基本情報

写真a

髙木 正稔(タカギ マサトシ)

TAKAGI Masatoshi


職名

准教授

研究室住所

研究室電話番号

03-5803-5247

研究室FAX番号

03-5803-5246

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/index.html

研究分野・キーワード

ATM, p53, Hematology, Oncology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 順天堂大学  医学部  1992年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 順天堂大学  医学研究科  博士課程  1998年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  順天堂大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 助教
  • 2010年04月
    -
    2015年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 講師
  • 2015年07月
    -
    2018年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 准教授
  • 2018年07月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学分野 准教授
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年06月
    -
    1994年05月
    順天堂大学医学部付属順天堂医院 研修医
  • 1996年01月
    -
    2001年03月
    国立小児病院小児医療研究センター ウイルス研究室 レジデント・研究員
  • 2002年02月
    -
    2005年03月
    セント ジュード 小児研究病院 血液腫瘍科 博士研究員
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    国際医療福祉大学附属三田病院 小児科 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児神経学会

  • 米国血液学会

  • 日本家族性腫瘍学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本癌学会

  • 日本血液学会

  • 日本小児血液・がん学会

  • 日本小児科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本小児血液・がん学会 評議員
  • 日本血液学会 評議員
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本小児科学会 代議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 胎児医学、小児成育学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自己複製するT/NK前駆細胞を用いた神経芽腫に対するCAR-NK細胞療法の開発(研究分担者) ,2022年04月 - 現在

  • 毛細血管拡張性運動失調症に対する遺伝子治療法の開発(代表),2022年04月 - 現在

  • 原発性免疫異常症患者を対象としたシロリムスの有効性及び安全性を検討する医師主導治験(代表) ,2021年04月 - 現在

  • 制御領域の変異同定と非コードRNA転写・スーパーエンハンサー活性化機構の解明(研究分担者)  ,2021年04月 - 現在

  • 乳児急性リンパ性白血病発症の病態解明と治療層別化に有用な因子の同定(代表) ,2020年06月 - 2022年03月

  • 小児白血病の病態の背景にある生殖細胞系列の分子遺伝学的基盤の解明(研究分担者),2019年04月 - 2022年03月

  • 小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討(代表),2019年04月 - 2022年03月

  • 真に個別患者の診療に役立ち領域横断的に高い拡張性を有する変異・多型情報データベースの創成(研究分担者),2018年10月 - 2020年03月

  • 小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究(研究分担者),2018年04月 - 2022年03月

  • RAS関連自己免疫性リンパ増殖症様疾患(RALD)治療法開発(代表),2017年04月 - 2020年03月

  • ゲノム薬理学的解析とプロテオーム解析を用いた薬剤性中枢神経障害の病態解明(研究分担者),2017年04月 - 2020年03月

  • 小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するがんゲノム医療体制実装のための研究(研究分担者),2017年04月 - 2020年03月

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究(研究分担者),2017年04月 - 2020年03月

  • 小児急性リンパ性白血病に対する標準的治療法の確立(研究分担者),2017年04月 - 2020年03月

  • 稀少小児遺伝性血液疾患に対する次世代シークエンサーを利用した診断システムの開発に関する研究(研究分担者),2017年04月 - 2020年03月

  • 進行小児固形腫瘍に対するオラパリブを用いた治療法開発(代表),2016年04月 - 2021年12月

  • 小児およびAYA世代の増殖性血液疾患の診断基準、重症度分類と診療ガイドラインの作成(研究分担者),2014年06月 - 2017年03月

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究(研究分担者),2014年06月 - 2017年03月

  • 小児造血器腫瘍(リンパ系腫瘍)に対する標準治療確立のための研究(研究分担者),2014年06月 - 2017年03月

  • 毛細血管拡張性小脳失調症およびDNA損傷修復異常を基盤とするその類縁疾患の病態解明・診断法の確立及び治療法の開発に関する研究(代表),2014年06月 - 2017年03月

  • ノン・ハイリスク群小児悪性固形腫瘍の安全性と治療後QOLの向上への新たな標準治療法開発のための多施設共同臨床研究(研究分担者),2014年06月 - 2017年03月

  • 稀少小児遺伝性血液疾患に対する新規責任遺伝子の探索と遺伝子診断システムの構築に関する研究(研究分担者),2014年06月 - 2016年03月

  • 原発性免疫不全症候群の病態解明と新規治療法開発への応用に関する研究(研究分担者),2014年06月 - 2015年03月

  • 小児がんにおける網羅的ゲノム・エピゲノム解析による再発・難治例を予測するバイオマーカーの探索(研究分担者),2014年04月 - 2016年03月

  • T細胞受容体再構成異常が基盤とした発がん機構の解析(代表),2013年04月 - 2016年03月

  • iPS細胞・体性幹細胞由来再生医療製剤の新規品室評価技術法の開発(研究分担者),2013年 - 現在

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するがんゲノム医療体制実装のための研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • ゲノム薬理学的解析とプロテオーム解析を用いた薬剤性中枢神経障害の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2015年04月 - 2018年03月

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • T細胞受容体再構成異常が基盤とした発がん機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • DNA損傷応答機構を中心とした発がん制御機構の解析と、その応用による治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • 小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省

  • 制御領域の変異同定と非コードRNA転写・スーパーエンハンサー活性化機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 乳児白血病の起源となる細胞の同定と多能性の検証

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Adela Escudero, Masatoshi Takagi, Franziska Auer, Ulrike Anne Friedrich, Satoshi Miyamoto, Atsushi Ogawa, Kohsuke Imai, Barbara Pascual, María Vela, Polina Stepensky, Layal Yasin, Sarah Elitzur, Arndt Borkhardt, Antonio Pérez-Martínez, Julia Hauer. Clinical and immunophenotypic characteristics of familial leukemia predisposition caused by PAX5 germline variants. Leukemia. 2022.07; ( PubMed, DOI )

  2. Takagi M, Ogawa C, Iehara T, Aoki-Nogami Y, Ishibashi E, Imai M, Kimura T, Nagata M, Yasuhara M, Masutani M, Yoshimura K, Tomizawa D, Ogawa A, Yonemori K, Morishita A, Miyamoto S, Takita J, Kihara T, Nobori K, Hasebe K, Miya F, Ikeda S, Shioda Y, Matsumoto K, Fujimura J, Mizutani S, Morio T, Hosoi H, Koike R. First phase 1 clinical study of olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors. Cancer. 2022.05; ( PubMed, DOI )

  3. Yasuko Aoyagi, Yoshihito Kano, Kohki Tohyama, Shotaro Matsudera, Yuichi Kumaki, Kenta Takahashi, Takahiro Mitsumura, Yohei Harada, Akemi Sato, Hideaki Nakamura, Eisaburo Sueoka, Naoko Aragane, Koichiro Kimura, Iichiro Onishi, Akira Takemoto, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Toshiaki Ishikawa, Masanori Tokunaga, Tsuyoshi Nakagawa, Noriko Oshima, Reiko Nakamura, Masatoshi Takagi, Takahiro Asakage, Hiroyuki Uetake, Minoru Tanabe, Satoshi Miyake, Yusuke Kinugasa, Sadakatsu Ikeda. Clinical utility of comprehensive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PLoS One. 2022.03; 17 (3): e0266112. ( PubMed, DOI )

  4. Takaya Honda, Masayoshi Yamaoka, Yoko Mikami Terao, Daisuke Hasegawa, Tadashi Kumamoto, Masatoshi Takagi, Kenichi Yoshida, Seishi Ogawa, Hiroaki Goto, Masaharu Akiyama. Successful treatment of hepatosplenic T-cell lymphoma with fludarabine, high-dose cytarabine and subsequent unrelated umbilical cord blood transplantation. Int J Hematol. 2022.01; 115 (1): 140-145. ( PubMed, DOI )

  5. Teppei Ohkawa, Akira Nishimura, Kenjiro Kosaki, Yuki Aoki-Nogami, Daisuke Tomizawa, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio, Motohiro Kato, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. PAX3/7-FOXO1 fusion-negative alveolar rhabdomyosarcoma in Schuurs-Hoeijmakers syndrome. J Hum Genet. 2022.01; 67 (1): 51-54. ( PubMed, DOI )

  6. Akihiro Hoshino, Etsushi Toyofuku, Noriko Mitsuiki, Motoi Yamashita, Keisuke Okamoto, Michio Yamamoto, Kenji Kanda, Genki Yamato, Dai Keino, Yuri Yoshimoto-Suzuki, Junji Kamizono, Yasuhiro Onoe, Takuya Ichimura, Mika Nagao, Masaru Yoshimura, Koji Tsugawa, Toru Igarashi, Kanako Mitsui-Sekinaka, Yujin Sekinaka, Takehiko Doi, Takahiro Yasumi, Yozo Nakazawa, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Shigeaki Nonoyama, Tomohiro Morio, Sylvain Latour, Hirokazu Kanegane. Clinical Courses of IKAROS and CTLA4 Deficiencies: A Systematic Literature Review and Retrospective Longitudinal Study. Front Immunol. 2022.01; 12 784901. ( PubMed, DOI )

  7. Eguchi S, Isoda T, Yamaguchi A, Takagi M. Novel variants for Glanzmann thrombasthenia manifesting with purpura at birth. Pediatr Int. 2022.01; 64 (1): e15149. ( PubMed, DOI )

  8. Shotaro Matsudera, Yoshihito Kano, Yasuko Aoyagi, Kohki Tohyama, Kenta Takahashi, Yuichi Kumaki, Takahiro Mitsumura, Koichiro Kimura, Iichiro Onishi, Akira Takemoto, Daisuke Ban, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Noriko Oshima, Kei Ogino, Shun Watanabe, Yukiko Tani, Takeshi Yamaguchi, Masanobu Nakajima, Shinji Morita, Satoru Yamaguchi, Masatoshi Takagi, Toshiaki Ishikawa, Tsuyoshi Nakagawa, Kentaro Okamoto, Hiroyuki Uetake, Minoru Tanabe, Satoshi Miyake, Takashi Tsuchioka, Kazuyuki Kojima, Sadakatsu Ikeda. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study). Ann Surg Oncol. 2021.12; 28 (13): 8497-8505. ( PubMed, DOI )

  9. Masaki Shimizu, Asami Shimbo, Masatoshi Takagi, Katsuhide Eguchi, Masataka Ishimura, Junichi Sugita, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. Successful treatment of joint and fascial chronic graft-versus-host disease with baricitinib. Rheumatology (Oxford). 2021.12; 61 (1): e1-e3. ( PubMed, DOI )

  10. Tomohiro Tago, Tomonori Suzuki, Ayako Kashimada, Masatoshi Takagi, Tomoko Mizuno. Two case reports of KBG syndrome with Dandy-Walker variant. Pediatr Int. 2021.12; 63 (12): 1530-1532. ( PubMed, DOI )

  11. Tsubasa Okano, Akira Nishimura, Kento Inoue, Takuya Naruto, Shown Tokoro, Takahiro Tomoda, Takahiro Kamiya, Asami Simbo, Yuko Akutsu, Keisuke Okamoto, Tzuwen Yeh, Takeshi Isoda, Masakatsu Yanagimachi, Michiko Kajiwara, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Masaaki Mori, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Somatic mutation in RUNX1 underlies mucocutaneus inflammatory manifestations. Rheumatology (Oxford). 2021.12; 60 (12): e429-e431. ( PubMed, DOI )

  12. Masanori Yoshida, Kazuhiko Nakabayashi, Wentao Yang, Aiko Sato-Otsubo, Shin-Ichi Tsujimoto, Hiroko Ogata-Kawata, Tomoko Kawai, Keisuke Ishiwata, Mika Sakamoto, Kohji Okamura, Kaoru Yoshida, Ryota Shirai, Tomoo Osumi, Takaya Moriyama, Rina Nishii, Hiroyuki Takahashi, Chikako Kiyotani, Yoko Shioda, Keita Terashima, Sae Ishimaru, Yuki Yuza, Masatoshi Takagi, Yuki Arakawa, Akitoshi Kinoshita, Moeko Hino, Toshihiko Imamura, Daisuke Hasegawa, Yozo Nakazawa, Mayuko Okuya, Harumi Kakuda, Nao Takasugi, Akiko Inoue, Kentaro Ohki, Takako Yoshioka, Shuichi Ito, Daisuke Tomizawa, Katsuyoshi Koh, Kimikazu Matsumoto, Masashi Sanada, Nobutaka Kiyokawa, Akira Ohara, Seishi Ogawa, Atsushi Manabe, Akira Niwa, Kenichiro Hata, Jun J Yang, Motohiro Kato. NUDT15 variants confer high incidence of second malignancies in children with acute lymphoblastic leukemia. Blood Adv. 2021.12; 5 (23): 5420-5428. ( PubMed, DOI )

  13. Dan Tomomasa, Takeshi Isoda, Noriko Mitsuiki, Motoi Yamashita, Aoi Morishita, Takahiro Tomoda, Tsubasa Okano, Akifumi Endo, Takahiro Kamiya, Masakatsu Yanagimachi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio. Successful ruxolitinib administration for a patient with steroid-refractory idiopathic pneumonia syndrome following hematopoietic stem cell transplantation: A case report and literature review. Clin Case Rep. 2021.12; 9 (12): e05242. ( PubMed, DOI )

  14. Yuko Ishii, Aiko Sato-Otsubo, Junko Takita, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Copy number alteration analysis for neuroblastoma using droplet digital polymerase chain reaction. Pediatr Int. 2021.10; 63 (10): 1192-1197. ( PubMed, DOI )

  15. Ryota Shirai, Tomoo Osumi, Aiko Sato-Otsubo, Kazuhiko Nakabayashi, Takeshi Mori, Masanori Yoshida, Kaoru Yoshida, Mika Kohri, Takashi Ishihara, Shiho Yasue, Toshihiko Imamura, Mikiya Endo, Satoshi Miyamoto, Kentaro Ohki, Masashi Sanada, Nobutaka Kiyokawa, Seishi Ogawa, Takako Yoshioka, Kenichiro Hata, Masatoshi Takagi, Motohiro Kato. Genetic features of B-cell lymphoblastic lymphoma with TCF3-PBX1. Cancer Rep (Hoboken). 2021.09; e1559. ( PubMed, DOI )

  16. Yoichi Tanaka, Allen Eng Juh Yeoh, Takaya Moriyama, Chi-Kong Li, Ko Kudo, Yuki Arakawa, Jassada Buaboonnam, Hui Zhang, Hsi-Che Liu, Hany Ariffin, Zhiwei Chen, Shirley K Y Kham, Rina Nishii, Daisuke Hasegawa, Junya Fujimura, Dai Keino, Kensuke Kondoh, Atsushi Sato, Takahiro Ueda, Masaki Yamamoto, Yuichi Taneyama, Moeko Hino, Masatoshi Takagi, Akira Ohara, Etsuro Ito, Katsuyoshi Koh, Hiroki Hori, Atsushi Manabe, Jun J Yang, Motohiro Kato. An international retrospective study for tolerability of 6-mercaptopurine on NUDT15 bi-allelic variants in children with acute lymphoblastic leukemia. Haematologica. 2021.07; 106 (7): 2026-2029. ( PubMed, DOI )

  17. Akira Nishimura, Yuki Aoki, Yasuyoshi Ishiwata, Takuya Ichimura, Junichi Ueyama, Yuta Kawahara, Takahiro Tomoda, Maiko Inoue, Kazuaki Matsumoto, Kento Inoue, Haruka Hiroki, Shintaro Ono, Motoi Yamashita, Tsubasa Okano, Mari Tanaka-Kubota, Miho Ashiarai, Satoshi Miyamoto, Reiji Miyawaki, Chika Yamagishi, Mari Tezuka, Teppei Okawa, Akihiro Hoshino, Akifumi Endo, Masato Yasuhara, Takahiro Kamiya, Noriko Mitsuiki, Toshiaki Ono, Takeshi Isoda, Masakatsu Yanagimachi, Daisuke Tomizawa, Masayuki Nagasawa, Shuki Mizutani, Michiko Kajiwara, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. Hematopoietic Cell Transplantation with Reduced Intensity Conditioning Using Fludarabine/Busulfan or Fludarabine/Melphalan for Primary Immunodeficiency Diseases. J Clin Immunol. 2021.07; 41 (5): 944-957. ( PubMed, DOI )

  18. Motoi Yamashita, Hye Sun Kuehn, Kazuki Okuyama, Satoshi Okada, Yuzaburo Inoue, Noriko Mitsuiki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Masahiro Takeuchi, Naoki Shimojo, Miyuki Tsumura, Aditya K Padhi, Kam Y J Zhang, Bertrand Boisson, Jean-Laurent Casanova, Osamu Ohara, Sergio D Rosenzweig, Ichiro Taniuchi, Tomohiro Morio. A variant in human AIOLOS impairs adaptive immunity by interfering with IKAROS. Nat Immunol. 2021.07; 22 (7): 893-903. ( PubMed, DOI )

  19. Akira Nishimura, Takuya Naruto, Satoshi Miyamoto, Andrew Grigg, Julian J Bosco, Akihiro Hoshino, Keishiro Amano, Shotaro Iwamoto, Masahiro Hirayama, Masahiro Migita, Osamu Ohara, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Menno C van Zelm, Hirokazu Kanegane. Genomics analysis of leukaemia predisposition in X-linked agammaglobulinaemia. Br J Haematol. 2021.06; 193 (6): 1277-1281. ( PubMed, DOI )

  20. Tamaki Kato, Yoshiteru Tamura, Hiroshi Matsumoto, Osamu Kobayashi, Hideaki Ishiguro, Masaya Ogawa, Koyo Tsujikawa, Yasuhiro Hasegawa, Mitsuhiro Sakamoto, Masaaki Konagaya, Hideki Houzen, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Akio Yokoseki, Osamu Onodera, Shigeaki Nonoyama. Immunological abnormalities in patients with early-onset ataxia with ocular motor apraxia and hypoalbuminemia. Clin Immunol. 2021.06; 108776. ( PubMed, DOI )

  21. Kay Tanita, Fumiaki Sakura, Ryusuke Nambu, Miyuki Tsumura, Yusuke Imanaka, Hidenori Ohnishi, Zenichiro Kato, Jie Pan, Akihiro Hoshino, Koji Suzuki, Motoko Yasutomi, Shuichiro Umetsu, Chizuru Okada, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Osamu Ohara, Alexo M Muise, Satoshi Okada, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. Clinical and Immunological Heterogeneity in Japanese Patients with Gain-of-Function Variants in STAT3. J Clin Immunol. 2021.05; 41 (4): 780-790. ( PubMed, DOI )

  22. Michinori Funato, Yukiko Tsunematsu, Fumito Yamazaki, Chieko Tamura, Tadashi Kumamoto, Masatoshi Takagi, Shunsuke Kato, Haruhiko Sugimura, Kazuo Tamura. Characteristics of Li-Fraumeni Syndrome in Japan; A Review Study by the Special Committee of JSHT. Cancer Sci. 2021.05; 112 (7): 2821-2834. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  23. de Groot AP, Saito Y, Kawakami E, Hashimoto M, Aoki Y, Ono R, Ogahara I, Fujiki S, Kaneko A, Sato K, Kajita H, Watanabe T, Takagi M, Tomizawa D, Koh K, Eguchi M, Ishii E, Ohara O, Shultz LD, Mizutani S, Ishikawa F. Targeting critical kinases and anti-apoptotic molecules overcomes steroid resistance in MLL-rearranged leukaemia. EBioMedicine. 2021.02; 64 103235. ( PubMed, DOI )

  24. Maiko Inoue, Takeshi Isoda, Motoi Yamashita, Takahiro Tomoda, Kento Inoue, Tsubasa Okano, Teppei Ohkawa, Akifumi Endo, Noriko Mitsuiki, Takahiro Kamiya, Masakatsu Yanagimachi, Kouhei Yamamoto, Yuichiro Inaba, Toru Sasaki, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. Cytomegalovirus Laryngitis in Primary Combined Immunodeficiency Diseases. J Clin Immunol. 2021.01; 41 (1): 243-247. ( PubMed, DOI )

  25. Kazuaki Matsumoto, Akihiro Hoshino, Akira Nishimura, Tamaki Kato, Yoshio Mori, Masaki Shimomura, Chie Naito, Kenichiro Watanabe, Minoru Hamazaki, Noriko Mitsuiki, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Shigeaki Nonoyama, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. DNA Ligase IV Deficiency Identified by Chance Following Vaccine-Derived Rubella Virus Infection. J Clin Immunol. 2020.11; 40 (8): 1187-1190. ( PubMed, DOI )

  26. Kenji Okada, Mihoko Mizuno, Hiroyuki Moriuchi, Satoshi Kusuda, Ichiro Morioka, Masaaki Mori, Keisuke Okamoto, Kuniyuki Okada, Shigemi Yoshihara, Hiroyuki Yamagishi, Utako Yokoyama, Tomohiro Kubota, Kazuko Kudo, Masatoshi Takagi, Shuichi Ito, Yutaka Kanamori, Yoji Sasahara. The Working Group for Revision of "Guidelines for the Use of Palivizumab in Japan": A Committee Report. Pediatr Int. 2020.11; 62 (11): 1223-1229. ( PubMed, DOI )

  27. Okada Kenji, Mizuno Mihoko, Moriuchi Hiroyuki, Kusuda Satoshi, Morioka Ichiro, Mori Masaaki, Okamoto Keisuke, Okada Kuniyuki, Yoshihara Shigemi, Yamagishi Hiroyuki, Yokoyama Utako, Kubota Tomohiro, Kudo Kazuko, Takagi Masatoshi, Ito Shuichi, Kanamori Yutaka, Sasahara Yoji, Japan Pediatric Society, Japan Society for Neonatal Health and Development, Japanese Society for Pediatric Infectious Diseases, Pediatric Rheumatology Association of Japan, Japanese Society of Pediatric Pulmonology, Japanese Society of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery, The Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology, Japanese Society for Pediatric Nephrology, The Japanese Society of Pediatric Surgeons, Japanese Society for Immunodeficiency and Autoinflammatory Diseases. 「日本におけるパリビズマブの使用に関するガイドライン」改訂検討ワーキンググループ 委員会報告(The Working Group for Revision of "Guidelines for the Use of Palivizumab in Japan": A Committee Report) Pediatrics International. 2020.11; 62 (11): 1223-1229. ( 医中誌 )

  28. Hiroshi Yoshino, Yohei Nishiyama, Hiroshi Kamma, Tomohiro Chiba, Masachika Fujiwara, Takehiro Karaho, Yasunao Kogashiwa, Tomohiro Morio, Kunimasa Yan, Fumio Bessho, Masatoshi Takagi. Functional characterization of a germline ETV6 variant associated with inherited thrombocytopenia, acute lymphoblastic leukemia, and salivary gland carcinoma in childhood. Int J Hematol. 2020.08; 112 (2): 217-222. ( PubMed, DOI )

  29. Yoshida M, Tanase-Nakao K, Shima H, Shirai R, Yoshida K, Osumi T, Deguchi T, Mori M, Arakawa Y, Takagi M, Miyamura T, Sakaguchi K, Toyoda H, Ishida H, Sakata N, Imamura T, Kawahara Y, Morimoto A, Koike T, Yagasaki H, Ito S, Tomizawa D, Kiyokawa N, Narumi S, Kato M. Prevalence of germline GATA2 and SAMD9/9L variants in paediatric haematological disorders with monosomy 7. British journal of haematology. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  30. Yoshino Hiroshi, Nishiyama Yohei, Kamma Hiroshi, Chiba Tomohiro, Fujiwara Masachika, Karaho Takehiro, Kogashiwa Yasunao, Morio Tomohiro, Yan Kunimasa, Bessho Fumio, Takagi Masatoshi. 小児期の遺伝性血小板減少症、急性リンパ芽球性白血病、唾液腺癌に関連する生殖細胞系列ETV6変異型の機能的特性(Functional characterization of a germline ETV6 variant associated with inherited thrombocytopenia, acute lymphoblastic leukemia, and salivary gland carcinoma in childhood) International Journal of Hematology. 2020.08; 112 (2): 217-222. ( 医中誌 )

  31. Yoshino Hiroshi, Nishiyama Yohei, Kamma Hiroshi, Chiba Tomohiro, Fujiwara Masachika, Karaho Takehiro, Kogashiwa Yasunao, Morio Tomohiro, Yan Kunimasa, Bessho Fumio, Takagi Masatoshi. 小児期の遺伝性血小板減少症、急性リンパ芽球性白血病、唾液腺癌に関連する生殖細胞系列ETV6変異型の機能的特性(Functional characterization of a germline ETV6 variant associated with inherited thrombocytopenia, acute lymphoblastic leukemia, and salivary gland carcinoma in childhood) International Journal of Hematology. 2020.08; 112 (2): 217-222. ( 医中誌 )

  32. Tsubasa Okano, Kohsuke Imai, Takuya Naruto, Satoshi Okada, Motoi Yamashita, Tzu-Wen Yeh, Shintaro Ono, Keisuke Tanaka, Keisuke Okamoto, Kay Tanita, Kazuaki Matsumoto, Etsushi Toyofuku, Eri Kumaki-Matsumoto, Miko Okamura, Hiroo Ueno, Seishi Ogawa, Osamu Ohara, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Whole-Exome Sequencing-Based Approach for Germline Mutations in Patients with Inborn Errors of Immunity. J. Clin. Immunol.. 2020.07; 40 (5): 729-740. ( PubMed, DOI )

  33. Hisashi Ishida, Yuji Miyajima, Nobuyuki Hyakuna, Satoru Hamada, Takeo Sarashina, Risa Matsumura, Katsutsugu Umeda, Tetsuo Mitsui, Naoto Fujita, Daisuke Tomizawa, Kevin Y Urayama, Yasushi Ishida, Takashi Taga, Masatoshi Takagi, Souichi Adachi, Atsushi Manabe, Toshihiko Imamura, Katsuyoshi Koh, Akira Shimada, Leukemia/Lymphoma Committee of the Japanese Society of Pediatric Hematology Oncology (JSPHO). Clinical features of children with polycythemia vera, essential thrombocythemia, and primary myelofibrosis in Japan: A retrospective nationwide survey. eHaem. 2020.07; 1 (1): 86-93. ( DOI )

  34. Hoshino A, Nishimura A, Naruto T, Okano T, Matsumoto K, Okamoto K, Shintaku H, Tokoro S, Okamoto H, Wada T, Takagi M, Imai K, Kanegane H, Morio T. High-throughput analysis revealed the unique immunoglobulin gene rearrangements in plasmacytoma-like post-transplant lymphoproliferative disorder. Br. J. Haematol.. 2020.05; 189 (4): e164-e168. ( PubMed, DOI )

  35. Inoue K, Miura H, Hoshino A, Kamiya T, Tanita K, Ohye T, Park MJ, Yanagimachi M, Takagi M, Imai K, Morio T, Yoshikawa T, Kanegane H. Inherited chromosomally integrated human herpesvirus-6 in a patient with XIAP deficiency. Transpl Infect Dis. 2020.05; e13331. ( PubMed, DOI )

  36. Akihiro Hoshino, Shown Tokoro, Takumi Akashi, Maiko Inoue, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Yasunori Muraosa, Katsuhiko Kamei, Tomohiro Morio. Disseminated fusariosis in a child after haploidentical hematopoietic stem cell transplantation. Pediatr Int. 2020.03; 62 (3): 419-420. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  37. Setsuko Hasegawa, Satoko Kumada, Naoyuki Tanuma, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Ayako Kashimada, Tomoko Mizuno, Kengo Moriyama, Yuji Sugawara, Ikuko Shirai, Yohane Miyata, Hiroya Nishida, Hideaki Mashimo, Takeshi Hasegawa, Takatoshi Hosokawa, Hiroaki Hisakawa, Mitsugu Uematsu, Akio Fujine, Rie Miyata, Hiroshi Sakuma, Kenichi Kashimada, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Masaharu Hayashi, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. Long-Term Evaluation of Low-Dose Betamethasone for Ataxia Telangiectasia. Pediatr Neurol. 2019.11; 100 60-66. ( PubMed, DOI )

  38. Sutani A, Miyakawa Y, Tsuji-Hosokawa A, Nomura R, Nakagawa R, Nakajima K, Maru M, Aoki Y, Takasawa K, Takagi M, Imai K, Kashimada K, Morio T. Gonadal failure among female patients after hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases. Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology. 2019.10; 28 (4): 105-112. ( PubMed, DOI )

  39. Sutani Akito, Miyakawa Yuichi, Tsuji-Hosokawa Atsumi, Nomura Risa, Nakagawa Ryuichi, Nakajima Keisuke, Maru Mitsue, Aoki Yuki, Takasawa Kei, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Kashimada Kenichi, Morio Tomohiro. 非悪性疾患に対する造血幹細胞移植後の女性患者における性腺機能不全(Gonadal failure among female patients after hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases) Clinical Pediatric Endocrinology. 2019.10; 28 (4): 105-112. ( 医中誌 )

  40. Sutani Akito, Miyakawa Yuichi, Tsuji-Hosokawa Atsumi, Nomura Risa, Nakagawa Ryuichi, Nakajima Keisuke, Maru Mitsue, Aoki Yuki, Takasawa Kei, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Kashimada Kenichi, Morio Tomohiro. 非悪性疾患に対する造血幹細胞移植後の女性患者における性腺機能不全(Gonadal failure among female patients after hematopoietic stem cell transplantation for non-malignant diseases) Clinical Pediatric Endocrinology. 2019.10; 28 (4): 105-112. ( 医中誌 )

  41. Atsushi Watanabe, Takeshi Inukai, Keiko Kagami, Masako Abe, Masatoshi Takagi, Takashi Fukushima, Hiroko Fukushima, Toru Nanmoku, Kiminori Terui, Tatsuya Ito, Tsutomu Toki, Etsuro Ito, Junya Fujimura, Hiroaki Goto, Mikiya Endo, Thomas Look, Mark Kamps, Masayoshi Minegishi, Junko Takita, Toshiya Inaba, Hiroyuki Takahashi, Akira Ohara, Daisuke Harama, Tamao Shinohara, Shinpei Somazu, Hiroko Oshiro, Koshi Akahane, Kumiko Goi, Kanji Sugita. Resistance of t(17;19)-acute lymphoblastic leukemia cell lines to multiagents in induction therapy. Cancer Med. 2019.09; 8 (11): 5274-5288. ( PubMed, DOI )

  42. Tomoko Mizuno, Ayako Kashimada, Toshihiro Nomura, Kengo Moriyama, Haruna Yokoyama, Setsuko Hasegawa, Masatoshi Takagi, Shuki Mizutani. Infantile-onset spinocerebellar ataxia type 5 associated with a novel SPTBN2 mutation: A case report. Brain Dev. 2019.08; 41 (7): 630-633. ( PubMed, DOI )

  43. Takeshi Isoda, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Noncoding RNA transcription at enhancers and genome folding in cancer. Cancer Sci. 2019.08; 110 (8): 2328-2336. ( PubMed, DOI )

  44. Isoda Takeshi, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi. がんのエンハンサー部位で生じるノンコーディングRNAの転写現象とゲノムの折りたたみ(Noncoding RNA transcription at enhancers and genome folding in cancer) Cancer Science. 2019.08; 110 (8): 2328-2336. ( 医中誌 )

  45. Akihiro Hoshino, Hirokazu Kanegane, Masanori Nishi, Ikuya Tsuge, Kiriko Tokuda, Ichiro Kobayashi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Identification of autoantibodies using human proteome microarrays in patients with IPEX syndrome. Clin Immunol. 2019.06; 203 9-13. ( PubMed, DOI )

  46. Risa Nomura, Kenichi Kashimada, Hitomi Suzuki, Liang Zhao, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Hideo Yagita, Masatoshi Takagi, Yoshiakira Kanai, Josephine Bowles, Peter Koopman, Masami Kanai-Azuma, Tomohiro Morio. Nr5a1 suppression during the murine fetal period optimizes ovarian development by fine-tuning Notch signaling. J. Cell. Sci.. 2019.04; 132 (8): ( PubMed, DOI )

  47. Ayako Kashimada, Setsuko Hasegawa, Toshihiro Nomura, Hiroshi Shiraku, Kengo Moriyama, Tomonori Suzuki, Keisuke Nakajima, Tomoko Mizuno, Kohsuke Imai, Yuji Sugawara, Tomohiro Morio, Satoko Kumada, Masatoshi Takagi. Genetic analysis of undiagnosed ataxia-telangiectasia-like disorders. Brain Dev. 2019.02; 41 (2): 150-157. ( PubMed, DOI )

  48. Kay Tanita, Akihiro Hoshino, Ken-Ichi Imadome, Takahiro Kamiya, Kento Inoue, Tsubasa Okano, Tzu-Wen Yeh, Masakatsu Yanagimachi, Akira Shiraishi, Masataka Ishimura, Tilmann Schober, Meino Rohlfs, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hidetoshi Takada, Shouichi Ohga, Christoph Klein, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. Epstein-Barr Virus-Associated γδ T-Cell Lymphoproliferative Disorder Associated With Hypomorphic IL2RG Mutation. Front Pediatr. 2019.02; 7 15. ( PubMed, DOI )

  49. Mari Kubota-Tanaka, Tomoo Osumi, Shouko Miura, Hiroshi Tsujimoto, Toshihiko Imamura, Akira Nishimura, Kentaro Oki, Kozue Nakamura, Satoshi Miyamoto, Kento Inoue, Maiko Inoue, Takahiro Kamiya, Masakatsu Yanagimachi, Tsubasa Okano, Noriko Mitsuiki, Takeshi Isoda, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Shinji Kounami, Mikiya Endo, Motohiro Kato, Masatoshi Takagi. B-lymphoblastic lymphoma with TCF3-PBX1 fusion gene. Haematologica. 2019.01; 104 (1): e35-e37. ( PubMed, DOI )

  50. Masatoshi Takagi, Chitose Ogawa, Yuki Aoki-Nogami, Tomoko Iehara, Eri Ishibashi, Minoru Imai, Tetsuro Kihara, Kiyoshi Nobori, Kazuhisa Hasebe, Shuki Mizutani, Toshimi Kimura, Masashi Nagata, Masato Yasuhara, Kenichi Yoshimura, Pariko Yorozu, Hajime Hosoi, Ryuji Koike. Phase I clinical study of oral olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors: study protocol. BMC Pediatr. 2019.01; 19 (1): 31. ( PubMed, DOI )

  51. Akihiro Hoshino, Kay Tanita, Kenji Kanda, Ken-Ichi Imadome, Yoshiaki Shikama, Takahiro Yasumi, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. High frequencies of asymptomatic Epstein-Barr virus viremia in affected and unaffected individuals with CTLA4 mutations. Clin Immunol. 2018.10; 195 45-48. ( PubMed, DOI )

  52. Takashi Taga, Toshihiko Imamura, Kentaro Nakashima, Naoko Maeda, Akihiro Watanabe, Yuji Miyajima, Sachi Sakaguchi, Hitoshi Sano, Daiichiro Hasegawa, Hirohide Kawasaki, Souichi Adachi, Masatoshi Takagi, Katsuyoshi Koh, Atsushi Manabe, Tomohiko Taki, Yasushi Ishida. Clinical characteristics of pediatric patients with myeloid sarcoma without bone marrow involvement in Japan. Int J Hematol. 2018.10; 108 (4): 438-442. ( PubMed, DOI )

  53. Shintaro Ono, Manabu Nakayama, Hirokazu Kanegane, Akihiro Hoshino, Saeko Shimodera, Hirofumi Shibata, Hisanori Fujino, Takahiro Fujino, Yuta Yunomae, Tsubasa Okano, Motoi Yamashita, Takahiro Yasumi, Kazushi Izawa, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Kejian Zhang, Rebecca Marsh, Capucine Picard, Sylvain Latour, Osamu Ohara, Tomohiro Morio. Comprehensive molecular diagnosis of Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative diseases using next-generation sequencing. Int. J. Hematol.. 2018.09; 108 (3): 319-328. ( PubMed, DOI )

  54. Ono Shintaro, Nakayama Manabu, Kanegane Hirokazu, Hoshino Akihiro, Shimodera Saeko, Shibata Hirofumi, Fujino Hisanori, Fujino Takahiro, Yunomae Yuta, Okano Tsubasa, Yamashita Motoi, Yasumi Takahiro, Izawa Kazushi, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Zhang Kejian, Marsh Rebecca, Picard Capucine, Latour Sylvain, Ohara Osamu, Morio Tomohiro. 次世代シークエンスを用いたEpstein-Barrウイルス関連リンパ増殖性疾患の包括的分子診断(Comprehensive molecular diagnosis of Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative diseases using next-generation sequencing) International Journal of Hematology. 2018.09; 108 (3): 319-328. ( 医中誌 )

  55. Ono Shintaro, Nakayama Manabu, Kanegane Hirokazu, Hoshino Akihiro, Shimodera Saeko, Shibata Hirofumi, Fujino Hisanori, Fujino Takahiro, Yunomae Yuta, Okano Tsubasa, Yamashita Motoi, Yasumi Takahiro, Izawa Kazushi, Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Zhang Kejian, Marsh Rebecca, Picard Capucine, Latour Sylvain, Ohara Osamu, Morio Tomohiro. 次世代シークエンスを用いたEpstein-Barrウイルス関連リンパ増殖性疾患の包括的分子診断(Comprehensive molecular diagnosis of Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative diseases using next-generation sequencing) International Journal of Hematology. 2018.09; 108 (3): 319-328. ( 医中誌 )

  56. Kenji Kubara, Kazuto Yamazaki, Yasuharu Ishihara, Takuya Naruto, Huan-Ting Lin, Ken Nishimura, Manami Ohtaka, Mahito Nakanishi, Masashi Ito, Kappei Tsukahara, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi, Makoto Otsu. Status of KRAS in iPSCs Impacts upon Self-Renewal and Differentiation Propensity. Stem Cell Reports. 2018.08; 11 (2): 380-394. ( PubMed, DOI )

  57. Imamura T, Taga T, Takagi M, Kawasaki H, Koh K, Taki T, Adachi S, Manabe A, Ishida Y; Leukemia/Lymphoma Committee; Japanese Society of Pediatric Hematology Oncology (JSPHO).. Nationwide survey of therapy-related leukemia in childhood in Japan. International Journal of Hematology. 2018.07; 108 (1): 91-97. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  58. Noguchi Y, Tomizawa D, Hiroki H, Miyamoto S, Tezuka M, Miyawaki R, Tanaka-Kubota M, Okano T, Kobayashi C, Mitsuiki N, Aoki Y, Imai K, Kajiwara M, Kanegane H, Morio T, Takagi M. Hematopoietic cell transplantation for myeloid/NK cell precursor acute leukemia in second remission. Clin Case Rep. 2018.06; 6 (6): 1023-1028. ( PubMed, DOI )

  59. Rina Nishii, Takaya Moriyama, Laura J Janke, Wenjian Yang, Chase C Suiter, Ting-Nien Lin, Lie Li, Kentaro Kihira, Hidemi Toyoda, Ute Hofmann, Matthias Schwab, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Atsushi Manabe, Shirley Kham, Nan Jiang, Karen R Rabin, Motohiro Kato, Katsuyoshi Koh, Allen Eng-Juh Yeoh, Hiroki Hori, Jun J Yang. Preclinical evaluation of NUDT15-guided thiopurine therapy and its effects on toxicity and antileukemic efficacy. Blood. 2018.05; 131 (22): 2466-2474. ( PubMed, DOI )

  60. Mari Tanaka-Kubota, Koji Shinozaki, Satoshi Miyamoto, Masakatsu Yanagimachi, Tsubasa Okano, Noriko Mitsuiki, Masahiro Ueki, Masafumi Yamada, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Kazunaga Agematsu, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Hematopoietic stem cell transplantation for pulmonary alveolar proteinosis associated with primary immunodeficiency disease. Int. J. Hematol.. 2018.05; 107 (5): 610-614. ( PubMed, DOI )

  61. Charlotte Schwab, Annemarie Gabrysch, Peter Olbrich, Virginia Patiño, Klaus Warnatz, Daniel Wolff, Akihiro Hoshino, Masao Kobayashi, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Ingunn Dybedal, Jamanda A Haddock, David M Sansom, Jose M Lucena, Maximilian Seidl, Annette Schmitt-Graeff, Veronika Reiser, Florian Emmerich, Natalie Frede, Alla Bulashevska, Ulrich Salzer, Desirée Schubert, Seiichi Hayakawa, Satoshi Okada, Maria Kanariou, Zeynep Yesim Kucuk, Hugo Chapdelaine, Lenka Petruzelkova, Zdenek Sumnik, Anna Sediva, Mary Slatter, Peter D Arkwright, Andrew Cant, Hanns-Martin Lorenz, Thomas Giese, Vassilios Lougaris, Alessandro Plebani, Christina Price, Kathleen E Sullivan, Michel Moutschen, Jiri Litzman, Tomas Freiberger, Frank L van de Veerdonk, Mike Recher, Michael H Albert, Fabian Hauck, Suranjith Seneviratne, Jana Pachlopnik Schmid, Antonios Kolios, Gary Unglik, Christian Klemann, Carsten Speckmann, Stephan Ehl, Alan Leichtner, Richard Blumberg, Andre Franke, Scott Snapper, Sebastian Zeissig, Charlotte Cunningham-Rundles, Lisa Giulino-Roth, Olivier Elemento, Gregor Dückers, Tim Niehues, Eva Fronkova, Veronika Kanderová, Craig D Platt, Janet Chou, Talal A Chatila, Raif Geha, Elizabeth McDermott, Su Bunn, Monika Kurzai, Ansgar Schulz, Laia Alsina, Ferran Casals, Angela Deyà-Martinez, Sophie Hambleton, Hirokazu Kanegane, Kjetil Taskén, Olaf Neth, Bodo Grimbacher. Phenotype, penetrance, and treatment of 133 cytotoxic T-lymphocyte antigen 4-insufficient subjects. J Allergy Clin Immunol. 2018.05; ( PubMed, DOI )

  62. Tsubasa Okano, Yuki Tsujita, Hirokazu Kanegane, Kanako Mitsui-Sekinaka, Kay Tanita, Satoshi Miyamoto, Tzu-Wen Yeh, Motoi Yamashita, Naomi Terada, Yumi Ogura, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Shigeaki Nonoyama, Tomohiro Morio. Droplet Digital PCR-Based Chimerism Analysis for Primary Immunodeficiency Diseases. J. Clin. Immunol.. 2018.04; 38 (3): 300-306. ( PubMed, DOI )

  63. Tomonori Kadowaki, Hidenori Ohnishi, Norio Kawamoto, Tomohiro Hori, Kenichi Nishimura, Chie Kobayashi, Tomonari Shigemura, Shohei Ogata, Yuzaburo Inoue, Tomoki Kawai, Eitaro Hiejima, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Ryuta Nishikomori, Shuichi Ito, Toshio Heike, Osamu Ohara, Tomohiro Morio, Toshiyuki Fukao, Hirokazu Kanegane. Haploinsufficiency of A20 causes autoinflammatory and autoimmune disorders. J. Allergy Clin. Immunol.. 2018.04; 141 (4): 1485-1488.e11. ( PubMed, DOI )

  64. Yasuyoshi Ishiwata, Masashi Nagata, Kohta Tsuge, Hiromitsu Takahashi, Sayo Suzuki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Masato Yasuhara. Population Pharmacokinetics of Intravenous Busulfan in Japanese Pediatric Patients With Primary Immunodeficiency Diseases. J Clin Pharmacol. 2018.03; 58 (3): 327-331. ( PubMed, DOI )

  65. Shimpei Baba, Ayumi Kobayashi, Haruna Yokoyama, Kengo Moriyama, Ayako Kashimada, Jun Oyama, Ayako Owada, Shoichi Oyama, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. Slowly progressive leukodystrophy in an adolescent male with phosphoglycerate kinase deficiency. Brain Dev. 2018.02; 40 (2): 150-154. ( PubMed, DOI )

  66. Ayako Kashimada, Setsuko Hasegawa, Takeo Isagai, Tsuyoshi Uchiyama, Muneaki Matsuo, Motoharu Kawai, Masahide Goto, Tomohiro Morio, Yukiko K Hayashi, Masatoshi Takagi. Targeting the enhanced ER stress response in Marinesco-Sjögren syndrome. J Neurol Sci. 2018.02; 385 49-56. ( PubMed, DOI )

  67. Masatoshi Takagi, Akihiro Hoshino, Kenichi Yoshida, Hiroo Ueno, Kohsuke Imai, Jinhua Piao, Hirokazu Kanegane, Motoi Yamashita, Tsubasa Okano, Hideki Muramatsu, Yusuke Okuno, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Yasuhide Hayashi, Seiji Kojima, Tomohiro Morio. Genetic heterogeneity of uncharacterized childhood autoimmune diseases with lymphoproliferation. Pediatr Blood Cancer. 2018.02; 65 (2): ( PubMed, DOI )

  68. Kevin Y Urayama, Masatoshi Takagi, Takahisa Kawaguchi, Keitaro Matsuo, Yoichi Tanaka, Yoko Ayukawa, Yuki Arakawa, Daisuke Hasegawa, Yuki Yuza, Takashi Kaneko, Yasushi Noguchi, Yuichi Taneyama, Setsuo Ota, Takeshi Inukai, Masakatsu Yanagimachi, Dai Keino, Kazutoshi Koike, Daisuke Toyama, Yozo Nakazawa, Hidemitsu Kurosawa, Kozue Nakamura, Koichi Moriwaki, Hiroaki Goto, Yujin Sekinaka, Daisuke Morita, Motohiro Kato, Junko Takita, Toshihiro Tanaka, Johji Inazawa, Katsuyoshi Koh, Yasushi Ishida, Akira Ohara, Shuki Mizutani, Fumihiko Matsuda, Atsushi Manabe. Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese. Sci Rep. 2018.01; 8 (1): 789. ( PubMed, DOI )

  69. Hirokazu Kanegane, Akihiro Hoshino, Tsubasa Okano, Takahiro Yasumi, Taizo Wada, Hidetoshi Takada, Satoshi Okada, Motoi Yamashita, Tzu-Wen Yeh, Ryuta Nishikomori, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hans D Ochs, Tomohiro Morio. Flow cytometry-based diagnosis of primary immunodeficiency diseases. Allergol Int. 2018.01; 67 (1): 43-54. ( PubMed, DOI )

  70. Masayuki Nagasawa, Noriko Mitsuiki, Yuki Aoki, Toshiaki Ono, Takeshi Isoda, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Effect of reduced-intensity conditioning and the risk of late-onset non-infectious pulmonary complications in pediatric patients. Eur J Haematol. 2017.12; 99 (6): 525-531. ( PubMed, DOI )

  71. Masatoshi Takagi, Misa Yoshida, Yoshino Nemoto, Hiroyuki Tamaichi, Rika Tsuchida, Masafumi Seki, Kumiko Uryu, Noriko Hoshino, Rina Nishii, Satoshi Miyamoto, Masahiro Saito, Toshiaki Shimizu, Ryoji Hanada, Hideo Kaneko, Toshiyuki Fukao, Takatoshi Koyama, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Yusuke Sato, Yoichi Fujii, Keisuke Kataoka, Yusuke Okuno, Kenichi Yoshida, Tomohiro Morio, Akira Oka, Miki Ohira, Yasuhide Hayashi, Akira Nakagawara, Seishi Ogawa, Shuki Mizutani, Junko Takita.. Loss of DNA Damage Response in Neuroblastoma and Utility of a PARP Inhibitor. J. Natl. Cancer Inst.. 2017.11; 109 (11): ( PubMed, DOI )

  72. M Ratnaparkhe, M Hlevnjak, T Kolb, A Jauch, K K Maass, F Devens, A Rode, V Hovestadt, A Korshunov, A Pastorczak, W Mlynarski, S Sungalee, J Korbel, J Hoell, U Fischer, T Milde, C Kramm, M Nathrath, K Chrzanowska, E Tausch, M Takagi, T Taga, S Constantini, J Loeffen, J Meijerink, S Zielen, G Gohring, B Schlegelberger, E Maass, R Siebert, J Kunz, A E Kulozik, B Worst, D T Jones, S M Pfister, M Zapatka, P Lichter, A Ernst. Genomic profiling of Acute lymphoblastic leukemia in ataxia telangiectasia patients reveals tight link between ATM mutations and chromothripsis. Leukemia. 2017.10; 31 (10): 2048-2056. ( PubMed, DOI )

  73. Masafumi Seki, Shunsuke Kimura, Tomoya Isobe, Kenichi Yoshida, Hiroo Ueno, Yaeko Nakajima-Takagi, Changshan Wang, Lin Lin, Ayana Kon, Hiromichi Suzuki, Yusuke Shiozawa, Keisuke Kataoka, Yoichi Fujii, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Teppei Shimamura, Kyoko Masuda, Hiroshi Kawamoto, Kentaro Ohki, Motohiro Kato, Yuki Arakawa, Katsuyoshi Koh, Ryoji Hanada, Hiroshi Moritake, Masaharu Akiyama, Ryoji Kobayashi, Takao Deguchi, Yoshiko Hashii, Toshihiko Imamura, Atsushi Sato, Nobutaka Kiyokawa, Akira Oka, Yasuhide Hayashi, Masatoshi Takagi, Atsushi Manabe, Akira Ohara, Keizo Horibe, Masashi Sanada, Atsushi Iwama, Hiroyuki Mano, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Junko Takita. Recurrent SPI1 (PU.1) fusions in high-risk pediatric T cell acute lymphoblastic leukemia. Nat Genet. 2017.08; 49 (8): 1274-1281. ( PubMed, DOI )

  74. Tsubasa Okano, Takuro Nishikawa, Eri Watanabe, Takashi Watanabe, Takehiro Takashima, Tzu-Wen Yeh, Motoi Yamashita, Mari Tanaka-Kubota, Satoshi Miyamoto, Noriko Mitsuiki, Masatoshi Takagi, Yoshifumi Kawano, Yoshiki Mochizuki, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Maternal T and B cell engraftment in two cases of X-linked severe combined immunodeficiency with IgG1 gammopathy. Clin Immunol. 2017.08; 183 112-120. ( PubMed, DOI )

  75. Takehiro Takashima, Miko Okamura, Tzu-Wen Yeh, Tsubasa Okano, Motoi Yamashita, Keisuke Tanaka, Akihiro Hoshino, Noriko Mitsuiki, Masatoshi Takagi, Eiichi Ishii, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Multicolor Flow Cytometry for the Diagnosis of Primary Immunodeficiency Diseases. J Clin Immunol. 2017.07; 37 (5): 486-495. ( PubMed, DOI )

  76. H Takahashi, J Inoue, K Sakaguchi, M Takagi, S Mizutani, J Inazawa. Autophagy is required for cell survival under L-asparaginase-induced metabolic stress in acute lymphoblastic leukemia cells. Oncogene. 2017.07; 36 (30): 4267-4276. ( PubMed, DOI )

  77. Yujin Sekinaka, Noriko Mitsuiki, Kohsuke Imai, Miharu Yabe, Hiromasa Yabe, Kanako Mitsui-Sekinaka, Kenichi Honma, Masatoshi Takagi, Ayako Arai, Kenichi Yoshida, Yusuke Okuno, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Hideki Muramatsu, Seiji Kojima, Asuka Hira, Minoru Takata, Osamu Ohara, Seishi Ogawa, Tomohiro Morio, Shigeaki Nonoyama. Common Variable Immunodeficiency Caused by FANC Mutations. J Clin Immunol. 2017.07; 37 (5): 434-444. ( PubMed, DOI )

  78. Masayuki Nagasawa, Teppei Ohkawa, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. A Stable Mixed Chimera After SCT with RIC in an Infant with IκBα Hypermorphic Mutation. J Clin Immunol. 2017.07; 37 (5): 413-414. ( PubMed, DOI )

  79. Akihiro Hoshino, Satoshi Okada, Kenichi Yoshida, Naonori Nishida, Yusuke Okuno, Hiroo Ueno, Motoi Yamashita, Tsubasa Okano, Miyuki Tsumura, Shiho Nishimura, Sonoko Sakata, Masao Kobayashi, Haruna Nakamura, Junji Kamizono, Kanako Mitsui-Sekinaka, Takuya Ichimura, Shouichi Ohga, Yozo Nakazawa, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Seiji Kojima, Shigeaki Nonoyama, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. Abnormal hematopoiesis and autoimmunity in human subjects with germline IKZF1 mutations. J Allergy Clin Immunol. 2017.07; 140 (1): 223-231. ( PubMed, DOI )

  80. Taizo Wada, Satoshi Miyamoto, Hiroyuki Okamoto, Yusuke Matsuda, Tomoko Toma, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Akihiro Yachie. Prolonged neutropenia due to antihuman neutrophil antigen 2 (CD177) antibody after bone marrow transplantation. Pediatr Blood Cancer. 2017.07; 64 (7): ( PubMed, DOI )

  81. Masatoshi Takagi, Shohei Ogata, Hiroo Ueno, Kenichi Yoshida, Tzuwen Yeh, Akihiro Hoshino, Jinhua Piao, Motoy Yamashita, Mai Nanya, Tsubasa Okano, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Hideki Muramatsu, Yusuke Okuno, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Yuki Bando, Motohiro Kato, Yasuhide Hayashi, Satoru Miyano, Kohsuke Imai, Seishi Ogawa, Seiji Kojima, Tomohiro Morio. Haploinsufficiency of TNFAIP3 (A20) by germline mutation is involved in autoimmune lymphoproliferative syndrome. J Allergy Clin Immunol. 2017.06; 139 (6): 1914-1922. ( PubMed, DOI )

  82. Masatoshi Takagi, Yasuyoshi Ishiwata, Yuki Aoki, Satoshi Miyamoto, Akihiro Hoshino, Kazuaki Matsumoto, Akira Nishimura, Mari Tanaka, Masakatsu Yanagimachi, Noriko Mitsuiki, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Michiko Kajiwara, Kanako Takikawa, Tsukasa Mae, Osamu Tomita, Junya Fujimura, Masato Yasuhara, Daisuke Tomizawa, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio. HLA haploidentical hematopoietic cell transplantation using clofarabine and busulfan for refractory pediatric hematological malignancy. Int J Hematol. 2017.05; 105 (5): 686-691. ( PubMed, DOI )

  83. Hiroshi Moritake, Megumi Obara, Yusuke Saito, Ayako Kashimada, Masatoshi Takagi, Megumi Funakoshi-Tago, Tomofusa Fukuyama, Mikio Yoshioka, Akira Inoue, Hiroyuki Komatsu, Hideki Nishitoh, Hiroaki Kataoka, Hiroyuki Nunoi. A mouse model reveals that Mfsd2a is critical for unfolded protein response upon exposure to tunicamycin. Hum Cell. 2017.04; 30 (2): 88-97. ( PubMed, DOI )

  84. Masatoshi Takagi. DNA damage response and hematological malignancy. Int J Hematol. 2017.04; 106 (3): 450-453. ( PubMed, DOI )

  85. M Kato, S Ishimaru, M Seki, K Yoshida, Y Shiraishi, K Chiba, N Kakiuchi, Y Sato, H Ueno, H Tanaka, T Inukai, D Tomizawa, D Hasegawa, T Osumi, Y Arakawa, T Aoki, M Okuya, K Kaizu, K Kato, Y Taneyama, H Goto, T Taki, M Takagi, M Sanada, K Koh, J Takita, S Miyano, S Ogawa, A Ohara, M Tsuchida, A Manabe. Long-term outcome of 6-month maintenance chemotherapy for acute lymphoblastic leukemia in children. Leukemia. 2017.03; 31 (3): 580-584. ( PubMed, DOI )

  86. Jinhua Piao, Shiori Takai, Takahiro Kamiya, Takeshi Inukai, Kanji Sugita, Kazuma Ohyashiki, Domenico Delia, Mitsuko Masutani, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. Poly (ADP-ribose) polymerase inhibitors selectively induce cytotoxicity in TCF3-HLF-positive leukemic cells. Cancer Lett. 2017.02; 386 131-140. ( PubMed, DOI )

  87. Shintaro Ono, Tsubasa Okano, Akihiro Hoshino, Masakatsu Yanagimachi, Kazuko Hamamoto, Yozo Nakazawa, Toshihiko Imamura, Masaei Onuma, Hidetaka Niizuma, Yoji Sasahara, Hiroshi Tsujimoto, Taizo Wada, Reiko Kunisaki, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane. Hematopoietic Stem Cell Transplantation for XIAP Deficiency in Japan. J Clin Immunol. 2017.01; 37 (1): 85-91. ( PubMed, DOI )

  88. Yuki Tsujita, Kanako Mitsui-Sekinaka, Kohsuke Imai, Tzu-Wen Yeh, Noriko Mitsuiki, Takaki Asano, Hidenori Ohnishi, Zenichiro Kato, Yujin Sekinaka, Kiyotaka Zaha, Tamaki Kato, Tsubasa Okano, Takehiro Takashima, Kaoru Kobayashi, Mitsuaki Kimura, Tomoaki Kunitsu, Yoshihiro Maruo, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Kenichi Yoshida, Yusuke Okuno, Hideki Muramatsu, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Seiji Kojima, Seishi Ogawa, Osamu Ohara, Satoshi Okada, Masao Kobayashi, Tomohiro Morio, Shigeaki Nonoyama. Phosphatase and tensin homolog (PTEN) mutation can cause activated phosphatidylinositol 3-kinase δ syndrome-like immunodeficiency. J Allergy Clin Immunol. 2016.12; 138 (6): 1672-1680.e10. ( PubMed, DOI )

  89. Akifumi Endo, Daisuke Tomizawa, Yuki Aoki, Tomohiro Morio, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. EWSR1/ELF5 induces acute myeloid leukemia by inhibiting p53/p21 pathway. Cancer Sci. 2016.12; 107 (12): 1745-1754. ( PubMed, DOI )

  90. Minoru Asada, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi, Hidenori Suzuki. Antipsychotics promote neural differentiation of human iPS cell-derived neural stem cells. Biochem Biophys Res Commun. 2016.11; 480 (4): 615-621. ( PubMed, DOI )

  91. Takeshi Sato, Tsubasa Okano, Mari Tanaka-Kubota, Shunsuke Kimura, Satoshi Miyamoto, Shintaro Ono, Motoi Yamashita, Noriko Mitsuiki, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Michiko Kajiwara, Takasuke Ebato, Shohei Ogata, Hirotsugu Oda, Osamu Ohara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. Novel compound heterozygous mutations in a Japanese girl with Janus kinase 3 deficiency. Pediatr Int. 2016.10; 58 (10): 1076-1080. ( PubMed, DOI )

  92. Sayaka Akaike, Koju Kamoi, Mari Tezuka, Daisuke Tomizawa, Ryoichi Yoshimura, Masatoshi Takagi, Kyoko Ohno-Matsui. Ocular manifestation in myeloid/NK cell precursor acute leukemia: a case report. Diagnosed by flow cytometry and PCR from aqueous humor. Medicine (Baltimore). 2016.09; 95 (38): e4967. ( PubMed, DOI )

  93. Masayuki Nagasawa, Noriko Mitsuiki, Akifumi Endo, Yuki Aoki, Toshiaki Ono, Takeshi Isoda, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Norio Shimizu, Tomohiro Morio. Sequential virus monitoring of pediatric patients with hematopoietic stem cell transplantation by multiplex PCR method. Transplantation Open. 2016.08; 1 (1): 17-24. ( DOI )

  94. Nagasawa M, Ono T, Aoki Y, Isoda T, Takagi M, Imai K, Kajiwara M, Morio T.. A pediatric case of very late onset non-infectious pulmonary complication (LONIPC) after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Exp Transplant. 2016.06; 1 (1): 104. ( DOI )

  95. Chika Kobayashi, Masayuki Nagasawa, Noriko Mitsuiki, Akifumi Endo, Yuki Aoki, Toshiaki Ono, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Tomohiro Morio.. Recombinant Human SolubleThrombomodulin is Effective for Severe Childhood EBV-HLH. J Hematol Thromb. 2016.05; 2 (1): 1-4.

  96. Hiroshi Moritake, Masatoshi Takagi, Mariko Kinoshita, Osamu Ohara, Shojiro Yamamoto, Sayaka Moriguchi, Hiroyuki Nunoi. Autoimmunity Including Intestinal Behçet Disease Bearing the KRAS Mutation in Lymphocytes: A Case Report. Pediatrics. 2016.03; 137 (3): e20152891. ( PubMed, DOI )

  97. Yuki Aoki, Reiji Miyawaki, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Yasuyoshi Ishiwata, Masato Yasuhara, Tomohiro Morio, Shuki Mizutani, Daisuke Tomizawa. Haploidentical Bone Marrow Transplantation With Clofarabine and Busulfan Conditioning for a Child With Multiple Recurrent Acute Lymphoblastic Leukemia. J Pediatr Hematol Oncol. 2016.01; 38 (1): 39-41. ( PubMed, DOI )

  98. Mai Nanya, Masaki Sato, Kousuke Tanimoto, Minoru Tozuka, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. Dysregulation of the DNA Damage Response and KMT2A Rearrangement in Fetal Liver Hematopoietic Cells. PLoS ONE. 2015.12; 10 (12): e0144540. ( PubMed, DOI )

  99. Yuko Atsumi, Yusuke Minakawa, Masaya Ono, Sachiko Dobashi, Keitaro Shinohe, Akira Shinohara, Shunichi Takeda, Masatoshi Takagi, Nobuhiko Takamatsu, Hitoshi Nakagama, Hirobumi Teraoka, Ken-Ichi Yoshioka. ATM and SIRT6/SNF2H Mediate Transient H2AX Stabilization When DSBs Form by Blocking HUWE1 to Allow Efficient γH2AX Foci Formation. Cell Rep. 2015.12; 13 (12): 2728-2740. ( PubMed, DOI )

  100. Mitsutaka Shiota, Xi Yang, Mei Kubokawa, Tatsuya Morishima, Kuniaki Tanaka, Masamitsu Mikami, Kenichi Yoshida, Masako Kikuchi, Kazushi Izawa, Ryuta Nishikomori, Yusuke Okuno, Xian Wang, Hirotoshi Sakaguchi, Hideki Muramatsu, Seiji Kojima, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Masatoshi Takagi, Daisuke Hata, Hirokazu Kanegane. Somatic mosaicism for a NRAS mutation associates with disparate clinical features in RAS-associated leukoproliferative disease: a report of two cases. J. Clin. Immunol.. 2015.07; 35 (5): 454-458. ( PubMed, DOI )

  101. Tojo Nakayama, Yuko Sato, Mitsugu Uematsu, Masatoshi Takagi, Setsuko Hasegawa, Satoko Kumada, Atsuo Kikuchi, Naomi Hino-Fukuyo, Yoji Sasahara, Kazuhiro Haginoya, Shigeo Kure. Myoclonic axial jerks for diagnosing atypical evolution of ataxia telangiectasia. Brain Dev.. 2015.03; 37 (3): 362-365. ( PubMed, DOI )

  102. Teppei Ohkawa, Satoshi Miyamoto, Manabu Sugie, Daisuke Tomizawa, Kohsuke Imai, Masayuki Nagasawa, Tomohiro Morio, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. Transient abnormal myelopoiesis in non-Down syndrome neonate. Pediatr Int. 2015.02; 57 (1): e14-e17. ( PubMed, DOI )

  103. Masatoshi Takagi, Hatsume Uno, Rina Nishi, Masataka Sugimoto, Setsuko Hasegawa, Jinhua Piao, Norimasa Ihara, Sayaka Kanai, Saori Kakei, Yoshifumi Tamura, Takayoshi Suganami, Yasutomi Kamei, Toshiaki Shimizu, Akio Yasuda, Yoshihiro Ogawa, Shuki Mizutani. ATM Regulates Adipocyte Differentiation and Contributes to Glucose Homeostasis. Cell Rep. 2015.02; 10 (6): 957-967. ( PubMed, DOI )

  104. Aoki Yuki, Watanabe Takashi, Saito Yoriko, Kuroki Yoko, Hijikata Atsushi, Takagi Masatoshi, Tomizawa Daisuke, Eguchi Mariko, Eguchi-Ishimae Minenori, Kaneko Akiko, Ono Rintaro, Sato Kaori, Suzuki Nahoko, Fujiki Saera, Koh Katsuyoshi, Ishii Eiichi, Shultz Leonard D, Ohara Osamu, Mizutani Shuki, Ishikawa Fumihiko. Identification of CD34+ and CD34- leukemia-initiating cells in MLL-rearranged human acute lymphoblastic leukemia. Blood. 2015.02; 125 (6): 967-980. ( PubMed, DOI )

  105. Yaeko Motoyoshi, Akifumi Endo, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Eisaku Ito, Michio Nagata, Shuki Mizutani. Graft versus host disease-dependent renal dysfunction after hematopoietic stem cell transplantation. CEN Case Report. 2014.11; 3 (2): 202-205.

  106. Ohnishi Michihiro, Sasaki Naoyuki, Kishimoto Takuya, Watanabe Hidetoshi, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kishii Noriyuki, Yasuda Akio. A new microcolumn-type microchip for examining the expression of chimeric fusion genes using a nucleic acid sandwich hybridization technique. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 2014.11; 970 60-67. ( PubMed, DOI )

  107. Aoki Yuki, Sato Ayako, Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. Hematopoietic myeloid cell differentiation diminishes nucleotide excision repair. Int J Hematol. 2014.09; 100 (3): 260-265. ( PubMed, DOI )

  108. Nakatani K, Imai K, Shigeno M, Sato H, Tezuka M, Okawa T, Mitsuiki N, Isoda T, Tomizawa D, Takagi M, Nagasawa M, Kajiwara M, Yamamoto M, Arai A, Miura O, Kamae C, Nakagawa N, Honma K, Nonoyama S, Mizutani S, Morio T. Cord blood transplantation is associated with rapid B-cell neogenesis compared with BM transplantation. Bone Marrow Transplant. 2014.09; 49 (9): 1155-1161. ( PubMed, DOI )

  109. Endo Akifumi, Watanabe Ken, Ohye Tamae, Suzuki Kyoko, Matsubara Tomoyo, Shimizu Norio, Kurahashi Hiroki, Yoshikawa Tetsushi, Katano Harutaka, Inoue Naoki, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. Molecular and virological evidence of viral activation from chromosomally integrated human herpesvirus 6A in a patient with X-linked severe combined immunodeficiency. Clin Infect Dis. 2014.08; 59 (4): 545-548. ( PubMed, DOI )

  110. Takasawa Kei, Ono Makoto, Hijikata Atsushi, Matsubara Yohei, Katsumata Noriyuki, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro, Ohara Osamu, Kashimada Kenichi, Mizutani Shuki. Two novel HSD3B2 missense mutations with diverse residual enzymatic activities for Delta5-steroids. Clin Endocrinol (Oxf). 2014.06; 80 (6): 782-789. ( PubMed, DOI )

  111. Takasawa Kei, Kashimada Kenichi, Pelosi Emanuele, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro, Asahara Hiroshi, Schlessinger David, Mizutani Shuki, Koopman Peter. FOXL2 transcriptionally represses Sf1 expression by antagonizing WT1 during ovarian development in mice. FASEB J. 2014.05; 28 (5): 2020-2028. ( PubMed, DOI )

  112. Hasegawa Setsuko, Imai Kohsuke, Yoshida Kenichi, Okuno Yusuke, Muramatsu Hideki, Shiraishi Yuichi, Chiba Kenichi, Tanaka Hiroko, Miyano Satoru, Kojima Seiji, Ogawa Seishi, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. Whole-exome sequence analysis of ataxia telangiectasia-like phenotype. J Neurol Sci. 2014.05; 340 (1-2): 86-90. ( PubMed, DOI )

  113. Tanaka Eriko, Asanuma Katsuhiko, Kim Eunhee, Sasaki Yu, Oliva Trejo Juan Alejandro, Seki Takuto, Nonaka Kanae, Asao Rin, Nagai-Hosoe Yoshiko, Akiba-Takagi Miyuki, Hidaka Teruo, Takagi Masatoshi, Koyanagi Akemi, Mizutani Shuki, Yagita Hideo, Tomino Yasuhiko. Notch2 activation ameliorates nephrosis. Nat Commun. 2014; 5 3296. ( PubMed, DOI )

  114. Nagasawa Masayuki, Ohkawa Teppei, Endo Akifumi, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Takagi Masatoshi, Kajiwara Michiko, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. Early coagulation disorder after allogeneic stem cell transplantation is a strong prognostic factor for transplantation-related mortality, and intervention with recombinant human thrombomodulin improves the outcome: a single-center experience. Int J Hematol. 2013.11; 98 (5): 533-542. ( PubMed, DOI )

  115. Piao Jinhua, Sakurai Naoto, Iwamoto Shotaro, Nishioka Junji, Nakatani Kaname, Komada Yoshihiro, Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. Functional studies of a novel germline p53 splicing mutation identified in a patient with Li-Fraumeni-like syndrome. Mol Carcinog. 2013.10; 52 (10): 770-776. ( PubMed, DOI )

  116. Takagi M, Piao J, Lin L, Kawaguchi H, Imai C, Ogawa A, Watanabe A, Akiyama K, Kobayashi C, Mori M, Ko K, Sugimoto M, Mizutani S. Autoimmunity and persistent RAS-mutated clones long after the spontaneous regression of JMML. Leukemia. 2013.09; 27 (9): 1926-1928. ( PubMed, DOI )

  117. Machida Shizuka, Tomizawa Daisuke, Tamaichi Hiroyuki, Okawa Teppei, Endo Akifumi, Imai Kohsuke, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. Successful treatment of diffuse large B-cell lymphoma in a patient with ataxia telangiectasia using rituximab. J Pediatr Hematol Oncol. 2013.08; 35 (6): 482-485. ( PubMed, DOI )

  118. Takagi Masatoshi, Sato Masaki, Piao Jinhua, Miyamoto Satoshi, Isoda Takeshi, Kitagawa Masanobu, Honda Hiroaki, Mizutani Shuki. ATM-dependent DNA damage-response pathway as a determinant in chronic myelogenous leukemia. DNA Repair (Amst). 2013.07; 12 (7): 500-507. ( PubMed, DOI )

  119. Unno Junya, Takagi Masatoshi, Piao Jinhua, Sugimoto Masataka, Honda Fumiko, Maeda Daisuke, Masutani Mitsuko, Kiyono Tohru, Watanabe Fumiaki, Morio Tomohiro, Teraoka Hirobumi, Mizutani Shuki. Artemis-dependent DNA double-strand break formation at stalled replication forks. Cancer Sci. 2013.06; 104 (6): 703-710. ( PubMed, DOI )

  120. Isoda Takeshi, Mitsuiki Noriko, Ohkawa Teppei, Kaneko Setsuko, Endo Akifumi, Ono Toshiaki, Aoki Yuki, Tomizawa Daisuke, Kajiwara Michiko, Araki Satoshi, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki. Irreversible leukoencephalopathy after reduced-intensity stem cell transplantation in a dyskeratosis congenita patient with TINF2 mutation. J Pediatr Hematol Oncol. 2013.05; 35 (4): e178-e182. ( PubMed, DOI )

  121. Tamaichi Hiroyuki, Sato Masaki, Porter Andrew C G, Shimizu Toshiaki, Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. Ataxia telangiectasia mutated-dependent regulation of topoisomerase II alpha expression and sensitivity to topoisomerase II inhibitor. Cancer Sci. 2013.02; 104 (2): 178-184. ( PubMed, DOI )

  122. Mizutani Shuki, Takagi Masatoshi. XCIND as a genetic disease of X-irradiation hypersensitivity and cancer susceptibility. Int J Hematol. 2013.01; 97 (1): 37-42. ( PubMed, DOI )

  123. Isoda Takeshi, Takagi Masatoshi, Piao Jinhua, Nakagama Shun, Sato Masaki, Masuda Kyoko, Ikawa Tomokatsu, Azuma Miyuki, Morio Tomohiro, Kawamoto Hiroshi, Mizutani Shuki. Process for immune defect and chromosomal translocation during early thymocyte development lacking ATM. Blood. 2012.07; 120 (4): 789-799. ( PubMed, DOI )

  124. Honda Fumiko, Kano Hirotsugu, Kanegane Hirokazu, Nonoyama Shigeaki, Kim Eun-Sung, Lee Sang-Kyou, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Morio Tomohiro. The kinase Btk negatively regulates the production of reactive oxygen species and stimulation-induced apoptosis in human neutrophils. Nat Immunol. 2012.04; 13 (4): 369-378. ( PubMed, DOI )

  125. Madoka Kuramitsu, Aiko Sato-Otsubo, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi, Tsutomu Toki, Kiminori Terui, RuNan Wang, Hitoshi Kanno, Shouichi Ohga, Akira Ohara, Seiji Kojima, Toshiyuki Kitoh, Kumiko Goi, Kazuko Kudo, Tadashi Matsubayashi, Nobuo Mizue, Michio Ozeki, Atsuko Masumi, Haruka Momose, Kazuya Takizawa, Takuo Mizukami, Kazunari Yamaguchi, Seishi Ogawa, Etsuro Ito, Isao Hamaguchi. Extensive gene deletions in Japanese patients with Diamond-Blackfan anemia. Blood. 2012.03; 119 (10): 2376-2384. ( PubMed, DOI )

  126. Honda Fumiko, Hane Yumiko, Toma Tomoko, Yachie Akihiro, Kim Eun-Sung, Lee Sang-Kyou, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Morio Tomohiro. Transducible form of p47phox and p67phox compensate for defective NADPH oxidase activity in neutrophils of patients with chronic granulomatous disease. Biochem Biophys Res Commun. 2012.01; 417 (1): 162-168. ( PubMed, DOI )

  127. Takagi Kae, Kawaguchi Yasushi, Kawamoto Manabu, Ota Yuko, Tochimoto Akiko, Gono Takahisa, Katsumata Yasuhiro, Takagi Masatoshi, Hara Masako, Yamanaka Hisashi. Activation of the activin A-ALK-Smad pathway in systemic sclerosis. J Autoimmun. 2011.05; 36 (3-4): 181-188. ( PubMed, DOI )

  128. Takagi Masatoshi, Shinoda Kunihiro, Piao Jinhua, Mitsuiki Noriko, Takagi Mari, Matsuda Kazuyuki, Muramatsu Hideki, Doisaki Sayoko, Nagasawa Masayuki, Morio Tomohiro, Kasahara Yoshihito, Koike Kenichi, Kojima Seiji, Takao Akira, Mizutani Shuki. Autoimmune lymphoproliferative syndrome-like disease with somatic KRAS mutation. Blood. 2011.03; 117 (10): 2887-2890. ( PubMed, DOI )

  129. Kawagishi Hiroyuki, Nakamura Hideaki, Maruyama Mitsuo, Mizutani Shuki, Sugimoto Kazushi, Takagi Masatoshi, Sugimoto Masataka. ARF suppresses tumor angiogenesis through translational control of VEGFA mRNA. Cancer Res. 2010.06; 70 (11): 4749-4758. ( PubMed, DOI )

  130. Sato Masaki, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki. Irradiation-induced p53 expression is attenuated in cells with NQO1 C465T polymorphism. J Med Dent Sci. 2010.06; 57 (2): 139-145. ( PubMed )

  131. Nagasawa Masayuki, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Takagi Masatoshi, Oda Hiromi, Yasuhara Masato, Mizutani Shuki. Pharmacokinetic monitoring is still required for intravenous busulfan in SCT for small children. Int J Hematol. 2010.05; 91 (4): 728-730. ( PubMed, DOI )

  132. Oba Daiju, Hayashi Masaharu, Minamitani Motoyuki, Hamano Shinichiro, Uchisaka Naoki, Kikuchi Akira, Kishimoto Hiroshi, Takagi Masatoshi, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. Autopsy study of cerebellar degeneration in siblings with ataxia-telangiectasia-like disorder. Acta Neuropathol. 2010.04; 119 (4): 513-520. ( PubMed, DOI )

  133. Ichijima Yosuke, Yoshioka Ken-ichi, Yoshioka Yoshiko, Shinohe Keitaro, Fujimori Hiroaki, Unno Junya, Takagi Masatoshi, Goto Hidemasa, Inagaki Masaki, Mizutani Shuki, Teraoka Hirobumi. DNA lesions induced by replication stress trigger mitotic aberration and tetraploidy development. PLoS One. 2010; 5 (1): e8821. ( PubMed, DOI )

  134. Morio Tomohiro, Takahashi Naomi, Watanabe Fumiaki, Honda Fumiko, Sato Masaki, Takagi Masatoshi, Imadome Ken-ichi, Miyawaki Toshio, Delia Domenico, Nakamura Kotoka, Gatti Richard A, Mizutani Shuki. Phenotypic variations between affected siblings with ataxia-telangiectasia: ataxia-telangiectasia in Japan. Int J Hematol. 2009.11; 90 (4): 455-462. ( PubMed, DOI )

  135. Isoda Takeshi, Ford Anthony M, Tomizawa Daisuke, van Delft Frederik W, De Castro David Gonzalez, Mitsuiki Norkio, Score Joannah, Taki Tomohiko, Morio Tomohiro, Takagi Masatoshi, Saji Hiroh, Greaves Mel, Mizutani Shuki. Immunologically silent cancer clone transmission from mother to offspring. Proc Natl Acad Sci U S A. 2009.10; 106 (42): 17882-17885. ( PubMed, DOI )

  136. Honda M, Takagi M, Chessa L, Morio T, Mizuatni S.. Rapid diagnosis of ataxia-telangiectasia by flow cytometric monitoring of DNA damage-dependent ATM phosphorylation. Leukemia. 2009.02; 23 (2): 409-414. ( PubMed, DOI )

  137. Kawagishi Hiroyuki, Wakoh Takeshi, Uno Hatsume, Maruyama Mitsuo, Moriya Ayako, Morikawa Satoru, Okano Hideyuki, Sherr Charles J, Takagi Masatoshi, Sugimoto Masataka. Hzf regulates adipogenesis through translational control of C/EBPalpha. EMBO J. 2008.05; 27 (10): 1481-1490. ( PubMed, DOI )

  138. Ono Makoto, Kashimada Kenichi, Miyai Kentaro, Onishi Toshikazu, Takagi Masatoshi, Honma Seijiro, Mizutani Shuki. In Vitro Enzyme Assay of CYP21A2 Mutation (R483Q) by A Novel Method Using Liquid Chromatography-Electrospray Ionization Tandem Mass Spectrometry (LC-ESI-MS/MS). Clin Pediatr Endocrinol. 2008; 17 (2): 49-56. ( PubMed, DOI )

  139. Horibe S, Takagi M, Unno J, Nagasawa M, Morio T, Arai A, Miura O, Ohta M, Kitagawa M, Mizutani S. DNA damage check points prevent leukemic transformation in myelodysplastic syndrome. Leukemia. 2007.10; 21 (10): 2195-2198. ( PubMed, DOI )

  140. Schneider Jochen G, Finck Brian N, Ren Jie, Standley Kara N, Takagi Masatoshi, Maclean Kirsteen H, Bernal-Mizrachi Carlos, Muslin Anthony J, Kastan Michael B, Semenkovich Clay F. ATM-dependent suppression of stress signaling reduces vascular disease in metabolic syndrome. Cell Metab. 2006.11; 4 (5): 377-389. ( PubMed, DOI )

  141. Takagi Masatoshi, Absalon Michael J, McLure Kevin G, Kastan Michael B. Regulation of p53 translation and induction after DNA damage by ribosomal protein L26 and nucleolin. Cell. 2005.10; 123 (1): 49-63. ( PubMed, DOI )

  142. Kae Takagi, Masatoshi Takagi, Siva Kanangat, Kenneth J Warrington, Hidenobu Shigemitsu, Arnold E Postlethwaite. Modulation of TNF-alpha gene expression by IFN-gamma and pamidronate in murine macrophages: regulation by STAT1-dependent pathways. J. Immunol.. 2005.02; 174 (4): 1801-1810. ( PubMed )

  143. McLure Kevin G, Takagi Masatoshi, Kastan Michael B. NAD+ modulates p53 DNA binding specificity and function. Mol Cell Biol. 2004.11; 24 (22): 9958-9967. ( PubMed, DOI )

  144. Takagi Masatoshi, Tsuchida Rika, Oguchi Kaoru, Shigeta Teruko, Nakada Shinichiro, Shimizu Kimiko, Ohki Misao, Delia Domenico, Chessa Luciana, Taya Yoichi, Nakanishi Makoto, Tsunematsu Yukiko, Bessho Fumio, Isoyama Keiichi, Hayashi Yoshiki, Kudo Kazuko, Okamura Jun, Mizutani Shuki. Identification and characterization of polymorphic variations of the ataxia telangiectasia mutated (ATM) gene in childhood Hodgkin disease. Blood. 2004.01; 103 (1): 283-290. ( PubMed, DOI )

  145. Oguchi Kaoru, Takagi Masatoshi, Tsuchida Rika, Taya Yoichi, Ito Etsuro, Isoyama Keiichi, Ishii Eiichi, Zannini Laura, Delia Domenico, Mizutani Shuki. Missense mutation and defective function of ATM in a childhood acute leukemia patient with MLL gene rearrangement. Blood. 2003.05; 101 (9): 3622-3627. ( PubMed, DOI )

  146. Tsuchida Rika, Miyauchi Jun, Shen Lisong, Takagi Masatoshi, Tsunematsu Yukiko, Saeki Morihiro, Honna Toshiro, Yamada Seiko, Teraoka Hirobumi, Kato Jun-Ya, Mizutani Shuki. Expression of cyclin-dependent kinase inhibitor p27/Kip1 and AP-1 coactivator p38/Jab1 correlates with differentiation of embryonal rhabdomyosarcoma. Jpn J Cancer Res. 2002.09; 93 (9): 1000-1006. ( PubMed )

  147. Tsuchida Rika, Yamada Takayuki, Takagi Masatoshi, Shimada Akira, Ishioka Chikashi, Katsuki Yoko, Igarashi Takashi, Chessa Luciana, Delia Domenico, Teraoka Hirobumi, Mizutani Shuki. Detection of ATM gene mutation in human glioma cell line M059J by a rapid frameshift/stop codon assay in yeast. Radiat Res. 2002.08; 158 (2): 195-201. ( PubMed )

  148. Sugimoto K, Tamayose K, Takagi M, Yamada K, Sasaki M, Mizutani S, Oshimi K. Activation of an ataxia telangiectasia mutation-dependent intra-S-phase checkpoint by anti-tumour drugs in HL-60 and human lymphoblastoid cells. Br J Haematol. 2000.09; 110 (4): 819-825. ( PubMed )

  149. Shigeta T, Takagi M, Delia D, Chessa L, Iwata S, Kanke Y, Asada M, Eguchi M, Mizutani S. Defective control of apoptosis and mitotic spindle checkpoint in heterozygous carriers of ATM mutations. Cancer Res. 1999.06; 59 (11): 2602-2607. ( PubMed )

  150. Iwata S, Sato Y, Asada M, Takagi M, Tsujimoto A, Inaba T, Yamada T, Sakamoto S, Yata J, Shimogori T, Igarashi K, Mizutani S. Anti-tumor activity of antizyme which targets the ornithine decarboxylase (ODC) required for cell growth and transformation. Oncogene. 1999.01; 18 (1): 165-172. ( PubMed, DOI )

  151. Takagi M, Shigeta T, Asada M, Iwata S, Nakazawa S, Kanke Y, Ishimoto K, Mizutani S. DNA damage-associated cell cycle and cell death control is differentially modulated by caffeine in clones with p53 mutations. Leukemia. 1999.01; 13 (1): 70-77. ( PubMed )

  152. Shigeta T, Takagi M, Delia D, Chessa L, Iwata S, Kanke Y, Asada M, Eguchi M, Mizutani S.. Defective control of apoptosis, radiosensitivity, and spindle checkpoint in ataxia telangiectasia. Cancer Res. 1998.11; 58 (21): 4923-4929. ( PubMed )

  153. Takagi M, Takahiashi K, Maruyama T, Kaneko K, Obinata K, Tadokoro R, Kastumata K, Miura Y, Fujita H, Tokita A, Ishimoto K, Yabuta K. Acute lymphoblastic leukemia accompanied by severe hypercalcemia: successful treatment including aminohydroxypropylidene bisphosphonate (pamidronate disodium) Pediatr Hematol Oncol. 1998.05; 15 (3): 283-286. ( PubMed )

  154. Kaneko K, Takahashi K, Unno A, Takagi M, Maruyama T, Obinata K, Tsuchihashi N, Kawashiro N, Sakai H. Lingual cyst in infancy: importance of palpation for diagnosis. Acta Paediatr Jpn. 1997.08; 39 (4): 475-477. ( PubMed )

  155. Goi K, Takagi M, Iwata S, Delia D, Asada M, Donghi R, Tsunematsu Y, Nakazawa S, Yamamoto H, Yokota J, Tamura K, Saeki Y, Utsunomiya J, Takahashi T, Ueda R, Ishioka C, Eguchi M, Kamata N, Mizutani S. DNA damage-associated dysregulation of the cell cycle and apoptosis control in cells with germ-line p53 mutation. Cancer Res. 1997.05; 57 (10): 1895-1902. ( PubMed )

  156. Takagi M, Unno A, Maruyama T, Kaneko K, Obinata K. Human herpesvirus-6 (HHV-6)-associated hemophagocytic syndrome. Pediatr Hematol Oncol. 1996.09; 13 (5): 451-456. ( PubMed )

  157. Kaneko K, Unno A, Takagi M, Maruyama T, Obinata K. Kawasaki disease in dizygotic twins. Eur J Pediatr. 1995.10; 154 (10): 868. ( PubMed )

  158. 森田俊平, 水野朋子, 清水一秀, 田村友美恵, 鈴木智典, 柳町昌克, 磯田健志, 高木正稔, 稲次基希, 前原健寿, 森尾友宏. 軽微な受傷機転から急性硬膜外血腫を発症し、Fanconi貧血の診断に至った1例 小児科臨床. 2022.02; 75 (1): 142-146.

  159. 森下あおい, 磯田健志, 山下基, 高瀬千尋, 山野春樹, 友田昴宏, 岡野翼, 神谷尚宏, 柳町昌克, 遠藤明史, 徳本淳奈, 渡邉友博 渡部誠一, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. マルチプレックスPCRによる呼吸器病原体の観測が有用であった重症複合免疫不全症 日本小児科学会雑誌. 2021.10; 125 (10): 1458-1464.

  160. 家村綾子,柳町昌克,田崎彰久,廣田由佳,大西威一郎,神谷尚宏,津島文彦,原田浩之,木伊寿美,孝橋賢一,小田義直,高木正稔,明石巧,朝蔭孝宏,森尾友宏. 出生時から開口障害を認めたデスモイド型線維腫症 日本小児科学会雑誌. 2021.04; 125 (4): 619-624.

  161. 江口詩織, 磯田健志, 金田明也, 井上健斗, 星野顕宏, 森下あおい, 山下基, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性線毛機能不全症同胞例に対する高張食塩水吸入療法 日本小児科学会雑誌. 2021.01; 125 (1): 52-58.

  162. 髙木正稔. 小児血液腫瘍の視点から見た原発性免疫異常症 日本小児血液・がん学会雑誌. 2020.11; 57 (3): 257-263. ( DOI 医中誌 )

  163. 友田昂宏, 高木正稔. Shwachman-Diamond症候群におけるEFL1遺伝子変異 血液内科. 2020.06; 80 (6): 865-869. ( 医中誌 )

  164. 高木正稔. 【自己免疫と血液疾患】自己免疫を呈するリンパ増殖症 臨床免疫・アレルギー科. 2020.03; 73 (3): 299-304.

  165. 荒木智徳, 佐々木由香, 小野寺貴恵, 園田悠紀, 鳥谷直紀, 石飛俊介, 今道祥二, 高木正稔, 益谷美都子. PARPとPARGを標的とする抗がん剤のバイオマーカー BIO Clinica. 2019.08; 34 (9): 951-958. ( 医中誌 )

  166. 廣木遥, 高木正稔. SIFD症候群の分子病態 血液内科. 2019.06; 78 (6): 888-892. ( 医中誌 )

  167. 岡田賢司, 水野美穂子, 森内浩幸, 楠田聡, 森岡一朗, 森雅亮, 岡本圭祐, 岡田邦之, 吉原重美, 山岸敬幸, 横山詩子, 久保田知洋, 工藤寿子, 高木正稔, 伊藤秀一, 金森豊, 笹原洋二, 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会「日本におけるパリビズマブの使用に関するガイドライン」改訂検討ワーキンググループ, 日本小児科学会, 日本新生児成育医学会, 日本小児感染症学会, 日本小児呼吸器学会, 日本小児循環器学会, 日本小児リウマチ学会, 日本小児血液・がん学会, 日本小児腎臓病学会, 日本小児外科学会, 日本免疫不全・自己炎症学会. 日本におけるパリビズマブの使用に関するコンセンサスガイドライン 日本小児科学会雑誌. 2019.05; 123 (5): 807-813. ( 医中誌 )

  168. 西村聡, 星野顕宏, 松本和明, 小野真太郎, 田中真理, 石渡泰芳, 安原眞人, 足洗美穂, 満生紀子, 樋口紘平, 井上雅美, 宮村能子, 橋井佳子, 柳町昌克, 磯田健志, 梶原道子, 高木正稔, 水谷修紀, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. X連鎖高IgM症候群に対するフルダラビン・ブスルファンを用いた強度減弱前処置による造血細胞移植 日本造血細胞移植学会雑誌 . 2019.01; 8 (1): 43-49.

  169. 半谷まゆみ, 関正史, 三谷友一, 樋渡光輝, 岩崎美和, 木村敬子, 副島尭史, 佐藤伊織, 松本公一, 康勝好, 真部淳, 高木正稔, 藤村純也, 滝田順子. 小児科スタッフが中高生以上のがん患者と関わる上で抱えている課題に関する質問紙調査 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019; 56 (5): 447-453. ( DOI )

  170. 金兼弘和, 星野顕宏, 高木正稔. 原発性免疫不全症と造血器腫瘍 臨床血液. 2018.11; 59 (11): 2459-2467.

  171. 廣木遥, 高木正稔. 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 生体防御・免疫不全 毛細血管拡張性運動失調症および類縁疾患 小児内科増刊. 2018.11; 50 244-245. ( 医中誌 )

  172. 本間あおい, 金兼弘和, 廣木遥, 岡野翼, 谷田けい, 今井耕輔, 高木正稔, 渡辺章光, 渡部誠一, 森尾友宏. IgAおよびIgGサブクラス欠損症としてフォローされていたICF症候群の姉妹例 日本小児科学会雑誌. 2018.06; 122 (6): 1036-1042.

  173. 高木香恵, 高木正稔. 全身性エリテマトーデス様症状を呈する原発性免疫不全症 炎症と免疫. 2017.09; 25 (5): 311-315.

  174. 廣木遥, 岡野翼, 山下基, 足洗美穂, 宮本智史, 小林千佳, 青木由貴, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. Epstein-Barrウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症にリツキシマブが奏功したX連鎖リンパ増殖症候群1型の一例 日本小児血液・がん学会雑誌. 2017.04; 54 (1): 25-29. ( 医中誌 )

  175. 山口(藤巻)明日香, 大坂渓, 田中(久保田)真理, 宮本智史, 満生紀子, 高木正稔, 今井耕輔, 窪田満, 金兼弘和, 森尾友宏. 無形成発作を契機に診断されたグルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症の日本男児 日本小児科学会雑誌. 2017.04; 121 (4): 724-728.

  176. 宮本智史, 高木正稔. 免疫表現型によるT-ALLの分類とその予後 血液内科. 2017.04; 74 (4): 747-753.

  177. 柳町昌克, 高木正稔. 小児の急性巨核芽球性白血病発症の分子生物学 血液内科. 2016.12; 73 762-767 .

  178. 足洗美穂, 金兼弘和, 今井耕輔, 木村菜美子, 陳菜穂, 岡野翼, 小野真太郎, 田中(久保田)真理, 宮本智史, 小林千佳, 満生紀子, 青木由貴, 田中絵里子, 高木正稔, 森尾友宏. 低または無ガンマグロブリン血症50例に対する皮下注用免疫グロブリン製剤導入 日本小児科学会雑誌. 2016.12; 120 (12): 1772-1781. ( 医中誌 )

  179. 友田昂宏、満生紀子、岡野翼、田中(久保田)真理、宮本智史, 木村俊介, 高木正稔, 今井耕輔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. ロタウイルスワクチン株の持続排泄を認めた重症複合免疫不全症 日本小児科学会雑誌. 2016.11; (120): 1643-1648.

  180. 高木正稔. 白血病発症の危険因子 家族血液腫瘍と遺伝的背景 白血病学 上 -最新の基礎, 臨牀研究- . 2016.10; 74巻増刊 (8): 80-86.

  181. 高木正稔, 浦山ケビン. 小児急性リンパ性白血病発症に寄与する遺伝子多型 臨床血液. 2016.07; 57 (7): 891-899. ( DOI 医中誌 )

  182. 萩原友紀, 高木正稔. 小児に特異的に生じる汎血球減少症 血液内科. 2016.06; 72 (6): 814-819. ( 医中誌 )

  183. 青木由貴, 高木正稔, 小野林太郎, 水谷修紀, 石川文彦. MLL転座型ヒト急性リンパ性白血病におけるleukemia initiating cellsの同定 血液内科. 2016.02; 72 231-235.

  184. 萩原友紀, 高木正稔. Diamond Blackfan貧血および5q-症候群におけるリボゾームタンパク質の異常 血液内科. 2015.12; 71 (6): 693-698.

  185. 高木正稔. DNA損傷応答異常症(Ataxia Telangiectasiaを含めて) 小児疾患診療のための病態生理2 改訂5版 小児内科 2015 Vol.47 増刊号. 2015.11; 47 691-696.

  186. 高木正稔. リンパ腫発症の遺伝的素因 リンパ腫学 -最新の研究傾向-. 2015.10; 73巻増刊 (8): 80-84.

  187. 高木正稔. 遺伝性疾患と造血器腫瘍 臨床血液. 2015.10; 56 (10): 1969-1977. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  188. 高木正稔. 自己免疫性リンパ増殖症候群の診断と治療・予後 日本医事新報. 2015.04; 4746 60-61.

  189. Takagi Masatoshi, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro, Mizutani Shuki. 原発性免疫不全症候群関連の免疫性血小板減少症 臨床血液. 2013.04; 54 (4): 357-364. ( PubMed )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 高木正稔. 新臨床内科学 第10版. 医学書院 , 2020.03 毛細血管拡張性運動失調症 (ISBN : 978-4-260-03807-2)

  2. 高木正稔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症候群診療の手引き. 診断と治療社, 2017.04 毛細血管拡張性運動失調症(A-T)

  3. 磯田健志, 高木正稔, 水谷修紀. 造血器腫瘍アトラス 改訂第5版. 日本医事新報社, 2016.08 ATM欠損における染色体転座の発生機構 (ISBN : 978-4-7849-4082-0)

  4. 金兼弘和, 高木正稔, 吉田雅幸. 小児科 6月号. 金原出版株式会社, 2016.06 血液・免疫疾患の遺伝相談

  5. 西村聡, 高木正稔. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 TNFRSF6体細胞突然変異による自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS-sFAS), KRASの体細胞突然変異(gain-of-function)によるRAS関連ALPS(自己免疫性リンパ増殖症)様疾患(RALD), NRASの体細胞突然変異(gain-of-function)によるRAS関連ALPS(自己免疫性リンパ増殖症)様疾患(RALD)

  6. 小林千佳, 高木正稔. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 Caspase-8(CASP8)欠損症(autoimmune lym-phoproliferative syndrome type 2B: ALPS2B), FADD欠損症, PRKCδ欠損症(ALPS3, CVID9)

  7. 遠藤明史, 高木正稔. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 FAS異常を伴う自己免疫性リンパ増殖症候群, FASLG異常を伴う自己免疫性リンパ増殖症候群, Caspase10異常を伴う自己免疫性リンパ増殖症候群

  8. 高木正稔, 水谷修紀. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 毛細血管拡張性運動失調症様疾患1型

  9. 水谷修紀, 高木正稔. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 毛細血管拡張性運動失調

  10. 高木正稔, 金兼弘和. 小児血液・腫瘍学. 診断と治療社, 2015.11 リンパ増殖性疾患 (ISBN : 978-4-7878-2098-3)

  11. 高木正稔. 家族性腫瘍学 -家族性腫瘍の最新研究動向- 73巻増刊号6(通巻1083号). 日本臨牀社, 2015.08 原因遺伝子 ATM (ataxia telangiectasia mutated)

  12. 水谷修紀編集主幹、鹿島田健一,高木正稔, 土井庄三郎, 森尾友宏編集. レジデント必修 症例でわかる小児科診療. 診断と治療社, 2014.01 (ISBN : 9784787820242)

  13. 水谷修紀、高木正稔、森尾友宏(分担執筆)、高久史麿 他編. Annual Review 血液 2012. 中外医学社, 2012.01 RALD: ALPSとJMMLの交差点にある新たな疾患 (ISBN : 978-4-498-12572-8)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Masatoshi Takagi, Chitose Ogawa, Tomoko Iehara, Yuki Aoki-Nogami, Eri Isibashi, Minoru Imai, Toshimi Kimura, Masashi Nagata, Masato Yasuhara, Mitsuko Masutani, Kenichi Yoshimura, Daisuke Tomizawa, Atsushi Ogawa, Kan Yonemori, Tetsuro Kihara, Kiyoshi Nobori, Kazuhisa Hasebe, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio, Hajime Hosoi, Ryuji Koike. First In Children Phase I Clinical Study Of Oral Olaparib In Pediatric Patients With Refractory Solid Tumors. SIOP2021 2021.10.24 Honolulu(Web)

  2. Takahiro Tomoda, Takahiro Kamiya, Tsubasa Okano, Miho Ashiarai, Hiroki Yoshihara, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Daisuke Hasegawa, Tomohiro Morio. 再発性MLL遺伝子再構成陽性乳児急性リンパ性白血病に対しCAR-T療法を施行した一例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  3. Takahiro Tomoda, Tsubasa Okano, Kento Inoue, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Takeshi Isoda Masakatsu Yanagimachi, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Kohsuke Imai. Second transplantation rescued the graft failure after hematopoietic stem cell transplantation. 3rd Scientific Congress of Asia Pacific Society for Immunodeficiencies 2020.02.09 Chandigarh, India.

  4. Takahiro Tomoda, Tsubasa Okano, Kento Inoue, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Takeshi Isoda, Masakatsu Yanagimachi, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio, Kohsuke Imai. An intractable case of hyper IgE syndrome. APSID (Asia Pacific Society for Immunodeficiencies) School cum Workshop 2020.02.06 Chandigarh, India.

  5. Anne Pieta De Groot, Yoriko Saito, Eiryo Kawakami, Mari Hashimoto, Yuki Aoki, Rintaro Ono, Ikuko Ogahara, Saera Fujiki, Akiko Kaneko, Takashi Watanabe, Masatoshi Takagi, Daisuke Tomizawa, Katsuyoshi Koh, Mariko Eguchi, Eiichi Ishii, Osamu Ohara, Leonard Shultz, Shuki Mizutani, Fumihiko Ishikawa. Targeting Critical Kinases and Anti-Apoptotic Molecules Overcomes Steroid Resistance in Infant MLL-Rearranged Leukemia. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.09 Orlando

  6. Masanori Yoshida, Kazuhiko Nakabayashi, Aiko Sato-Otsubo, Shinichi Tsujimoto, Kaoru Yoshida, Ryota Shirai, Tomoo Osumi, Yuki Yuza, Masatoshi Takagi, Hiroyuki Takahashi, Katsuyoshi Koh, Akitoshi Kinoshita, Moeko Hino, Toshihiko Imamura, Yozo Nakazawa, Okuya Mayuko, Harumi Kakuda, Masashi Sanada, Kimikazu Matsumoto, Daisuke Tomizawa, Nobutaka Kiyokawa, Akira Ohara, Atsushi Manabe, Kenichiro Hata, Jun J. Yang, Motohiro Kato. NUDT15 Variants Confer High Incidence of Secondary Malignancies of ALL in Children. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.08 Orlando

  7. Hisashi Ishida, Takeo Sarashina, Katsutsugu Umeda, Tetsuo Mitsui, Naoto Fujita, Daisuke Tomizawa, Kevin Y Urayama, Yasushi Ishida, Takashi Taga, Masatoshi Takagi, Souichi Adachi, Atsushi Manabe, Toshihiko Imamura, Katsuyoshi Koh, Akira Shimada, Risa Matsumura. Clinical Features of Children with Polycythemia Vera, Essential Thrombocythemia, and Primary Myelofibrosis in Japan: Retrospective Nationwide Survey. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.08 Orlando

  8. Haruka Hiroki, Masatoshi Takagi, Yuko Ishi, Jinhua Piao, Tomohiro Morio. PARP Inhibition Sensitize BCR-ABL1 Positive Cell. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.08 Orlando

  9. Satoshi Miyamoto, Takuya Naruto, Tomohiro Morio, Kevin Y Urayama, Atsushi Manabe, Masatoshi Takagi. Association of Germline Variants of TCF3 and PAX5 with Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia Development. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.07 Orlando

  10. Yoichi Tanaka, Kevin Y Urayama, Makiko Mori, Daisuke Hasegawa, Yasushi Noguchi, Masakatsu Yanagimachi, Dai Keino, Setsuo Ota, Koshi Akahane, Mayumi Hangai, Takahisa Kawaguchi, Masatoshi Takagi, Katsuyoshi Koh, Fumihiko Matsuda, Atsushi Manabe. NUDT15 Genetic Variation Is the Strongest Predictive Marker of Tolerance to 6-Mercaptopurine in Japanese Childhood ALL Patients: A Genome-Wide Association Study. 61st American Society of Hematology (ASH) Annual Meeting and Exposition 2019.12.07 Orlando

  11. Nishimura A, Naruto T, Hoshino A, Amano K, Iwamoto S, Hirayama M, Grigg A, Bosco J J, Migita M, Takagi M, Ohara O, Morio T, van Zelm MC, Kanegane H. Genomics Analysis of Leukemia Predisposition in X-Linked Agammaglobulinemia. 2019 Focused Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.20 Brussels

  12. Hoshino A, Okano T, Matsumoto K, Nishimura A, Shintaku H, Tokoro S, Okamoto H, Wada T, Mitsuiki N, Kajiwara M, Takagi M, Imai K, Kanegane H, Morio T. Plasmacytoma-Like Post-Transplant Lymphoproliferative Disorder with Multiple Autoantibodies in a XIAP Deficient Patient. 2019 Focused Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.20 Brussels

  13. Okano T, Imai K, Naruto T, Okada S, Okamoto K, Yamashita M, Yeh T. W, Takagi M, Kanegane H, Morio T. Diagnostic Approach by Whole Exome Sequencing for 141 Patients of Inborn Errors of Immunity. 2019 Focused Meeting of the European Society of Immunodeficiencies (ESID2019) 2019.09.19 Brussels

  14. Nishimura Akira, Aoki Yuki, Ishiwata Yasuyoshi, Inoue Maiko, Ichimura Takuya, Ueyama Junichi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Hiroki Haruka, Ono Shintaro, Okano Tsubasa, Tanaka Mari, Miyamoto Satoshi, Ashiarai Miho, Miyawaki Reiji, Yamagishi Chika, Tezuka Mari, Okawa Teppei, Hoshino Akihiro, Endo Akifumi, Yasuhara Masato, Kamiya Takahiro, Mitsuiki Noriko, Ono Toshiaki, Yanagimachi Masakatsu, Isoda Takeshi, Tomizawa Daisuke, Nagasawa Masayuki, Kajiwara Michiko, Takagi Masatoshi, Mizutani Shuki, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. Hematopoietic cell transplantation with reduced intensity conditioning regimen using fludarabine/busulfan and fludarabine/melphalan for primary immunodeficiency diseases . The 45th Annual Meeting of the European Society for Blood and Marrow Transplantation 2019.03.25 Frankfurt

  15. Tanaka Y, Kato M, Moriyama T, Arakawa Y, Hasegawa D, Fujimura J, Keino D, Sato A, Ueda T, Taneyama Y, Takagi M, Yamamoto M, Matsuoka M, Hino M, Hori H, Koh K, Yeoh AEJ, Yang JJ, Manabe A. Tolerable Dose of 6-Mercaptopurine and Prognostic Impact of NUDT15-Deficient Genotype in Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia. 60st American society of Hematology Annual Meeting & Exposition 2018.12.03 San Diego

  16. Nishimura A, Yokoyama K, Yamagishi C, Naruto T, Morio T, Kanai A, Matsui H, Higuchi N, Takada A, Okuno H, Saito S, Karakawa S, Kobayashi S, Sano H, Koike T, Hasegawa D, Fujisaki H, Hasegawa D, Koike K, Ogawa A, Kinoshita A, Shiba N, Miki M, Nakayama H, Nakazawa Y, Imamura T, Taga T, Adachi S, Koh K, Manabe A, Taki T, Ishida Y, Tojo A, Takagi M. Clinical Feature and Genetic Alterations in Myeloid/Natural Killer (NK) Cell Precursor Acute Leukemia and Myeloid/NK Cell Acute Leukemia. 60st American society of Hematology Annual Meeting & Exposition 2018.12.02 San Diego

  17. Lin HT, Kubara K, Yamazaki K, Takagi M, Naruto T, Morio T, Okumura T, Otsu M. Enhanced Selective Inhibition of KRAS Mutant Hematopoietic Progenitor Cell Expansion By MEK and Bcl-2 Inhibition . 60st American society of Hematology Annual Meeting & Exposition 2018.12.01 San Diego

  18. Yoshida M, Nakabayashi K, Tsujimoto S.I, Osumi T, Shirai R, Kawai T, Yuza Y, Takagi M, Koh K, Takahashi H, Kinoshita A, Hino M, Manabe A, Imamura T, Ohara A, Tomizawa D, N. Kiyokawa N, Hata K, Kato M. Germline genetic predispositions to secondary malignant neoplasms in children. SIOP2018 2018.11.18 Kyoto

  19. Isoda T, Nishimura A, Miyamoto S, Morio T, Takagi M, Murre C. Non-Coding RNA thymod transcription modulates nuclear architecture to Orchestratet-Cell fate and block T-Cell malignancies. SIOP2018 2018.11.17 Kyoto

  20. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  21. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  22. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  23. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  24. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  25. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  26. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  27. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  28. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  29. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  30. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  31. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  32. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  33. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  34. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  35. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  36. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  37. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  38. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  39. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  40. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  41. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  42. Inoue Maiko, Isoda Takeshi, Matsumoto Kazuaki, Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Yanagimachi Masakatsu, Takagi Masatoshi, Kanegane Hirokazu, Imai Kohsuke, Morio Tomohiro. 原発性複合免疫不全症におけるサイトメガロウイルス喉頭炎(Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  43. Inoue Kento, Kamiya Takahiro, Miura Hiroki, Inoue Maiko, Yanagimachi Masakatsu, Park Myoung-Ja, Imai Kohsuke, Takagi Masatoshi, Yoshikawa Tetsushi, Kanegane Hirokazu, Morio Tomohiro. 染色体性に組み込まれたヒトヘルペスウイルス6に関連するXIAP欠損に対する造血幹細胞移植(Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6). 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2018.11.01

  44. Masatoshi Takagi. Rare variants of transcription factor involved in B cell differentiation and ALL. COST WG3 Meeting 2018.09.27 Dusseldorf

  45. Okamoto K, Shigemizu D, Okano T, Yeh TW, Takashima T, Yamashita M, Ono S, Mitsuiki N, Takagi M, Mori M, Kanegane H, Tsunoda T, Imai K, Morio T. Whole exome sequence analysis using the known and candidate genes for primary immunodeficiency diseases. The 2nd APSID Scientific Congress 2018.05.07 Chonquing, China

  46. Osumi Tomoo, Mori Takeshi, Ueyama Jun-Ichi, Fukano Reiji, Sekimizu Masahiro, Takagi Masatoshi, Yagasaki Hiroshi, Nishimura Ryosei, Ikeda Junji, Ogura Taemi, Fujimura Junya, Kobayashi Ryoji . Intrathecal or intraventricular infusion of rituximab for children with B-cell lymphoid malignancies and central nervous system disease. . the 58th Annual Scientific Meeting of the British Society for Haematology 2018.04.16 Liverpool

  47. 山下基, 満生紀子, 岡田賢, 井上裕三朗, 中世古知昭, Aditya K. Padhi, Kam Y Zhang, 小原收, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 谷内一郎, 森尾友宏. IKZF3ヘテロ結合型ミスセンス変異によるB細胞欠損症. 第1回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2018.01.20 東京

  48. Moriyama T, Nishii R, Janke L, Li L, Ru C, Brown CA, Lin TN, Suiter C, Kihira K, Toyoda H, Kato M, Manabe A, Koh K, Takagi M, Hori H, Yang JJ. . Evaluation of Nudt15-Guided Thiopurine Dose Individualization In Vivo Using CRISPR/Cas9-Edited Mouse Model. . 59th Annual Meeting and Exposition 2017.12.11 Atlanta, USA

  49. Isobe T, Sato A, Yoshida K, Kobayashi C, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Fukuda S, Yamamoto S, Tatsuno K, Tsutsumi S, Kiyokawa N, Aoki Y, Ishihara T, Tomizawa D, Miyamura T, Ishii E, Miyano S, Ogawa S, Aburatani H, Mizutani S, Takita J, Takagi M. Epigenetic and Transcriptomic Profiling of MLL Rearranged Infant Acute Lymphoblastic Leukemia. . 59th Annual Meeting and Exposition 2017.12.11 Atlanta, USA

  50. Matsumoto K, Takagi M, Ishiwata Y, Aoki Y, Miyamoto S, Hoshino A, Nishimura A, Tanaka M, Yanagimachi M, Mitsuiki N, Imai K, Kanegnane H, Kajiwara M, Takikawa K, Mae T, Tomiota O, Fujimura J, Yasuhara M, Tomizawa D, Mizutani S, Morio T. HLA haploidentical HCT using clofarabine and busulfan for refractory pediatric leukemia. JSH 2017 2017.10.20 Tokyo

  51. Kodawaki T, Ohnishi H, Kanegane H, Kawamoto N, Hori T, Nishimura K, Kobayashi C, Shigemura T, Ogata S, Inoue Y, Kawai T, Hiejima E, Takagi M, Imai K, Nishikomori R, Ito S, Heiki T, Ohara O, Morio T, Fukao T. A Nation-wide Survey of Haploinsufficiency of A20 Reveals the Frequent Coincidence of Autoimmunity in Japan. ESID 2017 2017.09.13 Edinburgh, UK

  52. Ono S, Yanagimachi M, Okano T, Hoshino A, Takagi M, Imai K, Morio T, Kanegane H. Inflammatory Bowel Disease Associated with XIAP Deficiency can be cured by Hematopoietic Stem Cell Transplantation. ESID 2017 2017.09.12 Edinburgh, UK

  53. Kenji Kubara, Kazuto Yamazaki, Yasuharu Ishihara, Haruna Takagi, Masashi Ito, Kappei Tsukahara, Masatoshi Takagi, Makoto Otsu. Mutant iPS cells derived from patients with RALD show significance of KRAS for self-renewal and differentiation propensity. International society for stem cell research, 2017 annual meeting 2017.06.14 Boston, USA

  54. Masatoshi Takagi. Primary immunodeficiency and leukemia/lymphoma. 28th Annual Meeting of the International BFM-Study Group 2017.05.10 Jerusalem, Israel

  55. Masatoshi Takagi, Junko Takita. Loss of ATM and DNA damage response associated genes in neuroblastoma provides a therapeutic target for PARP inhibitor. Ataxia telangiectasia work shop (ATW 2017) 2017.03.20 Milan, Italy

  56. Yuki Aoki, Takashi Watanabe, Yoriko Saito, Yoko Kuroki, Atsushi Hijikata, Masatoshi Takagi, Daisuke Tomizawa, Mariko Eguchi, Minenori Eguchi-Ishimae, Akiko Kaneko, Rintaro Ono, Kaori Sato, Nahoko Suzuki, Saera Fujiki, Katsuyoshi Koh, Eiichi Ishii, Leonard D. Shultz, Osamu Ohara, Shuki Mizutani, Fumihiko Ishikawa. Identification of CD34+ and CD34- leukemia-initiating cells in MLL-rearranged human acute lymphoblastic leukemia . The 58th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology 2016.12.17 Tokyo

  57. Seki M, Kimura S, Yoshida K, Isobe T, Ueno H, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Takagi M, Iwama A, Ohki K, Kato M, Koh K, Hanada R, Moritake H, Kobayashi R, Deguchi T, Hashii Y, Imamura T, Sato A, Horibe K, Kiyokawa N, Manabe A, Ohara A, Sanada M, Hayashi Y, Miyano S, Oka A, Ogawa S, Takita J. Identification of fatal SPI1 fusions and highly aggressive phenotype SPI1 overexpression in pediatric T cell acute lymphoblastic leukemia/lymphoma. The The 58th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology 2016.12.16 Tokyo

  58. Yoichi Tanaka, Kevin Y Urayama, Takahisa Kawaguchi, Makiko Mori, Daisuke Hasegawa, Sae Ishimaru, Yuichi Taneyama, Kazuki Terada, Masakatsu Yanagimachi, Setsuo Ota, Hiroyuki Takahashi, Takeshi Inukai, Daisuke Toyama, Dai Keino, Koichi Moriwaki, Masatoshi Takagi, Junya Fujimura, Yujin Sekinaka, Kozue Nakamura, Yuya Sato, Keitaro Matsuo, Akira Ohara, Katsuyoshi Koh, Fumihiko Matsuda, Atsushi Manabe. The Association Between L-Asparaginase Hypersensitivity and Genetic Variants in Japanese Childhood ALL Patients . 58th American Society of Hematology Annual Meeting 2016.12.03 San Diego

  59. Masafumi Seki, Shunsuke Kimura, Kenichi Yoshida, Tomoya Isobe, Hiroo Ueno, Hiromichi Suzuki, Yusuke Shiozawa, Keisuke Kataoka, Yoichi Fujii, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Masatoshi Takagi, Atsushi Iwama, Kentaro Oki, Motohiro Kato, Katsuyoshi Koh, Ryoji Hanada, Hiroshi Moritake, Ryoji Kobayashi, Takao Deguchi, Yoshiko Hashii, Toshihiko Imamura, Atsushi Sato, Keizo Horibe, Nobutaka Kiyokawa, Atsushi Manabe, Akira Ohara, Masashi Sanada, Yasuhide Hayashi, Hiroyuki Mano, Satoru Miyano, Akira Oka, Seishi Ogawa, Junko Takita. Identifications of Highly Aggressive Phenotype with SPI1 Overexpression in Pediatric T Cell Acute Lymphoblastic Leukemia/Lymphoma . 58th American Society of Hematology Annual Meeting 2016.12.03 San Diego

  60. Rina Nishii, Rebekah Baskin, Takaya Moriyama, Keito Hoshitsuki, Monika L. Metzger, Gang Wu, Meenakshi Devidas, Wenjian Yang, Paige Tedrick, Emily Quinn, Julie M. Gastier-Foster, Elizabeth Raetz, Eric Larsen, Paul L. Martin, W. Paul Bowman, Naomi Winick, Masatoshi Takagi, Ching-Hon Pui, William E. Evans, Jinghui Zhang, Mary V. Relling, Stephen P. Hunger, Charles Mullighan, Mignon L. Loh, Kim E. Nichols, Jun J. Yang. Comprehensive Functional Characterization of Germline ETV6 Variants Associated with Inherited Predisposition to Acute Lymphoblastic Leukemia in Children . 58th American Society of Hematology Annual Meeting 2016.12.03 San Diego

  61. Tomoya Isobe, Kenichi Yoshida, Chika Kobayashi, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Shiro Fukuda, Shogo Yamamoto, Kenji Tatsuno, Yuki Aoki, Takako Miyamura, Shuichi Tsutsumi, Nobutaka Kiyokawa, Takashi Ishihara, Daisuke Tomizawa, Eiichi Ishii, Satoru Miyano, Seishi Ogawa, Hiroyuki Aburatani, Shuki Mizutani, Junko Takita, Masatoshi Takagi. Genome-Wide Mutational Landscape of Infant Acute Lymphoblastic Leukemia . 58th American Society of Hematology Annual Meeting 2016.12.03 San Diego

  62. Hasegawa S, Kumada S, Takagi M. Efficacy and safety of very-low-dose betamethasone therapy in Ataxia-Telangiectasia. Ataxia-Tlangiectasia Clinical Research Conference 2016.10.07 Warsaw, Poland

  63. Okano T, Watanabe E, Takashima T, Nishikawa T, Kawano Y, Tomoda T, Tanaka-Kubota M, Miyamoto S, Yeh T, Yamashita M, Tanaka K, Mitusiki N, Ohara O, Takagi M, Imai K, Kanegane H, Morio T.. IGG1 Gammopathy in X-SCID Caused by Maternal T and B cell Engraftment. 17th Biennial Meeting of the European Society for Immunodeficiencies 2016.09.23 Barcelona, Spain

  64. Mitsui-Sekinaka K, Imai K, Tsujita Y, Mitsuiki N, Asano T, Sekinaka Y, Kanegane H, Yoshida K, Miyano S, Kojima S, Ogawa S, Ohara O, Okada S, Kobayashi M, Takagi M, Morio T, Nonoyama S.. Activated P13 Kinase Delta Syndrome (APDS)-Like Immunodeficiency Caused by PTEN Mutation. 17th Biennial Meeting of the European Society for Immunodeficiencies 2016.09.22 Barcelona, Spain

  65. Hoshino A, Okada S, Yoshida K, Nishida N, Yamashita M, Okano T, Tsumura M, Nishimura S, Sakata S, Takagi M, Imai K, Miyano S, Ogawa S, Kojima S, Nonoyama S, Morio T, Kanegane H. . Abnormal Hematopoiesis and Autoimmunity in Humans with Germline IKZF1 Mutations. 17th Biennial Meeting of the European Society for Immunodeficiencies 2016.09.22 Barcelona, Spain

  66. Masatoshi Takagi, Misa Yoshida, Yoshino Nemoto, Hiroyuki Tamaichi, Rika Tsuchida, Masafumi Seki, Kumiko Uryu, Noriko Hoshino, Rina Nishii, Satoshi Miyamoto, Masahiro Saito, Toshiaki Shimizu, Ryoji Hanada, Hideo Kaneko, Toshiyuki Fukao, Takatoshi Koyama, Yuichi Shiraishi, Kenichi Chiba, Hiroko Tanaka, Satoru Miyano, Yusuke Sato Sato, Keisuke Kataoka, Yusuke Okuno, Kenichi Yoshida, Tomohiro Morio, Akira Oka, Miki Ohira, Yasuhide Hayashi, Akira Nakagawara, Seishi Ogawa, Shuki Mizutani, Junko Takita. Loss of ATM function confers risk for advanced stage neuroblastoma but provides a therapeutic target for poly-ADP ribose polymerase inhibitors. Advances in Neuroblastoma Research Congress 2016 2016.06.21 Queensland, Australia

  67. Masatoshi Takagi. Natural history of RALD or RAS mutated JMML with autoimmunity. JMML Working Group 2015.12.04 Orlando

  68. Kobayashi C, Okano T, Ashiarai M, Miyamoto S, Imai K, Kanegane H, Morio T, Takagi M. Whole-exome sequences for three cases of Myeloid/NK cell precursor acute leukemia. The 56th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology 2015.11.27 Yamanashi

  69. Masatoshi Takagi. Cancer in Maffuci and Ollier disease. I-BFM Genetic Variation Working Group Meeting Lodz 2015 2015.10.30 Poland

  70. Takahashi H, Inoue J, Sakaguchi K, Takagi M, Mizutani S, Inazawa J. Autophagy inhibition sensitizes acute lymphoblastic leukemia cells to L-asparaginase. The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2015.10.18 Kanazawa

  71. Takagi M, Piao J, Kamiya T, Masutani M, Mizutani S. Development of synthetic lethality based PARP inhibitor treatment to leukemia. The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2015.10.18 Kanagawa

  72. Aoki Y, Sato A, Mizutani S, Takagi M. Myeloid cell differentiation dependent XAB2 repression in acute promyelocytic leukemia. The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2015.10.17 Kanazawa

  73. Moritake H, Kinoshit M, Sawa D, Kamimura S, Takagi M, Ohara O, Yamamoto S, Shimoda K, Moriguchi S, Marutsuka K, Nunoi H. . RALD with KRAS mutation in lymphocytes showing autoimmune disorders without any JMML features. The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 2015.10.16 Kanazawa

  74. Masatoshi Takagi. ATM regulates adipocyte differentiation and contributes to glucose homeostasis. 16th Ataxia Teleangiectasia Workshop 2015.10.12 Beijing

  75. Masatoshi Takagi, Jinhua Piao, Takahiro Kamiya, Mitsuko Masutani, Shuki Mizutani. Poly(ADP-Ribose) Polymerase inhibitor selectively induce cell killing in E2A-PBX1 and E2A-HLF positive leukemic cell. 56th American society of Hematology Annual Meeting 2014.12.06

  76. Rina Nishii, Yoshino Nemoto, Miki Ohira, Akira Nakagawara, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi. C11orf65 function is indispensable for neural differentiation in neuroblastoma. The 56th Annual Meeting of the Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology 2014.11.30 Okayama

  77. Setsuko Kaneko, Masatoshi Takagi, Satoko Kumada. Efficacy and safety of very-low-dose betamethasone therapy in ataxia telangiectasia. Ataxia Telangiectasia Clinical Research Conference 2014 2014.11.15

  78. Masatoshi Takagi, Setsuko Hasegawa, Shuki Mizutani. Whole-exome sequence analysis of Ataxia-Telangiectasia like phenotype. Ataxia Telangiectasia Clinical Research Conference 2014 2014.11.15

  79. Masatoshi Takagi, Jinhua Piao, Takahiro Kamiya, Mitsuko Masutani, Shuki Mizutani. Poly(ADP-Ribose) Polymerase inhibitor selectively induce cell killing in E2A-PBX1 and E2A-HLF positive leukemic cell. 8th SIOP Asia Congress 2014.04.17

  80. 高木正稔. 毛細血管拡張性運動失調症 (A-T) 治療の現状. 日本核酸医薬学会第7回年会 2022.08.03 東京

  81. 石塚潤子, 持田靖子, 内山亜紀子, 梅澤佳央, 岡田啓五, 長田有生, 齊藤真貴子, 坂東夏菜, 藤原熙基, 厚井聡志, 野上彩子, 坂下千瑞子, 長尾俊景, 藤波景子, 前田留美, 村瀬有紀子, 満生紀子, 神谷尚宏, 磯田健志, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏, 森毅彦, 山本正英. 小児期から成人期へ移行する患者支援における造血細胞移植コーディネーターの役割. 第44回日本造血・免疫細胞療法学会総会 2022.05.14 神奈川及びWeb開催

  82. 山本道雄, 荒木絵里子, 杉本龍之介, 高田ちひろ, 川崎裕介, 鈴木靖美, 本田朋子, 小林健, 細田愛, 鈴木真理, 木下眞里, 亀井聡信, 松崎陽平, 金兼弘和, 高木正稔, 山下行雄. 血小板, 好中球の2系統の血球減少で発症し末梢血中に血球貪食像を認めたCTLA4ハプロ不全の1例. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  83. 江口沙織, 山下基, 神谷尚宏, 新里大毅, 満生紀子, 磯田健志, 梶原道子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 白血球接着不全症I型に対する移植後シンクロホスファミド法を用いたHLA半合致血縁者間抹消血幹細胞移植. 第16回日本血液学会関東甲信越地方会 2022.03.19 東京及びWeb開催

  84. 友政弾, 日衛嶋栄太郎, 宮本尚幸, 新里大毅, 金子修也, 谷田けい, 満生紀子, 磯田健志, 山下基, 神谷尚宏, 清水正樹, 高木正稔, 今井耕輔, 八角高裕, Menno van Zelm, 森尾友宏, 金兼弘和. UNC13Dのtandem duplicationを認めたFHL3. 第5回日本免疫不全・自己炎症学会・学術総会 2022.02.12 Web開催

  85. Masatoshi Takagi, Chitose Ogawa, Tomoko Iehara, Yuki Nogami, Daisuke Tomizawa, Atsushi Ogawa, Junko Takita, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio, Hajime Hosoi. 小児難治性固形腫瘍に対するオラパリブの第Ⅰ相試験. 第63回日本小児血液・がん学会学術集会 2021.11.25 Web開催

  86. Eisei Tsutsumi, Kai Yamasaki, Yoshiko Nakano, Natsumi Kikuchi, Chika Nitani, Keiko Okada, Hiroyuki Fujisaki, Hideki Muramatsu, Masatoshi Takagi, Junichi Hara. RALD経過観察中にAMLを発症した一例. 第63回日本小児血液・がん学会学術集会 2021.11.25 Web開催

  87. Fumito Yamazaki, Michinori Funato, Yukiko Tsunematsu, Chieko Tamura, Tadashi Kumamoto, Masatoshi Takagi, Shunsuke Kato, Haruhiko Sugimura, Kazuo Tamura. 日本のLi-Fraumeni症候群の特徴-遺伝性腫瘍学会によるレビュー研究. 第63回日本小児血液・がん学会学術集会 2021.11.25 Web開催

  88. 西村聡, 高木正稔. シングルセルRNAシークエンスの活用と展望 〜がん細胞のheterogeneityの解明を目指して〜. 第63回日本小児血液・がん学会学術集会 2021.11.25 Web開催

  89. Dan Tomomasa, Noriko Mitsuiki, Takeshi Isoda, Akira Nishimura, Akifumi Endo, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Hirokazu Kanegane . Artemis欠損症に対するTCRαβCD19除去移植. 第63回日本小児血液・がん学会学術集会 2021.11.25 Web開催

  90. 清水正樹, 真保麻美, 高木正稔, 江口克英, 石村匡崇, 杉田純一, 森尾友宏, 金兼弘和. 慢性移植片対宿主病による筋膜炎/強皮症に対するバリシチニブの臨床的有用性. 第49回日本臨床免疫学会総会 2021.10.29 東京及びWeb開催

  91. 我有茉希, 須賀亮太, 土方敦司, 鹿島田彩子, 高木正稔, 中川竜一, 高澤啓, 白井剛, 森尾友宏, 鹿島田健一. NR5A1の新規変異p.R350WはNR5A1特異的リガンドの存在を示唆する. 第54回日本小児内分泌学会学術集会 2021.10.28 Web

  92. 船戸道徳, 恒松由紀子, 山崎文登, 田村智英子, 熊本忠史, 高木正稔, 加藤俊介, 榴村春彦, 田村和朗. 日本のLi-Fraumeni症候群の特徴-日本遺伝性腫瘍学会によるレビュー研究- . 日本人類遺伝学会第66回大会 2021.10.16 神奈川

  93. 船戸道徳, 恒松由紀子, 山崎文登, 田村智英子, 熊本忠史, 高木正稔, 加藤俊介, 榴村春彦, 田村和朗. 日本のLi-Fraumeni症候群の特徴-LFS部会によるレビュー研究. 第80回日本癌学会学術総会 2021.10.02 神奈川及びWeb

  94. Akira Nishimura, Kazuaki Yokoyama, Takuya Naruto, Hiroto Nakazono, Shunsuke Kimura, Toshihiko Imamura, Tomohiro Morio, Akinori Kanai, Hirotaka Matsui, Katsutsugu Umeda, Hideki Sano, Takashi Koike, Shinya Rai, Yujin Sekinaka, Atsushi Ogawa, Akitoshi Kinoshita, Norio Shiba, Mizuka Miki, Fumihiko Kimura, Hideki Nakayama, Yozo Nakazawa, Takashi Taga, Tomohiko Taki, Souichi Adachi, Atsushi Manabe, Katsuyoshi Koh, Yasushi Ishida, Junko Takita, Arinobu Tojo, Masatoshi Takagi. Myeloid/Natural Killer (NK) Cell Precursor Acute Leukemia As a Novel Distinctive Leukemia Entity. 第83回日本血液学会学術集会 2021.09.24 宮城 (Web)

  95. 西山洋平, 友政弾, 満生紀子, 磯田健志, 小野静香, 宮田理英, 山下基, 神谷尚宏, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 梶原道子, 森尾友宏. エミシズマブを導入した血友病Aの乳児例. 第674回日本小児科学会東京都地方会講話会 2021.07.17 WEB

  96. 磯部知弥, 高木正稔, 佐藤亜衣子, 吉田健一, 南谷泰仁, 上野浩生, 渡邉健太郎, 永江玄太, 清河信敬, 康勝好, 富澤大輔, 宮村能子, 石井榮一, 水谷修紀, 小川誠司, 油谷浩幸, 滝田順子. 網羅的トランスクリプトーム・エピゲノム解析による乳児白血病の分子病態の解明. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  97. 磯田健志, 西村聡, 森尾友宏, 高木正稔. 免疫不全症、がんクローン進化に関与する非コードRNA転写異常症の同定法の確立. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  98. 永松優一, 磯田健志, 友政弾, 満生紀子, 山下基, 遠藤明史, 神谷尚宏, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. 早期強化療法後にも頭蓋内残存腫瘤影の精査を要したT細胞急性リンパ性白血病. 第124回日本小児科学会学術集会 2021.04.17 京都

  99. 友政弾, 満生紀子, 磯田健志, 森下あおい, 友田昴宏, 廣木遥, 松本和明, 西村聡, 宮本智史, 山下基, 岡野翼, 星野顕宏, 遠藤明史, 神谷尚宏, 柳町昌克, 伊東祐之, 梶原道子, 長澤正之, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. DNAリガーゼIV欠損症に対する造血細胞移植の報告. 第43回日本造血細胞移植学会総会 2021.03.05 東京

  100. 友政弾, 満生紀子, 磯田健志 森下あおい, 山下基, 友田昂宏, 岡野翼, 遠藤明史, 神谷尚宏, 梶原道子, 金兼弘和, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. 移植後6ヶ月以降にドナーキメリズムの回復を認めたDNAリガーゼIV欠損症. 日本免疫不全・自己炎症学会 第4回総会・学術集会 2021.02.06 Web開催

  101. 髙木正稔. 生殖細胞系列遺伝子異常により発症する血液腫瘍. 第24回栃木県血液疾患講演会 2020.11.26 Web開催

  102. Yohei Nishiyama, Etsushi Toyofuku, Tsubasa Okano, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Akifumi Endo, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. 小児期にホジキンリンパ種を発症し、成人後に免疫グロブリン低下を指摘されALPS-FASと診断された一例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  103. Yumika Hoshina, Shizuka Kirino, Takahiro Tomoda, Motoi Yamashita, Tsubasa Okano, Takahiro Kamiya, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. NEMO異常症の骨髄移植後二次性生着不全に対するPTCy法を用いたHLA半合致サルベージ移植. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  104. Dan Tomomasa, Takeshi Isoda, Motoi Yamashita, Aoi Morishita, Noriko Mitsuiiki, Takahiro Kamiya, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Tomohiro Morio. ステロイド抵抗性肺GVHDに対してルキソリチニブを使用した2例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  105. Akifumi Endo, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Noriko Mitsuiki, Takeshi Isoda, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. PTCyハプロ移植症例の6例の後方視的検討. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  106. 神谷尚宏, 友政禅, 友田昴宏, 山下基, 磯田健志, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. CAR-T療法の実際:様々な状況下での経験を通して. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  107. Akira Nishimura, Karunki Yokoyama, Takuya Naruto, Tomohiro Morio, Akinori Kanai, Toshihiko Imamura, Katsuyoshi Koh, Yasushi Ishida, Arinobu Tojo, Masatoshi Takagi. Myeloid/Natural killer cell precursor acute leukemiaにおける臨床像とゲノム異常. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  108. Shotaro Matsudera, Yoshihito Kano, Yasuko Aoyagi, Kohki Tohyama, Kei Ogino, Kentaro Okamoto, Takashi Tsuchioka, Kazuyuki Kojima, Masatoshi Takagi, Sadakatsu Ikeda. 小児・AYA世代の進行再発固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の臨床的有用性の検討. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  109. Mayumi Hangai, Motohiro Kato, Masatoshi Takagi, Makito Tanaka, Atsushi Manabe, Toshihiko Imamura. 背景に(21トリソミーを除く)症候群を有する急性リンパ性白血病の全国調査(JPLSG Scientific Committee). 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  110. Ryota Shirai, Tomoo Osumi, Takeshi Mori, Mika Kohri, Takashi Ishihara, Shiho Yasue, Toshihiko Imamura, Mikiya Endo, Masatoshi Takagi, Motohiro Kato. TCF3-PBX1陽性B細胞リンパ芽球性リンパ腫の網羅的ゲノム解析. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  111. Masatoshi Takagi, Junko Takita, Chitose Ogawa, Tomoko Iehara, Hajime Hosoi. 小児難治性固形腫瘍患者を対象としたオラバリブ経口剤の第1相臨床試験の開発. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  112. Takeshi Isoda, Akira Nishimura, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. 非コードRNA転写による核内局在転換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に関与する. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

  113. Endo A, Yamashita M, Kamiya T, Mitsuiki N, Isoda T, Imai K, Takagi M, Kajiwara M, Kanegane H, Morio T. A retrospective study of six cases of HLA Haplo-Identical hematopoietic stem cell transplantation with Post-Transplant cyclophosphamide. 第62回日本小児血液・がん学会 2020.11.20 web開催

  114. 小野真太郎, 金兼弘和, 柳町昌克, 足洗美穂, 田中真理, 廣木遥, 井上健斗, 星野顕宏, 神谷尚宏, 満生紀子, 磯田健志, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. 当科で経験したXIAP欠損症関連炎症性腸疾患について. 第47回日本小児栄養消化器肝臓学会 2020.10.23 Web開催

  115. 宮本智史, 高木正稔, 大澤毅, 澁谷正史, 森尾友宏, 土田里香. BMP4 exerts anti-neoplastic effect to neuroblastoma via MYCN downregulation(BMP4におけるMYCNの抑制を介した神経芽腫の増殖阻害効果). 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.03 広島

  116. 松寺翔太郎, 加納嘉人, 遠山皓基, 青柳康子, 木村浩一朗, 大西威一郎, 竹本暁, 荻野恵, 岡本健太郎, 植竹宏之, 土岡丘, 小嶋一幸, 高木正稔, 三宅智, 池田貞勝 . 小児・AYA世代の固形がん患者におけるがん遺伝子パネル検査の有用性の検討. 第57回小児外科学会学術集会 2020.09.19 東京

  117. 江口詩織, 磯田健志, 金田朋也, 井上健斗, 星野顕宏, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹内万彦, 森尾友宏. 高張食塩水吸入療法が奏効した原発性線毛機能不全症の兄弟例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.23 兵庫

  118. 友田昂宏, 岡野翼, 森下あおい, 井上健斗, 山下基, 神谷尚宏, 磯田健志, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 重症感染症を繰り返すも病識が欠如し管理に難渋している高IgE症候群の一例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.23 兵庫

  119. 家村綾子, 柳町昌克, 神谷尚宏, 高木正稔, 森尾友宏. 出生時から認めた開口障害を契機に診断に至ったデスモイド型線維腫症. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.23 兵庫

  120. 鈴木智典, 神谷尚宏, 山内泰輔, 井上健斗, 鹿島田彩子, 東賢良, 瀬川裕子, 水野朋子, 高木正稔, 森尾友宏. 低ガンマグロブリン血症を認めたInfantile systemic hyalinosisの一例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.22 兵庫

  121. 渡部眞仁, 谷田けい, 岡野翼, 葉姿汶, 重野美湖, 春日彩季, 時政定雄, 濱崎考史, 新宅治夫, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 神経症状・免疫不全を合併したPNKP欠損症姉妹例の病態解析. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.22 兵庫

  122. 森下あおい, 山下基, 磯田健志, 友田昂宏, 岡野翼, 神谷尚宏, 遠藤明史, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏 . ALLの移植後再発に対し分子標的薬により寛解を得,PT-CY法で再移植した一例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.21 兵庫

  123. 大山宜孝, 坂本正宗, 山本亜矢子, 渡辺好宏, 武下草生子, 高木正稔. 白髪を伴う運動失調を契機に早期診断した毛細血管拡張性小脳失調症の5歳児例. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.21 兵庫

  124. 江口詩織, 磯田健志, 金田明也, 井上健斗, 星野顕宏, 滝島茂, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹内万彦, 森尾友宏. 原発性線毛機能不全症同胞例に対する高張食塩水吸入療法の有用性. 第123回日本小児科学会学術集会 2020.08.21 兵庫

  125. 成健史, 野村敏大, 黒神経彦, 下平雅之, 鹿島田彩子, 高木正稔, 成田綾, 檜垣克美, 奥山虎之, 前川正充, 衛藤義勝. Early diagnosis and treatment of Niemann-Pick disease type C using NPC diagnosis support system (NPC 診断支援システムを利用し,特殊生化学的検査,遺伝子検査から早期診断,治療を開始したニーマン・ピック病C型の1例). 第62回日本小児神経学会学術集会 2020.08.18 Web開催

  126. 水野朋子, 田村友美恵, 鈴木智典, 鹿島田彩子, 岩田啓, 石塚麻美子, 高木正稔. Two cases of Joubert syndrome initially presenting with paroxysmal eye deviation (突発的な眼球偏位を初発症状としたJoubert症候群の2例). 第62回日本小児神経学会学術集会 2020.08.18 Web開催

  127. 松寺翔太郎, 加納嘉人, 遠山皓基, 青柳康子, 熊木裕一, 高橋健太, 木村浩一朗, 大西威一郎, 荻野恵, 伴大輔, 中川剛士, 高木正稔, 石川敏明, 岡本健太郎, 植竹宏之, 田邊稔, 土岡丘, 小嶋一幸, 三宅智, 池田貞勝. がんゲノム医療におけるリキッドバイオプシーの有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 Web開催

  128. 谷田けい,今井耕輔,岡野翼,成戸卓也,甲畑宏子,岡田賢,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 原発性免疫不全症に対する保険診療による遺伝子検査175例についての検討 . 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  129. 西村聡,成戸卓也,星野顕宏,天野敬史郎,岩本彰太郎,平山雅治,Andrew Grigg,Julian J.Bosco,右田昌宏,高木正稔,小原収,森尾友宏,Menno C.van Zelm,金兼弘和. X連鎖無ガンマグロブリン血症における白血病発症因子のゲノム解析. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.16 東京

  130. 友田昂宏,岡野翼,森田俊平,西島暁彦,井上健斗,山下基,神谷尚宏,磯田健志,山本正英,柳町昌克,高木正稔,金兼弘和,今井耕輔,森尾友宏. 活性化PI3K-delta症候群5例に対する造血細胞移植経験. 第3回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2020.02.15 東京

  131. 遠藤明史, 今井耕輔, 神谷尚宏, 磯田健志, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 平川晃弘, 小池竜司. 原発性免疫不全症データベース(PIDJ)を活用した希少疾患の臨床開発プラットフォームの構築. 第40回日本臨床薬理学会学術総会 2019.12.06 東京

  132. 遠藤明史,今井耕輔,井上健斗,岡野翼,清水則夫,寺田尚美,森下あおい,友田昴宏,山下基,柳田昌克,磯田健志,神谷尚宏,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 免疫不全患者に対するマルチレックスPCR法を用いた呼吸器感染症早期診断の臨床的有用性の検討. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.16 広島

  133. 坂川由里歌, 友田昂宏, 岡野翼, 森下あおい, 井上健斗, 山下基, 遠藤明史, 磯田健志, 神谷尚宏, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹下健一, 石和田稔彦, 森尾友宏. 骨髄移植後のIgG2選択的低値時に発症した侵襲性肺炎球菌感染症. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.16 広島

  134. 井上健斗, 神谷尚宏, 井上真依子, 星野顕宏, 磯田健志, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. ドナーリンパ球輸注により寛解導入及び1年間の寛解を維持できた再発性T細胞型急性リンパ性白血病症例. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.16 広島

  135. Maho Hatano, Takahiro Tomoda, Tsubasa Okano, Issei Nunoda, Aoi Morishita, Kento Inoue, Motoi Yamashita, Akifumi Endo, Takahiro Kamiya, Takeshi Isoda, Masakatsu Yanagimachi, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Keisuke Okuno, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. 非血縁者間骨髄移植後早期にバンコマイシン自然耐性腸球菌性髄膜炎に罹患した活性型P13Kδ症候群2型の1例. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.16 広島

  136. Tadashi Kumamoto, Akira Nakagawara, Yukiko Tsunematsu, Yasuhiko Kaneko, Shigenobu Suzuki, Akira Kawai, Tatsuro Tajiri, Yoshiko Nakano, Atsushi Manabe, Masatoshi Takagi, Hiroyoshi Hattori, Mikiko Miyasaka, Taiki Nozaki, Junko Takita, Michinori Funato, Michiya Ito, Chieko Tamura, Shimon Tashiro, Naoko Kakee, Chisato Hamashima. 小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するがんゲノム医療体制実装のための研究. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.16 広島

  137. 森下あおい, 磯田健志, 山下基, 神谷尚宏, 岡野翼, 友田昂宏, 遠藤明史, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. B前駆細胞性急性リンパ性白血病の移植後再発に対して、GVHDの治療を行いながらBlinatumomabを使用した一例. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.15 広島

  138. Yoshida M, Nakabayashi K, Sato A, Tsujimoto S, Yoshida K, Shirai R, Osumi T, Yuza Y, Takagi M, Takahashi H, Koh K, Kinoshita A, Hino M, Imamura T, Nakazaawa Y, Okuya M, Kakuda H, Sanada M, Matsumoto K, Tomizawa D, Kiyokawa N, Ohara A†, Manabe A, Hata K, Yang J, Kato M. 小児急性リンパ性白血病後の二次がんへのNUDT15多型の関与. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.15 広島

  139. 高木正稔. 小児血液腫瘍の視点から見た原発性免疫不全症~in bone error of immunity~. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.15 広島

  140. Satoshi Miyamoto, Masatoshi Takagi, Tsuyoshi Osawa, Masabumi Shibuya, Tomohiro Morio, Rika Tsuchida. BMP4におけるMYCNの抑制を介した神経芽腫の増殖阻害効果. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.15 広島

  141. 松本和明, 西村聡, 井上真依子, 井上健斗, 廣木遥, 小野真太郎, 岡野翼, 田中真理, 足洗美穂, 宮本智史, 宮脇零士, 山岸千佳, 手束真理, 大川哲平, 星野顕宏, 遠藤明史, 神谷尚宏, 青木由貴, 満生紀子, 小野敏明, 柳町昌克, 磯田健志, 富澤大輔, 長澤正之, 梶原道子, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. Wiskott-Aldrich症候群における血小板輸血不応に対する各種治療薬の効果と安全性の検討. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  142. Takahiro Tomoda, Akira Nishimura, Rintaro Ono, Takeshi Isoda, Maiko Inoue, Takahiro Kamiya, Masakatsu Yanagimachi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Daisuke Hasegawa, Tomohiro Morio, Atsushi Manabe,Masatoshi Takagi. 急性骨髄性白血病からT細胞型急性リンパ性白血病へclonal evolutionを起こしたMLL-AF9陽性乳児白血病の一例. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  143. Issei Nunoda, Takahiro Tmoda, Takahiro Kmiya, Tsubasa Okano, Maho Hatano, Yuri Yoshimoto, Hideki Muramatu, Aoi Morishita, Kento Inoue, Motoi Yamashita, Akifumi Endo, Masakatsu Yanagimachi, Takeshi Isoda, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. GATA2異常症に伴うMDSに対するAzacitidineの有効性. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  144. Kiyokawa N, Ohki K, Takahashi H, Fukushima T, Kato M, Goto H, Hino M, Shimada H, Takagi M, Yuza Y, Arakawa A, Suwabe S, Kato K, Manabe A, Ohara A, Inukai T, Hasegawa D, Timizawa D, Koh K. B前駆細胞性急性リンパ芽球性白血病既知異常陰性例の遺伝子発現に基づく階層化:TCCSG L0416 研究登録症例の解析. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  145. Mayumi Hanagai, Takahisa Kawaguchi, Masatoshi Takagi, Keitaro Matsuo,Toshinori Hori, Yasushi Ishida, Akira Ohara, Shuki Mizutani, Katsuyoshi Kou, Fumiko Matsuda, Atsushi Manabe, Kevin Urayama . 日本人小児急性リンパ性白血病の発症リスクに関するゲノムワイド関連解析(東京小児がん研究グループ). 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  146. Haruka Hiroki, Yuko Ishii, Jinhua Piao, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi. BCR-ABL陽性細胞に対するPARP阻害薬の有効性. 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 2019.11.14 広島

  147. 江川真希子,小峯真理子,辰巳嵩征,高峰えりこ,高橋沙矢子,甲畑宏子,今井耕輔,高木正稔,江花有亮,吉田正幸. ウィスコット・アルドリッチ症候群の保因者診断を主とした遺伝カウンセリングの経験. 日本人類遺伝学会第64回大会 2019.11.08 長崎

  148. 谷田けい, 今井耕輔, 岡野翼, 成戸卓也, 甲畑宏子, 岡田賢, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対する保険診療による遺伝子検査140例についての検討. 日本人類遺伝学会第64回大会 2019.11.07 長崎

  149. 森下あおい,山下基,磯田健志,友田昴宏,岡野翼,神谷尚宏,柳町昌克,今井耕輔,金兼弘和,高木正稔,森尾友宏. B前駆細胞性急性リンパ性白血病の移植後再発に対して、Blinatumomab、ドナーリンパ球輸注、Inotuzumab ozogamicinを使用した後、post-transplant cyclophosphamideを用いて、HLA半合致移植を行った一例. 第25回小児血液・SCT研究会 2019.11.01 東京

  150. 遠藤明史,今井耕輔,井上健斗,岡野翼,清水則夫,寺田尚美,森下あおい,友田昴宏,山下基,柳田昌克,磯田健志,神谷尚宏,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 免疫不全患者に対するマルチプレックスPCR法を用いた呼吸器感染症早期診断の臨床的有用性の検討. 第51回日本小児・感染症学会 2019.10.26 北海道

  151. 吉田仁典, 中尾佳奈子, 島彦仁, 白井了太, 吉田馨, 辻本信一, 大隅朋生, 出口隆生4, 森麻希子5, 荒川ゆうき, 高木正稔, 宮村能子, 坂口公祥, 豊田秀実, 石田悠志, 坂田尚己, 今村俊彦, 川原勇太, 小池隆志, 富澤大輔, 清河信敬, 鳴海覚志, 加藤元博. 小児のモノソミー7を伴う血液疾患における生殖細胞系列のSAMD9/9Lバリアント保有率. 第81回日本血液学会学術集会 2019.10.12 東京

  152. 井上健斗, 神谷尚宏, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. Secondary antifungal prophylaxisが奏功した侵襲性肺アスペルギルス合併悪性リンパ腫の造血細胞移植例. 第63回日本医真菌学会総会・学術集会 2019.10.12 千葉

  153. 山下基,磯田健志,森下あおい,神谷尚宏,岡野翼,友田昴宏,遠藤明史,柳町昌克,今井耕輔,金兼弘和,高木正稔,森尾友宏. GVHD治療中再発の難治性ALLに対するブリナツモマブ、イノツズマブオゾガマイシンの使用経験. 第11回日本血液疾患免疫療法学会学術集会 2019.10.05 東京

  154. 布田一生, 岡野翼, 友田昴宏, 神谷尚宏, 柳町昌克, 長堀正和, 大塚和朗, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. ベドリズマブが奏功した難治性Crohn病様腸管GVHD. 第10回関東甲越免疫不全症研究会 2019.09.29 東京

  155. 高木正稔. 神経芽腫に対する薬剤開発. 神経芽腫のこれまでとこれから公開セミナー 2019.08.24 東京

  156. 森田俊平, 清水一秀, 田村友美恵, 鈴木智典, 水野朋子, 柳町昌克, 高木正稔, 森尾友宏, 稲次基希, 前原健寿. 軽微な受傷機転による急性硬膜外血腫からFanconi貧血の診断に至った一例. 第656回日本小児科学会東京都地方会 2019.07.13 東京

  157. 一和多信孝, 桃木恵美子, 松田健剛, 権高恩, 石井大裕, 川口忠恭, 石井和嘉子, 福田あゆみ, 渕上達夫, 藤田之彦, 森岡一朗, 高木正稔, 金兼弘和. Bacterial Translocationによる敗血症性脳症が疑われた女児例. 第656回日本小児科学会東京都地方会 2019.07.13 東京

  158. 高木正稔. 遺伝性素因と白血病. 第12回研修医(初期・後期)のための血液学セミナー 2019.07.07 滋賀

  159. 水野朋子, 山内泰輔, 鈴木智典, 鹿島田彩子, 岡野翼, 今井耕輔, 高木正稔, 野村莉紗, 渡辺章充. KBG症候群はDandy-Walker variantを合併する. 第61回日本小児神経学会学術集会 2019.06.01 愛知

  160. 西村聡,足洗美穂,神谷尚宏,山本俊亮,山本薫,友田昴宏,井上真依子,井上健斗,宮本智史,小野林太郎,平林真介,磯田健志,柳町昌克,細谷要介,長谷川大輔,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,真部淳,森尾友宏. 腸管気腫を来した血液腫瘍性疾患・原発性免疫不全症の5例. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.20 金沢

  161. 高木正稔. 血液・免疫領域におけるがん疾患感受性. 第122回日本小児科学会学術集会 2019.04.19 石川

  162. 廣木遥, 宮本智史, 井上真依子, 井上健斗, 神谷尚宏, 磯田健志, 柳町昌克, 今井耕輔, 高木正稔, 滝敦子, 伊藤悦郎, 工藤耕, 金兼弘和, 森尾友宏. 多臓器型Langerhans細胞組織球症を合併したPrader Willi症候群の乳児例. 第47回LCH研究会・第28回EBウイルス感染症研究会 2019.03.17 東京

  163. 宮岡双葉,友田昂宏,山下基,磯田健志,井上健斗,神谷尚宏,柳町昌克,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. インフルエンザを契機に溶血発作を呈したグルコース-6-リン酸脱水素酵素(G6PD)欠損症の1例. 第653回日本小児科学会東京都地方会講話会 2019.03.09 東京

  164. 足洗美穂, 西村聡, 神谷尚宏, 山本俊亮, 小野林太郎, 友田昴宏, 山本薫, 井上健斗, 井上真依子, 廣木遥, 宮本智史, 星野顕宏, 梅原直, 平林真介, 岡本健太郎, 柳町昌克, 磯田健志, 細谷要介, 長谷川大輔, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 真部淳. 造血細胞移植後に生じた腸管気腫症に対して間欠的酸素投与が有効であった3例. 第41回日本造血細胞移植学会総会 2019.03.08 大阪

  165. 西村聡, 青木由貴, 石渡泰芳, 井上真依子, 市村卓也, 上山潤一, 松本和明, 井上健斗, 廣木遥, 小野真太郎, 岡野翼, 田中真理, 足洗美穂, 宮本智史, 宮脇零士, 山岸千佳, 手束真理, 大川哲平, 星野顕宏, 遠藤明史, 安原眞人, 神谷尚宏, 満生紀子, 小野敏明, 柳町昌克, 磯田健志, 富澤大輔, 長澤正之, 梶原道子, 高木正稔, 水谷修紀, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対するフルダラビン・ブスルファンとフルダラビン・メルファランの強度減弱前処置による造血細胞移植. 第2回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2019.02.02 東京

  166. 江川真希子, 蓬田裕, 羅ことい, 不殿絢子, 今井耕輔, 高木正稔, 甲畑宏子, 高橋沙矢子, 吉田雅幸, 宮坂尚幸. ウィスコットアルドリッチ症候群の保因者診断を主とした遺伝カウンセリング4例の経験. 第4回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 2018.12.14 東京都品川区

  167. 高木正稔. Loss of DNA Damage Response in Neuroblastoma andUtility of a PARP Inhibitor. 第60回日本小児血液・がん学会学術集会 2018.11.15 京都

  168. Satoshi Miyamoto, Takuya Naruto, Tomohiro Morio, Kevin Urayama, Atsushi Manabe, Masatoshi Takagi. 小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病患者におけるTCF3のバリアント. 第60回日本小児血液・がん学会学術集会 2018.11.15 京都

  169. 熊本忠史, 中川原章, 恒松由記子, 金子安比古, 鈴木茂伸, 川井章, 田尻達郎, 中野嘉子, 真部淳, 高木正稔, 服部浩佳, 宮坂実木子, 野崎太希, 滝田順子, 舩戸道徳, 伊藤道哉, 田村智英子, 田代志門, 掛江直子, 濱島ちさと. 小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するゲノム医療体制実装のための研究. 第60回日本小児血液・がん学会学術集会 2018.11.14 京都

  170. Inoue M, Isoda T, Matsumoto K, Inoue K, Kamiya T, Yanagimachi M, Takagi M, Kanegane H, Imai K, Morio T. Cytomegalovirus laryngitis in primary combined immunodeficiency diseases. 第50回日本小児感染症学会学術集会 2018.11.10 福岡

  171. Inoue k, Kamiya T, Miura H, Inoue M, Yanagimachi M, Park MJ, Imai K, Takagi M, Yoshikawa T, Kanegane H, Morio T. Hematopoietic stem cell transplantation for XIAP deficiency with chromosomally integrated human herpesvirus 6. 第50回日本小児感染症学会学術集会 2018.11.10 福岡

  172. 高木正稔. ATMを標的とした神経芽腫治療法の開発. 日本放射線影響学会第61回大会 2018.11.09 長崎

  173. 上島洋二, 磯部勉, 小倉友美, 谷田けい, 寺田尚美, 古市美穂子, 佐藤智, 菅沼栄介, 康勝好, 高木正稔, 今井耕輔, 野々山恵章, 森尾友宏, 金兼弘和. 同じ遺伝子変異で異なる臨床病型を認めたhypo-morphic RAG1 mutationsによる複合型免疫不全症の兄弟例. 第46回日本臨床免疫学会総会 2018.11.08 長野

  174. 宮本智史, 成戸卓也, 森尾友宏, 浦山ケビン, 真部淳, 高木正稔. 小児B前駆細胞性急性リンパ性白血病の疾患感受性に関連するTCF3のバリアント . 第80回日本血液学会学術集会 2018.10.14 大阪

  175. 磯田健志, 西村聡, 宮本智史, 森尾友宏, 高木正稔, ミュアコーネリウス. 非コードRNA転写による核内構造変換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に寄与する . 第80回日本血液学会学術集会 2018.10.13 大阪

  176. 山内泰輔, 水野朋子, 鈴木智典, 鹿島田彩子, 今井耕輔, 高木正稔, 叶内匡. SCN4A遺伝子変異が同定されたNaチャネルミオトニアの一例. 日本小児神経学会関東地方会 2018.10.13 東京

  177. 磯田健志, 高木正稔. 非コードRNA転写による核内構造変換はT細胞への系列決定を誘導しT細胞系腫瘍の抑制に寄与する . 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27 大阪

  178. 滝田順子, 高木正稔. 神経芽腫におけるDNA修復機能障害とPARP阻害剤の有用性. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27 大阪

  179. 井上真依子, 友田昂宏, 磯田健志, 井上健斗, 神谷尚宏, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. CTLA4ハプロ不全症に対する非血縁者間骨髄移植. 第9回関東甲越免疫不全症研究会 2018.09.23 東京

  180. 友田昂宏, 井上真依子, 磯田健志, 山下基, 井上健斗, 神谷尚宏, 柳町昌克, 田中正則, 石毛 崇, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 腸管気腫症を伴ったWiskott-Aldrich症候群. 第9回関東甲越免疫不全症研究会 2018.09.23 東京

  181. 下山輝義,井上真依子,磯田健志,福岡かほる,堀越裕歩,山下基,松本和明,井上健斗,神谷尚宏,柳町昌克,高木正稔,金兼弘和,今井耕輔,森尾友宏. サイトメガロウイルス喉頭炎を合併したWiskott-Aldrich症候群の乳児例. 第647回日本小児科学会東京都地方会講話会  2018.07.14 東京

  182. 高木正稔. 神経芽腫におけるDNA損傷応答と標的治療. 第14回北関東小児がんセミナー 2018.05.19 群馬

  183. 井上健斗, 神谷尚宏, 三浦浩樹, 井上真依子, 廣木遥, 星野顕宏, 宮本智史, 柳町昌克, 朴明子, 今井耕輔, 高木正稔, 吉川哲史, 金兼弘和, 森尾友宏. ci-HHV-6 を合併したXIAP欠損症に対する同種骨髄移植. 第144回小児血液腫瘍免疫懇話会 2018.05.11 東京

  184. 神谷尚宏, 井上健斗, 谷田けい, 井上真依子, 廣木遥, 柳町昌克, 高木正稔, 今井耕輔, 山本浩平, 菅原江美子, 倉田盛人, 北川昌伸, 明石巧, 木村由依, 大隈朋生, 加藤元博, 大島孝一, 今留謙一, 吉田健一, 小川誠司, 金兼弘和, 森尾友宏. NK細胞性リンパ増殖症と呈した慢性活動性EBウイルス感染症の女児例. 第144回小児血液腫瘍免疫懇話会 2018.05.11

  185. 田中絵里子, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. 小児特発性ネフローゼ症候群患者の腎組織におけるToll様受容体発現の検討. 第121回日本小児科学会学術集会 2018.04.21 福岡

  186. 本間あおい, 金兼弘和, 廣木遙, 岡野翼, 谷田けい, 今井耕輔, 高木正稔, 渡辺昭充, 渡部誠一, 森尾友宏. IgAおよびIgGサブクラス欠損症としてフォローされていたICF症候群の姉妹例. 第121回日本小児科学会学術集会 2018.04.20 福岡

  187. 石井裕子, 滝田順子, 高木正稔. デジタルPCRによる神経芽腫のCopy Number Variation(CNV)解析. 第121回日本小児科学会学術集会 2018.04.20 福岡

  188. 谷田けい, 井上健斗, 井上真依子, 神谷尚宏, 廣木遥, 岡野翼, 葉姿汶, 星野顕宏, 柳町昌克, 高木正稔, 今井耕輔, 白石暁, 石村匡崇, 高田英俊, 大賀正一, 大島孝一, Christoph Klein, 金兼弘和, 森尾友宏. 非典型的X連鎖重症複合免疫不全に合併したEBV関連町昌克, 高木正稔, 今井耕輔, 白石暁, 石村匡崇, 高田英俊, 大賀正一, 大島孝一, Christoph Klein, 金兼弘和, 森尾友宏. 非典型的X連鎖重症複合免疫不全に合併したEBVγδT細胞増殖症関連. 第45回LHC研究会 2018.03.18 東京

  189. 高木正稔. 小児血液腫瘍の遺伝的背景~家族性に発症する血液悪性腫瘍. 第24回武蔵野小児血液・腫瘍懇話会 2018.02.16 東京

  190. 高木正稔. 血液・腫瘍救急. 茨城県小児救急講習会 2018.02.11 茨城

  191. 井上健斗, 星野顕宏, 柳町昌克, 今井耕輔, 高木正稔, 新妻秀剛, 笹原洋二, 森健, 早川晶, 金兼弘和, 森尾友宏. 本邦におけるIPEX症候群に対する造血細胞移植. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.03 北海道

  192. 柳町昌克, 田中真理, 今井耕輔, 前田佳真, 西村聡, 星野顕宏, 満生紀子, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 長澤正之, 岡本健太郎, 陳豊史, 伊達洋至, 森尾友宏. 造血細胞移植後の閉塞性細気管支炎に対して生体片肺移植を施行したWiskott-Aldrich症候群の1例. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.02 北海道

  193. 西村聡, 青木由貴, 石渡泰芳, 松本和明, 廣木遥, 小野真太郎, 岡野翼, 宮本智史, 足洗美穂, 星野顕宏, 田中真理, 宮脇零士, 小林千佳, 手束真理, 大川哲平, 満生紀子, 遠藤明史, 小野敏明, 磯田健志, 宮澤大輔, 長澤正之, 水谷修紀, 安原眞人, 梶原道子, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対するFluBUとFluMelによる前処置法に比較検討. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.02 北海道

  194. 金兼弘和, 岡野翼, 辻田由喜, 関中佳奈子, 谷田けい, 宮本智史, Tzu-Wen Yeh, 山下基, 寺田尚美, 小倉友美, 高木正稔, 今井耕輔, 野々山恵章, 森尾友宏. Droplet digital PCRを用いた造血細胞移植後キメリズム解析の有用性. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.02 北海道

  195. 廣木遥, 岡野翼, 今井耕輔, 井上真依子, 宮本智史, 井上健斗, 星野顕宏, 柳町昌克, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 活性化PI3Kδ症候群1型に対するHLA一致非血縁者間骨髄移植. 第40回日本造血細胞移植学会総会 2018.02.02 札幌

  196. 林琳, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, 高木正稔. RAS関連ALPS様疾患(RALD)モデルマウスを用いたリンパ球分化の解析. 第1回日本免疫不全・自己炎症学会総会学術集会 2018.01.21 東京

  197. 高木正稔, 小川淳, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 生殖細胞PAX5変異による家族性急性リンパ性白血病発症患者における免疫機能の評価. 第1回日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 2018.01.20 東京

  198. 石井裕子, 朴今花, 高木正稔. 慢性骨髄性白血病におけるPARP阻害剤の有効性. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.11 愛媛

  199. 宮本智史, 高木正稔, 西村聡, 田中真理, 小野真太郎, 足洗美穂, 満生紀子, 星野顕宏, 柳町昌克, 青木由貴, 宮澤大輔, 今井耕輔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 頻回再発に対する複数回造血細胞移植により寛解を維持している乳児白血病の7歳女児例. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.11 愛媛

  200. 田中真理, 西村聡, 山下基, 岡野翼, 宮本智史, 星野顕宏, 満生紀子, 柳町昌克, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏. ネララビンを含む多剤併用化学療法中に歩行不可能となったT細胞性リンパ腫白血病の1例. 第59回日本小児血液・がん学術集会 2017.11.10 愛媛

  201. 井上麻衣子, 星野顕宏, 松本和明, 西村聡, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 播種性フザリウム感染症を合併した重症先天性好中球減少症の一例. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.09 愛媛

  202. 廣木遥, 今井耕輔, 宮本智史, 井上麻衣子, 田中真理, 星野顕宏, 柳町昌克, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 移植後中心静脈栄養依存となったのち、右心房内fibrin血栓症を発症したNEMO異常症の一例. 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017.11.09 愛媛

  203. 小野真太郎,金兼弘和,柳町昌克,岡野翼,星野顕宏,高木正稔,今井耕輔,森尾友宏. 造血幹細胞移植によるXIAP欠損症関連炎症性腸疾患の治療. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.28 東京

  204. 大西秀典,門脇朋範,川本典生,堀友博,西村謙一,小林千恵,重村倫成,緒方昌平,井上祐三朗,河合朋樹,日衛嶋栄太郎,高木正稔,今井耕輔,西小森隆太,伊藤秀一,平家俊男,小原收,森尾友宏,深尾敏幸,金兼弘和. 多施設共同研究によるA20ハプロ不全症の国内症例の病態解析. 第45回日本臨床免疫学会 2017.09.28 東京

  205. 石渡泰芳, 永田将司, 柘植昴太, 高橋弘充, 鈴木小夜, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 安原眞人. 日本人小児原発性免疫不全症患者を対象とした注射用ブスルファンの母集団薬物動態解析. 第34回日本TDM学会・学術大会 2017.09.23 京都

  206. 谷田けい, 岡野翼, 葉姿汶, 星野顕宏, 柳町昌克, 高木正稔, 今井耕輔, 白石暁, 石村匡崇, 高田英俊, 大賀正一, 大島孝一, Christoph Klein, 金兼弘和, 森尾友宏. 全エクソーム解析で同定された非典型的X連鎖重症複合免疫不全症の成人例. 第8回関東甲越免疫不全症研究会 2017.09.23 東京

  207. 井上健斗, 星野顕宏, 金田朋也, 井上真依子, 廣木遙, 外山大輔, 山本将平, 磯山恵一, 柳町昌克, 高木正稔, 今井耕輔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 骨髄異形成症候群で発症し、骨髄移植を行った遅発型IPEX症候群の1例. 第8 回関東甲越免疫不全症研究会 2017.09.23 東京

  208. 宮本智史, 井上真依子, 廣木遥, 井上健斗, 星野顕宏, 柳町昌克, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 梶原道子, 森尾友宏. 初発より10年後に再発が認められた髄芽腫の一例. 第47回小児血液腫瘍症例検討会 2017.09.09 東京

  209. 田村智英子, 加藤俊介, 椙村春彦, 高木正稔, 田村和朗, 船戸道徳, 矢形寛, 恒松由記子. 日本家族性腫瘍学会Li-Fraumeni症候群部会活動報告. 第23回日本家族性腫瘍学会学術集会 2017.08.04 札幌

  210. 船戸道徳, 恒松由記子, 田村智英子, 高木正稔, 矢形寛, 加藤俊介, 椙村春彦, 田村和朗. わが国におけるTP53生殖細胞系列の病的バリアント保有者に伴った腫瘍の解析(2016年アップデート版). 第23回日本家族性腫瘍学会学術集会 2017.08.04 札幌

  211. 高木正稔. PARP阻害剤とその臨床応用. 東京小児がん研究グループ夏季例会 2017.07.15 東京

  212. 高木正稔. 遺伝素因と白血病. 第10回研修医(初期・後期)のための血液学セミナー 2017.07.09 大津

  213. 鹿島田彩子, 長谷川節子, 飯盛健生, 内山剛, 松尾宗明, 川井元晴, 後藤昌英, 林由起子, 高木正稔. マリネスコシェーグレン症候群のEBウイルス不死化リンパ球株を用いた小胞体ストレス応答の病態解析と新規治療薬の検討. 第59回日本小児神経学会学術集会 2017.06.16 大阪

  214. 小林 あゆみ, 鹿島田 彩子, 馬場 信平, 横山 はるな, 森山 剣光, 瀬川 裕子, 大和田 綾子, 森尾 友宏, 大山 昇一, 高木 正稔. 進行性の白質脳症・ジストニアと溶血発作を呈し網羅的ターゲットシークエンス解析で確定診断に至ったPGK欠損症の1例. 第59回日本小児神経学会学術集会 2017.06.15 大阪

  215. 鹿島田彩子, 長谷川節子, 森尾友宏, 高木正稔. 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia telangiectasia(AT)類似症状を呈する症例の網羅的遺伝子解析. 第59回日本小児神経学会学術集会 2017.06.15 大阪

  216. 小野静香,田中絵里子,岡本圭祐,多田憲正,馬場信平,菅原祐之,高木正稔,森雅亮,森尾友宏. 糸球体腎炎を合併したAicardi-Goutieres syndromeの一例. 第52回日本小児腎臓病学会学術集会 2017.06.01 東京

  217. 高木正稔. 神経細胞分化におけるC11orf65の役割の解析. 第140回小児血液腫瘍免疫懇話会 2017.05.26 東京

  218. 久原健嗣, 高木正稔, 大津真. 疾患iPS細胞を用いた新規RALD治療薬の探索. 第140回小児血液腫瘍免疫懇話会 2017.05.26 東京

  219. 鹿島田彩子, 長谷川節子, 森尾友宏, 高木正稔. 毛細血管運動失調症の類似症状を示す症例の網羅的遺伝子解析. 第120回日本小児科学会学術集会 2017.04.15 東京

  220. 松本和明, 西村聡, 星野顕宏, 田中真理, 満生紀子, 柳町昌克, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏. 風疹ワクチン持続感染を伴ったLIG4症候群に対する最滅弱前処置による骨髄移植. 第120回日本小児科学会学術集会 2017.04.14 東京

  221. 小林あゆみ, 馬場信平, 鹿島田彩子, 横山はるな, 森山剣光, 瀬川裕子, 大和田綾子, 大山昇一, 高木正稔, 森尾友宏. 網羅的ターゲットシークエンスで診断した溶血発作と多様な神経症状のPGK欠損症例. 第120回日本小児科学会学術集会 2017.04.14 東京

  222. 鹿島田彩子,長谷川節子,飯盛健生,松尾宗明,川井元晴,内山剛,森尾友宏,高木正稔. マリネスコシェーグレン症候群の小胞体ストレス応答の病態解析. 第120回日本小児科学会学術集会 2017.04.14 東京

  223. 金兼弘和, 小野真太郎, 岡野翼, 星野顕宏, 柳町昌克, 浜本和子, 中沢洋三, 今井俊彦, 小沼正栄, 新妻秀剛, 笹原洋二, 辻本弘, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. XIAP欠損症に対する造血幹細胞移植 . 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017.03.04 島根

  224. 西村聡, 星野顕宏, 松本和明, 小野真太郎, 田中真理, 足洗美穂, 満生紀子, 宮村能子, 橋井佳子, 磯田健志, 柳町昌克, 梶原道子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. X連鎖性高IgM症候群に対する強度減弱前処理による造血細胞移植. 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017.03.03 島根

  225. 高木正稔, 松本和明, 西村聡, 田中真理, 宮本智史, 星野顕宏, 柳町昌克, 満生紀子, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, 梶原道子, 石渡泰芳, 瀧川加奈子, 前つかさ, 安原眞人, 青木由貴, 宮澤大輔. 小児難治性血液腫瘍に対するクロファラビンおよびブスルファンを用いた前処置による血縁HLA半合致移植. 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017.03.02 島根

  226. 田中真理,柳町昌克,西村聡,星野顕宏,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,壽美田一貴,戸田一真,吉村亮一,金兼弘和,森尾友宏. 脊髄・脳室へ多発する播種性再発をきたし急激な経過をたどったDIPGの1例. 第45回小児血液腫瘍症例検討会 2017.01.07 東京

  227. 田中真理,高木正稔,西村聡,宮本智史,星野顕宏,満生紀子,柳町昌克,今井耕輔,金兼弘和,森尾友宏. TCF3-PBX1(E2A-PBX1)融合遺伝子を認めたBリンパ芽球性リンパ腫の一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  228. 宮本智史,田中真理,山下基,岡野翼,満生紀子,柳町昌克,今井耕輔,高木正稔,梶原道子,金兼弘和,森尾友宏. 特異な形態を呈したγ/δT細胞性リンパ腫/白血病の一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  229. 西村聡,星野顕宏,松本和明,田中真理,岡野翼,和田泰三,谷内江昭宏,満生紀子,柳町昌克,梶原道子,高木正稔,今井耕輔,金兼弘和,森尾友宏. 多彩な自己免疫疾患を合併した異型形質細胞による移植後リンパ増殖症の1例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.17 東京

  230. 星野顕宏, 岡田賢, 吉田健一, 奥野友介, 津村弥来, 西村志帆, 坂田園子, 高木正稔, 今井耕輔, 白石友一, 千葉健一, 田中洋子, 宮野悟, 小川誠, 小島勢二, 野々山恵章, 森尾友宏, 金兼弘和. IKZF1胚細胞変異による造血異常と自己免疫疾患. 第58回小児血液・がん学会学術集会 2016.12.16 東京

  231. 舩戸道徳, 恒松由記子, 田村智英子, 椙村春彦, 高木正稔, 矢形寛, 加藤俊介, 田村和朗. 本邦のTP53生殖細胞性系列の病的バリアント保有者に伴った腫瘍の特徴. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.16 東京

  232. 田中庸一, ウラヤマケビン, 森麻希子, 長谷川大輔, 石丸紗恵, 寺田和樹, 柳町昌克, 太田節雄, 高橋浩之, 外山大輔, 慶野大, 森脇浩一, 高木正稔, 藤村純也, 関中悠仁, 中村こずえ, 佐藤雄弥, 小原明, 康勝好, 真部淳. 日本人小児ALLのL-アスパラギナーゼアレルギー発現におけるNFATC2 rs6021191多型の影響. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.16 東京

  233. 外山大輔,山本将平,藤田祥央,小金澤征也,秋山康介,星野顕宏,吉田健一,満生紀子,白石友一,千葉健一,田中洋子,宮野悟,小原收,高木正稔,今井耕輔,金兼弘和,小川誠司,野々山恵章,森尾友宏,磯山恵一. IPEX症候群に骨髄異形成症候群を合併した15歳男児例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  234. 高木正稔,吉田美沙,根本佳乃,玉一博之,土田里香,関正史,瓜生久美子,星野論子,西井里菜,宮本智史,齋藤正博,花田良二,金子英雄,深尾敏幸,白石友一,千葉健一,田中洋子,宮野悟,佐藤悠佑,片岡圭亮,奥野友介,吉田健一,岡明,森尾友宏,大平美紀,林泰秀,中川原章,小川誠司,水谷修紀,滝田順子. DNA損傷応答機構の破綻が進行神経芽細胞腫のリスクとなり、PARP阻害剤への感受性を亢進する. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  235. 松本和明,西村聡,星野顕宏,田中真理,山下基,下村真毅,北澤宏展,渡邊健一郎,森嘉生,加藤環,野々山恵章,小田紘嗣,小原收,満生紀子,柳町昌克,梶原道子,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 風疹ウイルスワクチン株の持続感染を契機に診断したLIG4欠損症に対し、非血縁者間骨髄移植を施行した一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  236. 鈴木孝二, 安富素子, 吉川利英, 前田夢吉, 渡邉一寿, 津田雅世, 巨田元礼, 森岡茂己, 金兼弘和, 星野顕宏, 高木正稔, 谷澤昭彦, 大嶋勇成. 自己免疫性リンパ増殖症候群が疑われるSTAT3機能獲得変異の診断に至った一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  237. 高木正稔. 神経芽腫におけるDNA損傷応答機構の異常はPARP阻害剤の標的となる. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  238. 富岡晶子, 堀部敬三, 陳基明, 金子隆, 湯坐有希, 小澤美和, 高木正稔, 森本哲, 黒田光恵, 丸光惠. 成人後の女性小児がん経験者の健康状態と自己効力感. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  239. 今村俊彦, 多賀崇, 高木正稔, 河崎裕英, 康勝好, 滝智彦, 足立壮一, 真部淳, 石田也寸志. 本邦における治療関連性急性白血病および悪性リンパ腫の全国調査結果について. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  240. 高橋寛吉, 井上純, 坂口公祥, 高木正稔, 水谷修紀, 稲澤譲治. 急性リンパ性白血病細胞におけるL-asparaginase投与時のオキサロ酢酸とオートファジーの役割. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  241. 澤大介, 盛武浩, 齋藤祐介, 上村幸代, 此元隆雄, 井上奈巳, 渡辺浩良, 高木正稔, 小崎健次郎, 古賀友紀, 慶野大, 木下明俊, 三井純, 辻省次, 吉村淳, 土井晃一郎, 森下真一, 森下和広, 布井博幸. 一卵性双生児に発症したETV6-RUNX1陽性急性リンパ性白血病に同定されたETV6胚細胞変異の機能解析. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  242. 多賀崇, 今村俊彦, 中島健太郎, 前田尚子, 渡辺輝浩, 宮島雄二, 藤村純也, 佐野仁志, 長谷川大一郎, 河崎裕英, 足立壮一, 高木正稔, 康勝好, 真部淳, 滝智彦, 石田也寸志. 本邦での骨髄浸潤を伴わない小児顆粒球肉腫の後方視的研究. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  243. 吉野浩, 宮澤永尚, 安藤理恵, 楊國昌, 別所文雄, 高木正稔. “ETV6遺伝子胚細胞変異を伴う家族性血小板減少症”の一例. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会 2016.12.15 東京

  244. 高木正稔. PARP阻害剤が有効な新規標的疾患の探索. 第39回日本分子生物学会年会 2016.12.02 神奈川

  245. 鹿島田彩子, 長谷川節子, 飯盛健生, 内山剛, 松尾宗明, 川井元晴, 後藤昌英, 林由起子, 高木正稔. マリネスコシェーグレン症候群におけるEBウイルス不死化リンパ球株を用いた小胞体ストレス応答の病態解析. 第39回日本分子生物学会年会 2016.11.30 神奈川

  246. Yasutomi M, Suzuki K, Tsuda M, Watanabe K, Ohshima Y, Morioka S, Ishihara Y, Kanegane H, Hoshino A,Takashima T, Takagi M, Wada T. A patient with STAT3 gain-of-function mutation. 第51回日本小児アレルギー学会学術大会 2016.11.08 三重

  247. 星野顕宏, 岡田賢, 吉田健一, 西田直徳, 奥野友介, 上野浩生, 山下基, 岡野翼, 津村弥来, 西村志帆, 坂田園子, 高木正稔, 今井耕輔, 白石友一, 千葉健一, 田中洋子, 宮野悟, 小川誠, 小島勢二, 野々山恵章, 森尾友宏, 金兼弘和. B細胞欠損と自己免疫を特徴とするIKZF1の胚細胞変異. 第138回小児血液腫瘍免疫懇話会 2016.10.21 東京

  248. Kobayashi C, Mitsuiki N, Imai K, Kanegane K, Morio T, Takagi M. Genetic alteration of Myeloid/NK cell precursor acute leukemia. 第78回日本血液学会学術集会 2016.10.13 神奈川

  249. Masafumi Seki, Kenichi Yoshida, Shunsuke Kimura, Hiroo Ueno, Yuichi Shiraishi, Masatoshi Takagi, Atsushi Iwama, Keisuke Kataoka, Yusuke Shiozawa, Motohiro Kato, Hiroshi Moritake, Katsuyoshi Koh, Ryoji Hanada, Yoshiko Hashii, Takao Deguchi, Ryoji Kobayashi, Atsushi Sato, Toshihiko Imamura, Keizo Horibe, Kentaro Ohki, Nobutaka Kiyokawa, Atsushi Manabe, Akira Ohara, Masashi Sanada, Hiroyuki Mano, Akira Oka, Satoru Miyano, Yasuhide Hayashi, Seishi Ogawa, Junko Takita. Identifications of novel recurrent SPI1 fusions in highly aggressive phenotype of pediatric T-ALL. 第78回日本血液学会学術集会 2016.10.13 神奈川

  250. Hiroyoshi Takahashi, Jun Inoue, Kimiyoshi Sakaguchi, Masatoshi Takagi, Shuki Mizutani, Johji Inazawa. Essential role of oxaloacetate and autophagy in L-asparaginase-treated leukemia cells. 第78回日本血液学会学術集会 2016.10.13 神奈川

  251. 高橋沙綾子, 甲畑宏子, 江花有亮, 小笹由香, 高木正稔, 工藤篤, 吉田雅幸. Von Hippel-Lindau病家系の遺伝カウンセリングを通して明らかになった診療科連携の重要性. 第23回日本遺伝子診療学会大会 2016.10.08 東京

  252. 高木正稔, 滝田順子. 進行神経芽細胞腫におけるDNA損傷応答機構とPARP阻害剤の有効性. 第75回日本癌学会学術総会 2016.10.08 神奈川

  253. 高橋寛吉, 井上純, 坂口公祥, 高木正稔, 水谷修紀, 稲澤譲治. 急性リンパ性白血病細胞におけるL-asparaginase投与時のオキサロ酢酸とオートファジーの役割. 第75回日本癌学会学術総会 2016.10.06 神奈川

  254. 足洗美穂,金兼弘和,今井耕輔,木村菜美子,陳菜穂,岡野翼,小野真太郎,田中真理,宮本智史,小林千佳,満生紀子,青木由貴,田中絵里子,高木正稔,森尾友宏. 低または無ガンマグロブリン血症50例に対する皮下注用人免疫グロブリン製剤導入. 第7回関東甲越免疫不全症研究会 2016.09.18 東京

  255. 五十嵐鮎子, 佐久間啓, 鈴木智典, 神山邦子, 安部信平, 池野充, 高木正稔, 奥村彰久, 清水俊明, 林雅晴. 自己DNA導入による1型IFN応答. 第58回日本小児神経学会学術集会 2016.09.03 東京

  256. 田村智英子, 石川秀樹, 加藤俊介, 椙村春彦, 高木正稔, 田村和朗, 船戸道徳, 三木義男, 水谷修紀, 矢形寛, 吉田輝彦, 恒松由記子. 日本家族性腫瘍学会Li-Fraumeni症候群部会設立および活動報告. 第22回日本家族性腫瘍学会学術集会 2016.06.03 愛媛

  257. 高木正稔, 緒方昌平, 上野浩生, 吉田健一, 葉姿汶, 朴今花, 星野顕宏, 山下基, 南谷真衣, 岡野翼, 村松秀樹, 奥野友介, 白石友一, 千葉健一, 田中洋子, 坂東由紀, 林泰秀, 宮野悟, 今井耕輔, 金兼弘和, 小川誠司, 小島勢二, 森尾友宏. ALPS責任分子TNFAIP3の同定. 第12回北関東小児がんセミナー 2016.05.21 群馬

  258. 萩原友紀,高木正稔,石川有希美,森尾友宏,新妻隆広. 低身長を主訴に診断に至ったShwachman-Diamond症候群の一例. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.15 北海道

  259. 久保田真理,小野真太郎,岡野翼,足洗美穂,宮本智史,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 原発性免疫不全症を基礎疾患とする肺胞蛋白症に対する造血幹細胞移植. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.14 北海道

  260. 小野真太郎,久保田真理,岡野翼,足洗美穂,宮本智史,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 造血幹細胞移植により改善したXIAP欠損症関連炎症性腸疾患. 第119回日本小児科学学会学術集会 2016.05.14 北海道

  261. 高木正稔. 神経芽腫の網羅的ゲノム解析と新規治療開発. お茶の水小児血液腫瘍懇話会 2016.03.19 東京

  262. 高木正稔. 希少疾患に挑む~今までの知識で説明できない症例に出会った時、どう考えるか?何ができるか?. 第111回茨城県小児科学会 2016.03.13 茨城

  263. 高木正稔. 毛細血管拡張性運動失調症における耐糖能異常の解明. 平成27年度東京都医師会功労賞表彰式及び医学研究賞・グループ研究賞受賞記念講演会 2016.03.12 東京

  264. 岡野翼, 葉姿文, 久保田真理, 小野真太郎, 宮本智史, 足洗美穂, 小林千佳, 満生紀子, 青木由貴, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏.. droplet digital PCR(ddPCR)を用いた造血幹細胞移植キメリズム解析. 第38回日本造血細胞移植学会総会 2016.03.05 名古屋

  265. 長島彩子,小野真太郎,足洗美穂,満生紀子,今井耕輔,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏. 播種性BCG感染症の鑑別に苦慮した多発腫瘍合併慢性肉芽腫の1歳男児例. 第135回小児血液腫瘍免疫懇話会 2016.02.19 東京

  266. 星野顕宏、金兼弘和、森尾友宏、今井耕輔、高木正稔、他. 免疫不全を伴ったRAD50異常症の一例. 日本免疫不全症研究会学術集会 2016.01.23 東京

  267. 早川誠一、岡田賢、土居岳彦、小林正夫、星野顕宏、高木正稔、今井耕輔、金兼友宏、森尾友宏、他. CTLA-4ハプロ不全による原発性免疫不全症の9例. 日本免疫不全症研究会学術集会 2016.01.23 東京

  268. 高木正稔, 今井耕輔, 朴今花, 山下基, 星野顕宏, 岡野翼, 金兼弘和, 松村秀樹, 奥野友介, 吉田健一, 上野浩生, 白石友一, 千葉健一, 田中洋子, 宮野悟, 小川誠司, 林泰秀, 小島勢二, 森尾友宏. 自己免疫性リンパ増殖症様疾患に対する全エクソーム解析の経験. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  269. 廣木遥, 岡野翼, 山下基, 足洗美穂, 宮本智史, 小林千佳, 青木由貴, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. Rituximabが奏功したX連鎖リンパ増殖症候群1型の一例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  270. 遠藤明史, 今井耕輔, 森尾友宏, 水谷修紀, 高木正稔. 急性骨髄性白血病で同定された新規EWSR1 融合キメラ遺伝子とその機能解析. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  271. 小野真太郎, 金兼弘和, 我有茉希, 久保田真理, 足洗美穂, 宮本智史, 小林千佳, 満生紀子, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 森尾友宏. 炎症性腸疾患を合併したXIAP 欠損症患者に対する骨髄移植成功例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  272. 萩原友紀, 石川有希美, 高木正稔, 新妻隆広. 低身長精査で発見された Shwachman-Diamond syndrome の一例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  273. 青木由貴, 水谷修紀, 高木正稔. 骨髄系細胞の分化誘導は XAB2 の機能を抑制する. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  274. 高井詩織, 朴今花, 神谷尚宏, 犬飼岳史, 杉田完爾, 大屋敷一馬, Delia Domenico, 益谷美都子, 水谷修紀, 高木正稔. Poly (ADP-ribose) polymerase 阻害剤による E2A-HLF 陽性白血病に対する特異的細胞死誘導. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.29 山梨

  275. 宮本智史, 足洗美穂, 岡野翼, 青木由貴, 富澤大輔, 田中絵里子, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 八島正文, 中澤弘一, 土井庄三郎, 森尾友宏. RSウイルス感染症に伴うARDSにより死亡した再発LCHの2歳女児例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.28 山梨

  276. 野口優輔, 青木由貴, 岡野翼, 宮本智史, 足洗美穂, 小林千佳, 手束真理, 富澤大輔, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 水谷修紀, 金兼弘和, 森尾友宏. 2度の再発後同種骨髄移植が奏功したMyeloid/NK cell precursor acute leukemiaの1例 . 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.27 山梨

  277. 我有茉希, 足洗美穂, 小野真太郎, 久保田真理, 宮本智史, 満生紀子, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 寛解導入療法中にBK ウイルスによる出血性膀胱炎を来したB前駆細胞性急性リンパ性白血病の一例. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.27 山梨

  278. 南谷真衣, 佐藤正樹, 戸塚実, 水谷修紀, 高木正稔. 胎児肝細胞におけるMLL遺伝子再構成とDNA 損傷応答異常. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会 2015.11.27 山梨

  279. 石渡泰芳, 永田将司, 瀧川加奈子, 高橋弘充, 今井耕輔, 高木正稔, 金兼弘和, 森尾友宏, 安原眞人. 小児におけるブスルファン血中濃度モニタリング-低用量試験投与の有用性について-. 第25回日本医療薬学会年会 2015.11.21 横浜

  280. 友田昂宏,宮本智史,久保田真理,小野真太郎,足洗美穂,満生紀子,高木正稔,今井耕輔,梶原道子,金兼弘和,森尾友宏. 経口ロタウイルスワクチン株の持続排泄を認めたX連鎖重症複合免疫不全症の一例. 第47回小児感染症学会 2015.10.31 福島

  281. 岡野 翼, 金兼弘和, 久保田真理, 小野真太郎, 宮本智史, 足洗美穂, 満生紀子, 渡邊 健, 辻 彩子, 孫 敏華, 高木正稔, 今井耕輔, 清水則夫, 森尾友宏. 複合免疫不全症に対する網羅的ウイルス感染症スクリーニング検査の重要性. 第47回日本小児感染症学会 2015.10.31 福島

  282. 久保田真理, 金兼弘和, 小野真太郎, 岡野 翼, 宮本智史, 足洗美穂, 満生紀子, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症に対するパリビズマブ投与. 第47回日本小児感染症学会 2015.10.31 福島

  283. 南谷真衣, 佐藤正樹, 戸塚実, 水谷修紀, 高木正稔. DNA damage and MLL brakeage of fetal liver cell by maternal etoposide exposure. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.17 金沢

  284. 遠藤明史, 冨澤大輔, 今井耕輔, 森尾友宏, 水谷修紀, 高木正稔. Identification and characterization of a novel chimeric gene with EWSR1 in acute myeloid leukemia. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.17 金沢

  285. 宮本智史、大川哲平、満生紀子、磯田健志、青木由貴、高木正稔、梶原道子、今井耕輔、金兼弘和、長澤正之、森尾友宏. Unrelated allogenic bone marrow transplantation for dyskeratosis congenita: two case reports. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.17 金沢

  286. 高橋寛吉、井上純、坂口公祥、高木正稔、水谷修紀、稲澤譲治. 急性リンパ性白血病細胞においてオートファジー阻害はL-asparaginaseによるアポトーシスを増強する.. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.17 東京

  287. 小林千佳、岡野翼、足洗美穂、宮本智史、青木由貴、今井耕輔、金兼弘和、森尾友宏、高木正稔. Genetic alteration of myeloid/NK cell precursor acute leukemiarative syndrome. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.16 金沢

  288. 高木正稔. 遺伝性疾患と造血器腫瘍. 第77回日本血液学会学術集会 2015.10.16 金沢

  289. 小野真太郎、金兼弘和、我有茉希、久保田真理、足洗美穂、宮本智史、満生紀子、今井耕輔、高木正稔、和田泰三、松本和明、田中絵里子、森雅亮、森尾友宏. 巨大脾臓と汎血球減少を認め、悪性リンパ腫との鑑別に苦慮したサルコイドーシスの一例. 、第25会日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2015.10.10 金沢

  290. 岡野翼、金兼弘和、小野真太郎、足洗美穂、小林千佳、星野顕宏、満生紀子、青木由貴、高木正稔、今井耕輔、森尾友宏. XIAP欠損症に伴う炎症性腸疾患. 第25回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 2015.10.10 金沢

  291. 高橋寛吉、井上純、坂口公洋、高木正稔、水谷修紀、稲澤譲治. 急性リンパ性白血病細胞においてオートファジー阻害はL-asparaginaseの感受性を増強させる. 第74回日本癌学会学術総会 2015.10.10 愛知

  292. 酢谷明人, 宮川雄一, 辻敦美, 青木由貴, 高澤啓, 高木正稔, 今井耕輔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 当院で施行した非腫瘍性疾患に対する造血幹細胞移植後の内分泌合併症に関する検討. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  293. 中川竜一, 辻敦美, 青木由貴, 中島啓介, 酢谷明人, 宮川雄一, 高澤啓, 富澤大輔, 高木正稔, 鹿島田健一, 森尾友宏. 血液腫瘍患者の造血幹細胞移植前処置において全身放射線照射は糖尿病、高脂血症発症のリスクである. 第49回日本小児内分泌学会 2015.10.08 東京

  294. 高木正稔. 論文を書くのに必要なデータベース. 日本小児科学会第2回入門セミナー 2015.10.04 大阪

  295. 高木正稔、今井耕輔、朴今花、山下基、星野顕宏、岡野翼、金兼弘和、村松秀城、奥野友介、吉田健一、上野浩生、白石友一、千葉健一、田中洋子、宮野悟、小川誠司、林泰秀、小島勢二、森尾友宏. 自己免疫性リンパ増殖性(ALPS)様疾患に対する全エクソン解析. 第6回関東甲越免疫不全症研究会 2015.09.27 東京

  296. 岡野翼,渡辺恵理,西川拓郎,友田昴宏,久保田真理,宮本智史,高島健浩,満生紀子,高木正稔,今井耕輔,金兼弘和,河野嘉文,森尾友宏. 肝脾腫・高IgG血症を呈した9ヶ月男児. 第6回関東甲越免疫不全症研究会 2015.09.27 東京

  297. 天野沙織, 小野真太郎, 足洗美穂, 満生紀子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 治療に難渋した原因不明の血球貧食性リンパ組織球症(HLH)の1例. 第41回小児血液腫瘍症例検討会 2015.09.26 東京

  298. 高木正稔. DNA損傷応答と疾患. 東京都医学総合研究所セミナー 2015.09.10 東京

  299. 高木正稔. 文献・データベースについて. 東京小児がん白血病研究グループ冬季例会 2015.09.10 東京

  300. 村瀬芳樹,工藤 篤,甲畑宏子,小笹由香,松村 聡,光法雄介,藍原有弘,伴 大輔,落合高徳,田中真二,高木正稔,吉田雅幸,田邉 稔.. Von Hippel Lindau 病に合併した膵内分泌腫瘍の切除2例. 第70回日本消化器外科学会学術総会 2015.07.15

  301. 河原 智樹,田中 絵里子,奥津 美夏,多田 憲正,宇田川 智宏,山本 敦子,元吉 八重子,高木 正稔,森尾 友宏. Galloway-Mowat症候群の兄弟例家系における原因遺伝子の検討. 第50回日本小児腎臓病学会学術集会 2015.06.20 神戸

  302. 上田 浩樹, 工藤 篤, 大畠慶映, 大庭篤志、赤星径一、伊藤浩光、光法 雄介, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 高木正稔、田中 真二, 吉田雅幸、田邉 稔. 当科で経験したvon Hippel-Lindau病の3例. 第21回日本家族性腫瘍学会学術集会 2015.06.05 さいたま

  303. 足洗美穂、宮本智史、岡野翼、青木由貴、田中絵里子、富澤大輔、今井耕輔、高木正稔、八島正文、森尾友宏. 化学療法後にRSウイルス感染を契機としたARDSを来たしECMO管理を要した1例. 第118回日本小児科学学会学術集会 2015.04.19 大阪

  304. 小林千佳、松本和明、青木由貴、高木正稔、今井耕輔、梶原道子、森尾友宏. 毛細血管拡張性運動失調症の時に発症したサイトメガロウイルス脳炎. 第118回日本小児科学会学術集会 2015.04.19 大阪

  305. 菅原祐之、石渡久子、鹿島田彩子、青木由貴、富澤大輔、今井耕輔、高木正稔、梶原道子、森尾友宏. 急性リンパ芽球性白血病治療後にてんかん外来通院中の4症例. 第118回日本小児科学会学術集会 2015.04.18 大阪

  306. 宮本智史、富澤大輔、岡野翼、足洗美穂、小林千佳、青木由貴、高木正稔、今井耕輔、梶原道子、長澤正之、岡本浩之、和田泰三、高橋義行、森尾友宏. 骨髄移植後、ドナー型骨髄不全症に対する造血幹細胞移植を施行した再生不良性貧血の男児例. 第37回日本造血細胞移植学会総会 2015.03.07 神戸

  307. 青木由貴、今井耕輔、岡野翼、宮本智史、宮脇零士、小林千佳、手束真理、大川哲平、満生紀子、遠藤明史、小野敏明、冨澤大輔、高木正稔、梶原道子、長澤正之、石渡泰芳、安原眞人、水谷修紀、森尾友宏. 原発性免疫不全症患者10例に対するFlu+Buを用いた造血幹細胞移植. 第37回造血幹細胞移植学会 2015.03.05 神戸

  308. 吉本優里, 岡野 翼, 五十嵐真帆, 足洗美穂, 宮本智史, 小林千佳, 青木由貴, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏. 非血縁骨髄移植後10年後に遅発性非感染性肺合併症をきたしたWiskott-Aldrich症候群の一例. 第8回日本免疫不全症研究会学術集会 2015.01.24 東京

  309. 高澤 啓,Pelosi Emanuele,高木正稔,森尾友宏,浅原弘嗣,Schlessinger David,水谷修紀,Koopman Peter,鹿島田健一. 卵巣発生初期において卵巣特異的転写因子FOXL2はWT1-KTSに拮抗しAd4BP/SF-1の発現を抑制する. 第19回日本生殖内分泌学会学術集会 2015.01.10 大阪

  310. 木下真理子, 中目和彦, 頼田顕辞, 片岡寛章, 高木正稔. 網膜芽細胞腫発症後に副腎皮質癌を併発した異時性重複癌. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.30 岡山

  311. 根本佳乃, 玉一博之, 西井理菜, 土田里香, 宮本智史, 斎藤正博, 清水俊明,花田良二, 金子英雄, 深尾敏幸, 小山高敏, 大平美紀, 中川原章, 水谷修紀, 高木正稔. 神経芽細胞腫におけるATMの機能喪失. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.30 岡山

  312. 遠藤明史, 富澤大輔, 今井耕輔, 高木正稔, 森尾友宏, 水谷修紀. 急性骨髄性白血病で同定された新規EWSR1融合キメラ遺伝子とその機能解析. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.30 岡山

  313. 岡野翼, 今井耕輔, 宮脇零士, 奥津美夏, 高島健浩, 青木由貴, 富澤大輔, 高木正稔, 梶原道子, 水谷修紀, 森尾友宏. 炎症性腸疾患とMycobacterium avium感染症を合併したNEMO異常症に対する非血縁者間骨髄移植. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.29 岡山

  314. 青木由貴, 富澤大輔, 宮脇零士, 宮本智史, 小林千佳, 岡野翼, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 水谷修紀, 森尾友宏. 濃厚な治療歴を要する小児ALL再発例に対するclofarabine併用療法. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.29 岡山

  315. 小林千佳, 青木由貴, 富澤大輔, 今井耕輔, 高木正稔, 長澤正之, 森尾友宏, 水谷修紀. 複合型免疫不全を伴う毛細血管拡張性運動失調症の児に発症し、治療に難渋したサイトメガロウィルス脳炎の1例. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.29 岡山

  316. 宮本智史, 岡野翼, 青木由貴, 富澤大輔, 高木正稔, 梶原道子, 森尾友宏. 維持療法中に無菌性髄膜炎を発症した白血病 / リンパ腫の2例. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  317. 小林千佳, 大川哲平, 満生紀子, 長澤正之, 青木由貴, 富澤大輔, 梶原道子,今井耕輔, 高木正稔, 森尾友宏, 水谷修紀. EBV-HLHの3例に対するリコンビナントトロンボモジュリンの使用経験. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会 2014.11.28 岡山

  318. 根本佳乃, 玉一博之, 西井理菜, 土田里香, 宮本智史, 斎藤正博, 清水俊明,花田良二, 金子英雄, 深尾敏幸, 小山高敏, 大平美紀, 中川原章, 高木正稔,水谷修紀. 神経芽腫におけるATMの機能喪失. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.25

  319. 西井理菜, 根本佳乃, 大平美紀, 中川原章, 水谷修紀, 高木正稔. 神経芽腫における神経分化に関与するC11orf65 の機能解析. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.25

  320. 甲畑(照井)宏子, 小笹由香, 桑名仁, 土屋恭一郎, 高木正稔, 工藤篤, 吉田雅幸. 多発性膵嚢胞からVon Hippei-Lindau病を疑われ新規遺伝子検査で部分欠失を認めた一症例. 日本人類遺伝学会第59回大会・日本遺伝子診療学会第21回大会 2014.11.19

  321. 高木正稔. BIOMEDⅡに基いたクロナリティアッセイの病例紹介. 血液学会期間内サテライトセミナー 2014.10.31

  322. Miyawaki R, Tomizawa D, Aoki Y, Itoh K, Kobayahsi C, Imai K, Takagi M, Morio T, Ishiwata Y, Yasuhara M, Kajiwara M, Mizatani S. HLA haplo-identical BMT with CloBU4 conditioning for a child with relapsed ALL. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10.31

  323. Endo A, Takagi M, Tomizawa D, Imai K, Morio T, Mizutani S. . Identification and characterization of a novel chimeric gene with EWSR1 in acute myeloid leukemia. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10.31

  324. Takagi M, Sato M, Tsuchida R, Mizutani S. Relationship between infant leukemia and genomic instability of fetus. 第76回日本血液学会学術集会 2014.10.31

  325. 遠藤明史, 富澤大輔, 今井耕輔, 森尾友宏, 水谷修紀, 高木正稔. 新規EWSR1融合キメラ遺伝子が同定された難治性急性骨髄性白血病. 第130回 小児血液腫瘍免疫懇話会 2014.10.17

  326. 宮本智史, 富澤大輔, 岡野翼, 足洗美穂, 小林千佳, 青木由貴, 高木正稔, 今井耕輔, 梶原道子, 長澤正之, 森尾友宏. 骨髄移植後のdonor type aplasiaの診断に苦慮し、造血幹細胞移植を再度施行した再生不良性貧血の男児例. 第20回小児H-SCT研究会 2014.10.10

  327. 高木正稔. ATMによる腫瘍化制御. 日本放射線影響学会第57回大会 2014.10.01

  328. 根本佳乃, 西井理菜, 土田里香, 花田良二, 大平美紀, 中川原章, 水谷修紀,高木正稔. 神経芽細胞腫におけるATMの機能喪失. 第73回日本癌学会学術総会 2014.09.25

  329. 西井理菜, 根本佳乃, 大平美紀, 中川原章, 水谷修紀, 高木正稔. 神経芽腫における神経分化に関与するC11orf65の機能解析. 第73回日本癌学会学術総会 2014.09.25

  330. 加藤環, 今井耕輔, 高木正稔, 横関明男, 小野寺理, 野々山恵章. 眼球運動失行と低アルブミン血症を伴う早期発症型失調症9例の免疫学的検討. 第5回関東甲信越免疫不全症研究会 2014.09.21

  331. 高木正稔. 原発性免疫不全症候群における悪性腫瘍. 小児血液・がん学会教育セミナー 2014.09.21

  332. 岡野翼, 高島健浩, 山下基, 宮本智史, 青木由貴, 富澤大輔, 高木正稔, 今井耕輔, 和田泰三, 谷内江昭宏, 森尾友宏. アトピー性皮膚炎とミルクアレルギーを疑われ重症感染症を繰り返した乳児例. 第5回関東甲信越免疫不全症研究会 2014.09.21

  333. 廣木遥, 岡野翼, 高島健浩, 山下基, 足洗美穂, 宮本智史, 青木由貴, 富澤大輔, 高木正稔, 梶原道子, 岡本浩, 和田泰三, 谷内江昭宏, 今井耕輔, 森尾友宏. 造血幹細胞移植を行ったActivated PI3K δ syndromeの1例. 第5回関東甲信越免疫不全症研究会 2014.09.21

  334. 緒方昌平, 竹内恵美子, 野元けいこ, 扇原義人, 江波戸孝輔, 紺野寿, 坂東由紀, 高木正稔, 石井正浩. 多様自己抗体陽性の免疫調節異常症1乳児例. 第5回関東甲信越免疫不全症研究会. 第5回関東甲信越免疫不全症研究会 2014.09.21

  335. 遠藤 明史(がん・感染症センター都立駒込病院 小児科), 今井 耕輔, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 片野 晴隆, 井上 直樹, 吉川 哲史. X連鎖重症複合免疫不全症患児の体内で再活性化したCIHHV-6. 小児感染免疫(0917-4931)26巻2号 Page292(2014.07) 2014.07

  336. 長谷川節子, 熊田聡子, 高木正稔, 白井育子, 高橋孝治, 野村敏大, 鹿島田彩子, 長谷川毅, 細川卓利, 植松貢, 富士根明雄, 菅原祐之, 林雅晴. 毛細血管拡張性運動失調症の神経症状に対する少量ベタメタゾン療法~第2報~. 第56回日本小児神経学会学術集会 2014.05.29

  337. Hasegawa S, Takagi M, Sunagawa Y, Imai K, Morio T, Mizutani S.. CD40LG and SIL1 mutations associated with neurodegeneration and hypogammaglobulinemia. 第56回日本小児神経学会学術集会 2014.05.29

  338. 高木正稔, 水谷修紀. 胎児期におけるゲノム不安定性と小児白血病の関わり. 第10回北関東小児がんセミナー 2014.05.17

  339. 三上真充, 塩田光隆, 田中邦昭, 壹岐陽一, 本田吉孝, 森嶋達也, 村松秀城, 井澤和司, 高木正稔, 秦大資. JMMLとRALDの診断基準を同時に満たした1歳女児例. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11

  340. 楊 曦, 高木正稔, 菊地雅子, 横田俊平, 小池健一, 村松秀城, 小島勢二, 金兼弘和. NRAS体細胞モザイク変異による自己免疫性リンパ増殖症候群様疾患の1例. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11

  341. 高木正稔, 宮脇零士, 小林千佳, 青木由貴, 富澤大輔, 今井耕輔, 森尾友宏, 水谷修紀. Ras関連ALPS様疾患(RALD)新規治療法開拓への展望. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11

  342. 金子節子, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏, 水谷修紀. 神経症状と免疫不全を呈した9症例に対する全エクソン解析. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11

  343. 富澤大輔, 青木由貴, 宮脇零士, 小林千佳, 今井耕輔, 梶原道子, 高木正稔,森尾友宏, 水谷修紀. クロファラビンが有効であった急性リンパ性白血病複数回再発の一例. 第117回日本小児科学会学術集会 2014.04.11

  344. 高澤 啓(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野), Pelosi Emanuele, 高木 正稔, Wilhelm Dagmer, 森尾 友宏, 浅原 弘嗣, Schlessinger David, 水谷 修紀, Koopman Peter, 鹿島田 健一. 卵巣発生初期において卵巣特異的転写因子FOXL2はWT1-KTSに拮抗しAd4BP/SF-1の発現を抑制する. 日本内分泌学会雑誌(0029-0661)90巻1号 Page295(2014.04) 2014.04

  345. 楊 曦(富山大学 小児科), 高木 正稔, 菊地 雅子, 横田 俊平, 小池 健一, 村松 秀城, 小島 勢二, 金兼 弘和. NRAS体細胞モザイク変異による自己免疫性リンパ増殖症候群様疾患の1例(Autoimmune lymphoproliferative syndrome-like disease caused by NRAS mutation)(英語). 日本小児科学会雑誌(0001-6543)118巻2号 Page214(2014.02) 2014.02

  346. 金子 節子(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 高木 正稔, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 神経症状と免疫不全を呈した9症例に対する全エクソン解析. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)118巻2号 Page229(2014.02) 2014.02

  347. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 宮脇 零士, 小林 千佳, 青木 由貴, 富澤 大輔, 今井 耕輔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. Ras関連ALPS様疾患(RALD)新規治療法開拓への展望. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)118巻2号 Page214(2014.02) 2014.02

  348. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野). 腫瘍発生における細胞周期調節機構の制御. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号55回・11回・18回 Page194(2013.11) 2013.11

  349. 森尾 友宏(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野), 高木 正稔, 水谷 修紀, 今井 耕輔. Human Immunology 疾患理解から治療へ 原発性免疫不全症候群から学ぶHuman Immunology. 神経免疫学(0918-936X)18巻1号 Page66(2013.11) 2013.11

  350. 宮脇 零士(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 小宮 枝里子, 小林 千佳, 青木 由貴, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. アルキル化剤が奏効し同種末梢血幹細胞移植を行えたearly T cell precursor acute lymphoblastic leukemiaの1例. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号55回・11回・18回 Page282(2013.11) 2013.11

  351. 森尾 友宏(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野), 高木 正稔, 水谷 修紀, 今井 耕輔. Human Immunology 疾患理解から治療へ 原発性免疫不全症候群から学ぶHuman Immunology. 日本臨床免疫学会会誌(0911-4300)36巻5号 Page309(2013.10) 2013.10

  352. 高木 正稔(東京医科歯科大学 小児科), 朴 今花, 水谷 修紀, 川口 裕之, 秋山 康介, 森 麻稀子, 康 勝好, 今井 千速, 渡辺 輝浩, 小川 淳, 小林 千恵. RALDの視点から見たRAS変異陽性JMML. 日本小児血液・がん学会雑誌(2187-011X)50巻3号 Page495(2013.10) 2013.10

  353. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科発生発達病態学分野). Crossroad of immunology, hematology and oncology 毛細血管拡張性運動失調症 原発性免疫不全症から血液悪性腫瘍発症機構に迫る. 臨床血液(0485-1439)54巻9号 Page1023(2013.09) 2013.09

  354. 押田 康一(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 手束 真理, 富澤 大輔, 大川 哲平, 高木 正稔, 長澤 正文, 水谷 修紀. 頭頸部腫瘍として発症したランゲルハンス細胞組織球症の1例. 日本小児血液・がん学会雑誌(2187-011X)50巻2号 Page284(2013.07) 2013.07

  355. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 森尾 友宏, 水谷 修紀. 原発性免疫不全症 新しい疾患、トピックス RAS関連自己免疫性リンパ球増殖症候群様疾患(RALD). 日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻2号 Page273(2013.02) 2013.02

  356. 金子 節子(東京医科歯科大学 小児科), 熊田 聡子, 高木 正稔, 馬場 信平, 森山 剣光, 中島 啓介, 菅原 祐之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症の神経症状に対する評価尺度(AT NEST)の検討. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻2号 Page408(2013.02) 2013.02

  357. 金子 節子(東京医科歯科大学 小児科), 熊田 聡子, 高木 正稔, 馬場 信平, 森山 剣光, 中島 啓介, 菅原 祐之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症の神経症状に対する少量ベタメタゾン療法. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)117巻2号 Page408(2013.02) 2013.02

  358. 本間 友佳子(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 手束 真理, 大川 哲平, 富澤 大輔, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 今留 謙一. EBウイルス関連血球貪食リンパ組織球症の再燃に対し同胞間骨髄移植を施行した1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻11号 Page1777(2012.11) 2012.11

  359. 山内 建(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 磯田 健志, 大川 哲平, 手束 真理, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 高IgM症候群の臍帯血移植後に遷延する骨髄球系分化障害に対してリメタゾン投与が奏功した一例. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page367(2012.11) 2012.11

  360. 手束 真理(東京医科歯科大学), 大川 哲平, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 今留 謙一. EBウイルス関連血球貪食症候群の治療終了後早期再燃に対し、同胞間骨髄移植を施行した一例. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page324(2012.11) 2012.11

  361. 高木 正稔(東京医科歯科大学), 佐藤 正樹, 朴 今花, 本田 浩章, 水谷 修紀. 慢性骨髄性白血病 急性転化におけるDNA損傷応答機構の関与. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page283(2012.11) 2012.11

  362. 遠藤 明史(がん・感染症センター都立駒込病院), 渡邊 健, 大川 哲平, 富澤 大輔, 今井 耕輔, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. Chromosomally integrated HHV-6の病原性の解析. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page272(2012.11) 2012.11

  363. 高木 正稔(東京医科歯科大学), 朴 今花, 神谷 尚宏, 益谷 美都子, 大屋敷 一馬, 水谷 修紀. E2A-PBX1、E2A-HLF陽性急性リンパ性白血病細胞株に対するPARP阻害剤の効果. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page248(2012.11) 2012.11

  364. 長澤 正之(東京医科歯科大学), 大川 哲平, 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. トロンボモジュリン-αは早期の凝固関連移植合併症死を改善する. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page245(2012.11) 2012.11

  365. 玉一 博之(順天堂大学), 朴 今花, 櫻井 直人, 岩本 彰太郎, 駒田 美弘, 西岡 淳二, 中谷 中, 高木 正稔, 水谷 修紀. Li-Fraumeni様症候群より同定されたスプライス変異p53の機能解析. 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号54回・10回・17回 Page241(2012.11) 2012.11

  366. 尾崎 富美子(京都大学iPS細胞研究所), 狩野 博嗣, 金兼 弘和, 野々山 恵章, Lee Sang-Kyou, 高木 正稔, 水谷 修紀, 森尾 友宏. 先天性免疫不全症の病態解析、およびタンパク導入法を用いた治療法の探索. 日本臨床免疫学会会誌(0911-4300)35巻4号 Page323(2012.08) 2012.08

  367. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野), 朴 今花, 益谷 美都子, 大屋敷 一馬, 水谷 修紀. E2A-PBX1およびE2A-HLF陽性急性リンパ性白血病はPoly(ADP-Ribose)Polymerase阻害剤に高感受性を示す(PARP inhibitor selectively induces cell death in E2A-PBX1 or E2A-HLF positive leukemia)(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)71回 Page454(2012.08) 2012.08

  368. 磯田 健志(東京医科歯科大学 小児科), 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. ATM欠損早期T細胞分化における14番染色体TCRd鎖切断と転座形成の可視化(Visualization of chromosome 14 breaks and translocations involving TCRd loci during early T-cell development lacking ATM)(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)71回 Page453(2012.08) 2012.08

  369. 宇田川 智宏(東京医科歯科大学 大学院小児科), 元吉 八重子, 千賀 宗子, 梶原 道子, 松村 雄, 有路 将平, 大川 哲平, 遠藤 明史, 冨澤 大輔, 高木 正稔, 今井 耕輔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 藤村 吉博, 吉田 瑶子. Eculizumabが著効した非典型的溶血性尿毒症症候群の7歳女児例. 臨床血液(0485-1439)53巻5号 Page551(2012.05) 2012.05

  370. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学). 放射線障害と血液疾患 放射線感受性に関わる分子と血液腫瘍の発症に関して. 日本リンパ網内系学会会誌(1342-9248)52巻 Page73(2012.05) 2012.05

  371. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科発生発達病態学分野). RAS関連自己免疫性リンパ増殖症様疾患の発見とその病態解析. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page157(2012.02) 2012.02

  372. 高澤 啓(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野), 鹿島田 健一, 松原 洋平, 小野 真, 高木 正稔, 本間 桂子, 長谷川 奉延, 勝又 規行, 森尾 友宏, 水谷 修紀. マススクリーニングを契機に発見された3β-水酸化ステロイド脱水素酵素欠損症の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page440(2012.02) 2012.02

  373. 中谷 久恵(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 榎本 啓典, 保立 麻美子, 菅原 祐之, 黒澤 健司, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 持続する下肢痛と跛行が診断の契機となった偽性軟骨無形成症の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page428(2012.02) 2012.02

  374. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 大川 哲平, 冨澤 大輔, 今井 耕輔, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. Chromosomally integrated HHV-6の再活性化が疑われた重症複合免疫不全症の乳児. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page273(2012.02) 2012.02

  375. 磯田 健志(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野), 高木 正稔, 朴 今花, 増田 喬子, 伊川 友活, 東 みゆき, 森尾 友宏, 河本 宏, 水谷 修紀. ATM欠損T細胞分化のDN期におけるTリンパ球減少の原因と染色体転座の関係. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)116巻2号 Page247(2012.02) 2012.02

  376. 水谷 修紀(東京医科歯科大学 小児科), 高木 正稔, 森尾 友宏. リンパ球系 RALD ALPSとJMMLの交差点にある新たな疾患. Annual Review血液2012巻 Page131-139(2012.01) 2012.01

  377. 越智 崇徳(順天堂大学 小児外科・小児泌尿生殖器外科), 下高原 昭廣, 鈴木 健司, 川崎 志保理, 岡崎 任晴, 遠藤 明史, 高木 正稔, 水谷 修紀, 山高 篤行. 二期的摘出術で原発巣を摘出した縦隔原発滑膜肉腫の1例. 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)47巻7号 Page1095-1096(2011.12) 2011.12

  378. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野). RAS関連自己免疫性リンパ増殖症様疾患(RALD). 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page136(2011.11) 2011.11

  379. 長澤 正之(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 宮武 浩子, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 早川 智広, 林 義人, 勝本 洋一, 大森 真二. 造血幹細胞移植患者赤血球の細胞誘電および膜蛋白の解析. 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page347(2011.11) 2011.11

  380. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 小児科), 大川 哲平, 満生 紀子, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 建志, 冨澤 大輔, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子, 石渡 康芳, 安原 眞人. 当施設での小児移植前処置における経口・静注ブスルファンのPK/PDの後方視的比較検討. 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page222(2011.11) 2011.11

  381. 磯田 健志(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野), 高木 正稔, 朴 今花, 増田 喬子, 伊川 友活, 東 みゆき, 森尾 友宏, 河本 宏, 水谷 修紀. 遺伝性毛細血管拡張性小脳失調症のDouble Negative期におけるTリンパ球分化異常と発がんメカニズムの関係. 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page218(2011.11) 2011.11

  382. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野), 佐藤 正樹, 阿部 友照, 渡辺 英俊, 穴口 嵩記, 瀬川 雄司, 安田 章夫, 水谷 修紀. 白血病キメラ遺伝子の迅速スクリーニングを可能とする新規検査手法の評価について. 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page212(2011.11) 2011.11

  383. 町田 静香(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 富澤 大輔, 高木 正稔, 金子 節子, 金親 あや乃, 原田 浩之, 大川 哲平, 遠藤 明史, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症の女児に発症したdiffuse large B-cell lymphomaに対するrituximab併用化学療法の経験. 小児がん(0389-4525)48巻プログラム・総会号 Page206(2011.11) 2011.11

  384. 高木 正稔(東京医科歯科大学 院・発生発達病態学), 水谷 修紀. ATMは慢性骨髄性白血病(CML)の急性転化を抑制する(ATM prevent blatic crisis in Chronic myeliod leukemia (CML))(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)70回 Page481(2011.09) 2011.09

  385. 磯田 健志(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学分野), 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性小脳失調症(Ataxia Telangiectagia)におけるT細胞分化異常の解析. 日本臨床免疫学会会誌(0911-4300)34巻4号 Page275(2011.08) 2011.08

  386. 越智 崇徳(順天堂大学 小児外科・小児泌尿生殖器外科), 下高原 昭廣, 鈴木 健, 川崎 志保理, 岡崎 任晴, 遠藤 明史, 高木 正稔, 水谷 修紀, 山高 篤行. 二期的摘出術で原発巣を摘出した縦隔原発滑膜肉腫の1例. 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)47巻3号 Page387(2011.06) 2011.06

  387. 高木 正稔(東京医科歯科大学 小児科), 篠田 邦大, 朴 今花, 満生 紀子, 森 真理, 松田 和之, 村松 秀城, 土居崎 小夜子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 笠原 善仁, 小池 健一, 小島 勢二, 高尾 明, Oliveira Joao B., 水谷 修紀. RAS associated ALPS like disease(RALD)の提唱. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)115巻2号 Page319(2011.02) 2011.02

  388. 下高原 昭廣(順天堂大学 小児外科), 鈴木 健司, 川崎 志保理, 岡崎 任晴, 遠藤 明史, 高木 正稔, 水谷 修紀, 山高 篤行. 二期的摘出術で原発巣を摘出した縦隔原発滑膜肉腫の1例. 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)47巻1号 Page160(2011.02) 2011.02

  389. 磯田 健志(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 満生 紀子, 富澤 大輔, 落合 央, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦, 佐治 博夫, 水谷 修紀. 母体の血液腫瘍は妊娠中の胎児に転移し発症しうる. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)115巻2号 Page330(2011.02) 2011.02

  390. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科), 篠田 邦大, 満生 紀子, 朴 今花, 高木 真理, 松田 和之, 村松 秀城, 土居崎 小夜子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 小池 健一, 小島 勢二, 鷹尾 明, 水谷 修紀. KRAS変異自己免疫性リンパ球増殖症候群. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page222(2010.12) 2010.12

  391. 佐藤 正樹(ソニー先端マテリアル研究所 ライフサイエンス研究部), 高木 正稔, 朴 今花, 本田 浩章, 安田 章夫, 水谷 修紀. T細胞リンパ腫とAtmハプロ不全 BCRABLトランスジェニックマウスを用いた解析. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集83回・33回 Page2P-0866(2010.12) 2010.12

  392. 烏野 初萌(ソニー先端マテリアル研究所 ライフサイエンス研究部), 高木 正稔, 杉本 昌隆, 安田 章夫, 水谷 修紀. ATMは脂肪細胞分化を制御する(ATM regulates adipocyte differentiation). 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集83回・33回 Page3T7-10(2010.12) 2010.12

  393. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 烏野 初萌, 磯田 健志, 杉本 昌隆, 安田 章夫, 水谷 修紀. DNA損傷応答と細胞代謝におけるATMファミリー蛋白質の新側面 ATMは細胞分化を制御する(Novel Aspect of ATM family proteins in DNA damage responses and cellular metabolism ATM regulates cell differentiation)(英語). 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集83回・33回 Page2W18-7(2010.12) 2010.12

  394. 大川 哲平(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 小野 敏明, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. シクロスポリン1日3分割投与で血中濃度を維持した急性リンパ性白血病の1例. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page439(2010.12) 2010.12

  395. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 小児科), 大川 哲平, 小野 敏明, 冨澤 大輔, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子. 2歳時に急性巨核芽球性白血病を発症後、6年後にB前駆細胞型急性リンパ性白血病を発症したダウン症女児例. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page430(2010.12) 2010.12

  396. 長澤 正之(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 大川 哲平, 遠藤 明史, 満生 紀子, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 水谷 修紀. 造血幹細胞移植における新規「DIC・微小血管障害の臨床スコア」作成とその有効性・有用性の後方視的検討. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page404(2010.12) 2010.12

  397. 小野 敏明(東京医科歯科大学 小児科), 大川 哲平, 遠藤 明史, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 武川 麻紀, 前原 健寿, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 寛解導入療法後にクモ膜下出血を起こした急性リンパ性白血病の一例. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page400(2010.12) 2010.12

  398. 佐藤 正樹(ソニー先端マテリアル研究所 ライフサイエンス研究部), 高木 正稔, 朴 今花, 本田 浩章, 安田 章夫, 水谷 修紀. T細胞リンパ腫とAtmハプロ不全 BCRABLトランスジェニックマウスを用いた解析. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page359(2010.12) 2010.12

  399. 森 真理(岐阜市民病院 小児科), 篠田 邦大, 西澤 茉莉, 横山 能文, 門井 絵美, 大西 沙緒理, 高木 正稔, 鷹尾 明. 4人の悪性リンパ腫の家族歴を有する小児濾胞性リンパ腫の一例. 小児がん(0389-4525)47巻プログラム・総会号 Page353(2010.12) 2010.12

  400. 秋山 めぐみ(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 富澤 大輔, 大川 哲平, 小野 敏明, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子. 2歳時に急性巨核芽球性白血病を発症後、6年後にB前駆細胞型急性リンパ性白血病を発症したダウン症候群の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻11号 Page1765-1766(2010.11) 2010.11

  401. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学・小児科), 水谷 修紀. 放射線誘発白血病 原爆疫学・分子メカニズムから予防法の開発まで DNA損傷応答機構と白血病. 日本放射線影響学会大会講演要旨集(1347-8680)53回 Page56(2010.10) 2010.10

  402. 小野 敏明(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 満生 紀子, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 櫻井 英幸, 岸本 誠司. 頭頸部原発・傍髄膜発症の胎児型横紋筋肉腫で、化学療法、放射線治療に抵抗性を示した1例. 小児がん(0389-4525)47巻3号 Page479(2010.09) 2010.09

  403. 元吉 八重子(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 長田 道夫. 急性骨髄性白血病に対する臍帯血移植後に慢性腎不全に至った一例. 日本小児腎臓病学会雑誌(0915-2245)23巻1Suppl. Page175(2010.06) 2010.06

  404. 元吉 八重子(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 高木 正稔, 長澤 正之, 水谷 修紀, 長田 道夫. 急性骨髄性白血病に対して臍帯血移植と骨髄移植を施行された後に慢性腎不全に至った12歳男児例. 日本腎臓学会誌(0385-2385)52巻3号 Page251(2010.05) 2010.05

  405. 津山 直子(癌研究会癌研究所 病理部), 冨樫 由紀, 倉田 盛人, 波多野 郷子, 青木 由貴, 小野 敏明, 磯田 健志, 高木 正稔, 水谷 修紀, 北川 昌伸, 竹内 賢吾. MYH9-ALK:Anaplastic large cell lymphomaにおける稀なALK融合遺伝子の同定. 日本リンパ網内系学会会誌(1342-9248)50巻 Page133(2010.05) 2010.05

  406. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学・小児科), 高木 正稔, 青木 由貴, 小野 敏明, 長澤 正之, 森尾 友宏, 山本 敦子, 荒木 聡, 水谷 修紀. イホマイド脳症の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻4号 Page742(2010.04) 2010.04

  407. 満生 紀子(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 高木 正稔, 遠藤 明史, 小野 敏明, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. リンパ節腫脹、肝脾腫、自己抗体を産生し、KRAS体細胞変異をみとめた乳児例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻2号 Page210(2010.02) 2010.02

  408. 竹田 清香(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 金子 節子, 荒木 聡, 元吉 八重子, 西田 俊彦, 小野 真, 佐々木 章人, 高木 正稔, 長澤 正之, 土井 庄三郎, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性硬膜下血腫をきたし、ビタミンK利用障害が疑われた4ヵ月女児の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)114巻1号 Page97(2010.01) 2010.01

  409. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科発生発達病態学分野), 水谷 修紀. DNA損傷応答ネットワークの別の側面(Another aspect of DNA damage response network). 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page99(2009.11) 2009.11

  410. 満生 紀子(東京医科歯科大学), 遠藤 明史, 小野 敏明, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 当科における原発性免疫不全症に対する骨髄非破壊的前処置による移植の検討. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page247(2009.11) 2009.11

  411. 青木 由貴(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 満生 紀子, 遠藤 明史, 小野 敏明, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 今留 謙一. JMMLに対し臍帯血移植を施行し10年経過後、混合キメリズムの状態でSLEを発症した1例. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page466(2009.11) 2009.11

  412. 遠藤 明史(東京医科歯科大学), 満生 紀子, 小野 敏明, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. RISTにて臍帯血移植後、TMA、血球貪食症候群を発症し死亡したX連鎖重症複合型免疫不全症の一例. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page465(2009.11) 2009.11

  413. 櫻井 直人(三重大学医学部附属病院 小児科), 岩本 彰太郎, 堀 浩樹, 駒田 美弘, 松峯 昭彦, 中谷 中, 高木 正稔. Li-Fraumeni症候群が疑われた、卵巣腫瘍合併骨肉腫の一例. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page440(2009.11) 2009.11

  414. 梶原 道子(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性白血病に対する非血縁者間骨髄移植の10年後に食道がんを合併した1例. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page397(2009.11) 2009.11

  415. 鬼頭 敏幸(愛知医科大学 小児科), 高木 正稔, 熊田 知浩, 才田 聡, 藤井 達哉, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 鶴澤 正仁. MDSで発症し毛細血管拡張を欠くAtaxia Teleangiectasiaの女児. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page337(2009.11) 2009.11

  416. 小野 敏明(東京医科歯科大学), 遠藤 明史, 満生 紀子, 高木 正稔, 長澤 正之, 片山 未来, 渡部 健, 落合 央, 大山 敦, 峰岸 志津子, 清水 則夫, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性白血病治療中にカリシウイルス腸炎を発症した3例の遷延性ウイルス排泄の検討. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page336(2009.11) 2009.11

  417. 磯田 健志(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 青木 由貴, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 西尾 信博, 濱 麻人, 在家 祐司, 真部 淳, 伊藤 雅文, 小島 勢二, 水谷 修紀. Low grade MDSの骨髄所見を示した先天性角化不全症TINF2変異の一例. 小児がん(0389-4525)46巻プログラム・総会号 Page335(2009.11) 2009.11

  418. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 小児科), 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 梶原 道子. 著明な骨浸潤と腸重積を伴ったBurkittリンパ腫の一男児例. 小児がん(0389-4525)46巻3号 Page414(2009.09) 2009.09

  419. 磯田 健志(東京医科歯科大学 小児科), 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦, 谷脇 雅史, 水谷 修紀. p190型BCR-ABL白血病における母児間転移と非遺伝母HLAアレル(NIMA)欠損(Materno-fetal transmission and loss of non-inherited maternal MHC in p190 type BCR-ABL leukemia)(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)68回 Page335(2009.08) 2009.08

  420. 海野 純也(東京医科歯科大学 医歯学総合・発生発達病態学), 高木 正稔, 前田 大介, 益谷 美都子, 清野 透, 寺岡 弘文, 水谷 修紀. DNA複製フォーク停止時におけるArtemis依存的なDNA二本鎖切断の生成(Artemis-dependent DNA double-strand break formation at stalled replication forks)(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)68回 Page377(2009.08) 2009.08

  421. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 小児科), 小野 敏明, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長沢 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急速に心房内に浸潤する縦隔腫瘍に対し緊急的に心房内腫瘤摘出手術を施行した14歳女児例. 小児がん(0389-4525)46巻1号 Page50(2009.02) 2009.02

  422. 長澤 正之(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科), 小野 敏明, 遠藤 明史, 青木 由貴, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 当科における同種造血幹細胞移植(1995-2007年)の検討. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)113巻2号 Page433(2009.02) 2009.02

  423. 本田 真由子(東京医科歯科大学 大学院・発生発達病態学), 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. フローサイトメトリーを用いたDNA損傷の定量化と毛細血管拡張性小脳失調症診断方法の確立. 小児がん(0389-4525)45巻プログラム・総会号 Page218(2008.11) 2008.11

  424. 烏野 初萌(先端マテリアル研究所 ライフサイエンス研究部・ソニー), 杉本 昌隆, 安田 章夫, 水谷 修紀, 高木 正稔. 脂肪細胞分化におけるATMの役割. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集81回・31回 Page3T21-9(2008.11) 2008.11

  425. 青木 由貴(東京医科歯科大学 発生発達病態学), 遠藤 明史, 満生 紀子, 小野 敏明, 磯田 健志, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 笹原 洋二, 久間木 悟, 土屋 滋, 大石 勉. 免疫不全症に合併した悪性リンパ腫2例. 小児がん(0389-4525)45巻プログラム・総会号 Page326(2008.11) 2008.11

  426. 小野 敏明(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 佐藤 隆介, 青木 由貴, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. TEL-AML1陽性B前駆細胞型急性リンパ性白血病治療後に、難治性びまん性大細胞型Bリンパ腫を発症した1例. 小児がん(0389-4525)45巻プログラム・総会号 Page325(2008.11) 2008.11

  427. 遠藤 明史(東京医科歯科大学 小児科), 水谷 修紀, 森尾 友宏, 長沢 正之, 高木 正稔, 磯田 健志, 青木 由貴, 小野 敏明. 上大静脈症候群で発症し、急速に心房内に進展したため緊急的に開胸手術を要した滑膜肉腫の14歳女児例. 小児がん(0389-4525)45巻プログラム・総会号 Page294(2008.11) 2008.11

  428. 海野 純也(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 高木 正稔, 水谷 修紀. DNA複製停止時におけるArtemis依存的なATMの活性化とDNA二本鎖切断の生成. 臨床血液(0485-1439)49巻9号 Page944(2008.09) 2008.09

  429. 小野 敏明(東京医科歯科大学 小児科), 遠藤 明史, 青木 由貴, 佐藤 隆介, 磯田 健志, 高木 正稔, 長澤 正之, 岡崎 任晴, 森尾 友宏, 水谷 修紀. TEL-AML1陽性B前駆細胞型急性リンパ性白血病治療後に、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫を発症した1例. 臨床血液(0485-1439)49巻9号 Page1063(2008.09) 2008.09

  430. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病塊学), 本田 真由子, 佐藤 正樹, 森尾 友宏, 水谷 修紀. フローサイトメトリー法によるDNA損傷応答機構の測定と毛細血管拡張性小脳失調症診断方法の確立. 臨床血液(0485-1439)49巻9号 Page1039(2008.09) 2008.09

  431. 満生 紀子(東京医科歯科大学 小児科), 磯田 健志, 青木 由貴, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性リンパ性白血病の維持療法中に、慢性骨髄性白血病を発症した12歳女児例. 臨床血液(0485-1439)49巻9号 Page1009(2008.09) 2008.09

  432. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学・小児科). 免疫疾患の分子基盤最前線 DNA損傷修復異常の分子基盤. 日本臨床免疫学会会誌(0911-4300)31巻4号 Page258(2008.08) 2008.08

  433. 本田 富美子(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科発生発達病態学分野), 羽根 裕美子, 高木 正稔, 森尾 友宏, 水谷 修紀. PTDを用いた免疫不全症患者免疫担当細胞の機能回復に関する検討. 日本臨床免疫学会会誌(0911-4300)31巻4号 Page303(2008.08) 2008.08

  434. 青木 由貴(東京医科歯科大学 大学院小児科), 満生 紀子, 磯田 健志, 佐藤 隆介, 今井 雅子, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 急性骨髄性白血病の寛解導入療法中に血球貪食症候群(HPS)を呈し急死した乳児2例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)112巻2号 Page351(2008.02) 2008.02

  435. 満生 紀子(東京医科歯科大学 小児科), 磯田 健志, 青木 由貴, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病移植後再発でhyperCVAD+imatinib療法後骨髄移植を施行しえた一例. 小児がん(0389-4525)44巻プログラム・総会号 Page274(2007.12) 2007.12

  436. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 青木 由貴, 前田 佳真, 磯田 健志, 満生 紀子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 難治性ウイルムス腫瘍に対するトポテカンの使用経験. 小児がん(0389-4525)44巻プログラム・総会号 Page355(2007.12) 2007.12

  437. 佐藤 正樹(東京医科歯科大学 大学院発生発達病態学), 高木 正稔, 田村 友理子, 水谷 修紀. 乳児白血病発症原因としてのNQO1とp53の関係. 小児がん(0389-4525)44巻プログラム・総会号 Page342(2007.12) 2007.12

  438. 青木 由貴(東京医科歯科大学 小児科), 磯田 健志, 高木 正稔, 満生 紀子, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 安原 眞人, 和田 泰三, 谷内江 昭宏. 2度の移植により生着が得られた白血球接着異常症type1の1例. 小児がん(0389-4525)44巻プログラム・総会号 Page337(2007.12) 2007.12

  439. 磯田 健志(東京医科歯科大学 小児科), 満生 紀子, 落合 央, 青木 由貴, 富澤 大輔, 高木 正稔, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 滝 智彦. 母体由来のBCR-ABLクローンより悪性リンパ腫を発症した11ヵ月女児例. 小児がん(0389-4525)44巻プログラム・総会号 Page290(2007.12) 2007.12

  440. 長澤 正之(東京医科歯科大学医学部附属病院 小児科), 片桐 朋子, 保立 麻美子, 倉信 大, 青木 由貴, 磯田 健志, 佐々木 章人, 鹿島田 健一, 高木 正稔, 荒木 聡, 土井 庄三郎. 遷延する発熱の経過中にけいれんおよび意識障害を呈した9歳の女児. 小児科臨床(0021-518X)60巻11号 Page2091-2101(2007.11) 2007.11

  441. 川岸 裕幸(国立長寿医療センター研究所 老化機構・代謝), 高木 正稔, 杉本 昌隆. 癌抑制タンパク質ARFによるVEGF mRNAの翻訳制御. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集80回・30回 Page4T20-2(2007.11) 2007.11

  442. 川岸 裕幸(国立長寿医療センター研究所 老化機構・代謝), 若生 武, 烏野 初萌, 丸山 光生, 高木 正稔, 杉本 昌隆. 脂肪細胞分化時におけるC/EBPαmRNA翻訳のHzfによる調節(Hzf regulates the translation of C/EBPα mRNA during adipocyte differentiation)(英語). 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集80回・30回 Page2T19-7(2007.11) 2007.11

  443. 森尾 友宏(東京医科歯科大学 大学院発達病態小児科学), 長澤 正之, 水谷 修紀, 高木 正稔, 宮脇 利男, 中村 琴華, Gatti Richard. 毛細血管拡張性小脳失調症(Ataxia telangiectasia)の全国調査結果報告. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)111巻2号 Page383(2007.02) 2007.02

  444. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科). 遺伝性毛細血管拡張性小脳失調症Ataxia Telangiectasia(A-T)由来細胞株のインスリンに対する反応性の検討. 国際医療福祉大学紀要(1342-4661)11巻2号 Page78-79(2007.01) 2007.01

  445. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科), 堀部 志保, 森尾 友宏, 北川 昌伸, 水谷 修紀. 骨髄異形成症候群(MDS)の白血病(overt leukemia)への進展過程におけるDNA損傷応答経路の関与について. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)20巻5号 Page353(2006.10) 2006.10

  446. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科), 堀部 志保, 森尾 友宏, 北川 昌伸, 水谷 修紀. 骨髄異形成症候群(MDS)の白血病への進展過程におけるDNA損傷応答の関与. 臨床血液(0485-1439)47巻9号 Page1095(2006.09) 2006.09

  447. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科), 森尾 友宏, 北川 昌伸, 水谷 修紀. 骨髄異形成症候群(MDS)の白血病への進展過程におけるDNA損傷チェックポイントの役割の解析. 日本癌学会総会記事(0546-0476)65回 Page261(2006.09) 2006.09

  448. 佐藤 正樹(東京医科歯科大学 医歯学総合研究科発達病態小児科学分野), 高木 正稔, 海野 純也, 水谷 修紀. ATMとtopoisomerase II alphaの相互作用の解析,および乳児白血病発症におけるその役割. 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集67回・47回 Page748(2005.09) 2005.09

  449. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科). Ribosomal protein L26とNucleolinによるDNA障害後のp53翻訳および誘導調節(Regulation of Tranaslation and Induction of p53 after DNA Damage by Ribosomal protein L26 and Nucleolin)(英語). 日本癌学会総会記事(0546-0476)64回 Page238(2005.09) 2005.09

  450. 高木 正稔(国際医療福祉大学附属三田病院 小児科), Kastan Michael B.. DNA障害によるp53集積における翻訳制御. 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集67回・47回 Page749(2005.09) 2005.09

  451. 大倉 正稔(神戸大学 自然科学研究科), 大澤 朗, 井口 純, 高木 道浩, 寺嶋 淳, 荒川 英二, 渡辺 治雄. AP-PCR断片のDNA配列を利用した新興型腸炎ビブリオ同定用PCR法. 臨床と微生物(0910-7029)31巻2号 Page191(2004.03) 2004.03

  452. 勝木 陽子(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態学), 中田 慎一郎, 小口 薫, 高木 正稔, 水谷 修紀. ゲノム監視機構の障害と小児がん. 家族性腫瘍(1346-1052)3巻2号 PageA18(2003.05) 2003.05

  453. 奥山 伸彦(神奈川県立こども医療センター), 赤城 邦彦, 山下 純正, 岩本 弘子, 高木 正稔, 土田 里香, 水谷 修紀. Ataxia Telangiectasiaの4例 一遺伝子異常と免疫学的多様性について. 小児感染免疫(0917-4931)14巻2号 Page192-193(2002.07) 2002.07

  454. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態), 小口 薫, 土田 里香, 山田 孝之, 浅田 穣, 恒松 由記子, 別所 文雄. 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子(ATM)の一遺伝子多型(SNPs)とホジキン病(HD)発症の関係について. 小児感染免疫(0917-4931)14巻2号 Page193(2002.07) 2002.07

  455. 中田 慎一郎(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態学), 高木 正稔, 小口 薫, 土田 理香, 恒松 由記子, 水谷 修紀. 乳児白血病及び小児ホジキン病におけるATM遺伝子のgermline mutation. 家族性腫瘍(1346-1052)2巻2号 PageA39(2002.05) 2002.05

  456. 土田 里香(東京医科歯科大学 大学院 発達病態), 高木 正稔, 小口 薫, 山田 孝之, 浅田 穣, 森尾 友宏, 水谷 修紀, 清水 則夫, 恒松 由紀子, 他. Hodgkin病患者における毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子(atm)の機能. 小児感染免疫(0917-4931)13巻3号 Page286(2001.10) 2001.10

  457. 水谷 修紀(東京医科歯科大学 小児科), 高木 正稔. がんと細胞周期 ATM germ line変異と発がん感受性. 日本癌学会総会記事(0546-0476)60回 Page46(2001.09) 2001.09

  458. 小口 薫(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態), 高木 正稔, 土田 里香, 山田 孝之, 浅田 穣, 水谷 修紀. 乳児白血病発症の遺伝的背景における毛細血管拡張性運動失調症責任遺伝子(ATM)の関与について. 日本癌学会総会記事(0546-0476)60回 Page414(2001.09) 2001.09

  459. 土田 里香(東京医科歯科大学 発生発達病態), 山田 孝之, 高木 正稔, 島田 哲, 石岡 千加史, 浅田 穣, 水谷 修紀. ATM(Ataxia Telangiectasia Mutated)遺伝子変異部位スクリーニングのための酵母アッセイ法の開発. 日本癌学会総会記事(0546-0476)60回 Page414(2001.09) 2001.09

  460. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態), 小口 薫, 土田 里香, 山田 孝之, 浅田 穣, 別所 文雄, 恒松 由記子, 水谷 修紀. Ataxia Telangiectasia mutated(ATM)のSNPsとホジキン病発症の遺伝的背景の関連について. 日本癌学会総会記事(0546-0476)60回 Page153(2001.09) 2001.09

  461. 山田 孝之(東京医科歯科大学 発生発達病態), 高木 正稔, 土田 里香, 浅田 穣, 長澤 正之, 三宅 智, 湯浅 保仁, 水谷 修紀. p53による転写制御における新規転写抑制因子HDARTの機能解析. 日本癌学会総会記事(0546-0476)60回 Page307(2001.09) 2001.09

  462. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態), 小口 薫, 土田 里香, 山田 孝之, 浅田 穣, 水谷 修紀. 乳児白血病発症の遺伝的背景の研究 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子(ATM)の関与について. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)15巻4号 Page307(2001.08) 2001.08

  463. 高木 正稔(東京医科歯科大学 大学院 発生発達), 小口 薫, 土田 里香, 山田 孝之, 浅田 穣, 恒松 由記子, 別所 文雄, 水谷 修紀. 細胞環境監視システムとしてのATMキナーゼファミリー ATMキナーゼ遺伝子多型(SNPs)と小児血液腫瘍疾患感受性. 日本細胞生物学会大会講演要旨集54回 Page41(2001.05) 2001.05

  464. 土田 里香(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態学 小児科学), 山田 孝之, 高木 正稔, 島田 哲, 石岡 千加史, Delia Domenico, Chessa Luciana, 水谷 修紀. ATM(Ataxia Telangiectasia Mutated)遺伝子変異部位スクリーニングのための酵母アッセイ法の開発. 家族性腫瘍(1346-1052)1巻2号 PageA36(2001.05) 2001.05

  465. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態), 山田 孝之, 浅田 穣, 恒松 由記子, 別所 文雄, 水谷 修紀. 小児血液腫瘍発症の遺伝的背景の研究 Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子の関与について(Possible genetic role of ATM gene in the development of childhood malignancies). International Journal of Hematology(0925-5710)73巻Suppl.1 Page56(2001.03) 2001.03

  466. 浅田 穣(東京医科歯科大学 大学院 発生発達病態), 山田 孝之, 高木 正稔, 絵野沢 伸, 鈴木 盛一, 一條 秀憲, 水谷 修紀. 細胞質p21によるアポトーシス情報伝達の制御(Apoptosis signal regulation by cytoplasmic p21). International Journal of Hematology(0925-5710)73巻Suppl.1 Page129(2001.03) 2001.03

  467. 高木 正稔(東京医科歯科大学 発生発達病態), 土田 里香, 浅田 穣, 水谷 修紀. 小児癌における毛細血管拡張性運動失調症 Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子(atm)の機能. 日本癌学会総会記事(0546-0476)59回 Page433(2000.09) 2000.09

  468. 高木 正稔(東京医科歯科大学 医系研究 発達病態), 土田 里香, 小口 薫, 山田 孝之, 浅田 穣, 恒松 由紀子, 別所 文雄, 水谷 修紀. ホジキンリンパ腫発症患者における毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)責任遺伝子(atm)の機能. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)14巻4号 Page263(2000.08) 2000.08

  469. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 山田 孝之, 浅田 穣, 別府 文雄, 水谷 修紀. 小児悪性腫瘍における毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)遺伝子(atm)の機能. International Journal of Hematology(0925-5710)71巻Suppl.1 Page106(2000.04) 2000.04

  470. 飯島 恵(順天堂大学 医 小児科), 保坂 篤人, 鈴木 東洋, 高木 正稔, 斉藤 正博, 藤田 宏夫, 時田 章史, 清水 俊明, 山城 雄一郎. I-T4製剤の投与にも拘わらず低T3血症が持続した肝血管腫の2例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)104巻2号 Page176(2000.02) 2000.02

  471. 斎藤 正博(順天堂大学 小児科), 藤田 宏夫, 鈴木 東洋, 高梨 剛, 高木 正稔, 石本 浩市, 山城 雄一郎, 矢内 俊裕, 宮野 武. 末梢血幹細胞移植にともないFanconi症候群を合併した2症例. 小児がん(0389-4525)36巻3号 Page476(1999.11) 1999.11

  472. 飯島 恵(順天堂大学 医 小児科), 久田 研, 鈴木 東洋, 高木 正稔, 藤田 宏夫, 石本 浩市, 山城 雄一郎, 鈴木 与志晴, 佐々木 栄一, 菱井 誠人, 他. 中枢性尿崩症として発症した下垂体近傍腫瘍の2例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)103巻10号 Page1059-1060(1999.10) 1999.10

  473. 小口 薫(国立小児病院小児医療研究センター), 高木 正稔, 浅田 穣, 水谷 修紀, 岩田 力, 瀬川 昌也, 二瓶 健次. Ataxia Telangiectasiaの細胞におけるプロテインキナーゼchk2の異常. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)13巻4号 Page278(1999.08) 1999.08

  474. 鈴木 東洋(順天堂大学 小児科), 藤田 宏夫, 遠藤 徳之, 藤永 周一郎, 高木 正稔, 石本 浩市, 山城 雄一郎. All-transretinoic acic(ATRA)による分化誘導療法を施行した急性前骨髄性白血病の1例. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)103巻4号 Page483(1999.04) 1999.04

  475. 藤田 宏夫(順天堂大学 医 小児科), 石本 浩市, 鈴木 東洋, 高梨 剛, 高木 正稔, 榎本 綾子, 斉藤 正博, 高田 功二, 山城 雄一郎, 藤本 隆夫, 他. stage IV-S神経芽腫の治療戦略 自然治癒を期待した対症療法中心の治療. 日本小児科学会雑誌(0001-6543)103巻2号 Page179(1999.02) 1999.02

  476. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 重田 輝子, 浅田 穣, 水谷 修紀. caffeine添加による放射線感受性,細胞周期調節機構のp53変異株での検討. 臨床血液(0485-1439)39巻10号 Page903(1998.10) 1998.10

  477. 高木 正稔(順天堂大学 医 小児科). 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasiaにおける細胞周期,アポトーシス誘導能の解析. 順天堂医学(0022-6769)44巻2号 Page167-179(1998.09) 1998.09

  478. 高木 正稔(順天堂大学 医 小児科), 高橋 健, 丸山 剛志, 金子 一成, 大日方 薫. 骨髄において幼弱B細胞の増加を認めた亜急性壊死性リンパ節炎の1例. 小児科臨床(0021-518X)51巻9号 Page2041-2043(1998.09) 1998.09

  479. 石本 浩市(順天堂大学 小児科), 藤田 宏夫, 斎藤 正博, 高木 正稔, 平野 隆夫, 吉沢 一弥, 吉田 幸洋, 吉田 雅子. キャリー・オーバーした小児がん患者に対する包括的診療体制の試み. 小児がん(0389-4525)35巻3号 Page375(1998.09) 1998.09

  480. 石本 浩市(順天堂大学 小児科), 藤田 宏夫, 高田 功二, 斎藤 正博, 高木 正稔, 榎本 綾子, 高梨 剛, 鈴木 東洋, 山城 雄一郎, 平野 隆夫, 他. 小児癌の長期生存患者の現状と問題点 包括的診療体制の確立に向けて. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)12巻4号 Page261(1998.08) 1998.08

  481. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 重田 輝子, 岩田 敏, 浅田 穣, 水谷 修紀. Ataxia Telangiectasiaにおける細胞周期,apoptosis調節機構. 生化学(0037-1017)70巻8号 Page1052(1998.08) 1998.08

  482. 鈴木 東洋(順天堂大学 小児科), 石本 浩市, 藤田 宏夫, 高田 功二, 斎藤 正博, 榎本 綾子, 高木 正稔, 高梨 剛, 山城 雄一郎. 15年以上の経過を経て骨髄異形成症候群に移行した小児期発症の再生不良性貧血の2例. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)12巻4号 Page250(1998.08) 1998.08

  483. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 重田 輝子, 岩田 敏, 浅田 穣, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)における細胞周期,アポトーシス誘導機構の解析. 日本癌学会総会記事(0546-0476)57回 Page124(1998.08) 1998.08

  484. 重田 輝子(国立小児病院小児医療研究センター), 高木 正稔, 岩田 敏, 浅田 穣, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症Ataxia Telangiectasia(AT)保因者であるヘテロ変異体における細胞周期,アポトーシス誘導機構の解析. 日本癌学会総会記事(0546-0476)57回 Page324(1998.08) 1998.08

  485. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 他. アンチザイムによる細胞死誘導機構. International Journal of Hematology(0925-5710)67巻Suppl.1 Page125(1998.04) 1998.04

  486. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センター), 他. 【先天性血液疾患の遺伝子解析と治療の進歩】 Ataxia Telangiectasiaのcell cycle異常と腫瘍化の機序. 臨床血液(0485-1439)38巻10号 Page958(1997.10) 1997.10

  487. 高木 正稔(国立小児病院小児医療研究センターウイルス研究所), 他. Ataxia-telangiectasia(AT),Li-Fraumeni症候(LFS)由来細胞株の放射線感受性,細胞周期調節機構の検討. 日本癌学会総会記事(0546-0476)56回 Page219(1997.08) 1997.08

  488. 高木 正稔(国立小児病院), 他. p53変異細胞株におけるcaffeine添加による放射線感受性の検討. International Journal of Hematology(0925-5710)65巻Suppl.1 Page55(1997.04) 1997.04

  489. 高木 正稔(国立小児病院), 他. Ataxia-Telangiectasia heterozygote由来細胞株の放射線感受性の解析. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)10巻4号 Page281(1996.08) 1996.08

  490. 高木 正稔(越谷市立病院), 他. 血尿の原因としてのナットクラッカー現象3症例のまとめ. 埼玉県医学会雑誌(0389-0899)30巻5号 Page1039(1996.01) 1996.01

  491. 高木 正稔(越谷市立病院), 他. 学校の採血検査により発見されたαサラセミアの1家系 βサラセミアと比較して. 埼玉県医学会雑誌(0389-0899)30巻5号 Page1030(1996.01) 1996.01

  492. 高木 正稔(越谷市立病院), 他. 急性骨髄線維症を合併したMDSの一男児例. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)9巻4号 Page224(1995.08) 1995.08

  493. 高木 正稔(越谷市立病院), 他. ヒトヘルペスウイルス-6(HHV-6)によるVAHSの1例. International Journal of Hematology(0925-5710)61巻Suppl.1 Page193(1995.06) 1995.06

  494. 高木 正稔(日野市立総合病院), 他. 第9因子に対する一過性の抗凝血素の存在が疑われ著明な出血傾向を認めた一例. 日本小児血液学会雑誌(0913-8706)7巻4号 Page351(1993.08) 1993.08

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 白血病研究基金 ザ・レジェンド特別賞 ,NPO法人白血病研究基金を育てる会,2019年11月

  • 第8回日本小児血液・がん学術賞,日本小児血液・がん学会,2018年11月

  • 医学研究奨励賞,東京都医師会,2016年03月

  • 東京医科歯科大学 最優秀研究賞,東京医科歯科大学,2014年

  • 日本小児科学会 学術研究賞,日本小児科学会,2011年

  • 東京医科歯科大学 学術奨励賞,東京医科歯科大学,2011年

  • 東京医科歯科大学 医師会賞,東京医科歯科大学,2010年

  • ATW2008 Young investigator award,ATW2008,2008年

  • 武田科学振興財団 褒章基金,武田科学振興財団,2008年

  • アディポサイエンス研究会 優秀演題,アディポサイエンス研究会,2008年

  • 日本小児科学会 Young investigator award,日本小児科学会,2008年

  • 日本白血病研究基金 一般研究賞,日本白血病研究基金,2005年

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「小児の難治性腫瘍 神経芽腫におけるDNA損傷修復機構の異常を発見し、PARP阻害剤オラパリブによる治療の可能性を示しました。これを受けて難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にオラパリブ錠の安全性を確認する第Ⅰ相試験を世界で初めて実施します」,2017年12月

    Journal of the National Cancer Institute

  • 難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にPARP阻害剤オラパリブ錠の安全性を確認する医師主導治験(第Ⅰ相試験)を開始します。(髙木正稔),2017年07月

    治験開始

  • 「2つの新たな原発性免疫不全症:TNFAIP3変異による自己免疫性リンパ増殖症候群とIKZF1変異による自己免疫疾患を伴う無ガンマグロブリン血症を発見」-免疫不全症や自己免疫疾患の新規治療法開発への期待-,2016年12月

    jourenal of Aiiergy andClinical Immunology

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生殖発達ブロック,2014年 - 現在

  • 血液・腫瘍ブロック,2014年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 希少性難病 A-Tについて,青森朝日放送,スーパーJチャンネルABA,2020年02月01日

  • (高木正稔)「はしりたい~難病A-Tと向き合う母子(おやこ)の絆~」,テレビ朝日(制作:青森朝日放送),テレメンタリー2019,2019年01月17日

  • (高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症,読売新聞社,読売新聞,2018年02月10日

  • (高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症,青森朝日放送 ,スーパーJチャンネルABA ,2018年02月10日