基本情報

写真a

豊福 明(トヨフク アキラ)

TOYOFUKU Akira


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5909

研究室FAX番号

03-5803-5898

ホームページ

https://atoyofpsd2.wixsite.com/home

研究分野・キーワード

歯科心身医学, 歯科心身症, 口腔心身症, 舌痛症, 咬合異常感, 口臭症, 非定型顔面痛, 行動制限療法, 向精神薬

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  歯学部  歯学科  1990年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  福岡大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 歯科心身医学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 歯科心身医学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1992年09月
    平成2年4月 福岡大学医学部歯科口腔外科学教室 医員
  • 1992年10月
    -
    2001年03月
    平成4年10月 福岡大学病院(歯科口腔外科) 助手
  • 2001年04月
    -
    2007年03月
    平成13年4月 福岡大学病院(歯科口腔外科) 講師
  • 2007年03月
    -
    2009年03月
    平成19年3月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科頭頸部心身医学分野  教授
  • 2009年04月
    -
    現在
    平成21年4月 同歯科心身医学分野(分野名変更) 教授
  • 2008年04月
    -
    現在
    北海道医療大学 歯学部 非常勤講師
  • 2010年04月
    -
    2019年03月
    広島大学 歯学部 非常勤講師
  • 2011年04月
    -
    現在
    北海道大学 歯学部 非常勤講師
  • 2013年04月
    -
    現在
    朝日大学 歯学部 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    九州大学 歯学部 非常勤講師
  • 2017年07月
    -
    現在
    神奈川歯科大学 特任教授

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    現在
    口腔病学会 理事
  • 2009年01月
    -
    2014年12月
    日本歯科心身医学会 理事長
  • 2009年06月
    -
    現在
    日本心身医学会 特別委員
  • 2008年01月
    -
    現在
    日本有病者歯科医療学会 代議員・編集査読委員
  • 2017年07月
    -
    現在
    日本口腔内科学会 代議員
  • 2012年01月
    -
    現在
    日本歯科薬物療法学会 編集査読委員
  • 2013年12月
    -
    2014年12月
    日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2019年04月
    -
    現在
    日本顎関節学会教育委員会 委員

▼全件表示

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歯科心身症の治療と病態解明に関する研究,2009年04月 - 2012年03月

  • 歯科心身症の治療技法の開発・改良,2007年03月 - 現在

  • 歯科心身症の病態解明,2007年03月 - 現在

  • 歯科心身症の治療と病態解明に関する研究,2006年04月 - 2009年03月

  • 歯科心身症の診断・治療のための実践型方略の構築,2003年04月 - 2005年03月

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生物学的指標に基づいた「歯科心身医学」体系の再構築

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 歯科心身症の診断・治療体系の構築と病態解明に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 痛みを伴う歯科心身症への認知行動療法適応に関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 舌痛症の症状満足度に焦点を当てた認知行動療法プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯科医師のうつ病対策おける情報提供システムの確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯科医師のうつ病対策における情報提供システムの確立

    文部科学省/日本学術振興会

  • 星状神経節ブロックによる治療効果と遺伝子多型との相関性の解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯科心身症における中枢-末梢機能連関についての集学的研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 舌痛症患者の就労・生活障害を緩和するための認知行動療法プログラムに関する研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • 歯科心身症の疾患横断的な診断・治療法の開発とサブタイプの同定

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Chaoli Hong, Yoshinori Hayashi, Suzuro Hitomi, Ryoko Kurisu, Kentaro Urata, Ikuko Shibuta, Akira Toyofuku, Koichi Iwata, Masamichi Shinoda. Astrocytic and microglial interleukin-1β mediates complement C1q-triggered orofacial mechanical allodynia. Neurosci Res. 2022.11; ( PubMed, DOI )

  2. Durga Paudel, Osamu Uehara, Sarita Giri, Koki Yoshida, Tetsuro Morikawa, Takao Kitagawa, Hirofumi Matsuoka, Hiroko Miura, Akira Toyofuku, Yasuhiro Kuramitsu, Tohru Ohta, Masanobu Kobayashi, Yoshihiro Abiko. Effect of psychological stress on the oral-gut microbiota and the potential oral-gut-brain axis. Jpn Dent Sci Rev. 2022.11; 58 365-375. ( PubMed, DOI )

  3. Ayano Katagiri, Kazuo Tsubota, Lou Mikuzuki, Shigeru Nakamura, Akira Toyofuku, Takafumi Kato, David A Bereiter, Koichi Iwata. Diquafosol sodium reduces neuronal activity in trigeminal subnucleus caudalis in a rat model of chronic dry eye disease. Neurosci Lett. 2022.10; 792 136939. ( PubMed, DOI )

  4. Satoko Sumi, Takahiko Nagamine, Koji Sumi, Reona Aijima, Kyoko Oka, Akira Toyofuku. Case report: Open bite as an extrapyramidal side effect with aripiprazole, a dopamine partial agonist. Front Psychiatry. 2022.09; 13 976387. ( PubMed, DOI )

  5. Satoshi Kasahara, Chihiro Takao, Ko Matsudaira, Naoko Sato, Trang Thi Huyen Tu, Shin-Ichi Niwa, Kanji Uchida, Akira Toyofuku. Case report: Treatment of persistent atypical odontalgia with attention deficit hyperactivity disorder and autism spectrum disorder with risperidone and atomoxetine. Front Pain Res (Lausanne). 2022.08; 3 926946. ( PubMed, DOI )

  6. Takayuki Suga, Takahiko Nagamine, Trang T H Tu, Keiji Moriyama, Akira Toyofuku. Orthognathic Surgery for Patients with Neurodevelopmental Disorders Requires Careful Decision-making by a Multidisciplinary Team. Innov Clin Neurosci. 2022.08; 19 (4-6): 9-10. ( PubMed )

  7. Masafumi Utsunomiya, Hirofumi Matsuoka, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku, Hiroko Miura, Yoshihiro Abiko. The influence of intolerance of uncertainty on the correlation between the severity of symptoms and satisfaction with oral state in patients with burning mouth syndrome. Clin Oral Investig. 2022.07; ( PubMed, DOI )

  8. T T H Tu, M Watanabe, A Toyofuku, U Yojiro. Phantom bite syndrome. Br Dent J. 2022.06; 232 (12): 839-840. ( PubMed, DOI )

  9. Motoko Watanabe, Tetsuo Nakabayashi, Gayatri Nayanar, Chihiro Takao, Chizuko Maeda, Trang Thi Huyen Tu, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Case Report: Auditory Hallucination Induced by Amitriptyline for the Treatment of Atypical Odontalgia. Front Psychiatry. 2022.05; 13 863485. ( PubMed, DOI )

  10. Motoko Watanabe, Chihiro Takao, Zhenyan Liu, Gayatri Nayanar, Takayuki Suga, Chaoli Hong, Trang Thi Huyen Tu, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Takahiko Nagamine, Akira Toyofuku. The Effectiveness and Adverse Events of Amitriptyline and Aripiprazole in Very Elderly Patients With BMS. Front Pain Res (Lausanne). 2022.03; 3 809207. ( PubMed, DOI )

  11. Psychostomatology: The psychosomatic status and approaches for the management of patients with inflammatory oral mucosal diseases Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2022.02; 34 200-208.

  12. Trang Thi Huyen Tu, Motoko Watanabe, Gayatri Krishnakumar Nayanar, Yojiro Umezaki, Haruhiko Motomura, Yusuke Sato, Akira Toyofuku. Phantom bite syndrome: Revelation from clinically focused review. World J Psychiatry. 2021.11; 11 (11): 1053-1064. ( PubMed, DOI )

  13. Kazuya Watanabe, Motoko Watanabe, Chihiro Takao, Chaoli Hong, Zhenyan Liu, Takayuki Suga, Trang Thi Huyen Tu, Junichiro Sakamoto, Yojiro Umezaki, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akihito Uezato, Haruhiko Motomura, Tohru Kurabayashi, Yoshihiro Abiko, Akira Toyofuku. Clinical Characteristics of Predominantly Unilateral Oral Cenesthopathy With and Without Neurovascular Contact. Front Neurol. 2021.10; 12 744561. ( PubMed, DOI )

  14. C Takao, G Nayanar, A Toyofuku. COVID-19 'syndemic'. Br Dent J. 2021.10; 231 (8): 426. ( PubMed, DOI )

  15. Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Olfactory Reference Syndrome (Halitophobia) With Oral Cenesthopathy Treated With Low-Dose Aripiprazole: A Case Report. Clin Neuropharmacol. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  16. Yasuyuki Kimura, Ken-Ichi Tonami, Akira Toyofuku, Hiroshi Nitta. Analysis of Incident Reports of a Dental University Hospital. Int J Environ Res Public Health. 2021.08; 18 (16): ( PubMed, DOI )

  17. Motoko Watanabe, Chaoli Hong, Zhenyan Liu, Chihiro Takao, Takayuki Suga, Trang Thi Huyen Tu, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Yusuke Sato, Norihisa Higashihori, Keiji Moriyama, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Case Report: Iatrogenic Dental Progress of Phantom Bite Syndrome: Rare Cases With the Comorbidity of Psychosis. Front Psychiatry. 2021.08; 12 701232. ( PubMed, DOI )

  18. Takayuki Suga, Trang T H Tu, Junichiro Sakamoto, Akira Toyofuku. A case of vestibular schwannoma with oral burning sensation: surgical complication or burning mouth syndrome? Biopsychosoc Med. 2021.08; 15 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  19. Yoshihiro Abiko, Durga Paudel, Hirofumi Matsuoka, Mitsuru Moriya, Akira Toyofuku. Psychological Backgrounds of Medically Compromised Patients and Its Implication in Dentistry: A Narrative Review. Int J Environ Res Public Health. 2021.08; 18 (16): ( PubMed, DOI )

  20. Trang Thi Huyen Tu, Motoko Watanabe, Takayuki Suga, Chaoli Hong, Chihiro Takao, Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Personality Traits in Burning Mouth Syndrome Patients With and Without a History of Depression. Front Psychiatry. 2021.07; 12 659245. ( PubMed, DOI )

  21. Yojiro Umezaki, Haruhiko Motomura, Akihito Uezato, Toru Naito, Akira Toyofuku. The similarities and differences between oral cenesthopathy and burning mouth syndrome in the elderly. Gerodontology. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  22. Takayuki Suga, Trang Thi Huyen Tu, Miho Takenoshita, Lou Mikuzuki, Yojiro Umezaki, Hiroaki Shimamoto, Yasuyuki Michi, Chaoli Hong, Yoshihiro Abiko, Tohru Ikeda, Narikazu Uzawa, Hiroyuki Harada, Akira Toyofuku. Case Report: Hidden Oral Squamous Cell Carcinoma in Oral Somatic Symptom Disorder. Front Psychiatry. 2021.04; 12 651871. ( PubMed, DOI )

  23. Takayuki Suga, Miho Takenoshita, Trang T H Tu, Takashi Sugawara, Susumu Kirimura, Akira Toyofuku. A case of vestibular schwannoma mimicking burning mouth syndrome. Biopsychosoc Med. 2021.03; 15 (1): 7. ( PubMed, DOI )

  24. Takayuki Suga, Trang T H Tu, Takahiko Nagamine, Akira Toyofuku. Careful use of clonazepam and alpha lipoid acid in burning mouth syndrome treatment. Oral Dis. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  25. Takayuki Suga, Chihiro Takao, Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, and Akira Toyofuku, . A case of refractory glossodynia successfully remitted with combination therapy of sodium valproate and clonazepam Jpn J Psychosom Oral Med. 2020.12; 35 (1・2): 37-40.

  26. Yojiro Umezaki, Motoko Watanabe, Yukiko Shinohara, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki, Trang T H Tu, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Anna Miura, Miho Takenoshita, Yusuke Sato, Ichiro Minami, Jun Oyama, Akira Toriihara, Tatsuya Yoshikawa, Toru Naito, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Comparison of Cerebral Blood Flow Patterns in Patients with Phantom Bite Syndrome with Their Corresponding Clinical Features. Neuropsychiatr Dis Treat. 2020.11; 16 2277-2284. ( PubMed, DOI )

  27. Takayuki Suga, Trang Thi Huyen Tu, Miho Takenoshita, Norihisa Higashihori, Yuji Kabasawa, Takashi Ono, Keiji Moriyama, Akira Toyofuku. Psychosocial Indication for Orthognathic Surgery in Patients with Psychiatric Comorbidities. Psychiatry Clin. Neurosci.. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  28. T T H Tu, A Toyofuku, H Matsuoka. Coping well. Br Dent J. 2020.07; 229 (2): 70. ( PubMed, DOI )

  29. Takayuki Suga, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. A case of an elderly patient with persistent idiopathic facial pain related to dental implants successfully treated with mirtazapine. Psychogeriatrics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  30. Yojiro Umezaki, Takashi Asada, Toru Naito, Akira Toyofuku. A case of oral cenesthopathy in which dementia with Lewy bodies developed during treatment. Psychogeriatrics. 2020.03; ( PubMed, DOI )

  31. Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Kazuya Watanabe, Chaoli Hong, Trang Thi Huyen Tu, Takeshi Watanabe, Junichiro Sakamoto, Norio Yoshino, Takayuki Suga, Lou Mikuzuki, Miho Takenoshita, Satoshi Takada, Tohru Kurabayashi, Akira Toyofuku. Differences in the Clinical Characteristics of Persistent Idiopathic Facial Pain (Atypical Odontalgia) Patients with or Without Neurovascular Compression of the Trigeminal Nerve. Pain Med. 2020.02; 21 (4): 814-821. ( PubMed, DOI )

  32. T Trang, H Tu, Y Abiko, A Toyofuku. Mental health disorders. Br Dent J. 2019.12; 227 (12): 1010. ( PubMed, DOI )

  33. Shiori Sugawara, Masamichi Shinoda, Yoshinori Hayashi, Hiroto Saito, Sayaka Asano, Asako Kubo, Ikuko Shibuta, Akihiko Furukawa, Akira Toyofuku, Koichi Iwata. Increase in IGF-1 Expression in the Injured Infraorbital Nerve and Possible Implications for Orofacial Neuropathic Pain. Int J Mol Sci. 2019.12; 20 (24): ( PubMed, DOI )

  34. Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, Trang T H Tu, Akira Toyofuku. Real-world Discontinuation of Antidepressant Treatment in Patients with Burning Mouth Syndrome: A Chart Review. Pain Med. 2019.12; ( PubMed, DOI )

  35. Takayuki Suga, Miho Takenoshita, Takeshi Watanabe, Trang Th Tu, Lou Mikuzuki, Chaoli Hong, Kazuhito Miura, Tatsuya Yoshikawa, Takahiko Nagamine, Akira Toyofuku. Therapeutic Dose of Amitriptyline for Older Patients with Burning Mouth Syndrome. Neuropsychiatr Dis Treat. 2019.12; 15 3599-3607. ( PubMed, DOI )

  36. Durga Paudel, Masafumi Utsunomiya, Koki Yoshida, Sarita Giri, Osamu Uehara, Hirofumi Matsuoka, Itsuo Chiba, Akira Toyofuku, Yoshihiro Abiko. Pharmacotherapy in relieving the symptoms of burning mouth syndrome: A 1-year follow-up study. Oral Dis. 2019.11; ( PubMed, DOI )

  37. Yukiko Shinohara, Yojiro Umezaki, Ichiro Minami, Motoko Watanabe, Anna Miura, Lou Mikutsuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Tu Thi Hyen Trang, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku.. Comorbid depressive disorders and left-side dominant occlusal discomfort in patients with phantom bite syndrome (PBS). J Oral Rehabil. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  38. Takayuki Suga, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Medical Comorbidities of Patients with Burning Mouth Syndrome. Oral Dis. 2019.08; ( PubMed, DOI )

  39. Akihito Uezato, Akira Toyofuku, Yojiro Umezaki, Toru Nishikawa. Oral dysesthesia associated with autistic traits: a retrospective chart review. Eur. J. Oral Sci.. 2019.05; ( PubMed, DOI )

  40. Watanabe T, Nagamine T, Mikuzuki L, Aota Y, Suga T, Trang T.H Tu, Kawasaki K, Shinohara Y, Takenoshita M, Toyofuku A. . Changes in Corrected QT Interval may be associated with Clinical Responses in Burning Mouth Syndrome Int Med J. 2019.02; 26 (1): 13-14.

  41. Yojiro Umezaki, Trang T H Tu, Akira Toriihara, Yusuke Sato, Toru Naito, Akira Toyofuku. Change of Cerebral Blood Flow After a Successful Pharmacological Treatment of Phantom Bite Syndrome: A Case Report. Clin Neuropharmacol. 2019.02; ( PubMed, DOI )

  42. Trang T H Tu, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Yuma Aota, Yojiro Umezaki, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Pharmacotherapeutic outcomes in atypical odontalgia: determinants of pain relief. J Pain Res. 2019.02; 12 831-839. ( PubMed, DOI )

  43. Trang T H Tu, Miho Takenoshita, Hirofumi Matsuoka, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Yuma Aota, Yoshihiro Abiko, Akira Toyofuku. Current management strategies for the pain of elderly patients with burning mouth syndrome: a critical review. Biopsychosoc Med. 2019.01; 13 1. ( PubMed, DOI )

  44. Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Yuma Aota, Takahiko Nagamine, Akira Toyofuku. Burning mouth syndrome: The challenge of an aging population. Geriatr Gerontol Int. 2018.12; 18 (12): 1649-1650. ( PubMed, DOI )

  45. Yukiko Shinohara, Yojiro Umezaki, Motoko Watanabe, Anna Miura, Lou Mikuzuki, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Miho Takenoshita, Yusuke Sato and Akira Toyofuku. Brain perfusion-based analysis of “phantom bite syndrome Journal of Psychosomatic Oral Medicine. 2018.12; 33 (2): 75-81.

  46. Takeshi Watanabe *Takahiko Nagamine Lou Mikuzuki Yuma Aota Takayuki Suga Trang T.H Tu Miho Takenoshita Akira Toyofuku. An increase in corrected QT interval may indicate a good clinical response to amitriptyline in female patients with burning mouth syndrome neurology and neurobiology. 2018.08; 1 (1): 1-3.

  47. T T H Tu, A Uezato, A Toyofuku. Psychology: Psychiatric dimension to oral pain. Br Dent J. 2018.08; 225 (4): 276. ( PubMed, DOI )

  48. Yojiro Umezaki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki, Trang Th Tu, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, Tatsuya Yoshikawa, Akihito Uezato, Toru Nishikawa, Ken Hoshiko, Toru Naito, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Clinical characteristics and course of oral somatic delusions: a retrospective chart review of 606 cases in 5 years. Neuropsychiatr Dis Treat. 2018.08; 14 2057-2065. ( PubMed, DOI )

  49. Takeshi Watanabe, Kaoru Kawasaki, Trang T.H Tu, Takayuki Suga, Shiori Sugawara, Lou Mikuzuki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku, Takahiko Nagamine. The QTc shortening with amitriptyline may indicate treatment resistance in chronic nonorganic orofacial pain Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics. 2018.04; 9 12-14.

  50. Kaoru Kawasaki, Takahiko Nagamine, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Trang T H Tu, Shiori Sugawara, Lou Mikuzuki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. An increase in salivary flow with amitriptyline may indicate treatment resistance in burning mouth syndrome. Asia Pac Psychiatry. 2018.03; e12315. ( PubMed, DOI )

  51. Anna Miura, Trang T H Tu, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Tatsuya Yoshikawa, Haruhiko Motomura, Miho Takenoshita, Hidefumi Maeda, Akira Toyofuku. Psychiatric comorbidities in patients with Atypical Odontalgia. J Psychosom Res. 2018.01; 104 35-40. ( PubMed, DOI )

  52. Shiori Sugawara, Shinji Okada, Ayano Katagiri, Hiroto Saito, Tatsuro Suzuki, Hiroki Komiya, Kohei Kanno, Kinuyo Ohara, Toshimitsu Iinuma, Akira Toyofuku, Koichi Iwata. Interaction between calcitonin gene-related peptide-immunoreactive neurons and satellite cells via P2Y12 R in the trigeminal ganglion is involved in neuropathic tongue pain in rats. Eur. J. Oral Sci.. 2017.12; 125 (6): 444-452. ( PubMed, DOI )

  53. Trang T H Tu, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Tatsuya Yoshikawa, Haruhiko Motomura, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Evaluating Burning Mouth Syndrome as a comorbidity of Atypical Odontalgia: the impact on pain experiences. Pain Pract. 2017.10; ( PubMed, DOI )

  54. Lou Mikuzuki, Hiroto Saito, Ayano Katagiri, Shinji Okada, Shiori Sugawara, Asako Kubo, Kinuyo Ohara, Jun Lee, Akira Toyofuku, Koichi Iwata. Phenotypic change in trigeminal ganglion neurons associated with satellite cell activation via extracellular signal-regulated kinase phosphorylation is involved in lingual neuropathic pain. Eur. J. Neurosci.. 2017.09; 46 (6): 2190-2202. ( PubMed, DOI )

  55. Miho Takenoshita, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Rou Mikuzuki, Shiori Sugawara, Trang Thi Huyen Tu, Kaoru Kawasaki, Takeru Kyuragi, Yojiro Umezaki and Akira Toyofuku. Clinical features of atypical odontalgia; three cases and literature reviews BioPsychoSocial Med. 2017.08; 11 21. ( DOI )

  56. Hirofumi Matsuoka, Itsuo Chiba, Yuji Sakano, Akira Toyofuku, Yoshihiro Abiko. Cognitive behavioral therapy for psychosomatic problems in dental settings. Biopsychosoc Med. 2017.06; 11 18. ( PubMed, DOI )

  57. Yojiro Umezaki, Akihito Uezato, Akira Toriihara, Toru Nishikawa, Akira Toyofuku. Two Cases of Oral Somatic Delusions Ameliorated With Brain Perfusion Asymmetry: A Case Report. Clin Neuropharmacol. 2017.02; ( PubMed, DOI )

  58. Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Low-Dose Aripiprazole Augmentation in Amitriptyline-Resistant Burning Mouth Syndrome: Results from Two Cases. Pain Med. 2016.08; ( PubMed, DOI )

  59. Yojiro Umezaki, Anna Miura, Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, Akihito Uezato, Akira Toriihara, Toru Nishikawa, Akira Toyofuku. Oral cenesthopathy. Biopsychosoc Med. 2016.06; 10 20. ( PubMed, DOI )

  60. Yojiro Umezaki, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Low-dose aripiprazole for refractory burning mouth syndrome. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016.05; 12 1229-1231. ( PubMed, DOI )

  61. Akira Toyofuku. Psychosomatic problems in dentistry. Biopsychosoc Med. 2016.04; 10 14. ( PubMed, DOI )

  62. Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Tomomi Sakuma, Chisa Shitano, Ayano Katagiri, Miho Takenoshita, Akira Toriihara, Akihito Uezato, Toru Nishikawa, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Comparison of cerebral blood flow in oral somatic delusion in patients with and without a history of depression: a comparative case series. BMC Psychiatry. 2015.03; 15 (1): 422. ( PubMed, DOI )

  63. Akihito Uezato, Akira Toyofuku, Yojiro Umezaki, Motoko Watanabe, Akira Toriihara, Makoto Tomita, Naoki Yamamoto, Akeo Kurumaji, Toru Nishikawa. Oral Dysesthesia Rating Scale: a tool for assessing psychosomatic symptoms in oral regions. BMC Psychiatry. 2014.12; 14 (1): 359. ( PubMed, DOI )

  64. Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Spica Suzuki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Tomomi Sakuma, Chisa Shitano, Ayano Katagiri, Yusuke Sato, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Psychiatric comorbidities and psychopharmacological outcomes of phantom bite syndrome. J Psychosom Res. 2014.11; ( PubMed, DOI )

  65. Yojiro Umezaki, Ayano Katagiri, Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, Tomomi Sakuma, Emi Sako, Yusuke Sato, Akira Toriihara, Akihito Uezato, Hitoshi Shibuya, Toru Nishikawa, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Brain perfusion asymmetry in patients with oral somatic delusions. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 2013.06; 263 (4): 315-323. ( PubMed, DOI )

  66. Akihito Uezato, Naoki Yamamoto, Akeo Kurumaji, Akira Toriihara, Yojiro Umezaki, Akira Toyofuku, Toru Nishikawa. Improvement of asymmetrical temporal blood flow in refractory oral somatic delusion after successful electroconvulsive therapy. J ECT. 2012.03; 28 (1): 50-51. ( PubMed, DOI )

  67. Yoshikawa T, Toyofuku A. [Psychopharmacology and oral psychosomatic disorder]. Nihon Rinsho. 2012.01; 70 (1): 122-125. ( PubMed )

  68. Ayano Katagiri, Masamichi Shinoda, Kuniya Honda, Akira Toyofuku, Barry J Sessle, Koichi Iwata. Satellite glial cell P2Y12 receptor in the trigeminal ganglion is involved in lingual neuropathic pain mechanisms in rats. Mol Pain. 2012; 8 23. ( PubMed, DOI )

  69. Yoshihiro Abiko, Hirofumi Matsuoka, Itsuo Chiba, Akira Toyofuku. Current evidence on atypical odontalgia: diagnosis and clinical management. Int J Dent. 2012; 2012 518548. ( PubMed, DOI )

  70. Yuichi Kato, Tomoko Sato, Ayano Katagiri, Yojiro Umezaki, Miho Takenoshita, Tatsuya Yoshikawa, Yusuke Sato, Akira Toyofuku. Milnacipran dose-effect study in patients with burning mouth syndrome. Clin Neuropharmacol. 2011.07; 34 (4): 166-169. ( PubMed, DOI )

  71. Miho Takenoshita, Tomoko Sato, Yuichi Kato, Ayano Katagiri, Tatsuya Yoshikawa, Yusuke Sato, Eisuke Matsushima, Yoshiyuki Sasaki, Akira Toyofuku. Psychiatric diagnoses in patients with burning mouth syndrome and atypical odontalgia referred from psychiatric to dental facilities. Neuropsychiatr Dis Treat. 2010.10; 6 699-705. ( PubMed, DOI )

  72. Toyofuku A. [From psychosomatic dentistry to brain dentistry]. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2007.10; 74 (3): 161-168. ( PubMed )

  73. Akira Toyofuku, Toshihiro Kikuta. Treatment of phantom bite syndrome with milnacipran - a case series. Neuropsychiatr Dis Treat. 2006.09; 2 (3): 387-390. ( PubMed )

  74. Akira Toyofuku, Haruhiko Miyako. A case of temporo-mandibular disorder with fibromyalgia treated with the antidepressant, milnacipran. Hum Psychopharmacol. 2004.07; 19 (5): 357-358. ( PubMed, DOI )

  75. 豊福 明. 歯科・口腔外科領域の心身医学 日本医師会雑誌. 2022.10; 151 322-323.

  76. 豊福 明. 種々の身体的不調を「咬み合わせが原因である」と訴えて来院した患者の対応について 日本歯科医師会雑誌. 2022.02; 74 (11): 33-41.

  77. 渡邉 素子, 高尾千紘,前田智寿古、Tu TH Trang, 須賀隆行、松岡紘史、 竹之下 美穂、安彦善裕、 豊福 明. 舌痛症患者における味覚と疼痛 日歯心身. 2021.12; 36 (1・2): 11-19.

  78. 安彦 善裕, 松岡 紘史, 植原 治, 吉田 光希, 三浦 宏子, 森谷 満, 豊福 明. エピジェネティクスとBurning mouth syndrome Burning mouth syndromeの病態への関与が疑われるエピジェネティクス変化 日歯心身. 2021.12; 36 5-10.

  79. 岩脇 清一, 須賀 隆行, 高尾 千紘, 渡邉 素子, 長嶺 敬彦, 豊福 明. 歯科心身医学における卒前教育の充実の必要性 未病と抗老化. 2021.11; 30 46-51.

  80. 渡邉 素子, 高尾 千紘, Hong Chaolin, Liu Zhenyan, Nayanar Gayatri, 前田 智寿古, Tu Trang, 須賀 隆行, 竹之下 美穂, 豊福 明. 歯科心身症患者の臨床実態 2017~19年度(3年間)における当科での推移 未病と抗老化. 2021.11; 30 41-15.

  81. 豊福 明. 舌のしびれ ドクターサロン. 2021.05; 65 (6): 24-27.

  82. 竹之下美穂、渡邉素子、豊福 明. 女性の口腔領域に関連した心身症とその対応 産科と婦人科. 2021.04; 88 (4): 481-485.

  83. 須賀隆行,竹之下美穂、松岡紘史、安彦善裕、豊福 明. 残遺する反芻思考に対してアミトリプチリンとアリピプラゾールの併用療法が奏功した舌痛症の1例 日歯心身. 2020.12; 35 (1・2): 26-30.

  84. 梅崎陽二朗、金光芳郎、澤本良子、豊福明 内藤徹. 高齢者歯科外来における2017、2018年度の歯科心身症患者153名の臨床統計的検討 日歯心身. 2020.12; 35 (1・2): 13-19.

  85. 安彦善裕、松岡紘史、豊福明. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)社会での歯科医療に関わるメンタルな問題 日歯心身. 2020.12; 35 (1・2): 1-4.

  86. 豊福 明. 慢性の痛みとメンタルヘルスー舌痛症の治療を通してー 外来精神医療. 2020.10; 21 (1): 63-64.

  87. 竹之下美穂、渡邉素子、豊福 明. 口腔感覚異常に対する心身医学的アプローチ JOHNS. 2020.07; 36 (8): 1006-1008.

  88. 豊福 明. 歯痛 ENTONI 耳鼻咽喉科領域の痛みのすべて. 2019.12; 239 40-46.

  89. 豊福 明. 周囲とのトラブルに発展しかねない疾患をもつ患者さん デンタルハイジーン. 2019.12; 40 (1): 72-74.

  90. 須賀隆行、竹之下美穂、豊福 明. 入院加療が必要と思われた高齢舌痛症患者の1例:アミトリプチリンの使い方を中心とした外来治療上の工夫について 日歯心身. 2019.12; 34 (1,2): 35-40.

  91. 豊福 明. 歯科心身医療外来から歯科衛生士への期待 日歯心身. 2019.12; 34 10-12.

  92. 竹之下美穂、豊福 明. 歯科心身症 内科. 2019.09; 124 (3): 2010-2012.

  93. 竹之下美穂、豊福 明. 歯科処置後の「想定外」の愁訴をどうするか? 東京都歯科医師会雑誌. 2019.09; 67 3-11.

  94. 豊福 明. 患者対応SOS~まさかの“隠れメンタル”どうケアする?~ デンタルハイジーン. 2019.08; 39 (8): 828-842.

  95. 渡邊毅、美久月瑠宇、三浦和仁、須賀隆行、長嶺敬彦、豊福明. プラセボ効果と歯科治療-Medically Unexplained Oral Symptoms (MUOS)を生じさせないために- 最新精神医学. 2019.06; 24 (3): 235-240.

  96. 豊福 明. 歯科インプラント治療が必要な患者の「メンタル問題」をどう評価し、どう対処するか? 顎顔面インプラント誌. 2019.04; 18 (1): 17-22.

  97. 豊福 明. 高齢者の舌痛症 ENTONI 高齢者のみみ・はな・のど診療マニュアル. 2018.11; 225 41-45.

  98. 豊福 明. 医学的に説明困難な口腔症状(MUOS)を呈する患者への対応 日本歯科評論. 2018.09; 78 (9): 21-23.

  99. 渡邊 毅、長嶺敬彦、美久月瑠宇、川崎カオル、須賀隆行、竹之下美穂、豊福 明. 歯科領域における慢性疼痛に対する抗うつ薬の効果と副作用 最新精神医学. 2018.08; 23 (4): 357-342.

  100. 豊福 明、吉川達也. インプラント治療が必要な患者の「メンタル問題」をどう評価し、どう対処するか クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー. 2018.07; 25 (4): 52-63.

  101. 豊福 明. 歯科口腔外科領域の慢性疼痛ーその特異性と他科領域との接点 心身医. 2018.06; 58 (5): 384-389.

  102. 星子 謙、竹之下美穂、梅崎陽二朗、菅原詩織、川崎カオル、三浦杏奈、美久月瑠宇、篠原優貴子、吉川達也、豊福 明. 歯科心身症における歯科医師と薬剤師の連携(歯薬連携)の有用性について 日歯心身. 2018.06; 33 (1): 3-8.

  103. 竹之下美穂、篠原優貴子、三浦杏奈、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Huyen Trang、須賀隆行、渡邉毅、豊福明. 当分野におけるいわゆる歯科心身症に対する心身医学的アプローチについて 心身医. 2018.03; 58 (2): 133-139.

  104. 豊福 明. ”心身症っぽい”口腔内疼痛とドパミン神経系 歯科薬物療法. 2017.12; 36 (3): 117-120.

  105. 豊福 明. 患者のメンタル評価のスキル 咬み合わせの科学. 2017.05; 37 (1.2): 90-94.

  106. 豊福 明. 咬合治療が上手くいかない患者をどうするか?ーphantom bite syndrome(PBS)を知る 咬み合わせの科学. 2016.10; 36 (3): 220-225.

  107. 篠原優貴子、長嶺敬彦、豊福 明. スルピリドが有効であった慢性疼痛を伴う地図状舌の1例 未病と抗老化. 2016.08; 25 50-54.

  108. 松岡紘史、安彦善裕、豊福明、森谷満、坂野雄二、千葉逸朗、斎藤一郎. PHQ-9およびGAD-7を使用した歯科医師のうつ病に関する知識についての調査 日歯心身. 2016.07; 30 (2): 55-62.

  109. 豊福 明. 舌痛症への対応 日本歯科評論. 2016.01; 76 (2): 43-52.

  110. 吉川達也、 豊福 明. 歯科領域では不定愁訴をこうみる Modern Physician. 2015.08; 35 (8): 952-954.

  111. 豊福 明. 歯科の不定愁訴(MUOS)への向き合い方 the Quintessence. 2015.06; 34 (6): 104-113.

  112. 豊福 明. ドライマウスと歯科心身症 日本歯科評論. 2015.03; 75 (3): 47-52.

  113. 豊福 明. 歯の不定愁訴は、どこから生じるのか? 口病誌. 2015; 82 (1): 15.

  114. 豊福 明. 咬合関連の不定愁訴をどう診るか? 東北矯正歯科学会誌. 2014.12; 22 (1): 41-43.

  115. 渡邉素子, 三浦杏奈、篠原優貴子, 鈴木スピカ, 佐久間朋美, 舌野知佐, 吉川達也, 片桐綾乃、佐藤佑介、 竹之下美穂, 豊福 明. 少量のアリピプラゾールが奏功したPhantom Bite Syndromeの2症例 日歯心身. 2014.12; 29 (2): 69-74.

  116. 豊福 明. 精神科疾患とのcomorbidityが問題となる身体科疾患 顎関節症と精神科疾患とのcomorbidity 心身医学. 2014.11; 54 (11): 1020-1025. ( 医中誌 )

  117. 竹之下美穂, 渡邉素子, 鈴木スピカ, 三浦杏奈, 篠原優貴子, 片桐綾乃, 佐藤佑介, 舌野知佐, 吉川達也, 佐久間朋美, 豊福 明. アミトリプチリンにアリピプラゾールの追加が奏功した非定型歯痛の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2014.06; 29 (1): 34-38. ( 医中誌 )

  118. 吉川達也、渡邉素子、鈴木スピカ、篠原優貴子、三浦杏奈、舌野知佐、片桐綾乃、佐久間朋美、竹之下美穂、佐藤佑介、豊福 明. 舌痛症の抗うつ薬への反応性に関与する因子についての臨床的検討 日本歯科心身医学会雑誌. 2014.06; 29 (1): 17-23. ( 医中誌 )

  119. 豊福 明. 【うつ病患者への正しい向き合い方】 歯科医師はうつ病のゲートキーパー The Quintessence. 2014.04; 33 (4): 822-831. ( 医中誌 )

  120. 豊福 明. 女性の心の痛みとストレスの関係 顎関節症の女性心身医学的問題 女性心身医学. 2014.03; 18 (3): 366-369. ( 医中誌 )

  121. 梅崎 陽二朗, 豊福 明. 痛みの臨床 心身医療からのアプローチ】 疼痛の治療 歯痛・顎関節痛 Modern Physician. 2014.01; 34 (1): 60-62. ( 医中誌 )

  122. 渡邉 素子, 梅崎 陽二朗, 鈴木 スピカ, 佐久間 朋美, 酒向 絵美, 吉川 達也, 片桐 綾乃, 竹之下 美穂, 豊福 明. 顎矯正手術後に醜形恐怖が顕在化した顎変形症の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2013.12; 28 (1−2): 26-7. ( 医中誌 )

  123. 片桐 綾乃, 梅崎 陽二朗, 渡邉 素子, 吉川 達也, 竹之下 美穂, 佐藤 佑介, 安彦 善裕, 豊福 明. アリピプラゾールが奏功した口腔乾燥症(口腔セネストパチー)の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2013.12; 28 (1-2): 26-29. ( 医中誌 )

  124. 梅崎 陽二朗, 渡邉 素子, 竹之下 美穂, 吉川 達也, 佐久間 朋美, 酒向 絵美, 片桐 綾乃, 佐藤 佑介, 豊福 明. 症状の改善に伴い局所脳血流量の変化が見られたphantom bite syndromeの1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2013.12; 28 (1-2): 30-34. ( 医中誌 )

  125. 玉井 眞一郎, 上里 彰仁, 甫母 瑞枝, 梅崎 陽二朗, 豊福 明, 西川 徹. 【精神科医が知っておくべき各診療科との連携のポイント】 口腔内セネストパチー 精神科と歯科との連携 精神科. 2013; 22 (5): 517-521. ( 医中誌 )

  126. 豊福 明, 安彦 善裕, 松岡 紘史, 西川 徹, 稲光 哲明, 斎藤 隆史, 坂野 雄二. "心因性"の非定型歯痛の診断・治療ガイドラインの策定 日本歯科医学会誌. 2013; 32 63-67. ( 医中誌 )

  127. 豊福 明. 女性と歯科心身症 女性心身医学. 2013; 17 (3): 266-272. ( 医中誌 )

  128. 梅崎 陽二朗,佐藤佑介、片桐 綾乃, 渡邉素子, 竹之下 美穂, 吉川 達也, 佐久間 朋美, 酒向 絵美,豊福明. アミトリプチリンが奏功したPhantom bite syndrome(咬合異常感)の1例 日歯心身. 2012.12; 27 44-49.

  129. 渡邉素子、片桐綾乃、梅崎陽二朗、佐久間朋美、酒向絵美、吉川達也、竹之下美穂、佐藤佑介、豊福明. 歯科心身医療が以来における初診患者1210名の臨床統計的検討 日歯心身. 2012.12; 27 37-43.

  130. 豊福 明. 【痛み治療の今】 疼痛治療の実際 歯痛・顎関節痛 臨牀と研究. 2012; 89 (2): 195-200. ( 医中誌 )

  131. 吉川 達也, 豊福 明. 【身体疾患と向精神薬-身体疾患に伴う精神障害治療-】 各科疾患における向精神薬の使用法 歯科領域 日本臨床. 2012; 70 (1): 122-125. ( 医中誌 )

  132. 片桐 綾乃, 佐藤 佑介, 梅崎 陽二朗, 佐藤 智子, 渡邉 素子, 竹之下 美穂, 吉川 達也, 豊福 明. アルツハイマー型認知症を併発した高齢者の舌痛症の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2011; 26 (1): 36-40. ( 医中誌 )

  133. 豊福 明. 【痛みで困ったとき】 対応に苦慮する痛みの診断と治療 非定型顔面痛・顎関節痛 JIM: Journal of Integrated Medicine. 2011; 21 (12): 984-985. ( 医中誌 )

  134. 渡邉 素子, 片桐 綾乃, 梅崎 陽二朗, 佐久間 朋美, 酒向 絵美, 竹之下 美穂, 豊福 明. 顎矯正手術に固執し対応に難渋した、精神障害を有する顎変形症の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2011; 26 (2): 75-80. ( 医中誌 )

  135. 吉川 達也, 佐藤 智子, 加藤 雄一, 竹之下 美穂, 片桐 綾乃, 梅崎 陽二朗, 香川 知範, 佐藤 佑介, 豊福 明. 歯痛に関連した妄想に苦慮した未治療の統合失調症の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2011; 26 (1): 19-23. ( 医中誌 )

  136. 吉川 達也, 豊福 明. 【口腔症状への対応】 "こころの問題"と口腔症状 調剤と情報. 2011; 17 (8): 1017-1021. ( 医中誌 )

  137. 吉川 達也, 豊福 明. 【医師に知ってほしい高齢者歯科の知識】 Column 高齢者によくみられる舌痛症 Geriatric Medicine. 2011; 49 (5): 569-571. ( 医中誌 )

  138. 豊福 明. 「咬合違和感」を考えるための7章(Chapter 5) 歯科心身医学から見た「咬合異常感」 歯界展望. 2011; 117 (1): 142-143. ( 医中誌 )

  139. 豊福 明. 歯科心身症患者さんにどう対処するか? インプラントと歯科心身症 群馬県歯科医学会雑誌. 2011; 15 1-14. ( 医中誌 )

  140. 豊福 明. 救急外来で遭遇する歯や口の不定愁訴とその対応 ERマガジン. 2010; 7 (1): 48-49. ( 医中誌 )

  141. 佐藤 智子, 佐藤 佑介, 加藤 雄一, 片桐 綾乃, 梅崎 陽二朗, 竹之下 美穂, 吉川 達也, 豊福 明. 歯科インプラント治療後の非定型歯痛に対してミルタザピンが有効であった2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2010; 25 (2): 61-65. ( 医中誌 )

  142. 豊福 明. こころと身体全体を見据えた歯科医療 福岡歯科大学学会雑誌. 2010; 36 (2): 73-80. ( 医中誌 )

  143. 豊福 明. 歯科からみた女性のライフサイクルにおける心身医療 女性心身医学. 2010; 15 (1): 104-110. ( 医中誌 )

  144. 吉川 達也, 加藤 雄一, 竹之下 美穂, 佐藤 智子, 片桐 綾乃, 梅崎 陽二朗, 佐藤 佑介, 豊福 明. 当科における平成20年度初診患者の臨床統計的検討 日本歯科心身医学会雑誌. 2010; 25 (1): 7-13. ( 医中誌 )

  145. 豊福 明. 企画にあたって 歯科における"心身症"医療の現状 歯界展望. 2009; 113 (6): 1127. ( 医中誌 )

  146. 豊福 明. 【一般歯科外来でも知っておこう! "歯科心身症"の実態とその対応】 歯科心身症病態解明の最新研究動向 脳内の情報伝達系の障害と歯科心身症 歯界展望. 2009; 113 (6): 1134. ( 医中誌 )

  147. 安彦 善裕, 松岡 紘史, 畠山 翔太, 佐藤 淳, 吉田 光稀, 齊藤 正人, 坂野 雄二, 豊福 明. 認知行動療法とミルナシプランの処方によって症状の消失をみた舌痛症の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2009; 24 (2): 79-83. ( 医中誌 )

  148. 豊福 明. FOCUS 日常臨床での遭遇頻度が急増する歯科心身症患者への対応法 基本編 「歯科心身症」と「精神病」の違いと臨床現場でのとらえ方 The Quintessence. 2009; 28 (2): 145-152. ( 医中誌 )

  149. 豊福 明. ドライマウス基礎から臨床 神経性ドライマウスの捉え方と対処法 日本口腔外科学会雑誌. 2009; 55 (4): 163-168. ( 医中誌 )

  150. 豊福 明. 【身体疾患とうつ病】 各科臨床におけるうつ病診療の実際 歯科・口腔領域の疾患とうつ病 Progress in Medicine. 2009; 29 (10): 2443-2447. ( 医中誌 )

  151. 豊福 明. FOCUS 日常臨床での遭遇頻度が急増する歯科心身症患者への対応法 臨床編 「歯科心身症」に開業医が対応できる境界線をケースから学ぶ The Quintessence. 2009; 28 (3): 135-143. ( 医中誌 )

  152. 竹之下 美穂, 吉川 達也, 加藤 雄一, 佐藤 智子, 豊福 明. 当科を受診した非定型歯痛の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2008; 23 (1-2): 46-50. ( 医中誌 )

  153. 豊福 明. 歯科口腔領域の慢性疼痛 歯科心身症を中心に ペインクリニック. 2008; 29 (3): 391-399. ( 医中誌 )

  154. 豊福 明. 歯科心身症への新しいアプローチ 口腔病学会雑誌. 2007; 74 (3): 161-168. ( 医中誌 )

  155. 豊福 明, 安彦 善裕. 口腔内科相談外来から 補足講義 "歯科(口腔)心身症" 診断と治療の最前線 歯界展望. 2007; 110 (1): 132-135. ( 医中誌 )

  156. 井上 真里, 葉山 揚介, 池山 尚岐, 梅本 丈二, 豊福 明, 喜久田 利弘. 統合失調症患者の生石灰誤飲による口腔粘膜化学熱傷の1経験例 日本口腔科学会雑誌. 2007; 56 (1): 56-59. ( 医中誌 )

  157. 豊福 明, 竹之下 美穂, 都 温彦. セルトラリンが奏効した高齢者の舌痛症の2例 日本歯科心身医学会雑誌. 2007; 22 (2): 84-87. ( 医中誌 )

  158. 豊福 明. 【食べる機能の障害と栄養ケア 摂食・嚥下の仕組みから口腔ケアまで】 うつ 臨床栄養. 2007; 111 (4): 517-519. ( 医中誌 )

  159. 斎木 正純, 池山 尚岐, 梅本 丈二, 手島 将, 鯵坂 正秋, 井上 育子, 高橋 宏昌, 青柳 直子, 井上 真里, 内山 順誠, 葉山 揚介, 中島 由美子, 豊福 明, 喜久田 利弘. 福岡大学病院歯科口腔外科における過去31年5ヵ月間の入院患者の臨床統計的検討 福岡大学医学紀要. 2006; 33 (1): 87-92. ( 医中誌 )

  160. 豊福 明, 喜久田 利弘. 研修医が知っておきたい歯科心身症 レジデントノート. 2006; 7 (11): 1571-1575. ( 医中誌 )

  161. 高橋 宏昌, 豊福 明, 池山 尚岐, 斎木 正純, 松永 亜樹, 喜久田 利弘. 自発性異常味覚に対するロフラゼプ酸エチルの使用経験 日本歯科心身医学会雑誌. 2006; 21 (1): 23-26. ( 医中誌 )

  162. 槙 英明, 豊福 明, 喜久田 利弘. 上顎骨部分欠損に対する新しい中空型顎義歯製作法 日本歯技. 2006; (440): 33-40. ( 医中誌 )

  163. 豊福 明. "歯科心身症"としての舌痛症 日本歯科心身医学会雑誌. 2006; 21 (2): 43-48. ( 医中誌 )

  164. 豊福 明, 池山 尚岐, 斎木 正純, 高橋 宏昌, 喜久田 利弘. Efficacy of milnacipran for oral psychosomatic disorder patients with "occlusal discomfort" 日本歯科心身医学会雑誌. 2005; 20 (2): 55-58. ( 医中誌 )

  165. 内野 玲, 豊福 明, 都 温彦. 「咀嚼習慣および口腔消化」と血糖値との関係 心療内科. 2005; 9 (4): 290-294. ( 医中誌 )

  166. 豊福 明, 池山 尚岐, 斎木 正純, 高橋 宏昌, 喜久田 利弘. 歯科心身症に対するフルボキサミンとロフラゼプ酸エチルの併用療法に関する検討 日本歯科心身医学会雑誌. 2005; 20 (2): 50-54. ( 医中誌 )

  167. 豊福 明. 診断の指針 治療の指針 口臭 綜合臨床. 2004; 53 (3): 589-590. ( 医中誌 )

  168. 豊福 明, 都 温彦. 舌痛症に対するmilnacipranとamitriptylineの併用療法 日本歯科心身医学会雑誌. 2004; 19 (1〜2): 65-66. ( 医中誌 )

  169. 豊福 明, 梅本 丈二, 喜久田 利弘, 都 温彦. 歯科心身症の入院治療とその遠隔成績について 日本歯科心身医学会雑誌. 2004; 19 (1〜2): 37-42. ( 医中誌 )

  170. 豊福 明, 梅本 丈二, 喜久田 利弘, 都 温彦. 大動脈弁置換術後に発症した高齢者の非定型顔面痛の1例 Pharma Medica. 2004; 22 (10): 93-97. ( 医中誌 )

  171. 豊福 明, 都 温彦. 【一般診療科医のための抗不安薬の選び方と使い方】 各診療科での抗不安薬治療の実際 症例提示 歯科口腔外科 Modern Physician. 2004; 24 (6): 1091-1094. ( 医中誌 )

  172. 豊福 明, 都 温彦. A case report: occlusal discomfort (temporomandibular disorder) accompanied by fibromyalgia treated with milnacipran 日本歯科心身医学会雑誌. 2003; 18 (2): 99-101. ( 医中誌 )

  173. 豊福 明. 乾燥症とシェーグレン 歯科心身症領域の対処方法 医薬ジャーナル. 2003; 39 (6): 1818-1821. ( 医中誌 )

  174. 豊福 明, 都 温彦. 【頭頸部の心身症】 口臭症 心療内科. 2003; 7 (2): 115-119. ( 医中誌 )

  175. 中村 広一, 貞森 紳丞, 豊福 明. 上顎前歯の毀損およびその治療に対する精神分裂病(統合失調症)患者の反応に関する臨床的検討 健常者および他疾患患者との比較 日本歯科心身医学会雑誌. 2003; 18 (2): 73-79. ( 医中誌 )

  176. 豊福 明, 都 温彦. 【うつと不安 進歩した薬物治療】 各種疾患におけるうつと不安 歯科口腔外科疾患における歯科心身症の変化と新規薬剤の使用経験 臨牀と研究. 2003; 80 (9): 1636-1640. ( 医中誌 )

  177. 鳥尾 直弘, 高橋 宏昌, 豊福 明, 都 温彦. 口腔湿潤感安定者と不安定者の要因と判別に関する臨床的研究 心療内科. 2003; 7 (4): 320-326. ( 医中誌 )

  178. 豊福 明, 梅本 丈二, 都 温彦. パロキセチンが奏効した舌痛症の1例 Pharma Medica. 2002; 20 (10): 87-90. ( 医中誌 )

  179. 豊福 明, 梅本 丈二, 宮城 太郎, 池山 尚岐, 登根 香織, 手島 将, 喜久田 利弘, 都 温彦, 斉木 正純, 嶌田 斉人. 歯性感染症におけるAzithromycin(AZM,ジスロマック)の臨床的評価 歯界展望. 2002; 100 (4): 929-933. ( 医中誌 )

  180. 豊福 明, 梅本 丈二, 登根 香織, 斎木 正純, 都 温彦. 執拗な歯痛と薬剤アレルギーを訴え,長期にわたり多施設を受診していた未治療の精神分裂病(統合失調症)の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2002; 17 (2): 123-127. ( 医中誌 )

  181. 豊福 明, 梅本 丈二, 都 温彦. An open-label pilot study on the use of milnacipran for glossodynia patients 日本歯科心身医学会雑誌. 2002; 17 (2): 119-122. ( 医中誌 )

  182. 登根 香織, 豊福 明, 齊木 正純, 喜久田 利弘, 都 温彦. 演技性人格障害を有する下顎前突症患者の顎矯正手術経験 日本歯科心身医学会雑誌. 2002; 17 (1): 27-32. ( 医中誌 )

  183. 豊福 明, 梅本 丈二, 斎木 正純, 喜久田 利弘, 都 温彦. 口臭症(口臭恐怖症)治療における電子メールの応用 日本歯科心身医学会雑誌. 2002; 17 (1): 33-37. ( 医中誌 )

  184. 豊福 明, 梅本 丈二, 斎木 正純, 喜久田 利弘, 都 温彦. 歯科心身症に対するmilnacipranの使用経験 日本歯科心身医学会雑誌. 2002; 17 (1): 39-43. ( 医中誌 )

  185. 豊福 明, 梅本 丈二, 宮城 太郎, 登根 香織, 喜久田 利弘, 都 温彦. The efficacy of fluvoxamine for "halitophobia" 日本歯科心身医学会雑誌. 2001; 16 (1): 81-85. ( 医中誌 )

  186. 豊福 明, 都 温彦. フルボキサミンが奏効した口臭症(自己臭恐怖症)の1例 Pharma Medica. 2001; 19 (6): 131-135. ( 医中誌 )

  187. 喜久田 利弘, 新井 誠二, 小林 裕介, 齋木 正純, 宮城 太郎, 梅本 丈二, 豊福 明, 都 温彦. 白十字病院歯科口腔外科における過去5年間の新来患者及び入院患者の臨床統計的観察 福岡大学医学紀要. 2001; 28 (4): 227-235. ( 医中誌 )

  188. 豊福 明, 都 温彦. 【うつと不安 日常診療の対応】 歯科口腔外科疾患におけるうつと不安 臨牀と研究. 2000; 77 (5): 933-937. ( 医中誌 )

  189. 豊福 明. いわゆる口腔心身症の入院治療についての臨床的研究 治療技法の検討と病態仮説の構築について 日本歯科心身医学会雑誌. 2000; 15 (1): 41-71. ( 医中誌 )

  190. 豊福 明, 梅本 丈二, 内藤 温友, 喜久田 利弘, 都 温彦. 入院治療を要した口臭症(自己臭恐怖症)の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 2000; 15 (2): 197-202. ( 医中誌 )

  191. 豊福 明, 梅本 丈二, 内藤 温友, 都 温彦. Perphenazineが奏効した,いわゆる"義歯関連不定愁訴症候群"の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 1999; 14 (1): 71-75. ( 医中誌 )

  192. 宮崎 秀夫, 荒尾 宗孝, 岡村 和彦, 川口 陽子, 豊福 明, 星 佳芳, 八重垣 健. 口臭症分類の試みとその治療必要性 新潟歯学会雑誌. 1999; 29 (1): 11-15. ( 医中誌 )

  193. 豊福 明, 吉田 美紀, 喜久田 利弘, 都 温彦. 疼痛のため約10年間にわたり就業不能であった非定型顔面痛患者の1治験例 日本歯科心身医学会雑誌. 1998; 13 (2): 127-131. ( 医中誌 )

  194. 豊福 明, 吉田 美紀, 清水 敏博, 内藤 温友, 喜久田 利弘, 都 温彦. 多彩な身体症状を咬合異常と関連づけているいわゆる顎関節症の入院治療 「咬合」や「性格」など病気と関連づけられた事項を治療から切り離す意義について 日本歯科心身医学会雑誌. 1998; 13 (1): 51-58. ( 医中誌 )

  195. 豊福 明, 古賀 勉, 清水 敏博, 他. 口臭症(自己臭恐怖症)患者の治療における「感想文」の意義 日本歯科心身医学会雑誌. 1997; 12 (1): 55-59. ( 医中誌 )

  196. 豊福 明, 清水 敏博, 嶋村 知記, 他. 口腔内セネストパチーの2治験例 日本歯科心身医学会雑誌. 1997; 12 (2): 145-148. ( 医中誌 )

  197. 清水 敏博, 喜久田 利弘, 豊福 明, 他. 歯科口腔外科領域における有痛性疾患の痛みの性質に関する臨床的研究 智歯周囲炎において非器質性疼痛の特徴を表す場合の実態とその理由について 日本歯科心身医学会雑誌. 1997; 12 (2): 139-144. ( 医中誌 )

  198. 豊福 明, 吉田 美紀, 嶋村 知記, 他. 多彩な全身的愁訴を伴う,いわゆる顎関節症の入院治療 日本歯科心身医学会雑誌. 1996; 11 (1): 88-95. ( 医中誌 )

  199. 後藤 尚史, 喜久田 利弘, 豊福 明, 他. 歯科口腔外科領域における有痛性疾患の痛みの性質に関する臨床的研究 智歯周囲炎において非器質性疼痛の特徴を表す場合の頻度について 日本歯科心身医学会雑誌. 1996; 11 (1): 80-87. ( 医中誌 )

  200. 槙 英明, 豊福 明, 古賀 勉, 他. 無歯顎上顎片側欠損症例に対する印象及び咬合採得法の一工夫 顎顔面補綴. 1995; 18 (2): 108-112. ( 医中誌 )

  201. 豊福 明, 後藤 尚史, 島村 知記. 治療的キーワード"悪い自分"を用いた口臭症(自己臭恐怖症)の1治療経験例 日本歯科心身医学会雑誌. 1994; 9 (1): 92-98. ( 医中誌 )

  202. 豊福 明, 喜久田 利弘, 後藤 尚史, 他. 「感想文」を用いて入院治療を行った多彩な全身症状を伴ういわゆる顎関節症の1治験例 日本歯科心身医学会雑誌. 1994; 9 (2): 192-199. ( 医中誌 )

  203. 豊福 明, 福田 仁一, 都 温彦. 治療的キーワード"良い自分""悪い自分"を用いて入院治療を行ったPanic disorder(歯科治療恐怖症)の1例 日本歯科心身医学会雑誌. 1993; 8 (2): 119-128. ( 医中誌 )

  204. 豊福 明, 福田 仁一, 都 温彦. 「感想文」を用いた口臭症(自己臭恐怖症)の1治療経験例 日本歯科心身医学会雑誌. 1993; 8 (1): 45-50. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 豊福 明. 講座 精神疾患の臨床4 身体的苦痛症群、解離症群、心身症、食行動または摂食症群. 中山書店, 2021.07 歯科口腔領域の心身症 (ISBN : 978-4-521-74824-5)

  2. 吉川達也、豊福 明. 口腔内科学 第2版. 永末書店, 2020.02 歯科(口腔)心身症(総論), (精神疾患との鑑別) (ISBN : 978-4-8160-1372-0)

  3. 豊福明. 最新口腔外科学第5版. 医歯薬出版株式会社, 2017.09 3−Ⅴ.心理検査・12.精神的要因が関与する病態 (ISBN : 978-4-263-45806-8 )

  4. 豊福 明、吉川達也. 5分でできる明るい歯科心身医学. 永末書店, 2017.06

  5. 斎藤一郎、阪井丘芳、豊福 明、中川洋一、中村誠司. 超高齢社会におけるドライマウスへの対応. ヒョーロンパブリッシャーズ, 2017.04 ドライマウスと歯科心身症 (ISBN : 978-4-86432-035-1)

  6. 豊福 明. 知りたいことがすぐわかる高齢者歯科医療. 永末書店, 2017.04 内科での投薬と歯科治療 4.抗うつ薬 (ISBN : 9784816013232)

  7. 豊福明. スペシャルニーズデンティストリー障害者歯科. 医歯薬出版, 2017.01 精神障害とその分類 (ISBN : 978-4-263-45801-3)

  8. 吉川達也、豊福 明. 口腔内科学. 永末書店, 2016.03 歯科(口腔)心身症(総論), (精神疾患との鑑別) (ISBN : 978-4-8160-1304-1)

  9. 豊福 明. ドライシンドロームの基礎と臨床. メディカルレビュー社, 2016.01 精神神経疾患とドライシンドローム・歯科心身症 (ISBN : 978-4-7792-1617-6)

  10. 竹之下美穂 豊福 明. 日本歯科薬物療法学会編 よくわかる歯科用薬剤ガイド 症例別処方プログラム. デンタルダイヤモンド社, 2014 舌痛症

  11. 吉川達也、豊福 明. 神経症候群(第2版)Ⅵ. 別冊日本臨床31, 2014 口腔内灼熱症候群

  12. 竹之下美穂 豊福 明. 薬’15/’16 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本. クインテッセンス出版, 2014 舌痛症

  13. 豊福 明. 口腔科学. 朝倉書店, 2013.03 心身医学的病態

  14. 豊福 明. 脳とこころのプライマリ・ケア. シナジー出版, 2013.03 Phantom bite syndrome

  15. 豊福 明. 女性医療とメンタルケア. 創造出版, 2012.10 舌痛症

  16. 豊福 明. 研修医のためのこころとからだの救急患者医療. メディカ出版, 2011.10 歯科心身症

  17. 医師・歯科医師のための口腔診療必携. 金原出版, 2010.10 歯科心身症と思われる患者が矯正治療を希望したら

  18. 豊福 明. 中高年からのしあわせライフ いまからはじめる口腔ケア. 学建書院, 2007.02 つらい舌痛症、精神的なものが原因の口腔難疾患、舌の変化に気づいたら。

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. 高橋周平、Paudel Durga、吉田光希、森川哲郎、宇都宮雅史、Giri Sarita、佐藤淳、松岡紘史、豊福明、安彦善裕. 口腔扁平苔癬患者の心身医学的背景とアプローチーシステマチックレビュー. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.09 web開催

  2. 木村康之, 礪波健一, 梅森幸, 則武加奈子, 豊福明, 新田浩. 歯科大学病院におけるインシデントの特徴. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.04 東京

  3. Takayuki Suga, Trang T.H Tu, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. . Psychosocial Indication of Jaw Deformity Surgery in Patients with Psychiatric Comorbidities . 第35回日本歯科心身医学会学術大会 2020.06.20 福岡県歯科医師会館 福岡市

  4. Yoshihiro Abiko, Masafumi Utsunomiya, Durga Paudel Hirofumi Matsuoka, Akira Toyofuku. . Therapeutic approaches for burning mouth syndrome. 2019 Conference meeting of the Korean Society of Psychosomatic Dentistry 2019.10.20 Preme Foundation Nexon Children's Rehabilitation Hospital, Seoul, Korea

  5. Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Lou Mikuzuki, Trang T.H Tu, Chaoli Hong, Miho Takenoshita and Akira Toyofuku. Social Indication of Jaw Deformity Surgery in Patients with Psychiatric Comorbidities. 2019 Conference meeting of the Korean Society of Psychosomatic Dentistry 2019/10/20 2019.10.20

  6. Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Lou Mikuzuki, Miho Takenoshita and Akira Toyofuku. Medical Comorbidities of Patients with Burning Mouth Syndrome. 2019 Conference meeting of the Korean Society of Psychosomatic Dentistry 2019/10/20 2019.10.20 Preme Foundation Nexon Children's Rehabilitation Hospital, Seoul, Korea

  7. Trang T.H Tu, Lou Mikuzuki, Kazuya Watanabe, Takayuki Suga, Chaoli Hong, Asami Mitsuhiro, Takeshi Watanabe, Miho Takenoshita and Akira Toyofuku . The impact of personality in patients with Burning Mouth Syndome: Hit or Miss?. 2019 Conference meeting of the Korean Society of Psychosomatic Dentistry 2019/10/20 2019.10.20 Preme Foundation Nexon Children's Rehabilitation Hospital, Seoul, Korea

  8. Takayuki Suga, Lou Mikuzuki, Takeshi Watanabe, TRANG T.H TU, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Oral squamous cell carcinoma mimicking burning mouth syndrome in elderly patients: a case series. ICPM 25th World Congress 2019.09.13 Conference Centre Nuovo Ingresso di Careggi (NIC), Florence, Italy

  9. Takeshi Watanabe, Shunsuke Takano, Kohsuke Abe, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki, Kazuhito Miura, Takayuki Suga, Lou Mikuzuki, Chaoli Hong, Tu Thi Huyen Trang, Kazuya Watanabe, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Effect of low dose aripiprazole on amitriptyline-intolerant burning mouth syndrome. ICPM 25th World Congress 2019.09.13 Conference Centre Nuovo Ingresso di Careggi (NIC), Florence, Italy

  10. Trang T.H Tu, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Chaoli Hong, Asami Mitsuhiro, Takeshi Watanabe, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. The impact of personality dimension in patients with medically unex- plained oral symptoms. ICPM 25th World Congress 2019.09.12 Conference Centre Nuovo Ingresso di Careggi (NIC), Florence, Italy

  11. MihoTakenoshita, Tu T H Trang, Shiori Sugawara, Kaoru kawasaki, Takayuki Suga, Kazuya Watanabe, Chaoli Hong, Yuka Sakuraba, Lou Mikuzuki,Takeshi Watanabe,Akira Toyofuku. A case study on halitophobia with oral dysesthesia treated with low- dose aripiprazole. ICPM 25th World Congress 2019.09.12 Conference Centre Nuovo Ingresso di Careggi (NIC), Florence, Italy

  12. Kazuya Watanabe, Trang T.H Tu, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawa- saki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Chaoli Hong, Asami Mitsuhiro, Takeshi Watanabe, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. The difference in the clinical charac- teristics of unilateral Oral Dysesthesia patients with or without trigeminal Neurovascular Compression. ICPM 25th World Congress 2019.09.11 Conference Centre Nuovo Ingresso di Careggi (NIC), Florence, Italy

  13. Akira Toyofuku. Psychosomatic Dentistry;from brain to a new dentistry. The 32nd IADR-SEA Division Annual Scientific Meeting 2018.09.14 Da Nang city, Vietnam

  14. Trang T.H Tu, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Lou Mikuzuki, Yukiko Shinohara, Anna Miura, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. PAIN, DEPRESSION AND CATASTROPHIZING IN PATIENTS WITH ATYPICAL ODONTALGIA. 32th IADR-SEA (International Association for Dental Research Southeast Asian Division) 2018.09.14 Furama Resort Da Nang, Da Nang, Vietnam

  15. Miho Takenoshita, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Tu Thi Huyen Trang, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Hirofumi Matsuoka, Yoshihiro Abiko, Akira Toyofuku. Clinical study on pain catastrophizing and short-term outcomes of patients with burning mouth syndrome. 18th Congress of the ACPM(Asian College of Psychosomatic Medicine) 2018.08.25 Kyung Hee University, Seoul, Korea

  16. Takeshi Watanabe, Takahiko Nagamine, Kaoru Kawasaki, Trang T.H. Tu, Takayuki Suga, Yuma Aota, Miho Takenoshita, Akira Toyofuk. The change in QTc intervals predicts the response to tricyclic antidepressants in patients with chronic nonorganic orofacial pain. 18th Congress of the ACPM(Asian College of Psychosomatic Medicine) 2018.08.25 Kyung Hee University, Seoul, Korea

  17. Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Tu Thi Huyen Trang, Yuma Aota, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Lou Mikuzuki, Yukiko Shinohara, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Efficacy and safety of low-dose amitriptyline for elderly patients with Burning mouth syndrome. 18th Congress of the ACPM(Asian College of Psychosomatic Medicine) 2018.08.25 Kyung Hee University, Seoul, Korea

  18. Trang T.H. Tu, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Yuma Aota, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. New potential pharmacotherapeutic approaches for Atypical Odontalgia. 18th Congress of the ACPM(Asian College of Psychosomatic Medicine) 2018.08.25 Kyung Hee University, Seoul, Korea

  19. TRANG TU, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Anna Miura, Miho Takenoshita, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Takayuki Suga,Akira Toyofuku, . Treatment Outcome in Atypical Odontalgia: Determinants of Pain Relief,. The 96th General Session of the IADR 2018.07.27 London, England

  20. Shiori Sugawara, Ayano Katagiri, Kinuyo Ohara, Lou Mikuzuki, Shigeru Nakamura, Kazuo Tsubota, Akira Toyofuku, Koichi Iwata:. Dry-Eye Pain by Diquafosal Sodium Administration. The 96th General Session of the IADR 2018.07.27 London, England

  21. Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Tu Thi Huyen Trang, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku . Psychiatric Comorbidities in Atypical Odontalgia.. 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.15 China National Convention Center, Beijing, China

  22. THI HUYEN TRANG TU, Kawasaki K, Sugawara S, Watanabe T, Suga T, Mikuzuki L, Shinohara Y, Miura A, Takenoshita M, Toyofuku A. Atypical odontalgia with comorbid burning mouth syndrome: a 4-year retrospective study. 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.15 China National Convention Center, Beijing, China

  23. Kaoru Kawasaki, Trang Tu Thi Huyen, Shiori Sugawara, Akira Toyofuku. Is salivary volume reduction related to drug reactivity of burning mouth syndrome?. 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.15 China National Convention Center, Beijing, China

  24. Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, TRANG T.H. TU, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Lou Mikuzuki, Yukiko Shinohara, Anna Miura, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku . Amitriptyline doesn’t induce QTc prolongation in the treatment of oral chronic pain. 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.15 China National Convention Center, Beijing, China

  25. Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Tu Trang T.H, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Lou Mikuzuki, Yukiko Shinohara, Anna Miura, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. A high discrepancy of neurovascular compression on symptomatic and asymptomatic side in atypical odontalgia patients. 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.14 China National Convention Center, Beijing, China

  26. Miho Takenoshita, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Rou Mikuzuki, Kaoru Kawasaki, Shiori Sugawara, Trang Tu Thi Huyen, Takayuki Suga, Takeshi Watanabe, Hirofumi Matsuoka, Yoshihiro Abiko, Akira Toyofuku 1. Clinical study on pain catastrophizing of patients with burning mouth syndrome and atypical odontalgia. 2017.09.14

  27. Yukiko Shinohara, K Kawasaki, Trang Tu Thi Hyen, T Watanabe, A Toyofuku . Regional cerebral blood flow pattern in "Phantom bite syndrome" is different from that of "Delusional disorder somatic type". 24th Wolrd congress on psychosomatic medicine 2017.09.14 China National Convention Center, Beijing, China

  28. A. Miura,Y. Shinohara, L. Mikuzuki, M. Watanabe, Y. Umezaki, T. Kyuragi, T. Yoshikawa, M. Takenoshita, A. Toyofuku. Psychiatric Comorbidities in Patients with Atypical Odontalgia. 16th World Congress on Pain 2016.09.29 Yokohama, Japan

  29. A. Katagiri ,S. Okada, H. Saito , L. Mikuzuki, M. Shinoda , A. Toyofuku and K. Iwata. Satellite glial cell activation in lingual neuropathic pain via extracellular signal regulated kinase phosphorylation is associated with phenotypic change in trigeminal ganglion neurons. 16th World Congress on Pain 2016.09.27 Yokohama, Japan

  30. M. Watanabe, A. Miura, Y. Shinohara, L. Mikuzuki, Y. Umezaki, T. Kyuragi, T. Yoshikawa, M. Takenoshita, A. Toyofuku . Psychopharmacological Outcomes and Its Predictors for Burning Mouth Syndrome: 2 Years Follow Up Study. 16th World Congress on Pain 2016.09.27 Yokohama, Japan

  31. Yojiro Umezaki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki, Takeru Kyuragi, Motoko Watanabe, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku . Clinicostatistical Study on the Patients with Oral Cenesthopathy. 17th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine (ACPM) 2016.08.21 Fukuoka, Japan

  32. Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Shiori Sugawara, Kaoru Kawasaki,Tu Thi Huyen Trang, Yojiro Umezaki, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku . Psychiatric Comorbidities in Patients with Persistent Dento-Alveolar Pain Disorder (Atypical Odontalgia). 17th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine (ACPM) 2016.08.21 Fukuoka, Japan

  33. Motoko Watanabe, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Lou Mikuzuki, Yojiro Umezaki, Takeru Kyuragi, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku . Psychopharmacological Outcomes and Its Predictors for Burning Mouth Syndrome: 2 Years Follow Up Study. 17th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine (ACPM) 2016.08.21 Fukuoka, Japan

  34. Miho TAKENOSHITA, Anna MIURA, Yukiko SHINOHARA, Lou MIKUZUKI, Kaoru KAWASAKI, Shiori SUGAWARA, Trang THI HUYEN YU, Takeru KYURAGI, Yojiro UMEZAKI,Motoko WATANABE, Ayano KATAGIRI, Tatsuya YOSHIKAWA, Akira TOYOFUKU. Two Cases of Atypical Odontalgia Successfully Treated by Adding Low-Dose of Aripiprazole to Mirtazapine. 17th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine (ACPM) 2016.08.21 Fukuoka, Japan

  35. Akira Toriihara, Shin Nakamura, Akira Toyofuku, Ukihide Tateishi. Usefulness of Molecular Imaging for Patients with Dental Diseases.. SNMMI annual meeting 2016.06.13 San Diego, California, USA

  36. Ayano Katagiri , Hiroto Saito , Kinuyo Ohara , Masamichi Shinoda , Akira Toyofuku and Koichi Iwata. Satellite glial cell activation via extracellular signal-regulated kinase phosphorylation, associated with phenotypic change in trigeminal ganglion neurons, is involved in lingual neuropathic pain. SfN 2015 2015.10.17 McCormick Place, Chicago

  37. Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toriihara, Akihito Uezato, Toru Nishikawa, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku. Comparison of cerebral blood flow in oral somatic delusion in patients with and without a history of depression. 23rd World Congress on Psychosomatic Medicine 2015.08.21

  38. Anna Miura, Motoko Watanabe, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Miho Takenoshita, Akira Toyofuku. Effectiveness of amitriptyline in atypical odontalgia. 23rd World Congress on Psychosomatic Medicine 2015.08.21 Glasgow

  39. Chisa Shitano, Miho Takenoshita, Takashi Ono, Akira Toyofuku. FEATURES OF ORAL PSYCHOSOMATIC DISORDER IN ORTHODONTIC PATIENTS. 91th Congress of European Orthodontic Society 2015.06.18 Venice/Itary

  40. Miho TAKENOSHITA, Motoko WATANABE, Supika SUZUKI, Anna MIURA, Yukiko SHINOHARA, Tomomi SAKUMA, Chisa SHITANO, Tatsuya YOSHIKAWA, Akira TOYOFUKU. Effectiveness of antidepressants for the treatment of persistent nonorganic oral pain and their psychiatric history.. The 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine 2014.08.22 Jakarta

  41. Motoko Watanabe, Yojiro Umezaki, Supica Suzuki, Anna Miura, Yukiko Shinohara, Tatsuya Yoshikawa, Tomomi Sakuma, Chisa Shitano, Miho Takenoshita, Akira Toriihara, Akihito Uezato, Toru Nishikawa Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku,. Compaison of the cerebral blood flow in oral somatic delusion with and without depression.. The 16th Congress of Asian College of Psychosomatic Medicine 2014.08.22 Jakarta

  42. 豊福明. psychostomatologyと歯科心身症. 第32回日本口腔内科学会総会・学術大会 2022.09.24 札幌市教育文化会館

  43. 松岡紘史、宇都宮雅史、Paudel Durga、吉田光希、渡邉素子、豊福明、三浦宏子、安彦善裕. 舌痛症患者の労働状態に気分状態が及ぼす影響. 第32回日本口腔内科学会総会・学術大会 2022.09.23 札幌市教育文化会館

  44. 髙尾千紘、渡邉素子、前田智寿古、富永梨沙、豊福明. 深部埋伏智歯周囲炎による三叉神経ニューロパチーに合併した舌痛症の1治験例. 第32回日本口腔内科学会総会・学術大会 2022.09.23 札幌市教育文化会館

  45. 豊福明. 歯学部における医局員や大学院生への歯科心身医学教育について. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10 web開催

  46. 髙尾千紘、渡邉素子、前田智寿古、木村康之、富永梨沙、豊福明. かかりつけ歯科との連携治療が奏功した非定型歯痛の1例. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10

  47. 美久月瑠宇、豊福明. 歯科インプラント部の非定型歯痛を併発した高齢舌痛症患者の1例. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10 web開催

  48. 前田智寿古、渡邉素子、高尾千紘、木村康之、富永梨沙、豊福明. 精神科医との密な連携下に良好な治療経過が得られた舌痛症の1例. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10 web開催

  49. 松岡紘史、宇都宮雅史、Paudel Durga、吉田光希、渡邉素子、森谷満、三浦宏子、豊福明、安彦善裕. 舌痛症患者の労働状態および生活障害に森田神経質と痛みに対する破局的思考が及ぼす影響. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10 web開催

  50. 高尾千紘、渡邉素子、前田智寿古、木村康之、富永梨沙、黒嶋雄志、豊福明. 口腔セネストパチーとの鑑別に苦慮された口腔癌の1例. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.10 web開催

  51. 朝見光宏、木村康之、Liu Zhenyan、富永梨沙、前田智寿古、高尾千紘、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. 「歯科心身症患者の口腔環境についての分析」~1人平均DMF歯数に着目して~. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.09 web開催

  52. 渡邉素子、高尾千紘、Nayanar Gayatri、前田智寿古、Tu Trang,豊福明. Amytriptyline誘発性の幻聴をきたした非定型歯痛の1例. 第37回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2022.07.09 web開催

  53. 渡邉素子、豊福明. 高齢の舌痛症患者におけるアミトリプチリンとアリピプラゾールの有効性. 第63回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2022.06.25 千葉県、幕張メッセ

  54. 渡邉素子、豊福明. 低用量のAmitriptylineによって、幻聴を認めた非定型歯痛の1例. 第76回 NPO法人日本口腔科学会学術集会 2022.04.22 福岡国際会議場(web開催)

  55. 豊福 明. 歯科口腔領域の心身医学的諸問題. 第47回日本心身医学会北海道支部例会 2022.02.27 北海道大学、札幌、北海道

  56. 木村康之, 石井牧子, 礪波健一, 豊福明, 新田浩, 荒木孝二 . 職種経験年数1年未満の歯科医療従事者のインシデントの分析. 第15回医療の質・安全学会学術大会 2021.11.23

  57. 須賀隆行、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. 歯科領域における遠隔診療に関する質的研究. 第62回日本心身医学会総会・学術講演会 2021.07.10 香川

  58. 渡邉素子、須賀隆行、竹之下美穂、豊福明. 当科受診患者の受診経路と疾患分布 . 第62回日本心身医学会総会・学術講演会 2021.07.10 香川

  59. 須賀隆行、髙尾千紘、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. コロナ禍での当科における遠隔診療に関する質的研究. 第36回日本歯科心身医学会学術集会 2021.06.20 札幌

  60. 8. 髙尾千紘、渡邉素子、須賀隆行、竹之下美穂、豊福明. 歯科心身症患者へのCOVID-19による影響:2019年度および2020年度における当科初診患者の臨床統計的検討. 第36回日本歯科心身医学会学術集会 2021.06.20 札幌

  61. 渡邉素子、須賀隆行、高尾千紘、佐藤佑介、竹之下美穂、豊福明. 医原性に増悪を認めた 精神病が併存するPhantom Bite Syndromeの 3例. 第36回日本歯科心身医学会学術集会 2021.06.19 札幌

  62. 渡邉素子、須賀隆行、高尾千紘、竹之下美穂、豊福明. 歯科心身症患者における片側優位症状とTrigeminal Neurovascular Contactとの関連. 第36回日本歯科心身医学会学術集会 2021.06.19 札幌

  63. 須賀隆行、高尾千紘、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. 精神科との連携診療が奏功した、セネストパチーを伴う舌痛症の1例. 第36回日本歯科心身医学会学術集会 2021.06.19 札幌

  64. 豊福 明. 歯科心身医学から口腔内科へ. 第36回に本歯科心身医学会総会・学術大会 2021.06.19 札幌市 北海道大学

  65. 3. 渡邉素子、須賀隆行、Chaoli Hong、Zhenyan Liu、高尾千紘、Trang Tu、坂本潤一郎、竹之下美穂、倉林亨、豊福明. 口腔領域における片側優位の不快感とTrigeminal Neurovascular Contactの関与. 第61回日本歯科放射線学会学術集会 2021.05.19

  66. 須賀隆行、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. 精神疾患を合併した顎変形症患者への新たな診療連携体制の構築について. 第75回日本口腔科学会学術集会 2021.05.12 大阪

  67. 渡邉素子、須賀隆行、竹之下美穂、豊福明. 紹介元から見た当科受診患者の病態分布. 第75回日本口腔科学会学術集会  2021.05.12

  68. 豊福 明. 日常診療における、患者さんの「こころ」の理解の重要性 ー歯科医院の医療安全・地域連携にどう貢献するか -. 令和2年度 中国地域歯科医療管理学会学術大会 2020.11.01 広島県歯科医師会館(web開催)

  69. 豊福 明. 歯科心身医学はどこから来て、どこへ行くのか?. 第13回日本総合歯科学会総会・学術大会 2020.10.31 福岡市歯科医師会館(Web開催)

  70. 豊福 明. 慢性の痛みとメンタルヘルスー舌痛症の治療を通してー. 第20回日本外来精神医料学会 2020.10.24 一橋講堂 千代田区、東京

  71. 須賀隆行、豊福明. 2019年度東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科心身医療外来における初診患者の臨床統計的検討. 第30回日本口腔内科学会 2020.10.05 一橋講堂 千代田区 東京(WEB開催)

  72. 高尾千紘、須賀隆行、渡辺素子、竹之下美穂、豊福明 . 入院治療が有効であった高齢舌痛症患者の1例. 第35回日本歯科心身医学会学術大会 2020.06.20 福岡県歯科医師会館 福岡市

  73. 須賀隆行、竹之下美穂、、高尾千紘、渡辺素子、豊福明. Phantom bite syndromeの治療主体の検討. 第35回日本歯科心身医学会学術大会 2020.06.20 福岡県歯科医師会館 福岡市

  74. 豊福 明. 歯科心身医学の挑戦ー九州から東京へー. 第59回日本心身医学会九州地方会 2020.02.09 九州大学医学部百年講堂 福岡市

  75. 須賀隆行, 渡邊毅, 美久月瑠宇, 竹之下美穂, 豊福明 . Sodium valproateが奏功した 難治性の舌痛症の1例. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂、大阪

  76. 吉田光希、パウデルドゥルガ、宇都宮雅史、森川哲郎、松岡 紘史、千葉逸朗、豊福明、安彦善裕 . Burning mouth syndromeにおける薬物療法の治療成績:A 1-year retrospective study. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂、大阪

  77. 豊福明. 老年期の口腔セネストパチー. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂 、大阪

  78. 宇都宮雅史、松岡 紘史、吉田光希、竹之下美穂、豊福明、安彦善裕. 不確実さ不耐性が舌痛症患者の症状に及ぼす影響. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂、大阪

  79. 竹之下美穂、Tu Trang, 菅原詩織、川崎カオル、須賀隆行、Hong Chaoli, 美久月瑠宇、渡邊毅、豊福明 . 口腔異常感を伴う口臭症にアリピプラゾールが奏功した1例. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂、大阪

  80. 須賀隆行, 渡邊毅, 美久月瑠宇, 竹之下美穂, 松岡紘史、安彦善裕、豊福明. 少量のaripiprazole の増強療法が奏功した舌痛症の1例. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.17 大阪市中央公会堂、大阪

  81. 須賀隆行, 渡邊毅, 美久月瑠宇, 竹之下美穂, 豊福明. Oral Dysesthesia Rating Scaleを用いた口腔異常感症の口腔内症状評価. 第2回日本心身医学関連学会合同集会 2019.11.15 大阪市中央公会堂、大阪

  82. 豊福 明. 取れない歯痛、合わない咬合への対処法 −なぜ、今、歯科で「心身医学」なのか?—. 第68回奥羽大学歯学会 2019.11.09 奥羽大学 病院棟5階 臨床講義室、郡山市、福島

  83. 須賀隆行, 川崎カオル、美久月瑠宇, 豊福明. 過去7年間の舌痛症患者の 身体・精神併存疾患の変化について. 第64回日本口腔外科学会総会・学術集会 2019.10.26 札幌コンベンションセンター、札幌市、北海道

  84. 美久月瑠宇, 須賀隆行、豊福明. 2017,2018年度当科初診患者に関する臨床的検討. 第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.26 札幌コンベンションセンター、札幌市、北海道

  85. 須賀隆行, 美久月瑠宇, 豊福明. 「舌痛」の原因特定に苦慮した聴神経鞘腫の2例. 第29回日本口腔内科学会 2019.09.22 一橋講堂、千代田区、東京

  86. 松岡紘史,宇都宮雅史、吉田光希、竹之下美穂、 豊福明、千葉逸朗、安彦善裕. 舌痛症患者の不確実さ不耐性の変化が痛みの変化に及ぼす影響. 第29回日本口腔内科学会 2019.09.22

  87. Durga Paudel,宇都宮雅史、吉田光希、森川哲郎、松岡紘史、千葉逸朗、豊福明、安彦善裕. 口腔内灼熱症候群における薬物療法の1年後の転帰. 第29回日本口腔内科学会 2019.09.22

  88. 須賀隆行, 美久月瑠宇, 竹之下美穂, 豊福明. 精神疾患の悪化が予測されたため手術適応を再検討した顎変形症の3例. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.04.21 ウエスタ川越 川越市 埼玉県

  89. 須賀隆行、竹之下美穂、豊福 明. インプラント部に痛みが生じた高齢の非定型歯痛患者にmirtazapineが有効だった1例. 第130回日本心身医学会関東地方会 2019.02.09 日本大学病院5階大会議室、千代田区、東京

  90. 豊福 明. 歯科インプラント患者の「メンタル問題」への対応. 日本口腔インプラント学会第36回九州支部学術大会 2019.01.27 浦添市てだこホール、沖縄県

  91. 美久月瑠宇, 須賀隆行, 青田宥馬, 川﨑カオル, 篠原優貴子, 島本裕彰, 池田 通, 原田浩之, 豊福 明. 舌痛症との鑑別を要した口底癌の 1 例. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.03 幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉県

  92. 川﨑カオル, 高田 訓, 豊福 明. 非 定 型 顔 面 痛( 歯 痛 ) と 三 叉 神 経 のNeurovascular compression(NVC)の関係について. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉県

  93. 須賀隆行, 青田宥馬, 川﨑カオル, 美久月瑠宇, 篠原優貴子, 豊福 明. 増加する高齢者の舌痛症に対する amitriptyline の安全で有効な使用について. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 幕張メッセ国際会議場・国際展示場、千葉県

  94. 豊福 明. 難しい患者さんを見抜くコツ. EPSDC研修会 2018.10.28 EPSDC研修室、港区、東京

  95. 須賀隆行, 美久月瑠宇, 豊福明. 増加する高齢者の舌痛症に対するamitriptylineの安全性と有効性についての統計的検討. 第28回日本口腔内科学会学術大会 2018.09.15 横浜市開港記念会館、神奈川県

  96. 川崎カオル, 高田訓, 豊福明. 非定型顔面痛(歯痛)と三叉神経のNeurovascular compression(NVC)との関係性について. 第28回日本口腔内科学会学術大会 2018.09.15 横浜市開港記念会館、神奈川県

  97. 松岡紘史,宇都宮雅史、吉田光希、竹之下美穂、 豊福明、千葉逸朗、安彦善裕. 舌痛症患者の不確実さ不耐性の変化が患者および治療者の症状改善一致度に及ぼす影響. 第28回日本口腔内科学会学術大会 2018.09.15 横浜市開港記念会館、神奈川県

  98. 宇都宮雅史、松岡紘史、吉田光希、竹之下美穂、豊福明、千葉逸朗、安彦善裕. 症状改善の評価における舌痛症患者と治療者の違いに不確実さ不耐性が及ぼす影響. 第33回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2018.07.07 北九州国際会議場、北九州市、福岡県

  99. 豊福 明. 「心因性」と呼ばれる痛みとは何なのか?. 第33回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2018.07.07 北九州国際会議場、北九州市、福岡県

  100. 菅原詩織、片桐綾乃、美久月瑠宇、豊福 明、岩田幸一. ドライアイ誘因性眼痛に伴う三叉神経脊髄路核神経活動亢進に対するジクアホソルナトリウム点眼の効果. 第33回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2018.07.07 北九州国際会議場、北九州市、福岡県

  101. 須賀隆行、渡邉毅、菅原詩織、川崎カオル、Tu Thi Huyen Trang、美久月瑠宇、三浦杏奈、篠原優貴子、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. 低用量amitriptylineが奏功した高齢舌痛症患者の2症例. 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2018.06.09 名古屋国際会議場、愛知県

  102. 松岡紘史、宇都宮雅史、吉田光希、竹之下美穂、豊福 明、千葉逸朗、安彦善裕. 舌痛症において患者と治療者の症状改善の評価にみられる違いに不確実さ不耐性が及ぼす影響. 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2018.06.09 名古屋国際会議場、愛知県

  103. 渡邉毅、長嶺敬彦、須賀隆行、Tu Thi Huyen Trang, 川崎カオル、菅原詩織、美久月瑠宇、三浦杏奈、篠原優貴子、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. QT延長は口腔慢性疼痛患者に対するAmytriptylineの効果の予測因子となる. 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2018.06.08 名古屋国際会議場、愛知県

  104. 竹之下美穂、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、菅原詩織、Tu Thi Hyyen Trang, 川崎カオル、須賀隆行、渡邉毅、松岡紘史、安彦善裕、豊福 明. 舌痛症患者の破局的思考(Pain Catastrophizing)と短期転帰に関する臨床的検討. 第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2018.06.08 名古屋国際会議場、愛知県

  105. 須賀隆行、美久月瑠宇、竹之下美穂、豊福 明. 高齢者の舌痛症の増加とその対策について. 第72回日本口腔科学会学術集会 2018.05.13 ウインクあいち、名古屋市、愛知県

  106. 豊福 明. 歯科領域の不定愁訴をどう診るか?. EPSDC研修会 2018.04.22 EPSDC研修室、港区、東京

  107. 豊福 明. 検査で異常がないドライマウスをどうするか?. 第19回神奈川県シェーグレン症候群研究会 2018.03.29 崎陽軒本店、横浜市

  108. 豊福 明. 開業歯科医院に必須の「こころの診かた」. 第60回福岡県西地区歯科医学会 2018.02.25 福岡県歯科医師会館、福岡市

  109. 須賀隆行、菅原詩織、三浦杏奈、竹之下美穂、豊福明. 低用量amytriptylineが高齢女性の舌痛症に奏功した1例. 第129回日本心身医学会関東地方会 2018.02.03 東京大学弥生講堂一条ホール、文京区、東京

  110. 豊福 明. 歯科心身症と性差. 第11回日本性差医学・医療学会学術集会 2018.01.20 パピヨン24 福岡市 福岡県

  111. 豊福 明. インプラント治療が必要な患者の「メンタル問題」をどう評価し、どう対処するか?. 第21回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 2017.12.10 富山国際会議場 富山市

  112. 豊福 明. 開業歯科に求められる「こころ」の診方. 平成29年度佐賀市歯科医師会学術講演会 2017.12.02 佐賀市商工会議所 佐賀市

  113. 豊福 明. A life in Psychosomatic Dentistry. 九州大学歯学部創立50周年記念シンポジウム 2017.11.03 九州大学百年講堂 福岡市

  114. 川崎カオル、美久月瑠宇、篠原優貴子、吉川達也、豊福明. 唾液減少は舌痛症の薬物反応性と関連するか?. 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 2017.10.21 京都国際会議場 京都府

  115. 豊福 明. 矯正歯科での「メンタル」っぽい問題をどう解決するか?. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 さっぽろ芸文館 札幌市 北海道

  116. 川崎カオル、豊福 明. 唾液減少は舌痛症の薬物反応性と関連するか?. 第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017.09.09 北海道大学学術交流会館、札幌、北海道

  117. 松岡紘史、宇都宮雅史、吉田光希、竹之下美穂、豊福 明、千葉逸朗、安彦善裕. 舌痛症患者の症状改善の評価に不確実さ不耐性が及ぼす影響:自己評価と他者評価による比較. 第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017.09.09 北海道大学学術交流会館、札幌、北海道

  118. 豊福 明. 背後に潜む"mental"の問題をどう見抜き、どう評価するか?. 第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017.09.09 北海道大学学術交流会館、札幌、北海道

  119. 美久月瑠宇、菅原詩織、片桐綾乃、豊福 明. 舌神経損傷後の痛覚過敏に対する三叉神経節CGRP陽性細胞の表現型変化および神経−グリア機能連関の関与. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  120. 梅崎陽二朗、篠原優貴子、三浦杏奈、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Hyen Trang, 須賀隆行、渡邉毅、吉川達也、竹之下美穂、内藤徹、豊福 明. 口腔セネストパチーの治療経過中にレビー小体型認知症が顕在化した2例. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  121. 三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Guyen Trang、須賀隆行、渡邉毅、渡邉素子、梅崎陽二朗、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. 非定型歯痛と精神疾患の併存について. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  122. 菅原詩織、美久月瑠宇、片桐綾乃、豊福明. ジクアホソルナトリウム点眼によるドライアイ誘発性の眼痛に対する疼痛抑制効果. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  123. 松岡紘史、宇都宮雅史、吉田光希、竹之下美穂、豊福 明、千葉逸朗、安彦善裕. 舌痛症患者の症状改善の評価に不確実さ不耐性が及ぼす影響:横断研究による検討. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  124. 篠原優貴子、三浦杏奈、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Hyen Trang, 須賀隆行、渡邉毅、梅崎陽二朗、渡邉素子、吉川達也、竹之下美穂、豊福 明. Phantom bite syndromeの脳画像研究. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.08 日本歯科大学 千代田区 東京

  125. 渡邉毅、須賀隆行、Trang T. H. Tu、川崎カオル、菅原詩織、美久月瑠宇、篠原優貴子、三浦杏奈、梅崎陽二朗、渡邉素子、吉川達也、竹之下美穂、長嶺敬彦、豊福明. 歯科心身症患者に対する三環系抗うつ薬使用のQTc延長への影響. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.07 日本歯科大学 千代田区 東京

  126. 須賀隆行、渡邉毅、Trang T. H. Tu、川崎カオル、菅原詩織、美久月瑠宇、篠原優貴子、三浦杏奈、梅崎陽二朗、渡邉素子、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. 2016年度当科初診患者の臨床統計的検討. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.07 日本歯科大学 千代田区 東京

  127. 川崎カオル、菅原詩織、Trang T. H. Tu、須賀隆行、美久月瑠宇、篠原優貴子、三浦杏奈、渡邉毅、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. インプラント治療後の不定愁訴に対して、入院治療が奏功した1例. 第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2017.07.07 日本歯科大学 千代田区 東京

  128. 豊福 明. “心身症”っぽい口腔内疼痛とドパミン神経系. 第37回日本歯科薬物療法学会学術大会 2017.06.18 愛知学院大学楠元キャンパス 名古屋市 愛知県

  129. 豊福 明. 歯科口腔外科領域の慢性疼痛ーその特異性と他科領域との接点. 第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2017.06.17 札幌コンベンションセンター 札幌市 北海道

  130. 竹之下美穂、三浦杏奈、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Hyyen Trang,松岡紘史、安彦善裕、豊福 明. 当科における舌痛症と非定型歯痛患者の破局的思考(PainCatastrophizing)に関する臨床的検討. 第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2017.06.17 札幌コンベンションセンター 札幌市 北海道

  131. 三浦杏奈、菅原詩織、川崎カオル、Tu Thi Guyen Trang、竹之下美穂、豊福明. 非定型歯痛と精神科疾患の併存について. 第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2017.06.16 札幌コンベンションセンター 札幌市 北海道

  132. 豊福 明. 歯科医師のための”こころ”の診方. 北海道医療大学2017年度第1回健康科学研究所セミナー 2017.06.14 北海道医療大学 石狩郡当別町

  133. 豊福 明. 歯科患者さんの”こころ”の診かた. 第39回日本有床歯科施設協議会・研修会 2017.06.11 エクシブ鳥羽 三重県鳥羽市

  134. 豊福 明. 歯科受診する患者さんの”こころ”の診かた. 東村山市東大和市 二市合同学術講演会 2017.06.10 小千谷3F研修室

  135. 豊福 明. 歯科医院における、患者さんの“こころ”の見方. 平成29年度神奈川歯科大学附属病院病診連携推進のための講演会「病診連携セミナー」 2017.05.30 神奈川歯科大学、横須賀市

  136. 豊福 明. 咬合と不定愁訴の関連をどう診るか?. 日本咬合学会第22回学術大会 2017.05.20 石垣市民会館、沖縄県石垣市

  137. 豊福 明. 歯科心身症の薬物療法ー不安とうつ状態の奥に何を見るかー. 第9回M&D研究会 2017.04.24 川口市民ホール「フレンディア」

  138. 豊福 明. 歯科口腔外科領域の慢性疼痛. 第31回運動器と痛み研究会 2017.03.16 福島市コラッセふくしま

  139. 川崎カオル、豊福明. 義歯関連の訴えに終始し、精神面の評価が遅れ、処遇困難となった統合失調症患者の1例. 第26回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2017.03.05 金沢市 金沢歌劇座

  140. 豊福 明. 歯科患者さんの「こころ」の診かた. 新宿四谷牛込歯科医師会学術講演会 2017.02.20 東京都新宿四谷牛込歯科医師会館

  141. 菅原詩織、梅崎陽二朗、三浦杏奈、竹之下美穂、豊福明. 入院治療が有効であった舌痛症の1例. 第128回日本心身医学会関東地方会 2017.01.28 東邦大学医学部 東京

  142. 豊福明. 中枢から見た歯科医学ー歯科心身症の臨床と研究ー. 神奈川歯科大学学会平成28年度第5回研究懇話会 2016.12.22 神奈川歯科大学、横須賀市

  143. 豊福 明. 病変の見つからない口腔症状をどうするか?. 第202回日本口腔外科学会関東支部集会 臨床医リフレッシュセミナー 2016.12.10 千代田放送会館 東京

  144. 竹之下美穂、 豊福明. 当科における舌痛症と非定型歯痛患者の破局的思考(paincatastrophizing)に関する予備調査. 第9回に本運動器疼痛学会 2016.11.27 御茶の水ソラシティカンファレンスセンター

  145. 川崎カオル、美久月瑠宇、篠原優貴子、吉川達也、豊福明. 2015年度当科初診患者に関する臨床統計的検討. 第61回に本口腔外科学会総会・学術大会 2016.11.26 幕張メッセ 千葉

  146. 小野卓史、豊福明、秀島雅之、古屋純一. 最先端口腔科学研究推進プロジェクトキックオフシンポジウム「働き(口腔機能)」. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.18 東京医科歯科大学歯学部特別講堂

  147. 豊福 明. 咬合関連の不定愁訴をどう診るか. 第518回九州心身医学研究会 2016.10.29 福岡県歯科医師会館

  148. 梅崎陽二朗、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、渡邉素子、竹之下美穂、豊福 明. 当科外来における口腔内セネストパチーの臨床統計的検討. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場、福岡市

  149. 松岡紘史、安彦善裕、豊福 明、森谷満、坂野雄二、千葉逸朗、齋藤一郎. 歯科医学教育改善に向けた歯科医師のうつ病知識に関する調査. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場、福岡市

  150. 渡邉素子、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、久良木建、梅崎陽二朗、吉川達也、豊福 明. 舌痛症患者におけるamitriptylineの治療反応性と予後予測因子. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場、福岡市

  151. 美久月瑠宇、梅崎陽二朗、渡邉素子、豊福 明. 歯学部附属病院における入院治療を要した非定型歯痛の1例. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場、福岡市

  152. 豊福 明. Chronic Oral Painに対する抗うつ薬の使い方. 第21回日本口腔顔面痛学会学術大会 2016.09.25 神奈川県歯科医師会館ホール

  153. 美久月瑠宇, 片桐綾乃, 豊福 明, 岩田幸一. 舌神経損傷後痛に対する三叉神経節CGRP陽性細胞表現型変化と神経‐グリア機能連関の関与. 第 21 回日本口腔顔面痛学会 2016.09.25 神奈川県歯科医師会館、横浜

  154. 豊福 明. "Psychosomatic Oral Medicine"としての歯科心身医学の模索. 第26回日本口腔内科学会・第29回日本口腔診断学会合同学術集会 2016.09.23 岡山市さん太ホール

  155. 豊福明. 歯科医師のための「こころ」の診かた. 平成28年度中野区歯科医師会学術講演会 2016.07.27 中野区歯科医師会館

  156. 川崎カオル、菅原詩織、TuThi Huyen Trang、美久月瑠宇、篠原優貴子、三浦杏奈、渡邉素子、梅崎陽二朗、久良木建、竹之下美穂、吉川達也、豊福明. 2015年度当科初診患者に関する臨床統計的検討. 第31回日本歯科心身医学会学術大会・総会 2016.07.24 岩手医科大学60周年記念会館

  157. 篠原優貴子、菅原詩織、川崎カオル、美久月瑠宇、三浦杏奈、渡邉素子、梅崎陽二朗、吉川達也、竹之下美穂、豊福 明. 慢性疼痛を有する地図状舌にスルピリドが有効であった1例. 第31回日本歯科心身医学会学術大会・総会 2016.07.24 岩手医科大学60周年記念会館

  158. 三浦杏奈、篠原優貴子、菅原詩織、川崎カオル、Tu Thi Guyen Trang、渡邉素子、梅崎陽二朗、久良木建、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. 非定型歯痛と精神科疾患の併存について. 第31回日本歯科心身医学会学術大会・総会 2016.07.24 岩手医科大学60周年記念会館

  159. 渡邉素子、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、Tu Thi Huyen Trang、梅崎陽二朗、吉川達也、竹之下美穂、豊福明. 舌痛症におけるアミトリプチリンとアリピプラゾールとの併用療法の治療反応性と予後予測因子. 第31回日本歯科心身医学会学術大会・総会 2016.07.23 岩手医科大学60周年記念会館

  160. 竹之下美穂、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、川崎カオル、菅原詩織、Tu Thi Hyyen Trang, 久良木建、梅崎陽二朗、渡邉素子、片桐綾乃、佐藤佑介、吉川達也、松岡紘史、安彦善裕、豊福 明. 当科における舌痛症と非定型歯痛患者の破局的思考に関する予備調査. 第31回日本歯科心身医学会学術大会・総会 2016.07.23 岩手医科大学60周年記念会館

  161. 豊福 明. 顎変形症と心の病. 第26回日本顎変形症学会 2016.06.26 東京医科歯科大学歯学部特別講堂

  162. 三浦杏奈、美久月瑠宇、渡邉素子、梅崎陽二朗、竹之下美穂、豊福 明. 非定型歯痛と精神科疾患の併存について. 第57回日本心身医学会総会 2016.06.04 仙台国際センター

  163. 梅崎陽二朗、三浦杏奈、美久月瑠宇、渡邉素子、竹之下美穂、豊福明. 当科外来における口腔内セネストパチー606例の臨床的検討. 第57回日本心身医学会総会 2016.06.04 仙台国際センター

  164. 渡邉素子、三浦杏奈、美久月瑠宇、梅崎陽二朗、豊福明. 舌痛症患者における臨床的特徴と治療反応性. 第57回日本心身医学会総会 2016.06.04 仙台国際センター

  165. 豊福 明. 原因不明の歯の痛みで困ったら. 九州大学歯学部同窓会主催平成28年度春期学術講演会 2016.04.24

  166. 渡邊素子、美久月瑠宇、梅崎陽二朗、竹之下美穂、豊福 明. 舌痛症患者に置ける治療反応性と予後に関与する因子. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016.04.17

  167. 梅崎陽二朗、美久月瑠宇、渡邊素子、竹之下美穂、豊福 明. 当科外来における口腔内セネストパチー患者606例の臨床統計的検討. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016.04.17

  168. 竹之下美穂、美久月瑠宇、梅崎陽二朗、豊福 明. アミトリプチリンとアリピプラゾールの増強療法が奏功した舌痛症の2例. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016.04.17 福岡国際会議場、福岡市

  169. 豊福 明. その痛み、本当に心因性ですか?. 第20回口腔顔面神経機能学会学術大会 2016.03.05 東京医科歯科大学

  170. 美久月 瑠宇、三浦 杏奈、渡邉 素子、豊福 明. 2014年度当科初診患者に関する臨床統計的検討. 第127回日本心身医学会関東地方会 2016.02.13 東京都 東邦大学医療センター大森病院5号館

  171. 梅崎陽二朗、豊福 明. 当科外来における口腔内セネストパチー606例の臨床統計的検討. 第80回口腔病学会記念学術大会 2015.12.26 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  172. 豊福 明. 超高齢化社会における心と身体と歯科医学. 第18回抗加齢歯科医学研究会 2015.11.29

  173. 北村智久 篠原優貴子 美久月瑠宇 吉川達也  依田哲也 豊福 明. 舌痛症と口腔乾燥症の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.18 名古屋国際会議場

  174. 美久月瑠宇、篠原優貴子、吉川達也、豊福 明. 入院治療を要した歯科心身症の2例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.18

  175. 篠原優貴子 美久月瑠宇 北村智久 吉川達也 安彦善裕 豊福 明. 接触痛を有する地図状舌にスルピリドが有効であった2症例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015.10.18 名古屋国際会議場

  176. 豊福 明. 咬合関連の不定愁訴をどう診るか?. 平成27年度に本補綴歯科学会東海支部総会並びに学術大会 生涯学習公開セミナー 2015.10.11 松本市中央公民館

  177. 豊福 明. 歯科領域の心身医療. 第7回耳鼻咽喉科心身医学研究会 2015.09.26 東京 慶応義塾大学

  178. 片桐綾乃、豊福 明. 三叉神経脊髄路核尾側亜核および上部頸髄に分布する視床投射ニューロンにおけるExtracellular Signal-regurated Kinaseのリン酸化. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  179. 北村智久、美久月瑠宇、岩脇清一、篠原優貴子、三浦杏奈、渡邉素子、梅崎陽二朗、久良木建、吉川達也、豊福明. 当科における舌痛症の臨床的統計. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  180. 梅崎陽二朗、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、北村智久、渡邉素子、久良木建、岩脇清一、吉川達也、豊福明. 当科外来における口腔内セネストパチーの臨床統計的検討. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  181. 舌野知佐、三浦杏奈、美久月瑠宇、篠原優貴子、梅崎陽二朗、北村智久、久良木建、渡邉素子、吉川達也、豊福明. 歯科矯正治療と関連した歯科心身症患者の特徴. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  182. 三浦杏奈、美久月瑠宇、北村智久、岩脇清一、篠原優貴子、渡邉素子、梅崎陽二朗、久良木建、吉川達也、豊福明. 非定型歯痛患者へのamitriptylineの反応性について. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  183. 渡邉素子、三浦杏奈、篠原優貴子、美久月瑠宇、北村智久、岩脇清一、久良木建、梅崎陽二朗、吉川達也、豊福明. 入院治療が奏功した舌痛症の1例. 第30回 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  184. 美久月瑠宇、梅崎陽二朗、三浦杏奈、篠原優貴子、渡邉素子、久良木建、岩脇清一、北村智久、吉川達也、豊福明. 入院治療を要した非定型歯痛の1例. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  185. 久良木 建、三浦杏奈、篠原優貴子、北村智久、美久月瑠宇、岩脇清一、梅崎陽二朗、渡邉素子、吉川達也、豊福 明. neurovascular compressionを有し、三叉神経痛様症状を伴う非定型顔面痛に対しamitriptylineの投与が著効した1例. 第30回日本歯科心身医学会総会・学術集会 2015.07.18 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂

  186. 豊福 明. 検査で異常がない口臭をどうするか?. 第6回に本口臭学会学術大会 2015.07.04

  187. 松岡紘文、安彦善裕、豊福 明、坂野雄二、千葉逸朗、齋藤一郎. うつ病診断基準に関する歯科医師の知識. 第56回日本心身医学会総会 2015.06.27 タワーホール船堀 東京

  188. 渡邉素子、三浦杏奈、竹之下美穂、豊福 明. Phantom bite Syndromeの脳血流SPECTにおける左右非対称性について. 第56回日本心身医学会総会 2015.06.26 タワーホール船堀 東京

  189. 三浦杏奈、渡邉素子、竹之下美穂、豊福 明. 非定型歯痛患者へのamitriptylineの反応性について. 第56回日本心身医学会総会 2015.06.26 タワーホール船堀 東京

  190. 豊福 明. 口腔心身症への対処法. 第25回ドライマウス研究会 2015.06.21

  191. 豊福 明. 歯科医師のためのこころの見方. 九州心身医学研究会 2015.05.23 福岡県歯科医師会館

  192. 渡邉 素子、竹之下美穂、豊福 明. Phantom Bite Syndrome(PBS)における予後の予測因子について. 第69回日本口腔科学会総会 2015.05.14 大阪国際会議場

  193. 鈴木スピカ,渡邊素子、三浦杏奈 梅崎陽二朗、竹之下美穂、豊福明. 舌痛症の抗うつや口量に置ける口腔乾燥感と唾液分泌量の経時的変化. 第126回日本心身医学会関東地方会 2015.02.21 東邦大学医療センター大森病院

  194. 渡邊素子,三浦杏奈、竹之下美穂、豊福明. Phantom bite syndromeの脳血流量における左右比対称性に関する検討. 第126回日本心身医学会関東地方会 2015.02.21 東邦大学医療センター大森病院

  195. 豊福明. 口腔領域の慢性疼痛. 第6回こころとからだの救急学会教育講演 2014.11.15 政策研究大学院大学、 東京

  196. 豊福明. 「口腔領域の不定愁訴」について. 第20回東京耳鼻咽喉科臨床懇話会 2014.10.30 神尾記念病院、東京

  197. 篠原優貴子、佐久間朋美、吉川達也、豊福 明. 当科における2013年度初診の歯科心身症に関する臨床統計的検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014.10.19 幕張メッセ

  198. 三浦杏奈、渡邉素子、竹之下美穂、豊福 明. 非定型歯痛患者へのアミトリプチリンの反応性について。. 第125回日本心身医学会関東地方会 2014.10.18 国立精神・神経医療研究センター、東京

  199. 渡邉素子、三浦杏奈、竹之下美穂、豊福明. 少量のaripiprazoleが奏功したPhantom Bite Syndromeの2症例. 第125回日本心身医学会関東地方会 2014.10.18 国立精神・神経医療研究センター、東京

  200. 豊福明. 「口腔内の不定愁訴の傾向と対策」. ASG研修会 2014.09.28 旭市

  201. 三浦杏奈、渡邉素子、篠原優貴子、鈴木スピカ、吉川達也、佐久間朋美、舌野知佐、片桐綾乃、竹之下美穂、豊福 明:. 非定型歯痛患者へのアミトリプチリンの反応性について。. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.27 神奈川歯科大学、横浜市

  202. 豊福 明. Phantom biteと“脳内地図”. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.27 神奈川歯科大学、横浜市

  203. 吉川達也,渡邉素子、佐久間朋美、舌野知佐、三浦杏奈、片桐綾乃、鈴木スピカ、篠原優貴子、竹之下美穂、佐藤祐介、豊福 明. 歯科心身医療外来における自由診療導入に伴う受診患者動態に関する検討.. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜市

  204. 舌野知佐、竹之下美穂、鈴木スピカ、三浦杏奈、篠原優貴子、佐久間朋美、吉川達也、豊福明. 歯科矯正治療を切望した思春期の精神疾患患者の2症例. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜市

  205. 篠原優貴子、鈴木スピカ、三浦杏奈、渡邉素子、佐久間朋美、舌野知佐、吉川達也、竹之下美穂、豊福 明. 2013年度当科初診患者の臨床統計的検討. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜市

  206. 松岡紘史、守家満、坂野雄二、千葉逸朗、豊福明、斎藤一郎、安彦善裕. 歯科医師のうつ病知識に関する調査. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜

  207. 佐久間朋美、竹之下美穂、吉川達也、舌野知佐、渡邉素子、三浦杏奈、篠原優貴子、豊福 明. 適応のない受診行動やクレームを繰り返す患者への対応. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜

  208. 鈴木スピカ、渡邉素子、三浦杏奈、篠原優貴子、吉川達也、佐久間朋美、舌野知佐、片桐綾乃、竹之下美穂、豊福 明. 舌痛症の抗うつ薬治療における口腔乾燥感と唾液分泌量の経時的変化. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜

  209. 渡邉素子、梅崎陽二郎、鈴木スピカ、三浦杏奈、篠原優貴子、吉川達也、佐久間朋美、舌野知佐、片桐綾乃、竹之下美穂、豊福 明. 口腔異常感症における局所脳血流(rCBF):うつ病既往との関連. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会 2014.07.26 神奈川歯科大学、横浜市

  210. 豊福明. 咬合関連の不定愁訴をどう診るか?. 九州心身医学研究会 2014.07.12 アクロス福岡、福岡市

  211. 豊福明. 「治らない歯痛と咬合の愁訴をどうするか?. 上田歯科医師会学術講演会 2014.06.28 上田歯科医師会館、上田市

  212. 豊福明. 治らない歯痛、合わない義歯をどうするか? -中枢から見た歯科医学と歯科薬物療法学-. 第34回日本歯科薬物療法学会教育講演 2014.06.21 大阪歯科大学、大阪

  213. 竹之下 美穂 渡邉 素子 鈴木 スピカ 豊福 明. 十分な抗うつ薬が使用できず、アリピプラゾールが奏功した舌痛症の2例. 第55回日本心身医学会総会 2014.06.06 幕張メッセ、千葉

  214. 渡邉素子、竹之下美穂、豊福 明. 口腔セネストパチーにおける脳血流 ― うつ病既往との関連 ―. 第55回日本心身医学会総会 2014.06.06 幕張メッセ 千葉

  215. 豊福明. 中枢からみた歯科医学 -歯科心身症の臨床と研究-. 第74回九州歯科学会 2014.05.31 九州歯科大学、北九州市

  216. 豊福明. 咬合関連の不定愁訴をどう診るか?. 第30回東北矯正歯科学会学術大会シンポジウム「歯科治療と心の問題」 2014.05.25 こらっせ福島、福島市

  217. 豊福明. 「ファントムバイトシンドローム(PBS)の理解と歯科診療」. 東京都立心身障害者口腔保健センター研修会 2014.05.11 東京都立心身障害者口腔保健センター、東京

  218. 渡邉素子、佐久間朋美、竹之下美穂、豊福 明. 口腔異常感症における局所脳血流(rCBF):うつ病既往との関連. 第68回日本口腔科学会学術集会 2014.05.08 京王プラザホテル 東京

  219. 豊福 明. 「何で歯科でこの処方?」. 練馬区薬剤師会医薬講座 2014.02.20 練馬区薬剤師会館、東京。

  220. 豊福 明. 歯科心身症患者の気づきを得るための2,3の工夫. 第53回日本心身医学会九州地方会シンポジウム「「患者の理解や気づきを促す治療者の語り“言葉の薬” 2014.01.27 湯布院厚生年金病院、由布市

  221. 竹之下美穂、梅崎陽二朗、渡邉素子、豊福 明. 歯科と内科を転々としていた舌痛症に伴う味覚障害の1例. 第53回日本心身医学会九州地方会 2014.01.25 湯布院厚生年金病院、由布市

  222. 梅崎陽二朗、竹之下美穂、鈴木スピカ、豊福 明. 「原因不明」とされ、約3年間wanderingしていた舌痛症の1例. 第53回日本心身医学会九州地方会 2014.01.24 湯布院厚生年金病院。由布市

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔顔面痛学会優秀ポスター賞 (美久月瑠宇),第 21 回日本口腔顔面痛学会,2016年09月

  • 平成28年度 博慈会 優秀論文症例報告賞(篠原優貴子),一般財団法人 博慈会 老人病研究所,2016年05月

  • 第12回老年研究頴原賞(豊福明),山口老年総合研究所,2015年04月

  • Asian College of Psychosomatic Medicine優秀ポスター賞(渡邉素子),Asian College of Psychosomatic Medicine,2014年08月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「歯の“咬み合わせがいつまでも合わない”患者さんの脳内システムエラーの解明に進展」―不具合を感じる咬み合わせの部位に応じた脳活動のバランスの乱れ?―,2021年01月

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 企画「セカンドオピニオン」へのご回答,毎日新聞社,毎日新聞,2022年09月06日 - 2022年09月21日

  • 舌痛症について考えられる原因や対処法について,NHK出版,テキスト「きょうの健康」,2022年08月

  • 舌痛症について,メディカルトリビューン,岩手日日、十勝毎日新聞、八重山毎日新聞、北國新聞,2020年10月19日

  • 原因不明の口の違和感の正体?歯科心身症の真実,株式会社クレタ,昭和40年男,2020年09月30日

  • 舌のしびれについて,株式会社日経ラジオ社,ドクターサロン,2020年08月21日

  • 「歯科心身症」の現状,日経BPコンサルティング,医歯協MATE,2019年08月22日

  • 読者の医療相談への回答依頼,毎日新聞社,毎日新聞,2019年05月08日

  • 歯科心身症について,株式会社 メディウィル,いしゃまち,2019年02月27日

  • ドライマウス 渇き,NHK,NHK ガッテン!,2018年03月02日

▼全件表示