基本情報

写真a

溝口 史高(ミゾグチ フミタカ)

MIZOGUCHI Fumitaka


職名

助教

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  2001年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  博士課程  2008年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2008年04月
    -
    2015年11月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 膠原病・リウマチ内科学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年06月
    -
    2003年05月
    土浦協同病院 内科 臨床研修医
  • 2012年12月
    -
    2016年03月
    ブリガムアンドウィミンズ病院 ハーバード大学医学部 リサーチフェロー

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本リウマチ学会

  • 日本内科学会

  • 日本臨床免疫学会

  • アメリカリウマチ学会(American College of Rheumatology)

  • 日本骨代謝学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年07月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 評議員
  • 2016年10月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 International Scientific Committee 委員
  • 2017年04月
    -
    現在
    日本リウマチ学会 専門医資格認定委員会問題作成委員
  • 2017年12月
    -
    2019年03月
    日本臨床免疫学会 表彰委員会委員
  • 2018年01月
    -
    現在
    日本臨床免疫学会 評議員

全件表示 >>

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患に関する調査研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • 新規線維芽細胞サブセットを標的とした関節リウマチ治療法開発への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • microRNAを標的とした関節リウマチの新規治療法開発と新病態機序解明への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 関節リウマチにおける病的滑膜線維芽細胞の起源の同定と治療応用の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 多発性筋炎/皮膚筋炎の筋組織の免疫表現型解析による病態解明と疾患再分類への挑戦

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Sae Ochi, Kazuyoshi Saito, Fumitaka Mizoguchi, Shigeaki Kato, Yoshiya Tanaka. Insensitivity versus poor response to tumour necrosis factor inhibitors in rheumatoid arthritis: a retrospective cohort study. Arthritis Research & Therapy. 2020.03; 22 (1): 41. ( PubMed, DOI )

  • Slowikowski K, Nguyen HN, Noss EH, Simmons DP, Mizoguchi F, Watts GFM, Gurish MF, Brenner MB, Raychaudhuri S. CUX1 and IκBζ (NFKBIZ) mediate the synergistic inflammatory response to TNF and IL-17A in stromal fibroblasts. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • Noda S, Hasegawa H, Tokura M, Mizoguchi F, Kohsaka H. A Case of Systemic Lupus Erythematosus Presenting With Thrombotic Microangiopathy-Induced Cardiomyopathy. Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases. 2020.02; ( PubMed, DOI )

  • 溝口史高. シングルセル解析による関節リウマチの病態解明 炎症と免疫. 2019.08; 27 (5): 407-411.

  • Mari Kamiya, Fumitaka Mizoguchi, Akito Takamura, Naoki Kimura, Kimito Kawahata, Hitoshi Kohsaka. A new in vitro model of polymyositis reveals CD8+ T cell invasion into muscle cells and its cytotoxic role. Rheumatology (Oxford). 2019.06; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業自己免疫疾患に関する調査研究(自己免疫班)、日本リウマチ学会. 全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019. 南山堂, 2019.11 (ISBN : 978-4-525-23471-3)

  • 溝口史高. 今日の治療指針2019. 医学書院, 2019.01 抗リン脂質抗体症候群 (ISBN : 978-4-260-03650-4)

  • 溝口史高. シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル 改定第3版. 診断と治療社, 2018.09 第5章 対応と治療 3.腺外症状の対応と治療 (ISBN : 978-4-7878-2369-4)

  • 溝口史高. リウマチ専門医試験 例題と解説 改訂第8版. メジカルビュー社, 2018.09 (ISBN : 978-4-7583-1864-8)

  • 溝口史高. 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート. 診断と治療社, 2016.04 第1章 膠原病・リウマチ・アレルギー専門医を目指す. B.勉強の仕方. 9.留学しよう (ISBN : 978-4-7878-2176-8)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Fumitaka Mizoguchi. Gene expression profiling of synovial fibroblast subsets revealed novel transcription factors driving their pathogenic functions in rheumatoid arthritis. Keystone Symposia, Stromal Cells in Immunity and Disease 2020.02.23 Victoria, Canada

  • 溝口史高. 関節リウマチ関連線維芽細胞サブセットを標的とした新規治療戦略の開発. 2019年度AMED合同成果報告会 疾患克服への挑戦2019 2020.02.07 東京

  • 溝口史高. 滑膜線維芽細胞を標的とした関節リウマチに対する新たな治療戦略の開発を目指して. 膠原病リウマチカンファレンスin 御茶ノ水 2020.01.16

  • 溝口史高. 滑膜病理の単一細胞・分子レベルでの脱構築による関節リウマチの病態解明. ゼルヤンツWeb講演会 2019.12.25

  • 溝口史高. 関節リウマチ治療におけるbDMARDsの使い分けを考察する. RA Meet The Expert 仙台 2019.10.10

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28 年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞,東京医科歯科大学,2016年09月

  • 平成24年度日本リウマチ財団海外派遣研修医,日本リウマチ財団,2012年05月

  • 優秀演題賞,第39回日本臨床免疫学会総会・学術集会,2011年09月

  • ポスター賞,第55回日本リウマチ学会総会・学術集会,2011年07月

  • Aegean Conferences. Travel Award,3rd International Conference on Osteoimmunology,2010年06月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患. 免疫学II. 医学部医学科2年生講義,2017年 - 現在

  • 膠原病の治療薬. アレルギー・リウマチ・膠原病ブロック. 医学部医学科3年生講義,2016年 - 現在

  • 関節炎の鑑別診断. クリニカルクラークシップ学生・研修医講義,2016年 - 2017年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 他大学発表の関節炎の悪性破骨細胞の発見に関する論文の発見の意義、課題は何か,読売新聞社,読売新聞,2019年11月18日