基本情報

写真a

石橋 哲(イシバシ サトル)

ISHIBASHI Satoru


職名

准教授

研究室住所

文京区湯島1-5-45東京医科歯科大学神経内科

研究分野・キーワード

脳血管障害, 神経内科学, 神経科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部  1996年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  博士課程  2005年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2008年10月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2006年02月
    -
    2006年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 助教
  • 2015年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2008年10月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 脳神経病態学 講師
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 講師

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成20年10月- 東京医科歯科大学神経内科助教採用
  • 平成18年4月- 平成20年9月 米国国立衛生研究所(NIH, NINDS, Stroke Branch)、博士研究員採用。虚血脳への制御性T細胞誘導に関する研究に従事。NIH, The Fellows Award for Research Excellence (FARE) 2008 competition受賞
  • 平成18年2月- 平成18年3月 東京医科歯科大学神経内科助教
  • 平成17年4月- 平成18年1月 日本学術振興会特別研究員PD採用。神経再生医療の研究を継続
  • 平成16年4月- 平成17年3月 日本学術振興会特別研究員DC2採用。平成17年3月に博士(医学)取得後、博士課程卒業。第1回東京医科歯科大学医師会賞受賞(優秀論文賞)受賞

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会

  • 日本内科学会

  • 日本脳卒中学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1996- Japanese Society of Neurology
  • 1996- Japanese Society of Internal Medicine
  • 2001- Japan Stroke Society

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 実験的脳梗塞モデルを使用した神経新生と免疫調整に関する基礎的研究

  • 急性期脳梗塞の側副血行路発達に関する臨床研究

  • 脳梗塞に対する核酸治療法の開発

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 第2世代ヘテロ核酸による脳血管内皮細胞マイクロRNA制御と脳梗塞治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 第2世代ヘテロ核酸による脳血管内皮細胞マイクロRNA制御と脳梗塞治療法開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 脳梗塞克服へ向けた虚血応答性核酸医薬の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 超急性期脳梗塞に対する脂質ライガンド結合型ヘテロ核酸による経静脈的病態制御薬開発

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Eri Iwasawa, Satoru Ishibashi, Motohiro Suzuki, FuYing Li, Masahiko Ichijo, Kazunori Miki, Takanori Yokota. Sphingosine-1-Phosphate Receptor 1 Activation Enhances Leptomeningeal Collateral Development and Improves Outcome after Stroke in Mice. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2018.05; 27 (5): 1237-1251. ( PubMed, DOI )

  • Sekiguchi T, Ishibashi S, Sasame J, Mukae JI, Noda K, Tanaka H, Yamamoto K, Takemoto Y, Kumagai J, Yokota T. Recurrent stroke due to quasi-moyamoya disease associated with POEMS syndrome: An autopsy case. Journal of the neurological sciences. 2020.02; 412 116738. ( PubMed, DOI )

  • 坂本 路果, 岩瀬 遼, 石黒 太郎, 八木 洋輔, 石橋 哲, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 片側上肢筋力低下で発症し、8年後に難聴を来した脳表ヘモジデリン沈着症の1例 臨床神経学. 2020.01; 60 (1): 83. ( 医中誌 )

  • Ohyagi Masaki, Irioka Takashi, Ohkubo Takuya, Ishibashi Satoru, Takahashi Yuko K, Amano Eiichiro, Machida Akira, Kuwahara Hiroya, Yokota Takanori. Intrathecal IgG Synthesis and Persistent Inflammation Are Associated with White Matter Lesions in HIV-negative Patients with Cryptococcal Meningoencephalitis Internal Medicine. 2019.11; 58 (21): 3077-3082. ( 医中誌 )

  • Kobayashi Z, Ishibashi S, Numasawa Y, Shintani S. Practical guide to choosing dabigatran 150 mg twice daily or apixaban 5 mg twice daily for patients with atrial fibrillation. Journal of rural medicine : JRM. 2019.11; 14 (2): 153-155. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 石橋哲, 水澤英洋ら. TIAと脳卒中. 2014.05 (ISBN : 978-4-260-01523-3)

  • 石橋哲, 大谷良. アルツハイマー病が予防できる. 2008.03

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 野田浩太郎,八木洋輔,西田陽一郎,石橋哲,三條伸夫,横田隆徳. 神経免疫疾患に対するIVIg施行に関連した血栓症発症リスクの考察. 第31回日本神経免疫学会学術集会 2019.09.26 千葉

  • 野田浩太郎, 八木洋輔, 西田陽一郎, 石橋哲, 三條伸夫, 横田隆徳. IVIg投与に関連して血栓症を起こした3例の報告と血栓症発症リスクの考察. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.22

  • 石橋哲. 急性期脳梗塞における脳軟膜動脈の S1P受容体1発現と側副血行路の発達. 第44回日本脳卒中学会学術集会 2019.03.21 横浜

  • 石橋哲. 脳梗塞後の炎症制御と神経新生. 第37回 The Mt. Fuji Workshop on CVD 2018.08.25

  • Satoru Ishibashi, Eri Iwasawa, Motohiro Suzuki, Li Fuying, Masahiko Ichijo, Kazunori Miki, Takanori Yokota. S1P1 activation enhances leptomeningeal collateral development and improves outcome after stroke. Stroke 2018 2018.05.26

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • The Fellows Award for Research Excellence (FARE) 2008 competition,National Institutes of Health (NIH),2007年09月

  • 第8回東京医科歯科大学優秀論文賞福岡賞,東京医科歯科大学,2005年10月

  • 第1回東京医科歯科大学医師会賞受賞,2005年03月

  • 21世紀COEプログラム「脳の機能統合とその失調」優秀RA研究員賞,東京医科歯科大学,2004年03月

  • 第6回東京医科歯科大学優秀論文賞福岡賞,2003年10月