基本情報

写真a

齋藤 良一(サイトウ リョウイチ)

SAITO Ryoichi


職名

教授

研究分野・キーワード

細菌, 病原性, 薬剤耐性, 分子疫学, ワクチン, 迅速診断

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  保健衛生学科  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  保健衛生学研究科  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2012年04月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 生体防御検査学 助教
  • 2012年05月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 生体検査科学専攻 分子・遺伝子応用検査学講座 生体防御検査学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2020年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 分子病原体検査学分野 准教授
  • 2020年06月
    -
    2020年07月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 分子病原体検査学分野 准教授
  • 2020年08月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 生命理工医療科専攻 生体検査科学講座 分子病原体検査学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2009年06月
    東京大学医学部附属病院 検査部・感染制御部 臨床検査技師
  • 2009年07月
    -
    2010年03月
    国立感染症研究所 細菌第二部 研究員
  • 2010年04月
    -
    2013年03月
    国立感染症研究所 細菌第二部 協力研究員
  • 2015年11月
    -
    2017年03月
    米国オレゴン州立大学 獣医学部 客員准教授
  • 2018年05月
    -
    現在
    国立感染症研究所 細菌第一部 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床衛生検査技師会

  • 日本感染症学会

  • 日本細菌学会

  • 日本臨床微生物学会

  • 日本環境感染学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
    日本臨床微生物学会 幹事
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本臨床検査学教育協議会 理事、編集委員会委員長
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本嫌気性菌感染症学会 幹事
  • 2012年01月
    -
    現在
    日本臨床微生物学会 評議員
  • 2018年01月
    -
    現在
    日本臨床微生物学会 編集・ホームページ委員会委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

  • 感染症内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • インフェクションコントロールドクター(ICD)

  • 感染制御認定臨床微生物検査技師

  • 認定臨床微生物検査技師

  • 臨床検査技師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細菌の薬剤耐性化、病原性発現制御および分子疫学に関する研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • クロストリジウム・ディフィシル(CD)の環境適応機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 冷蔵保存した母乳の食品としての安全性について

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 髄膜炎菌における薬剤感受性データの構築及びペニシリン耐性化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Isaac Prah, Alafate Ayibieke, Nguyen Thi Thu Huong, Atsushi Iguchi, Samiratu Mahazu, Wakana Sato, Takaya Hayashi, Shoji Yamaoka, Toshihiko Suzuki, Shiroh Iwanaga, Anthony Ablordey, Ryoichi Saito. Virulence profile of diarrhoeagenic Escherichia coli from the Western region of Ghana. Japanese journal of infectious diseases. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  • 齋藤良一. 臨床検査技師のための研究入門 研究費申請をしよう!. 検査と技術. 2020.09; 48 (9): 922-927.

  • Koh Okamoto, Alafate Ayibieke, Ryoichi Saito, Kenichi Ogura, Yuki Magara, Reiko Ueda, Hina Ogawa, Shuji Hatakeyama. A nosocomial cluster of Roseomonas mucosa bacteremia possibly linked to contaminated hospital environment. J. Infect. Chemother.. 2020.08; 26 (8): 802-806. ( PubMed, DOI )

  • Miyuki Mizoguchi, Yoshimi Matsumoto, Ryoichi Saito, Tomoaki Sato, Kyoji Moriya. Direct antibiotic susceptibility testing of blood cultures of gram-negative bacilli using the Drug Susceptibility Testing Microfluidic (DSTM) device. J. Infect. Chemother.. 2020.06; 26 (6): 554-562. ( PubMed, DOI )

  • Yuta Okada, SHU OKUGAWA, Mahoko Ikeda, Tatsuya Kobayashi, Ryoichi Saito, Yoshimi Higurashi, Kyoji Moriya. Genetic Diversity and Epidemiology of Accessory Gene Regulator Loci in Clostridioides difficile. Access Microbiology. 2020.05; ( DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 貫井陽子, 齋藤良一, 相曽啓史, 井上健斗, 羽田野義郎, 東田修二, 小池竜司 . NDM-5メタロβラクタマーゼ・OXA-1同時産生Klebsiella oxytoca検出事例. 第94回日本感染症学会学術講演会 2020.08.19 東京

  • Yuta Okada, Shu Okugawa, Mahoko Ikeda, Tatsuya Kobayashi, Ryoichi Saito, Yoshimi Higurashi, Kyoji Moriya.. Genetic diversity and Epidemiology of Accessory Gene Regulator Loci in the Clinical Isolates of Clostridioides difficile. ASM Microbe 2020 2020.06.18 Chicago, IL, USA

  • Y. Nukui, R. Saito, K. Aoki, Y. Ishii, Y. Aiso, M. Shima, K. Sonobe, S. Tohda, R. Koike.. Molecular Epidemiological Analysis of Multidrug-Resistant Achromobacter xylosoxidans that Caused an Outbreak in Japan. ASM Microbe 2020 2020.06.18 Chicago, IL, USA

  • Alafate Ayibieke, Kageto Yamada, Yoshibumi Aiso, Yoshiro Hadano, Yoko Nukui, Ryuji Koike, Shuji Tohda, Ryoichi Saito. Epidemiological characteristics of bloodstream S. epidermidis isolates from two hospitals in Tokyo. 第93回日本細菌学会総会 2020.02.20 愛知

  • Isaac Prah, Alafate Ayibieke, Atsushi Iguchi Samiratu Mahazu, Wakana Sato, Toshihiko Suzuki, Shoji Yamaoka, Shiroh Iwanaga, Anthony Ablordey, Ryoichi Saito. Virulence Profile of Diarrhegenic E. coli from the Western region of Ghana. 第93回日本細菌学会総会 2020.02.20 愛知

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 佐藤和佳菜, The Biomedical Research Award (Master's Program),東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科,2020年03月

  • 齋藤良一,医療チーム功労賞(感染制御部),東京医科歯科大学,2016年09月

  • 楯 亜希子,日本小児保健協会最優秀論文賞,日本小児保健協会,2016年06月

  • 齋藤良一, 平成27年度東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学医学部,2016年01月

  • 齋藤良一, 第17回福岡研究奨励賞(感染制御部員),東京医科歯科大学医科同窓会,2015年02月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 齋藤良一,シングルセルメタゲノミクスを活用した臨床・環境試料のマイクロバイオーム解析,2020年07月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 研究分担者.

  • 齋藤良一,グローバルに拡散するカルバペネム耐性菌の分布と伝播様式解析および耐性菌ゲノムデータベース拡充,2020年07月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 研究分担者.

  • 齋藤良一,流行地西アフリカ・ガーナ研究拠点における新興・再興感染症基盤研究の推進,2020年04月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 研究分担者.

  • 齋藤良一,マスギャザリングにおける髄膜炎菌感染症の検査体制強化に資する開発研究,2020年04月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED), 研究代表者.

  • 齋藤良一,実証研究に基づく訪問看護・介護に関連する事故および感染症予防のガイドラン策定のための研究,2020年04月

    厚生労働科学研究費補助金, 2019年度〜2021年度, 研究分担者.

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 微生物学,2010年 - 現在

  • 病原体検査学講義Ⅰ,2010年 - 現在

  • 病原体検査学講義Ⅱ,2010年 - 現在

  • 病原体検査学実習Ⅱ,2010年 - 現在

  • 総合講義,2012年 - 現在

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 齋藤良一,カンボジアにおける臨床検査の質の向上事業 現地研修指導員,一般社団法人日本臨床衛生検査技師会,2018年04月01日 - 2020年03月31日

  • 齋藤良一,モザンビーク国別研修・医療従事者学校教員指導力強化に係る研修 国内研修指導員,国際協力機構JICA ,2015年06月05日 - 2015年06月12日

  • 齋藤良一,夢ナビライブ2014 講師,2014年04月01日 - 2014年12月31日