基本情報

写真a

佐藤 卓(サトウ タク)

SATO Taku


職名

講師

生年

1975年

研究室住所

〒113-0021 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4762

研究室FAX番号

03-5803-4747

メールアドレス

staku.bre@mri.tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

組織幹細胞

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 富山医科薬科大学  薬学部  薬科学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 富山医科薬科大学  薬学系研究科  修士課程  1999年  修了

  • 東京大学  医学系研究科  博士課程  2004年  修了

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年05月
    -
    2017年01月
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 非常勤講師
  • 2017年02月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 難治疾患研究所 先端分子医学研究部門 生体防御学 講師
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全身老化誘導における脳内インターフェロンシグナルの影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 転写因子IRF-2を分子標的とした癌幹細胞除去戦略

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • I型IFNの作用を利用した白血病幹細胞を標的とする白血病根治療法の創出

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2012年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Taku Sato, Nobuyuki Onai, Hiroki Yoshihara, Fumio Arai, Toshio Suda, Toshiaki Ohteki. Interferon regulatory factor-2 protects quiescent hematopoietic stem cells from type I interferon-dependent exhaustion. Nat. Med.. 2009.06; 15 (6): 696-700. ( PubMed, DOI )

  • Taku Sato, Mahoko Ikeda, Satoshi Yotsumoto, Yohta Shimada, Takashi Higuchi, Hiroshi Kobayashi, Takahiro Fukuda, Toya Ohashi, Toshio Suda, Toshiaki Ohteki. Novel interferon-based pre-transplantation conditioning in the treatment of a congenital metabolic disorder. Blood. 2013.04; 121 (16): 3267-3273. ( PubMed, DOI )

  • Hirosato Mashima, Taku Sato, Yasuo Horie, Yuko Nakagawa, Itaru Kojima, Toshiaki Ohteki, Hirohide Ohnishi. Interferon regulatory factor-2 regulates exocytosis mechanisms mediated by SNAREs in pancreatic acinar cells. Gastroenterology. 2011.09; 141 (3): 1102-1113.e1. ( PubMed, DOI )

  • Y Nakanishi, T Sato, K Takahashi, T Ohteki. IFN-γ-dependent epigenetic regulation instructs colitogenic monocyte/macrophage lineage differentiation in vivo. Mucosal Immunol. 2018.05; 11 (3): 871-880. ( PubMed, DOI )

  • Asano J, Sato T , Ichinose S, Kajita M, Onai N, Shimizu S, Ohteki T.. Intrinsic Autophagy Is Required for the Maintenance of Intestinal Stem Cells and for Irradiation-Induced Intestinal Regeneration. Cell Rep.. 2017.08; 20 (5): 1050-1060.

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「インターフェロンシグナル制御が腸幹細胞の維持に重要なことを発見」―頑強な腸上皮を保つための新たな仕組み―,2020年07月

    Nature Cell Biology

  • 「障害を受けた腸の再生の中心的な役割を担う細胞を発見」―腸障害疾患の治療法開発に期待―,2020年05月

    Scientific Reports