基本情報

写真a

辻 美千子(ツジ ミチコ)

TSUJI Michiko


職名

助教

研究室住所

〒113-8549 文京区湯島1-5-45

メールアドレス

m-tsuji.mort@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

矯正・小児系歯学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成9年7月  東京医科歯科大学歯学部附属病院 医員
  • 平成14年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院 助手
  • 平成16年4月 国立大学法人東京医科歯科大学 助手教育職

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 日本矯正歯科学会

  • WFO(World Federation of Orthodontics)

  • 日本先天異常学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本顏学会

  • 日本遺伝カウンセリング学会

  • 日本口蓋裂学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    現在
    日本顏学会 理事
  • 2010年
    -
    2016年
    東京矯正歯科学会 東京歯科学会誌編集委員
  • 2012年
    -
    2014年
    日本顏学会 日本顏学会誌編集委員長
  • 2012年
    -
    2016年
    日本遺伝カウンセリング学会 遺伝教育委員会委員
  • 2013年
    -
    現在
    日本人類遺伝学会 教育推進委員会委員
  • 2014年
    -
    現在
    公益社団法人日本矯正歯科学会 医療問題検討委員会委員
  • 2018年03月
    -
    現在
    公益社団法人日本矯正歯科学会 理事長幹事
  • 2018年03月
    -
    現在
    公益社団法人日本矯正歯科学会 学術大会運営委員会委員
  • 2018年03月
    -
    現在
    公益社団法人日本矯正歯科学会 総務委員会委員

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 先天異常疾患の顔貌の特徴認識

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 先天異常疾患の遺伝子型/表現型の関連解明のための特異的顔貌の定量的評価法の確立

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 三次元顔貌データを用いた先天異常疾患特異的顔貌の解析手法の確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 超音波画像診断装置を用いた舌運動-頬舌圧同時記録法による口腔機能の定量的解析

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Hla-Myint T, Tsuji M, Suzuki S, Obayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. Establishment of a novel method for qualitative and quantitative evaluation of deglutitive tongue movement by integration of ultrasound video imaging and lateral cephalogram Orthodontic Waves. 2021.03; 80 (1): 23-31.

  2. Tsuji Michiko, Suzuki Hiroyuki, Suzuki Shoichi, Moriyama Keiji. 鎖骨頭蓋骨異形成症例における過剰埋伏歯の形態と位置の3次元評価(Three-dimensional evaluation of morphology and position of impacted supernumerary teeth in cases of cleidocranial dysplasia) Congenital Anomalies. 2020.07; 60 (4): 106-114. ( 医中誌 )

  3. Kobayashi Y, Ogura K, Hikita R, Tsuji M, Moriyama K. Craniofacial, oral, and cervical morphological characteristics in Japanese patients with Apert syndrome or Crouzon syndrome. European Journal of Orthodontics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  4. Tsuji Michiko, Shoji Ayumi, Hirabayashi Kyoko, Kobayashi Yukiho, Moriyama Keiji. 軟骨無形成症患者における顎顔面形態の分析(Analysis of dentocraniofacial morphology in patients with achondroplasia) Congenital Anomalies. 2019.11; 59 (6): A55. ( 医中誌 )

  5. Tsuji M, Suzuki H, Suzuki S, Moriyama K. Three-dimensional evaluation of morphology and position of impacted supernumerary teeth in cases of cleidocranial dysplasia. Congenital Anomalies. 2019.10; ( PubMed, DOI )

  6. Matsuno S, Tsuji M, Hikita R, Matsumoto T, Baba Y, Moriyama K. Clinical study of dentocraniofacial characteristics in patients with Williams syndrome. Congenital Anomalies. 2019.09; 59 (5): 162-168. ( PubMed, DOI )

  7. Matsuno Sahori, Tsuji Michiko, Hikita Rina, Matsumoto Tsutomu, Baba Yoshiyuki, Moriyama Keiji. Williams症候群患者の歯牙頭蓋顔面特徴に関する臨床研究(Clinical study of dentocraniofacial characteristics in patients with Williams syndrome) Congenital Anomalies. 2019.09; 59 (5): 162-168. ( 医中誌 )

  8. Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Horikawa R, Moriyama K. Investigation of maxillofacial morphology and oral characteristics with Turner syndrome and early mixed dentition. Congenit Anom (Kyoto). 2019.01; 59 (1): 11-17. ( PubMed, DOI )

  9. Sato Chiemi, Ogawa Takuya, Tsuge Risa, Shiga Momotoshi, Tsuji Michiko, Baba Yoshiyuki, Kosaki Kenjiro, Moriyama Keiji. Russell-Silver症候群の日本人小児11名の全身及び顎顔面に関する特徴(Systemic and maxillofacial characteristics of 11 Japanese children with Russell-Silver syndrome) Congenital Anomalies. 2017.09; 56 (5): 217-225. ( 医中誌 )

  10. Sato M, Baba Y, Haruyama N, Higashihori N, Tsuji M, Suzuki S, Moriyama K. Clinicostatistical analysis of congenitally missing permanent teeth in Japanese patients with cleft lip and/or palate Orthodontic Waves. 2016.06; 75 (2): 41-45.

  11. Chiemi Sato, Takuya Ogawa, Risa Tsuge, Momotoshi Shiga, Michiko Tsuji, Yoshiyuki Baba, Kenjiro Kosaki, Keiji Moriyama. Systemic and maxillofacial characteristics of eleven Japanese children with Russell-Silver syndrome. Congenit Anom (Kyoto). 2016.02; ( PubMed, DOI )

  12. Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Suzuki S, Kaneko T, Kindaichi J, Moriyama K. Investigation of maxillofacial morphology and dental development in hemifacial microsomia. Cleft Palate Craniofac J.. 2015.03; 52 (2): 203-209.

  13. Nakayama Y, Baba Y,Tsuji M, Fukuoka H, Ogawa T, Ohkuma M, Moriyama K. Dentomaxillofacial characteristics of ectodermal dysplasia. Congenit Anom (Kyoto). 2015.02; 55 (1): 42-48. ( PubMed, DOI )

  14. Surapornsawasd T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Oculofaciocardiodental syndrome: novel BCOR mutations and expression in dental cells. J. Hum. Genet.. 2014.06; 59 (6): 314-320. ( PubMed, DOI )

  15. Okamura E, Suda N, Baba Y, Fukuoka H, Ogawa T, Ohkuma M, Ahiko N, Shiga M, Tsuji M, Moriyama K. Dental and maxillofacial characteristics of six Japanese individuals with ectrodactyly-ectodermal dysplasia-clefting syndrome. Cleft Palate Craniofac. J.. 2013.03; 50 (2): 192-200. ( PubMed, DOI )

  16. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Systemic and maxillofacial characteristics of patients with Beckwith-Wiedemann syndrome not treated with glossectomy. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2011.04; 139 (4): 517-525. ( PubMed, DOI )

  17. Mukai-Higashihori K, Baba Y, Tetsumura A, Tsuji M, Ishizaki T, Higashihori N, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Suzuki S, Ohyama K. Ultrasonographic assessment of new bone formation in maxillary distraction osteogenesis. J Oral Maxillofac Surg.. 2008.08; 66 (8): 1750-1753.

  18. Gereltzul E, Baba Y, Suda N, Shiga M, Inoue MS, Tsuji M, Shin I, Hirata Y, Ohyama K, Moriyama K. Case report of de novo dup(18p)/del(18q) and r(18) mosaicism. J Hum Genet. 2008; 53 (10): 941-946. ( PubMed, DOI )

  19. 辻美千子. 遺伝とつながる矯正歯科治療支えるケア 日本遺伝看護学会誌. 2020.03; 18 (2): 25-28. ( 医中誌 )

  20. 井上 貴裕, 庄司 あゆみ, 小倉 健司, 狩野 桜子, 佐川 夕季, 小林 起穂, 辻 美千子, 松本 力, 森山 啓司. トリーチャー・コリンズ症候群患者の下顎骨におけるantegonial notchの形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 235. ( 医中誌 )

  21. 横内 里帆, 小倉 健司, 庄司 あゆみ, 中島 すみか, 辻 美千子, 松本 力, 森山 啓司. トリーチャー・コリンズ症候群患者の頭蓋顎顔面形態と上気道形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 234. ( 医中誌 )

  22. ハラ・ミャント・シリ , 辻 美千子, 大林 尚人, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 側面頭部X線規格写真と超音波断層画像の統合による嚥下時舌運動様相の観察 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 138. ( 医中誌 )

  23. 平林 恭子, 辻 美千子, 森山 啓司. 軟骨・毛髪低形成症と診断された1症例の顎顔面領域の臨床的特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 262. ( 医中誌 )

  24. 中納 治久, 立木 千恵, 佐藤 琢麻, 辻 美千子, 真野 樹子, 箕浦 雄介, 小川 清史, 野村 泰世, 曽矢 猛美, 小塩 裕, 宮澤 健, 清水 典佳, 森山 啓司, 日本矯正歯科学会医療問題検討委員会. 埋伏歯の開窓・牽引・矯正治療に関する実態調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2019.11; 78回 197. ( 医中誌 )

  25. 辻 美千子. 遺伝とつながる各領域 ささえるケア 遺伝とつながる矯正歯科治療 ささえるケア 日本遺伝看護学会誌. 2019.08; 18 (1): 21. ( 医中誌 )

  26. 仁木 佑紀, 東堀 紀尚, 上園 将慶, 五十嵐 七瀬, 稲垣 有美, 井上 雅葵, 会坂 善也, バダラフ・ノミン , 小林 起穂, 辻 美千子, 森山 啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 307. ( 医中誌 )

  27. 浅見拓也, 辻美千子, 庄司あゆみ, 疋田理奈, 馬場祥行, 森山啓司. Williams症候群患者における顎顔面形態と口腔内の特徴 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2018.03; 77 (1): 9-16.

  28. 早川 大地, 幸田 直己, 高橋 由記, 姜 順花, 松本 英和, ネイミョ・ミンスイ , 辻 美千子, 小林 起穂, 森山 啓司. Stickler症候群とRobin sequence患者の臨床症状の比較 頭蓋顎顔面形態と全身症状に着目して 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 261. ( 医中誌 )

  29. 木下 由紀子, 高橋 由記, 幸田 直己, 齋藤 小百合, 宮崎 貴行, ピョ・ティハ , 辻 美千子, 小林 起穂, 森山 啓司. Stickler症候群患者の口腔内の特徴に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 261. ( 医中誌 )

  30. 庄司 あゆみ, 東堀 紀尚, 林 婉テイ, 辻 美千子, 森山 啓司. 上顎埋伏犬歯の診断・治療に関する歯科矯正学的検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 267. ( 医中誌 )

  31. 小倉 健司, 小林 起穂, 疋田 理奈, 庄司 あゆみ, 辻 美千子, 森山 啓司. 頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析 アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 259. ( 医中誌 )

  32. 林 婉テイ, 辻 美千子, 庄司 あゆみ, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 過去10年間に当分野を受診した埋伏歯を有する患者の臨床統計学的検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 266. ( 医中誌 )

  33. 富永 千慧, 幸田 直己, 高橋 由記, 門脇 佳緒里, 小倉 健司, 辻 美千子, 小林 起穂, 森山 啓司. 成長終了後に下顎頭肥大を呈したStickler症候群の1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 290. ( 医中誌 )

  34. 小川 卓也, 伴田 みさと, 上園 将慶, 駒崎 裕子, 辻 美千子, 森山 啓司. 口唇裂・口蓋裂を伴う希少遺伝性疾患患者の矯正歯科治療に関する実態調査 日本口蓋裂学会雑誌. 2017.04; 42 (2): 170. ( 医中誌 )

  35. 辻美千子. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-7:先天異常疾患に対する顎顔面矯正学的な対応. 矯正臨床ジャーナル. 2017.03; 33 (3): 51-59.

  36. 辻 美千子. 先天異常疾患に対する顎顔面矯正学的な対応 矯正臨床ジャーナル. 2017.03; 33 (3): 51-59. ( 医中誌 )

  37. 池田 倫世, 辻 美千子, 大宅 彩, 小川 卓也, 森山 啓司. Down症候群患者の口腔顎顔面部における臨床的特徴 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 67-77. ( 医中誌 )

  38. 大山紀美栄、辻美千子、 森山啓司. 外表奇形の診断と治療 3 顎顔面の奇形 小児科. 2008.01; 49 (1): 17-25.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 辻美千子 他. 顔の百科事典. 丸善出版株式会社 , 2015.09 (ISBN : 978-4-621-08958-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 辻美千子、Hla-Myint Thiri、鈴木聖一、大林尚人、森山啓司. 超音波ビデオ画像と側面頭部X線規格写真の統合による嚥下時舌運動の定性的・定量的解析法の確立. 第80回東京矯正歯科学会記念学術大会 2021.07.14 東京都千代田区 / Web開催

  2. Tsuji M, Nakakuki K, Hirabayashi K, Moriyama K. Spontaneous tooth eruption after early enucleation of supernumerary teeth in a patient with cleidocranial dysplasia. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  3. ハラミャントシリ、辻美千子、大林尚人、鈴木聖一、森山啓司. 側面頭部X線規格写真と超音波断層画像の統合による嚥下時舌運動様相の観察. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  4. Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Analysis of dentocraniofacial morphology in patients with achondroplasia. 第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of International Cleft Lip and Palate oundation CLEFT 2019 ICPF合同学術集会 2019.07.26 愛知県名古屋市

  5. Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K. Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome . The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  6. Yuri Baba,Yuko Komazaki,Jun J Miyamoto,Kenji Ogura, Nozomi Ahiko,Yoshiyuki Baba,Michiko Tuji,Keiji Moriyama. Maxillofacial morphology of 4 cases of Marfan-related disorders in mixed dentition stage. The 49th Annual Scientific Congress,Korean Association of Orthodontists 2016.10.07 Korea

  7. Rina Hikita, Sahori Matsuno, Takuya Asami, Takuya Ogawa, Yoshiyuki Baba, Michiko Tsuji, Keiji Moriyama. Systemic and cranimaxillofacial characteristics of patients with Williams syndrome. International Congress of Human Genetics 2016 2016.04.03 Kyoto

  8. Tsuji M, Ogura K, Hikita R, Kobayashi Y, Moriyama K. Maxillofacial morphological characteristics of two Japanese patients with chromosome 18p deletion syndrome. International Congress of Human Genetics 2016. 2016.04.03 Kyoto

  9. Morita J, Tsuji M, Uezono M, Moriyama K. Characterristic orofacial phenotypes in a patient diagnosed with orofaciodigital s yndrome1. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  10. Sahori Matsuno, Rina Hikita, Wanting Lin, Tsutomu Matsumoto, Mao Sato ,Michiko Tsuji, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama. Clinical study of Williams syndrome patients: Part 1, General findings and characteristics of craniofacial morphology. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  11. Takuya Asami, Rina Hikita, Ayumi Shoji, Tsutomu Matsumoto, Mao Sato ,Michiko Tsuji, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama. Clinical study of Williams syndrome patients-Intraoral characteristics-. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  12. Sakiko Akiyama, Michiko Tsuji, Taizo Hiratsuka, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto and Keiji Moriyama. An orthodontic management case of Williams syndrome with severe crowding in lower arch. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  13. Tsuji M, Naganishi H, Torikai K, Moriyama K. A case of Apert syndrome treated by bimaxillary orthognathic surgery after Le Fort III distraction. The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery 2015.09.14 千葉

  14. 辻美千子、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司. 新規創内型上顎骨延長器を用いて咬合および顔貌の改善をはかった両側性口唇口蓋裂の1症例.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  15. Tsuji M, Baba Y, Suzuki S, Moriyama K. Non-prosthetic treatment with segmental osteotomies and bone grafting in patients with cleft lip and palate.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10

  16. Iida T, Hoshiai H, Hatsuno K, Taniguchi H, Tsuji M, Baba Y, Suzuki S, Moriyama K. Assessment of bone maturity by modal analysis after orthognathic surgery.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  17. Suda N, Kawafuji A, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama M. Characteristics of Japanese Beckwith-Wiedemann syndrome patients without glossectomy.. 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  18. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K.. Systemic and maxillofacial characteristics of Beckwith-Wiedemann syndrome patients without having glossectomy.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  19. Tsuji M, Baba Y, Yagishita K, Yamami N, Mano Y, Suzuki S, Moriyama K. . Clinical application of hyperbaric oxygen therapy for cleft patients treated by distraction osteogenesis.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  20. 馬場祥行、須田直人、志賀百年、辻美千子、ゲレルトゥズル エンクトゥフシン、平田結喜緒、大山 紀美栄、 森山啓司.. A case report of de novo rod/ring chromosome 18 mosaicism. . 第48回日本先天異常学会学術集会 2008.06.28 東京

  21. Tsuji M, Baba Y, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K.. Correction of maxillary lateral deviation using RED system with auxiliary traction wire.. 6th Asian Pacific Orthodontic Conference 2008.03.27 Bangkok

  22. 大岩真由、上園将慶、舩橋健太、吉澤英之、小笠原毅、辻美千子、森山啓司. 異なる成⾧ステージに舌縮小術が施行されたBWS患者2症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  23. 大森雄一朗、上園将慶、大岩真由、高際友里、舩橋健太、吉澤英之、辻美千子、森山啓司. 成長期のBWS患者に対する治療介入が顎顔面形態に及ぼす影響. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  24. 堀夏菜子、町田亮人、稲垣有美、小笠原毅、門田千穂、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したターナー症候群患者の臨床症状に関する検討(第1報)-頭蓋顎顔面形態の特徴に関して-. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  25. 阿南康太、清水美里、稲垣有美、小笠原毅、門田千穂、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したターナー症候群患者の臨床症状に関する検討(第2報)-歯の特徴に関して-. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  26. 大河原愛奈、辻美千子、門田千穂、小笠原毅、森山啓司. Turner症候群の口蓋形態の三次元的解析-Turner症候群の口蓋形態は高口蓋ではなく狭口蓋である-. 第61回 日本先天異常学会学術集会 2021.08.07 Web開催

  27. 中納治久、立木千恵、真野樹子、辻美千子、佐藤琢麻、野村泰世、箕浦雄介、小川清史、小塩裕、曽矢猛美、宮澤健、清水典佳、森山啓司. 埋伏歯の開窓・牽引・矯正治療に関する実態調査. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  28. 平林恭子、辻美千子、森山啓司. 軟骨・毛髪低形成症と診断された1症例の顎顔面領域の臨床的特徴について . 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  29. 井上貴裕、庄司あゆみ、小倉健司、狩野桜子、佐川夕季、小林起穂、辻美千子、松本力、森山啓司. トリーチャー・コリンズ症候群患者の下顎骨におけるantegonial notchの形態に関する検討 . 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  30. 横内里帆、小倉健司、庄司あゆみ、中島すみか、辻美千子、松本力、森山啓司 . トリーチャー・コリンズ症候群患者の頭蓋顎顔面形態と上気道形態に関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  31. 辻美千子. 遺伝とつながる矯正歯科治療 ささえるケア. 日本遺伝看護学会第18回学術大会 2019.09.28 東京都文京区

  32. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司. ダウン症候群患者における口腔筋機能療法に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  33. 疋田理奈、辻美千子、小倉健司、森山啓司. 著しい叢生と狭窄歯列弓を伴う成人マルファン症候群患者に対する矯正歯科治療の一例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  34. 富永千慧、松本力、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診した鎖骨頭蓋異形成症患者の成長期前後における顎顔面形態の特徴. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  35. 仁木佑紀、東堀紀尚、上園将慶、五十嵐七瀬、稲垣有美、井上雅葵、会坂善也、バダラフノミン、小林起穂、辻美千子、森山啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  36. 秋山秀平、荒木美祐、保田裕子、東堀紀尚、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 当分野における過去10年間の初診患者の実態調査. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  37. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、鈴木聖一、森山啓司. 口腔顎顔面領域の筋機能異常を有する先天異常疾患患者に対する口腔筋機能療法の試み . 日本人類遺伝学会第63回大会 2018.10.10 神奈川県横浜市

  38. 辻美千子、中久木康一、森山啓司.. 過剰歯歯胚を早期に摘出した鎖骨頭蓋異形成症の1症例. 第58回日本先天異常学会学術集会 2018.07.27 東京都新宿区

  39. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  40. 木下由紀子、高橋由記、幸田直己、斎藤小百合、宮崎貴行、ピョティハ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群患者の口腔内の特徴に関する検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18

  41. 早川大地、幸田直己、高橋由記、姜順花、松本英和、ネイミョミンスイ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群とRobin sequence患者の臨床症状の比較-頭蓋顎顔面形態と全身症状に着目して-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  42. 林婉婷、辻美千子、庄司あゆみ、東堀紀尚、森山啓司. 過去10年間に当分野を受診した埋伏歯を有する患者の臨床統計学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  43. 庄司あゆみ、東堀紀尚、林婉婷、辻美千子、森山啓司. 上顎埋伏犬歯の診断・治療に関する歯科矯正学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  44. 富永千慧、幸田直己、高橋由記、門脇佳緒里、小倉健司、辻美千子、小林起穂、森山啓司. 成長終了後に下顎頭肥大を呈したStickler症候群の1症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  45. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、辻美千子、森山啓司.. 矯正歯科治療により咬合改善を行ったアペール症候群2症例におけるビザンチン口蓋の長期的形態変化. 第57回日本先天異常学会学術集会 2017.08.26 東京都新宿区

  46. 小川卓也、伴田みさと、上園将慶、駒崎裕子、辻美千子、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂を伴う希少遺伝性疾患患者の矯正歯科治療に関する実態調査. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  47. 疋田理奈、辻美千子、小林起穂、小倉健司、森山啓司. 臨床症状からSeathre-Chozen症候群と診断された2症例の顎顔面領域の臨床的特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  48. 馬場優里、駒崎裕子、宮本順、小倉健司、高田潤一、平林恭子、阿彦希、馬場祥行、小林起穂、辻美千子、森山啓司. Marfan症候群関連疾患4症例の混合歯列期における頭蓋顎顔面形態の特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  49. 秋山秀平、小倉健司、宮本順、駒崎裕子、高田潤一、呉郁イン、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-口腔内の特徴について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  50. 田村明日香、小倉健司、宮本順、駒崎裕子、高田潤一、吉澤英之、呉郁イン、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-医科領域を含めた臨床症状について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  51. 小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司 . 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  52. 小林 起穂. 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第56回日本先天異常学会学術集会 2016.07.30 兵庫

  53. 伴田みさと、伊藤洋介、渡辺千穂、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 矯正歯科外来において長期管理を行った先天性ミオパチー3例. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  54. 小倉健司、辻美千子、疋田理奈、小林起穂、森山啓司. 当分野を受診した18p-症候群2症例の顎顔面形態の特徴. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  55. 鈴木尋之、辻美千子、鈴木聖一、森山啓司. 鎖骨頭蓋異形成症患者における埋伏歯の形態および位置の三次元的評価. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  56. 中村留理子、荒木美祐、渡辺千穂、伊藤洋介、小笠原毅、辻幸佑、山形義紘、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 筋原性疾患患者における頭蓋顎顔面形態の特徴について-先天性ミオパチーと筋ジストロフィーの比較-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  57. 木下理恵、渡辺千穂、伊藤洋介、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 矯正歯科外来を受診した福山型筋ジストロフィー2例の臨床的特徴について. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  58. 三宅秀彦,櫻井晃洋,秋山奈々,平岡弓枝,米井歩,佐々木元子,辻美千子,湯地晃一郎,滝澤公子,稲澤譲治,福嶋義光. 遺伝教育充実のための学会連携 -メディアへの働きかけについて-. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.14 東京

  59. 辻美千子,鳥飼勝行,森山啓司. Le Fort Ⅲ型骨切り・骨延長術を併用した外科矯正治療により顔貌および咬合改善を行ったApert症候群2症例. 第55回日本先天異常学会学術集会 2015.07.25 神奈川

  60. 辻美千子. 顎顔面先天異常疾患患者に対する矯正歯科的対応と今後の課題. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2014.05.29 北海道

  61. 佐藤麻緒、馬場祥行、井口隆人、本田綾、片岡恵一、辻美千子、鈴木聖一、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂症例の永久歯の先天性欠如に関する臨床統計学的検討.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  62. 鈴木一史、辻美千子、大隈瑞恵、岡本奈那、武智香織、疋田理奈、福岡裕樹、馬場祥行、森山啓司. 外胚葉異形成症患者の顎顔面領域における形態的特徴.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  63. 辻美千子, 森山啓司. Turner症候群の遺伝カウンセリング時に提供できる歯科領域からの情報.. 第33回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 2009.07.24 兵庫

  64. 岡村絵里花、阿彦希、福岡裕樹、辻美千子、馬場祥行、森山啓司. EEC症候群の顎顔面領域に関する歯科的検討.. 第49回日本先天異常学会 2009.06.25 鹿児島

  65. 中山 友美子、鈴木一史、中澤佑紀、茂木和久、福岡裕樹、辻 美千子、馬場祥行、森山啓司. 外胚葉異形成症の顎顔面領域に関する歯科的検討. 第49回日本先天異常学会 2009.06.25 鹿児島

  66. 福岡裕樹、辻美千子、出井彩乃、本田彩、岡本奈那、森山啓司. RED systemで前下方へ上顎骨延長を行ったoverclosureを呈する成人口唇口蓋裂3症例.. 第19回日本顎変形症学会総会 2009.06.04 仙台

  67. 飯田敏朗、星合泰治、初野有人、辻美千子、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司、谷口尚. モード解析による骨成熟過程の評価の試み.Assessment of bone maturity using modal analysis after orthognathic surgery.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  68. 飯田敏朗、星合泰治、初野有人、辻美千子、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司、谷口尚. モード解析による骨成熟過程の評価の試み.Assessment of bone maturity using modal analysis after orthognathic surgery.. 第33回日本口蓋裂学会総会 2009.05.28 東京

  69. 森田圭一、辻美千子、今泉史子、森田綾子、森山啓司、小村健. 新規創内固定型上顎仮骨延長装置の使用経験.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  70. 辻美千子、馬場祥行、本田綾、柳下和慶、山見信夫、眞野嘉洋、鈴木聖一、森山啓司.. 上顎骨の骨延長法に際し、高気圧酸素治療(HBO)を適用した1症例.. 第43回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2008.10.31 北海道

  71. 本田綾、馬場祥行、片岡恵一、辻美千子、石﨑 敬、柳下和慶、山見信夫、眞野嘉洋、鈴木聖一、森山啓司.. 口唇口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適用と術後評価.. 第43回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2008.10.31 旭川

  72. 本田綾、馬場祥行、片岡恵一、辻美千子、石崎敬、鈴木聖一、柳下和慶、山見信夫、森山啓司.. 口唇・口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適応と術後評価.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  73. 大隈瑞恵、大塚亮、北村良平、福岡裕樹、辻美千子、森山啓司.. 歯槽部骨延長術による上顎歯列弓拡大後に上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う骨格性開咬症例.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  74. 佐藤麻緒、ウン・イン・ウー、小川卓也、辻美千子、須田直人、小野卓史、森山啓司.. 機能的矯正装置で治療したhemifacial microsomia 5例の顎態の非対称性変化に関する検討.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  75. 出井彩乃、鈴木尋之、大隈瑞恵、辻美千子、須田直人、森山啓司.. 長期経過観察を行ったhemifacial microsomia1例の顎態の成長変化に関する検討. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  76. 金谷和宏、小川卓也、辻美千子、須田直人、大林尚人、倉林亨、森山啓司.. 歯科用コーンビームCT画像によるhemifacial microsomiaの顎関節周辺部の三次元的解析.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  77. 山田大輔、鎌田秀樹、大隈瑞恵、辻美千子、須田直人、森山啓司.. 当分野を受診したhemifacial microsomia患者の臨床症状に関する検討.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  78. 辻美千子. 多因子遺伝. 平成20年度遺伝カウンセリングセミナー第36回実践コース 2008.08.21 東京

  79. 辻美千子, 森山啓司.. 口腔内の異常に気付いて矯正歯科を受診した鎖骨頭蓋異形成症2例について.. 第32回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 2008.05.23 仙台

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第80回東京矯正歯科学会記念学術大会 優秀発表賞(辻美千子、Hla-Myint Thiri、鈴木聖一、大林尚人、森山啓司),東京矯正歯科学会,2021年07月

  • ”Top cited article 2019-2020”(Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Horikawa R, Moriyama K),Congenital Anomalies,2021年04月

  • "Top downloaded paper 2018-2019"(Tsuji M, Suzuki H, Suzuki S, Moriyama K),Congenital Anomalies,2020年05月

  • ICPF and JTS The Best Authors for Oral and Poster Presentation“The Gold Award”(Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K),ICPF,JTS,2019年07月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • Posterboard Presentation 3rd Place Research"Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome"(Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K),The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018),2018年03月

  • 優秀発表賞「頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-」(小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司),第76回日本矯正歯科学会大会,2017年10月

  • 優秀発表賞「頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較」(小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • Excellent Poster Presentation Award"Maxillofacial morphology of 4 cases of Marfan-related disorders in mixed dentition stage"(Yuri Baba,Yuko Komazaki,Jun J Miyamoto,Kenji Ogura,Nozomi Ahiko,Yoshiyuki Baba,Michiko Tuji,Keiji Moriyama),The 49th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists,2016年10月

  • 優秀ポスター賞「口唇裂・口蓋裂症例の永久歯の先天性欠如に関する臨床統計学的検討」(佐藤麻緒,馬場祥行,井口隆人,本田綾,片岡恵一,辻美千子,鈴木聖一,森山啓司),第34回日本口蓋裂学会総会,2010年05月

  • 優秀発表賞”Clinical application of hyperbaric oxygen therapy for cleft patients treated by distraction osteogenesis.”(Tsuji M, Baba Y, Yagishita K, Yamami N, Mano Y, Suzuki S, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2017年

    「先天異常疾患の遺伝子型/表現型関連解明のための特異的顔貌の定量的評価法の確立」研究代表者 辻美千子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2016年

    「先天異常疾患の遺伝子型/表現型関連解明のための特異的顔貌の定量的評価法の確立」研究代表者 辻美千子

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2015年

    「先天異常疾患の遺伝子型/表現型関連解明のための特異的顔貌の定量的評価法の確立」研究代表者 辻美千子

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 講義「女性と身体ー歯の健康(1)(2)」,日本女子大学,2020年11月06日 - 2020年11月13日

  • 講義「女性と身体ー歯の健康(1)(2)」 ,日本女子大学,2019年11月01日 - 2019年11月08日