基本情報

写真a

工藤 篤(クドウ アツシ)

KUDO Atsushi


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4569

研究室FAX番号

メールアドレス

kudomsrg@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.jshbps.jp/public/senmon/senmon2012.html

研究分野・キーワード

脂肪肝, 肝移植, 肝切除, ビリルビン, 黄疸, 肝不全, 膵内分泌腫瘍、カルチノイド

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学研究科  肝胆膵・総合外科学分野  博士課程  2004年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 肝胆膵・総合外科学 学部内講師
  • 2012年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 臨床試験管理センター 委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 医療情報部 「次世代病院情報管理システム」ワーキンググループ 委員
  • 2014年10月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 救命救急センター 小委員会 委員
  • 2011年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 外科系診療部門 肝胆膵外科 医局長

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
    現在
    高度技能専門医 (日本肝胆膵外科学会認定)
  • 2005年
    -
    現在
    慶應義塾大学 医学部 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会

  • 日本外科学会

  • 日本消化器外科学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本臨床外科学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医、評議員
  • 2016年10月
    -
    現在
    日本肝胆膵外科学会 広報委員
  • 2013年04月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS)  「肝転移の治療」 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) NET登録 委員
  • 2015年09月
    -
    現在
    日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS) 膵・神経内分泌腫瘍診療ガイドライン 委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 医師

  • 医師

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞癌の術式選択,2012年

  • 神経内分泌腫瘍の肝転移,2013年

  • Organic anion transporter and fatty liver, cold preserved liver, and reperfusion injury

  • 肝臓疾患(脂肪肝、冷保存虚血肝)の生体内異物解毒機構の解明、肝移植グラフトの保護、保存液の研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝胆膵領域難治癌に対する新規分子標的治療の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 膵神経内分泌腫瘍の潜在的悪性度診断のための網羅的情報解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 肝類洞血流調節因子と肝細胞機能の多次元計算解析~病理、生理、生化、情報遺伝学~

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2016年

  • マクロベジクラー脂肪肝グラフトの脆弱性の原因究明とその対応策

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 悪性膵神経内分泌腫瘍の非侵襲的診断と治療標的の探索

    文部科学省/日本学術振興会

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Yoshihito Kano, Sei Kakinuma, Fumio Goto, Seishin Azuma, Yuki Nishimura-Sakurai, Yasuhiro Itsui , Mina Nakagawa, Atsushi Kudo, Minoru Tanabe, Susumu Kirimura, Tomonori Amano, Takashi Ito , Takumi Akashi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Primary Hepatic Neuroendocrine Carcinoma with a Cholangiocellular Carcinoma Component in One Nodule. Clinical Journal of Gastroenterology. 2014.10; 7 449-454.

  • Katsuta E, Tanaka S, Mogushi K, Matsumura S, Ban D, Ochiai T, Irie T, Kudo A, Nakamura N, Tanaka H, Tanabe M, Arii S.. Age-related clinicopathological and molecular features of patients received curative hepatectomy for hepatocellular carcinoma. American Journal of Surgery. 2014; 208 (3): 450-456.

  • Amo-Shiinoki K, Tanabe K, Hoshii Y, Matsui H, Harano R, Fukuda T, Takeuchi T, Bouchi R, Takagi T, Hatanaka M, Takeda K, Okuya S, Nishimura W, Kudo A, Tanaka S, Tanabe M, Akashi T, Yamada T, Ogawa Y, Ikeda E, Nagano H, Tanizawa Y. Islet cell dedifferentiation is a pathologic mechanism of long-standing progression of type 2 diabetes. JCI insight. 2021.01; 6 (1): ( PubMed, DOI )

  • Iwao Y, Ban D, Muro S, Kudo A, Tanaka S, Menon K, Tanabe M. Extraordinary first jejunal arterial variation associated with annular pancreas undergoing pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer: a case report. Surgical and radiologic anatomy : SRA. 2021.01; ( PubMed, DOI )

  • Yasuhito Iwao, Daisuke Ban, Satoru Muro, Atsushi Kudo, Shinji Tanaka, Krishna Menon, Minoru Tanabe. Extraordinary first jejunal arterial variation associated with annular pancreas undergoing pancreaticoduodenectomy for pancreatic cancer: a case report Surgical and Radiologic Anatomy. 2021.01;

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 上野 誠、工藤 篤、肱岡 範、池田公史. 胆膵Oncology Forum. 株式会社メディカルレビュー社, 2020.12 神経内分泌腫瘍診療の課題と展望

  • 上野 誠、工藤 篤、肱岡 範、池田公史. 胆膵Oncology Forum. 株式会社メディカルレビュー社, 2020.12 神経内分泌腫瘍診療の課題と展望

  • 工藤 篤、木脇裕子. 膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト. 株式会社南江堂, 2020.10 膵内分泌の病態

  • 工藤 篤、木脇裕子. 膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト. 株式会社南江堂, 2020.10 膵内分泌の病態

  • 石川喜也、伴 大輔、工藤 篤、渡辺秀一、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、田中真二、田邉 稔. 臨床外科(第75巻第11号増刊号) 早わかり縫合・吻合のすべて. 医学書院, 2020.10 肝切除での大血管の吻合・縫合

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 進行肝細胞癌に対するレンバチニブを用いたConversion surgeryの試み . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  • 菅原俊喬、工藤 篤、赤星径一、石川喜也、上田浩樹、小川康介、小野宏晃、成松 久、田邉 稔 . 膵神経内分泌腫瘍の悪性度に関連する糖鎖バイオマーカーの検索 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.10 幕張

  • 石川喜也、石田啓久、森本紘一郎、山下宏成、上田浩樹、赤星径一、小川康介、小野宏晃、伴 大輔、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 切除不能局所進行膵癌に対するConversion Surgeryを企図した導入化学療法と化学放射線療法の治療成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  • 山下宏成、小野宏晃、村瀬芳樹、石田啓久、森本紘一朗、八木宏平、前川 彩、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、小川康介、赤星径一、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 80歳以上の高齢者に対する腹腔鏡下肝切除術の治療成績 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

  • 八木宏平、小野宏晃、前川 彩、村瀬芳樹、石井 武、菅原俊喬、石川喜也、上田浩樹、赤星径一、小川康介、工藤 篤、田中真二、田邉 稔 . 当院における切除不能膵神経内分泌腫瘍に対するcapecitabine/temozoromide併用療法の検討 . 第121回日本外科学会定期学術集会 2021.04.08 幕張

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Atsushi Kudo, Shigeki Arii, Kenjiro Wake, Isao Sakano ORGAN FUNCTION MAINTAINING AND AMELIORATING SOLUTION

    特許番号: PCT/JP2006/304269

  • 小杉幸夫, 竹前 忠, 工藤 篤, 志村 孚城. 生体インピーダンス測定装置.

    特許番号: 特開2012-205604

  • 工藤篤、有井滋樹 非アルコール性脂肪肝の治療薬のスクリーニング方法 

    特許番号: 特開2006-349457

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 巌 康仁 基礎科学旅行助成賞 「欧州消化器病週間2016」,2016年10月

  • 工藤篤、東京医科歯科大学医学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2015年01月

  • 工藤篤、最優秀研究賞,日本肝臓学会 AJINOMOTO AWARD,2014年10月

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年02月

    Atsushi Kudo, Moderator, Workshop1 Surgical management for pancreatic neuroendocrine tumor, The 32nd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery, 20210223, Web

  • 2020年12月

    工藤 篤、座長、要望演題 PNETの集学的治療、第75回日本消化器外科学会総会、20201215、Web開催

  • 2020年12月

    工藤 篤、座長、要望演題 PNETの集学的治療、第75回日本消化器外科学会総会、20201215、web開催

  • 2020年08月

    工藤 篤、司会、デジタルポスター肝臓 肝細胞癌-1、第120回日本外科学会定期学術集会、20200814、Web開催

  • 2020年08月

    工藤 篤、司会、デジタルポスター肝臓 肝細胞癌-1、第120回日本外科学会定期学術集会、20200814、web開催

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 医学部外科学系統講義

  • 医学部消化器ブロックー肝胆膵の生理学ー

  • 修士講義「脂肪肝」

  • 歯学部外科系統講義

  • 保健衛生学科系統講義「肝胆膵」

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • はつらつ健康ライフ「膵神経内分泌腫瘍」,北國新聞社,北國新聞,夕刊,2018年10月03日

  • 膵内分泌腫瘍の予後決定因子の決定と臨床応用,日経メディカル開発/日経BP社,日経バイオテクオンライン,2018年09月04日

  • 膵神経内分泌腫瘍,株式会社メディカルトリビューン,メディカルトリビューン 時事通信社(地方紙など),2018年07月20日