基本情報

写真a

小川 卓也(オガワ タクヤ)

OGAWA Takuya


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究分野・キーワード

顎顔面矯正学, 先天異常, 多数歯欠損, 希少遺伝性疾患

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1998年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  顎顔面矯正学分野  博士課程  2002年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年06月
    -
    2008年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 育成系診療科 矯正歯科外来 医員(歯病)
  • 2008年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 助教
  • 2013年04月
    -
    2019年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 講師
  • 2019年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2002年06月
    -
    2005年05月
    University of Texas at Houston, Dental Branch, 2002年6月〜2005年5月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎変形症学会

  • 東京矯正歯科学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 口腔病学会

  • IADR (Intetenational Association for Dental Reseach)

  • WFO (World Federation of Orthodontists)

  • 日本頭蓋顎顔面外科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 学術委員
  • 日本口蓋裂学会 口蓋裂診療ガイドライン作成委員
  • 2020年
    -
    現在
    日本矯正歯科学会 認定医委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 成長、発育系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 臨床研修指導歯科医

  • 臨床修練指導歯科医

  • 日本矯正歯科学会認定医

  • 日本矯正歯科学会指導医

  • 日本口蓋裂学会 口唇裂・口蓋裂認定師(矯正歯科分野)

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 先天異常に関する基礎的及び臨床的研究,2002年 - 現在

  • モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究,2013年04月 - 現在

  • 口唇裂・口蓋裂症例に関する臨床研究,2010年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 標的指向型liposomeを用いたリラキシンによる口蓋瘢痕組織新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • Characteristics of Oral Tissue-Derived MSCs from CLP Patients

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 個別化医療を目指した歯根形態異常予防因子の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2017年

  • RNAプログラムの破綻に起因する歯根形成異常に関する分子遺伝学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ゲノム・ナノサイエンスを応用した顎顔面先天異常に対する分子標的治療開発の基盤創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • 眼・顔面・心臓・歯症候群における歯根形成を制御する遺伝子BCORの役割の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2013年

  • 間葉系細胞Selective Pluripotency Modulatorの探索

    文部科学省/日本学術振興会

  • モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム・フェノーム統合解析に立脚した顎顔面非対称の成立機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 統合的オミックス解析による希少遺伝性疾患における歯数を規定する分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • Functional MRIを用いた子どもの不正咬合と脳活動の縦断研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯の異常に多様性をもたらす分子機構の解明へ向けた組織特異的横断的オミクス解析

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Sagawa Y, Ogawa T, Matsuyama Y, Nakagawa Kang J, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Tanaka T, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Smoking during Pregnancy and Short Root Anomaly in Offspring. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021.11; 18 (21): 11662. ( PubMed, DOI )

  2. Inagaki Y, Ogawa T, Tabata J.M, Nagata Y, Watanabe R, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. Identification of OPN3 as associated with non-syndromic oligodontia in a Japanese population Journal of Human Genetics. 2021.08; 66 (8): 769-775. ( PubMed, DOI )

  3. Badrakhkhuu N, Matsuyama Y, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Malocclusion and Academic Performance among Mongolian Adolescents Frontiers in Dental Medicine. 2021.01; 1 623768.

  4. Nakahara N, Matsuyama Y, Kino S, Badrakhkhuu N, Ogawa T, Moriyama K, Fujiwara T, Kawachi I. The Consumption of Sweets and Academic Performance among Mongolian Children. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020.11; 17 (23): 8912. ( PubMed, DOI )

  5. Ogawa T, Cheng ES, Muramoto K, Moriyama K. Long-Term Management and Maxillofacial Growth in a Klippel-Trenaunay Syndrome Patient. The Cleft Palate-Craniofacial Journal. 2020.06; 57 (6): 782-790. ( PubMed, DOI )

  6. Nakagawa Kang J, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking during Pregnancy and Missing Teeth in Adolescents. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2019.11; 16 (22): 4536. ( PubMed, DOI )

  7. Wu Y, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Combination of estrogen deficiency and excessive mechanical stress aggravates temporomandibular joint osteoarthritis in vivo. Archives of Oral Biology. 2019.03; 102 (2019): 39-46. ( PubMed, DOI )

  8. Funahashi K, Shiba T, Watanabe T, Muramoto K, Takeuchi Y, Ogawa T, Izumi Y, Sekizaki T, Nakagawa I, Moriyama K. Functional dysbiosis within dental plaque microbiota in cleft lip and palate patients. Progress in Orthodontics. 2019.03; 20 (1): 11. ( PubMed, DOI )

  9. Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K. Nuclear import of transcriptional corepressor BCOR occurs through interaction with karyopherin α expressed in human periodontal ligament. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018.12; 507 (1-4): 67-73. ( PubMed, DOI )

  10. Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Associations between Malocclusion and Oral Health-Related Quality of Life among Mongolian Adolescents. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2017.08; 14 (8): ( PubMed, DOI )

  11. Momotoshi Shiga, Takuya Ogawa, Issareeya Ekprachayakoon, Keiji Moriyama. Orthodontic Treatment and Long-Term Management of a Patient With Marfan Syndrome. Cleft Palate Craniofac. J.. 2017.05; 54 (3): 358-367. ( PubMed, DOI )

  12. Sawada H, Ogawa T, Kataoka K, Baba Y, Moriyama K. Measurement of Distraction Force in Cleft Lip and Palate Patients During Le Fort I Maxillary Advancement With Rigid External Distraction. Journal of Craniofacial Surgery. 2017.03; 28 (2): 406-412. ( PubMed, DOI )

  13. Tumurkhuu T, Fujiwara T, Komazaki Y, Kawaguchi Y, Tanaka T, Inazawa J, Ganburged G, Bazar A, Ogawa T, Moriyama K. Association between maternal education and malocclusion in Mongolian adolescents: a cross-sectional study. BMJ Open. 2016.11; 6 (11): e012283. ( PubMed, DOI )

  14. Sato C, Ogawa T, Tsuge R, Shiga M, Tsuji M, Baba Y, Kosaki K, Moriyama K. Systemic and maxillofacial characteristics of 11 Japanese children with Russell-Silver syndrome. Congenit Anom (Kyoto). 2016.09; 56 (5): 217-225. ( PubMed, DOI )

  15. Thunyaporn Surapornsawasd, Takuya Ogawa, Keiji Moriyama. Identification of nuclear localization signals within the human BCOR protein. FEBS Lett.. 2015.10; 589 (21): 3313-3320. ( PubMed, DOI )

  16. Nakayama Y, Baba Y,Tsuji M, Fukuoka H, Ogawa T, Ohkuma M, Moriyama K. Dentomaxillofacial characteristics of ectodermal dysplasia. Congenit Anom (Kyoto). 2015.02; 55 (1): 42-48. ( PubMed, DOI )

  17. Ogawa T, Sato C, Kawakubo N, Moriyama K. Orthodontic treatment of a patient with hypoglossia. Cleft Palate Craniofac. J.. 2015.01; 52 (1): 102-109. ( PubMed, DOI )

  18. Komazaki Yuko, Fujiwara Takeo, Ogawa Takuya, Sato Miri, Suzuki Kohta, Yamagata Zentaro, Moriyama Keiji. Association between malocclusion and headache among 12- to 15-year-old adolescents: a population-based study. Community Dent Oral Epidemiol. 2014.12; 42 (6): 572-580. ( PubMed, DOI )

  19. Surapornsawasd T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Oculofaciocardiodental syndrome: novel BCOR mutations and expression in dental cells. J. Hum. Genet.. 2014.06; 59 (6): 314-320. ( PubMed, DOI )

  20. Honda A, Baba Y, Ogawa T, Suzuki S, Moriyama K. Long-term maxillomandibular changes after maxillary distraction osteogenesis in growing children with cleft lip and palate. The Cleft Palate-Craniofacial Journal . 2013.03; 50 (2): 168-173.

  21. Okamura E, Suda N, Baba Y, Fukuoka H, Ogawa T, Ohkuma M, Ahiko N, Shiga M, Tsuji M, Moriyama K. Dental and maxillofacial characteristics of six Japanese individuals with ectrodactyly-ectodermal dysplasia-clefting syndrome. Cleft Palate Craniofac. J.. 2013.03; 50 (2): 192-200. ( PubMed, DOI )

  22. Komazaki Y, Fujiwara T, Ogawa T, Sato M, Suzuki K, Yamagata Z, Moriyama K. Prevalence and gender comparison of malocclusion among Japanese adolescents: A population-based study. Journal of the World Federation of Orthodontists. 2012.06; 1 (2): 67-72.

  23. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Systemic and maxillofacial characteristics of patients with Beckwith-Wiedemann syndrome not treated with glossectomy. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2011.04; 139 (4): 517-525. ( PubMed, DOI )

  24. Suda N, Ogawa T, Kojima T, Saito C, Moriyama K. Non-syndromic oligodontia with a novel mutation of PAX9. J. Dent. Res.. 2011.03; 90 (3): 382-386. ( PubMed, DOI )

  25. 7. Wang Y, Groppe JC, Wu J, Ogawa T, Mues G, D'Souza RN, Kapadia H. Pathogenic mechanisms of tooth agenesis linked to paired domain mutations in human PAX9. Hum. Mol. Genet.. 2009.08; 18 (15): 2863-2874. ( PubMed, DOI )

  26. Suda N, Handa S, Higashihori N, Ogawa T, Tsuji M, Ohyama K.. Orthodontic treatment of a patient with Stickler syndrome. The Angle Orthodontist. 2007.09; 77 (5): 931-939. ( PubMed, DOI )

  27. Ogawa T, Kapadia H, Feng JQ, Raghow R, Peters H, D'Souza RN.. Functional consequences of interactions between Pax9 and Msx1 genes in normal and abnormal tooth development. Journal of Biological Chemistry. 2006.07; 281 (27): 18363-9.

  28. Kapadia H, Frazier-Bowers S, Ogawa T, D'Souza RN.. Molecular characterization of a novel PAX9 missense mutation causing posterior tooth agenesis. European Journal of Human Genetics. 2006.04; 14 (4): 403-9.

  29. Ogawa T, Kapadia H, Wang B, D'Souza RN.. Studies on Pax9-Msx1 protein interactions. Archives of Oral Biology. 2005.02; 50 (2): 141-145.

  30. Mensah JK, Ogawa T, Kapadia H, Cavender AC, D'Souza RN.. Functional analysis of a mutation in PAX9 associated with familial tooth agenesis in human. Journal of Biological Chemistry. 2004.02; 279 (7): 5924-5933.

  31. Ohkubo K, Shimokawa H, Ogawa T, Suzuki S, Fukada K, Ohya K, Ohyama K. Immunohistochemical localization of matrix metalloproteinase 13 (MMP-13) in mouse mandibular condylar cartilage Journal of Medical and Dental Sciences. 2003.09; 50 (3): 203-211.

  32. Ogawa T, Shimokawa H, Fukada K, Suzuki S, Shibata S, Ohya K, Kuroda T.. Localization and inhibitory effect of basic fibroblast growth factor on chondrogenesis in cultured mouse mandibularcondyle. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2003; 21 (3): 145-53.

  33. Shibata S, Fukada K, Suzuki S, Ogawa T, Yamashita Y.. In situ hybridisation and immunohistochemistry of bone sialoprotein and osteopontin in the developing mouse mandibularcondylarcartlage compared with limb bud cartilage. J Anatomy. 2002; 200 (3): 309-20.

  34. Shibata S, Fukada K, Suzuki S, Ogawa T, Yamashita Y.. Histochemical localization of versican, aggrecan and hyaluronan in the developing condylar cartilage of the fetal rat mandible. J Anatomy. 2001; 198 (2): 129-135.

  35. 姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について 東京矯正歯科学会雑誌. 2020.12; 30 (2): 137-139.

  36. 村本慶子、渡辺孝康、芝多桂彦、舩橋健太、小川卓也、中川一路、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂患者のプラーク細菌叢を対象とした16S rRNA遺伝子解析 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2019.03; 78 (1): 14-21.

  37. 小川卓也. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-8:口唇裂・口蓋裂患者への骨延長法の適応. 矯正臨床ジャーナル. 2017.04; 33 (4): 51-56.

  38. 池田 倫世, 辻 美千子, 大宅 彩, 小川 卓也, 森山 啓司. Down症候群患者の口腔顎顔面部における臨床的特徴 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 67-77. ( 医中誌 )

  39. 茂木和久、小川卓也、馬場祥行、森山啓司. 成長期における先天性多数歯欠如(oligodontia)患者の顎顔面形態についての検討 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2012.10; 71 (3): 187-193.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 後藤滋巳,清水典佳,槇宏太郎,森山啓司,石川博之. 矯正歯科治療この症例にこの装置 第2版. 医歯薬出版株式会社, 2017.11 (ISBN : 978-4-263-44514-3)

  2. 森山啓司、小川卓也. 言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版. 医学書院, 2016.12 歯の発生と萌出 (ISBN : 978-4-260-02812-7)

  3. 小川卓也、森山啓司. 家庭医学大全科 6訂版. 法研, 2010.10 14.歯と歯肉の病気歯と歯肉の病気, 不正咬合 (ISBN : 978-4879548207)

  4. 小川卓也、小野卓史、森山啓司. 矯正歯科治療この症例にこの装置. 2010.03 (ISBN : 978-4-263-44303-3)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Badrakhkhuu N, Matsuyama Y, Yoshizawa(Araki) Y, Unnai(Yasuda) Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganbrged G, Bazar A, Fujiwara T, MoriyamaK. Association between posterior crossbite and physical ability between Mongolian adolescents. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  2. Soe KM, Ogawa T, Moriyama K. BCOR mediated regulation of ZFPM2 via BCL6 involved in hyperactive root formation of OFCD syndrome. 第69回国際歯科研究学会日本部会(JADR)学術大会 2021.10.24 Web開催

  3. Ogawa T. Oculofaciocardiodental syndrome: Abnormal root formation in a rare genetic disorder. The 4th IADR/APR Young Researchers Forum 2021.08.16 ondemand

  4. Sagawa Y, Ogawa T, Nakagawa Kang J, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Matsuyama Y, Fujiwara T, Moriyama K. Association between maternal smoking and short root anomaly in offspring. The 99th General Session of the IADR, the 50th Meeting of the AADR and the 45th Meeting of the CADR 2021.07.21 ondemand

  5. Inagaki Y, Ogawa T, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. OPN3 mutations underlie non-syndromic oligodontia in Japanese. EOS 2021 Annual Virtual Conference 2021.07.02 ondemand

  6. Inagaki Y, Ogawa T, Tabata M, Nagata Y, Watanabe R, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. Whole exome analysis of non-syndromic oligodontia in Japanese. The 65th Annual Meeting of the Japan Society of Human Genetics 2020.11.18 virtual congress

  7. Kadota-Watanabe C, Higashihori N, Kang J, Ogawa T, Yoda T, Moriyama K. A skeletal Class II open bite case in which functional disharmony was improved after surgical-orthodontic treatment. The 59th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons 2020.10.29 e-conference

  8. Nakagawa Kang J, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking during Pregnancy and Missing Teeth in Offspring. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  9. Yokouchi R, Ogawa T, Fukumoto Y, Komaki H, Moriyama K. Orthodontic Treatment of a Patient with Ullrich Congenital Muscular Dystrophy. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  10. Arimura M, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Higashihori N, Ogawa T, Moriyama K. A Survey of Unilateral Cleft Lip and Palate Patients Who Missed Orthodontic Management Until the Permanent Dentition Stage. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  11. Ogawa T. Oculofaciocardiodental syndrome: abnormal root formation in rare inherited disorder. 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2019 2019.11.28 Brisbane, Australia

  12. Badrakhukhuu N, Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between malocclusion and academic performance among Mongolian adolescents. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  13. Ogawa T. Current status of postgraduate orthodontic education at the Department of Maxillofacial Orthognathics in TMDU. 2019 International Orthodontic Conference(CIOC&COS 2019) 2019.09.23 Nanjin, China

  14. Kang Nakagawa J, Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking During Pregnancy and Missing Teeth. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  15. Yasuda Y, Fujiwara T, Ogawa T, Araki M, Sato M, Yamagata Z, Moriyama K. Association between malocclusion and temporomandibular disorders in 12–15-year-old Japanese adolescents : A population-based study. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  16. Koda N, Ogawa T, Moriyama K. A case of Angle Class II malocclusion with dental crowding in a growing patient. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Residents’ Forum 2018.03.04 Boracay, Phillipines

  17. Wu Y Y, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Establishment of a Novel Murine Model of Temporomandibular Joint Osteoarthritis. The 30th Taiwan Association of Orthodontists Annual Meeting 2017.12.09 Kaohsiung, Taiwan

  18. Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association of malocclusion on oral health-related quality of life in Mongolian adolescents. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research. 2017.11.18 Tokyo

  19. Ogawa T. Maxillary distraction osteogenesis in CLP patients with severe maxillary deficiency: Methodology, timing and long term follow up. 13th International Cleft Congress 2017.02.08 Chennai,India

  20. Komazaki Y, Ogawa T, Kataoka, K, Baba Y, Moriyama K.. Postoperative changes of the maxilla after distraction osteogenesis in cleft palate patients - Comparison between internal device and external device. 13th International Cleft Congress 2017.02.08 Chennai,India

  21. 上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司. 片側性唇顎口蓋裂患者における下鼻甲介の位置と二次的顎裂部骨移植術後の骨架橋形態ならびに顎裂幅の相関. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  22. Rina Hikita, Sahori Matsuno, Takuya Asami, Takuya Ogawa, Yoshiyuki Baba, Michiko Tsuji, Keiji Moriyama. Systemic and cranimaxillofacial characteristics of patients with Williams syndrome. International Congress of Human Genetics 2016 2016.04.03 Kyoto

  23. Jun-chi Takada, Takuya Ogawa, Chiemi Sato, Masayoshi Uezono, Kei-ichi Morita, Keiji Moriyama. A CASE OF HOLOPROSENCEPHALY WITH UNILATERAL CLEFT LIP AND PALATE TREATED WITH MAXILLARY DISTRACTION OSTEOGENESIS IN ADOLESCENCE. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  24. Ogawa T, Sawada H, Kataoka K, Baba Y, Moriyama K. Measurement of distraction force in maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate. The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery 2015.09.14 千葉

  25. Tsasan Tumurkhuu,TakuyaOgawa,Yuko Komazaki,Ganjargal Ganburged, Amarsaikhan Bazar, Takeo Fujiwara, Keiji Moriyama. Association between Maternal Education and Malocclusion in Mongolian Adolescents. IADR-SEAADE SEA Division 2015 2015.08.15 Indonesia

  26. Takuya Ogawa. Measurement of distraction force in maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate. International Seminar on Cleft Lip and/or Plate and Related Craniofacial Anomalies 2015.06.08 Tokyo

  27. Jun-ichi Takada, Takuya Ogawa, Chiemi Sato, Masayoshi Uezono, Kei-ichi Morita, Keiji Moriyama. A CASE OF HOLOPROSENCEPHALY WITH UNILATERAL CLEFT LIP AND PALATE TREATED WITH MAXILLARY DISTRACTION OSTEOGENESIS IN ADOLESCENCE. International Seminar on Cleft Lip and/or Plate and Related Craniofacial Anomalies 2015.06.08 Tokyo

  28. Surapornsawasd T, Ogawa T, Moriyama K. Identification of the classical nuclear localization signals of BCOR gene. 62th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2014.12.04 大阪

  29. Takuya Ogawa. Molecular pathogenesis of tooth agenesis, and orthodontic treatment.. The 1st Joint Symposium on Orthodontics between Chulalongkorn University and Tokyo Medical and Dental University 2013.05.15 Bangkok

  30. Takuya Ogawa. Genetic and molecular mechanism of tooth agenesis through interactions between Pax9 and Msx1. . The 2nd Tri-university Consortium on Oral Science and Education 2012.07.27 Beijing

  31. 小川卓也. 先天性多数歯欠損症におけるPAX9遺伝子変異と欠損歯数との関連. 第3回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム 2010.02.16 東京医科歯科大学

  32. Ogawa T, Wirahadi Kusumah S, Moriyama K. Dentofacial changes of a congenital myopathy patient after orthodontic treatment. . 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  33. Suda N, Kawafuji A, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama M. Characteristics of Japanese Beckwith-Wiedemann syndrome patients without glossectomy.. 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  34. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K.. Systemic and maxillofacial characteristics of Beckwith-Wiedemann syndrome patients without having glossectomy.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  35. 佐川夕季、小川卓也、姜順花、吉澤美祐、雲内(保田)裕子、森山啓司. 妊娠中の母親の喫煙とShort root anomaly(SRA)の関連性について. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京 / Web開催

  36. 綱島安望、上園将慶、高橋義充、武内聡佳、舩橋健太、吉澤英之、小川卓也、森山啓司. BWS患者における歯・歯列・歯槽・口蓋形態に関する検討-歯列模型およびパノラマX線写真を用いた解析. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  37. 稲垣有美、小川卓也、田畑純、川元龍夫、森山啓司、田中敏博. 日本人非症候性部分無歯症における新規 OPN3遺伝子変異の同定. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  38. 大河原愛奈、吉澤(荒木)美祐、雲内(保田)裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャガル、バザルアマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における虐待と口腔習癖との関連について. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  39. 舩橋健太、吉澤英之、紙本裕幸、大河原愛奈、井上貴裕、横内里帆、佐川夕季、姜順花、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 新型コロナウイルス感染症流行下における当分野の感染予防対策と矯正歯科診療活動状況. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  40. 門田千穂、町田亮人、宮崎貴行、小川卓也、森山啓司. 上顎左側側方歯群の多数歯埋伏に対し矯正歯科的萌出誘導を行い咬合改善を行った1症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03

  41. 姜順花、雲内(保田)裕子、小川卓也、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について ~甲州市母子保健長期縦断調査より~. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 Web開催

  42. 姜順花、小川卓也、横内里帆、舩橋健太、上園将慶、森山啓司. 非症候性口蓋裂患者における永久歯先天性欠如発現様相に与える性差の影響について. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  43. 小川卓也、春山直人、鈴木陽、三島木節、依田哲也、高橋一郎、森山啓司. 長期にわたり矯正歯科的管理を行った視覚障害を有する片側性更新口蓋裂の1例. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  44. 横内里帆、小川卓也、森山啓司. 当科を受診したUllrich型先天性筋ジストロフィーの顎顔面形態の特徴について. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  45. 姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について-甲州市母子保健長期縦断調査より-. 第79回東京矯正歯科学会学術大会 2020.07.09 Web開催

  46. 小川卓也、馬場優里、上園将慶、壬生美智子、隅田由香、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 口唇口蓋裂における上顎骨延長前後の上咽頭気道の三次元的形態変化と言語機能に関する検討. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 誌面開催

  47. 小川卓也. 東京医科歯科大学歯学部における口唇裂・口蓋裂に関する卒前教育について. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 誌面開催

  48. 門田千穂、小川卓也、舩橋健太、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 上顎骨延長ならびに下顎後方移動術を適用したEEC症候群の1例. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 誌面開催

  49. 有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、小川卓也、森山啓司. モンゴル人思春期児童における歯の異常に関する疫学調査. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  50. 門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司. 顎口腔機能の不調和を伴う骨格性II級開咬症に上顎骨単独の顎矯正手術を併用した外科的矯正治療の一例. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  51. 小川卓也. 成人期における集学的治療を通して口唇裂・口蓋裂治療におけるエビデンスの在り方を考察する. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  52. 上園将慶、小川卓也、雲内(保田)裕子、荒木美祐、馬場優里、平塚泰三、森山啓司. 片側性唇顎裂患者における上顎側切歯の先天欠如と顎裂形態との関連. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  53. 有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 当科における永久歯列期まで矯正歯科的管理がなされなかった口唇裂・口蓋裂患者の実態調査  . 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  54. 荒木美祐、東堀紀尚、雲内(保田)裕子、有村恵、紙本裕幸、松本英和、小川卓也、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 成人期に至るまで咬合管理がなされず外科的矯正治療により咬合改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  55. 姜順花、保田裕子、小川卓也、佐藤美理、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠初期の喫煙習慣とその子どもの永久歯先天性欠如の関連性-甲州市母子保健長期縦断調査より-. 第29回日本疫学会学術総会 2019.01.30 東京都千代田区

  56. 舩橋健太、芝多佳彦、村本慶子、小川卓也、竹内康雄、和泉雄一、中川一路、森山啓司. 口唇口蓋裂患者におけるデンタルプラーク細菌叢のdysbiosisに関する検討. 第83回口腔病学会 2018.11.30 東京都文京区

  57. 小川卓也. 指定難病ならびに小児慢性特定疾病医療における矯正歯科の役割~マルファン症候群を中心に~. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  58. Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K. Nuclear-cytoplasmic transportation of BCOR through interaction with KPNAs. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  59. Wu YY, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Combination of estrogen deficiency and excessive mechanical stress exacerbates TMJ-OA in mice. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  60. 舩橋健太、渡辺孝康、芝多佳彦、村本慶子、小川卓也、森山啓司 . 口唇口蓋裂患者における口腔内細菌叢の細菌ネットワーク構造に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  61. 秋山秀平、荒木美祐、保田裕子、東堀紀尚、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 当分野における過去10年間の初診患者の実態調査. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  62. 荒木美祐、保田裕子、小川卓也、姜順花、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 日本の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLとの関連について. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  63. 舩橋健太、小川卓也、村本慶子、森山啓司. 口唇口蓋裂患者における口腔内細菌叢のメタトランスクリプトーム解析. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  64. 小川卓也、呉郁イン、森山啓司. 当分野において長期管理を行った口蓋裂を伴う先天性多発性関節拘縮症の1例. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  65. 馬場優里、小川卓也、上園将慶、壬生美智子、隅田由香、三島木節、佐藤豊、森田圭一、森山啓司. 片側性口唇口蓋裂2例における上顎骨延長前後の上咽頭形態の三次元的変化と言語機能に関する検討. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  66. 小川卓也、山口聡、森山啓司. 片側性歯槽骨延長により前歯部被蓋改善を図った上顎後退症の1例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  67. 小川卓也、伴田みさと、上園将慶、駒崎裕子、辻美千子、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂を伴う希少遺伝性疾患患者の矯正歯科治療に関する実態調査. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  68. 宮本順、田村明日香、小倉健司、小川卓也、森田圭一、森山啓司. 思春期性成長後期に上顎骨延長法を適応した片側性口唇口蓋裂の一例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  69. 上園将慶、小川卓也、山口聡、森山啓司. 舌縮小術を施行し矯正歯科治療単独で咬合の改善を図ったBeckwith-Wiedemann症候群の1例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  70. 森田圭一、壬生美智子、乙丸貴史、島崎一夫、小川卓也、立川敬子、宮新美智世、小野卓史、森山啓司、谷口尚、原田浩之.. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎口腔変形疾患外来の取り組み. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2017.05.18 東京都港区

  71. 駒崎裕子、藤原武男、小川卓也、荒木美祐、佐藤美理、山縣然太朗、森山啓司. 日本の中学生における不正咬合と顎関節症との関連性について~甲州市母子保健縦断調査~ . 第27回日本疫学会学術総会 2017.01.27 山梨県甲府市

  72. 荒木美祐、駒崎裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、 ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、川口陽子、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLと の関連について . 第27回日本疫学会学術総会 2017.01.27 山梨県甲府市

  73. 小川卓也、村本慶子、森山啓司. 当科にて長期経過観察を行ったKlippel-Trenaunay-Weber syndromeの1例-顎顔面の成長様相について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  74. 荒木美祐、駒崎裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャガル、バザルアマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLとの関連について . 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  75. 小川卓也、トムルホーツァサン、小崎健次郎、森山啓司. 矯正歯科を受診して判明したTreacher Collins syndrome の1例. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会. 2016.05.26 大阪

  76. 駒崎裕子,小川卓也,山本直,松野さほり,馬場祥行,森山啓司. 創内固定型骨延長装置による上顎骨延長を適用した口唇裂・口蓋裂症例の中期予後について. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  77. 小川卓也. 長期管理症例からみた口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長. 第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会. 2016.04.16 福岡

  78. 中村留理子、荒木美祐、渡辺千穂、伊藤洋介、小笠原毅、辻幸佑、山形義紘、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 筋原性疾患患者における頭蓋顎顔面形態の特徴について-先天性ミオパチーと筋ジストロフィーの比較-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  79. 伴田みさと、伊藤洋介、渡辺千穂、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 矯正歯科外来において長期管理を行った先天性ミオパチー3例. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  80. 木下理恵、渡辺千穂、伊藤洋介、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 矯正歯科外来を受診した福山型筋ジストロフィー2例の臨床的特徴について. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  81. トムルホー ツァサン, 小川卓也, 駒崎裕子、ガンブルゲド ガンジャルガル、バザル アマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル人思春期児童における不正咬合と社会経済的状況との関連について. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  82. 上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司. 唇顎口蓋裂患者の矯正治療に影響を及ぼす因子の検討-下鼻甲介の垂直的位置と骨架橋形態の相関について-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  83. 小川卓也,Thunyaporn Surapornsawasd,森山啓司. Oculofaciocardiodental syndromeにおける変異BCORの機能解析による核移行シグナルの同定. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.14 東京

  84. 小川卓也. 長期管理症例からみた口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長適用時期についての一考察. 口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会 2015.08.27 神奈川

  85. 森山啓司,Surapornsawasd Thunyaporn,小川卓也. 希少遺伝性疾患における歯根形態異常. 第55回日本先天異常学会学術集会 2015.07.25

  86. 小川卓也. 口唇口蓋裂患者への骨延長法の適応. 東京医科歯科大学歯科同窓会 2015.07.05 東京

  87. 小川卓也. 先天異常疾患患者を取り巻く環境からみた顎顔面矯正治療― 長期管理症例から―. 第25回日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  88. 庄司あゆみ,小川卓也,樺沢勇司,森山啓司. 当分野において長期管理を行ったcleidocranial dysplasiaの1例. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015.05 東京

  89. 駒崎裕子,小川卓也,澤田紘美,松本静,森山啓司. 当分野における口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長適応時期に関する臨床統計学的検討. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015.05

  90. 小川卓也. 疾患病態解明のソースとしてのヒト歯由来細胞. 平成25年度第7回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム 2014.02.25 東京

  91. 小川卓也. 先天性多数歯欠損症に関する分子遺伝学的検討と矯正歯科治療.. 大学院ボーダレスコース講義「発生・再構築学コース」 2013.12.12 東京医科歯科大学

  92. 小川卓也. 新規保険診療加入の「Oligodontia」「小舌症」などの病態と治療について. ラウンド・テーブル・ディスカッション・モデレーター. 第71回日本矯正歯科学会大会 2012.09.27 盛岡

  93. 小川卓也. 上顎骨延長法を適応した口唇裂・口蓋裂患者の長期予後. 第22回日本顎変形症学会総会 2012.06.19 福岡

  94. 茂木和久、福岡裕樹、小川卓也、阿彦希、岡村絵里花、中山友美子、馬場祥行、森山啓司. 先天性多数歯欠損症患者の顎顔面形態に関する頭部X線規格写真を用いた検討.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  95. 小川卓也. 先天性多数歯欠損におけるPAX9とMSX1の相互作用.. 第2回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム. 2008.11.25 東京

  96. 小川卓也、森山啓司.. PAX9の変異を有する先天性多数歯欠損家系におけるMSX1の多型解析. . 第26回日本骨代謝学会学術集会 2008.10.29 大阪

  97. 小川卓也、シンタ ウィラハディ クスマ、森山啓司.. 矯正治療後に長期観察を行った先天性ミオパチー患者の顎態変化.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  98. 鈴木剛史、小川卓也、佐藤麻緒、井口隆人、川元龍夫、森山啓司.. 集学的歯科治療により咬合の確立を図ったoligodontiaの2症例.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  99. 佐藤麻緒、ウン・イン・ウー、小川卓也、辻美千子、須田直人、小野卓史、森山啓司.. 機能的矯正装置で治療したhemifacial microsomia 5例の顎態の非対称性変化に関する検討.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  100. 金谷和宏、小川卓也、辻美千子、須田直人、大林尚人、倉林亨、森山啓司.. 歯科用コーンビームCT画像によるhemifacial microsomiaの顎関節周辺部の三次元的解析.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第86回口腔病学会学術大会 最優秀演題賞(佐川夕季、小川卓也、姜順花、吉澤美祐、雲内(保田)裕子、森山啓司),口腔病学会,2021年12月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(稲垣有美、小川卓也、田畑純、川元龍夫、森山啓司、田中敏博),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • EOS 2021 Annual Virtual Conference “Best Scientific Posters” (Inagaki Y, Ogawa T, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T),EOS 2021 Annual Virtual Conference,2021年07月

  • 第79回東京矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司),東京矯正歯科学会,2020年07月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、小川卓也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(Wu YY, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞(馬場優里、小川卓也、上園将慶、壬生美智子、三島木節、佐藤豊、森田圭一、森山啓司),日本口蓋裂学会,2018年05月

  • 優秀ポスター賞「片側性唇顎口蓋裂患者における下鼻甲介の位置と二次的顎裂部骨移植術後の骨架橋形態ならびに顎裂幅の相関」(上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司),日本口蓋裂学会,2016年05月

  • 優秀発表賞「唇顎口蓋裂患者の矯正治療に影響を及ぼす因子の検討-下鼻甲介の垂直的位置と骨架橋形態の相関について-」(上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司),第74回日本矯正歯科学会大会,2015年11月

  • 優秀ポスター賞「当分野を受診した口蓋裂患者における合併症状に関する検討~母体の環境要因に関する臨床統計学的検討~」(駒崎裕子, 小川卓也, 辻美千子, 森山啓司),日本口蓋裂学会,2014年05月

  • 優秀ポスター賞「創内型装置を用いて上顎骨延長法を行った口唇裂・口蓋裂症例における術後変化」(片岡恵一,小川卓也,春山直人,小林起穂,阿彦希,大宅彩,東堀紀尚,森山啓司),日本口蓋裂学会,2012年05月

  • 優秀発表賞”Systemic and maxillofacial characteristics of Beckwith-Wiedemann syndrome patients without having glossectomy.”(Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞「外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後安定性について―第1報;下顎枝矢状分割術単独による3症例―」(小川卓也, 長濱浩平, 青木朝里, 河野郁子, 佐藤麻緒, 大塚亮, 川元龍夫, 森山啓司),日本矯正歯科学会,2007年09月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2019年

    「統合的オミックス解析による希少遺伝性疾患における歯数を規定する分子機構の解明」研究代表者

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,2018年

    「個別化医療を目指した歯根形態異常予防因子の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,2017年

    「個別化医療を目指した歯根形態異常予防因子の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,2016年

    「個別化医療を目指した歯根形態異常予防因子の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C ,2015年

    「RNAプログラムの破綻に起因する歯根形成異常に関する分子遺伝学的研究」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2014年

    「RNAプログラムの破綻に起因する歯根形成異常に関する分子遺伝学的研究」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究C,2013年

    「RNAプログラムの破綻に起因する歯根形成異常に関する分子遺伝学的研究」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2012年

    「眼・顔面・心臓・歯症候群における歯根形成を制御する遺伝子BCORの役割の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2011年

    「眼・顔面・心臓・歯症候群における歯根形成を制御する遺伝子BCORの役割の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2010年

    「眼・顔面・心臓・歯症候群における歯根形成を制御する遺伝子BCORの役割の解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2009年

    「先天性多数歯欠損の家系における変異と表現型に関する研究」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2008年

    「先天性多数歯欠損の家系における変異と表現型に関する研究」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2007年

    「分子生物学的アプローチを用いた家族性多数歯欠損の原因解明」研究代表者 小川卓也

  • 文部科学省科学研究費補助金 若手研究B,2006年

    「分子生物学的アプローチを用いた家族性多数歯欠損の原因解明」研究代表者 小川卓也

  • National Institute of Dental and Craniofacial Research (NIDCR) / R03DE016346-01,2002年05月

    Molecular Studies on the Transactivation Potential of PAX9.

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 咬合育成・発達「歯科矯正・顎顔面矯正の治療」,2015年 - 現在

  • 咬合育成・発達「歯科矯正・顎顔面矯正の基礎・診断」,2015年 - 現在

  • 頭頸部臨床ブロック(医歯学融合カリキュラム)「矯正歯科治療」,2014年 - 現在

  • 課題統合セミナ−「口唇口蓋裂」,2011年 - 現在

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • CBT作問責任者,2020年04月 - 現在

  • 包括臨床実習主任指導者,2016年04月 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),2020年02月16日

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),2019年02月03日

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),東京医科歯科大学同窓会,東京医科歯科大学,2016年02月07日

  • 口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会「長期管理症例からみた口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長適用時期についての考察」,口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会,横浜,2015年08月27日

  • 東京医科歯科大学同窓会講演会「口唇口蓋裂患者への骨延長法の適応」,東京医科歯科大学歯科同窓会,東京医科歯科大学,2015年07月05日

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),東京医科歯科大学同窓会,東京医科歯科大学,2014年02月02日

  • 医科歯科C.D.E. (Continuing Dental Education),東京医科歯科大学同窓会,東京医科歯科大学,2013年02月03日

  • 東京都歯科医師会卒後研修会,東京都歯科医師会,2012年08月05日

▼全件表示