基本情報

写真a

北詰 良雄(キタヅメ ヨシオ)

KITAZUME Yoshio


職名

准教授

生年

1975年

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  医学科  2000年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    2001年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 医員(医病)
  • 2008年10月
    -
    2015年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 助教
  • 2015年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 講師
  • 2015年02月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 画像診断・核医学 講師
  • 2017年04月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 放射線診療部門 放射線診断科 講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2001年02月
    -
    2001年09月
    総合病院大森赤十字病院 放射線科 医員
  • 2001年10月
    -
    2008年09月
    青梅市立総合病院 放射線科 医長
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshio Kitazume, Tomoyuki Fujioka, Kento Takenaka, Jun Oyama, Kazuo Ohtsuka, Toshimitsu Fujii, Ukihide Tateisi. Crohn Disease: A 5-Point MR Enterocolonography Classification Using Enteroscopic Findings. AJR Am J Roentgenol. 2019.01; 212 (1): 67-76. ( PubMed, DOI )

  • Kitazume Y, Tsuchiya J, Takenaka K, Ohtsuka K, Kimura K, Watanabe R, Fujioka T, Fujii T, Watanabe M, Tateisi U. High b-value computed diffusion-weighted imaging for differentiating bowel inflammation in Crohn's disease. European journal of radiology. 2020.10; 133 109362. ( PubMed, DOI )

  • Kimura K, Tsuchiya J, Kitazume Y, Kishino M, Akahoshi K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M, Tateishi U. Dynamic Enhancement Pattern on CT for Predicting Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms with Low PAX6 Expression: A Retrospective Observational Study. Diagnostics (Basel, Switzerland). 2020.11; 10 (11): ( PubMed, DOI )

  • Tomoyuki Fujioka, Yuka Yashima, Jun Oyama, Mio Mori, Kazunori Kubota, Leona Katsuta, Koichiro Kimura, Emi Yamaga, Goshi Oda, Tsuyoshi Nakagawa, Yoshio Kitazume, Ukihide Tateishi. Deep-learning approach with convolutional neural network for classification of maximum intensity projections of dynamic contrast-enhanced breast magnetic resonance imaging. Magn Reson Imaging. 2020.10; 75 1-8. ( PubMed, DOI )

  • Tomoyuki Fujioka, Marie Takahashi, Mio Mori, Junichi Tsuchiya, Emi Yamaga, Toshihiro Horii, Hirofumi Yamada, Mizuki Kimura, Koichiro Kimura, Yoshio Kitazume, Mitsuhiro Kishino, Ukihide Tateishi. Evaluation of the Usefulness of CO-RADS for Chest CT in Patients Suspected of Having COVID-19. Diagnostics (Basel). 2020.08; 10 (9): ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 北詰 良雄. クローン病 MR enterography (MRE) アトラス. 2017.02 MRIの基本, MREの変遷, MREの前処置

  • 北詰 良雄. 炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント. 日本メディカルセンター, 2016.05 第一章 炎症生腸疾患 画像診断の解説 4. MR (ISBN : 978-4888752886)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 北詰 良雄. “Iterative Processing RAPID” Update:クローン病の先進的MR enterographyと画質改善. 第48回 日本磁気共鳴医学会大会 2020.09.11 Online

  • Kitazume Y, Takenaka K, Ohtsuka K, Lee AY, Tateishi U. Volumetric analysis of small bowel motility shown on cine MR imaging: the relationship to Crohn disease activity markers. European Congress of Radiology 2020 2020.07.15 Online

  • 北詰 良雄、竹中 健人、大塚 和朗、李 あゆん、立石 宇貴秀. 関心体積を用いた、cine MRIによる小腸の蠕動運動の定量評価: クローン病活動性マーカーとの関連性. 第48回 日本磁気共鳴医学会大会 2019.09.20 熊本

  • 北詰 良雄. 日立MRIの最新技術 “Iterative Processing RAPID”: MR enterographyでの臨床経験. 第48回 日本磁気共鳴医学会大会 2019.09.20 熊本

  • 北詰 良雄. クローン病におけるMR enterography: 読影の基本と最近の進歩. 第7回 相模原消化器病セミナー 2019.05.23 相模原

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Cypos Gold Medal,日本医学放射線学会,2013年04月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • MR enterocolonographyによるクローン病の腸管狭窄病変に対する画像診断法の開発. (北詰良雄),2016年02月

    平成28年度 土田直樹研究助成金

  • MR enterocolonographyによるクローン病活動性評価法の最適化(北詰良雄),2015年04月

    科研費・若手研究(B)

  • MR enterocolonographyによる先進的な非侵襲的クローン病疾患活動性評価システムの開発. 寄付金番号 2297,2013年12月

    平成25年度 土田直樹研究助成金