基本情報

写真a

若林 則幸(ワカバヤシ ノリユキ)

WAKABAYASHI Noriyuki


職名

理事

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/pro/index.html

研究分野・キーワード

歯科補綴,応力解析,歯科材料,歯学教育

プロフィール

Research Gateより全論文のダウンロードが可能です.https://www.researchgate.net/profile/Noriyuki_Wakabayashi/contributions

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  1988年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科補綴学  博士課程  1992年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学士  東京医科歯科大学

  • 歯学博士(歯科補綴学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 医員(歯病)
  • 1994年10月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 義歯外来 助教
  • 2009年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授
  • 2013年08月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 教授

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1997年11月
    -
    1998年10月
    米国フロリダ大学歯学部 客員教授
  • 2006年05月
    -
    2009年03月
    岩手医科大学 歯学部歯科補綴学第一講座 准教授

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在
    厚生労働省保険医療材料等専門審査委員会 委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    国立大学附属病院長会議 常置委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    医療機関・弁護士会及び裁判所協議会(東京地裁) 歯科幹事会委員
  • 2019年07月
    -
    2021年06月
    日本歯科医学会 日本歯科医学会学術大会準備委員会委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    歯科医師臨床研修マッチング協議会運営委員会 委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

  • 形態系基礎歯科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生体材料および生体組織のモデリングと応力解析,2006年 - 現在

  • 歯科用生体材料の臨床評価,2004年 - 現在

  • 口腔組織のリモデリングと変質に及ぼすメカニカルストレスの役割,2012年04月 - 現在

  • 歯学教育におけるアクティブラーニングに関するランダム化比較試験,2013年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 光学粘膜印象のための被圧変位補正方法の確立とオープンソース化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 補綴治療後に起こる咬合力伝達メカニズムの変化に関する総合的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 有床義歯補綴における臨床と教育のデジタルトランスフォーメーション

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Ogawa M, Katagiri S, Koyanagi T, Maekawa S, Shiba T, Ohsugi Y, Takeuchi Y, Ikawa T, Takeuchi S, Sekiuchi T, Arai Y, Kazama R, Wakabayashi N, Izumi Y, Iwata T. Accuracy of cone beam computed tomography in evaluation of palatal mucosa thickness. Journal of Clinical Periodontology. 2020.01; ( PubMed, DOI )

  • Fueki Kenji, Yoshida-Kohno Eiko, Inamochi Yuka, Wakabayashi Noriyuki. The association between mucosal pain and subjective masticatory function in patients with partial removable dental prostheses JOURNAL OF ORAL REHABILITATION. 2019.12; 46 (12): 1095-1099. ( PubMed, DOI )

  • Wada J, Hideshima M, Uchikura K, Shichiri Y, Inukai S, Matsuura H, Wakabayashi N. Influence of the Covering Area of Major Connectors of Mandibular Dentures on the Accuracy of Speech Production: A Pilot Study Folia Phoniatrica et Logopaedica. 2019.12; 18 1-10. ( PubMed, DOI )

  • Kajima Y, Takaichi A, Tsutsumi Y, Hanawa T, Wakabayashi N, Kawasaki A. Influence of magnetic susceptibility and volume on MRI artifacts produced by low magnetic susceptibility Zr-14Nb alloy and dental alloys. Dental materials journal. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  • Myint Oo KZ, Fueki K, Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Inamochi Y, Wakabayashi N. Minimal clinically important differences of oral health-related quality of life after removable partial denture treatments. Journal of dentistry. 2019.11; 103246. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Wakabayashi N, Murakami N, Takaichi A. Handbook of Mechanics of Materials. Chapter 37: Current Applications of Finite Element Methods in Dentistry. Springer Nature Pte Ltd, , 2018.01 (ISBN : 978-981-10-6855-3)

  • 全国歯科技工士教育協議会編 . 最新歯科技工士教本 有床義歯技工学 (共著). 2017.02 (ISBN : 978-4-263-43165-8)

  • 系統看護学講座 成人看護学 歯・口腔 第13版 (共著). 医学書院, 2016.12 (ISBN : 978-4-260-02761-8)

  • 歯科衛生士のための歯科臨床概論 (共著). 医歯薬出版, 2016.03 (ISBN : 978-4-263-42217-5)

  • 和田 淳一郎,高市 敦士,若林 則幸. パーシャルデンチャー活用力 ーライフコースに沿った基本から使いこなしまでー. 医歯薬出版, 2016.02 (ISBN : 978-4-263-44460-3)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hao Jialin, Murakami Natsuko, Yamazaki Toshiki, Iwasaki Naohiko, Yatabe Masaru, Takahashi Hidekazu, Wakabayashi Noriyuki. Frexural Behavior of Machinable Polyester Denture Material Under Cyclic Loading. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020.03 Washington, D.C., USA

  • Yuka Kajima, Atsushi Takaichi, Nuttaphon Kittikundecha, Hein Linn Htat, Takao Hanawa, Noriyuki Wakabayashi, Takayuki Yoneyama. Effect of various heat treatments on the microstructure, texture and mechanical anisotropy of CoCrMo alloys produced by selective laser melting. 8th international conference on mechanics of biomaterials and tissues 2019.12.17 Waikoloa

  • Atsushi Takaichi, Yuka Kajima, Tatsuya Oishi, Nuttaphon Kittikundecha, Hein Linn Htat, Yusuke Tsutsumi, Takao Hanawa, Noriyuki Wakabayashi. Influence of heat treatment on the mechanical and corrosion properties of CoCrMo alloys fabricated by selective laser melting. 8th International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues 2019.12.15 Waikoloa

  • 長山富治,和田淳一郎,渡邉知恵,内田博文,若林則幸. 部分床義歯装着が歯周炎によって弱体化し予後にリスクを有する支台歯に及ぼす短期的な影響. 日本補綴歯科学会 令和元年度東京支部学術大会 2019.12.08 東京

  • 木村康之. 東京医科歯科大学歯学部附属病院におけるインシデント報告(2014~2018年度)の分析. 第14回医療の質・安全学会学術集会 2019.11.29 京都

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「東京医科歯科大学と三井物産株式会社が歯科分野における連携協定を締結」 ―AI を活用した歯科分野の診断・治療を支援するシステムの開発― ,2019年06月

    -

  • 最高水準の歯科治療を安心・安全・快適に提供する歯科診療施設が7/1オープン先端歯科診療センター メディア向け内覧会のご案内,2019年06月

    -

  • TOKYO MX NEWS NEXT ~『反転授業』で伸ばす“学習意欲”と“授業成果”~,2015年01月

    授業方法の紹介

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 歯学科1年 歯学概論(病院長),2017年 - 現在

  • 歯学科1年:歯学入門( 最新の歯学),2014年 - 現在

  • 歯学科3年:臨床イントロダクション,2013年 - 現在

  • 歯学科4年:咬合回復Ⅰ(部分床義歯補綴学),2010年 - 現在

  • 歯学科6年:包括臨床実習(部分床義歯学 教授診断),2013年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 歯学概論(口腔外科学),名古屋大学医学部(招へい教員)

  • 有床義歯学Ⅰ,昭和大学歯学部(客員教授)

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省保険医療材料等専門審査委員,2017年04月 - 現在

  • 歯科医師臨床研修マッチング協議会運営委員会委員,2017年04月 - 現在

  • 東京都・社会保険診療報酬審査委員会委員,2009年04月 - 2013年08月

  • 岩手県・社会保険診療報酬審査委員会委員,2007年02月 - 2009年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯学部の教育改革,毎日新聞社,毎日新聞,2018年03月29日

  • 3Dプリンターの歯科応用に関するヒアリング,RICOH画像エンジン開発本部,東京医科歯科大学,2014年12月12日

  • 2種類の歯科用インプラントの疲労強度,大信貿易,東京医科歯科大学,2014年09月29日

  • 事例紹介 部分床義歯補綴学分野の取組み,東京医科歯科大学歯学部教育委員会,平成25度歯学科授業におけるWebClass 利用促進のための説明会,東京医科歯科大学,2014年03月04日

  • 義歯を上手に使って,毎日を楽しく安心に暮らす,東京医科歯科大学,公開講座「健康を考える」,東京,2013年11月13日