑内障セミナー 続発緑内障の原因診断のためのPCR法 あたらしい眼科. 2019.04; 36 (4): 509-510.

  57. 高瀬 博. 【これでわかる自己免疫性眼疾患】 Vogt-小柳-原田病と交感性眼炎 OCULISTA. 2019.04; (73): 55-63.

  58. 高瀬 博. 【分子標的薬と眼】TNF阻害薬 眼科. 2019.04; 61 (4): 367-372.

  59. 高瀬 博. 【サルコイドーシス アップデート】 ステロイド療法と代替療法 眼科. 2018.10; 60 (11): 1345-1350.

  60. 高瀬 博. 【7年前の常識は現在の非常識!-眼科診療の最新標準】ぶどう膜炎・強膜炎・感染症 感染症 結核の診断と治療 臨床眼科. 2018.10; 72 (11): 318-320.

  61. 池谷 頼子、高瀬 博、大野 京子. 片眼性に前房蓄膿を生じた結核性ぶどう膜炎の1例 眼科臨床紀要. 2018.08; 11 (8): 611-613.

  62. 井出 光直、高瀬 博、大野 京子. 水痘帯状疱疹ウイルスによる急性網膜壊死の僚眼に急速な視野狭窄を生じた一例 眼科臨床紀要. 2018.08; 11 (8): 621-625.

  63. 宮永 将, 高瀬 博. 【血管炎(第2版)-基礎と臨床のクロストーク-】 小型血管炎 ANCA関連血管炎 専門領域の視点から ANCA関連血管炎の眼病変 日本臨床. 2018.07; 76 355-359.

  64. 高瀬 博. ぶどう膜炎に対する硝子体注射 眼科手術. 2018.01; 31 (1): 76-78.

  65. 鴨居 功樹, 高瀬 博. 【生物学的製剤の時代における非感染性ぶどう膜炎の治療戦略】 アダリムマブ(ヒュミラ) あたらしい眼科. 2017.04; 34 (4): 499-504.

  66. 鈴木 崇, 高瀬 博, 蕪城 俊克, 小早川 信一郎, 永原 幸. 手術相談室 症例呈示 原因不明の白内障術後晩期眼内炎 眼科手術. 2017.04; 30 (2): 315-321.

  67. 高瀬 博, 蕪木 俊克, 臼井 嘉彦, 永田 健児. 手術相談室 症例呈示 急激な硝子体混濁をきたした眼内リンパ腫 眼科手術. 2017.01; 30 (1): 125-128.

  68. 後藤 浩, 南場 研一, 蕪城 俊克, 毛塚 剛司, 園田 康平, 高瀬 博, 大黒 伸行, 大野 重昭, 水木 信久, 日本眼炎症学会TNF阻害薬使用検討委員会. 非感染性ぶどう膜炎に対するTNF阻害薬使用指針および安全対策マニュアル(2016年版) 日本眼科学会雑誌. 2017.01; 121 (1): 34-41.

  69. 高瀬 博. 【今、注目すべき眼感染症とその治療戦略】 PCR時代の新しい急性網膜壊死の診断基準 あたらしい眼科. 2016.11; 33 (11): 1555-1560.

  70. 高瀬 博. ぶどう膜炎と類縁疾患 眼内リンパ腫 眼科. 2016.07; 58 (7): 757-763.

  71. 高瀬 博. 【全身疾患と眼:これがホットなトピックス!】 結核 あたらしい眼科. 2016.07; 33 (7): 957-961.

  72. 高瀬 博. 眼内リンパ腫では高頻度にMyD88遺伝子変異が認められる 血液内科. 2016.06; 72 (6): 825-828.

  73. 高瀬 博. 【見逃してはいけない ぶどう膜炎の診療ガイド】 寄生虫によるぶどう膜炎 OCULISTA. 2016.04; (37): 57-62.

  74. 宮永 将, 高瀬 博, 川口 龍史, 鴨居 功樹, 清水 健太郎, 横田 眞子, 杉田 直, 望月 學. 東京医科歯科大学眼科におけるぶどう膜炎臨床統計―1998年~2001年と2007年~2011年の比較 日本眼科学会雑誌. 2015.10; 119 (10): 678-685.

  75. 尾碕 憲子, 川口 龍史, 村上 喜三雄, 鴨居 功樹, 高瀬 博, 杉田 直. 造血器悪性疾患に合併した眼底病変に対する包括的感染症PCRの有用性 臨床眼科. 2015.09; 69 (9): 1323-1327.

  76. 高瀬 博. 【眼感染症診断の温故知新】 細菌・真菌編 ブロードレンジPCRによる眼感染症診断 あたらしい眼科. 2015.05; 32 (5): 631-636. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Hiroshi Takase. The Uveitis Atlas. Springer, 2019.10 Sarcoid Vasculitis (ISBN : 978-8132224099)

  2. Mochizuki M, Ohno-Matsui K, Takase H, Attania S, Khairallah M.. UVEITIS: Text and Imaging 1st Edition. JAYPEE, 2009 Part one: Imaging Technique 21. Sarcoidosis (ISBN : 978-8184484915)

  3. 橋本光正、高瀬 博、大野京子. 臨床薬学テキストシリーズ 消化器/感覚器・皮膚/生殖器・産婦人科. 中山書店, 2020.05 ぶどう膜炎 (ISBN : 978-4-521-74454-4)

  4. 高瀬 博. 今日の治療指針 私はこう治療している Volume 62. 医学書院, 2020.01 ベーチェット病(眼科) (ISBN : 978-4-260-03940-6)

  5. Hiroshi Takase. Inflammatory and Infectious Ocular Disorders. Springer, 2019.10 Sarcoidosis (ISBN : 978-981-13-8545-2)

  6. 高瀬 博. 眼科疾患 最新の治療 2019-2021. 南江堂, 2019.03 眼トキソプラズマ症 (ISBN : 978-4-524-24547-5)

  7. 高瀬 博. 今日の治療指針 私はこう治療している Volume 60. 医学書院, 2018.01 サルコイドーシス(眼科) (ISBN : 978-4-260-03233-9)

  8. 高瀬 博. 今日の眼疾患治療指針 第3版. 医学書院, 2016.10 単純ヘルペス性ぶどう膜炎、水痘帯状疱疹ウイルス性ぶどう膜炎 (ISBN : 978-4-260-02479-2)

  9. 高瀬 博. 南山堂医学大事典第 20版. 南山堂, 2015.04 (ISBN : 978-4-525-01080-5)

  10. 高瀬 博. 今日の診断指針 第7版. 医学書院, 2015.03 18. 眼疾患 ぶどう膜炎 (ISBN : 978-4-260-02014-5)

  11. 高瀬 博. TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス 原書2版. 丸善出版, 2014.07 ぶどう膜(悪性黒色腫) (ISBN : 978-4-621-08831-9)

  12. 高瀬 博. 眼科臨床エキスパート 眼感染症診療マニュアル. 医学書院, 2014 網羅的PCRによる病原微生物遺伝子検査の威力と限界 (ISBN : 978-4-260-02019-0)

  13. 高瀬 博. 日経DIクイズ 16. 日経BP社, 2014 症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで 6 感染性眼疾患 (ISBN : 978-4-8222-3193-4)

  14. 高瀬 博. 眼科臨床エキスパート 所見から考えるぶどう膜炎. 医学書院, 2013 ぶどう膜炎の画像検査 (ISBN : 978-4-260-01738-1)

  15. 高瀬 博. 専門医のための眼科診療クオリファイ 3 緑内障診断ガイド. 中山書店, 2012 続発開放隅角緑内障 (ISBN : 978-4-521-73324-1)

  16. 高瀬 博. いつか罹る病気に備える本 100の病気への不安が軽くなる基礎知識. 講談社, 2012 網膜剥離 飛蚊症が起きたら要注意 (ISBN : 9784062577946 4062577941)

  17. 高瀬 博. 専門医のための眼科診療クオリファイ 13 ぶどう膜炎を斬る!. 中山書店, 2012 前房浸潤細胞、角膜後面沈着物の種類と鑑別、眼トキソプラズマ症 (ISBN : 978-4-521-73471-2)

  18. 高瀬 博, 望月 學. 薬剤ごとの違いがわかるステロイドの使い分け. 2010 (ISBN : 978-4-7581-0683-2)

  19. 高瀬 博. 眼科プラクティス28 眼感染症の謎を解く. 文光堂, 2009.07 臨床所見から推理する! 硝子体混濁・出血 (ISBN : 978-4-8306-5585-2)

  20. 高瀬 博. 眼底所見で診る 網膜・ぶどう膜疾患96. メジカルビュー社, 2009 Case 29 サルコイドーシス(網脈絡膜病変), Case 34 急性網膜壊死 (ARN), Case 36 眼トキソプラズマ症 (後極の網脈絡膜萎縮病巣), Case 64 サルコイドーシス (網膜前膜), Case 86 サルコイドーシス (脈絡膜肉芽腫病変を伴う), Case 91 眼トキソカラ症 (後極部腫瘤型) (ISBN : 978-4-7583-0738-3)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Hiroshi Takase. Retinochoroidal sarcoidosis. EURETINA Webinar 2022.02.17 Web

  2. Hiroshi Takase. Management of complications in ocular sarcoidosis . International Ocular Inflammation Society (IOIS) 2021 2021.12.05 Web

  3. Hiroshi Takase. Diagnostic criteria for acute retinal necrosis based on ocular findings and virological testing for intraocular fluids. International Ocular Inflammation Society (IOIS) 2021 2021.12.05 Web

  4. Hiroshi Takase. Management of ocular sarcoidosis. Uveitis Webinar 9 2021.09.04 Web

  5. Hiroshi Takase. A nationwide survey of acute retinal necrosis in Japan. The 15th International Ocular Inflammation Society (IOIS) Congress 2019.11.13 Kaohsiung, Taiwan

  6. Hiroshi Takase, Justine Smith, Nisha Acharya, Narsing Rao. Manabu Mochizuki. International Questionnaire Survey on the Management of Ocular Sarcoidosis. 7th International Workshop on Ocular Sarcoidosis 2019.06.29 Sapporo

  7. Mitsunao Ide, Hiroshi Takase, Kyoko Ohno-Matsui. Usefulness of vitreous biopsy for steroid-resistant intermediate uveitis. Global Ocular Inflammation Workshops 2019 2019.06.28 Sapporo

  8. Hiroshi Takase, Mitsunao Ide, Kyoko Ohno-Matsui. Positivity of rubella virus in steroid-resistant intermediate uveitis of unknown etiology. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2019.04.28 Vancouver, Canada

  9. Tatsuro Sakura, Hiroshi Takase. A Case of White Retinal Lesion. Ochanomizu advanced medical seminar 2019.04.09 Tokyo

  10. Hiroshi Takase. Intraocular Lymphoma. The 12th Asia-Pacific Vitreo-retina Society (APVRS) congress 2018.12.15 Seoul, Korea

  11. Hiroshi Takase. Current immunosuppressive therapies for noninfectious uveitis in Japan. The 52nd Annual Meeting of the Japanese Ocular Inflammation Society 2018.07.15 Tokyo

  12. Manabu Mochizuki, Justine R Smith, Hiroshi Takase, Toshikatsu Kaburaki, Narsing A Rao, IWOS Study Group. Revised International Criteria for the Diagnosis of Ocular Sarcoidosis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2018.05.02 Honolulu, USA

  13. Mari Miyauchi, Hiroshi Takase, Miyuki Tanaka, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matusi. A validation study in a single Japanese institute for the revised international criteria for the diagnosis of ocular sarcoidosis proposed by the 6th International Workshops on Ocular Sarcoidosis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2018.05.02 Honolulu, USA

  14. Miyuki Tanaka, Hiroshi Takase, Mari Miyauchi, Manabu Mochizuki, Kyoko Ohno-Matusi. Diagnostic value of serum soluble interleukin-2 receptor level in Japanese patients with ocular sarcoidosis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2018.05.02 Honolulu, USA

  15. Satoko Nakano, Yasuhiro Tomaru, Hiroshi Takase, Toshiaki Kubota, Manab Mochizuki, Norio Shimizu, Sunao Sugita. Evaluation of a multiplex Strip PCR examination for infectious uveitis and endophthalmitis: A prospective multi-center study. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting 2018.05.02 Honolulu, USA

  16. Hiroshi Takase. Standards and challenges in the management of vitreoretinal lymphoma. Annual Meeting of Korean Uveitis Society 2017.11.18 Seoul, Korea

  17. Hiroshi Takase. Proposal of Revised IWOS Diagnostic criteria. 6th International Workshop on Ocular Sarcoidosis 2017.04.28 Bali, Indonesia

  18. Satoko Nakano, Sugita Sunao, Yasuhiro Tomaru, Takako Nakamuro, Toshiaki Kubota, Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki, Norio Shimizu. Establishment of a new comprehensive polymerase chain reaction (PCR) strip kit for diagnosing infectious eye diseases. ARVO 2016 Annual Meeting 2016.05.01 Seattle, Washington

  19. Ayako Arai, Hiroshi Takase, Kouhei Yamamoto, Hiroki Akiyama, Manabu Mochizuki, Osamu Miura. Gene expression profiling of primary vitreoretinal lymphoma. 57th ASH Annual Meeting and Exposition 2015.12.05 Orlando

  20. Hiroshi Takase. Choroidal thickness in acute and convalescent Vogt-Koyanagi-Harada disease. European Association for Vision and Eye Research 2015 2015.10.08 Nice, France

  21. Hiroshi Takase. Novelties in imaging of ocular sarcoidosis. 5th International Workshop on Ocular Sarcoidosis 2015.05.16 Cebu, Philippines

  22. Hiroshi Takase. ICG angiography of recurrent/chronic Vogt-Koyanagi-Harada disease. 9th International Workshop on VKH and Sympathetic Ophthalmia 2015.05.15 Cebu, Philippines

  23. Hiroshi Takase. Experimental use of vitrectomy specimens in uveitis research. The 30th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2015.04.02 Guangzhou, China

  24. Hiroshi Takase, Hiroshi Goto, Annabelle A. Okada, Nobuyuki Ohguro, Manabu Mochizuki. Development and validation of new diagnostic criteria for acute retinal necrosis. World Ophthalmology Congress 2014 2014.04.04 Tokyo, Japan

  25. Hiroshi Takase, Hiroshi Goto, Nobuhisa Mizuki, Kenichi Namba, Nobuyuki Ohguro, Annabelle A Okada, Koh-Hei Sonoda, Makoto Tomita, Manabu Mochizuki. Development and Validation of new diagnostic criteria for acute retinal necrosis. 12th International Ocular Inflammation Society Congress 2014.02.28 Valencia, Spain

  26. Hiroyuki Takahashi, Kyoko Ohno-Matsui, Hiroshi Takase, Noriaki Shimada, Manabu Mochizuki. Myopia progression accompanying with myopic disc change at the convalescent stage of Vogt-Koyanagi-Harada disease. ARVO 2013 2013.05 Seattle, USA

  27. Hiroshi Takase, Manabu Mochizuki. Prevalence and manifestations of ocular sarcoidosis in Japan. International Workshops on Granulomatous Uveitis and Ocular Behcet's disease and Asia-Pacific Intraocular Inflammation Study Group 2013.04.12 Kaohsiung, Taiwan

  28. Hiroyuki Takahashi, Hiroshi Takase, Atsuko Ishizuka, Kyoko Ohno-Matsui, Manabu Mochizuki. Subfoveal Choroidal thickness in patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease in the convalescent stage. ARVO 2012 2012.05 Fort Lauderdale, USA

  29. Hiroshi Takase. Validation Study: A single institute in Japan. The 11th International Ocular Inflammation Society Congress 2011.11.14 Goa, India

  30. 高瀬 博. ぶどう膜炎における眼内液診断の実際. 第11回 豊の国眼科フォーラム 2022.03.12 Web

  31. 高瀬 博. 小児ぶどう膜炎診療のアップデート. 第21回眼炎症セミナー 2022.01.29 Web

  32. 高瀬 博. 小児ぶどう膜炎診療のアップデート. Quality of Visionから考える 2022.01.16 Web

  33. 高瀬 博. ベーチェット病における網膜ぶどう膜炎治療の最近の話題. TNF-inhibitor のBest Useを考える会 2021.11.25 Web

  34. 高瀬 博. 小児非感染性ぶどう膜炎に対するマネージメント. 第30回日本小児リウマチ学会 2021.10.17 東京

  35. 高瀬 博. ぶどう膜炎診療の進め方 〜適切な病診連携のために〜. 第9回 順天堂大学浦安眼科サマーセミナー 2021.08.25 浦安

  36. 高瀬 博. ぶどう膜炎、眼内炎との鑑別. 第57回日本眼感染症学会 2021.07.24 仙台

  37. 高瀬 博. 近視と炎症性疾患. 第3回日本近視学会総会 2021.05.22

  38. 高瀬 博. ぶどう膜炎における診療科連携の重要性 ぶどう膜炎診療のポイント 〜眼科医の立場から〜. 第125回日本眼科学会総会 2021.04.09

  39. 高瀬 博. サルコイドーシスぶどう膜炎の診断と治療. 富山免疫アレルギー研究会 2021.01.14 富山

  40. 高瀬 博. ぶどう膜炎と脊椎関節炎. 第4回 HUMIRA Expert Summit 2020.11.06 大阪

  41. 高瀬 博. 日常診療に潜む診断・治療の落とし穴 Part 2 ぶどう膜炎. 第74回日本臨床眼科学会 2020.10.18 東京

  42. 高瀬 博. PCRを用いた眼炎症性疾患の診断とその変遷. 第124回日本眼科学会総会 2020.04.17 東京

  43. 高瀬 博. ぶどう膜炎診療の考え方. 第三回大森眼科学術研究会 2020.01.21 東京

  44. 高瀬 博. TNF阻害薬とぶどう膜炎診療. 宮崎眼炎症・免疫セミナー 2020.01.11 宮崎市

  45. 高瀬 博. シンポジウム17 ぶどう膜炎手術のエッセンス 「ぶどう膜炎眼内試料の解析と解釈」. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.26 京都

  46. 堀口乃恵、高瀬 博、岩崎優子、宮永 将、宮内真理、輕部央子、堀江真太郎、田中美由紀、鴨居功樹、大野京子. アダリムマブ治療が奏功しないぶどう膜炎の臨床像. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.26 京都

  47. 高瀬 博. TNF阻害薬による非感染性ぶどう膜炎の治療. 第70回専門医制度講習会 2019.10.26 京都

  48. 小野喬、後藤浩、酒井勉、新田文彦、水木信久、高瀬博、金子優、堀純子、中野聡子、直井信久、大黒伸行、望月學. 原田病へのステロイドパルスとステロイド+シクロスポリン併用の前向き多施設比較試験. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.25 京都

  49. 川口龍史、大西由花、伊藤大樹、水野雅春、尾碕憲子、五嶋摩理、岩崎優子、高瀬博、大野京子. Prozone現象を呈した前房蓄膿を伴う梅毒性ぶどう膜炎の一例. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.25 京都

  50. 井出 光直、高瀬 博、岩崎 優子、宮内 真理、堀口 乃恵、輕部 央子、宮永 将、池谷 頼子、田中美由紀、鴨居 功樹、大野 京子. 硝子体生検で風疹ウイルス抗体率陽性となったぶどう膜炎の臨床像. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.25 京都

  51. 杉田 直、高瀬 博、中野聡子、外丸靖浩、清水則夫、望月 學. ぶどう膜炎診断でPCRを上手に活用しよう. 第73回日本臨床眼科学会 2019.10.24 京都

  52. 高瀬 博、森 雅亮、大野 京子. 若年性特発性関節炎に伴う網膜血管炎にアダリムマブが奏功した1例. 第47回日本臨床免疫学会総会 2019.10.19 札幌

  53. 高瀬 博. 一般眼科医に求められるぶどう膜炎診療. 第17回兵庫県眼科オープンカンファレンス 2019.09.21 神戸ポートピアホテル

  54. 高瀬 博. ぶどう膜炎と脊椎関節炎. お茶の水Biologicsセミナー 2019.08.29 東京

  55. 高瀬 博. ぶどう膜炎の診断を極める:後眼部所見の見極め. 眼科臨床実践講座2019 2019.08.16 東京

  56. 高瀬 博. ぶどう膜炎診断の考え方. ぶどう膜炎セミナー Quality of Visionから考える 2019.07.13 岐阜市

  57. 高瀬 博. The Great Debate Part 7 細菌叢と眼について考える サルコイドーシスは特定の細菌に対する免疫反応である. フォーサム2019 京都 2019.07.06

  58. 寺田裕紀子、蕪城俊克、高瀬博、後藤浩、中野聡子、井上幸次、丸山和一、宮田和典、南場研一、園田康平、金子優、沼賀二郎、望月學. ヘルペスウイルス性前部ぶどう膜炎の臨床像の解析. 第53回日本癌炎症学会 2019.07.06 京都

  59. 鈴木佳代、南場研一、山口瑞穂、水内一臣、岩田大樹、伊東崇子、北市伸義、高瀬博、石田晋. Epstein-Barrウイルスによる急性網膜壊死の一例. 第53回日本癌炎症学会 2019.07.06 京都

  60. 高瀬 博. 実地医家によるぶどう膜炎診療. 四国EYEランドセミナー 2019.05.25 香川

  61. 岩崎優子、川岸将彦、 高瀬博、大野京子. ラマン散乱光解析による悪性リンパ腫細胞と正常リンパ球の鑑別能. 2019年度日本分光学会年次講演会 2019.05.23 京都府宇治市(京都大学化学研究所)

  62. 高瀬 博、堀口乃恵、岩崎優子、宮永 将、宮内真理、輕部央子、堀江真太郎、田中美由紀、鴨居功樹、森雅亮、大野京子. 非感染性ぶどう膜炎に対するアダリムマブの有効性の検討. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19

  63. 井出光直、高瀬 博、岩崎優子、宮内真理、堀口乃恵、輕部央子、宮永 将、池谷頼子、大野京子. 原因不明の硝子体混濁における風疹ウイルス抗体率に関する検討. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19

  64. 中野聡子、高瀬 博、杉田 直、久保田敏昭、後藤 浩、外園千恵、望月 學. 感染性ぶどう膜炎に対する眼内液PCR検査に関する全国アンケート調査. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19

  65. 岩崎優子、高瀬 博、大野京子. ラマン散乱光解析による悪性リンパ腫とB細胞の鑑別. 第123回日本眼科学会総会 2019.04.19

  66. 高瀬 博. 明日から役立ててほしいぶどう膜炎診療の話. 第53回 京都眼科フォーラム 2019.01.19 京都

  67. 高瀬 博. ぶどう膜炎と脊椎関節炎. SpA Summit 2018 2018.12.09 東京

  68. 高瀬 博. 若年性特発性関節炎に伴うぶどう膜炎の管理 〜眼科医の立場から〜. 第28回日本小児リウマチ学会 2018.10.27

  69. 高瀬 博. ぶどう膜炎に対するアダリムマブの正しい使い方を考える 〜有害事象予防のために〜. Uveitis Clinical Conference 2018.10.26

  70. 輕部 央子、高瀬 博、池谷 頼子、田中 美由紀、大野 京子. 水痘帯状疱疹ウイルス前部ぶどう膜炎に網膜血管炎を合併した3例. 第72回日本臨床眼科学会 2018.10.13 東京

  71. 杉田 直、高瀬 博、中野 聡子、賽野 阿佑美、外丸 靖浩、清水 則夫、望月 學. PCRで診断しよう、ぶどう膜炎. 第72回日本臨床眼科学会 2018.10.13 東京

  72. 高瀬 博. 非感染性ぶどう膜炎の治療戦略とアダリムマブの位置付け. 第72回日本臨床眼科学会 2018.10.12 東京

  73. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断. 第72回日本臨床眼科学会 2018.10.11 東京

  74. 高瀬 博. ぶどう膜炎と全身疾患. Behind the Practice Seminar 2018 2018.08.01 東京

  75. 宮永 将, 高瀬 博, 大野 京子. 東京医科歯科大学眼科におけるANCA陽性患者の眼病変. 第52回日本眼炎症学会 2018.07.14 東京

  76. 高瀬 博. 関連病院、開業医におけるぶどう膜炎診療. お茶ノ水眼炎症セミナー 2018.05.31 東京

  77. 高瀬 博. ヘルペスウイルス眼内感染症の治療. 第122回日本眼科学会総会 2018.04.22 大阪

  78. 高瀬 博. 実地医家によるぶどう膜炎診療を考える. 第34回長野県眼科フォーラム 2018.04.07 長野

  79. 高瀬 博. 小児ぶどう膜炎診療の諸問題. 第一回日本免疫不全・自己炎症学会 2018.01.20 東京

  80. 高瀬 博. ぶどう膜炎診療における専門外来と連携施設の役割分担. 非感染性ぶどう膜炎の病診連携を考える会 2018.01.19 群馬

  81. 高瀬 博. サルコイドーシスぶどう膜炎に対する抗菌療法の使用経験. 第37回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2017.11.03 名古屋、愛知

  82. 高瀬 博. 非感染性ぶどう膜炎の新たな治療選択肢 – ヒュミラ 私達の使い方. 第71回日本臨床眼科学会 2017.10.14 東京

  83. 細貝真弓、中谷陽子、鈴木崇、高瀬博、杉田直、秋山英雄. サイトメガロウイルス前部ぶどう膜炎におけるガンシクロビル耐性変異株の検索. 第71回日本臨床眼科学会 2017.10.13 東京

  84. 高瀬 博. 眼感染症PCRと先進医療. 第71回日本臨床眼科学会 2017.10.13 東京

  85. 宮内真理、高瀬 博、大野京子. 皮膚筋炎に網膜血管炎を生じた一例. 第71 回日本臨床眼科学会 2017.10.12 東京都千代田区(国際フォーラム)

  86. 田中美由紀、鴨居功樹、長岡 都子、石田 香、高瀬 博、大野京子. 悪性腫瘍を伴わずBDUMP 類似所見を呈した一例. 第71 回日本臨床眼科学会 2017.10.12 東京都千代田区(国際フォーラム)

  87. 高瀬 博. ぶどう膜炎と全身疾患. 第27回日本脊椎関節炎学会 2017.09.09

  88. 高瀬 博. Vogt-小柳-原田病の治療. 文京眼科セミナー 2017.08.30 東京

  89. 中野聡子, 外丸靖浩, 杉田直, 高瀬博, 中室隆子, 久保田敏昭, 清水則夫. 眼感染症定量real-time PCR検査キット「定量Strip PCR」の開発. 第51回日本眼炎症学会 2017.07.14 大阪

  90. 井出 光直 、高瀬 博、大野 京子. 水痘帯状疱疹ウイルスによる急性網膜壊死の僚眼に発症した視神経炎の1例. 第51回日本眼炎症学会 2017.07.14 大阪

  91. 池谷 頼子 、高瀬 博、大野 京子. 風疹ウイルス抗体率が硝子体液で高値だったステロイド抵抗性ぶどう膜炎の2例. 第51回日本眼炎症学会 2017.07.14 大阪

  92. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断基準と疫学調査研究について. 第30回兵庫眼炎症談話会 2017.06.08

  93. 高瀬 博. 小児ぶどう膜炎の診断と治療 〜サルコイドーシス、TINU、JIAを中心に. 第9回 KOCS小児リウマチ研究会 2017.06.03 福岡

  94. 細貝真弓、濱中輝彦、高瀬博、横尾英明、秋山英雄. サイトメガロウイルス陽性続発緑内障の病理学的検討. 第121回日本眼科学会総会 2017.04.09 東京

  95. 高瀬 博. ぶどう膜炎の外科治療. 第121回日本眼科学会総会 2017.04.09 東京

  96. 高瀬 博. 眼寄生虫感染症診断の進展. 第121回日本眼科学会総会 2017.04.08 東京

  97. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断基準と疫学調査研究について . 第26回下野眼科談話会 2017.03.10 宇都宮、栃木

  98. 高瀬 博. 私が経験したぶどう膜炎「難症例」集. 第6回富山ぶどう膜炎治療研究会 2017.02.24

  99. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断と治療 〜新しい診断基準と全国調査研究から. 第97回網膜病変談話会 2016.11.10 東京

  100. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断基準および治療指針. 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.06 京都

  101. 高瀬 博. ぶどう膜炎診療における鑑別診断の意義とポイント. 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.04 京都

  102. 高瀬 博. 肉芽腫性ぶどう膜炎の病態について考える 〜結核性ぶどう膜炎とサルコイドーシスぶどう膜炎〜. 第36回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 2016.10.07 東京

  103. 高瀬 博. サルコイドーシスぶどう膜炎の診療のコツ. 江東区医師会眼科学術講演会 2016.07.08 東京

  104. 中野聡子, 外丸靖浩, 杉田直, 高瀬博, 中室隆子, 久保田敏昭, 清水則夫. DNA精製操作不要の眼感染症網羅的迅速検査「Direct strip PCR」の開発. 第50回日本眼炎症学会 2016.07.01 東京

  105. 高瀬 博. 難治性ぶどう膜炎診療の意外な落とし穴. 荒川区眼科医会学術講演会 2016.06.10 東京

  106. 高瀬 博. 眼内リンパ腫診断のコツ. 第120回日本眼科学会総会 2016.04.09

  107. 赤池さやか, 高瀬博, 大野京子. 急性網膜壊死の網膜動脈炎検出における蛍光眼底造影検査の比較検討. 第120回日本眼科学会総会 2016.04.08

  108. 高橋 洋如, 高瀬 博, 新井 文子, 寺田 裕紀子, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子. 両眼性肉芽腫性汎ぶどう膜炎像を呈したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症の2例. 第65回日本臨床眼科学会 2015.10.23 名古屋

  109. 杉田 直, 寳野 阿佑美, 高橋 政代, 外丸 靖浩, 清水 則夫, 高瀬 博, 中野 聡子. 眼局所検体を用いた眼感染症の新しいPCR網羅的検査の開発. 第65回日本臨床眼科学会 2015.10.22 名古屋

  110. 福田 祥子, 高瀬 博, 宮永 将, 福地 麗, 高橋 任美, 望月 學, 大野 京子. サイトメガロウイルス虹彩炎へのガンシクロビル硝子体内注射の効果に関する探索的研究. 第65回日本臨床眼科学会 2015.10.22 名古屋

  111. 中野 聡子, 外丸 靖浩, 中室 隆子, 横山 勝彦, 高瀬 博, 杉田 直, 清水 則夫, 久保田 敏昭. 新規眼感染症網羅的PCR検査ストリップを用いた眼感染症診断. 第65回日本臨床眼科学会 2015.10.22 名古屋

  112. 高瀬 博. サルコイドーシスによるぶどう膜炎の診断. 瀬戸内眼科コロシアム 2015.10.18 岡山

  113. 新井文子、高瀬博、山本浩平、秋山弘樹、望月學、三浦修. 原発性硝子体網膜リンパ腫の遺伝子発現プロファイリング. 第77回日本血液学会総会 2015.10.17 金沢

  114. 高瀬 博. サルコイドーシスの診断について今更考えてみる. 第3回 Osaka Uveal Meeting 2015.10.01 大阪

  115. 高瀬 博. 急性網膜壊死の診断と治療 〜 全国調査研究と自験例から. 第6回 北海道眼炎症免疫セミナー 2015.08.28 札幌

  116. 今井 彩乃, 高瀬 博, 松田 剛, 今留 謙一, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子, 新井 文子. 脳病変より節外性NK/T細胞リンパ腫と確定診断されたEBウイルス陽性ぶどう膜炎の1例. 第49回日本眼炎症学会 2015.07.11 大阪

  117. 高瀬 博. 感染性ぶどう膜炎の診断 up-date. 第52回日本眼感染症学会 2015.07.11 大阪

  118. 赤池さやか, 田中絵里子, 河本亮介, 岡戸丈和, 古澤春彦, 小林大輔, 高瀬博. ぶどう膜炎を契機に腎病変が診断されたサルコイドーシスの2例. 第181回東京サルコイドーシス/肉芽腫性疾患研究会 2015.06.27 東京

  119. 中野聡子, 外丸靖浩, 野田佳宏, 中室隆子, 横山克勝彦, 清崎邦洋, 嵜野祐二, 高瀬博, 杉田直, 清水則夫, 久保田敏昭. 新規眼感染症網羅的PCR検査キットが診断に有用であった難治性真菌性角膜炎の1例. 第85回九州眼科学会 2015.05.29 鹿児島

  120. 高瀬 博. ぶどう膜炎診療アップデート 感染性ぶどう膜炎の診断. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.19 札幌

  121. 寺田 裕紀子, 高瀬 博, 大野 京子. Swept-source OCTにより特異な網膜内浸潤病巣が観察された眼内リンパ腫の1例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.17 札幌

  122. 石原 麻美, 目黒 明, 南場 研一, 大野 重昭, 蕪城 俊克, 高瀬 博, 望月 學, 後藤 浩, 竹内 大, 堀 純子, 北市 伸義, 水木 信久. 日本人における新規サルコイドーシス関連候補遺伝子の検索. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 札幌

  123. 高橋 洋如, 高瀬 博, 新井 文子, 寺田 裕紀子, 鴨居 功樹, 望月 學, 大野 京子. 両眼性肉芽腫性汎ぶどう膜炎像を呈したEBウイルス陽性Tリンパ増殖症の2例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 札幌

  124. 堀江 真太郎, 高瀬 博, 鴨居 功樹, 大野 京子. 病的近視眼に発症し特異な脈絡膜肥厚像を呈した交感性眼炎の一例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 札幌

  125. 石井 南, 寺田 裕紀子, 島田 典明, 高瀬 博, 大野 京子. 多彩なOCT像を呈したVogt-小柳-原田病の1例. 第119回日本眼科学会総会 2015.04.16 札幌

  126. Akiyama H, Takase H, Kubo F, Miki T, Yamamoto M, Tomita M, Mochizuki M, Miura O, Arai A. Systemic MTX following intraviteal MTX administration prevents CNS infiltration of PIOL. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10 大阪

  127. 高瀬博. ぶどう膜炎の診断と治療. 第2回 East Tokyo Ophthalmic Seminar 2014.01.24 東京

▼全件表示