基本情報

写真a

清野 薫子(セイノ カオルコ)

SEINO Kaoruko


職名

講師

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京外国語大学  外国語学部  南・西アジア課程  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  国際健康開発学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2012年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療協力学 助教
  • 2012年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療協力学 講師
  • 2015年04月
    -
    2016年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際健康推進医学 講師
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療事業開発学分野 講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際保健医療事業開発学分野 講師

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月
    -
    現在
    東京外国語大学 非常勤講師
  • 2015年05月
    -
    2018年05月
    ミシガン大学 客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国公衆衛生学会

  • 国際環境疫学会

  • 日本衛生学会

  • 日本公衆衛生学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 保健医療に係るグローバルパートナーシップ:東アフリカ地域の非感染症対策の事例検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2020年

  • 健康推進プログラムがもたらす健康格差拡大の逆説的関係の発生機序とその補正効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 紛争経験地域における暴力レジリエンス:若年者の帰属意識形成と疾病傷害リスクの低減

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 心的外傷後ストレス障害の地域予後:アフガニスタン母子コホートの10年後健康調査

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 地域の社会的凝集性、集団的エフィカシーならびに帰属意識が健康リスクを低減する効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Siongco KLL, Nakamura K, Seino K, Moncatar TJRT, Tejero LMS, De La Vega SAF, Bonito SR, Javier R, Tsutsui T, Tashiro Y, Al-Sobaihi S, Lorenzo FME, Canila CC. Improving Community Health Workers' Attitudes toward Collaborative Practice in the Care of Older Adults: An In-Service Training Intervention Trial in the Philippines. International journal of environmental research and public health. 2021.09; 18 (19): ( PubMed, DOI )

  • Alemi Sharifullah, Nakamura Keiko, Arab Ahmad Shekib, Mashal Mohammad Omar, Tashiro Yuri, Seino Kaoruko, Hemat Shafiqullah. Gender-Specific Prevalence of Risk Factors for Non-Communicable Diseases by Health Service Use among Schoolteachers in Afghanistan INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH. 2021.06; 18 (11): ( PubMed, DOI )

  • Alojaimy RS, Nakamura K, Al-Sobaihi S, Tashiro Y, Watanabe N, Seino K. Infection prevention and control standards and associated factors: Case study of the level of knowledge and practices among nurses in a Saudi Arabian hospital. Journal of preventive medicine and hygiene. 2021.06; 62 (2): E501-E507. ( PubMed, DOI )

  • Hasan S. M. Mahmudul, Rahman Mosiur, Nakamura Keiko, Tashiro Yuri, Miyashita Ayano, Seino Kaoruko. Relationship between diabetes self-care practices and control of periodontal disease among type2 diabetes patients in Bangladesh PLOS ONE. 2021.04; 16 (4): e0249011. ( PubMed, DOI )

  • Moncatar TJRT, Nakamura K, Siongco KLL, Seino K, Carlson R, Canila CC, Javier RS, Lorenzo FME. Interprofessional collaboration and barriers among health and social workers caring for older adults: a Philippine case study. Human resources for health. 2021.04; 19 (1): 52. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 清野 薫子. グローバル関係学 第七巻『ローカルと世界を結ぶ』. 岩波叢書, 2020.10 医薬品の流通における国の機能と個人・グローバルの接点

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 清野 薫子. 熱中症の発生状況と関連要因:救急搬送データ等による熱中症の個人・地域のリスク関連要因. 第90回日本衛生学会学術総会  2020.03.28

  • Kaoruko Seino. Heat Coping Practices and Social Interactions among Elderly Urban Dwellers. The Association of Academies and Societies of Sciences in Asia 2017.03.03

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • プラネタリ―ヘルス,2018年 - 現在

  • 疾患予防パブリックヘルス医学概論 ,2018年 - 現在

  • 国際保健医療事業開発学特論,2015年 - 現在

  • 国際保健医療事業開発学演習,2015年 - 現在