基本情報

写真a

中口 悦史(ナカグチ エツシ)

NAKAGUCHI Etsushi


職名

准教授

研究室住所

〒272-0827 千葉県市川市国府台2-8-30

メールアドレス

nakaguti.las@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/artsci/math/nakaguti/index-ja.html

研究分野・キーワード

数値数学・数値解析,生物数学/数理生物学,非線形拡散方程式,非線形力学系,反応拡散系,数理モデル

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学部  通信工学科  1993年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  工学研究科  応用物理学専攻  博士課程  1998年03月  修了

  • 大阪大学  工学研究科  応用物理学専攻[数理工学コース]  修士課程  1995年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)  大阪大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 教養部 自然科学系 数学 准教授
  • 2019年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 統合情報機構 図書館部門 副部門長(分館長)
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合教育機構 教養教育部門 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2013年09月
    関西学院大学 大学院理工学研究科 非常勤講師
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    大阪大学 情報科学研究科 助教
  • 2002年04月
    -
    2007年03月
    大阪大学 情報科学研究科 助手
  • 1998年04月
    -
    2002年03月
    大阪大学 工学研究科 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

  • 日本応用数理学会

  • 日本数理生物学会

  • International Journal for Biomathematics and Biostatistics

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    現在
    International Journal for Biomathematics and Biostatistics 編集委員会委員
  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    日本応用数理学会 学会誌編集委員会委員
  • 2012年05月
    -
    2013年03月
    日本応用数理学会 評議員
  • 2013年04月
    -
    現在
    日本応用数理学会 代表会員
  • 2015年06月
    -
    2021年06月
    日本応用数理学会 理事
  • 2021年05月
    -
    2023年03月
    日本学術会議 機械工学委員会・総合工学委員会・土木工学・建築学委員会合同 理論応用力学分科会 学協会連携小委員会委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 計算科学

  • 数学基礎

  • 数理解析学

  • 基礎解析学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1種免許

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 代数的組合せ論と情報幾何学の援用による代用電荷法の標本点の球面上均等配置法,2020年04月 - 2025年03月

  • キンギョのウロコ再生における線維層形成過程に対する数理モデルの構築と数理解析,2011年04月 - 2015年03月

  • 脊椎動物胚の体軸形成過程における個体ゆらぎを含む反応拡散型システムの数理解析,2008年04月 - 2011年03月

  • 脊椎動物の左右軸形成を引き起こす遺伝子発現パターンダイナミクスの数理モデル,2005年04月 - 2008年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 代数的組合せ論と情報幾何学の援用による代用電荷法の標本点の球面上均等配置法

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Etsushi Nakaguchi, Kanako Noda, Koichi Osaki, Kenta Uemichi. Global attractor for a two-dimensional chemotaxis system with linear degradation and indirect signal production Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics. 2020.01; 37 (1): 49-80. ( DOI )

  2. Etsushi Nakaguchi and Koichi Osaki. Global existence of solutions to an $n$-dimensional parabolic-parabolic system for chemotaxis with logistic-type growth and superlinear production Osaka Journal of Mathematics. 2018.01; 55 (1): 51-70.

  3. Etsushi Nakaguchi, Koichi Osaki. $L_p$-estimates of solutions to $n$-dimensional parabolic-parabolic system for chemotaxis with subquadratic degradation Funkcialaj Ekvacioj. 2016.04; 59 (1): 51-66. ( DOI )

  4. Etsushi Nakaguchi and Koichi Osaki. Global solutions and exponential attractors of a parabolic-parabolic system for chemotaxis with subquadratic degradation. Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series B. 2013.12; 18 (10): 2627-2646. ( DOI )

  5. Etsushi Nakaguchi, Hirokazu Inui and Kohzaburo Ohnaka. An algebraic reconstruction of a moving point source for a scalar wave equation. Inverse Problems. 2012.05; 28 (6): 65018. ( DOI )

  6. Etsushi Nakaguchi and Koichi Osaki. Global existence of solutions to a parabolic-parabolic system for chemotaxis with weak degradation. Nonlinear Analysis Series A: Theory, Methods & Applications. 2011.01; 74 (1): 286-297. ( DOI )

  7. Katsuya Hyodo, Naoki Wakamiya, Etsushi Nakaguchi, Masayuki Murata, Yuki Kubo, Kentaro Yanagihara. Reaction-diffusion based autonomous control of wireless sensor networks. International Journal of Sensor Networks (IJSNET). 2010.10; 7 (4): 189-198. ( DOI )

  8. Etsushi Nakaguchi. Attractor dimension and numerical analysis of a chemotaxis-growth system. International Journal of Biomathematics and Biostatistics. 2010.01; 1 (1): 83-91.

  9. Messoud Efendiev, Etsushi Nakaguchi, Wolfgang L Wendland. Dimension estimate of the global attractor for a semi-discretized chemotaxis-growth system by conservative upwind finite-element scheme Journal of Mathematical Analysis and Applications. 2009.10; 358 (1): 136-147. ( DOI )

  10. Messoud Efendiev, Etsushi Nakaguchi, Koichi Osaki. Dimension estimate of the exponential attractor for the chemotaxis-growth system Glasgow Mathematical Journal. 2008.09; 50 (3): 483-497. ( DOI )

  11. Etsushi Nakaguchi, Messoud Efendiev. On a new dimension estimate of the global attractor for chemotaxis-growth systems Osaka Journal of Mathematics. 2008.06; 45 (2): 273-281.

  12. Messoud Efendiev, Etsushi Nakaguchi. Upper and lower estimate of dimension of the global attractor for the chemotaxis-growth system II: two-dimensional case Advances in Mathematical Sciences and Applications. 2006.10; 16 (2): 581-590.

  13. Messoud Efendiev, Etsushi Nakaguchi. Upper and lower estimate of dimension of the global attractor for the chemotaxis-growth system: Part I Advances in Mathematical Sciences and Applications. 2006.10; 16 (2): 569-579.

  14. Tetsuya Nakamura, Naoki Mine, Etsushi Nakaguchi, Atsushi Mochizuki, Masamichi Yamamoto, Kenta Yashiro, Chikara Meno, Hiroshi Hamada. Generation of robust left-right asymmetry in the mouse embryo requires a self-enhancement and lateral-inhibition system Developmental Cell. 2006.10; 11 (4): 495-504. ( DOI )

  15. Etsushi Nakaguchi, Atsushi Yagi. Numerical analysis for semilinear evolution equations of parabolic type Journal of Computational and Applied Mathematics. 2003.10; 159 (1): 91-99. ( DOI )

  16. Etsushi Nakaguchi, Atsushi Yagi. Fully discrete approximation by Galerkin Runge-Kutta methods for quasilinear parabolic systems Hokkaido Mathematical Journal. 2002.06; 31 (2): 385-429. ( DOI )

  17. Etsushi Nakaguchi, Atsushi Yagi. Full discrete approximations by Galerkin method for chemotaxis-growth model Nonlinear Analysis Theory Method and Application. 2001.09; 47 (9): 6097-6107.. ( DOI )

  18. Etsushi Nakaguchi, Atsushi Yagi. Full discrete approximation for abstract quasilinear parabolic equations Mathematica Japonica. 1999.07; 50 (1): 25-34.

  19. Etsushi Nakaguchi, Atsushi Yagi. Error estimates of implicit Runge-Kutta methods for quasilinear abstract equations of parabolic type in Banach spaces Japanese Journal of Mathematics. 1999.06; 25 (1): 181-226.

  20. Etsushi Nakaguchi, Seiji Saito, Atsushi Yagi. Exponential decay of solutions of linear evolution equations in a Banach space Mathematica Japonica. 1996.11; 44 (3): 469-481.

  21. 中口 悦史. 弱い減衰項と生成項を持つ放物・放物型走化性方程式系の時間大域解 東京医科歯科大学教養部研究紀要. 2022.03; (52): 7-24. ( DOI )

  22. 野田佳奈子,上道賢太,中口悦史,大崎浩一. シロアリ造巣の走化性モデルに対する空間一様解の大域安定性 京都大学数理解析研究所講究録. 2018.08; (2087): 122-130.

  23. Koichi Osaki, Etsushi Nakaguchi. Global existence of solutions to a parabolic-parabolic chemotaxis system with subquadratic growth 京都大学数理解析研究所講究録. 2016.02; (1984): 1-8.

  24. 中口悦史. 魚の再生ウロコにおけるコラーゲン分子の積層過程に対する偏微分方程式モデル 京都大学数理解析研究所講究録. 2015.04; (1937): 120-127.

  25. 中口悦史. Dimension estimate of global attractors for a chemotaxis-growth system and its discretizations. 京都大学数理解析研究所講究録. 2010.06; (1693): 143-150.

  26. 中口悦史. 反応拡散方程式のシミュレーションに現れる不安定振動パターン 京都大学数理解析研究所講究録. 2008.05; (1597): 10-14.

  27. 中口悦史. 数理の目で生物を『観る』 ~実験と理論の融合を目指して~ 生産と技術. 2007.07; 59 (3): 63-65.

  28. 中村哲也, 中口悦史. マウス胚の左右軸形成過程に数理モデルで迫る バイオニクス. 2007.03; 4 (3): 70-75.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Proceedings of International Conference on Nonlinear Phenomena with Energy Dissipation: Mathematical Analysis, Modelling and Simulation (GAKUTO International Series Mathematical Sciences and Applications vol.29). 学校図書, 2008.08 Comparison of approximation schemes for chemotaxis-growth system via dimensions of global attractors (ISBN : 978-4-7625-0438-9)

  2. Edited by B.Belinskiy et al.. Dynamical systems and differential equations. Proceedings of the 6th AIMS International Conference (Discrete Conti. Dyn. Sys. Suppl.-2007). Amer.Inst.Math.Sci., 2007.09 Uniform estimate of dimension of the global attractor for a semi-discretized chemotaxis-growth system (ISBN : 978-1-60133-010-9)

  3. Proceedings of International Conference on Free Boundary Problems Theory and Applications I (GAKUTO International Series Mathematical Sciences and Applications vol.13). 学校図書, 2000.03 Galerkin approximation for abstract quasilinear elliptic equations of positive type in Hilbert spaces (ISBN : 476250422X)

  4. J. D. Murray著/三村昌泰 総監修/河内一樹・中口悦史 ほか監修/勝瀬一登・吉田雄紀・青木修一郎・清田正紘・半田剛久・宮嶋望 訳. 『マレー数理生物学 応用編』. 丸善出版, 2016.12 第5章翻訳監修 (ISBN : 978-4-621-30062-6)

  5. J. D. Murray著/三村昌泰 総監修/瀬野裕美・河内一樹・中口悦史・三浦岳 監修/勝瀬一登・吉田雄紀・青木修一郎・宮嶋望・半田剛久・山下博司 訳. 『マレー数理生物学入門』. 丸善出版, 2014.01 第8〜10章翻訳監修 (ISBN : 978-4-621-08674-2)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Etsushi Nakaguchi. A parabolic-parabolic chemotaxis system with logistic-type growth and fractional powers of Laplacian operators in Lp spaces. 3rd International Workshop on Mathematical Analysis of Chemotaxis (iWMAC3) 2018.02.22 Tokyo University of Science, Tokyo, Japan

  2. 野田佳奈子,上道賢太,中口悦史,大崎浩一. シロアリ造巣の走化性モデルに対する空間一様解の大域安定性. RIMS研究集会「第14回生物数学の理論とその応用」 2017.11.10 京都大学数理解析研究所

  3. Etsushi Nakaguchi, Koichi Osaki. Global solutions to a parabolic-parabolic system for chemotaxis with logistic-type growth and superlinear production. 2nd International Workshop on Mathematical Analysis of Chemotaxis (iWMAC2) 2017.02.20 Tokyo University of Science, Tokyo, Japan

  4. Etsushi Nakaguchi, Koichi Osaki. L_p-estimates and regularity for global solutions to an n-dimensional parabolic-parabolic chemotaxis system with weak degradation. International Workshop on Mathematical Analysis of Chemotaxis (iWMAC) 2016.02.22 Tokyo University of Science, Tokyo, Japan

  5. Etsushi Nakaguchi. Can collagen fibers in the fish scales associate and align autonomously?. The 10th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications 2014.07.07 The Universidad Autonoma de Madrid, Madrid, Spain

  6. Etsushi Nakaguchi. Global existence of solutions to a parabolic-parabolic system for chemotaxis with logistic source in the higher-dimensional domain. The 9th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications 2012.07.04 Hyatt Regency Grand Cypress, Orlando, Florida, USA

  7. Uniform growth estimate of dimension of the global attractor for upwind finite element approximations to chemotaxis-growth system. Workshop on Mathematics in Biosciences, Helmholtz Zentrum Muenchen, Munich, Germany, 21-23 July 2008 2008

  8. Comparison of approximation schemes for chemotaxis-growth system via global attractors. Intl. Conf. on Free Boundary Problems in Chiba 2007: Nonlinear Phenomena with Energy Dissipation ---Mathematical Analysis, Modelling and Simulation---, Chiba University, Chiba, Japan, 26--30 Nov 2007. 2007

  9. Comparison of attractor dimensions between the chemotaxis-growth system and its approximations. 2nd International Symposium on Dynamical Systems Theory and Its Applications to Biology and Environmental Sciences, Shizuoka University, Hamamatsu, Japan, 14--17 Mar 2007. 2007

  10. Experiments and considerations on Reaction-Diffusion based Pattern Generation in a Wireless Sensor Network. IEEE International Workshop "From Theory To Practice in Wireless Sensor Networks" (t2pWSN'2007), Helsinki, Finland, 18 Jun 2007. 2007

  11. Global attractors of chemotaxis-growth system and its discretizations. Equadiff 2007, Vienna University of Technology, Vienna, Austria, 05--11 Aug 2007. 2007

  12. Generation of robust left-right asymmetry patterning in the mouse embryo requires a self-enhancement and lateral-inhibition system. Japanese-Korean Joint Meeting for Mathematical Biology, Kyushu University, Fukuoka, Japan, 16--18 Sep 2006. 2006

  13. Discretizations of chemotaxis-growth system and dimension estimate of their attractors. AIMS' Sixth International Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications, University of Poitiers, Poitiers, France, 25--28 Jun 2006. 2006

  14. Generation of robust asymmetry for left-right patterning in the mouse embryo requires a self-enhancement and lateral-inhibition system. RIKEN CDB Symposium "Logic of Development: New Strategies and Concepts", RIKEN CDB, Kobe, Japan, 10--12 Apr 2006. 2006

  15. Reaction-diffusion system in establishing left-right polarity in the mouse embryo. Keystone Symposia Meeting on Systems and Biology, Keystone Resort, Keystone, Colorado, USA, 08--13 Apr 2005. 2005

  16. Mathematical modeling for a reaction-diffusion system in the left-right asymmetric development of the vertebrate body plan. International Symposium on Dynamical Systems Theory and Its Applications to Biology and Environmental Sciences, Shizuoka University, Hamamatsu, Japan, 14--17 Mar 2004. 2004

  17. Numerical analysis for nonlinear diffusion systems with interactions and reactions. The Sixth Japan-China Joint Seminar on Numerical Mathematics, University of Tsukuba, Tsukuba, Japan, 05--09 Aug 2002. 2002

  18. Galerkin approximation for abstract quasilinear elliptic equations not of monotone type in Hilbert spaces. The 8th Intl. Conf. on Free Boundary Problems: Theory and Applications, Chiba University, Chiba, Japan, 7--13 Nov 1999. 1999

  19. 沼沢益行, 那波伸敏, 舟越優, 須永昌代, 中口悦史, 青木朱美, 中川美奈, 木下淳博. 授業評価アンケートの自由記述回答を短時間で簡便にわかりやすい形で分析するマクロの開発. 第52回日本医学教育学会大会 2020.07 鹿児島

  20. 沼沢益行, 那波伸敏, 須永昌代, 中口悦史, 青木朱美, 中川美奈, 木下淳博. Excelマクロ-Access-Rの連携による効率的なデータ分析システムの構築. 第51回日本医学教育学会大会 2019.07.27 京都

  21. 中口悦史. 弱い減衰項と生成項を持つ放物・放物型走化性方程式系の時間大域解. RIMS研究集会 「反応拡散方程式と非線形分散型方程式の解の挙動」 2019.02.21 京都大学数理解析研究所

  22. 大崎浩一,中口悦史. 弱い減衰項を持つn次元放物型・放物型走化性方程式系の大域解のL_p-評価. 日本数学会2015年度年会函数方程式論分科会 2015.03.23 明治大学

  23. 中口悦史. 魚の再生ウロコにおけるコラーゲン分子の積層過程に対する偏微分方程式モデル. RIMS研究集会「第11回生物数学の理論とその応用」 2014.09.18 京都大学数理解析研究所

  24. 中口悦史. キンギョの再生ウロコにおける線維分子の積層過程に対する反応拡散モデル. 日本応用数理学会2014年度年会 2014.09.03 政策研究大学院大学

  25. 中口悦史. 線維状分子の積層過程の個別粒子モデル. RIMS研究集会「第9回生物数学の理論とその応用」 2012.11.16 京都大学数理解析研究所

  26. 中口悦史,乾裕一,大中幸三郎. 波動方程式における単一の移動点波源の代数的同定法. 日本応用数理学会2012年度年会 2012.08.30 稚内全日空ホテル

  27. 大崎浩一,中口悦史. 弱い減衰項を持つ走化性方程式の大域解の存在. 日本数学会2011年度年会函数方程式論分科会 2011.03.22 早稲田大学

  28. 中口悦史. 走化性・増殖方程式とその離散系のグローバルアトラクタに対する次元評価. RIMS研究集会「非線形発展方程式と現象の数理」 2009.10.22 京都大学楽友会館

  29. 走化性・増殖方程式の風上型有限要素近似系が持つグローバルアトラクタの次元に対する増大度評価. 日本数学会2008年度年会応用数学分科会,近畿大学,2008年03月26日 2008

  30. 反応拡散方程式のシミュレーションに現れる不安定パターン. 第4回「生物数学の理論とその応用」研究集会,京都大学数理解析研究所,2007年10月29日 2007

  31. 反応拡散方程式のチューリングパターンシミュレーションでゴーストパターンは現れるか. 日本応用数理学会2007年度年会,北海道大学工学部,2007年09月17日 2007

  32. 走化性・増殖方程式に対する有限要素近似系のグローバルアトラクタの次元に対する一様な増大度評価. 日本数学会2006年度秋季総合分科会函数解析学分科会,大阪市立大学,2006年09月20日 2006

  33. 走化性・増殖方程式のグローバルアトラクタの次元に対する増大度評価. 日本数学会2006年度秋季総合分科会函数解析学分科会,大阪市立大学,2006年09月20日 2006

  34. 反応拡散波と左右軸形成. 第28回日本分子生物学会年会,JALリゾート シーホークホテル福岡ほか,2005年12月07--10日 2005

  35. 脊椎動物の初期発生胚で左右非対称性を引き起こす遺伝子プロセスの反応拡散モデル. 2004年日本数理生物学会年会,広島大学,2004年09月25日 2004

  36. 量子計算機上におけるブール関数学習手法. 第11回量子情報技術研究会,京都大学,2004年12月6日 2004

  37. 低次有限要素の分数指数ソボレフ空間における評価. 日本数学会2003年度秋季総合分科会応用数学分科会,千葉大学,2003年09月26日 2003

  38. ナノ光学過程の量子演算法による表現. 日本物理学会2003年秋季大会,岡山大学,2003年09月22日 2003

  39. 脊椎動物の左右非対称性発現プロセスに対する反応拡散モデル. 日本応用数理学会2003年度年会,京都大学,2003年09月19日 2003

  40. 非線形放物型発展方程式の数値解法-半群法と変分法-. 研究集会「発展方程式の展開と非線形問題への接近法」,京都大学数理解析研究所,2001年10月24日 2001

  41. 走化性方程式のGalerkin/Runge-Kutta近似解の計算. 日本応用数理学会1999年度会オーガナイズドセッション「走化性方程式の数学解析と数理」,愛媛大学,1999年10月06日 1999

  42. 放物型抽象発展方程式に対する陰的ルンゲ-クッタ法. 日本数学会1997年度年会応用数学分科会,信州大学,1997年04月03日 1997

  43. バナッハ空間上の線形発展方程式の解の指数的減衰について. 日本数学会1996年度年会函数方程式論分科会,新潟大学,1996年04月03日 1996

  44. 線形常微分方程式系の解の一様漸近安定性に関するMorgan-Narendraの定理の拡張について. 日本数学会1995年度年会函数方程式論分科会,立命館大学理工学部,1995年03月27日 1995

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 八木厚志:放物型発展方程式とその応用——(上)可解性の理論,(下)解の挙動と自己組織化,岩波数学叢書,岩波書店,2011年,(上)xv+372ページ,(下)ix+360ページ.,2014年01月

    八木厚志『放物型発展方程式とその応用』上下巻の書評。

  • 非線形現象と微分方程式, 小川知之著, サイエンス社, 2010年,2012年03月

    小川知之著『非線形現象と微分方程式』の書評。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 数学I (線形代数と微積分)(医学科・歯学科・検査技術科学専攻1年次),2017年 - 現在

  • 数学II (数理最適化)(医学科・歯学科1年次),2020年 - 現在

  • 統計学(保健衛生学科・口腔保健学科1年次),2020年 - 現在

  • プロセスデバイス工学〈CAEと数値解析法〉(口腔保健工学専攻3年次),2021年 - 現在

  • 細胞生物学〈細胞生物学研究の数理モデル化〉(医学科2年次),2013年 - 現在

  • 医療とAI・ビッグデータ入門(全学科1年次),2021年 - 現在

  • S・計算機による数学(Python演習),2021年 - 現在

  • S・数学基礎(保健衛生学科・口腔保健学科1年次),2020年 - 現在

  • 主題別選択科目(情報機械と人間,情報社会と人間)(医学科・歯学科2年次),2019年 - 2020年

  • S・データサイエンス入門,2019年 - 2020年

  • S・平面と立体の幾何学,2019年

  • 主題別選択科目(音声と音楽の数理,情報と人間)(医学科・歯学科2年次),2018年

  • S・数学入門(看護学専攻・口腔保健学科1年次),2018年

  • サイエンスPBL入門(医学科・歯学科1年次),2017年 - 現在

  • 数学II (複素解析・応用解析)(医学科・歯学科1年次),2017年 - 2019年

  • 統計学(保健衛生学科1年次),2014年 - 2016年

  • S・計算機による数学(電卓による数値計算とアルゴリズム),2014年 - 2016年

  • S・数学解析(口腔保健工学専攻1年次),2013年 - 2019年

  • 情報処理(医学科・歯学科1年次),2013年 - 2017年

  • 情報科学演習(歯学科2年次),2012年 - 2019年

  • プロセスデバイス工学〈CAEと数値解析法〉(口腔保健工学専攻2年次),2012年 - 2019年

  • S・情報,2012年 - 2016年

  • S・微積分(看護学専攻・口腔保健学科1年次),2012年

  • 主題別選択科目(音と音楽の数理,社会とネットワーク構造)(医学科・歯学科2年次),2012年

  • 教養総合講座・情報活用リテラシー(全学科1年次),2011年 - 2020年

  • 数学(微積分)(医学科・歯学科1年次),2011年 - 2016年

  • 数学基礎(検査技術学専攻1年次),2011年 - 2013年

  • S・微分方程式論入門(医学科・歯学科・検査技術学専攻1年次),2011年 - 2013年

  • S・数学入門(看護学専攻・口腔保健学科1年次),2011年

  • S・数理生物学特論,2010年 - 2011年

  • S・アカデミックリテラシー入門,2010年

  • 情報科学(保健衛生学科・口腔保健学科1年次),2009年 - 2017年

  • S・数理生物学,2009年 - 2016年

  • S・計算機による数学(BASIC中級演習),2009年 - 2013年

  • 数学実習(医学科・歯学科2年次),2009年 - 2011年

  • S・線形代数,2009年 - 2011年

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 偏微分方程式の数値解法(大学院集中講義),関西学院大学

  • 数理工学演習(微分方程式と複素関数論の演習),大阪大学

  • 計算機実験(Fortran/C/javaプログラミング演習),大阪大学

  • 情報活用基礎,大阪大学

  • 応用情報解析学(線形システム理論),大阪大学