基本情報

写真a

湯浅 磨里(ユアサ マリ)

YUASA Mari


職名

助教

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-1

研究室電話番号

03-5280-8086

研究室FAX番号

03-5280-8086

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医工学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 特任助教
  • 2013年07月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオデザイン 助教
  • 2014年10月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医歯工連携実用化施設 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 国立精神・神経センター
  • 東京医科歯科大
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 核内受容体による新たな細胞制御技術の開発;レチノイン酸受容体の分解制御に着眼して

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shinya Fujii, Eriko Kikuchi, Yuko Watanabe, Honoka Suzuyama, Mari Ishigami-Yuasa, Takayasu Mori, Kiyoshi Isobe, Shinichi Uchida, Hiroyuki Kagechika. Structural development of N-(4-phenoxyphenyl)benzamide derivatives as novel SPAK inhibitors blocking WNK kinase signaling. Bioorg. Med. Chem. Lett.. 2020.09; 30 (17): 127408. ( PubMed, DOI )

  • Hitomi Koga, Mai Negishi, Marie Kinoshita, Shinya Fujii, Shuichi Mori, Mari Ishigami-Yuasa, Emiko Kawachi, Hiroyuki Kagechika, Aya Tanatani. Development of Androgen-Antagonistic Coumarinamides with a Unique Aromatic Folded Pharmacophore. Int J Mol Sci. 2020.08; 21 (15): ( PubMed, DOI )

  • Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika. Chemical Screening of Nuclear Receptor Modulators. Int J Mol Sci. 2020.07; 21 (15): ( PubMed, DOI )

  • Erika Ishihara, Yuya Nagaoka, Toshiaki Okuno, Satoshi Kofuji, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Kenya Kamimura, Shuji Terai, Takehiko Yokomizo, Yukihiko Sugimoto, Yasuyuki Fujita, Akira Suzuki, Hiroshi Nishina. Prostaglandin E 2 and its receptor EP2 trigger signaling that contributes to YAP-mediated cell competition Genes Cells. 2020.03; 25 (3): 197-214. ( PubMed, DOI )

  • Manami Kodaka, Fengju Mao, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Masami Kitamura, Xiaoyin Xu, Zeyu Yang, Kentaro Nakagawa, Junichi Maruyama, Kana Ishii, Chihiro Akazawa, Takuya Oyaizu, Naoki Yamamoto, Mari Ishigami-Yuasa, Nozomi Tsuemoto, Shigeru Ito, Hiroyuki Kagechika, Hiroshi Nishina, Yutaka Hata. Characterization of a novel compound that promotes myogenesis via Akt and transcriptional co-activator with PDZ-binding motif (TAZ) in mouse C2C12 cells. PLoS ONE. 2020; 15 (4): e0231265. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 森 修一,飯沼 大翔,間中 紀暁,湯浅 磨里,呉林 なごみ,村山 尚,影近 弘之. キノロン環を骨格とする新規1型リアノジン受容体抑制剤の構造展開 . 日本薬学会第140年会 2020.03.25 国立京都国際会館

  • 飯沼 大翔,柴 喜坤,森 修一,湯浅 磨里,呉林 なごみ,村山 尚,影近 弘之. 小胞体Ca2+評価系に基づいた選択的2型リアノジン受容体抑制剤の創製 . 日本薬学会第140年会 2020.03.25 京都

  • Nagomi Kurebayashi, Takashi Murayama,Masato Konishi, Shuichi Mori, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika,Haruo Ogawa, Sachio Morimoto, Takashi Sakurai. EFFECTS OF RYR2 INHIBITORS ON CA2+ SIGNALS IN HEALTHY AND DISEASED CARDIAC CELLS.. Biophysical Society 2020 2020.02.15 San Diego

  • Hiroyuki Matsukawa, Takashi Murayama, Takuya Kobayashi, Nagomi Kurebayashi,Toshiko Yamazawa, Mari Ishigami-Yuasa, Shuichi Mori, Hiroyuki Kagechika, Takashi Sakurai. CHARACTERIZATION OF NOVEL RYR1-SELECTIVE INHIBITORS IDENTIFIED BY HIGHTHROUGHPUT SCREENING USING ER CA2+ MEASUREMENT. Biophysical Society 2020 2020.02.15 San Diego

  • 湯浅 磨里,浴本 久雄,影近 弘之. 前立腺がんLNCaPにおける合成レチノイドAm80とヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の併用効果. 日本レチノイド研究会第30回学術集会 2019.10.20 東京

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント,資生堂,2020年06月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー技術特論,2018年

  • 先端機能分子特論,2018年