基本情報

写真a

樺沢 勇司(カバサワ ユウジ)

KABASAWA Yuji


職名

教授

生年

1972年

研究室電話番号

03-5803-4647

研究室FAX番号

03-5803-0239

メールアドレス

kabasawa.ocsh@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

顎口腔外科, 口腔保健衛生

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1997年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  口腔外科学分野  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2013年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 助教
  • 2013年04月
    -
    2017年01月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 講師
  • 2017年02月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 健康支援口腔保健衛生学 教授
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯理工学専攻 健康支援口腔保健衛生学 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔科学会

  • 日本顎変形症学会

  • 日本有病者歯科学会

  • 日本歯科麻酔学会

  • 日本口腔感染症学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

  • 口腔病学会

  • 日本口腔診断学会

  • 日本静脈経腸栄養学会

  • 日本再生医療学会

  • 日本口蓋裂学会

  • 日本顎顔面インプラント学会

  • 日本歯科麻酔学会

  • 国際口腔ケア学会

  • 日本口腔ケア学会

  • 睡眠歯科学会

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    現在
    日本顔面先進デジタルテクノロジー学会 評議員
  • 2016年04月
    -
    2018年03月
    日本口腔外科学会 代議員
  • 2017年09月
    -
    現在
    日本有病者歯科医療学会 代議員
  • 2018年03月
    -
    2023年03月
    日本有病者歯科医療学会 学会賞委員
  • 2018年04月
    -
    現在
    日本口腔科学会 評議員
  • 2020年09月
    -
    現在
    日本口腔ケア学会 評議員
  • 2020年09月
    -
    現在
    国際口腔ケア学会 評議員
  • 2021年03月
    -
    2023年03月
    日本有病者歯科医療学会 専門・認定委員会委員
  • 2021年03月
    -
    2023年03月
    日本有病者歯科医療学会 編集査読委員会委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

  • 社会系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん治療における周術期口腔機能管理学の研究

  • 口腔機能管理と全身の健康との関係について

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士の業務内容の見直しに向けた研究

    厚生労働省 : 2021年08月 - 2022年03月

  • 地域特性を活かしたプライマリ・ケア医師参加型の医科歯科連携実現に向けた調査研究

    厚生労働省 : 2019年04月 - 2021年03月

  • 超高齢社会における2025年問題解決のための外国人介護人材養成システムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2021年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2015年

  • ゼラチンハイドロゲルを用いたFGF除放による顎骨延長法の改良

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2013年

  • 臨床体験型コンピュータシミュレーション教材の標準化と医歯学融合教育での教育効果

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Shen KL, Huang CL, Lin YC, Du JK, Chen FL, Kabasawa Y, Chen CC, Huang HL. Effects of Artificial Intelligence (AI)-Assisted Dental Monitoring Intervention in Patients with Periodontitis: A Randomized Controlled Trial. Journal of clinical periodontology. 2022.06; ( PubMed, DOI )

  2. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Matsubara C, Motomatsu Y, Kabasawa Y, Tohara H, Sato Y, Miyake S, Minakuchi S. Association between oral health and advisability of oral feeding in advanced cancer patients receiving palliative care: a cross-sectional study. Support Care Cancer. 2022.03; 30 (7): 5779-5788. ( PubMed, DOI )

  3. Lin YC, Huang SS, Yen CW, Kabasawa Y, Lee CH, Huang HL. Physical Frailty and Oral Frailty Associated with Late-Life Depression in Community-Dwelling Older Adults. Journal of personalized medicine. 2022.03; 12 (3): ( PubMed, DOI )

  4. Chang Ai-Hua, Lin Pei-Chen, Lin Pei-Chao, Lin Yi-Ching, Kabasawa Yuji, Lin Cheng-Yu, Huang Hsiao-Ling. Effectiveness of Virtual Reality-Based Training on Oral Healthcare for Disabled Elderly Persons: A Randomized Controlled Trial JOURNAL OF PERSONALIZED MEDICINE. 2022.02; 12 (2): ( PubMed, DOI )

  5. Furuya J, Suzuki H, Hidaka R, Koshitani N, Motomatsu Y, Kabasawa Y, Tohara H, Sato Y, Minakuchi S, Miyake S. Factors affecting the oral health of inpatients with advanced cancer in palliative care. Support Care Cancer. 2021.09; ( PubMed, DOI )

  6. Nami Koida, Yuji Kabasawa. Clinico-Statistical Study of Postoperative Delirium in Patients with Malignant Tumors in the Oral and Maxillofacial Region Pharmacology and Pharmacogenomics. 2021.08; 4 (1): 107-111. ( DOI )

  7. Hsu YJ, Chen YH, Lin KD, Lee MY, Lee YL, Yu CK, Kabasawa Y, Huang HL. Clinical Outcomes and Oral Health-Related Quality of Life after Periodontal Treatment with Community Health Worker Strategy in Patients with Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Study. International journal of environmental research and public health. 2021.08; 18 (16): ( PubMed, DOI )

  8. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer 日本口腔ケア学会雑誌. 2021.04; 15 (3): 264. ( 医中誌 )

  9. Lin YC, Du JK, Lin PC, Kabasawa Y, Lin PL, Hsiao SY, Huang HL. Association between the dental occlusion and perceived ability to eat foods of Taiwanese older adults. Journal of oral rehabilitation. 2021.02; ( PubMed, DOI )

  10. Suga Takayuki, Trang Thi Huyen Tu, Takenoshita Miho, Higashihori Norihisa, Kabasawa Yuji, Ono Takashi, Moriyama Keiji, Toyofuku Akira. 精神疾患併存患者に対する顎矯正手術の心理社会的適応(Psychosocial indication for orthognathic surgery in patients with psychiatric comorbidities) Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2020.12; 74 (11-12): 621-623. ( 医中誌 )

  11. Suga T, Tu TTH, Takenoshita M, Higashihori N, Kabasawa Y, Ono T, Moriyama K, Toyofuku A. Psychosocial Indication for Orthognathic Surgery in Patients with Psychiatric Comorbidities. Psychiatry and clinical neurosciences. 2020.08; ( PubMed, DOI )

  12. 貴島逸斗、河野弥生、中村耕一郎、樺沢勇司、田畑泰彦、古屋純一、花輪剛久. Application of a Gelatin Nonwoven Fabric as a Novel Oral Care Product 日本医用歯科機器学会誌. 2020.04; 25 (1): 33-38.

  13. 貴島 逸斗, 河野 弥生, 中村 耕一郎, 樺沢 勇司, 田畑 泰彦, 古屋 純一, 花輪 剛久. ゼラチン不織布を用いた口腔ケア用品の開発(Application of a Gelatin Nonwoven Fabric as a Novel Oral Care Product) 日本医用歯科機器学会誌. 2020.04; 25 (1): 33-38. ( 医中誌 )

  14. Kagifuku Y, Tohara H, Wakasugi Y, Susa C, Nakane A, Toyoshima M, Nakakuki K, Kabasawa Y, Harada H, Minakuchi S. What Factors Affect Changes in Body Composition and Swallowing Function in Patients Hospitalized for Oral Cancer Surgery? Clinical Interventions in Aging. 2020.01; 15 1-7. ( DOI )

  15. Ngamsom Supak, Nakamura Shin, Kabasawa Yuji, Harada Hiroyuki, Tohyama Rei, Kurabayashi Tohru. 下顎骨内に発生した外傷性神経腫の画像所見(Imaging findings of intraosseous traumatic neuroma of the mandible) Oral Radiology. 2018.09; 34 (3): 257-261. ( 医中誌 )

  16. Supak Ngamsom, Shin Nakamura, Yuji Kabasawa, Hiroyuki Harada, Rei Tohyama, Tohru Kurabayashi. Imaging findings of intraosseous traumatic neuroma of the mandible Oral Radiology. 2018.08; 34 257-261.

  17. Takemoto T, Kabasawa Y, Higuchi Y, Tabata Y, Aoki K, Tamura Y, Harada H. Combination of the RANKL-binding peptide W9 and bFGF induces ectopic bone regeneration in the rat calvarial defect mode Dental, Oral and Craniofacial Research. 2017.12; 4 (3): 2-7. ( DOI )

  18. Koki Hobo, Kanako Noritake, Masayo Sunaga, Tomoe Miyoshi, Ridan Cao, Hiroshi Nitta, Yuji Kabasawa, Atsuhiro Kinoshita. Effects of an interactive simulation material for clinical dentistry on knowledge acquisition and memory retention in dental residents. J. Med. Dent. Sci.. 2017.12; 64 (4): 43-52. ( PubMed, DOI )

  19. Hobo Koki, Noritake Kanako, Sunaga Masayo, Miyoshi Tomoe, Cao Ridan, Nitta Hiroshi, Kabasawa Yuji, Kinoshita Atsuhiro. 歯科研修医の知識獲得と記憶保持に臨床歯科学での対話型シミュレーション教材が及ぼす効果(Effects of an interactive simulation material for clinical dentistry on knowledge acquisition and memory retention in dental residents) Journal of Medical and Dental Sciences. 2017.12; 64 (4): 43-52. ( 医中誌 )

  20. Ngansom S, Nakamura S, Kabasawa Y, Harada H, Tohyama R, Kurabayashi T. Imaging findings of intraosseous traumatic neuroma of the mandible Oral Radiology. 2017.09;

  21. Takahara N, Nakagawa S, Sumikura K, Kabasawa Y, Sakamoto I, Harada H. Association of TMJ pain according to magnetic resonance imaging findings in TMD patients J Oral Maxillofac Surg. 2017.09; 75 (9): 1848-1855. ( DOI )

  22. Takahara Namiaki, Kabasawa Yuji, Sato Masaru, Tetsumura Akemi, Kurabayashi Tohru, Omura Ken. MRI changes in the temporomandibular joint following mandibular setback surgery using sagittal split ramus osteotomy with rigid fixation CRANIO-THE JOURNAL OF CRANIOMANDIBULAR PRACTICE. 2017; 35 (1): 38-45. ( PubMed, DOI )

  23. Sato M, Morita K, Kabasawa Y, Harada H. Bilateral nasolabial cysts: a case report. J Med Case Rep.. 2016.09; 10 (1): 246.

  24. Mochizuki Y, Harada H, Sakamoto K, Kayamori K, Nakamura S, Ikuta M, Kabasawa Y,Marukawa E, Shimamoto H, Tushima F, Omura K. Malignant lymphoma with initial symptoms in the mandibular region. J Cancer Ther. 2015.07; 6 (7): 554-565.

  25. Kimura Atsushi. Kabasawa Yuji. Tabata Yasuhiko. Aoki Kazuhiro. Ohya Keiichi. Omura Ken.. Gelatin hydrogel as a carrier of recombinant human fibroblast growth factor-2 during rat mandibular distraction. J. Oral Maxillofac. Surg.. 2014.10; 72 (10): 2015-2031. ( PubMed, DOI )

  26. Higuchi Y, Kabasawa Y, Sato M, Kikuchi T, Aoki K, Ohya K, Maruoka Y, Omura K. Effect of recombinant human fibroblast growth factor-2 on bone formation in rabbit mandibular distraction models using beta-tricalcium phosphate. Congenit Anom (Kyoto). 2010.06; 50 (2): 95-104. ( PubMed, DOI )

  27. Kawano T, Kabasawa Y, Ashikawa S, Sato Y, Jinno S, Omura K. Accuracy and reliability of thermal threshold measurement in the chin using heat flux technique. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2009.10; 108 (4): 500-504. ( PubMed, DOI )

  28. Satoh Y, Kabasawa Y, Jinno S, Omura K. Analysis of clinical usefulness of the heat flux technique: predictability of the recovery from neurosensory disturbances in the chin undergoing mandibular sagittal split ramus osteotomy. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2008.11; 106 (5): 637-643. ( PubMed, DOI )

  29. Kabasawa Y, Nagumo K, Takeda Y, Kawashima N, Okada N, Omura K, Yamaguchi A, Katsube K. Amelogenin positive cells scattered in the interstitial component of odontogenic fibromas. J Clin Pathol. 2008.07; 61 (7): 851-855. ( PubMed, DOI )

  30. Sato M, Maruoka Y, Kunimori K, Imai H, Kabasawa Y, Ichinose S, Harada K, Omura K. Morphological and immunohistochemical changes in muscle tissue in association with mandibular distraction osteogenesis. J Oral Maxillofac Surg. 2007.08; 65 (8): 1517-1525. ( PubMed, DOI )

  31. Kabasawa Y, Katsube K, Harada H, Nagumo K, Terasaki H, Perbal B, Okada N, Omura K. A male infant case of lipofibromatosis in the submental region exhibited the expression of the connective tissue growth factor. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2007.05; 103 (5): 677-682. ( PubMed, DOI )

  32. Kabasawa Y, Harada K, Jinno S, Satoh Y, Maruoka Y, Omura K. A new evaluation method for neurosensory disturbance in the chin of patients undergoing mandibular sagittal split ramus osteotomy: an application of the heat flux technique. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2006.12; 102 (6): 719-724. ( PubMed, DOI )

  33. Kabasawa Y, Asahina I, Gunji A, Omura K. Administration of parathyroid hormone, prostaglandin E2, or 1-alpha,25-dihydroxyvitamin D3 restores the bone inductive activity of rhBMP-2 in aged rats. DNA Cell Biol. 2003.09; 22 (9): 541-546. ( PubMed, DOI )

  34. Kabasawa Y. [The expression pattern of the chick pleiotrophin and its possible role in early embryogenesis]. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2002.09; 69 (3): 215-223. ( PubMed )

  35. Sakamoto K, Yamaguchi S, Ando R, Miyawaki A, Kabasawa Y, Takagi M, Li CL, Perbal B, Katsube K. The nephroblastoma overexpressed gene (NOV/ccn3) protein associates with Notch1 extracellular domain and inhibits myoblast differentiation via Notch signaling pathway. J Biol Chem. 2002.08; 277 (33): 29399-29405. ( PubMed, DOI )

  36. Katsube K, Chuai ML, Liu YC, Kabasawa Y, Takagi M, Perbal B, Sakamoto K. The expression of chicken NOV, a member of the CCN gene family, in early stage development. Brain Res Gene Expr Patterns. 2001.08; 1 (1): 61-65. ( PubMed )

  37. Ohsato Ai, Seki Naoko, Nguyen Tam Thi Thanh, Moross Janelle, Sunaga Masayo, Kabasawa Yuji, Kinoshita Atsuhiro, Morio Ikuko. Evaluating e-learning on an international scale: An audit of computer simulation learning materials in the field of dentistry JOURNAL OF DENTAL SCIENCES. 2022.01; 17 (1): 535-544. ( PubMed, DOI )

  38. 中川 美奈, 山口 久美子, 沼沢 益行, 舟越 優, 那波 伸敏, 鹿島田 彩子, 川上 千春, 則武 加奈子, 井津井 康浩, 岡田 英理子, 金子 英司, 樺沢 勇司, 鶴田 潤, 山脇 正永. COVID-19パンデミック下での学部学生を対象としたオンライン多職種連携教育 医学教育. 2021.07; 52 (Suppl.): 200. ( 医中誌 )

  39. 樺沢 勇司, 伊藤 奏, 戸倉 詩織, 高澤 維月, 木村 里緒, 中西 桃子, 秋山 喜久江, 大沼 由希, 足達 淑子, 小宮 瑠里, 野島 瞳, 原田 浩之, 三浦 雅彦, 吉村 亮一. 頭頸部がん放射線化学治療中の口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の臨床的検討 日本口腔ケア学会雑誌. 2021.04; 15 (3): 127. ( 医中誌 )

  40. 望月 裕美, 金子 葵, 津島 文彦, 道 泰之, 樺沢 勇司, 原田 浩之. 口腔乾燥感へのローヤルゼリーサプリメントの効果の検討 日本口腔ケア学会雑誌. 2021.04; 15 (3): 151. ( 医中誌 )

  41. 大里 愛, 關 奈央子, ジャネル・モロス , 須永 昌代, 樺沢 勇司, 木下 淳博, 森尾 郁子. eラーニング教材の開発とその国際汎用性について 口腔病学会雑誌. 2021.03; 88 (1): 76. ( 医中誌 )

  42. 樺沢勇司. 歯科医師・歯科衛生士の「口腔健康管理」について 月刊メディカルクオール. 2020.11; (312): 38-42.

  43. 樺沢 勇司. 歯科衛生士を中心とした周術期等の口腔健康管理を目指して 口腔病学会雑誌. 2020.11; 87 (2-3): 47-53. ( 医中誌 )

  44. 關 奈央子, モロス・ジャネル , 金森 ゆうな, 金澤 学, 駒ヶ嶺 友梨子, 水谷 幸嗣, 廖 信如, 樺沢 勇司, 井関 祥子, 森尾 郁子. 東京医科歯科大学歯学部における学生短期海外派遣とその派遣前教育について 日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集. 2020.09; 39回 61. ( 医中誌 )

  45. 小澤 晴菜, 日高 玲奈, 越谷 寧, 松原 ちあき, 鈴木 啓之, 樺沢 勇司, 戸原 玄, 水口 俊介, 三宅 智, 古屋 純一. 緩和ケアが必要な終末期がん入院患者の口腔環境 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 129. ( 医中誌 )

  46. 深谷 あゆ香, 坂口 由季, 古屋 純一, 樺沢 勇司, 難波 佳子, 中西 桃子, 秋山 喜久江, 近藤 圭子, 足達 淑子, 荒川 真一. 某大学病院口腔ケア外来と緩和ケア病棟の連携の現状と課題 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.08; 15 (1): 82. ( 医中誌 )

  47. 樺沢 勇司. 周術期口腔機能管理についての検討 日本口腔科学会雑誌. 2020.07; 69 (2): 92. ( 医中誌 )

  48. 樺沢 勇司. リツキシマブにより生じた広範な難治性口内炎の一例 有病者歯科医療. 2020.04; 29 (1): 105. ( 医中誌 )

  49. 伊藤 奏, 荒川 真一, 近藤 圭子, 樺沢 勇司. 歯科衛生学生における医科訪問診療実習導入の検証 日本歯科衛生教育学会雑誌. 2019.10; 10 (2): 141. ( 医中誌 )

  50. 樺沢 勇司, 吉田 直美. 【内科医に求められる他科の知識-専門家が伝えるDo/Don't】(第10章)歯科・口腔外科 口腔ケア 内科. 2019.09; 124 (3): 2017-2019. ( 医中誌 )

  51. 樋口 佑輔, 樺沢 勇司, 富岡 寛文, 林 駿哉, 土谷 麻衣子, 原田 浩之. 下顎骨に発生した毛細血管奇形の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.08; 65 (8): 557-562. ( 医中誌 )

  52. 貴島 逸斗, 中村 耕一郎, 樺沢 勇司, 田畑 泰彦, 古屋 純一, 河野 弥生, 花輪 剛久. ゼラチン不織布を用いた口腔ケア用品の開発 日本医用歯科機器学会誌. 2019.07; 24 (2): 76. ( 医中誌 )

  53. 中谷 嶺, 佐藤 百合子, 津島 文彦, 富岡 寛文, 田中 香衣, 樺沢 勇司, 坂本 啓, 池田 通, 原田 浩之. 顎骨内に生じた腺性歯原性嚢胞の4例 日本口腔科学会雑誌. 2019.07; 68 (2): 122. ( 医中誌 )

  54. 樺沢 勇司, 古屋 純一, 品田 佳世子, 遠井 政行, 大津 杏理, 近藤 圭子, 安田 昌代, 木村 文香, 難波 佳子, 足達 淑子, 荒川 真一. 口腔ケア外来における周術期等口腔機能管理の臨床的検討 口腔病学会雑誌. 2019.03; 86 (1): 12. ( 医中誌 )

  55. 宮新 美智世, 柿野 聡子, 上原 智己, 大石 敦之, 和田 奏絵, 関矢 多希, 橋本 吉明, 樺沢 勇司. 小児科病棟への定期往診とその評価 小児歯科学雑誌. 2019.02; 57 (1): 107-108. ( 医中誌 )

  56. 中村 留理子, 小林 起穂, 紙本 裕幸, 疋田 理奈, 東堀 紀尚, 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 外科的急速拡大およびtwo-jaw surgeryを施行した上顎狭窄歯列弓を伴う骨格性III級開咬症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 334. ( 医中誌 )

  57. 小笠原 毅, 松本 力, 宮崎 貴之, 馬場 優里, 伊藤 洋介, 樺沢 勇司, 森山 啓司. Le Fort I型骨切り術および下顎骨前方移動術により睡眠呼吸障害の改善を認めた骨格性II級不正咬合の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2018.10; 77回 335. ( 医中誌 )

  58. 樺沢 勇司, 品田 佳世子, 古屋 純一, 塩山 秀裕, 近藤 圭子, 安田 昌代, 柿野 聡子, 和田 奏絵, 大石 敦之, 上原 智己, 関矢 多希, 猪原 千佳, 茂木 瑞穂, 木村 文香, 難波 佳子, 大沼 由季, 足達 淑子, 宮新 美智世, 荒川 真一. 歯科衛生士による口腔ケアおよび小児歯科外来における周術期口腔機能管理症例の検討 口腔病学会雑誌. 2018.03; 85 (1): 28. ( 医中誌 )

  59. 伊藤 洋介, 東堀 紀尚, 金澤 学, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 下顎枝矢状分割術による外科的矯正治療を行った大臼歯部の咬合支持喪失を伴う骨格性III級不正咬合の一症例 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集. 2017.10; 76回 277. ( 医中誌 )

  60. 武元 徹, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 田畑 泰彦, 青木 和広, 田村 幸彦, 原田 浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2017.06; 33回 153. ( 医中誌 )

  61. 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 上條 真吾, 土田 優美, 鈴木 哲也, 原田 浩之. 顎変形症患者での光学印象の経験 印象精度と今後の課題 日本顎変形症学会雑誌. 2017.05; 27 (2): 122. ( 医中誌 )

  62. 武元 徹, 樺沢 勇司, 田村 幸彦, 青木 和広, 原田 浩之. RANKL結合ペプチドW9はラット頭蓋骨欠損モデルにおいてbFGF誘導骨形成を促進させる(The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model) 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1): 53. ( 医中誌 )

  63. 北村良平, 川元龍夫, 宮本順, 樺沢勇司, 小村健, 黒原一人, 天笠光雄, 森山啓司. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術と下顎枝矢状分割術を施行した骨格性下顎前突症例の術後の顎態変化について 日本顎変形症学会雑誌. 2010; 20 (3): 211-219. ( 医中誌 )

  64. 大山篤, 清水チエ, 佐藤光生, 濱野英也, 砺波健一, 大原里子, 吉岡隆知, 樺沢勇司, 新田浩, 塩沢育己, 荒木孝二, 木下淳博, 俣木志朗. 本学歯学部附属病院歯科総合診療部における医歯学シミュレーション教育システムの実施と評価 日本口腔診断学会雑誌. 2009; 22 (1): 1-10. ( 医中誌 )

  65. 山本信祐, 生田稔, 樺沢勇司, 小村健. 舌裂創を契機に判明した血友病Aの1例 口腔顎顔面外傷. 2009; 8 (2): 52-56. ( 医中誌 )

  66. 高根努, 森田圭一, 佐藤昌, 樺沢勇司, 丸岡豊, 小村健. Le Fort I型骨切り術後に生じたsurgical ciliated cystの1例 日本口腔外科学会雑誌. 2008; 54 (11): 616-620. ( 医中誌 )

  67. 丸川恵理子, 小村健, 原田浩之, 樺沢勇司, 福田晃久, 吉田文彦. 腫瘍切除後に前腕皮弁で再建を行った軟口蓋多形性腺腫の3例 日本口腔外科学会雑誌. 2006; 52 (3): 199-202. ( 医中誌 )

  68. 大町浩史, 原田清, 佐藤昌, 盛島聖子, 樺沢勇司, 丸岡豊, 小村健. 下顎の後方移動術に伴うオトガイ部軟組織の変化 下顎枝矢状分割術単独施行症例とオトガイ形成術併用症例との比較 日本顎変形症学会雑誌. 2006; 16 (1): 8-11. ( 医中誌 )

  69. 神野成治, 樺沢勇司, 佐藤百合子, 海野雅浩. 顎顔面部の温冷覚閾値 熱流束方式による計測の有用性 日本歯科麻酔学会雑誌. 2006; 34 (5): 492-497. ( 医中誌 )

  70. 藤田耕, 原田浩之, 長谷川正午, 今井英樹, 樺沢勇司, 森田圭一, 島本裕彰, 小村健. 頭頸部領域に生じた石灰化上皮腫6症例の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2005; 51 (6): 285-290. ( 医中誌 )

  71. 小林弘幸, 原田清, 菊池剛, 佐藤昌, 盛島聖子, 樺沢勇司, 丸岡豊, 小村健. 馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術による上顎上方移動の確実性及び術後安定性について 日本顎変形症学会雑誌. 2004; 14 (1): 43-48. ( 医中誌 )

  72. 渡邉洋次, 樺沢勇司, 大倉一徳, 森山孝, 高橋悦子, 生田稔, 森田圭一, 丸川恵理子, 石畝亘, 小村健. 顎骨に生じた開花性セメント質骨異形成症の臨床病理学的検討 日本口腔外科学会雑誌. 2003; 49 (5): 323-328. ( 医中誌 )

  73. 樺沢勇司. プレイオトロフィンのトリ初期胚における発現パターンの解析と推定される機能 口腔病学会雑誌. 2002; 69 (3): 215-223. ( 医中誌 )

  74. 樺沢勇司, 戸田ひとみ, 鈴木亜矢, 原田浩之, 岩佐俊明, 小村健. 周辺部に広範なメラニン沈着を伴った下顎歯肉扁平上皮癌の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2002; 48 (12): 624-627. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 樺沢勇司、有泉陽介 他. 歯科が知っておきたいNST 栄養と食生活指導のエッセンス. 医歯薬出版, 2020.08 栄養と疾患 各論8 頭頚部の癌 (ISBN : 9784263422816)

  2. 全国歯科衛生士教育協議会. 歯科衛生学辞典. 永末書店, 2019.07 口腔外科分野 (ISBN : 978-4-8160-1368-3)

  3. 樺沢勇司 他.  「 MRONJ 診断と治療の最前線「MRONJ に対する治療法」 . デンタルダイヤモンド, 2015.10

  4. 關 奈央子,須永昌代,福井雄二,ジャネル・モロス,樺沢勇司,木下淳博. TMDU 臨床トレーニングシリーズ 英語医療面接教材 56yo Female jaw pain.他9本. 東京大学出版会, 2014

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yuji Kabasawa, Kanade Ito, Shiori Tokura, Itsuki Takazawa,Rio Kimura, Tohko Nakanishi, Kikue Akiyama, Yuki Onuma, Toshiko Adachi, Ruri Komiya, Hiroyuki Harada, Hitomi Nojima, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura. Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer. The 1st Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2021.04.18 東京

  2. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. 頭頸部がんへの放射線化学療法時に発症する口腔粘膜炎に対して、エピシル口腔用液が及ぼす効果に関するの臨床研究(Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  3. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. 頭頸部がんへの放射線化学療法時に発症する口腔粘膜炎に対して、エピシル口腔用液が及ぼす効果に関するの臨床研究(Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  4. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. 頭頸部がんへの放射線化学療法時に発症する口腔粘膜炎に対して、エピシル口腔用液が及ぼす効果に関するの臨床研究(Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  5. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. 頭頸部がんへの放射線化学療法時に発症する口腔粘膜炎に対して、エピシル口腔用液が及ぼす効果に関するの臨床研究(Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  6. Kabasawa Yuji, Ito Kanade, Tokura Shiori, Takazawa Itsuki, Kimura Rio, Nakanishi Tohko, Akiyama Kikue, Onuma Yuki, Adachi Toshiko, Komiya Ruri, Harada Hiroyuki, Nojima Hitomi, Miura Masahiko, Yoshimura Ryoichi. 頭頸部がんへの放射線化学療法時に発症する口腔粘膜炎に対して、エピシル口腔用液が及ぼす効果に関するの臨床研究(Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer). 日本口腔ケア学会雑誌 2021.04.01

  7. Yuji Kabasawa. Perioperative oral function management of oral cancer patients and Current status regarding dental hygienist in Japan. Lecture for the hospital staffs and post-graduate students of Kyungpook National University 2018.12.21 Daegu, KOREA

  8. Yuji Kabasawa. Perioperative oral function management of oral cancer patients. 43rd Annual conference of AOMSI and 1st Indo-Japan OMS conference 2018.10.12 Chennai

  9. 武元 徹、樺沢勇司、田村幸彦、青木和広、原田浩之. The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.26

  10. 高原楠旻、樋口佑輔、武元 徹、樺沢勇司、 原田浩之. 下顎枝矢状分割術による後方移動後の後戻りについて. 第26回顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24

  11. Takahara, Namiaki *; Kabasawa, Yuji; Akemi, Tetsumura; Tohru, Kurabayashi; Hiroyuki, Harada. DYNAMIC MR IMAGING OF THE TEMPOROMANDIBULAR JOINT: A PRELIMINARY STUDY . Advanced Digital Technology (ADT) North America and Japan Regional Leadership Groups Conference 2016.06.18 San Diego, USA

  12. Kabasawa Y, Tsuchida Y, Takahara N, Kamijo S, Suzuki T. Accuracy of a 3-Dimensional model for surgical support of orthognathic surgery-efficacy of synthesis of data from computed tomography and dental model scan.. Advanced Digital Technology (ADT) North America and Japan Regional Leadership Groups Conference 2016.06.16 San Diego, USA

  13. Kimura A, Kabasawa Y, Sato M, Takahara N, Matsumoto K, Higuchi Y, Tabata Y, Aoki K, Ohya K, Omura K. The feasibility of gelatin hydrogel as a carrier of basic fibroblast growth factor for bone formation in rat mandibular distraction. The 22nd Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery September 23-26, 2014 2014.09.23 Prague

  14. 中川美奈,山口久美子,沼沢益行,那波伸敏,鹿島田彩子,則武加奈子,井津井康浩,岡田英理子,金子英司,樺沢勇司,川上千春,鶴田潤,山脇正永,秋田恵一. 学部学生を対象としたオンライン専門職連携教育早期体験実習. 第54回日本医学教育学会大会 2022.08.05

  15. 伊藤 奏, 樺沢 勇司. 脳波・心電図測定を用いた歯ブラシの"心地よさ"の検討. 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  16. 坂口 由季,中西 桃子,釼持 郁,足達 淑子,樺沢 勇司,荒川 真一,石塚 潤子,梅澤 佳央,山本 正英,森 毅彦,荒川 真一. 同種造血幹細胞移植患者の歯科衛生士による周術期口腔健康管理に関する検討. 日本がん口腔支持療法学会 2021.12.04 オンライン会議

  17. 佐藤 仁美, 宮島 美穂, 樺沢 勇司, 富岡 寛文, 原田 浩之, 武藤 仁志, 石田 陽菜, 竹内 崇. 高照度光療法を用いた口腔がんのせん妄予防の取り組み. 総合病院精神医学 2021.11.01

  18. 森下 幸治, 加藤 渚, 中堤 啓太, 岡田 祥治朗, 鳥羽 三佳代, 工藤 篤, 石井 牧子, 脇田 亮, 樺沢 勇司, 大友 康裕. 院内急変におけるAEDボックスの開放による自動通報システムの使用経験. 日本救急医学会雑誌 2021.11.01

  19. 伊藤 奏, 吉田 直美, 樺沢 勇司. 歯科衛生士の地域医療と医科歯科連携および教育に関する実態調査. 日本歯科衛生教育学会雑誌 2021.10.01

  20. 戸倉詩織、伊藤奏、高澤維月、大沼由季、足達淑子、原田浩之、野島 瞳、三浦雅彦、吉村亮一、樺沢勇司. 頭頸部がん化学放射線療法中の口腔粘膜炎に対する半夏瀉心湯の含嗽による有効性の検討. 第16回 日本歯科衛生学会 学術大会 2021.09.30 オンライン開催

  21. 坂口由季、樺沢勇司、遠井政行、中西桃子、秋山喜久江、永田幸子、福田理恵子、松本美佐、足達淑子、荒川真一. 血液疾患患者の周術期における口腔健康管理に関する検討. 第16回 日本歯科衛生学会 学術大会 2021.09.18 オンライン開催

  22. 坂口 由季,樺沢勇司,遠井政行,中西桃子,秋山喜久江,永田幸子,福田理恵子,松本美佐,足達淑子,荒川真一. 血液疾患患者の周術期における口腔健康管理の効果に関する検討. 日本歯科衛生学会第16回学術大会 2021.09.18 オンライン会議

  23. 高澤維月、伊藤奏、 戸倉詩織、 中西桃子、秋山喜久江、大沼由季、足達淑子、遠井政行、荒川真一、 樺沢勇司. 局所管理ハイドロゲル創傷被覆・保護剤の疼痛緩和効果と歯科衛生士の役割についての検討. 第16回 日本歯科衛生学会 学術大会 2021.09.18 オンライン開催

  24. 深谷 あゆ香,坂口 由季,樺沢 勇司,難波 佳子,中西 桃子,秋山 喜久江,永田 幸子,近藤 圭子,足達 淑子,荒川 真一. 緩和ケア病棟における口腔健康管理で歯科衛生士が担う役割に関する検討. 日本歯科衛生学会第16回学術大会 2021.09 オンライン開催

  25. 戸倉 詩織, 伊藤 奏, 高澤 維月, 大沼 由季, 足達 淑子, 原田 浩之, 野島 瞳, 三浦 雅彦, 吉村 亮一, 樺沢 勇司. 頭頸部がん化学放射線療法中の口腔粘膜炎に対する半夏瀉心湯の含嗽による有効性の検討. 日本歯科衛生学会雑誌 2021.08.01

  26. 坂口 由季, 樺沢 勇司, 遠井 政行, 中西 桃子, 秋山 喜久江, 永田 幸子, 福田 理恵子, 松本 美佐, 足達 淑子, 荒川 真一. 血液疾患患者の周術期における口腔健康管理の効果に関する検討. 日本歯科衛生学会雑誌 2021.08.01

  27. 樺沢勇司. 東京医科歯科大学での周術期等口腔機能管理の概要と歯科衛生士の介入効果について. 特定非営利活動法人 歯科医療情報推進機構 講演会 2021.06.27 東京 ウェブ開催

  28. 樺沢勇司、伊藤 奏、戸倉詩織、高澤維月、木村里緒、中西桃子(3)、秋山喜久江、大沼由季、足達淑子、小宮瑠里、野島 瞳、原田浩之、三浦雅彦、吉村亮一. 頭頚部がん放射線化学治療中の口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の臨床的検討. 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021.04.18 東京

  29. 關奈央子, ジャネルモロス, 金森ゆうな, 金澤学, 駒ヶ嶺友梨子, 水谷幸嗣, 廖信如, 樺沢勇司, 井関祥子, 森尾郁子. 東京医科歯科大学歯学部における学生短期海外派遣とその派遣前教育について. 第39回日本歯科医学教育学会総会・学術大会 2020.09.25 オンライン開催

  30. 深谷 あゆ香,坂口 由季,古屋 純一,樺沢 勇司,難波 佳子,中西 桃子,秋山 喜久江,近藤 圭子,足達 淑子,荒川 真一. 某大学病院口腔ケア外来と緩和ケア病棟の連携の現状と課題. 日本歯科衛生学会第15回学術大会 2020.08

  31. 樺沢 勇司. リツキシマブにより生じた広範な難治性口内炎の1例. 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020.02.28 神戸(Web 開催)

  32. 須永昌代,山口久美子,戸原 玄,樺沢勇司,木下淳博. 歯科衛生士に対する卒後・復職支援教育のための口腔管理を学ぶコンピュータシミュレーション教材の開発. 第14医療系e-ラーニング全国交流会,講演要旨集,p54-55, 2019年12月21-22日 2019.12.22 広島大学(広島県広島市)

  33. 伊藤奏 , 荒川真一, 近藤 圭子, 樺沢 勇司. 歯科衛生学生における医科訪問診療実習導入の検証. 第10回日本歯科衛生教育学会総会・学術大会 2019.12.08 福岡県福岡市

  34. 樺沢勇司. 口腔ケアについて. 歯学部看護部 歯科口腔領域専門研修第2回 2019.11.08 東京

  35. 林 知美、樺沢勇司、西村はるみ、高橋功次、森本清子、深山治久、横内清子. 当院における術前呼吸訓練の効果. 第15回 歯科・口腔外科看護研究会 2019.10.26 札幌、北海道

  36. 樺沢勇司. 歯科異物の誤飲・誤嚥の対処法について. 2019年度医療安全・感染対策合同研修会 2019.08.28 東京

  37. 貴島逸斗、中村耕一郎、樺沢勇司、田端泰彦、古屋純一、河野弥生、花輪剛久. ゼラチン不織布を用いた口腔ケア用品の開発. 日本医用歯科機器学会 2019.07.27 名古屋

  38. 樺沢 勇司. 抗血栓療法患者に対する抜歯時の対応について. 東京都国民健康保険団体連合会研修会 2019.07.18 東京

  39. 樺沢勇司、宮本洋子. 歯病口腔ケア勉強会 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 看護師セミナー. 本学医学部附属病院B10階 看護師セミナー 2019.07.18 東京

  40. 樺沢 勇司. 「歯科ってなに?」. 歯学部附属病院看護部 歯科口腔領域専門研修 2019.06.14 東京

  41. 樺沢勇司. 歯病口腔ケア外来における周術期等口腔機能管理について. 御茶ノ水SCクラブ 第9回学術集会 2019.03.22 東京

  42. 樺沢勇司、古屋純一、品田佳世子、遠井政行、大津杏理、近藤圭子、安田昌代、木村文香、難波佳子、足達淑子、荒川真一. 口腔ケア外来における周術期等口腔機能管理の臨床的検討. 第83回口腔病学会学術大会 2018.12.01

  43. 吉住 結, 中根 綾子, 中久木 康一, 豊島 瑞枝, 雨宮 輝美, 樺沢 勇司, 戸原 玄, 水口 俊介. 口腔腫瘍患者への多職種による嚥下リハの取り組み. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌 2018.12.01

  44. 宮新美智世、柿野聡子、橋本吉明、上原智己、大石敦之、和田奏絵、関矢多希、樺沢勇司. 小児科病棟への定期往診とその評価. 日本小児歯科学会第36回北日本地方会・第33回関東地方会合同大会 2018.10.07 宇都宮

  45. 吉住結,中根綾子,中久木康一,豊島瑞枝,雨宮輝美,樺沢勇司,戸原玄,水口俊介. 口腔腫瘍患者への多職種による嚥下リハの取り組み. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.09 仙台

  46. 樺沢勇司. TMDUでの周術期口腔機能管理について. 東京医科歯科大学顎口腔外科学同窓会総会 2018.03.25 東京

  47. 樺沢勇司. 東京医科歯科大学歯学部附属病院・医学部病院における周術期の現状. 文京区歯科医師会学術集会 2018.03.12

  48. 樺沢勇司. 顎顔面領域の外傷について. 損害保険料率算出機構勉強会 2018.03.07

  49. 樺沢勇司、品田佳世子、古屋純一、塩山秀裕、近藤圭子、安田昌代、柿野聡子、和田奏絵、大石敦之、上原智己、関矢多希、猪原千佳、茂木瑞穂、木村文香、難波佳子、大沼由季、足達淑子、宮新美智世、荒川真一. 歯科衛生士による口腔ケアおよび小児歯科外来における周術期口腔機能管理症例の検討. 第82回口腔病学会学術大会 2017.11.19

  50. 伊藤洋介、東堀紀尚、金澤学、樺沢勇司、森山啓司. 下顎枝矢状分割術による外科的矯正治療を行った大臼歯部の咬合支持喪失を伴う骨格性Ⅲ級不正咬合の一症例. 第76回日本矯正歯科学会学術大会 2017.10.18 北海道札幌市

  51. 高原楠旻,樺沢勇司,木村 敦,上條真吾,土田優美,鈴木哲也,原田浩之. 顎変形症患者での光学印象の経験 -印象精度と今後の課題-. 第27回日本顎変形症学会総会学術大会 2017年6月15-16日 2017.06.15 東京

  52. 武元 徹, 樺沢勇司, 樋口佑輔, 田畑泰彦, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第16回日本再生医療学会総会 2017年3月7-9日 2017.03.07 仙台市

  53. 樺沢勇司. 患者急変時初期対応の基本を再考する. 土浦石岡歯科医師会 学術講演会 2017.02.04

  54. 鉄村明美, 中村伸, 樺沢勇司, 高原楠旻, 角倉可奈子, 吉野教夫, 坂本潤一郎, 藤倉満美子, 倉林亨. 3T MRI装置を用いた3Dとリアルタイムシネ画像による顎関節の評価. 2017.01.21 横須賀市

  55. 樺沢勇司. 私が経験した顎矯正手術におけるトラブルとその術後経過について. 第202回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2016.12.10

  56. 樺沢勇司、佐藤百合子、高原楠旻、樋口佑輔、木村 敦、武元 徹、原田浩之. 可撤性義歯によって上顎骨の位置決めを行い、顎矯正手術を施行した1例. 第61回 (公社)日本口腔外科学会総会 2016.11.25 千葉

  57. 樋口佑輔, 樺沢勇司, 佐藤百合子, 高原楠旻, 武元 徹, 原田浩之. CTを用いた顎変形症患者における下顎頭形態の分析. 第26回顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24

  58. 樺沢勇司, 佐藤百合子, 高原楠旻, 樋口佑輔, 武元 徹, 原田浩之. Le FortⅠ型骨切り術によるカント修正の精度と術後安定性の検討. 第26回顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.24

  59. 樺沢勇司. 術後管理とトラブルについて. AO Matrix Round Table 2016.04.27

  60. 上園 将慶, 松本 力, 東堀 紀尚, 鈴木 聖一, 樺沢 勇司, 原田 清, 森山 啓司. 上顎前歯部歯槽骨切り術によって上顎の著しい前突感が改善された1症例-三次元再構築画像を用いた軟組織変化の検討-. 第74回東京矯正学会学術大会 2015.07.16 東京

  61. 庄司 あゆみ, 小川 卓也, 樺沢 勇司, 森山 啓司. 当分野において長期管理を行ったcleidocranial dysplasiaの1例. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015年5月21-22日 2015.05.21 東京

  62. 佐藤 昌, 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 松本 佳奈子, 木村 敦. 下顎枝矢状分割術後の下顎枝形態,下顎管の解剖学的位置とオトガイ神経麻痺との関係. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 幕張市

  63. 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 佐藤 昌, 樋口 佑輔, 木村 敦, 小村 健. MRIを用いた下顎枝矢状分割術後の顎関節への影響についての検討. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014年6月10-11日 2014.06.10 福岡市

  64. 樺沢 勇司, 佐藤 昌, 高原 楠旻, 小枝 聡子, 樋口 佑輔, 松本 佳奈子, 木村 敦, 小村 健. 睡眠時無呼吸を有する下顎前突症患者2例の治療経験. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会 2014年6月10-11日 2014.06.10 福岡市

  65. 木村 敦, 樺沢 勇司, 佐藤 昌, 高原 楠旻, 松本 佳奈子, 樋口 佑輔, 田畑 泰彦, 田村 幸彦, 青木 和広, 大谷 啓一, 小村 健. ラット下顎骨延長におけるbFGF含有gelatin hydrogelの有用性. 第13回日本再生医療学会総会 2014年3月4-6日 2014.03.04 京都

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • ラジオ出演,2021年07月

    2021年7月4日、7月11日 午前11時40分~11時55分 CBCラジオ「燃えよ研究の志士達」に「歯みがきをやならくちゃからやりたいことへ」をテーマとして樺沢が出演しました。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 臨床口腔保健衛生実習,2018年 - 現在

  • チーム医療の実践,2018年 - 現在

  • 臨床医学,2017年 - 現在

  • 口腔外科学・歯科麻酔科学,2017年 - 現在

  • 保健医療サービス,2017年 - 現在

  • 卒業研究,2017年 - 現在

  • 口腔外科工学,2017年 - 現在

  • 臨地・臨床実習,2017年 - 現在

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」ことへ,CBCラジオ,燃えよ!研究の志士たち,2021年06月10日

  • ブルーリボンキャラバン東京でのブース出展,東京医科歯科大学、NPO法人キャンサーネットジャパン,2017年10月12日 - 現在

  • アメリカ心臓協会(AHA)救命救急講習会,日本ACLS協会、歯科・口腔外科ECCトレーニングサイト,2007年08月26日 - 現在