基本情報

写真a

石井 智浩(イシイ トモヒロ)

ISHII Tomohiro


職名

講師

研究室住所

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科細胞生物学分野 113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

研究分野・キーワード

細胞生物学、分子生物学、マウス発生工学、嗅覚、光遺伝学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学科  1995年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学専攻  博士課程  2001年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年12月
    ロックフェラー大学 神経遺伝学部門 博士研究員
  • 2007年12月
    -
    2009年03月
    マックスプランク研究所 博士研究員
  • 2009年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科細胞生物学分野 助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本神経科学会

  • 北米神経科学会

  • 日本解剖学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 光遺伝学

  • 分子生物学

  • 神経科学一般

  • 実験動物学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Main olfactory system and accessory olfactory system in mouse,1995年04月 - 現在

  • 光遺伝学ツールの開発と応用,2009年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 近赤外光に応答する光遺伝学ツールの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • マウスにおける機能的嗅覚神経ネットワークの同定

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 多機能分子の細胞内活性の統合と制御ーPI3Kの光操作を用いた研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • マウス嗅神経細胞におけるカルシウムシグナルの光操作

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 多機能分子の細胞内活性の統合と制御ーPI3Kの光操作を用いた研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規光遺伝学ツールを用いた破骨細胞分化メカニズムの解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Bernd Bufe, Yannick Teuchert, Andreas Schmid, Martina Pyrski, Anabel Pérez-Gómez, Janina Eisenbeis, Thomas Timm, Tomohiro Ishii, Günter Lochnit, Markus Bischoff, Peter Mombaerts, Trese Leinders-Zufall, Frank Zufall. Bacterial MgrB peptide activates chemoreceptor Fpr3 in mouse accessory olfactory system and drives avoidance behaviour. Nat Commun. 2019.10; 10 (1): 4889. ( PubMed, DOI )

  2. Sachiko Akiyoshi, Tomohiro Ishii, Zhaodai Bai, Peter Mombaerts. Subpopulations of vomeronasal sensory neurons with coordinated coexpression of type 2 vomeronasal receptor genes are differentially dependent on Vmn2r1. The European Journal of Neuroscience. 2018.04; 47 (7): 887-900. ( PubMed, DOI )

  3. Tomohiro Ishii, Koji Sato, Toshiyuki Kakumoto, Shigenori Miura, Kazushige Touhara, Shoji Takeuchi, Takao Nakata. Light generation of intracellular Ca(2+) signals by a genetically encoded protein BACCS. Nat Commun. 2015; 6 8021. ( PubMed, DOI )

  4. Leinders-Zufall T*, Ishii T*, Chamero P, Hendrix P, Oboti L, Schmid A, Kircher S, Pyrski M, Akiyoshi S, Khan M, Vaes E, Zufall F, Mombaerts P. A family of nonclassical class I MHC genes contributes to ultrasensitive chemodetection by mouse vomeronasal sensory neurons. Journal of Neuroscience. 2014.04; 34 (15): 5121-5133. ( PubMed, DOI )

  5. Tomohiro Ishii. Genetic manipulation to analyze pheromone responses: knockouts of multiple receptor genes. Methods in Molecular Biology. 2013; 1068 133-154. ( PubMed, DOI )

  6. Ishii T, Mombaerts P. Coordinated coexpression of two vomeronasal receptor V2R genes per neuron in the mouse. Molecular and Cellular Neuroscience. 2011.02; 46 (2): 397-408. ( PubMed, DOI )

  7. Leinders-Zufall T, Ishii T, Mombaerts P, Zufall F, Boehm T. Structural requirements for the activation of vomeronasal sensory neurons by MHC peptides. Nature Neuroscience. 2009.12; 12 (12): 1551-1558. ( PubMed, DOI )

  8. Ishii T, Mombaerts P. Expression of nonclassical class I major histocompatibility genes defines a tripartite organization of the mouse vomeronasal system. Journal of Neuroscience. 2008.03; 28 (10): 2332-2341. ( PubMed, DOI )

  9. Li J, Ishii T, Wen D, Mombaerts P. Non-equivalence of cloned and clonal mice. Current Biology. 2005.09; 15 (18): R756-7. ( PubMed, DOI )

  10. Ishii T, Omura M, Mombaerts P. Protocols for two- and three-color fluorescent RNA in situ hybridization of the main and accessory olfactory epithelia in mouse. Journal of Neurocytology. 2004.12; 33 (6): 657-669. ( PubMed, DOI )

  11. Li J, Ishii T, Feinstein P, Mombaerts P. Odorant receptor gene choice is reset by nuclear transfer from mouse olfactory sensory neurons. Nature. 2004.03; 428 (6981): 393-399. ( PubMed, DOI )

  12. Ishii T, Hirota J, Mombaerts P. Combinatorial coexpression of neural and immune multigene families in mouse vomeronasal sensory neurons. Current Biology. 2003.03; 13 (5): 394-400. ( PubMed )

  13. Rodriguez I, Del Punta K, Rothman A, Ishii T, Mombaerts P. Multiple new and isolated families within the mouse superfamily of V1r vomeronasal receptors. Nature Neuroscience. 2002.02; 5 (2): 134-140. ( PubMed, DOI )

  14. Sengoku S, Ishii T, Serizawa S, Nakatani H, Nagawa F, Tsuboi A, Sakano H. Axonal projection of olfactory sensory neurons during the developmental and regeneration processes. Neuroreport. 2001.04; 12 (5): 1061-1066. ( PubMed )

  15. Ishii T, Serizawa S, Kohda A, Nakatani H, Shiroishi T, Okumura K, Iwakura Y, Nagawa F, Tsuboi A, Sakano H. Monoallelic expression of the odourant receptor gene and axonal projection of olfactory sensory neurones. Genes to Cells. 2001.01; 6 (1): 71-78. ( PubMed )

  16. Serizawa S*, Ishii T*, Nakatani H, Tsuboi A, Nagawa F, Asano M, Sudo K, Sakagami J, Sakano H, Ijiri T, Matsuda Y, Suzuki M, Yamamori T, Iwakura Y, Sakano H. Mutually exclusive expression of odorant receptor transgenes. Nature Neuroscience. 2000.07; 3 (7): 687-693. ( PubMed, DOI )

  17. Tsuboi A, Yoshihara S, Yamazaki N, Kasai H, Asai-Tsuboi H, Komatsu M, Serizawa S, Ishii T, Matsuda Y, Nagawa F, Sakano H. Olfactory neurons expressing closely linked and homologous odorant receptor genes tend to project their axons to neighboring glomeruli on the olfactory bulb. Journal of Neuroscience. 1999.10; 19 (19): 8409-8418. ( PubMed )

  18. 石井 智浩. カルシウムシグナル光遺伝学ツールの開発と応用 ブレインサイエンス・レビュー2018. 2018.03; 31-50.

  19. 石井 智浩, 中田 隆夫. 光スイッチによる細胞内Ca2+シグナル制御 実験医学. 2016.03; 34 (4): 601-606.

  20. 石井智浩. フェロモンと受容体. 実験医学(羊土社). 2008; 26 (4):

  21. 石井智浩. MHCとフェロモン. Annual Review 免疫 2006 (中外医学社). 2006;

  22. 石井智浩. フェロモン受容における神経系分子と免疫系分子の協調. 細胞工学(秀潤社). 2003; 22 (7):

  23. 芹沢尚 石井智浩 中谷洋子 坂野仁. マウス嗅覚受容体遺伝子の相互排他的発現. 実験医学(羊土社). 2000; 18 (17):

  24. 石井智浩 坂野仁. olfactory receptor. Molecular Medicine ノックアウトマウスデータブック(中山書店). 1997; 34 (臨時増刊号):

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Tomohiro Ishii, Takao Nakata. Optical control of Ca2+ signaling by a synthetic protein BACCS. International and Interdisciplinary Symposium 2016 "Towards a New Era of Cardiovascular Research" 2016.07.13 Tokyo Medical and Dental University, Tokyo

  2. Tomohiro Ishii, Toshiyuki Kakumoto, Takao Nakata. Development of an optogenetics tool to control Ca2+ signaling (Tomohiro Ishii). Sensory Systems & Neural Circuits: Celebrating the 22nd anniversary of odorant receptor discovery by Dr. Linda Buck 2013.02.11

  3. 石井智浩. 光遺伝学ツールの開発と応用. 熊本大学発生研シンポジウム 2022.09.15 熊本市

  4. 稲葉弘哲, 石井智浩, 浅野豪文, 中村里子, 後藤英仁, 中田隆夫. 組織バーチャルスライドを用いた画像分類AI作製グループワークの試み. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 2022.03.26 オンライン

  5. 石井智浩, 稲葉弘哲, 浅野豪文, 中村里子, 中田隆夫. オンライン標本を用いた組織学教育. 第127回日本解剖学会総会・全国学術集会 2022.03.26 オンライン

  6. 石井智浩, Xiyin Deng, 中田隆夫. 光遺伝学ツールの開発と細胞の分化誘導. 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.25 オンライン

  7. 石井智浩. 光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術の開発. 平成28年度 医学部医学科及び大学院医歯学総合研究科合同研修会 2017.01.07 東京医科歯科大学

  8. 石井智浩、佐藤幸治、中田隆夫. 細胞内カルシウムシグナルの光遺伝学ツールBACCS. 第8回光操作研究会 2016.09.29 慶応義塾大学・三田キャンパス、東京

  9. Tomohiro Ishii, Koji Sato, Toshiyuki Kakumoto, Shigenori Miura, Kazushige Touhara, Shoji Takeuchi, Takao Nakata. Light control of intracellular Ca2+ signals by a genetically encoded protein, BACCS. 第39回日本神経科学大会 2016.07.21 パシフィコ横浜, 横浜

  10. 関詩織,石井智浩,中田隆夫. BACCSによる細胞内Ca2+シグナルの光操作とCa2+濃度変化および細胞事象の同時イメージング. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016.03.28 ビックパレットふくしま

  11. 石井智浩, 中田隆夫. 細胞内カルシウムシグナルを光によって操作する新規光遺伝学ツールBACCSの開発. 第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016.03.28 ビックパレットふくしま

  12. 石井智浩、佐藤幸治、角元利行、三浦重徳、東原和成、竹内昌治、中田隆夫. 細胞内カルシウムシグナルを光で操作する遺伝学ツールの開発(石井智浩). BMB2015 第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会 2015.12.01 神戸ポートピアアイランド

  13. 佐藤幸治、石井智浩、竹内昌治、中田隆夫. マウス嗅神経細胞における光活性型カルシウムチャネルの発現. 日本味と匂い学会第49回大会 2015.09.24 じゅうろくプラザ(岐阜)

  14. Tomohiro Ishii, Trese Leinders-Zufall, Frank Zufall, Peter Mombaerts. マウス鋤鼻器官における非古典的MHC class I分子群の機能(石井智浩). 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.25 横浜

  15. Tomohiro Ishii, Trese Leinders-Zufall, Frank Zufall, Peter Mombaerts. Function of nonclassical class I MHC genes in the mouse vomeronasal organ (Tomohiro Ishii). 第37回日本神経科学大会 2014.09.11 横浜

  16. 石井智浩,角元利行,中田隆夫. 細胞内カルシウムシグナルの光操作 (石井智浩). 包括脳ネットワーク支援ワークショップ「嗅覚情報処理の神経基盤 -匂い分子から嗅覚神経回路、行動・情動まで-」 2013.02.11 東京大学本郷キャンパス伊藤国際学術センター

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • ポリペプチド、単離された核酸、組み換えベクター、遺伝子導入キット、形質転換体、および細胞内カルシウムシグナルの調整方法 (石井智浩)

    公開番号: WO2012111772 A1

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度東京医科歯科大学医学研究奨励賞(石井智浩),東京医科歯科大学,2017年01月

  • 第8回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム優秀賞(石井智浩),東京医科歯科大学脳統合機能研究センター,2016年02月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 組織学,2016年 - 現在

  • 組織学実習,2009年 - 現在

  • 頭頸部基礎,2018年 - 現在

  • 細胞生物学,2013年 - 現在