基本情報

写真a

寺内 公一(テラウチ マサカズ)

TERAUCHI Masakazu


職名

教授

生年

1967年

研究室住所

113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-4605

研究室FAX番号

03-5803-4605

メールアドレス

teragyne@tmd.ac.jp

ホームページ

http://www.joseikenko.com/

研究分野・キーワード

女性医学、女性ヘルスケア、更年期障害、骨粗鬆症

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  教養学部  理科Ⅰ類  1987年03月

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1994年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  産科婦人科学  博士課程  2003年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(医学)  東京医科歯科大学

  • 博士(医学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部 産科婦人科学教室 研究従事
  • 1994年05月
    -
    1995年06月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 産科婦人科 医員(研修医)
  • 1999年02月
    -
    1999年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 産科婦人科 医員(医病)
  • 2003年04月
     
     
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 小児・周産・女性診療部門 周産・女性診療科 医員(医病)
  • 2003年04月
    -
    2005年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 生殖機能協関学 助教

全件表示 >>

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1995年07月
    -
    1997年06月
    国保旭中央病院 産婦人科 医員
  • 1997年07月
    -
    1999年01月
    東京都立大塚病院 産婦人科 医員
  • 2005年08月
    -
    2008年03月
    エモリー大学医学部 内分泌代謝内科 リサーチ・フェロウ

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

  • 日本女性医学学会

  • 日本胎盤学会

  • 日本骨粗鬆症学会

  • 日本骨代謝学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年11月
    -
    2014年10月
    更年期と加齢のヘルスケア学会 代表幹事
  • 2008年11月
    -
    2016年03月
    更年期と加齢のヘルスケア学会 幹事
  • 2009年06月
    -
    現在
    日本女性心身医学会 代議員
  • 2009年06月
    -
    現在
    日本女性心身医学会 幹事
  • 2009年10月
    -
    2017年10月
    日本女性医学学会 幹事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア指導医

  • 日本抗加齢医学会専門医

  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科指導医

  • 日本骨粗鬆症学会認定医

  • 北米閉経学会認定医

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中高年女性の気分障害と睡眠障害,2008年04月 - 現在

  • 閉経後骨粗鬆症の発症機序と治療,2003年04月 - 現在

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 更年期女性の外的ストレスに対する精神的レジリエンス曲線の変化に関する基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 更年期うつ症状の発症機構における酸化ストレスの関与に関する基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 更年期うつ症状の発症機構における酸化ストレスの関与に関する基礎的研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • 寺内公一. 心身医療と続発性無月経 心身医学. 2020.09; 60 (6): 502-508.

  • 寺内公一. 選択的エストロゲン受容体モジュレータ―(SERM) 診断と治療. 2020.09; 108 (9): 1205-1208.

  • 寺内公一. 妊娠後骨粗鬆症 糖尿病・内分泌代謝科. 2020.09; 51 (3): 221-223.

  • Tamami Odai, Masakazu Terauchi, Risa Suzuki, Kiyoko Kato, Asuka Hirose, Naoyuki Miyasaka. Severity of subjective forgetfulness is associated with high dietary intake of copper in Japanese senior women: A cross-sectional study Food Science & Nutrition. 2020.08; 8 (8): 4422-4431.

  • 寺内公一. WHI研究以前と以後のホルモン補充療法の動向 日本医事新報. 2020.08; (5025): 48.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 寺内公一. 産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020. 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会, 2020.04 CQ406 更年期障害の診断上の留意点は?; CQ407 更年期障害への対応は?; CQ408 ホルモン補充療法(HRT)の有害事象についての説明は?; CQ409 更年期の精神症状に対する薬物療法はどのように行うか?; CQ410 更年期障害に対する漢方治療・補完代替医療はどのように行うか?

  • 寺内公一. 女性医学ガイドブック 更年期医療編 2019年度版. 金原出版, 2019.11 更年期障害の評価方法

  • 寺内公一. 産科婦人科臨床シリーズ6 女性医学. 中山書店, 2019.10 症候学:下腹部痛・骨盤痛,HRTの課題と今後の展望 (ISBN : 978-4-521-74766-8)

  • 寺内公一. 副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版. 診断と治療社, 2019.05 妊娠後骨粗鬆症

  • 寺内公一. 産科婦人科臨床シリーズ1 生殖生理. 中山書店, 2019.05 閉経に伴う心血管系の変化

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 寺内公一. 特別講演「女性ホルモンとメンタルヘルス―OC/LEPからHRTまで―」. 渋谷区産婦人科医会・東京産科婦人科学会渋谷区支部学術講演会 2020.09.24 東京

  • 寺内公一. 特別講演「女性更年期障害の漢方療法」. 熊本女性医療と漢方の集い 2020.08.27 web

  • 寺内公一. 更年期女性の不眠―その特性と対処法について―. エーザイ株式会社メディカル研修会 2020.07.28 web

  • 寺内公一. クリニカルアワー7 閉経後女性のQOLと女性ホルモン「メンタルヘルスと女性ホルモン」. 第93回日本内分泌学会学術総会 2020.07.20 web

  • 寺内公一. 女性に特有の健康課題―女性の不定愁訴と心身医学―. 花王株式会社学術指導オンラインレクチャー 2020.06.08 web

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第37回産婦人科漢方研究会学術集会 優秀演題賞(寺内公一),2017年08月

  • 第6回アジア太平洋閉経学会 最優秀口演賞(寺内公一),2017年04月

  • 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 International Session Good Poster Award(寺内公一),日本産科婦人科学会,2016年04月

  • 東京医科歯科大学医学研究奨励賞(医学研究部門)(寺内公一),東京医科歯科大学医学部,2016年01月

  • 日本女性心身医学会 優秀演題賞,日本女性心身医学会,2015年07月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 大規模調査で判明した無塩トマトジュースの血圧、血中脂質改善効果を国際学会誌に発表,2020年06月

    書籍「悪玉コレステロールを自力で下げる本」への記事掲載(寺内公一)

  • 美しく生きる!更年期の秘密,2020年03月

    NHK BSプレミアム「美と若さの新常識」への出演(寺内公一)

  • 更年期治療HRTはリスク? 福音? 最新知識を得る,2020年03月

    ウェブサイト「日経ARIAアカデミー」への記事掲載(寺内公一)

  • 更年期症状を悪化させるスーパーウーマンシンドローム,2020年02月

    ウェブサイト「日経ARIAアカデミー」への記事掲載(寺内公一)

  • 物忘れ、集中⼒の低下、眠れない…これも更年期症状,2020年01月

    ウェブサイト「日経ARIAアカデミー」への記事掲載(寺内公一)

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ブロック講義「生殖・発達」,2014年 - 現在

  • 遺伝医学特論,2009年 - 2013年

  • 母性看護学講義,2009年 - 2012年

  • 産科婦人科学講義,2008年 - 2013年

  • 系別総合講義「生殖・発達・加齢」,2008年 - 2011年

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 母性看護学概論,水戸メディカルカレッジ

  • 疾病と治療,水戸メディカルカレッジ

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 更年期と女性ホルモン,NHK,BSプレミアム「美と若さの新常識~カラだのヒミツ~」,2019年11月07日 - 2019年12月26日

  • トマトジュースの降圧作用について,主婦の友インフォス,月刊「健康」,2018年02月16日

  • 更年期障害について,株式会社メディカルノート,メディカルノート,2018年01月22日

  • 「トマトジュース」の中性脂肪、高血圧効果,株式会社マイヘルス社,壮快,2018年01月19日