基本情報

写真a

長谷川 温彦(ハセガワ アツヒコ)

HASEGAWA Atsuhiko


職名

助教

研究室電話番号

03-5803-5802

研究室FAX番号

03-5803-0235

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  農学部  獣医学科  1999年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 助教
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 助教
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 免疫治療学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • Division of Viral Pathogenesis, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School 研究員
  • Division of Immunology, Tulane National Primate Research Center, Tulane University 研究員
  • 2017年
    -
    現在
    Wuhan University of Science and Technology 客員教授
  • 2019年04月
    -
    現在
    国立病院機構 九州がんセンター 腫瘍細胞生物学教室 室長(非常勤)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本血液疾患免疫療法学会

  • 日本ウイルス学会

  • 日本癌学会

  • 日本樹状細胞研究会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    現在
    日本HTLV-1学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

  • ウイルス学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

 

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 長谷川 温彦. 【HTLV-1と疾患】HTLV-1感染における宿主免疫 細胞. 2019.09; 51 (10): 484-487. ( 医中誌 )

  • Huang YL, Kawai G, Hasegawa A, Kannagi M, Masuda T. Impact of 5'-end nucleotide modifications of HIV-1 genomic RNA on reverse transcription. Biochemical and biophysical research communications. 2019.09; 516 (4): 1145-1151. ( PubMed, DOI )

  • Kannagi M, Hasegawa A, Nagano Y, Kimpara S, Suehiro Y. Impact of host immunity on HTLV-1 pathogenesis: potential of Tax-targeted immunotherapy against ATL. Retrovirology. 2019.08; 16 (1): 23. ( PubMed, DOI )

  • Kannagi Mari, Hasegawa Atsuhiko, Nagano Yoshiko, Iino Tadafumi, Okamura Jun, Suehiro Youko. Tax標的化ワクチンによる成人T細胞白血病の長期寛解維持 疾患予防治療としての期待(Maintenance of long remission in adult T-cell leukemia by Tax-targeted vaccine: A hope for disease-preventive therapy) Cancer Science. 2019.03; 110 (3): 849-857. ( 医中誌 )

  • Kannagi M, Hasegawa A, Nagano Y, Iino T, Okamura J, Suehiro Y. Maintenance of long remission in adult T-cell leukemia by Tax-targeted vaccine: A hope for disease-preventive therapy. Cancer science. 2019.03; 110 (3): 849-857. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Ganbaatar Undrakh, Tamai Yotaro, Tanosaki Ryuji, Maeda Yasuhiro, Choi Ilseung, Suehiro Youko, Kannagi Mari, Hasegawa Atsuhiko. Tumor immunity 3 -Cancerimmunotherapy (Preclinical and clinical study)- Novel HTLV-1 Env epitope-specific CD4+ T cells boost Graft-Versus-ATL effects in post-HSCT patients(和訳中). 日本免疫学会総会・学術集会記録 2019.11.01

  • 永野 佳子, Zhang Jianchun, 長谷川 温彦, 増田 貴夫, 神奈木 真理. IRF4制御によるHTLV-1感染細胞の増殖抑制はSOCS3発現の増加を伴う(Growth inhibition of HTLV-1-infected cells by regulation of IRF4 is accompanied by increased SOCS3 expression). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • 神奈木 真理, 永野 佳子, 米田 建, Zhang Jian-Chun, 増田 貴夫, 長谷川 温彦. LenalidomideはIRF4とIL-10の抑制を介してHTLV-1感染細胞の増殖を抑制する(Lenalidomide inhibits proliferation of HTLV-1-infected cells through suppression of IRF4 and IL-10). 日本癌学会総会記事 2019.09.01

  • Hasegawa A, Fujikawa T, Ganbaatar U, Nagano Y, Masuda T, Tanaka Y, Akari H, Kannagi M. Impaired T-cell responses in natural infection of STLV-1 as a primate model of immune suppression in HTLV-1 infection. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27

  • 長谷川温彦. HTLV-1感染症予防への免疫学的アプローチ. 第5回日本HTLV-1学会学術集会 2018.08.31

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学I,2019年 - 現在

  • 皮膚・アレルギー・膠原病ブロック,2018年 - 現在

  • 修士課程講義「免疫学」ウイルス感染と免疫,2017年 - 2019年