基本情報

写真a

髙木 正稔(タカギ マサトシ)

TAKAGI Masatoshi


職名

准教授

研究室住所

研究室電話番号

03-5803-5247

研究室FAX番号

03-5803-5246

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/ped/index.html

研究分野・キーワード

ATM, p53, Hematology, Oncology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 順天堂大学  医学部  1992年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 順天堂大学  医学研究科  博士課程  1998年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  順天堂大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 助教
  • 2010年04月
    -
    2015年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 講師
  • 2015年07月
    -
    2018年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 准教授
  • 2018年07月
    -
    2019年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学分野 准教授
  • 2019年11月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年06月
    -
    1994年05月
    順天堂大学医学部付属順天堂医院 研修医
  • 1996年01月
    -
    2001年03月
    国立小児病院小児医療研究センター ウイルス研究室 レジデント・研究員
  • 2002年02月
    -
    2005年03月
    セント ジュード 小児研究病院 血液腫瘍科 博士研究員
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    国際医療福祉大学附属三田病院 小児科 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本血液学会

  • 日本小児血液・がん学会

  • 日本小児科学会

  • 日本人類遺伝学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本小児血液・がん学会 評議員
  • 日本血液学会 評議員
  • 日本小児科学会 代議員
  • 日本癌学会 評議員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 乳児急性リンパ性白血病発症の病態解明と治療層別化に有用な因子の同定(代表) ,2020年06月 - 現在

  • 小児白血病の病態の背景にある生殖細胞系列の分子遺伝学的基盤の解明(研究分担者),2019年04月 - 現在

  • 小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討(代表),2019年04月 - 現在

  • 真に個別患者の診療に役立ち領域横断的に高い拡張性を有する変異・多型情報データベースの創成(研究分担者),2018年10月 - 2020年03月

  • 小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究(研究分担者),2018年04月 - 現在

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 小児期に発症する遺伝性腫瘍に対するがんゲノム医療体制実装のための研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • ゲノム薬理学的解析とプロテオーム解析を用いた薬剤性中枢神経障害の病態解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2015年04月 - 2018年03月

  • 原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究

    厚生労働省 : 2014年04月 -

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Maiko Inoue, Takeshi Isoda, Motoi Yamashita, Takahiro Tomoda, Kento Inoue, Tsubasa Okano, Teppei Ohkawa, Akifumi Endo, Noriko Mitsuiki, Takahiro Kamiya, Masakatsu Yanagimachi, Kouhei Yamamoto, Yuichiro Inaba, Toru Sasaki, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. Cytomegalovirus Laryngitis in Primary Combined Immunodeficiency Diseases. J Clin Immunol. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  • Kenji Okada, Mihoko Mizuno, Hiroyuki Moriuchi, Satoshi Kusuda, Ichiro Morioka, Masaaki Mori, Keisuke Okamoto, Kuniyuki Okada, Shigemi Yoshihara, Hiroyuki Yamagishi, Utako Yokoyama, Tomohiro Kubota, Kazuko Kudo, Masatoshi Takagi, Shuichi Ito, Yutaka Kanamori, Yoji Sasahara. The Working Group for Revision of "Guidelines for the Use of Palivizumab in Japan": A Committee Report. Pediatr Int. 2020.10; ( PubMed, DOI )

  • Matsumoto K, Hoshino A, Nishimura A, Kato T, Mori Y, Shimomura M, Naito C, Watanabe K, Hamazaki M, Mitsuiki N, Takagi M, Imai K, Nonoyama S, Kanegane H, Morio T. DNA Ligase IV Deficiency Identified by Chance Following Vaccine-Derived Rubella Virus Infection. Journal of clinical immunology. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  • Hiroshi Yoshino, Yohei Nishiyama, Hiroshi Kamma, Tomohiro Chiba, Masachika Fujiwara, Takehiro Karaho, Yasunao Kogashiwa, Tomohiro Morio, Kunimasa Yan, Fumio Bessho, Masatoshi Takagi. Functional characterization of a germline ETV6 variant associated with inherited thrombocytopenia, acute lymphoblastic leukemia, and salivary gland carcinoma in childhood. Int J Hematol. 2020.08; 112 (2): 217-222. ( PubMed, DOI )

  • Yoshida M, Tanase-Nakao K, Shima H, Shirai R, Yoshida K, Osumi T, Deguchi T, Mori M, Arakawa Y, Takagi M, Miyamura T, Sakaguchi K, Toyoda H, Ishida H, Sakata N, Imamura T, Kawahara Y, Morimoto A, Koike T, Yagasaki H, Ito S, Tomizawa D, Kiyokawa N, Narumi S, Kato M. Prevalence of germline GATA2 and SAMD9/9L variants in paediatric haematological disorders with monosomy 7. British journal of haematology. 2020.08; ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高木正稔. 新臨床内科学 第10版. 医学書院 , 2020.03 毛細血管拡張性運動失調症 (ISBN : 978-4-260-03807-2)

  • 高木正稔, 森尾友宏. 原発性免疫不全症候群診療の手引き. 診断と治療社, 2017.04 毛細血管拡張性運動失調症(A-T)

  • 磯田健志, 高木正稔, 水谷修紀. 造血器腫瘍アトラス 改訂第5版. 日本医事新報社, 2016.08 ATM欠損における染色体転座の発生機構 (ISBN : 978-4-7849-4082-0)

  • 金兼弘和, 高木正稔, 吉田雅幸. 小児科 6月号. 金原出版株式会社, 2016.06 血液・免疫疾患の遺伝相談

  • 水谷修紀, 高木正稔. 新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版). 日本臨牀社, 2016.03 毛細血管拡張性運動失調

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Yumika Hoshina, Shizuka Kirino, Takahiro Tomoda, Motoi Yamashita, Tsubasa Okano, Takahiro Kamiya, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. NEMO異常症の骨髄移植後二次性生着不全に対するPTCy法を用いたHLA半合致サルベージ移植. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  • Akifumi Endo, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Noriko Mitsuiki, Takeshi Isoda, Kohsuke Imai, Masatoshi Takagi, Michiko Kajiwara, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. PTCyハプロ移植症例の6例の後方視的検討. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  • Dan Tomomasa, Takeshi Isoda, Motoi Yamashita, Aoi Morishita, Noriko Mitsuiiki, Takahiro Kamiya, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio. ステロイド抵抗性肺GVHDに対してルキソリチニブを使用した2例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  • Yohei Nishiyama, Etsushi Toyofuku, Tsubasa Okano, Motoi Yamashita, Takahiro Kamiya, Akifumi Endo, Hirokazu Kanegane, Masatoshi Takagi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio. 小児期にホジキンリンパ種を発症し、成人後に免疫グロブリン低下を指摘されALPS-FASと診断された一例. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.22 Web開催

  • 神谷尚宏, 友政禅, 友田昴宏, 山下基, 磯田健志, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. CAR-T療法の実際:様々な状況下での経験を通して. 第62回日本小児血液・がん学会学術集会 2020.11.21 Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第8回日本小児血液・がん学術賞,日本小児血液・がん学会,2018年11月

  • 医学研究奨励賞,東京都医師会,2016年03月

  • 東京医科歯科大学 最優秀研究賞,東京医科歯科大学,2014年

  • 日本小児科学会 学術研究賞,日本小児科学会,2011年

  • 東京医科歯科大学 学術奨励賞,東京医科歯科大学,2011年

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「小児の難治性腫瘍 神経芽腫におけるDNA損傷修復機構の異常を発見し、PARP阻害剤オラパリブによる治療の可能性を示しました。これを受けて難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にオラパリブ錠の安全性を確認する第Ⅰ相試験を世界で初めて実施します」,2017年12月

    Journal of the National Cancer Institute

  • 難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にPARP阻害剤オラパリブ錠の安全性を確認する医師主導治験(第Ⅰ相試験)を開始します。(髙木正稔),2017年07月

    治験開始

  • 「2つの新たな原発性免疫不全症:TNFAIP3変異による自己免疫性リンパ増殖症候群とIKZF1変異による自己免疫疾患を伴う無ガンマグロブリン血症を発見」-免疫不全症や自己免疫疾患の新規治療法開発への期待-,2016年12月

    jourenal of Aiiergy andClinical Immunology

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 血液・腫瘍ブロック,2014年 - 現在

  • 生殖発達ブロック,2014年 - 現在

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 希少性難病 A-Tについて,青森朝日放送,スーパーJチャンネルABA,2020年02月01日

  • (高木正稔)「はしりたい~難病A-Tと向き合う母子(おやこ)の絆~」,テレビ朝日(制作:青森朝日放送),テレメンタリー2019,2019年01月17日

  • (高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症,読売新聞社,読売新聞,2018年02月10日

  • (高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症,青森朝日放送 ,スーパーJチャンネルABA ,2018年02月10日