基本情報

写真a

保坂 啓一(ホサカ ケイイチ)

HOSAKA Keiichi


職名

助教

研究分野・キーワード

保存修復学,接着歯学,接着歯科臨床,デジタルデンティストリー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  2003年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医歯学総合研究科  う蝕制御学  博士課程  2007年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2009年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教
  • 2007年04月
    -
    2008年12月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 維持系診療科 むし歯外来 医員(歯病)
  • 2008年12月
    -
    2009年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 特任助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 う蝕制御学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2005年12月
    -
    2006年11月
    米国ジョージア医科大学 歯学部 客員研究員
  • 2018年07月
    -
    2018年08月
    英国ロンドン大学キングス・カレッジ 客員講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会(歯科保存治療専門医指導医,評議員)

  • 日本歯科審美学会(認定医)

  • 日本接着歯学会(接着歯科治療認定医,代議員)

  • American Academy of Cosmetic Dentistry (AACD)

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    現在
    東京医科歯科大学歯科同窓会 学術委員会副委員長
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本接着歯学会 学術委員会委員
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    日本接着歯学会 学術委員会幹事
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本歯科保存学会 評議員
  • 2017年06月
    -
    2019年05月
    日本歯科審美学会 編集委員会委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 保存治療系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 臨床修練指導歯科医

  • 日本歯科審美学会認定医

  • 接着歯科治療認定医

  • 保存歯科治療専門医指導医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歯質接着性レジンの基礎的研究と接着歯科治療への臨床応用

  • 接着歯学におけるイメージング手法の研究開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科用テラヘルツパルス波イメージング技術の開発と接着修復への応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 時間・空間制御による接着歯学の超高速ダイナミクスの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 時間・空間制御による接着歯学の超高速ダイナミクスの解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 接着修復はいつ破壊するのか-破壊メカニズムの波動解析と予測診断技術への展開-

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Citra Kusumasari, Ahmed Abdou, Antonin Tichy, Takashi Hatayama, Keiichi Hosaka, Richard M Foxton, Takahiro Wada, Yasunori Sumi, Masatoshi Nakajima, Junji Tagami. Effect of smear layer deproteinization with chemo-mechanical caries removal agents on sealing performances of self-etch adhesives. J Dent. 2020.03; 94 103300. ( PubMed, DOI )

  • Celso-Afonso Klein-Junior, Roberto Zimmer, Diana-Lina-Bronca Borghetti, Fernando-Freitas Portella, Flávia-Carolina Abich, Daniel-Rodrigo Marinowic, Keiichi Hosaka, Eduardo-Galia Reston. Hot air stream reduces cytotoxicity of light-cured calcium hydroxide based cements. J Clin Exp Dent. 2020; 12 (3): e215-e219.

  • Yusuke Kuno, Keiichi Hosaka, Masatoshi Nakajima, Masaomi Ikeda, Celso Afonso Klein Junior, Richard M Foxton, Junji Tagami. Incorporation of a hydrophilic amide monomer into a one-step self-etch adhesive to increase dentin bond strength: Effect of application time. Dent Mater J. 2019.12; 38 (6): 892-899. ( PubMed, DOI )

  • Antonin Tichy, Keiichi Hosaka, Pavel Bradna, Masaomi Ikeda, Ahmed Abdou, Masatoshi Nakajima, Junji Tagami. Subsequent application of bonding agents to a one-step self-etch adhesive - Its effect with/without previous light-curing. Dent Mater. 2019.12; 35 (12): e299-e309. ( PubMed, DOI )

  • Nao Kominami, Yasushi Shimada, Keiichi Hosaka, Minh Nguyet Luong, Masahiro Yoshiyama, Alireza Sadr, Yasunori Sumi, Junji Tagami. The effect of flowable composite lining and dentin location on microtensile bond strength and internal fracture formation. Dent Mater J. 2019.10; 38 (5): 798-805. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 宮崎真至編著/秋本尚武・保坂啓一著. コンポジットレジン修復の効率UP 短い時間で・無駄なく・ミスなく審美性を獲得!. 2020.04 (ISBN : 978-4-263-44576-1)

  • 患者満足度を高める審美歯科のQ&A32 美しさと機能性の共存を目指して. デンタルダイヤモンド, 2019.10 Q14正中離開の直接修復に用いる隔壁法と審美的な形態付与の方法について教えて下さい (ISBN : 978-488510-445-9)

  • 監修 田上順次、共同執筆 中島正俊、保坂啓一. コンポジットレジンによる最新MI修復 東京医科歯科大学田上教室の研究と臨床. 医歯薬出版株式会社, 2019.06

  • もう悩まない!時代が求める接着臨床. デンタルダイヤモンド社, 2018.07 ダイレクト修復がうまくなりたいー成功のための臨床ステップ (ISBN : 978-4885104107)

  • 象牙質知覚過敏症 第3版 目からウロコのパーフェクト治療ガイド. 医歯薬出版, 2017.10 (ISBN : 978-4-263-44511-2)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 保坂啓一. 最新MI保存修復治療2020. 公益社団法人東京都歯科衛生士会西北ブロック2019年度第1回勉強会 2020.02.16 東京

  • Keiichi Hosaka. The Direct composite Restoration with a digital work flow for Tooth Wear Cases. Invited Lecture, Thammasat University 2020.02.12 Bangkok, Thailand

  • Keiichi Hosaka. Bond: with Esthetic Outcome. "Esthetic Beyond Frontier", Global Young Dental Leaders Meeting 2020.02.11 Movenpick BDMS Wellness Resort Bangkok, Thailand

  • 關奈央子,水谷幸嗣,保坂啓一,駒田 亘,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,ジャネルモロス,須永昌代,川口陽子,森尾郁子,木下淳博. 医歯学総合研究科歯学系大学院生対象の国際歯科臨床教育コース(Essential Expertise for Clinical Dentistry)に対する評価. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.07 東京

  • Tichy A., Brabec M., Bradna P., Hosaka K., Nakajima M., Tagami J.. Competing Risk Model for Bond Strength Data Analysis. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia-Pacific Region 2019.11.28 Brisben, Austiralia

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞(アントニンティヒー,保坂啓一,池田正臣,中島正俊,田上順次),日本歯科保存学会,2019年06月

  • 第32回日本接着歯学会学術大会発表優秀賞,日本接着歯学会,2014年

  • 平成25年度日本接着歯学会論文賞 ,日本接着歯学会,2013年

  • 平成23年度日本接着歯学会論文賞,日本接着歯学会,2011年

  • 東京医科歯科大学大学院小林育英会賞,2007年03月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金、基盤研究C(保坂啓一),2017年04月

    研究題目: 歯科用テラヘルツパルス波イメージング技術の開発と接着修復への応用
    研究代表者: 保坂啓一
    期間: 平成30年度‐平成34年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C(保坂啓一),2017年04月

    研究題目: 接着修復はいつ破壊するのか-破壊メカニズムの波動解析と予測診断技術への展開-
    研究代表者: 保坂啓一
    期間: 平成26年度‐平成29年度

  • 科学研究費補助金、基盤研究C(保坂啓一),2017年04月

    研究題目:時間・空間制御による接着歯学の超高速ダイナミクスの解明
    研究分担者:保坂啓一
    期間:平成27年‐平成29年

  • 科学研究費補助金、若手研究B(保坂啓一),2010年04月

    研究題目: 接着破壊メカニズムの3次元動的解析-疎水性接着システム開発への応用-
    研究代表者: 保坂啓一
    期間: 平成23年‐平成26年

  • 科学研究費補助金、若手研究B(保坂啓一),2008年04月

    研究題目: 象牙質コラーゲンナノスペースを利用した新しい接着性レジンの開発
    研究代表者: 保坂啓一
    期間: 2008年度‐2010年度

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院講義,2009年 - 現在

  • 歯学部歯学科講義・実習,2012年 - 現在

  • International Faculty Development Course (IFDC),2017年 - 現在

  • 国際歯科臨床教育コース(Essential Expertise for Clinical Dentistry, EECD) ,2016年 - 現在

  • 歯型彫刻,2015年 - 2016年

全件表示 >>

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 保存修復学,東京歯科衛生専門学校

  • 保存修復学,東京医歯薬専門学校

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯の根幹治療、コンポジットレジン,NHKエデュケーショナル,NKH国際放送「Science View」,2020年05月20日

  • 新聞クイント(保坂啓一),クインテッセンス出版,新聞クイント,新年の一言,2020年01月10日

  • 歯科分野における低侵襲治療と最新治療(保坂啓一),桜の花出版株式会社,名医ランキング,2019年12月20日

  • テーマ「歯を守る」:インタビュー撮影およびスタジオ収録(保坂啓一),NHK,チョイス@病気になったとき,2019年07月10日 - 2019年09月08日

  • 子育て世代がつながる東京すくすく「虫歯の菌はどこからくる?最もなりやすい時期は? 歯の専門家に聞きました」(保坂啓一),東京新聞社,東京新聞Tokyo Web,2019年07月02日

全件表示 >>