基本情報

写真a

森山 啓司(モリヤマ ケイジ)

MORIYAMA Keiji


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45

研究分野・キーワード

歯科矯正学, 先天異常, 顎変形症, 骨代謝, メカニカルストレス

分野紹介URL

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 顎顔面矯正学分野

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1986年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科矯正学  博士課程  1990年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 教授
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 研究科長
  • 2014年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 歯学部 学部長
  • 2020年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面矯正学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1994年03月
    米国テキサス大学サンアントニオ校医学部内科内分泌代謝部門 ポスドク 
  • 1994年04月
    -
    1997年09月
    東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第二講座 助手
  • 1997年10月
    -
    1997年12月
    東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第二講座 講師
  • 1998年01月
    -
    2004年03月
    徳島大学歯学部歯科矯正学講座 教授
  • 2004年04月
    -
    2007年03月
    徳島大学大学院口腔顎顔面矯正学分野(改組による) 教授
  • 2007年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学大学院医歯学研究科顎顔面矯正学分野 教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 日本矯正歯科学会

  • 一般社団法人 日本口蓋裂学会

  • 特定非営利法人 日本顎変形症学会

  • 国際歯学研究学会日本部会

  • 一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

  • 一般社団法人 日本骨代謝学会

  • 一般社団法人 歯科基礎医学会

  • 特定非営利活動法人 日本口腔科学会

  • 口腔病学会

  • 東京矯正歯科学会

  • 世界矯正歯科医連盟

  • 国際歯科研究学会

  • 米国骨代謝学会

  • 米国矯正歯科学会

  • ヨーロッパ矯正歯科学会

  • アングル矯正歯科学会

  • 米国口蓋裂学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年
    -
    現在
    日本学術会議 会員
  • 2022年
    -
    現在
    日本顎変形症学会 理事長
  • 2023年
    -
    現在
    国際歯科研究学会 日本部会 会長
  • 2009年
    -
    現在
    日本口蓋裂学会 理事
  • 2022年
    -
    現在
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 監事
  • 2018年
    -
    2022年
    公益社団法人 日本矯正歯科学会 理事長
  • 2018年
    -
    2022年
    日本歯科医学会 理事
  • 2014年
    -
    2017年
    口腔病学会 会長
  • 2012年
    -
    2013年
    東京矯正歯科学会 会長
  • 2010年
    -
    2020年
    世界矯正歯科医連盟 常任理事
  • 2013年
    -
    2022年
    アジア太平洋矯正歯科学会 常任理事
  • 2005年
    -
    2009年
    一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会 理事

▼全件表示

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本口蓋裂学会口唇裂・口蓋裂認定師(矯正歯科分野)

  • 日本矯正歯科学会臨床指導医

  • 日本矯正歯科学会指導医

  • 日本矯正歯科学会認定医

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Craniosynostosisにおける骨縫合部の間葉系幹細胞の老化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2023年 - 2025年

  • 先天異常症候群のライフステージ全体の自然歴と合併症の把握:Reverse phenotypingを包含したアプローチ

    厚生労働省 : 2020年04月 - 2023年03月

  • 歯科技工士の業務内容の見直しに向けた調査研究

    厚生労働省 : 2020年04月 -

  • 標的指向型liposomeを用いたリラキシンによる口蓋瘢痕組織新規治療法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2019年 - 2021年

  • 患者中心の歯科医療を行うための情報提供内容調査と提供方法構築の研究

    厚生労働省 : 2018年04月 - 2020年03月

  • ミニブタ歯牙移動実験系を用いた矯正用Hap/Colオンプラントの実用性の検証

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 先天異常症候群領域の指定難病等のQOLの向上を目指す包括的研究

    厚生労働省 : 2017年04月 - 2020年03月

  • Characteristics of Oral Tissue-Derived MSCs from CLP Patients

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 国際標準に立脚した奇形症候群領域の診療指針に関する学際的・網羅的検討

    厚生労働省 : 2016年04月 - 2017年03月

  • 有限要素法による矯正用HAp/Col コーティングオンプラントの最適形状の検討

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 国際標準に立脚した奇形症候群領域の診療指針に関する学際的・網羅的検討

    厚生労働省 : 2014年04月 - 2017年03月

  • 国際標準に立脚した奇形症候群領域の診療指針に関する学際的・網羅的検討

    厚生労働省 : 2014年04月 -

  • 顎成長の調和の破綻を来すバイオメカニズムのゲノム・フェノム統合解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2017年

  • 細胞特異的エストロゲン受容体欠損マウスを用いた進行性下顎頭吸収の分子標的治療開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2017年

  • RNAプログラムの破綻に起因する歯根形成異常に関する分子遺伝学的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 頭蓋冠縫合部早期癒合症におけるmicroRNAの発現および機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 生体力学に基づいて材料と形状が最適化された矯正用オンプラントアンカーの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • ゲノム・ナノサイエンスを応用した顎顔面先天異常に対する分子標的治療開発の基盤創成

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2013年

  • モンゴロイドにおける顎顔面形態の国際比較研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム・フェノーム統合解析に立脚した顎顔面非対称の成立機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • ナノサイエンスを応用した新規顎顔面領域の縫合部制御法の開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • Functional MRIを用いた子どもの不正咬合と脳活動の縦断研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ジェロサイエンスに基づく新規矯正歯科治療の基盤構築-Senolyticsの口腔科学への展開

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Takada JI, Higashihori N, Kadota-Watanabe C, Kawamoto T, Toyofuku A, Moriyama K. Case report: Long-term management of occlusion after surgical-orthodontic treatment for a patient with drug-induced open bite developed after the onset of schizophrenia. Frontiers in Psychiatry. 2023.12; 14 1304215. ( PubMed, DOI )

  2. Myo AC, Kobayashi Y, Niki Y, Kamimoto H, Moriyama K. Exosome-mediated small interfering RNA delivery inhibits aberrant osteoblast differentiation in Apert syndrome model mice. Archives of Oral Biology. 2023.09; 153 105753. ( PubMed, DOI )

  3. Yogi A, Iemura R, Nakatani H, Takasawa K, Gau M, Yamauchi T, Yoshida M, Moriyama K, Ishii T, Hosokawa S, Yamada M, Suzuki H, Kosaki K, Kashimada K, Morio T. BMP2 is a potential causative gene for isolated dextrocardia situs solitus. European Journal of Medical Genetics. 2023.08; 66 (9): 104820. ( PubMed, DOI )

  4. Methawit P, Uezono M, Ogasawara T, Techalertpaisarn P, Moriyama K. Cortical bone microdamage affects primary stability of orthodontic miniscrew. Journal of the World Federation of Orthodontists. 2023.07; 12 (5): 229-236. ( PubMed, DOI )

  5. Faisal A, Yoshizawa H, Matsumoto T, Miyamoto JJ, Moriyama K. Three-dimensional evaluation of orofacial movements during articulation in patients with skeletal Class III malocclusion with mandibular asymmetry clinical and investigative orthodontics. 2023.05; 82 (1): 21-31. ( DOI )

  6. Kadota-Watanabe C, Higashihori N, Kawamoto T, Moriyama K. Long-term stability of surgical orthodontic treatment for patients with asymmetric mandibular prognathism: a retrospective comparison study on surgical methods Clinical and Investigative Orthodontics. 2023.05; 82 (3): 137-145. ( DOI )

  7. Matsumoto H, Tomoto K, Kawase G, Iitani K, Toma K, Arakawa T, Mitsubayashi K, Moriyama K. Real-Time Continuous Monitoring of Oral Soft Tissue Pressure with a Wireless Mouthguard Device for Assessing Tongue Thrusting Habits. Sensors (Basel). 2023.05; 23 (11): 5027. ( PubMed, DOI )

  8. Jindarojanakul P, Kobayashi Y, Kamimoto H, Niki Y, Chan Myo A, Satrawaha S, Moriyama K. Changes in superoxide dismutase 3 (SOD3) expression in periodontal tissue during orthodontic tooth movement of rat molars and the effect of SOD3 on in vitro hypoxia-exposed rat periodontal ligament cells. European Journal of Orthodontics. 2023.03; ( PubMed, DOI )

  9. Pravitharangu N, Miyamoto JJ, Yoshizawa H, Matsumoto T, Suzuki S, Chantarawaratit P, Moriyama K . Vowel sound production and its association with cephalometric characteristics in skeletal Class III subjects. European Journal of Orthodontics. 2023.02; 45 (1): 20-28. ( PubMed, DOI )

  10. Cheng ES, Tsuji M, Suzuki S, Moriyama K. An overview of the intraoral features and craniofacial morphology of growing and adult Japanese cleidocranial dysplasia subjects. European Journal of Orthodontics. 2022.12; 44 (6): 711-722. ( PubMed, DOI )

  11. 森山啓司. 骨格性下顎前突症患者の外科的矯正治療における舌の形態・位置・運動変化様相 2022.12; 30 (1): 51-56. ( 医中誌 )

  12. Kirino S, Suzuki M, Ogawa T, Takasawa K, Adachi E, Gau M, Takahashi K, Ikeno M, Yamada M, Suzuki H, Kosaki K, Moriyama K, Yoshida M, Morio T, Kashimada K. Clinical report: Chronic liver dysfunction in an individual with an AMOTL1 variant. European Journal of Medical Genetics. 2022.11; 65 (11): 104623. ( PubMed, DOI )

  13. Takahashi Y, Date H, Oi H, Takeya Adachi, Imanishi N, Kimura E, Takizawa H, Kosugi S, Matsumoto N, Kosak Ki, Matsubara Y, Ando Y, Anzai T, Ariga T, Fukushima Y, Furusawa Y, Ganaha A, Goto Y, Hata K, Honda M, Iijima K, Ikka T, Imoto I, Kaname T, Kobayashi M, Kojima S, Kurahashi H, Kure S, Kurosawa K, Maegaki Y, Makita Y, Morio T, Narita I, Nomura F, Ogata T, Ozono K, Oka A, Okamoto N, Saitoh S, Sakurai A, Takada F, Takahashi T, Tamaoka A, Umezawa A, Yachie A, Yoshiura K, Chinen Y, Eguchi M, Fujio K, Hosoda K, Ichikawa T, Kawarai T, Kosho T, Masuno M, Nakamura A, Nakane T, Ogi T, Okada S, Sakata Y, Seto T, Takahashi Y, Takano T, Ueda M, Yagasaki H, Yamamoto T, Watanabe A, Hotta Y, Kubo A, Maruyama H, Moriyama K, Nanba E, Sakai N, Sekijima Y, Shimosegawa T, Takeuchi t, Usami S, Yamamoto K, Mizusawa H. Six years' accomplishment of the Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases: nationwide project in Japan to discover causes, mechanisms, and cures. Journal of Human Genetics. 2022.09; 67 (9): 505-513. ( PubMed, DOI )

  14. Inoue A, Tsuji M , Baba Y, Moriyama K. Non-prosthetic treatment using segmental osteotomy and bone grafting in a patient with cleft lip and palate Plastic and Aesthetic Research. 2022.09; 9 51. ( DOI )

  15. Okawara A, Matsuyama Y, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Child Abuse and Poor Oral Habits in Mongolian Adolescents International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022.08; 19 (17): 10667. ( DOI )

  16. Soe KM, Ogawa T, Moriyama K. Molecular mechanism of hyperactive tooth root formation in oculo-facio-cardio-dental syndrome. Frontiers in Physiology. 2022.07; 13 946282. ( PubMed, DOI )

  17. Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Tsuji M, Moriyama K. Three-dimensional analysis of the palatal morphology in growing patients with Apert syndrome and Crouzon syndrome. Congenital Anomalies (Kyoto). 2022.07; 62 (4): 153-160. ( PubMed, DOI )

  18. Igarashi N, Miyata K, Loo TM, Chiba M, Hanyu A, Nishio M, Kawasaki H, Zheng H, Toyokuni S, Kon S, Moriyama K, Fujita Y, Takahashi A. Hepatocyte growth factor derived from senescent cells attenuates cell competition-induced apical elimination of oncogenic cells. Nature communications. 2022.07; 13 (1): 4157. ( PubMed, DOI )

  19. Oo LT, Miyamoto J, Takada J, Moriyama K. Correlation between the position of the glenoid fossa and condylar translational movement in skeletal Class III mandibular asymmetry patients. European Journal of Orthodontics. 2022.05; 44 (3): 294-302. ( PubMed, DOI )

  20. Kano S, Higashihori N, Thiha P, Takechi M, Iseki S, Moriyama K. The role of the histone methyltransferase SET domain bifurcated 1 during palatal development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022.04; 598 74-80. ( PubMed, DOI )

  21. Takada K, Chiba T, Miyazaki T, Yagasaki L, Nakamichi R, Iwata T, Moriyama K, Harada H, Asahara H. Single Cell RNA Sequencing Reveals Critical Functions of Mkx in Periodontal Ligament Homeostasis Frontiers in Cell and Developmental Biology. 2022.02; 10 795441. ( PubMed, DOI )

  22. Suga T, Nagamine T, Tu TTH , Moriyama K, Toyofuku A. Orthognathic Surgery for Patients with Neurodevelopmental Disorders Requires Careful Decision-making by a Multidisciplinary Team. Innovations in Clinical Neuroscience. 2022; 19 (4-6): 9-10. ( PubMed )

  23. Pooktuantong O, Ogasawara T, Uezono M, Chantarawaratit P, Moriyama K. Optimization of Loading Condition for Maxillary Molar Intrusion with Midpalatal Miniscrews by Using Finite Element Analysis Applied Sciences. 2021.11; 11 (24): 11749.

  24. Sagawa Y, Ogawa T, Matsuyama Y, Nakagawa Kang J, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Tanaka T, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Smoking during Pregnancy and Short Root Anomaly in Offspring. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021.11; 18 (21): 11662. ( PubMed, DOI )

  25. Nakano H, Tachiki C, Sato T, Tsuji M, Mano M, Minoura Y, Ogawa K, Nomura Y, Soya T, Koshio Y, Miyazawa K, Shimizu N, Moriyama K. Incidence of impacted teeth requiring fenestration, traction, and orthodontic treatment in Japan Orthodontic Waves. 2021.11; 80 (4): 241-250. ( DOI )

  26. Iwanami‐Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. Development of novel bone-like nanocomposite coating of hydroxyapatite/collagen on titanium by modified electrophoretic deposition Journal of Biomedical Materials Research Part A. 2021.10; 109 (10): 1905-1911. ( PubMed, DOI )

  27. Miyazaki T, Kurimoto R, Chiba T, Matsushima T, Nakamichi R, Tsutsumi H, Takada K, Yagasaki L, Kato T, Shishido K, Kobayashi Y, Matsumoto T, Moriyama K, Asahara H. Mkx regulates the orthodontic tooth movement via osteoclast induction. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2021.09; 39 (5): 780-786. ( PubMed, DOI )

  28. Inagaki Y, Ogawa T, Tabata J.M, Nagata Y, Watanabe R, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. Identification of OPN3 as associated with non-syndromic oligodontia in a Japanese population Journal of Human Genetics. 2021.08; 66 (8): 769-775. ( PubMed, DOI )

  29. Thiha P, Higashihori N, KanoS, Moriyama K. Histone methyltransferase SET domain bifurcated 1 negatively regulates parathyroid hormone/parathyroid hormone-related peptide receptor to control chondrocyte proliferation in Meckel's cartilage Archives of Oral Biology. 2021.08; 131 105251. ( PubMed, DOI )

  30. Zhang C, Uchikoshi T, Liu L, Iwanami-Kadowaki K, Uezono M, Moriyama K, Kikuchia M. Antibacterial-Functionalized Ag Loaded-Hydroxyapatite (HAp) Coatings Fabricated by Electrophoretic Deposition (EPD) Proces Materials letters. 2021.08; 297 (15): 129955. ( DOI )

  31. Watanabe M, Hong C, Liu Z, Takao C, Suga T, Huyen Tu TT, Yoshikawa T, Takenoshita M, Sato Y, Higashihori N, Moriyama K, Motomura H, Toyofuku A. Case Report: Iatrogenic Dental Progress of Phantom Bite Syndrome: Rare Cases With the Comorbidity of Psychosis. Frontiers in Psychiatry. 2021.07; 12 701232. ( PubMed, DOI )

  32. Watanabe T, Kometani-Gunjigake K, Nakao-Kuroishi K, Ito-Sago M, Mizuhara M, Iwata D, Moriyama K, Ono K, Kawamoto T. A Ser252Trp substitution in mouse FGFR2 results in hyperplasia of embryonic salivary gland parenchyma Journal of Oral Biosciences. 2021.06; 63 (2): 184-191. ( DOI )

  33. Mino-Oka A, Horiuchi S, Matsuda R, Shioyasono R, Ashtar M, Hiasa M, Yasue A, Moriyama K, Tanaka E. A Long-term Follow-up of Mandibular Deviation Caused by Congenital Cervical Lymphangioma Treated with an Orthodontic Approach The Journal of Contemporary Dental Practice. 2021.06; 22 (6): 713-720. ( PubMed, DOI )

  34. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K. Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1 (Tead1) in developing mouse molar tooth Gene Expression Patterns. 2021.06; 40 119182. ( DOI )

  35. Teekavanich C, Uezono M, Takakuda K, Ogasawara T, Techalertpaisarn P, Moriyama K. Evaluation of Cortical Bone Microdamage and Primary Stability of Orthodontic Miniscrew Using a Human Bone Analogue. Materials. 2021.04; 14 (8): 1825. ( PubMed, DOI )

  36. NMM Swe, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrantly activated Wnt/β-catenin pathway co-receptors LRP5 and LRP6 regulate osteoblast differentiation in the developing coronal sutures of an Apert syndrome (Fgfr2 S252W /+ ) mouse model Developmental Dynamics. 2021.03; 250 (3): 465-476. ( PubMed, DOI )

  37. Hla-Myint T, Tsuji M, Suzuki S, Obayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. Establishment of a novel method for qualitative and quantitative evaluation of deglutitive tongue movement by integration of ultrasound video imaging and lateral cephalogram Orthodontic Waves. 2021.03; 80 (1): 23-31.

  38. Kobayashi Y, Ogura K, Hikita R, Tsuji M, Moriyama K. Craniofacial, oral, and cervical morphological characteristics in Japanese patients with Apert syndrome or Crouzon syndrome. European Journal of Orthodontics. 2021.02; 43 (1): 36-44. ( PubMed, DOI )

  39. Badrakhkhuu N, Matsuyama Y, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Malocclusion and Academic Performance among Mongolian Adolescents Frontiers in Dental Medicine. 2021.01; 1 623768.

  40. Sugawara Y, Mizuno T, Moriyama K, Ishiwata H, Kato M, Nakashima M, Mizuguchi T, Matsumoto N. Cerebrospinal fluid abnormalities in developmental and epileptic encephalopathy with a de novo CDK19 variant. Neurology. Genetics. 2020.12; 6 (6): e527. ( PubMed, DOI )

  41. Suga T, Tu TTH, Takenoshita M, Higashihori N, Kabasawa Y, Ono T, Moriyama K, Toyofuku A. Psychosocial indication for orthognathic surgery in patients with psychiatric comorbidities. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2020.11; 74 (11): 621-623. ( PubMed, DOI )

  42. Nakahara N, Matsuyama Y, Kino S, Badrakhkhuu N, Ogawa T, Moriyama K, Fujiwara T, Kawachi I. The Consumption of Sweets and Academic Performance among Mongolian Children International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020.11; 17 (23): 8912. ( PubMed, DOI )

  43. Teramoto A, Suzuki S, Higashihori N, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. 3D evaluation of the morphological and volumetric changes of the tongue and oral cavity before and after orthognathic surgery for mandibular prognathism: a preliminary study. Progress in Orthodontics . 2020.08; 21 (1): 30. ( PubMed, DOI )

  44. Tsuji M, Suzuki H, Suzuki S, Moriyama K. Three-dimensional evaluation of morphology and position of impacted supernumerary teeth in cases of cleidocranial dysplasia. Congenital Anomalies. 2020.07; 60 (4): 106-114. ( PubMed, DOI )

  45. Ogawa T, Cheng ES, Muramoto K, Moriyama K. Long-Term Management and Maxillofacial Growth in a Klippel-Trenaunay Syndrome Patient. The Cleft Palate-Craniofacial Journal. 2020.06; 57 (6): 782-790. ( PubMed, DOI )

  46. Purevjav E, Ganburged G, Bazar A, Mukhtar Y, Moriyama K. Arnett Facial Soft-tissue Cephalometric Analysis Norms for Mongolian Children Central Asian Journal of Medical Sciences. 2020.06; 6 (2): 55-65. ( DOI )

  47. Purevjav E, Ganburged G, MukhtarY, Bazar A, Moriyama K. Arnett Facial Soft Tissue Cephalometric Analysis between the Ages of 6 and 15 Years in Mongolian Children International Journal of Clinical Preventive Dentistry . 2020.06; 16 (2): 68-79. ( DOI )

  48. Hiratsuka T, Uezono M, Takakuda K, Kikuchi M, Oshima S, Sato T, Suzuki S, Moriyama K. Enhanced bone formation onto the bone surface using a hydroxyapatite/collagen bone-like nanocomposite. Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials. 2020.02; 108 (2): 391-398. ( PubMed, DOI )

  49. Nakagawa Kang J, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking during Pregnancy and Missing Teeth in Adolescents. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2019.11; 16 (22): 4536. ( PubMed, DOI )

  50. Hirabayashi K, Uehara DT, Abe H, Ishii A, Moriyama K, Hirose S, Inazawa J. Copy number variation analysis in 83 children with early-onset developmental and epileptic encephalopathy after targeted resequencing of a 109-epilepsy gene panel. Journal of Human Genetics. 2019.11; 64 (11): 1097-1106. ( PubMed, DOI )

  51. Matsuno S, Tsuji M, Hikita R, Matsumoto T, Baba Y, Moriyama K. Clinical study of dentocraniofacial characteristics in patients with Williams syndrome. Congenital Anomalies. 2019.09; 59 (5): 162-168. ( PubMed, DOI )

  52. Kamimoto H, Kobayashi Y, Moriyama K. Relaxin 2 carried by magnetically directed liposomes accelerates rat midpalatal suture expansion and subsequent new bone formation. Bone Reports. 2019.06; 10 100202. ( PubMed, DOI )

  53. Yoshizawa H, Miyamoto JJ, Hanakawa T, Shitara H, Honda M, Moriyama K. Reciprocal cortical activation patterns during incisal and molar biting correlated with bite force levels: an fMRI study. Scientific Reports. 2019.06; 9 (1): 8419. ( PubMed, DOI )

  54. Yoshida M, Honda E, Ozawa E, Inoue-Arai SM, Ohmori H, Moriyama K, Ono T, Kurabayashi T, Yoshihara H, Nunthayanon Parakonthun K. Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement. Oral Radiology. 2019.05; 35 (2): 91-100. ( PubMed, DOI )

  55. Wu Y, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Combination of estrogen deficiency and excessive mechanical stress aggravates temporomandibular joint osteoarthritis in vivo. Archives of Oral Biology. 2019.03; 102 (2019): 39-46. ( PubMed, DOI )

  56. Funahashi K, Shiba T, Watanabe T, Muramoto K, Takeuchi Y, Ogawa T, Izumi Y, Sekizaki T, Nakagawa I, Moriyama K. Functional dysbiosis within dental plaque microbiota in cleft lip and palate patients. Progress in Orthodontics. 2019.03; 20 (1): 11. ( PubMed, DOI )

  57. Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Horikawa R, Moriyama K. Investigation of maxillofacial morphology and oral characteristics with Turner syndrome and early mixed dentition. Congenital Anomalies. 2019.01; 59 (1): 11-17. ( PubMed, DOI )

  58. Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K. Nuclear import of transcriptional corepressor BCOR occurs through interaction with karyopherin α expressed in human periodontal ligament. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018.12; 507 (1-4): 67-73. ( PubMed, DOI )

  59. Ekprachayakoon I, Miyamoto JJ, Inoue-Arai MS, Honda E, Takada J, Kurabayashi T, Moriyama K. New application of dynamic magnetic resonance imaging for the assessment of deglutitive tongue movement Progress in Orthodontics. 2018.11; 19 (1): 45. ( PubMed, DOI )

  60. Yamaji K, Morita J, Watanabe T, Gunjigake K, Nakatomi M, Shiga M, Ono K, Moriyama K, Kawamoto T. Maldevelopment of the submandibular gland in a mouse model of apert syndrome. Developmental Dynamics. 2018.11; 247 (11): 1175-1185. ( PubMed, DOI )

  61. Kamimoto Hiroyuki, Kobayashi Yukiho, Moriyama Keiji. Relaxin Accelerates Rat Midpalatal Suture Expansion and Subsequent Bone Formation JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2018.11; 33 231.

  62. Takahashi Y, Higashihori N, Yasuda Y, Takada J, Moriyama K. Examination of craniofacial morphology in Japanese patients with congenitally missing teeth: a cross-sectional study Progress in Orthodontics. 2018.10; 19 (1): 38. ( PubMed, DOI )

  63. Myat Aung Bhone, Ogawa Takuya, Kadota-Watanabe Chiho, Moriyama Keiji. KPNAsとの相互作用を介したBCORの核-細胞質間輸送(Nuclear-cytoplasmic transportation of BCOR through interaction with KPNAs) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 195. ( 医中誌 )

  64. Wu Yuyun, Kadota-Watanabe Chiho, Ogawa Takuya, Moriyama Keiji. マウスにおいてエストロゲン欠乏と過剰な機械的ストレスの複合はTMJ-OAを悪化させる(Combination of estrogen deficiency and excessive mechanical stress exacerbates TMJ-OA in mice) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 376. ( 医中誌 )

  65. Higashihori Norihisa, Takada Jun-ichi, Katayanagi Minami, Takahashi Yuki, Moriyama Keiji. Frequency of missing teeth and reduction of mesiodistal tooth width in Japanese patients with tooth agenesis PROGRESS IN ORTHODONTICS. 2018.08; 19 (1): 30. ( PubMed, DOI )

  66. Ding X, Suzuki S, Shiga M, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. Evaluation of tongue volume and oral cavity capacity using cone-beam computed tomography. Odontology. 2018.07; 106 (3): 266-273. ( PubMed, DOI )

  67. Nakazawa Y, Suzuki S, Go Inoue G, Nikaido T, Tagami J, Moriyama K. Influence of orthodontic self-etch adhesive on acid resistance of surface enamel. Dental Materials Journal. 2018.07; 37 (4): 568-574.

  68. Takada J, Miyamoto JJ, Sato C, Dei A, Moriyama K. Comparison of EMG activity and blood flow during graded exertion in the orbicularis oris muscle of adult subjects with and without lip incompetence: a cross-sectional survey. European Journal of Orthodontics. 2018.05; 40 (3): 304-311. ( PubMed, DOI )

  69. Ikeda A, Miyamoto JJ, Usui N, Taira M, Moriyama K. Chewing Stimulation Reduces Appetite Ratings and Attentional Bias toward Visual Food Stimuli in Healthy-Weight Individuals. Frontiers in Psychology. 2018.02; 9 ( PubMed, DOI )

  70. Takasawa K, Nakagawa R, Takishima S, Moriyama K, Watanabe K, Kiyohara K, Hasegawa T, Shimohira M, Kashimada K, Shimizu N, Morio T. Cause of acute encephalitis/encephalopathy in Japanese children diagnosed by a rapid and comprehensive virological detection system and differences in their clinical presentations. Brain & development. 2018.02; 40 (2): 107-115. ( PubMed, DOI )

  71. Lin W, Izu Y, Smriti A, Kawasaki M, Pawaputanon C, Böttcher RT, Costell M, Moriyama K, Noda M, Ezura Y. Profilin1 is expressed in osteocytes and regulates cell shape and migration. Journal of Cellular Physiology. 2018.01; 233 (1): 259-268. ( PubMed, DOI )

  72. Kamata H, Higashihori N, Fukuoka H, Shiga M, Kawamoto T, Moriyama K. Comprehending the three-dimensional mandibular morphology of facial asymmetry patients with mandibular prognathism. Progress in Orthodontics. 2017.12; 18 (1): 43. ( PubMed, DOI )

  73. Ogasawara T, Uezono M, Takakuda K, Kikuchi M, Suzuki S, Moriyama K. Shape Optimization of Bone-Bonding Subperiosteal Devices with Finite Element Analysis BioMed Research International. 2017.11; 2017 ( DOI )

  74. Sato Chiemi, Ogawa Takuya, Tsuge Risa, Shiga Momotoshi, Tsuji Michiko, Baba Yoshiyuki, Kosaki Kenjiro, Moriyama Keiji. Russell-Silver症候群の日本人小児11名の全身及び顎顔面に関する特徴(Systemic and maxillofacial characteristics of 11 Japanese children with Russell-Silver syndrome) Congenital Anomalies. 2017.09; 56 (5): 217-225. ( 医中誌 )

  75. Shoji-Matsunaga A, Ono T, Hayashi M, Takayanagi H, Moriyama K, Nakashima T. Osteocyte regulation of orthodontic force-mediated tooth movement via RANKL expression. Scientific Reports. 2017.08; 7 (1): 8753. ( PubMed, DOI )

  76. Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Associations between Malocclusion and Oral Health-Related Quality of Life among Mongolian Adolescents. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2017.08; 14 (8): ( PubMed, DOI )

  77. Duarte C, Kobayashi Y, Morita J, Kawamoto T, Moriyama K. A preliminary investigation of the effect of relaxin on bone remodelling in suture expansion. European Journal of Orthodontics. 2017.06; 39 (3): 227-234. ( PubMed, DOI )

  78. Shiga M, Ogawa T, Ekprachayakoon I, Moriyama K. Orthodontic Treatment and Long-Term Management of a Patient With Marfan Syndrome. The Cleft Palate-Craniofacial Journal. 2017.05; 54 (3): 358-367. ( PubMed, DOI )

  79. 森山啓司. 世界の歯科矯正の新基軸:エビデンスに基づく矯正歯科治療について考える 歯界展望特別号「歯科医療 未来と夢」第23回日本歯科医学会総会. 2017.05; 122.

  80. Sawada H, Ogawa T, Kataoka K, Baba Y, Moriyama K. Measurement of Distraction Force in Cleft Lip and Palate Patients During Le Fort I Maxillary Advancement With Rigid External Distraction. Journal of Craniofacial Surgery . 2017.03; 28 (2): 406-412. ( PubMed, DOI )

  81. Ikeda M, Miyamoto JJ, Takada JI, Moriyama K.. Association between 3-dimensional mandibular morphology and condylar movement in subjects with mandibular asymmetry. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2017.02; 151 (2): 324-334. ( PubMed, DOI )

  82. Yahiro K, Higashihori N, Moriyama K. Histone methyltransferase Setdb1 is indispensable for Meckel's cartilage development. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2017.01; 482 (4): 883-888. ( PubMed, DOI )

  83. Koda N, Sato T, Shinohara M, Ichinose S, Ito Y, Nakamichi R, Kayama T, Suzuki H, Moriyama K, Asahara H . The transcription factor mohawk homeobox regulates homeostasis of the periodontal ligament. Development. 2017.01; 144 (2): 313-320. ( DOI )

  84. Ogura K, Iimura T, Makino Y, Sugie-Oya A, Takakura A, Takao-Kawabata R, Ishizuya T, Moriyama K, Yamaguchi A. Short-term intermittent administration of parathyroid hormone facilitates osteogenesis by different mechanisms in cancellous and cortical bone. Bone Rep. 2016.12; 5 7-14. ( PubMed, DOI )

  85. Tumurkhuu T, Fujiwara T, Komazaki Y, Kawaguchi Y, Tanaka T, Inazawa J, Ganburged G, Bazar A, Ogawa T, Moriyama K. Association between maternal education and malocclusion in Mongolian adolescents: a cross-sectional study. BMJ Open. 2016.11; 6 (11): e012283. ( PubMed, DOI )

  86. Dei A, Miyamoto JJ, Takada J, Ono T, Moriyama K. Evaluation of blood flow and electromyographic activity in the perioral muscles. Eur J Orthod. 2016.10; 38 (5): 525-531. ( PubMed, DOI )

  87. Sato C, Ogawa T, Tsuge R, Shiga M, Tsuji M, Baba Y, Kosaki K, Moriyama K. Systemic and maxillofacial characteristics of 11 Japanese children with Russell-Silver syndrome. Congenit Anom (Kyoto). 2016.09; 56 (5): 217-225. ( PubMed, DOI )

  88. Sato M, Baba Y, Haruyama N, Higashihori N, Tsuji M, Suzuki S, Moriyama K. Clinicostatistical analysis of congenitally missing permanent teeth in Japanese patients with cleft lip and/or palate Orthodontic Waves. 2016.06; 75 (2): 41-45.

  89. Morishita M, Muramatsu T, Suto Y, Hirai M, Konishi T, Hayashi S, Shigemizu D, Tsunoda T, Moriyama K, Inazawa J. Chromothripsis-like chromosomal rearrangements induced by ionizing radiation using proton microbeam irradiation system. Oncotarget. 2016.03; 7 (9): 10182-10192. ( PubMed, DOI )

  90. Lin W, Ezura Y, Izu Y, Aryal SA, Kawasaki M, Chantida PN, Moriyama K, Noda M. Profilin Expression Is Regulated by Bone Morphogenetic Protein (BMP) in Osteoblastic Cells. Journal of Cellular Biochemistry. 2016.03; 117 (3): 621-628. ( PubMed, DOI )

  91. Sawada H, Ogawa T, Kataoka K, Baba Y, Moriyama K. Measurement of distraction force in maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate. Journal of Craniofacial Surgery. 2016;

  92. Thunyaporn Surapornsawasd, Takuya Ogawa, Keiji Moriyama. Identification of nuclear localization signals within the human BCOR protein. FEBS Lett.. 2015.10; 589 (21): 3313-3320. ( PubMed, DOI )

  93. Umezawa Takayuki, Chen Peng, Tsutsumi Yusuke, Doi Hisashi, Ashida Maki, Suzuki Shoichi, Moriyama Keiji, Hanawa Takao. チタンおよびジルコニウム上でのMC3T3-E1細胞の石灰化(Calcification of MC3T3-E1 cells on titanium and zirconium) Dental Materials Journal. 2015.10; 34 (5): 713-718. ( 医中誌 )

  94. 森下 真紀, 村松 智輝, 林 深, 平井 百樹, 数藤 由美子, 小西 輝昭, 森山 啓司, 稲澤 譲治. 癌細胞ゲノムにおける局所マイクロビーム照射装置SPICEによる放射照射後のクロモスリプシス様変化 日本癌学会総会記事. 2015.10; 74回 P-1165. ( 医中誌 )

  95. Erika Suzuki-Okamura, Norihisa Higashihori, Tatsuo Kawamoto, Keiji Moriyama. Three-dimensional analysis of hard and soft tissue changes in patients with facial asymmetry undergoing 2-jaw surgery. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2015.09; 120 (3): 299-306. ( PubMed, DOI )

  96. Morishita Maki, Muramatsu Tomoki, Hayashi Shin, Hirai Momoki, Suto Yumiko, Konishi Teruaki, Moriyama Keiji, Inazawa Johji. Exploration of mechanisms for chromothripsis by irradiation CANCER RESEARCH. 2015.08; 75 ( DOI )

  97. Nozomi Ahiko, Yoshiyuki Baba, Michiko Tsuji, Shoichi Suzuki, Tsuyoshi Kaneko, Junko Kindaichi, Keiji Moriyama. Investigation of maxillofacial morphology and dental development in hemifacial microsomia. Cleft Palate Craniofac. J.. 2015.03; 52 (2): 203-209. ( PubMed, DOI )

  98. Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Suzuki S, Kaneko T, Kindaichi J, Moriyama K. Investigation of maxillofacial morphology and dental development in hemifacial microsomia. Cleft Palate Craniofac J.. 2015.03; 52 (2): 203-209.

  99. Shiying Liu, Norihisa Higashihori, Kohei Yahiro, Keiji Moriyama. Retinoic acid inhibits histone methyltransferase Whsc1 during palatogenesis. Biochem. Biophys. Res. Commun.. 2015.03; 458 (3): 525-530. ( PubMed, DOI )

  100. Yumiko Nakayama, Yoshiyuki Baba, Michiko Tsuji, Hiroki Fukuoka, Takuya Ogawa, Mizue Ohkuma, Keiji Moriyama. Dentomaxillofacial characteristics of ectodermal dysplasia. Congenit Anom (Kyoto). 2015.02; 55 (1): 42-48. ( PubMed, DOI )

  101. Jun-ichi Takada, Jun J Miyamoto, Toshiaki Yokota, Takashi Ono, Keiji Moriyama. Comparison of the mandibular hinge axis in adult patients with facial asymmetry with and without posterior unilateral crossbite. Eur J Orthod. 2015.02; 37 (1): 22-27. ( PubMed, DOI )

  102. Nakayama Yumiko, Baba Yoshiyuki, Tsuji Michiko, Fukuoka Hiroki, Ogawa Takuya, Ohkuma Mizue, Moriyama Keiji. 外胚葉異形成症における歯顎顔面の特徴(Dentomaxillofacial characteristics of ectodermal dysplasia) Congenital Anomalies. 2015.02; 55 (1): 42-48. ( 医中誌 )

  103. Takuya Ogawa, Chiemi Sato, Naomi Kawakubo, Keiji Moriyama. Orthodontic treatment of a patient with hypoglossia. Cleft Palate Craniofac. J.. 2015.01; 52 (1): 102-109. ( PubMed, DOI )

  104. Nishiyama Yuriko, Matsumoto Tsutomu, Lee Ji-Won, Saitou Takashi, Imamura Takeshi, Moriyama Keiji, Yamaguchi Akira, Iimura Taclahiro. Changes in the spatial distribution of sclerostin in the osteocytic lacuno-canalicular system in alveolar bone due to orthodontic forces, as detected on multimodal confocal fluorescence imaging analyses ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2015.01; 60 (1): 45-54. ( PubMed, DOI )

  105. Takayuki Umezawa, Peng Chen, Yusuke Tsutsumi, Hisashi Doi, Maki Ashida, Shoichi Suzuki, Keiji Moriyama, Takao Hanawa. Calcification of MC3T3-E1 cells on titanium and zirconium. Dent Mater J. 2015; 34 (5): 713-718. ( PubMed, DOI )

  106. Naomi Yamamoto, Masamitsu Oshima, Chie Tanaka, Miho Ogawa, Kei Nakajima, Kentaro Ishida, Keiji Moriyama, Takashi Tsuji. Functional tooth restoration utilising split germs through re-regionalisation of the tooth-forming field. Sci Rep. 2015; 5 18393. ( PubMed, DOI )

  107. Ito Y, Kawamoto T, Moriyama K. The orthopaedic effects of bone-anchored maxillary protraction in a beagle model. Eur J Orthodont. 2014.12; 36 (6): 632-640. ( DOI )

  108. Komazaki Y, Fujiwara T, Ogawa T, Sato M, Suzuki K, Yamagata Z, Moriyama K. Association between malocclusion and headache among 12- to 15-year-old adolescents: a population-based study. Community Dent Oral Epidemiol. 2014.12; 42 (6): 572-580. ( PubMed, DOI )

  109. Maruoka R, Takenouchi T, Torii C, Shimizu A, Misu K, Higasa K, Matsuda F, Ota A, Tanito K, Kuramochi A, Arima Y, Otsuka F, Yoshida Y, Moriyama K, Niimura M, Saya H, Kosaki K. The use of next-generation sequencing in molecular diagnosis of neurofibromatosis type 1: a validation study. Genet Test Mol Biomarkers. 2014.11; 18 (11): 722-735. ( PubMed, DOI )

  110. 森下 真紀, 村松 智輝, 林 深, 平井 百樹, 数藤 由美子, 森山 啓司, 稲澤 譲治. 新規発癌機構であるchromothripsis生成機序の解明(Exploration of mechanisms for chromothripsis: a novel mechanism of carcinogenesis) 日本癌学会総会記事. 2014.09; 73回 J-3006. ( 医中誌 )

  111. Surapornsawasd T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Oculofaciocardiodental syndrome: novel BCOR mutations and expression in dental cells. J. Hum. Genet.. 2014.06; 59 (6): 314-320. ( PubMed, DOI )

  112. Surapornsawasd Thunyaporn, Ogawa Takuya, Tsuji Michiko, Moriyama Keiji. 眼・顔・心・歯症候群 歯細胞における新規BCOR変異および発現(Oculofaciocardiodental syndrome: novel BCOR mutations and expression in dental cells) Journal of Human Genetics. 2014.06; 59 (6): 314-320. ( 医中誌 )

  113. Hikita R, Kobayashi Y, Tsuji M, Kawamoto T, Moriyama K. Long-term orthodontic and surgical treatment and stability of a patient with Beckwith-Wiedemann syndrome. Am J Orthod Dentofac Orthop.. 2014.05; 145 (5): 672-684.

  114. Morita J, Nakamura M, Kobayashi Y, Deng C, Funato N, Moriyama K. Soluble form of FGFR2 with S252W partially prevents craniosynostosis of the apert mouse model. Dev. Dyn.. 2014.04; 243 (4): 560-567. ( PubMed, DOI )

  115. Miyamoto JJ, Yabunaka T, Moriyama K. Cervical characteristics of Noonan syndrome. Eur J Orthod. 2014.04; 36 (2): 226-232. ( PubMed, DOI )

  116. Duarte C, Kobayashi Y, Kawamoto T, Moriyama K. Relaxin receptors 1 and 2 and nuclear receptor subfamily 3, group C, member 1 (glucocorticoid receptor) mRNAs are expressed in oral components of developing mice. Arch Oral Biol. 2014.02; 59 (2): 111-118.

  117. de Araujo RM, Oba Y, Kuroda S, Tanaka E, Moriyama K. RhoE regulates actin cytoskeleton organization in human periodontal ligament cells under mechanical stress. Arch. Oral Biol. 2014.02; 59 (2): 187-192. ( PubMed, DOI )

  118. Kawakubo N, Miyamoto JJ, Katsuyama N, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Taira M, Moriyama K. Effects of cortical activations on enhancement of handgrip force during teeth clenching: an fMRI study. Neurosci. Res.. 2014.02; 79 67-75. ( PubMed, DOI )

  119. Watanabe C, Morita M, Hayata T, Nakamoto T, Kikuguchi C, Li X, Kobayashi Y, Takahashi N, Notomi T,Moriyama K, Yamamoto T, Ezura Y, Noda M. Stability of mRNA influences osteoporotic bone mass via CNOT3. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2014.02; 111 (7): 2692-2697. ( PubMed, DOI )

  120. Kawakubo Naomi, Miyamoto Jun J., Katsuyama Narumi, Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Taira Masato, Moriyama Keiji. 咬みしめ時の握力増大に対する脳賦活の影響 fMRI研究(Effects of cortical activations on enhancement of handgrip force during teeth clenching: An fMRI study) Neuroscience Research. 2014.02; 79 67-75. ( 医中誌 )

  121. Duarte C, Kobayashi Y, Kawamoto T, Moriyama K. RELAXIN enhances differentiation and matrix mineralization through Relaxin/insulin-like family peptide receptor 2 (Rxfp2) in MC3T3-E1 cells in vitro. Bone. 2014; 65 92-101.

  122. Yokota M, Kobayashi Y, Morita J, Suzuki H, Hashimoto Y, Sasaki Y, Akiyoshi K, Moriyama K. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis. PLoS ONE. 2014; 9 (7): e101693. ( PubMed, DOI )

  123. Aukkarasongsup Paveenarat, Haruyama Naoto, Matsumoto Tsutomu, Shiga Momotoshi, Moriyama Keiji. Periostin inhibits hypoxia-induced apoptosis in human periodontal ligament cells via TGF-beta signaling BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2013.11; 441 (1): 126-132. ( PubMed, DOI )

  124. Moriyama Keiji. 下顎頭軟骨は関節接合や成長と発達の重要な器官である(Mandibular condylar cartilage is a pivotal organ for articulation as well as growth and development) The Japanese Dental Science Review. 2013.11; 49 (3-4): 117. ( 医中誌 )

  125. Uezono Masayoshi, Takakuda Kazuo, Kikuchi Masanori, Suzuki Shoichi, Moriyama Keiji. Hydroxyapatite/collagen nanocomposite-coated titanium rod for achieving rapid osseointegration onto bone surface JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS. 2013.08; 101B (6): 1031-1038. ( PubMed, DOI )

  126. Matsumoto T., Iimura T., Ogura K., Moriyama K., Yamaguchi A.. The Role of Osteocytes in Bone Resorption during Orthodontic Tooth Movement JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2013.04; 92 (4): 340-345. ( DOI )

  127. Okamura E, Suda N, Baba Y, Fukuoka H, Ogawa T, Ohkuma M, Ahiko N, Shiga M, Tsuji M, Moriyama K. Dental and maxillofacial characteristics of six Japanese individuals with ectrodactyly-ectodermal dysplasia-clefting syndrome. Cleft Palate Craniofac. J.. 2013.03; 50 (2): 192-200. ( PubMed, DOI )

  128. Honda A, Baba Y, Ogawa T, Suzuki S, Moriyama K. Long-term maxillomandibular changes after maxillary distraction osteogenesis in growing children with cleft lip and palate. The Cleft Palate-Craniofacial Journal . 2013.03; 50 (2): 168-173.

  129. Honda Aya, Baba Yoshiyuki, Ogawa Takuya, Suzuki Shoichi, Moriyama Keiji. Long-Term Maxillomandibular Changes After Maxillary Distraction Osteogenesis in Growing Children With Cleft Lip With or Without Palate CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2013.03; 50 (2): 168-173. ( PubMed, DOI )

  130. Hikita Rina, Miyamoto Jun J., Ono Takashi, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Moriyama Keiji. 声門破裂音の認識に関与する聴覚連合野における賦活パターン(Activation patterns in the auditory association area involved in glottal stop perception) Journal of Oral Biosciences. 2013.02; 55 (1): 34-39. ( 医中誌 )

  131. Suda Naoto, Moriyama Keiji, Ganburged Ganjargal. Effect of Angiotensin II Receptor Blocker on Experimental Periodontitis in a Mouse Model of Marfan Syndrome INFECTION AND IMMUNITY. 2013.01; 81 (1): 182-188. ( PubMed, DOI )

  132. Maruoka Yutaka, Kanaya Fumihide, Hoshino Akiyoshi, Iimura Tadahiro, Imai Hideki, Otsuka Ryo, Ueha Satoshi, Fujioka Kohki, Katsuragawa Yozo, Shimbo Takuro, Mimori Akio, Yamazaki Tsutomu, Manome Yoshinobu, Moriyama Keiji, Omura Ken, Matsushima Kouji, Yamamoto Kenji. 進行性/特発性下顎頭吸収におけるケモカイン受容体異常により生じる骨/軟骨減少に関する研究(Study of Osteo-/Chondropenia Caused by Impaired Chemokine Receptor and for Progressive/Idiopathic Condylar Resorption) 日本顎変形症学会雑誌. 2012.12; 22 (補冊): S15-S22. ( 医中誌 )

  133. Moriyama Keiji. III級患者に対する非外科的および外科的矯正治療の臨床的考察(Clinical considerations of nonsurgical and surgical orthodontic treatments for Class III patients) MEAW研究会雑誌. 2012.12; 19 (1): 21-22. ( 医中誌 )

  134. Watanabe K, Kuroda S, Takahashi T, Kijima T, Torikai K, Moriyama K, Tanaka E. Segmental distraction osteogenesis with modified LeFort II osteotomy for a patient with craniosynostosis. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2012.11; 142 (5): 698-709. ( PubMed, DOI )

  135. Suzuki Hiroyuki, Suda Naoto, Shiga Momotoshi, Kobayashi Yukiho, Nakamura Masataka, Iseki Sachiko, Moriyama Keiji. Apert syndrome mutant FGFR2 and its soluble form reciprocally alter osteogenesis of primary calvarial osteoblasts JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY. 2012.09; 227 (9): 3267-3277. ( PubMed, DOI )

  136. Moriyama Keiji. ペリオスチン 歯科学において再び注目される多機能性基質細胞性タンパク質(Periostin: A multifunctional matricellular protein refocused in dental science) The Japanese Dental Science Review. 2012.08; 48 (2): 99-100. ( 医中誌 )

  137. Ng Inn Wo, Ono Takashi, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Moriyama Keiji. Differential articulatory movements during Japanese /s/ and /t/ as revealed by MR image sequences with tooth visualization ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 2012.06; 57 (6): 749-759. ( PubMed, DOI )

  138. Komazaki Y, Fujiwara T, Ogawa T, Sato M, Suzuki K, Yamagata Z, Moriyama K. Prevalence and gender comparison of malocclusion among Japanese adolescents: A population-based study. Journal of the World Federation of Orthodontists. 2012.06; 1 (2): 67-72.

  139. Okamoto Nana, Hayashi Shin, Masui Ayako, Kosaki Rika, Oguri Izumi, Hasegawa Tomoko, Imoto Issei, Makita Yoshio, Hata Akira, Moriyama Keiji, Inazawa Johji. 染色体10p11.23-p12.1での欠損が、顕著な顔面中部後退を伴う特徴的な表現型を決定づける(Deletion at chromosome 10p11.23-p12.1 defines characteristic phenotypes with marked midface retrusion) Journal of Human Genetics. 2012.03; 57 (3): 191-196. ( 医中誌 )

  140. Okamoto Nana, Hayashi Shin, Masui Ayako, Kosaki Rika, Oguri Izumi, Hasegawa Tomoko, Imoto Issei, Makita Yoshio, Hata Akira, Moriyama Keiji, Inazawa Johji. Deletion at chromosome 10p11.23-p12.1 defines characteristic phenotypes with marked midface retrusion JOURNAL OF HUMAN GENETICS. 2012.03; 57 (3): 191-196. ( PubMed, DOI )

  141. Qiu Ling Ling, Haruyama Naoto, Suzuki Shoichi, Yamada Daisuke, Obayashi Naoto, Kurabayashi Toru, Moriyama Keiji. Accuracy of orthodontic miniscrew implantation guided by stereolithographic surgical stent based on cone-beam CT-derived 3D images ANGLE ORTHODONTIST. 2012.03; 82 (2): 284-293. ( PubMed, DOI )

  142. Tsuji-Takechi Kaori, Negishi-Koga Takako, Sumiya Eriko, Kukita Akiko, Kato Shigeaki, Maeda Takahiro, Pandolfi Pier Paolo, Moriyama Keiji, Takayanagi Hiroshi. Stage-specific functions of leukemia/lymphoma-related factor (LRF) in the transcriptional control of osteoclast development PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA. 2012.02; 109 (7): 2561-2566. ( PubMed, DOI )

  143. Suda Naoto, Tominaga Naoko, Niinaka Yasufumi, Amagasa Teruo, Moriyama Keiji. Orthognathic treatment for a patient with facial asymmetry associated with unilateral scissors-bite and a collapsed mandibular arch AMERICAN JOURNAL OF ORTHODONTICS AND DENTOFACIAL ORTHOPEDICS. 2012.01; 141 (1): 94-104. ( PubMed, DOI )

  144. Komazaki Y., Fujiwara T., Kosaki R., Ogawa T., Moriyama K.. THE METHODS OF THREE-DIMENTIONAL ANTHROPOMETRIC MEASUREMENTS FOR INFANTS/TODDLERS FACE WITH MINOR ANOMALIES PEDIATRIC RESEARCH. 2011.11; 70 415. ( DOI )

  145. Kuroda S, Watanabe K, Ishimoto K, Nakanishi H, Moriyama K, Tanaka E. Long-term stability of LeFort III distraction osteogenesis with a rigid external distraction device in a patient with Crouzon syndrome. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2011.10; 140 (4): 550-561. ( PubMed, DOI )

  146. Haruyama Naoto, Qiu Lingling, Suzuki Shoichi, Yamada Daisuke, Obayashi Naoto, Kurabayashi Toru, Moriyama Keiji. コーン・ビームCT3次元画像に基づくステレオリソグラフィーステントガイド下の歯列矯正ミニスクリュー移植の精度(Accuracy of orthodontic miniscrew implantation guided by stereolithographic stent based on cone-beam CT 3D images) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 366. ( 医中誌 )

  147. Haruyama Naoto, Hatakeyama Junko, Moriyama Keiji, Kulkarni Ashok B.. アメロゲニン 多機能エナメル基質タンパク質とその結合物質(Amelogenins: Multi-Functional Enamel Matrix Proteins and Their Binding Partners) Journal of Oral Biosciences. 2011.08; 53 (3): 257-266. ( 医中誌 )

  148. Haruyama N, Hatakeyama J, Moriyama K, Kulkarni AB. Amelogenins: Multi-Functional Enamel Matrix Proteins and Their Binding Partners. Journal of oral biosciences. 2011.08; 53 (3): 257-266. ( PubMed )

  149. Takada Jun-ichi, Ono Takashi, Miyamato Jun J., Yokota Toshiaki, Moriyama Keiji. Association between intraoral pressure and molar position and inclination in subjects with facial asymmetry EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS. 2011.06; 33 (3): 243-249. ( PubMed, DOI )

  150. Matsumoto T., Moriyama K., Yamaguchi A.. Osteocytes are involved in osteoclastic bone resorption induced by mechanical loading during orthodontic tooth movement BONE. 2011.05; 48 S140. ( DOI )

  151. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K. Systemic and maxillofacial characteristics of patients with Beckwith-Wiedemann syndrome not treated with glossectomy. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2011.04; 139 (4): 517-525. ( PubMed, DOI )

  152. Suda N, Ogawa T, Kojima T, Saito C, Moriyama K. Non-syndromic oligodontia with a novel mutation of PAX9. J. Dent. Res.. 2011.03; 90 (3): 382-386. ( PubMed, DOI )

  153. Ng I. W., Ono T., Inoue-Arai M. S., Honda E., Kurabayashi T., Moriyama K.. Application of MRI movie for observation of articulatory movement during a fricative /s/ and a plosive /t/ ANGLE ORTHODONTIST. 2011.03; 81 (2): 237-244. ( DOI )

  154. Kamata Hideki, Suzuki Shoichi, Tanaka Yuta, Tsutsumi Yusuke, Doi Hisashi, Nomura Naoyuki, Hanawa Takao, Moriyama Keiji. Effects of pH, Potential, and Deposition Time on the Durability of Collagen Electrodeposited to Titanium MATERIALS TRANSACTIONS. 2011.01; 52 (1): 81-89. ( DOI )

  155. Suda N., Hattori M., Kosaki K., Banshodani A., Kozai K., Tanimoto K., Moriyama K.. Correlation between genotype and supernumerary tooth formation in cleidocranial dysplasia ORTHODONTICS & CRANIOFACIAL RESEARCH. 2010.11; 13 (4): 197-202. ( DOI )

  156. Ng Inn Wo, Ono Takashi, Inoue-Arai Maristela Sayuri, Honda Ei-ichi, Kurabayashi Tohru, Moriyama Keiji. MRIを用いた/s/と/t/発声時の構音運動の評価(The evaluation of articulatory movements during /s/ and /t/ in MRI movie with tooth visualization) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 320. ( 医中誌 )

  157. Ishizaki Takashi, Baba Yoshiyuki, Suzuki Shoichi, Doi Hisashi, Yoneyama Takayuki, Moriyama Keiji. 上顎仮骨延長用RED装置における2種の口腔内スプリントの有効性の比較(Comparison of the efficiency of two types of intraoral splints in the RED system for maxillary distraction osteogenesis) Orthodontic Waves. 2010.09; 69 (3): 102-109. ( 医中誌 )

  158. Ganburged Ganjargal, Suda Naoto, Saito Masahiro, Yamazaki Yosuke, Isokawa Keitaro, Moriyama Keiji. Dilated capillaries, disorganized collagen fibers and differential gene expression in periodontal ligaments of hypomorphic fibrillin-1 mice CELL AND TISSUE RESEARCH. 2010.09; 341 (3): 381-395. ( PubMed, DOI )

  159. Inokuchi Takato, Kawamoto Tatsuo, Aoki Kazuhiro, Aoki Asato, Nagahama Kouhei, Baba Yoshiyuki, Suzuki Syouichi, Shibayama Masaharu, Mano Yoshihiro, Ohya Keiichi, Moriyama Keiji. The Effects of Hyperbaric Oxygen on Tooth Movement Into the Regenerated Area After Distraction Osteogenesis CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2010.07; 47 (4): 382-392. ( PubMed, DOI )

  160. Tamura Risa, Ono Takashi, Sato Mitsuo, Hasegawa Makoto, Moriyama Keiji, Araki Kouji. 閉塞型睡眠時無呼吸症候群患者における異なる体位による臨床検査値の変化と重症度との関連(Association between positional changes in laboratory values and severity in subjects with obstructive sleep apnea syndrome) Journal of Medical and Dental Sciences. 2010.06; 57 (2): 147-154. ( 医中誌 )

  161. Tamura R, Ono T, Sato M, Hasegawa M, Moriyama K, Araki K. Association between positional changes in laboratory values and severity in subjects with obstructive sleep apnea syndrome. Journal of medical and dental sciences. 2010.06; 57 (2): 147-54. ( PubMed )

  162. Aoki Asato, Kawamoto Tatsuo, Aoki Kazuhiro, Inokuchi Takato, Kudoh Atsuo, Nagahama Kouhei, Baba Yoshiyuki, Suzuki Syouichi, Ohya Keiichi, Moriyama Keiji. Amount of Bone Lengthening Affects Blood Flow Recovery and Bone Mineralization After Distraction Osteogenesis in a Canine Cleft Palate Model CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2010.05; 47 (3): 303-313. ( PubMed, DOI )

  163. Suda N., Bazar A., Bold O., Jigjid B., Garidkhuu A., Ganburged G., Moriyama K.. A Mongolian patient with hypohidrotic ectodermal dysplasia with a novel P121S variant in EDARADD ORTHODONTICS & CRANIOFACIAL RESEARCH. 2010.05; 13 (2): 114-117.

  164. Ganjargal Ganburged, Suda Naoto, Saito Masahiro, Yamazaki Yosuke, Isokawa Keitaro, Moriyama Keiji. マルファン症候群モデルマウス(MgR:hypomorphic fibrillin-1マウス)の歯根膜における様々な遺伝子発現(Differential gene expression in periodontal ligament of mouse model of Marfan syndrome (MgR:hypomorphic fibrillin-1 mice)) 口腔病学会雑誌. 2010.03; 77 (1): 93. ( 医中誌 )

  165. Ono Takashi, Okuma Mizue, Hamada Takashi, Motohashi Nobuyoshi, Moriyama Keiji. A Case of Ring Chromosome 18 Syndrome Treated With a Combined Orthodontic-Prosthodontic Approach CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL. 2010.03; 47 (2): 201-210. ( DOI )

  166. Suda, N, Moriyama K. Human diseases accompanied with abnormal tooth roots. Journal of Oral Biosciences. 2009.12; 51 (4): 199-204.

  167. Kusumah SW, Suzuki S, Itoh K, Higashino R, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. Morphological observation of the medial pterygoid muscle by the superimposition of images obtained by lateral cephalogram and MRI. J Orthod. 2009.12; 36 (4): 243-252. ( PubMed, DOI )

  168. Ganjargal Ganburged, Suda Naoto, Takahashi Yusuke, Hamada Nobushiro, Moriyama Keiji. Marfan症候群マウスモデルにおける炎症性歯槽骨吸収(Inflammatory alveolar bone resorption in mouse model of marfan syndrome) Connective Tissue Research. 2009.12; 50 (6): 410-411. ( 医中誌 )

  169. Hiasa M, Abe M, Nakano A, Oda A, Amou H, Kido S, Takeuchi K, Kagawa K, Yata K, Hashimoto T, Ozaki S, Asaoka K, Tanaka E, Moriyama K, Matsumoto T. GM-CSF and IL-4 induce dendritic cell differentiation and disrupt osteoclastogenesis through M-CSF receptor shedding by up-regulation of TNF-alpha converting enzyme (TACE). Blood. 2009.11; 114 (20): 4517-4526. ( PubMed, DOI )

  170. Kondo Y, Takahashi T, Oba Y, Kuroda S, Tanaka E, Moriyama K. Blood flow distribution of repaired lip in cleft lip patients. Angle Orthod. 2009.11; 79 (6): 1182-1187. ( PubMed, DOI )

  171. Hattori M, Torii C, Yagihashi T, Izumi K, Suda N, Ohyama K, Takahashi T, Moriyama K, Kosaki K. Diagnosis of Russell-Silver syndrome by the combined bisulfite restriction analysis-denaturing high-performance liquid chromatography assay. Genet Test Mol Biomarkers. 2009.10; 13 (5): 623-630. ( PubMed, DOI )

  172. Minato A, Ono T, Miyamoto JJ, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Preferred chewing side-dependent two-point discrimination and cortical activation pattern of tactile tongue sensation. Behav. Brain Res.. 2009.10; 203 (1): 118-126. ( PubMed, DOI )

  173. Jinno K, Takahashi T, Tsuchida K, Tanaka E, Moriyama K. Acceleration of palatal wound healing in Smad3-deficient mice. J Dent Res. 2009.08; 88 (8): 757-761. ( PubMed, DOI )

  174. Kitase Y, Yokozeki M, Fujihara S, Izawa T, Kuroda S, Tanimoto K, Moriyama K, Tanaka E. Analysis of gene expression profiles in human periodontal ligament cells under hypoxia: the protective effect of CC chemokine ligand 2 to oxygen shortage. Arch Oral Biol. 2009.07; 54 (7): 618-624. ( PubMed, DOI )

  175. Suda N, Shiga M, Ganburged G, Moriyama K. Marfan syndrome and its disorder in periodontal tissues. J. Exp. Zool. B Mol. Dev. Evol.. 2009.07; 312B (5): 503-509. ( PubMed, DOI )

  176. Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Motor coordination of articulators depends on the place of articulation. Behav. Brain Res.. 2009.05; 199 (2): 307-316. ( PubMed, DOI )

  177. Suda N, Kawafuji K, Moriyama K. Multidisciplinary management including endodontics, periodontics, orthodontics, anterior maxillary osteotomy and prosthetics in an adult case with a severe openbite Orthod Waves. 2009.03; 68 (1): 42-48.

  178. Suda Naoto, Kawafuji Akiko, Moriyama Keiji. 高度開咬の成人症例における歯内治療、歯周治療、歯列矯正、上顎前方部骨切り術及び補綴による集学的治療(Multidisciplinary management including endodontics, periodontics, orthodontics, anterior maxillary osteotomy and prosthetics in an adult case with a severe openbite) Orthodontic Waves. 2009.03; 68 (1): 42-49. ( 医中誌 )

  179. Yagi Y, Suda N, Yamakoshi Y, Baba O, Moriyama K. In vivo application of amelogenin suppresses root resorption. J. Dent. Res.. 2009.02; 88 (2): 176-181. ( PubMed, DOI )

  180. Miraoui H, Oudina K, Petite H, Tanimoto Y, Moriyama K, Marie PJ. Fibroblast growth factor receptor 2 promotes osteogenic differentiation in mesenchymal cells via ERK1/2 and protein kinase C signaling. J. Biol. Chem.. 2009.02; 284 (8): 4897-4904. ( PubMed, DOI )

  181. Putrantoa R, Oba Y, Kaneko K, Shioyasono A, Moriyama K.. Effects of bisphosphonates on root resorption and cytokine expression during experimental tooth movement in rats Orthodontic Waves. 2008.12; 67 (4): 141-149.

  182. Okudaira M, Ono T, Kawamoto T, Moriyama K. . Three-dimensional analysis of lower lip movement during articulation in subjects with mandibular prognathism. Orthodontic Waves. 2008.09; 67 (3): 93-103.

  183. Okudaira M, Kawamoto T, Ono T, Moriyama K.. Soft-tissue changes in association with anterior maxillary osteotomy: a pilot study. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2008.09; 12 (3): 131-138. ( PubMed, DOI )

  184. Miraoui H., Dufour C., Tanimoto Y., Moriyama K., Marie P. L.. Permanent FGFR2 Activation Promotes Osteoblast Differentiation in Mesenchymal Stem Cells Through Activation of PKC Signaling. JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2008.09; 23 S396.

  185. 井澤 俊, 堀内 信也, 辻 けい子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 田中 栄二, 森山 啓司. 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用した外科的矯正治療後に下顎頭のリモデリングを認めた一症例. 日本顎関節学会雑誌. 2008.08; 20 (2): 134-138.

  186. Enkhtuvshin Gereltzul, Yoshiyuki Baba, Naoto Suda, Momotoshi Shiga, Maristela Sayuri Inoue, Michiko Tsuji, Insik Shin, Yukio Hirata, Kimie Ohyama, Keiji Moriyama. Case report of de novo dup(18p)/del(18q) and r(18) mosaicism. Journal of Human Genetics. 2008.08; 53 (10): 941-946. ( PubMed, DOI )

  187. Kinouchi N, Ohsawa Y, Ishimaru N, Ohuchi H, Sunada Y, Hayashi Y, Tanimoto Y, Moriyama K, Noji S. Atelocollagen-mediated local and systemic applications of myostatin-targeting siRNA increase skeletal muscle mass. Gene Therapy. 2008.08; 15 (15): 1126-1130. ( PubMed, DOI )

  188. Sato-Wakabayashi M, Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K.. Combined fMRI and MRI movie in the evaluation of articulation in subjects with and without cleft lip and palate. The Cleft Palate-Craniofacial Journal . 2008.05; 45 (3): 309-314. ( PubMed, DOI )

  189. Hashimoto K, Otsuka R, Minato A, Sato-Wakabayashi M, Takada J, Inoue-Arai MS, Miyamoto JJ, Ono T, Ohyama K, Moriyama K.. Short-term changes in temporomandibular joint function in subjects with cleft lip and palate treated with maxillary distraction osteogenesis. Orthodontics & Craniofacial Research . 2008.05; 11 (2): 74-81. ( PubMed, DOI )

  190. 篠原亨太郎、馬場祥行、横関雅彦,森山啓司.. REDシステムによりLe Fort I型骨延長術を行い反対咬合および上顎側方偏位を改善したCrouzon症候群の1例. 日本顎変形症学会雑誌. 2008.04; 18 (1): 39-48.

  191. Oba Y, Yasue A, Kaneko K, Uchida R, Shioyasono A, Moriyama K.. Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation. Orthodontic Waves. 2008.03; 67 (1): 1-8. ( DOI )

  192. Santos de Araujo RM, Oba Y, Moriyama K. Role of regulator of G-protein signaling 2 (RGS2) in periodontal ligament cells under mechanical stress. Cell Biochemistry and Function. 2007.11; 25 (6): 753-758. ( PubMed, DOI )

  193. Suda N, Hamada T, Hattori M, Torii C, Kosaki K, Moriyama K.. Diversity of supernumerary tooth formation in siblings with cleidocranial dysplasia having identical mutation in RUNX2 : possible involvement of non‐genetic or epigenetic regulation Orthodontics & Craniofacial Research. 2007.11; 10 (4): 222-225.

  194. Suda N., Hamada T., Hattori M., Torii C., Kosaki K., Moriyama K.. Diversity of supernumerary tooth formation in siblings with cleidocranial dysplasia having identical mutation in RUNX2: Possible involvement of non-genetic or epigenetic regulation ORTHODONTICS & CRANIOFACIAL RESEARCH. 2007.11; 10 (4): 222-225.

  195. Nishi M, Yasue A, Kinouchi N, Noji S, Moriyama K.. The increases in the skeletal muscle mass of the transgenic mice expressing the mutated myostatin affected craniofacial morphology. Orthodontic Waves. 2007.09; 66 (3): 73-78. ( DOI )

  196. Izawa T., Ishimaru N., Moriyama K., Hayashi Y.. Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/Ipr mice JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 2007.09; 22 S270.

  197. Izawa T, Ishimaru N, Moriyama K, Kohashi M, Arakaki R, Hayashi Y. Crosstalk between RANKL and Fas signaling in dendritic cells controls immune tolerance. Blood. 2007.07; 110 (1): 242-250. ( PubMed, DOI )

  198. Tsuji Keiko, Satake Hidetaka, Fujihara Shinji, Izawa Takashi, Horiuchi Shinya, Moriyama Keiji. 顎関節症の歯科矯正患者の臨床統計学的研究(Clinico-statistical study of orthodontic patients with temporomandibular joint disorders) 日本顎関節学会雑誌. 2007.04; 19 (1): 82. ( 医中誌 )

  199. Osaka N, Takahashi T, Murakami S, Matsuzawa A, Noguchi T, Fujiwara T, Aburatani H, Moriyama K, Takeda K, Ichijo H.. ASK1-dependent recruitment and activation of macrophages induce hair growth in skin wounds. The Journal of Cell Biology. 2007.03; 176 (7): 903-909. ( PubMed, DOI )

  200. de Araujo RM, Oba Y, Moriyama K. Identification of genes related to mechanical stress in human periodontal ligament cells using microarray analysis. Journal of Periodontal Research. 2007.02; 42 (1): 15-22. ( PubMed, DOI )

  201. Tanaka Y, Abe M, Hiasa M, Oda A, Amou H, Nakano A, Takeuchi K, Kitazoe K, Kido S, Inoue D, Moriyama K, Hashimoto T, Ozaki S, Matsumoto T.. Myeloma cell-osteoclast interaction enhances angiogenesis together with bone resorption: a role for vascular endothelial cell growth factor and osteopontin. Clinical Cancer Research. 2007.02; 13 (3): 816-823. ( PubMed, DOI )

  202. Izawa Takashi, Ishimaru Naozumi, Arakaki Rieko, Moriyama Keiji, Hayashi Yoshio. 関節リウマチ〜基礎解析からの新知見 MRL/lprマウスにおける自己免疫性関節炎に対するRANKL刺激樹状細胞の免疫制御的役割(Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice) 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2006.11; 36 284. ( 医中誌 )

  203. Ohsawa Y, Hagiwara H, Nakatani M, Yasue A, Moriyama K, Murakami T, Tsuchida K, Noji S, Sunada Y. Muscular atrophy of caveolin-3-deficient mice is rescued by myostatin inhibition. The Journal of clinical investigation. 2006.11; 116 (11): 2924-34. ( PubMed, DOI )

  204. Oba Yasuo, Kaneko Kazuyuki, Uchida Ryoko, Shioyasono Atsushi, Moriyama Keiji. ポリ-L-乳酸(PLLA)スクリューによる矢状分割下顎骨切り術後の下顎セグメントの安定性(Stability of mandibular segments following sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 367. ( 医中誌 )

  205. Santos de Araujo Rui M., Oba Yasuo, Moriyama Keiji. 機械的負荷歯周靱帯細胞における細胞骨格運動制御におけるRhoEの役割(Role of RhoE in regulating cytoskeleton dynamics in mechanically stressed periodontal ligament cells) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 349. ( 医中誌 )

  206. Fujihara S, Yokozeki M, Oba Y, Higashibata Y, Nomura S, Moriyama K. Function and regulation of osteopontin in response to mechanical stress. J Bone Miner Res. 2006.06; 21 (6): 956-964. ( PubMed, DOI )

  207. Shioyasono Atsushi, Oba Yasuo, Moriyama Keiji. 実験的な歯の移動における歯周組織のマクロファージ炎症蛋白-1α(MIP-1α)発現(Expression of Macrophage Inflammatory Protein-1α (MIP-1α) in the Periodontal Tissue during Experimental Tooth Movement) Dentistry in Japan. 2006.03; 42 78-81. ( 医中誌 )

  208. Afanador E, Yokozeki M, Oba Y, Kitase Y, Takahashi T, Kudo A, Moriyama K. Messenger RNA expression of periostin and Twist transiently decrease by occlusal hypofunction in mouse periodontal ligament. Arch Oral Biol. 2005.12; 50 (12): 1023-1031. ( PubMed, DOI )

  209. Afanador Elaine, Takahashi Takumi, Moriyama Keiji. 顎裂症例における骨移植部位への癒着歯に対する外科的脱臼後の矯正的歯移動(Orthodontic tooth movement of an ankylosed tooth to the bone grafting site after surgical luxation in an alveolar cleft case) Orthodontic Waves. 2005.12; 64 (4): 114-118. ( 医中誌 )

  210. Feng X, Oba T, Oba Y, Moriyama K. An interdisciplinary approach for improved functional and esthetic results in a periodontally compromised adult patient. Angle Orthod. 2005.11; 75 (6): 1061-1070. ( PubMed, DOI )

  211. Shibata H, Abe M, Hiura K, Wilde J, Moriyama K, Sano T, Kitazoe K, Hashimoto T, Ozaki S, Wakatsuki S, Kido S, Inoue D, Matsumoto T. Malignant B-lymphoid cells with bone lesions express receptor activator of nuclear factor-kappaB ligand and vascular endothelial growth factor to enhance osteoclastogenesis. Clin Cancer Res. 2005.09; 11 (17): 6109-6115. ( PubMed, DOI )

  212. Osaka Nao, Matsuzawa Atsushi, Takahashi Takumi, Moriyama Keiji, Aburatani Hiroyuki, Takeda Kousuke, Ichijo Hidenori. マクロファージ依存性毛髪再生におけるストレス反応性MAP3K ASK1の役割(Roles of stress-responsive MAP3K ASK1 in Macrophage-dependent hair regeneration) 生化学. 2005.08; 77 (8): 1060. ( 医中誌 )

  213. S.Araujo Rui M., 大庭 康雄, 森山 啓司. メカニカルストレス負荷時のヒト歯根膜細胞におけるRhoEとRGS2の役割について 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2005.06; 23回 257. ( 医中誌 )

  214. Putranto Rama, 大庭 康雄, 塩屋園 敦, 森山 啓司. 実験的歯の移動時における破歯細胞に対するビスホスホネートの効果 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2005.06; 23回 267. ( 医中誌 )

  215. Ohuchi H, Yasue A, Ono K, Sasaoka S, Tomonari S, Takagi A, Itakura M, Moriyama K, Noji S, Nohno T. Identification of cis-element regulating expression of the mouse Fgf10 gene during inner ear development. Dev Dyn. 2005.05; 233 (1): 177-187. ( PubMed, DOI )

  216. Kawakami S, Yokozeki M, Takahashi T, Horiuchi S, Moriyama K. Siblings with spaced arches treated with and without partial glossectomy. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2005.03; 127 (3): 364-373. ( PubMed, DOI )

  217. Takahashi T, Takagi T, Moriyama K. Orthodontic treatment of a traumatically intruded tooth with ankylosis by traction after surgical luxation. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2005.02; 127 (2): 233-241. ( PubMed, DOI )

  218. Yokoyama K, Kaneko K, Ogawa T, Moriyama K, Asaoka K, Sakai J. Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions. Biomaterials. 2005.01; 26 (1): 101-108. ( PubMed, DOI )

  219. アファナドル・エレイン , 横関 雅彦, 大庭 康雄, 高橋 巧, 北瀬 由紀子, 工藤 明, 森山 啓司. マウス歯根膜におけるperiostinとTwist遺伝子の発現において咬合機能低下が与える影響(Effect of hypofunction on the expression of periostin and twist mRNA in mouse periodontal ligament) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 207. ( 医中誌 )

  220. Yasue Akihiro, Horiuchi Shinya, Izawa Takashi, Oba Yasuo, Moriyama Keiji. 下垂体腫瘍に伴う反対咬合2症例の矯正治療(Two orthodontic treatment cases of reversed occlusion associated with the pituitary tumor) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 101. ( 医中誌 )

  221. ラマ・プトラント , 大庭 康雄, 金子 和之, 塩屋園 敦, 森山 啓司. 実験的歯の移動時の歯根吸収に対するビスホスホネートの効果(Effect of bisphosphonates on odontoclasts-induced root resorption during experimental tooth movement) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 192. ( 医中誌 )

  222. アラウジョ・フイ , 大庭 康雄, 森山 啓司. 機械的刺激下でのヒト歯根膜細胞におけるregulator of G-protein signaling protein(RGS)2の関与(Involvement of RGS2 in human periodontal ligament cells under mechanical stress) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 196. ( 医中誌 )

  223. Abe M, Hiura K, Wilde J, Shioyasono A, Moriyama K, Hashimoto T, Kido S, Oshima T, Shibata H, Ozaki S, Inoue D, Matsumoto T. Osteoclasts enhance myeloma cell growth and survival via cell-cell contact: a vicious cycle between bone destruction and myeloma expansion. Blood. 2004.10; 104 (8): 2484-2491. ( PubMed, DOI )

  224. Tanimoto Y, Yokozeki M, Hiura K, Matsumoto K, Nakanishi H, Matsumoto T, Marie PJ, Moriyama K. A soluble form of fibroblast growth factor receptor 2 (FGFR2) with S252W mutation acts as an efficient inhibitor for the enhanced osteoblastic differentiation caused by FGFR2 activation in Apert syndrome. J Biol Chem. 2004.10; 279 (44): 45926-45934. ( PubMed, DOI )

  225. Kaneko K, Yokoyama K, Moriyama K, Asaoka K, Sakai J. Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution. Angle Orthod. 2004.08; 74 (4): 487-495. ( PubMed, DOI )

  226. Matsumoto K, Nakanishi H, Koizumi Y, Yamano M, Hashimoto I, Satake S, Moriyama K. Occlusal difficulties after simultaneous mandibular and maxillary distraction in an adult case of hemifacial microsomia. J Craniofac Surg. 2004.05; 15 (3): 464-468. ( PubMed )

  227. Yoneda T, Ishimaru N, Arakaki R, Kobayashi M, Izawa T, Moriyama K, Hayashi Y. Estrogen deficiency accelerates murine autoimmune arthritis associated with receptor activator of nuclear factor-kappa B ligand-mediated osteoclastogenesis. Endocrinology. 2004.05; 145 (5): 2384-2391. ( PubMed, DOI )

  228. Kawakami S, Yokozeki M, Horiuchi S, Moriyama K. Oral rehabilitation of an orthodontic patient with cleft lip and palate and hypodontia using secondary bone grafting, osseo-integrated implants, and prosthetic treatment. Cleft Palate Craniofac J. 2004.05; 41 (3): 279-284. ( PubMed, DOI )

  229. Yokoyama K, Kaneko K, Moriyama K, Asaoka K, Sakai J, Nagumo M. Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions. J Biomed Mater Res A. 2004.04; 69 (1): 105-113. ( PubMed, DOI )

  230. Higashibata Y, Sakuma T, Kawahata H, Fujihara S, Moriyama K, Okada A, Yasui T, Kohri K, Kitamura Y, Nomura S. Identification of promoter regions involved in cell- and developmental stage-specific osteopontin expression in bone, kidney, placenta, and mammary gland: an analysis of transgenic mice. Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research. 2004.01; 19 (1): 78-88. ( PubMed, DOI )

  231. Kawakami S, Hiura K, Yokozeki M, Takahashi T, Seike T, Nakanishi H, Moriyama K. Longitudinal evaluation of secondary bone grafting into the alveolar cleft. Cleft Palate Craniofac J. 2003.11; 40 (6): 569-576. ( PubMed, DOI )

  232. エレイン・アファナドル , 横関 雅彦, 大庭 康雄, 工藤 明, 森山 啓司. マウス歯根膜におけるtwistとperiostin遺伝子の発現様相(Co-expression of twist and periostin mRNA in mouse periodontal ligament) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 213. ( 医中誌 )

  233. Matsumoto K, Nakanishi H, Kubo Y, Yokozeki M, Moriyama K. Advances in distraction techniques for craniofacial surgery. J Med Invest. 2003.08; 50 (3-4): 117-125. ( PubMed )

  234. Matsumoto Kazuya, Nakanishi Hideki, Kubo Yoshiaki, Yokozeki Masahiko, Moriyama Keiji. 頭蓋顔面の手術における伸延方法の進歩(Advances in distraction techniques for craniofacial surgery) The Journal of Medical Investigation. 2003.08; 50 (3〜4): 117-125. ( 医中誌 )

  235. Wilde J, Yokozeki M, Terai K, Kudo A, Moriyama K. The divergent expression of periostin mRNA in the periodontal ligament during experimental tooth movement. Cell Tissue Res. 2003.06; 312 (3): 345-351. ( PubMed, DOI )

  236. Yokozeki M, Afanador E, Nishi M, Kaneko K, Shimokawa H, Yokote K, Deng C, Tsuchida K, Sugino H, Moriyama K. Smad3 is required for enamel biomineralization. Biochem Biophys Res Commun. 2003.06; 305 (3): 684-690. ( PubMed )

  237. Yokoyama K, Kaneko K, Moriyama K, Asaoka K, Sakai J, Nagumo M. Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in fluoride solution. J Biomed Mater Res A. 2003.05; 65 (2): 182-187. ( PubMed, DOI )

  238. Kaneko K, Yokoyama K, Moriyama K, Asaoka K, Sakai J, Nagumo M. Delayed fracture of beta titanium orthodontic wire in fluoride aqueous solutions. Biomaterials. 2003.05; 24 (12): 2113-2120. ( PubMed )

  239. Miyoshi Yuko, Yokozeki Masahiko, Terai Kunihiro, Moriyama Keiji. 歯牙発生時の増殖分化因子-7(GDF-7)mRNAの発現(Expression of Growth and Differentiation Factor-7 (GDF-7) mRNA During Tooth Development) Dentistry in Japan. 2003.03; 39 83-85. ( 医中誌 )

  240. Kawakami S, Hiura K, Yokozeki M, Seike T, Nakanishi H, Moriyama K. Prognostic implications of nasal cavity and cleft morphology in secondary bone grafting. Cleft Palate Craniofac J. 2002.11; 39 (6): 575-581. ( PubMed, DOI )

  241. Abe M, Hiura K, Wilde J, Moriyama K, Hashimoto T, Ozaki S, Wakatsuki S, Kosaka M, Kido S, Inoue D, Matsumoto T. Role for macrophage inflammatory protein (MIP)-1alpha and MIP-1beta in the development of osteolytic lesions in multiple myeloma. Blood. 2002.09; 100 (6): 2195-2202. ( PubMed )

  242. Sato K, Yokozeki M, Takagi T, Moriyama K. An orthodontic case of transposition of the upper right canine and first premolar. Angle Orthod. 2002.06; 72 (3): 275-278. ( PubMed, DOI )

  243. Nishi M, Yasue A, Nishimatu S, Nohno T, Yamaoka T, Itakura M, Moriyama K, Ohuchi H, Noji S. A missense mutant myostatin causes hyperplasia without hypertrophy in the mouse muscle. Biochem Biophys Res Commun. 2002.04; 293 (1): 247-251. ( PubMed, DOI )

  244. Matsumoto K, Nakanishi H, Koizumi Y, Seike T, Okazaki M, Yokozeki M, Moriyama K. Segmental distraction of the midface in a patient with Crouzon syndrome. J Craniofac Surg. 2002.03; 13 (2): 273-278. ( PubMed )

  245. Matsumoto K, Nakanishi H, Koizumi Y, Seike T, Tanimoto Y, Yokozeki M, Hiura K, Moriyama K, Minami M, Urano Y, Hirabayashi S. Correction of a deformed thumb by distraction of the phalanx. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2002; 36 (6): 368-372. ( PubMed )

  246. Salas Cordova J, Yokozeki M, Moriyama K. An unusual ankylosis in an orthodontic case. J Clin Orthod. 2001.12; 35 (12): 763-766. ( PubMed )

  247. Masayama Kouzou, Yokozeki Masahiko, Takano-Yamamoto Teruko, Moriyama Keiji. 前歯部開咬症例の治療反応性と安定性 歯牙年齢IIIBとIVCの比較(Treatment response and stability in anterior open bite cases: Comparison with IIIB and IVC dental stages) Orthodontic Waves. 2001.12; 60 (6): 386-392. ( 医中誌 )

  248. Abe Masahiro, Hiura Kenji, Moriyama Keiji, Hashimoto Toshihiro, Shibata Hironobu, Oshima Takashi, Kido Shinsuke, Inoue Daisuke, Ozaki Shuji, Matsumoto Toshio. 間質細胞誘導因子(SDF)-1による骨向性と癌増殖および破骨細胞形成(Bone tropism and growth of cancers and osteoclastogenesis by stromal cell-derived factor (SDF)-1) Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2001.10; 19 (Suppl.): 60. ( 医中誌 )

  249. Abe Masahiro, Inoue Daisuke, Kido Shinsuke, Hiura Kenji, Moriyama Keiji, Hashimoto Toshihiro, Shibata Hironobu, Oshima Takashi, Ozaki Shuji, Kosaka Masaaki. 悪循環を形成する骨髄腫細胞と骨細胞間の相互作用(Interactions between myeloma cells and bone cells forming a vicious cycle) Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2001.10; 19 (Suppl.): 62. ( 医中誌 )

  250. Ueno A, Kitase Y, Moriyama K, Inoue H. MC3T3-E1-conditioned medium-induced mineralization by clonal rat dental pulp cells. Matrix Biol. 2001.09; 20 (5-6): 347-355. ( PubMed )

  251. Hatai T, Yokozeki M, Funato N, Baba Y, Moriyama K, Ichijo H, Kuroda T. Apoptosis of periodontal ligament cells induced by mechanical stress during tooth movement ORAL DISEASES. 2001.09; 7 (5): 287-290.

  252. Yokoyama K, Hamada K, Moriyama K, Asaoka K. Degradation and fracture of Ni-Ti superelastic wire in an oral cavity. Biomaterials. 2001.08; 22 (16): 2257-2262. ( PubMed )

  253. Yasue A, Tao H, Nohno T, Moriyama K, Noji S, Ohuchi H. Cloning and expression of the chick p63 gene. Mech Dev. 2001.01; 100 (1): 105-108. ( PubMed )

  254. Ohba T, Ohba Y, Moriyama K. Synthesis of mRNAs for cathepsins L and K during development of the rat mandibular condylar cartilage. Cell Tissue Res. 2000.12; 302 (3): 343-352. ( PubMed )

  255. Okamoto M, Hiura K, Ohe G, Ohba Y, Terai K, Oshikawa T, Furuichi S, Nishikawa H, Moriyama K, Yoshida H, Sato M. Mechanism for bone invasion of oral cancer cells mediated by interleukin-6 in vitro and in vivo. Cancer. 2000.11; 89 (9): 1966-1975. ( PubMed )

  256. Yokozeki M, Ohyama K, Tsuji M, Goseki-Sone M, Oida S, Orimo H, Moriyama K, Kuroda T. A case of Japanese cleidocranial dysplasia with a CBFA1 frameshift mutation. J Craniofac Genet Dev Biol. 2000.07; 20 (3): 121-126. ( PubMed )

  257. Ishimaru N, Yoneda T, Saegusa K, Yanagi K, Haneji N, Moriyama K, Saito I, Hayashi Y. Severe destructive autoimmune lesions with aging in murine Sjogren's syndrome through Fas-mediated apoptosis. Am J Pathol. 2000.05; 156 (5): 1557-1564. ( PubMed, DOI )

  258. Oueis Ahmad, Yokozeki Masahiko, Baba Yoshiyuki, Moriyama Keiji, Kuroda Takayuki. 器管培養でのラット口蓋瘢痕組織筋線維芽細胞の維持(Preservation of rat palatal scar tissue myofibroblasts in organ culture) Journal of Medical and Dental Sciences. 2000.03; 47 (1): 95-103. ( 医中誌 )

  259. Tran YH, Ohsaki K, Ii K, Ye Q, Yokozeki M, Moriyama K. Histological reaction of auditory bulla bone to synthetic auditory ossicle (Apaceram) in rats. J Med Invest. 2000.02; 47 (1-2): 56-60. ( PubMed )

  260. Tran Yen Hai, Ohsaki Katsuichiro, Ii Kunio, Ye Qing, Yokozeki Masahiko, Moriyama Keiji. ラットにおける人工耳小骨(Apaceram)に対する耳嚢骨の組織学的反応 The Journal of Medical Investigation. 2000.02; 47 (1〜2): 56-60. ( 医中誌 )

  261. Ohba Y, Ohba T, Terai K, Moriyama K. Expression of cathepsin K mRNA during experimental tooth movement in rat as revealed by in situ hybridization. Arch Oral Biol. 2000.01; 45 (1): 63-69. ( PubMed )

  262. Oueis A, Baba Y, Yokozeki M, Moriyama K, Kuroda T. Myofibroblasts of rat palatal scar tissue in organ culture system. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 2000; 79 505.

  263. Matsumoto Fumio, Hiura Kenji, Sumitani Koji, Tenshin Satoru, Moriyama Keiji. 機械的に伸長した歯根膜線維芽細胞に対するサイトカラシンD及びコルヒチンのin vivo,in vitroでの作用 Orthodontic Waves. 1999.12; 58 (6): 402-409. ( 医中誌 )

  264. Funato N, Moriyama K, Baba Y, Kuroda T. Evidence for apoptosis induction in myofibroblasts during palatal mucoperiosteal repair JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1999.09; 78 (9): 1511-1517.

  265. Oueis A, Yokozeki M, Baba Y, Funato N, Moriyama K, Kuroda T. Observation of rat palatal scar tissue in organ culture system. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1999.05; 78 (5): 1119.

  266. Funato N, Moriyama K, Saitoh M, Baba Y, Ichijo H, Kuroda T. Evidence for ASKI-JNK and-p38 signaling pathways in regenerating mucoepithelium. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1999.05; 78 (5): 1124.

  267. Zhu CS, Ohsaki K, Ii K, Ye Q, Tran YH, Ohba Y, Moriyama K. Long-term observation of subcutaneous tissue reaction to synthetic auditory ossicle (Bioceram) in rats. J Med Invest. 1999.02; 46 (1-2): 97-103. ( PubMed )

  268. Zhu Chun-Sheng, Ohsaki Katsuichiro, Ii Kunio, Ye Qing, Tran Yen Hai, Ohba Yasuo, Moriyama Keiji. ラットにおける合成耳小骨(Bioceram)に対する皮下組織反応の長期間観察 The Journal of Medical Investigation. 1999.02; 46 (1〜2): 97-103. ( 医中誌 )

  269. Inoshita Toshi, Abe Masahiro, Kosaka Masaaki, Matsumoto Toshio, Hiura Keniji, Javier Wilder, Moriyama Keiji. 多発性骨髄腫における代謝性マーカーの解析,並びに管内破骨細胞形成及び骨髄腫細胞による活性化へのそれらの関係 Journal of Bone and Mineral Metabolism. 1999.02; 17 (2): 142-143. ( 医中誌 )

  270. Yokozeki M, Baba Y, Shimokawa H, Moriyama K, Kuroda T. Interferon-gamma inhibits the myofibroblastic phenotype of rat palatal fibroblasts induced by transforming growth factor-beta 1 in vitro FEBS LETTERS. 1999.01; 442 (1): 61-64.

  271. Watarai M, Hanawa T, Moriyama K, Asaoka K. Amount of metallic ions released from Ti-Ni alloy by abrasion in simulated bioliquids. Biomed Mater Eng. 1999; 9 (2): 73-79. ( PubMed )

  272. Yokozeki M, Moriyama K, Baba Y, Shimokawa H, Kuroda T. TGF-beta 1 and IFN-gamma regulate myofibroblastic phenotype of palatal fibroblasts. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1998.05; 77 (5): 1302.

  273. Funato N, Moriyama K, Saitoh M, Baba Y, Ichijo H, Kuroda T. Evidence for apoptosis signal-regulating kinase 1 in the regenerating palatal epithelium upon acute injury LABORATORY INVESTIGATION. 1998.04; 78 (4): 477-483.

  274. Moriyama K, Motohashi N, Kitamura A, Kuroda T. Comparison of craniofacial and dentoalveolar morphologies of three Japanese monozygotic twin pairs with cleft lip and/or palate discordancy. Cleft Palate Craniofac J. 1998.03; 35 (2): 173-180. ( PubMed, DOI )

  275. Kawamoto T, Motohashi N, Ogawa M, Nunota A, Fukaya T, Moriyama K, Baba Y, Suzuki S, Kuroda T. Tooth movement to the newly generated bone induced by rhBMP-2. JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1998; 77 1013.

  276. Funato N, Moriyama K, Shimokawa H, Kuroda T. Basic fibroblast growth factor induces apoptosis in myofibroblastic cells isolated from rat palatal mucosa BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 1997.11; 240 (1): 21-26.

  277. Yokozeki M, Moriyama K, Shimokawa H, Kuroda T. Transforming growth factor-beta 1 modulates myofibroblastic phenotype of rat palatal fibroblasts in vitro EXPERIMENTAL CELL RESEARCH. 1997.03; 231 (2): 328-336.

  278. Funato N, Moriyama K, Baba Y, Shimokawa H, Kuroda T. Transforming growth factor-beta 1 and basic fibroblast growth factor induced apoptosis of myofibroblasts isolated from rat palatal scar. MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL. 1996.12; 7 1096.

  279. Yokozeki M, Moriyama K, Baba Y, Shimokawa H, Kuroda T. Regulation of myofibroblastic phenotype in rat palatal fibroblasts by transforming growth factor-beta 1 and interferon-gamma. MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL. 1996.12; 7 1088.

  280. Moriyama K, Williams PJ, Niewolna M, Dallas MR, Uehara Y, Mundy GR, Yoneda T. Herbimycin A, a tyrosine kinase inhibitor, impairs hypercalcemia associated with a human squamous cancer producing interleukin-6 in nude mice JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH. 1996.07; 11 (7): 905-911.

  281. TAKAGI Y, KINDAICHI J, MORIYAMA K, SUZUKI M, SHIMOKAWA H, SASAKI S. DISTRIBUTION OF ALPHA-2HS GLYCOPROTEIN IN PATHOLOGICAL HUMAN DENTINS CONNECTIVE TISSUE RESEARCH. 1994; 30 (4): 309-321.

  282. DOI Y, HORIGUCHI T, KIM SH, MORIWAKI Y, WAKAMATSU N, ADACHI M, IBARAKI K, MORIYAMA K, SASAKI S, SHIMOKAWA H. EFFECTS OF NONCOLLAGENOUS PROTEINS ON THE FORMATION OF APATITE IN CALCIUM BETA-GLYCEROPHOSPHATE SOLUTIONS ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY. 1992.01; 37 (1): 15-21.

  283. MORIYAMA K, SHIMOKAWA H, SUSAMI T, SASAKI S, KURODA T. EFFECTS OF GROWTH-FACTORS ON MUCOSAL SCAR FIBROBLASTS IN CULTURE - A POSSIBLE ROLE OF GROWTH-FACTORS IN SCAR FORMATION MATRIX. 1991.06; 11 (3): 190-196.

  284. DOI Y, OKUDA R, TAKEZAWA Y, SHIBATA S, MORIWAKI Y, WAKAMATSU N, SHIMIZU N, MORIYAMA K, SHIMOKAWA H. OSTEONECTIN INHIBITING DENOVO FORMATION OF APATITE IN THE PRESENCE OF COLLAGEN CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL. 1989.03; 44 (3): 200-208.

  285. DOI Y, OKUDA R, TAKEZAWA Y, MORIWAKI Y, SHIBATA S, SHIMIZU N, MORIYAMA K, SHIMOKAWA H. INFLUENCE OF OSTEONECTIN ON DENOVO APATITE NUCLEATION AND GROWTH JOURNAL OF DENTAL RESEARCH. 1988.04; 67 (4): 731.

  286. 森山啓司. 治療効率を高めるアンカースクリュー矯正治療のポイント:アンカースクリュー矯正治療の現在 日本歯科評論. 2023.06; 83 (6): 26-36.

  287. 有村恵、吉澤(荒木) 美祐、雲内(保田) 裕子、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、小川卓也、森山 啓司. モンゴル人児童における歯の異常に関する疫学調査 日本矯正歯科学会雑誌. 2022.09; 81 (2): 69-78.

  288. 阿南康太、辻美千子、大河原愛奈、清水美里、稲垣有美、門田千穂、小笠原毅、森山啓司. Turner 症候群を伴う患者における歯の特徴 日本矯正歯科学会雑誌. 2022.09; 81 (2): 79-86.

  289. 森山啓司. 健康長寿社会における矯正歯科診療の役割を再考する-形態と機能への関与:顎顔面領域の形態形成や機能発達の障害改善に向けた矯正歯科の取り組み 歯界展望特別号2022『逆転の発想 歯科界2040年への挑戦 第24回歯科医学会学術』. 2022.05; (特別号): 109-112.

  290. 宮本(川元)順、吉澤英之、森山啓司. 脳機能からみた「咀嚼」~非侵襲的脳機能計測法(fMRI)、視線計測法(eye-tracking)を用いた新たな視点~ 日本歯科医師会雑誌. 2021.10; 74 (4): 17-26. ( 医中誌 )

  291. 五十嵐七瀬、高橋暁子、森山啓司. LPSにより骨芽細胞から分泌されるSASP因子の解析 口腔病学会誌. 2021.03; 88 (1): 49-57.

  292. 姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について 東京矯正歯科学会雑誌. 2020.12; 30 (2): 137-139.

  293. 福岡裕樹、鈴木聖一、三上友絵、小林宏明、田中敬子、和泉雄一、森山啓司. 電子歯ブラシを用いた口腔衛生指導が口腔内環境に及ぼす影響-歯科矯正治療患者における検討- 口腔病学会雑誌. 2020.11; 87 (2-3): 60-66. ( 医中誌 )

  294. 片桐渉、小林正治、佐々木朗、須佐美隆史、須田直人、田中栄二、近津大地、冨永和宏、森山啓司、山城隆、 齋藤功、高橋哲. 本邦における外科的矯正治療の実態調査 2017年度日本顎変形症学会実態調査の結果より 日本顎変形症学会雑誌. 2020.08; 30 (3): 213-225. ( 医中誌 )

  295. 上園将慶、高久田和夫、菊池正紀、森山啓司. ハイドロキシアパタイト/コラーゲンナノ複合体を用いた表面改質によって金属材料を骨の表面に迅速に接合させる技術の確立 セラミックス. 2020.03; 55 (3): 155-157.

  296. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析 日本顎変形症学会雑誌. 2018.12; 28 (4): 259-268. ( 医中誌 )

  297. 秋山 咲子, 東堀 紀尚, 疋田 理奈, 伊藤 洋介, 門田 千穂, 高橋 由記, 松本 力, 森山 啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析 日本顎変形症学会雑誌. 2018.12; 28 (4): 259-268. ( 医中誌 )

  298. 宮本 順, 小倉 健司, 山崎 安晴, 森山 啓司. 下顎骨体部骨切り術を併用した下顎枝矢状分割術を施行し下顎左方偏位を改善した陳旧性下顎骨骨折症例の三次元形態および機能的評価 東京矯正歯科学会雑誌. 2018.12; 28 (2): 140-141. ( 医中誌 )

  299. 岩波 佳緒里[門脇], 打越 哲郎, 上園 将慶, 菊池 正紀, 森山 啓司. HAp/Colの新規EPDコーティングは基板金属への強力な接着を実現する 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2018.11; 40回 128. ( 医中誌 )

  300. 小笠原 毅, 松本 力, 宮崎 貴之, 馬場 優里, 伊藤 洋介, 樺沢 勇司, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術および下顎骨前方移動術により睡眠呼吸障害の改善を認めた骨格性II級不正咬合の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 335. ( 医中誌 )

  301. 寺本 アイリ, 松本 力, 門田 千穂, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症例における手術前後の舌体積、口腔容積変化の観察 シリコン印象法を用いた検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 296. ( 医中誌 )

  302. 仁木 佑紀, 東堀 紀尚, 上園 将慶, 五十嵐 七瀬, 稲垣 有美, 井上 雅葵, 会坂 善也, バダラフ・ノミン , 小林 起穂, 辻 美千子, 森山 啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 307. ( 医中誌 )

  303. 疋田 理奈, 辻 美千子, 小倉 健司, 森山 啓司. 著しい叢生と狭窄歯列弓を伴う成人マルファン症候群患者に対する矯正歯科治療の一例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 345. ( 医中誌 )

  304. 紙本 裕幸, 小林 起穂, 森山 啓司. 磁性制御型リポソームにより標的指向化されたリラキシンはラット正中口蓋縫合拡大と骨形成を促進する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 198. ( 医中誌 )

  305. 荒木 美祐, 保田 裕子, 小川 卓也, 姜 順花, 山縣 然太郎, 藤原 武男, 森山 啓司. 日本の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLとの関連について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 227. ( 医中誌 )

  306. 富永 千慧, 松本 力, 辻 美千子, 森山 啓司. 当分野を受診した鎖骨頭蓋異形成症患者の成長期前後における顎顔面形態の特徴 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 307. ( 医中誌 )

  307. 秋山 秀平, 荒木 美祐, 保田 裕子, 東堀 紀尚, 辻 美千子, 小川 卓也, 森山 啓司. 当分野における過去10年間の初診患者の実態調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 272. ( 医中誌 )

  308. 幸田 直己, 東堀 紀尚, 松村 健二郎, 有村 恵, 秋山 秀平, 上園 将慶, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 当分野における10年間の歯科矯正用アンカースクリュー使用状況 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 272. ( 医中誌 )

  309. 中村 留理子, 小林 起穂, 紙本 裕幸, 疋田 理奈, 東堀 紀尚, 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性III級開咬症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 334. ( 医中誌 )

  310. 舩橋 健太, 渡辺 孝康, 芝 多佳彦, 村本 慶子, 小川 卓也, 森山 啓司. 口唇口蓋裂患者における口腔内細菌叢の細菌ネットワーク構造に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 304. ( 医中誌 )

  311. 吉澤 英之, 宮本 順, 花川 隆, 本田 学, 森山 啓司. 前歯・臼歯咬合時の高次中枢における咀嚼運動制御機構の検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 222. ( 医中誌 )

  312. 庄司 あゆみ, 辻 美千子, 木下 由紀子, 小倉 健司, 小林 起穂, 三浦 佳子, 葛西 美樹, 鈴木 聖一, 森山 啓司. ダウン症候群患者における口腔筋機能療法に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 202. ( 医中誌 )

  313. 森山啓司. 顎顔面先天異常に対する歯科矯正学的アプローチ-頭蓋縫合早期癒合症の臨床・研究を中心に- 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2018.08; 30 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  314. 森山 啓司. 顎顔面先天異常に対する歯科矯正学的アプローチ 頭蓋縫合早期癒合症の臨床・研究を中心に 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2018.08; 30 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  315. 森山啓司. 長期成績を踏まえた顎裂部骨移植のコツ 矯正歯科から見た顎裂部骨移植の意義 形成外科. 2018.07; 61 (7): 791-801. ( 医中誌 )

  316. 池田 安紀津, 宮本 順, 臼井 信男, 泰羅 雅登, 森山 啓司. 最近の歯学 顎顔面矯正 咀嚼が食欲制御機構に与える影響 口腔病学会雑誌. 2018.07; 85 (2): 69. ( 医中誌 )

  317. 浅見拓也, 辻美千子, 庄司あゆみ, 疋田理奈, 馬場祥行, 森山啓司. Williams症候群患者における顎顔面形態と口腔内の特徴 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2018.03; 77 (1): 9-16. ( 医中誌 )

  318. 高橋 由記, 東堀 紀尚, 舩橋 健太, 松村 健二郎, 伊藤 洋介, 上園 将慶, 門田 千穂, 秋山 咲子, 疋田 理奈, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 骨格性II級不正咬合患者の発音時における口腔周囲軟組織動態の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 167. ( 医中誌 )

  319. 伊藤 洋介, 東堀 紀尚, 金澤 学, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術による外科的矯正治療を行った大臼歯部の咬合支持喪失を伴う骨格性III級不正咬合の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 277. ( 医中誌 )

  320. 岡 彰子, 堀内 信也, 松田 りえ, 塩屋園 玲子, 森山 啓司, 田中 栄二. 先天性頸部リンパ管腫を伴う顎偏位症例に対する矯正治療後の長期経過報告 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 290. ( 医中誌 )

  321. 森山 啓司. 骨疾患の病態解明と新たな治療法開発への基礎的アプローチ Apert型変異を伴う可溶性FGFR2を応用した頭蓋縫合早期癒合症に対する新規治療法開発の取り組み Journal of Oral Biosciences Supplement. 2017.09; 2017 109. ( 医中誌 )

  322. 濱 洋平, 水口 俊介, 佐々木 啓一, 前田 健康, 羽村 章, 一戸 達也, 森山 啓司, 興地 隆史. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム(第3報) 3年目を終えての課題 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2017.07; 36回 111. ( 医中誌 )

  323. 森山啓司. 世界の歯科矯正の新基軸:エビデンスに基づく矯正歯科治療について考える. 歯界展望特別号「歯科医療 未来と夢」第23回日本歯科医学会総会 . 2017.05; 122.

  324. 疋田 理奈, 東堀 紀尚, 門田 千穂, 秋山 咲子, 高橋 由記, 伊藤 洋介, 森山 啓司. 舌と顎骨の相対的位置関係が呼吸機能に与える影響 顎矯正手術の術式の違いによる検討 日本顎変形症学会雑誌. 2017.05; 27 (2): 148. ( 医中誌 )

  325. 庄司 あゆみ, 小野 岳人, 中島 友紀, 森山 啓司. 骨細胞の発現するRANKLは歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリングに重要である 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 50-51. ( 医中誌 )

  326. 高橋 由記, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用し治療を行った下顎頭変形を伴うハイアングルII級症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 284. ( 医中誌 )

  327. 小林 起穂, 辻 美千子, 疋田 理奈, 小倉 健司, 森山 啓司. 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析 アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 266. ( 医中誌 )

  328. 浅見 拓也, 伊藤 洋介, 秋山 秀平, 平林 恭子, 小笠原 毅, 黒原 一人, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症を伴う一卵性双生児の外科的矯正治療例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 291. ( 医中誌 )

  329. 松村 健二郎, 小倉 健司, 宮本 順, 駒崎 裕子, 高田 潤一, 紙本 裕幸, 疋田 理奈, 森山 啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討 上気道形態および周囲軟組織について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 271. ( 医中誌 )

  330. 有村 恵, 駒崎 裕子, 宮本 順, 小倉 健司, 高田 潤一, チェン・エリック , 馬場 優里, 寺本 アイリ, 舩橋 健太, 小林 起穂, 森山 啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討 頭蓋顎顔面形態の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 270. ( 医中誌 )

  331. 秋山 秀平, 小倉 健司, 宮本 順, 駒崎 裕子, 高田 潤一, 呉 郁イン, 辻 美千子, 森山 啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討 口腔内の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 270. ( 医中誌 )

  332. 田村 明日香, 小倉 健司, 宮本 順, 駒崎 裕子, 高田 潤一, 吉澤 英之, 呉 郁イン, 辻 美千子, 森山 啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討 医科領域を含めた臨床症状について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2016.11; 75回 269. ( 医中誌 )

  333. 小原 由紀, 近藤 圭子, 安田 昌代, 大塚 紘未, 古屋 純一, 遠藤 圭子, 荒川 真一, 木下 淳博, 品田 佳世子, 鈴木 哲也, 森山 啓司. 課題解決型高度医療人材養成プログラム 「大学附属病院におけるチーム医療実践プログラム」の実施およびその評価 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2016.07; 35回 131. ( 医中誌 )

  334. 濱 洋平, 水口 俊介, 佐々木 啓一, 前田 健康, 羽村 章, 一戸 達也, 森山 啓司. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム(第2報) 2年次を終えての課題 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2016.07; 35回 90. ( 医中誌 )

  335. 森山啓司. 東京医科歯科大学歯科講演会『顎顔面矯正学の現在と未来-顎顔面矯正学分野のめざすもの』-1:歯科矯正と顎顔面矯正 矯正臨床ジャーナル. 2016.03; 32 (3): 11-20.

  336. 村本 慶子, 丸山 史人, 中川 一路, 森山 啓司. 次世代シーケンサーを用いた口唇口蓋裂患者の口腔内細菌叢の網羅的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2015.11; 74回 277. ( 医中誌 )

  337. 森山啓司. 大学間連携を基盤とした超高齢社会に対応しうる歯学教育 日本歯科医師会雑誌. 2015.10; 68 (7): 28-29.

  338. 森山 啓司. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム 大学間連携を基盤とした超高齢社会に対応しうる歯学教育 日本歯科医師会雑誌. 2015.10; 68 (7): 688-689. ( 医中誌 )

  339. 植野智子, 宮本順, 片岡恵一, 佐藤麻緒, 馬場祥行, 金田一純子, 森山啓司. Noonan症候群患者における顎顔面形態および口腔内の特徴についての検討 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 86-99. ( 医中誌 )

  340. 藪中友絵, 宮本順, 片岡恵一, 佐藤麻緒, 馬場祥行, 金田一純子, 森山啓司. Noonan症候群患者における頭蓋底および頚部の特徴についての検討 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 100-110. ( 医中誌 )

  341. 池田倫世, 辻美千子, 大宅彩, 小川卓也, 森山啓司. Down症候群患者の口腔顎顔面部における臨床的特徴 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2015.09; 74 (2): 67-77. ( 医中誌 )

  342. 岸本 奈月, 小原 由紀, 遠藤 圭子, 荒川 真一, 秋房 住郎, 杉山 勝, 二川 浩樹, 木下 淳博, 品田 佳世子, 鈴木 哲也, 森山 啓司. 課題解決型高度医療人材養成プログラム「健康長寿に貢献する実践的チーム医療人育成」について(第1報) 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2015.07; 34回 161. ( 医中誌 )

  343. 浜 洋平, 水口 俊介, 佐々木 啓一, 前田 健康, 羽村 章, 一戸 達也, 森山 啓司. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム(第1報) 初年度を終えて 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2015.07; 34回 85. ( 医中誌 )

  344. 竹廻 祐希, 三浦 佳子, 須永 昌代, 藤木 沙友里, 佐川 かおり, 宮 わかな, 鈴木 聖一, 森山 啓司, 木下 淳博. 双方向性コンピュータシミュレーション教材による学習の効果について(第2報) 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2015.07; 34回 153. ( 医中誌 )

  345. 疋田 理奈, 東堀 紀尚, 宮本 順, 福岡 裕樹, 高橋 由記, 渡辺 千穂, 伊藤 洋介, 松本 力, 川元 龍夫, 森山 啓司. 外科的矯正治療に伴う呼吸機能動態に舌の位置変化が与える影響 日本顎変形症学会雑誌. 2015.05; 25 (2): 192. ( 医中誌 )

  346. 三上智彦,福岡裕樹,東堀紀尚,川元龍夫,森山啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術を適応した骨格性下顎後退症患者の側貌軟組織変化 日本顎変形症学会雑誌. 2015.04; 25 (1): 17-31. ( 医中誌 )

  347. 丸岡 亮, 武内 俊樹, 清水 厚志, 鳥居 千春, 三須 久美子, 日笠 幸一郎, 松田 文彦, 太田 有史, 谷戸 克己, 倉持 朗, 有馬 好美, 大塚 藤男, 吉田 雄一, 森山 啓司, 小崎 里華, 新村 眞人, 佐谷 秀行, 小崎 健次郎. 次世代シークエンサーと解析パネルを用いたNF1遺伝子診断法の構築 日本レックリングハウゼン病学会雑誌. 2015.04; 6 (1): 79. ( 医中誌 )

  348. 村本 慶子, 丸山 史人, 中川 一路, 森山 啓司. 口唇口蓋裂患者における口腔衛生状態を規定する細菌叢の解析 口腔病学会雑誌. 2015.03; 81/82 (3/1): 30-31. ( 医中誌 )

  349. 上園 将慶, 高久田 和夫, 菊池 正紀, 鈴木 聖一, 森山 啓司. HAp/Colコーティングを用いた新規顎顔面用骨膜下デバイスの開発 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2014.11; 36回 64. ( 医中誌 )

  350. 上園将慶, 菊地正紀, 高久田和夫, 鈴木聖一, 森山啓司. 骨表面へ迅速にチタンを接合させる新技術 TITANIUM JAPAN. 2014.10; 62 (4): 32-36.

  351. 片柳 みなみ, 東堀 紀尚, 高田 潤一, 森山 啓司. 非症候性部分性無菌症患者における欠如頻度および歯冠幅径に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 281. ( 医中誌 )

  352. 駒崎 裕子, 高橋 由記, 東堀 紀尚, 川元 龍夫, 森山 啓司. 馬蹄形骨切りを併用した上下顎移動術により長期的に良好な咬合が維持された骨格性II級ハイアングル症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 303. ( 医中誌 )

  353. ドゥアルテ・カロリーナ , 小林 起穂, 森田 淳平, 川元 龍夫, 森山 啓司. マウス頭蓋矢状縫合部側方拡大時の骨リモデリングに対する子宮弛緩因子リラキシンの影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 203. ( 医中誌 )

  354. 浅見 拓也, 松本 力, 庄司 あゆみ, 疋田 理奈, 辻 美千子, 馬場 祥行, 森山 啓司. ウィリアムズ症候群患者の臨床症状に関する検討(第2報) 口腔内の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 285. ( 医中誌 )

  355. 松野 さほり, 疋田 理奈, 林 婉てい, 佐藤 麻緒, 松本 力, 辻 美千子, 馬場 祥行, 森山 啓司. ウィリアムズ症候群患者の臨床症状に関する検討(第1報) 全身および頭蓋顎顔面形態の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 284. ( 医中誌 )

  356. 伊藤 洋介, 森下 真紀, 澤田 紘美, 東堀 紀尚, 川元 龍夫, 森山 啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術と下顎枝矢状分割術の併用により外科的矯正治療を行った骨格性II級不正咬合の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 300. ( 医中誌 )

  357. エクプラチャヤクン・イサリア , 高田 潤一, 宮本 順, 井上 マリステラ小百合, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 嚥下時舌運動の経時的評価に対するMRI movieの有用性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 155. ( 医中誌 )

  358. 上園 将慶, 高久田 和夫, 菊池 正紀, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 有限要素法を用いた歯科矯正用骨膜下デバイスの応力解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 224. ( 医中誌 )

  359. 山本 直, 大島 正充, 森山 啓司, 辻 孝. 歯胚分割技術を用いた歯の再生治療法の開発 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 158. ( 医中誌 )

  360. 丸岡 亮, 武内 俊樹, 清水 厚志, 鳥居 千春, 三須 久美子, 日笠 幸一郎, 松田 文彦, 太田 有史, 谷戸 克己, 倉持 朗, 有馬 好美, 大塚 藤男, 吉田 雄一, 森山 啓司, 小崎 里華, 新村 眞人, 佐谷 秀行, 小崎 健次郎. 次世代シークエンサーと解析パネルを用いたNF1遺伝子診断法の構築 日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集. 2014.10; 6回 46. ( 医中誌 )

  361. 秋山 咲子, 辻 美千子, 平塚 泰三, 疋田 理奈, 松本 力, 森山 啓司. 矯正歯科的対応を行った下顎に著しい叢生を伴うウィリアムズ症候群の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2014.10; 73回 320. ( 医中誌 )

  362. 梅澤峻之, 陳鵬, 堤祐介, 土居壽, 蘆田茉希, 鈴木聖一, 森山啓司, 塙隆夫. ジルコニウムスパッタ蒸着チタンのMC3T3-E1細胞適合性 日本歯科理工学会誌. 2014.09; 33 (5): 471. ( 医中誌 )

  363. 上園 将慶, 高久田 和夫, 杉原 章太, 平塚 泰三, 鈴木 聖一, 森山 啓司. ラット脛骨実験系を用いた筋損傷が骨膜反応に及ぼす効果に関する検討 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2014.07; 32回 320. ( 医中誌 )

  364. 小川 卓也, Ekprachayakoon Issareeya, 佐藤 智美, 高田 潤一, 樺沢 勇司, 小村 健, 森山 啓司. 外科的矯正治療を行ったStickler syndromeの1例 日本口蓋裂学会雑誌. 2014.04; 39 (2): 178. ( 医中誌 )

  365. 駒崎 裕子, 小川 卓也, 辻 美千子, 森山 啓司. 当分野を受診した口蓋裂患者における合併症状に関する検討 母体の環境要因に関する臨床統計学的検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2014.04; 39 (2): 171. ( 医中誌 )

  366. 丸岡 亮, 武内 俊樹, 清水 厚志, 鳥居 千春, 三須 久美子, 日笠 幸一郎, 松田 文彦, 太田 有史, 谷戸 克己, 倉持 朗, 有馬 好美, 大塚 藤男, 吉田 雄一, 森山 啓司, 新村 眞人, 佐谷 秀行, 小崎 健次郎. 次世代シークエンサーを用いたNF1遺伝子診断法の確立 日本レックリングハウゼン病学会雑誌. 2014.04; 5 (1): 19-22. ( 医中誌 )

  367. 松本 力, 東堀 紀尚, 川元 龍夫, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における中顔面部の三次元形態解析 日本口腔科学会雑誌. 2014.03; 63 (2): 233. ( 医中誌 )

  368. 上園 将慶, 高久田 和夫, 菊池 正紀, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 骨と早期に接合する新規骨膜下デバイスとして最適な表面改質および断面形状に関する検討 口腔病学会雑誌. 2014.03; 81 (1): 57. ( 医中誌 )

  369. 金谷和宏, 宮本順, 川元龍夫, 鈴木聖一, 森山啓司. 球形樹脂微粒子含有ガムを用いた咀嚼効率の研究. Orthod Waves-Jpn Ed. 2014; 73 (1): 28-38.

  370. 森田 淳平, 宮本 順, 澤田 紘美, 森山 啓司. 気道断面積に着目した下顎骨後方移動術に伴う上気道形態変化の検討 東京矯正歯科学会雑誌. 2013.12; 23 (2): 120. ( 医中誌 )

  371. 丸岡 亮, 小崎 健次郎, 森山 啓司. 神経線維腫症1型における顎顔面領域の特徴と次世代シークエンサーを用いた遺伝子診断法の開発 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 278. ( 医中誌 )

  372. 吉崎 正子, 小林 起穂, 佐々木 善浩, 秋吉 一成, 森山 啓司. 頭蓋冠縫合部早期癒合症に対するFGF/FGFRシグナルを標的とした新規治療法開発への試み 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 276. ( 医中誌 )

  373. 高橋 由記, 東堀 紀尚, 高田 潤一, 幸田 直己, 森下 真紀, 志賀 百年, 辻 美千子, 森山 啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について 顎顔面形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 277. ( 医中誌 )

  374. 松本 静, 東堀 紀尚, 高田 潤一, 八尋 浩平, 志賀 百年, 辻 美千子, 森山 啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について 当科における患者動向に関する実態調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 277. ( 医中誌 )

  375. 片柳 みなみ, 東堀 紀尚, 高田 潤一, 池田 安紀津, トムルホー・ツァサン , 志賀 百年, 辻 美千子, 森山 啓司. 非症候性部分性無歯症の臨床的特徴について 家族歴、欠如部位および歯冠形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 276. ( 医中誌 )

  376. 池田 倫世, 高田 潤一, 宮本 順, 森山 啓司. 顔面非対称患者の下顎骨三次元形態と顎運動様相の関連について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 158. ( 医中誌 )

  377. 上園 将慶, 高久田 和夫, 菊池 正紀, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 骨膜下デバイスにおけるハイドロキシアパタイト/コラーゲンナノ複合体コーティングの最適条件に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 217. ( 医中誌 )

  378. 伊藤 洋介, 川元 龍夫, 森山 啓司. ビーグル犬におけるミニプレート顎間牽引の顎整形効果に関する組織学的検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 152. ( 医中誌 )

  379. 森田 淳平, 船戸 紀子, 小林 起穂, 中村 正孝, 森山 啓司. アペール型変異(S252W)を伴う可溶型FGFR2はアペール症候群モデルマウスの頭蓋冠早期癒合症の発症を抑制する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 278. ( 医中誌 )

  380. 丁 雪芳, 鈴木 聖一, 志賀 百年, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. コーンビームCTを用いた成人の舌体積と口腔容積の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 289. ( 医中誌 )

  381. 片岡 恵一, 東堀 紀尚, 小川 卓也, 佐藤 豊, 原田 清, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術により顎裂閉鎖と上顎骨延長を行い咬合の改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 304. ( 医中誌 )

  382. 植野 智子, 東堀 紀尚, 福岡 裕樹, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 下顎頭変形を伴うII級不正咬合に対し上顎前歯部歯槽骨切りによる外科的矯正治療を行った一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 297. ( 医中誌 )

  383. 辻 美千子, 馬場 祥行, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 創外型固定装置を用いた骨延長法により著しい上顎の劣成長と正中偏位を改善した口唇口蓋裂症例の長期予後 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 303. ( 医中誌 )

  384. 駒崎 裕子, 藤原 武男, 小川 卓也, 山縣 然太朗, 森山 啓司. 不正咬合と頭痛に関する中学生を対象とした疫学的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 223. ( 医中誌 )

  385. 佐藤 智美, 高田 潤一, 出井 彩乃, 宮本 順, 森山 啓司. 口唇閉鎖不全者における口輪筋収縮時筋活動量および血流量に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 156. ( 医中誌 )

  386. ドゥアルテ・カロリーナ , 小林 起穂, 川元 龍夫, 森山 啓司. 子宮弛緩因子リラキシンが骨芽細胞の形質に及ぼす影響についての検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 190. ( 医中誌 )

  387. スラポンサワッド・タンヤポン , 小川 卓也, 辻 美千子, 森山 啓司. 新規BCOR遺伝子変異を認めた眼・顔面・心臓・歯症候群の2例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 306. ( 医中誌 )

  388. 阿彦 希, 馬場 祥行, 辻 美千子, 佐藤 麻緒, 堀川 玲子, 金田一 純子, 森山 啓司. 混合歯列期におけるTurner症候群の顎顔面形態およよび口腔内の特徴に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 279. ( 医中誌 )

  389. 丸岡 亮, 武内 俊樹, 鳥居 千春, 森山 啓司, 吉田 雄一, 太田 有史, 小崎 健次郎. 次世代シークエンサーを用いたNF1遺伝子診断法の確立 日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集. 2013.10; 5回 18. ( 医中誌 )

  390. 藪中 友絵, 福岡 裕樹, 田中 敬子, 小林 宏明, 森山 啓司. 矯正患者における歯面清掃指導が口腔内環境に及ぼす影響 電子歯ブラシを用いた検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2013.10; 72回 269. ( 医中誌 )

  391. 三浦 佳子, 吉田 ひとみ, 葛西 美樹, 上原 沙友里, 竹廻 祐希, 須永 昌代, 鈴木 聖一, 森山 啓司, 木下 淳博. コンピュータシミュレーション教材の歯科保健指導における患者への応用と評価 日本歯科衛生学会雑誌. 2013.08; 8 (1): 232. ( 医中誌 )

  392. 竹廻 祐希, 三浦 佳子, 佐川 かおり, 須永 昌代, 鈴木 聖一, 森山 啓司, 木下 淳博. コンピュータシミュレーション教材のスタッフ教育への応用 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2013.07; 32回 120. ( 医中誌 )

  393. 松本 力, 福岡 裕樹, 鎌田 秀樹, 志賀 百年, 川元 龍夫, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における中顔面部の三次元形態計測 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 148. ( 医中誌 )

  394. 三上 智彦, 福岡 裕樹, 柘植 理紗, 松本 力, 川元 龍夫, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割法を用いて下顎骨前方移動術を施行した顎変形症患者の術後安定性の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2013.05; 23 (2): 153. ( 医中誌 )

  395. 澤田 紘美, 小川 卓也, 片岡 恵一, 阿彦 希, 小林 起穂, 馬場 祥行, 森山 啓司. 口唇口蓋裂患者における創外型延長装置による上顎骨延長時の牽引力に関する検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2013.04; 38 (2): 238. ( 医中誌 )

  396. 佐藤 智美, 小川 卓也, 高田 潤一, 上園 将慶, 森田 圭一, 小村 健, 森山 啓司. 思春期性成長後期に上顎骨延長法を適応した片側性口唇口蓋裂を伴うholoprosencephalyの一例 日本口蓋裂学会雑誌. 2013.04; 38 (2): 238. ( 医中誌 )

  397. 駒崎 裕子, 藤原 武男, 小川 卓也, 佐藤 美理, 鈴木 孝太, 山縣 然太朗, 森山 啓司. 日本の中学生における不正咬合の疫学調査 甲州市母子保健縦断調査 口腔病学会雑誌. 2013.03; 80 (1): 27. ( 医中誌 )

  398. 片瀬 洋, 金澤 学, 山本 信太, 平山 大輔, 眞弓 一高, 藤原 直明, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森山 啓司, 水口 俊介. CAD/CAM技術を応用した全部床義歯作製に適した顔貌シミュレーションシステムの開発 口腔病学会雑誌. 2013.03; 80 (1): 32-33. ( 医中誌 )

  399. 富永 直子, 川元 龍夫, 東堀 紀尚, 福岡 裕樹, 森山 啓司. 開咬を伴う骨格性下顎前突症例に対する下顎枝矢状分割術後の長期安定性について 日本顎変形症学会雑誌. 2012.12; 22 (4): 255-263. ( 医中誌 )

  400. 小林 正治, 齊藤 力, 飯田 順一郎, 井上 農夫男, 後藤 滋巳, 後藤 昌昭, 齋藤 功, 白土 雄司, 清水 典佳, 須佐美 隆史, 高野 伸夫, 原田 清, 槇 宏太郎, 森山 啓司. 顎変形症診療ガイドライン策定のために収集したpatient questionの分析 日本顎変形症学会雑誌. 2012.12; 22 (4): 270-274. ( 医中誌 )

  401. 志賀 百年, 小川 卓也, 森山 啓司. Marfan症候群患者に対する矯正治療の一例 東京矯正歯科学会雑誌. 2012.12; 22 (2): 127. ( 医中誌 )

  402. 中澤 佑紀, 鈴木 聖一, 井上 剛, 二階堂 徹, 田上 順次, 森山 啓司. 各種矯正用接着システムのエナメル質接着性能と接着界面の耐酸性 接着歯学. 2012.11; 30 (3): 133. ( 医中誌 )

  403. 茂木和久、小川卓也、馬場祥行、森山啓司. 成長期における先天性多数歯欠如(oligodontia)患者の顎顔面形態についての検討 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2012.10; 71 (3): 187-193.

  404. 丸岡 亮, 辻 美千子, 小崎 健次郎, 森山 啓司. 神経線維腫症1型患者に歯科矯正治療を行った2治験例 日本レックリングハウゼン病学会雑誌. 2012.10; 3 (1): 82-85. ( 医中誌 )

  405. 森山 啓司. 先天性疾患に起因する顎顔面・口腔領域の異常 東京都歯科医師会雑誌. 2012.10; 60 (10): 521-529. ( 医中誌 )

  406. 上園 将慶, 高久田 和夫, 菊池 正紀, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 骨膜下デバイスにおけるハイドロキシアパタイト-コラーゲン複合体コーティングが骨接合強度に及ぼす効果 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 189. ( 医中誌 )

  407. ドゥアルテ・カロリーナ , 小林 起穂, 川元 龍夫, 森山 啓司. マウス頭蓋顎顔面領域の発生過程におけるリラクシン受容体遺伝子発現様相の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 155. ( 医中誌 )

  408. アッカラソンサップ・パビーナラット , 春山 直人, 松本 力, 志賀 百年, 森山 啓司. ペリオスチンはヒト歯根膜細胞における低酸素誘導性アポトーシスを抑制する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 175. ( 医中誌 )

  409. 森山 啓司. これからの矯正歯科医療を考える QOL向上をサポートする矯正歯科治療 先天異常患者から学ぶこと 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 85. ( 医中誌 )

  410. 中澤 佑紀, 鈴木 聖一, 井上 剛, 田上 順次, 森山 啓司. セルフエッチングプライマーとリン酸エッチングボンディング材のエナメル質の表層に及ぼす影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 212. ( 医中誌 )

  411. 伊藤 洋介, 川元 龍夫, 森山 啓司, グローバルCOEプログラム「歯と骨の分子疾患科学の国際研究拠点」. ビーグル犬におけるミニプレート顎間牽引の顎整形効果に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 133. ( 医中誌 )

  412. スラポンサワッド・タンヤポン , 小川 卓也, 下川 仁弥太, 森山 啓司. Oculofaciocardiodental syndromeにおける新規BCOR遺伝子変異の同定 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 240. ( 医中誌 )

  413. 阿彦 希, 馬場 祥行, 佐藤 麻緒, 金沢 英恵, 志賀 百年, 辻 美千子, 小川 卓也, 鈴木 聖一, 金田一 純子, 森山 啓司. Hemifacial microsomiaの顎顔面形態および歯の形成・発育に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 121. ( 医中誌 )

  414. 宮本 順, 片岡 恵一, スラポンサワッド・タンヤポン , 志賀 百年, 小川 卓也, 辻 美千子, 森山 啓司. Noonan症候群患者に関する検討(第1報) 全身的臨床症状および成長様相について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 240. ( 医中誌 )

  415. 植野 智子, 片岡 恵一, 宮本 順, 村本 慶子, 辻 美千子, 佐藤 麻緒, 馬場 祥行, 金田一 純子, 森山 啓司. Noonan症候群患者に関する検討(第2報) 顎顔面形態の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 241. ( 医中誌 )

  416. エクプラチャヤクン・イサリア , 宮本 順, 片岡 恵一, 山本 直, 梅澤 峻之, 岡村 絵里花, 辻 美千子, 森山 啓司. Noonan症候群患者に関する検討(第3報) 口腔内の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 241. ( 医中誌 )

  417. 藪中 友絵, 片岡 恵一, 宮本 順, 小倉 健司, 劉 世類, 志賀 百年, 辻 美千子, 森山 啓司. Noonan症候群患者に関する検討(第4報) 頭頸部の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 242. ( 医中誌 )

  418. 中山 友美子, 川元 龍夫, 福岡 裕樹, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた咬合安定性の検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 221. ( 医中誌 )

  419. 小川 卓也, 駒崎 裕子, 澤田 紘美, 佐藤 智美, 寺島 多実子, 山本 俊雄, 藤原 武男, 森山 啓司. 乳歯列完成期における不正咬合の発生率ならびに歯の発育異常に関する疫学的検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 151. ( 医中誌 )

  420. 岡本 奈那, 林 深, 稲澤 譲治, 森山 啓司. 中顔面部低形成を特徴とする10p11.23p12.1欠失症候群の2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 242. ( 医中誌 )

  421. 福岡 裕樹, 森山 啓司, 柴田 俊一. 下顎頭軟骨形成に対するβ-Xylosideの影響 Journal of Oral Biosciences Supplement. 2012.09; 2012 122. ( 医中誌 )

  422. 岡村 絵里花, 辻 美千子, 鈴木 尋之, 志賀 百年, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 当分野を受診した濃化異骨症2症例の顎顔面形態の特徴 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2012.09; 71回 274. ( 医中誌 )

  423. 駒崎 裕子, 藤原 武男, 小川 卓也, 佐藤 美理, 鈴木 孝太, 山縣 然太朗, 森山 啓司. 日本の中学生における不正咬合の疫学調査 甲州市母子保健縦断調査 日本歯科医師会雑誌. 2012.08; 65 (5): 637. ( 医中誌 )

  424. 金谷 和宏, 宮本 順, 川元 龍夫, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 球形樹脂微粒子含有ガムを用いた咀嚼効率の研究 正常咬合者と顎変形症者の比較 日本歯科医師会雑誌. 2012.08; 65 (5): 667. ( 医中誌 )

  425. 渡辺 千穂, 江面 陽一, 早田 匡芳, 中元 哲也, 納富 拓也, 森山 啓司, 野田 政樹. 骨量制御の新転写後性分子機構 mRNA deadenylaseであるCcr4-not complex構成因子Cnot3の欠失による高回転型の骨量減少の解析 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2012.07; 30回 200. ( 医中誌 )

  426. 小林 正治, 齊藤 力, 飯田 順一郎, 井上 農夫男, 後藤 滋巳, 後藤 昌昭, 齋藤 功, 白土 雄司, 清水 典佳, 須佐美 隆史, 高野 信夫, 原田 清, 槇 宏太郎, 森山 啓司, 日本顎変形症学会顎変形症診療ガイドライン策定委員会. 顎変形症診療ガイドライン策定におけるPatient Questionの収集と分析結果 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 149. ( 医中誌 )

  427. 鎌田 秀樹, 福岡 裕樹, 山田 大輔, 志賀 百年, 川元 龍夫, 森山 啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における下顎骨形態の三次元的解析 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 133. ( 医中誌 )

  428. 小杉 真智子, 中久木 康一, 小川 卓也, 本田 康二, 黒原 一人, 儀武 啓幸, 細木 美佐, 友松 伸充, 小野 卓史, 森山 啓司, 山城 正司, 原田 清. 先天性多数歯欠損の症例に顎矯正手術を適応した3症例 日本顎変形症学会雑誌. 2012.05; 22 (2): 159. ( 医中誌 )

  429. 山田 大輔, 東堀 紀尚, 福岡 裕樹, 鈴木 聖一, 川元 龍夫, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術を併用し上下顎移動術を行った骨格性下顎前突症例の外鼻形態変化に対する三次元的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2012.04; 22 (1): 12-19. ( 医中誌 )

  430. 阿彦 希, 馬場 祥行, 佐藤 麻緒, 金沢 英恵, 志賀 百年, 森山 啓司, 金子 剛, 金田一 純子. Hemifacial microsomiaの顎顔面形態および歯の形成に関する検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 148. ( 医中誌 )

  431. 片岡 恵一, 小川 卓也, 春山 直人, 小林 起穂, 阿彦 希, 大宅 彩, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 創内型延長装置による上顎骨延長法を用いた口唇口蓋裂症例における術後変化 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 161. ( 医中誌 )

  432. 大宅 彩, 小川 卓也, 駒崎 裕子, 藤原 武男, 森山 啓司. 当分野における非症候群性口唇裂・口蓋裂の家系内発生ならびに母体の環境要因に関する臨床統計的調査 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 142. ( 医中誌 )

  433. 佐藤 豊, 森田 圭一, 小川 卓也, 島崎 一夫, 壬生 美智子, 立川 敬子, 小野 卓史, 森山 啓司, 谷口 尚, 小村 健, 吉増 秀實, 山城 正司. 東京医科歯科大学歯学部附属病院における口唇裂・口蓋裂治療チームの現況について 日本口蓋裂学会雑誌. 2012.04; 37 (2): 178. ( 医中誌 )

  434. 松本 力, 森山 啓司, 山口 朗. 矯正学的歯の移動における骨細胞の役割 口腔病学会雑誌. 2012.03; 79 (1): 55. ( 医中誌 )

  435. 出井 彩乃, 辻 美千子, 森山 啓司. 前歯部歯槽骨切りおよび自家腸骨海綿骨移植術を併用して咬合の改善を図った片側性口唇口蓋裂症例 東京矯正歯科学会雑誌. 2011.12; 21 (2): 125. ( 医中誌 )

  436. 丸岡 亮, 辻 美千子, 小崎 健次郎, 森山 啓司. 神経線維腫症I型患者に歯科矯正治療を行った2治験例 日本レックリングハウゼン病学会学術大会プログラム・抄録集. 2011.11; 3回 36. ( 医中誌 )

  437. 湊 亜紀子, 宮本 順, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 舌触覚刺激に対する2点弁別および大脳皮質賦活パタンにおける習慣性咀嚼側の関与 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 214. ( 医中誌 )

  438. 佐藤 智美, 澤田 紘美, 志賀 百年, 吉崎 正子, 大隈 瑞恵, 辻 美千子, 佐藤 麻緒, 馬場 祥行, 金田一 純子, 小川 卓也, 森山 啓司. Russell-Silver症候群の頭部X線規格写真を用いた顎顔面形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 307. ( 医中誌 )

  439. 小林 起穂, ヴァイスティネン・ロッタ , ライス・デビッド , 森山 啓司. Runx2発現抑制によるGli3Xt-J/Xt-Jマウス頭蓋冠縫合部早期癒合症発症の予防効果 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 244. ( 医中誌 )

  440. 丸岡 亮, 茂木 和久, 疋田 理奈, 駒崎 裕子, 小林 起穂, 川元 龍夫, 森山 啓司. 上顎犬歯埋伏とエナメル上皮腫を伴う骨格性下顎前突症に対して自家歯牙移植と外科的矯正治療を行った一例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 324. ( 医中誌 )

  441. 出井 彩乃, 宮本 順, 高田 潤一, 小野 卓史, 森山 啓司. 口輪筋訓練における口輪筋筋活動および血流量の同時計測の有用性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 210. ( 医中誌 )

  442. 柘植 理紗, 小川 卓也, 上園 将慶, 丸岡 亮, 大隈 瑞恵, 志賀 百年, 辻 美千子, 須田 直人, 小崎 健次郎, 森山 啓司. 当分野を受診したRussell-Silver症候群患者の臨床症状に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 307. ( 医中誌 )

  443. 大宅 彩, 小川 卓也, 阿彦 希, 佐藤 麻緒, 片岡 恵一, 井口 隆人, 小林 起穂, 東堀 紀尚, 春山 直人, 馬場 祥行, 森山 啓司. 当分野の口蓋裂症例における合併症状に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 305. ( 医中誌 )

  444. 辻 美千子, 小川 卓也, 岡村 絵里花, 鈴木 尋之, 志賀 百年, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 当分野における先天異常患者の実態調査と当該患者に対するカウンセリングの概要について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 308. ( 医中誌 )

  445. 志賀 百年, 馬場 祥行, 金沢 英恵, 佐藤 麻緒, 森山 啓司, 堀川 玲子, 金田一 純子. 国立成育医療研究センターを受診したラッセル・シルバー症候群患者3例に対する歯科矯正治療 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 333. ( 医中誌 )

  446. 川久保 直美, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 咬みしめに伴う上肢筋の促通とそれに同期した脳賦活パタン fMRIを用いた研究 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 208. ( 医中誌 )

  447. 河野 郁子, 川元 龍夫, 森山 啓司. 歯科矯正治療と歯科補綴治療により咬合の改善を図った片側性口唇口蓋裂2症例 日本口蓋裂学会雑誌. 2011.10; 36 (3): 213-226. ( 医中誌 )

  448. 松本 力, 山口 朗, 森山 啓司. 矯正学的歯の移動における骨細胞の役割 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2011.10; 70回 248. ( 医中誌 )

  449. 渡辺 千穂, 森田 斉弘, 江面 陽一, 中元 哲也, 早田 匡芳, 辺見 弘明, 納富 拓也, 森山 啓司, 山本 雅, 野田 政樹. mRNA制御因子であるCnot3は骨量制御に関与する 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2011.07; 29回 213. ( 医中誌 )

  450. 茂木 和久, 川元 龍夫, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎顔面矯正学分野を受診し下顎頭変形を認めた不正咬合患者に関する臨床統計学的検討 日本顎関節学会雑誌. 2011.07; 23 (Suppl.): 123. ( 医中誌 )

  451. 天願 俊泉, 比嘉 努, 新垣 敬一, 新崎 章, 砂川 元, 森山 啓司, 桃原 均, 古堅 信, 山内 昌浩, 崎原 盛貴, 上運天 修. 顎変形症の市民公開講座におけるアンケート調査 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 169. ( 医中誌 )

  452. 中久木 康一, 園田 格, 鈴木 美保, 鈴木 剛史, 黒原 一人, 儀武 啓幸, 細木 美佐, 森山 啓司, 天笠 光雄. 顎矯正手術後に一過性に顔面の異常運動を呈した1例 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 166. ( 医中誌 )

  453. 岡村 絵里花, 川元 龍夫, 山田 大輔, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突患者における顎矯正手術前後の硬軟組織変化に対する三次元的解析 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 127. ( 医中誌 )

  454. 北村 良平, 川元 龍夫, 宮本 順, 樺沢 勇司, 小村 健, 黒原 一人, 天笠 光雄, 森山 啓司. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術と下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の術後の顎態変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 79. ( 医中誌 )

  455. 中川 史彦, 松下 文彦, 薗田 直志, 森山 啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術による硬・軟組織の形態変化 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 88. ( 医中誌 )

  456. 中山 友美子, 川元 龍夫, 鈴木 一史, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた咬合安定性に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 152. ( 医中誌 )

  457. 志賀 百年, 馬場 祥行, 山田 大輔, 金沢 英恵, 徳山 英二郎, 金子 剛, 森山 啓司, 金田一 純子. 成長期に顔面非対称が顕著となり外科的矯正治療を適用した1症例 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 99. ( 医中誌 )

  458. 川元 龍夫, 鈴木 剛史, 岡村 江里花, 中山 友美子, 茂木 和久, 山田 大輔, 東堀 紀尚, 森山 啓司. 東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野における31年間の顎変形症治療に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2011.05; 21 (2): 170. ( 医中誌 )

  459. 片岡 恵一, 小川 卓也, 馬場 祥行, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 上顎骨延長法適用後に超音波画像を用い延長部硬組織の治癒過程を経時的に観察した口唇口蓋裂の一症例 日本口蓋裂学会雑誌. 2011.04; 36 (2): 121. ( 医中誌 )

  460. 疋田 理奈, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 口蓋裂言語聴取時における聴覚連合野の脳賦活パタン fMRIを用いた研究 日本口蓋裂学会雑誌. 2011.04; 36 (2): 105. ( 医中誌 )

  461. 中久木 康一, 三島木 節, 村嶋 真由子, 高田 潤一, 佐藤 豊, 森山 啓司, 天笠 光雄. 成人になってあらわれた口唇の裂の一例 日本口蓋裂学会雑誌. 2011.04; 36 (2): 131. ( 医中誌 )

  462. 山田 大輔, 川元 龍夫, 東堀 紀尚, 鈴木 剛史, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 上下顎移動術を適用した骨格性下顎前突症例の鼻形態変化に対するCT画像を用いた三次元的検討 日本口腔科学会雑誌. 2011.03; 60 (2): 216. ( 医中誌 )

  463. 礪波 健一, 俣木 志朗, 大林 尚人, 橋本 吉明, 荒川 真一, 鵜澤 成一, 釼持 郁, 比嘉 りつ子, 森薗 立男, 桜井 純蘭, 足達 淑子, 森山 啓司, 嶋田 昌彦. 東京医科歯科大学歯学部附属病院 平成21年度患者満足度アンケート調査の分析結果 口腔病学会雑誌. 2011.03; 78 (1): 47. ( 医中誌 )

  464. 塙 隆夫, 鎌田 秀樹, 堤 祐介, 土居 壽, 野村 直之, 森山 啓司. チタン表面へのコラーゲン電着条件の最適化 チタンと歯科臨床. 2011.02; 9 (1): 39. ( 医中誌 )

  465. 小川 卓也, 辻 美千子, 森山 啓司. 長期にわたって矯正歯科的管理を行った小舌症の一例 東京矯正歯科学会雑誌. 2010.12; 20 (2): 143. ( 医中誌 )

  466. 鎌田 秀樹, 鈴木 聖一, 堤 祐介, 土居 壽, 野村 直之, 森山 啓司, 塙 隆夫. Ti表面コラーゲン電着固定化層の耐久性に及ぼすpH、電位、時間の影響 日本バイオマテリアル学会大会予稿集. 2010.11; 32回 275. ( 医中誌 )

  467. 山田 大輔, 鈴木 聖一, 鎌田 秀樹, 土居 壽, 塙 隆夫, 森山 啓司. 矯正用線材としてのTi-Nb-Ta-Zr合金の力学的特性について(第1報) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 211. ( 医中誌 )

  468. ガンブルゲド・ガンジャルガル , 須田 直人, 森山 啓司. マルファン症候群の歯周疾患モデルにおけるAngiotensin II receptor blocker(Telmisartan)の薬理効果 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 259. ( 医中誌 )

  469. 志賀 百年, 馬場 祥行, 金沢 英恵, 徳山 英二郎, 金子 剛, 森山 啓司, 金田一 純子. ステント付き口蓋床による治療を試みた両側性口唇口蓋裂児の3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 288. ( 医中誌 )

  470. 須田 直人, 小川 卓也, 森山 啓司. PAX9遺伝子に新規フレームシフト型変異を有する先天性多数歯欠損家系の解析 Journal of Oral Biosciences. 2010.09; 52 (Suppl): 121. ( 医中誌 )

  471. 富永 直子, 川元 龍夫, 小佐野 仁志, 草間 幹夫, 井口 隆人, 伊藤 洋介, 森山 啓司. 上顎歯槽骨延長部位への歯の移植に高気圧酸素治療が与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 258. ( 医中誌 )

  472. 松田 りえ, 堀内 信也, 川上 恵実, 内田 玲子, 細木 秀彦, 森山 啓司, 田中 栄二. 先天性リンパ管腫を伴う下顎側方偏位の一治療例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 290. ( 医中誌 )

  473. 出井 彩乃, 小野 卓史, 宮本 順, 高田 潤一, 森山 啓司. 口腔周囲筋における血流量および筋活動量に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 159. ( 医中誌 )

  474. 池田 倫世, 伊藤 洋介, 川久保 直美, 大隈 瑞恵, 小川 卓也, 辻 美千子, 須田 直人, 森山 啓司. 当分野を受診したDown症候群患者の歯科臨床的特徴について 頭蓋顎顔面形態に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 260. ( 医中誌 )

  475. 大宅 彩, 保田 裕子, 渡辺 千穂, 大隈 瑞恵, 小川 卓也, 辻 美千子, 須田 直人, 森山 啓司. 当分野を受診したDown症候群患者の歯科臨床的特徴について 永久歯の異常に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 260. ( 医中誌 )

  476. 三上 智彦, 森田 淳平, 大隈 瑞恵, 小川 卓也, 辻 美千子, 須田 直人, 森山 啓司. 当分野を受診したDown症候群患者に対する矯正歯科的アプローチ 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 261. ( 医中誌 )

  477. 渡邉 佳一郎, 黒田 晋吾, 井上 雅秀, 木島 毅, 鳥飼 勝行, 森山 啓司, 田中 栄二. 変則型Le Fort II型骨切りを用いて仮骨延長を行ったCrouzon症候群の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 289. ( 医中誌 )

  478. 高田 潤一, 小野 卓史, 宮本 順, 横田 俊明, 出井 彩乃, 疋田 理奈, 森山 啓司. 片側性臼歯部交叉咬合を有する成人骨格性下顎前突症患者における下顎蝶番軸の評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 157. ( 医中誌 )

  479. 金谷 和宏, 鈴木 聖一, 宮本 順, 川元 龍夫, 森山 啓司. 球形樹脂微粒子含有ガムを用いた咀嚼効率の研究(第2報) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 169. ( 医中誌 )

  480. 鈴木 尋之, 須田 直人, 志賀 百年, 谷本 起穂, 中村 正孝, 井関 祥子, 森山 啓司. Apert症候群型変異FGFR2とその可溶性変異体を過剰発現するトランスジェニックマウスの解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2010.09; 69回 178. ( 医中誌 )

  481. 北村 良平, 川元 龍夫, 宮本 順, 樺沢 勇司, 小村 健, 黒原 一人, 天笠 光雄, 森山 啓司. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術と下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の術後の顎態変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2010.08; 20 (3): 211-219. ( 医中誌 )

  482. 本田 綾, 馬場 祥行, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森田 圭一, 小村 健, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術により幅の広い顎裂を閉鎖した成人片側性口唇口蓋裂の1症例 日本顎変形症学会雑誌. 2010.08; 20 (3): 258-265. ( 医中誌 )

  483. 鈴木 剛史, 川元 龍夫, 山田 大輔, 北村 良平, 富永 直子, 福岡 裕樹, 森山 啓司. 東京医科歯科大学顎顔面矯正学分野における30年間の顎変形症治療に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2010.08; 20 (3): 220-227. ( 医中誌 )

  484. 大久保 和美, 須佐美 隆史, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術を用いた外科的矯正治療を行った顔面非対称症例 東京矯正歯科学会雑誌. 2010.06; 20 (1): 6-10. ( 医中誌 )

  485. 山田 大輔, 川元 龍夫, 福岡 裕樹, 北村 良平, 富永 直子, 鈴木 剛史, 鈴木 聖一, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術を併用し上下顎移動術を行った骨格性下顎前突症例の鼻形態変化に対する三次元的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2010.05; 20 (2): 162. ( 医中誌 )

  486. 樺沢 勇司, 佐藤 昌, 菊池 剛, 佐藤 百合子, 樋口 佑輔, 松本 佳奈子, 高橋 由貴子, 小川 卓也, 森山 啓司, 小村 健. 上下顎移動術を行った鎖骨頭蓋異形成症の1例 日本顎変形症学会雑誌. 2010.05; 20 (2): 148. ( 医中誌 )

  487. 須田 直人, 富永 直子, 新中 康史, 天笠 光雄, 森山 啓司. 下顎臼歯部歯槽骨切り術後にLe Fort I型骨切り術と下顎枝矢状分割術を施行した下顎狭窄歯列を伴う非対称症例 日本顎変形症学会雑誌. 2010.05; 20 (2): 149. ( 医中誌 )

  488. 木島 毅, 鳥飼 勝行, 長西 裕樹, 錦織 なぎ, 大木 健作, 渡邉 佳一郎, 田中 栄二, 森山 啓司, 山本 真弓, 島崎 一夫, 米満 郁男, 大村 進. 梨状孔縁骨切・骨延長により中顔面の形態改善を図ったsyndromic craniosynostosisの1例 日本顎変形症学会雑誌. 2010.05; 20 (2): 152. ( 医中誌 )

  489. 本田 綾, 馬場 祥行, 山田 大輔, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. Le Fort I型上顎骨延長術を適用した口唇口蓋裂症例の軟組織変化に対するCT画像を用いた三次元的検討 日本シミュレーション外科学会会誌. 2010.04; 18 (1): 11-17. ( 医中誌 )

  490. 森田 圭一, 佐藤 豊, 馬場 祥行, 飯田 敏朗, 壬生 美智子, 福山 英治, 立川 敬子, 吉増 秀實, 天笠 光雄, 森山 啓司, 谷口 尚, 小村 健. 両側唇顎口蓋裂の二次症例に対するチーム医療 両側唇顎口蓋裂の二次症例に対する東京医科歯科大学歯学部附属病院CLP合同カンファレンスによる対応 日本口蓋裂学会雑誌. 2010.04; 35 (2): 101-102. ( 医中誌 )

  491. 辻 美千子, 森山 啓司. 矯正歯科を受診したBeckwith-Wiedemann症候群の顎顔面領域の特徴と治療としての対応 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2010.04; 31 (1): 60. ( 医中誌 )

  492. 阿彦 希, 須田 直人, 辻 美千子, 小川 卓也, 大隈 瑞恵, 福岡 裕樹, 岡村 絵里花, 鈴木 一史, 馬場 祥行, 森山 啓司. EEC症候群患者における全身および顎顔面・口腔領域の異常に関する検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2010.04; 35 (2): 153. ( 医中誌 )

  493. 田村 梨沙, 俣木 志朗, 小野 卓史, 森山 啓司, 荒木 孝二. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における体位変化に伴う各種検査値への影響と重症度との関連性について 口腔病学会雑誌. 2010.03; 77 (1): 99. ( 医中誌 )

  494. 森山 啓司. 骨粗鬆症Q&A(第30回) 骨とメカニカルストレスの関連について教えてください 骨粗鬆症治療. 2010.01; 9 (1): 82-85. ( 医中誌 )

  495. 井上 マリステラ小百合, 小野 卓史, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 破裂音発音時における舌の形状および重心の構音点依存性の経時的変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2009.11; 68回 145. ( 医中誌 )

  496. 湊 亜紀子, 小野 卓史, 宮本 順, 誉田 栄一, 倉林 亨, 森山 啓司. 舌感覚の皮質投射パタンにおける習慣性咀嚼側の関与 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2009.11; 68回 140. ( 医中誌 )

  497. 五島 健一, 三浦 宏之, 川島 久美子, 加藤 均, 岡田 大蔵, 進 千春, 岡安 晴生, 木津喜 裕子, 福井 雄二, 森山 啓司, 鈴木 聖一, 三浦 不二夫. ワックス粒子を含有するチューイングガムによる咀嚼効率の評価 日本顎口腔機能学会雑誌. 2009.10; 16 (1): 36-37. ( 医中誌 )

  498. McNamara Jr. James A., 黒田 敬之, 森山 啓司. 【早期矯正治療と顎整形的治療について】 矯正臨床ジャーナル. 2009.09; 25 (9): 11-28. ( 医中誌 )

  499. 森山 啓司. 歯科医療の安全・安心をどのように考えるか とくにインプラント治療に関連して 矯正用インプラントアンカーの安全・安心使用に向けた日本矯正歯科学会の取り組み 日本口腔インプラント学会誌. 2009.08; 22 (特別号): 68. ( 医中誌 )

  500. 片岡 恵一, 馬場 祥行, 本田 綾, 石崎 敬, 鉄村 明美, 大林 尚人, 倉林 亨, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 超音波画像を用いた片側性口唇裂・口蓋裂症例に対する上顎骨延長術後の骨形成の評価 日本顎変形症学会雑誌. 2009.05; 19 (2): 62. ( 医中誌 )

  501. 北村 良平, 鈴木 剛史, 富永 直子, 青木 朝里, 福岡 裕樹, 川元 龍夫, 森山 啓司. 馬蹄形骨切りを併用して上下顎移動術を施行した下顎前突症例の顎態変化に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2009.05; 19 (2): 109. ( 医中誌 )

  502. 鈴木 剛史, 福岡 裕樹, 青木 朝里, 北村 良平, 富永 直子, 川元 龍夫, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割法を用いて外科的矯正治療を行った下顎後退症例の術後安定性について 日本顎変形症学会雑誌. 2009.05; 19 (2): 111. ( 医中誌 )

  503. 飯田 敏朗, 馬場 祥行, 星合 泰治, 鈴木 聖一, 初野 有人, 森山 啓司, 辻 美千子, 谷口 尚. モード解析による骨成熟過程の評価の試み 日本口蓋裂学会雑誌. 2009.04; 34 (2): 172. ( 医中誌 )

  504. 片岡恵一、馬場祥行、本田綾、石崎敬、鉄村明美、大林尚人、倉林亨、鈴木聖一、森山啓司.. 音波画像を用いた片側性口唇裂・口蓋裂症例に対する上顎骨延長術後の骨形成の評価. 日本顎変形症学会雑誌. 2008.12; 18 (4): 251-258.

  505. 小林 正治, 齊藤 力, 井上 農夫男, 大畑 昇, 川村 仁, 後藤 滋巳, 後藤 昌昭, 白土 雄司, 須佐美 隆史, 丹根 一夫, 橋本 賢二, 森山 啓司, 天笠 光雄, 氷室 利彦, 外木 守雄. 本邦における顎変形症治療の実態調査 日本顎変形症学会雑誌. 2008.12; 18 (4): 237-250. ( 医中誌 )

  506. 奥平 真理子, 馬場 祥行, 石崎 敬, 本田 綾, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森山 啓司. REDシステムによるLe Fort I型骨延長法を適用した口唇・口蓋裂患者に対するアンケート調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 209. ( 医中誌 )

  507. Ganjargal Ganburged, 須田 直人, 森山 啓司. Marfan症候群にみられる重篤な歯周疾患の動物モデルの作製 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 223. ( 医中誌 )

  508. 川藤 亜樹子, 馬場 祥行, 志賀 百年, 本田 綾, 片岡 恵一, 鈴木 聖一, 森山 啓司. Le Fort I型上顎骨延長術を適用した片側性口唇口蓋裂症例の中顔面の軟組織の変化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 210. ( 医中誌 )

  509. 辻 美千子, 馬場 祥行, 本田 綾, 柳下 和慶, 山見 信夫, 眞野 喜洋, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 上顎骨の骨延長法に際し、高気圧酸素治療(HBO)を適用した1症例 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008.09; 43 (3): 153. ( 医中誌 )

  510. 本田 綾, 馬場 祥行, 片岡 恵一, 辻 美千子, 石崎 敬, 鈴木 聖一, 柳下 和慶, 山見 信夫, 森山 啓司. 口唇・口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適用と術後評価 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 209. ( 医中誌 )

  511. 本田 綾, 馬場 祥行, 片岡 恵一, 辻 美千子, 石崎 敬, 鈴木 聖一, 森山 啓司, 柳下 和慶, 山見 信夫, 眞野 嘉洋. 口唇口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適用と術後評価 日本高気圧環境・潜水医学会雑誌. 2008.09; 43 (3): 154. ( 医中誌 )

  512. 森山 啓司. 新規保険導入された先天異常の特徴と臨床的所見 矯正治療の実例を交えて 日本臨床矯正歯科医会雑誌. 2008.09; 20 (1): 15-16. ( 医中誌 )

  513. 佐藤 麻緒, 黄 印湖, 小川 卓也, 辻 美千子, 須田 直人, 小野 卓史, 森山 啓司. 機能的矯正装置で治療したhemifacial microsomia5例の顎態の成長変化に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 247. ( 医中誌 )

  514. Ganjargal Ganburged, 須田 直人, 高橋 祐介, 浜田 信城, 森山 啓司. Fbn1 hypomorphic mice(MgΔ)における歯槽骨吸収の亢進 Journal of Oral Biosciences. 2008.09; 50 (Suppl.): 148. ( 医中誌 )

  515. 八木 優子, 須田 直人, 山越 康雄, 馬場 麻人, 森山 啓司. Enamel matrix derivative(EMD)の歯根吸収抑制活性はアメロゲニンが担う 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2008.09; 67回 258. ( 医中誌 )

  516. 藤原慎視、堀内信也、井澤俊、辻けい子、大庭康雄、森山啓司、田中栄二. エナメル質形成不全を伴う空隙歯列症例の一治験例. 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2008.08; 20 (1): 55-60.

  517. 檜山成寿、小野卓史、森山啓司.. Cervical headgear使用に際しての注意点-睡眠時呼吸機能の変化に関するアンケート調査に基づく-考察-. 東京矯正歯科学会雑誌. 2008.06; 18 (1): 12-18.

  518. 片岡 恵一, 馬場 祥行, 石崎 敬, 本田 綾, 鉄村 明美, 大林 尚人, 倉林 亨, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 超音波画像診断を用いた上顎骨延長術後の骨形成の評価 日本顎変形症学会雑誌. 2008.05; 18 (2): 184. ( 医中誌 )

  519. 小林 正治, 齊藤 力, 井上 農夫男, 大畑 昇, 川村 仁, 後藤 滋巳, 後藤 昌昭, 白土 雄司, 須佐美 隆史, 丹根 一夫, 橋本 賢二, 森山 啓司, 天笠 光雄, 氷室 利彦, 外木 守雄. 顎変形症治療に関する実態調査 日本顎変形症学会雑誌. 2008.05; 18 (2): 118. ( 医中誌 )

  520. 中川 史彦, 松下 文彦, 中島 正人, 森山 啓司. 総義歯と顎切除術を用い咬合機能回復を行なった成人左側口唇口蓋裂症例 日本口蓋裂学会雑誌. 2008.04; 33 (2): 112. ( 医中誌 )

  521. 青木 朝里, 長濱 浩平, 川元 龍夫, 馬場 祥行, 井口 隆人, 鈴木 聖一, 工藤 淳夫, 森山 啓司. ビーグル犬歯槽骨延長モデルにおける組織修復様相の観察 延長量が歯髄血流回復および骨新生に及ぼす影響 日本口蓋裂学会雑誌. 2008.04; 33 (2): 214. ( 医中誌 )

  522. 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司. Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析(第2報) 日本口蓋裂学会雑誌. 2008.04; 33 (2): 211. ( 医中誌 )

  523. 青木 朝里, 川元 龍夫, 井口 隆人, 工藤 淳夫, 長濱 浩平, 森山 啓司, 青木 和広, 大谷 啓一. ビーグル犬における上顎歯槽部骨延長量と延長部位歯髄血流および新生骨組織との関連 口腔病学会雑誌. 2008.03; 75 (1): 66. ( 医中誌 )

  524. 大山紀美栄、辻美千子、 森山啓司. 外表奇形の診断と治療 3 顎顔面の奇形 小児科. 2008.01; 49 (1): 17-25.

  525. 片岡 恵一, 馬場 祥行, 石崎 敬, 小野 卓史, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 上顎骨延長法を応用して咬合の再構成を行った口唇口蓋裂症例 東京矯正歯科学会雑誌. 2007.12; 17 (2): 125. ( 医中誌 )

  526. 塩屋園敦, 大庭康雄, 金子和之, 内田玲子, 森山啓司. 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2007.10; 66 (3): 134-142.

  527. 森山 啓司. 頭蓋縫合早期癒合症に関する歯科矯正学的一考察 口腔病学会雑誌. 2007.10; 74 (3): 176-182. ( 医中誌 )

  528. 西 真寿美, 高橋 巧, 冨田 優子, 谷本 起穂, 森山 啓司. 徳島大学病院矯正歯科における過去12年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査(第2報) 日本口蓋裂学会雑誌. 2007.10; 32 (3): 317-325. ( 医中誌 )

  529. Moriyama K. [A clinical perspective of craniosynostosis from an orthodontic point of view]. Kokubyo Gakkai zasshi. The Journal of the Stomatological Society, Japan. 2007.10; 74 (3): 176-82. ( PubMed )

  530. 川藤 亜樹子, 鈴木 剛史, 市川 直子, 加々良 朱摩子, 小川 卓也, 濱田 俊, 辻 美千子, 須田 直人, 森山 啓司. 舌縮小術未施行のBeckwith-Wiedemann syndromeの全身的所見と顎顔面形態について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 235. ( 医中誌 )

  531. 服部 架, 須田 直人, 小崎 健次郎, 谷本 啓二, 森山 啓司. 鎖骨頭蓋異形成症における過剰歯とRUNX2遺伝子変異の相関 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 210. ( 医中誌 )

  532. 奥平 真理子, 川元 龍夫, 小野 卓史, 森山 啓司. 骨格性下顎前突症患者における三次元口唇運動解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 122. ( 医中誌 )

  533. 木内 奈央, 谷本 起穂, 大澤 裕, 砂田 芳秀, 野地 澄晴, 森山 啓司. マイオスタチンに対するRNA干渉法による骨格筋形成の調節 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 153. ( 医中誌 )

  534. 日浅 雅博, 安倍 正博, 松本 俊夫, 森山 啓司. TNF-alpha converting enzyme(TACE)による破骨細胞・骨髄系樹状細胞分化の制御 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 153. ( 医中誌 )

  535. 石崎 敬, 馬場 祥行, 鈴木 聖一, 森山 啓司. RED systemを適用した上顎骨延長術における改良型口腔内スプリントの有用性に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 208. ( 医中誌 )

  536. 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 土田 邦博, 森山 啓司. Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析(第二報) 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 152. ( 医中誌 )

  537. 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司. RANKLシグナルを介した関節炎モデルマウス樹状細胞の機能解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 145. ( 医中誌 )

  538. 福岡 裕樹, 辻 美千子, 佐野 路奈, 須田 直人, 森山 啓司. Kabuki syndrome 7症例における顎顔面領域の特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 209. ( 医中誌 )

  539. 谷本 起穗, 大庭 康雄, 森山 啓司. 両側性口唇顎裂を呈する一卵性双生児の矯正治療例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 232. ( 医中誌 )

  540. ウィラハディクスマ・シンタ , 伊藤 公一, 東野 良治, 鈴木 聖一, 大林 尚人, 倉林 亨, 森山 啓司. 側面頭部X線規格写真とMR画像の重ね合わせによる内側翼突筋の形態学的観察 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 113. ( 医中誌 )

  541. 長濱 浩平, 青木 朝里, 小川 卓也, 田仲 眞理, 井口 隆人, 川元 龍夫, 森山 啓司. 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後の安定性について(第3報) 上下顎移動術による3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 236. ( 医中誌 )

  542. 青木 朝里, 小川 卓也, 長濱 浩平, ウィラハディクスマ・シンタ , 鈴木 剛, 川元 龍夫, 森山 啓司. 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後安定性について(第2報) 上顎前歯部歯槽骨切り術による3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 236. ( 医中誌 )

  543. 小川 卓也, 長濱 浩平, 青木 朝里, 河野 郁子, 佐藤 麻緒, 大塚 亮, 川元 龍夫, 森山 啓司. 外科的矯正治療を行った上顎前突症の術後安定性について(第1報) 下顎枝矢状分割術単独による3症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 235. ( 医中誌 )

  544. 本田 綾, 馬場 祥行, 石崎 敬, 鈴木 聖一, 森山 啓司. 成長期にRED systemによる上顎骨延長法を適用した口唇・口蓋裂症例の5年予後 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 206. ( 医中誌 )

  545. 八木 優子, 須田 直人, 山越 康雄, Simmer J.P., 森山 啓司. Enamel matrix derivative(EMD)はin vivoにおいて破歯細胞数を減少させ歯根吸収を抑制する 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 148. ( 医中誌 )

  546. 伊藤 公一, ウィラハディクスマ・シンタ , 馬場 祥行, 大林 尚人, 鈴木 聖一, 倉林 亨, 森山 啓司. 3D-CT画像を用いた上顎骨延長術前後の軟組織変化に対する新しい評価法 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2007.09; 66回 252. ( 医中誌 )

  547. 内田玲子, 谷本起穂, 堀内信也, 大庭康雄, 森山啓司. 上下顎移動術を行った顎偏位を伴う下顎前突の1治験例 中・四国矯正歯科学会雑誌 . 2007.08; 19 (1): 29-36.

  548. 金子和之, 大庭康雄, 内田玲子, 泰江章博, 塩屋園敦, 森山啓司. PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における術後安定性 - 正面頭部X線規格写真を用いた検討 - 中・四国矯正歯科学会雑誌. 2007.08; 19 (1): 15-20.

  549. 森山 啓司. メカニカルストレスとその分子機構 メカニカルストレス応答性遺伝子オステオポンチンの歯周組織における発現と機能 Journal of Oral Biosciences. 2007.08; 49 (Suppl.): 71. ( 医中誌 )

  550. 堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯浅 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹. 顔面多発骨折による咬合不全に対して集学的治療を行った1症例 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2007.06; 23 (2): 163-164. ( 医中誌 )

  551. 森山 啓司, 藤原 慎視, 野村 慎太郎. メカニカルストレスと骨代謝 メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現とその機能 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2007.06; 25回 127. ( 医中誌 )

  552. 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 竹内 恭子, 北添 健一, 浅野 仁, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫. TNFα converting enzyme(TACE)による破骨細胞・骨髄系樹状細胞分化の制御 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2007.06; 25回 233. ( 医中誌 )

  553. 大隈 瑞恵, 濱田 俊, 長濱 浩平, 東野 良治, 松田 明子, 河野 郁子, 長嶺 麗来, 伊藤 公一, 川元 龍夫, 森山 啓司. 開咬を伴う骨格性下顎前突症3例の長期術後経過からみた安定性の検討 日本顎変形症学会雑誌. 2007.05; 17 (2): 166. ( 医中誌 )

  554. 辻 美千子, 馬場 祥行, 石崎 敬, 伊藤 公一, 小川 卓也, 福岡 裕樹, 本田 綾, 片岡 恵一, 佐藤 豊, 天笠 光雄, 鈴木 聖一, 森山 啓司. RED systemの牽引ワイヤーを追加することにより著しい上顎正中偏位の改善をはかった口唇口蓋裂症例 日本顎変形症学会雑誌. 2007.05; 17 (2): 178. ( 医中誌 )

  555. 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 長山 勝, 金子 和之, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司. 仮骨延長と骨移植により顎裂部の閉鎖を行った1例 日本顎変形症学会雑誌. 2007.05; 17 (2): 179. ( 医中誌 )

  556. 長嶺 麗来, 濱田 俊, 本橋 信義, 川元 龍夫, 森山 啓司. 22年間に及ぼ長期治療を行ったBeckwith-Wiedemann syndromeの1症例 日本顎変形症学会雑誌. 2007.05; 17 (2): 183. ( 医中誌 )

  557. 辻 美千子, 小川 卓也, 半田 幸子, 森山 啓司. Kallmann症候群を伴う一矯正患者の問題について 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2007.04; 28 (1): 67. ( 医中誌 )

  558. 森山 啓司. 口唇・口蓋裂患者の咬合再建 口唇口蓋裂患者の咬合再建 矯正の立場から 日本口蓋裂学会雑誌. 2007.04; 32 (2): 115. ( 医中誌 )

  559. 本田 綾, 東野 良治, 馬場 祥行, 鈴木 聖一, 石崎 敬, 森山 啓司, 辻 美千子. 成長期に骨延長法を適用した口唇口蓋裂症例の5年予後 日本口蓋裂学会雑誌. 2007.04; 32 (2): 206. ( 医中誌 )

  560. 伊藤 公一, 長嶺 麗来, 大林 尚人, 鈴木 聖一, 鈴木 剛史, 森山 啓司, 湊 亜紀子, 奥平 真理子, 佐藤 みちる, 馬場 祥行. 改良型CT画像ソフトを用いた骨延長症例における上顎骨の移動様相の観察 日本口蓋裂学会雑誌. 2007.04; 32 (2): 224. ( 医中誌 )

  561. 藤原 慎視, 野村 慎太郎, 森山 啓司. メカニカルストレス応答遺伝子オステオポンチンの発現調節と機能の解析 口腔組織培養学会誌. 2007.02; 16 (1): 5-6. ( 医中誌 )

  562. 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫. GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する 日本骨形態計測学会雑誌. 2006.12; 16 (3): 66. ( 医中誌 )

  563. 大嶋 淳, 井澤 俊, 石丸 直澄, 林 良夫, 森山 啓司. 関節炎モデルマウスを用いた樹状細胞移入による関節リウマチ病態の修飾 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 217. ( 医中誌 )

  564. 佐竹 秀太, 高橋 巧, 森山 啓司. 非外科的矯正治療を行った右側下顎関節突起骨折を伴う下顎非対称症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 313. ( 医中誌 )

  565. 金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司. ダイレクトボンディングが歯質へ与える影響について ボンディング法による比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 229. ( 医中誌 )

  566. 木内 奈央, 谷本 起穂, 森山 啓司. RNA interference(RNAi)を用いた骨格筋制御に関する研究 Journal of Oral Biosciences. 2006.09; 48 (Suppl.): 131. ( 医中誌 )

  567. 神野 恵, 高橋 巧, 土田 邦博, 森山 啓司. Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 220. ( 医中誌 )

  568. 高橋 巧, 谷本 起穂, 森山 啓司. 歯槽骨破壊を伴う成人患者に対し前歯部の限局的矯正治療を行った2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2006.09; 65回 298. ( 医中誌 )

  569. 日浅 雅博, 安倍 正博, 木戸 慎介, 長樂 雅仁, 浅野 仁, 賀川 久美子, 竹内 恭子, 北添 健一, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 森山 啓司, 松本 俊夫. GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF受容体のectodomain sheddingを介し破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する 臨床血液. 2006.09; 47 (9): 1150. ( 医中誌 )

  570. 日浅 雅博, 安倍 正博, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 井上 大輔, 木戸 慎介, 森山 啓司, 松本 俊夫. GM-CSFとIL-4は単球のM-CSF受容体の切断を介し破骨細胞分化を抑制し樹状細胞分化を誘導する 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2006.07; 24回 206. ( 医中誌 )

  571. 大庭 康雄, 森山 啓司. 多数歯先天欠如と下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症に対して外科的矯正治療を行った一症例 日本顎変形症学会雑誌. 2006.05; 16 (2): 120. ( 医中誌 )

  572. 辻 けい子, 井澤 俊, 細木 秀彦, 前田 直樹, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司. 関節円板前方転位を有する顎関節症患者の顎顔面形態の特徴について 日本顎関節学会雑誌. 2006.04; 18 (1): 83. ( 医中誌 )

  573. 冨田 優子, 高橋 巧, 谷本 起穂, 森山 啓司. 口唇形成術後領域における血流分布と顎顔面形態に関する解析 日本口蓋裂学会雑誌. 2006.04; 31 (2): 203. ( 医中誌 )

  574. 中野 雅徳, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 真紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也, 森山 啓司. 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1例 日本顎関節学会雑誌. 2006.04; 18 (1): 61-62. ( 医中誌 )

  575. 松本 和也, 中西 秀樹, 高瀬 真記, 古泉 佳男, 谷本 起穂, 森山 啓司. 【頭蓋顔面骨延長の中期成績】 トリーチャーコリンズ症候群に対する下顎骨延長の中期成績 形成外科. 2006.03; 49 (3): 311-317. ( 医中誌 )

  576. 冨田 優子, 高橋 巧, 森山 啓司. レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた矯正学的評価法の開発 四国歯学会雑誌. 2006.01; 18 (2): 245. ( 医中誌 )

  577. 金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 森山 啓司, 藤澤 健司, 長山 勝. PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性 正面頭部X線規格写真を用いた検討 日本顎変形症学会雑誌. 2005.12; 15 (3): 213. ( 医中誌 )

  578. 大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司, 藤澤 健司, 長山 勝. PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化 手術後の骨片の回転変化に関する検討 日本顎変形症学会雑誌. 2005.12; 15 (3): 213. ( 医中誌 )

  579. 井澤 俊, 石丸 直澄, 表原 文江, 新垣 理恵子, 大嶋 淳, 森山 啓司, 林 良夫. RANKL刺激活性化DCを介したMRL/lprマウス関節炎の病態修飾 日本免疫学会総会・学術集会記録. 2005.11; 35 249. ( 医中誌 )

  580. 野村 慎太郎, 東端 裕司, 藤原 慎視, 岡田 淳志, 森山 啓司. 【臨床分子内分泌学 甲状腺・副甲状腺・骨内分泌代謝系】 特論 オステオポンチン オステオポンチン遺伝子発現調節 日本臨床. 2005.10; 63 (増刊10 臨床分子内分泌学(3)): 622-626. ( 医中誌 )

  581. 森山 啓司, 谷本 起穗. 【タンパク・遺伝子からみた分子病 新しく解明されたメカニズム】 受容体 線維芽細胞増殖因子受容体2(FGFR2) 生体の科学. 2005.10; 56 (5): 416-417. ( 医中誌 )

  582. Nomura S, Higashibata Y, Fujihara S, Moriyama K, Okada A. [Regulation of osteopontin in vivo]. Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine. 2005.10; 63 Suppl 10 622-6. ( PubMed )

  583. 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司. 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析 日本口腔科学会雑誌. 2005.09; 54 (4): 495-496. ( 医中誌 )

  584. 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫. 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集. 2005.09; 67回・47回 741. ( 医中誌 )

  585. 藤原 慎視, 森山 啓司. メカニカルストレスに応答したオステオポンチンの発現と機能の解析 日本口腔科学会雑誌. 2005.09; 54 (4): 490. ( 医中誌 )

  586. 田中 洋一, 安倍 正博, 日浅 雅博, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 井上 大輔, 尾崎 修治, 森山 啓司, 松本 俊夫. 骨髄腫細胞,破骨細胞と血管内皮細胞の細胞間相互作用 腫瘍進展,骨破壊と血管新生の促進 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2005.06; 23回 164. ( 医中誌 )

  587. 北瀬 由紀子, 横関 雅彦, 森山 啓司. 歯根膜線維芽細胞におけるストレス応答遺伝子群の発現プロファイル 歯界展望. 2005.06; 特別号 (健康な心と身体は口腔から-発ヨコハマ2004-): 345. ( 医中誌 )

  588. 谷本 起穂, 勝瑞 理恵子, 森山 啓司. Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞および破骨細胞の分化調節機構の解析 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2005.06; 23回 272. ( 医中誌 )

  589. 井澤 俊, 大嶋 淳, 森山 啓司. 関節リウマチ自然発症モデルマウスを用いた関節骨破壊機構の解析 日本顎関節学会雑誌. 2005.04; 17 (1): 57. ( 医中誌 )

  590. 猪熊 健一, 細木 秀彦, 前田 直樹, 永島 優子, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司. 関節円板の後方転位を伴う骨格性下顎前突症患者の顎関節形態および顎運動に関する検討 日本顎関節学会雑誌. 2005.04; 17 (1): 90. ( 医中誌 )

  591. 猪熊 健一, 細木 秀彦, 前田 直樹, 永島 優子, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司. 顎関節円板後方転位を伴う患者の顎顔面の形態的特徴に関する検討 日本顎関節学会雑誌. 2005.04; 17 (1): 90. ( 医中誌 )

  592. 今 政幸, 堀内 信也, 森山 啓司, 浅岡 憲三. リン酸亜鉛セメント硬化体のアパタイト置換 歯科材料・器械. 2005.04; 24 (2): 67. ( 医中誌 )

  593. 冨田 優子, 森山 啓司, 高橋 巧, 西 真寿美, 谷本 起穂. レーザー・ドップラー式血流画像化装置を用いた口唇形成術後の上唇における血流分布解析 日本口蓋裂学会雑誌. 2005.04; 30 (2): 211. ( 医中誌 )

  594. 大庭 康雄, 永島 優子, 森山 啓司. 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う顎変形症の3症例の術後評価 日本顎変形症学会雑誌. 2005.04; 15 (1): 28-40. ( 医中誌 )

  595. 西 真寿美, 佐竹 秀太, 谷本 起穂, 辻 けい子, 冨田 優子, 高橋 巧, 金子 和之, 森山 啓司. 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査 日本口蓋裂学会雑誌. 2005.04; 30 (2): 136. ( 医中誌 )

  596. 佐竹 秀太, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司, 藤澤 健司, 鎌田 伸之, 長山 勝. PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の中期安定性 日本顎変形症学会雑誌. 2004.12; 14 (3): 251. ( 医中誌 )

  597. 永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司, 藤澤 健司, 鎌田 伸之, 長山 勝. 下顎枝垂直骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して外科的矯正治療を行った下顎非対称を伴う3症例 日本顎変形症学会雑誌. 2004.12; 14 (3): 244-245. ( 医中誌 )

  598. 藤澤 健司, 湯浅 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 北瀬 由起子, 大庭 康雄, 堀内 信也, 森山 啓司. 口唇口蓋裂に伴う上顎劣成長に対しRED systemを用いて骨延長を行った2例 日本顎変形症学会雑誌. 2004.12; 14 (3): 218-219. ( 医中誌 )

  599. 辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司. 骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周・矯正治療を並行して行った1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 302. ( 医中誌 )

  600. 西 真寿美, 泰江 章博, 木内 奈央, 野地 澄晴, 森山 啓司. マイオスタチン突然変異による骨格筋量増加がマウス下顎骨形態に及ぼす影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 190. ( 医中誌 )

  601. 山本 真由, 立石 千鶴, 渋谷 恭之, 綿谷 早苗, 横尾 聡, 古森 孝英, 森山 啓司. 骨軟骨腫症に起因する顔面非対称を伴う咬合不全に対して矯正歯科的手法を併用して治療を行った1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 309. ( 医中誌 )

  602. 藤原 慎視, 東端 裕司, 大庭 康雄, 横関 雅彦, 野村 慎太郎, 森山 啓司. トランスジェニックマウスを用いたメカニカルストレスに対するオステオポンチン発現調節領域の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 180. ( 医中誌 )

  603. 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司. 上顎前突症患者におけるbite jumping applianceとelastic open activatorの治療効果に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 247. ( 医中誌 )

  604. 大庭 康雄, アラウジョ・フイ , 森山 啓司. 力学的刺激負荷時におけるヒト歯根膜細胞の遺伝子発現パターンの網羅的解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 196. ( 医中誌 )

  605. 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司. 乳歯および永久歯の埋伏ならびに永久歯の先天欠如を伴う不正咬合の2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 309. ( 医中誌 )

  606. 高橋 巧, 大庭 康雄, 谷本 起穂, 堀内 信也, 森山 啓司. 徳島大学病院における歯科電子カルテシステムの導入 矯正歯科におけるカスタマイズの取り組み 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 224. ( 医中誌 )

  607. 金子 和之, 横山 賢一, 浅岡 憲三, 森山 啓司. 矯正歯科用ワイヤーの新規劣化機構 水素による脆化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 319. ( 医中誌 )

  608. 勝瑞 理恵子, 谷本 起穗, 森山 啓司. Apert症候群発症に関わるFGF2/FGFR2情報伝達経路を介した骨芽細胞の分化調節機構の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2004.11; 63回 209. ( 医中誌 )

  609. 冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司. ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が上顎第二大臼歯の萠出方向に与える影響について Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004.10; 63 (3): 151-161. ( 医中誌 )

  610. 辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司. 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床統計学的調査 Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004.10; 63 (3): 162-169. ( 医中誌 )

  611. 藤原 慎視, 東端 裕司, 秋山 文宏, 大庭 康雄, 野村 慎太郎, 森山 啓司. メカニカルストレスや性ホルモンの減少に対するトランスジェニックマウスを用いたin vivoおよびin vitroにおけるオステオポンチン発現調節領域の解析 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集. 2004.08; 22回 158. ( 医中誌 )

  612. 永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症患者における術前・術後の下顎頭の位置と下顎骨の安定性 PLLA製スクリュー,チタン製スクリュー,ワイヤーを用いた各種骨片固定法の比較 日本顎変形症学会雑誌. 2004.08; 14 (2): 111-121. ( 医中誌 )

  613. 北瀬 由紀子, 横関 雅彦, 森山 啓司. 歯根膜線維芽細胞におけるストレス応答遺伝子群の発現プロファイル cDNAマイクロアレイによる網羅的解析 日本歯科医師会雑誌. 2004.07; 57 (4): 436. ( 医中誌 )

  614. 松本 和也, 古泉 佳男, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 佐竹 秀太, 森山 啓司. Hemifacial Microsomiaの上下顎骨同時延長例 日本形成外科学会会誌. 2004.06; 24 (6): 396. ( 医中誌 )

  615. 大庭 知子, 三木 善樹, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 森山 啓司. 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2004.04; 29 (1): 16-29. ( 医中誌 )

  616. 冨田 優子, 岡崎 雅子, 三木 善樹, 茶野 秀太郎, 堀内 信也, 高橋 巧, 大庭 知子, 森山 啓司. Hotz型口蓋床を用いた片側性口唇口蓋裂児の上顎歯槽弓形態変化 日本口蓋裂学会雑誌. 2004.04; 29 (2): 151. ( 医中誌 )

  617. 松本 和也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 古泉 佳男, 佐竹 秀太, 森山 啓司. 上下顎骨同時延長術により咬合異常をきたしたhemifacial microsomiaの成人例 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2004.04; 20 (1): 93. ( 医中誌 )

  618. 猪熊 健一, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司. 歯科矯正治療にて顆頭位に変化がみられた顎関節症を伴う上顎前突の1症例 日本顎関節学会雑誌. 2004.04; 16 (1): 83. ( 医中誌 )

  619. 横山 賢一, 金子 和之, 森山 啓司, 浅岡 憲三. 加工硬化型Ni-Ti合金のフッ化ナトリウム水溶液中における水素脆化特性 歯科材料・器械. 2004.03; 23 (2): 175. ( 医中誌 )

  620. 大庭 康雄, 森山 啓司, Roodman David G. 分子レベルからみた整形外科疾患 新規破骨細胞形成促進因子Eosinophil Chemotactic Factor-L(ECF-L) 整形・災害外科. 2004.02; 47 (2): 126-127. ( 医中誌 )

  621. 藤原 綾子, 日浦 賢治, Javier Wilde, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司. ヒト破骨細胞様細胞の波状縁と明帯の形態に及ぼすカルシトニン及びCLIK148の効果について 四国歯学会雑誌. 2004.01; 16 (2): 411-418. ( 医中誌 )

  622. 韓 東勲, 高橋 里奈, 藤田 純弘, 三木 善樹, 森山 啓司. 不正咬合が頸椎の形態に及ぼす影響 側面頭部エックス線規格写真による検討 四国歯学会雑誌. 2004.01; 16 (2): 438-439. ( 医中誌 )

  623. 高木 豊明, 佐竹 秀太, 泰江 章博, 谷本 起穂, 猪熊 健一, 堀内 信也, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術とオトガイ形成術を併用した顎変形症患者6症例の軟組織及び硬組織の術後変化と安定性について 日本顎変形症学会雑誌. 2003.12; 13 (3): 211. ( 医中誌 )

  624. 谷本 起穂, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司. Apert型変異(S252W)を伴う線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR2S252W)は骨芽細胞の分化及び石灰化を促進する 日本骨形態計測学会雑誌. 2003.12; 13 (3): 57. ( 医中誌 )

  625. 高木 豊明, 佐竹 秀太, 大庭 康雄, 森山 啓司. 著しい上顎歯列弓狭窄に対して仮骨延長術を応用して急速側方拡大を行った1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 285. ( 医中誌 )

  626. 西 真寿美, 泰江 章博, 土田 邦博, 野地 澄晴, 森山 啓司. 骨格筋形成に関わるマイオスタチンのシグナル伝達経路の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 212. ( 医中誌 )

  627. 藤原 慎視, 横関 雅彦, 大庭 康雄, 東端 裕司, 野村 慎太郎, 森山 啓司. メカニカルストレスや性ホルモンの減少に対するオステオポンチン発現調節領域の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 201. ( 医中誌 )

  628. 冨田 優子, 大庭 知子, 藤原 慎視, 大庭 康雄, 森山 啓司. ヘッドギアによる上顎第一大臼歯の遠心移動が第二大臼歯の萠出方向に与える影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 158. ( 医中誌 )

  629. 横関 雅彦, エレイン・アファナドル , 西 真寿美, 金子 和之, 土田 邦博, 下川 仁弥太, 森山 啓司. Smad 3はエナメル質の石灰化に必須の因子である 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 214. ( 医中誌 )

  630. 北瀬 由紀子, 横関 雅彦, 森山 啓司. ヒト歯根膜線維芽細胞におけるMCP-1/CCR2シグナル伝達系について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 213. ( 医中誌 )

  631. 金子 和之, 横山 賢一, 浅岡 憲三, 森山 啓司. フッ化物水溶液中におけるベータチタンワイヤーの材質劣化 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 220. ( 医中誌 )

  632. 井澤 俊, 林 良夫, 森山 啓司. RANKL刺激樹状細胞移入によるMRL/lprマウス自己免疫性関節炎の病態修飾 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 215. ( 医中誌 )

  633. 茶野 秀太郎, 川上 慎吾, 大庭 康雄, 堀内 信也, 森山 啓司. 上顎中切歯の動揺度と歯根/歯冠長比との関連性に関する検討 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 171. ( 医中誌 )

  634. 永島 優子, 大庭 康雄, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した顎変形症における術前・術後の下顎頭の安定性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 251. ( 医中誌 )

  635. 立石 千鶴, 山本 真由, 小柴 仁嗣, 綿谷 早苗, 横尾 聡, 古森 孝英, 森山 啓司. 上顎中切歯逆性埋伏に対して根形成初期に牽引処置を行った1症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 300. ( 医中誌 )

  636. 堀内 信也, 岡崎 雅子, 三木 善樹, 高木 豊明, 大庭 知子, 大庭 康雄, 森山 啓司. 徳島大学歯学部附属病院における病院情報システム導入 矯正歯科の取り組み 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 223. ( 医中誌 )

  637. 辻 けい子, 三木 善樹, 堀内 信也, 森山 啓司. 歯軸方向エックス線撮影法を用いた上顎犬歯埋伏位置に関する臨床的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 275. ( 医中誌 )

  638. 山本 真由, 立石 千鶴, 小紫 仁嗣, 横尾 聡, 綿谷 早苗, 古森 孝英, 森山 啓司. 矯正歯科的手法を応用して治療を行った顎骨骨折の2症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 301. ( 医中誌 )

  639. 高木 豊明, 谷本 起穂, 泰江 章博, 堀内 信也, 森山 啓司. 9p-症候群の1矯正治験例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2003.10; 62回 294. ( 医中誌 )

  640. 横山 賢一, 金子 和之, 森山 啓司, 浅岡 憲三. フッ化ナトリウム水溶液中における歯科矯正用線の材質劣化 歯科材料・器械. 2003.08; 22 (5): 368. ( 医中誌 )

  641. 大庭 知子, 堀内 信也, 三木 善樹, 森山 啓司, 岡崎 雅子, 高橋 巧, 茶野 秀太郎. 顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者の歯列安定性に関する検討 日本口蓋裂学会雑誌. 2003.04; 28 (2): 163. ( 医中誌 )

  642. 岡崎 雅子, 高木 豊明, 高橋 巧, 堀内 信也, 森山 啓司. 当科にて長期咬合管理を行った片側性口唇口蓋裂の3症例 日本口蓋裂学会雑誌. 2003.04; 28 (2): 176. ( 医中誌 )

  643. 岸 直子, 萩原 和子, 三木 健史, 三木 善樹, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司. 口唇裂・口蓋裂患者の保護者に対するアンケート調査 妊娠中,出産直後の心理状態について 四国歯学会雑誌. 2003.01; 15 (2): 273. ( 医中誌 )

  644. 佐竹 秀太, 高木 豊明, 堀内 信也, 横関 雅彦, 藤澤 健司, 宮本 洋二, 伊賀 弘起, 吉田 秀夫, 長山 勝, 佐藤 光信, 森山 啓司. 徳島大学歯学部附属病院矯正歯科における顎変形症患者の臨床統計学的検討 四国歯学会雑誌. 2003.01; 15 (2): 257-262. ( 医中誌 )

  645. 二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦. 慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症 四国歯学会雑誌. 2003.01; 15 (2): 263-269. ( 医中誌 )

  646. 佐竹 秀太, 高木 豊明, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司, 藤澤 健司, 長山 勝, 伊賀 弘起, 吉田 秀夫. 徳島大学歯学部附属病院矯正科における顎変形症患者の臨床統計学的検討 日本顎変形症学会雑誌. 2002.12; 12 (3): 148. ( 医中誌 )

  647. 金子 和之, 横山 賢一, 浅岡 憲三, 森山 啓司. 矯正用超弾性線の水素脆化 フッ化物の影響 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 191. ( 医中誌 )

  648. 川上 慎吾, 横関 雅彦, 森山 啓司. 舌縮小術を併用した著しい空隙歯列症例 兄妹における保定時の安定性の比較 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 267. ( 医中誌 )

  649. 大庭 知子, ジョン・M・シャーグウィン , 森山 啓司. 骨吸収におけるrecombinant osteoprotegerin(Opg)の効果 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 171. ( 医中誌 )

  650. 西 真寿美, 泰江 章博, 大内 淑代, 野地 澄晴, 森山 啓司. 骨格筋形成におけるマイオスタチンの役割の解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 181. ( 医中誌 )

  651. 北瀬 由紀子, エレイン・アファナドル , 横関 雅彦, 森山 啓司. ヒト歯根膜線維芽細胞における低酸素刺激時のDNAアレイを用いた遺伝子発現解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 182. ( 医中誌 )

  652. 桐野 恭子, 堀内 信也, 湯浅 一浩, 横関 雅彦, 森山 啓司. Oligodontiaを伴う矯正患者の臨床統計調査及びその特徴について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 197. ( 医中誌 )

  653. 猪熊 健一, 佐竹 秀太, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司. 下顎頭に著しい吸収を伴う患者の顎顔面形態及び顎運動解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 231. ( 医中誌 )

  654. 森山 啓司. 再生医療と矯正治療の接点 再生医学が矯正歯科臨床にもたらすもの 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 99. ( 医中誌 )

  655. 大庭 康雄, デイヴィッド・ルードマン , 森山 啓司. 新規破骨細胞形成促進因子eosinophil chemotactic cytokine-L(ECF-L)について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 174. ( 医中誌 )

  656. 谷本 起穂, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 森山 啓司. Apert症候群患者由来骨芽細胞様細胞におけるin vitro石灰化能の亢進 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2002.10; 61回 182. ( 医中誌 )

  657. 山本 真由, 谷村 一朗, 湯浅 一浩, 森山 啓司. 成人矯正治療患者における歯間乳頭部歯肉の変化に関する研究 Orthodontic Waves. 2002.08; 61 (4): 281-288. ( 医中誌 )

  658. 岡崎 雅子, 横関 雅彦, 三木 善樹, 堀内 信也, 猪熊 健一, 湯浅 一浩, 劉 嘉仁, 川上 慎吾, 廣瀬 健, 日浦 賢治, 森山 啓司. Goslon Yardstickを用いた日本人片側性口唇口蓋裂患者37症例の咬合評価 日本口蓋裂学会雑誌. 2002.04; 27 (1): 47-57. ( 医中誌 )

  659. 岡崎 雅子, 川上 慎吾, 三木 善樹, 横関 雅彦, 森山 啓司. Goslon YardstickによるUCLP患者の咬合評価と頭部X線規格写真を用いた硬・軟組織評価の関連性 日本口蓋裂学会雑誌. 2002.04; 27 (2): 157. ( 医中誌 )

  660. 野地 澄晴, 西 真寿美, 泰江 章博, 板倉 光夫, 山岡 孝, 森山 啓司, 西松 伸一郎, 濃野 勉. 細胞成長因子に着目した筋肉再生メカニズムの解明 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究. 2002.03; 平成11〜13年度 109-110. ( 医中誌 )

  661. 湯浅 一浩, 横関 雅彦, 川上 慎吾, 堀内 信也, 日浦 賢治, 森山 啓司. 電解研磨が矯正用ワイヤーの摩擦抵抗及び表面形状に及ぼす影響に関する研究 原子間力顕微鏡を用いた解析 四国歯学会雑誌. 2002.01; 14 (2): 293-299. ( 医中誌 )

  662. 三木 善樹, 岡崎 雅子, 猪熊 健一, 湯浅 一浩, 劉 嘉仁, 堀内 信也, 横関 雅彦, 森山 啓司. 口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査 徳島大学歯学部附属病院矯正科における過去10年間について 四国歯学会雑誌. 2002.01; 14 (2): 321-322. ( 医中誌 )

  663. 安倍 正博, 大島 隆志, 橋本 年弘, 柴田 泰伸, 尾崎 修治, 日浦 賢治, 森山 啓司, 井上 大輔, 松本 俊夫, 小阪 昌明. 骨髄腫細胞による破骨細胞分化因子(RANKL)及びosteoprotegerin(OPG)の発現調節異常 臨床血液. 2001.10; 42 (10): 931. ( 医中誌 )

  664. 川上 慎吾, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 森山 啓司. 口唇裂・口蓋裂患者に対する二次骨移植術後の骨架橋の経時的観察 Computed Tomogramを用いた解析 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 247. ( 医中誌 )

  665. 廣瀬 健, 佐竹 秀太, 森 恭子, 森山 啓司. 多変量解析を用いた歯冠幅径比と顎態の関連性についての研究 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 157. ( 医中誌 )

  666. 渡辺 真太郎, 堀内 信也, 猪熊 健一, 横関 雅彦, 森山 啓司. 正常咬合者における習慣性咀嚼側と咬合接触面積及び咬合力との関連性について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 171. ( 医中誌 )

  667. 山本 真由, 谷村 一朗, 湯浅 一浩, 森山 啓司. 歯の移動と歯間乳頭部歯肉の変化の関連性について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2001.10; 60回 239. ( 医中誌 )

  668. 泰江 章博, 西松 伸一郎, 濃野 勉, 森山 啓司, 野地 澄晴. 【骨格筋研究の新展開】 骨格筋形成におけるマイオスタチンの役割 生体の科学. 2001.08; 52 (4): 256-260. ( 医中誌 )

  669. 横関 雅彦, 岡崎 雅子, 森山 啓司, 松本 和也. Rigid External Distraction(RED)II systemを用いて中顔面部の骨延長を行ったCrouzon症候群の2例 日本顎変形症学会雑誌. 2001.08; 11 (2): 163-164. ( 医中誌 )

  670. 安倍 正博, 日浦 賢治, Javier Wilde, 森山 啓司, 橋本 年弘, 木戸 慎介, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 尾崎 修治, 井上 大輔. 骨髄腫細胞との接触により破骨細胞はIL-6,オステオポンチンの産生増加を介して骨髄腫細胞の増殖を促進する 日本骨代謝学会雑誌. 2001.07; 19 (2): 70. ( 医中誌 )

  671. 米田 智子, 森山 啓司, 林 良夫. エストロジェン欠乏関節炎モデルにおけるRANKL/RANKシグナルを介した骨・軟骨破壊の増強 日本骨代謝学会雑誌. 2001.07; 19 (2): 11. ( 医中誌 )

  672. 谷本 起穂, 横関 雅彦, 北瀬 由紀子, 日浦 賢治, 森山 啓司. Apert症候群患者由来骨芽細胞様細胞からのFGFR2遺伝子の単離及びそのalternative splicingの解析 日本骨代謝学会雑誌. 2001.07; 19 (2): 19. ( 医中誌 )

  673. 井上 理香, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 林 英司, 長山 勝, 森山 啓司. PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近・遠位骨片の安定性 日本顎変形症学会雑誌. 2001.04; 11 (1): 29-34. ( 医中誌 )

  674. 岡崎 雅子, 劉 嘉仁, 横関 雅彦, 川上 慎吾, 三木 善樹, 廣瀬 健, 猪熊 健一, 日浦 賢治, 湯浅 一浩, 森山 啓司. Goslon Yardstickを用いた片側性口唇口蓋裂患者37症例の咬合評価 日本口蓋裂学会雑誌. 2001.04; 26 (2): 254. ( 医中誌 )

  675. 寺井 恭子, 日浦 賢治, 黒田 孝雄, 森山 啓司. 下顎前突症患者の顎顔面成長に及ぼす上顎前方牽引装置の効果について チンキャップ使用例との比較 四国歯学会雑誌. 2001.01; 13 (2): 267-281. ( 医中誌 )

  676. 米田 智子, 石丸 直澄, 三枝 かおる, 柳 久美子, 羽地 則雄, 斎藤 一郎, 森山 啓司, 林 良夫. 卵巣摘出MRL/lprマウスにおける関節病変の解析 四国歯学会雑誌. 2001.01; 13 (2): 298. ( 医中誌 )

  677. 日浦 賢治, 森山 啓司. 矯正治療における破骨細胞の分化と機能 四国歯学会雑誌. 2001.01; 13 (2): 241-251. ( 医中誌 )

  678. 安倍 正博, 木戸 慎助, 橋本 年弘, 大島 隆志, 柴田 泰伸, 井上 大輔, 尾崎 修治, 松本 俊夫, 日浦 賢治, 森山 啓司. 骨髄腫細胞由来MIP-1α及びβの骨吸収促進作用 臨床血液. 2000.10; 41 (10): 1083. ( 医中誌 )

  679. 川上 慎吾, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 高木 豊明, 清家 卓弥, 中西 秀樹, 森山 啓司. 鼻腔側顎裂形態と二次骨移植の予後の関連性 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 243. ( 医中誌 )

  680. 藤原 綾子, 日浦 賢治, ウィルデ・ハビエル , 北瀬 由紀子, 山下 菊治, 北村 清一郎, 森山 啓司. ヒト破骨細胞様細胞の波状縁形態に及ぼすカルシトニン及びCLIKの効果について 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 182. ( 医中誌 )

  681. 茶野 秀太郎, 広瀬 健, 三木 善樹, 塩屋園 敦, 井上 理香, 谷村 一朗, 森山 啓司. 上顎中切歯歯根に関する臨床統計学的調査 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 209. ( 医中誌 )

  682. 湯浅 一浩, 堀内 信也, 猪熊 健一, 渡辺 真太郎, 岡崎 稚子, 佐藤 佳代, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 森山 啓司. 原子間力顕微鏡を用いた矯正用ワイヤーの表面性状に関する研究 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 199. ( 医中誌 )

  683. 三好 由扶子, 寺井 邦博, Wilde Javier, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 森山 啓司. 実験的歯の移動に伴う歯周組織の改造におけるGDF-7 mRNAの発現様相 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2000.10; 59回 188. ( 医中誌 )

  684. 井上 理香, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術後の近・遠位骨片の評価 PLLA製スクリューとチタン製スクリューとの比較 日本顎変形症学会雑誌. 2000.08; 10 (2): 222. ( 医中誌 )

  685. 安倍 正博, 日浦 賢治, Wilde Javier, 森山 啓司, 木戸 慎介, 井上 大輔, 松本 俊夫. 破骨細胞との接触を介する骨髄腫細胞の増殖の促進 日本骨代謝学会雑誌. 2000.06; 18 (2): 156. ( 医中誌 )

  686. 三好 由扶子, 寺井 邦博, Wilde Javier, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 森山 啓司. 歯の移動に伴う歯周組織のリモデリングにおけるGDF-7 mRNAの発現様相 日本骨代謝学会雑誌. 2000.06; 18 (2): 118. ( 医中誌 )

  687. 戸田 公夫, 日浦 賢治, 曽 鴻哲, 森山 啓司. 異なる咬合挙上法を用いた過蓋咬合を伴う上顎前突症例 四国歯学会雑誌. 2000.06; 13 (1): 209-218. ( 医中誌 )

  688. 谷本 起穗, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 寺井 邦博, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司. Apert症候群患者由来骨芽細胞様細胞におけるin vitro石灰化の亢進 日本骨代謝学会雑誌. 2000.06; 18 (2): 21. ( 医中誌 )

  689. 川上 慎吾, 日浦 賢治, 横関 雅彦, 清家 卓也, 中西 秀樹, 森山 啓司. 顎裂部への二次骨移植術後の鼻腔側の骨架橋形態について 日本口蓋裂学会雑誌. 2000.05; 25 (2): 91. ( 医中誌 )

  690. 川上 慎吾, 日浦 賢治, 住谷 光治, 横関 雅彦, 森山 啓司. 顎裂部への自家腸骨海綿骨移植の予後に関する研究 デンタルX線写真ならびにCTを用いた解析 Orthodontic Waves. 2000.02; 59 (1): 12-20. ( 医中誌 )

  691. 渡辺 真太郎, 住谷 光治, 米崎 理香[井上], 高木 豊明, 横関 雅彦, 日浦 賢治, 森山 啓司. 顎関節症状を有する不正咬合患者の下顎頭の前後的位置,顎顔面形態,関節円板位の関連性について 四国歯学会雑誌. 2000.01; 12 (2): 259-267. ( 医中誌 )

  692. Wilde Javier, 日浦 賢治, 安倍 正博, 山下 菊治, 松本 俊夫, 森山 啓司. ヒト末梢血幹細胞を用いた破骨細胞形成系の確立 日本骨代謝学会雑誌. 2000.01; 18 (3): 131. ( 医中誌 )

  693. Wilde Javier, 日浦 賢治, 森山 啓司. ヒト末梢血幹細胞を用いた破骨細胞形成系の確立 四国歯学会雑誌. 2000.01; 12 (2): 285-293. ( 医中誌 )

  694. 森山 啓司. 口唇裂・口蓋裂患者と瘢痕組織 四国歯学会雑誌. 2000.01; 12 (2): 229-238. ( 医中誌 )

  695. 田中 良治, 張 雁, 道向 栄二, 林堂 安貴, 虎谷 茂昭, 森山 啓司, 岡本 哲治. 頭蓋早期癒合症及び軟骨異形成症の遺伝子診断 日本口腔外科学会雑誌. 1999.12; 45 (13): 983-984. ( 医中誌 )

  696. 林 英司, 新田 幸司, 里村 一人, 鎌田 伸之, 森山 啓司, 長山 勝. 下顎枝矢状分割術における吸収性ポリ-L-乳酸スクリュー固定の臨床的検討 日本口腔外科学会雑誌. 1999.12; 45 (13): 917. ( 医中誌 )

  697. 岡田 桐子, 谷村 一朗, 林 英司, 長山 勝, 森山 啓司. 舌縮小術ならびに上下顎移動術を併用して外科的矯正治療を行った片側性口唇口蓋裂患者の1例 日本口腔科学会雑誌. 1999.11; 48 (6): 717-718. ( 医中誌 )

  698. 岡田 桐子, 谷村 一朗, 横関 雅彦, 林 英司, 森山 啓司. 顎裂部骨移植ならびに舌縮小術を併用し上下顎移動術を行った片側性口唇口蓋裂患者の1例 日本口蓋裂学会雑誌. 1999.10; 24 (3): 329-340. ( 医中誌 )

  699. 安倍 正博, 小笠原 光治, 橋本 年弘, 尾崎 修治, 松本 俊夫, 日浦 賢治, 森山 啓司, 小阪 昌明. 多発性骨髄腫骨病変形成におけるMIP-1の役割 臨床血液. 1999.09; 40 (9): 972. ( 医中誌 )

  700. 堀内 信也, 寺井 邦博, 天真 覚, 日浦 賢治, 住谷 光治, 吉田 秀夫, 森山 啓司. 外科的矯正治療を施行した下顎非対称を伴う小下顎症の一治験例 日本顎変形症学会雑誌. 1999.08; 9 (2): 42-50. ( 医中誌 )

  701. 三木 善樹, 谷村 一朗, 大庭 康雄, 大庭 知子, 堀内 信也, 岡田 桐子, 米崎 理香, 森山 啓司. 口唇裂口蓋裂患者の矯正治療に関する保護者を対象としたアンケート調査 日本口蓋裂学会雑誌. 1999.06; 24 (2): 268. ( 医中誌 )

  702. 安倍 正博, 日浦 賢治, Wilde Javier, 森山 啓司, 小笠原 光治, 井上 大輔, 小阪 昌明, 松本 俊夫. 多発性骨髄腫におけるMIP-1の産生とその骨髄腫骨病変形成への関与 日本骨代謝学会雑誌. 1999.06; 17 (2): 162. ( 医中誌 )

  703. 上岡 寛, 上岡 かよ, Ris Hans, Lim Soo-siang, 森山 啓司. 骨細胞,骨芽細胞の細胞間コミュニケーションについて 四国歯学会雑誌. 1999.01; 11 (2): 274. ( 医中誌 )

  704. 日浦 賢治, 黒田 孝雄, 森山 啓司. 下顎前突症患者に対するオトガイ帽装置の治療効果について 四国歯学会雑誌. 1999.01; 11 (2): 233-244. ( 医中誌 )

  705. 高木 豊明, 橋本 一郎, 谷村 一朗, 日浦 賢治, 住谷 光治, 森山 啓司. 徳島大学歯学部附属病院矯正科における顎変形症患者の臨床統計的観察 四国歯学会雑誌. 1999.01; 11 (2): 225-231. ( 医中誌 )

  706. 川元 龍夫, 本橋 信義, 五十嵐 一吉, 小野 卓史, 森山 啓司, 馬場 祥行, 加藤 嘉之, 宮坂 貴仁, 黒田 敬之. 開咬ならびに下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症7症例の術後の顎態変化 日本顎変形症学会雑誌. 1998.12; 8 (3): 203-212. ( 医中誌 )

  707. 昌山 浩三, 日浦 賢治, 天真 覚, 松本 和也, 中西 秀樹, 森山 啓司. Le Fort III型骨切り術を施行したCrouzon病患者の術前術後の顎態評価 日本顎変形症学会雑誌. 1998.12; 8 (3): 234-246. ( 医中誌 )

  708. 安倍 正博, 井下 俊, 柴田 泰伸, 尾崎 修治, 小阪 昌明, 松本 俊夫, 若槻 真吾, 日浦 賢治, 森山 啓司. 骨髄腫細胞における骨親和性・骨吸収促進規定因子の検討 臨床血液. 1998.10; 39 (10): 975. ( 医中誌 )

  709. 森山 啓司. 口唇裂口蓋裂患者の咬合育成について 歯界月報. 1998.06; (563): 13-19. ( 医中誌 )

  710. 横関 雅彦, 森山 啓司, 馬場 祥行. 【最近の歯学】 歯科矯正 口蓋粘膜瘢痕形成過程におけるTGF-β1の役割 口腔病学会雑誌. 1997.09; 64 (3): 456. ( 医中誌 )

  711. 米田 俊之, 西村 理行, 森山 啓司. GP130と骨 月刊細胞. 1995.08; 27 (9): 345-348. ( 医中誌 )

  712. 森山 啓司. EGF受容体/チロシンキナーゼ(TK)情報伝達系はIL-6による悪性高カルシウム血症誘発に関与する 日本骨代謝学会雑誌. 1994.07; 12 (2): 124. ( 医中誌 )

  713. 森山 啓司, 本橋 信義, 須佐美 隆史. 唇顎口蓋裂患者の外科的矯正治療 日本口蓋裂学会雑誌. 1993.04; 18 (2): 181-193. ( 医中誌 )

  714. 森山 啓司, 黒田 敬之. 最近の歯学 歯科矯正 Transforming Growth Factor-β (TGF-β)が口蓋粘膜瘢痕組織形成に関与する可能性について 口腔病学会雑誌. 1992.03; 59 (1): 266. ( 医中誌 )

  715. 森山 啓司. 思春期前より著しい上下顎の不調和を呈する片側性口唇口蓋裂患者の顎発育について 日本口蓋裂学会雑誌. 1991.10; 16 (4): 214-215. ( 医中誌 )

  716. 森山 啓司. 唇顎口蓋裂患者の外科的矯正治療 日本口蓋裂学会雑誌. 1990.10; 15 (3): 255. ( 医中誌 )

  717. 森山 啓司. ラット口蓋粘膜瘢痕組織由来線維芽細胞に対する細胞成長因子の影響 歯科基礎医学会雑誌. 1989.12; 31 (6): 682-696. ( 医中誌 )

  718. 森山 啓司. 口蓋粘膜瘢痕組織由来線維芽細胞に対する細胞成長因子の影響 日本矯正歯科学会雑誌. 1989.12; 48 (6): 691-692. ( 医中誌 )

  719. 森山 啓司. ラット口蓋粘膜瘢痕組織由来線維芽細胞の生化学的研究 歯科基礎医学会雑誌. 1988.09; 30 (抄録): 57. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Kobayashi Y, Duarte C, Moriyama K. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. Springer, 2017.07 15.Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7692-0)

  2. Yukiho Kobayashi , Carolina Duarte , Keiji Moriyama.. Biomarkers in Bone Disease. Part of the series Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. 2016.07 Hormone Relaxin as Biomarker for Bone Health and Disease. (ISBN : 978-94-007-7745-3)

  3. 森山啓司 他. 別冊 the Quintessence 臨床家のための矯正 YEARBOOK 2022 成人の叢生を考える. クインテッセンス出版, 2022.10 口腔顎顔面の成長発育異常の診断・治療から考える歯科矯正学の現在と未来 ヘルスサイエンスの起点としての歯科矯正学 (ISBN : 978-4-7812-0899-2)

  4. 渋谷絹子、依田哲也、田上順次、若林則幸、倉林亨、森山啓司、宮新美智世、原田浩之、紺野肖子、月川和香奈. 系統看護学講座 専門分野2 歯・口腔 成人看護学15(第14版). 医学書院, 2020.01 第4章 C治療・処置 4矯正歯科治療 (ISBN : 978-4-260-03871-3)

  5. 森山啓司 編著/上園将慶、小笠原毅、庄司あゆみ、東堀紀尚 他執筆. 症例でわかる歯科矯正用アンカースクリュー活用術. 医歯薬出版株式会社, 2019.11 (ISBN : 978-4-263-44574-7)

  6. 森山啓司 他. 歯科衛生学辞典. 永末書店, 2019.07 (ISBN : 978-4-8160-1368-3)

  7. 森山啓司 他. 歯科矯正学 第6版. 医歯薬出版株式会社, 2019.01 5章不正咬合の原因 1.不正咬合の原因のとらえ方、2.先天的原因 (ISBN : 978-4-263-45832-7)

  8. 森山啓司 他. 標準形成外科学 第7版. 医学書院, 2019.01 第Ⅱ編先天性疾患 第3章先天異常:口唇・口蓋:矯正歯科的治療管理 (ISBN : 978-4260036733)

  9. 後藤滋巳,清水典佳,槇宏太郎,森山啓司,石川博之. 矯正歯科治療この症例にこの装置 第2版. 医歯薬出版株式会社, 2017.11 (ISBN : 978-4-263-44514-3)

  10. 森山啓司 他. 別冊the Quintessence 臨床家のための矯正YEAR BOOK 2017. クインテッセンス出版, 2017.11 【総論】成長期の開咬-その原因と治療法 (ISBN : 978-4-7812-0583-0)

  11. 渋谷絹子,天笠光雄,塩沢育己,倉林亨,森山啓司,髙木裕三,田上順次,青木春恵,紺野肖子,月川和香奈,味田徳子. 系統看護学講座 専門分野2 歯・口腔 成人看護学15(第13版). 医学書院, 2017.02 第4章検査と治療・処置 6歯科矯正治療 (ISBN : 978-4-260-02761-8)

  12. 森山啓司、小川卓也. 言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版. 医学書院, 2016.12 歯の発生と萌出 (ISBN : 978-4-260-02812-7)

  13. 渋谷絹子、天笠光雄、塩沢育己、倉林亨、森山啓司、髙木裕三、田上順次、青木春恵、紺野肖子、月川和香奈、味田徳子. 系統看護学講座 専門分野2 歯・口腔 成人看護学15(第12版). 医学書院, 2016.02 第4章検査と治療・処置 6歯科矯正治療 (ISBN : 978-4-260-01580-6)

  14. 森山啓司 他. 骨ペディア 骨疾患・骨代謝k-ワード事典. 羊土社, 2015.05 頭蓋顔面先天異常 (ISBN : 978-4-7581-2056-2)

  15. 相馬邦道,飯田順一郎,山本照子,森山啓司 他. 歯科矯正学. 医歯薬出版株式会社, 2014.03 不正咬合の原因

  16. 後藤滋巳,清水典佳,森山啓司,宮澤健,槇宏太郎,石川博之. 安心・安全歯科矯正用アンカースクリューこの症例にこの方法. 医歯薬出版株式会社, 2013.01 (ISBN : 978-4-263-43353-9)

  17. 小川卓也、森山啓司. 家庭医学大全科 6訂版. 法研, 2010.10 14.歯と歯肉の病気歯と歯肉の病気, 不正咬合 (ISBN : 978-4879548207)

  18. 青木茂樹,小池和彦,近藤壽郎,森山啓司,矢作直樹,山根源之,渡辺晋一. 医師・歯科医師のための口腔診療必携. 金原出版株式会社, 2010.10 (ISBN : 978-4-307-45011-9)

  19. 後藤滋巳,清水典佳,槇宏太郎,森山啓司,石川博之. 矯正歯科治療この症例にこの装置 第1版. 医歯薬出版株式会社, 2010.03 (ISBN : 978-4-263-44303-3)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Sagawa Y, Ogawa T, Sudo T, Nagata Y, Moriyama K, Tanaka T. Exome analysis of short root anomaly in Japanese population. 68th Annual Meetings of the Japan Society of Human Genetics 2023.10.11 Tokyo

  2. Moriyama K. Epigenetic regulation of palatal development via histone methyltransferase SETDB1. CLEFT SEOUL 2023 2023.06.16 Seoul, Korea

  3. Myo AC, Kobayashi Y, Niki Y, Kamimoto H, Moriyama K. Exosome-mediated small interfering RNA delivery inhibits aberrant osteoblast differentiation caused by FGFR2 activation in Apert syndrome model mice. The 98th Congress of the European Orthodontic Society 2023.06.11 Oslo, Norway

  4. Myo AC, Kobayashi Y, Niki Y, Kamimoto H, Moriyama K. Exosome-mediated siRNA inhibits aberrant osteoblast differentiation in Apert syndrome model mice. The 47th Annual Meeting of Japanese Cleft Palate Association 2023.05.25 Tokyo

  5. Uezono M, Takakuda K, Moriyama K. New miniscrew-type absolute anchorage device for orthodontic treatment; a case report. AAO 2023 Annual Session 2023.04.21 Chicago, IL

  6. Sagawa Y, Ogawa T, Matsuyama Y, Nakagawa Kang J, Yoshizawa Araki M,Unnai Yasuda Y, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Tanaka T, Fujiwara T, Moriyama K. Association between maternal smoking during pregnancy and short root anomaly in offspring. the 55th Annual Congress of the KAO and the 13th Asian Pacific Orthodontic Congress(APOC) 2022.10.28 Korea / ondemand

  7. Inoue A, Higashihori N, Takeuchi S, Moriyama K. A case report of Parry-Romberg syndrome with mandibular prognathism treated by surgical orthodontic treatment. the 55th Annual Congress of the KAO and the 13th Asian Pacific Orthodontic Congress(APOC) 2022.10.28 Korea / ondemand

  8. Wijarn S, Uezono M, Ogasawara T, Techalertpaisarn P, Moriyama K. Evaluation of the effect of Flute Design on Orthodontic Miniscrews Stability Using Human Bone Analogue. 2022.10.05 Osaka / Ondemand

  9. Uezono M, Ogawa T, Kang J, Moriyama K. Correlation between inferior turbinate and alveolar bone bridge following secondary bone grafting for unilateral cleft lip and palate patients. 14th International Cleft and Craniofacial Congress 2022.07.11 Scotland / ondemand

  10. Yamahara D, Uezono M, Ogasawara T, Takakuda K, Moriyama K. HAp/Col Enhances Bone Forma4on around Orthodon4c Anchorage Devices in Microminipigs. 2022 IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 ondemand

  11. Faisal A, Matsumoto T, Yoshizawa H, Miyamoto J, Moriyama K. Three-dimensional Evaluation of Orofacial Movements in Patients with Facial Asymmetry. 2022 IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 ondemand

  12. Okawara A, Matsuyama Y, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between child abuse and oral habits in Mongolian adolescents. 2022 IADR/APR General Session & Exhibition 2022.06.20 ondemand

  13. Moriyama K. 3D Evaluation of the Tongue and Oral Cavity before and after Orthognathic Surgery for Mandibular Prognathism. 28th Australian Orthodontic Virtual Congress 2022.03.11 ondemand

  14. Iwanami-Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. Development of novel bone-like nanocomposite coating of hydroxyapatite/collagen on titanium by modified electrophoretic deposition for implant surfaces. ORTHONIGMA VIII 2021.12.11 Indonesia / ondemand

  15. Oo LT, Miyamoto J, Takada J, Moriyama K. Correlation between the position of the glenoid fossa and condylar translational movement in skeletal Class III mandibular asymmetry patients. ORTHONIGMA VIII 2021.12.11 Indonesia / ondemand

  16. Badrakhkhuu N, Matsuyama Y, Yoshizawa(Araki) Y, Unnai(Yasuda) Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganbrged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between posterior crossbite and physical ability between Mongolian adolescents. The 80th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society & The 5th International Congress 2021.11.03 Kanagawa / ondemand

  17. Pravitharangul N, Matsumoto T, Suzuki S, Yoshizawa H, Miyamoto J, Chantarawaratit P, Moriyama K. Sound difference between skeletal class III malocclusion and normal groups: a preliminary study. The 80th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society & The 5th International Congress 2021.11.03 Kanagawa / ondemand

  18. Jindarojanakul P, Kobayashi Y, Kamimoto H, Satraha S, Moriyama K. Sod3 regulates periodontal tissue remodeling through ROS modulation during orthodontic tooth movement of rat molars. The 80th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society & The 5th International Congress 2021.11.03 Kanagawa / ondemand

  19. Soe KM, Ogawa T, Moriyama K. BCOR mediated regulation of ZFPM2 via BCL6 involved in hyperactive root formation of OFCD syndrome. The 69th Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research 2021.10.24 ondemand

  20. Sagawa Y, Ogawa T, Nakagawa Kang J, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Matsuyama Y, Fujiwara T, Moriyama K. Association between maternal smoking and short root anomaly in offspring. The 99th General Session of the IADR, the 50th Meeting of the AADR and the 45th Meeting of the CADR 2021.07.21 ondemand

  21. Yohsizawa H, Miyamoto J, Hanakawa T, Shitara H, Honda M, Moriyama K. Reciprocal cortical activation patterns during molar and incisal biting correlated with bite force levels: an fMRI study . The 80th Annual Meeting of Tokyo Orthodontic Society 2021.07.14 Tokyo / ondemand

  22. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K . Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1 in the developing mouse molar tooth . EOS 2021 Annual Virtual Conference 2021.07.02 ondemand

  23. Inagaki Y, Ogawa T, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. OPN3 mutations underlie non-syndromic oligodontia in Japanese. EOS 2021 Annual Virtual Conference 2021.07.02 ondemand

  24. Inagaki Y, Ogawa T, Tabata M, Nagata Y, Watanabe R, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T. Whole exome analysis of non-syndromic oligodontia in Japanese. The 65th Annual Meeting of the Japan Society of Human Genetics 2020.11.18 virtual congress

  25. Thiha P, Higashihori N, Kano S, Moriyama K. Histone methyltransferase SETDB1 negatively regulates PTH/PTHrP receptor in chondrocytes. The 68th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2020.11.07 virtual congress

  26. Kadota-Watanabe C, Higashihori N, Kang J, Ogawa T, Yoda T, Moriyama K. A skeletal Class II open bite case in which functional disharmony was improved after surgical-orthodontic treatment. The 59th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons 2020.10.29 e-conference

  27. Nakagawa Kang J, Unnai Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking during Pregnancy and Missing Teeth in Offspring. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  28. Teekavanich C, Uezono M, Techalertpaisarn P, Moriyama K. Effect of pilot hole size on miniscrew insertion torque and stress generation of synthetic cortical bone. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  29. Uezono M, Takakuda K, Ogasawara T, Inoue M, Kaisaka Y, Moriyama K. Bone bonding efficacy of a newly developed orthodontic micro-screw evaluated with miniature swine model. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  30. Kobayashi Y, Minswe NM, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrant Wnt/β-catenin Signaling in Coronal Sutures of Apert Mouse Model. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  31. Tsuji M, Nakakuki K, Hirabayashi K, Moriyama K. Spontaneous tooth eruption after early enucleation of supernumerary teeth in a patient with cleidocranial dysplasia. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  32. Funahashi K, Kobayashi Y, Niki Y, Higashihori N, Nakakuki K,Yoda T, Moriyama K. A Case Report of Severe Class II Malocclusion Treated with Anterior Segmental Maxillary Osteotomy and Genioplasty. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  33. Matsumura K, Miyamoto JJ, Ogura K, Unnai Y, Takada J, Baba Y, Moriyama K. Clinical study of Marfan syndrome patients: craniofacial morphology including frontal and maxillary sinuses. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  34. Kamimoto H, Higashihori N, Akiyama S, Ogasawara T, Kadota-Watanabe C, Matsumoto T, Moriyama K. Usefulness of the Index of Orthognathic Functional Treatment Need in Surgical-Orthodontic Treatment for Japanese Skeletal Class III Patients: A Retrospective Study. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  35. Lin Tun Oo, Miyamoto JJ, Takada J, Moriyama K. Correlation Between the Position of the Glenoid Fossa and Condylar Movement in Mandibular Asymmetry Patients. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  36. Niki Y, Kobayashi Y, Moriyama K. Expression pattern of transcriptional enhanced associate domain family member 1in developing mouse molar tooth. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  37. Kano S, Higashihori N, Ogura K, Kadota-Watanabe C, Matsumoto T, Takahara N, Yoda T, Moriyama K. Skeletal mandibular retrognathic cases in which occlusion and respiratory function during sleep were improved after surgical-orthodontic treatment . The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  38. Kaisaka Y, Uezono M, Inoue M, Takakuda K, Moriyama K. Bone formation around the experimental orthodontic anchorage devices fixed onto cortical bone. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  39. Arimura M, Yoshizawa Araki M, Unnai Yasuda Y, Higashihori N, Ogawa T, Moriyama K. A Survey of Unilateral Cleft Lip and Palate Patients Who Missed Orthodontic Management Until the Permanent Dentition Stage. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  40. Yohsizawa H, Miyamoto JJ, Hanakawa T, Shitara H, Honda M, Moriyama K. Reciprocal cortical activation patterns during molar and incisal biting correlated with bite force levels: an fMRI study. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  41. Yokouchi R, Ogawa T, Fukumoto Y, Komaki H, Moriyama K. Orthodontic Treatment of a Patient with Ullrich Congenital Muscular Dystrophy. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemand

  42. Teramoto A, Sagawa Y, Akiyama S, Funahashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Interdisciplinary Approach for an Adult Orthodontic Patient with Angle Class III Malocclusion Complicated with Severe Periodontitis. The 9th Internarional Orthodontic Congress, The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference, The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2020.10.04 ondemad

  43. Minswe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K . Aberrant Wnt/β-catenin Signaling in Coronal Sutures of Apert Mouse Model. 2020 IADR/AADR/CADR General Session 2020.03.18 special online only issue of the Journal of Dental Research

  44. Moriyama K. Surgical Orthodontic Treatment for Mandibular Prognathism with Facial Asymmetry. 2019 TAO Annual Meeting in Taichung 2019.12.07 Taichung, Taiwan

  45. Badrakhukhuu N, Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association between malocclusion and academic performance among Mongolian adolescents. The 78th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2019.11.20 Nagasaki

  46. Minswe NM, Kobayashi Y, Kamimoto H, Moriyama K. Aberrant activation of Wnt/β-catenin signaling in the coronal sutures of an Apert syndrome mouse model. The 78th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society 2019.11.20 Nagasaki

  47. Iwanami-Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. Cell culture tests of hydroxyapatite/collagen bone-like nanocomposite coated on Ti by modified electrophoretic deposition method . 13th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology 2019.10.27 Ginowan City, Okinawa

  48. Moriyama K. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis in apert syndrome model mice. 2019 Tokyo Medical and Dental University-Taipei Medical University Joint Symposium on Medical Innovation 2019.10.05 Taipei, Taiwan

  49. Moriyama K. Clinical and biological considerations of maxillary transverse deficiency. 2019 International Orthodontic Conference(CIOC&COS 2019) 2019.09.23 Nanjin, China

  50. Higashihori N, Yahiro K, Phyo Thiha, Kano S, Moriyama K. Histone Methyltransferase SETDB1 is Crucial for Craniofacial Development. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  51. Kang Nakagawa J, Yasuda Y, Ogawa T, Sato M, Yamagata Z, Fujiwara T, Moriyama K. Association between Maternal Smoking During Pregnancy and Missing Teeth. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  52. Iwanami-Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. HAp/Col-EPD-coating Improve Adhesive Strength and Provide Good Cell Proliferation. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  53. Yoshizawa H, Miyamoto J, Hanakawa T, Shitara H, Honda M, Moriyama K. Correlations Between Brain and Masticatory-muscle Activities During Molar- and Incisal-biting. 97th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2019.06.19 Vancouver, Canada

  54. Ekprachayakoon I, Miyamoto JJ, Inoue-Arai MS, Takada J, Moriyama K. New application of dynamic magnetic resonance imaging for the assessment of deglutitive tongue movement. 95th European Orthodontic Society Congress 2019.06.17 Nice, France

  55. Iwanami-Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. HAp/Col-EPD-coating represent suitable substrates for cell adhesion and cell proliferation . The 31st Research DAY 2019.02.13 Bangkok, Thailand

  56. Moriyama K. Surgical and non-surgical orthodontic treatment for patients with Class Ⅲmalocclusion. 32nd Annual Meeting of Egyptian Orthodontic Society Joint Meeting with Asociation Mexicana De Orthodoncia 2019.01.25 Cairo, Egypt

  57. Moriyama K. Soft Tissue Considerations in Treatment of Dentoskeletal Discrepancy Cases. 32nd Annual Meeting of Egyptian Orthodontic Society Joint Meeting with Asociation Mexicana De Orthodoncia 2019.01.25 Cairo, Egypt

  58. Moriyama K. Early Treatment of Class II Malocclusion - Lessons Learned from our Clinical Experience. 2018 Taiwan International Orthodontic Forum 2018.12.07 Taipei, Taiwan

  59. Iwanami-Kadowaki K, Uchikoshi T, Uezono M, Kikuchi M, Moriyama K. Novel EPD Coating of Hap/Col Realizes Strong Adhesion to Substrate Metal. The 30th anniversary edition of the Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 30) 2018.10.26 Nagoya, Aichi

  60. Kamimoto H, Kobayashi Y, Moriyama K. Relaxin Accelerates Rat Midpalatal Suture Expansion and Subsequent Bone Formation. ASBMR 2018 Annual Meeting 2018.09.28 Montreal, Canada

  61. Moriyama K. Long-term interdisciplinary care for patients with craniofacial anomalies. 2018 International Orthodontic Conference and the 17th Annual Meeting of Chinese Orthodontic Society 2018.09.18 Changchun, China

  62. Moriyama K. Dental Education and Clinical Practice in our Super Aging Society. The 3rd International Conference on Global Health (ICGH) 2018.09.15

  63. Moriyama K. Keys to Conducting Cutting-edge Research. The 3rd International Conference on Global Health (ICGH) 2018.09.14 Bali, Indonesia

  64. Moriyama K. Dental Equilibrium Revisited - Soft Tissue Considerations in Treatment of Dentofacial Deformity. The 6th Annual Meeting of Mongolian Association of Orthodontists 2018.09.01 Ulaanbaatar, Mongolia

  65. Kamimoto H, Kobayashi Y, Moriyama K. Relaxin Accelerates Rat Mid-palatal Suture Expansion and Subsequent Bone Formation. 96th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2018.07.25 London, England

  66. Shoji-Matsunaga A, Ono T, Nakashima T, Moriyama K . Osteocyte-derived RANKL is a Key Regulator of Orthodontic Tooth Movement. 96th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research 2018.07.25 London, England

  67. Moriyama K. Plan-Do-Check-Act (PDCA) of the Joint Degree Program between Tokyo Medical and Dental University in Japan and Chulalongkorn University in Thailand. The international dental education & research conference 2018.06.22 Seoul, Korea

  68. Takada J, Miyamoto JJ, Sato C, Dei A, Moriyama K. Electromyographic Activity And Blood Flow During Graded Exertion In The Orbicularis Oris Muscle Of Adult Subjects With And Without Lip Incompetence. 94th European Orthodontic Society Congress 2018.06.17 Edinburgh, Scotland

  69. Kikuchi M, Uchikoshi T, Iwanami-Kadowaki K, Uezono M, Moriyama K, Sato T, Aizawa M, Shirosaki Y, Oshima S, Honda M, Ozeki K. Hydroxyapatite/Collagen Bone-Like Nanocomposite: Novel Applications. Finland-Japan Workshop: The next generation medical engineering in biomaterials 2018.06.17 Oulu, Finland

  70. Moriyama K. Long-term changes after maxillary distraction osteogenesis in patient with cleft lip and/or palate. Korean Cleft Lip and Palate Association Meeting 2018.06.09 Seoul, Korea

  71. Higashihori N, Moriyama K. Long-term management of occlusion after surgical-orthodontic treatment for jaw deformity patient with schizophrenia: a case report. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  72. Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K. Effects of tongue-jaw bone relationship on respiratory function during sleep after orthognathic surgery in patients with mandibular prognathism: Comparison between one-jaw and two-jaw surgery. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  73. Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K. Analysis of palatal morphology of craniosynostosis patients: Comparison between Apert syndrome and Crouzon syndrome . The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  74. Yasuda Y, Fujiwara T, Ogawa T, Araki M, Sato M, Yamagata Z, Moriyama K. Association between malocclusion and temporomandibular disorders in 12–15-year-old Japanese adolescents : A population-based study. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) 2018.03.05 Boracay, Phillipines

  75. Ogasawara T, Uezono M, Takakuda K, Kikuchi M, Suzuki S, Moriyama K. Shape optimization of subperiosteal devices using finite element analysis. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Residents’ Forum 2018.03.04 Boracay, Phillipines

  76. Koda N, Ogawa T, Moriyama K. A case of Angle Class II malocclusion with dental crowding in a growing patient. The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Residents’ Forum 2018.03.04 Boracay, Phillipines

  77. Wu Y Y, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Establishment of a Novel Murine Model of Temporomandibular Joint Osteoarthritis. The 30th Taiwan Association of Orthodontists Annual Meeting 2017.12.09 Kaohsiung, Taiwan

  78. Araki M, Yasuda Y, Ogawa T, Tumurkhuu T, Ganburged G, Bazar A, Fujiwara T, Moriyama K. Association of malocclusion on oral health-related quality of life in Mongolian adolescents. 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 2017.11.18 東京都品川区

  79. Moriyama K. An orthodontic perspective of long-term care for cleft lip and palate and its related congenital anomalies patients. XXV International Congress of the Academia Mexicana de Ortodoncia 2017.11.16 Mexico City, Mexico

  80. Moriyama K. Some Considerations in Orthodontic Treatment for Class III Patients. XXV International Congress of the Academia Mexicana de Ortodoncia 2017.11.16 Mexico City, Mexico

  81. Moriyama K. Orthodontic Treatment for Adolescent Patients with Mandibular Prognathism. XXV International Congress of the Academia Mexicana de Ortodoncia 2017.11.16 Mexico City, Mexico

  82. Moriyama K. Non-surgical and Surgical Orthodontic Treatment for Adult Patients with Mandibular Prognathism.. XXV International Congress of the Academia Mexicana de Ortodoncia 2017.11.16 Mexico City, Mexico

  83. Moriyama K. Soft Tissue Consideration in Treatment of Dentoskeletal Discrepancy Cases. 2017 International Orthodontic Conference and the 16th Annual Session of Chinese Orthodontic Society 2017.09.17 Shanghai,China

  84. Moriyama K. Orthodontic Treatment in a Super-aging Society in Japan. The 15th National Scientific Conference of the Dental Faculty Consortium of Thailand 2017.07.19 Phitsanulok, Thailand

  85. Kikuchi M, Sato T, Shirosaki Y, Aizawa M, Kadowaki K, Uezono M, Moriyama K, Takakuda K. Hydorxyapatite/collagen bone-like nanocomposite for medical applications (Invited) . 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology 2017.05.21 Hawaii, USA

  86. Komazaki Y, Ogawa T, Kataoka, K, Baba Y, Moriyama K.. Postoperative changes of the maxilla after distraction osteogenesis in cleft palate patients - Comparison between internal device and external device. 13th International Cleft Congress 2017.02.08 Chennai,India

  87. Asami T, Ito Y, Moriyama K. Surgical orthodontic treatment of high-angle Class II malocclusion. The 29th Taiwan Association of Orthodontists Annual Meeting 2016.12.02 Taipei, Taiwan

  88. Akiyama S, Ogura K, Miyamoto JJ, Komazaki Y, Takada J, Moriyama K. Clinical study of Marfan syndrome patients: intraoral characteristics.. The 49th Annual Scientific Congress,Korean Association of Orthodontists 2016.10.07 Seoul,Korea

  89. Arimura M, Komazaki Y, Miyamoto JJ, Ogura K, Kobayashi Y, Moriyama K. Clinical study of Japanese Marfan syndrome patients: craniofacial morphology. The 49th Annual Scientific Congress,Korean Association of Orthodontists 2016.10.07 Seoul,Korea

  90. Baba Y, Komazaki Y, Miyamoto JJ, Ogura K, Ahiko N, Baba Y, Tuji M, Moriyama K. Maxillofacial morphology of 4 cases of Marfan-related disorders in mixed dentition stage. The 49th Annual Scientific Congress,Korean Association of Orthodontists 2016.10.07 Seoul,Korea

  91. Moriyama K. Dental Equilibrium Revisited : Soft Tissue Considerations in Treatment of Dentofacial Deformity. The 10th Asia Pacific orthodontic Conference and 11th Annual Meeting of the Indonesian Association of Orthodontists 2016.09.03 Bali,Indonesia

  92. Higashihori N, R Hikita, Moriyama K. Surgical-orthodontic treatment for facial asymmetry patient whose occlusal plane canted opposite to the mandibular deviation. The 10th Asia Pacific orthodontic Conference and 11th Annual Meeting of the Indonesian Association of Orthodontists 2016.09.03 Bali,Indonesia

  93. Ito Y, Takahashi Y, Hikita R, Watanabe C, Akiyama S, Higashihori N, Moriyama K. Long-term changes in clinical crown height after surgical orthodontic treatment for mandibular prognathism. The 10th Asia Pacific orthodontic Conference and 11th Annual Meeting of the Indonesian Association of Orthodontists 2016.09.03 Bali,Indonesia

  94. Akitsu I, Miyamoto JJ, Usui N, Taira M, Moriyama K.. Effect of mastication on satiety using an attentional bias task. . 94th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research. 2016.06.22 Korea

  95. Wanting Lin, Yoichi Ezura, Yayoi Izu, Keiji Moriyama, Masaki Noda.. Role of Profilin1 in BMP-induced Activities in Skeletal Cells. 94th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research. 2016.06.22 Korea

  96. Uezono M, Takakuda K, Hiratsuka T, Ogasawara T, Kikuchi M, Harada K, Suzuki S, Moriyama K.. Yield Strength of Newly Formed Bone Around Subperiosteal Anchorage Devices. 94th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research. 2016.06.22 Seoul,Korea

  97. Naoki Koda, Masahiro Shinohara, Ryo Nakamichi, Yoshiaki Ito, Shizuko Ichinose, Hiroshi Asahara, Keiji Moriyama.. Roles of Transcriptional Factors Mohawk in Periodontal Ligament.. 94th General Session & Exhibition of International Association for Dental Research. 2016.06.22 Korea

  98. Uezono M, Takakuda K, Hiratsuka T, Ogasawara T, Oshima S, Sato T, Kikuchi M, Suzuki S, Harada K, Moriyama K. Mechanical properties of newly formed bone around subperiosteal devices evaluated with micro-indentation test.. 10th World Biomaterials Congress (WBC) 2016.05.17 Montreal, Canada.

  99. Michiko Tsuji, Kenji Ogura, Rina Hikita, Yukiho Kobayashi,Keiji Moriyama. Maxillofacial morphological characteristics of two Japanese patients with chromosome 18p deletion syndrome. International Congress of Human Genetics 2016 2016.04.03 Kyoto

  100. Rina Hikita, Sahori Matsuno, Takuya Asami, Takuya Ogawa, Yoshiyuki Baba, Michiko Tsuji, Keiji Moriyama. Systemic and cranimaxillofacial characteristics of patients with Williams syndrome. International Congress of Human Genetics 2016 2016.04.03 Kyoto

  101. Naoki Koda, Masahiro Shinohara, Ryo Nakamichi, Yoshiaki Ito, Shizuko Ichinose, Keiji Moriyama, Hiroshi Asahara . Roles of Transcriptional Factor Mohawk in Periodontal Ligament. IBMS Herbert Fleisch Workshop 2016.02.28

  102. Keiji Moriyama. Consideration of soft tissue in treatment of case with dentoskeletal discrepancies. The 28th TAO annual meeting & 2015 APOS residents forum 2015.12.06 Taiwan

  103. Yuki Takahashi, Norihisa Higashihori, Keiji Moriyama. Correction of a high-angle class II malocclusion with condylar resorption using a skeletal anchorage system. 2015 APOS (Asian Pacific Orthodontic Society) Resident Forum 2015.12.04 Taiwan

  104. Keiji Moriyama. Therapeutic effect of nanogel-based delivery of soluble FGFR2 with S252W mutation on craniosynostosis. The 34thAnnual Academic Session of KADR 2015.11.14 Seoul,Korea

  105. Akitsu Ikeda, Jun J Miyamoto, Nobuo Usui, Masato Taira, Keiji Moriyama. Effect of mastication on satiety using an attentional bias task. The 63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2015.10.30 Fukuoka

  106. Kenji Ogura, Toshinori Ishizuya, Keiji Moriyama, Akira Yamaguchi. PTH Facilitates Osteogenesis by Different Mechanisms between Cancellous- and Cortical-bones. The 63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2015.10.30 Fukuoka

  107. Kenji Ogura, Toshinori Ishizuya, Keiji Moriyama, Akira Yamaguch. Intermittent administration of parathyroid hormone facilitates osteogenesis by different mechanisms in cancellous and cortic al bon. ASBMR Annual Meeting 2015.10.09 Washington

  108. Maki Morishita, Tomoki Muramatsu, Shin Hayashi, Momoki Hirai, Yumiko Suto, Teruaki Konishi, Keiji Moriyama and Johji Inazawa. Chromothripsis-like pattern in cancer-cell genome after irradiation by a focused vertical micro-beam system, SPICE. The 74th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association 2015.10.08 Aichi

  109. Michiyo IKEDA, Jun J MIYAMOTO, Jun-ichi TAKADA, Keiji MORIYAMA. Association between volumetric measurements of mandibular morphology and condylar movement in facial asymmetry subjects. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  110. Sahori Matsuno, Rina Hikita, Wanting Lin, Tsutomu Matsumoto, Mao Sato ,Michiko Tsuji, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama. Clinical study of Williams syndrome patients: Part 1, General findings and characteristics of craniofacial morphology. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  111. Takuya Asami, Rina Hikita, Ayumi Shoji, Tsutomu Matsumoto, Mao Sato ,Michiko Tsuji, Yoshiyuki Baba, Keiji Moriyama. Clinical study of Williams syndrome patients-Intraoral characteristics-. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  112. Sakiko Akiyama, Michiko Tsuji, Taizo Hiratsuka, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto and Keiji Moriyama. An orthodontic management case of Williams syndrome with severe crowding in lower arch. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  113. Jun-chi Takada, Takuya Ogawa, Chiemi Sato, Masayoshi Uezono, Kei-ichi Morita, Keiji Moriyama. A Case of Holoprosencephaly with Unilateral Cleft Lip and Palate Treated with Maxillary Distraction Osteogenesis in Adolescence. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  114. Tsutomu Matsumoto, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Chiho Watanabe, Jun Miyamoto, Tatsuo Kawamoto, Shoichi Suzuki, Keiji Moriyama. Three-dimensional analysis of lower lip movement during articulation in patients with mandibular prognathism by motion capture system. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  115. Chiho Watanabe, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto, Yosuke Ito, Tatsuo Kawamoto, Keiji Moriyama. Long-term observations after surgical orthodontic treatment for mandibular prognathism with facial asymmetry. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  116. Morita J, Tsuji M, Uezono M, Moriyama K. Characterristic orofacial phenotypes in a patient diagnosed with orofaciodigital s yndrome1. 8th International Orthodontic Congress 2015.09.27 London

  117. Tsuji M, Naganishi H, Torikai K, Moriyama K. A case of Apert syndrome treated by bimaxillary orthognathic surgery after Le Fort III distraction. The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery 2015.09.14 Chiba

  118. Ogawa T, Sawada H, Kataoka K, Baba Y, Moriyama K. Measurement of distraction force in maxillary distraction osteogenesis for cleft lip and palate. The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery 2015.09.14 Chiba

  119. Keiji Moriyama. Non-surgical and Surgical Orthodontic Treatment for the Patients of Mandibular Prognathism.. SWU 21st Foundation Anniversary Celebration 2015.08.24 Bangkok, Thailand

  120. Tsasan Tumurkhuu,TakuyaOgawa,Yuko Komazaki,Ganjargal Ganburged, Amarsaikhan Bazar, Takeo Fujiwara, Keiji Moriyama. Association between Maternal Education and Malocclusion in Mongolian Adolescents. IADR-SEAADE SEA Division 2015 2015.08.15 Indonesia

  121. Keiji Moriyama. Dental education in super-aging society in Japan. 26th SEAADE Annual Scientific Meeting 2015.08.13 Indonesia

  122. Maki Morishita, Tomoki Muramatsu, Shin Hayashi, Momoki Hirai, Yumiko Suto, Teruaki Konishi, Keiji Moriyama, Johji Inazawa. Exploring mechanisms for chromothripsis by irradiation. The 34th Sapporo International Cancer Symposium 2015.06.25 Hokkaido

  123. Chiho Watanabe, Norihisa Higashihori, Rina Hikita, Tsutomu Matsumoto, Yosuke Ito, Tatsuo Kawamoto and Keiji Moriyama. Long-term Observations After Surgical Orthodontic Treatment For Mandibular Prognathism With Facial Asymmetry. International Seminar on Cleft Lip and/or Plate and Related Craniofacial Anomalies 2015.06.08 Tokyo

  124. Jun-ichi Takada, Takuya Ogawa, Chiemi Sato, Masayoshi Uezono, Kei-ichi Morita, Keiji Moriyama. A Case of Holoprosencephaly with Unilateral Cleft Lip and Palate Treated with Maxillary Distraction Osteogenesis in Adolescence. International Seminar on Cleft Lip and/or Plate and Related Craniofacial Anomalies 2015.06.08 Tokyo

  125. Keiji Moriyama. TMDU Faculty of Dentistry, Cultivating Professionals with Knowledge and Humanity, hereby Contributing to People’s Well-Being.. Tri-university Consortium on Oral Science and Education 2015.05.20 Bangkok, Thailand

  126. N. Yamamoto, M. Oshima, C. Tanaka, K. Moriyama, T. Tsuji. Tooth regenerative therapy by utilizing a split tooth germ. The 4th Tri-university Consortium on Oral Science and Education 2015.05.20 Bankok

  127. Keiji Moriyama. “Give Thy Thoughts with Tongue” -The Tongue is An Eloquent Organ in Orthodontics. 2015 Annual Session, American Association of Orthodontists. 2015.05.15 San Francisco CA

  128. Wanting Lin, Yoichi Ezura, Yayoi Izu, Keiji Moriyama, Masaki Noda. Deletion of Pfn1 have an effect on bone formation. 13th Congress of the International Society of Bone Morphometry 2015.04.29 Tokyo

  129. Maki Morishita, Tomoki Muramatsu, Shin Hayashi, Momoki Hirai, Yumiko Suto, Teruaki Konishi, Keiji Moriyama, Johji Inazawa. Exploring mechanisms for chromothripsis by irradiation. American Association for Cancer Research Annual Meeting 2015 2015.04.21 Philadelphia

  130. N. Yamamoto, M. Oshima, K. Moriyama, T. Tsuji. Multiplied Tooth Regeneration by Transplantation of a Cleaved tooth germ. 93rd General Session & Exhibition of the IADR 2015.03.11 Boston, Mass., USA

  131. Keiji Moriyama. Treatment of Surgical and Non-surgical Class IIIs. Association of Orthodontists (Singapore) Congress (AOSC) 2015 2015.02.06 Singapore

  132. Moriyama K. Can TADs Replace Surgery For The Skeletally Compromised Patient?. Association of Orthodontists (Singapore) Congress (AOSC) 2015 2015.02.06 Singapore

  133. Surapornsawasd T, Ogawa T, Moriyama K. Identification of the classical nuclear localization signals of BCOR gene. 62th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2014.12.04 大阪

  134. Higashihori N, Katayanagi M, Takada J, Moriyama K.. Variation in tooth number and size in NTA patients.. International Orthodontic Forum. 2014.11.21 Taiwan

  135. Suzuki H, Tsuji M, Moriyama K.. Examination about the abnormality of the number and the eruption of the teeth in 16 cases of cleidocranial dysplasia.. 9th APOC and 20th MAOISCTE. 2014.10.17 Sarawak

  136. Keiji Moriyama. Considerations on craniofacial anomalies from orthodontic and orthognathic viewpoints. 9th APOC and 20th MAOISCTE. 2014.10.17

  137. Hikita R, Kobayashi Y, Tsuji M, Kawamoto T and Moriyama K.. Long-term orthodontic and surgical treatment and stability of a patient with Beckwith Wiedemann syndrome.. 90th Congress of the European Orthodontic Society. 2014.06.18 Warsaw

  138. Takahashi Y, Higashihori N, Komazaki Y, Takada J, Moriyama K.. Examination of craniofacial morphology in tooth agenesis patients.. 90th Congress of the European Orthodontic Society. 2014.06.18 Warsaw

  139. Ito Y, Kawamoto T, Moriyama K.. The cephalometric and histological analysis of orthopedic effects in a beagle model of bone-anchored maxillary protraction. 90th Congress of the European Orthodontic Society. 2014.06.18 Warsaw

  140. Ikeda M, Takada J, Miyamoto JJ, Moriyama K. Association between three-dimensional mandibular morphology and condylar movement in facial asymmetry subjects. 90th Congress of the European Orthodontic Society 2014.06.18 Warsaw

  141. Ueno T, Kataoka K, Issareeya E, Baba Y, Moriyama K. Maxillofacial and intraoral characteristics of Noonan syndrome. 90th Congress of the European Orthodontic Society 2014.06.18 Warsaw

  142. Yabunaka T, Miyamoto JJ, Sato M, Baba Y, Moriyama K. Head and neck characteristics of Noonan syndrome. 90th Congress of the European Orthodontic Society 2014.06.18 Warsaw

  143. Keiji Moriyama. Evaluation of the Volume of the Tongue and of the Oral Cavity Using Cone Beam Computed Tomography. Angle East 2014.04.11 Paris

  144. 辻美千子、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司. 新規創内型上顎骨延長器を用いて咬合および顔貌の改善をはかった両側性口唇口蓋裂の1症例.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  145. Moriyama K. Differential Diagnosis and Treatment for Class III malocclusion. 7th Congresso da Associação Brasileira Ortodontia e Ortopedia Facial (ABOR) 2009.10.11 Brasilia,Brazil

  146. Moriyama K. Special Lecture -Some Considerations in the Treatment of Cleft Lip/Palate Patients.. Hospital De Rehabilitação De Anomalias Craniofaciais Da Universidade de São Paoulo 2009.10.09 Bauru, Brazil

  147. Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Moriyama K. Avaliação da Articulação da Fala Utilizando RMfuncional e RMmovie em Pacientes Fissurado e Não Fissurado.. 7th Associacao Brasileira de Ortodontia e Ortopedia Facial 2009.10.08 Brasilia-DF・Brasil

  148. Moriyama K. Symposium Orthognatic surgery, Surgical Orthodontic Treatment for Cleft Lip/Palate Patients.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.11 Fortaleza, Brazil

  149. Tsuji M, Baba Y, Suzuki S, Moriyama K. Non-prosthetic treatment with segmental osteotomies and bone grafting in patients with cleft lip and palate.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  150. Kataoka K, Baba Y, Honda A, Suzuki S, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K. Integration of three-dimensional hard/soft tissue data in patients treated with orthognathic surgery. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  151. Honda A, Baba Y, Kataoka K, Suzuki S, Moriyama K. Long-term study of skeletal changes after maxillary distraction in growing children with cleft lip and palate.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  152. Inoue-Arai MS, Sato-Wakabayashi M, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Mapping of brain activation areas in covert and overt articulation in subjects with and without cleft lip and palate.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Fortaleza

  153. Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. Geometrical changes in the tongue shape during articulation in subjects with and without CLP revealed by MRI movie.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  154. Iida T, Hoshiai H, Hatsuno K, Taniguchi H, Tsuji M, Baba Y, Suzuki S, Moriyama K. Assessment of bone maturity by modal analysis after orthognathic surgery.. 11th International Congress on Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies 2009.09.10 Foltaleza

  155. Suda N, Kawafuji A, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama M. Characteristics of Japanese Beckwith-Wiedemann syndrome patients without glossectomy.. 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  156. Ogawa T, Wirahadi Kusumah S, Moriyama K. Dentofacial changes of a congenital myopathy patient after orthodontic treatment. . 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  157. Yokota T, Ono T, Miyamoto JJ, Takada J, Moriyama K. Mandibular hinge axis in skeletal Class III subjects with posterior unilateral crossbite.. 5th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  158. Takada J, Ono T, Miyamoto JJ, Yokota T, Moriyama K. Relationship between buccolingual position and angle of molars and intraoral pressure in subjects with facial asymmetry.. 85th Congress of the European Orthodontic Society 2009.06.10 Helsinki

  159. Ganjargal G, Suda N, Takahashi Y, Hamada N, Moriyama K.. Inflammatory Alveolar Bone Resorption in Mouse Model of Marfan Syndrome.. 8th Pan-Pacific Connective Tissue Societies Symposium 2009.06.04 Yokosuka, Kanagawa

  160. Kataoka K, Baba Y, Honda A, Kawafuji A, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K. Measurement of traction force using micro tension gauges in maxillary distraction osteogenesis.. 66th American Cleft Palate Association Annual Meeting 2009.04.20 Scottsdale, Arizona,

  161. Takahashi Y, Suda N, Yamakoshi Y, Baba O, Moriyama K. Amelogenin is a potent inhibitor of odontoclastic root resorption. . 88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2009.04.01 Miami

  162. Ganjargal G, Suda N, Takahashi, Y, Hamada N, Moriyama K. Accelerated alveolar bone resorption in mouse model of Marfan syndrome.. 88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2009.04.01 Miami

  163. Moriyama K. Molecular Mechanisms of Craniofacial Development and Craniosynostosis. - Characterization of the Osteoblast Phenotype in Apert Syndrome.. IADR/AADR/CADR 87th General Session and Exhibition 2009.04.01 Miami Florida, U.S.A.

  164. Ono T, Inoue-Arai MS, Sato-Wakabayashi M, Miyamoto JJ, Honda E, Hashimoto K, Kurabayashi T, Moriyama K. Mapping of brain activation in covert/overt articulation in subjects with/without CLP using fMRI.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  165. Kataoka K, Baba Y, Honda A, Ishizaki T, Tetsumura A, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Suzuki S, Moriyama K.. Ultrasonographic observation of bone formation after maxillary distraction osteogenesis.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  166. Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K.. Systemic and maxillofacial characteristics of Beckwith-Wiedemann syndrome patients without having glossectomy.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  167. Kawafuji A, Baba Y, Shiga M, Honda A, Kataoka K, Suzuki S, Moriyama K.. Midfacial soft tissue change after Le FortⅠmaxillary distraction osteogenesis in UCLP patients.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  168. Tsuji M, Baba Y, Yagishita K, Yamami N, Mano Y, Suzuki S, Moriyama K. . Clinical application of hyperbaric oxygen therapy for cleft patients treated by distraction osteogenesis.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  169. Baba Y, Kataoka K, Kawafuji A, Honda A, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K. . Measurement of traction force using micro tension gauge in maxillary distraction osteogenesis.. 2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society 2008.12.06 Seoul

  170. Minato A, Ono T, Miyamoto JJ, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K.. Preferred-chewing-side-dependent two-point discrimination and cortical activation of tactile tongue sensation.. 56th Japanese Association for Dental Research 2008.11.29 Nagoya

  171. Yagi Y, Suda N, Yamakoshi Y, Baba O, Moriyama K.. Amelogenin is a potent inhibitor of odontoclastic root resorption.. 56th Japanese Association for Dental Research 2008.11.29 Nagoya

  172. Inoue-Arai MS, Ono T, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K. . Non-invasive study on articulation using magnetic resonance imaging movie.. 87th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2008.07.02 Toronto

  173. Kinouchi N, Ohsawa Y, Ishimaru N , Ohuchi H, Sunada Y, Hayashi Y, Moriyama K, Noji S.. Atelocollagen-mediated Applications of Myostatin-targeting siRNA Increase Skeletal Muscle Mass.. 87th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2008.07.02 Toronto

  174. 馬場祥行、須田直人、志賀百年、辻美千子、ゲレルトゥズル エンクトゥフシン、平田結喜緒、大山 紀美栄、 森山啓司.. A case report of de novo rod/ring chromosome 18 mosaicism. . 第48回日本先天異常学会学術集会 2008.06.28 東京

  175. 森山啓司. 諸外国における歯科臨床シュミレーション教育システムを用いた教育改革の取り組み. 口腔病学会6月定例会 2008.06.19 東京

  176. Inoue MS, Sato-Wakabayashi M, Ono T, Honda E, Moriyama K.. Evaluation of articulation in subjects with and without CLP using functional MRI and MRI movie.. 84th Congress of the European Orthodontic Society 2008.06.10 Lisbon

  177. Baba Y, Honda A, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K.. Follow-up study after maxillary distraction in growing children with cleft lip/palate. . 6th Asian Pacific Orthodontic Conference 2008.03.27 Bangkok

  178. Kataoka K, Baba Y, Ishizaki Y, Suzuki S, Moriyama K.. Distraction osteogenesis of dentoalveolar segment for reconstruction of Cleft Lip/Palate.. 6th Asian Pacific Orthodontic Conference 2008.03.27 Bangkok

  179. Tsuji M, Baba Y, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K.. Correction of maxillary lateral deviation using RED system with auxiliary traction wire.. 6th Asian Pacific Orthodontic Conference 2008.03.27 Bangkok

  180. Moriyama K.. Orthodontist as a member of the team for cleft lip and/or palate patients care. . 6th Asian Pacific Orthodontic Conference. 2008.03.27 Bangkok ,Thailand

  181. 鈴木彩子、谷友香子、小川卓也、藤原武男、森山啓司. 歯磨きは貧困状態にある子どものレジリエンスを高める:足立区子どもの健康・生活実態調査. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.01 新潟

  182. 井上貴裕、東堀紀尚、森山啓司. 顔面非対称患者に対する上下顎移動術が軟組織の厚みに与える影響. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.01 新潟

  183. 米満由奈帆、上園将慶、小笠原毅、清水美里、杉野貴明、中島義和、森山啓司. 曲率による位置合わせを用いた下顎骨の特徴点自動抽出手法開発の試み. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.01 新潟

  184. 高際友里、東堀紀尚、森山啓司. 上皮細胞におけるヒストンメチル化酵素SETDB1が歯の発生に及ぼす影響. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.01 新潟

  185. 石関柚希、小笠原毅、宮崎貴行、林良樹、別府葵、辻美千子、森山啓司. 当院矯正歯科を受診した症候性部分無歯症患者の臨床的特徴. 第82回日本矯正歯科学会学術大会 2023.11.01 新潟

  186. 有方伸太朗、辻美千子、宮崎貴行、小林起穗、森山啓司. 出生時Pierre Robin syndromeと診断され、後にStickler syndromeと判明した矯正歯科治療症例. 第63回日本先天異常学会学術集会 2023.07.23 茨城

  187. 大河原愛奈、松山祐輔、吉澤(荒木)美祐、雲内(保田)裕子、小川卓也、藤原武男、森山啓司. 口腔習癖と児童虐待との関連について:モンゴル国における思春期児童の実態調査. 第82回東京矯正歯科学会学術大会 2023.07.13 東京

  188. 仁木佑紀、東堀紀尚、井上貴裕、針生夏菜子、大岩真由、吉谷幸之助、吉澤英之、森山啓司. 外科的矯正治療に伴う硬軟組織の変化が骨格性Ⅱ級患者の睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第33回特定非営利活動法人 日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  189. 吉澤英之、仁木佑紀、井上貴裕、針生夏菜子、大岩真由、吉谷幸之助、Aung Thet Khine、東堀紀尚、森山啓司. 骨格性II級患者に対する外科的矯正治療が下顎頭運動に与える影響. 第33回特定非営利活動法人 日本顎変形症学会総会・学術大会 2023.06.08 東京

  190. 外内えり奈、森田圭一、原園陽介、小川卓也、森山啓司、米満郁男、小野卓史、依田哲也. 口蓋形成術後の咬合状態に関する検討. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2023.05.25 東京

  191. 浮田奈穂、小川卓也、森山啓司. AMOTL1病的バリアントを有する両側性口唇口蓋裂の1例. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2023.05.25 東京

  192. 辻美千子、大森雄一朗、森山啓司. 上顎歯列拡大により被蓋を改善し保定終了後10年以上が経過した片側性唇顎口蓋裂2症例の長期経過. 第47回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2023.05.25 東京

  193. 小川卓也、Kyaw Min Soe、森山啓司. Oclulo-facio-cardio-dental症候群における歯根形態異常発症に関する分子メカニズムについて. 日本人類遺伝学会第67回大会 2022.12.14 神奈川 / Web 開催

  194. 小林起穂、森山啓司. 矯正学的歯の移動におけるSuperoxide dismutase 3(SOD3)の発現および機能解析. 第87回口腔病学会学術大会 2022.12.02 東京 / Web開催

  195. 森山啓司. 顎顔面先天異常に対する矯正歯科治療. TERM(Tokyo endocrinologist research meeting)2022 2022.11.29 東京 / Web開催

  196. 吉澤英之、Faisal ALKHERAINEJ、松本力、宮本順、森山啓司. 下顎非対称を伴う骨格性III級患者における発音時口腔周囲軟組織動態の3次元的検討. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  197. 宮崎貴行、門田千穂、綱島安望、友松伸允、依田哲也、東堀紀尚、森山啓司. 逆カントの歯性改善を図り下顎骨形態修正術および下顎枝矢状分割術を施行した顔面非対称を伴う下顎前突症例. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  198. 狩野桜子、疋田理奈、小林起穂、友松伸允、 依田哲也 、東堀紀尚、森山啓司. 外科的急速口蓋拡大術および下顎枝矢状分割術を施行した上顎狭窄歯列弓を伴う下顎後退症例. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  199. 町田亮人、小川卓也、Kyaw Min Soe、森山啓司. Oculo-facio-cardio-dental 症候群の歯根長異常発症における分子機構の解明. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  200. 大久保汐栞、東堀紀尚、姜順花、有方伸太朗、吉谷幸之助、寺島実貴子、紙本裕幸、佐川かおり、古澤実夏、吉澤英之、門田千穂、辻美千子、森山啓司. ダウン症候群患者に対する口輪筋強化を目的とした口腔筋機能療法の評価. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  201. 有方伸太朗、東堀紀尚、吉澤英之、大久保汐栞、吉谷幸之助、浮田奈穂、米満由奈帆、紙本裕幸、姜順花、門田千穂、辻美千子、森山啓司. 歯の異常および口蓋形態に着目したダウン症候群患者の特徴について. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  202. 辻美千子、チェンエリック、鈴木聖一、森山啓司. 鎖骨頭蓋異形成症患者の成長期前後の口腔内および顎顔面形態. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  203. 清水美里、上園将慶、小笠原毅、中島義和、森山啓司. 頭部エックス線規格写真を用いた下顎骨の三次元再構築に向けた新規手法開発の試み. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  204. 五十嵐七瀬、高橋暁子、森山啓司. 老化細胞が分泌するSASP因子の解析. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  205. 小笠原毅、上園将慶、プークトゥアントーンオーンニチャー、チャンタラワラティットピントゥオン、森山啓司. 口蓋正中アンカースクリュー連結型エクステンションアームによる上顎大臼歯圧下における最適荷重条件の検討. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  206. 佐川夕季、小川卓也、松山祐輔、姜順花、吉澤(荒木)美祐、雲内(保田)裕子、藤原武男、森山啓司. 妊娠中の母親の喫煙とその子どものShort root anomaly(SRA)発症の関連性について. 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 2022.10.05 大阪 / Web開催

  207. 加藤夢乃、鈴木瞳、杉本久美子、高澤維月、高原楠旻、辻美千子、森山啓司、小野卓史、依田哲也、吉田直美. 顎変形症患者の顎矯正手術後の口腔ケアと歯科衛生士の関わり. 日本歯科衛生学会第17回学術大会 2022.09.18 Web開催

  208. 宮崎貴行、早川大地、小林起穂、辻美千子、森山啓司. Stickler症候群、Robinシークエンス、および非症候性口蓋裂患者の歯列弓および口蓋形態の比較. 第62回日本先天異常学会学術集会 2022.07.29 石川 / Web開催

  209. 森山啓司. 顎変形症患者の外科的矯正治療における舌の形態・位置・運動変化. 創立90周年記念第80回東京矯正歯科学会学術大会 2022.07.06 東京 / Web開催

  210. 大岩真由、小笠原毅、鈴木彩子、堀夏菜子、佐川夕季、森山啓司. 低ホスファターゼ症を伴うアングルⅡ級不正咬合の一症例. 創立90周年記念第80回東京矯正歯科学会学術大会 2022.07.06 東京 / Web開催

  211. 仁木佑紀、東堀紀尚、井上貴裕、堀夏菜子、門田千穂、森山啓司. 骨格性Ⅱ級患者における顎態および硬軟組織バランスが睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第32回特定非営利活動法人 日本顎変形症学会総会・学術大会 2022.06.09 新潟 / Web開催

  212. 井上貴裕、東堀紀尚、武内聡佳、中久木康一、依田哲也、森山啓司. 骨格性下顎前突症を伴う顔面片側萎縮症患者に対し外科的矯正治療を施行した一症例. 第32回特定非営利活動法人 日本顎変形症学会総会・学術大会 2022.06.09 新潟 / Web開催

  213. 森山啓司. 骨格性下顎前突症患者の外科的矯正治療における舌の形態・位置・運動変化様相. 第38回 東北矯正歯科学会学術大会 2022.05.29 Web開催

  214. 姜順花、小川卓也、横内里帆、稲垣有美、舩橋健太、上園将慶、森山啓司. 片側性口唇口蓋裂患者における顎裂部骨移植の時期の違いが顎裂部咬合再建におよぼす影響について. 第46回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2022.05.26 鹿児島

  215. 狩野桜子、東堀紀尚、森山啓司. ヒストンメチル化酵素 SETDB1が口蓋発生に与える影響. 第46回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2022.05.26 鹿児島

  216. 森山啓司. 骨表面(皮質骨)を固定源とする次世代型歯科矯正用アンカースクリューの開発. 株式会社ジーシー創業100周年記念第5回国際歯科シンポジウム 2022.04.16 東京

  217. 佐川夕季、小川卓也、姜順花、吉澤美祐、雲内(保田)裕子、森山啓司. 妊娠中の母親の喫煙とShort root anomaly(SRA)の関連性について. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京 / Web開催

  218. 森山啓司. 口腔顎顔面の形態形成・成長発育異常の診断・治療から考える歯科矯正学の現在と未来-ヘルスサイエンスの起点としての歯科矯正学. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  219. 吉澤英之、松本力、仁木佑紀、清水美里、依田哲也、森山啓司. 片側性臼歯部鋏状咬合に対しコルチコトミーを併用して外科的矯正治療を行った上顎前突の一症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  220. 舩橋健太、吉澤英之、紙本裕幸、大河原愛奈、井上貴裕、横内里帆、佐川夕季、姜順花、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 新型コロナウイルス感染症流行下における当分野の感染予防対策と矯正歯科診療活動状況. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  221. 大森雄一朗、上園将慶、大岩真由、高際友里、舩橋健太、吉澤英之、辻美千子、森山啓司. 成長期のBWS患者に対する治療介入が顎顔面形態に及ぼす影響. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  222. 綱島安望、上園将慶、高橋義充、武内聡佳、舩橋健太、吉澤英之、小川卓也、森山啓司. BWS患者における歯・歯列・歯槽・口蓋形態に関する検討-歯列模型およびパノラマX線写真を用いた解析. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  223. 高橋義充、上園将慶、荒井英絵、鈴木彩子、吉澤英之、舩橋健太、小林起穂、森山啓司. BWS患者に対する舌縮小術が気道および舌に与える影響:側面頭部X線規格写真を用いた検討. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  224. 堀夏菜子、町田亮人、稲垣有美、小笠原毅、門田千穂、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したターナー症候群患者の臨床症状に関する検討(第1報)-頭蓋顎顔面形態の特徴に関して-. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  225. 阿南康太、清水美里、稲垣有美、小笠原毅、門田千穂、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したターナー症候群患者の臨床症状に関する検討(第2報)-歯の特徴に関して-. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  226. 狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司. 口蓋の発生過程におけるヒストンメチル化酵素SETDB1の役割. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  227. 稲垣有美、小川卓也、田畑純、川元龍夫、森山啓司、田中敏博. 日本人非症候性部分無歯症における新規 OPN3遺伝子変異の同定. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  228. 宮崎貴行、栗本遼太、松本力、小林起穂、浅原弘嗣、森山啓司. メカニカルストレスによる歯槽骨リモデリングに及ぼす転写制御因子Mohawk homeobox の作用. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  229. 大河原愛奈、吉澤(荒木)美祐、雲内(保田)裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャガル、バザルアマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における虐待と口腔習癖との関連について. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web開催

  230. 大岩真由、上園将慶、舩橋健太、吉澤英之、小笠原毅、辻美千子、森山啓司. 異なる成長ステージに舌縮小術が施行されたBWS患者2症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  231. 門田千穂、町田亮人、宮崎貴行、小川卓也、森山啓司. 上顎左側側方歯群の多数歯埋伏に対し矯正歯科的萌出誘導を行い咬合改善を行った1症例. 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 2021.11.03 神奈川 / Web 開催

  232. 宮崎貴行、栗本遼太、千葉朋希、松本力、森山啓司、浅原弘嗣. 転写制御因子Mohawk homeobox は破骨細胞の誘導を介して矯正学的な歯の移動を制御する. 第39回日本骨代謝学会学術集会 2021.10.08 Web開催

  233. 森山啓司. 顎顔面領域の形態形成や機能発育の障害改善に向けた矯正歯科の取り組み. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 Web開催

  234. 姜順花、雲内(保田)裕子、小川卓也、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について ~甲州市母子保健長期縦断調査より~. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 Web開催

  235. 都築夏子、葛西美樹、佐川かおり、十川裕子、古澤実夏、矢萩慧香、矢嶋陽向、足達淑子、小野卓史、森山啓司. 新型コロナウイルス感染防止対策を考慮した口腔筋機能療法(MFT)の取り組み. 日本歯科衛生学会 第16回学術大会 2021.09.18 Web開催

  236. 大河原愛奈、辻美千子、門田千穂、小笠原毅、森山啓司. Turner症候群の口蓋形態の三次元的解析-Turner症候群の口蓋形態は高口蓋ではなく狭口蓋である-. 第61回 日本先天異常学会学術集会 2021.08.07 Web開催

  237. 辻美千子、Hla-Myint Thiri、鈴木聖一、大林尚人、森山啓司. 超音波ビデオ画像と側面頭部X線規格写真の統合による嚥下時舌運動の定性的・定量的解析法の確立. 第80回東京矯正歯科学会記念学術大会 2021.07.14 東京 / Web 開催

  238. 井上貴裕、門田千穂、松本力、松村健二郎、東堀紀尚、森山啓司. 顔面非対称を伴う顎変形症症例における術前後の頬部軟組織形態変化の三次元解析. 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城 / Web開催

  239. 松村健二郎、松本力、門田千穂、井上貴裕、東堀紀尚、森山啓司. 上顎骨単独の顎矯正手術を施行した骨格性Ⅱ級患者の術後安定性について. 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2021.06.11 宮城 / Web開催

  240. 小川卓也、春山直人、鈴木陽、三島木節、依田哲也、高橋一郎、森山啓司. 長期にわたり矯正歯科的管理を行った視覚障害を有する片側性更新口蓋裂の1例. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  241. 横内里帆、小川卓也、森山啓司. 当科を受診したUllrich型先天性筋ジストロフィーの顎顔面形態の特徴について. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  242. 姜順花、小川卓也、横内里帆、舩橋健太、上園将慶、森山啓司. 非症候性口蓋裂患者における永久歯先天性欠如発現様相に与える性差の影響について. 第45回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2021.05.20 Web開催

  243. 宮崎貴行、栗本遼太、千葉朋希、松本力、森山啓司、浅原弘嗣. メカニカルストレスによる歯槽骨リモデリングに及ぼす転写制御因子 Mohawk homeobox の作用. 第6回日本筋学会学術集会 2020.12.18 Web開催

  244. 五十嵐七瀬、高橋暁子、森山啓司. 老化細胞が分泌するSASP因子の解析. 第85回口腔病学会学術大会 2020.12.04 東京都文京区

  245. 森山啓司. 顎変形症患者における上下顎移動術後の鼻周囲軟組織形態の変化. 第65回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 Web開催

  246. 葛西美樹、鈴木聖一、竹廻祐希、佐川かおり、十川裕子、古澤実夏、都築夏子、足達淑子、小野卓史、森山啓司. 某大学病院における口腔筋機能療法システムの構築及びトレーニング評価の取り組み. 日本歯科衛生学会第15回学術大会 2020.08 誌面開催

  247. 小林起穂、ネイミョミンスイ、紙本裕幸、森山啓司. Apert症候群モデルマウスの頭蓋縫合早期癒合症におけるWnt/β-cateninシグナル伝達機構の解析. 第60回日本先天異常学会学術集会 2020.07.11 Web開催

  248. 姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠期の喫煙習慣とその子どもの永久歯欠損の関連性について-甲州市母子保健長期縦断調査より-. 第79回東京矯正歯科学会学術大会 2020.07.09 Web開催

  249. 門田千穂、東堀紀尚、小笠原毅、紙本裕幸、秋山秀平、松本力、森山啓司. 下顎骨前方移動術を適用した骨格性Ⅱ級症例の術後安定性と下顎頭形態変化の関連性について. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  250. 狩野桜子、東堀紀尚、小倉健司、門田千穂、松本力、高原楠旻、依田哲也、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者に対し上顎骨およびオトガイ部への顎矯正手術を併用し外科的矯正治療を施行した2症例. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  251. 片桐渉、小林正治、佐々木朗、須佐美隆史、須田直人、田中栄二、近津大地、冨永和宏、森山啓司、山城隆、齋藤功、高橋哲. 本邦における外科的矯正治療に関する実態調査. 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2020.06.24 Webinar開催

  252. 門田千穂、小川卓也、舩橋健太、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 上顎骨延長ならびに下顎後方移動術を適用したEEC症候群の1例. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 誌面開催

  253. 小川卓也、馬場優里、上園将慶、壬生美智子、隅田由香、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 口唇口蓋裂における上顎骨延長前後の上咽頭気道の三次元的形態変化と言語機能に関する検討. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 誌面開催

  254. 岩波(門脇)佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司. コーティング性状・生体活性の向上を目指した改良EPD法による新規HAp/Colコーティング. 8大学医工連携シンポジウム 2020.01.24 東京都千代田区

  255. 紙本裕幸、小林起穂、森山啓司. 磁性制御型リポソームにより標的指向化されたリラキシンはラット正中蓋縫合拡大と骨形成を促進する. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.06 東京都文京区

  256. ハラミャントシリ、辻美千子、大林尚人、鈴木聖一、森山啓司. 側面頭部X線規格写真と超音波断層画像の統合による嚥下時舌運動様相の観察. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  257. 上園将慶、高久田和夫、森山啓司. 皮質骨を標的とした新規歯科矯正用アンカレッジデバイスの骨接合状態および接合強度に関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  258. 仁木佑紀、小林起穂、森山啓司. Hippo-Yap/Tazシグナル関連転写因子TEA domain family member 1 (Tead1)のマウス歯胚発生における発現解析. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  259. 有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、小川卓也、森山啓司. モンゴル人思春期児童における歯の異常に関する疫学調査. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  260. 松本英和、荒川貴博、三林浩二、森山啓司. マウスガード型圧力測定装置を用いた口腔軟組織圧モニタリングに関する研究. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  261. 会坂善也、上園将慶、井上雅葵、高久田和夫、森山啓司. 皮質骨を標的とした新規歯科矯正用アンカレッジデバイスの各種試作モデルが骨形成に及ぼす影響. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  262. 小笠原毅、松本力、五十嵐七瀬、Phyo Thiha、早川大地、馬場優里、森山啓司. Dental anomaly patterns を伴うII級不正咬合の一症例. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  263. 平林恭子、辻美千子、森山啓司. 軟骨・毛髪低形成症と診断された1症例の顎顔面領域の臨床的特徴について . 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  264. 門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司. 顎口腔機能の不調和を伴う骨格性II級開咬症に上顎骨単独の顎矯正手術を併用した外科的矯正治療の一例. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  265. 井上貴裕、庄司あゆみ、小倉健司、狩野桜子、佐川夕季、小林起穂、辻美千子、松本力、森山啓司. トリーチャー・コリンズ症候群患者の下顎骨におけるantegonial notchの形態に関する検討 . 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  266. 横内里帆、小倉健司、庄司あゆみ、中島すみか、辻美千子、松本力、森山啓司 . トリーチャー・コリンズ症候群患者の頭蓋顎顔面形態と上気道形態に関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  267. 上園将慶、高久田和夫、平塚泰三、小笠原毅、井上雅葵、会坂善也、森山啓司. マイクロミニピッグを用いた新型歯科矯正用アンカースクリューの骨接合に関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  268. 上園将慶、高久田和夫、平塚泰三、森山啓司. 模擬皮質骨を用いた新型歯科矯正用アンカースクリューの接合強度に関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  269. 上園将慶、高久田和夫、森山啓司. 新型歯科矯正用アンカースクリュー植立時に生じるマイクロダメージに関する検討. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  270. 中納治久、立木千恵、真野樹子、辻美千子、佐藤琢麻、野村泰世、箕浦雄介、小川清史、小塩裕、曽矢猛美、宮澤健、清水典佳、森山啓司. 埋伏歯の開窓・牽引・矯正治療に関する実態調査. 第78回日本矯正歯科学会学術大会 2019.11.20 長崎県長崎市

  271. 庄司あゆみ、小野岳人、中島友紀、森山啓司. 歯の矯正学的移動に伴う骨細胞におけるRANKL発現. 第61回歯科基礎医学会学術大会 2019.10.12 東京都千代田区

  272. Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K. Analysis of dentocraniofacial morphology in patients with achondroplasia. 第59回日本先天異常学会・The 13th World Congress of International Cleft Lip and Palate oundation CLEFT 2019 ICPF合同学術集会 2019.07.26 愛知県名古屋市

  273. 紙本裕幸、東堀紀尚、早川大地、依田哲也、森山啓司. 吸指癖を伴う骨格性開咬症例に対し上下顎移動術による外科的矯正治療を行った一症例. 第78回東京矯正歯科学会学術大会 2019.07.11 東京都千代田区

  274. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  275. 松本力、小笠原毅、木下理恵、富永千慧、門田千穂、東堀紀尚、森山啓司. 顎変形症患者における顎顔面形態および顎口腔機能の主観的評価に関するアンケート調査. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  276. 秋山秀平、東堀紀尚、疋田理奈、小笠原毅、木下理恵、富永千慧、松本力、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者における外科的矯正治療に伴う硬軟組織の位置変化が睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第29回日本顎変形症学会総会・学術大会 2019.06.08 東京都千代田区

  277. 上園将慶、小川卓也、雲内(保田)裕子、荒木美祐、馬場優里、平塚泰三、森山啓司. 片側性唇顎裂患者における上顎側切歯の先天欠如と顎裂形態との関連. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  278. 有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、東堀紀尚、小川卓也、森山啓司. 当科における永久歯列期まで矯正歯科的管理がなされなかった口唇裂・口蓋裂患者の実態調査  . 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  279. 荒木美祐、東堀紀尚、雲内(保田)裕子、有村恵、紙本裕幸、松本英和、小川卓也、森田圭一、依田哲也、森山啓司. 成人期に至るまで咬合管理がなされず外科的矯正治療により咬合改善を図った片側性口唇口蓋裂の一症例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟県新潟市

  280. 森山啓司. 顎顔面矯正学の進歩と発展を目指して. 第14回九州矯正歯科学会学術大会 2019.02.16 福岡県福岡市

  281. 姜順花、保田裕子、小川卓也、佐藤美理、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 母親の妊娠初期の喫煙習慣とその子どもの永久歯先天性欠如の関連性-甲州市母子保健長期縦断調査より-. 第29回日本疫学会学術総会 2019.01.30 東京都千代田区

  282. 舩橋健太、芝多佳彦、村本慶子、小川卓也、竹内康雄、和泉雄一、中川一路、森山啓司. 口唇口蓋裂患者におけるデンタルプラーク細菌叢のdysbiosisに関する検討. 第83回口腔病学会 2018.11.30 東京都文京区

  283. 岩波(門脇)佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司. Hap/Colの新規EPDコーティングは細胞の初期接着の場を提供する. 第24回日本アパタイト研究会 2018.11.22 沖縄県那覇市

  284. 岩波(門脇)佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司. Hap/Colの新規EPDコーティングは基板金属への協力な接着を実現する. 第40回日本バイオマテリアル学会 2018.11.12 兵庫県神戸市

  285. 森山啓司. 日本矯正歯科学会の現状と展望. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  286. 荒木美祐、保田裕子、小川卓也、姜順花、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司. 日本の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLとの関連について. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  287. 吉澤英之、宮本順、花川隆、本田学、森山啓司. 前歯・臼歯咬合時の高次中枢における咀嚼運動制御機構の検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  288. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司. ダウン症候群患者における口腔筋機能療法に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  289. 紙本裕幸、小林起穂、森山啓司. 磁性制御型リポソームにより標的指向化されたリラキシンはラット正中口蓋縫合各台と骨形成を促進する. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  290. Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K. Nuclear-cytoplasmic transportation of BCOR through interaction with KPNAs. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  291. Wu YY, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K. Combination of estrogen deficiency and excessive mechanical stress exacerbates TMJ-OA in mice. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  292. 疋田理奈、辻美千子、小倉健司、森山啓司. 著しい叢生と狭窄歯列弓を伴う成人マルファン症候群患者に対する矯正歯科治療の一例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  293. 小笠原毅、松本力、宮崎貴行、馬場優里、伊藤洋介、樺沢勇司、森山啓司. Le Fort Ⅰ型骨切り術および下顎骨前方移動術により睡眠呼吸障害の改善を認めた骨格性Ⅱ級不正咬合の一症例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  294. 中村留理子、小林起穂、紙本裕幸、疋田理奈、東堀紀尚、高原楠旻、樺沢勇司、森山啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性Ⅲ級開咬症例. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  295. 富永千慧、松本力、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診した鎖骨頭蓋異形成症患者の成長期前後における顎顔面形態の特徴. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  296. 仁木佑紀、東堀紀尚、上園将慶、五十嵐七瀬、稲垣有美、井上雅葵、会坂善也、バダラフノミン、小林起穂、辻美千子、森山啓司. 顎関節形成不全の重症度により分類したoculo-auriculo-vertebral spectrum患者の顎顔面形態に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  297. 舩橋健太、渡辺孝康、芝多佳彦、村本慶子、小川卓也、森山啓司 . 口唇口蓋裂患者における口腔内細菌叢の細菌ネットワーク構造に関する検討. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  298. 寺本アイリ、松本力、門田千穂、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. 骨格性下顎前突症例における手術前後の舌体積、口腔容積変化の観察-シリコン印象法を用いた検討-. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  299. 秋山秀平、荒木美祐、保田裕子、東堀紀尚、辻美千子、小川卓也、森山啓司. 当分野における過去10年間の初診患者の実態調査. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  300. 幸田直己、東堀紀尚、松村健二郎、有村恵、秋山秀平、上園将慶、鈴木聖一、森山啓司. 当分野における10年間の歯科矯正用アンカースクリュー使用状況. 第77回日本矯正歯科学会学術大会 2018.10.30 神奈川県横浜市

  301. 庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、鈴木聖一、森山啓司. 口腔顎顔面領域の筋機能異常を有する先天異常疾患患者に対する口腔筋機能療法の試み . 日本人類遺伝学会第63回大会 2018.10.10 神奈川県横浜市

  302. 平林恭子、ウエハラダニエラチアキ、阿部秀俊、石井敦士、森山啓司、廣瀬伸一、稲澤譲治. 乳幼児てんかん性脳症における潜在的ゲノムコピー数異常の解析 . 日本人類遺伝学会第63回大会 2018.10.10 神奈川県横浜市

  303. 辻美千子、中久木康一、森山啓司. 過剰歯歯胚を早期に摘出した鎖骨頭蓋異形成症の1症例. 第58回日本先天異常学会学術集会 2018.07.27 東京都新宿区

  304. 宮本順、小倉健司、山崎安晴、森山啓司. 下顎骨体部骨切り術を併用した下顎枝矢状分割術を施行し下顎左方偏位を改善した陳旧性下顎骨骨折症例の三次元形態および機能的評価. 第77回東京矯正歯科学会学術大会 2018.07.12 東京都千代田区

  305. 門田千穂. 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症の中期的術後変化について―下顎枝矢状分割術単独と上下顎移動術の比較 . 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14 大阪府大阪市

  306. 木下理恵、東堀紀尚、門田千穂、疋田理奈、高橋由記、秋山咲子、伊藤洋介、森山啓司. 骨格性下顎後退症患者の側貌軟組織変化:下顎骨前方移動術と上顎前歯部歯槽骨切り術との比較. 第28回日本顎変形症学会総会・学術大会 2018.06.14 大阪府大阪市

  307. 小川卓也、呉郁イン、森山啓司. 当分野において長期管理を行った口蓋裂を伴う先天性多発性関節拘縮症の1例. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  308. 馬場優里、小川卓也、上園将慶、壬生美智子、隅田由香、三島木節、佐藤豊、森田圭一、森山啓司. 片側性口唇口蓋裂2例における上顎骨延長前後の上咽頭形態の三次元的変化と言語機能に関する検討. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  309. 舩橋健太、小川卓也、村本慶子、森山啓司. 口唇口蓋裂患者における口腔内細菌叢のメタトランスクリプトーム解析. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪府大阪市

  310. 門脇佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司. Development of novel coating method for hydroxyapatite/collagen nanocomposite by electrophoretic deposition. 第56回セラミックス基礎科学討論会 2018.01.11 茨城県つくば市

  311. 幸田直己、佐藤天平、宮崎貴行、篠原正浩、伊藤義晃、市野瀬志津子、浅原弘嗣、森山啓司. 転写因子Mohawk homeobox (Mkx) の役割 - 歯根膜の脈管・神経系の遺伝子発現様相の観点から -. 第40回日本分子生物学会年会 2017.12.06 兵庫県神戸市

  312. 林婉テイ、辻美千子、庄司あゆみ、東堀紀尚、森山啓司. 過去10年間に当分野を受診した埋伏歯を有する患者の臨床統計学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  313. 庄司あゆみ、東堀紀尚、林婉婷、辻美千子、森山啓司. 上顎埋伏犬歯の診断・治療に関する歯科矯正学的検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  314. 富永千慧、幸田直己、高橋由記、門脇佳緒里、小倉健司、辻美千子、小林起穂、森山啓司. 成長終了後に下顎頭肥大を呈したStickler症候群の1症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  315. 木下由紀子、高橋由記、幸田直己、斎藤小百合、宮崎貴行、ピョティハ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群患者の口腔内の特徴に関する検討. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  316. 高橋由記、東堀紀尚、舩橋健太、松村健二郎、伊藤洋介、上園将慶、門田千穂、秋山咲子、疋田理奈、鈴木聖一、森山啓司. 骨格性Ⅱ級不正咬合患者の発音時における口腔周囲軟組織動態の解析. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  317. 八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司. メッケル軟骨の発生過程に及ぼすヒストンメチル化酵素Setdb1の影響とBMPシグナルの関与. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  318. 門脇佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司. 歯科矯正用アンカレッジデバイスへの応用を目指した新規HAp/Colコーティング法の開発. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  319. 池田安紀津、宮本順、臼井信男、泰羅雅登、森山啓司. 咀嚼が食欲制御機構に与える影響-食物関連視覚刺激を用いた認知心理学的研究-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  320. 寺本アイリ、秋山咲子、高橋由記、門田千穂、伊藤洋介、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. シリコン印象法を用いた舌と口腔形態との相関関係に関する研究. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  321. 東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司. 骨格性下顎前突患者に対する外科的矯正治療による呼吸機能動態変化-主観的評価と客観的評価の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  322. 平塚泰三、高久田和夫、菊池正紀、上園将慶、鈴木聖一、森山啓司. HAp/Colによる急速な骨膜下骨誘導は母骨の吸収機転を伴う. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  323. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症患者の口蓋形態の三次元的解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  324. 小川卓也、山口聡、森山啓司. 片側性歯槽骨延長により前歯部被蓋改善を図った上顎後退症の1例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  325. 伊藤洋介、東堀紀尚、金澤学、樺沢勇司、森山啓司. 下顎枝矢状分割術による外科的矯正治療を行った大臼歯部の咬合支持喪失を伴う骨格性Ⅲ級不正咬合の一症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  326. 早川大地、幸田直己、高橋由記、姜順花、松本英和、ネイミョミンスイ、辻美千子、小林起穂、森山啓司. Stickler症候群とRobin sequence患者の臨床症状の比較-頭蓋顎顔面形態と全身症状に着目して-. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  327. 森山啓司. Apert型変異を伴う可溶性FGFR2を応用した頭蓋縫合早期癒合症に対する新規治療法開発の取り組み. 第59回歯科基礎医学会学術大会 2017.09.16 長野県松本市

  328. 舩橋健太、渡辺孝康、芝多佳彦、村本慶子、小川卓也、中川一路、竹内康雄、和泉雄一、森山啓司. 口唇口蓋裂患者におけるデンタルプラーク細菌叢のメタトランスクリプトーム解析.. 第59回歯科基礎医学会学術大会 2017.09.16 長野県塩尻市

  329. 小倉健司、小林起穂、疋田理奈、辻美千子、森山啓司.. 矯正歯科治療により咬合改善を行ったアペール症候群2症例におけるビザンチン口蓋の長期的形態変化. 第57回日本先天異常学会学術集会 2017.08.26 東京都新宿区

  330. 濵洋平、水口俊介、佐々木啓一、前田健康、羽村章、一戸達也、森山啓司、興地隆史 . 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム-第3報- 3年次を終えての課題. 第36回日本歯科医学教育学会学術大会 2017.07.31 長野県松本市

  331. 森山啓司. 顎顔面先天異常患者に対する歯科矯正学的なアプローチ. 第60回中・四国矯正歯科学会大会 2017.07.17 徳島県徳島市

  332. 寺本アイリ、秋山咲子、高橋由記、門田千穂、伊藤洋介、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. シリコン印象材を用いた舌体積、口腔容積計測の試み. 第76回東京矯正歯科学会学術大会 2017.07.13 東京都千代田区

  333. 森山啓司. 矯正歯科治療の進展等について. 平成29年度西地区基金医療顧問等会議(歯科) 2017.07.10 大阪府

  334. 森山啓司. 矯正歯科治療の進展等について. 平成29年度東地区基金医療顧問等会議(歯科) 2017.07.06 東京都

  335. 上園将慶、高久田和夫、菊池正紀、鈴木聖一、森山啓司.. ハイドロキシアパタイト/コラーゲンナノ複合体コーティングの新生骨誘導能に関する基礎的検討. 9th Worlf Implant Orthodontic Conference 2017.07.03 兵庫県神戸市

  336. 高橋由記. 骨格性上顎前突症患者におけるモーションキャプチャーを用いた発音時口唇動態解析の試み. 第27回日本顎変形症学会総会・学術大会 2017.06.16 東京都江東区

  337. 宮本順、田村明日香、小倉健司、小川卓也、森田圭一、森山啓司. 思春期性成長後期に上顎骨延長法を適応した片側性口唇口蓋裂の一例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  338. 上園将慶、小川卓也、山口聡、森山啓司. 舌縮小術を施行し矯正歯科治療単独で咬合の改善を図ったBeckwith-Wiedemann症候群の1例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  339. 小川卓也、伴田みさと、上園将慶、駒崎裕子、辻美千子、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂を伴う希少遺伝性疾患患者の矯正歯科治療に関する実態調査. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 東京都港区

  340. 森田圭一、壬生美智子、乙丸貴史、島崎一夫、小川卓也、立川敬子、宮新美智世、小野卓史、森山啓司、谷口尚、原田浩之.. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎口腔変形疾患外来の取り組み. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2017.05.18 東京都港区

  341. 荒木美祐、駒崎裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、 ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、川口陽子、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLと の関連について . 第27回日本疫学会学術総会 2017.01.27 山梨県甲府市

  342. 駒崎裕子、藤原武男、小川卓也、荒木美祐、佐藤美理、山縣然太朗、森山啓司. 日本の中学生における不正咬合と顎関節症との関連性について~甲州市母子保健縦断調査~ . 第27回日本疫学会学術総会 2017.01.27 山梨県甲府市

  343. 庄司あゆみ、小野岳人、中島友紀、森山啓司. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解明. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.25 東京

  344. 小川卓也, 村本慶子, 森山啓司. 当科にて長期経過観察を行ったKlippel-Trenaunay-Weber syndromeの1例-顎顔面の成長様相について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  345. 庄司あゆみ、小野岳人、中島友紀、森山啓司. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解明. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  346. 浅見拓也、伊藤洋介、秋山秀平、平林恭子、小笠原毅、黒原一人、森山啓司. 骨格性下顎前突症を伴う一卵性双生児の外科学的矯正治療例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  347. 疋田理奈、辻美千子、小林起穂、小倉健司、森山啓司. 臨床症状からSeathre-Chozen症候群と診断された2症例の顎顔面領域の臨床的特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  348. 馬場優里、駒崎裕子、宮本順、小倉健司、高田潤一、平林恭子、阿彦希、馬場祥行、小林起穂、辻美千子、森山啓司. Marfan症候群関連疾患4症例の混合歯列期における頭蓋顎顔面形態の特徴について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  349. 秋山秀平、小倉健司、宮本順、駒崎裕子、高田潤一、呉郁イン、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-口腔内の特徴について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  350. 有村恵、駒崎裕子、宮本順、小倉健司、高田潤一、チェンエリック、馬場優里、寺本アイリ、舩橋健太、小林起穂、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-頭蓋顎顔面形態の特徴について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  351. 小林起穂、森山啓司. 頭蓋縫合早期癒合症発症および頭蓋骨縫合部発生に関与するmicro RNAの同定. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  352. 髙橋由記、東堀紀尚、森山啓司. 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用し治療を行った下顎頭変形症を伴う廃アングルII級症例. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  353. 田村明日香、小倉健司、宮本順、駒崎裕子、高田潤一、吉澤英之、呉郁イン、辻美千子、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-医科領域を含めた臨床症状について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  354. 小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司 . 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  355. 小笠原毅、上園将慶、高久田和夫、菊池正紀、平塚泰三、鈴木聖一、森山啓司. 歯科矯正用骨膜下デバイスの形状および新生骨形態が骨接合強度に及ぼす影響の有限要素解析. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  356. 八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司. 顎顔面発生過程におけるヒストンメチル化酵素Setdb1の役割. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  357. 小倉健司、飯村忠浩、山口朗、森山啓司. 副甲状腺ホルモンの間欠投与による骨形成促進作用について. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  358. 荒木美祐、駒崎裕子、小川卓也、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャガル、バザルアマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル国の思春期児童における不正咬合と口腔関連QoLとの関連について . 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島

  359. 松村健二郎、小倉健司、宮本順、駒﨑裕子、高田潤一、紙本裕幸、疋田理奈、森山啓司. 当分野を受診したMarfan症候群患者に関する検討-上気道形態および周囲軟組織について-. 第75回日本矯正歯科学会大会 2016.11.07 徳島県徳島市

  360. 庄司あゆみ、小野岳人、森山啓 司、中島友紀. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解析. 先端歯学スクール2016 2016.09.29 福岡

  361. 庄司あゆみ、小野岳人、森山啓司、中島友紀.. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解析.. 第58回歯科基礎医学会学術大会 2016.08.24 北海道

  362. 小林 起穂. 頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析―アペール症候群とクルーゾン症候群の比較 . 第56回日本先天異常学会学術集会 2016.07.30 兵庫

  363. 小倉健司, 飯村忠浩, 牧野祐司, 杉江綾乃, 高倉綾, 高尾亮子, 石津谷俊則, 森山啓司, 山口朗. 短期間の副甲状腺ホルモンの間欠投与は海綿骨と皮質骨で異なるメカニズムにより骨形成を促進する. 第34回日本骨代謝学会学術大会 2016.07.20 大阪

  364. 小笠原毅、伊藤洋介、浅見拓也、東堀紀尚、鈴木聖一、樺沢勇司、原田浩之、森山啓司. 硬軟組織シミュレーションを導入して外科的矯正治療を施行した顔面非対称症例の術後硬軟組織の三次元的検討. 第75回東京矯正歯科学会学術大会 2016.07.14 東京

  365. 庄司あゆみ、小野岳人、森山啓司、中島友紀. 歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解析. 第二回骨免疫学会 2016.07.06 沖縄

  366. 濵洋平、水口俊介、佐々木啓一、前田健康、羽村章、一戸達也、森山啓司. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム -第2報- 2年次を終えての課題. 日本歯科医学教育学会 2016.07.02 大阪

  367. 秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、渡辺千穂、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司. 上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う顎変形症患者の鼻形態に対する三次元解析. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.25 東京

  368. 伊藤洋介、高橋由記、疋田理奈、渡辺千穂、秋山咲子、東堀紀尚、森山啓司. 長期術後経過からみた骨格性下顎前突症例の臨床的歯冠長変化-下顎枝矢状分割術単独と上下顎移動術の比較. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  369. 石川心介、山崎安晴、杉本孝之、池本繁弘、山下理絵、宮本順、森山啓司、稲毛滋白、武田啓.. 顎変形患者に対して下顎枝矢状分割術に下顎骨体部骨切りを併用した2症例. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24 東京

  370. 上園将慶、小川卓也、原田清、森山啓司. 片側性唇顎口蓋裂患者における下鼻甲介の位置と二次的顎裂部骨移植術後の骨架橋形態ならびに顎裂幅の相関. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  371. 小川卓也、トムルホー ツァサン、小崎健次郎、森山啓司. 矯正歯科を受診して判明したTreacher Collins syndrome の1例. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  372. 駒崎裕子,小川卓也,山本直,松野さほり,馬場祥行,森山啓司. 創内固定型骨延長装置による上顎骨延長を適用した口唇裂・口蓋裂症例の中期予後について. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2016.05.26 大阪

  373. 八尋浩平,東堀紀尚,森山啓司. ヒストンメチル化酵素SETDB1が顎顔面発生過程に及ぼす影響. 第80回口腔病学会学術大会 2015.12.25 東京

  374. 幸田直己,篠原正浩,伊藤義晃,市野瀬志津子,森山啓司,浅原弘嗣. 歯根膜恒常性維持の新たなメカニズム - 転写因子Mohawk homeobox ( Mkx ) の機能解明 -. 第38 回 日本分子生物学会年会 ( BMB 2015 ) 2015.12.01 兵庫

  375. 梅澤峻之,陳鵬,鈴木聖一,塙隆夫,森山啓司. チタンおよびジルコニウム表面におけるMC3T3-E1細胞の石灰化様相の比較. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  376. 村本慶子,丸山史人,中川一路,森山啓司. 次世代シーケンサーを用いた口唇口蓋裂患者の口腔細菌叢の網羅的解析. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  377. 疋田理奈,宮本順,誉田栄一,勝山成美,倉林亨,泰羅雅登,森山啓司. 口唇口蓋裂患者において長期的構音障害は聴覚認知様式に影響を与える. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  378. 上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司. 唇顎口蓋裂患者の矯正治療に影響を及ぼす因子の検討-下鼻甲介の垂直的位置と骨架橋形態の相関について-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  379. 小倉健司,辻美千子,疋田理奈,小林起穂,森山啓司. 当分野を受診した18p-症候群2症例の顎顔面形態の特徴. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  380. 鈴木尋之,辻美千子,鈴木聖一,森山啓司. 鎖骨頭蓋異形成症患者における埋伏歯の形態および位置の三次元的評価. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  381. 中村留理子,荒木美祐,渡辺千穂,伊藤洋介,小笠原毅,辻幸佑,山形義紘,辻美千子,小川卓也,森山啓司. 筋原性疾患患者における頭蓋顎顔面形態の特徴について-先天性ミオパチーと筋ジストロフィーの比較-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  382. 伴田みさと,伊藤洋介,渡辺千穂,辻美千子,小川卓也,森山啓司. 矯正歯科外来において長期管理を行った先天性ミオパチー3例. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  383. 木下理恵,渡辺千穂,伊藤洋介,辻美千子,小川卓也,森山啓司. 矯正歯科外来を受診した福山型筋ジストロフィー2例の臨床的特徴について. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  384. トムルホー ツァサン, 小川卓也, 駒崎裕子、ガンブルゲド ガンジャルガル、バザル アマルサイハン、藤原武男、森山啓司. モンゴル人思春期児童における不正咬合と社会経済的状況との関連について. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  385. 平塚泰三,高久田和夫,菊池正紀,小笠原毅,上園将慶,鈴木聖一,森山啓司. HAp/Colが骨膜下骨誘導を急速に惹起する生物学的機序の解明-ラット頭蓋冠での新生骨誘導の初期過程の検討-. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  386. 幸田直己,森山啓司,篠原正浩,浅原弘嗣. 歯根膜恒常性維持の新たなメカニズム - 転写因子Mkxの機能解明 -. 第74回日本矯正歯科学会大会 2015.11.18 福岡

  387. 小笠原毅,上園将慶,平塚泰三,大島翔,佐藤平,菊池正紀,鈴木聖一,高久田和夫,森山啓司. 有限要素解析を用いた骨膜下デバイスの形状最適化. 第23回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2015.11.16 福岡

  388. 森山啓司. 口腔・顎・顔面領域に表現型をもたらす遺伝性疾患. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.15 東京

  389. 森下真紀,村松智輝,林深,平井百樹,数藤由美子,小西輝昭,森山啓司,稲澤譲治. 放射線照射を用いたChromothripsisの生成機構の解明. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.15 東京

  390. 小川卓也,Thunyaporn Surapornsawasd,森山啓司. Oculofaciocardiodental syndromeにおける変異BCORの機能解析による核移行シグナルの同定. 日本人類遺伝学会第60回大会 2015.10.14 東京

  391. 幸田直己、篠原正浩、中道亮、伊藤義晃、市野瀬志津子、森山啓司、浅原弘嗣. 歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析. 第2回 JCR ベーシックリサーチカンファレンス 2015.10.02 東京

  392. 幸田直己,森山啓司. 歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析. 第57回歯科基礎医学会学術大会 2015.09.11 新潟

  393. 東堀紀尚,劉世頴,八尋浩平,森山啓司. ヒストンメチル化酵素Whsc1はレチノイン酸による口蓋裂発症に関与する. 第55回先天異常学会学術集会 2015.07.26 神奈川

  394. 辻美千子,鳥飼勝行,森山啓司. Le Fort Ⅲ型骨切り・骨延長術を併用した外科矯正治療により顔貌および咬合改善を行ったApert症候群2症例. 第55回日本先天異常学会学術集会 2015.07.25 神奈川

  395. 森山啓司,Surapornsawasd Thunyaporn,小川卓也. 希少遺伝性疾患における歯根形態異常. 第55回日本先天異常学会学術集会 2015.07.25 神奈川

  396. 林婉婷、伊豆弥生、江面陽一、森山啓司、野田政樹. Pfn1の骨芽細胞分化における意義の検討. 第33回日本骨代謝学会学術集会 2015.07.23 東京

  397. 幸田直己,篠原正浩,市野瀬志津子,森山啓司,浅原弘嗣. 歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析. 第33回日本骨代謝学会学術集会 2015.07.23 東京

  398. 上園将慶,松本力,東堀紀尚,鈴木聖一,樺沢勇司,原田清,森山啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術によって上顎の著しい前突感が改善された1症例-三次元再構築画像を用いた軟組織変化の検討-. 第74回東京矯正学会学術大会 2015.07.16 東京

  399. 浜洋平,水口俊介,佐々木啓一,前田健康,羽村章,一戸達也,森山啓司. 健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム-第1報-初年度を終えて. 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2015.07.11 鹿児島

  400. 三浦佳子,須永昌代,竹廻祐希,宮わかな,藤木沙友里,佐川かおり,吉田ひとみ,足達淑子,近藤圭子,渡邉月子,鈴木聖一,森山啓司. 歯科衛生士のためのインタラクティブコンピュータシミュレーション教材の活用と評価. 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2015.07.10 鹿児島

  401. 岸本奈月,小原由紀,遠藤圭子,荒川真一,秋房住郎,杉山勝,二川浩樹,木下淳博,品田佳世子,鈴木哲也,森山啓司. 課題解決型高度医療人材養成プログラム「健康長寿に貢献する実践的チーム医療人育成」について 第1報. 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2015.07.10 鹿児島

  402. 竹廻祐希,三浦佳子,須永昌代,藤木沙友里,佐川かおり,宮わかな,鈴木聖一,森山啓司. 双方向コンピュータシミュレーション教材による学習の効果について 第2報. 第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 2015.07.10 鹿児島

  403. 幸田直己,篠原正浩,伊藤義晃,市野瀬志津子,森山啓司,浅原弘嗣. 歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析. 第1回日本骨免疫学会 2015.06.30 沖縄

  404. 疋田理奈,東堀紀尚,宮本順,福岡裕樹,高橋由記,渡辺千穂,伊藤洋介,松本力,川元龍夫,森山啓司. 外科的矯正治療に伴う呼吸器能動態に舌の位置変化が与える影響. 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  405. 高橋由記,伊藤洋介,東堀紀尚,松本力,疋田理奈,渡辺千穂,松本力,川元龍夫,森山啓司. 下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の長期術後経過からみた臨床的歯冠長の変化. 第25回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 2015.06.04 東京

  406. 庄司あゆみ,小川卓也,樺沢勇司,森山啓司. 当分野において長期管理を行ったcleidocranial dysplasiaの1例. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015.05.21 東京

  407. 駒崎裕子,小川卓也,澤田紘美,松本静,森山啓司. 当分野における口唇裂・口蓋裂患者に対する上顎骨延長適応時期に関する臨床統計学的検討. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015.05.21 東京

  408. 村本慶子,丸山史人,中川一路,森山啓司. 口唇口蓋裂患者と健常者の口腔細菌叢の比較解析. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2015.05.21 東京

  409. 森山啓司. 顎顔面成長発育疾患の新たな治療戦略の開発を目指して. 平成26年度第8回硬組織疾患ゲノムセンターシ ンポジウム 2014.12.18 東京

  410. 小倉健司, 森山啓司, 山口朗.. PTHの間欠的投与による骨形成促進効果の作用機序について. . 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.05 東京

  411. 村本慶子,丸山史人,中川一路,森山啓司.. 口唇口蓋裂患者における口腔衛生状態を規定する細菌叢の解析.. 第79回口腔病学会学術大会 2014.12.05 東京

  412. 劉世頴、東堀紀尚、森山啓司. Retinoic acid inhibits histone methyltransferase Whsc1 during palatogenesis. 第62回国際歯科研究学会日本部会総会•学術大会 2014.12.04 大阪

  413. Surapornsawasd Thunyaporn, 小川卓也,森山啓司. Identification of the Classical Nuclear Localization Signals of BCOR gene. 第62回国際歯科研究学会日本部会総会•学術大会 2014.12.04 大阪

  414. 幸田直己,篠原正浩,伊藤義晃,森山啓司,浅原弘嗣.. 歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析.. 第37回日本分子生物学会年会 2014.11.25 神奈川

  415. 上園将慶,高久田和夫,菊池正紀,鈴木聖一,森山啓司.. HAp/Col コーティングを用いた新規顎顔面用骨膜下デバイスの開発.. 第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014.11.17 東京

  416. 丸岡亮,武内俊樹,清水厚志,鳥居千春,三須久美子,日笠幸一郎,松田文彦,太田有史,谷戸克己,倉持朗,有馬好美,大塚藤男,吉田雄一,森山啓司,小崎里華,新村眞人,佐谷秀行,小崎健次郎.. 次世代シークエンサーと解析パネルを用いたNF1遺伝子診断法の構築.. 日本レックリングハウゼン病学会学術大会 2014.11.16 東京

  417. 伊藤洋介,森下真紀,澤田紘美,東堀紀尚,川元龍夫,森山啓司.. 上顎前歯部歯槽骨切り術と下顎枝矢状分割術の併用により外科的矯正治療を行った骨格性II級不正咬合の一症例.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  418. 松本静、辻美千子、長西裕樹、鳥飼勝行、森山啓司.. Le Fort III型骨切り・骨延長術後の上下顎移動術により咬合改善を行ったApert症候群の矯正治療症例. . 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  419. 秋山咲子、辻美千子、平塚泰三、疋田理奈、松本力、森山啓司.. 矯正歯科的対応を行った下顎に著しい叢生を伴うウィリアムズ症候群の一症例.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  420. 浅見拓也,松本力,庄司あゆみ,疋田理奈,辻美千子,馬場祥行,森山啓司.. ウィリアムズ症候群患者の臨床症状に関する検討(第2報)-口腔内の特徴について-. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  421. 松野さほり,疋田理奈,林婉婷,佐藤麻緒,松本力,辻美千子,馬場祥行,森山啓司.. ウィリアムズ症候群患者の臨床症状に関する検討(第1報)-全身および頭蓋顎顔面形態の特徴について-. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  422. 山本直,大島正充,森山啓司,辻孝.. 歯胚分割技術を用いた歯の再生治療法の開発.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  423. ドゥアルテ カロリーナ,小林起穂,森田淳平,川元龍夫,森山啓司.. マウス頭蓋矢状縫合部拡大時の骨リモデリングに対する子宮弛緩因子リラキシンの影響. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  424. 駒﨑裕子,高橋由記,東堀紀尚,川元龍夫,森山啓司.. 馬蹄形骨切り併用上下顎移動術を行い長期にわたり良好な咬合状態を維持した骨格性II級ハイアングル症例.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  425. 片柳みなみ,東堀紀尚,高田潤一,森山啓司.. 非症候群性部分性無歯症患者における欠如頻度および歯冠幅径に関する検討.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  426. エクプラチャヤクン・イサリア,高田潤一,井上マリステラ小百合,宮本順,誉田栄一,倉林亨,森山啓司.. 嚥下時舌運動の経時的評価に対するMRI movieの有用性.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  427. 上園将慶,高久田和夫,菊池正紀,鈴木聖一,森山啓司.. 有限要素法を用いた歯科矯正用骨膜下デバイスの応力解析.. 第73回日本矯正歯科学会大会 2014.10.20 千葉

  428. 梅澤峻之,陳鵬,堤祐介,土居壽,蘆田茉希,鈴木聖一,森山啓司,塙隆夫.. ジルコニウムスパッタ蒸着チタンのMC3T3-E1細胞適合性.. 日本歯科理工学会第64回秋期学術講演会 2014.10.04 広島

  429. 森下真紀,村松智暉,林深,数藤由美子,小西輝昭,森山啓司,稲澤譲治.. Exploration of mechanisms for chromothripsis; the new mechanism of oncogenesis.. 第73回日本癌学会学術総会 2014.09.27 神奈川

  430. 小川卓也,森山啓司.. X連鎖性ミオチュブラーミオパチー1例の顎顔面の成長様相に関する検討.. 第54回日本先天異常学会学術集会 2014.07.26 神奈川

  431. 森田淳平,辻美千子,丸岡亮,池田倫世,鈴木聖一,森山啓司.. 矯正歯科的管理を行ったダウン症候群患者3例. 2014.07.26 神奈川

  432. 鈴木尋之,辻美千子,森田淳平,丸岡亮,鈴木聖一,森山啓司.. 鎖骨頭蓋異形成症16例における歯数および萌出の異常に関しての検討.. 第54回日本先天異常学会学術集会 2014.07.26 神奈川

  433. 上園将慶,高久田和夫,杉原章太,平塚泰三,鈴木聖一,森山啓司.. ラット脛骨実験系を用いた筋損傷が骨膜反応に及ぼす効果に関する検討.. 第32回日本骨代謝学会学術集会 2014.07.24 大阪

  434. 松本力,川元龍夫,東堀紀尚,疋田理奈,宮本順,鈴木聖一,森山啓司.. 骨格性下顎前突患者の発音時における口腔周囲軟組織動態の検討. 第73回東京矯正歯科学会大会 2014.07.10 東京

  435. 林婉婷,長尾雅史,伊豆弥生,江面陽一,森山啓司,野田政樹.. Schnurri-2による下顎骨・切歯の石灰化抑制とリンに基づくネガティブフィードバック機構.. 第130回日本薬理学会関東部会 2014.07.05 東京

  436. 竹廻祐希, 三浦佳子, 須永昌代, 上原沙友里, 佐川かおり, 宮わかな, 鈴木聖一, 森山啓司, 木下淳博. 双方向性コンピュータシミュレーション教材による学習の効果について. 第33回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2014.07 福岡

  437. Keiji Moriyama. An Orthodontic Perspective of Long Care for Cleft Lip and Palate Patients. ナレスワン大学歯学部生涯研修セミナー 2014.06.22 タイ

  438. 疋田理奈,東堀紀尚,福岡裕樹,宮本順,川元龍夫,森山啓司. 外科的矯正治療に伴う舌骨の位置変化が睡眠時呼吸動態に及ぼす影響. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  439. 渡辺千穂,東堀紀尚,疋田理奈,川元龍夫,森山啓司. 下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症の長期術後変化について. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014.06.10 福岡

  440. 駒崎裕子,小川卓也,辻美千子,森山啓司. 当分野を受診した口蓋裂患者における合併症状に関する検討~母体の環境要因に関する臨床統計学的検討~. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2014.05.29 北海道

  441. 澤田紘美,小川卓也,駒崎裕子,鈴木尋之,辻美千子,原田清,森山啓司. 両側性唇顎口蓋裂を伴うKallmann syndromeの1例. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2014.05.29 北海道

  442. 森山啓司,須田英明. Craniofacial anomalies and orthodontic treatment. 歯と骨関連疾患のグローバル研究センター国際総合プレゼンテーション 2014.03.10 東京

  443. 三浦佳子,吉田ひとみ,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. コンピューターシミュレーション教材の歯科保健指導における患者への応用と評価. 第8回日本歯科衛生学会学術大会 2013.09.16 神戸

  444. 三浦佳子,吉田ひとみ,竹廻祐希,佐川かおり,上原沙友里,宮わかな,須永昌代,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導における患者向けコンピュータシミュレーション教材の評価. 第8回医療系eーラニング全国交流会 第8回医療系eーラニング全国交流会講演要旨集 pp44-47 2013.03.15 豊明

  445. 三浦佳子,吉田ひとみ,中林美恵,葛西美樹,上原沙友里,竹廻祐希,渡部沙慧子,鈴木聖一,森山啓司,木下淳博. 歯科保健指導におけるコンピュータシミュレーション教材の患者への応用. 第7回医療系eーランニング全国交流会 第7回医療系eーランニング全国交流会講演要旨集,p28-31 2012.01.12 徳島

  446. 須田直人、志賀百年、Ganjargal Ganburged、斉藤正寛、山崎洋介、磯川桂太郎、森山啓司.. 歯根膜に局在する弾性線維の機能解析に関するアプローチ.. 第7回エラスチン研究会学術集会 2009.12.04 北九州市

  447. 疋田理奈、川元龍夫、佐藤麻緒、茂木和久、井口隆人、八木優子、豊福明、森山啓司. 精神的問題が疑われ矯正歯科治療において対応に苦慮した3症例.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  448. 茂木和久、福岡裕樹、小川卓也、阿彦希、岡村絵里花、中山友美子、馬場祥行、森山啓司. 先天性多数歯欠損症患者の顎顔面形態に関する頭部X線規格写真を用いた検討.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  449. 中澤佑紀、馬場祥行、福岡裕樹、松本力、須田直人、森山啓司. 先天性多数歯欠損症患者における永久歯の形成異常に関する報告.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  450. 鈴木一史、辻美千子、大隈瑞恵、岡本奈那、武智香織、疋田理奈、福岡裕樹、馬場祥行、森山啓司. 外胚葉異形成症患者の顎顔面領域における形態的特徴.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  451. 服部架、鳥居千春、須田直人、小崎健次郎、森山啓司. COBRA-DHPLC法によるラッセルシルバー症候群の遺伝子診断システムの開発.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  452. 佐藤麻緒、馬場祥行、井口隆人、本田綾、片岡恵一、辻美千子、鈴木聖一、森山啓司. 口唇裂・口蓋裂症例の永久歯の先天性欠如に関する臨床統計学的検討.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  453. 鎌田秀樹、鈴木聖一、塙隆夫、森山啓司. コラーゲン電着固定化Tiの創製と耐久性評価.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  454. 金谷和宏、鈴木聖一、五島健一、三浦不二夫、三浦宏之、森山啓司. 球形樹脂微粒子含有ガムを用いた咀嚼効率の研究(第1報).. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  455. 井上マリステラ小百合、小野卓史、本田栄一、倉林亨、森山啓司. 破裂音発生時における舌の形状および重心の構音点依存性の経時的変化. . 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  456. 湊亜紀子、小野卓史、宮本順、誉田栄一、倉林亨、森山啓司. 舌感覚の皮質投射パタンにおける習慣性咀嚼の関与.. 第68回日本矯正歯科学会 2009.11.16 福岡

  457. 本田綾, 馬場祥行, 山田大輔, 鈴木聖一, 大林尚人,倉林亨, 森山啓司. Le Fort I 型上顎骨延長法を適用した口唇口蓋裂症例の軟組織変化に対するCT画像を用いた三次元的検討.. 第19回日本シミュレーション外科学会 2009.10.31 東京

  458. 岡本奈那、林深、黒澤健司、水野誠司、蒔田芳男、羽田明、井本逸勢、森山啓司、稲澤譲治. 新規症候群の可能性のある10q24微細欠失を伴う2症例の報告.. 第54回日本人類遺伝学会 2009.09.23 東京

  459. 鈴木尋之、須田直人、志賀百年、井関祥子、森山啓司. Apert 症候群型変異FGFR2とその可溶性変異体を過剰発現するトランスジェニックマウス頭蓋冠由来骨芽細胞の解析.. 第51回歯科基礎医学会学術大会 2009.09.09 新潟

  460. 辻美千子, 森山啓司. Turner症候群の遺伝カウンセリング時に提供できる歯科領域からの情報.. 第33回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 2009.07.24 兵庫

  461. 鈴木尋之、須田直人、志賀百年、中村正孝、井関祥子、森山啓司. Apert 症候群型変異FGFR2とその可溶性変異体を過剰発現するトランスジェニックマウス由来骨芽細胞の分化形質.. 第27回日本骨代謝学会 2009.07.23 大阪

  462. 佐藤麻緒、川元龍夫、井口隆人、八木優子、小村健、天願俊泉、砂川元、森山啓司. 外科的矯正治療を行った統合失調症を伴う顎変形症の2症例について.. 第68回東京矯正歯科学会 2009.07.16 東京

  463. 岡村絵里花、阿彦希、福岡裕樹、辻美千子、馬場祥行、森山啓司. EEC症候群の顎顔面領域に関する歯科的検討.. 第49回日本先天異常学会 2009.06.25 鹿児島

  464. 中山 友美子、鈴木一史、中澤佑紀、茂木和久、福岡裕樹、辻 美千子、馬場祥行、森山啓司. 外胚葉異形成症の顎顔面領域に関する歯科的検討. 第49回日本先天異常学会 2009.06.25 鹿児島

  465. 福岡裕樹、辻美千子、出井彩乃、本田彩、岡本奈那、森山啓司. RED systemで前下方へ上顎骨延長を行ったoverclosureを呈する成人口唇口蓋裂3症例.. 第19回日本顎変形症学会総会 2009.06.04 仙台

  466. 鈴木剛史、福岡裕樹、青木朝里、北村良平、富永直子、川元龍夫、森山啓司. 下顎枝矢状分割法を用いた外科的矯正治療を行った下顎後退症例の術後安定性について.. 第19回日本顎変形症学会総会 2009.06.04 仙台

  467. 北村良平、鈴木剛史、富永直子、青木朝里、福岡裕樹、川元龍夫、森山啓司. 馬蹄形骨切り術を施行した下顎前突症例の顎態変化に関する検討.. 第19回日本顎変形症学会総会 2009.06.04 仙台

  468. 本田綾、馬場祥行、片岡恵一、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司. Le Fort I型上顎骨延長法を適用した口唇口蓋裂症例の軟組織変化に対するCT画像を用いた三次元的検討.. 第33回日本口蓋裂学会総会 2009.06.04 仙台

  469. 森田圭一、辻美千子、今泉史子、森田綾子、森山啓司、小村健. 新規創内固定型上顎仮骨延長装置の使用経験.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  470. 飯田敏朗、星合泰治、初野有人、辻美千子、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司、谷口尚. モード解析による骨成熟過程の評価の試み.Assessment of bone maturity using modal analysis after orthognathic surgery.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  471. 井口隆人、川元龍夫、青木朝里、長濱浩平、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司. 歯槽骨延長部への歯の移動に高気圧酸素が与える影響.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  472. 片岡恵一、馬場祥行、森田圭一、小村健、鈴木聖一、森山啓司. Le Fort I型骨切り術によるセグメントの前方移動を行い顎裂閉鎖した口唇口蓋裂症例.. 第33回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2009.05.28 東京

  473. 森山啓司.. 歯科矯正学的および生物学的観点からみた顎顔面先天異常.. 第9回GCOE国際総合プレゼンテーション 2008.12.22 東京

  474. 湊亜紀子、小野卓史、宮本順、誉田栄一、倉林亨、森山啓司.. 舌に対する2点弁別試験および触覚刺激に伴う大脳皮質一次体性感覚野の賦活パタンの解析-習慣性咀嚼側との関連-.. 第73回口腔病学会学術大会 2008.12.05 東京

  475. 森山啓司. 顎顔面先天異常に対する歯科矯正学的アプローチ.. 第2回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム 2008.11.25 東京

  476. 辻美千子、馬場祥行、本田綾、柳下和慶、山見信夫、眞野嘉洋、鈴木聖一、森山啓司.. 上顎骨の骨延長法に際し、高気圧酸素治療(HBO)を適用した1症例.. 第43回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2008.10.31 北海道

  477. 本田綾、馬場祥行、片岡恵一、辻美千子、石﨑 敬、柳下和慶、山見信夫、眞野嘉洋、鈴木聖一、森山啓司.. 口唇口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適用と術後評価.. 第43回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会 2008.10.31 旭川

  478. 小川卓也、森山啓司.. PAX9の変異を有する先天性多数歯欠損家系におけるMSX1の多型解析. . 第26回日本骨代謝学会学術集会 2008.10.29 大阪

  479. 森山啓司. Craniofacial anomalies from the orthodontic point of view.. 東京医科歯科大学グローバルCOE発足記念講演会. 2008.10.06 東京

  480. 八木優子、須田直人、山越康雄、馬場麻人、森山啓司.. Amelogenin は in vivo において歯根吸収を抑制する.. 第50回歯科基礎医学会学術大会 2008.09.23 東京

  481. 小川卓也、シンタ ウィラハディ クスマ、森山啓司.. 矯正治療後に長期観察を行った先天性ミオパチー患者の顎態変化.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  482. 大隈瑞恵、大塚亮、北村良平、福岡裕樹、辻美千子、森山啓司.. 歯槽部骨延長術による上顎歯列弓拡大後に上下顎移動術を施行した顔面非対称を伴う骨格性開咬症例.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  483. 横田俊明、下川仁彌太、馬場祥行、小野卓史、鈴木聖一、森山啓司.. I型インスリン様増殖因子(IGF-I)は下顎頭軟骨のアポトーシスを制御する.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  484. 鈴木剛史、小川卓也、佐藤麻緒、井口隆人、川元龍夫、森山啓司.. 集学的歯科治療により咬合の確立を図ったoligodontiaの2症例.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  485. 佐藤麻緒、ウン・イン・ウー、小川卓也、辻美千子、須田直人、小野卓史、森山啓司.. 機能的矯正装置で治療したhemifacial microsomia 5例の顎態の非対称性変化に関する検討.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  486. 出井彩乃、鈴木尋之、大隈瑞恵、辻美千子、須田直人、森山啓司.. 長期経過観察を行ったhemifacial microsomia1例の顎態の成長変化に関する検討. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  487. 金谷和宏、小川卓也、辻美千子、須田直人、大林尚人、倉林亨、森山啓司.. 歯科用コーンビームCT画像によるhemifacial microsomiaの顎関節周辺部の三次元的解析.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  488. 山田大輔、鎌田秀樹、大隈瑞恵、辻美千子、須田直人、森山啓司.. 当分野を受診したhemifacial microsomia患者の臨床症状に関する検討.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  489. Ganburged Ganjargal、須田直人、森山啓司. Maran症候群にみられる重篤な歯周疾患の動物モデルの作製.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  490. 川藤亜樹子、馬場祥行、志賀百年、本田綾、片岡恵一、鈴木聖一、森山啓司. Le FortI型上顎骨延長術を適応した片側性口唇口蓋裂症例の中顔面の軟組織の変化.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  491. 井口隆人、川元龍夫、長濱浩平、青木朝里、工藤淳夫、青木和広、大谷啓一、森山啓司. 上顎歯槽部骨延長部位への歯の移動において高気圧酸素が歯周組織に及ぼす影響. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  492. 奥平真理子、馬場祥行、石崎敬、本田綾、片岡恵一、鈴木聖一、森山啓司. . REDシステムによるLe FortI型骨延長術を適応した口唇・口蓋裂患者に対するアンケート調査.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  493. 本田綾、馬場祥行、片岡恵一、辻美千子、石崎敬、鈴木聖一、柳下和慶、山見信夫、森山啓司.. 口唇・口蓋裂症例の上顎骨延長法に対する高気圧酸素治療の適応と術後評価.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  494. 八木優子、須田直人、山越康雄、馬場麻人、森山啓司.. namel matrix derivative (EMD) の歯根吸収抑制活性はアメロゲニンが担う.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  495. 高田潤一、小野卓史、宮本順、横田俊明、森山啓司.. 下顎側方偏位症例における大臼歯の頬舌的位置と口腔内圧の関連.. 第67回日本矯正歯科学会大会 2008.09.16 千葉

  496. 森山啓司. 口腔顎面領域に異常を生じる遺伝性疾患とその治療.. 第18回遺伝医学セミナーカリキュラム 2008.09.05 大阪

  497. 森山啓司. Fibroblast growth factor receptor (FGFR) の変異と頭蓋縫合早期癒合症.. 第17回大学院医歯学総合研究科大学院セミナー(ポストゲノム時代の発生生物学展望) 2008.06.23 東京

  498. 奥平真理子、川元龍夫、小野卓史、森山啓司.. 上顎前歯部歯槽骨切り術による軟組織側貌変化について.. 第18回日本顎変形症学会総会 2008.06.17 愛知

  499. 片岡恵一、馬場祥行、石崎敬、本田綾、鈴村明美、大林尚人、倉林亨、鈴木聖一、森山啓司.. 超音波画像法を用いた上顎骨延長後の骨形成の評価. . 第18回日本顎変形症学会総会 2008.06.17 愛知

  500. 福岡裕樹、長濱浩平、北村良平、富永直子、川元龍夫、森山啓司.. 下顎枝逆L字型骨切り術と下顎枝矢状分割術を併用して治療を行った下顎非対称を伴う口唇口蓋裂の1例.. 第18回日本顎変形症学会総会 2008.06.17 名古屋

  501. 青木朝里、川元龍夫、井口隆人、工藤淳夫、長濱浩平、馬場祥行、鈴木聖一、森山啓司.. ビーグル犬歯歯槽骨延長モデルにおける組織修復様相の観察―延長量が歯髄血流回復および骨新生に及ぼす影響―. 第32回日本口蓋裂学会総会 2008.05.28 広島

  502. 神野恵、高橋巧、大庭康雄、森山啓司.. Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析―第2報―. 第32回日本口蓋裂学会総会 2008.05.28 広島

  503. 若林みちる、井上マリステラ小百合、宮本順、橋本幸治、倉林亨、小野卓史、森山啓司.. 機能的磁気共鳴画像法を用いた口唇口蓋裂患者における外言語・内言語生成時の脳賦活領域のマッピング.. 第32回日本口蓋裂学会総会 2008.05.28 広島

  504. 志賀百年、馬場祥行、宮本順、本田綾、片岡恵一、加々良朱摩子、金谷和宏、鈴木聖一、森山啓司.. Le Fort I型上顎骨延長術を適用した口唇口蓋裂症例の中顔面軟組織の変化.. 第32回日本口蓋裂学会総会 2008.05.28 広島

  505. 本田綾、馬場祥行、石崎敬、鈴木聖一、森山啓司.. 思春期性成長以降にLeFortI型上顎骨延長法を適用した口唇・口蓋裂症例の術後変化. 第32回日本口蓋裂学会総会 2008.05.28 広島

  506. 辻美千子, 森山啓司.. 口腔内の異常に気付いて矯正歯科を受診した鎖骨頭蓋異形成症2例について.. 第32回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 2008.05.23 仙台

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造、並びに骨への医療用デバイスの接合方法

    特許番号: 特許第6917090号

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造

    特許番号: 特許第6732276号

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造、並びに骨への医療用デバイスの接合方法

    特許番号: 3263064

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造、並びに骨への医療用デバイスの接合方法

    特許番号: US11234747

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造、並びに骨への医療用デバイスの接合方法

    特許番号: ZL201680011553.4

  • 医療用デバイス、歯科用、頭頸部外科用及び整形外科用デバイス構造、並びに骨への医療用デバイスの接合方法

    特許番号: 特許第6762034

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本矯正歯科学会賞(森山啓司),日本矯正歯科学会,2022年10月

  • The 98th Congress of the European Orthodontic Society Best scientific poster award(Myo AC, Kobayashi Y, Niki Y, Kamimoto H, Moriyama K),European Orthodontic Society,2023年06月

  • 第33回日本顎変形症学会最優秀発表賞(仁木佑紀、東堀紀尚、井上貴裕、針生夏菜子、大岩真由、吉谷幸之助、吉澤英之、森山啓司),日本顎変形症学会,2023年06月

  • AAO 2023 Annual Session Table Clinic Award First Place(Uezono M, Takakuda K, Moriyama K),American Association of Orthodontists,2023年04月

  • the 55th Annual Congress of the KAO and the 13th Asian Pacific Orthodontic Congress(APOC) excellent presentation award(Inoue A, Higashihori N, Takeuchi S, Moriyama K),Asian Pacific Orthodontic Congress,2022年10月

  • 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 優秀演題賞(町田亮人、小川卓也、Kyaw Min Soe、森山啓司),日本矯正歯科学会,2022年10月

  • 第81回日本矯正歯科学会学術大会&第9回日韓ジョイントシンポジウム 優秀演題賞(五十嵐七瀬、高橋暁子、森山啓司),日本矯正歯科学会,2022年10月

  • 日本矯正歯科学会論文賞(HlaMyint T, Tsuji M, Suzuki S, Obayashi N, Kurabayashi T, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2022年10月

  • 第32回日本顎変形症学会 若手優秀ポスター賞(吉武賞)(仁木佑紀、東堀紀尚、井上貴裕、堀夏菜子、門田千穂、森山啓司),日本顎変形症学会,2022年07月

  • Top downloaded article2019-2020(Tsuji M, Suzuki H, Suzuki S, Moriyama K),WILEY(Congenital Anomalies),2022年06月

  • 第86回口腔病学会学術大会 最優秀演題賞(佐川夕季、小川卓也、姜順花、吉澤美祐、雲内(保田)裕子、森山啓司),口腔病学会,2021年12月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(Jindarojanakul P, Kobayashi Y, Kamimoto H, Satraha S, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(高橋義充、上園将慶、荒井英絵、鈴木彩子、吉澤英之、舩橋健太、小林起穂、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(狩野桜子、東堀紀尚、ピョティハ、武智正樹、井関祥子、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(稲垣有美、小川卓也、田畑純、川元龍夫、森山啓司、田中敏博),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞(宮崎貴行、栗本遼太、松本力、小林起穂、浅原弘嗣、森山啓司),日本矯正歯科学会,2021年11月

  • EOS 2021 Annual Virtual Conference “Best Scientific Posters” (Inagaki Y, Ogawa T, Kawamoto T, Moriyama K, Tanaka T),EOS 2021 Annual Virtual Conference,2021年07月

  • 第80回東京矯正歯科学会記念学術大会 優秀発表賞(辻美千子、Hla-Myint Thiri、鈴木聖一、大林尚人、森山啓司),東京矯正歯科学会,2021年07月

  • 第80回東京矯正歯科学会記念学術大会 東京矯正歯科学会9th IOC 最優秀発表賞(吉澤英之、宮本順、花川隆、設楽仁、本田学、森山啓司),東京矯正歯科学会,2021年07月

  • 第31回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 優秀ポスター賞(松村健二郎、松本力、門田千穂、井上貴裕、東堀紀尚、森山啓司),日本顎変形症学会,2021年07月

  • 第45回日本口蓋裂学会総会・学術大会 優秀ウェブ発表賞(姜順花、小川卓也、横内里帆、舩橋健太、上園将慶、森山啓司),日本口蓋裂学会,2021年05月

  • ”Top cited article 2019-2020”(Ahiko N, Baba Y, Tsuji M, Horikawa R, Moriyama K),Congenital Anomalies,2021年04月

  • 第85回口腔病学会学術大会 最優秀演題(五十嵐七瀬、高橋暁子、森山啓司),口腔病学会,2020年12月

  • 第9回国際矯正歯科会議世界大会、第12回アジア太平洋矯正歯科会議、第79回日本矯正歯科学会学術大会 日本矯正歯科学会学術奨励賞(Yohsizawa H, Miyamoto JJ, Hanakawa T, Shitara H, Honda M, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2020年10月

  • 第79回東京矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(姜順花、保田(雲内)裕子、小川卓也、山縣然太朗、藤原武男、森山啓司),東京矯正歯科学会,2020年07月

  • 第30回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 優秀ポスター賞(狩野桜子、東堀紀尚、小倉健司、門田千穂、松本力、高原楠旻、依田哲也、森山啓司),日本顎変形症学会,2020年06月

  • "Top downloaded paper 2018-2019"(Tsuji M, Suzuki H, Suzuki S, Moriyama K),Congenital Anomalies,2020年05月

  • 第84回口腔病学会学術大会 最優秀演題(紙本裕幸、小林起穂、森山啓司),口腔病学会,2019年12月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(門田千穂、小川卓也、姜順花、東堀紀尚、依田哲也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(上園将慶、高久田和夫、平塚泰三、小笠原毅、井上雅葵、会坂善也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(仁木佑紀、小林起穂、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • 第78回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(有村恵、荒木美祐、雲内(保田)裕子、トムルホーツァサン、ガンブルゲドガンジャルガル、バザルアマルサイハン、小川卓也、森山啓司),日本矯正歯科学会,2019年11月

  • ICPF and JTS The Best Authors for Oral and Poster Presentation“The Gold Award”(Tsuji M, Shoji A, Hirabayashi K, Kobayashi Y, Moriyama K),ICPF,JTS,2019年07月

  • 平成30年度学会賞(秋山咲子、東堀紀尚、疋田理奈、伊藤洋介、門田千穂、高橋由記、松本力、森山啓司),日本顎変形症学会,2019年06月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(Wu YY, Kadota-Watanabe C, Ogawa T, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(寺本アイリ、松本力、門田千穂、東堀紀尚、鈴木聖一、大林尚人、倉林亨、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(吉澤英之、宮本順、花川隆、本田学、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(庄司あゆみ、辻美千子、木下由紀子、小倉健司、小林起穂、三浦佳子、葛西美樹、鈴木聖一、森山啓司),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第77回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(Myat AB, Ogawa T, Kadota-Watanabe C, Moriyama K),日本矯正歯科学会,2018年10月

  • 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞(馬場優里、小川卓也、上園将慶、壬生美智子、三島木節、佐藤豊、森田圭一、森山啓司),日本口蓋裂学会,2018年05月

  • The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Posterboard Presentation 2nd Place Research(Hikita R, Higashihori N, Kadota C, Akiyama S, Takahashi Y, Ito Y, Moriyama K),The Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

  • The 11th Asian Pacific Orthodontic Conference(APOC 2018) Posterboard Presentation 3rd Place Research(Ogura K, Kobayashi Y, Hikita R, Shoji A, Tsuji M, Moriyama K),The Asian Pacific Orthodontic Society,2018年03月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(小倉健司、小林起穂、疋田理奈、庄司あゆみ、辻美千子、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(池田安紀津、宮本順、臼井信男、泰羅雅登、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(東堀紀尚、疋田理奈、門田千穂、秋山咲子、高橋由記、伊藤洋介、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(八尋浩平、東堀紀尚、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(平塚泰三、高久田和夫、菊池正紀、上園将慶、鈴木聖一、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 第76回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞(門脇佳緒里、打越哲郎、上園将慶、菊池正紀、森山啓司),日本矯正歯科学会,2017年10月

  • 優秀発表賞「歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解明」(庄司あゆみ、小野岳人、中島友紀、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • 最優秀演題賞「歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解明」(庄司あゆみ、小野岳人、中島友紀、森山啓司),第81回口腔病学会学術大会,2016年11月

  • 優秀発表賞「矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用し治療を行った下顎頭変形を伴うハイアングルⅡ級症例」(高橋由記、東堀紀尚、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • 優秀発表賞「歯科矯正用骨膜下デバイスの形状および新生骨形態が骨接合強度に及ぼす影響の有限要素解析」(小笠原毅、上園将慶、高久田和夫、菊池正紀、平塚泰三、鈴木聖一、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • 優秀発表賞「頭蓋縫合早期癒合症(Craniosynostosis)患者の顎顔面形態の解析-アペール症候群とクルーゾン症候群の比較」(小林起穂、辻美千子、疋田理奈、小倉健司、森山啓司),第75回日本矯正歯科学会大会,2016年11月

  • Excellent Poster Presentation Award"Maxillofacial morphology of 4 cases of Marfan-related disorders in mixed dentition stage"(Yuri Baba,Yuko Komazaki,Jun J Miyamoto,Kenji Ogura,Nozomi Ahiko,Yoshiyuki Baba,Michiko Tuji,Keiji Moriyama),The 49th Annual Scientific Congress, Korean Association of Orthodontists,2016年10月

  • 優秀賞「歯の矯正学的移動における歯槽骨リモデリング制御機構の解析」(庄司あゆみ、小野岳人、森山啓司、中島友紀),先端歯学スクール2016,2016年09月

  • 優秀ポスター賞「片側性唇顎口蓋裂患者における下鼻甲介の位置と二次的顎裂部骨移植術後の骨架橋形態ならびに顎裂幅の相関 」(上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司) ,第40回日本口蓋裂学会学術大会,2016年05月

  • 優秀発表賞「唇顎口蓋裂患者の矯正治療に影響を及ぼす因子の検討-下鼻甲介の垂直的位置と骨架橋形態の相関について-」(上園将慶,小川卓也,原田清,森山啓司),第74回日本矯正歯科学会大会,2015年11月

  • 優秀発表賞「歯根膜恒常性維持の新たなメカニズム - 転写因子Mkxの機能解明 -」(幸田直己、森山啓司、篠原正浩、浅原弘嗣),第74回日本矯正歯科学会大会,2015年11月

  • 優秀発表賞「口唇口蓋裂患者において長期的構音障害は聴覚認知様式に影響を与える」(疋田理奈、宮本順、誉田栄一、勝山成美、倉林亨、泰羅雅登、森山啓司),第74回日本矯正歯科学会大会,2015年11月

  • ポスター賞「次世代シーケンサーを用いた口唇口蓋裂患者の口腔内細菌叢の網羅的解析」(村本慶子、丸山史人、中川一路、森山啓司)),第74回日本矯正歯科学会大会,2015年11月

  • IADR Unilever Hatton Divisional Award「Effect of mastication on satiety using an attentional bias task.」(Ikeda A, Miyamoto JJ, Usui N, Taira M, Moriyama K. ),Japanese Association for Dental Research,2015年10月

  • ANZBMS 2015 travel award 「歯根膜における転写因子 Mkx の機能解析」(幸田直己、篠原正浩、市野瀬志津子、森山啓司、浅原弘嗣),第33回日本骨代謝学会,2015年06月

  • 優秀発表賞「歯胚分割技術を用いた歯の再生治療法の開発.」(山本直,大島正充,森山啓司,辻孝),第73回日本矯正歯科学会大会,2014年10月

  • 優秀発表賞「マウス頭蓋矢状縫合部拡大時の骨リモデリングに対する子宮弛緩因子リラキシンの影響」(ドゥアルテ カロリーナ,小林起穂,森田淳平,川元龍夫,森山啓司),第73回日本矯正歯科学会大会,2014年10月

  • 優秀発表賞「Le Fort III型骨切り・骨延長術後の上下顎移動術により咬合改善を行ったApert症候群の矯正治療症例.」(松本静,辻美千子,長西裕樹,鳥飼勝行,森山啓司),第73回日本矯正歯科学会大会,2014年10月

  • 優秀発表賞「当分野を受診した口蓋裂患者における合併症状に関する検討~母体の環境要因に関する臨床統計学的検討~」(駒崎裕子,小川卓也,辻美千子,森山啓司),第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会,2014年05月

  • 優秀発表賞「口腔周囲筋における血流量および筋活動量に関する検討」(出井彩乃,小野卓史,宮本順,高田潤一,森山啓司),第69回日本矯正歯科学会,2010年09月

  • Travel Award “Transcriptional repressor, LRF regulates NFATc1 expression in osteoclastogenesis” (Tsuji K, Negishi-Koga T, Maeda T, P Paolo Pandolfi, Moriyama K, Takayanagi H) ,3rd international conference on osteoimmunology,2010年06月

  • 優秀ポスター賞「口唇裂・口蓋裂症例の永久歯の先天性欠如に関する臨床統計学的検討」(佐藤麻緒,馬場祥行,井口隆人,本田綾,片岡恵一,辻美千子,鈴木聖一,森山啓司),第34回日本口蓋裂学会総会,2010年05月

  • 優秀発表賞「コラーゲン電着固定化Tiの創製と耐久性評価.」(鎌田秀樹,鈴木聖一,塙隆夫,森山啓司),第68回日本矯正歯科学会,2009年11月

  • 優秀発表賞「COBRA-DHPLC法によるラッセルシルバー症候群の遺伝子診断システムの開発.」(服部架,鳥居千春,須田直人,小崎健次郎,森山啓司),第68回日本矯正歯科学会,2009年11月

  • 優秀発表賞「精神的問題が疑われ矯正歯科治療において対応に苦慮した3症例」(疋田理奈、川元龍夫,佐藤麻緒,茂木和久,井口隆人,八木優子,豊福明,森山啓司),第68回日本矯正歯科学会,2009年11月

  • 優秀発表賞「舌感覚の皮質投射パタンにおける習慣性咀嚼の関与.」(湊亜紀子,小野卓史,宮本順,誉田栄一,倉林亨,森山啓司),第68回日本矯正歯科学会,2009年11月

  • 優秀ポスター演題賞「Apert 症候群型変異FGFR2とその可溶性変異体を過剰発現するトランスジェニックマウス由来骨芽細胞の分化形質」(鈴木尋之,須田直人,志賀百年,中村正孝,井関祥子,森山啓司),第27回日本骨代謝学会,2009年07月

  • 優秀ポスター賞「歯槽骨延長部への歯の移動に高気圧酸素が与える影響」(井口隆人,川元龍夫,青木朝里,長濱浩平,馬場祥行,鈴木聖一,森山啓司),第33回日本口蓋裂学会総会,2009年05月

  • Travel Award “Amelogenin is a potent inhibitor of odontoclastic root resorption” (Takahashi Y, Suda N, Yamakoshi Y, Baba O, Moriyama K) ,88th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research,2009年04月

  • 優秀発表賞”Ultrasonographic observation of bone formation after maxillary distraction osteogenesis.”(Kataoka K, Baba Y, Honda A, Ishizaki T, Tetsumura A, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Suzuki S, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞”Mapping of brain activation in covert/overt articulation in subjects with/without CLP using fMRI.”(Ono T, Inoue-Arai MS, Sato-Wakabayashi M, Miyamoto JJ, Honda E, Hashimoto K, Kurabayashi T, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞”Systemic and maxillofacial characteristics of Beckwith-Wiedemann syndrome patients without having glossectomy.”(Kawafuji A, Suda N, Ichikawa N, Kakara S, Suzuki T, Ogawa T, Tsuji M, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞”Midfacial soft tissue change after Le FortⅠmaxillary distraction osteogenesis in UCLP patients.”(Kawafuji A, Baba Y, Shiga M, Honda A, Kataoka K, Suzuki S, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞”Clinical application of hyperbaric oxygen therapy for cleft patients treated by distraction osteogenesis.”(Tsuji M, Baba Y, Yagishita K, Yamami N, Mano Y, Suzuki S, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 優秀発表賞”Measurement of traction force using micro tension gauge in maxillary distraction osteogenesis.”(Baba Y, Kataoka K, Kawafuji A, Honda A, Ishizaki T, Suzuki S, Moriyama K),2nd Joint Meeting of the Korean Association of Orthodontists and the Japanese Orthodontic Society,2008年12月

  • 学術奨励賞”Preferred-chewing-side-dependent two-point discrimination and cortical activation of tactile tongue sensation.”(Minato A, Ono T, Miyamoto JJ, Honda E, Kurabayashi T, Moriyama K),56th Japanese Association for Dental Research,2008年11月

  • 優秀ポスター発表賞「Amelogenin は in vivo において歯根吸収を抑制する.」(八木優子、須田直人、山越康雄、馬場麻人、森山啓司),第50回歯科基礎医学会学術大会,2008年09月

  • 優秀発表賞「Enamel matrix derivative (EMD) の歯根吸収抑制活性はアメロゲニンが担う.」(八木優子、須田直人、山越康雄、馬場麻人、森山啓司),第67回日本矯正歯科学会大会,2008年09月

  • 優秀発表賞「下顎側方偏位症例における大臼歯の頬舌的位置と口腔内圧の関連.」(高田潤一、小野卓史、宮本順、横田俊明、森山啓司),第67回日本矯正歯科学会大会,2008年09月

  • 優秀ポスター賞「機能的磁気共鳴画像法を用いた口唇口蓋裂患者における外言語・内言語生成時の脳賦活領域のマッピング.」(若林みちる, 井上マリステラ小百合, 宮本順, 誉田栄一, 橋本幸治, 倉林亨, 小野卓史, 森山啓司),第32回日本口蓋裂学会学術集会,2008年05月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「物を噛む運動は、脳内の異なる二つの司令塔によって制御されていた!」― 咀嚼機能を司る新たな運動制御機構の解明に道筋 ―,2019年06月

    Scientic Reports

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯科矯正トラブル 避けるには?,NHKテキストきょうの健康,2023年12月

  • 歯列矯正のトラブル 避けるために,NHK,きょうの健康,2023年10月02日 - 2023年11月02日

  • 先天異常患者に対する矯正歯科治療,九州歯科大学歯学部講義,九州歯科大学,2022年12月16日

  • 顎変形症患者の外科的矯正治療における舌の形態・位置・運動変化様相,九州大学大学院講義,九州大学,2022年12月06日

  • 同級生交歓について,文藝春秋,文藝春秋,2022年07月08日 - 2022年10月10日

  • 先天異常患者に対する矯正歯科治療,岡山大学歯学部講義,岡山大学,2022年04月13日

  • 顎顔面形態形成・成長発育異常に関する最近の我々の研究から,九州大学大学院特別講義,2021年09月17日

  • 7歳の孫の反対咬合の歯科矯正、3軒の歯科医で治療方針が違う、どう選べばいい?,読売新聞社,ヨミドクター,2021年05月18日

  • 先天異常患者に対する矯正歯科治療,岡山大学特別講義,2021年05月12日

  • 顎顔面の形態形成・成長発育異常から考える歯科矯正学の現在と未来,九州大学大学院特別講義,2021年01月15日

  • 先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ,九州歯科大学歯学部講義,2020年12月25日

  • Research Activities at Department of Maxillofacial Orthognathics in TMDU,東京医科歯科大学・チュラロンコーン大学国際連携歯学系専攻,2020年08月04日

  • 歯科医をどう選ぶ-専門医は頼りになるか,中公新書ラクレ,渡辺勝敏「歯医者さんのかかり方」,2020年07月10日

  • 混合歯列期の反対咬合の診かた 治しかた -被蓋改善から前歯部配列まで-,東京医科歯科大学歯科同窓会,IKASHIKA C.D.E.第57期Part1,2020年02月16日

  • 顎顔面先天異常に対する新規治療法開発の試み,九州大学大学院特別講義,2020年01月17日

  • 矯正、インプラント、歯周病、入れ歯……新しくできる専門医制度は歯科医選びの決定版になるか?,読売新聞医療サイト「ヨミドクター」,医療サイト「ヨミドクター」,渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」,2020年01月15日

  • 成人の矯正歯科,NHK,チョイス@病気になったとき,2019年12月17日 - 2020年01月09日

  • 取材「雇用延長時代を生きる健康術」,産経新聞社,夕刊フジ,2019年06月26日

  • 掲載「かむ動作 脳内2つの司令塔」,日本経済新聞社,日経産業新聞,2019年06月24日

  • 掲載「物を噛む動作が、異なる2つの運動制御機構に働いていることが判明-東京医歯大ら」,株式会社QLife,医療NEWS QLifePro,2019年06月20日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,鹿児島大学歯学部,2019年05月19日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学歯学部,2019年04月10日

  • 講義「混合歯列期の反対咬合の診かた 治しかた -被蓋改善から前歯部配列まで-」,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.E,2019年02月03日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州歯科大学歯学部,2019年01月11日

  • 掲載「新年の一言」,クインテッセンス出版,新聞QUINT,2019年01月10日

  • 講演「顎顔面矯正学の進歩と発展を目指して」,明海大学歯科矯正学分野同門会学術講演会,2018年12月13日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州大学歯学部,2018年10月10日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,鹿児島大学歯学部,2018年07月23日

  • 取材「矯正歯科」,NHK,おはよう日本,2018年06月

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学歯学部,2018年05月30日

  • 掲載「子どもの歯科矯正」,ワイズ・パブリッシング,帰国便利帳,2018年05月02日

  • 講義「混合歯列期の反対咬合の診かた 治しかた -被蓋改善から前歯部配列まで-」,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.E,2018年01月28日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州大学歯学部,2017年12月22日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州歯科大学歯学部,2017年12月15日

  • プレスリリース「矯正歯科治療において歯の移動の新たな鍵となる細胞を同定」―矯正歯科治療の標的細胞が明らかに― ,Scientfic Reports,2017年08月28日

  • 講義「“Give Thy Thoughts with Tongue” -The Tongue is An Eloquent Organ in Orthodontics.」 ,The University of Western Australia,2017年08月04日

  • 講義「Clinical and biological understanding of craniofacial anomalies.」 ,The University of Western Australia,2017年08月03日

  • 講義「Orthodontic perspectives on long-term care for cleft patients.」 ,The University of Western Australia,2017年08月02日

  • 講義「Non surgical and surgical orthodontic treatment for the patients with mandibular prognathism. Part 2」 ,The University of Western Australia,2017年08月01日

  • 講義「Non surgical and surgical orthodontic treatment for the patients with mandibular prognathism. Part 1」 ,The University of Western Australia,2017年07月31日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学歯学部,2017年04月12日

  • 講義「混合歯列期の反対咬合の診かた 治しかた ー被蓋改善から前歯部配列までー」,東京医科歯科大学歯科同窓会 第54期 Part1 No.18 実習コース,2017年02月05日

  • 報道「歯根膜維持する遺伝子 東京医科歯科大学治療法開発に道」,日経産業新聞,日本経済新聞社,2017年02月02日

  • 報道「歯根膜恒常性維持における転写因子Mkxの機能を解明-東医歯大」,株式会社Qlife,QLifePro 医療ニュース,QLifePro 医療ニュース,2017年02月01日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州歯科大学歯学部,2017年01月06日

  • 掲載「森山歯学部長、ヤンゴン歯科大学のCDEプログラムのために講演 」,Myanma Alinn Daily(ミャンマー国営日刊新聞),2016年12月24日

  • 講義「Non-surgical and Surgical Orthodontic Treatment for the Patients with Mandibular Prognathism」 ,University of Dental Medicine, Yangon,2016年12月23日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,九州大学歯学部,2016年10月17日

  • 掲載「きれいな歯並びと噛み合わせをつくる矯正治療」,学校保健ニュース 中学版,2016年05月25日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学歯学部,2016年05月06日

  • 掲載「矯正歯科治療の基礎知識」,学校保健ニュース 中学版,2016年05月05日

  • 掲載「大事な歯のかみ合わせ」,八重山毎日新聞,2016年03月29日

  • 掲載「An orthodontic perspective of long-term care for cleft lip and palate patients」,Myanma Alinn Daily(ミャンマー国営日刊新聞),2016年02月10日

  • 講義「An orthodontic perspective of long-term care for cleft lip and palate patients」 ,University of Dental Medicine, Yangon,2016年02月09日

  • 掲載「歯胚を分割して歯を増やす技術を開発。新たな歯科再生医療に期待が集まる。」,Dentalism,Dentalism News & Topics,2016年

  • 掲載「歯の原基を操作して歯の数を増やす技術開発に成功」,理化学研究所ホームページ,2015年12月24日

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学歯学部,2015年06月25日

  • 掲載「あごの成長なら早めに」,読売新聞,2015年03月13日

  • 掲載「Doubling teeth from single tooth germ」,RIKEN Center for Developmental Biology 2015 Annual Report,2015年 - 2016年

  • 講義「先天異常に対する矯正歯科からのアプローチ」,岡山大学,岡山大学歯学部特別講義,2014年05月14日

▼全件表示