基本情報

写真a

熊谷 貴(クマガイ タカシ)

KUMAGAI Takashi


職名

助教

生年

1974年

研究室住所

文京区湯島1−5−45

研究室電話番号

03-5803-5195

研究室FAX番号

03-5684-2849

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/med/mzoo/EnvPara_main.html

研究分野・キーワード

寄生虫, 住血吸虫, RNA干渉, 抗酸化タンパク質, ペルオキシレドキシン, sid-1

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際環境寄生虫病学 助教
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 環境社会医歯学講座 国際環境寄生虫病学 助教

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2006年08月
    産業医科大学 医学部・寄生虫学免疫学教室 助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本寄生虫学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生体防御学会

  • 日本熱帯医学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫学(含衛生動物学)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • The exosomes/microvesicles from Schistosoma japonicum

  • The mechanisms of RNA interference in schistosomes

  • LAMP法を用いた住血吸虫症リスクマップの作成

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • miRNAノックダウン住血吸虫を用いた細胞外小胞における性成熟への機能解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • レトロウイルスを用いた遺伝子改変日本住血吸虫作製の試み

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2015年

  • 日本住血吸虫中間宿主貝のゲノム情報プラットフォームの整備

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 住血吸虫由来の分泌型細胞外小胞による免疫抑制機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 日本住血吸虫中間宿主貝のゲノム情報プラットフォームの整備

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Blay Emmanuel Awusah, Kumagai Takashi, Yamabe Masafumi, Hino Akina, Shimogawara Rieko, Kim Hye-Sook, Sato Akira, Ichimura Koichiro, Ayi Irene, Iwanaga Shiroh, Ohta Nobuo. Insights into into the mode of action of 1,2,6,7-tetraoxaspiro [7.11] nonadecane (N-89) against adult Schistosoma mansoni worms PARASITOLOGY INTERNATIONAL. 2018.08; 67 (4): 403-412. ( PubMed, DOI )

  • 香西 博之, 東 桃代, 高橋 正幸, 金山 博臣, 日野 明紀菜, 熊谷 貴, 岩永 史朗, 西岡 安彦. 1年間フォローにより膀胱粘膜所見の寛解を得たビルハルツ住血虫症の一例 日本渡航医学会誌. 2018.06; 12 (Suppl.): 92. ( 医中誌 )

  • Blay Emmanuel A., Yamabe Masafumi, Shimogawara Reiko, Hino Akina, Kim Hye-Sook, Ayi Irene, Kumagai Takashi, Ohta Nobuo. EFFICACY AND DRUG ACTION MECHANISM OF ARTESUNATE AND A SYNTHETIC ENDOPEROXIDE COMPOUND N-89, AGAINST ADULT STAGE SCHISTOSOMA MANSONI AMERICAN JOURNAL OF TROPICAL MEDICINE AND HYGIENE. 2017.11; 95 (5): 369.

  • Itaru Nakamura, Kenji Yagi, Takashi Kumagai, Nobuo Ohta. Positive fecal occult blood test as a diagnostic cue for Schistosoma mansoni infection in a developed country. IDCases. 2017.10; 10 108-109. ( PubMed, DOI )

  • Masafumi Yamabe, Takashi Kumagai, Rieko Shimogawara, Emmanuel Awusah Blay, Akina Hino, Koichiro Ichimura, Akira Sato, Hye-Sook Kim, Nobuo Ohta. Novel synthetic compounds with endoperoxide structure damage juvenile stage of Schistosoma mansoni by targeting lysosome-like organelles. Parasitol. Int.. 2017.02; 66 (1): 917-924. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 高宮信三郎. 寄生虫学研究 材料と方法 2014年版. 三恵社, 2014 日本住血吸虫のRNA干渉実験法 (ISBN : 78-4-86487-353-6)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Takashi Kumagai et al.. THE DEVELOPMENT OF A RISK MAP FOR SCHISTOSOMIASIS MEKONGI BY COMBINING LAMP DIAGNOSIS WITH THE SATELLITE DATA IN CHAMPASAK PROVINCE, LAOS. 12th National Health Research Forum 2018.10.17 Vientiane, Laos

  • Takashi Kumagai et al.. Risk-mapping using LAMP method targeting Schistosoma mekongi infections in Lao PDR.. Forum Cheju-20. 2018.08.22 Daegu, Koria

  • Takashi Kumagai et al.. The functional analysis of female-biased mirnas, mir-Bantam, in the extracellular vesicles of Schistosoma japonicum using the Tough-decoy miRNA blocking system.. 14th International Congress of Parasitology. 2018.08.20 Daegu, Koria

  • 熊谷貴、他. LAMP法を用いたメコン住血吸虫感染貝モニタリングによる感染予測マップ作成に向けて. 第87回日本寄生虫学会大会 2018.03.18 東京

  • Takashi Kumagai, et al. The evaluations of the LAMP method and Kato-Katz method for risk mapping of Schistosoma mekongi infections in Champasak province. The 17th Annual Workshop of the Regional Network for Asian Schistosomiasis and Other Helminthic Zoonoses (RNAS+) 2017.10.25 Vientiane, Lao PDR

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 特許発明等「新規抗住血吸虫剤」

    特許番号: 特願2008-172663

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医動物学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 人類と酒の関係,NHK,NHKスペシャル「食の起源」第4集 酒,2019年08月08日