基本情報

写真a

工藤 篤(クドウ アツシ)

KUDO Atsushi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4569

研究室FAX番号

メールアドレス

kudomsrg@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.jshbps.jp/public/senmon/senmon2012.html

研究分野・キーワード

脂肪肝, 肝移植, 肝切除, ビリルビン, 黄疸, 肝不全, 膵内分泌腫瘍、カルチノイド

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  肝胆膵・総合外科学分野  博士課程  2004年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 学部内講師
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 臨床試験管理センター 委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 「次世代病院情報管理システム」ワーキンググループ 委員
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 小委員会 委員
  • 2011年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 医局長
  • 2014年03月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 病院掛主任者
  • 2014年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 材料部 デジタル式X線透視診断システム一式の調達に関する仕様策定委員会 委員
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 「病院情報管理システム」導入ワーキンググループ委員
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 処方・注射・処置オータ゛ーフ゜ロシ゛ェクトチーム 委員
  • 2012年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 教育フ゜ロシ゛ェクトチーム 重症プロジェクトチーム委員
  • 2006年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 講師
  • 2008年04月
    -
    2010年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 助教
  • 2015年06月
    -
    2016年02月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 講師
  • 2018年04月
    -
    2019年09月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵外科学 講師
  • 2019年10月
    -
    2020年01月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 医療安全管理部 准教授
  • 2020年02月
    -
    2020年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 医療安全管理部 准教授
  • 2020年04月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 医療安全管理部 准教授
  • 2021年10月
    -
    2022年05月
    東京医科歯科大学 病院 医療安全管理部 准教授
  • 2022年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 医療安全管理部 准教授

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    高度技能専門医 (日本肝胆膵外科学会認定)
  • 2005年
    -
    現在
    慶應義塾大学 医学部 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本臨床外科学会

  • 日本肝癌研究会

  • 日本類洞壁細胞研究会、国際類洞壁細胞研究会

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本膵臓学会

  • 日本胆道学会

  • 日本超音波学会

  • 国際膵臓学会

  • 日本外科栄養学会

  • 日本消化器癌発生学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医、評議員
  • 2016年10月
    -
    現在
    日本肝胆膵外科学会 広報委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS)  「肝転移の治療」 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) NET登録 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) 膵・神経内分泌腫瘍診療ガイドライン 委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本肝胆膵外科学会 30周年記念誌作成委員会
  • 2009年01月
    -
    現在
    日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • 2011年04月
    -
    現在
    Tokyo Bay area Clinical Oncology group   世話人
  • 2012年04月
    -
    現在
    全国肝臓外科医育成の会  世話人
  • 2014年09月
    -
    現在
    城南・神奈川腹部超音波検査研究会 世話人
  • 2010年01月
    -
    現在
    身体障害者福祉法第15条第1項  肝臓機能障害指定医
  • 2014年12月
    -
    現在
    難病の患者に対する医療等に関する法律第6条第1項 難病指定医
  • 2011年04月
    -
    現在
    医療系大学間共用試験 医療系大学間共用試験医学系OSCE認定評価者
  • 新臨床研修指導医
  • 医療情報システム開発検討委員会 委員
  • 院内感染対策部          委員
  • 臨床試験管理センター 委員
  • 病院情報管理システム導入ワーキンググループ委員
  • 処方・注射・処置オータ゛ーフ゜ロシ゛ェクトチーム 委員
  • 教育フ゜ロシ゛ェクトチーム 委員
  • 重症プロジェクトチーム委員
  • OSCE 外科 評価責任者
  • 医学部付属病院指導医講習会世話人
  • 外科合同同門会評議員選出選挙管理委員会
  • Medidata認定プロフェッショナル

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 医師

  • 医師

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞癌の術式選択,2012年

  • 神経内分泌腫瘍の肝転移,2013年

  • Organic anion transporter and fatty liver, cold preserved liver, and reperfusion injury

  • 肝臓疾患(脂肪肝、冷保存虚血肝)の生体内異物解毒機構の解明、肝移植グラフトの保護、保存液の研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膵神経内分泌腫瘍の分子生物学的特性と転移機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2021年 - 2023年

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 肝類洞血流調節因子と肝細胞機能の多次元計算解析~病理、生理、生化、情報遺伝学~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • マクロベジクラー脂肪肝グラフトの脆弱性の原因究明とその対応策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 悪性膵神経内分泌腫瘍の非侵襲的診断と治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会

  • 特定機能病院における医療安全の定量評価法の開発と有害事象に伴う追加的医療費の検討

    文部科学省/日本学術振興会

  • 膵臓癌における化合物スクリーニングによる新規抗がん剤併用療法の開発と臨床応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 神経内分泌腫瘍におけるマルチアナライトバイオマーカーの創設と疾患管理

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Yoshihito Kano, Sei Kakinuma, Fumio Goto, Seishin Azuma, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui , Mina Nakagawa, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Susumu Kirimura, Tomonori Amano, Takashi Ito , Takumi Akashi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Primary Hepatic Neuroendocrine Carcinoma with a Cholangiocellular Carcinoma Component in One Nodule. Clinical Journal of Gastroenterology. 2014.10; 7 449-454.

  2. Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  3. Watanabe H, Fujishima F, Komoto I, Imamura M, Hijioka S, Hara K, Yatabe Y, Kudo A, Masui T, Tsuchikawa T, Sakamoto K, Shiga H, Nakamura T, Nakaya N, Motoi F, Unno M, Sasano H. Somatostatin Receptor 2 Expression Profiles and Their Correlation with the Efficacy of Somatostatin Analogues in Gastrointestinal Neuroendocrine Tumors. Cancers (Basel). 2022.02; 14 (3): ( PubMed, DOI )

  4. Matsudera S, Kano Y, Aoyagi Y, Tohyama K, Takahashi K, Kumaki Y, Mitsumura T, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Ban D, Ono H, Kudo A, Oshima N, Ogino K, Watanabe S, Tani Y, Yamaguchi T, Nakajima M, Morita S, Yamaguchi S, Takagi M, Ishikawa T, Nakagawa T, Okamoto K, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Tsuchioka T, Kojima K, Ikeda S. A Pilot Study Analyzing the Clinical Utility of Comprehensive Genomic Profiling Using Plasma Cell-Free DNA for Solid Tumor Patients in Japan (PROFILE Study). Ann Surg Oncol. 2021.12; 28 (13): 8497-8505. ( PubMed, DOI )

  5. Kudo A, Tateishi U, Yoshimura R, Tsuchiya J, Yokoyama K, Takano S, Kobayashi N, Utunomiya D, Hata M, Ichikawa Y, Tanabe M, Hosono M, Kinuya S. Safety and Response after Peptide Receptor Radionuclide Therapy with 177 Lu-DOTATATE for Neuroendocrine Tumors in Phase 1/2 Prospective Japanese Trial. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2021.12; ( PubMed, DOI )

  6. Murase Y, Ono H, Ogawa K, Yoshioka R, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Inhibitor library screening identifies ispinesib as a new potential chemotherapeutic agent for pancreatic cancers. Cancer Science. 2021.11; 112 (11): 4641-4654. ( PubMed, DOI )

  7. Ito T, Masui T, Komoto I, Doi R, Osamura RY, Sakurai A, Ikeda M, Takano K, Igarashi H, Shimatsu A, Nakamura K, Nakamoto Y, Hijioka S, Morita K, Ishikawa Y, Ohike N, Kasajima A, Kushima R, Kojima M, Sasano H, Hirano S, Mizuno N, Aoki T, Aoki T, Ohtsuka T, Okumura T, Kimura Y, Kudo A, Konishi T, Matsumoto I, Kobayashi N, Fujimori N, Honma Y, Morizane C, Uchino S, Horiuchi K, Yamasaki M, Matsubayashi J, Sato Y, Sekiguchi M, Abe S, Okusaka T, Kida M, Kimura W, Tanaka M, Majima Y, Jensen RT, Hirata K, Imamura M, Uemoto S. JNETS clinical practice guidelines for gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms: diagnosis, treatment, and follow-up: a synopsis. J Gastroenterol. 2021.11; 56 (11): 1033-1044. ( PubMed, DOI )

  8. Ito T, Fujimori N, Honma Y, Kudo A, Hijioka S, Katsushima S, Kimura Y, Fukutomi A, Hisamatsu S, Nakajima A, Shimatsu A. Long-term safety and efficacy of lanreotide autogel in Japanese patients with neuroendocrine tumors: Final results of a phase II open-label extension study. Asia Pacific J Clinical Oncology. 2021.10; 17 (5): e153-e161.

  9. Matsui S, Ono H, Asano D, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Pancreatic metastasis from renal cell carcinoma presenting as gastrointestinal hemorrhage: a case report. Jornal of Surgical Case Reports. 2021.08; 2021 (8):

  10. Akasu M, Shimada S, Kabashima A, Akiyama Y, Shimokawa M, Akahoshi K, Kudo A, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S. Intrinsic activation of β-catenin signaling by CRISPR/Cas9-mediated exon skipping contributes to immune evasion in hepatocellular carcinoma. Scientific Reports. 2021.08; 11 (1):

  11. Kato T, Ono H, Fujii M, Akahoshi K, Ogura T, Ogawa K, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Cytoplasmic RRM1 activation as an acute response to gemcitabine treatment is involved in drug resistance of pancreatic cancer cells. PLoS One. 2021.06; 16 (6): e0252917.

  12. Aoki T, Kubota K, Kiritani S, Arita J, Morizane C, Masui T, Kudo A, Komoto I, Hatano E, Ito T, Osamura RY, Unno M, Uemoto S, Kokudo N. Survey of surgical resections for neuroendocrine liver metastases: A project study of the Japan Neuroendocrine Tumor Society (JNETS). J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2021.06; 28 (6): 489-497. ( PubMed, DOI )

  13. Iwao Y, Ban D, Muro S, Kudo A, Tanaka S, Menon K, Tanabe M. Extraordinary first jejunal arterial variation associated with annular pancreas undergoing pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer: a case report. Surgical and Radiologic Anatomy. 2021.05; 43 (5): 805-810.

  14. Ishida H, Ishikawa Y, Akahoshi K, Ueda H, Morimoto K, Yamashita H, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Laparoscopic distal pancreatectomy in a patient with aberrant splenic artery originating from the superior mesenteric artery: A case report 2021.05; 100 (18): e25704.

  15. Ono H, Kato T, Murase Y, Nakamura Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ogura T, Ogawa K, Ban D, Kudo A, Akiyama Y, Tanaka S, Ito H, Tanabe M. C646 inhibits G2/M cell cycle-related proteins and potentiates anti-tumor effects in pancreatic cancer Scientific Reports. 2021.05; 11 (1):

  16. Kato T, Kudo A, Kinowaki Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. A novel classification of portal venous tumor invasion to predict residual tumor status after surgery in patients with pancreatic neuroendocrine neoplasms. J Cancer Res Clin Oncol. 2021.05; ( PubMed, DOI )

  17. Maekawa A, Kudo A, Kishino M, Murase Y, Watanabe S, Ishikawa Y, Ueda H, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Tanaka S, Kinowaki Y, Tanabe M.. Hormonal tumor mapping for liver metastases of gastroenteropancreatic neuroendocrine neoplasms: a novel therapeutic strategy. Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2021.04; published online

  18. Sugawara T, Ban D, Nishino J, Watanabe S, Maekawa A, Ishikawa Y, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Prediction of early recurrence of pancreatic ductal adenocarcinoma after resection. PLoS One. 2021.04; 16 (4):

  19. Fukuda T, Bouchi R, Takeuchi T, Amo-Shiinoki K, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M, Akashi T, Hirayama K, Odamaki T, Igarashi M, Kimura I, Tanabe K, Tanizawa Y, Yamada T, Ogawa Y. Importance of Intestinal Environment and Cellular Plasticity of Islets in the Development of Postpancreatectomy Diabetes. Diabetes Care. 2021.04; 44 (4): 1002-1011. ( PubMed, DOI )

  20. Murase Y, Kudo A, Akahoshi K, Maekawa A, Ishikawa Y, Ueda H, Ogawa K, Ono H, Tanaka S, Tanabe M. Surgery after sunitinib administration to improve survival of patients with advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms. Annals of Gastroenterological Surgery. 2021.03; 0 (0): 1-9.

  21. Amo-Shiinoki K, Tanabe K, Hoshii Y, Matsui H, Harano R, Fukuda T, Takeuchi T, Bouchi R, Takagi T, Hatanaka M, Takeda K, Okuya S, Nishimura W, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M, Akashi T, Yamada T, Ogawa Y, Ikeda E, Nagano H, Tanizawa Y. Islet cell dedifferentiation is a pathologic mechanism of long-standing progression of type 2 diabetes. JCI insight. 2021.01; 6 (1):

  22. Watanabe Hirofumi, Yamazaki Yuto, Fujishima Fumiyoshi, Izumi Komoto, Imamura Masayuki, Hijioka Susumu, Toriyama Kazuhiro, Yatabe Yasushi, Kudo Atsushi, Motoi Fuyuhiko, Unno Michiaki, Sasano Hironobu. O-6-methylguanine DNA methyltransferase and glucose transporter 2 in foregut and hindgut gastrointestinal neuroendocrine neoplasms BMC CANCER. 2020.12; 20 (1): 1195. ( PubMed, DOI )

  23. Murase Y, Ban D, Maekawa A, Watanabe S, Ishikawa Y, Akahoshi K, Ogawa K, Ono H, Kudo A, Kudo T, Tanaka S, Tanabe M. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection (DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report. Surgical case reports. 2020.12; 6 (1): 302. ( PubMed, DOI )

  24. Yoshiki Murase, Daisuke Ban, Aya Maekawa, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Toshifumi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Successful conversion surgery of distal pancreatectomy with celiac axis resection(DP-CAR) with double arterial reconstruction using saphenous vein grafting for locally advanced pancreatic cancer: a case report Surgical Case Reports. 2020.12;

  25. Hirofumi Watanabe, Yuto Yamazaki, Fumiyoshi Fujishima, Komoto Izumi, Masayuki Imamura, Susumu Hijioka, Kazuhiro Toriyama, Yasushi Yatabe, Atsushi Kudo, Fuyuhiko Motoi, Michiaki Unno, Hironobu Sasano . O⁶-methylguanine DNA methyltransferase and glucose transporter 2 in foregut and hindgut gastrointestinal neuroendocrine neoplasms BMC Cancer . 2020.12; 20 (1): 1195.

  26. Kimura Koichiro, Tsuchiya Junichi, Kitazume Yoshio, Kishino Mitsuhiro, Akahoshi Keiichi, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru, Tateishi Ukihide. Dynamic Enhancement Pattern on CT for Predicting Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms with Low PAX6 Expression: A Retrospective Observational Study DIAGNOSTICS. 2020.11; 10 (11): ( PubMed, DOI )

  27. Kudo Atsushi, Shinoda Masahiro, Ariizumi Shunichi, Kumamoto Takafumi, Katayama Masafumi, Otsubo Takehito, Endo Itaru, Kitagawa Yuko, Tanabe Minoru, Yamamoto Masakazu. Des-gamma-carboxy prothrombin affects the survival of HCC patients with marginal liver function and curative treatment: ACRoS1402 JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2020.11; 146 (11): 2949-2956. ( PubMed, DOI )

  28. Kawasaki Kenta, Toshimitsu Kohta, Matano Mami, Fujita Masashi, Fujii Masayuki, Togasaki Kazuhiro, Ebisudani Toshiki, Shimokawa Mariko, Takano Ai, Takahashi Sirirat, Ohta Yuki, Nanki Kosaku, Igarashi Ryo, Ishimaru Kazuhiro, Ishida Hiroki, Sukawa Yasutaka, Sugimoto Shinya, Saito Yoshimasa, Maejima Kazuhiro, Sasagawa Shota, Lee Hwajin, Kim Hong-Gee, Ha Kyungsik, Hamamoto Junko, Fukunaga Koichi, Maekawa Aya, Tanabe Minoru, Ishihara Soichiro, Hamamoto Yasuo, Yasuda Hiroyuki, Sekine Shigeki, Kudo Atsushi, Kitagawa Yuko, Kanai Takanori, Nakagawa Hidewaki, Sato Toshiro. An Organoid Biobank of Neuroendocrine Neoplasms Enables Genotype-Phenotype Mapping CELL. 2020.11; 183 (5): 1420-+. ( PubMed, DOI )

  29. Kenta Kawasaki, Kohta Toshimitsu, Mami Matano, Masashi Fujita, Masayuki fujii, Kazuhiro Togasaki, Toshiki Ebisudani, Mariko Shimokawa, Ai Takano, Sirirat Takahashi, Yuki Ohta, Kosaku Nanki, Ryo Igarashi, Kazuhiro Ishimaru, Hiroki Ishida, Yasutaka Sukawa, Shinya Sugimoto, Yoshimasa Saito, Kazuhiro Maejima, Shota Sasagawa, Hwajin Lee, Hong-Gee Kim, Kyungsik Ha, Junko Hamamoto, Koichi Fukunaga, Aya Maekawa, Minoru Tanabe, Soichiro Ishihara, Yasuo Hamamoto, Hiroyuki Yasuda, Shigeki Sekine, Atsushi Kudo, Yuko Kitagawa, Takanori Kanai, Hidewaki Nakagawa, Toshiro Sato. An Organoid Biobank of Neuroendocrine Neoplasms Enables Genotype-Phenotype Mapping Cell. 2020.11; 183 (5): 1420-1435.

  30. Koichiro Kimura, Junichi Tsuchiya, Yoshio Kitazume, Mitsuhiro Kishino, Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe, Ukihide Tateishi . Dynamic Enhancement Pattern on CT for Predicting Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms with Low PAX6 Expression: A Retrospective Observational Study Diagnostics . 2020.11; 10 (11): 919.

  31. Asano D, Kudo A, Akahoshi K, Maekawa A, Murase Y, Ogawa K, Ono H, Ban D, Tanaka S, Tanabe M. Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms. Annals of surgery. 2020.09; ( PubMed, DOI )

  32. Asano, Daisuke, Kudo, Atsushi, Akahoshi, Keiichi, Maekawa, Aya, Murase, Yoshiki, Ogawa, Kosuke, Ono, Hiroaki, Ban, Daisuke, Tanaka, Shinji, Tanabe, Minoru . Curative Surgery and Ki-67 Value Rather than Tumor Differentiation Predict the Survival of Patients with High-grade Neuroendocrine Neoplasms Annals of Surgery . 2020.09;

  33. Ito Tetsuhide, Fujimori Nao, Honma Yoshitaka, Kudo Atsushi, Hijioka Susumu, Katsushima Shinji, Kimura Yasutoshi, Fukutomi Akira, Hisamatsu Seiichi, Nakajima Akihiro, Shimatsu Akira. Long-term safety and efficacy of lanreotide autogel in Japanese patients with neuroendocrine tumors: Final results of a phase II open-label extension study ASIA-PACIFIC JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  34. Tetsuhide Ito, Nao Fujimori, Yoshitaka Honma, Atsushi Kudo, Susumu Hijioka, Shinji Katsushima, Yasutoshi Kimura, Akira Fukutomi, Seiichi Hisamatsu, Akihiro Nakajima, Akira Shimatsu . Long-term safety and efficacy of lanreotide autogel in Japanese patients with neuroendocrine tumors: Final results of a phase II open-label extension study Asia Pacific Journal of Clinical Oncology . 2020.08; Online Ahead-of-Print

  35. Kaibori Masaki, Yoshii Kengo, Hasegawa Kiyoshi, Ariizumi Shunichi, Kobayashi Tsuyoshi, Kamiyama Toshiya, Kudo Atsushi, Yamaue Hiroki, Kokudo Norihiro, Yamamoto Masakazu. Impact of systematic segmentectomy for small hepatocellular carcinoma JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES. 2020.06; 27 (6): 331-341. ( PubMed, DOI )

  36. Yoshino Jun, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Loss of ARID1A induces a stemness gene ALDH1A1 expression with histone acetylation in the malignant subtype of cholangiocarcinoma CARCINOGENESIS. 2020.06; 41 (6): 734-742. ( PubMed, DOI )

  37. Kaibori Masaki, Yoshii Kengo, Hasegawa Kiyoshi, Ariizumi Shunichi, Kobayashi Tsuyoshi, Kamiyama Toshiya, Kudo Atsushi, Yamaue Hiroki, Kokudo Norihiro, Yamamoto Masakazu. Impact of systematic segmentectomy for small hepatocellular carcinoma(和訳中) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2020.06; 27 (6): 331-341. ( 医中誌 )

  38. Masaki Kaibori, Kengo Yoshii, Kiyoshi Hasegawa, Shunichi Ariizumi, Tsuyoshi Kobayashi, Toshiya Kamiyama, Atsushi Kudo, Hiroki Yamaue, Norihiro Kokudo, Masakazu Yamamoto . Impact of systematic segmentectomy for small hepatocellular carcinoma Journal of Hepatobiliary Pancreatic Science . 2020.06; 27 (6): 331-341.

  39. Kim Dong-Sik, Kim Bong-Wan, Hatano Etsuro, Hwang Shin, Hasegawa Kiyoshi, Kudo Atsushi, Ariizumi Shunichi, Kaibori Masaki, Fukumoto Takumi, Baba Hideo, Kim Seong Hoon, Kubo Shoji, Kim Jong Man, Ahn Keun Soo, Choi Sae Byeol, Jeong Chi-Young, Shima Yasuo, Nagano Hiroaki, Yamasaki Osamu, Yu Hee Chul, Han Dai Hoon, Seo Hyung-Il, Park Il-Young, Yang Kyung-Sook, Yamamoto Masakazu, Wang Hee-Jung. Surgical Outcomes of Hepatocellular Carcinoma With Bile Duct Tumor Thrombus A Korea-Japan Multicenter Study ANNALS OF SURGERY. 2020.05; 271 (5): 913-921. ( PubMed, DOI )

  40. Kim, Dong-Sik, Kim, Bong-Wan, Hatano, Etsuro, Hwang, Shin, Hasegawa, Kiyoshi, Kudo, Atsushi, Ariizumi, Shunichi, Kaibori, Masaki, Fukumoto, Takumi, Baba, Hideo, Kim, Seong Hoon, Kubo, Shoji, Kim, Jong Man, Ahn, Keun Soo, Choi, Sae Byeol, Jeong, Chi-Young, Shima, Yasuo, Nagano, Hiroaki, Yamasaki, Osamu, Yu, Hee Chul, Han, Dai Hoon, Seo, Hyung-Il, Park, Il-Young, Yang, Kyung-Sook, Yamamoto, Masakazu, Wang, Hee-Jung . Surgical Outcomes of Hepatocellular Carcinoma With Bile Duct Tumor Thrombus: A Korea-Japan Multicenter Study. Annals of surgery . 2020.05; 271 (5): 913-921.

  41. Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ito Sakiko, Akashi Takumi, Shimada Shu, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tateishi Ukihide, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms ANNALS OF SURGERY. 2020.04; 271 (4): 732-739. ( PubMed, DOI )

  42. Matsui Satoshi, Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2020.04; 44 (4): 1244-1251. ( PubMed, DOI )

  43. Ono Hiroaki, Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2020.03; 146 (3): 793-799. ( PubMed, DOI )

  44. Kato Tomotaka, Ban Daisuke, Tateishi Ukihide, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Reticular pattern around superior mesenteric artery in computed tomography imaging predicting poor prognosis of pancreatic head cancer JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES. 2020.03; 27 (3): 114-123. ( PubMed, DOI )

  45. Hayashi Ruriko, Minami Isao, Sasahara Yuriko, Izumiyama Hajime, Yoshimoto Takanobu, Kishino Mitsuhiro, Kudo Atsushi, Tateishi Ukihide, Tanabe Minoru, Yamada Tetsuya. ガストリノーマの局在性に対する選択的動脈内カルシウム注入試験の診断精度(Diagnostic accuracy of selective arterial calcium injection test for localization of gastrinoma) Endocrine Journal. 2020.03; 67 (3): 305-315. ( 医中誌 )

  46. Kato Tomotaka, Ban Daisuke, Tateishi Ukihide, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵頭部癌の予後不良を予測するCT画像上の上腸間膜動脈周囲の網状パターン(Reticular pattern around superior mesenteric artery in computed tomography imaging predicting poor prognosis of pancreatic head cancer) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2020.03; 27 (3): 114-123. ( 医中誌 )

  47. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of weekly streptozocin and oral S-1 treatment for patients of unresectable or metastatic pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2020.03; 146 (3): 793-799.

  48. Takai Erina, Maeda Daichi, Li Zhuo, Kudo-Asabe Yukitsugu, Totoki Yasushi, Nakamura Hiromi, Nakamura Akiko, Nakamura Rumi, Kirikawa Misato, Ito Yukinobu, Yoshida Makoto, Inoue Takamitsu, Habuchi Tomonori, Ikoma Shohei, Katoh Hiroto, Kato Mamoru, Shibata Tatsuhiro, Ishikawa Shumpei, Yachida Shinichi, Goto Akiteru. Post-mortem Plasma Cell-Free DNA Sequencing: Proof-of-Concept Study for the "Liquid Autopsy" SCIENTIFIC REPORTS. 2020.02; 10 (1): ( DOI )

  49. Hayashi Ruriko, Minami Isao, Sasahara Yuriko, Izumiyama Hajime, Yoshimoto Takanobu, Kishino Mitsuhiro, Kudo Atsushi, Tateishi Ukihide, Tanabe Minoru, Yamada Tctsuya. Diagnostic accuracy of selective arterial calcium injection test for localization of gastrinoma ENDOCRINE JOURNAL. 2020; 67 (3): 305-315. ( PubMed, DOI )

  50. Matsui S, Ogura T, Ban D, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M.. Position of the Pancreas Division Line and Postoperative Outcomes After Distal Pancreatectomy. World Journal of Surgery. 2019.11;

  51. Yoshino J, Akiyama Y, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. Loss of ARID1A induces a stemness gene ALDH1A1 expression with histone acetylation in the malignant subtype of cholangiocarcinoma. Carcinogenesis. 2019.10;

  52. Wakabayashi Taiga, Hibi Taizo, Yoneda Godai, Iwao Yasuhito, Sawada Yu, Hoshino Hiroyuki, Uemura Shuichiro, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Takemura Yusuke, Mishima Kohei, Shinoda Masahiro, Itano Osamu, Otsubo Takehito, Endo Itaru, Kitagawa Yuko, Tanabe Minoru, Egawa Hiroto, Yamamoto Masakazu. Predictive model for survival after liver resection for noncolorectal liver metastases in the modern era: a Japanese multicenter analysis JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES. 2019.10; 26 (10): 441-448. ( PubMed, DOI )

  53. 高橋 健太, 熊木 裕一, 横堀 潤子, 高嶺 恵里子, 大島 乃里子, 若菜 公雄, 石川 敏昭, 伴 大輔, 工藤 篤, 木村 浩一朗, 中川 剛士, 田邉 稔, 宮坂 尚幸, 三宅 智, 池田 貞勝. がんの診断・治療とLiquid Biopsyの意義 がんゲノム医療におけるLiquid biopsyの可能性 前向き観察研究PROFILE試験の結果から 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 PD5-6. ( 医中誌 )

  54. 赤須 雅文, 工藤 篤, 村瀬 芳樹, 石井 武, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の治療戦略 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 P152-2. ( 医中誌 )

  55. 小川 康介, 工藤 篤, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 当科におけるインスリノーマ20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 P27-6. ( 医中誌 )

  56. 村瀬 芳樹, 工藤 篤, 八木 宏平, 前川 彩, 石井 武, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの効果を規定する因子 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O16-5. ( 医中誌 )

  57. 工藤 篤, 田邉 稔, 赤星 径一. 神経内分泌腫瘍Up to Date 神経内分泌腫瘍の薬物療法 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 SY13-3. ( 医中誌 )

  58. 浅野 大輔, 工藤 篤, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 悪性神経内分泌腫瘍患者に対する手術治療 手術治療の可能性 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O25-2. ( 医中誌 )

  59. 石井 武, 工藤 篤, 八木 宏平, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移症例の臨床的検討と本邦の腎細胞癌膵転移例の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O50-4. ( 医中誌 )

  60. 菅原 俊喬, 工藤 篤, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 石井 武, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移と予後の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O16-4. ( 医中誌 )

  61. 八木 宏平, 工藤 篤, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 石井 武, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 菅原 俊喬, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 P151-3. ( 医中誌 )

  62. 加藤 智敬, 工藤 篤, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における門脈内腫瘍塞栓分類の提案 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 P25-8. ( 医中誌 )

  63. 小野 宏晃, 工藤 篤, 赤星 径一, 小川 康介, 小倉 俊郎, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 進行性膵神経内分泌腫瘍におけるストレプトゾシン/TS-1併用治療の有用性 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O50-5. ( 医中誌 )

  64. Wakabayashi Taiga, Hibi Taizo, Yoneda Godai, Iwao Yasuhito, Sawada Yu, Hoshino Hiroyuki, Uemura Shuichiro, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Takemura Yusuke, Mishima Kohei, Shinoda Masahiro, Itano Osamu, Otsubo Takehito, Endo Itaru, Kitagawa Yuko, Tanabe Minoru, Egawa Hiroto, Yamamoto Masakazu. 非大腸癌肝転移に対する肝切除後の生存に関する現在の予測モデル 日本で実施した多施設共同解析(Predictive model for survival after liver resection for noncolorectal liver metastases in the modern era: a Japanese multicenter analysis) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2019.10; 26 (10): 441-448. ( 医中誌 )

  65. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍治療においてスニチニブ減量投与の有効性と安全性について 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2019.10; 57回 O24-1. ( 医中誌 )

  66. Liu B, Kudo A, Kinowaki Y, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tanaka S, Akashi T, Tanabe M. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms The Japanese Society of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828.

  67. Liu Bo, Kudo Atsushi, Kinowaki Yuko, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Akashi Takumi, Tanabe Minoru. A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY. 2019.09; 54 (9): 819-828. ( PubMed, DOI )

  68. Liu Bo, Kudo Atsushi, Kinowaki Yuko, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Akashi Takumi, Tanabe Minoru. 高分化型膵神経内分泌腫瘍患者の予後を予測する簡便で実用的な指数(A simple and practical index predicting the prognoses of the patients with well-differentiated pancreatic neuroendocrine neoplasms) Journal of Gastroenterology. 2019.09; 54 (9): 819-828. ( 医中誌 )

  69. Jun Yoshino, Daisuke Ban, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka & Minoru Tanabe. The Clinial Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy World Journal of Surgery. 2019.08; 43 (8): 2069-2076.

  70. Matsui S, Kudo A, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tanaka S, Tanabe M.. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2019.08; 145 (8): 2097-2104.

  71. Matsui Satoshi, Kudo Atsushi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Does sunitinib have a patient-specific dose without diminishing its antitumor effect on advanced pancreatic neuroendocrine neoplasms? JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2019.08; 145 (8): 2097-2104. ( PubMed, DOI )

  72. Yoshino Jun, Ban Daisuke, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. The Clinical Implications of Peripancreatic Fluid Collection After Distal Pancreatectomy WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2019.08; 43 (8): 2069-2076. ( PubMed, DOI )

  73. Taiga Wakabayashi,Taizo Hibi,Godai Yoneda,Yasuhito Iwao,Yu Sawada,Hiroyuki Hoshino,Shuichiro Uemura,Daisuke Ban,Atsushi Kudo, Yusuke Takemura,Kohei Mishima,Masahiro Shinoda,Osamu Itano, Takehito Otsubo,Itaru Endo, Yuko Kitagawa,Minoru Tanabe,Hiroto Egawa,Masakazu Yamamoto. Predictive model for survival after liver resection for noncolorectal liver metastases in the modern era: a Japanese multicenter analysis. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2019.07;

  74. Watanabe Shuichi, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Ishikawa Yoshiya, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Loss of KDM6A characterizes a poor prognostic subtype of human pancreatic cancer and potentiates HDAC inhibitor lethality INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER. 2019.07; 145 (1): 192-205. ( PubMed, DOI )

  75. Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. HBP外科専門医への教育ロードマップ 腹腔鏡下HBP外科専門医へのロードマップ(Education roadmap to qualified HBP surgeons Roadmap to the qualified laparoscopic HBP surgeon) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 ESY1-1. ( 医中誌 )

  76. Kudo Atsushi, Murase Yoshiki, Asano Daisuke, Sugawara Toshitaka, Ishii Takeshi, Matsui Satoshi, Kato Tomotaka, Akasu Masafumi, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanabe Minoru. PNET手術の最新戦略 膵神経内分泌腫瘍に対するバイオマーカーと治療戦略(Up-to-date strategy for PNET surgery Biomarker and Treatment strategy for pancreatic neuroendocrine tumors) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 WS7-2. ( 医中誌 )

  77. Akahoshi Keiichi, Ban Daisuke, Kuboki Ryo, Oba Atsushi, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY. 2019.06; 34 (6): 1108-1115. ( PubMed, DOI )

  78. Ogura Toshiro, Ban Daisuke, Matsui Satoshi, Ishii Takeshi, Sugawara Toshitaka, Kato Tomotaka, Akasu Masahumi, Asano Daisuke, Yoshino Jun, Ogawa Kousuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 最初に肝静脈にアプローチする腹腔鏡下系統的肝切除(Laparoscopic anatomical hepatectomy approaching the hepatic vein first) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 RV4-4. ( 医中誌 )

  79. Murase Yoshiki, Kudo Atsushi, Sugawara Toshitaka, Matsui Satoshi, Ishii Takeshi, Kato Tomotaka, Akasu Masafumi, Asano Daisuke, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanabe Minoru. 神経内分泌腫瘍患者に対するlanreotide投与後のPFSを決定する指標(The index to decide PFS after lanreotide administration for patients with neuroendocrine tumor) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P126-1. ( 医中誌 )

  80. Akasu Masafumi, Kudo Atsushi, Kato Tomotaka, Asano Daisuke, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanabe Minoru. 神経内分泌腫瘍(NET)における静脈浸潤の影響と再発(The effect of venous invasion and recurrence in Neuroendocrine tumor(NET)) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P127-6. ( 医中誌 )

  81. Ishii Takeshi, Ogura Toshirou, Murase Yoshiki, Matsui Satoshi, Sugawara Toshitaka, Akasu Masafumi, Katou Tomotaka, Yoshino Jun, Watanabe Shuuichi, Ogawa Kouske, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 肥満の肝細胞癌患者に対する手術(Surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P21-6. ( 医中誌 )

  82. Kato Tomotaka, Ono Hiroaki, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru. 膵癌細胞における細胞増殖とゲムシタビン耐性に関連するRRM1遺伝子の機能解析(Functional analysis of RRM1 gene related to cell proliferation and gemcitabine resistance in pancreatic cancer cells) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P69-4. ( 医中誌 )

  83. Watanabe Shuichi, Ban Daisuke, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵癌根治切除後の異時性孤立性転移に対する治療の分析(The analysis of the treatment for the metachronous solitary metastasis after curative surgery in pancreatic cancer) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P78-4. ( 医中誌 )

  84. Ogawa Kosuke, Kudo Atsushi, Ogura Toshiro, Mitsunori Yusuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Tanabe Minoru. 膵神経内分泌腫瘍の肝転移に対する治療戦略(Strategy for liver metastases of pancreatic neuroendocrine tumor) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P126-4. ( 医中誌 )

  85. Mitsunori Yusuke, Murase Yoshiki, Sugawara Toshitaka, Ishii Takeshi, Matsui Satoshi, Akasu Masafumi, Kato Tomotaka, Asano Daisuke, Yoshino Jyun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 門脈腫瘍血栓を有する再発進行性肝細胞癌に対する再手術(Repeat surgery for recurrent advanced hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 RV2-5. ( 医中誌 )

  86. Ban Daisuke, Murase Yoshiki, Muroo Satoru, Matsui Satoshi, Ishii Takeshi, Sugawara Toshitaka, Akasu Masafumi, Kato Tomotaka, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Asano Daisuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Akita Keiichi, Tanabe Minoru. 膵頭十二指腸切除術に関する外科解剖学のカレントトピックス(Current topics of the surgical anatomy concerning Pancreatoduodenectomy) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 UDL-3. ( 医中誌 )

  87. Sugawara Toshitaka, Ban Daisuke, Ishi Takeshi, Matsui Satoshi, Akasu Masafumi, Kato Tomotaka, Asano Daisuke, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru. 膵管腺癌切除後の早期再発に関する術前因子(Preoperative factors for early recurrence of resected pancreatic ductal adenocarcinoma) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2019.06; 31回 P71-3. ( 医中誌 )

  88. Shu Shimada, Kaoru Mogushi, Yoshimitsu Akiyama, Takaki Furuyama, Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Minoru Tanabe, Jack R. Wands, Shinji Tanaka. Comprehensive molecular and immunological characterization of hepatocellular carcinoma EBioMedicine published by the lancet. 2019.02; 40 457-470.

  89. Shimada Shu, Mogushi Kaoru, Akiyama Yoshimitsu, Furuyama Takaki, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Tanabe Minoru, Wands Jack R., Tanaka Shinji. Comprehensive molecular and immunological characterization of hepatocellular carcinoma EBIOMEDICINE. 2019.02; 40 457-470. ( PubMed, DOI )

  90. Niitsu Yoshihiro, Minami Isao, Izumiyama Hajime, Hashimoto Koshi, Yoshimoto Takanobu, Satou Fuminori, Tsujino Motoyoshi, Ota Kazuki, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Yamada Tetsuya, Ogawa Yoshihiro. ジアゾキシドで治療した日本人インスリノーマ患者20例の臨床転帰(Clinical outcomes of 20 Japanese patients with insulinoma treated with diazoxide) Endocrine Journal. 2019.02; 66 (2): 149-155. ( 医中誌 )

  91. Ishikawa Y, Ban D, Watanabe S, Akahoshi K, Ono H, Mitsunori Y, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy. Asian journal of endoscopic surgery. 2019.01; 12 (1): 81-87. ( PubMed, DOI )

  92. Ishikawa Yoshiya, Ban Daisuke, Watanabe Shuichi, Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 腹腔鏡下尾側膵切除術における手技上の困難度の簡便な目安としての脾動脈(Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy) Asian Journal of Endoscopic Surgery. 2019.01; 12 (1): 81-87. ( 医中誌 )

  93. Kinowaki Y., Matsuda Y., Fukumura Y., Kudo A., Akashi T., Kitagawa M.. Alternative Lengthening of Telomeres Predicts Metastatic Disease and Poor Survival in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Tumors PANCREAS. 2019; 48 (10): 1462.

  94. Kobayashi M., Ohtsuka K., Ban D., Kudo A., Tanabe M.. Effectiveness of Endoscopic Ultrasonography-guided Fine-needle Aspiration for the Diagnosis of Pancreatic Neuroendocrine Tumors PANCREAS. 2019; 48 (10): 1464.

  95. Niitsu Yoshihiro, Minami Isao, Izumiyama Hajime, Hashimoto Koshi, Yoshimoto Takanobu, Satou Fuminori, Tsujino Motoyoshi, Ota Kazuki, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Yamada Tetsuya, Ogawa Yoshihiro. Clinical outcomes of 20 Japanese patients with insulinoma treated with diazoxide ENDOCRINE JOURNAL. 2019; 66 (2): 149-155. ( PubMed, DOI )

  96. Mizuno Yuki, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Watanabe Shuichi, Aida Tomomi, Ogawa Kosuske, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Yamaoka Shoji, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma CANCER SCIENCE. 2018.12; 109 952.

  97. Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Masafumi Akasu, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Atsuko Konta, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms Journal of Surgical Research. 2018.11; 231 195-200.

  98. Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Akasu Masafumi, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Konta Atsuko, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Rapid growth speed of cysts can predict malignant intraductal mucinous papillary neoplasms JOURNAL OF SURGICAL RESEARCH. 2018.11; 231 195-200. ( PubMed, DOI )

  99. Shibuya Hitoshi, Hijioka Susumu, Sakamoto Yasunari, Ito Tetsuhide, Ueda Keijiro, Komoto Izumi, Kobayashi Noritoshi, Kudo Atsushi, Yasuda Hiroaki, Miyake Hayato, Arita Junichi, Kiritani Sho, Ikeda Masafumi, Imaoka Hiroshi, Ueno Makoto, Kobayashi Satoshi, Furuta Mitsuhiro, Nagashio Yoshikuni, Murohisa Gou, Aoki Taku, Matsumoto Shigemi, Motoya Masayo, Azemoto Nobuaki, Itakura Jun, Horiguchi Shigeru, Yogi Tatsuji, Kawagoe Tetsuro, Miyaoka Youichi, Imamura Fumito, Senju Michio, Arioka Hitoshi, Hara Kazuo, Imamura Masayuki, Okusaka Takuji. Multi-center clinical evaluation of streptozocin-based chemotherapy for advanced pancreatic neuroendocrine tumors in Japan: focus on weekly regimens and monotherapy CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY. 2018.10; 82 (4): 661-668. ( PubMed, DOI )

  100. Ban Daisuke, Matsui Satoshi, Ishii Takeshi, Sugawara Toshitaka, Akasu Masafumi, Kato Tomotaka, Asano Daisuke, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru. 腹腔鏡下肝切除術のトラブルシューティング 腹腔鏡下肝切除術時の大量出血に対するrecovery shot パッキング法(Troubleshooting in laparoscopic hepatic resections Recovery shot for massive bleeding in laparoscopic liver resection: the packing technique) 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 340. ( 医中誌 )

  101. Keiichi Akahoshi、Daisuke Ban, Ryo Kuboki, Atsushi Oba, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka and Minoru Tanabe. Orotate phosphoribosyltransferase as a predictor of benefit from S-1 adjuvant chemotherapy for cholangiocarcinoma patients Journal of Gastroenterology and Hepatology. 2018.09;

  102. Ishikawa Yoshiya, Ehara Kazuhisa, Yamada Tatsuya, Matsuzawa Natsumi, Arai Shu, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Kawashima Yoshiyuki, Sakamoto Hirohiko. Three-dimensional computed tomography analysis of the vascular anatomy of the splenic hilum for gastric cancer surgery SURGERY TODAY. 2018.09; 48 (9): 841-847. ( PubMed, DOI )

  103. 水野 裕貴, 島田 周, 秋山 好光, 渡邊 秀一, 相田 知海, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 山岡 昇司, 田中 真二, 田邉 稔. 肝細胞癌においてDEPDC5不活化はp62発現上昇を介してロイシン欠乏に対する抵抗性の獲得に寄与する(DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma) 日本癌学会総会記事. 2018.09; 77回 1640. ( 医中誌 )

  104. Ishikawa Yoshiya, Ehara Kazuhisa, Yamada Tatsuya, Matsuzawa Natsumi, Arai Shu, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Kawashima Yoshiyuki, Sakamoto Hirohiko. 胃癌手術のための脾門の脈管構造に関する3D CT分析(Three-dimensional computed tomography analysis of the vascular anatomy of the splenic hilum for gastric cancer surgery) Surgery Today. 2018.09; 48 (9): 841-847. ( 医中誌 )

  105. Kudo A, Akahoshi K, Ito S, Akashi T, Shimada S, Ogura T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Tateishi U, Tanaka S, Tanabe M. Downregulated Pancreatic Beta Cell Genes Indicate Poor Prognosis in Patients With Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms. Annals of Surgery. 2018.07;

  106. Tanaka Shinji, Oba Atsushi, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru. 消化管癌に対する免疫療法の現状と将来展望 肝細胞癌のhypermutatorと免疫原性サブタイプに対する精密免疫療法(Current status and future perspectives of immunotherapy for gastrointestinal cancer Precision immunotherapy for hypermutator and immunogenic subtypes of hepatocellular carcinoma) 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 637. ( 医中誌 )

  107. Kato Tomotaka, Ban Daisuke, Akahoshi Keichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵癌の術前治療に関する新しい知識 主幹動脈周囲hazy densityによる切除可能膵癌に対する治療戦略(New knowledge concerning preoperative treatment for pancreatic cancer Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery) 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 430. ( 医中誌 )

  108. Ueda H, Akiyama Y, Shimada S, Mogushi K, Serizawa M, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M, Tanaka S.. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs. Endocr Relat Cancer. 2018.06; 25 (6): 619-631.

  109. Ishikawa Y, Ehara K, Yamada T, Matsuzawa N, Arai S, Ban D, Kudo A, Tanabe M, Kawashima Y, Sakamoto H.. Three-dimensional computed tomography analysis of the vascular anatomy of the splenic hilum for gastric cancer surgery. Surg Today. . 2018.06;

  110. Akasu Masafumi, Kudo Atsushi, Kato Tomotaka, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Chiyonobu Norimichi, Mizuno Yuki, Akahoshi Keichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. P-NETに対する分子標的薬の治療成績(The results of molecular targeted drugs to P-NET) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 425. ( 医中誌 )

  111. Ueda Hiroki, Akiyama Yoshimitsu, Shimada Shu, Mogushi Kaoru, Serizawa Misaki, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Aihara Arihiro, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Tumor suppressor functions of DAXX through histone H3.3/H3K9me3 pathway in pancreatic NETs ENDOCRINE-RELATED CANCER. 2018.06; 25 (6): 619-631. ( PubMed, DOI )

  112. Mizuno Yuki, Kudo Atsushi, Akashi Takumi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Tateishi Ukihide, Tanabe Minoru. Sunitinib shrinks NET-G3 pancreatic neuroendocrine neoplasms JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY. 2018.06; 144 (6): 1155-1163. ( PubMed, DOI )

  113. Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshio, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ogawa Kosuke, Tanabe Minoru. 肝胆膵手術の高度技術スペシャリストシステム導入に伴う教育結果(Educational outcome accompanying introduction of advanced skill specialist system of hepato-biliary-pancreatic surgery) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 396. ( 医中誌 )

  114. Yoshino Jun, Ogura Toshiro, Akahoshi Keiiti, Ogawa Kosuke, Mitsunori Yusuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 胆嚢癌切除患者の長期転帰と予後因子(Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 384. ( 医中誌 )

  115. Ogawa Kousuke, Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshirou, Ono Hiroaki, Mitsunori Yuusuke, Ban Daisuke, Tanabe Minoru. 膵神経内分泌腫瘍におけるコントラスト増強CT画像の解析(Analysis of contrast-enhanced CT images in pancreatic neuroendocrine tumor) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 341. ( 医中誌 )

  116. Ogura Toshiro, Kato Tomotaka, Akasu Masahumi, Yoshino Jun, Watanabe Syuichi, Chiyonobu Norimichi, Mizuno Yuki, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kousuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵尾部癌症例におけるリンパ節転移の生存への関与(The implication of lymph node metastasis on survival in cases with distal pancreatic cancer) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 408. ( 医中誌 )

  117. Mitsunori Yusuke, Akasu Masafumi, Kato Tomotaka, Yoshino Jyun, Watanabe Syuichi, Chiyonobu Norimichi, Akahoshi Keiichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵尾側切除術を受けた患者において術後糖尿病の予測因子は何か(What is predictive factor of postoperative diabetes mellitus in patient with distal pancreatectomy?) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 529. ( 医中誌 )

  118. Ban Daisuke, Kato Tomotaka, Akasu Masafumi, Yoshino Jun, Asano Daisuke, Watanabe Shuichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 腹腔鏡下肝切除術 腹腔鏡下肝切除術のための段階的プログラムとOSATSの導入(Laparoscopic Liver Resection Step-up program and introduction of OSATS for laparoscopic liver resection) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 297. ( 医中誌 )

  119. Kato Tomotaka, Ban Daisuke, Akasu Masahumi, Yoshino Jun, Watanabe Shuichi, Akahoshi Keichi, Ogura Toshiro, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 腹腔鏡下肝7および8区域切除における安全なアプローチに関するアドバイス(Tips for the safe approach in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8) 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集. 2018.06; 30回 354. ( 医中誌 )

  120. 松井 聡、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 減量切除が有用であった血糖制御不能な悪性インスリノーマの1例 臨床外科. 2018.05; 79 (5): 138-144.

  121. Norimichi Chiyonobu, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Kaoru Mogushi, Michiko Itoh, Keiichi Akahoshi, Satoshi Matsumura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Takayoshi Suganami, Shoji Yamaoka, Yoshihiro Ogawa, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. Fatty acid binding protein 4 (FABP4) overexpression in intratumoral hepatic stellate cells within hepatocellular carcinoma with metabolic risk factors The American Journal of Pathology. 2018.05; 188 (5):

  122. Chiyonobu Norimichi, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Mogushi Kaoru, Itoh Michiko, Akahoshi Keiichi, Matsumura Satoshi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Suganami Takayoshi, Yamaoka Shoji, Ogawa Yoshihiro, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Fatty Acid Binding Protein 4 (FABP4) Overexpression in Intratumoral Hepatic Stellate Cells within Hepatocellular Carcinoma with Metabolic Risk Factors AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY. 2018.05; 188 (5): 1213-1224. ( PubMed, DOI )

  123. Yoshimura Takuji, Watanabe Toshiaki, Kuramochi-Miyagawa Satomi, Takemoto Noriaki, Shiromoto Yusuke, Kudo Akihiko, Kanai-Azuma Masami, Tashiro Fumi, Miyazaki Satsuki, Katanaya Ami, Chuma Shinichiro, Miyazaki Jun-ichi. Mouse GTSF1 is an essential factor for secondary piRNA biogenesis EMBO REPORTS. 2018.04; 19 (4): ( DOI )

  124. Yuki Mizuno,Atsushi Kudo,Takumi Akashi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa,Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Ukihide Tateishi, Minoru Tanabe. Sunitinib shrinks NET-G3 pancreatic neuroendocrine neoplasms Journal of Cancer Research and Clinical Oncology. 2018.03; 144 1155-1163.

  125. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Splenic artery as a simple landmark indicating difficulty during laparoscopic distal pancreatectomy Asian Journal of Endscopic Surgery. 2018.02; 1-7.

  126. Mizuno Y, Shimada S, Akiyama Y, Watanabe S, Aida T, Ogawa K, Ono H, Mitsunori Y, Ban D, Kudo A, Arii S, Yamaoka S, Tanabe M, Tanaka S.. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Sci Rep. . 2018.01; 8 (1):

  127. Mizuno Yuki, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Watanabe Shuichi, Aida Tomomi, Ogawa Kosuke, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Yamaoka Shoji, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma SCIENTIFIC REPORTS. 2018.01; 8 (1): 106. ( PubMed, DOI )

  128. Oba Atsushi, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Kirimura Susumu, Ito Hiromitsu, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Aihara Arihiro, Ochiai Takanori, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Correlation Between the Acquisition of Resistance to Gemcitabine Therapy and the Expression of HuR in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: A Case Report INTERNATIONAL SURGERY. 2018; 103 (1-2): 116-120. ( DOI )

  129. Sakamoto Y., Hijioka S., Shibuya H., Ito T., Imamura M., Komoto I, Kobayashi N., Kudo A., Yasuda H., Arita J., Morizane C., Okusaka T.. Evaluation of Streptozocin-Based Chemotherapeutic Regimens for Advanced Pancreatic Neuroendocrine Tumors: A Multi-Center Clinical Study in Japan NEUROENDOCRINOLOGY. 2018; 106 205.

  130. Yoshino J., Ban D., Ogura T., Ogawa K., Ono H., Mitsunori Y., Kudo A., Tanabe M.. Novel Criteria for Drain Removal After Distal Pancreatectomy PANCREAS. 2018; 47 (10): 1435.

  131. Oba Atsushi, Kudo Atsushi, Akahoshi Keiichi, Kishino Mitsuhiro, Akashi Takumi, Katsuta Eriko, Iwao Yasuhito, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Tanaka Shinji, Eishi Yoshinobu, Tateishi Ukihide, Tanabe Minoru. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度を推測するための簡便な形態学的分類(A simple morphological classification to estimate the malignant potential of pancreatic neuroendocrine tumors) Journal of Gastroenterology. 2017.10; 52 (10): 1140-1146. ( 医中誌 )

  132. Ito Yukinobu, Maeda Daichi, Yoshida Makoto, Yoshida Akihiko, Kudo-Asabe Yukitsugu, Nanjyo Hiroshi, Izumi Chikako, Yamamoto Fumio, Inoue Masahiro, Shibata Hiroyuki, Katoh Hiroto, Ishikawa Shumpei, Nakamura Hiromi, Totoki Yasushi, Shibata Tatsuhiro, Yachida Shinichi, Goto Akiteru. Cardiac intimal sarcoma with PDGFR beta mutation and co-amplification of PDGFR alpha and MDM2: an autopsy case analyzed by whole-exome sequencing VIRCHOWS ARCHIV. 2017.09; 471 (3): 423-428. ( DOI )

  133. Tetsuhide Ito, Yoshitaka Honma, Susumu Hijioka, Atsushi Kudo, Akira Fukutomi, Akira Nozaki, Yasutoshi Kimura, Fuyuhiko Motoi, Hiroyuki Isayama, Izumi Komoto, Seiichi Hisamatsu, Akihiro Nakajima, Akira Shimatsu. Phase II study of lanreotide autogel in Japanese patients with unresectable or metastatic well-differentiated neuroendocrine tumors. Invest New Drugs. 2017.08; 35 (4): 499-508. ( PubMed, DOI )

  134. Ueda Hiroki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Ochiai Takanori, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Refractory Long-Term Cholangitis After Pancreaticoduodenectomy: A Retrospective Study WORLD JOURNAL OF SURGERY. 2017.07; 41 (7): 1882-1889. ( PubMed, DOI )

  135. Ishikawa Yoshiya, Ban Daisuke, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Surgical pitfalls of jejunal vein anatomy in pancreaticoduodenectomy JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES. 2017.07; 24 (7): 394-400. ( PubMed, DOI )

  136. Ishikawa Yoshiya, Ban Daisuke, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵頭十二指腸切除術における空腸静脈の解剖学に関する外科的落とし穴(Surgical pitfalls of jejunal vein anatomy in pancreaticoduodenectomy) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.07; 24 (7): 394-400. ( 医中誌 )

  137. Ohata Yoshiteru, Shimada Shu, Akiyama Yoshimitsu, Mogushi Kaoru, Nakao Keisuke, Matsumura Satoshi, Aihara Arihiro, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Arii Shigeki, Tanabe Minoru, Tanaka Shinji. Acquired Resistance with Epigenetic Alterations Under Long-Term Antiangiogenic Therapy for Hepatocellular Carcinoma MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS. 2017.06; 16 (6): 1155-1165. ( PubMed, DOI )

  138. Atsushi Oba, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Mitsuhiro Kishino, Takumi Akashi, Eriko Katsuta, Yasuhito Iwao, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Yoshinobu Eishi, Ukihide Tateishi, Minoru Tanabe. A simple morphological classification to estimate the malignant potential of pancreatic neuroendocrine tumors. J. Gastroenterol.. 2017.05; 52 (10): 1140-1146. ( PubMed, DOI )

  139. Atsushi Oba, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Taketo Nishikawaji, Kaoru Mogushi, Hiromitsu Ito, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Hiroshi Asahara, Atsushi Kaida, Masahiko Miura, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka. ARID2 modulates DNA damage response in human hepatocellular carcinoma cells. J. Hepatol.. 2017.05; 66 (5): 942-951. ( PubMed, DOI )

  140. Keiichi Akahoshi, Takanori Ochiai, Ayumi Takaoka, Takuya Kitamura, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Emergency Cholecystectomy for Patients on Antiplatelet Therapy. Am Surg. 2017.05; 83 (5): 486-490. ( PubMed )

  141. Ban Daisuke, Asano Daisuke, Akahoshi Keiichi, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Borderline resectable膵癌に対するCT画像の特徴に応じた至適管理(The optimal management depending on the features of CT imaging of borderline resectable pancreatic cancer) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A165. ( 医中誌 )

  142. Mizuno Yuki, Kudo Atsushi, Ishikawa Yoshiya, Watanabe Shuichi, Chiyonobu Norimichi, Ono Hiroaki, Masumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Tanabe Minoru. GEP-NETにおけるPD-L1発現と臨床病理学的因子との関連性の分析(Analysis of the relationship between PD-L1 expression and clinicopathological factors in GEP-NETs) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A369. ( 医中誌 )

  143. Akahoshi Keiichi, Ochiai Takanori, Takaoka Ayumi, Kitamura Takuya, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. Emergency Cholecystectomy for Patients on Antiplatelet Therapy AMERICAN SURGEON. 2017.05; 83 (5): 486-490.

  144. Ono Hiroaki, Akahoshi Keiichi, Iwao Yasuhito, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yuusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. IPMNに対する手術後におけるリンパ節転移の臨床評価(Clinical evaluation of lymph node metastasis after surgery of IPMN) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A115. ( 医中誌 )

  145. Chiyonobu Norimichi, Ono Hiroaki, Iwao Yasuhito, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. IPMNの術前画像検査において造影される結節の臨床的意義(Clinical significance of enhancing nodules in preoperative imaging studies of IPMN) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A369. ( 医中誌 )

  146. Watanabe Shuichi, Ban Daisuke, Iwao Yasuhito, Akahoshi Keiichi, Ono Akihiro, Mitsunori Yusuke, Matsumura Satoshi, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 再発性膵癌の予後の研究 孤立性再発の意義(Study of the prognosis of recurrent pancreatic cancer: The significance of the solitary recurrence) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A116. ( 医中誌 )

  147. Mitsunori Yusuke, Ban Daisuke, Ono Hiroaki, Akahoshi Keiichi, Iwao Yasuhito, Matsumura Satoshi, Ochiai Takanori, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 尾側膵切除患者において術後糖尿病を予測できるか(Can we predict postoperative diabetes mellitus in patient with distal pancreatectomy?) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A280. ( 医中誌 )

  148. Kudo Atsushi, Ban Daisuke, Akahoshi Keiichi, Mitsunori Yusuke, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 切除不能または転移性の膵神経内分泌腫瘍を有する患者では全身療法により手術適応が決まる可能性がある(Systemic therapy may decide surgical indication for patients with Unresectable or Metastatic Pancreatic Neuroendocrine Tumor) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A91. ( 医中誌 )

  149. Yoshino Jun, Ban Daisuke, Akahoshi Keiichi, Iwao Yasuhito, Ono Hiroaki, Mitsunori Yusuke, Matsumura Satoshi, Kudo Atsushi, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 腹腔鏡下遠位膵切除術の最適な膵体尾部縫合法 被覆およびフィブリン密閉法(The optimal pancreatic stump closure method of a laparoscopic distalpancreatectomy: wrapping and fibrin capping technique) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A174. ( 医中誌 )

  150. Kudo Atsushi, Ban Daisuke, Akahoshi Keiichi, Matsumura Satoshi, Mitsunori Yusuke, Iwao Yasuhito, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵NETの肝転移の治療法(How to manage liver metastases of pancreatic NET?) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A44. ( 医中誌 )

  151. Ueda Hiroki, Ban Daisuke, Kudo Atsushi, Ochiai Takanori, Tanaka Shinji, Tanabe Minoru. 膵頭十二指腸切除術後の難治性長期胆管炎 レトロスペクティブ研究(Refractory long-term cholangitis after pancreaticoduodenectomy: a retrospective study) Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 2017.05; 24 (Suppl.1): A173. ( 医中誌 )

  152. 田中 真二, 島田 周, 秋山 好光, 松村 聡, 光法 雄介, 藍原 有弘, 落合 高徳, 伴 大輔, 工藤 篤, 有井 滋樹, 田邉 稔. Precision medicine bench to bedside 肝胆膵がんの分子サブタイプと治療抵抗性解析によるprecision medicineの展開 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SY-7. ( 医中誌 )

  153. Takayama Issei, Tanabe Hideyuki, Nishiyama Takashi, Ito Harumi, Amizuka Norio, Li Minqi, Katsube Ken-ichi, Kii Isao, Kudo Akira. Periostin is required for matricellular localization of CCN3 in periodontal ligament of mice JOURNAL OF CELL COMMUNICATION AND SIGNALING. 2017.03; 11 (1): 5-13. ( DOI )

  154. Yuichiro Watanabe, Hideyuki Ishida, Hiroyuki Baba, Takeo Iwama, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Hideki Ishikawa. Pancreas-sparing total duodenectomy for Spigelman stage IV duodenal polyposis associated with familial adenomatous polyposis: experience of 10 cases at a single institution. Fam. Cancer. 2017.01; 16 (1): 91-98. ( PubMed, DOI )

  155. Furuyama T, Kudo A, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Tanaka S, Tanabe M.. Preoperative direct bilirubin to prothrombin time ratio index to prevent liver failure after minor hepatectomy. J Hepatobiliary Pancreat Sci. . 2016.12; 23 (12): 763-770.

  156. Norihiro Kishida, Masahiro Shinoda, Osamu Itano, Hideaki Obara, Minoru Kitago, Taizo Hibi, Hiroshi Yagi, Yuta Abe, Kentaro Matsubara, Masanori Odaira, Minoru Tanabe, Motohide Shimazu, Yuko Kitagawa. Increased Incidence of Thrombotic Microangiopathy After ABO-Incompatible Living Donor Liver Transplantation. Ann. Transplant.. 2016.12; 21 755-764. ( PubMed )

  157. Yuichiro Watanabe, Shinya Honda, Akimitsu Konishi, Satoko Arakawa, Michiko Murohashi, Hirofumi Yamaguchi, Satoru Torii, Minoru Tanabe, Shinji Tanaka, Eiji Warabi, Shigeomi Shimizu. Autophagy controls centrosome number by degrading Cep63. Nat Commun. 2016.11; 7 13508. ( PubMed, DOI )

  158. Akahoshi K, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Matsumura S, Akiyama Y, Aihara A, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Arii S, Tanabe M.. Expression of connective tissue growth factor in the livers of non-viral hepatocellular carcinoma patients with metabolic risk factors. J Gastroenterol. . 2016.09; 51 (9): 910-922.

  159. Yamada Y, Hoshino K, Irie R, Tomita H, Kato M, Shimojima N, Fujino A, Hibi T, Shinoda M, Obara H, Itano O, Kawachi S, Tanabe M, Sakamoto M, Kitagawa Y, Kuroda T.. The optimal immunosuppressive protocol for the portal vein infusion of PGE1 and methylprednisolone in pediatric liver transplantation for fulminant hepatic failure of unknown etiology. Pediatr Transplant.. 2016.08; 20 (5): 640-646.

  160. Oba A, Ban D, Kirimura S, Akahoshi K, Mitsunori Y, Matsumura S, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Minoru T.. Clinical application of the biomarkers for the selection of adjuvant chemotherapy in pancreatic ductal adenocarcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Sci. . 2016.08; 23 (8): 480-488.

  161. Eriko Katsuta, Atsushi Kudo, Takumi Akashi, Yusuke Mitsunori, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Shinji Tanaka, Yoshinobu Eishi, Minoru Tanabe. Macroscopic morphology for estimation of malignant potential in pancreatic neuroendocrine neoplasm J Cancer Res Clin Oncol . 2016.06; 142 1299-1306.

  162. Iwasa Y, Kitazume Y, Tateishi U, Saida Y, Ban D, Tanabe M, Takemoto A.. Hepatocellular Carcinoma Histological Grade Prediction: A Quantitative Comparison of Diffusion-Weighted, T2-Weighted, and Hepatobiliary-Phase Magnetic Resonance Imaging. J Comput Assist Tomogr. . 2016.05; 40 (3): 463-470.

  163. Kawai-Kitahata F, Asahina Y, Tanaka S, Kakinuma S, Murakawa M, Nitta S, Watanabe T, Otani S, Taniguchi M, Goto F, Nagata H, Kaneko S, Tasaka-Fujita M, Nishimura-Sakurai Y, Azuma S, Itsui Y, Nakagawa M, Tanabe M, Takano S, Fukasawa M, Sakamoto M, Maekawa S, Enomoto N, Watanabe M.. Comprehensive analyses of mutations and hepatitis B virus integration in hepatocellular carcinoma with clinicopathological features. J Gastroenterol. . 2016.05; 51 (5): 473-486.

  164. Takaki Furuyama, Shinji Tanaka, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Satoshi Matsumura, Yusuke Mitsunori, Arihiro Aihara, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Hiroshi Fukamachi, Shigeki Arii, Yoshiya Kawaguchi & Minoru Tanabe. Proteasome activity is required for the initiation of precancerous pancreatic lesions Scientific Reports. 2016.05; 6 ( DOI )

  165. Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Shimada S, Akiyama Y, Aihara A, Matsumura S, Mitsunori Y, Ban D, Ochiai T, Kudo A, Fukamachi H, Tanaka H, Nakayama K, Arii S, Tanabe M.. CD73 as a therapeutic target for pancreatic neuroendocrine tumor stem cells. Int J Oncol. . 2016.02; 48 (2): 657-669.

  166. Masaki Kaibori , Hiroyuki Nitta , Michihiro Hayashi , Shigekazu Takemura , Hiroaki Nagano , Kosuke Matsui , Hisashi Ikoma , Takuya Nakai , Masafumi Yasunaga , Masahiro Kido , Takeshi Aoki , Toshiki Rikiyama , Keiji Sano , Atsushi Kudo , Satoshi Katagiri , Yuichiro Otsuka , Tamotsu Kuroki , Takeo Nomi , Koichi Yano , Itaru Endo , Masaki Ueno , Akishige Kanazawa , Hiroaki Terajima , Saiho Ko , Goro Honda , Yasuji Seyama , Hiroki Sunagawa , Tsukasa Aibara. Questionnaire survey on work motivations of gastrointestinal and hepatobiliary pancreatic surgeons enrolled in a Japanese national interdisciplinary program J Hepatobiliary Pancreat Sci . 2016.01; 23 697-702.

  167. M. Shimazu, Y. Kato, S. Kawachi, M. Tanabe, K. Hoshino, G. Wakabayashi, Y. Kitagawa, and M. Kitajima. Impact of Portal Hemodynamic Changes in Partial Liver Grafts on Short-Term Graft Regeneration in Living Donor Liver Transplantation Transplant Proceedings. 2016.01; 48 2747-2755.

  168. E. Soeda, K. Hoshino, Y. Izawa, C. Takaoka, C. Isobe, A. Takahashi, N. Takahashi, Y. Yamada, N. Shimojima, A. Fujino, M. Shinoda, Y. Kitagawa, M. Tanabe, S. Nakamura, N. Taki, A. Sekiguchi, Y. Nakazawa, T. Turukawa, and T. Kuroda. A report on the Positive Response to an Outdoor Nature Challenge of a Snow Camp for Young Liver Transplantation Patients Transplant Proceedings. 2016.01; 49 115-120.

  169. Hiromitsu Ito, Shinji Tanaka, Yoshimitsu Akiyama, Shu Shimada, Rama Adikrisna, Satoshi Matsumura, Arihiro Aihara, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Shoji Yamaoka, Minoru Tanabe. Dominant Expression of DCLK1 in Human Pancreatic Cancer Stem Cells Accelerates Tumor Invasion and Metastasis PLoS ONE. 2016.01; 11 (1): ( DOI )

  170. Hiroko Matsunaga, Shinji Tanaka, Arihiro Aihara, Kousuke Ogawa, Satoshi Matsumura, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Takumi Irie, Atsushi Kudo, Noriaki Nakamura, Shigeki Arii and Minoru Tanabe. . A Novel Therapeutic Combination Sequentially Targeting Aurora B and Bcl-xL in Hepatocellular Carcinoma. Ann. Surg. Oncol. 2015.09; 22 (9): 3079-3086.

  171. Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Takumi Irie, Takanori Ochiai, Arihiro Aihara, Satoshi Matsumura, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Advances in reduced port laparoscopic liver resection. Asian J Endosc Surg. 2015.02; 8 (1): 11-15. ( PubMed, DOI )

  172. Okajima C, Arii S, Tanaka S, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanabe M.. Prognostic role of Child-Pugh score 5 and 6 in hepatocellular carcinoma patients who underwent curative hepatic resection. Am. J. Surg.. 2015.01; 209 (1): 199-205. ( PubMed, DOI )

  173. Kudo A, Matusmura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Tanaka S, Arii S, Tanabe M.. Does the preoperative alpha-fetoprotein predict the recurrence and mortality after hepatectomy for hepatocellular carcinoma without macrovascular invasion in patients with normal liver function? Hepatol. Res.. 2014.12; 44 (14): E437-E446. ( PubMed, DOI )

  174. Kudo A, Tanaka S, Ban D, Matsumura S, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Arii S, Tanabe M.. Alcohol consumption and recurrence of non-B or non-C hepatocellular carcinoma after hepatectomy: a propensity score analysis. J. Gastroenterol.. 2014.09; 49 (9): 1352-1361. ( PubMed, DOI )

  175. Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathologic and molecular features of patients receiving curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. Am. J. Surg.. 2014.09; 208 (3): 450-456. ( PubMed, DOI )

  176. Kudo A, Tanaka S, Matsumura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Arii S.. Anatomic resection reduces the recurrence of solitary hepatocellular carcinoma <5 cm without macrovascular invasion. Am. J. Surg.. 2014.06; 207 (6): 863-869. ( PubMed, DOI )

  177. Miura T, Ban D, Koyama T, Kudo A, Ochiai T, Irie T, Nakamura N, Tanaka S, Arii S.. Severe postoperative hemorrhage caused by antibody-mediated coagulation factor deficiencies: report of two cases. Surg. Today. 2014.05; 44 (5): 976-981. ( PubMed, DOI )

  178. Kudo A, Igari T, Kumagai J, Tanaka S, Ban D, Noguchi N, Irie T, Nakamura N, Arii S.. A simple index to predict liver functional reserve after hepatectomy. Hepatogastroenterology. 2014.04; 61 712-716.

  179. Ogawa K, Tanaka S, Matsumura S, Murakata A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanabe M, Arii S.. EpCAM-targeted therapy for human hepatocellular carcinoma. Ann. Surg. Oncol.. 2014.04; 21 (4): 1314-1322. ( PubMed, DOI )

  180. Kudo A, Mogushi K, Takayama T, Matsumura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Tanaka H, Anzai N, Sakamoto M, Tanaka S, Arii S.. Mitochondrial metabolism in the noncancerous liver determine the occurrence of hepatocellular carcinoma: a prospective study. J. Gastroenterol.. 2014.03; 49 (3): 502-510. ( PubMed, DOI )

  181. Yasui Y, Kudo A, Kurosaki M, Matsuda S, Muraoka M, Tamaki N, Suzuki S, Hosokawa T, Ueda K, Matsunaga K, Nakanishi H, Tsuchiya K, Itakura J, Takahashi Y, Tanaka S, Asahina Y, Enomoto N, Arii S, Izumi N.. Reduced organic anion transporter expression is a risk factor for hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis C patients: a propensity score matching study. Oncology. 2014.01; 86 (1): 53-62. ( PubMed, DOI )

  182. Ito H, Kudo A, Matsumura S, Ban D, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Tanaka S, Tanabe M. Mixed adenoneuroendocrine carcinoma of the colon progressed rapidly after hepatic rupture: report of a case. Int Surg. 2014; 99 (1): 40-44. ( PubMed, DOI )

  183. Shunsuke Muramatsu, Shinji Tanaka, Kaoru Mogushi, Rama Adikrisna, Arihiro Aihara, Daisuke Ban, Takanori Ochiai, Takumi Irie, Atsushi Kudo, Noriaki Nakamura, Koh Nakayama, Hiroshi Tanaka, Shoji Yamaoka, Shigeki Arii. Visualization of stem cell features in human hepatocellular carcinoma reveals in vivo significance of tumor-host interaction and clinical course. Hepatology. 2013.07; 58 (1): 218-228. ( PubMed, DOI )

  184. Atsushi Kudo, Ban D, Aihara A, Irie T, Ochiai T, Nakamura N, Tanaka S, Arii S. Decreased Mrp2 transport in severe macrovesicular fatty liver grafts. J Surg Res. 2012.12; 178 (2): 915-921. ( PubMed, DOI )

  185. Tateno C, Miya F, Wake K, Kataoka M, Ishida Y, Yamasaki C, Yanagi A, Kakuni M, Wisse E, Verheyen F, Inoue K, Sato K, Kudo A, Arii S, Itamoto T, Asahara T, Tsunoda T, Yoshizato K. Morphological and microarray analyses of human hepatocytes from xenogeneic host livers. Lab Invest. 2012.11; ( PubMed, DOI )

  186. Sato K, Tanaka S, Mitsunori Y, Mogushi K, Yasen M, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Contrast-enhanced intraoperative ultrasonography for vascular imaging of hepatocellular carcinoma; clinical and biological significance. Hepatology. 2012.11; ( PubMed, DOI )

  187. Atsushi Kudo, Ban D, Akashi T, Kumagai J, Aihara A, Inokuchi M, Kojima K, Kawano T, Tanaka S, Arii S. Prognoses of GEP-NETS with undetermined malignant potentials of their primary sites. Hepatogastroenterology. 2012.09; 59 (118): 1682-1686. ( PubMed, DOI )

  188. Atsushi Kudo, Akashi T, Kumagai J, Ban D, Inokuchi M, Kojima K, Kawano T, Tanaka S, Arii S. The Importance of Clinical Information in Patients with Gastroenteropancreatic Neuroendocrine Tumor. Hepato-gastroenterology. 2012.05; 59 (120): ( PubMed, DOI )

  189. Adikrisna R, Tanaka S, Muramatsu S, Aihara A, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Yamaoka S, Arii S.. Identification of Pancreatic Cancer Stem Cells and Selective Toxicity of Chemotherapeutic Agents. Gastroenterology.. 2012.04;

  190. Mitsunori Y, Tanaka S, Nakamura N, Ban D, Irie T, Noguchi N, Kudo A, Iijima H, Arii S.. Contrast-enhanced intraoperative ultrasound for hepatocellular carcinoma: high sensitivity of diagnosis and therapeutic impact. J Hepatobiliary Pancreat Sci.. 2012.03;

  191. Yoshitake K, Tanaka S, Mogushi K, Aihara A, Murakata A, Matsumura S, Mitsunori Y, Yasen M, Ban D, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Importin-α1 as a Novel Prognostic Target for Hepatocellular Carcinoma. Annals of surgical oncology. 2011.02; ( PubMed, DOI )

  192. Murakata A, Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Arii S. Gene expression signature of the gross morphology in hepatocellular carcinoma. Ann Surg. 2011.01; 253 (1): 94-100. ( PubMed, DOI )

  193. Mitsunori Y, Kudo A, Nakamura N, Tanaka S, Arii S.. [Significance of contrast enhanced intraoperative ultrasound with Sonazoid for liver metastases from colorectal cancer] Nihon Rinsho.. 2011; Apr;69 (Suppl 3): 320-4.

  194. Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Ban D, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Yamamoto M, Kokudo N, Takayama T, Kawasaki S, Sakamoto M, Arii S.. Oxidative stress pathways in noncancerous human liver tissue to predict hepatocellular carcinoma recurrence: A prospective, multicenter study. Hepatology. 2011; Oct (54(4)): 1273-81. ( PubMed, DOI )

  195. Nakamura N, Irie T, Ochiai T, Kudo A, Itoh K, Tanaka S, Teramoto K, Arii S.. Pancreatoduodenectomy after coronary artery bypass grafting using the right gastroepiploic artery: a case report. Hepatogastroenterology. 2011; Jul-Aug (58(109)): 1137-41. ( PubMed, DOI )

  196. Uchida Y, Tanaka S, Aihara A, Adikrisna R, Yoshitake K, Matsumura S, Mitsunori Y, Murakata A, Noguchi N, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Lai PB, Arii S. Analogy between sphere forming ability and stemness of human hepatoma cells. Oncol Rep. 2010.11; 24 (5): 1147-1151. ( PubMed )

  197. Yoshikawa S, Iijima H, Saito M, Tanaka H, Imanishi H, Yoshimoto N, Yoshimoto T, Futatsugi-Yumikura S, Nakanishi K, Tsujimura T, Nishigami T, Kudo A, Arii S, Nishiguchi S. Crucial role of impaired Kupffer cell phagocytosis on the decreased Sonazoid-enhanced echogenicity in a liver of a nonalchoholic steatohepatitis rat model. Hepatol Res. 2010.08; 40 (8): 823-831. ( PubMed, DOI )

  198. Arii S, Tanaka S, Mitsunori Y, Nakamura N, Kudo A, Noguchi N, Irie T. Surgical strategies for hepatocellular carcinoma with special reference to anatomical hepatic resection and intraoperative contrast-enhanced ultrasonography. Oncology. 2010.07; 78 Suppl 1 125-130. ( PubMed, DOI )

  199. Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Miki Y, Inazawa J, Tanaka H, Arii S. Gene-expression phenotypes for vascular invasiveness of hepatocellular carcinomas. Surgery. 2010.03; 147 (3): 405-414. ( PubMed, DOI )

  200. Aihara A, Tanaka S, Yasen M, Matsumura S, Mitsunori Y, Murakata A, Noguchi N, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Arii S. The selective Aurora B kinase inhibitor AZD1152 as a novel treatment for hepatocellular carcinoma. J Hepatol. 2009.10; ( PubMed, DOI )

  201. Ban D, Kudo A, Sui S, Tanaka S, Nakamura N, Ito K, Suematsu M, Arii S. Decreased Mrp2-dependent bile flow in the post-warm ischemic rat liver. J Surg Res. 2009.05; 153 (2): 310-316. ( PubMed, DOI )

  202. Tanaka S, Mogushi K, Yasen M, Noguchi N, Kudo A, Kurokawa T, Nakamura N, Inazawa J, Tanaka H, Arii S. Surgical contribution to recurrence-free survival in patients with macrovascular-invasion-negative hepatocellular carcinoma. J Am Coll Surg. 2009.03; 208 (3): 368-374. ( PubMed, DOI )

  203. Sui S, Kudo A, Suematsu M, Tanaka S, Nakamura N, Ito K, Arii S. Preservation Solutions Alter Mrp2-Dependent Bile Flow in Cold Ischemic Rat Livers. J Surg Res. 2009.01; ( PubMed, DOI )

  204. Nakamura N, Kudo A, Ito K, Tanaka S, Arii S. A hepatic lipoma mimicking angiomyolipoma of the liver: report of a case. Surg Today. 2009; 39 (9): 825-828. ( PubMed, DOI )

  205. Ui S, Tanaka S, Ito K, Nakamura N, Kudo A, Noguchi N. [Diagnosis of liver cancer and therapy] Gan To Kagaku Ryoho. 2008.10; 35 (10): 1676-1680. ( PubMed )

  206. Tanaka S, Taira K, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Arii S. Anterior approach for left-sided hepatic resection. Hepatogastroenterology. 2008.09; 55 (86-87): 1760-1763. ( PubMed )

  207. Teramoto K, Nakamura N, Ito K, Kudo A, Noguchi N, Takamatsu S, Kawamura T, Tanaka S, Arii S. Strong association between frequency of intermittent inflow occlusion and transient increase in serum liver enzymes after hepatic resection. Hepatogastroenterology. 2008.03; 55 (82-83): 636-640. ( PubMed )

  208. Takamatsu S, Noguchi N, Kudoh A, Nakamura N, Kawamura T, Teramoto K, Igari T, Arii S. Influence of risk factors for metabolic syndrome and non-alcoholic fatty liver disease on the progression and prognosis of hepatocellular carcinoma. Hepatogastroenterology. 2008.03; 55 (82-83): 609-614. ( PubMed )

  209. Ito K, Kudo A, Nakamura N, Tanaka S, Teramoto K, Arii S. Left-sided portal hypertension caused by serous cystadenoma of the pancreas: report of a case. Surg Today. 2008; 38 (2): 184-187. ( PubMed, DOI )

  210. Tanaka S, Noguchi N, Ochiai T, Kudo A, Nakamura N, Ito K, Kawamura T, Teramoto K, Arii S. Outcomes and recurrence of initially resectable hepatocellular carcinoma meeting milan criteria: Rationale for partial hepatectomy as first strategy. J Am Coll Surg. 2007.01; 204 (1): 1-6. ( PubMed, DOI )

  211. Noguchi N, Teramoto K, Ochiai T, Irie T, Kudou A, Kurokawa T, Nakamura N, Tanaka S, Kawamura T, Arii S. The close participation of ET-1 and NO in human hepatic hemodynamics. Hepatol Res. 2006.10; 36 (2): 86-93. ( PubMed, DOI )

  212. Atsushi Kudo, Shougang Sui, Makoto Suematsu, Shigeki Arii.. Stronger Neo Minophagen C improves detoxification capacity of the post cold ischemic liver grafts. Minophagen Medical Review.. 2006; Supplement (35): 73-76.

  213. Teramoto K, Kawamura T, Takamatsu S, Nakamura N, Kudo A, Noguchi N, Irie T, Arii S. Laparoscopic and thoracoscopic approaches for the treatment of hepatocellular carcinoma. Am J Surg. 2005.04; 189 (4): 474-478. ( PubMed, DOI )

  214. Takamatsu S, Ban D, Irie T, Noguchi N, Kudoh A, Nakamura N, Kawamura T, Igari T, Teramoto K, Arii S. Resection of a cancer developing in the remnant pancreas after a pancreaticoduodenectomy for pancreas head cancer. J Gastrointest Surg. 2005.02; 9 (2): 263-269. ( PubMed, DOI )

  215. Takamatsu S, Teramoto K, Kawamura T, Kudo A, Noguchi N, Irie T, Ochiai T, Kumagai J, Koike M, Arii S. Liver metastasis from rectal cancer with prominent intrabile duct growth. Pathol Int. 2004.06; 54 (6): 440-445. ( PubMed, DOI )

  216. Atsushi Kudo, Kashiwagi S, Kajimura M, Yoshimura Y, Uchida K, Arii S, Suematsu M. Kupffer cells alter organic anion transport through multidrug resistance protein 2 in the post-cold ischemic rat liver. Hepatology. 2004.04; 39 (4): 1099-1109. ( PubMed, DOI )

  217. Norimizu S, Kudo A, Kajimura M, Ishikawa K, Taniai H, Yamaguchi T, Fujii K, Arii S, Nimura Y, Suematsu M. Carbon monoxide stimulates mrp2-dependent excretion of bilirubin-IXalpha into bile in the perfused rat liver. Antioxid Redox Signal. 2003.08; 5 (4): 449-456. ( PubMed, DOI )

  218. Hara Y, Kawasaki T, Yabata E, Gen T, Jibiki M, Kudoh A, Noguchi N, Igarashi K, Kikuchi M. [A case of recurrent breast cancer with carcinoma erysipeloides responding to sequential therapy with docetaxel (TXT) and doxifluridine (5'-DFUR) accompanied by leucovorin (LV)]. Gan To Kagaku Ryoho. 2000.04; 27 (4): 627-631. ( PubMed )

  219. Hara Y, Kawasaki T, Yabata E, Gen T, Jibiki M, Kudoh A, Noguchi N, Kataoka T, Teramoto K, Iwai T. [A case of unresectable gallbladder cancer responding to combination therapy with hyperthermia and local chemotherapy]. Gan To Kagaku Ryoho. 2000.01; 27 (1): 117-120. ( PubMed )

  220. Sakamoto T, Yoshida T, Sugano T, Kudoh A, Susuki A. Simplified technique for hemi-arch replacement during open distal anastomosis: the "calla" method. Ann Thorac Surg. 1996.03; 61 (3): 1021-1023. ( PubMed )

  221. 工藤 篤. 新型コロナウイルスのエビデンス 胆道がんの診断と治療の動向2021-2022. 2022.06; 26-29.

  222. 工藤 篤、田邉 稔. 大腸癌以外の肝転移におけるconversion therapy 肝胆膵. 2022.05; 84 (5): 587-593.

  223. 石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術 消化器外科. 2022.04; 45 (4): 461-465.

  224. 工藤 篤. 膵NENの予後決定因子としての膵β細胞関連遺伝子の関与 胆と膵. 2022.02; 43 (2): 167-172.

  225. 工藤 篤、村瀬芳樹、赤星径一、浅野大輔、石川喜也、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍に対する conversion surgery 臨床外科. 2021.12; 76 (13): 1536-1541.

  226. 白井 剛、鳥羽三佳代、工藤 篤. 当院の死亡事例検証システムの運用実態とその有用性・課題 患者安全推進ジャーナル. 2021.12; (66): 23-27.

  227. 工藤 篤、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍:肝転移切除の適応(どこまで切除するか?)「積極的に切除する」という立場から 胆膵Oncology Forum . 2021.12; 2 (1): 17-21.

  228. 綾部貴典、中村都英、工藤 篤、後 信、西塔拓郎、北村温美、中村京太. 特定機能病院間相互ピアレビュー実施状況の報告「高難度新規医療技術を用いた医療の提供の適否等を決定する部門の運用状況」 日本外科学会雑誌. 2021.12; 122 (5): 546-548.

  229. 工藤 篤. 消化管・膵NENにおけるバイオマーカー 臨床雑誌外科. 2021.11; 83 (12): 1271-1279.

  230. 石川喜也、赤星径一、浅野大輔、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝左葉および外側区域の腹腔鏡下切除術 臨床外科. 2021.10; 76 (11): 180-185.

  231. 青木 惇、村上正憲、柴久美子、辻本和峰、小宮 力、池 賢司、泉山 肇、工藤 篤、山田哲也. 再発時ガストリン産生能を獲得した悪性インスリノーマの1例 日本内分泌学会雑誌. 2021.10; 97 (2): 548.

  232. 赤星径一、石川喜也、浅野大輔、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 右房内腫瘍栓を有する肝細胞癌手術 臨床外科. 2021.09; 76 (9): 1084-1090.

  233. 大科枝里、小林正典、工藤 篤、田邉 稔、岡本隆一. 胆道閉鎖症術後52年で胆管癌を発症し切除可能であった1例 胆道. 2021.08; 35 (3): 439.

  234. 工藤 篤、岡田英理子. COVID-19のエビデンスと医学研究・教育の制限 日本コンピュータ外科学会誌. 2021.07; 23 (3): 124-127.

  235. 工藤 篤. 15.膵NET 消化器外科 臨時増刊号. 2021.05; 44 (6): 1016-1021.

  236. 田村華子、赤星径一、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝門部領域胆管癌術後門脈狭窄に対し門脈ステント留置術が奏効した一例 日本臨床外科学会雑誌. 2021.04; 82 (4): 807.

  237. 西山 優、赤星径一、小川康介、石田啓之、森本紘一朗、石川喜也、山下宏成、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除後、膵頭十二指腸切除後に発症した気管支胆汁瘻の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2021.04; 82 (4): 816.

  238. 赤星径一、石田啓之、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 保険診療上のルールと学会指針 院内手続きを含めて 臨床外科. 2021.03; 76 (3): 278-281.

  239. 前川 彩、渡辺秀一、木脇祐子、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、明石 巧、田中真二、田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1症例 Liver Cancer. 2021.01; 26 21-26.

  240. 白井 剛, 長島 道生, 森下 幸治, 塚田 さよみ, 佐瀬 裕子, 高橋 弘充, 石垣 裕美, 小野 和代, 鳥羽 三佳代, 工藤 篤. 当院での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症患者の受入体制の構築と診療科を越えたチーム医療による中等症・重症患者の診療の取り組み 医療の質・安全学会誌. 2020.11; 15 (Suppl.): 203. ( 医中誌 )

  241. 小野 和代, 石垣 裕美, 佐瀬 裕子, 鳥羽 三佳代, 工藤 篤, 大川 淳. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療体制における医療事故防止対策上の留意点 医療安全管理レポートの分析から 医療の質・安全学会誌. 2020.11; 15 (Suppl.): 212. ( 医中誌 )

  242. 石川 喜也, 伴 大輔, 工藤 篤, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 【早わかり縫合・吻合のすべて】(4章)術式別の縫合・吻合法 肝臓 肝切除での大血管の吻合・縫合 臨床外科. 2020.10; 75 (11): 242-246. ( 医中誌 )

  243. 森 祥子, 小宮 力, 工藤 篤, 松下 宗平, 張 景ほう, 三好 泰斗, 加計 剛, 村上 正憲, 柴 久美子, 辻本 和峰, 池田 賢司, 泉山 肇, 田邉 稔, 山田 哲也. ランレオチド投与後に重症低血糖を生じた膵性糖尿病の1例 日本内分泌学会雑誌. 2020.10; 96 (2): 545. ( 医中誌 )

  244. 市場 大貴, 赤星 径一, 山下 宏成, 石田 啓之, 森本 紘一郎, 石井 武, 菅原 俊喬, 渡邊 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 十二指腸GISTに対して十二指腸部分切除、ダブルトラクト再建術を施行した一例 日本臨床外科学会雑誌. 2020.10; 81 (増刊): 594. ( 医中誌 )

  245. 工藤 篤, 田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設 Gastroenterological Endoscopy. 2020.10; 62 (Suppl.2): 1863. ( 医中誌 )

  246. 前川 彩, 赤星 径一, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 総胆管穿破をきたした膵管内乳頭粘液性腫瘍の2例 日本臨床外科学会雑誌. 2020.10; 81 (増刊): 469. ( 医中誌 )

  247. 工藤 篤, 田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設 日本消化器病学会雑誌. 2020.10; 117 (臨増大会): A413. ( 医中誌 )

  248. 工藤 篤, 田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設 日本消化器がん検診学会雑誌. 2020.10; 58 (Suppl大会): 927. ( 医中誌 )

  249. 工藤 篤, 村瀬 芳樹, 田邉 稔. 胆膵領域における炎症と発癌 膵神経内分泌腫瘍肝転移の炎症関連遺伝子の解析 日本消化器病学会雑誌. 2020.10; 117 (臨増大会): A654. ( 医中誌 )

  250. 森本 紘一朗, 赤星 径一, 石田 啓之, 山下 宏成, 村瀬 芳樹, 石井 武, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵全摘の意義と問題点 膵全摘における血糖コントロール困難症例のリスク因子解析 日本臨床外科学会雑誌. 2020.10; 81 (増刊): 291. ( 医中誌 )

  251. 石川 喜也, 伴 大輔, 石田 啓之, 山下 宏成, 森本 紘一朗, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除の工夫 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除における肝十二指腸間膜、SMA周囲へのアプローチ 日本臨床外科学会雑誌. 2020.10; 81 (増刊): 264. ( 医中誌 )

  252. 山下 宏成, 赤星 径一, 村瀬 芳樹, 石田 啓之, 森本 紘一朗, 石井 武, 菅原 俊喬, 渡邊 秀一, 石川 喜也, 上田 浩樹, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡下脾臓摘出術を行なったSclerosing Angiomatoid Nodular Transformation(SANT)の2例 日本臨床外科学会雑誌. 2020.10; 81 (増刊): 471. ( 医中誌 )

  253. 工藤 篤, 赤星 径一, 村瀬 芳樹, 田邉 稔. 【内分泌腺腫瘍(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】膵神経内分泌腫瘍 膵内分泌腫瘍の治療 外科的治療 日本臨床. 2020.09; 78 (増刊4 内分泌腺腫瘍): 743-748. ( 医中誌 )

  254. 工藤 篤, 田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設 肝臓. 2020.09; 61 (Suppl.2): A545. ( 医中誌 )

  255. 本橋 翔平, 小川 康介, 小林 正典, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 転倒を機に発症したIPMC総胆管穿破の一例 日本臨床外科学会雑誌. 2020.09; 81 (9): 1914. ( 医中誌 )

  256. 渡辺 秀一, 西野 穣, 島田 周, 石川 喜也, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 角田 達彦, 田中 真二, 田邉 稔. Multicellular colonization modelに基づく肝癌の発生・転移形式推定の試み 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-083. ( 医中誌 )

  257. 加藤 智敬, 小野 宏晃, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. RRM1と膵臓癌における予後およびGemcitabine暴露によるDNAダメージ修復に関連した機能解析ならびに新規治療ターゲットとしての有用性の探索 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-093. ( 医中誌 )

  258. 青柳 康子, 加納 嘉人, 遠山 皓基, 松寺 翔太郎, 熊木 裕一, 馬場 裕信, 菊池 章史, 山内 慎一, 岡崎 聡, 石川 敏明, 伴 大輔, 工藤 篤, 松山 貴俊, 徳永 正則, 中島 康晃, 植竹 宏之, 田邉 稔, 三宅 智, 絹笠 祐介, 池田 貞勝. がんゲノム医療は外科手術を変えるか 消化器がん患者におけるFoundationOne CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SY-14. ( 医中誌 )

  259. 伴 大輔, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 前川 彩, 石井 武, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 石川 喜也, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgery後の早期再発例の課題 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-091. ( 医中誌 )

  260. 前川 彩, 赤星 径一, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 石井 武, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科におけるIPMN切除例の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-088. ( 医中誌 )

  261. 森 祥子, 中野 雄二郎, 松下 宗平, 張 景こう, 三好 泰斗, 加計 剛, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 池田 賢司, 小野 宏晃, 工藤 篤, 泉山 肇, 田邉 稔, 山田 哲也. 異所性ACTH症候群により著明な高ACTH/高コルチゾール血症を呈した悪性膵神経内分泌腫瘍の1例 日本内分泌学会雑誌. 2020.08; 96 (1): 340. ( 医中誌 )

  262. 石井 武, 赤星 径一, 八木 宏平, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当院における膵全摘術の治療成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 DP-063. ( 医中誌 )

  263. 八木 宏平, 小倉 俊郎, 伴 大輔, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除後の膵液漏の予測因子についての検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 DP-125. ( 医中誌 )

  264. 菅原 俊喬, 工藤 篤, 八木 宏平, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 石井 武, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移の意義 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SF-088. ( 医中誌 )

  265. 小野 宏晃, 加藤 智敬, 八木 宏平, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義および機能解析とヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 SSF-9. ( 医中誌 )

  266. 若林 大雅, 阿部 雄太, 日比 泰造, 米田 五大, 巌 康仁, 澤田 雄, 星野 博之, 植村 修一郎, 伴 大輔, 工藤 篤, 竹村 裕介, 三島 江平, 篠田 昌宏, 板野 理, 大坪 毅人, 遠藤 格, 北川 雄光, 田邉 稔, 江川 裕人, 山本 雅一. 転移性肝癌に対する肝切除の位置付け 非大腸癌肝転移に対する肝切除の有効性 腫瘍病理別の予後因子解析 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 WS-22. ( 医中誌 )

  267. 小川 康介, 工藤 篤, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 転移性肝癌に対する肝切除の位置付け 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対する肝切除の位置づけ 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020.08; 120回 WS-22. ( 医中誌 )

  268. 工藤 篤, 田中 真二. 膵神経内分泌腫瘍に対する集学的治療戦略 膵神経内分泌腫瘍に対する集学的治療戦略 日本消化器病学会雑誌. 2020.07; 117 (臨増総会): A196. ( 医中誌 )

  269. 村瀬 芳樹, 工藤 篤, 八木 宏平, 前川 彩, 石井 武, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 石川 善也, 赤星 径一, 小林 正典, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 遠隔転移を有する膵NENに対する治療選択 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後手術の意義 膵臓. 2020.07; 35 (3): A216. ( 医中誌 )

  270. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505.

  271. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. 【P-NENの新展開】膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505. ( 医中誌 )

  272. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の長期予後と経過観察の是非 消化器・肝臓内科. 2020.06; 7 (6): 499-505.

  273. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 【消化器外科手術の論点2020 誌上ディベートと手術手技】肝胆膵外科 腹腔鏡下肝切除における肝離断法 CUSA法の立場から 手術. 2020.03; 74 (4): 601-607. ( 医中誌 )

  274. 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. iPadを用いた手術記録の書き方 臨床外科. 2019.12; 74 (13): 1417-1422.

  275. 加藤 智敬, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 【見せます!できる外科医のオペ記事-肝胆膵高度技能医は手術をこう描く】基本編 iPadを用いた手術記録の書き方 臨床外科. 2019.12; 74 (13): 1417-1422. ( 医中誌 )

  276. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 病理学的所見に基づく腹腔鏡下膵体尾部切除術の妥当性 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019.12; 24 (7): SF080-5. ( 医中誌 )

  277. 武村 瞭子, 赤星 径一, 村瀬 芳樹, 渡辺 秀一, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 石井 武, 菅原 俊喬, 小倉 俊朗, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下脾臓摘出術を施行したSclerosing angiomatoid nudular transformation(SANT)の2例 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019.12; 24 (7): MO329-5. ( 医中誌 )

  278. 村瀬 芳樹, 伴 大輔, 石井 武, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討 日本内視鏡外科学会雑誌. 2019.12; 24 (7): MO297-3. ( 医中誌 )

  279. 石井 武、小川康介、富井翔平、今田安津子、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 左肝管内の胆管内腫瘍栓として再発した大腸癌肝転移の1切除例 Liver Cancer. 2019.11; 25 11-15.

  280. 村瀬芳樹、工藤 篤、倉田盛人、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1症例 Liver Cancer. 2019.11; 25 53-57.

  281. 鳥羽 三佳代, 森脇 睦子, 石垣 裕美, 佐瀬 裕子, 塚田 さゆみ, 森下 幸治, 工藤 篤, 小野 和代, 尾林 聡, 伏見 清秀. 65歳以上患者の総合機能評価と転倒・転落リスクについての検討 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 458. ( 医中誌 )

  282. 熊木 裕一, 高橋 健太, 三ツ村 隆弘, 横堀 潤子, 高嶺 恵理子, 石橋 恵理, 坂下 博之, 石川 敏昭, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大島 乃里子, 中川 剛士, 木村 浩一朗, 久保田 一徳, 大西 威一郎, 田邉 稔, 植竹 宏之, 三宅 智, 池田 貞勝. FoundationOne CDx検査を用いたがんゲノム解析の臨床的有用性(PROFILE-F Study) 癌と化学療法. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( 医中誌 )

  283. Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Yokobori J, Takamine E, Ishibashi E, Sakashita H, Ishikawa T, Ono H, Ban D, Kudo A, Oshima N, Nakagawa T, Kimura K, Kubota K, Onishi I, Tanabe M, Uetake H, Miyake S, Ikeda S. [Clinical Utility of Comprehensive Genome Profiling Using FoundationOne CDx in Japanese Population(PROFILE-F Study)]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2019.11; 46 (11): 1715-1719. ( PubMed )

  284. 石井 武, 小川 康介, 富井 翔平, 今田 安津子, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 左肝管内の胆管内腫瘍栓として再発した大腸癌肝転移の1切除例 Liver Cancer. 2019.11; 25 11-15. ( 医中誌 )

  285. 村瀬 芳樹, 工藤 篤, 倉田 盛人, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1症例 Liver Cancer. 2019.11; 25 53-57. ( 医中誌 )

  286. 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 消化器がんのconversion therapyの現状 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対する薬物療法とR0切除の成績 日本消化器病学会雑誌. 2019.11; 116 (臨増大会): A628. ( 医中誌 )

  287. 工藤 篤, 鳥羽 三佳代, 小野 和代, 石垣 裕美, 佐瀬 裕子, 森脇 睦子, 高橋 弘光, 森下 幸治, 塚田 さよみ, 伏見 清英. 手術チームのレジリエントパフォーマンスの機序と実装 外科手術におけるリスクとベネフィットを抽出する新しいロジックの創設 医療の質・安全学会誌. 2019.11; 14 (Suppl.): 200. ( 医中誌 )

  288. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の外科的治療 消化器外科. 2019.10; 42 (11): 1573-1579.

  289. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【消化器神経内分泌腫瘍を極める】膵神経内分泌腫瘍の外科治療 消化器外科. 2019.10; 42 (11): 1573-1579. ( 医中誌 )

  290. 小倉 俊郎, 石井 武, 前川 彩, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. ディベートセッション:最新のエビデンスに基づいた肝切除術(開腹vs鏡視下) 肥満合併肝細胞癌における腹腔鏡アプローチの有用性 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (増刊): 380. ( 医中誌 )

  291. 伴 大輔, 八木 宏平, 村瀬 芳樹, 前川 彩, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 工藤 敏文, 田中 真二, 田邉 稔. 他科との合同手術 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する血行遮断と治療戦略 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (増刊): 437. ( 医中誌 )

  292. 森 祥子, 松下 宗平, 秋元 福太郎, 作田 敏明, 三好 泰斗, 足立 由布子, 加計 剛, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 池田 賢司, 泉山 肇, 工藤 篤, 山田 哲也. 腫瘍随伴体液性高Ca血症(HHM)を呈した悪性膵神経内分泌腫瘍の2例 日本内分泌学会雑誌. 2019.10; 95 (2): 734. ( 医中誌 )

  293. 赤星 径一, 伴 大輔, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 都市部vs非都市部:外科医格差はあるのか? 都市部と非都市部、各々の長所を生かした外科医育成プログラム構築の取り組み 日本臨床外科学会雑誌. 2019.10; 80 (増刊): 418. ( 医中誌 )

  294. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 1092-1096.

  295. 工藤 篤、赤星径一、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍肝転移を治す 日本消化器病学会雑誌. 2019.09; 116 (724): 731.

  296. 工藤 篤. Q&A?神経内分泌腫瘍について教えてください。  消化器のひろば. 2019.09; 15 11.

  297. 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 1107-1113.

  298. 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. Reduced Port Surgery 制限克服のための達人からの提言 RPSによる肝切除術 臨床外科. 2019.09; 74 (9): 1107-1113. ( 医中誌 )

  299. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 彩, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【膵・消化管神経内分泌腫瘍-診断・治療の基本と最新動向】膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療 臨床外科. 2019.09; 74 (9): 1092-1096. ( 医中誌 )

  300. 工藤 篤, 赤星 径一, 田邉 稔. 【転移性肝癌を治す】神経内分泌腫瘍肝転移を治す 日本消化器病学会雑誌. 2019.09; 116 (9): 724-731. ( 医中誌 )

  301. 佐藤 史子, 榊 善成, 中川 大治, 工藤 篤, 志川村 淳一, 鈴森 雄貴, 大津 雅己, 岡村 健司. 当院における腱板修復術後のリハビリテーションについて 北海道整形災害外科学会雑誌. 2019.08; 61 (1): 63-64. ( 医中誌 )

  302. 小倉俊郎、伴 大輔、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝胆膵. 2019.07; 79 (1): 35-42.

  303. 小川 康介, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 【肝胆膵】大腸癌原発でない転移性肝癌に対する肝切除の適応と治療成績 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対する手術戦略 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 WS29-7. ( 医中誌 )

  304. 伴 大輔, 加藤 智敬, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対してConversion surgeryを企図した化学療法・放射線化学療法の成績 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P240-2. ( 医中誌 )

  305. 村瀬 芳樹, 伴 大輔, 室生 暁, 工藤 篤, 秋田 恵一, 田邉 稔. 上腸間膜動静脈の分岐形態の解明と膵切除への応用 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 RS8-5. ( 医中誌 )

  306. 小野 宏晃, 伊藤 寛倫, 加藤 智敬, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. ヒストンアセチル化とジェムザールによる細胞死や細胞周期シグナルに関連した機能解析 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P249-3. ( 医中誌 )

  307. 加藤 智敬, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 【膵】Stage 1膵癌の再発から学ぶこと StageI膵癌における予後予測因子の検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 PD5-3. ( 医中誌 )

  308. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】腹腔鏡下肝胆膵手術の周術期合併症と対策 肝・胆・膵. 2019.07; 79 (1): 35-42. ( 医中誌 )

  309. 光法 雄介, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝胆膵】膵切除後の長期合併症 尾側膵切除術後における糖尿病発症予測因子の解析 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 WS31-10. ( 医中誌 )

  310. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 菅原 俊喬, 浅野 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 新規デバイスと開腹手技を融合した系統的腹腔鏡下肝切除 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P178-2. ( 医中誌 )

  311. 吉野 潤, 光法 雄介, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝内胆管癌局在 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P187-6. ( 医中誌 )

  312. 石井 武, 工藤 篤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 稀な消化器外科の病態とそれに対する対応 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 WS27-6. ( 医中誌 )

  313. 浅野 大輔, 工藤 篤, 小倉 俊朗, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵NETG3/NECに対する切除適応の検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P261-2. ( 医中誌 )

  314. 渡辺 秀一, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵癌切除術後の単発再発症例の検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 O50-6. ( 医中誌 )

  315. 菅原 俊喬, 伴 大輔, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 膵癌における術後早期再発の予測因子に関する検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P246-7. ( 医中誌 )

  316. 松井 聡, 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 膵体尾部切除術における膵切離位置と術後合併症の検討 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 P232-6. ( 医中誌 )

  317. 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田中 貞二, 田邉 稔. 膵NETR0切除術後の異時性肝転移を予測するバイオマーカー 日本消化器外科学会総会. 2019.07; 74回 O41-6. ( 医中誌 )

  318. 伊藤 晃, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 術前の生検で診断し得なかった若年女性発症Groove領域膵癌の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2019.07; 80 (7): 1417. ( 医中誌 )

  319. 伴 大輔, 加藤 智敬, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 局所進行膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの意義 膵臓. 2019.06; 34 (3): A177-A178. ( 医中誌 )

  320. 佐藤 信吾, 工藤 篤, 小柳 広高, 平井 高志, 湯浅 将人, 阿江 啓介, 三宅 智, 大川 淳. 日本初の神経内分泌腫瘍(NET)専門外来との連携によるNET患者の骨転移マネージメント 日本整形外科学会雑誌. 2019.06; 93 (6): S1377. ( 医中誌 )

  321. 小野 宏晃, 工藤 篤, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍NET-G3に対する当院における治療成績 膵臓. 2019.06; 34 (3): A192. ( 医中誌 )

  322. 工藤 篤, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の予後を決定するバイオマーカーの同定 膵臓. 2019.06; 34 (3): A105. ( 医中誌 )

  323. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントの減量投与の検討 膵臓. 2019.06; 34 (3): A191. ( 医中誌 )

  324. 村瀬 芳樹, 工藤 篤, 菅原 俊喬, 松井 聡, 石井 武, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の薬物療法 ランレオチドのLow Ki-67 index NETに対しての有効性 膵臓. 2019.06; 34 (3): A66. ( 医中誌 )

  325. 加藤 智敬, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 術前CT所見と病理所見に基づくStageI膵癌における予後予測因子の検討 膵臓. 2019.06; 34 (3): A284-A285. ( 医中誌 )

  326. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 【JSES技術認定取得をめざせ!】臓器別:肝臓 合格者が語る認定取得の実際 腹腔鏡下肝S6部分切除 臨床外科. 2019.05; 74 (5): 613-617. ( 医中誌 )

  327. 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 【肝胆膵外科の臨床研究 update 2019】腹腔鏡下肝切除の至適適応とは Difficulty scoreの構築とその検証 外科. 2019.05; 81 (6): 660-664. ( 医中誌 )

  328. 工藤 篤, 赤星 径一, 八木 宏平, 石井 武, 前川 綾, 村瀬 芳樹, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 菅原 俊喬, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 内視鏡(補助)下手術の現在 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡手術 日本内分泌外科学会雑誌. 2019.05; 36 (Suppl.1): S87. ( 医中誌 )

  329. 高橋 麻里絵, 岸野 充浩, 中港 秀一郎, 木村 浩一郎, 工藤 篤, 福井 健一, 西田 健二, 大島 拓実, 齋田 幸久, 立石 宇貴秀. 機能性膵内分泌腫瘍多発肝転移に対し、SACI変法に基づく選択的TACEが奏功した2例 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2019.05; 34 (Suppl.): 231. ( 医中誌 )

  330. 工藤 篤. 切除不能panNETに対してスニチニブの有害事象マネージメントにより部分奏効した症例 Rare GI Cancer. 2019.04; 12-13.

  331. 加藤 智敬, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. Resectable膵癌における術前予後予測因子としてのHazy densityの有用性 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 SF-069. ( 医中誌 )

  332. 工藤 篤, 田邉 稔. 【膵神経内分泌腫瘍の診断と治療の最前線】膵神経内分泌腫瘍に対する薬物療法と手術の役割 膵臓. 2019.04; 34 (2): 86-91. ( 医中誌 )

  333. 赤須 雅文, 工藤 篤, 石井 武, 松井 聡, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-059. ( 医中誌 )

  334. 吉野 潤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除症例からみた非ウイルス性、非アルコール性肝癌の病態と分類 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-076. ( 医中誌 )

  335. 小野 宏晃, 石井 武, 松井 聡, 浅野 大輔, 菅原 俊喬, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-060. ( 医中誌 )

  336. 田中 真二, 島田 周, 秋山 好光, 大庭 篤志, 渡辺 秀一, 奥野 圭祐, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 吉野 潤, 菅原 了子, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 大久保 憲一, 小嶋 一幸, 絹笠 祐介, 田邉 稔. プレシジョン・メディシンの外科学への応用 ゲノム医療・ゲノム編集時代におけるプレシジョン免疫複合療法 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 WS-25. ( 医中誌 )

  337. 小川 康介, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 当科におけるインスリノーマ20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 SF-054. ( 医中誌 )

  338. 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の肝転移に対するConversion Surgery 日本内分泌学会雑誌. 2019.04; 95 (1): 404. ( 医中誌 )

  339. 金井 美波, 辻本 和峰, 中野 雄二郎, 齋藤 亜希, 安藤 真広, 関 宏子, 足立 由布子, 片山 絵美, 竹内 彬, 加計 剛, 柴 久美子, 小宮 力, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 工藤 篤, 田邉 稔, 山田 哲也. 悪性神経内分泌腫瘍による異所性ACTH症候群3例の検討 日本内分泌学会雑誌. 2019.04; 95 (1): 485. ( 医中誌 )

  340. 石井 武, 工藤 篤, 松井 聡, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移例の臨床的検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-066. ( 医中誌 )

  341. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 松井 聡, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡アプローチによる肥満合併肝細胞癌における手術困難性の克服 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-062. ( 医中誌 )

  342. 浅野 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵癌予後因子の術式ごとの検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-201. ( 医中誌 )

  343. 渡辺 秀一, 伴 大輔, 西野 穣, 石井 武, 松井 聡, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 鎌谷 高志, 宮 冬樹, 角田 達彦, 田邉 稔. 膵癌の縦断的whole exome sequence解析によるfounder mutation推定の試み 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-063. ( 医中誌 )

  344. 松井 聡, 小倉 俊郎, 伴 大輔, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邉 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵切離位置と術後合併症の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-194. ( 医中誌 )

  345. 菅原 俊喬, 伴 大輔, 石井 武, 松井 聡, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の困難度評価及び困難例の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 PS-067. ( 医中誌 )

  346. 工藤 篤, 松井 聡, 石井 武, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 浅野 大輔, 菅原 俊喬, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の予後因子と肝転移に対するConversion Surgery 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 SF-054. ( 医中誌 )

  347. 若林 大雅, 日比 泰造, 米田 五大, 巌 康仁, 澤田 雄, 星野 博之, 植村 修一郎, 工藤 篤, 竹村 裕介, 三島 江平, 篠田 昌宏, 板野 理, 大坪 毅人, 遠藤 格, 北川 雄光, 田邉 稔, 山本 雅一. 非大腸癌肝転移に対する肝切除後の予後因子および切除適応に関する多施設共同研究 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2019.04; 119回 SF-017. ( 医中誌 )

  348. 浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除術 消化器外科. 2019.03; 42 287-301.

  349. 工藤 篤. 膵消化管神経内分泌腫瘍の全て 地域医療研修センターテキスト. 2019.03; 1-34.

  350. 浅野 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 【術野展開のコツ】肝切除術 消化器外科. 2019.03; 42 (3): 287-301. ( 医中誌 )

  351. 工藤 篤、田邉 稔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するconversion therapy 胆と膵. 2019.02; 40 (2): 147-150.

  352. 工藤 篤, 田邉 稔. 【膵神経内分泌腫瘍の診療ガイドライン改訂にむけての諸問題】遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するconversion therapy 胆と膵. 2019.02; 40 (2): 147-150. ( 医中誌 )

  353. 工藤 篤. 膵神経内分泌腫瘍:最近の進歩、今後の展望 肝胆膵. 2019.01; 78 115-132.

  354. 全 陽, 工藤 篤, 菅野 敦, 池田 公史. 【膵神経内分泌腫瘍-診断と治療のパラダイムシフト-】膵神経内分泌腫瘍 最近の進歩、今後の展望 肝・胆・膵. 2019.01; 78 (1): 115-132. ( 医中誌 )

  355. Kudo A, Akahoshi K, Tanabe M. [The treatment for advanced neuroendocrine neoplasms]. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology. 2019; 116 (9): 724-731. ( PubMed, DOI )

  356. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 松井 聡, 石井 武, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. ヒヤリハットとその対応(消化器) 腹腔鏡下肝切除術における出血と胆汁漏の術中リカバリーショット 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): WS32-9. ( 医中誌 )

  357. 伴 大輔, 小倉 俊郎, 松井 聡, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 吉野 潤, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 定型的膵切除術(PD and DP):腹腔鏡VS開腹pros and cons 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の適応に関する諸問題 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): PD13-2. ( 医中誌 )

  358. 伊藤 晃, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 巨大肝嚢胞に対する腹腔鏡下肝嚢胞開窓術の成績 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): OS207-3. ( 医中誌 )

  359. 伴 大輔, 小倉 俊郎, 松井 聡, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 吉野 潤, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 最新の腹腔鏡下肝切除 腹腔鏡下大肝切除における主要グリソン枝のアプローチと定型的離断面形成 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): SY4-1. ( 医中誌 )

  360. 菅原 俊喬, 伴 大輔, 石井 武, 松井 聡, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の適応と非適応(適応基準) 腹腔鏡下肝切除の適応 Difficulty Scoreを含めた考察 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): PD14-6. ( 医中誌 )

  361. 松井 聡, 小倉 俊郎, 伴 大輔, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邉 秀一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵切離位置と門脈系血栓発生の検討 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): OS221-1. ( 医中誌 )

  362. 加藤 智敬, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と定型化への取り組み 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): OS216-7. ( 医中誌 )

  363. 光法 雄介, 伴 大輔, 石井 武, 松井 聡, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝部分切除術における問題点と手技の工夫 日本内視鏡外科学会雑誌. 2018.12; 23 (7): OS185-2. ( 医中誌 )

  364. 松井 聡、赤須雅文、光法雄介、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、山本浩平、田中真二、田邉 稔. 局所的な胆管拡張を契機に発見され、診断に苦慮した大腸癌肝転移の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 45 (24): 57-61.

  365. 松井 聡, 赤須 雅文, 光法 雄介, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邉 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 山本 浩平, 田中 真二, 田邉 稔. 局所的な胆管拡張を契機に発見され、診断に苦慮した大腸癌肝転移の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 24 57-61. ( 医中誌 )

  366. 千代延 記道, 赤星 径一, 山本 浩平, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 明石 巧, 田中 真二, 田邉 稔. 手術待機中に自然退縮を認めた肝細胞癌の1症例 Liver Cancer. 2018.11; 24 11-15. ( 医中誌 )

  367. 秦 美沙, 赤星 径一, 伴 大輔, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 千代延 記道, 水野 裕貴, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 胆嚢十二指腸瘻に伴う胆石イレウスの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.11; 79 (11): 2377-2378. ( 医中誌 )

  368. 工藤 篤. 膵神経内分泌腫瘍の診断と治療 日本消化器病学会北陸支部例会プログラム・抄録集. 2018.11; 127回 6-7. ( 医中誌 )

  369. 原 啓文, 赤須 雅文, 工藤 篤, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. Sunitinibが著効し手術可能となった肝転移を伴う局所進行膵神経内分泌腫瘍の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 868. ( 医中誌 )

  370. 松井 聡, 伴 大輔, 石井 武, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 吉野 潤, 浅野 大輔, 渡邉 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 安全な肝実質切離手術手技 合併症低減を目指した肝切離 生食滴下モノポーラvsバイポーラ 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 399. ( 医中誌 )

  371. 赤須 雅文, 工藤 篤, 石井 武, 松井 聡, 菅原 俊喬, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邊 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍のリンパ節転移と予後因子の検討 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 629. ( 医中誌 )

  372. 小川 康介, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 当科で初回手術を施行したインスリノーマ20例の検討 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 629. ( 医中誌 )

  373. 石垣 裕美, 小野 和代, 佐瀬 裕子, 高橋 弘充, 増田 孝広, 森下 幸治, 工藤 篤, 田中 直文, 尾林 聡, 鳥羽 三佳代. 当院における病理結果の未確認防止に関するフロー作成 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 355. ( 医中誌 )

  374. 小野 和代, 石垣 裕美, 鳥羽 三佳代, 佐瀬 裕子, 高橋 弘充, 増田 孝広, 森下 幸治, 工藤 篤, 田中 直文, 尾林 聡. 当院における死亡事例検証システムの運用実態とその有用性・課題 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 363. ( 医中誌 )

  375. 石井 武, 伴 大輔, 松井 聡, 菅原 俊喬, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 当科における術中マイクロ波凝固療法の治療成績 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 736. ( 医中誌 )

  376. 工藤 篤, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の治療戦略 膵神経内分泌腫瘍の薬物療法と手術療法 日本消化器病学会雑誌. 2018.10; 115 (臨増大会): A636. ( 医中誌 )

  377. 工藤 篤, 田邉 稔. 遠隔転移を有する膵神経内分泌腫瘍の治療戦略 NET-G3のOverview 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 332. ( 医中誌 )

  378. 田中 直文, 石垣 裕美, 小野 和代, 工藤 篤, 森下 幸治, 増田 孝広, 高橋 弘充, 佐瀬 裕子, 鳥羽 三佳代, 尾林 聡. 近隣病院の医療テレメーターが混信した事例と対策について 医療の質・安全学会誌. 2018.10; 13 (Suppl.): 368. ( 医中誌 )

  379. 中野 悠, 松井 聡, 小野 宏晃, 工藤 篤, 石井 武, 菅原 俊喬, 浅野 大輔, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 血小板減少を契機に指摘された膵神経内分泌腫瘍肝転移巣の腫瘍内出血に対してTAEを施行した1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.10; 79 (増刊): 863. ( 医中誌 )

  380. 小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉  稔. 肝癌手術エキスパートへの道:内視鏡外科編 臨床外科. 2018.09; 73 (9): 1116-1121.

  381. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【癌手術エキスパートになるための道】領域別 肝癌手術エキスパートへの道 内視鏡外科編 臨床外科. 2018.09; 73 (9): 1116-1121. ( 医中誌 )

  382. 竹内 彬, 南 勲, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 泉山 肇, 橋本 貢士, 吉本 貴宣, 工藤 篤, 田邉 稔, 山田 哲也. 悪性インスリノーマに対するエベロリムスの効果を評価した3症例 日本内分泌学会雑誌. 2018.09; 94 (2): 661. ( 医中誌 )

  383. 千代延 記道, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【徹底解説! 膵尾側切除を極める】膵断端処理法 膵尾側断端被覆法 臨床外科. 2018.08; 73 (8): 958-962. ( 医中誌 )

  384. 工藤 篤、小野宏晃、小川康介、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の手術治療 臨牀 消化器内科 . 2018.07; 33 (9): 1169-1175.

  385. 小倉 俊郎, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝】安全な腹腔鏡下系統的肝切除の普及のために-腹腔鏡下右葉切除と左葉切除の定型化- 腹腔鏡下肝左葉切除術における損傷を回避するグリソン確保のTips 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 631. ( 医中誌 )

  386. 伴 大輔, 赤須 雅文, 渡辺 秀一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの意義 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 744. ( 医中誌 )

  387. 小野 宏晃, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 分枝型IPMNにおける手術適応の判断とその検証 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 837. ( 医中誌 )

  388. 工藤 篤, 小野 宏晃, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 【膵神経内分泌腫瘍update】.膵神経内分泌腫瘍の手術治療 臨床消化器内科. 2018.07; 33 (9): 1169-1175. ( 医中誌 )

  389. 光法 雄介, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝部分切除術の手技の工夫 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 1055. ( 医中誌 )

  390. 赤須 雅文, 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除におけるトロッカーポジションの定型的コンセプトによる視野展開の工夫 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 1092. ( 医中誌 )

  391. 小川 康介, 工藤 篤, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 江石 義信, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における造影CT像の検討 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 906. ( 医中誌 )

  392. 吉野 潤, 伴 大輔, 赤星 圭一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 小野 宏晃, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術 局所解剖を理解したSMA周囲神経叢剥離 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 838. ( 医中誌 )

  393. 工藤 篤, 小川 康介, 小倉 俊郎, 赤星 径一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 渡邊 秀一, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 集学的治療は微小転移を制御できるか? 膵神経内分泌腫瘍における集学的治療と微小転移 日本消化器外科学会総会. 2018.07; 73回 641. ( 医中誌 )

  394. 工藤 篤、田邉 稔. NACおよび補助化学療法について その適応、エビデンス 膵・消化管NETの診断と治療レジメン. 2018.06; 59-62.

  395. 伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除 臨床外科. 2018.06; 73 (6): 718-723.

  396. 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 【こうやって教える・学ぶ 高難度消化器外科手術-新エキスパートへの登竜門】肝胆膵 腹腔鏡下肝切除 臨床外科. 2018.06; 73 (6): 718-723. ( 医中誌 )

  397. 工藤 篤、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療 病理と臨床・別刷. 2018.05; 36 (5): 437-443.

  398. 加藤 智敬, 伴 大輔, 吉野 潤, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. Resectable膵癌における主要動脈周囲Hazy densityの意義 膵臓. 2018.05; 33 (3): 492. ( 医中誌 )

  399. 工藤 篤, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 【神経内分泌腫瘍(NET)の病理学-治療と診断の新局面-】肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療 病理と臨床. 2018.05; 36 (5): 437-443. ( 医中誌 )

  400. 伴 大輔, 渡辺 秀一, 吉野 潤, 浅野 大輔, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. UR膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの検討 膵臓. 2018.05; 33 (3): 459. ( 医中誌 )

  401. 八木 宏平, 巌 康仁, 伴 大輔, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 藍原 有弘, 落合 高徳, 工藤 篤, 田邉 稔. 化学放射線療法により切除し得た膵鈎部局所進行膵癌の検討 日本臨床外科学会雑誌. 2018.05; 79 (5): 1142. ( 医中誌 )

  402. 松井 聡, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 減量切除が有用であった血糖制御不能な悪性インスリノーマの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.05; 79 (5): 1088-1094. ( 医中誌 )

  403. 工藤 篤, 水野 裕貴, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵NETの最新の画像診断と治療 NET-G3の薬物療法と手術の役割 膵臓. 2018.05; 33 (3): 347. ( 医中誌 )

  404. 坂本 康成, 肱岡 範, 渋谷 仁, 伊藤 鉄英, 今村 正之, 河本 泉, 工藤 篤, 小林 規俊, 保田 宏明, 有田 淳一, 森実 千種, 奥坂 拓志. 膵NETの最新の画像診断と治療 本邦における進行膵神経内分泌腫瘍に対するストレプトゾシン療法の現状 膵臓. 2018.05; 33 (3): 347. ( 医中誌 )

  405. 岡本 真穂, 巌 康仁, 室生 暁, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 秋田 恵一, 田邉 稔. 膵頭部癌患者に多発した動脈変位により、難易度の高かった膵頭十二指腸切除術の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.05; 79 (5): 1158. ( 医中誌 )

  406. 小川康介、赤星径一、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝切除における胆嚢温存 臨床外科. 2018.04; 73 (4): 482-487.

  407. 赤須 雅文, 工藤 篤, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2392. ( 医中誌 )

  408. 小川 康介, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【機能温存と機能再建をめざした消化器外科手術-術後QOL向上のために】肝切除における胆嚢温存 臨床外科. 2018.04; 73 (4): 482-487. ( 医中誌 )

  409. 林 瑠理子, 南 勲, 宮地 康高, 辻本 和峰, 泉山 肇, 橋本 貢士, 工藤 篤, 田邉 稔, 吉本 貴宣. ガストリノーマの手術部位決定に役立つSASI testの結果解釈法の検討 日本内分泌学会雑誌. 2018.04; 94 (1): 435. ( 医中誌 )

  410. 吉野 潤, 赤星 径一, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除症例からみた生活習慣病関連肝癌の臨床病理学的特徴と分類 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2019. ( 医中誌 )

  411. 山口 悠, 高山 栄美子, 澤井 瑞貴, 山口 実菜, 工藤 篤, 明石 巧, 中山 博貴, 三宅 暁夫. 一腺性の原発性副甲状腺機能亢進症と非機能性膵内分泌腫瘍により診断した孤発性の多発性内分泌腫瘍症1型の1例 日本内分泌学会雑誌. 2018.04; 94 (1): 449. ( 医中誌 )

  412. 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 赤須 雅文, 加藤 智隆, 水野 裕貴, 千代延 記道, 小野 宏晃, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 田中 真二, 田邉 稔. 肝胆膵外科高度技能手術の総括 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 1687. ( 医中誌 )

  413. 赤星 径一, 伴 大輔, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 胆管癌術後補助化学療法の効果予測因子としてのOrotate phosphoribosyltransferaseの有用性 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 981. ( 医中誌 )

  414. 小川 康介, 工藤 篤, 赤星 径一, 小倉 敏郎, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍G2の予後を決定するイメージングバイオマーカーの探索 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2437. ( 医中誌 )

  415. 渡辺 秀一, 伴 大輔, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 吉野 潤, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵癌術後再発例の予後に関わるバイオマーカーの検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 1738. ( 医中誌 )

  416. 伴 大輔, 小倉 俊郎, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 腹腔鏡下解剖学的肝切除を行うための肝S8グリソンへのアプローチの工夫 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 1090. ( 医中誌 )

  417. 小野 宏晃, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例における悪性化の指標となる術前危険因子の評価 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 1014. ( 医中誌 )

  418. 光法 雄介, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 開腹肝切除術において有用な手技 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2379. ( 医中誌 )

  419. 小倉 俊郎, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する術前治療としての肝動注療法の意義 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 1658. ( 医中誌 )

  420. 加藤 智敬, 伴 大輔, 赤須 雅文, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵頭部癌の切除可能性分類における動脈周囲Hazy densityの取り扱いと治療戦略 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2018.04; 118回 2429. ( 医中誌 )

  421. 伴 大輔、室生 暁、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、秋田恵一、田邉 稔. 術野展開-Treitz靭帯アプローチ 臨床外科 . 2018.03; 73 (3): 298-302.

  422. 上野 絢子, 松村 聡, 渡辺 秀一, 伊藤 浩光, 光法 雄介, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. Duodenum inversumを合併し膵腫瘍との判別が困難であった十二指腸GISTの1例 日本臨床外科学会雑誌. 2018.03; 79 (3): 650-651. ( 医中誌 )

  423. 光法 雄介, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 【合併症ゼロを目指した最新の低侵襲内視鏡外科手術】肝臓 腹腔鏡下肝外側区域切除の基本手技 手術. 2018.03; 72 (4): 455-463. ( 医中誌 )

  424. 伴 大輔, 室生 暁, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 秋田 恵一, 田邉 稔. 【徹底解説!-膵頭十二指腸切除の手術手技】手術手技 術野展開 Treitz靱帯アプローチ 臨床外科. 2018.03; 73 (3): 298-302. ( 医中誌 )

  425. 加藤 智敬, 小野 宏晃, 赤須 雅文, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の検討 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 459. ( 医中誌 )

  426. 森本 紘一朗, 光法 雄介, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 生体肝移植の10年後に出血性ショックを契機に発見されたde novo十二指腸癌の1切除例 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 343. ( 医中誌 )

  427. 赤須 雅文, 小倉 俊郎, 加藤 智敬, 吉野 潤, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血症例の検討 日本腹部救急医学会雑誌. 2018.02; 38 (2): 431. ( 医中誌 )

  428. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 【腹腔鏡下肝切除に必要な外科解剖と手術手技】腹腔鏡下肝切除に必要な外科解剖 手術. 2017.12; 71 (13): 1701-1709. ( 医中誌 )

  429. 小倉 俊郎, 伴 大輔, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における脾動脈確保のためのTips 日本内視鏡外科学会雑誌. 2017.12; 22 (7): SF011-02. ( 医中誌 )

  430. 五十嵐 晃子, 安藤 真広, 南 勲, 宮地 康高, 辻本 和峰, 泉山 肇, 橋本 貢士, 工藤 篤, 田邊 稔, 吉本 貴宣. 高インスリン血性低血糖症の責任病変の特定に難渋した多発神経内分泌腫瘍の1例 日本内分泌学会雑誌. 2017.12; 93 (3): 789. ( 医中誌 )

  431. 伴 大輔, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 高難度腹腔鏡下肝切除の定型化と標準化(肝臓) 腹腔鏡下肝切除におけるDifficulty Scoring Systemの課題と今後の展望 日本内視鏡外科学会雑誌. 2017.12; 22 (7): WS2-1. ( 医中誌 )

  432. 工藤 篤、伴 大輔、田邉 稔. 消化器領域の神経内分泌腫瘍 再発例・転移巣(肝・リンパ節)への治療方針は? 臨床腫瘍 プラクティス. 2017.11; 13 (4): 291-295.

  433. 吉野 潤, 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【外科手術器具の理論と使用法】V.トロカール・開創器 腹部内視鏡外科手術(単孔式)に用いるアクセスポートとトロカール 外科. 2017.11; 79 (12): 1229-1232. ( 医中誌 )

  434. 工藤 篤, 伴 大輔, 田邉 稔. 【消化器領域の神経内分泌腫瘍】消化器領域における神経内分泌腫瘍患者への対応 再発例・転移巣(肝・リンパ節)への治療方針は? 臨床腫瘍プラクティス. 2017.11; 13 (4): 291-295. ( 医中誌 )

  435. 光法 雄介, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 佐藤 拓, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 生体肝移植の10年後に発症したde novo十二指腸癌の1切除例 移植. 2017.11; 52 (4-5): 443. ( 医中誌 )

  436. 田中 真二, 大庭 篤志, 島田 周, 秋山 好光, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 有井 滋樹, 田邉 稔. 「それぞれの癌」難治性癌に対する治療戦略 肝・胆・膵 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2017.10; 55回 WS11-1. ( 医中誌 )

  437. 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 【手術ステップごとに理解する-標準術式アトラス】肝臓 左葉および外側区域切除 臨床外科. 2017.10; 72 (11): 170-174. ( 医中誌 )

  438. 小野 宏晃, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】がん種別Conversion Surgeryの戦略 肝細胞癌 臨床外科. 2017.10; 72 (10): 1204-1210. ( 医中誌 )

  439. 吉野 潤, 伴 大輔, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邊 稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して Reduced Port Surgery 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 677. ( 医中誌 )

  440. 赤星 径一, 千代延 記道, 小野 宏晃, 光法 雄介, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 吉野 潤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 嚢胞径の増大速度はIntraductal Mucinous Papillary Neoplasms(IPMN)の悪性度予測指標となりうる 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 705. ( 医中誌 )

  441. 工藤 篤志, 山崎 肇, 佐藤 史子, 及川 直樹, 榊 善成, 阿部 真行, 岡村 健司. 反復性肩関節脱臼患者の術前におけるShoulder36スコア 日本肩関節学会抄録集. 2017.10; 44回 390. ( 医中誌 )

  442. 小野 宏晃, 赤星 径一, 赤須 雅文, 加藤 智敬, 水野 裕貴, 千代延 記道, 小川 康介, 小倉 俊郎, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例におけるリンパ節転移の臨床的評価 日本臨床外科学会雑誌. 2017.10; 78 (増刊): 915. ( 医中誌 )

  443. 田邉 稔, 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 小野 宏晃, 小川 康介, 小倉 俊郎, 赤星 径一, 田中 真二. 「医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方」 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方 肝胆膵外科領域の取り組み 日本外科学会雑誌. 2017.09; 118 (5): 579-581. ( 医中誌 )

  444. 加藤 智敬, 小倉 俊郎, 赤須 雅文, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂例の検討 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 220. ( 医中誌 )

  445. 吉野 潤, 光法 雄介, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 肺癌十二指腸転移からの出血を局所切除術により制御し得た1例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 220. ( 医中誌 )

  446. 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除術の最前線 術式の定型化を目指して 腹腔鏡下肝切除術の適応拡大と手術チームとしての定型化 肝臓. 2017.09; 58 (Suppl.2): A561. ( 医中誌 )

  447. 伴 大輔, 工藤 篤, 田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除術の最前線 術式の定型化を目指して 腹腔鏡下肝切除の適応拡大と手術チームとしての定型化 日本消化器病学会雑誌. 2017.09; 114 (臨増大会): A678. ( 医中誌 )

  448. 伴 大輔, 加藤 智敬, 赤須 雅文, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術後の残膵尾側切除後に発症した膵液瘻・門脈血栓症に対する緊急手術症例 Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2017.09; 7 (1): 231. ( 医中誌 )

  449. 工藤 篤志, 山崎 肇, 鍛冶田 憲史, 仲澤 一也, 茂木 直樹, 伊藤 雄, 道家 孝幸, 丸山 和典, 阿部 真行, 倉 秀治, 岡村 健司. 北海道内・道外の大学・社会人ラグビー選手に対する傷害アンケート調査 北海道整形災害外科学会雑誌. 2017.08; 59 (1): 139-140. ( 医中誌 )

  450. 工藤 篤、伴 大輔、田邉 稔. 治療判断に迷う転移のあるMEN1型P-NETの治療 消化器外科. 2017.07; 72 (6): 868-874.

  451. 水野 裕貴, 工藤 篤, 石川 喜也, 千代延 記道, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 田邉 稔. GEP-NETにおけるPD-L1発現と臨床病理学的因子の検討 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PK3-1. ( 医中誌 )

  452. 渡辺 秀一, 伴 大輔, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 再発形式による膵癌術後再発例の予後の差異の検討 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PI3-5. ( 医中誌 )

  453. 伴 大輔, 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 切除不能膵癌に対するconversion surgeryの位置づけ 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と放射線化学療法後のConversion Surgeryの有用性 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 O2-67. ( 医中誌 )

  454. 工藤 篤, 伴 大輔, 田邉 稔. 治療判断に迷う転移のあるMEN1型P-NETの治療 臨床外科. 2017.07; 72 (7): 868-874. ( 医中誌 )

  455. 工藤 篤, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 機能性NET肝転移に対する肝切除術式を決定するLiver SASI testの有用性 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 O3-151. ( 医中誌 )

  456. 光法 雄介, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 胆管細胞癌に対する治療戦略 胆管細胞癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 O2-98. ( 医中誌 )

  457. 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵切除術における膵切離・断端処理の手術手技 膵頭十二指腸切除後膵液瘻防止のための当科の工夫 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 O3-126. ( 医中誌 )

  458. 千代延 記道, 小野 宏晃, 巌 康仁, 松村 聡, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除例における術前画像検査での造影される結節の意義 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PK4-1. ( 医中誌 )

  459. 田中 真二, 大庭 篤志, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 有井 滋樹, 田邉 稔. 臨床応用を目指した消化器外科領域の基礎研究・橋渡し研究 プレシジョン・メディシンによる肝細胞癌の予後予測と治療展開 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 WS14-1. ( 医中誌 )

  460. 上田 浩樹, 伴 大輔, 工藤 篤, 落合 高徳, 田中 真二, 田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後の反復する胆管炎 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PK10-7. ( 医中誌 )

  461. 小野 宏晃, 赤星 径一, 巌 康仁, 松村 聡, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例におけるリンパ節転移の臨床的評価 日本消化器外科学会総会. 2017.07; 72回 PK4-4. ( 医中誌 )

  462. 渡邊 秀一, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【術後重大合併症-これだけは知っておきたい緊急処置法】肝不全 臨床外科. 2017.06; 72 (6): 725-729. ( 医中誌 )

  463. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、水野 裕貴、千代延 記道、石川 喜也、渡辺 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前治療と効果判定法 胆と膵. 2017.05; 38 (5): 519-525.

  464. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、佐藤 拓、石川 喜也、渡邊 秀一、浅野 大輔、吉野 潤、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍(P-NET)の診断、内科的治療、外科的治療最前線 消化器外科. 2017.05; 40 (6): 941-950.

  465. 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 佐藤 拓, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 浅野 大輔, 吉野 潤, 田中 真二, 田邉 稔. 【肝胆膵外科診療の最前線】膵神経内分泌腫瘍(P-NET)の診断、内科的治療、外科的治療最前線 消化器外科. 2017.05; 40 (6): 941-950. ( 医中誌 )

  466. 銭谷 慕子, 工藤 篤, 高田 めぐみ, 高橋 大栄, 佐藤 英彦, 飯盛 聡一郎, 内藤 省太郎, 蘇原 映誠, 岡戸 丈和, 頼 建光, 内田 信一. スニチニブ投与後の手術により巨大肝転移を伴う進行膵内分泌腫瘍を根治しえた透析患者の一例 日本透析医学会雑誌. 2017.05; 50 (Suppl.1): 478. ( 医中誌 )

  467. 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 佐藤 拓, 水野 裕貴, 千代延 記道, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 浅野 大輔, 吉野 潤, 田中 真二, 田邉 稔. 【胆膵腫瘍に対する術前治療と切除前後の効果判定法】膵神経内分泌腫瘍に対する術前治療と効果判定法 胆と膵. 2017.05; 38 (5): 519-525. ( 医中誌 )

  468. 工藤 篤, 伴 大輔, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 赤星 径一, 光法 雄介, 小川 康介, 田中 真二, 田邉 稔. 膵NETの診療ガイドラインの問題点と今後の展望 膵NETの肝転移に対する外科的治療 ガイドラインの問題点と今後の展望 膵臓. 2017.05; 32 (3): 312. ( 医中誌 )

  469. 伴 大輔, 浅野 大輔, 吉野 潤, 渡辺 秀一, 水野 裕貴, 千代延 記道, 赤星 径一, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵癌取扱い規約第7版によるBorderline resectable膵癌の特徴と治療戦略 BR膵癌のCT画像膵外進展評価における淡い網目状高吸収所見の意義 膵臓. 2017.05; 32 (3): 366. ( 医中誌 )

  470. 伴 大輔、石川 喜也、工藤 篤、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術 消化器外科. 2017.04; 40 (5): 831-837.

  471. 伴 大輔, 石川 喜也, 工藤 篤, 田邉 稔. 【膜と層を意識した消化器外科解剖】膵臓・脾臓の手術 膵頭十二指腸切除術 消化器外科. 2017.04; 40 (5): 831-837. ( 医中誌 )

  472. 松村 聡, 水野 友裕, 巌 康仁, 赤星 径一, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 荒井 裕国, 田邉 稔. 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵切除術の経験と工夫 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-056. ( 医中誌 )

  473. 田邉 稔, 工藤 篤, 伴 大輔, 光法 雄介, 小野 宏晃, 赤星 径一, 田中 真二. 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方 肝胆膵外科領域の取り組み 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SP-2. ( 医中誌 )

  474. 渡辺 秀一, 工藤 篤, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 千代延 記道, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 内分泌症状の責任病変が肝転移であった膵神経内分泌腫瘍症例における肝SASI試験の有用性 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-122. ( 医中誌 )

  475. 伴 大輔, 大井 啓司, 工藤 敏文, 齋藤 一隆, 巌 康仁, 松村 聡, 光法 雄介, 小野 宏晃, 落合 高徳, 工藤 篤, 水野 友裕, 田中 真二, 藤井 靖久, 井上 芳徳, 荒井 裕国, 田邉 稔. 他科とのコラボレーション手術の実際 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 WS-16. ( 医中誌 )

  476. 吉野 潤, 巖 康仁, 浅野 大輔, 石川 喜也, 渡辺 秀一, 千代延 記道, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科における扁平上皮癌肝転移切除例の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-124. ( 医中誌 )

  477. 落合 高徳, 吉野 潤, 浅野 大輔, 渡辺 秀一, 石川 喜也, 水野 裕貴, 佐藤 拓, 上田 浩樹, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝細胞癌腹膜播種症例における外科的切除の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-207. ( 医中誌 )

  478. 光法 雄介, 浅野 大輔, 吉野 潤, 佐藤 拓, 巌 康仁, 小野 宏晃, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝内胆管癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-040. ( 医中誌 )

  479. 赤星 径一, 田中 真二, 松村 聡, 光法 雄介, 小野 宏晃, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田邉 稔. 糖尿病肥満関連肝癌の背景肝におけるconnective tissue growth factor(CTGF)の発現に関する検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-206. ( 医中誌 )

  480. 工藤 篤, 松村 聡, 光法 雄介, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 浅野 大輔, 吉野 潤, 伴 大輔, 落合 高徳, 田中 真二, 田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の生物学的悪性度 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 SF-23. ( 医中誌 )

  481. 工藤 篤, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の診断と治療 NET-G1/G2の治療戦略 TACE/TAEの位置付け 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌. 2017.04; 34 (Suppl.1): S69. ( 医中誌 )

  482. 浅野 大輔, 伴 大輔, 吉野 潤, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵切除後脂肪肝 高力価膵酵素剤治療不応症例への治療アプローチ 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-224. ( 医中誌 )

  483. 石川 喜也, 光法 雄介, 赤星 径一, 小野 宏晃, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術時にリンパ節郭清は必要か? 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-219. ( 医中誌 )

  484. 千代延 記道, 松村 聡, 浅野 大輔, 吉野 潤, 石川 喜也, 渡邊 秀一, 水野 裕貴, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 巌 康仁, 光法 雄介, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 非B非C非アルコール性肝細胞癌症例における臨床病理学的検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-206. ( 医中誌 )

  485. 佐藤 拓, 松村 聡, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 超高齢者に対する膵切除の検討 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2017.04; 117回 PS-055. ( 医中誌 )

  486. 安全な腹腔鏡下肝切除導入のためのDifficulty Scoring System 臨床外科. 2017.03; 72 (3): 270-275.

  487. 工藤 篤. 超高齢者における膵内分泌腫瘍 肝胆膵. 2017.03; 74 463-469.

  488. 工藤 篤, 伴 大輔, 巌 康仁, 松村 聡, 落合 高徳, 赤星 径一, 小野 宏晃, 田中 真二, 田邉 稔. IPMNの手術適応をどう考えるべきか 国際診療ガイドラインの妥当性 日本消化器病学会雑誌. 2017.03; 114 (臨増総会): A348. ( 医中誌 )

  489. 伴 大輔, 石川 喜也, 赤星 径一, 巌 康仁, 小野 宏晃, 光法 雄介, 松村 聡, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【目で見る腹腔鏡下肝切除-エキスパートに学ぶ!】安全な腹腔鏡下肝切除導入のためのdifficulty scoring system 臨床外科. 2017.03; 72 (3): 270-275. ( 医中誌 )

  490. 工藤 篤. 【エキスパートオピニオン:超高齢者の肝胆膵疾患診療】超高齢者における病態の特性、治療の適応、治療の実際 膵疾患 超高齢者における膵内分泌腫瘍 肝・胆・膵. 2017.03; 74 (3): 463-469. ( 医中誌 )

  491. 巌 康仁、赤星 径一、小野 宏晃、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 特集 ビッグデータにもとづいた—術前リスクの評価と対処法 「肝機能障害」 2017.02; 72 (2): 150-156.

  492. 巌 康仁, 赤星 径一, 小野 宏晃, 松村 聡, 光法 雄介, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【ビッグデータにもとづいた術前リスクの評価と対処法】機能障害別 評価と対処法 肝機能障害 臨床外科. 2017.02; 72 (2): 150-156. ( 医中誌 )

  493. 工藤 篤志, 古郡 恵. 熊本地震に対する支援活動から見えた課題 北海道災害リハビリテーション推進協議会の取組み Japanese Journal of Disaster Medicine. 2017.02; 21 (3): 561. ( 医中誌 )

  494. 工藤 篤、巌 康仁、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 転移性肝腫瘍の治療 NET肝転移 臨床外科. 2016.12; 71 (12): 1372-1377.

  495. 大庭 篤志、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、安野 正道、石川 敏昭、植竹 宏之、田中 真二、田邉 稔. 外科医が攻める高度進行大腸癌 両葉多発転移 臨床外科. 2016.08; 71 (8): 922-930.

  496. 光法 雄介、巌 康仁、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出後の術後胆汁漏の治療 臨床外科. 2016.07; 71 (7): 806-812.

  497. 工藤 篤、 伴 大輔、 田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の切除手術と薬物治療 Mebio. 2016.05; 33 (5): 86-94.

  498. 藍原 有弘、田邉 稔. 押さえておきたい外科臨床研究の総まとめ 肝細胞癌 臨床外科. 2016.05; 71 (5): 564-569.

  499. 伴 大輔、秋田 恵一、工藤 篤、田邉 稔. 肝臓の外科解剖 手術. 2016.04; 70 (4): 335-345.

  500. 伊藤 浩光、工藤 篤、落合 高徳、伴 大輔、藍原 有弘、松村 聡、光法 雄介、田中 真二、田邉 稔. 肝胆膵悪性腫瘍に対する各種局所療法 最新医学. 2016.03; 71 (3): 392-399.

  501. 工藤 篤、 伴 大輔、 田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の肝転移の治療~適切な治療選択 内分泌・甲状腺外科. 2016.02; 33 (2): 105-109.

  502. 伴 大輔、工藤 篤、巌 康仁、 田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除;Treitz靭帯とSMAアプローチ 消化器外科. 2016.02; 39 (2): 125-137.

  503. 田邉 稔、伴 大輔、大庭 篤志、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二. 肝胆膵領域から 完全腹腔鏡下肝左葉切除 臨床外科. 2016.01; 71 (13): 1506-1512.

  504. 工藤 篤、田邉 稔. P-NETの外科治療および分子標的治療 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌. 2014.12; 31 (4): 290-297.

  505. 伊藤 浩光, 工藤 篤, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 田中 真二, 田邉 稔. 代謝異常と肝発癌 外科と代謝・栄養. 2014.08; 48 (4): 101-105. ( 医中誌 )

  506. 油谷 浩幸, 柴田 龍弘, 工藤 篤, 山下 太郎. 肝細胞癌ゲノム変異の全貌 The Liver Cancer Journal. 2014.06; 6 (2): 83-92. ( 医中誌 )

  507. 伴 大輔, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 【Reduced port surgery】 単孔式肝切除術 消化器外科. 2014.06; 37 (7): 1161-1170. ( 医中誌 )

  508. 赤星 径一, 入江 工, 田中 真二, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔, 阿部 志保. 腫瘍内出血により術前診断が困難であったnon-B、non-C肝細胞癌の1症例 Liver Cancer. 2013.11; 19 47-52. ( 医中誌 )

  509. 西村 貴士, 土谷 薫, 中西 裕之, 板倉 潤, 高橋 有香, 黒崎 雅之, 朝比奈 靖浩, 工藤 篤, 田中 真二, 泉 並木. 集学的治療により根治切除可能となった下大静脈腫瘍栓合併多発肝細胞癌の1例 肝臓. 2013.08; 54 (8): 535-542. ( 医中誌 )

  510. 小杉 幸夫, 竹前 忠, 竹島 大貴, 工藤 篤, 小嶋 一幸. 三相電磁インピーダンスセンサを用いた生体異方性計測 生体医工学. 2013.06; 51 (3): 224-230. ( 医中誌 )

  511. 工藤 篤, 有井 滋樹. 【肝胆膵疾患;「予後」の変遷】 膵疾患 膵内分泌腫瘍の予後 肝・胆・膵. 2013.03; 66 (3): 523-532. ( 医中誌 )

  512. 古山 貴基, 伴 大輔, 工藤 篤, 田中 真二, 岸野 充浩, 有井 滋樹. カバードステントで止血できた動脈再建膵頭十二指腸切除後出血の1例 日本臨床外科学会雑誌. 2012.09; 73 (9): 2357-2362. ( 医中誌 )

  513. 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 有井 滋樹. 【Emergency surgery】 外傷性肝損傷における術式 手術. 2012.06; 66 (7): 957-962. ( 医中誌 )

  514. 工藤 篤, 有井 滋樹. 【術前・術後管理必携】 術後合併症とその管理 消化器系 術後肝障害 消化器外科. 2012.04; 35 (5): 892-895. ( 医中誌 )

  515. 工藤 篤, 有井 滋樹. 【達人が教える肝胆膵高度技能専門医手術-コツとピットフォール-】 肝区域切除 Glisson一括法 手術. 2012.03; 66 (3): 263-272. ( 医中誌 )

  516. 勝田絵里子 落合高徳 古山貴基 松永浩子 吉武健一郎 藍原有弘 伴大輔 入江工 工藤篤 中村典明 田中真二 赤沢直樹 明石巧 有井滋樹. Low-dose FP 肝動注療法にて肝機能が改善し切除可能となった肝細胞癌の1例. Liver Cancer. 2012; 18 (1): 72〜81.

  517. 工藤 篤、 伴大輔、藍原有弘、入江工、落合高徳、中村典明、田中真二、有井滋樹. GEP-NET肝転移症例に対する外科切除の意義. NET WORK JAPAN. 2012; 第7回 16.

  518. 工藤 篤, 有井 滋樹. 【膵神経内分泌腫瘍-Up date 2011】 治療 神経内分泌腫瘍の肝転移に対する治療 肝・胆・膵. 2011.08; 63 (2): 317-326. ( 医中誌 )

  519. 竹前忠, 久保田真澄, 竹島大貴, 小杉幸夫, 工藤篤.. 三相電流による生体組織の電気異方性の測定. 電子情報通信学会総合全国大会予稿. 2011; Vol. 1 (Mar.): pp. 60,.

  520. 小倉俊郎(東京医科歯科大学 肝胆膵・総合外科), 伴大輔, 工藤篤, 小林大輔, 有井滋樹. 肝血管筋脂肪腫との鑑別が困難であった高度脂肪化を伴う大型高分化型肝細胞癌の1例(原著論文/症例報告) 日本臨床外科学会雑誌(1345-2843). 2011; 72巻 (7号): Page1821-1826(2011.07).

  521. 小川康介, 野口典男, 三浦智也, 小倉俊郎, 光法雄介, 松村聡, 伴大輔, 入江工, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹, 市村香代子, 江石義信. 【EOBにかかわる諸問題】 Gd-EOB MRI肝細胞相で内部に異なる信号強度の結節を認めた肝細胞癌の1例(原著論文/症例報告/特集) Liver Cancer(1341-1926). 2011; 17巻 (1号): Page15-22(2011.06).

  522. 光法雄介, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 【大腸癌 最新の研究動向】 大腸癌の検査・診断 新しいdeviceを取り入れた大腸癌の画像診断 肝転移診断におけるソナゾイドエコーの有用性(解説/特集) 日本臨床(0047-1852). 2011; 69巻 (増刊3): 大腸癌 Page320-324(2011.04).

  523. 渡辺雄一郎, 野口典男, 小川康介, 佐藤公太, 光法雄介, 村形綾乃, 伴大輔, 入江工, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹, 山田哲夫, 河内洋, 北川昌伸, 山田昌彦, 森安史典. State of the Art 術中造影超音波により腫瘍内血流が観察しえた胆管嚢胞腺癌の1切除例(原著論文/症例報告) 肝胆膵画像(1882-5087). 2011; 13巻 (2号): Page206-211(2011.03).

  524. 有井滋樹, 入江工, 野口典男, 工藤篤, 中村典明, 田中真二. 【肝胆膵癌手術上達法】 肝胆 肝切離(解説/特集) 手術(0037-4423). 2011; 65巻 (2号): Page149-153(2011.02).

  525. 佐藤公太, 光法雄介, 伴大輔, 入江工, 野口典男, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 【肝胆膵領域における最新の画像診断】 肝癌に対する最新の術中超音波(解説/特集) 外科(0016-593X). 2011; 73巻 (2号): Page123-127(2011.02).

  526. 小川康介, 中村典明, 渡辺雄一郎, 杉形綾乃, 伴大輔, 入江工, 野口典男, 工藤篤, 田中真二, 小尾俊太郎, 有井滋樹. 【腫瘍径10cm以上を呈する巨大肝癌の集学的治療】 IFN-α/5-FU併用動注化学療法後に外科的切除を施行した1例(原著論文/症例報告/特集) Liver Cancer(1341-1926). 2011; 16巻 (2号): Page109-118(2010.11).

  527. 飯島尋子, 工藤篤, 佐藤哲二, 市野瀬志津子, 田中弘教, 佐々木俊一, 脇英彦, 西口修平, 有井滋樹, 和氣健二郎. 【超音波診断の新機軸】 造影超音波の時相とイメージをめぐる問題点 ペルフルブタンマイクロバブルによる肝臓造影時相の定義(解説/特集) Rad Fan(1348-3498). 2011; 8巻 (13号): Page90-92(2010.11).

  528. 竹前忠, 久保田真澄, 竹島大貴, 小杉幸夫, 工藤篤.. 三相電流による生体組織の電気異方性の測定. 電子情報通信学会総合全国大会予稿,. 2011; Vol. (情・シ1) (Jun.): p. 60,.

  529. 有井滋樹, 中村典明, 落合高徳, 工藤篤, 入江工, 田中真二. 【肝胆膵高難度手術のすべて】 肝臓手術 肝左3区域切除(解説/特集) 手術(0037-4423). 2011; 65巻 (10号): Page1391-1397(2011.09).

  530. 伴大輔, 工藤篤, 入江工, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 消化器内視鏡外科手術手技の常識 肝胆膵 腹腔鏡下肝切除における視野展開の工夫 部分切除を中心に(解説/特集) 手術(0037-4423). 2011; 65巻 (12号): Page1757-1764.

  531. 佐藤 公太, 工藤 篤, 小川 康介, 岡島 千怜, 入江 工, 野口 典男, 中村 典明, 田中 真二, 有井 滋樹, 小林 宏寿, 杉原 健一, 江石 義信. 肝細胞癌の術前診断にて切除したneuroendocrine carcinoma肝転移の1例 Liver Cancer. 2010.05; 16 (1): 66-76. ( 医中誌 )

  532. 工藤 篤. 【肝疾患における血液生化学検査、肝炎ウイルスマーカー、腫瘍マーカーの見方】 肝疾患における血液生化学検査の臨床的意義 Indocyanine Green(ICG)試験の見方 肝・胆・膵. 2010.04; 60 (4): 603-611. ( 医中誌 )

  533. 光法 雄介, 入江 工, 野口 典男, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 有井 滋樹. 【造影超音波は臨床を変えるか】 肝臓疾患に対する造影超音波 術中造影超音波 術中造影超音波による肝腫瘍の進展度診断 肝・胆・膵. 2010.03; 60 (3): 417-426. ( 医中誌 )

  534. 光法雄介, 入江工, 野口典男, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 【造影超音波は臨床を変えるか】 肝臓疾患に対する造影超音波 術中造影超音波 術中造影超音波による肝腫瘍の進展度診断(解説/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2010; 60巻 (3号): Page417-426(2010.03).

  535. 佐藤公太, 工藤篤, 小川康介, 岡島千怜, 入江工, 野口典男, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹, 小林宏寿, 杉原健一, 江石義信. 肝細胞癌の術前診断にて切除したneuroendocrine carcinoma肝転移の1例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2010; 16巻 (1号): Page66-76(2010.05).

  536. 中村 典明, 村松 俊輔, 入江 工, 野口 典男, 工藤 篤, 熊谷 二朗, 田中 真二, 有井 滋樹. 胆管空腸吻合術後に発症した肝外側区域腫瘤性病変の1切除例 Liver Cancer. 2009.11; 15 (2): 194-203. ( 医中誌 )

  537. 伊東 浩次, 光法 雄介, 村形 綾乃, 松村 聡, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 有井 滋樹. 肝内胆管拡張を伴った肝血管腫の1切除例 Liver Cancer. 2009.11; 15 (2): 276-282. ( 医中誌 )

  538. 光法 雄介, 田中 真二, 野口 典男, 工藤 篤, 黒川 敏昭, 中村 典明, 有井 滋樹. 術中造影超音波によって門脈亜区域枝の腫瘍栓(vp1)を診断した1例 Liver Cancer. 2009.04; 15 (1): 117-122. ( 医中誌 )

  539. 光法 雄介, 田中 真二, 野口 典男, 工藤 篤, 黒川 敏昭, 中村 典明, 有井 滋樹. 【新世代超音波造影剤導入による肝癌診断・治療の変革】 外科領域におけるソナゾイド造影超音波の有用性 消化器科. 2009.04; 48 (4): 482-488. ( 医中誌 )

  540. 伊東浩次, 野口典男, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 【膵縮小手術の最前線】 亜全胃温存膵頭十二指腸切除(SSPPD)(解説/特集) 手術(0037-4423). 2009; 63巻 (1号): Page9-14(2009.01).

  541. 伊東浩次, 光法雄介, 村形綾乃, 松村聡, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 肝内胆管拡張を伴った肝血管腫の1切除例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2009; 15巻 (2号): Page276-282(2009.11).

  542. 中村典明, 村松俊輔, 入江工, 野口典男, 工藤篤, 熊谷二朗, 田中真二, 有井滋樹. 胆管空腸吻合術後に発症した肝外側区域腫瘤性病変の1切除例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2009; 15巻 (2号): Page194-203(2009.11).

  543. 光法雄介, 田中真二, 野口典男, 工藤篤, 黒川敏昭, 中村典明, 有井滋樹. 術中造影超音波によって門脈亜区域枝の腫瘍栓(vp1)を診断した1例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2009; 15巻 (1号): Page117-122(2009.04).

  544. 光法雄介, 田中真二, 野口典男, 工藤篤, 黒川敏昭, 中村典明, 有井滋樹. 【新世代超音波造影剤導入による肝癌診断・治療の変革】 外科領域におけるソナゾイド造影超音波の有用性(解説/特集) 消化器科(0289-8756). 2009; 48巻 (4号): Page482-488(2009.04).

  545. 伊東浩次, 野口典男, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 有井滋樹. 増大傾向を示した巨大肝血管腫の1切除例(原著論文/症例報告) 手術(0037-4423). 2009; 63巻 (2号): Page253-256(2009.02).

  546. 光法雄介, 田中真二, 松村聡, 村形綾乃, 藍原有弘, 平良薫, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 有井滋樹, 飯島尋子, 森安史典. Contrast-Enhanced US Imaging ソナゾイドによる造影超音波検査のノウハウ 術中ソナゾイド造影超音波のポイント(使用装置Xario)(解説) INNERVISION(0913-8919). 2008; 23巻 (2号): Page76-77(2008.01).

  547. 工藤 篤, 猪狩享, 野口典男, 黒川敏昭, 中村典明, 田中真二, 小池盛雄, 有井滋樹.. 肝切除術前評価における従来法の限界と新たな評価法の提唱 消化器科. 2008; 47 (5): 577-584.

  548. 有井滋樹, 田中真二, 伊東浩次, 中村典明, 工藤篤, 野口典男. 肝・胆・膵癌 肝癌の診断・治療最前線(解説) 癌と化学療法(0385-0684). 2008; 35巻 (10号): Page1676-1680(2008.10).

  549. 田中真二, 野口典男, 平良薫, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 有井滋樹. 【肝移植Crossfire】 肝細胞癌と肝移植 Neoadjuvant治療とSalvage移植の意義(解説/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2008; 56巻 (4号): Page549-555(2008.04).

  550. Liver Cancer(1341-1926). 術前診断が困難であった多発性肝毛細血管性血管腫の1例(原著論文/症例報告) 田中一, 野口典男, 藍原有弘, 入江工, 落合高徳, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 田中真二, 川村徹, 寺本研一, 有井滋樹. 2007; 13巻 (1号): Page51-58(2007.05).

  551. 寺本研一, 落合高徳, 川村徹, 高松督, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 田中真二, 有井滋樹. 外科手術における新しいテクニック new art in surgery 腹腔鏡下肝切除術(図説) 臨床外科(0386-9857). 2007; 62巻 (13号): Page1641-1647(2007.12).

  552. 黒川敏昭, 中村典明, 野口典男, 工藤篤, 田中真二, 川村徹, 寺本研一, 有井滋樹, 北村敬利, 泉並木. 肝原発神経内分泌腫瘍(カルチノイド以外) 嚢胞形成性の肝転移を伴った十二指腸原発神経内分泌細胞癌の1例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2006; 12巻 (1号): Page56-67(2006.05).

  553. 川村徹, 寺本研一, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 田中真二, 有井滋樹. 【肝がん治療のすべて】 肝細胞癌 外科的治療(肝切除) 肝細胞癌に対する脾摘併用肝切除(解説/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2006; 53巻 (5号): Page841-846(2006.11).

  554. 中村典明, 野口典男, 落合高徳, 工藤篤, 伊藤浩次, 田中真二, 寺本研一, 有井滋樹. 高度閉塞性黄疸で発症した胆管内発育型肝細胞癌の1切除例(原著論文/症例報告) Liver Cancer(1341-1926). 2006; 12巻 (2号): Page172-181(2006.11).

  555. 寺本研一, 川村徹, 中村典明, 工藤篤, 田中真二, 有井滋樹. マイクロ手技を応用した膵空腸吻合(解説) 手術(0037-4423). 2006; 60巻 (11号): Page1747-1751(2006.10).

  556. 伊東浩次, 工藤篤, 中村典明, 田中真二, 寺本研一, 有井滋樹. 【胆嚢癌をめぐる最近の話題】 胆嚢癌のStage分類と治療プロトコール(解説/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2006; 53巻 (2号): Page193-199(2006.08).

  557. 寺本研一, 野口典男, 落合高徳, 工藤篤, 中村典明, 伊東浩次, 田中真二, 川村徹, 有井滋樹. 【高齢化時代を迎えた肝臓病 高齢化の実態と対策】 高齢者肝癌に対する肝切除(原著論文/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2006; 53巻 (1号): Page129-135(2006.07).

  558. 有井滋樹, 工藤篤, 寺本研一. 消化器外科 肝の虚血再灌流障害-最近の知見(解説) Annual Review消化器. 2005; 2005巻 Page59-66(2005.01).

  559. 工藤篤, 有井滋樹, 和氣健二郎, 阪野功. 肝機能を増進する臓器保存液(解説) ライフサイエンスレポート. 2005; (6号): Page452(2005.11).

  560. 野口典男, 川村徹, 入江工, 工藤篤, 黒川敏昭, 中村典明, 田中真二, 寺本研一, 有井滋樹, 杉原健一, 小池盛雄. 【嚢胞腺癌か粘液産生胆管癌か?】 粘液産生性胆管細胞癌の1切除例(原著論文/症例報告/特集) Liver Cancer(1341-1926). 2005; 11巻 (2号): Page135-143(2005.11).

  561. 高松督, 野口典男, 伴大輔, 真田貴弘, 工藤篤, 中村典明, 川村徹, 寺本研一, 有井滋樹. 胆管癌術後に発生したKlebsiella pneumoniae肝膿瘍に細菌性髄膜炎を合併した1例(原著論文/症例報告) 肝臓(0451-4203). 2005; 46巻 (8号): Page516-522(2005.08).

  562. 野口典男, 川村徹, 伴大輔, 真田貴弘, 工藤篤, 中村典明, 高松督, 寺本研一, 有井滋樹. 【一般外科におけるクリニカルパス】 クリニカルパスの実際 われわれはこうしている 肝・胆・膵・脾外科 胆道疾患手術のクリニカルパス(解説/特集) 外科治療(0433-2644). 2005; 92巻 (増刊): Page694-703(2005.04).

  563. 有井滋樹, 寺本研一, 工藤篤, 真田貴弘, 野口典男, 伴大輔. 【肝胆膵領域における腫瘍性病変の画像と病理】 腫瘍の特殊型と画像 肝臓 Fibrolamellar hepatocellular carcinoma(解説/特集) 肝・胆・膵(0389-4991). 2004; 49巻 (5号): Page727-732(2004.11).

  564. 伴大輔、高松督、野口典男、工藤篤、中村典明、川村徹、寺本研一、倉田盛人、小池盛雄、小貫優子、泉並木、有井滋樹. GISTの巨大肝転移の一切除例 . Liver Cancer. 2004; 10 108-104.

  565. 工藤篤,川崎恒雄,地引政利,林政澤,玄東吉,谷畑英一,菊池正教,寺本研一,有井滋樹,岩井武尚.. 大網裂孔ヘルニアを伴った特発性大網捻転症の一例. 日消外会誌. 2001; 34 (-12): 1761-1764.

  566. 玄東吉, 川崎恒雄, 野口典男, 工藤篤, 地引政利, 林政澤, 谷畑英一, 菊池正教. 内視鏡下乳房温存手術(原著論文/症例報告) 茨城県農村医学会雑誌(0915-1982). 2000; 13巻 Page38-42(2000.11).

  567. 地引政利, 工藤篤, 関田吉久, 原譲, 玄東吉, 谷畑英一, 川崎恒雄. 下肢静脈瘤に対する治療法. 茨城県農村医学会雑誌. 1999; 11 (12): 8-10.

  568. 谷畑英一, 川崎恒雄, 玄東吉, 原譲, 関田吉久, 工藤篤, 荻谷一男, 菊池正教. 肉眼的他臓器浸潤大腸癌の検討(原著論文) 茨城県農村医学会雑誌(0915-1982). 1998; 11巻 Page23-25(1998.11).

  569. 原譲, 玄東吉, 川崎恒雄, 谷畑英一, 関田吉久, 荻谷一男, 工藤篤, 菊池正教. 総胆管非拡張型膵胆管合流異常に合併した胆嚢癌の1例(原著論文/症例報告) 癌の臨床(0021-4949). 1998; 44巻 (13号): Page1595-1600(1998.12).

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 上野 誠、工藤 篤、肱岡 範、池田公史. 胆膵Oncology Forum. 株式会社メディカルレビュー社, 2020.12 神経内分泌腫瘍診療の課題と展望

  2. 上野 誠、工藤 篤、肱岡 範、池田公史. 胆膵Oncology Forum. 株式会社メディカルレビュー社, 2020.12 神経内分泌腫瘍診療の課題と展望

  3. 石川喜也、伴 大輔、工藤 篤、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 臨床外科(第75巻第11号増刊号) 早わかり縫合・吻合のすべて. 医学書院, 2020.10 肝切除での大血管の吻合・縫合

  4. 工藤 篤、木脇裕子. 膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト. 株式会社南江堂, 2020.10 膵内分泌の病態

  5. 工藤 篤、木脇裕子. 膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト. 株式会社南江堂, 2020.10 膵内分泌の病態

  6. 工藤 篤、赤星径一、村瀬芳樹、田邉 稔. 日本臨牀増刊号 内分泌腺腫瘍(第2版). 日本臨牀社, 2020.09 膵内分泌腫瘍の治療 外科的治療

  7. 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度委員会. 肝胆膵高難度外科手術第2版. 医学書院, 2016 Treiz靭帯

  8. 特集/肝胆膵疾患の「予後」の変遷 II 膵疾患 6.膵内分泌腫瘍の予後. アークメディア 66 (3) 523-532, 2013

  9. 消化器外科2012年4月臨時増刊号の特集:術前・術後管理必携 テーマ(8)「術後肝障害」. へるす出版, 2012.04

  10. 達人が教える肝胆膵高度技能専門医手術−コツとピットフォール 肝区域切除—Glisson一括法. 雑誌「手術」 金原出版, 2012

  11. 特集/膵神経内分泌腫瘍-Update 2011 5.治療 3)肝転移に対する治療. 「肝胆膵」63巻2号 アークメディア, 2011

  12. 病態生理ビジュアルマップ 2 消化器疾患 P101〜106 胆嚢炎、胆石症. 医学書院, 2010 (ISBN : 978-4-260-00977-5)

  13. 肝疾患における血液生化学検査、肝炎ウィルスマーカー、腫瘍マーカーの見方 Indocyanine green (ICG)の見方. 肝胆膵第60巻 4号603−611 アークメディア, 2010

  14. 「病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図」28.胆嚢炎、胆石症, P 529-533 (2008 12月) :第一版. 医学書院, 2008

  15. 肝小葉ゾーンからみた肝病態と臨床. 肝小葉の血行動態(類洞の解剖を含めて). 肝胆膵 55(1)35-44,2007 アークメディア, 2007

  16. 術後肝不全;基礎と臨床.. 肝胆膵2005 Jul; 51(1):87-94 アークメディア, 2005

  17. 肝疎血再灌流障害の機序.. 外科2004; 66(2), 131-137. 南江堂, 2004

  18. 肝疎血再灌流障害—過去3年間の進歩. Annual Review 2004; 11. 中外医学社, 2004

  19. 肝臓の虚血再灌流障害;基礎と臨床.. 肝胆膵2003; 47(4), 513-522 アークメディア, 2003

  20. 外科侵襲とその制御. 消化器外科 最近の進歩221-235. へるす出版, 2001

  21. MRSA腸炎の輸液管理 臨床看護セレクション09 ナースに必要な輸液の知識 P.292-295(1999年06月). へるす出版, 1999

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Atsushi Kudo. Multidisciplinary Treatment Strategies Centered on Surgery for NEN. The 81st Annual Meeting of the Japan Radiological Society 2022.04.15 Yokohama

  2. Kohei Yagi, Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akashoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, SHinji Tanaka, Minoru Tanabe. A review of resected cases of primary duodenal cancer in our hospital. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  3. Hironari Yamashita, Keiichi Akahoshi, Koichirou Morimoto, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Effect of neoadjuvant chemotherapy on short-term outcome in patients undergoing pancreaticoduodenectomy for borderline resectable pancreatic cancer and resectable pancreatic cancer with elevated serum tumor markers. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  4. Kosuke Ogawa, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Analysis of completion rate of Gemcitabine/Nabpaclitaxel combination therapy for pancreatic cancer before and after pancreatectomy. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  5. Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Combination of Weekly Streptozocin and Oral S-1 Treatment is effective treatment for unresectable or metastatic pancreatic NET-G1 and NET-G2 patients. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  6. Hiroki Ueda, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Perioperative outcomes in elderly patients over 75-years-old undergoing distal pancreatectomy. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  7. Koichiro Morimoto, Keiichi Akahoshi, Hironari Yamashita, Hiroyuki Ishida, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Granulomatous Langerhans isletitis followed by nivolumab-induced type 1 diabetes mellitus in a distal pancreatectomy: case report. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  8. Takeshi Ishii, Atsushi Kudo, Yoshiki Murase, Aya Maekawa, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The management of GEP-NET with MEN type 1 in our department. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  9. Yoshiya Ishikawa, Hiroyuki Ishida, Koichiro Morimoto, Hironari Yamashita, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma using supracolic anterior approach to the superior mesenteric artery. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  10. Hiroyuki Ishida, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hironari Yamashita, Koichiro Morimoto, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Early recurrence after curative hepatectomy for colorectal liver metastases. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  11. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Conversion surgery after lenvatinib treatment for advanced hepatocellular carcinoma. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  12. Aya Maekawa, Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Validation of the international consensus guideline 2017 for intraductal papillary mucinous neoplasms. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  13. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Risa Yoshioka, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. High Eg5 expression predicts poor prognosis in pancreatic cancer. The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Billiary-Pancreatic Surgery 2021.06.02 Osaka

  14. Kohei Yagi, Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Stomach retraction methods in laparoscopic distal pancreatectomy. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.12 Yokohama

  15. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Benefits of performing No.8 dissection from the left side of patient during LDP.. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.12 Yokohama

  16. Daisuke Ban, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Kohei Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Ishikawa, Shuichi Watanabe, Hiroki Ueda, Kohei Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru TanabeMinoru Tanabe. Hepatic vein approach is useful in advanced laparoscopic liver resection. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.11 Yokohama

  17. Tomotaka Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Comparison of open and laparoscopic hepatectomy for obese patients with HCC. The 33rd Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery 2021.03.10 Yokohama

  18. Takeshi Ishii, Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Masafumi Akasu, Tomotaka, Kato, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Clinical Analysis of 23 Cases of total pancreatectomy in Tokyo Medical and Dental University. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  19. Shuichi Watanabe, Shu Shimada, Jo NIshino, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Toshitaka Sugawara, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Estimation of the type of HCC metastasis based on the multicellular colonization model. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  20. Kosuke Ogawa, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Therapeutic Strategy of advanced Hepatocellular Carcinoma -Analysis of advanced HCC operated cases who died of primary disease within one year after operation-. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  21. Yoshiya Ishikawa, Daisuke Ban, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Accidental dissection of left gastric artery during LDP, lessons learned from the case. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  22. Hiroaki Ono, Tomotaka Kato, Aya Maekawa, Kouhei Yagi, Yoshiya Ishikawa, SHuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Cytoplasmic RRM1 activation in acute phase of gemcitabine treatment is involved in acquired resistance of pancreatic cancer. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  23. Keiichi Akahoshi, Yoshiya Ishikawa, Hiroki Ueda, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Liver resection after systemic chemotherapy improved overallsurvival of metastatic neuroendocrine neoplasms. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  24. Keiichi Akahoshi, Kohei Yagi, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Non-viral hepatocellular carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factorslar carcinoma and, diabetes and obesity as its risk factors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  25. Kohei Yagi, Atsushi Kudo, Aya Maekawa, Yoshiki Murase, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Toshitaka Sugawara, Yoshiya Ishikawa, Shuichi Watanabe, Keiichi Akahoshi, Ogawa Kosuke, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Evaluation of laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  26. Yoshiki Murase, Hiroaki Ono, Kohei Yagi, Aya Maekawa, Takeshi Ishii, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Toshitaka Sugawara, Shuichi Watanabe, Yoshiya Ishikawa, Keiichi Akahoshi, Ogawa Kosuke, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Comparison of super-elderly and non-elderly patients in laparoscopic hepatectomy. The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2021.02.23 Web

  27. Hiroaki Ono, Sadakatsu Ikeda, Yoshiya Ishikawa, Shuici Watanabe, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Satoshi Miyake, Minoru Tanabe. Cross-sectional study of genomic sequencing in HBP malignancies. The 75th General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2020.12.16 Wakayama

  28. Atsushi Kudo,Yoshiki Murase,Daisuke Asano,Toshitaka Sugawara,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu, Jun Yoshino,Shuichi Watanabe,Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. Biomarker and Treatment strategy for pancreatic neuroendocrine tumors. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  29. Masahumi Akasu,Atsushi Kudo,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. The effect of venous invasion and recurrence in Neuroendocrine tumor. The effect of venous invasion and recurrence in Neuroendocrine tumor 2019.06.15 Takamatsu

  30. Yoshiki Murase,Atsushi Kudo,Toshitaka Sugawara,Satoshi Matsui,Takeshi Ishii,Tomotaka Kato,Masahumi Akasu,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Minoru Tanabe. The index to decide PFS after lanreotide administration for patients with neuroendocrine tumor. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  31. Kosuke Ogawa,Atsushi Kudo,Toshiro Ogura,Yusuke Mitsunori,Hiroaki Ono, Daisuke Ban,Minoru Tanabe. Strategy for liver metastases of pancreatic neuroendocrine tumor. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.15 Takamatsu

  32. Toshitaka Sugawara,Daisuke Ban,Takeshi Ishii,Satoshi Matsui,Masahumi Akasu,Tomotaka Kato,Daisuke Asano,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Preoperative factors for early recurrence of resected pancreatic ductal adenocarcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  33. Shuichi Watanabe, Daisuke Ban,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. The analysis of the treatment for the metachronous solitary metastasis after curative surgery in pancreatic cancer. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.14 Takamatsu

  34. Takeshi Ishii,Toshiro Ogura,Yoshiki Murase,Toshitaka Sugawara,Masahumi Akasu, Tomotaka Kato,Jun Yoshino,Shuichi Watanabe, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban,Atsushi Kudo,Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. Surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma. The 31st Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2019.06.13 Takamatsu

  35. T Sugawara, D Ban, S Watanabe, T Ogura, K Ogawa, H Ono, Y Mitsunori, A Kudo, M Tanabe. PREOPERATIVE FACTORS FOR EARLY RECURRENCE OF RESECTED PANCREATIC DUCTAL ADENOOCARCINOMA. 53rd ANNUAL MEETING of Pancreas Club 2019.05.18 San Diego

  36. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. DEPDC5 deficiency contributes to resistance to leucine starvation via p62 accumulation in hepatocellular carcinoma. Yuki Mizuno, Shu Shimada, Yoshimitsu Akiyama, Shuichi Watanabe,Tomomi Aida, Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shoji Yamaoka, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe 2018.09.28 Osaka

  37. Shuichi Watanabe、Shu Shimada、Yoshimitsu Akiyama、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Minoru Tanabe、Shinji Tanaka. Precision medicine for the poorest prognosis subtype of pancreatic cancer. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  38. Tomotaka Kato、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Toshiro Ogura、Kosuke Ogawa、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、 Minoru Tanabe . Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery. The 73rd General Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery 2018.07.12 Kagoshima

  39. Jun Yoshino, Daisuke Ban, Tomotaka Kato, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Two types of peripancreatic fluid ccollection after distal pancreatecromy. 50thEPC the jubilee meeting of the European Pancreatic Club 2018.06.15 Berlin

  40. Tomotaka Kato, Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Treatment strategies of resectable pancreatic cancer with hazy density around major artery. 50thEPC the jubilee meeting of the European Pancreatic Club 2018.06.15 Berlin

  41. Daisuke Ban, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. The implication of induction chemotherapy followed by chemoradiotherapy for locally advanced pancreatic cancer, intended conversion surgery. 50thEPC the jubilee meeting of the European Pancreatic Club 2018.06.14 Berlin

  42. Yusuke Mitsunori,Masafumi Akasu,Tomotaka Kato,Jun Yoshino, Shuichi Watanabe,Norimichi Chiyonobu,Keiichi Akahoshi,Toshiro Ogura,Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. What is predictive factor of postoperative diabetes mellitus in patients with distal pancreatectomy?. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  43. Hiroaki Ono, Keiichi Akahoshi, Masafumi Akasu,Tomotaka Kato, Yuki Mizuno, Norimichi Chiyonobu, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe . Appropriateness and evaluation for preoperative surgical indications of IPMN. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  44. Toshiro Ogura, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori,Daisuke Ban, Atsushi Kudo,Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The implication of lymph node metastasis on survival in cases with distal pancreatic cancer. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09

  45. Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Minoru Tanabe. Analysis of contrast-enhanced CT images in pancreatic neuroendcrine tumor. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  46. Shuichi Watanabe, Atsushi Kudo, Masafumi Akasu, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Yusuke Mitsunori, Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The efficacy of liver SASI test for the the advanced functional PNET patients. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.09 yokohama

  47. Atsushi Kudo,Keiichi AKahoshi,Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Kosuke Ogawa, Minoru Tanabe. Educational outcome accompanying introduction of advanced skill speciallist system of hepato-biliary-pancreatic surgery . The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08 Yokohama

  48. Jun Yoshino,Toshiro Ogura,Keiichi Akahoshi,Kosuke Ogawa, Yusuke Mitsunori,Hiroaki Ono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08

  49. Atsushi Kudo. Surgical treatment starting from WHO 2017 classification ~Toward the down of NET therapy~. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08 Yokohama

  50. Masafumi Akasu, Atsushi Kudo, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe, Norimichi Chiyonobu, Yuki Mizuno, Keiichi Akahoshi, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. The results of molecular targeted drugs to P-NET. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.08

  51. Daisuke Ban, Tomotaka Kato, Masafumi Akasu, Jun Yoshino, Daisuke Asano, Shuichi Watanabe, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Step-up program and introduction of OSATS for laparoscopic liver resection. The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 2018.06.07 yokohama

  52. Toshiro Ogura, Daisuke Ban, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Laparoscopic surgery for obese patients with hepatocellular carcinoma. 2018.06.04 Budapest

  53. Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono,Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Simple criteria for decision making of drain removal after distal pandreatectomy. 2018.06.04 Budapest

  54. Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Akahoshi Keiichi, Ogawa Kosuke, Mitsunori Yusuke, Ono Hiroaki, Ban Daisuke, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Minoru Tanabe. Long-term outcomes and prognostic factors of patients with gallbladder cancer resection. Third Triangle Scientific Meeting of the Japan-Hungary-Poland Surgical Society 2018.06.03 Budapest

  55. Tomotaka Kato,Atsushi Kudo, Hiroaki Ono, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura , Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Shinji Tanaka,Minoru Tanabe. A Surgical Case of Spontaneous and Asymptomatic Intrahepatic Hemorrhage with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  56. Minoru Tanabe, Toshiro Ogura, Atsushi Kudo, Daisuke Ban, Shinji Tanaka. Surgery for Obese Patients with HCC. APASL2018 2018.05.12 Yokohama

  57. Masafumi Akasu, Kosuke Ogawa, Atsushi Kudo, Tomotaka Kato, Jun Yoshino, Shuichi Watanabe,Norimichi Chiyonobu,Yuki Mizuno,Keiichi Akahoshi,Toshiro Ogura,Yusuke Mitsunori, Hiroaki Ono,Daisuke Ban, Minoru Tanabe. A Case Report od Spontaneous Regression of HCC after Angiography. APASL2018 2018.05.11 Yokohama

  58. Toshiro Ogura, Keiichi Akahoshi, Kousuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. The significance of lymph node dissection in distal pancreatic cancer. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2018.04.04 Tokyo

  59. Tomotaka Kato, Daisuke Ban, Masahumi Akasu, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Toshiro Ogura, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Tips and technics in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8. International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists 2018.04.04 Tokyo

  60. 光法雄介,赤星径一,巌康仁,小野宏晃,松村聡,伴大輔,落合高徳,工藤篤,田中真二,田邉稔. 胆肝細胞癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  61. 渡辺 秀一. 再発形式による膵癌術後再発例の予後の差異の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  62. 千代延記道. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除例における術前画像検査での造影される結節の意義. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  63. Jun Yoshiono, Daisuke Ban, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. The safe resection of liver parenchyma in laparoscopic surgery by CUSA with soft coagulation technique. The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section 2017.06.17

  64. Daisuke Ban, Jun Yoshino, Toshiro Ogura, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Safely expanding of the laparoscopic liver rsection according to difficulty scoring system. The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section 2017.06.17

  65. Toshiro Ogura, Daisuke Ban, Jun Yoshino, Kosuke Ogawa, Hiroaki Ono, Yusuke Mitsunori, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Tips for the safe approach in laparoscopic liver resection of segment 7 and 8. The 63rd Annual Congress of International College of Surgeons Japan Section 2017.06.17

  66. Yuki Mizuno、Atsushi Kudo、Yoshiya Ishikawa、Shuichi Watanabe、Norimichi Chiyonobu、Hiroaki Ono、Satoshi Masumura、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Minoru Tanabe. Analysis of the relationship between PD-L1 expression and clinicopathological factors in GEP-NETs. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.10 yokohama

  67. Takehisa Yazawa、Hiroaki Ono¹、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical significance of enhancing nodules in preoperative imaging studies of IPMN. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.10 yokohama

  68. Hiroki Ueda、Daisuke Ban、Atsushi Kudo、Takanori Ochiai、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe . Refractory long-term cholangitis after pancreaticoduodenectomy: a retrospective study . 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.09 yokohama

  69. Takehiro Okabayashi、Daisuke Asano、Keiichi Akahoshi、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal management depending on the features of CT imaging of borderline resectable pancreatic cancer. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.09

  70. Ken-ichi Okada、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Hiroaki Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. The optimal pancreatic stump closure method of a laparoscopic distalpancreatectomy: wrapping and fibrin capping technique. 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.09

  71. Atsushi Kudo . Luncheon Seminar 4 [Japanese] / Recent Treatment of Liver Metastasis from Neuroendocrine Tumor . 6th A-PHPBA 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  72. Shuichi Watanabe、Daisuke Ban、Yasuhito Iwao、Keiichi Akahoshi、Akihiro Ono、Yusuke Mitsunori、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Study of the prognosis of recurrent pancreatic cancer: The significance of the solitary recurrence. 2017.06.08

  73. Atsushi Kudo、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Yusuke Mitsunori、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Systemic therapy may decide surgical indication for patients with Unresectable of Metastatic Pancreatic Neuroendocrine Tumor. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.08

  74. Atsushi Kudo、Daisuke Ban、Keiichi Akahoshi、Satoshi Matsumura、Yusuke MItsunori、Yasuhito Iwao、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. How to manage liver metastases of pancreatic NET?. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  75. Yusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Can we predict postoperative diabetes mellitus in patient with distal pancreatectomy?. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  76. Hiroaki Ono、Keiichi Akahoshi、Yasuhito Iwao、Satoshi Matsumura、Yuusuke Mitsunori、Daisuke Ban、Takanori Ochiai、Atsushi Kudo、Shinji Tanaka、Minoru Tanabe. Clinical evaluation of lymph node metastasis after surgery of IPMN. 6th A-PHPBA & 29th JSHBPS 2017.06.08 yokohama

  77. Keiichi Akahoshi, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe. Ischemic Reperfusion of Selective Hepatic Artery Clamping Induced Temporary Increase of the Sinusoidal Flow in the Rat Model. Proceedings of the Third International Symposium 2017.03.09 Nara

  78. Akahoshi K, Ban D, Kuboki R, Matsumura S, Mitsunori Y, Ochiai T, Kudo A, Tanabe M. OPRT as a Prdictor of Benefit form S-1 Adjubant Chemotherapy for Cholangiocarcinoma Patients. 12th Annual Academic Surgical Congress 2017.02.08 Las Vegas

  79. Tanabe M. Special Lectures. Japan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium(JTMSIS) 2016.12.07 Awaji Island,Japan

  80. Ban D. Intraoperative Bleeding Control. WCES & ELSA & CSLES 2016.11.10 Shanghai

  81. Sato T, Ochiai T, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe. Prognosis and Therapy for Ruptured Hepatocellular Carcinoma: A single Hospital Experiences. 40th World Congress of the International College of Surgeons 2016.10.25 Kyoto

  82. Ochiai T, Yoshino J, Asano D, Watanabe S, Ishikawa Y, Mizuno Y, Chiyonobu N, Ueda H, Sato T, Iwao Y, Ono H, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. The impact of Neo-adjuvant and Adjuvant Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Hepatectomy for Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma. 40th World Congress of the International College of Surgeons 2016.10.25 Kyoto

  83. Iwao Y, Ojima H, Tanabe M. Mechanism of Liver Atrophy due to Portal vein Embolization - Association with Autophagy and Apoptosis - . UEGweek 2016 2016.10.17 Vienna,Austria

  84. Tanabe M. Experimental Laboratory - Practice on Live Tissue. Ircad France 2016 2016.08.24 Strasbourg

  85. Tanabe M. Controversies -- One port cholesystectomy ; pro side. Ircad France 2016 2016.08.22 Strasbourg

  86. Tanabe M. SILS Laparoscopic cholecystectomy Prerecorded LIVE case : Single Port Laparoscopic cholecystectomy. Ircad France 2016 2016.08.22 Strasbourg

  87. Tanabe M. Necessity of a systematic preoperative imaging before laparoscopic cholecystomy ? -Eastern experience. Ircad France 2016 2016.08.21 Strasbourg

  88. Iwao Y, Ban D, Ishikawa Y, Watanabe S, Ishikawa Y, Mizuno Y, Chiyonobu N, Ueda H, Ohata Y, Oba A, Sato T, Akahoshi K, Ito H, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. analysis of the image findings around superior mesenteric artery of invasive ductal carcinoma in the pancreas head. IAP&JPS&AOPA2016 2016.08.06 Sendai

  89. Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Hormonal map determines the indication of regional therapy for patients with functional pancreatic neuroendocrine tumor. IAP&JPS&AOPA2016 2016.08.05 Sendai

  90. Oba A, Ban D, Kirimura S, Akahoshi K, Kudo A, Ito H, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ochiai T, Tanaka S, Tanabe M. Impact of the Biomarkers for the Selection of Gemcitabine and S-1 Adjuvant Chemotherapy in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. IAP&JPS&AOPA2016 2016.08.04 Sendai

  91. Ban D, Iwao Y, Ishikawa Y, Watanabe S, Mizuno Y, Chiyonobu N, Ueda H, Ohata Y, Sato T, Mitsunori Y, Matsumura S, Aihara A, Ochiai T, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. The role of local treatment for the recurrence of pancreatic cancer after pancreatectomy. IAP&JPS&AOPA2016 2016.08.04 Sendai

  92. Ban D, Iwao Y, Matsumura S, Ono h, Aihara A, Mitsunori Y, Kudo A, Tanabe M. The optimal pancreatic stump closure method of a laparoscopic distal pancreatectomy: wrapping and fibrin capping technique.. Second Triangle Symposium of the Poland-Hungary-Japan Surgical Society 2016.06.20 Lublin, Poland

  93. Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Parametric Imaging to estimate HCC malignancy. Ultrasonic Week 2016 2016.05.28 Kyoto

  94. Tanabe M. State of the Art in radiofrequency, micro-wave, and cryoablation. ASIA IRCAD Advanced Course in Hepatobiliary and Pancreatic surgery 2016.02.26 Taiwan

  95. Tanabe M. Technical points: Anatomy around the SMA in pancreatic surgery. ASIA IRCAD Advanced Course in Hepatobiliary and Pancreatic surgery 2016.02.26 Taiwan

  96. Tanabe M. A difficulty scoring system for resection for hepatocellular carcinoma located in segments of the liver. ASIA IRCAD Advanced Course in Hepatobiliary and Pancreatic surgery 2016.02.26 Taiwan

  97. Akahoshi K, Kudo A, Tanabe M. Ischemic Reperfusion Injury by Selective Hepatic Artery Clampig Iduced the Sinusoidal Flow Increase in Rat. Proceedings of the Second International Symposium 2016.02.11 Aichi

  98. Akahoshi K, Ochiai T, Ito H, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M. Evaluation of POSSUM score for predicting morbidity after hepatectomy for hepatocellular carcinoma. 11th Annual Academic surgical Congress 2016.02.04 Florida

  99. Itou H, Ochiai T, Matsumura S, Mitsunori Y, Aihara A, Ban D, Kudo A, Tanabe M. The consensus and controversial points of new IPMN guideline. 11th Annual Academic surgical Congress 2016.02.04 Florida

  100. Ochiai T, Miura T, Tanaka S, Yamazaki S, Kudo A. Noguchi N, Irie T, Ban D, Aihara A, Matsumura S, Mitsunori Y, Ito H, Akahoshi K, Tanabe M. Is papillectomy for early ampullary carcinoma justified? -Analysis of 65 resected cases - . 11th Annual Academic surgical Congress 2016.02.04 Florida

  101. 水野裕貴、工藤篤、劉博、千代延記道、大庭篤志、佐藤拓、大畠慶映、上田浩樹、赤星径一、中尾圭介、古山貴基、勝田絵里子、伊藤浩光、松村聡、藍原有弘、伴大輔、入江工、落合高徳、田中真二、田邉稔. 膵神経内分泌腫瘍における鏡視下手術の検討. 第2回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2014.09.20 東京都

  102. 伴大輔、秋田恵一、上田浩樹、松村聡、入江工、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. Anatomy of Meso-Pancreas. 日韓胆膵共同シンポジウム 2014.08.30 Seoul

  103. SNMC Improves the detoxification capacity of the post-cold ischemic liver grafts. Minophagen International Synposium 2006 2006

  104. The role of thromboxane A2 derived from activated Kupffer cells in the post-cold ischemic liver grafts. The 31th Annual Meeting of Japan Society for Low temperature Medicine organizes a joint World Conference of Cryomedicine 2004 2004

  105. 工藤 篤. 1㎝未満の神経内分泌腫瘍の手術適応について. 第34回日本内分泌外科学会総会 2022.06.25 茨城

  106. 工藤 篤. 神経内分泌腫瘍の肝転移治療アップデート. Hirosaki NET Seminar 2022.05.11 WEB開催

  107. 工藤 篤. 神経内分泌腫瘍:ホルモン症状と肝転移への対応策. 山口消化器内科学セミナー 2022.03.25 WEB開催

  108. 工藤 篤. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の集学的治療と未来への展望 . 第109回日本泌尿器科学会総会 2021.12.08 横浜

  109. 河野里咲、上田浩樹、伊藤 晃、奈良 篤、鳫翔太郎、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵嚢胞内出血後の嚢胞破綻由来の後腹膜膿瘍に対し集学的治療にて救命し得た一例. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  110. 奈良 篤、上田浩樹、伊藤 晃、鳫翔大郎、木村宗貴、森本紘一朗、山下宏成、石井 武、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、小川康介、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 当院における肝細胞癌破裂例の検討. 第13回日本Acute Care Surgery学会 2021.11.26 長崎

  111. 青木 惇, 村上 正憲, 柴 久美子, 辻本 和峰, 小宮 力, 池田 賢司, 泉山 肇, 工藤 篤, 山田 哲也. 再発時ガストリン産生能を獲得した悪性インスリノーマの1例. 第31回臨床内分泌update 2021.11.26

  112. 岡林紀恵、淺香えみ子、工藤 篤. 手術室の効率的運営を目指した目標管理と情報・データを用いたマネジメント. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  113. 赤星径一、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する薬物療法と手術を中心とした集学的治療の試み. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  114. 高橋建叡、浅野大輔、伊藤 晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 急速増大する膵頭部腫瘤に対して膵頭十二指腸切除術施行し膵紡錘細胞型退形成癌の診断を得た1例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.20 東京

  115. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、木村宗貴、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総肝動脈が膵前面を上行するAdachiⅤ型破格を伴う膵頭部混合型IPMNの1切除例. 第83回日本臨床外科学会総会 2021.11.18 東京

  116. 浅野大輔、石川喜也、赤星径一、伊藤 晃、鳫翔大郎、奈良 篤、石井 武、渡邊秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における腹腔鏡下膵体尾部切除の定型化と頭側からのアプローチを意識した尾側膵切除. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  117. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、浅野大輔、渡邊秀一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. ロボット支援下膵体尾部切除の導入と定型化. 第13回膵臓内視鏡外科研究会 2021.11.17 東京

  118. 工藤 篤. 膵・消化器神経内分泌腫瘍の診断と治療. JDDW 2021 KOBE 2021.11.07 神戸

  119. 石井武、工藤篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田邉稔. 当科におけるMEN1型合併神経内分泌腫瘍例の後方視的検討. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸コンベンションセンター

  120. 小野宏晃、村瀬芳樹、山下宏成、小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌における新規治療薬の同定を可能にしたカスタムメイド阻害剤ライブラリーの臨床的有用性および実験的発展性の検証. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸

  121. 上田浩樹、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除時の縫合器による被膜損傷をどうマネジメントするか?. JDDW 2021 KOBE 2021.11.06 神戸

  122. 森本紘一朗、赤星径一、山下宏成、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵体尾部切除の成績 膵切除後出血の2例に注目して. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  123. 工藤 篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の腫瘍マーカー. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  124. 八木宏平、小野宏晃、森本紘一朗、山下宏成、石田啓之、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するMGMT発現の臨床および腫瘍因子との関連の検討. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  125. 山下宏成、小野宏晃、森本紘一朗、石田啓之、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するCapecitabine/Temozolomide併用療法の治療成績. JDDW 2021 KOBE 2021.11.05 神戸

  126. 小野宏晃、八木宏平、浅野大輔、石川喜也、上田 浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍に対するTS-1/STZ治療効果およびMGMT 発現やGrade分類との関連性. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 横浜

  127. 工藤 篤. 膵・消化管神経内分泌腫瘍 実際の症例から学ぶP-NET集学的治療. 第25回日本臨床内分泌病理学会学術総会 2021.10.08 WEB開催

  128. 大科枝里、小林正典、工藤 篤、田邉 稔、岡本隆一. 胆道閉鎖症術後52年で胆管癌を発症し切除可能であった1例. 第57回日本胆道学会学術集会 2021.10.07 WEB開催

  129. 工藤篤. 新型コロナのエビデンス. 第57回日本胆道学会学術集会 2021.10.07 虎ノ門+WEB配信

  130. 工藤 篤. 最新の集学的治療~コンバージョン手術からPRRTまで~. 学術講演会 肝胆膵を考えるPart16 Web Seminar 2021.09.28 WEB開催

  131. 工藤 篤. NETにおける集学的治療の展望~外科治療からPRRTまで~. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  132. 小野宏晃、八木宏平、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田邉 稔. panNENにおけるTS-1/STZ併用療法とMGMT発現およびGrade分類による効果治療予測. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  133. 浅野大輔、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. NETG3/NECG3に対する切除適応の検討. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.23 東京

  134. 森本紘一朗、赤星径一、菅原俊喬、山下宏成、八木宏平、石井 武、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連するバイオマーカーの多角的検索. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  135. 赤星径一、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対するスニチニブ投与後肝切除の意義. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  136. 前川 彩、工藤 篤、森本紘一朗、石田啓之、山下宏成、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 肝転移を有する機能性膵消化管神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第52回日本膵臓学会大会 2021.09.22 東京

  137. 工藤 篤、戸田一真、土屋純一、横山幸太、吉村亮一、立石宇貴秀. 177Lu を用いた治療の実際. 第57回日本医学放射線学会秋季臨床大会 2021.09.17 WEB開催

  138. 渡邊裕文、藤島史喜、河本 泉、今村正之、肱岡 範、鳥山和浩、谷田部恭、工藤 篤、海野倫明、笹野公伸. 膵神経内分泌腫瘍における GLP-1 発現検討/腫瘍インスリン産生能と somatostatin receptor scintigraphy 結果との関連. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  139. 渡邊裕文、藤島史喜、河本 泉、今村正之、肱岡 範、鳥山和浩、谷田部恭、工藤 篤、海野倫明、笹野公伸. 消化管・膵神経内分泌腫瘍における O6-methylguanine DNA methyltransferase (MGMT) と glucose transporter 2 (GLUT2) の発現の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  140. 石井 武、工藤 篤、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 当科における MEN1 型の膵・消化管神経内分泌腫瘍例の後方視的検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  141. 小野宏晃、村瀬芳樹、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. HG-PanNEN における新規治療薬 Eg5 阻害剤 Ispinesib の有用性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  142. 山下宏成、小野宏晃、八木宏平、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能 Pan-NEN に対する Capecitabine/Temozolomide 併用療法の治療成績. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  143. 川崎健太、浜本康夫、工藤 篤、金井隆典、中川英刀、佐藤俊朗. 膵・消化管神経内分泌癌オルガノイドモデルの作成・統合的解析と腫瘍再現を通した新臨床分類の提案. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  144. 小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 進行性膵神経内分泌腫瘍に対するストレプトゾシン/S-1 併用療法の治療有用性および MGMT 発現レベルに基づいた治療効果予測. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  145. 赤星径一、村瀬芳樹、前川 彩、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後切除可能性の検討. 第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.09.11 WEB開催

  146. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 術前化学療法が膵癌周術期成績に与える影響. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27 WEB開催

  147. 赤星径一、山下宏成、浅野大輔、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. StageⅠ膵癌における予後不良因子の解析. 第48回日本膵切研究会 2021.08.27 WEB開催

  148. 山下宏成、上田浩樹、森本紘一朗、石田啓之村瀬芳樹、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院で外科切除を行ったIPNB5例の傾向と術後成績. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.23 鹿児島

  149. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、八木宏平、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔、田中真二. 肝細胞癌に対する術中焼却療法についての検討. 第57回日本肝癌研究会 2021.07.22 鹿児島

  150. 石井 武、赤星径一、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 当院における膵癌に対するmodified FOLFIRINOX 療法の治療成績. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 京都

  151. 山下宏成、石川喜也、森本紘一朗、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 中央区域温存膵切除術5例の短期中期成績~膵全摘と比較して~. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.09 京都

  152. 前川 彩、上田浩樹、村瀬芳樹、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵粘液嚢胞性腫瘍切除例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  153. 石川喜也、石田啓之、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 郭清を伴う腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の定型化を目指して. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  154. 村瀬芳樹、小野宏晃、小川康介、吉岡里紗、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 阻害剤ライブラリーから同定されたIspinesibの膵癌新規治療薬への応用. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  155. 小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵切除術前後での膵癌に対するGemcitabine nab-Paclitaxel併用療法の完遂率の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.08 京都

  156. 田村華子、上田浩樹、山下宏成、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術後3年に発症した後腹膜血種による多臓器不全に対し集学的治療にて救命した一例. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  157. 八木宏平、小野宏晃、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するCAPTEM療法とMGMT発現の関連の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  158. 上田浩樹、前川 彩、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科で経験したインスリノーマ36例の検討. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  159. 小野宏晃、池田貞勝、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、三宅 智、田中真二、田邉 稔. GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第76回日本消化器外科学会総会 2021.07.07 京都

  160. 工藤 篤、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍肝転移に対する肝移植. 第39回日本肝移植学会学術集会 2021.06.24 WEB開催

  161. 石田啓之、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 切除不能局所進行膵癌に対するGEM+nabPTX療法およびS-1併用化学放射線療法後のConversion Surgeryの治療成績. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  162. 赤星径一、石田啓之、村瀬芳樹、小川康介、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. StageⅠ膵癌における予後不良因子の解析. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  163. 小川康介、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌に対するゲムシタビン・ナブパクリタキセル併用療法の膵切除術前後での完遂率の検討. 第15回膵癌術前治療研究会 2021.05.29 奈良

  164. 工藤 篤. 膵切除の高難度医療技術のQuality indicatorの創設. 第7回日本医療安全学会学術総会 2021.05.29 WEB開催

  165. 山下宏成、小川康介、木脇祐子、渡邉亮輔、石田啓之、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、明石 巧、田邉 稔. 術前に肝粘液嚢胞腺癌を疑うも、術中所見と病理所見にて IPNB の診断に至った1 例. 第61回肝癌症例研究会 2021.05.22 WEB開催

  166. 山下宏成、赤星径一、森本紘一朗、石田啓之、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 低位合流する後区域胆管に胆嚢管が合流する破格を有する症例に対してICG蛍光胆道造影を用いて安全に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した1例. 日本蛍光ガイド手術研究会第4回学術集会 2021.05.15 高知

  167. 工藤 篤、赤星径一、田邉 稔. MEN1型由来の神経内分泌腫瘍の悪性度. 第94回日本内分泌学会学術総会 2021.04.23 WEB開催

  168. 工藤 篤. 医療安全と病理 Pathology for Clinical safety and Quality. 第110回日本病理学会総会 2021.04.22 東京

  169. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  170. 菅原俊喬、工藤 篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、成松 久、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連する糖鎖バイオマーカーの検索. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  171. 石川喜也、石田啓久、森本紘一郎、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能局所進行膵癌に対するConversion Surgeryを企図した導入化学療法と化学放射線療法の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  172. 山下宏成、小野宏晃、村瀬芳樹、石田啓久、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  173. 八木宏平、小野宏晃、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院における切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するcapecitabine/temozoromide併用療法の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  174. 森本紘一朗、上田浩樹、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 胆道再建を伴う肝切除における周術期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  175. 村瀬芳樹、小野宏晃、吉岡里紗、石川喜也、上田浩紀、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 阻害剤ライブラリーを用いて同定されたIspinesibの機能解析と膵癌に対する新規治療薬としての検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  176. 石田啓久、赤星径一、上田浩樹、石川喜也、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  177. 石井 武、赤星径一、森本紘一郎、石田啓久、山下宏成、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 当院における腹腔鏡下Radidal antegrade modular pancreatosplenectomyの治療成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  178. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌においてRPM1遺伝子は細胞外マトリックスリモデリングにより悪性形質獲得に寄与する. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  179. 小川康介、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膵切除後の化学療法忍容性低下の検討. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  180. 上田浩樹、森本紘一郎、山下宏成、石田啓久、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 70歳以上の高齢者に対する副苦境下膵体尾部切除術の短期成績. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  181. 工藤 篤、赤星径一、村瀬芳樹、前川 彩、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 東京医科歯科大学における神経内分泌腫瘍診療の成果. 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  182. 綾部貴典、中村都英、工藤 篤、後 信、西塔拓郎、北村温美、中村京太. 特定機能病院間相互ピアレビュー実施状況の報告「高難度新規医療技術を用いた医療の提供の適否等を決定する部門の運用状況」 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  183. 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み. 第23回日本肝がん分子標的治療研究会 2021.01.23 東京

  184. 小野宏晃、工藤 篤、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、田邉 稔. GEP-NETにおけるゲノムシークエンス法による横断的な遺伝子変異解析. 第8回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2021.01.23

  185. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小林正典、小川康介、小野宏晃、伴 大輔. 遠隔転移を伴う膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ投与後手術の意義. 第51回日本膵臓学会大会 2021.01.08 神戸

  186. 田村華子、赤星径一、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝門部領域胆管癌術後門脈狭窄に対し門脈ステント留置術が奏功した一例. 第858回外科集団会 2020.12.19

  187. 西山 優、赤星径一、小川康介、石田啓之、森本紘一朗、石川喜也、山下宏成、上田浩樹、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 肝切除後、膵頭十二指腸切除後に発症した気管支胆汁廔の一例. 第858回外科集談会 2020.12.19

  188. 田中真二、吉野潤、奥野圭佑、赤須雅文、金本栄美、渡辺秀一、伴大輔、工藤篤、絹笠祐介、田邉稔. ゲノム医療・ゲノム編集時代における複合免疫治療の開発と外科臨床研究の重要性. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15

  189. 工藤 篤、鳥羽三佳代、森脇睦子、赤星径一、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔、伏見清秀. 新しいクオリティインディケーター膵液瘻算出ロジックの創出. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12.15 Web開催

  190. 加藤智敬、工藤 篤、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍において門脈内腫瘍栓が肝転移再発に与える影響. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  191. 赤須雅文、小野宏晃、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. PanMENに対するeverolimusの治療効果. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  192. 石川喜也、伴 大輔、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田辺 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術における肝十二指腸間膜へのアプローチ. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  193. 小川康介、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 進行肝癌の治療戦略 ~術後一年以内に原病死したHCC手術症例の検討~. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  194. 石井 武、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  195. 村瀬芳樹、小野宏晃、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 超高齢者における腹腔鏡下肝切除の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  196. 八木宏平、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂例の検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  197. 菅原俊喬、井上佳奈、石川喜也、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のバイオマーカー;糖鎖の視点からの検討. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  198. 赤星径一、前川 彩、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 分子型IPMNにおける嚢胞増大速度の有用性検証を中心としたIPMN手術症例の解析. 第75回日本消化器外科学会総会 2020.12 Web開催

  199. 工藤 篤、村瀬芳樹、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移の炎症関連遺伝子の解析. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.07 神戸

  200. 工藤 篤、村瀬芳樹、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移の炎症関連遺伝子の解析. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.07 神戸

  201. 工藤 篤. NET-G3に対する集学的治療. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.07 神戸

  202. 工藤 篤. NET-G3に対する集学的治療. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.07 神戸

  203. 工藤 篤、田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設. 第24回日本肝臓学会 2020.11.06 神戸

  204. 加藤智敬、小野宏晃、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵臓癌予後ならびにGemcitabine耐性にかかわるRRM1の新規治療ターゲットとしての有用性. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  205. 小川康介、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌に対するGemcitabine・nab-PTX併用療法の完遂率の検討. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  206. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する術前スニチニブ投与の意義. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  207. 小野宏晃、加藤智敬、村瀬芳樹、渡辺秀一、石川喜也、赤星径一、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義、機能解析、およびヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第28回日本消化器関連学会週間 2020.11.06 神戸

  208. 工藤 篤、田邉 稔. 消化器疾患の高難度医療技術の質的評価のためのQuality indicatorの創設. 第24回日本肝臓学会大会 2020.11.06 神戸

  209. 石川喜也、伴 大輔、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除における肝十二指腸間膜、SMA周囲へのアプローチ. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.31 Web開催

  210. 森本紘一朗、赤星径一、石田啓之、山下宏成、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵全摘における血糖コントロール困難症例のリスク因子解析. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  211. 前川 彩、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 総胆管穿破をきたした膵管内乳頭粘液性腫瘍の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.30 Web開催

  212. 山下宏成、赤星径一、村瀬芳樹、石田啓之、森本紘一朗、石井 武、菅原俊喬、渡辺秀一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下脾臓摘出術を行ったSclerosing Angiomatoid Nodular Transformation(SANT)の2例. 第82回日本臨床外科学会総会 2020.10.29 Web開催

  213. 石川喜也、石田啓之、森本紘一朗、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除の導入を経て. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  214. 石田啓之、石川喜也、赤星径一、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 内視鏡技術認定医を目指した腹腔鏡下膵体尾部切除術の術野展開の工夫と教育. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  215. 森本紘一朗、石川喜也、石田啓之、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における膵液瘻予防法. 第12回膵臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  216. 村瀬芳樹、赤星径一、石川喜也、渡辺秀一、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の検討. 第14回肝臓内視鏡外科研究会 2020.10.28 Web開催

  217. 田邉 稔、上田浩樹、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二. 肝機能障害合併癌患者の治療. 第58回日本癌治療学会学術集会 2020.10.22 京都

  218. 石川喜也、石田啓之、山下宏成、森本紘一朗、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 膜切開と総剥離における術野展開の使い分け. 第47回日本膵切研究会 2020.08.29 福岡

  219. 伴 大輔、八木宏平、村瀬芳樹、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、赤須雅文、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgery後の早期再発例の課題. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  220. 前川 彩、赤星径一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科におけるIPMN切除例の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  221. 菅原俊喬、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移の意義. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  222. 小野宏晃、加藤智敬、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵臓癌におけるヒストンアセチル化の臨床的意義および機能解析とヒストンアセチル化阻害剤の臨床応用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  223. 小川康介、工藤 篤、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 転移性肝癌に対する肝切除の位置付け. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  224. 加藤智敬、小野宏晃、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. RRM1と膵臓癌における予後およびGemcitabine暴露によるDNAダメージ修復に関連した機能解析ならびに新規治療ターゲットとしての有用性の探索. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  225. 若林大雅、阿部雄太、日比泰造、米田五大、巌 康仁、澤田 雄、星野博之、植村修一郎、伴 大輔、工藤 篤、竹村裕介、三島江平、篠田昌宏、板野 理、大坪毅人、遠藤 格、北川雄光、田邉 稔、江川裕人、山本雅一. 非大腸癌肝転移に対する肝切除の有効性~腫瘍病理別の予後因子解析~. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 完全Web開催

  226. 渡辺秀一、西野 穣、島田 周、石川喜也、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、角田達彦、田中真二、田邉 稔. Multicellular colonization modelに基づく肝癌の発生・転移形式推定の試み. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 Web

  227. 八木宏平、小倉俊郎、伴 大輔、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤、篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除後の膵液漏の予測因子についての検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.14 完全Web開催

  228. 石井 武、赤星径一、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当院における膵全摘術の治療成績. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.13 完全Web開催

  229. 村瀬芳樹、伴 大輔、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. 第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.07 横浜

  230. 石川喜也、伴大輔、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における胃膵間膜挙上方法. 第11回膵臓内視鏡外科研究会 2019.12.04 横浜

  231. 森 祥子、松下宗平、秋元福太郎、作田敏明、三好泰斗、足立由布子、加計 剛、柴 久美子、辻本和峰、小宮 力、池田賢司、泉山 肇、工藤 篤、山田哲也. 腫瘍随伴体液性高Ca血症(HHM)を呈した悪性膵神経内分泌腫瘍の2例. 日本内分泌学会 第29回臨床内分泌代謝Update 2019.11.29 高知

  232. 鳥羽三佳代、森脇睦子、石垣裕美、佐瀬裕子、塚田さゆみ、森下幸治、工藤 篤、小野和代、尾林聡、伏見清秀. 65歳以上患者の総合機能評価と転倒・転落リスクについての検討. 第14回医療の質・安全学会学術集会 2019.11.29 京都市

  233. 工藤 篤、鳥羽三佳代、小野和代、石垣裕美、佐瀬裕子、森脇睦子、高橋弘光、森下幸治、塚田さよみ、伏見清秀. 外科手術におけるリスクとベネフィットを抽出する新しいロジックの創設. 第14回医療の質・安全学会学術集会 2019.11.29 京都市

  234. 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵神経内分泌腫瘍に対する薬物療法とR0切除の成績. JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会・消化器病学会・肝臓学会) 2019.11.23 神戸

  235. 小川 康介, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小野 宏晃, 伴 大輔, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の肝転移に対する外科的アプローチ . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.23 神戸

  236. 浅野 大輔, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. NETG3/NECG3 に対する切除適応の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  237. 松井 聡, 工藤 篤, 小倉 俊郎, 小川 康介, 小野 宏晃, 光法 雄介, 伴 大輔, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスニチニブ減量投与の有効性と安全性の検討 . JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22 神戸

  238. 村瀬芳樹、光法雄介、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除の安全性の検討. JAPAN DIGESTIVE DISEASE WEEK 2019(消化器外科学会) 2019.11.22

  239. 前川 彩、渡辺秀一、八木宏平、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. brivanibの術前治療後に切除した肝細胞癌の1例. 第60回肝癌症例検討会 2019.11.09 東京

  240. 工藤 篤. NENの外科療法. パープルリボンヘルスフェア2019 「NET治療の最前線」セミナー 2019.11.04 東京

  241. 八木宏平、工藤 篤、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.26

  242. 赤須雅文、工藤 篤、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の治療戦略. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.26 福岡

  243. 石井 武、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移症例の臨床的検討と本邦の腎細胞癌膵転移例の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  244. 小野宏晃、工藤 篤、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行性膵神経寧分泌腫瘍におけるストレプトゾシン/TS-1併用治療の有用性. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  245. 工藤 篤. 神経内分泌腫瘍の薬物療法. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.25 福岡

  246. 菅原俊喬、工藤 篤、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一。小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍におけるリンパ節転移と予後の検討. 第57回日本治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  247. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当科におけるインスリノーマの20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  248. 加藤智敬、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における門脈内腫瘍塞栓分類の提案. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  249. 浅野大輔、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 悪性神経内分泌腫瘍患者に対する手術治療~手術治療の可能性~. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  250. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍においてスニチニブ減量投与の有効性と安全性について. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  251. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの効果を規定する因子. 第57回日本癌治療学会学術集会 2019.10.24 福岡

  252. 村瀬芳樹、伴 大輔、加藤智敬、赤星径一、小倉俊郎、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. UR-LA膵癌に対する化学放射線療法後に静脈グラフトでの血行再建を併用したDP-CARの1例. 第14回膵癌前治療研究会 2019.10.12 札幌

  253. 工藤 篤. NETG3の集学的治療を再考し展望する. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  254. 細田和貴、工藤 篤. NETG3とNECの診断について考える. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  255. 工藤 篤、田邉 稔. 治療選択の視点から考えたWHO2017年分類の意義. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  256. 赤須博文、工藤篤、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、石井武、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、田邉稔. everolimusの治療成績の解析. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  257. 石井武、工藤篤、八木宏平、前川彩、村瀬芳樹、菅原俊喬、赤須博文、加藤智敬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  258. 村瀬芳樹、工藤篤、八木宏平、前川彩、石井武、加藤智敬、赤須博文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 神経内分泌腫瘍に対するランレオチドの効果指標について. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  259. 渡辺秀一、工藤篤、鎌谷高志、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田中真二、角田達彦、田邉稔. 病理組織画像を用いた深層学習による膵神経内分泌腫瘍肝転移例の特徴抽出の試み. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  260. 八木宏平、工藤篤、前川彩、村瀬芳樹、石井武、加藤智敬、赤須博文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討. 第7回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2019.09.21 東京

  261. 八木宏平、伴 大輔、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. Blumgart変法による膵空腸吻合術の工夫と、術後膵液瘻の検討. 第46回日本膵切研究会 2019.08.23 下呂

  262. 工藤 篤. NETの集学的治療における根治手術の考え方. 神経内分泌腫瘍を考える会 2019.08.06 東京

  263. 池田貞勝、高橋健太、高嶺恵理子、横堀潤子、熊木裕一、坂下博之、大島乃里子、伴 大輔、工藤 篤、石川敏明、大西威一郎、玄 泰行、宮 冬樹、谷本幸介、角田達彦、稲澤譲治、三宅 智 . Comparison of variant detection power between small and medium size panel in clinical sequencing for Japanese patients. 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  264. 池田貞勝、高嶺恵理子、熊木裕一、高橋健太、横堀潤子、伴 大輔、工藤 篤、小野宏晃、石川敏明、中川剛士、小田剛史、若葉公雄、中村玲子、大西威一郎、久保田一徳、木村浩一郎、吉田雅幸、坂下博之、田邉 稔、三宅 智 . リキッドバイオプシー Guardant360で疑われた遺伝性腫瘍の検討(PROFILE Study). 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  265. 工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵NETR0切除術後の異時性肝転移を予測するバイオマーカー. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  266. 熊木裕一、池田貞勝、高橋健太、横堀潤子、高嶺恵理子、伴 大輔、石川敏明、工藤 篤、大島乃里子、中川剛士、石橋恵理、大西威一郎、竹本 暁、木脇祐子、久保田一徳、木村浩一郎、山田 歩、坂下博之、田邉 稔、三宅 智 . FoundationOne CDx® 検査を用いたがゲノム解析の有用性の検討(PROFILE-F study). 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 2019.07.19 京都

  267. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵体尾部切除術における膵切離位置と術後合併症の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  268. 渡辺秀一、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌切除術後の単発再発症例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  269. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍肝転移に対する手術戦略. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.19 東京

  270. 石井 武、工藤 篤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当科における消化管神経内分泌腫瘍115例の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  271. 浅野大輔、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵NETG3/NECに対する切除適応の検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  272. 菅原俊喬、伴 大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵癌における術後早期再発の予測因子に関する検討. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.18 東京

  273. 村瀬芳樹、伴 大輔、室生 暁、工藤 篤、秋田恵一、田邉 稔. 上腸間膜動静脈の分岐形態の解明と膵切除への応用. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17

  274. 吉野 潤、光法雄介、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌局在. 第74回日本消化器外科学会総会 2019.07.17

  275. 工藤 篤. 膵NETG3の集学的治療-外科治療の限界に迫る. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.13 東京

  276. 工藤 篤. 膵神経内分泌腫瘍の予後を決定するバイオマーカーの同定. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  277. 松井 聡、工藤 篤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントの減量投与の検討. 第50回日本膵臓学会大会 2019.07.12 東京

  278. 工藤 篤. NETの集学的治療. 膵・消化管神経内分泌腫瘍を語る会2019 2019.07.05 松本市

  279. 工藤 篤、赤星径一、八木宏平、石井 武、前川 彩、村瀬芳樹、赤須雅文、加藤智敬、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡手術. 第31回日本内分泌外科学会総会 2019.06.13 東京

  280. 工藤 篤、伴 大輔、田邉 稔. 転移性あるいは切除不能膵神経内分泌腫瘍の手術適応. 第73回手術手技研究会 2019.05.25 東京

  281. 菅原俊喬、伴 大輔、松井 聡、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下RAMPSの手技と要点. 第73回手術手技研究会 2019.05.24 東京

  282. 村瀬芳樹、工藤 篤、八木宏平、前川 彩、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、菅原俊喬、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴大輔、田邉 稔. 肝転移のみを呈し5年以上生存した原発不明神経内分泌腫瘍の1例. 第59回肝癌症例検討会 2019.05.18 東京

  283. 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 神経内分泌腫瘍の肝転移に対するConversion Surgery. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.11 仙台

  284. 工藤 篤. 膵内分泌腫瘍 診断のピットフォール. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.11 仙台

  285. 金井美波、工藤 篤、田邉 稔. 悪性神経内分泌腫瘍による異所性ACTH症候群3例の検討. 第92回日本内分泌学会学術総会 2019.05.11 仙台

  286. 浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌予後因子の術式ごとの検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.20 大阪

  287. 工藤 篤、松井 聡、石井 武、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、菅原俊喬、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵内分泌腫瘍の予後因子と肝転移に対するConversion Surgery. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  288. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 当科におけるインスリノーマ20切除例の画像診断学・病理学的特徴の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  289. 吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた非ウイルス性、非アルコール性肝癌の病態と分類. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.19 大阪

  290. 小野宏晃、石井 武、松井 聡、浅野大輔、菅原俊喬、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除不能膵・消化管内分泌腫瘍におけるストレプトゾシンの治療効果と集学的治療における有用性. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  291. 菅原俊喬、伴 大輔、石井 武、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の困難度評価及び困難例の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  292. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  293. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における腎細胞癌膵転移例の臨床的検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  294. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 小型膵内分泌腫瘍の検討. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  295. 渡辺秀一、伴 大輔、西野 穣、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、鎌谷高志、宮 冬樹、田邉 稔. 膵癌の縦断的whole exome sequence解析によるfounder mutation推定の試み. 第119回日本外科学会定期学術集会 2019.04.18 大阪

  296. 工藤 篤. WHO2019年分類が招く手術と薬物の新未来. 膵・消化管神経内分泌腫瘍Up to date in SAITAMA  2019.03.22 大宮

  297. 村瀬芳樹、光法雄介、伴 大輔、菅原俊喬、小川康介、松井 聡、石井 武、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 静脈グラフトでも血行再建を併用したDP-CARの1例. 第27回 御茶の水消化器セミナー 2019.02.23

  298. 工藤 篤. WHO2019年分類が招くNET治療の未来. NET expert seminar 2019.02.20 海老名

  299. 工藤 篤. 手術と薬物のユナイテッドフロント2019. 膵・消化管神経内分泌腫瘍セミナー 2019.02.08 和歌山

  300. 工藤 篤. WHO2019年分類が招くNETの夜明け. 河田町神経内分泌腫瘍セミナー 2019.01.31 東京

  301. 工藤 篤. 手術と薬物のクロストーク NET診療のA to Z. 第66回キャンサーボード勉強会 2019.01.15 川崎

  302. 工藤 篤. NET診療のパラダイムシフト2017年~2018年. 消化管神経内分泌腫瘍セミナーin新潟 2019.01.11 新潟

  303. 伊藤 晃、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 術前の生検で診断し得なかった若年女性発症Groove領域膵癌の1例. 第851回外科集談会 2018.12.15 東京

  304. 工藤 篤. WHO2017分類が開く5つの新境地. NET Expert Seminer in 盛岡 2018.12.14 岩手

  305. 工藤 篤. NETの集学的治療 手術と薬物のクロストーク. 膵・消化管神経内分泌腫瘍 Meet The Expert in 阪神 2018.12.13 兵庫

  306. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵切離位置と門脈系血栓発生の検討. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  307. 光法雄介、伴 大輔、石井 武、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝部分切除における問題点と手技の工夫. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  308. 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術における胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と定型化への取り組み. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  309. 伊藤 晃、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 巨大肝嚢胞に対する腹腔鏡下肝嚢胞開窓術の成績. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.08 福岡

  310. 菅原俊喬、伴 大輔、石井 武、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の適応-Difficulty Scoreを含めた考察-. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.07 福岡

  311. 小倉俊郎、伴 大輔、松井 聡、石井 武、菅原 俊喬、加藤智敬、赤須雅文、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除術における出血と胆汁漏の術中リカバリーショット. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  312. 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下大肝切除における主要グリソン枝のアプローチと定型的離断面形成. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06 福岡

  313. 伴 大輔、小倉俊郎、松井 聡、石井 武、菅原俊喬、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の適応に関する諸問題. 第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.06

  314. 石井 武、工藤 篤、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 類洞機能の経時的、生理学的、分子生物学的変化の解析. 第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会 2018.12.02 東京

  315. 赤須雅文、工藤 篤、石井 武、松井 聡、菅原俊喬、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍のリンパ転移と予後因子の検討. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  316. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、伴 大輔、田邉 稔. 当科で初回手術を施行したインスリノーマ20例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  317. 原 啓文、赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. Sunitinibが著効し手術可能となった肝転移を伴う局所進行膵神経内分泌腫瘍の1例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  318. 中野 悠、松井 聡、小野宏晃、工藤 篤、石井 武、菅原俊喬、浅野大輔、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 血小板を契機に指摘された膵神経内分泌腫瘍肝転移巣の腫瘍内出血に対してTAEを施行した1例. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.24 東京

  319. 工藤 篤、田邉 稔. NET-G3のOverview. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  320. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、浅野大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 合併症低減を目指した肝切離 ~生食滴下モノポーラ vs バイポーラ~. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.23 東京

  321. 小倉俊郎、伴 大輔、浅野大輔、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 技術認定合格に向けてのステップアップ. 第12回肝臓内視鏡外科研究会 2018.11.21 東京

  322. 石井 武、伴 大輔、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科における術中マイクロ波凝固療法の治療成績. 第80回日本臨床外科学会総会 2018.11.21 東京

  323. 光法雄介、伴 大輔、石井 武、浅野大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下尾側膵切除における手技の工夫. 第10回膵臓内視鏡外科研究会 2018.11.21 東京

  324. 工藤 篤. GⅠ-NETの肝転移治療・薬物治療. 消化管神経内分泌腫瘍フォーラム2018 2018.11.15 東京

  325. 石井 武、小川康介、松井 聡、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡邊秀一、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 診断に苦慮した左肝管主要栓を伴う大腸癌肝転移の1切除例. 第58回肝癌症例検討会 2018.11.10 東京

  326. 加藤智敬、伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科における局所進行切除不能膵癌に対するConversion surgeryの成績. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.03 神戸

  327. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、 小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝内胆管癌の術後早期再発についての検討. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  328. 小野宏晃、工藤 篤、赤須雅文、加藤智敬、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 当院における膵・消化管神経内分泌腫瘍に対するTS-1/weekly STZ併用療法の治療成績. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  329. 小川康介、工藤 篤、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 当科で初回手術を施行したインスリノーマ26例の検討. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  330. 工藤 篤、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の薬物療法と手術療法. 第26回日本消化器関連学会週間 2018.11.02 神戸

  331. 工藤 篤. NETの診断と治療 2018年への展望. 京滋膵・消化管神経内分泌腫瘍 Meet The Expert 2018.10.26 京都

  332. 工藤 篤. 2018年WHO分類を踏まえたNET診断と治療の新局面. 群馬膵・消化管神経内分泌腫瘍セミナー 2018.10.11 群馬

  333. 石井 武、工藤 篤、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. 肝切除における3Dシミュレーションの意義. 第13回肝癌治療シミュレーション研究会 2018.09.29 東京

  334. 工藤 篤. 私のGEP-NET治療最前線. GEP-NET Meet the Experts 2018.09.12 東京

  335. 工藤 篤. 膵神経内分泌腫瘍に対する治療戦略の展望. 第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2018.09.08 京都

  336. 赤須雅文、工藤 篤、吉野 潤、浅野大輔、渡邊秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 小型膵神経内分泌腫瘍の切除後の予後因子の検討. 第6回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2018.09.08

  337. 松井 聡、伴 大輔、石井 武、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.09.01

  338. 石井 武、伴 大輔、松井 聡、菅原俊喬、赤須雅文、加藤智敬、浅野大輔、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 当科の肝切除におけるエネルギーデバイスの検討. 第37回 Microwave Surgery 研究会 2018.08.31 東京

  339. 石井 武、伴 大輔、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する当科の治療戦略. 第45回日本膵切研究会 2018.08.25

  340. 松井 聡、小倉俊郎、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 当院における腹腔鏡下膵体尾部切除術の検討. 第45回日本膵切研究会 2018.08.25 札幌

  341. 赤須雅文、吉野 潤、伴 大輔、浅野大輔、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 膵体尾部切除後の液体貯蓄の解析. 第45回日本膵切研究会 2018.08.24 札幌

  342. 伴 大輔、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 単孔式腹腔鏡下肝切除の現状と成績. RPS2018 7th Reduced Port Surgery Forum 2018 in Sapporo 2018.08.03 札幌

  343. 小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 分枝型 IPMN における手術適応の判断とその検証. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  344. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、光法雄介、小野宏晃、 伴 大輔、江石義信、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における造影CT像の検討 . 2018.07.13 鹿児島

  345. 吉野 潤、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術~局所解剖を理解したSMA周囲神経叢剥離~ . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  346. 光法雄介、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 肝部分切除術の手技の工夫. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  347. 赤須雅文、伴 大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除におけるトロッカーポジションの定型的コ ンセプトによる視野展開の工夫 . 第73回消化器外科学会総会 2018.07.13 鹿児島

  348. 工藤 篤、小川康介、小倉俊郎、赤星径一、水野裕貴、千代延記道、渡辺秀一、伴 大輔、田中真二、田邉 稔 . 膵神経内分泌腫瘍における集学的治療と微小転移. 2018.07.12 鹿児島

  349. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、 工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 腹腔鏡下肝左葉切除術における損傷を回避するグリソン確保の Tips. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  350. 伴 大輔、赤須雅文、渡辺秀一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、 光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法 による Conversion surgery の意義. 第73回消化器外科学会総会 2018.07.12 鹿児島

  351. 加藤智敬、伴 大輔、吉野 潤、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. Resectable膵癌における主要動脈周囲Hazy densityの意義. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.30 和歌山

  352. 工藤 篤. WHO2017年分類で何が変わったか?~NET新時代における治療戦略の展望~. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.29 和歌山

  353. 工藤 篤、水野裕貴、伴 大輔、田邉 稔. NET-G3の薬物療法と手術の役割. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.29 和歌山

  354. 伴 大輔、渡辺秀一、吉野 潤、浅野大輔、加藤智敬、赤須雅文、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. UR膵癌に対する導入化学療法と化学放射線療法によるConversion surgeryの検討. 第49回日本膵臓学会大会 2018.06.29 和歌山

  355. 工藤 篤. 薬物療法と外科治療のこれから. ALL KYUSHU pNET Practical Conference 2018.06.02 福岡

  356. 工藤 篤. WHO2017分類に伴いNETの治療戦略はどう変わるか?. 膵・消化管神経内分泌腫瘍WEBセミナー 2018.05.14

  357. 光法雄介、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝部分切除術における手技の工夫. 第72回手術手技研究会 2018.05.11 徳島

  358. 赤須雅文、小川康介、山本浩平、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、小倉俊郎、小野宏晃、 光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、明石 巧、田中真二、田邉 稔. 手術待機中に自然退縮を認めた肝細胞癌の1例. 日本消化器病学会関東支部第349回例会 2018.04.28 東京

  359. 小川康介、工藤 篤、赤星径一、小倉俊郎、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍G2の予後を決定するイメージングバイオマーカーの探索. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  360. 光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 開腹肝切除例において有用な手技. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  361. 赤須雅文、工藤 篤、加藤智敬、吉野 潤、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、田中真二、田邉 稔. GEP-NETに対する分子標的治療薬の治療成績. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  362. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵頭部癌の切除可能性分類における動脈周囲Hazy densityの取り扱いと治療戦略. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.07 東京

  363. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. 肝臓領域のおける各種蛍光イメージングシステムの特徴. 日本蛍光ガイド手術研究会 第1回学術集会 2018.04.07

  364. 吉野 潤、赤星径一、赤須雅文、加藤智敬、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 切除症例からみた生活習慣病関連肝癌の臨床病理学的特徴と分類. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.06 東京

  365. 渡辺秀一、伴 大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵癌術後再発例の予後に関わるバイオマーカーの検討. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  366. 工藤 篤、伴 大輔、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、水野裕貴、千代延記道、小野宏晃、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、田中真二、田邉 稔. 肝胆膵外科高度技能手術の総括. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  367. 伴 大輔、小倉俊郎、加藤智敬、赤須雅文、吉野 潤、渡辺秀一、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 腹腔鏡下解剖学的肝切除を行うための肝S8グリソンへのアプローチの工夫. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  368. 小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 進行肝細胞癌に対する術前治療としての肝動注療法の意義. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  369. 小野宏晃、赤須雅文、加藤智敬、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小川康介、小倉俊郎、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例における悪性化の指標となる術前危険因子の評価. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  370. 赤星径一、伴 大輔、渡辺秀一、水野裕貴、千代延記道、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔. 胆管癌術後補助化学療法の効果予測因子としてのOrotate phosphoribosyltransferaseの有用性. 第118回日本外科学会定期学術集会 2018.04.05 東京

  371. 加藤智敬、伴 大輔、赤須雅文、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 局所進行切除不能膵癌のConversion Surgery2例. 第26回御茶ノ水消化器セミナー 2018.03.17 東京

  372. 工藤 篤. NET治療の新時代における手術と薬物のクロストーク. 膵・消化管神経内分泌腫瘍を語る会 2018.03.14 東京

  373. 加藤智敬、小野宏晃、赤須雅文、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における肝細胞癌破裂の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  374. 赤須雅文、小倉俊郎、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、水野裕貴、千代延記道、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 当科における膵頭十二指腸切除術後の腹腔内出血症例の検討. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.09 東京

  375. 森本紘一朗、光法雄介、赤須雅文、加藤智敬、吉野 潤、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 生体肝移植の10年後に出血性ショックを契機に発見されたde novo十二指腸癌の1切除例. 第54回日本腹部救急医学会総会 2018.03.08 東京

  376. 工藤 篤. 外科から見た神経内分泌腫瘍の最新知見. 神経内分泌腫瘍UPDATE 2018.01.13 札幌

  377. 田中真二、大庭篤志、島田周、秋山好光、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝がん難治性サブタイプのゲノム編集解析とプレシジョン・メディシンによる治療戦略(ワークショップ). 第56回日本癌治療学会学術集会 2017.10.21

  378. 伴  大輔、吉野  潤、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、 工藤  篤、田邉  稔. 単孔式腹腔鏡下肝切除の定型化. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  379. 吉野  潤、伴  大輔、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤  篤、田中 真二、田邉  稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して~Reduced Port Surgery. 6th reduced port surgery forum 2017 2017.08.05

  380. 工藤篤、伴大輔、田中真二、田邉稔. 機能性NET肝転移に対する肝切除術式を決定するLiver SASI testの有用性. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  381. 赤星径一、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻防止のための当科の工夫. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  382. 田中真二、大庭篤志、小川康介、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. プレシジョン・メディシンによる肝細胞癌の予後予測と治療展開. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.22

  383. 伴大輔、渡邊秀一、小野宏晃、松村聡、光法雄介、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 局所進行切除不能膵癌に対する導入化学療法と放射線化学療法後のConversion Surgeryの有用性. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21

  384. 上田浩樹、伴 大輔、工藤 篤、落合高徳、田中真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後の反復する胆管炎. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.21 金沢

  385. 水野裕貴. GEP-NETにおけるPD-L1発現と臨床病理学的因子の検討. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20 金沢

  386. 小野宏晃、赤星径一、巌 康仁、松村 聡、光法雄介、伴 大輔、落合高徳、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除症例におけるリンパ節転移の臨床的評価. 第72回日本消化器外科学会総会 2017.07.20

  387. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、渡辺 秀一、水野 裕貴、千代延 記道、赤星 径一、小倉 俊郎、小川 康介、小野 宏晃、光法 雄介、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. BR膵癌のCT画像膵外進展評価における淡い網目状高吸収所見の意義. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  388. 工藤 篤、伴 大輔、小倉 俊郎、小野 宏晃、赤星 径一、光法 雄介、小川 康介、田中 真二、田邉 稔. 膵NETの肝転移に対する外科的治療:ガイドラインの問題点と今後の展望. 第48回 日本膵臓学会大会 2017.07.15

  389. 伴 大輔、小倉俊郎、赤星径一、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤 篤、田邉 稔 . 腹腔鏡下肝切除における中肝静脈という有用なガイド . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  390. 加藤智敬、伴大輔、赤須雅文、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化への取り組み . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  391. 渡邊秀一、伴大輔、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、光法雄介、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下膵体尾部切除術後の膵液瘻低減を目指して:吸収性組織補強シート/フィブリン糊による膵断端処理 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  392. 光法雄介、伴大輔、赤須雅文、加藤智敬、吉野潤、渡辺秀一、千代延記道、水野裕貴、赤星径一、小倉俊郎、小川康介、小野宏晃、工藤篤、田中真二、田邉稔 . 腹腔鏡下肝部分切除術における手技の工夫 . The 6th SUMMER SEMINAR in OKINAWA 2017.07.01 那覇

  393. 赤星 径一. 生体肝移植10年後に発症した十二指腸癌に対して肝床部合併亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した1例. 第71回 手術手技研究会 2017.05.26 名古屋

  394. 工藤 篤. NET-G1/G2の治療戦略 TACE/TAEの位置づけ. 第29回 日本内分泌外科学会総会 2017.05.18 神戸

  395. 落合高徳、吉野潤、浅野大輔、渡邊秀一、石川喜也、水野裕貴、佐藤拓、上田浩樹、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、藍原有弘、伴大輔、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝細胞癌腹膜播種症例における外科的切除の検討. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  396. 伴大輔、大井啓司、工藤敏文、齋藤一隆、巌康仁、松村聡、光法雄介、小野宏晃、落合高徳、工藤篤、水野裕貴、田中真二、藤井靖久、井上芳徳、荒井裕国、田邉稔. 下大静脈高度腫瘍浸潤・腫瘍栓症例に対する多領域外科の協力による総合戦略. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  397. 石川喜也、光法雄介、赤星径一、小野宏晃、松村聡、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の手術時にリンパ節郭清は必要か?. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  398. 浅野大輔、伴大輔、吉野潤、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵切除後脂肪肝~高力価膵酵素剤治療不応症例への治療アプローチ~. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  399. 千代延記道、松村聡、浅野大輔、吉野潤、石川喜也、渡邊秀一、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、巌康仁、光法雄介、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 非B非Cアルコール性肝細胞癌症例における臨床病理学的検討. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  400. 赤星径一、田中真二、松村聡、光法雄介、小野宏晃、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田邉稔. 糖尿病肥満関連肝癌の背景肝におけるconnective tissue growth factor(CTGF)の発現に関する検討. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.29

  401. 渡邊秀一、工藤篤、浅野大輔、吉野潤、石川喜也、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、巌康仁、小野宏晃、光法雄介、松村聡、落合高徳、伴大輔、田中真二、田邉稔 . 内分泌症状の責任病変が肝転移であった膵神経内分泌腫瘍症例における肝SASI試験の有用性. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28

  402. 吉野潤、巌康仁、浅野大輔、石川喜也、渡邊秀一、千代延記道、水野裕貴、上田浩樹、佐藤拓、小野宏晃、松村聡、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 当科における扁平上皮癌肝転移切除例の検討. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.28

  403. 田邉稔、工藤篤、伴大輔、光法雄介、小野宏晃、赤星径一、田中真二. 特別企画(2) 医療安全ガバナンスの確立を目指した外科組織のあり方:肝胆膵外科領域の取り組み. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  404. 工藤篤. 神経内分泌腫瘍の生物学的悪性度. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  405. 光法雄介. 肝内胆管癌の局在はリンパ節郭清の適応や範囲の判断基準になりうるか. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  406. 松村聡、水野裕貴、巌康仁、赤星径一、小野宏晃、光法雄介、伴大輔、落合高徳、工藤篤、田中真二、荒井裕国、田邉稔. 右胃大網動脈グラフトによる冠動脈バイパス術後の膵切除術の経験と工夫. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  407. 田中真二、島田周、秋山好光、松村聡、光法雄介、藍原有弘、落合高徳、伴大輔、工藤篤、有井滋樹、田邉稔. 肝胆膵がんの分子サブタイプと治療抵抗性解析によるprecision medicineの展開. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27

  408. 佐藤拓. 超高齢者に対する膵切除の検討. 第117回日本外科学会定期学術集会 2017.04.27 横浜

  409. 工藤篤. IPMNの手術適応をどう考えるべきか~国際診療ガイドラインの妥当性~. 第103回日本消化器病学会 2017.04.20 東京

  410. 山本竜也、赤星径一、浅野大輔、松村 聡、巌 康仁、小野宏晃、光法雄介、伴 大輔、落合高徳、工藤 篤、田中真二、田邉 稔. 十二指腸GISTに対して十二指腸部分切除、ダブルトラクト再建術を施行した1例. 第25回御茶の水消化器セミナー 2017.02.25 東京

  411. 伴 大輔、浅野 大輔、室生 暁、吉野 潤、石川 喜也、渡辺 秀一、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下膵切除術の視点から見た膵臓解剖の再認識. 第29回 日本内視鏡外科学会 2016.12.10 横浜

  412. 石川 喜也、伴 大輔、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出術における内視鏡用ホルダーロボットの使用経験. 第29回 日本内視鏡外科学会 2016.12.10 横浜

  413. 浅野 大輔、伴 大輔、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 胃後壁体外吊り上げ法を用いた術野展開と腹腔鏡下膵体尾部切除術の定型化. 第29回 日本内視鏡外科学会 2016.12.09 横浜

  414. 田邉 稔. 移植に懸けた人々. 横浜肝移植セミナー 2016 2016.11.30 横浜

  415. 山田 浩文、上田 浩樹、工藤 篤、大畠 慶映、千代延 記道、水野 裕貴、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のダブリングタイム. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.26 東京

  416. 水野 裕貴、光法 雄介、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. IPMNの自然史と手術適応、および造影EUSの有用性の検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.26 東京

  417. 石川 喜也、伴 大輔、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除における上腸間膜静脈分岐形態の術前3Dシミュレーションの有用性. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.26 東京

  418. 巌 康仁、浅野 大輔、吉野 潤、上田 浩樹、佐藤 拓、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 当科における膵全摘術後早期脂肪肝発症のリスク因子. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.26 東京

  419. 小野 宏晃、佐藤 拓、吉野 潤、浅野 大輔、上田 浩樹、巌 康仁、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. E-passならびにPOSSUM scoreを用いた膵切除に関する術後合併症リスクの評価・検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.26 東京

  420. 光法 雄介、伊藤 浩光、浅野 大輔、吉野 潤、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 混合型IPMNの悪性度と至適術式. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.25 東京

  421. 吉野 潤、巌 康仁、小野 宏晃、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 当科における非大腸癌非神経内分泌腫瘍肝転移切除例の検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.25 東京

  422. 佐藤 拓、松村 聡、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 超高齢者に対する肝切除の検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.25 東京

  423. 落合 高徳、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Vv3肝癌に対する下大静脈合併切除の手術成績と安全性を配慮した手術手技選択. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  424. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、石川 喜也、渡辺 秀一、水野 裕貴、千代延 記道、上田 浩樹、佐藤 拓、松村 聡、光法 雄介、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除の難易度スコアリングシステムの改良に向けて. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  425. 浅野 大輔、伴 大輔、水野 裕貴、千代延 記道、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭部癌におけるSMA左側からのArtery First Aproachの意義~R0への努力とその意義~. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  426. 工藤 篤、伴 大輔、巌 康仁、松村 聡、小野 宏晃、光法 雄介、藍原 有弘、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 膵・消化管神経内分泌腫瘍の切除困難例に対する薬物治療効果~切除可能性はあるのか. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  427. 松村 聡、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 肝細胞癌に対する肝動注化学療法によるConversion Therapy. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  428. 渡辺 秀一、工藤 篤、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. イメージングバイオマーカーとしてのArrival-time Parametric Imagingの有用性の検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  429. 千代延 記道、松村 聡、渡辺 秀一、石川 喜也、水野 裕貴、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 非B非Cおよび非飲酒者の肝細胞癌症例における臨床病理学的検討. 第78回 日本臨床外科学会 2016.11.24 東京

  430. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、落合 高徳、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下肝S7S8切除のアプローチの要点. 第10回 肝臓内視鏡外科研究会 2016.11.23 東京

  431. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、落合 高徳、工藤 篤、田邉 稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除における視野展開の工夫~胃吊り上げ法~. 第8回 膵臓内視鏡外科研究会 2016.11.23 東京

  432. 田邉 稔. 移植に懸けた人々. Surgical oncology meeting - HCC treatment - 2016.11.18 札幌

  433. 田邉 稔. これからの肝臓内視鏡外科手術. 第56回 豊橋がん診療フォーラム 2016.11.17 豊橋

  434. 吉野 潤、松村 聡、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 神経内分泌系への分化を伴った混合型肝癌の1例. 第54回 肝癌症例検討会 2016.11.12 東京

  435. 伴 大輔、室生 暁、山口 久美子、那須 久子、二村 昭元、秋田 恵一、田邉 稔. 膵頭神経叢解剖を意識したSMA左側からのArtery First Approach. 第20回 臨床解剖研究会 2016.11.12 東京

  436. 光法 雄介、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵体尾部切除後の糖尿病発症は予測可能か. JDDW 2016 2016.11.05 神戸

  437. 伴 大輔、大庭 篤志、田邉 稔. 膵癌術後補助化学療法の薬剤選択における感受性マーカーの有用性. JDDW 2016 2016.11.05 神戸

  438. 松村 聡、工藤 篤、田邉 稔. P-NETに対する治療戦略における原発切除の重要性. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  439. 千代延 紀道、松村 聡、渡辺 秀一、石川 喜也、水野 裕貴、上田 浩樹、佐藤 拓、大畠 慶映、大庭 篤志、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 非B非Cおよび非飲酒者の肝細胞癌症例における臨床病理学的検討. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  440. 落合 高徳、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. RFA後再発の臨床病理学的特徴と至適な肝切除のタイミング. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  441. 工藤 篤、田中 真二、伴 大輔、松村 聡、田邉 稔. 転移性肝癌 NET肝転移の治療方針の検討. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  442. 田中 真二、大畠 慶映、田邉 稔. 肝癌分子標的薬の生体内感受性バイオマーカー探索と臨床展開. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  443. 石川 喜也、伴 大輔、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除における上腸間膜静脈分岐形態の術前3Dシミュレーションの有用性. JDDW 2016 2016.11.04 神戸

  444. 工藤 篤、田中 真二、伴 大輔、勝田 絵里子、大庭 篤志、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の肉眼型分類. 第54回 日本癌治療学会 2016.10.21 横浜

  445. Tanaka S, Shimada S, Akiyama Y. Epigenetic targets of stemness for metastasis and therapeutic resistance in patients with pancreatic and liver cancers. 第75回 日本癌学会 2016.10.06 横浜

  446. 工藤 篤、伴 大輔、田中 真二、田邉 稔. 肝内胆管癌と肝門部胆管癌の術後予後に与える因子の解析. 第52回 日本胆道学会 2016.09.29 東京

  447. 渡辺 秀一. 当科におけるnab-PTX+GEM療法の使用経験. お茶の水消化器がん研究会 2016 2016.09.28 東京

  448. 工藤 篤. 市民公開講座 外科治療 最新情報. 第4回 日本神経内分泌腫瘍研究会 2016.09.25 東京

  449. 佐藤 拓、工藤 篤、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のリンパ節転移の検討. 第4回 日本神経内分泌腫瘍研究会 2016.09.24 東京

  450. 上田 浩樹、工藤 篤、山田浩文、大畠 慶映、浅野 大輔、吉野 潤、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のダブリングタイム. 第4回 日本神経内分泌腫瘍研究会 2016.09.24 東京

  451. 工藤 篤. 膵・消化管神経内分泌腫瘍に対する集学的治療. 第4回 日本神経内分泌腫瘍研究会 2016.09.24 東京

  452. 工藤 篤. 招待演題1 pNET診断治療の最前線. 第4回 昌平坂Radiology 2016.09.23 東京

  453. 工藤 篤. 第3部 標準術式としてのラパロmajor hepatectomy. 第9回 TKB in 軽井沢 2016.09.17 軽井沢

  454. 岡本 真穂、巌 康仁、室生 暁、伴 大輔、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、秋田 恵一、田邉 稔. 膵頭部癌患者に多発した動脈変位により、難易度の高かった膵頭十二指腸切除の一例. 第942回 外科集談会 2016.09.10 東京

  455. 伴 大輔、秋田 恵一、浅野 大輔、吉野 潤、上田 浩樹、千代延 記道、水野 裕貴、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭部癌におけるSMA左側からのArtery First Approachの意義~R0への努力に意味はあるか?. 第43回 日本膵切研究会 2016.08.20 新宿

  456. 上田 浩樹、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、佐藤 拓、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵体尾部切除術後膵液漏予防のための工夫. 第43回 日本膵切研究会 2016.08.20 新宿

  457. 石川 喜也、伴 大輔、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田邉 稔. 単孔式腹腔鏡下肝切除の安全性と適応拡大. 5th Reduced Port Surgery Forum 2016 in Osaka 2016.08.06 大阪

  458. 工藤 篤、伴 大輔、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の非切除、転移症例に対するSunitinibの縮小率. 第14回 日本臨床腫瘍学会 2016.07.30 神戸

  459. 伴 大輔、渡辺 秀一、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵癌切除後再発に対する外科治療の役割. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  460. 佐藤 拓、工藤 篤、松村 聡、光法 雄介、伊藤 浩光、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍のリンパ節転移の検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  461. 松村 聡、上田 浩樹、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後の縫合不全ゼロへの当科の取り組み. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  462. 上田 浩樹、伴 大輔、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後胆管炎の検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  463. 赤星 径一、伴 大輔、久保木 諒、大庭 篤志、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Orotate phosphoribosyltrasferase(OPRT)高発現症例はS-1による胆管癌術後補助化学療法の効果が期待できる. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  464. 大庭 篤志、伴 大輔、赤星 径一、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵癌術後補助化学療法の薬剤選択に寄与するバイオマーカーの臨床的検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  465. 大畠 慶映、伊藤 浩光、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. pNETにおける新たな悪性度の指標. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  466. 久保木 諒. 胆管癌の術後補助化学療法における再発抑制効果を予測するバイオマーカーの発見. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  467. 笠井 俊輔. 特異な画像所見を呈した肝血管筋脂肪腫の1例. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.16 徳島

  468. 田中 真二、伊藤 浩光、古山 貴基、藍原 有弘、松村 聡、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田邉 稔. Personalized medicine to target the cancer stemness of hepato-biliary-pancreatic malignancies. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  469. 伊藤 浩光、秋山 好光、島田 周、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. ヒト膵癌幹細胞可視化システムを用いた転移メカニズムの解析. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  470. 巌 康仁、伴 大輔、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭部領域の浸潤性膵管癌の門脈周囲の画像所見の詳細な検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  471. 光法 雄介、伴 大輔、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除術後出血予防のための肝円索による主幹動脈のwrapping法. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  472. 水野 裕貴、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. IPMNの自然史と手術適応、および造影EUSの有用性の検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  473. 石川 喜也、伴 大輔、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 3D-CTによる第1空腸静脈と第2空腸静脈の検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  474. 千代延 記道、松村 聡、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 非B非Cおよび非飲酒者の肝細胞癌症例における臨床病理学的検討. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  475. 落合 高徳、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 門脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する治療戦略. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.15 徳島

  476. 工藤 篤、伴 大輔、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、田邉 稔. 3cm以下肝細胞癌に対する肝切除術前治療のserendipity. 第71回 日本消化器外科学会 2016.07.14 徳島

  477. 田邉 稔. ブラックジャックをめざせ!. YumenaviLIVE2016 2016.07.09 東京

  478. 田邉 稔. 肝臓内視鏡外科 Up To Date. 第46回 北里肝・胆・膵疾患検討会 2016.07.06 町田

  479. 落合 高徳、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、小野 宏晃、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 門脈腫瘍栓を伴った高度進行細胞癌に対する手術と肝動注. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.02 東京

  480. 松村 聡、千代延 記道、渡辺 秀一、石川 喜也、水野 裕貴、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 切除症例から見た生活習慣病関連肝癌の病態と分類. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.02 東京

  481. 巌 康仁、落合 高徳、光法 雄介、上田 浩樹、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、佐藤 拓、赤星 径一、大庭 篤志、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 局所治療後再発肝細胞癌に伴う下大静脈腫瘍栓に対する手術手技. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  482. 伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、上田 浩樹、佐藤 拓、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除手技の定型化と適応拡大. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  483. 田中 真二. がん分子サブタイプと臨床情報に基づく個別化治療戦略. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  484. 石川 喜也、伴 大輔、渡辺 秀一、千代延 記道、上田 浩樹、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、小野 宏晃、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 症例 30歳女性. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  485. 工藤 篤、田中 真二、伴 大輔、松村 聡、落合 高徳、上田 浩樹、千代延 記道、水野 裕貴、赤星 径一、大庭 篤志、巌 康仁、伊藤 浩光、藍原 有弘、光法 雄介、田邉 稔. 肝内胆管癌と肝門部領域胆管癌の病理学的肉眼所見と予後. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  486. 渡辺 秀一、落合 高徳、大畠 慶映、佐藤 拓、上田 浩樹、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 当科における肝腫瘍破裂症例の検討. 第52回 日本肝癌研究会 2016.07.01 東京

  487. 石川 喜也、工藤 篤、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 術前診断が困難であった膵腫瘍の一例. 第28回 東京膵臓研究会 2016.06.25 東京

  488. 石川 喜也. 術前診断が困難であった胆嚢血腫の一例. 第41回 日本外科系連合学会 2016.06.17 大阪

  489. 工藤 篤. 進行膵神経内分泌腫瘍の治療. 第41回 日本外科系連合学会 2016.06.17 大阪

  490. 八木 宏平、巌 康仁、伴 大輔、浅野 大輔、吉野 潤、上田 浩樹、石川 喜也、渡辺 秀一、佐藤 拓、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 化学放射線療法により切除し得た膵鈎部局所進行膵癌の検討. 第841回 外科集談会 2016.06.11 大宮

  491. 工藤 篤. NET肝転移に対する術式の再考. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.04 大阪

  492. 落合 高徳、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Energy deviceを用いた安全な肝切除の工夫. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.04 大阪

  493. 渡辺 秀一、工藤 篤、巌 康仁、小野 宏晃、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. イメージングバイオマーカーとしてのArrival-time Parametric Imagingの有用性の検討. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.04 大阪

  494. 千代延 記道、落合 高徳、渡辺 秀一、石川 喜也、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 再肝切除を施行した肝細胞癌50例の臨床病理学的検討. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.04 大阪

  495. 佐藤 拓、松村 聡、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 超高齢者に対する肝切除と膵切除の検討. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.04 大阪

  496. 水野 裕貴、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Blumgart変法による膵空腸吻合術の工夫と、術後膵液瘻の検討. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  497. 松村 聡、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 高度進行肝細胞癌に対する肝切除と肝動注併用療法の有用性について. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  498. 巌 康仁、光法 雄介、落合 高徳、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 下大静脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対する安全な手術のストラテジー -必要十分条件の検討-. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  499. 上田 浩樹、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵体尾部切除術後膵液漏予防のための工夫. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  500. 大畠 慶映、工藤 篤、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 遠隔転移のないpNET症例の治療戦略. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  501. 工藤 篤、田中 真二、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、田邉 稔. 術後肝不全を予測する新規指標. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  502. 光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 肝切除術後合併症の重症度予測は可能か. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.03 大阪

  503. 伴 大輔. 腹腔鏡下肝切除術の安全な導入 ~私たちの取り組みから見えてきたその秘訣~. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.02 大阪

  504. 伊藤 浩光、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. IPMNガイドライン(2012)の検証. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.02 大阪

  505. 藍原 有弘、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 肝細胞癌術後肝外病変における治療戦略. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.02 大阪

  506. 石川 喜也、伴 大輔、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 3D-CTによる第1空腸静脈と第2空腸静脈の検討. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.02 大阪

  507. 伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、上田 浩樹、佐藤 拓、赤星 径一、巌 康仁、光法 雄介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 腹腔鏡下肝切除術の安全な導入とステップアップ~Difficulty scoring systemからみた検証. 第28回 日本肝胆膵外科学会 2016.06.02 大阪

  508. 工藤 篤、田中 真二、伴 大輔、松村 聡、落合 高徳、上田 浩樹、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、田邉 稔. 進行膵神経内分泌腫瘍治療のupdate. 第28回 日本内分泌・甲状腺外科学会 2016.05.27 横浜

  509. 巌 康仁、落合 高徳、光法 雄介、石川 喜也、渡辺 秀一、大庭 篤志、赤星 径一、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 下大静脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対する手術の当科の方針. 第70回 手術手技研究会 2016.05.21 東京

  510. 巌 康仁、尾島 英知、田邉 稔. 門脈塞栓術による肝萎縮のメカニズム:autophagy, apoptosisとの関連. 第52回 日本肝臓学会 2016.05.20 幕張

  511. 工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Parametric Imagingによる肝繊維化診断と肝細胞癌転移形式の予測. 第52回 日本肝臓学会 2016.05.19 幕張

  512. 田中 真二、藍原 有弘、田邉 稔. 肝癌の幹細胞性解析とゲノム編集技術を用いた治療応用. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.23 東京

  513. 松村 聡、渡辺 秀一、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓、巌 康仁、大庭 篤志、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 切除症例からみたNAFLD/NASH関連肝癌の臨床病理学的検討. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.23 東京

  514. 工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. intermediate以降肝癌の予後解析から考えた切除適応. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.22 東京

  515. 工藤 篤、伴 大輔、田中 真二、大畠 慶映、上田 浩樹、赤星 径一、落合 高徳、藍原 有弘、松村 聡、光法 雄介、水野 裕貴、千代延 紀道、大庭 篤志、佐藤 拓、伊藤 浩光、石川 喜也、渡辺 秀一、田邉 稔. 診断が困難だった膵腫瘍の一例. 第89回 日本内分泌学会 2016.04.22 京都

  516. 伴 大輔、工藤 篤、田邉 稔. より低侵襲な腹腔鏡下膵体尾部切除術を目指して~Reduced Port Surgery. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.22 東京

  517. 伊藤 浩光、石川 喜也、渡辺 秀一、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓、水野 裕貴、千代延 記道、赤星 径一、大庭 篤志、巌 康仁、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. IPMN切除症例の検討. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.22 東京

  518. 落合 高徳、三浦 智也、佐藤 拓、水野 裕貴、千代延 記道、大畠 慶映、上田 浩樹、大庭 篤志、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、入江 工、野口 典男、山崎 繁、田中 真二、田邉 稔. 十二指腸乳頭部癌に対して膵頭十二指腸切除を施行した67例の臨床病理学的検討. 第102回 日本消化器病学会 2016.04.21 東京

  519. 石川 喜也、伊藤 浩光、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 当院における膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)手術症例の検討. 第116回 日本外科学会 2016.04.16 大阪

  520. 光法 雄介、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、上田 浩樹、巌 康仁、赤星 径一、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 進行肝内胆管癌の手術適応における画像診断の重要性. 第116回 日本外科学会 2016.04.16 大阪

  521. 田中 真二、島田 周、古山 貴基、大庭 篤志、茂櫛 薫、秋山 好光、水野 裕貴、小川 康介、深町 博史、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、川口 義弥、田邉 稔. 臨床検体のゲノム解析に基づいた遺伝子改変およびゲノム編集技術の臨床応用. 第116回 日本外科学会 2016.04.16 大阪

  522. 渡辺 秀一、松村 聡、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、巌 康仁、上田 浩樹、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵液瘻合併の危険因子としての肥満. 第116回 日本外科学会 2016.04.16 大阪

  523. 上田 浩樹、伴 大輔、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、巌 康仁、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 膵頭十二指腸切除後胆管炎の検討. 第116回 日本外科学会 2016.04.15 大阪

  524. 大庭 篤志、松村 聡、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔 . 門脈腫瘍栓を伴う進行肝細胞癌に対する術前肝動注化学療法の検討―プロペンシティ解析を用いて―. 第116回 日本外科学会 2016.04.15 大阪

  525. 巌 康仁、岸 庸二、奈良 聡、江崎 稔、島田 和明. 当科における肝胆膵外科領域手術での手術部位感染症の発生に関する因子の検討. 第116回 日本外科学会 2016.04.15 大阪

  526. 藍原 有弘、中尾 圭介、松永 浩子、光法 雄介、松村 聡、伊藤 浩光、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、有井 滋樹、田中 真二、田邉 稔. 肝細胞癌に対するAurora/VEGFR二重特異的阻害剤の前臨床試験. 第116回 日本外科学会 2016.04.15 大阪

  527. 工藤 篤、上田 浩樹、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、大畠 慶映、大庭 篤志、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. PNETの切除不能/境界切除症例に対する分子標的治療と手術の守備範囲. 第116回 日本外科学会 2016.04.15 大阪

  528. 落合 高徳、松村 聡、石川 喜也、渡辺 秀一、千代延 記道、水野 裕貴、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓、大庭 篤志、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. 高度進行肝細胞癌に対する肝切除+肝動注療法の有効性. 第116回 日本外科学会 2016.04.14 大阪

  529. 古山 貴基、田中 真二、島田 周、秋山 好光、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、深町 博史、有井 滋樹、川口 義弥、田邉 稔. 膵前癌病変発生におけるプロテアソーム活性上昇の必要性. 第116回 日本外科学会 2016.04.14 大阪

  530. 伊藤 浩光、田中 真二、秋山 好光、島田 周、Rama Adikrisna、松村 聡、藍原 有弘、光法 雄介、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、有井 滋樹、山岡 昇司、田邉 稔. ヒト膵癌肝細胞可視化システムを用いた転移メカニズムの解析と標的遺伝子の同定. 第116回 日本外科学会 2016.04.14 大阪

  531. 渡辺 秀一、工藤 篤、石川 喜也、千代延 記道、水野 裕貴、大庭 篤志、巌 康仁、佐藤 拓、大畠 慶映、上田 浩樹、赤星 径一、伊藤 浩光、光法 雄介、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 肝選択的動脈内刺激薬注入法(肝SASIテスト)が有効だった膵神経内分泌腫瘍(P-NET)肝転移の1例. 第53回 肝癌症例検討会 2016.04.09 東京

  532. 上野絢子、松村 聡、渡辺 秀一、伊藤 浩光、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、工藤 篤、田中 真二、田邉 稔. Duodenum Inversumを合併し膵腫瘍との判別が困難であった十二指腸GISTの1例. 第840回 外科集談会 2016.03.12 東京

  533. 赤星 径一、工藤 篤、伊藤 浩光、松村 聡、光法 雄介、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、田中 真二、田邉 稔. 一般演題IV ラット肝動脈の虚血再還流後に認められる一過性血流上昇現象の検討. 第34回 Cytoprotection研究会 2016.03.11 京都

  534. 田邉 稔. 特別講演 「移植に賭けた人々」. 第12回 神戸肝臓病研究会 2016.02.12 神戸

  535. 工藤 篤. 肝類洞血流のミクロとマクロ. 第22回 肝血流動態・機能イメージ研究会 2016.02.07 東京

  536. 田邉 稔. 腹部内視鏡外科手術における医工連携. 東京都医工連携HUB機構 第3回クラスター研究会 2016.01.13 東京

  537. 工藤 篤. 外科医にしかできないサイエンス. 第6回Tokyo Bay-area Clinical Oncology Group 講演会 2015.03.06 東京

  538. 工藤 篤, 勝田 絵里子, 大畠 慶映, 赤星 径一, 落合 高徳, 藍原 有弘, 伴 大輔, 入江 工, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍の予後因子と治療の新展開. 第76回日本臨床外科学会総会 2014.11.22 郡山市

  539. 甲畑宏子, 小笹由香, 桑名仁, 土屋恭一郎, 高木正稔, 工藤篤, 吉田雅幸. 多発性膵嚢胞からVon Hippel-Lindau病を疑われ新規遺伝子検査で部分欠失を認めた一症例. 日本人類遺伝学会第60回大会 2014.11.21 東京都

  540. 大庭 篤志, 伴 大輔, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 赤星 径一, 中尾 圭介, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 膵体尾部切除術のReduced Port Surgery. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.03 盛岡市

  541. 水野 裕貴, 伴 大輔, 上田 浩樹, 赤星 径一, 大庭 篤志, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 山口 久美子, 二村 昭元, 秋田 恵一, 田邉 稔. 解剖体の腹腔鏡手術における実験的考察.. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.03 盛岡市

  542. 工藤 篤, 勝田 絵里子, 大畠 慶映, 伴 大輔, 松村 聡, 藍原 有弘, 田中 真二, 田邉 稔.. 膵神経内分泌腫瘍における鏡視下手術の適応. . 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.03 盛岡市

  543. 伴大輔、上田浩樹、大畠慶映、赤星径一、大庭篤志、中尾圭介、勝田絵里子、古山貴基、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下肝切除におけるReduced port surgeryの意義. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡市

  544. 上田浩樹, 伴大輔, 大庭篤志, 赤星径一, 古山貴基, 伊藤浩光, 勝田絵里子, 中尾圭介, 松村聡, 藍原有弘, 落合高徳, 入江工, 工藤篤, 田中真二, 田邉稔. 従来法腹腔鏡下肝切除に対するRPSテクニックの還元. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡市

  545. 上田浩樹、伴大輔、大庭篤志、赤星径一、古山貴基、伊藤浩光、勝田絵里子、中尾圭介、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. Reduced port surgeryからconventional laparoscopic surgeryへの還元. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡市

  546. 水野裕貴、伴大輔、上田浩樹、赤星径一、大庭篤志、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、山口久美子、二村昭元、秋田恵一、田邉稔. 解剖体の腹腔鏡手術における実験的考察. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡市

  547. 大庭篤志、伴大輔、上田浩樹、大畠慶映、赤星径一、中尾圭介、勝田絵里子、古山貴基、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵体尾部切除術のreduced port surgery. 第27回日本内視鏡外科学会総会 2014.10.02 盛岡市

  548. 伴大輔、大庭篤志、上田浩樹、大畠慶映、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. ドラムスティック鉗子を用いた腹腔鏡下膵体尾部切除術. 第8回日本膵臓内視鏡外科研究会 2014.10.01 盛岡市

  549. 大畠 慶映 伊藤 浩光  工藤 篤  松村 聡 藍原 有弘 伴 大輔 入江 工 落合 高徳 田中 真二 田邉 稔. 超音波を用いた肝癌・肝機能診断の新展開~Superb Micro vascular Imaging と Parametric Imaging. 第9回肝癌シミュレーション研究会 2014.09.27 大阪市

  550. 田中 真二, アテディクリスナ・ ラマ, 茂櫛 薫, 松永 浩子, 松村 聡, 藍原 有弘, 落合 高徳, 田中 博, 山岡 昇司, 有井 滋樹. 可視化がん幹細胞を用いた不均一性とがん宿主相互作用の解析. 第73回日本癌学会学術総会 2014.09.25 横浜市

  551. 赤星径一、落合高徳、千代延記道、水野裕貴、劉博、上田浩樹、大畠慶映、佐藤拓、大庭篤志、勝田絵里子、中尾圭介、古山貴基、伊藤浩光、松村聡、伴大輔、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 抗凝固・抗血小板療法中に施行した胆嚢炎手術症例の検討. 第6回Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森市

  552. 上田浩樹, 落合高徳, 劉博, 千代延記道, 水野裕貴, 大庭篤志, 大畠慶映, 佐藤拓, 赤星径一, 中尾圭介, 伊藤浩光, 古山貴基, 勝田絵里子, 松村聡, 藍原有弘, 伴大輔, 入江工, 工藤篤, 田中真二, 田邉稔. 胆道癌による十二指腸狭窄に対しステント留置が有効であった2例. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.21 青森市

  553. 大庭 篤志、工藤 篤、勝田 絵里子、中尾 圭介、伊藤 浩光、松村 聡、藍原 有弘、伴 大輔、落合 高徳、入江 工、田中 真二、田邉 稔. 病理学的グルカゴン産生膵神経内分泌腫瘍の検討. 第2回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2014.09.20 東京都

  554. 千代延記道、落合高徳、水野裕貴、劉博、大庭篤志、佐藤拓、大畠慶映、上田浩樹、赤星径一、中尾圭介、伊藤浩光、古山貴基、勝田絵里子、松村聡、藍原有弘、伴大輔、 入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 胆嚢捻転症の一切除例. 第6回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2014.09.20 青森市

  555. 佐藤拓,工藤篤,赤星径一,勝田絵里子,藍原有弘,松村聡,伴大輔,落合高徳,入江工,田中真二,田邉稔. 当院における膵神経内分泌腫瘍に対するエベロリムス、スニチニブの使用経験. 第3回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2014.09.20 東京都

  556. 大畠 慶映 工藤 篤 伊藤 浩光 勝田 絵里子 松村 聡 藍原 有弘 伴 大輔 落合 高徳 入江 工 田中真二 田邉 稔. pNET診断におけるSuperb Micro-vascular ImagingとParametric imagingの有用性. 第4回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 2014.09.20 東京都

  557. 千代延記道, 入江 工, 水野 裕貴, 劉 博, 大庭 篤志, 佐藤 拓, 大畠 慶映, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 上田 浩樹, 赤星 径一, 勝田 絵里子, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔.. 先天性胆道拡張症の切除症例の検討. 第37回日本膵・胆管合流異常研究会 2014.09.13 横浜市

  558. 茂原富美,松村聡,千代延記道,水野裕貴,劉博,藍原有弘,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,田中真二,田邉稔. mixed adenoneuroendocrine carcinoma(MANEC)の1切除例. 第834回外科集談会 2014.09.06 東京都

  559. 田中真二、村松俊輔、小川康介、Rama Adikrisna、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、伴大輔、工藤篤、中村典明、茂櫛薫、田中博、有井滋樹、田邉稔. 肝癌臨床に基づく再発機序解明と癌幹細胞性を標的とする前臨床試験. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014.08.29 横浜市

  560. 伴大輔、大庭篤志、水野裕貴、千代延記道、劉博、上田浩樹、大畠慶映、赤星径一、中尾圭介、勝田絵里子、古山貴基、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術のreduced port surgery. 第41回日本膵切研究会 2014.08.22 東京都

  561. 61. 水野 裕貴, 伊藤 浩光, 劉 博, 千代延記道, 大庭 篤志, 佐藤 拓, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松村 聡, 藍原 有弘, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔.. 新しいIPMNガイドラインの妥当点と問題点.. 第41回日本膵切研究会 2014.08.22 東京都

  562. 大庭篤志、伴大輔、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 腹腔鏡下膵体尾部切除術におけるReduced Port Surgery. 第8回単孔式内視鏡手術研究会 2014.08.01 福井市

  563. 伴大輔、大庭篤志、松村聡、藍原有弘、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 単孔式肝外側区域切除の定型化. 第8回単孔式内視鏡手術研究会 2014.08.01 福井市

  564. 伴大輔 上田浩樹 大畠慶映 松村聡 入江工 落合高徳 工藤篤 田中真二 田邉稔. 腹腔鏡下肝胆膵外科領域手術における体内組み立て型ニードルデバイス(Drum-stick法)の有用性. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山市

  565. 大畠 慶映, 工藤 篤, 勝田 絵里子, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 膵神経内分泌腫瘍における治療戦略. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.18 郡山市

  566. 工藤 篤, 田中 真二, 高山 忠利, 川崎 誠治, 國土 典宏, 山本 雅一, 坂元 亨宇, 有井 滋樹, 田邉 稔. 消化器癌に対する個別治療 肝細胞癌の多中心性再発バイオマーカー. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山市

  567. 松永 浩子, 田中 真二, 藍原 有弘, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔. 肝癌におけるAurora B阻害メカニズム解析に基づいた新規併用療法の開発. 第69回日本消化器外科学会総会 2014.07.17 郡山市

  568. 赤星 径一, 伴 大輔, 三浦 智也, 松永 浩子, 勝田 絵里子, 伊藤 浩光, 中尾 圭介, 古山 貴基, 大庭 篤志, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 肝内胆管癌手術切除症例の検討. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.12 和歌山市

  569. 大畠 慶映, 入江 工, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 大庭 篤志, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 十二指腸乳頭部癌に対して手術を施行した27例の臨床病理学的検討. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.12 和歌山市

  570. 上田 浩樹, 落合 高徳, 伊藤 浩光, 綾部 真弥, 森田 信司, 谷口 浩和, 大畠 慶映, 大庭 篤志, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 当科におけるGIST肝転移切除症例5例の検討. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.11 和歌山市

  571. 伊藤 浩光, 入江 工, 中村 典明, 大畠 慶映, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 大庭 篤志, 赤星 径一, 松永 浩子, 勝田 絵里子, 古山 貴基, 中尾 圭介, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 工藤 篤, 田中 真二, 田邉 稔. 新IPMN国際ガイドラインに基づいた手術適応の検討. 第27回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.11 和歌山市

  572. 工藤 篤, 伴 大輔, 松村 聡, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 神経内分泌癌肝転移の治療戦略. 第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2014.06.11 和歌山

  573. 田中真二、松永浩子、松村聡、藍原有弘、伴大輔、落合高徳、入江工、工藤篤、中村典明、有井滋樹、田邉稔. 肝細胞癌に対する併用分子標的治療の分子基盤と臨床展開. 第50回日本肝癌研究会 2014.06.06 京都市

  574. 上田浩樹、大庭篤志、赤星径一、伊藤浩光、中尾圭介、勝田絵里子、古山貴基、松村聡、入江工、落合髙徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝切除シミュレーションを有用なものにするために~真の意味での活用. 第50回日本肝癌研究会 2014.06.05 京都市

  575. 伴大輔 伊藤浩光 上田浩樹 佐藤拓 大畠慶映 赤星径一 中尾圭介 勝田絵里子 古山貴基 松永浩子 三浦智也 松村聡 入江工 落合高徳 工藤篤 中村典明 田中真二 田邉稔. Propensity score解析を用いた肝細胞癌に対する腹腔鏡手術の検討. 第51回日本肝癌研究会 2014.06.05 京都市

  576. 上田浩樹、伴大輔、佐藤拓、大畠慶映、赤星径一、大庭篤志、中尾圭介、勝田絵里子、古山貴基、松永浩子、伊藤浩光、三浦智也、松村聡、入江工、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝切除シミュレーションを有用なものにするために~真の意味での活用. 第52回日本肝癌研究会 2014.06.05 京都市

  577. 工藤 篤,有井 滋樹, 田邉 稔. 多中心性再発を規定する因子の網羅的遺伝子解析~a prospective multicenter study~. 第50回日本肝臓学会総会 2014.05.30 東京

  578. 勝田絵里子、工藤篤、大畠慶映、赤星径一、中尾圭介、伊藤浩光、古山貴基、松永浩子、三浦智也、松村聡、伴大輔、落合高徳、入江工、田中真二、田邉稔. 多発性内分泌腫瘍症1型を合併した膵神経内分泌腫瘍の治療経験. 第26回日本内分泌外科学会総会 2014.05.23 名古屋市

  579. 伴大輔、秋田恵一、上田浩樹、大畠慶映、大庭篤志、赤星径一、中尾圭介、勝田絵里子、松永浩子、伊藤浩光、三浦智也、松村聡、入江工、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 膵頭十二指腸切除におけるTreitz靱帯アプローチの提唱. 第68回手術手技研究会 2014.05.16 東京都

  580. 石井 秀明, 伊藤 浩光, 工藤 篤, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 術中造影超音波を用いた肝組織評価の新手法. 日本超音波医学会第87回学術集会 2014.05.09 横浜市

  581. 工藤 篤, 伴 大輔,松村 聡, 入江 工, 落合 高徳, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 高度進行肝細胞癌の集学的治療としての術前肝動注化学療法と肝切除. 第110回日本消化器病学会総会 2014.04.26 東京

  582. 大畠慶映、上田浩樹、大庭篤志、赤星径一、中尾圭介、伊藤浩光、古山貴基、勝田絵里子、松永浩子、三浦智也、松村聡、伴大輔、入江工、落合高徳、工藤篤、田中真二、田邉稔. 肝破裂で発症した肉腫様変化を伴う肝細胞癌の一切除例. 第49回肝癌症例検討会 2014.04.19 東京都

  583. 佐藤 拓,落合 高徳,上田 浩樹,大畠 慶映,大庭 篤志,赤星 径一,中尾 圭介,古山 貴基,伊藤 浩光,勝田 絵里子,松永 浩子,三浦 智也,松村 聡,伴 大輔,入江 工,工藤 篤,田中 真二,田邉 稔. 膵切除100例におけるPOSSUM scoreを用いた検討. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.04 京都市

  584. 上田 浩樹, 伴 大輔, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 当教室における膵頭十二指腸切除術後の膵液漏の検討. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  585. 赤星 径一, 松村 聡, 田中 真二, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 大畠 慶映, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田邉 稔.. Non-B Non-C肝癌における代謝関連因子の臨床病理学的および分子生物学的解析.. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  586. 三浦 智也、田中 真二、伴 大輔、上田 浩樹、大畠 慶映、佐藤 拓1、赤星 径一、中尾 圭介、勝田 絵里子、松永 浩子、伊藤 浩光、松村 聡、落合 高徳、入江 工、工藤 篤、中村 典明、田邉 稔. EOB-MRI肝細胞相画像所見を用いた肝細胞癌の術前悪性度予測と分子メカニズムの解明. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  587. 田中真二、松永浩子、小川康介、村形綾乃、茂櫛薫、松村聡、伴大輔、落合高徳、入江工、工藤篤、中村典明、田中博、有井滋樹、 田邉稔. 肝細胞癌の腫瘍形態に基づく新たな治療アルゴリズムの提唱と遺伝子発現パターンの応用(プレナリーセッション). 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  588. 大畠 慶映, 工藤 篤, 上田 浩樹, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 伊藤 浩光, 松村 聡, 伴 大輔, 落合 高徳, 入江 工, 中村 典明, 田中 真二, 飯島 尋子, 田邉 稔. 肝切除における3DシミュレーションとVirtual portal venography、到達時間parametric imageを用いた術中ナビゲーション. 第114回日本外科学会定期学術集会 2014.04.03 京都市

  589. 阿久津智洋,佐藤拓,上田浩樹,松村聡,大畠慶映,赤星径一,中尾圭介,古山貴基,勝田絵里子,松永浩子,三浦智也,伊藤浩光,伴大輔,落合高徳,入江工,工藤篤,中村典明,田中真二,田邉稔. 腹腔鏡下胆嚢摘出後にクリップが核となった結石により急性閉塞性胆管炎を発症した1例. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京都

  590. 高岡 亜弓, 赤星 径一, 落合 高徳, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 伊藤 浩光, 三浦 智也, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔.. Tokyo Guidelines 2013における急性胆嚢炎の重症度判定基準の検討.. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京都

  591. 中釜 瞬, 伴 大輔, 中尾 圭介, 上田 浩樹, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 古山 貴基, 伊藤 浩光, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 黄色肉芽腫性胆嚢炎の検討. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京都

  592. 上田 浩樹, 伴 大輔, 古山 貴基, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 当教室における膵頭十二指腸切除後腹腔内出血症例の検討. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京都

  593. 大畠 慶映, 佐藤 拓, 落合 高徳, 上田 浩樹, 赤星 径一, 中尾 圭介, 古山 貴基, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 伊藤 浩光, 松村 聡, 伴 大輔, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔.. 肝腫瘍破裂症例の検討. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.07 東京都

  594. 上田 浩樹, 伴 大輔, 古山 貴基, 大畠 慶映, 佐藤 拓, 赤星 径一, 中尾 圭介, 伊藤 浩光, 勝田 絵里子, 松永 浩子, 三浦 智也, 松村 聡, 落合 高徳, 入江 工, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二, 田邉 稔. 当教室における膵頭十二指腸切除後腹腔内出血症例の検討. 第50回日本腹部救急医学会総会 2014.03.06 東京都

  595. 伴大輔、松村聡、落合高徳、入江工、工藤篤、田中真二、田邉稔. 単孔式手技を導入した腹腔鏡下肝切除術. 2014.02.01 東京都

  596. 吉野 潤, 伴 大輔, 松村 聡, 入江 工, 落合 高徳, 工藤 篤, 中村 典明, 田中 真二. 広範に主膵管進展を呈した乳頭部癌の一例. 第828回外科集談会 2013.03.23

  597. ICG30%からの解剖学的切除〜肝機能の限界とは〜. 日本臨床外科学会総会 肝臓:悪性疾患 1  2013年11月23日 名古屋国際会議場 2013

  598. 肝転移に対する集学的治療の重要性. 第一回日本神経内分泌腫瘍研究会 シンポジウム1−1 2013年9月28日 京都テルサ 2013

  599. 肝切除術後多中心性再発のバイオマーカー:背景肝のSLC22A7発現低下. 第49回日本肝癌研究会 発表日時:2013年7月11日(木) 9:00 ~ 11:00 セッション名:ワークショップ2 バイオマーカーの肝癌診断治療に対する意義「マーカー」 会  場:京王プラザホテル5F 第2会場(コンコードボールルームA) 2013

  600. SY-1 肝障害度別 解剖学的切除の意義. 第25回 日本肝胆膵外科学会総会 シンポジウム 肝細胞癌の系統的切除または部分切除 2013年6月13日 8:00〜9:40 ホテル東日本宇都宮 大和・南 東(3F) 第2・3会場 2013

  601. 術前3DシミュレーションからIntra-luminal virtual portal venographyによる術中3Dナビゲーションへ. 第68回日本消化器外科学会総会 企画関連口演41 「Navigation Surgery 1」 2013年7月17日(水曜日) 13:20〜14:10 サンホテルフェニックス 2階 ローズB 宮崎 2013

  602. 体内組立式 Needle Retractorで 極める単孔式手術 ~効果的なDevice formationのためのトレーニング法〜. 日本内視鏡外科学会 総会 ワークショップ10 単孔/Reduced Port 内視鏡手術のトレーニングと教育 2013年11月29日 福岡国際会議場 2013

  603. 解剖学的切除の責任動脈ナビゲーションにおける術前シミュレーションの意義. 第113回 日本外科学会総会 日時: 2012年4月11日(木) 15:40~16:16   演題番号: PS-095-2 「肝ナビゲーション・画像−1」 会場: マリンメッセ福岡 (1階アリーナ) 2013

  604. 背景肝のメタボリック症候群関連遺伝子と肝細胞癌発癌遺伝子の検討. 第25回 日本肝胆膵外科学会総会 ミニシンポジウム 臨床応用を目指した肝胆膵領域の基礎研究 2013年6月13日 8:00〜8:50 ホテル東日本宇都宮  第4会場 2013

  605. 術前3Dシミュレーションから術中3Dナビゲーションへ~Fly thruの有用性. 第25回 日本肝胆膵外科学会総会  日時: 2013年6月14日(金) 10:30~11:30  会場:ポスター会場① ホテル東日本宇都宮 日光(3F) 2013

  606. 非B非C肝細胞癌の肝切除術後予後に与える因子の問題点. 第49回日本肝癌研究会 発表日時:2013年7月12日(金) 10:45 ~ 11:41 セッション名:一般演題(口演)「非B非C肝細胞癌3」 会  場:京王プラザホテル4F 第5会場(花D) 2013

  607. 非B非C肝細胞癌の肝切除術後予後に与える因子の問題点. JDDW2013  ワークショップ 8  「ASH/NASH肝癌の臨床像とフォローアップ体制の確立」 日時 : 2013年10月10日(木) 場所 : 第7会場 グランドプリンスホテル高輪 プリンスルーム 2013

  608. 肝門部処理困難な破裂肝細胞癌に対する 肝左葉+前腹側区域切除. 第25回 日本肝胆膵外科学会総会 要望ビデオセッション 5肝葉切除及び拡大肝葉切除 他 演題番号 : YV5-7 2013年 6月12日(水)10:40~11:40   第7会場 ホテル東日本宇都宮 羽衣(2F) 2013

  609. ミトコンドリア代謝が 肝細胞癌再発を決定する. 日本外科代謝栄養学会 第50回学術集会 シンポジウム1 外科代謝とアミノ酸(アミノ酸学会合同シンポジウム) 2013年7月5日(木) 9:15〜10:35 第1会場 / 一橋講堂 2013

  610. 残肝再発に関与する新たな分子マーカー[OAT2]. 日本肝癌研究会 ワークショップ  2012.7.21. 金沢 2012

  611. 低肝機能、進行肝細胞癌に対する手術適応拡大の試み. 第74回 日本臨床外科学会 総会 主題関連演題 2012年12月1日 京王プラザホテル 第7会場 2012

  612. 低肝機能で進行肝細胞癌に対する積極的切除のための新基準の設立. 第67回日本消化器外科学会総会 シンポジウム SY6 富山第一ホテル 2012/07/20 2012

  613. 膵消化管神経内分泌腫瘍のMalignant potential 評価. 第24回日本肝胆膵外科学会学術集会 リサーチワークショップ 2012

  614. 前区域切除の術前シミュレーションの現状と術中ソナゾイドを用いた ナビゲーションサージャリーの展望. 第 112回日本外科学会総会 ワークショップ6 「画像支援システムによるナビゲーションサージャリーの現状と将来展望」 日時: 2012年4月13日(金) 16:00~18:00   会場: 幕張メッセ 2012

  615. 低肝機能かつ進行肝細胞癌に対する治療戦略. 第24回日本肝胆膵外科学会・学術集会 ミニシンポジウム 2012

  616. ハイビジョン動画解析で見えてきた肝類洞微小循環の生理学. 第25回 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 特別企画2 講演  大阪リーガロイヤルホテル 4月7日 2012

  617. 肝前区域、内側区域に対する定型的系統切除の工夫. 日本肝癌研究会  2012.7.20. 金沢 2012

  618. 膵神経内分泌腫瘍における臨床情報の重要性. 第43回日本膵臓学会大会 主題関連セッション「P-NET(1)」 2012年6月29日(金) ホテルメトロポリタン山形 2012

  619. GEP-NETs肝転移に対する肝切除の意義. 第7回NET WORK JAPAN  ANA インターコンチネンタルホテル東京 治療1  2月18日 2012

  620. 低肝機能、高度進行肝細胞癌に対する手術適応拡大の試み. 第48回日本肝臓学会総会 ワークショップ4「肝細胞癌の個別化医療:腫瘍の個数とサイズを超えて」 2012年6月7日(金) 2012

  621. 背景肝のミトコンドリア代謝と肝細胞癌多中心性発生の関係. 第26回類洞壁細胞研究会学術集会  セッション6【肝発癌】 2012年11月18日 2012

  622. 背景肝のメタボリック症候群関連遺伝子と肝細胞癌のde novo発癌. 第23回消化器癌発生学会総会  ワークショップ2 ルネッサンスリゾートナルト 2012年11月16日 8:20〜9:40 2012

  623. 背景肝における代謝関連遺伝子と肝細胞発癌. 第39回肝臓学会東部会 基礎研究1 工藤篤 茂櫛薫 田中真二 2012.12.7 2012

  624. 肝前区域、内側区域に対する術前、術中3Dシミュレーションの工夫 演題番号:外S13-5. JDDW シンポジウム 発表日時:10月12日 (金) 14:00~17:00 会場:第 1 会場 神戸 2012

  625. 肝転移症例の治療方針 ~示唆に富む2症例. 第3回 NET FORUM TOKYO 2011年6月17日(金) 東京 2011

  626. 全生存率向上のための前区域肝細胞癌に対する安全な術式選択. 第66回消化器外科学会総会 2011年7月13日 名古屋国際会議場 2011

  627. 無再発生存率向上のための前区域肝細胞癌に対する安全な術式選択. 第23回 日本肝胆膵外科学会 ミニビデオシンポジウム8 肝切除術の新たな工夫2  2011年6月9日 東京 2011

  628. 術前シュミレーションと術中ナノゾイド造影超音波を用いたナビゲーションサージェリー.. 第47回日本肝癌研究会,静岡,2011.7.29(ビデオフォーラム) 2011

  629. 術前肝機能評価の再考. 第66回 日本消化器外科学会総会 企画関連講演  名古屋国際会議場 三浦、工藤 2011

  630. 肝細胞癌再発規定に関するABC transporterの役割. 第47回 日本肝臓学会総会  シンポジウム2 「テーラーメイド医療時代へ向けた肝癌治療」   6月3日(金)東京 2011

  631. 高度進行肝細胞癌に対する取り組み. 第73回日本臨床外科学会総会 京王プラザホテル 主題関連演題 11月19日 2011

  632. 転移性肝癌に対する下大静脈合併切除再建を伴う肝切除の意義. JDDW 2011 第19回 日本消化器病関連学会週間  福岡国際会議場 10月23日 2011

  633. 膵内分泌腫瘍(GEP-NETs)の診断と外科的展望 〜適切な指針決定のために〜. 第6回 NET Work Japan 2011年1月22日 品川 2011

  634. 肝細胞癌切除後の全生存期間を決定するOrganic anion transporterの網羅的遺伝子解析. 第65回日本消化器外科学会総会 パネルディスカッション8「分子生物学を応用した消化器癌の悪性度診断」 2010年7月16日(金曜日)  海峡メッセ下関 2010

  635. 膵内分泌腫瘍の自件例の統括とWHO 分類の問題点. 第110回日本外科学会定期学術集会 パネルディスカッション(19)「内分泌外科における診断と治療の工夫」 2010年4月 名古屋国際会議場 2010

  636. 膵内分泌腫瘍の診断治療指針 〜今後の展望〜. 第72回日本臨床外科学会総会 シンポジウム 2「甲状腺・内分泌外科の課題と展望」 パシフィコ横浜 2010

  637. 渦電流による生体電気インピーダンス計測. 廣長和也, 竹前忠, 小杉幸夫, 工藤篤. 日本生体医工学会東海支部大会抄録, p. 26, Jun. 2010. 2010

  638. 術後肝不全死を予期する non-invasive markerの検討. 2010 JDDW 消化器外科学会 2010年10月16日 (土) パシフィコ横浜 2010

  639. 青柳康子、加納嘉人、遠山皓基、松寺翔太郎、熊木裕一、馬場裕信、菊池章史、山内慎一、岡﨑聡、石川敏昭、伴大輔、工藤篤、松山貴俊、徳永正則、中島康晃、植竹宏之、田邉稔、三宅智、絹笠祐介、池田貞勝. 消化管がん患者におけるFoundationOne® CDxを用いたがんゲノム解析の有用性の検討. 第120回日本外科学会定期学術集会 2020.08.15 WEB

▼全件表示

特許 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Kenjiro Wake, Isao Sakano ORGAN FUNCTION MAINTAINING AND AMELIORATING SOLUTION

    特許番号: PCT/JP2006/304269

  • 小杉幸夫, 竹前 忠, 工藤 篤, 志村 孚城. 生体インピーダンス測定装置.

    特許番号: 特開2012-205604

  • 工藤篤、有井滋樹 非アルコール性脂肪肝の治療薬のスクリーニング方法 

    特許番号: 特開2006-349457

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 巌 康仁 基礎科学旅行助成賞 「欧州消化器病週間2016」,2016年10月

  • 工藤篤、東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2015年01月

  • 工藤篤、最優秀研究賞,日本肝臓学会 AJINOMOTO AWARD,2014年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2022年07月

    工藤 篤、膵臓:PNET1、第77回日本消化器外科学会総会、20220720、一般演題座長、横浜

  • 2022年06月

    Kudo A, Moderator, Current treatment strategy for pancreatic neuroendocrine neoplasms(PNENs), The 34th Meeting of Japanese society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 20220611, Ehime

  • 2022年06月

    工藤 篤、令和3年度医療安全・質向上のための相互チェック報告書、画像診断レポート等の確認に関する安全対策 令和3年度追跡調査、国立大学病院長会議常置委員会

  • 2022年06月

    工藤 篤、肝胆膵、第84巻第6号、P853~P866、膵神経内分泌腫瘍の最新トピックス(オンライン鼎談)

  • 2022年04月

    工藤 篤、司会、ワークショップ、NETの病態解明と診療戦略の展開、第108回日本消化器病学会総会、20220422、東京

  • 2022年04月

    工藤 篤、座長、モーニングセミナー、コロナ禍で迫られたDX~スマートポンプでスマート安全管理へ~、第108回日本消化器病学会総会、20220422、東京

  • 2022年04月

    工藤 篤、司会、デジタルポスターセッション、膵臓-低悪性度腫瘍-1、第122回日本外科学会定期学術集会、20220414-16、WEB配信、熊本

  • 2021年11月

    工藤 篤、座長、一般口演、NET、第83回日本臨床外科学会総会、2021.11.18~20、東京

  • 2021年10月

    工藤 篤、週刊日本医事新報、No5086 P49、質疑応答プロからプロへ:遺伝性慢性膵炎、突発性慢性膵炎の診断と治療はどこまで進歩したのでしょうか?

  • 2021年10月

    工藤 篤、週刊日本医事新報、No5085 P50~52、質疑応答プロからプロへ:膵神経内分泌腫瘍の集学的治療

  • 2021年09月

    工藤 篤、座長、スポンサードセミナー1「膵神経内分泌腫瘍の基礎と臨床、最新の話題」、第9回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会、20210911、WEB開催

  • 2021年09月

    工藤 篤、司会、膵神経内分泌腫瘍の集学的治療、第52回日本膵臓学会大会、20210922、東京

  • 2021年07月

    工藤 篤、座長、手術・高齢者2、第76回日本消化器外科学会総会、20210708、京都

  • 2021年02月

    Kudo A, Moderator, Workshop1 Surgical management for pancreatic neuroendocrine tumor, The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 20210223, Web

  • 2021年01月

    工藤 篤、座長、一般演題 膵神経内分泌腫瘍3、第51回日本膵臓学会大会、2021.1.8-9、神戸

  • 2020年12月

    工藤 篤、座長、要望演題 PNETの集学的治療、第75回日本消化器外科学会総会、20201215、WEB開催

  • 2020年12月

    工藤 篤、座長、要望演題 PNETの集学的治療、第75回日本消化器外科学会総会、20201215、web開催

  • 2020年12月

    工藤 篤、講演、医療機関,弁護士会と裁判所協議会、新型コロナウィルスアップデートと病院の対応、20211203、東京

  • 2020年08月

    工藤 篤、司会、デジタルポスター肝臓 肝細胞癌-1、第120回日本外科学会定期学術集会、20200814、web開催

  • 2020年08月

    工藤 篤、司会、デジタルポスター肝臓 肝細胞癌-1、第120回日本外科学会定期学術集会、20200814、Web開催

  • 2019年11月

    工藤 篤、座長、パラガングリオーマ、日本内分泌学会 第29回臨床内分泌代謝Update、20191129、高知

  • 2019年11月

    工藤 篤、座長、手術チームのレジリエントパフォーマンスの機序と実装、第14回医療の質・安全学会学術集会、20191129、京都市

  • 2019年07月

    工藤 篤、ワークショップ司会、膵切除後の長期合併症、第74回日本消化器外科学会総会、20190719、東京

  • 2019年06月

    工藤 篤、司会、Pancreas 54、第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会、20190615、高松

  • 2019年03月

    工藤 篤、座長、Lecture講演、神経内分泌腫瘍を考える会、20190319、東京

  • 2018年12月

    工藤 篤、座長、セッション2 星細胞、第32回肝類洞壁細胞研究会学術集会、20181201、東京

  • 2018年11月

    工藤 篤、座長、一般演題 講演1NBNC時代の肝癌切除症例を読み解く、肝がん診療Up To Date in お茶の水、20181109、東京

  • 2018年11月

    工藤 篤、座長、GIST+NET6、第80回日本臨床外科学会総会、20181124、東京

  • 「 膵内分泌腫瘍の予後決定因子として膵β 細胞関連遺伝子群を同定 」 ― 新規診断・治療方法の開発へ期待 ―,2018年08月

    Annals of Surgery

  • 2018年06月

    工藤 篤、座長、P-NET5、第49回日本膵臓学会大会、20180630、和歌山

  • 2018年06月

    工藤 篤、司会、91-消 膵臓/症例、日本超音波医学会第91回学術集会、20180610、神戸

  • 2018年06月

    Atsushi Kudo,ミニシンポジウム司会、Multimodel treatment for HCC、The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery、20180609、Yokohama

  • 2018年04月

    工藤 篤、司会、ポスターセッション(192) 膵臓-pNET・その他、第118回日本外科学会定期学術集会、20180407、東京

  • 2017年09月

    工藤 篤、座長、膵頭十二指腸切除術、第11回TKB、20160916、箱根

  • 2013年10月

    お茶の水肝胆膵疾患フォーラム  コメンテーター 2013年10月18日

  • 2013年09月

    神経内分泌腫瘍研究会 肝転移の治療委員会 2013年9月28日

  • 2013年09月

    第6回東北NET研究会 招待講演 山形国際ホテル 2013年9月23日

  • 2013年09月

    第3回 Tokyo Bay 肝胆膵外科手術教育研究会 世話人会 2013年9月7日

  • 2013年07月

    全国肝臓外科医育成の会 世話人会 2013年7月18日

  • 2013年07月

    第325回日本消化器病学会関東支部例会 セッション研修医6(胆・膵) 座長 2013年7月13日 10:18~10:42

  • 2013年03月

    第2回 Tokyo Bay 肝胆膵外科手術教育研究会 世話人会 2013年3月15日

  • 2012年09月

    多施設共同研究にむけて 講演 TKB研究会 in 八景島 2012年9月15日

  • 2012年09月

    第1回 Tokyo Bay 肝胆膵外科手術教育研究会 世話人会 2012年9月15日

  • 2012年05月

    高度進行肝細胞癌への挑戦   講演  東京 2012年5月11日

  • 2012年04月

    ハイビジョン動画解析で見えてきた肝類洞微小循環の生理学, 第25回 日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会 特別企画2 講演  大阪リーガロイヤルホテル 2012年4月7日

  • 2011年09月

    GEP-NETs自験例のまとめ  講演    東京 2011年9月16日

  • 2011年06月

    第821回外科集団会セッション 肝臓・胆嚢・胆管2  座長 2011年6月25日

  • 2011年03月

    第820回外科集団会 セッション膵2 座長 2011年3月26日

  • 2007年05月

    医学の焦点 肝移植とグリチルリチン:臓器保存における有用性 2007.5.14 ラジオNIKKEI出演

  • 2005年

    肝機能を維持する臓器保存液 〜 イノベーションJAPAN

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学部外科学系統講義

  • 医学部消化器ブロックー肝胆膵の生理学ー

  • 修士講義「脂肪肝」

  • 歯学部外科系統講義

  • 保健衛生学科系統講義「肝胆膵」

  • 口腔保険学科系統講義 「肝胆膵」

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • はつらつ健康ライフ「膵神経内分泌腫瘍」,北國新聞社,北國新聞,夕刊,2018年10月03日

  • 膵内分泌腫瘍の予後決定因子の決定と臨床応用,日経メディカル開発/日経BP社,日経バイオテクオンライン,2018年09月04日

  • 膵神経内分泌腫瘍,株式会社メディカルトリビューン,メディカルトリビューン 時事通信社(地方紙など),2018年07月20日