基本情報

写真a

寺田 純雄(テラダ スミオ)

TERADA Sumio


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

https://www.tmd.ac.jp/grad/nana/index_ja.html

研究分野・キーワード

細胞生物学、生物物理学、神経科学、解剖学、細胞骨格、分光法

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学部  医学科  1989年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  医学系研究科  第一基礎医学専攻  博士課程  1993年11月  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 教授
  • 2008年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 脳統合機能研究センター 教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 脳統合機能研究センター 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 神経機能形態学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1989年06月
    -
    1991年03月
    埼玉医科大学附属病院 外科 レジデント
  • 1993年11月
    -
    1997年03月
    東京大学 医学部附属脳研究施設 助手
  • 1997年04月
    -
    2001年08月
    東京大学 大学院医学系研究科 助手(配置換)
  • 2001年08月
    -
    2005年08月
    東京大学 大学院医学系研究科 講師
  • 2005年10月
    -
    2008年03月
    科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究者(兼任)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本解剖学会

  • 日本神経科学学会

  • アメリカ細胞生物学会(ASCB)

  • アメリカ生物物理学会(BPS)

  • 日本細胞生物学会

  • 日本顕微鏡学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    現在
    日本解剖学会 学術評議員
  • 2021年
    -
    現在
    日本解剖学会 理事(関東地区)
  • 2021年
    -
    現在
    日本解剖学会 常務理事(企画・渉外担当)
  • 2021年
    -
    現在
    日本医学会、医学会連合 評議員
  • 2021年
    -
    現在
    日本脳科学関連学会連合 評議員
  • 2021年
    -
    現在
    生物科学学会連合 団体代表(解剖学会)
  • 2021年
     
     
    日本解剖学会 解剖学会全国学術集会プログラム委員会 委員
  • 2019年
     
     
    日本解剖学会 解剖学会全国学術集会プログラム委員会 委員
  • 2018年
     
     
    日本解剖学会 解剖学会全国学術集会プログラム委員会 委員
  • 2018年
     
     
    日本神経科学学会 日本神経科学大会プログラム委員会 委員
  • 2020年04月
    -
    現在
    Frontiers in Neuroanatomy Review Editor
  • 日本細胞生物学会 代議員
  • 2013年
    -
    2019年
    日本解剖学会 常務理事(2013-2016会計担当、2017-2019企画・渉外担当)
  • 2013年
    -
    2019年
    日本解剖学会 理事(関東地区)
  • 2013年02月
    -
    現在
    日本顕微鏡学会 研究部会幹事
  • 2013年06月
    -
    2017年05月
    日本医学会 連絡委員
  • 2013年08月
    -
    2015年03月
    日本解剖学会 解剖学会・生理学会合同大会プログラム委員会 副委員長
  • 2014年06月
    -
    2017年05月
    日本医学会連合 財務委員会委員
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    日本脳科学関連学会連合 評議員
  • 2017年04月
    -
    2019年03月
    生物科学学会連合 団体代表(解剖学会)
  • 2017年06月
    -
    2019年05月
    日本医学会、医学会連合 評議員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学

  • 神経形態学

  • 神経科学一般

  • 細胞生物学

  • 生物物理学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(一種)

  • 医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用,2020年04月 - 2023年03月

  • 光融合科学から創成する「命をつなぐ早期診断・予防技術」研究イニシアティブ,2019年 - 現在

  • 生命現象に迫るユニバーサルな蛍光偏光顕微観測法開発,2018年10月 - 2023年03月

  • 1分子蛍光偏光イメージングによる収縮環形成メカニズムの解析,2018年04月 - 2021年03月

  • 革新的蛍光偏光標識技術開発とその細胞生物学的応用 ,2017年04月 - 2020年03月

  • 神経伝導路の機能的同定・可視化を目指す新規手法の開発,2017年04月 - 2020年03月

  • 脳組織タンパク質の質量分析イメージングの高感度化に向けた技術開発,2016年04月 - 2019年03月

  • 中間径フィラメント蛋白質の時空間動態制御機構の解明,2014年04月 - 2017年03月

  • 蛍光偏光観測による核ラミナのフィラメント構造と重合機構の解析,2014年04月 - 2017年03月

  • 革新的蛍光相関分光装置の開発,2014年04月 - 2017年03月

  • 先進的顕微分光法による顕微鏡開発と応用に関する共同研究,2013年04月 - 2016年03月

  • 非線型ラマン分光法による生体組織内における薬剤分子局在の可視化,2013年04月 - 2016年03月

  • 分子構造指標を用いた生体関連分子の細胞内動態観察装置の実用化,2012年10月 - 2016年03月

  • ニューロフィラメント動態制御機構の解明と神経変性初期変化診断・治療法への展開,2011年08月 - 2014年03月

  • ニューロフィラメント動態制御機構の解明,2011年04月 - 2013年03月

  • 低分子量GTP結合タンパク質Rigによる神経細胞形態形成機構の解明 ,2010年04月 - 2012年03月

  • 神経系細胞骨格蛋白質の細胞内動態の調節因子の探索,2008年04月 - 2010年03月

  • 神経突起の形態形成制御の分子機構の解明,2008年03月 - 2010年03月

  • Ras類似低分子量GTP結合タンパク質Rigの分子機能 ,2007年04月 - 2009年03月

  • 細胞内生体分子間ネットワークのリアルタイム検出法の開発と細胞生物学的応用の検討,2005年10月 - 2008年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2020年 - 2022年

  • 一分子蛍光偏光イメージングによる収縮環形成メカニズムの解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 神経伝導路の機能的同定・可視化を目指す新規手法の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 革新的蛍光偏光標識技術開発とその細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 脳組織タンパク質の質量分析イメージングの高感度化に向けた技術開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • 革新的蛍光相関分光装置の開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 蛍光偏光観測による核ラミナのフィラメント構造と重合機構の解析

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 中間径フィラメント蛋白質の時空間動態制御機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • 非線型ラマン分光法による生体組織内における薬剤分子局在の可視化

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • 生命現象に迫るユニバーサルな蛍光偏光顕微観測法開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規蛍光偏光イメージング法の確立と細胞生物学的応用

    文部科学省/日本学術振興会

  • 蛍光偏光イメージングによる筋芽細胞融合の分子機構の解明

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Nakai Nori, Sato Keisuke, Tani Tomomi, Kawagishi Masahiko, Ka Hiromasa, Saito Kenta, Terada Sumio. Development of nanobody-based POLArIS orientation probes enabled multi-color/multi-target orientation imaging in living cells BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2021.08; 565 50-56. ( PubMed, DOI )

  2. Ayana Sugizaki, Keisuke Sato, Kazuyoshi Chiba, Kenta Saito, Masahiko Kawagishi, Yuri Tomabechi, Shalin B Mehta, Hirokazu Ishii, Naoki Sakai, Mikako Shirouzu, Tomomi Tani, Sumio Terada. POLArIS, a versatile probe for molecular orientation, revealed actin filaments associated with microtubule asters in early embryos Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021.03; 118 (11): ( DOI )

  3. Nakai N, Sato K, Tani T, Saito K, Sato F, Terada S. Genetically encoded orientation probes for F-actin for fluorescence polarization microscopy. Microscopy (Oxford, England). 2019.07; ( PubMed, DOI )

  4. Fumiya Sato, Hitoshi Asakawa, Takeshi Fukuma, Sumio Terada. Semi-in-situ atomic force microscopy imaging of intracellular neurofilaments under physiological conditions through the 'sandwich' method. Microscopy (Oxf). 2016.08; 65 (4): 316-324. ( PubMed, DOI )

  5. Kawagishi Masahiko, Obara Yuki, Suzuki Takayuki, Hayashi Masumi, Misawa Kazuhiko, Terada Sumio. Direct Label-Free Measurement of the Distribution of Small Molecular Weight Compound Inside Thick Biological Tissue using Coherent Raman Microspectroscopy BIOPHYSICAL JOURNAL. 2016.02; 110 (3): 493A.

  6. Kawagishi Masahiko, Obara Yuki, Suzuki Takayuki, Hayashi Masumi, Misawa Kazuhiko, Terada Sumio. Direct label-free measurement of the distribution of small molecular weight compound inside thick biological tissue using coherent Raman microspectroscopy Sci Rep. 2015.09; 5 13868. ( DOI )

  7. Teraishi T, Ozeki Y, Hori H, Sasayama D, Chiba S, Yamamoto N, Tanaka H, Iijima Y, Matsuo J, Kawamoto Y, Kinoshita Y, Hattori K, Ota M, Kajiwara M, Terada S, Higuchi T, Kunugi H.. 13C-phenylalanine breath test detects altered phenylalanine kinetics in schizophrenia patients Translational Psychiatry . 2012.05; 2 e119. ( PubMed, DOI )

  8. Nagashima Y, Suzuki T, Terada S, Tsuji S, Misawa K.. In vivo molecular labeling of halogenated volatile anesthetics via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy Journal of Chemical Physics. 2011.01; 134 024525. ( PubMed, DOI )

  9. Nagashima Y, Suzuki T, Terada S, Tsuji S, Misawa K.. Improved signal extraction method for single-pulse heterodyne CARS spectroscopy Proc SPIE, 7376 Laser Applications in Life Sciences. 2010.11; 73760S. ( DOI )

  10. Hori H, Ozeki Y, Teraishi T, Matsuo J, Kawamoto Y, Kinoshita Y, Suto S, Terada S, Higuchi T, Kunugi H.. Relationships between psychological distress, coping styles, and HPA axis reactivity in healthy adults Journal of Psychiatric Research. 2010.03; 44 (14): 865-873. ( PubMed, DOI )

  11. Terada S, Kinjo M, Aihara M, Takei Y, Hirokawa N.. Kinesin-1/Hsc70-dependent mechanism of slow axonal transport and its relation to fast axonal transport EMBO Journal. 2010.02; 29 (4): 843-854. ( PubMed, DOI )

  12. Hoshino M, Tsujimoto T, Yamazoe S, Uesugi M, Terada S.. Adhesamine, a new synthetic molecule, accelerates differentiation and prolongs survival of primary cultured mouse hippocampal neurons Biochemical Journal. 2010.02; 427 (2): 297-304. ( PubMed, DOI )

  13. Hori H, Ozeki Y, Terada S, Kunugi H.. Functional near-infrared spectroscopy reveals altered hemispheric laterality in relation to schizotypy during verbal fluency task Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry. 2008.12; 32 (8): 1944-1951. ( PubMed, DOI )

  14. Terada S.. Where does slow axonal transport go? Neuroscience Research. 2003.12; 47 (4): 367-372. ( PubMed, DOI )

  15. Homma N, Takei Y, Tanaka Y, Nakata T, Terada S, Kikkawa M, Noda Y, Hirokawa N.. Kinesin superfamily protein 2A (KIF2A) functions in suppression of collateral branch extension Cell. 2003.07; 114 (2): 229-239. ( PubMed, DOI )

  16. Zhao C, Takita J, Tanaka Y, Setou M, Nakagawa T, Takeda S, Yang HW, Terada S, Nakata T, Takei Y, Saito M, Tsuji S, Hayashi Y, Hirokawa N.. Charcot-Marie-Tooth disease type 2A caused by mutation in a microtubule motor KIF1Bbeta Cell. 2001.06; 105 (5): 587-597. ( PubMed, DOI )

  17. Terada S, Hirokawa N.. Moving on to the cargo problem of microtubule-dependent motors in neurons Current Opinion in Neurobiology. 2000.10; 10 (5): 566-573. ( PubMed, DOI )

  18. Terada S, Kinjo M, Hirokawa N.. Oligomeric tubulin in large transporting complex is transported via kinesin in squid giant axons Cell. 2000.09; 103 (1): 141-155. ( PubMed, DOI )

  19. Kanai Y, Okada Y, Tanaka Y, Harada A, Terada S, Hirokawa N.. KIF5C, a novel neuronal kinesin enriched in motor neurons Journal of Neuroscience. 2000.09; 20 (17): 6374-6384. ( PubMed, DOI )

  20. Takeda S, Yamazaki H, Seog DH, Kanai Y, Terada S, Hirokawa N.. Kinesin superfamily protein 3 (KIF3) motor transports fodrin-associating vesicles important for neurite building Journal of Cell Biology. 2000.03; 148 (6): 1255-1265. ( PubMed, DOI )

  21. Terada S, Tsujimoto T, Takei Y, Takahashi T, Hirokawa N.. Impairment of inhibitory synaptic transmission in mice lacking synapsin I Journal of Cell Biology. 1999.05; 145 (5): 1039-1048. ( PubMed, DOI )

  22. Yonekawa Y, Harada A, Okada Y, Funakoshi T, Kanai Y, Takei Y, Terada S, Noda T, Hirokawa N.. Defect in synaptic vesicle precursor transport and neuronal cell death in KIF1A motor protein-deficient mice Journal of Cell Biology. 1998.04; 141 (2): 431-441. ( PubMed, DOI )

  23. Nakata T, Terada S, Hirokawa N.. Visualization of the dynamics of synaptic vesicle and plasma membrane proteins in living axons Journal of Cell Biology. 1998.02; 140 (3): 659-674. ( PubMed, DOI )

  24. Hirokawa N, Terada S, Funakoshi T, Takeda S.. Slow axonal transport: the subunit transport model Trends in Cell Biology. 1997.10; 7 (10): 384-388. ( PubMed, DOI )

  25. Terada S, Nakata T, Peterson AC, Hirokawa N.. Visualization of slow axonal transport in vivo Science. 1996.08; 273 (5276): 784-788. ( PubMed, DOI )

  26. Takei Y, Harada A, Takeda S, Kobayashi K, Terada S, Noda T, Takahashi T, Hirokawa N.. Synapsin I deficiency results in the structural change in the presynaptic terminals in the murine nervous system Journal of Cell Biology. 1995.12; 131 (6 Pt 2): 1789-1800. ( PubMed, DOI )

  27. Harada A, Oguchi K, Okabe S, Kuno J, Terada S, Ohshima T, Sato-Yoshitake R, Takei Y, Noda T, Hirokawa N.. Altered microtubule organization in small-calibre axons of mice lacking tau protein Nature. 1994.06; 369 (6480): 488-491. ( PubMed, DOI )

  28. 寺田 純雄, 川岸 将彦. 軸索 脳科学辞典. 2021.06; ( DOI )

  29. 寺田 純雄. 細胞のメカニズムと神経疾患 軸索輸送の基礎(3) Clinical Neuroscience. 2021.03; 39 (3): 260-261. ( 医中誌 )

  30. 寺田 純雄. 細胞のメカニズムと神経疾患 軸索輸送の基礎(2) Clinical Neuroscience. 2021.02; 39 (2): 135-137. ( 医中誌 )

  31. 寺田 純雄. 細胞のメカニズムと神経疾患 軸索輸送の基礎(1) Clinical Neuroscience. 2021.01; 39 (1): 4-6. ( 医中誌 )

  32. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 腸管神経系(最終回) Clinical Neuroscience. 2019.12; 37 (12): 1416-1417. ( 医中誌 )

  33. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 組織切片標本の見方の概略(脊髄と脳幹) Clinical Neuroscience. 2019.11; 37 (11): 1276-1280. ( 医中誌 )

  34. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 硬膜 Clinical Neuroscience. 2019.10; 37 (10): 1156-1159. ( 医中誌 )

  35. 小林 靖,寺田純雄. 神経解剖学の見方、考え方 脳室周囲器官     Clinical Neuroscience. 2019.09; 37 (9): 1036-1039.

  36. 寺田純雄,小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 脈絡叢に分布する動脈,クモ膜顆粒    Clinical Neuroscience. 2019.08; 37 (8): 888-892.

  37. 小林 靖,寺田純雄. 神経解剖学の見方、考え方 血液脳関門と血液髄液関門   Clinical Neuroscience. 2019.07; 37 (7): 752-753.

  38. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 髄液、中枢神経系組織間質液の循環と動態 最近の動向 Clinical Neuroscience. 2019.06; 37 (6): 624-626. ( 医中誌 )

  39. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 クモ膜下腔と髄液循環 Clinical Neuroscience. 2019.05; 37 (5): 496-497. ( 医中誌 )

  40. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 軟膜とクモ膜 Clinical Neuroscience. 2019.04; 37 (4): 368-370. ( 医中誌 )

  41. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 前脳基底部コリン作動性ニューロン群 Clinical Neuroscience. 2019.03; 37 (3): 244-245. ( 医中誌 )

  42. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 腹側線条体と腹側淡蒼球 Clinical Neuroscience. 2019.02; 37 (2): 132-134. ( 医中誌 )

  43. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 大脳皮質と基底核の結合 Clinical Neuroscience. 2019.01; 37 (1): 4-7. ( 医中誌 )

  44. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 黒質 Clinical Neuroscience. 2018.12; 36 (12): 1382-1385. ( 医中誌 )

  45. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 淡蒼球と視床下核 Clinical Neuroscience. 2018.11; 36 (11): 1254-1257. ( 医中誌 )

  46. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 線条体の構造と皮質-線条体投射のトポグラフィー Clinical Neuroscience. 2018.10; 36 (10): 1118-1121. ( 医中誌 )

  47. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 大脳基底核の構成 Clinical Neuroscience. 2018.09; 36 (9): 998-1000. ( 医中誌 )

  48. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 扁桃体 Clinical Neuroscience. 2018.08; 36 (8): 870-874. ( 医中誌 )

  49. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 海馬傍回と帯状回 Clinical Neuroscience. 2018.07; 36 (7): 760-763. ( 医中誌 )

  50. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 海馬と周辺皮質 Clinical Neuroscience. 2018.06; 36 (6): 632-635. ( 医中誌 )

  51. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 辺縁葉と辺縁系 Clinical Neuroscience. 2018.05; 36 (5): 516-517. ( 医中誌 )

  52. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 スライス標本の肉眼観察とまとめ Clinical Neuroscience. 2018.04; 36 (4): 392-397. ( 医中誌 )

  53. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 側脳室と海馬、線条体(尾状核)、間脳付近の解剖(2) Clinical Neuroscience. 2018.03; 36 (3): 272-275. ( 医中誌 )

  54. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 側脳室と海馬、線条体(尾状核)、間脳付近の解剖(1) Clinical Neuroscience. 2018.02; 36 (2): 132-137. ( 医中誌 )

  55. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 島皮質 Clinical Neuroscience. 2018.01; 36 (1): 4-7. ( 医中誌 )

  56. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 前頭連合野 Clinical Neuroscience. 2017.12; 35 (12): 1364-1367. ( 医中誌 )

  57. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 味覚系と味覚野 Clinical Neuroscience. 2017.11; 35 (11): 1268-1269. ( 医中誌 )

  58. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 嗅覚系と嗅覚野 Clinical Neuroscience. 2017.10; 35 (10): 1144-1147. ( 医中誌 )

  59. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 側頭連合野 Clinical Neuroscience. 2017.09; 35 (9): 1028-1029. ( 医中誌 )

  60. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 頭頂連合野 Clinical Neuroscience. 2017.08; 35 (8): 904-906. ( 医中誌 )

  61. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視覚野(2) Clinical Neuroscience. 2017.07; 35 (7): 764-768. ( 医中誌 )

  62. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視覚野(1) Clinical Neuroscience. 2017.06; 35 (6): 636-637. ( 医中誌 )

  63. 寺田 純雄. 【網様体-古くて新しいシステム】 構造、ネットワーク、機能 ヒトの網様体の構造 Clinical Neuroscience. 2017.06; 35 (6): 657-660. ( 医中誌 )

  64. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 聴覚野 Clinical Neuroscience. 2017.05; 35 (5): 504-505. ( 医中誌 )

  65. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 島皮質とその周辺、大脳皮質線維系の観察(2) Clinical Neuroscience. 2017.04; 35 (4): 368-370. ( 医中誌 )

  66. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 島皮質とその周辺、大脳皮質線維系の観察(1) Clinical Neuroscience. 2017.03; 35 (3): 252-256. ( 医中誌 )

  67. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 体性感覚野 Clinical Neuroscience. 2017.02; 35 (2): 124-125. ( 医中誌 )

  68. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 運動関連領野 Clinical Neuroscience. 2017.01; 35 (1): 4-7. ( 医中誌 )

  69. 寺田 純雄. ウィリス動脈輪はどのように構成されているか? 【輪状構造のみを指すか、直接接続する動脈を含めて考えるか】 日本医事新報. 2017.01; (4838): 61-62. ( 医中誌 )

  70. 寺田 純雄. ウィリス動脈輪はどのように構成されているか?【輪状構造のみを指すか、直接接続する動脈を含めて考えるか】 日本医事新報. 2017.01; (4838): 61-62. ( 医中誌 )

  71. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 大脳皮質の区分 Clinical Neuroscience. 2016.12; 34 (12): 1284-1285. ( 医中誌 )

  72. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部と摂食、代謝(2) Clinical Neuroscience. 2016.11; 34 (11): 1184-1185. ( 医中誌 )

  73. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部と摂食、代謝(1) Clinical Neuroscience. 2016.10; 34 (10): 1068-1071. ( 医中誌 )

  74. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部と概日リズム Clinical Neuroscience. 2016.09; 34 (9): 948-951. ( 医中誌 )

  75. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部の内分泌 Clinical Neuroscience. 2016.08; 34 (8): 848-851. ( 医中誌 )

  76. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部と自律神経機能 Clinical Neuroscience. 2016.07; 34 (7): 736-737. ( 医中誌 )

  77. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 下垂体の概要 Clinical Neuroscience. 2016.06; 34 (6): 608-609. ( 医中誌 )

  78. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床下部の概要 Clinical Neuroscience. 2016.05; 34 (5): 492-493. ( 医中誌 )

  79. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床前核群 Clinical Neuroscience. 2016.04; 34 (4): 380-381. ( 医中誌 )

  80. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床内側核 Clinical Neuroscience. 2016.03; 34 (3): 252-253. ( 医中誌 )

  81. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 内側膝状体 Clinical Neuroscience. 2016.02; 34 (2): 132-133. ( 医中誌 )

  82. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床後核と視床枕 Clinical Neuroscience. 2016.01; 34 (1): 4-5. ( 医中誌 )

  83. 寺田 純雄、小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 外側膝状体 Clinical Neuroscience. 2015.12; 33 (12): 1320-1323.

  84. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 髄板内核群と正中核群 Clinical Neuroscience. 2015.11; 33 (11): 1204-1205. ( 医中誌 )

  85. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 視床腹側核群 Clinical Neuroscience. 2015.10; 33 (10): 1092-1093. ( 医中誌 )

  86. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床の概要 Clinical Neuroscience. 2015.09; 33 (9): 972-975. ( 医中誌 )

  87. 三沢 和彦, 寺田 純雄. 最近の研究と技術 生体内で小分子薬剤の濃度分布を可視化する 顕微鏡. 2015.08; 50 (2): 140-143. ( 医中誌 )

  88. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 視床上部 Clinical Neuroscience. 2015.08; 33 (8): 856-857. ( 医中誌 )

  89. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 間脳の発生と区分 Clinical Neuroscience. 2015.07; 33 (7): 728-729. ( 医中誌 )

  90. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 後大脳動脈の枝と分布 Clinical Neuroscience. 2015.06; 33 (6): 608-611. ( 医中誌 )

  91. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 中大脳動脈の枝と分布 Clinical Neuroscience. 2015.05; 33 (5): 488-491. ( 医中誌 )

  92. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 前大脳動脈の枝と分布 Clinical Neuroscience. 2015.04; 33 (4): 360-363. ( 医中誌 )

  93. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 脳溝の比較解剖と個体発生(2) Clinical Neuroscience. 2015.03; 33 (3): 240-241. ( 医中誌 )

  94. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 脳溝の比較解剖と個体発生(1) Clinical Neuroscience. 2015.02; 33 (2): 124-125. ( 医中誌 )

  95. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 大脳半球脳表、第三脳室周辺の観察(2) Clinical Neuroscience. 2015.01; 33 (1): 4-7. ( 医中誌 )

  96. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 大脳半球脳表、第三脳室周辺の観察(1) Clinical Neuroscience. 2014.12; 32 (12): 1324-1327.

  97. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 小脳の解剖(2) Clinical Neuroscience. 2014.11; 32 (11): 1204-1205. ( 医中誌 )

  98. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 小脳の解剖(1) Clinical Neuroscience. 2014.10; 32 (10): 1076-1079. ( 医中誌 )

  99. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 橋小脳とその入出力 Clinical Neuroscience. 2014.09; 32 (9): 964-965. ( 医中誌 )

  100. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 脊髄小脳とその入出力 Clinical Neuroscience. 2014.08; 32 (8): 844-845. ( 医中誌 )

  101. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 前庭小脳とその入出力 Clinical Neuroscience. 2014.07; 32 (7): 716-717. ( 医中誌 )

  102. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 オリーブ核と登上線維(2) Clinical Neuroscience. 2014.06; 32 (6): 600-601. ( 医中誌 )

  103. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 オリーブ核と登上線維(1) Clinical Neuroscience. 2014.05; 32 (5): 472-473. ( 医中誌 )

  104. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 小脳の発生 Clinical Neuroscience. 2014.04; 32 (4): 352-353. ( 医中誌 )

  105. 佐藤 啓介,寺田 純雄. 微小管 脳科学辞典. 2014.04; ( DOI )

  106. 佐藤 啓介,寺田 純雄. MAP2 脳科学辞典. 2014.04; ( DOI )

  107. 寺田 純雄, 小林 靖. 神経解剖学の見方、考え方 小脳皮質の構造 Clinical Neuroscience. 2014.03; 32 (3): 240-243. ( 医中誌 )

  108. 小林 靖, 寺田 純雄. 神経解剖学の見方、考え方 小脳の概要(2)入出力による区分 Clinical Neuroscience. 2014.02; 32 (2): 124-125. ( 医中誌 )

  109. 寺田純雄,小林 靖. 神経解剖学の見方,考え方 小脳の概要(1)肉眼解剖学的なイントロダクション Clinical Neuroscience . 2014.01; 32 (1): 4-5.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 寺田 純雄. ブレインサイエンス・レビュー 2013. クバプロ, 2013.02 神経特異的中間径フィラメントたんぱく質の細胞内動態 (ISBN : 978-4-87805-128-9)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Sumio Terada. EXPANDED REPERTOIRE OF POLARIS, A VERSATILE FLUORESCENT PROBE FOR MOLECULAR ORIENTATION. the 66th Biophysical Society Annual Meeting 2022.02.23 USA

  2. 杉﨑 綾奈,佐藤 啓介,千葉 和義,川岸 将彦,寺田 純雄. ヒトデ初期発生の有糸分裂においてアクチン繊維は微小管星状体と関連して放射状に伸長する. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.29 オンライン開催

  3. 佐藤啓介, 杉﨑 綾奈, 齊藤 健太, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. F-actin特異的分子配向プローブPOLArISactの開発と評価. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.29 オンライン開催

  4. N.Nakai,K.Sato,T.Tani,K.Saito,F.Sato,S.Terada. GFP-based F-actin Orientation Probes for Fluorescence Polarization Microscopy and Speckle F-actin Orientation Imaginag in Living Cells. 2019 The American Society for Cell Biology 2019.12.07 Washington,DC

  5. Sumio Terada. Toward deciphering the mystery of cytoskeletal dynamics. The 33rd Joint Annual Conference of Biomedical Science 2018.03.24 Taipei,ROC

  6. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Direct Label-Free Measurement of the Distribution of Small Molecular Weight Compound Inside Thick Biological Tissue using Coherent Raman Microspectroscopy. Biophysical Society 60th Annual Meeting 2016.03.01 Los Angeles, California, USA

  7. Terada S.. Close-up pictures of cytoskeletal dynamics in neurons. The 7th Asia Pacific International Congress of Anatomists 2016.03 Singapore

  8. Terada S.. Cytoskeletal dynamics in neurons and beyond. Lecture, China Soochow University CAM-SU GRC 2016.01 China Soochow University CAM-SU GRC

  9. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Direct Label-Free Measurement of the Distribution of Small Molecular Weight Compound Inside Thick Biological Tissue Using Coherent Raman Microspectroscopy. The 2nd East-Asia Microscopy Conference 2015.11.25 Himeji, Hyogo, Japan

  10. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Measuring the distribution of small molecule compounds inside biological tissue via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy. The 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2015.07.29 Kobe, Hyogo, Japan

  11. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada . Measuring the distribution of small molecule compounds inside biological tissue via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy . the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists / the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2015.03.23 Kobe, Hyogo, Japan

  12. Kawagishi Masahiko, Obara Yuki, Suzuki Takayuki, Hayashi Masumi, Misawa Kazuhiko, Terada Sumio. 生命現象の顕微計測のフロンティア 非線形ラマン分光法を用いた内因性分子振動による生物組織中での低分子化合物の濃度分布測定. the 120th Annual Meeting of The Japanese Association of Anatomists / the 92nd Annual Meeting of The Physiological Society of Japan 2015.03.23 Kobe, Hyogo, Japan

  13. Masahiko Kawagishi, Yuki Obara, Takayuki Suzuki, Masumi Hayashi, Kazuhiko Misawa, Sumio Terada. Measuring the Distribution of Taurine Molecule Inside Biological Tissue via Intrinsic Molecular Vibrations using Nonlinear Raman Spectroscopy. Biophysical Society 59th Annual Meeting 2015.02.11 Baltimore, Maryland, USA

  14. M. Kawagishi, Y. Obara, T. Suzuki, M. Hayashi, K. Misawa, S. Terada. Measuring the distribution of taurine molecule inside biological tissue via intrinsic molecular vibrations using nonlinear Raman spectroscopy. 2014 ASCB/IFCB Meeting 2014.12.07 Philadelphia, Pennsylvania, USA

  15. TERADA Sumio. Cytoskeletal dynamics in neurons and beyond.. Lecture, School of Life Sciences, Peking University 2012.10 Beijing, China

  16. TERADA Sumio. Dissecting slow axonal transport mechanism with fluorescence cross-correlation spectroscopy.. Weak protein-ligand interactions: New horizons in biophysics and cell biology meeting 2012.10 Beijing, China

  17. TERADA Sumio. Microscopic and spectroscopic dissections of cytosolic and cytoskeletal protein dynamics in neurons.. Lecture, ISP2012, Tokyo Medical and Dental University 2012.08 Tokyo, Japan

  18. Masahiko Kawagishi, Takayuki Suzuki, Yu Nagashima, Sumio Terada, Kazuhiko Misawa. In Vivo Molecular Labeling of Halogenated Volatile Anesthetics via Intrinsic Molecular Vibrations using Nonlinear Raman Spectroscopy. Biophysical Society 56th Annual Meeting 2012.02.28 San Diego, California, USA

  19. 寺田 純雄. 細胞質性蛋白質輸送(遅い軸索輸送)障害と遅発性軸索変性. 第88回日本生理学会大会 第116回日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム 2011.03

  20. TERADA Sumio. Kinesin-1/Hsc70-dependent mechanism of slow axonal transport and its relation to fast axonal transport.. Minisymposium, Biophysical Society 55th Annual Meeting 2011.03 Baltimore, USA

  21. 寺田純雄. 生体分子の配向を可視化する蛍光プローブの開発と応用. 一般社団法人レーザー学会学術講演会第42回年次大会 2022.01.12 日本

  22. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と細胞骨格動態解析への応用. 生体運動研究合同班会議2022 2022.01.08 名古屋

  23. 佐藤 啓介, 杉﨑 綾奈, 千葉 和義, 齊藤 健太, 川岸 将彦, Shalin B. Mehta, 白水 美香子, 谷 知己, 寺田 純雄. ユニバーサル分子配向プローブPOLArISの開発と生細胞内アクチン動態解析への応用. 第44回日本分子生物学会年会 2021.12.03 横浜

  24. 寺田純雄. 新規汎用蛍光偏光プローブPOLArISの開発とライブイメージングへの応用. 第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 2021.03.31 日本

  25. 英文誌"Microscopy"が選ん だ顕微鏡ホットトピック Genetically encoded orientation probes for F-actin for fluorescence polarization microscopy. 日本顕微鏡学会第63回シンポジウム顕微鏡オンラ インフォーラム2020 2020.11.20

  26. 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 斎藤健太, Mehta Shalin, 白水美香子, 谷知己, 寺田純雄. 新規ユニバーサル蛍光偏光プローブPOLArISの開発. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  27. 杉崎綾奈, 佐藤啓介, 千葉和義, 川岸将彦, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングによるヒトデ卵の初期発生におけるアクチン動態の解析. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  28. 中井紀, 佐藤啓介, 杉崎綾奈, 永嶋一貴, 齊藤健太, 川岸将彦, 谷知己, 寺田純雄. 蛍光偏光ライブイメージングのためのプローブPOLArISの汎用性拡張の試み. 第125回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2020.03.26 宇部(誌上開催)

  29. Masahiko KAWAGISHI, Yuki OBARA, Takayuki SUZUKI, Masumi HAYASHI, Kazuhiko MISAWA, Sumio TERADA. Direct label-free measurement of the distribution of small molecular weight compound using coherent Raman microspectroscopy. 第122回日本解剖学会総会全国学術集会 2017.03.29 長崎県長崎市

  30. Fumiya Sato,Hitoshi Asakawa,Takeshi Fukuma,Sumio Terada. Semi-in-situ Atomic Force Microscopy Imaging of Intracellular Neurofilaments. 第39回日本神経科学大会 2016.07 日本 横浜

  31. 寺田 純雄. 生命科学における実用化に向けたコヒーレントラマン顕微分光法の開発. 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会 解剖学会・顕微鏡学会合同シンポジウム「最近の顕微解析法が拓く機能分子解剖学の新展開」 2014.03

  32. 寺田 純雄. 蛍光相関分光法と薄層斜光照明法による細胞内動態観察. 第68回日本顕微鏡学会 シンポジウム「生物顕微鏡応用の新展開」 2012.05

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本顕微鏡学会第36回論文賞,日本顕微鏡学会,2021年

  • 日本神経科学学会奨励賞,2002年

その他業績 【 表示 / 非表示

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2022年01月

    ライブイメージングと最新化学に基づく新たながん医療技術の創製 浦野 泰照(東京大学大学院薬学系研究科 薬品代謝化学教室教授)

  • A new polarized fluorescent probe for revealing architectural dynamics of living cells,2021年05月

    AAAS EurekAlert! The Global Source for Science News

  • 2021年04月

    米国ウッズホール海洋生物学研究所からのプレスリリース

  • 「新規蛍光顕微観測を実現する蛍光標識技術ポラリス法の開発」― 細胞分裂時のアクチン『フレア』構造の発見 ―,2021年03月

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2020年01月

    蛍光相関分光法並びに偏光蛍光相関分光法による細胞機能解析
    金城 政孝
    北海道大学 大学院 先端生命科学研究院
    細胞機能科学研究室 教授

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2019年06月

    タンパク質分子の合理設計:天然物の改造とゼロからの創成
    古賀 信康
    自然科学研究機構・生命創成探究センター
    (分子科学研究所・兼務)総合研究大学院大学

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2019年02月

    昆虫を用いた全脳コネクトミクス解析 伊藤 啓
    (東京大学定量生命科学研究所准教授/
    独ケルン大学教授/米 HHMI ジャネリア研究所シニアフェロー)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2019年01月

    次世代バイオ医薬品開発と蛋白質の精密解析 津本 浩平
    (東京大学大学院工学系研究科教授)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2018年06月

    クローン技術と核の初期化~核アクチン の役割とは? 宮本 圭 
    (近畿大学生物理工学部遺伝子工学科講師)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2018年01月

    創薬を目指した蛋白質立体構造解析 白水 美香子
    (理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 副センター長)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2018年01月

    同期現象の数理 千葉 逸人
    ( 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 准教授)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2016年07月

    神経細胞における遺伝子座核内配置と転写制御との関連 滝沢 琢己
    (群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野准教授)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2016年07月

    クライオ電顕、原子間力顕微鏡、フリーズ・レプリカ電顕法による膜細胞骨格の比較構造解析 臼倉 治郎
    (名古屋大学理学研究科構造生物学研究センター) 

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2015年09月

    蛍光偏光顕微鏡開発とその応用 谷 知己
    (Associate Scientist Eugene Bell Center for Regenerative Biology and Tissue Engineering,Marine Biological Laboratory)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2015年07月

    細胞移動現象に対するマテリアルバイオロジー:光応答基板を用いるアプローチ 
    中西 淳 (独立行政法人物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点・独立研究者)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2014年10月

    液中高分解能AFMの開発とその固液界面計測への応用 福間 剛士 (金沢大学 理工研究域 電子情報学系 教授)

  • ONSAセミナー(大学院特別講義),2014年09月

    脂質膜と膜タンパク質の分子動力学シミュレーション解析 西澤 和久
    (帝京大学医療技術学部臨床検査学科 教授) 

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学 講義・実習, 医学科第2学年,2005年 - 現在

  • 人体形態学・口腔形態学, 修士課程,2005年 - 現在

  • 人体構造学 講義・実習 保健衛生学科検査技術学専攻第2学年,2009年 - 現在

  • 神経機能形態学, 博士課程,2005年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 医学共通講義I 分子細胞生物学入門,東京大学大学院医学系研究科

  • 神経解剖学特別講義,東京大学医学部医学科

  • 総合講義,京都府立医科大学医学部医学科

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学の見方、考え方 -Clinical Neuroscience (月刊 臨床神経科学)連載-,2009年01月 - 現在

  • 医学部における基礎医学系研究者養成に関する問題点と神経解剖学教育 第111回日本解剖学会総会・全国学術集会 シンポジウム「神経解剖学のアイデンティティを考える-教育と研究の現状と展望 Part 1」,2006年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Observing the dynamic within cells to a molecular level made possible by new fluorophotometry Tokyo Medical and Dental University succeeds in developing the labeling technique POLArIS,国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST),Science Japan,2021年05月31日

  • 1分子レベルで細胞内動態を観察 新たな蛍光顕微観測可能に 標識技術「ポラリス法」開発 東京医科歯科大が成果,科学新聞社,科学新聞,2021年03月26日

  • 東京医歯大など、生体分子「向き」観測 蛍光偏光を活用,日刊工業新聞,日刊工業新聞,2021年03月18日

  • 海外に研究拠点を置いて活動する日本人研究者の動向に関する調査研究,認定特定非営利活動法人 綜合画像研究支援,2019年10月01日 - 2021年07月06日

  • iPS細胞再生臓器品質評価に資する電子顕微鏡解析の現況と将来展望に関する調査研究,認定特定非営利活動法人 綜合画像研究支援,2017年10月01日 - 2018年12月31日

  • 生命科学の将来を築く若手研究者育成・支援策の現況評価と課題抽出を目指した調査研究,認定特定非営利活動法人 綜合画像研究支援,2015年10月01日 - 2016年12月31日

  • 生命科学における実用化に向けたコヒーレントラマン顕微分光法の開発,東京医科歯科大学・ソニー株式会社包括連携プログラム,第二回クリニカルサミット「光でとらえる生命現象:生命原理の解明と難病の診断・治療への応用」,東京医科歯科大学,2012年12月25日 - 2013年02月18日

  • 最新のイメージング技術を用いたライフサイエンス研究の近未来的な潮流の調査,認定特定非営利活動法人 綜合画像研究支援,一般財団法人 新技術振興渡辺記念会 平成24年度下期 科学技術調査研究,2012年10月01日 - 2013年09月30日

▼全件表示