基本情報

写真a

湯浅 磨里(ユアサ マリ)

YUASA Mari


職名

助教

研究室住所

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-1

研究室電話番号

03-5280-8086

研究室FAX番号

03-5280-8086

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医工学博士  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 特任助教
  • 2013年07月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能修復研究部門 バイオデザイン 助教
  • 2014年10月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 医歯工連携実用化施設 助教
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 生体機能分子研究部門 薬化学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 国立精神・神経センター
  • 東京医科歯科大
 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 核内受容体による新たな細胞制御技術の開発;レチノイン酸受容体の分解制御に着眼して

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Shuichi Mori, Hiroto Iinuma, Noriaki Manaka, Mari Ishigami-Yuasa, Takashi Murayama, Yoshiaki Nishijima, Akiko Sakurai, Ryota Arai, Nagomi Kurebayashi, Takashi Sakurai, Hiroyuki Kagechika. Structural development of a type-1 ryanodine receptor (RyR1) Ca2+-release channel inhibitor guided by endoplasmic reticulum Ca2+ assay. Eur J Med Chem. 2019.06; 179 837-848. ( PubMed, DOI )

  • Mari Ishigami-Yuasa, Hisao Ekimoto, Hiroyuki Kagechika. Class IIb HDAC Inhibition Enhances the Inhibitory Effect of Am80, a Synthetic Retinoid, in Prostate Cancer. Biol. Pharm. Bull.. 2019; 42 (3): 448-452. ( PubMed, DOI )

  • Yuko Kazui, Shinya Fujii, Ayumi Yamada, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Aya Tanatani. Structure-activity relationship of novel (benzoylaminophenoxy)phenol derivatives as anti-prostate cancer agents. Bioorg. Med. Chem.. 2018.10; 26 (18): 5118-5127. ( PubMed, DOI )

  • Shikshya Timalsina, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Masami Kitamura, Xiaoyin Xu, Qiu Wenzhe, Mari Ishigami-Yuasa, Hiroyuki Kagechika, Yutaka Hata. Chemical compounds that suppress hypoxia-induced stress granule formation enhance cancer drug sensitivity of human cervical cancer HeLa cells. J. Biochem.. 2018.07; ( PubMed, DOI )

  • Takashi Murayama, Nagomi Kurebayashi, Mari Ishigami-Yuasa, Shuichi Mori, Yukina Suzuki, Ryunosuke Akima, Haruo Ogawa, Junji Suzuki, Kazunori Kanemaru, Hideto Oyamada, Yuji Kiuchi, Masamitsu Iino, Hiroyuki Kagechika, Takashi Sakurai. Efficient High-Throughput Screening by Endoplasmic Reticulum Ca2+ Measurement to Identify Inhibitors of Ryanodine Receptor Ca2+-Release Channels. Mol. Pharmacol.. 2018.07; 94 (1): 722-730. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 湯浅 磨里、影近 弘之. 前立腺がんLNCapにおける合成レチノイドAm80とクラス選択的ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の併用効果. 23回日本がん分子標的治療学会学術集会 2019.06.12

  • 飯沼大翔、間中紀暁、森修一、湯浅磨里、村山尚、呉林なごみ、影近弘之. 新規評価系に基づいた1型リアノジン受容体抑制剤の創製研究. 日本薬学会第139年会 2019.03.20

  • 湯浅磨里、影近弘之. エピジェネティック阻害薬との併用効果:核内受容体RARの新たな制御手法. 第361回脂溶性ビタミン総合研究委員会 2019.03.15 東京

  • 森修一、飯沼大翔、間中紀暁、湯浅磨里、村山尚、呉林なごみ、影近弘之. 新規評価手法の構築に基づいた1型リアノジン受容体抑制剤の創製. 第7回メディシナルケミストリーシンポジウム 2018.11.28 京都

  • 湯浅磨里、影近弘之. 合成レチノイドAm80(タミバロテン)とエピジェネティックドラッグの各種がん細胞に対する併用効果の検討. 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28 横浜

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー技術特論,2018年

  • 先端機能分子特論,2018年