基本情報

写真a

佐藤 卓(サトウ タク)

SATO Taku


職名

准教授

生年

1975年

研究室住所

〒113-0021 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4762

研究室FAX番号

03-5803-4747

メールアドレス

staku.bre@mri.tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

組織幹細胞

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 富山医科薬科大学  薬学部  薬科学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 富山医科薬科大学  薬学系研究科  修士課程  1999年  修了

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2004年  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年05月
    -
    2017年01月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 非常勤講師
  • 2017年02月
    -
    2020年09月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 講師
  • 2020年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全身老化誘導における脳内インターフェロンシグナルの影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 転写因子IRF-2を分子標的とした癌幹細胞除去戦略

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • I型IFNの作用を利用した白血病幹細胞を標的とする白血病根治療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Minamide Kana, Sato Taku, Nakanishi Yusuke, Ohno Hiroshi, Kato Tamotsu, Asano Jumpei, Ohteki Toshiaki. IRF2 maintains the stemness of colonic stem cells by limiting physiological stress from interferon SCIENTIFIC REPORTS. 2020.09; 10 (1): 14639. ( PubMed, DOI )

  • Sato Taku, Ishikawa Shun, Asano Jumpei, Yamamoto Hirona, Fujii Masayuki, Sato Toshiro, Yamamoto Kouhei, Kitagaki Keisuke, Akashi Takumi, Okamoto Ryuichi, Ohteki Toshiaki. Regulated IFN signalling preserves the stemness of intestinal stem cells by restricting differentiation into secretory-cell lineages NATURE CELL BIOLOGY. 2020.08; 22 (8): 919-+. ( PubMed, DOI )

  • Sato Taku, Sase Miwako, Ishikawa Shun, Kajita Mihoko, Asano Jumpei, Sato Toshiro, Mori Yoshiyuki, Ohteki Toshiaki. Characterization of radioresistant epithelial stem cell heterogeneity in the damaged mouse intestine SCIENTIFIC REPORTS. 2020.05; 10 (1): 8308. ( PubMed, DOI )

  • Taku Sato, Nobuyuki Onai, Hiroki Yoshihara, Fumio Arai, Toshio Suda, Toshiaki Ohteki. Interferon regulatory factor-2 protects quiescent hematopoietic stem cells from type I interferon-dependent exhaustion. Nat. Med.. 2009.06; 15 (6): 696-700. ( PubMed, DOI )

  • Taku Sato, Mahoko Ikeda, Satoshi Yotsumoto, Yohta Shimada, Takashi Higuchi, Hiroshi Kobayashi, Takahiro Fukuda, Toya Ohashi, Toshio Suda, Toshiaki Ohteki. Novel interferon-based pre-transplantation conditioning in the treatment of a congenital metabolic disorder. Blood. 2013.04; 121 (16): 3267-3273. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Taku Sato, Toshiaki Ohteki. Regulated IFN-signal preserves stemness of intestinal stem cells. . The 14th International Symposium of the Institute Network for Biomedical Sciences 2019.10.02 Osaka

  • 佐瀬美和子、佐藤卓、野口忠秀、森良之、樗木俊聡. ヒト舌癌オルガノイドバイオバンクの構築. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 長野

  • 佐瀬美和子、佐藤卓、野口忠秀、森良之、樗木俊聡. ヒト舌癌オルガノイドバイオバンクの構築. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.22 京都

  • 佐瀬美和子、佐藤卓、梶田美穂子、樗木俊聡.. ヒト舌癌オルガノイドバイオバンクの構築. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 難治疾患研究所優秀論文賞,東京医科歯科大学 難治疾患研究所,2021年02月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「機能的な大腸幹細胞を維持するための新たな仕組みを発見」― 炎症性腸疾患の発症原因解明に期待 ―,2020年09月

    Scientific Reports

  • 2020年08月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「インターフェロンシグナル制御が腸幹細胞の維持に重要なことを発見」―頑強な腸上皮を保つための新たな仕組み―,2020年07月

    Nature Cell Biology

  • 「障害を受けた腸の再生の中心的な役割を担う細胞を発見」―腸障害疾患の治療法開発に期待―,2020年05月

    Scientific Reports