基本情報

写真a

隅田 由香(スミタ ユカ)

SUMITA Yuka


職名

講師

生年

1972年

研究室住所

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面補綴学分野

研究室電話番号

03-5803-4757

研究室FAX番号

03-5803-4757

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/mfp/index.html

研究分野・キーワード

顎顔面補綴,顎義歯,Speech, 頭頚部癌,栄養,デジタルテクノロジー

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科大学  歯学部  歯学科  1997年03月  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  顎顔面補綴学  博士課程  2001年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面補綴学 講師
  • 2003年04月
    -
    2005年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面補綴学 助教
  • 2001年04月
    -
    2003年03月
    東京医科歯科大学 歯学部附属病院 診療科 回復系診療科 顎義歯外来 医員(歯病)
  • 2005年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面補綴学 講師
  • 2021年04月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 顎顔面補綴学 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 病院 歯系診療部門 口腔機能系診療領域 義歯科(専)顎顔面補綴外来 講師

▼全件表示

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    現在
    日本歯科大学生命歯学科 歯学部 非常勤講師
  • 2008年04月
    -
    現在
    聖霊クリストファー大学 歯科口腔外科 非常勤講師
  • 2015年04月
    -
    現在
    自治医科大学 形成外科 非常勤講師
  • 2018年04月
    -
    現在
    東京大学 歯科口腔外科 非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本顎顔面補綴学会

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会

  • International College of Prosthodontists

  • American Academy of Maxillofacial Prosthetics

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会

  • 日本頭頸部癌学会

  • 口腔病学会

  • 一般社団法人日本審美歯科学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 編集委員会 委員
  • 2007年04月
    -
    2009年03月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 用語検討委員会,幹事
  • 2007年04月
    -
    2013年03月
    社団法人日本補綴歯科学会 代議員
  • 2010年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 編集・用語検討委員会 
  • 2010年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 医療委員会 
  • 2010年07月
    -
    2011年03月
    社団法人日本補綴歯科学会 選挙管理委員会,委員
  • 2011年04月
    -
    2013年03月
    社団法人日本補綴歯科学会 用語検討委員会,委員
  • 2012年11月
    -
    現在
    一般社団法人 日本顎顔面補綴学会 代議員
  • 2013年
    -
    2015年
    公益社団法人日本補綴歯科学会 国際渉外委員会
  • 2013年04月
    -
    2015年05月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 用語検討委員会,委員
  • 2013年04月
    -
    2017年06月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 代議員
  • 2014年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 理事
  • 2015年06月
    -
    2019年06月
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 選挙管理委員会,委員
  • 2015年07月
    -
    2017年06月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 学術委員会 委員
  • 2016年
    -
    現在
    アメリカ顎顔面補綴学会 国際渉外委員会 委員
  • 2016年06月
    -
    2020年06月
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 学術委員会,委員
  • 2016年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本顎顔面補綴学会 医療委員会,委員長
  • 2016年07月
     
     
    公益社団法人日本補綴歯科学会 日本補綴歯科学会第125回学術大会 優秀ポスター賞審査委員
  • 2016年07月
    -
    2017年07月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 プログラム委員会,委員
  • 2017年05月
    -
    現在
    一般社団法人日本口蓋裂学会 将来検討委員会,委員
  • 2017年06月
    -
    2019年06月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 国際渉外委員会,委員
  • 2017年06月
    -
    現在
    一般社団法人日本口蓋裂学会 海外研修奨励制度委員会,委員長
  • 2017年07月
     
     
    公益社団法人日本補綴歯科学会 第126回学術大会 優秀ポスター賞審査委員
  • 2017年07月
    -
    2019年06月
    公益社団法人日本補綴歯科学会 国際渉外委員会 委員
  • 2018年10月
    -
    現在
    一般社団法人日本口蓋裂学会 研修師制度委員会,委員
  • 2019年06月
    -
    現在
    一般社団法人 日本口蓋裂学会 理事
  • 2019年07月
    -
    現在
    公益社団法人日本補綴歯科学会 修練医・認定医・専門医制度委員会,委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 顎顔面補綴学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会 認定師

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会指導医

  • 臨床修練指導歯科医認定証 

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会専門医

  • 一般社団法人顎顔面補綴学会認定医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 音楽と食力,2021年10月 - 現在

  • 認知症患者への顎補綴治療,2015年04月 - 現在

  • デジタル技術を用いた顎顔面補綴治療,2014年10月 - 現在

  • 顎欠損患者と栄養,2013年04月 - 現在

  • ピエゾグラフィーを用いた顎補綴治療,2010年12月 - 現在

  • 舌接触補助床を用いた構音回復,2002年04月 - 2004年03月

  • 頭頸部がん患者の術後発音・嚥下・咀嚼リハビリテーション,2001年04月 - 現在

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 有床義歯装着患者の慢性ストレスが唾液中のストレス感受性蛋白に及ぼす影響

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年 - 2014年

  • 補綴装置の最適形態を導く,構音を用いたシミュレーションシステムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2009年 - 2012年

  • フレイル予防のための人間支援デバイスに関する医歯看工の連携研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • フレイル予防のための人間支援デバイスに関する医歯看工の連携研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Ali IE, Sumita YI. Medication-related osteonecrosis of the jaw: Prosthodontic considerations. Jpn Dent Sci Rev. 2022.11; 58 9-12. ( PubMed, DOI )

  2. Ali IE, Murase M, Yonehara Y, Sumita YI. Time and cost of maxillofacial prosthetic treatment: The need for assessment. Jpn Dent Sci Rev. 2022.11; 58 67-68. ( PubMed, DOI )

  3. Zhang M, Hattori M, Akiyama M, Elbashti ME, Liu R, Sumita YI. Three-dimensional evaluation of the dental arch in cleft lip and palate after prosthetic treatment. J Prosthodont Res. 2022.04; online. ( PubMed, DOI )

  4. Ali IE, Chugh A, Towithelertkul C, Hattori M, Sumita YI. The rising challenge of mucormycosis for maxillofacial prosthodontists in the Covid-19 pandemic: A literature review. J Prosthodont Res. 2022.03; online. ( PubMed, DOI )

  5. Elbashti ME, Aswehlee AM, Rahman MA, Sumita YI, Bornstein MM, Schimmel M, Abou-Ayash S, Molinero-Mourelle P. Triangular mesh reduction of digitized maxillectomy defects for prosthetic rehabilitation: A 3D deviation study. J Dent. 2022.03; online. 104090. ( PubMed, DOI )

  6. Hattori M, Murase M, Sumita YI. Hoarseness evaluation and prosthetic rehabilitation after maxillofacial surgery: A clinical report. Int J Maxillofac Prosthetics. 2022.02; 4 43-46. ( DOI )

  7. Ali IE, Otomaru T, Sumita YI. Refabrication of an implant-retained obturator using the denture duplication technique in a bilateral maxillectomy patient with a free fibula osteocutaneous flap. J Prosthodont Res. 2022.02; online. ( PubMed, DOI )

  8. Tani H, Sumita YI, Murase M, Ino S. Factors affecting resting energy expenditure in patients treated for head and neck cancer in the perioperative period. Maxillofacial Prosthetics. 2021.12; 44 (2): 29-36. ( 医中誌 )

  9. Towithelertkul C, Chugh A, Hattori M, Yoshimura R, Sumita YI. A custom-made brachytherapy applicator for recurrent endometrial and vaginal cancer: A dental technique for prosthesis fabrication. J Prosthet Dent. 2021.11; 126 (5): 711-714. ( PubMed, DOI )

  10. Awuti S, Wang TM, Ariani N, Naveau A, Somogyi-Ganss E, Hattori M, Sumita YI. Piezography approach to denture fabrication for a partial glossectomy patient: A clinical report. Int J Maxillofac Prosthetics. 2021.10; 4 37-42. ( DOI )

  11. Murase M, Tani H, Sumita YI, Ino S, Taniguchi H. Nutritional assessment in a maxillectomy patient from the preoperative period to definitive obturator insertion: A case report. J Prosthodont Res. 2021.10; online. ( PubMed, DOI )

  12. Towithelertkul C, Hattori M, Otomaru T, Mano Y, Ino S, Sumita YI . An approach for supporting quality of life in edentulous patient with extensive bilateral maxillary defect: A clinical report. Oral Dent Health Res. 2021.10; 3 (3): 133. ( DOI )

  13. Tanabe G, Hasunuma T, Inai Y, Takeuchi Y, Kobayashi H, Hayashi K, Shimizu S, Kamiya N, Churei H, Sumita Y, Suzuki K, Moriya N, Ueno T. Potential Assessment of Dehydration during High-Intensity Training Using a Capacitance Sensor for Oral Mucosal Moisture: Evaluation of Elite Athletes in a Field-Based Survey. Chemosensors. 2021.07; 9 (8): 196. ( DOI )

  14. Hayashi K, Churei H, Shrestha A, Suzuki T, Matsubara H, Otomaru T, Sumita YI, Uddin Chowdhury R, Uddin Chowdhry N, Ueno T. Fabrication technique of obturator-type sports mouthguard for a patient who had undergone maxillectomy and its speech intelligibility assessment: A case report. J Prosthodont Res. 2021.06; 65 (2): 261-265. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  15. Elbashti ME, Sumita YI, Hattori M, Aswehlee AM, Taniguchi H. Use of digital technologies in maxillofacial prosthetics in Japan. Int J Maxillofac Prosthetics. 2021.06; 4 25-36. ( DOI )

  16. Zhang M, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI. Comparison of data acquisition for maxillectomy patients using two different intraoral scanners. Maxillofacial Prosthetics. 2021.06; 44 (1): 1-6. ( DOI 医中誌 )

  17. Liu R, Hattori M, Zhang M, Sumita YI. Use of an occlusal ramp for rehabilitation after a mandibulectomy and its effects on mastication. The Journal of Prosthetic Dentistry. 2021.05; online. ( PubMed, DOI )

  18. Kanazaki A, Hu J, Otomaru T, Sumita YI. Evaluation of xerostomia and effect of maxillofacial prosthesis use on mouth dryness in head and neck tumor patients. Int J Maxillofac Prosthetics. 2021.04; 4 9-17. ( DOI )

  19. Awuti S, Sumita YI, Elbashti ME, Kelimu S, Aswehlee AM, Hattori M. The role of non-contact digitizer in geometrical evaluation of mandibular prostheses effect on facial asymmetry of mandibulectomy patients. J Prosthodont Res. 2021.02; 65 (1): 86-90. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  20. Wang Y, Hattori M, Garg P, Wesemann C, Ariff TFTM, Fredes CL, Sumita YI. Two-step fabrication of an obturator prosthesis for a large maxillary defect with digital speech analysis: A case report. International Journal of Maxillofacial Prosthetics. 2021.01; 3 32-36. ( DOI )

  21. Fujita H, Otomaru T, Takahashi H, Iwasaki N, Said MM, Abdel-Khalek EA, Sumita YI. Effect of direct retainer types for a dento-maxillary prosthesis on abutment teeth of maxillectomy patients: In vitro study. Maxillofacial Prosthetics. 2020.12; 43 (2): 73-84. ( DOI 医中誌 )

  22. Elbashti ME, Itamiya T, Aswehlee AM, Sumita YI, Ella B, Naveau A. Augmented Reality for Interactive Visualization of 3D Maxillofacial Prosthetic Data. International Journal of Prosthodontics . 2020.11; 33 (6): 680-683. ( PubMed, DOI )

  23. Murase M, Tani H, Ino S, Sumita YI. Nutrition assessment of an elderly patient with recurrent advanced carcinoma of the maxilla: A case report. International Journal of Maxillofacial Prosthetics. 2020.10; 3 28-31. ( DOI )

  24. Liu Y, Hattori M, Sumita YI. A technique of speech aid adjustment with the assistance of nasalance values for non-nasal and nasal sounds. Int J Maxillofac Prosthetics. 2020.08; 3 23-27. ( DOI )

  25. Zhang M, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI. Feasibility of Intraoral Scanning for Data Acquisition of Maxillectomy Defects. Int J Prosthodont. 2020.07; 33 (4): 452-456. ( PubMed, DOI )

  26. Yu H, Wang Y, Sumita YI, Hattori M. Maxillofacial prosthetic rehabilitation in a patient with a high-arched palate. Open J Clin Med Case Rep. 2020.04; 6 (8): 1657.

  27. Kelimu S, Sumita YI, Hattori M, Elbashti ME, Awuti S, Kanazaki A. A nonconventional approach to prevent mouth dryness in a patient with a complex maxillofacial defect. Int J Maxillofac Prosthetics. 2020.04; 3 7-11. ( DOI )

  28. Kamiyanagi A, Sumita YI, Hattori M, Otomaru T, Murase M, Haraguchi M, Watanabe M, Taniguchi H. Clinical survey about immediate surgical obturator at the clinic for Maxillofacial Prosthetics Tokyo Medical and Dental University. J Prosthodont Res. 2020.04; 64 (2): 237-238. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  29. Awuti S, Sumita YI, Hattori M, Yoshi S, Kelimu S, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Taniguchi H. Morphological comparison of artificial teeth position utilising denture space in glossectomy patients. Gerodontology. 2020.03; 37 (1): 72-77. ( PubMed, DOI )

  30. Sumita YI, Kamarudin KH, Hattori M, Kamiyanagi A, Namba T, Ino S. Obturatros to facilitate speech and swallowing in a maxillectomy pateint with dementia and cerebral infarction International Journal of Maxillofacial Prosthetics. 2019.12; 1 (1): 33-35.

  31. Elbashti ME, Sumita YI, Aswehlee AM, Seelaus R. Smartphone application as a low-cost alternative for digitizing facial defects: is it accurate enough for clinical application? International Journal of Prosthodontics. 2019.11; 32 (6): 541-543.

  32. Elbashti ME, Sumita YI, Hattori M, Aswehlee A, Taniguchi H. Digitized speech characteristics in patients with maxillectomy defects. Journal of Prosthodontics. 2019.07; 28 (6): 649-655. ( DOI )

  33. Yeerken Y, Otomaru T, Sumita YI. Three assessments of food-mixing ability and their association with food-comminuting and perceived chewing ability in maxillectomy patients. Maxillofacial Prosthetics. 2019.06; 42 (1): 39-44.

  34. Aswehlee AM, Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Geometric evaluation of the effect of prosthetic rehabilitation on facial asymmetry in mandibulectomy patients. International Journal of Prosthodontics. 2019.05; 32 (3): 293-296.

  35. Elbashti ME, Hattori M, Patzelt SBM, Aswehlee AM, Sumita YI, Taniguchi H. Precision and trueness of computerized optical impressions in maxillectomy defects: an in vitro 3D comparison. International Journal of Prosthodontics. 2019.05; 32 (3): 289-292. ( PubMed, DOI )

  36. Kelimu S, Hattori M, Awuti S, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Color change of airborne particle-abraded acrylic resin surfaces: A palatography method. Journal of Prosthodontic Dentisty. 2019.04; 121 (4): 671-675. ( DOI )

  37. Elbashti ME, Sumita YI, Kelimu S, Aswehlee AM, Awuti S, Hattori M, Taniguchi H. Application of digital technologies in Maxillofacial Prosthetics literature: A 10-year observation of five selected prosthodontics journals. Int J Prosthodont. 2019.01; 32 (1): 45-50. ( PubMed, DOI )

  38. Kosaka M, Sumita YI, Taniguchi H, Suzuki T, Sasaki K. . Evaluation of salivary cortisol levels in relation to dento-maxillary prosthesis adjustment. Journal of Prosthodontic Research. . 2019.01; 63 (1): 73-77. ( DOI )

  39. Awuti S, Sumita YI, Kelimu S, Hattori M, Taniguchi H. One-day refabrication technique for a lip plumper in a patient with cleft lip and palate: A clinical report. Open Journal of Clinical and Medical Case Reports. 2018.12; 4 (23): 1495.

  40. Aswehlee AM, Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Feasibility and Accuracy of Noncontact Three-Dimensional Digitizers for Geometric Facial Defects: An In Vitro Comparison. International Journal of Prosthodontics. 2018.11; 31 (6): 601-606.

  41. Elbashti ME, Aswehlee A, Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. The role of portable documentation format in three-dimensional interactive visualization in maxillofacial prosthetics. International Journal of Prosthodontics. 2018.07; 31 (4): 399-400.

  42. Yanagi A, Sumita YI, Hattori M, Kamiyanagi A, Otomaru T, Kanazaki A, Haraguchi M, Murase M, Hatano N, Taniguchi H. Clinical survey over the past 35 years at the clinic for maxillofacial prosthetics Tokyo Medical and Dental University. J Prosthodont Res. 2018.07; 62 (3): 309-312. ( PubMed, DOI, 医中誌 )

  43. Elbashti ME, Sumita YI, Aswehlee A, Haraguch M, Otomaru T, Hattori M, Taniguchi H. Preschool and school phases of post-maxillectomy prosthetic rehabilitation in a child: A clinical report. Journal of Prosthodontics. 2018.06; 27 (5): 482-487. ( DOI )

  44. Aswehlee AM, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Geometric Evaluation of the Effect of Prosthetic Rehabilitation on Facial Asymmetry in Patients with Unilateral Maxillectomy. Int J Prosthodont. 2018.05; 31 (3): 228-235. ( PubMed, DOI )

  45. Kamarudin KH, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. A chairside technique to add customized anterior acrylic resin teeth to a surgical obturator. J Prosthet Dent. 2018.05; 119 (5): 852-854. ( PubMed, DOI )

  46. Sumita YI, Hattori M, Murase M, Elbashti ME, Taniguchi H. Digitised evaluation of speech intelligibility using vowels in maxillectomy patients. Journal of Oral Rehabilitation. 2018.03; 45 (3): 216-221. ( DOI )

  47. Yeerken Y, Otomaru T, Said M, Li N, Sumita YI, Taniguchi H. Prosthetic treatment of a unilateral left cleft lip and palate with an oronasal fistula: A case report Open Journal of Clinical and Medical Case Reports. 2018.03; 4 (6): 1394.

  48. Hattori M, Sumita YI, Elbashti ME, Kurtz KS, Taniguchi H.. Effect of experimental palatal prosthesis on voice onset time Journal of Prosthodontics. 2018.03; 27 (3): 223-226.

  49. Kamiyanagi A, Sumita YI, Ino S, Chikai M, Nakane A, Tohara H, Minakuchi S, Seki Y, Endo H, Taniguchi H. Evaluation of swallowing ability using swallowing sounds in maxillectomy patients. J Oral Rehabil. 2018.02; 45 (2): 126-131. ( PubMed, DOI )

  50. Aswehlee AM, Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Geometric Evaluation of the Effect of Prosthetic Rehabilitation on the Facial Appearance of Mandibulectomy Patients: A Preliminary Study. Int J Prosthodont. 2017.09; 30 (5): 455-457. ( PubMed, DOI )

  51. Elbashti ME, Ashwehlee AM, Zaggut A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The role of digital technology in overseas maxillofacial prosthetic collaboration; a model of future collaboration. Libyan Dental Journal. 2017.08; 7 (1): 1-7.

  52. Yanagi A, Murase M, Sumita YI, Taniguchi H. Investigation of nutritional status using the Mini Nutritional Assessment-Short Form and analysis of the relevant factors in patients with head and neck tumour. Gerodontology. 2017.06; 34 (2): 227-231. ( DOI )

  53. Kamiyanagi A, Sumita YI, Chikai M, Kimura K, Seki Y, Ino S, Taniguchi H. Evaluation of swallowing sound using a throat microphone with an AE sensor in patients wearing palatal augmentation prosthesis Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics. 2017.05; 21 (3): 573-580. ( DOI )

  54. Sumita YI, Hattori M, Elbashti ME, Taniguchi H. Orientation of handle for successful prosthetic treatment in patients with an anatomic compromise after a maxillectomy. J Prosthet Dent. 2017.05; 117 (5): 694-696. ( PubMed, DOI )

  55. Elbashti ME, Hattori M, Patzelt SBM, Schulze D, Sumita YI, Taniguchi H. Feasibility and accuracy of digitizing edentulous maxillectomy defects: A comparative study. International Journal of Prosthodontics . 2017.04; 30 (2): 147-149. ( DOI )

  56. Chikai M, Kamiyanagi A, Kimura K, Seki Y, Endo H, Sumita YI, Taniguchi H, Ino S. Pilot study on an acoustic measurements system of the swallowing function using an acoustic-emissions microphone Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics. 2017.03; 21 (2): 293-300. ( DOI )

  57. Yeerken Y, Otomaru T, Kamarudin KH, Sumita YI, Said M, Munakata M, Kasugai S, Taniguchi H.. Prosthodontic rehabilitation of a mandibulectomy patient with an implant-retained overdenture: A clinical report Open Journal of Clinical and Medical Case Reports. 2017.02; 1218.

  58. Yoshi S, Sumita YI, Hattori M, Ohbayashi N, Kurabayashi T, Taniguchi H. The morphological evaluation of denture space in glossectomy patients Maxillofacial Prosthetics. 2016.12; 39 (2): 60-67.

  59. Elbashti ME, Mohamed AA, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The future of maxillofacial prosthetics in Libya: A call to establish the field. The Libyan Dental Journal . 2016.12; 6 1-6. ( DOI )

  60. Sumita YI, Hattori M, Shigen Y, Taniguchi H. Facial prosthesis using an acrylic base for a patient with a large facial defect. JSM Dental Surgery. 2016.11; 1 (1): 1006.

  61. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The role of digitization in the rapid reproduction of an obturator in a frail elderly patient. International Journal of Prosthodontics. 2016.11; 29 (6): 592-594. ( PubMed )

  62. Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Aswehlee A, Yoshi S, Taniguchi H. Creating a digitized database of maxillofacial prostheses (obturators): A pilot study. Journal of Advanced Prosthodontics. 2016.06; 8 (3): 219-223. ( DOI )

  63. Otomaru T, Sumita YI, Aimaijiang Y, Munakata Y, Tachikawa N, Kasugai S, Taniguchi H. Rehabilitation of a bilateral maxillectomy patient with a free fibula osteocutaneous flap and with an implant-retained obturator: a clinical report. Journal of Prosthodontics. 2016.06; 25 (4): 341-348. ( DOI )

  64. Said M, Otomaru T, Sumita YI, Leung KCM, Khan Z, Taniguchi T. Systematic review of literature: functional outcomes of implant-prosthetic treatment in patients with surgical resection for oral cavity tumors Journal of Investigate and Clinical Dentistry. 2016.01; 8 (2): 1-9. ( DOI )

  65. Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Evaluation of articulation simulation system using artificial maxillectomy models Journal of Oral Rehabilitation . 2015.05; 42 (9): 678-684. ( DOI )

  66. Hattori Mariko, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. Sound analysis of a musical performance to evaluate prosthodontic treatment for a clarinet player. J Prosthodont. 2015.01; 24 (1): 71-77. ( PubMed, DOI )

  67. Hattori Mariko, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. Influence of changes in the oral cavity on the performance of recorder players: a pilot study. J Prosthet Dent. 2014.05; 111 (5): 425-429. ( PubMed, DOI )

  68. Hattori Mariko, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. Measurement of voice onset time in maxillectomy patients. ScientificWorldJournal. 2014.01; 2014 925707. ( PubMed, DOI )

  69. Kosaka Moe, Sumita Yuka I, Otomaru Takafumi, Taniguchi Hisashi. Differences of salivary cortisol levels between long-term and short-term wearers of dento-maxillary prosthesis due to head and neck cancer resection. J Prosthodont Res. 2014.01; 58 (1): 41-47. ( PubMed, DOI )

  70. Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Psychoacoustic evaluation of the human voice: gender and age differences in the production of 14 consonants International Journal of Oral Research. 2014; 5

  71. Hattori M, Sumita YI, Muthiah L, Iwasaki N, Takahashi H, Aimaijiang Y, Yoshi S, Taniguchi H. Effect of fabrication process on the bond strength between silicone elastomer and acrylic resin for maxillofacial prosthesis Dental Materials Journal . 2014; 33 (1): 16-20. ( DOI )

  72. Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Automatic evaluation of speech impairment caused by wearing a dental appliance Open Journal of Stomatology. 2013.10; 3 (7): 365-369. ( DOI )

  73. Morimata Jien, Otomaru Takafumi, Murase Mai, Haraguchi Mihoko, Sumita Yuka, Taniguchi Hisashi. Investigation of factor affecting health-related quality of life in head and neck cancer patients. Gerodontology. 2013.09; 30 (3): 194-200. ( PubMed, DOI )

  74. Sumita Yuka I, Otomaru Takafumi, Taniguchi Hisashi. Effects of a denture adhesive in edentulous patients after maxillectomy. Gerodontology. 2012.06; 29 (2): e645-e649. ( PubMed, DOI )

  75. Chowdhury Nafees Uddin, Otomaru Takafumi, Murase Mai, Inohara Ken, Hattori Mariko, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. New simple evaluation method of the monosyllable /sa/ using a psychoacoustic system in maxillectomy patients. J Prosthodont Res. 2011.01; 55 (1): 7-11. ( PubMed, DOI )

  76. Inohara Ken, Sumita Yuka I, Ohbayashi Naoto, Ino Shuichi, Kurabayashi Tohru, Ifukube Tohru, Taniguchi Hisashi. Standardization of thresholding for binary conversion of vocal tract modeling in computed tomography. J Voice. 2010.07; 24 (4): 503-509. ( PubMed, DOI )

  77. Hattori Mariko, Sumita Yuka I, Kimura Shinta, Taniguchi Hisashi. Application of an automatic conversation intelligibility test system using computerized speech recognition technique. J Prosthodont Res. 2010.01; 54 (1): 7-13. ( PubMed, DOI )

  78. Mariko Hattori, Yuka I. Sumita, Shinta Kimura, Hisashi Taniguchi. Application of an automatic conversation intelligibility test system using computerized recognition technique. Journal of Prosthodontic research. 2010; 54 7-13. ( DOI )

  79. Takafumi Otomaru, Yiliyaer Aimaijiang, Yuka I Sumita, Toshiaki Takahashi, Toshiaki Ueno, kenji fueki,. Evaluation of Stomatognathic Function after Prosthodontic Treatment in mandibulectomy Patient. Maxillofacial Prosthetics 2010/06/14. 2010; 33 (1): ( PubMed )

  80. 植松 宏, 戸原 玄, 中島純子, 菊谷 武, 高橋浩二, 野原幹司, 前田芳信, 小野高裕, 吉田光由, 大野友久,佐々木啓一, 高橋 裕, 田中貴信, 鈴木哲也, 谷口 尚, 小正 裕, 岡崎定司, 津賀一弘, 吉川峰加, 西 恭宏, 飯沼利光, 川良美佐雄, 皆木省吾, 古屋純一, 小山重人, 木本 統, 飯島守雄, 乙丸貴史, 隅田由香, 猪原 健, 中根綾子, 若杉葉子, 大内ゆかり, 都島千明, 田村文誉, 尾澤昌悟, 吉岡 文, 堀 一浩, 城下尚子, 洲脇道弘, 難波謙介, 清水博史, 津江文武, 今井崎太一, 加地彰人,長岡英一, 佐藤裕二, 高井良招, 赤川安正, 井上農夫男, 服部正己, 森戸光彦, 北川 昇, 窪木拓男, 藤澤政紀, 玉置勝司, 築山能大, 永尾 寛, 萩原芳幸, 松香芳三, 宮城 敦, 重枝昭広, 中村全宏. 舌接触補助床(PAP)のガイドライン(案) 老年歯科医学. 2009.09; 24 (2): 104-116.

  81. Otomaru Takafumi, Sumita Yuka I, Chang Qingan, Fueki Kenji, Igarashi Yoshimasa, Taniguchi Hisashi. Investigation of predictors affecting food mixing ability in mandibulectomy and/or glossectomy patients. J Prosthodont Res. 2009.07; 53 (3): 111-115. ( PubMed, DOI )

  82. Otomaru T, Sumita YI, Taniguchi H. Reliability of a tongue movement test in patients with mandibulectomy and/or glossectomy Maxillofacial Prosthetics. 2008.12; 31 (2): 61-66.

  83. Prunkngarmpun Chaivut, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. Three monosyllables for standard words in Nasometer test: to evaluate air leakage in maxillectomy patients. Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi. 2008.10; 52 (4): 507-512. ( PubMed )

  84. Hagino Ayako, Inohara Ken, Sumita Yuka I, Taniguchi Hisashi. Investigation of the factors influencing the outcome of prostheses on speech rehabilitation of mandibulectomy patients. Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi. 2008.10; 52 (4): 543-549. ( PubMed )

  85. Taniguchi H, Sumita YI, Otomaru T, Minamisawa N, Inohara K. Maxillofacial Prosthodontics Current Treatment and Research Prosthodontic Research & Practice. 2008; 7 (2): 132-134. ( DOI )

  86. 隅田由香. 補綴治療による咀嚼・発音・嚥下機能の回復 顎顔面補綴. 2005.12; 28 (2): 75-78.

  87. 谷口 尚, 隅田由香, 初野有人. 頭頸部癌術後の咀嚼・嚥下のリハビリテーション-顎補綴の立場から- 頭頸部癌. 2005.10; 31 (3): 319-325. ( DOI )

  88. Mukohyama H, Haraguchi M, Sumita YI, Iida H, Hata Y, Kishimoto S, Taniguchi H. Rehabilitation of a bilateral maxillectomy patient with a free fibula osteocutaneous flap. J Oral Rehabil. 2005.07; 32 (7): 541-544. ( PubMed, DOI )

  89. Hattori M, Sumita YI, Mukohyama H, Taniguchi H. Development of an automatic speech intelligibility test system using a computerized speech recognition technique Maxillofacial Prosthetics. 2005; 28 (2): 8-20. ( DOI )

  90. Yoshioka F, Ozawa S, Sumita YI, Mukohyama H, Taniguchi H. The pattern of tongue pressure against the palate during articulating glossal sounds in normal subjects and glossectomy patients. J Med Dent Sci. 2004.03; 51 (1): 19-25. ( PubMed )

  91. Sumita YI, Ozawa S, Mukohyama H, Ueno T, Ohyama T, Taniguchi H. Digital acoustic analysis of five vowels in maxillectomy patients. J Oral Rehabil. 2002.07; 29 (7): 649-656. ( PubMed, DOI )

  92. 隅田由香. 【がんの嚥下障害と栄養】3 頭頸部腫瘍患者の嚥下障害軽減のための歯科的取り組み 顎顔面補綴医の立場から. Jpn J Rehabil Med. 2021.08; 58 (8): 869-877. ( DOI 医中誌 )

  93. 隅田由香,丸岡 亮,上栗裕平,渡邉美貴. 令和元年度若手研究者短期海外研修報告書. 日本口蓋裂学会雑誌. 2020.04; 45 (1): 42-47. ( DOI )

  94. 星合愛子,吉田直美,星合泰治,飯田敏朗,足達淑子,隅田由香,篠塚 修. 歯科衛生過程を用いて問題解決に取り組んだ放射線治療後患者の1症例. 日本歯科衛生学会雑誌. 2020.02; 14 (2): 93-101. ( 医中誌 )

  95. 松本良恵,坂口由季,原口美穂子,隅田由香,乙丸貴史,足達淑子,谷口 尚. 重症広範囲熱傷により失明および両前腕切断した患者に対し歯科衛生士による口腔衛生管理を行った1例. 顎顔面補綴. 2019.12; 42 (2): 91-96. ( DOI 医中誌 )

  96. 渡邉真央,乙丸貴史,李 娜,秀島雅之,谷口 尚,隅田由香. 閉塞性睡眠時無呼吸症を伴う上顎欠損患者にオーラルアプライアンスを適用し,2年の経過観察をした1例. 顎顔面補綴. 2019.06; 42 (1): 45-50. ( DOI )

  97. 隅田由香. 特殊補綴装置による機能回復 顎顔面補綴治療の成功のポイント. 日補綴会誌. 2017.10; 9 (4): 339-344. ( DOI )

  98. 隅田由香. 顎顔面補綴のノウハウを一般歯科治療に活かす 軟組織チェックで上げる,歯科健診. 日本補綴歯科学会誌. 2017.07; 9 169-174. ( DOI )

  99. 隅田由香,服部麻里子,大木明子,吉 志元,高橋秀和,岩崎直彦,谷口 尚. 試作エピテーゼ用シリコーン材料の粘弾性特性の検討-第2報:垂れ止め剤と重合条件の影響について- 顎顔面補綴. 2017.06; 40 (1): 1-6.

  100. 隅田由香,原口美穂子,服部麻里子,乙丸貴史,村瀬 舞,吉 志元,山口 聡,原田浩之,谷口 尚. イミディエイトサージカルオブチュレータ(ISO)製作のコンセプトについて. 頭頸部癌. 2017.04; 43 (1): 95-99. ( DOI 医中誌 )

  101. 隅田由香. 長期経過における形態変化への対応を考える 顎顔面補綴. 2016.12; 39 (2): 68-71.

  102. 原口美穂子,道 泰之,田中顕太郎,原田浩之,隅田由香,原田 清,岡崎 睦,谷口 尚. 口腔癌切除後の口腔形態の改善を目指した補助装置―口腔ステントを応用した2症例―. 頭頸部癌. 2016.04; 42 (1): 13-20. ( DOI 医中誌 )

  103. 隅田 由香. 中咽頭の補綴 顎顔面補綴. 2015.12; 38 (2): 33-36.

  104. 金崎彩子,乙丸貴史,隅田由香,小坂 萌,原口美穂子,服部麻里子,村瀬 舞,谷口 尚. 最終補綴装置を装着した口唇口蓋裂患者の長期経過. 日本口蓋裂学会雑誌. 2015.10; 40 (3): 233-242. ( DOI 医中誌 )

  105. 谷口 尚,隅田由香. 顎補綴と「Speech」評価 日本補綴歯科学会誌. 2014.10; 6 (4): 333-342.

  106. 大木明子,高橋英和,隅田由香,服部麻里子,岩崎直彦,谷口 尚. 試作エピテーゼ用シリコーン材料の粘弾性特性の検討 顎顔面補綴. 2014; 37 (1): 9-14.

  107. Hattori Mariko, Sumita Yuka, Taniguchi Hisashi. [Three kinds of speech evaluation in maxillectomy patients during the fabrication process of a hollow-type obturator]. Kokubyo Gakkai Zasshi. 2013.06; 80 (2): 49-53. ( PubMed )

  108. 服部麻里子,隅田由香,谷口 尚. 上顎欠損患者の中空型顎義歯製作過程において3種の発音検査を行った研究 口腔病学会雑誌. 2013.06; 80 (2): 49-53.

  109. 山城正司,鈴木美保,道 泰之,鵜澤成一,原田 清,原口美穂子,隅田由香,谷口 尚,矢野智之,岡崎 睦. 機能温存を目指した口腔癌治療 咀嚼機能について. 頭頸部癌. 2013.04; 39 (1): 9-15. ( DOI 医中誌 )

  110. 長井巴奈,村瀬 舞,隅田由香,谷口 尚. 上顎腫瘍切除患者の発音機能検査: ―イミディエイトサージカルオブチュレータとディフィニティブオブチュレータ(顎義歯)の比較― 日本補綴歯科学会誌. 2013.01; 5 (1): ( DOI )

  111. 服部麻里子,隅田由香,谷口 尚. 上顎欠損患者における単音節を用いたnasalanceの測定 顎顔面補綴. 2013; 36 (1): 34-38.

  112. 谷口 尚,隅田由香, 飯田敏朗, 乙丸貴史, 星合泰治. 口唇裂口蓋裂症例の補綴治療 日本口蓋裂学会雑誌. 2007; 32 (1): 10-16. ( DOI )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. Sumita YI, Inohara K,Sakurai R,Hattori M,Ino S,Ifukube T,Taniguchi H. Selected Topics on Computed Tomography. IntechOpen Limited, 2013.05 Chapter 4 Development of Articulation Simulation System Using Vocal Tract Model (ISBN : 978-953-51-7147-8)

  2. Inohara K, Sumita YI, Ino S. Computed Tomography - Clinical Applications, Luca Saba (Ed.). IntechOpen Limited, 2012.01 Extraction of Airway in Computed Tomography (ISBN : 978-953-307-378)

  3. 隅田由香. JOHNS37巻5号 口腔癌診療の最前線 . (株)東京医学社, 2021.05 【口腔癌診療の最前線】治療とリハビリテーション 口腔癌手術における術前・術中・術後の顎顔面補綴医の役割. (ISBN : 0910-6820)

  4. 隅田由香. 歯界展望 136巻6号 歯原性腫瘍・嚢胞研究からみえる 歯原性上皮の防御機能. 医歯薬出版(株), 2020.12 歯科におけるSpeechを再認識する 「発声・発語・構音」から「Speech」への転換 「口腔機能低下症」と「口腔機能発達不全症」. (ISBN : 0011-8702)

  5. 隅田由香. 歯界展望136巻6号 歯原性腫瘍・嚢胞研究からみえる 歯原性上皮の防御機能. 医歯薬出版(株), 2020.12 歯科におけるSpeechを再認識する 「発声・発語・構音」から「Speech」への転換 完 連載を終えるにあたって

  6. 隅田由香. 歯界展望136巻5号 ファンダメンタルエンドドンティクス. 医歯薬出版, 2020.11 顎顔面補綴治療とSpeech

  7. 隅田由香. 歯界展望10月号136巻4号 歯周組織再生療法を成功に導く診査・マテリアル・テクニック. 医歯薬出版(株), 2020.10 歯科におけるSpeechを再認識する 顎顔面補綴に専門的に携わる立場として.

  8. 隅田由香. 歯界展望136巻2号 三叉神経損傷の多角的考証. 医歯薬出版(株), 2020.08 歯科におけるSpeechを再認識する 「発声・発語・構音」から「Speech」への転換 一般臨床におけるSpeechの評価.

  9. 隅田由香. 歯界展望135巻6号部分床義歯の力学を再考する -天然歯を守るインプラント支持の活かし方-. 医歯薬出版(株), 2020.06 歯科におけるSpeechを再認識する 「発声・発語・構音」から「Speech」への転換 Speechとは:まず理解すべき基本事項.

  10. 谷口 尚,隅田由香. プロソドンティクス 第Ⅲ巻 無歯顎の治療・顎顔面欠損の治療. 永末書店, 2020.01 Chapter13 顎顔面補綴.A.顎顔面補綴とは (ISBN : 978-4-8160-1373-7)

  11. 隅田由香. 国試合格力養成! 補綴歯科学の要点と解説. 医歯薬出版株式会社, 2020.01 第4章 顎顔面補綴の臨床 (ISBN : 978-4-263-45848-8)

  12. 公益社団法人日本補綴歯科学会 用語検討委員会、隅田由香. 歯科補綴学専門用語集(第4版). 医歯薬出版株式会社, 2015.02 (ISBN : ISBN978-4-263-45785-6)

  13. 隅田由香,猪原健,谷口 尚. 「人間健康福祉工学ハンドブック」. 朝倉書店, 2013.10 1.8 発声系・言語系――発語・嚥下系/言語系(失語症など) (ISBN : 978-4254201529)

  14. 隅田由香. 歯科補綴学専門用語集(第3版). 医歯薬出版株式会社, 2009.03 (ISBN : 978-4-263-45627-9)

  15. 谷口 尚,隅田由香. 「口と歯の事典」. 朝倉書店, 2008.01 4. 口元の美しさ 4.3 アナウンサーの歯並びと発音15. 歯の治療法 15.3 顎顔面補綴 (ISBN : 978-4-2543-0091-8)

  16. 隅田由香,谷口 尚. 「咀嚼の事典」. 朝倉書店, 2007.04 顎骨・舌欠損患者の咀嚼機能評価法, 顎骨・舌欠損患者の咀嚼のリハビリテーション (ISBN : 978-4-2543-0089-5)

  17. 言語聴覚士に必要な歯科の知識. インテルナ出版, 2007 (ISBN : 978-4-900637-29-0)

  18. 咀嚼の事典. 朝倉書店, 2007 (ISBN : 978-4-254-30089-5)

  19. 隅田由香. 顎顔面補綴の臨床. 医学情報社, 2006.07 第Ⅰ章 総説 5. 顎顔面補綴患者への心理ケア, 第Ⅳ章 機能評価 3. 発音の機能評価, 第Ⅴ章 顎補綴における歯科保健指導 (ISBN : 978-4-9035-5300-9)

  20. 顎顔面補綴の臨床 咀嚼・嚥下・発音の機能回復のために. 医学情報社, 2006

  21. 隅田由香. 歯界展望/ 特別号 健康な心と身体は口腔から~発 ヨコハマ2004~. 医歯薬出版株式会社, 2005.06 藤田勝治編 補綴治療と言語

  22. 歯の健康学. 岩波新書, 2004 (ISBN : 4-00-430910-7)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yu H, Fujita H, Sumita YI. Dementia research at the clinic for Maxillofacial Prosthetic Tokyo Medical and Dental University. The 68th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2021.10.22 (Virtual Meeting)

  2. Wang J, Murase M, Towithelertkul C, Tani H, Sumita YI. Radiotherapy prosthesis for external and internal radiotherapy of the patient with lip cancer. The 68th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2021.10.22 (Virtual Meeting)

  3. Han X, Haraguchi M, Taniguchi H, Sumita YI, Hattori M, Murase M, Fujita H. The retrospective study of telescopic denture treatment for 1044 cleft lip and palate patients. 19th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2021.09.23 (Virtual Meeting)

  4. Yujia Wang, Rongguang Liu, Mariko Hattori, Yuka I. Sumita . Digital acoustic analysis of the first three format frequency in maxillectomy patients with prosthesis. International College of Prosthodontists 19th Biennial Scientific Session 2021.09.22 online

  5. Anshul Chugh, Mariko Hattori, Towithelertkul Cheewin, Islam Ali and Yuka I. Sumita ​. Mucormycosis Epidemic in COVID19 Pandemic. International College of Prosthodontists 19th Biennial Scientific Session 2021.09.22 online

  6. Towithelertkul Cheewin, Sumita I. Yuka, ​Murakami Toshihiro, Notake Ryoichi, Akiyama Masako, Yoshimura Ryoichi. Investigation of attenuation property among 4 materials using for radiotherapy prostheses. An in vitro study.. International College of Prosthodontists 19th Biennial Scientific Session 2021.09.22 online

  7. Yuan Gao, Mariko Hattori, Yuka I. Sumita. Fabrication of an Implant-assisted Mandibular Overdenture for a Patient with Mandibular Defect using Flange Technique: A Case Report. International College of Prosthodontists 19th Biennial Scientific Session 2021.09.22 online

  8. Sumita YI, Awuti S, Wang TM, Ariani N, Naveau A, Somogyi-Ganss E, Elbashti ME, Hattori M. Piezography approach to denture fabrication for a partial glossectomy patient: A clinical report. 19th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists 2021.09.22 (Virtual Meeting)

  9. Tanabe Gen, Hattori Mariko, Obata Satoshi, Takahashi Yumi, Sumita Yuka, Ueno Toshiaki. Psychoacoustic analysis of a clarinet performance with soft type custom made lip shield to prevent mucosal erosion of lower lip: A case study. The 39th Annual Performing Arts Medicine Association International Symposium 2021.06.24 NY, USA (Online)

  10. Hattori Mariko, Tanabe Gen, Nishiyama Akira, Churei Hiroshi , Tanase Rento, Sumita Yuka I. Use of 4D facial scanner in musicians’ dentistry: Facial surface analysis while playing the recorder. . The 39th Annual Performing Arts Medicine Association International Symposium 2021.06.24 NY, USA (Online)

  11. 張 満金, 服部 麻里子, 隅田 由香. Three-dimensional Evaluation of Teeth Position in Cleft Lip and Palate Patients after Prosthetic Treatment(和訳中). 顎顔面補綴 2021.06.04

  12. Zhang Manjin, Mariko Hattori, Yuka I. Sumita. Three-dimensional evaluation of teeth position in cleft lip and palate patients after prosthetic treatment Department of Maxillofacial Prosthetics, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University.. 第38回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会 2021.06.04 オンライン

  13. Towithelertkul C, Makie A, Sumita YI, Hattori M, Matsubara H. Switching from unstable telescopic denture to overdenture on existing telescopic crowns on a patient with bilateral cleft of lip and palate: A dental technique report. ACPA’s 78th Annual Meeting 2021.04.28 (Virtual Meeting)

  14. Zhang M, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI. Possibility of powder-less intraoral scanning for data acquisition of patients with cleft lip and palate. American Cleft Palate-Craniofacial Association's 78th Annual Meeting 2021.04.28 (Virtual Meeting)

  15. Sumita YI. Usage of digital technology in the field of Maxillofacial Prosthetics. 2021 Biennial Joint Congress of Japan Prosthodontic Society, Chinese Prosthodontic Society, and Korean Academy of Prosthodontics 2021.02.19 (Online)

  16. M.Murase, H.Tani, N.Tachikawa Y.Sumita. Reconstructed flap management using denture for functional implant placement after mandibular gingival cancer resection. 日中韓補綴歯科学会日中韓補綴学会 2021.02.19 Online

  17. Mariko Hattori, Anshul Chugh, Cheewin Towithelertkul, Manjin Zhang, Yuka Sumita. Consonant evaluation on a cleft lip and palate patient wearing a removable prosthesis. The 7th Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP Congress 2021.02.19 Fukuoka, Japan (Online)

  18. Sumita YI. Nutritional issues in head and neck cancer patients. 13th Biennial Conference of International Society of Maxillofacial Rehabilitation 2021.02.12 Pune (India) (Online)

  19. Gao Y, Hattori M, Sumita YI. Performing and analyzing digital impression of a mandibulectomy model with simulated trismus condition. The 67th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2020.10.17 (Webinar)

  20. Zhang M, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI. Comparison of data acquisition for maxillectomy patients using two different intraoral scanners. The 67th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2020.10.17 (Webinar)

  21. Wang Y, Hattori M, Garg P, Wesemann C, Ariff TFTM, Fredes CL, Sumita YI. Two- steps fabrication of an obturator prosthesis for a large maxillary defect with digital speech analysis. The 67th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2020.10.17 (Webinar)

  22. Liu R, Hattori M, Sumita YI. Use of nasal speaking valve and voice measurement in maxillofacial restoration. The 67th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2020.10.17 (Webinar)

  23. Towithelertkul C, Sumita YI, Hattori M, Otomaru T. Processed record base technique obturator for edentulous patient with extensive maxillary defect. The 67th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2020.10.17 (Webinar)

  24. Awuti S, Kelimu S, Hattori M, Sumita YI. Morphological difference of the denture space for patients taken with and without instruction. The 66th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.10.26 Florida (USA)

  25. Yu H, Wang Y, Hattori M, Sumita YI. Maxillofacial Prosthetic rehabilitation on a patient with a congenital palatal incompetence. The 66th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.10.26 Florida (USA)

  26. Tani H, Murase M, Sumita YI. Factors affecting the resting metabolic rate (RMR) in patients treated oral cancer. The 66th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.10.26 Florida (USA)

  27. Fujita H, Otomaru T, Takahashi T, Iwasaki N, Sumita YI. Effect of direct retainer types on residual teeth in maxillectomy patients: an in vitro study. The 66th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.10.26 Florida (USA)

  28. Murase M, Tani H, Sumita YI. Nutritional evaluation of the patients using maxillofacial prosthesis for a long term. The 66th Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.10.26 Florida (USA)

  29. Gao Y, Awuti S, Hattori M, Wang Y, Sumita YI. Volume analysis of the piezographic impression using digital technology. The 5th Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine 2019.10.05 Nara (Japan)

  30. Sumita YI, Hattori M. Education of Maxillofacial prosthetics in TMDU. Lecture in Seoul national university 2019.08.26 Seoul (South Korea)

  31. Hattori M, Sumita YI. Clinical works of Maxillofacial prosthetics in TMDU. Lecture in Seoul national university 2019.08.26 Seoul (South Korea)

  32. Yeerken Y, Otomaru T, Zhang M, Sumita YI. Investigation of perceived chewing ability in maxillectomy patients with and without perforation. 2019.06.28 Miyagi (Japan)

  33. Liu R, Hattori M, Zhang M, Sumita YI. Application of an occlusal ramp for mandibulectomy patients and its effect on mastication. The 36th Annual Meeting of Japanese Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.06.28 Miyagi (Japan)

  34. Kelimu S, Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI. Clinical application of a new palatography method using abrasive paper. The 36th Annual Meeting of Japanese Academy of Maxillofacial Prosthetics 2019.06.27 Miyagi (Japan)

  35. Liu R, Hattori M, Zhang M, Sumita YI. Application of an occlusal ramp for mandibulectomy patients and its effect on mastication. 日本顎顔面補綴学会第36回 総会・学術大会 2019.06.27 宮城

  36. Sumita YI, Hattori M, Wiebke SH, Gao Y, Zhang M, Elbashti ME . A four-dimensional scanning approach to obtain surface data of the face. 7th Biennial Congress of the Advanced Digital Technology in Head & Neck Reconstruction 2019.06.20 Tokyo (Japan)

  37. Elbashti ME, Aswehlee A, Kelimu S, Hattori M, Sumita YI. An image is an image until you have three-dimensional glasses: A potential approach for visualization . 2019.06.20 Tokyo (Japan)

  38. Hattori M, Stadler S, Kohal R, Vach K, Elbashti E, Sumita YI. Application of various intraoral scanners for digitizing a nose. 7th Biennial Congress of the Advanced Digital Technology in Head & Neck Reconstruction 2019.06.20 Tokyo (Japan)

  39. Zhang M, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Observation of dental arch in cleft lip and palate patients using three-dimensional assessment. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 新潟

  40. Zhang M, Hattori M, Sumita YI. The possibility of data acquisition of maxillectomy defect using intraoral scanner. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.12 札幌

  41. Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Dental Treatment of Frontal tooth Injury on a Saxophone Player. Rehabilitation & Music 2019.04.24 Beetsterzwaag (Netherlands)

  42. Sumita YI. Education for Maxillofacial prosthetics in Tokyo Medical and Dental University. ICP workshop 2019.03.05 Tokyo (Japan)

  43. Sumita YI. Immediate surgical obturator in Tokyo Medical and Dental University. ICP workshop 2019.03.05 Tokyo (Japan)

  44. Sumita YI. Radiotherapy prosthesis in Tokyo Medical and Dental University. ICP workshop 2019.03.05 Tokyo (Japan)

  45. Sumita YI. Current Maxillofacial Prosthetics Treatment and Research in TMDU. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.21 Kuala Lumpur (Malaysia)

  46. Kamiyanagi A, Sumita YI. Investigation of Swallowing Ability Using the Eating Assessment Tool 10 (EAT-10) in Maxillectomy Patients. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.21 Kuala Lumpur (Malaysia)

  47. Tani H, Hattori H, Sumita YI. The 28 Years Observation of a Maxillectomy Patient: A Case Report. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.21 Kuala Lumpur (Malaysia)

  48. Fujita H, Otomaru T, Takahashi H, Iwasaki N., Sumita YI. Effect of Direct Retainer Types of Dent-Maxillary Prosthesis in Maxillectomy Patients: An In Vitro Study. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.21 Kuala Lumpur (Malaysia)

  49. Zhang M, Hattori M, Kelimu S, Elbashti ME, Liu R, Sumita YI, Taniguchi H. Observation of the teeth position in cleft lip and palate patients using three-dimensional assessment. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.21 Kuala Lumpur (Malaysia)

  50. Sumita YI. Speech rehab Forum: Talk to.. Talk with me. 11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics and 8Th Scientific Conference & AGM of Malaysian Association for Prosthodontics 2018.09.20 Kuala Lumpur (Malaysia)

  51. Awuti S, Elbashti ME, Kelim S, Aswehlee AM, Hattori M, Sumita YI. Digitized evaluation of prosthetic effect on facial appearance and asymmetry of reconstructed segmental mandibulectomy patients. 15th Meeting International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2018.07.26 Melbourne (Australia)

  52. Elbashti ME, Sumita Y, Kelimu S, Aswehlee A, Hattori M, Taniguchi H. Application of digital technologies in maxillofacial prosthetic literature: A 10-year observation of prosthodontic journals. 15th Meeting International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2018.07.26 Melbourne (Australia)

  53. Kelimu S, Hattori M, Elbashti ME, Awuti S, Sumita YI, Taniguchi H. Alternative powder-free method for palatography using sandpaper. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Tokyo (Japan)

  54. Hattori M, Patzelt S, Kohal R, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Performing digital impressions for simulated trismus condition on maxillectomy model. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Tokyo (Japan)

  55. Sumita YI, Hattori M, Awuti S, Ino S, Kamiyanagi A, Taniguchi H. Maxillofacial prosthetic treatment for a maxillectomy patient with Parkinson's disease. The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research 2017.11.18 Tokyo (Japan)

  56. Fujita H, Sumita YI, Namba T, Yanagi A, Ino S, Taniguchi H. Current status of dementia and wearability of maxillofacial prostheses among patients at maxillofacial prosthetics clinic. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  57. Haraguchi M, Shibata M, Ohyama Y, Norime A, Michi Y, Harada H, Tachikawa N, Sumita YI, Taniguchi H. The prospective study of masticatory function and QOL in segmental mandibulectomy patients. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  58. Hattori M, Patzelt SBM, Kohal RJ, Vach K, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Use of an intraoral scanner for digitizing an ear model. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  59. Hatano N, Sumita YI, Otomaru T, Yamakoshi N, Taniguchi H. An application of maxillofacial prosthesis in a maxillectomy patient with anterior alveolar bone fracture. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  60. Kelimu S, Hattori M, Awuti S, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Evaluation of color changes on sandblasted acrylic surfaces for palatogram. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  61. Zhang M, Sumita YI, Liu R, Li N, Hattori M, Taniguchi H. Mandibulectomy and recurrent carcinoma of the left mandible case. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  62. Awuti S, Kelimu S, Yoshi S, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Position of the artificial tooth on the morphology of denture space in glossectomy. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  63. Liu R, Sumita YI, Zhang M, Hattori M, Taniguchi H. The long-term follow up maxillectomy patients with o-ring attachment: case report. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  64. Sumita YI, Namba T, Kamarul HK, Kamiyanagi A, Hattori M, Ino S, Taniguchi H. Obturators to facilitate speech and swallowing in a maxillectomy patient with dementia and cerebral infarction. 4th Joint Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation and the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.10.28 San Francisco(USA)

  65. Sumita YI, Hattori M. Fabrication and adjustment of immediate surgical obturator. Maxillofacial prosthetics hands-on course 2 2017.07.21 Freiburg, Germany

  66. Aswehlee A, Hattori M, Elbashti M, Sumita YI, Taniguchi H. Geometrical evaluation of prosthetic rehabilitation effect on facial asymmetry of unilateral maxillectomy patients. The 34th annual meeting of Japanese Academy of Maxillofacial Prosthetics 2017.06.02

  67. Elbashti ME, Aswehlee A, Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. The role of portable documentation format in three-dimensional interactive visualization in maxillofacial prosthetics. 6th Triennial Congress of Advancing Digital Technology in Head and Neck Reconstruction 2017.05.31 Amiens (France)

  68. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Effect of prosthetic rehabilitation on geometrical face asymmetry in mandibulectomy patients. 6th Triennial Congress of Advancing Digital Technology in Head and Neck Reconstruction 2017.05.31 Amiens (France)

  69. Hattori M, Patzelt SBM, Sumita YI, Taniguchi H. Lateral embouchure impression in the dental treatment of a saxophonist. 15.Symposium der Deutschen Gesellschaft für Musikphysiologie und Musikermedizin 2016.10.07 Berlin, Germany

  70. Nagai H, Haraguchi M, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Speech assessment in mandibulectomy patients with stents. The 63rd Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2016.10 San Diego, USA

  71. Haraguchi M, Tanaka K, Sumita YI, Okazaki M, Taniguchi H. Prosthetic rehabilitation for a patient with extensive vascular malformation in the head and neck region. The 63rd Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2016.10 San Diego, USA

  72. Hatano N, Sumita YI, Otomaru T, Takano T, Taniguchi H. An application of maxillofacial prosthesis in a maxillectomy patient with edentulous maxillae and the flap. The 63rd Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2016.10 San Diego, USA

  73. Murase M, Sumita YI, Taniguchi H. A case of mandibular retrognathia with neurofibromatosis type 1 and medication-related osteonecrosis of the jaw. The 63rd Annual Meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics 2016.10 San Diego, USA

  74. Hattori M, Aggarwal H, Kelimu S, Namba T, Nagai H, Sumita YI, Taniguchi H. Effect of palatal prosthesis on consonant duration of affricate sounds. 40th European Prosthodontic Association and 65th German Society for Prosthetic Dentistry and Biomaterials 2016.09.17 Halle, Germany

  75. Elbashti ME, Hattori M, Patzelt SBM, Schulze D, Aswehlee A, Sumita YI, Taniguchi H. Precision and trueness of computerized optical impressions in maxillectomy defects: An in vitro 3D comparison. 2nd Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine 2016.09.04 Busan, Korea

  76. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Geometrical evaluation of prosthetic rehabilitation effect on facial appearance of mandibulectomy patients. 2nd Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine 2016.09.04 Busan, Korea

  77. Aswehlee A, ElbashtiME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Feasibility and accuracy of non-contact 3D digitizers in facial defect: An in vitro 3D comparison. 2nd Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine 2016.09.04 Busan, Korea

  78. Hattori M, Elbashti ME, Sumita YI, Taniguchi H. Visualization of voice sound in a patient after headand-neck cancer surgery. 12th International Voice Symposium Salzburg Salzburg 2016.08.28 Austria

  79. Hattori M, Sumita YI, Elbashti ME, Kelimu S, Aswehlee A, Taniguchi H. New powder-free palatogram method using sandblast: In vitro examination. 2016 meeting of the International Association of Dental Research - General Session 2016.06.25 Seoul, Korea

  80. Elbashti ME, Hattori M, Aswehlee AM, Sumita YI, Taniguchi H. Adoption and use of digital technologies in maxillofacial prosthetics in Japan. 2016.06.03 新潟

  81. Elbashti ME, Aswehlee AM, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The role of digital technologies in maxillofacial prosthetic 3D presentations. 11th Biennial Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2016.05.04 Belgrade, Serbia

  82. Elbashti ME, Hattori M, Patzelt SBM, Schulze D, Sumita YI, Taniguchi H. Evaluating the feasibility and accuracy of digitizing edentulous maxillectomy defects: A comparative study. 11th Biennial Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2016.05.04 Belgrade, Serbia

  83. Elbashti ME, Said M, Aswehlee AM, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Maxillofacial prosthetic literature in prosthodontic journals: A 10-year observation. 11th Biennial Meeting of the International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2016.05.04 Belgrade, Serbia

  84. Sumita YI. Current Maxillofacial Prosthetic Treatment and Research in TMDU. 43rd Indian prosthodontic society conference 2015.12.05

  85. Aswehlee A, Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Prosthodontic rehabilitation of a patient with osteomyelitis: a case report. 16th biennial meeting of the international college of prosthodontists 2015.09.17 Seoul, Korea

  86. Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Digital treatment planning in maxillofacial prosthetics: a case report. 16th biennial meeting of the international college of prosthodontists 2015.09.17 Seoul, Korea

  87. Hattori M, Sumita YI, Aswehlee A, Elbashti ME, Taniguchi H. Facial prosthesis made by dental materials on exposed reconstruction plate. 16th biennial meeting of the international college of prosthodontists 2015.09.17 Seoul, Korea

  88. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The role of digitization in rapid reproduction of obturators. 16th biennial meeting of the international college of prosthodontists 2015.09.17 Seoul, Korea

  89. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. A mono-block brachytherapy prosthesis for the treatment of mandibular lesions: A case report. 27th Biennial Scientific Congress of the Institute of Maxillofacial Prosthetists and Technologists IMPT 2015.09.11 London, UK

  90. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. The role of digital technology in overseas maxillofacial prosthetic collaboration. 27th Biennial Scientific Congress of the Institute of Maxillofacial Prosthetists and Technologists IMPT 2015.09.10 London, UK

  91. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Comparison of speech characteristics in maxillectomy patients using digital acoustic analysis. 第32 回日本顎顔面補綴学会総会· 学術大会 2015.06.20 東京

  92. Elbashti ME, Aswehlee A, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Awareness of surgeons about maxillofacial prosthetic terminology. 第32 回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会 2015.06.20 東京

  93. Aswehlee A, Elbashti ME, Hattori M, Sumita YI, Taniguchi H. Modified surgical stent improved a mandibulectomy patient’s QOL in the early stage of the postoperative rehabilitation. 第32 回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会 2015.06.19 東京

  94. Yiliyaer Aimaijiang, Takafumi Otomaru, Yuka I Sumita, Mohamed Said, Motohiro Munakata, Hisashi Taniguchi.. Prosthodontic Rehabilitation of a Mandibulectomy Patient with an Implant-Retained Overdenture. Biennial joint congress of JPS-CPS-KAP 2015.04

  95. Elbashti.M.E; Hattori.M; Sumita.Y.I; Haraguchi.M; Taniguchi.H. . Prosthetic rehabilitation in children with maxillectomy: A clinical case report. The 61st annual meeting of the American Academy of Maxillofacial Prosthetics (AAMP) 2014.11.01 New Orleans, USA

  96. Haraguchi M, Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. The relationship between chewing function and QOL in postoperative oral tumor patients. Indonesia & Japan Prosthodontic Society Joint Meeting 2014.10.30 Bali, Indonesia

  97. Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. One-piece prosthesis using an acrylic base plate for rehabilitation of extensive midfacial defect (A case report). Indonesian prosthodontic society and Japan prosthodontic society Joint meeting 2014.10.30 Indonesia

  98. Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. One-Piece Prosthesis Using an Acrylic Base Plate for Rehabilitation of Extensive Midfacial Defect (A Case Report). Indonesian prosthodontic society and Japan prosthodontic society Joint meetng 2014.10 Bali, Indonesia

  99. Haraguchi M, Yamashiro M, Sumita YI, Mizutani M, Michi Y, Tachikawa N, Kasugai S, Harada H, Harada K, Taniguchi H. Impact factors for chewing function in maxillectomy patients. 38th annual conference of the European prosthodontic association and 21st scientific congress of the Turkish prosthodontic and implantology association 2014.09.26 Istanbul, Turkey

  100. Sumita YI, Taniguchi H, Hattori M, Elbasthti ME, Yoshi S, Minamisawa N, Otomaru T, Kanazaki A, Yanagi A, Moustafa M, Haraguchi M, Kosaka M. The facial prosthetic treatment at Tokyo Medical and Dental University. The 38th annual conference of the European prosthodontic association and 21st scientific congress of the Turkish prosthodontic and implantology association 2014.09.26 Istanbul, Turkey

  101. Sumita YI, Taniguchi H, Hattori M, Elbasthti ME, Yoshi S, Minamisawa N, Otomaru T, Kanazaki A, Yanagi A, Moustafa M, Haraguchi M, Kosaka M. The facial prosthetic treatment at Tokyo Medical and Dental University. The 38th annual conference of the European prosthodontic association and 21st scientific congress of the Turkish prosthodontic and implantology association 2014.09.26 Istanbul, Turkey

  102. Elbashti.M.E; Hattori. M; Sumita.Y.I; Yoshi.S; Taniguchi.H. . Creating Digitized Database of Maxillofacial Pros theses (Obturators). The 38th Annual Conference of European Prosthodontics Association-EPA. 2014.09.25 Istanbul, Turkey

  103. Elbashti, M.E. ; Hattori, M. ; Sumita,Y. ; Taniguchi, H.. Acoustic characteristics of vowels in trismus simulated condition. The Xi'an Conference of International Society for Maxillofacial Rehabilitation 2014.09.15 Xi'an, China.

  104. Yoshi S, Sumita YI, Hattori M, Taniguchi H. The characteristics of denture-space of the patients with tongue defects. The 38th annual conference of the European prosthodontic association and 21st scientific congress of the Turkish prosthodontic and implantology association 2014.09.02 Istanbul, Turkey

  105. Haraguchi M, Yamashiro M, Sumita YI, Tachikawa N, Munakata M, Kasugai S, Harada K, Omura K, Taniguchi H. Assessment of chewing function after surgery in oral tumor patients. 91st IADR/AADR/CADR General Session and Exhibition 2013.03.21 Washington, USA

  106. Sumita YI, Lovely M, Hattori M, Iwasaki N, Takahashi H,Taniguchi H. Bond strength between silicone elastomer for maxillofacial prosthesis and an acrylic resin. FDI Annual World Dental Congress 2012.08.30 HongKong, China

  107. Y.I. Sumita, M.Sasaki, H mukohyama, and H. Taniguchi. Anevalustion method of consonants baed on the psychoacoustic analysis, American Speech-Language-Hearing Association Conversation. American Speech-Language-Hearing Association Conversation 2003.11.15 Chicago, USA

  108. M.Sasaki, Y.I.Sumika, H.Mukohyama, T.Ohyama and H.Taniguchi. A new trial to assess patient’s speech using computerized speech recognition. American Speech-Language-Hearing Association conversation 2003.11.13 Chicago, USA

  109. Y.I.Sumita, H. Mukohyama, T.Ohyama and H.Taniguchi. Acoustic analysis based on Psycoacoustic Parameters in Thirty Maxillectomy Patients. Oral presentation. International Association for Dental research 81st General Session & Exhibition 2003.06.27 Gothborg, Sweden

  110. F.Yoshioka, S.Ozawa, Y.I.Sumika, H.Mukohyama and H.Taniguchi. The evaluation of prosthodontic rehabilitation in glossectomy patients. Poster presentation. International Association for Dental Research 81st General Session & Exhibition 2003.06.26 Gothborg, Sweden

  111. 隅田由香. 顎顔面補綴外来にて保有する臨床データの利活用について. 医療データ社会還元WGシンポジウム:『TMDUの医療ビッグデータが生み出す未来の医療・ヘルスケア』 2022.03.04 オンライン開催

  112. 田邊 元,隅田由香,上野俊明. AIを活用した暑熱環境下での脱水予測システムの開発-口腔水分量や舌状態、顔色などの身体データ情報による最適指標の探索-. 第37回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(令和3年度)」 2022.02.15 オンライン【ライブ】配信

  113. 谷皇子,村瀬舞,隅田由香. 周術期頭頸部がん患者の安静時エネルギー消費量に影響を与える要因の検討. 第86回 口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京

  114. 服部麻里子,隅田由香,西山 暁,田邊 元,中禮 宏,上野俊明. 音楽歯科の提起:テナーサキソフォン演奏時の顔面の形態分析. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 (オンライン開催)

  115. 田邊 元,服部麻里子,高橋優美,中禮 宏,西山 暁,隅田由香,上野俊明. 音楽歯科の提起:カスタムメイドリップシールドを適用したクラリネット奏者の心理音響分析と経過観察. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 (オンライン開催)

  116. 谷 皇子,村瀬 舞,隅田由香. 周術期頭頸部がん患者の安静時エネルギー消費に影響を与える要因の検討. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19 (Web開催)

  117. 服部麻里子,張 満金,隅田由香. 3Dプリント咬合床を用いた顎義歯の作製. 日本補綴歯科学会第130回記念学術大会 2021.06.19 (Web開催)

  118. 原口美穂子,道 泰之,隅田由香,原田浩之 . 下顎切除により下唇の著しい陥凹が生じ顎義歯により審美性の回復を図った2例. 第45回日本頭頸部癌学会 2021.06.17 グランドニッコー東京ベイ舞浜(千葉・浦安市)+WEB開催

  119. 村瀬 舞,谷 皇子,隅田由香. 開口障害を伴う強皮症患者に対して可撤性義歯により回復を図った1症例. 日本顎顔面補綴学会第38回総会・学術大会 2021.06.04 (Web開催)

  120. 服部麻里子,韓 雪薇,原口美穂子,隅田由香. 上顎癌術後再発の放射線治療に際し、複製したオブチュレータを放射線治療補助装置として用いた一例. 日本顎顔面補綴学会第38回総会・学術大会 2021.06.04 (Web開催)

  121. 隅田由香. 専門医研修会:顎顔面補綴による”食の支援” . 日本補綴歯科学会第129回学術大会 2020.06.28 (誌上&Web開催)

  122. 隅田由香,森山啓司. シンポジウム3:最終補綴を含めた口唇裂口蓋裂症例の治療-東京医科歯科大学歯学部の取り組み-. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  123. 隅田由香. 若手研究者海外研修報告会. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  124. 張 満金,服部麻里子,隅田由香. 口唇口蓋裂患者における口腔内スキャンによるデータ採取. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  125. 原口美穂子,隅田由香,金崎彩子. 矯正治療が困難な口唇口蓋裂患者に対してオーバーデンチャーを適用した補綴治療. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  126. 隅田由香. シンポジウム3-3:顎顔面補綴専門外来における口唇裂口蓋裂症例の補綴治療について. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  127. 小川卓也,馬場優里,上園将慶,壬生美智子,隅田由香,森田圭一,依田哲也,森山啓司. 口唇口蓋裂における上顎骨延長前後の上咽頭気道の三次元的形態変化と言語機能に関する検討. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2020.06.04 ウインクあいち(愛知・名古屋市)(誌面開催)

  128. 谷 皇子,村瀬 舞,隅田由香. 頭頸部癌患者における間接熱量計を用いた安静時エネルギー消費量の変化についての検討. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 国立京都国際会館(京都・京都市)(誌面開催)

  129. 村瀬 舞,谷 皇子,隅田由香. 頭頸部がん術後における簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ)を用いた評価に関する研究. 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020.02.27 国立京都国際会館(京都・京都市)(誌面開催)

  130. Awuti S, Kelimu S, Hattori M, Sumita YI. Morphological difference of the denture space for patients taken with and without instruction. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.06 東京医科歯科大学歯科棟南4階特別講堂・演習室

  131. 隅田由香. 臨床歯科医学・口腔外科学「言語、咀嚼、摂食障害に対する歯科的治療法」. 2019.11.07 聖禮クリストファー大学リハビリテーション学部言語聴覚学科2年生講義(静岡県,浜松市)

  132. 隅田由香. 顎顔面補綴学. 2019.10.03 東京大学医学部学生講義(東京都・文京区)

  133. 隅田由香. これからも輝きつづける歯科医師であるために. 清慈会 若手研修会 2019.09.10 (東京都・港区)

  134. 隅田由香. 総合基礎歯学[人体の構造と発生]ユニット11:局所解剖学 咬合と顎関節. 2019.07.12 日本歯科大学生命歯学部3年生(東京都・千代田区)

  135. 隅田由香. 「歯科医師に必要なSPEECHに関する知識」. 清慈会 若手研修会 2019.07 東京、日本

  136. 隅田由香. 保険制度の中での,顎顔面補綴関連の治療および検査方法を学ぶ. 一般社団法人日本顎顔面補綴学会 第24回教育研修会 2019.06.29 東北大学星陵オーディトリアム(宮城県・仙台市)

  137. 服部麻里子,張 満金,高 原,王 羽佳,マハムド エルバシュティ,隅田由香. 開口障害をシミュレーションした上顎欠損模型の,三種の口腔内スキャナーによるデジタル印象採得. 一般社団法人日本顎顔面補綴学会第36回総会・学術大会 2019.06.28 東北大学星陵オーディトリアム(宮城県・仙台市)

  138. 村瀬 舞,谷 皇子,隅田由香. 左側舌癌術後に舌接触補助床を適用し機能回復を図った1症例. 一般社団法人日本顎顔面補綴学会第36回総会・学術大会 2019.06.28 東北大学星陵オーディトリアム(宮城県・仙台市)

  139. 原口美穂子,道 泰之,柴田真理,大山厳雄,隅田由香,原田浩之 . 下顎区域切除術後患者の咀嚼機能と満足度に関する前向き研究―術後3年を目指して― . 第43回日本頭頸部癌学会 2019.06.14 金沢市アートホール・ホテル日航金沢(石川・金沢市)

  140. 隅田由香. 若手研究者海外研修報告会. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.06.04 新潟

  141. 隅田由香. 若手研究者海外研修報告会. 第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.06.04 新潟

  142. 原口美穂子,隅田由香,服部麻里子,乙丸貴史,村瀬 舞,金崎彩子. 当科における唇顎口蓋裂患者に対する過去5年間の補綴治療. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟・新潟市)

  143. 張 満金,服部麻里子,隅田由香,谷口 尚. 三次元解析を用いた口唇口蓋裂患者の歯列の研究. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市)

  144. 隅田由香. 若手研究者海外研修報告会. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市)

  145. 隅田由香,服部麻里子,張 満金. 口唇口蓋裂患者の発音検査におけるingressive voiceの利用. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市)

  146. 服部麻里子,張 満金,隅田由香. スピーチエイドの調整に,複数の被験文による音声検査を応用した例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市)

  147. 隅田由香. 学会新制度説明会,海外研修奨励制度について. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県・新潟市)

  148. 乙丸貴史,服部麻里子,村瀬 舞,原口美穂子,隅田由香. 残遺孔を伴う左側唇顎口蓋裂患者に対し可撤性顎義歯を装着し発音機能回復を図った1例. 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019.05.30 朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟・新潟市)

  149. 隅田由香. 総合基礎歯学[人体の構造と発生]ユニット6:歯と口腔・咽頭の構造. 2019.05.24 日本歯科大学生命歯学部4年生(東京都・千代田区)

  150. 隅田由香. 日本口蓋裂学会の沿革・活動と多専門領域連携の重要性,第3部/海外研修奨励制度について. 第62回日本形成外科学会総会・学術集会 2019.05.16 京王プラザホテル札幌(北海道・札幌市)

  151. 服部麻里子,高 原,張 満金,隅田由香,谷口 尚. 管楽器演奏における口腔周囲表面の三次元計測. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.12 札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)

  152. 張 満金,服部麻里子,隅田由香. 口腔内スキャナーを用いた上顎欠損のデータ採得の可能性. 日本補綴歯科学会第128回学術大会 2019.05.12 札幌コンベンションセンター(北海道・札幌市)

  153. 隅田由香. 日本口蓋裂学会の若手研究者海外研修制度について. 日本形成学会総会・学術集会 2019.05.04 札幌

  154. 隅田由香. 日本口蓋裂学会の若手研究者海外研修制度について. 日本形成学会総会・学術集会 2019.05.04 札幌

  155. 上柳安友子,隅田由香,羽原有希,猪原 健,井野秀一. 高齢者の手指機能と義歯の着脱に関する基礎的研究. つくば医工連携フォーラム2019 2019.01.25 農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター(茨城県・つくば市)

  156. Kelimu S, Hattori M, Awuti S, Elbashti ME, Simita YI, Taniguchi H. Color change of airborne-particle-abraded acrylic resin surfaces: A palatography method. 第83回 口腔病学会学術大会 2018.11.30 東京医科歯科大学1号館9階特別講堂(東京・文京区)

  157. 隅田 由香. Speech と 歯科治療. 清慈会 教育研修会 2018.07.10 赤坂

  158. 原口美穂子,原田浩之,向山 仁,隅田由香,道 泰之,金崎彩子,谷口 尚. 小児期の口腔腫瘍切除術後に顎義歯により機能回復を図った2例. 日本顎顔面補綴学会第35回総会・学術大会 2018.06.30 徳島大学大塚講堂(徳島・徳島市)

  159. 服部麻里子,エルバシュティ マハムド,ケリム サジダ,隅田由香,谷口 尚. 口腔内スキャナーを用いた下顎欠損の印象採得:模型を用いた比較研究. 日本顎顔面補綴学会第35回総会・学術大会 2018.06.29 徳島大学大塚講堂(徳島・徳島市)

  160. 松本良恵,坂口由季,原口美穂子,乙丸貴史,隅田由香,足達淑子,谷口 尚. 交通外傷により熱傷、失明および両前腕を切断した患者に対し歯科衛生士による口腔衛生管理を行った1例. 日本顎顔面補綴学会第35回総会・学術大会 2018.06.29 徳島大学大塚講堂(徳島・徳島市)

  161. 細川隆司, 隅田由香. 海外留学支援セミナー どうすれば海外の大学、研究機関で仕事ができるか?. 日本補綴歯科学会学術大会 2018.06.17 岡山コンベンションセンター (岡山・岡山市)

  162. 原口美穂子,吉村亮一,原田浩之,島本裕彰,道 泰之,隅田由香,谷口 尚. 放射線性骨髄炎により上顎欠損が生じ顎義歯により機能回復を図った2例. 第42回日本頭頸部癌学会 2018.06.14 京王プラザホテル(東京・新宿区)

  163. 馬場優里,小川卓也,上園将慶,壬生美智子,隅田由香,三島木節,佐藤 豊,森田圭一,森山啓司. 片側性口唇口蓋裂2例における上顎骨延長前後の上咽頭形態の三次元的変化と言語機能に関する検討. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪市中央公会堂(大阪・大阪市)

  164. 隅田由香. 海外研修奨励制度について. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪市中央公会堂(大阪・大阪市)

  165. 村瀬 舞,隅田由香,谷口 尚. 左側唇顎口蓋裂患者に対し可撤性補綴装置により口腔機能を回復した1症例. 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2018.05.24 大阪市中央公会堂(大阪・大阪市)

  166. 上柳安友子,隅田由香,谷口 尚. 上顎欠損患者におけるスクリーニングのための嚥下音を用いた嚥下機能評価. 日本補綴歯科学会第126回学術大会 2017.07.01 パシフィコ横浜(神奈川・横浜市)

  167. 原口美穂子,立川敬子,道 泰之,原田浩之,隅田由香,谷口 尚. 肩甲骨皮弁による下顎骨再建後にインプラント治療を行い異なる経過となった3例. 第41回日本頭頸部癌学会 2017.06.08 ウェスティン都ホテル京都(京都・京都市)

  168. 隅田由香. 第一回若手研究者短期海外研修のコーディネートを行って. 日本顎顔面補綴学会第34回総会・学術大会 2017.06.03 全電通労働会館全電通ホール(東京・千代田区)

  169. 村瀬 舞,隅田由香,谷口 尚. 舌喉頭全摘術後の重複障害者へ下顎顎義歯により機能回復を図った一例. 日本顎顔面補綴学会第34回総会・学術大会 2017.06.02

  170. 乙丸貴史,隅田由香,波田野典子,原口美穂子,村瀬 舞,金崎彩子,谷口 尚. 残遺孔を伴う左側唇顎口蓋裂患者に対し可撤性顎義歯を装着し口腔機能回復を図った1例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 ホテルオークラ東京(東京・港区)

  171. 原口美穂子,立川敬子,隅田由香,谷口 尚 . 両側性唇顎口蓋裂患者に対して行った補綴治療3例. 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2017.05.18 ホテルオークラ東京(東京・港区)

  172. 隅田由香. 顎顔面補綴装置を用いた機能回復. 第2回補綴歯科研鑽会プロソ'16 2016.12.11 東京

  173. 隅田 由香. 音声評価を中心とした顎義歯外来での治療. 第2回歯科口腔領域専門研修 2016.11 東京医科歯科大学

  174. 隅田由香,原口美穂子,村瀬 舞,吉 志元,服部麻里子,乙丸貴史,谷口 尚. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎義歯外来における,「即時顎補綴装置」への取り組み. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場(福岡,福岡市)

  175. 隅田由香,原口美穂子,村瀬 舞,吉 志元,服部麻里子,乙丸貴史,谷口 尚. 東京医科歯科大学歯学部附属病院顎義歯外来における,「密封小線源治療を行う際の装置」への取り組み. 第23回日本歯科医学会総会 2016.10.22 福岡国際会議場(福岡,福岡市)

  176. 隅田 由香. 顎義歯外来での治療. 平成28年度  第1回歯科口腔領域専門研修 2016.09 東京医科歯科大学

  177. 隅田由香. シンポジウム2「顎顔面補綴のノウハウを一般歯科診療に生かす」(軟組織検査で上げる,歯科健診). 日本補綴歯科学会 第125回学術大会 2016.07.10 石川

  178. 原口美穂子,隅田由香,谷口 尚. 上顎腫瘍切除術直後より使用するサージカルオブチュレータの紹介. 第40回日本頭頸部癌学会 2016.06.09 ソニックシティ(埼玉・さいたま市)

  179. 隅田由香. 長期経過における形態変化への対応を考える. 日本顎顔面補綴学会第21回教育研修会 2016.06.04 新潟

  180. 上柳安友子,隅田由香,長井巴奈,村瀬 舞,原口美穂子,服部麻里子,乙丸貴史,谷口 尚. 当科外来を受診した上顎腫瘍患者におけるimmediate surgical obturator 製作患者の推移とその傾向. 日本顎顔面補綴学会第33 回総会・学術大会 2016.06.03 新潟

  181. 柳綾香,隅田由香,乙丸貴史,吉志元,金崎彩子,服部麻里子,原口美穂子,村瀬舞,小坂萌,大木明子,谷口尚. 当外来における顎顔面補綴治療について―過去35年間の臨床統計学的検討―. 第32回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会 2015.06.20 東京

  182. 隅田由香. 一般社団法人日本顎顔面補綴学会第20回教育研修会「中咽頭部への補綴的アプローチ」. 一般社団法人日本顎顔面補綴学会第32回総会・学術大会 2015.06.20

  183. 原口美穂子,隅田由香,谷口 尚. 頭頸部領域に広範囲な血管腫/血管奇形を有する患者に補綴治療を行った1例. 日本顎顔面補綴学会第32回総会・学術大会 2015.06.19 東京医科歯科大学M&Dタワー2階鈴木章夫記念講堂(東京・文京区)

  184. 原口美穂子,隅田由香,谷口 尚. 口腔癌切除患者の口腔形態の改善を目指した補助装置―ステントの2症例― . 第39回日本頭頸部癌学会・第4回アジア頭頸部癌学会 2015.06.05 神戸国際会議場(兵庫・神戸市)

  185. 原口美穂子,隅田由香,飯田敏朗,谷口 尚. エナメル質形成不全と歯の欠損により全顎的な歯冠修復を必要とした唇顎口蓋裂2症例. 第39回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2015.05.21 東京

  186. 小坂 萌, 隅田由香, 乙丸貴史, 服部麻里子, 村瀬 舞, 原口美穂子, 吉 志元, 谷口 尚. 下顎顎義歯装着患者における起床時間帯の唾液中コルチゾールの経時的変化. 日本補綴歯科学会 東京支部第18回学術大会 2014.11.09 昭和大学旗の台キャンパス4号館・5号館

  187. 原口美穂子,立川敬子,向山 仁,隅田由香,谷口 尚. 癌化・再発・合併症を繰り返す患者への外科的再建と補綴治療の1例. 日本顎顔面補綴学会第31回総会・学術大会 2014.06.22 仙台(宮城)

  188. 隅田由香,大木明子,服部麻里子,吉 志元,Mahmoud Ellarousi Elbashti,岩崎直彦,高橋英和,谷口 尚. 試作エピテーゼ用シリコーンの粘弾性特性の検討 第二報. 日本顎顔面補綴学会第31回総会・学術大会 2014.06.22 宮城

  189. 原口美穂子,田中顕太郎,隅田由香,岡崎 睦,谷口 尚 . 顎義歯に適した上顎再建の検討―腹直筋皮弁で再建された上顎顎堤に対し顎義歯により機能回復を図った1例― . 第38回日本頭頸部癌学会 2014.06.13 東京ファッションタウン(東京・江東区)

  190. 金崎彩子,乙丸貴史,隅田由香,小坂 萌,原口美穂子,服部麻里子,村瀬 舞,谷口 尚. 唇顎口蓋裂患者に対して装着された最終補綴装置の前装冠の長期経過に関する報告. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術大会 2014.05.29 札幌コンベンションセンター(北海道 ・札幌市)

  191. 原口美穂子,山城正司,隅田由香,原田浩之,小村 健,原田 清,谷口 尚. 口腔腫瘍切除患者における顎補綴治療後の咀嚼機能評価 グミゼリーとガムを用いた臨床的評価. 第37回日本頭頸部癌学会 2013.06.14 京王プラザホテル(東京・新宿区)

  192. 隅田由香,南澤直子,原口美穂子,服部麻里子,乙丸貴史,大木明子,星合泰治,谷口 尚. 当科における顔面補綴治療の実態. 第29回日本顎顔面補綴学会学術大会 2012.06.15 名古屋

  193. 上顎欠損患者における単音節を用いたnasalanceの測定. 第27回日本顎顔面補綴学会学術大会 2010

  194. 弾性材料を用いた顔面補綴維持装置の作製. 第27回日本顎顔面補綴学会大会 2010

  195. 歯科治療を伴う管楽器演奏の評価のための基礎的研究. 日本補綴歯科学会東京支部第14回学術大会 2010

  196. クラリネット奏者の補綴治療と楽器演奏の評価. 日本補綴歯科学会東京支部第14回学術大会 東京, 2010

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第37回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」優秀発表賞,日本歯科医学会,2022年02月

  • Poster Competition Award, Research Category 2nd Place ,American Academy of Maxillofacial Prosthetics 68th Annual Meeting,2021年10月

  • The 2021 International College of Prosthodontists Poster Award, Best Laboratory Research Presentations (Sumita YI),19th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,2021年09月

  • The 2021 International College of Prosthodontists Poster Award, Best Case Presentation (Sumita YI),19th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontists,2021年09月

  • 東京医科歯科大学 歯学研究奨励賞(隅田由香),東京医科歯科大学,2019年05月

  • 平成29年度公益社団法人日本補綴歯科学会学会論文賞(隅田由香),公益社団法人 日本補綴歯科学会,2018年06月

  • 平成29年度一般社団法人日本顎顔面補綴学会優秀論文賞(隅田由香),一般社団法人日本顎顔面補綴学会,2018年06月

  • 国際顎顔面補綴学会・アメリカ顎顔面補綴学会ポスター発表賞 第2位,nternational Society of Maxillofacial Prosthetics and American Academy of Maxillofacial Prosthetics Joint meeting,2017年10月

  • 第126回日本補綴歯科学会課題口演賞受,公益社団法人日本補綴歯科学会,2017年07月

  • 一般社団法人日本顎顔面補綴学会平成28年度優秀論文賞受賞 ,一般社団法人顎顔面補綴学会,2017年06月

  • 第2回国際デジタル歯科学会ポスター発表賞 ,国際デジタル歯科学会,2016年09月

  • 第11回国際顎顔面補綴学会ポスター発表賞 第3位受賞,国際顎顔面補綴学会,2016年05月

  • 国際補綴歯科学会研究奨励賞受賞 ,国際補綴歯科学会,2016年04月

  • 日本補綴歯科学会・インドネシア補綴学会研究発表賞 第3位受賞(,日本補綴歯科学会・インドネシア補綴学会,2014年11月

  • 日本補綴歯科学会・インドネシア補綴学会ポスター発表賞 第1位 (隅田由香),日本補綴歯科学会・インドネシア補綴学会,2014年11月

  • 東京医科歯科大学チーム医療功労賞受賞,東京医科歯科大学,2014年10月

  • 一般社団法人日本顎顔面補綴学会平成25 年度優秀論文賞,一般社団法人日本顎顔面補綴学会,2014年06月

  • 第38 回日本口蓋裂学会総会· 学術大会,優秀ポスター賞受賞,日本口蓋裂学会,2014年05月

  • 公益社団法人 日本補綴歯科学会平成25 年度学会論文賞受賞,公益社団法人 日本補綴歯科学会,2014年05月

  • 国際顎顔面補綴シンポジウム ポスター賞第1位受賞,国際顎顔面補綴シンポジウム,2013年12月

  • 社団法人日本補綴学会東京支部 優秀演題賞受賞(隅田由香),社団法人日本補綴学会,2011年11月

  • Poster board competition professional category 3rd Prize,Philippine Dental Association,2010年10月

  • 社団法人日本補綴歯科学会東京支部 第14会学術大会 優秀演題賞 演題名:歯科治療を伴う管楽器演奏の評価のための基礎的研究,2010年

  • Best Oral Presentation Award  International Prosthodontic Congress& The 6th Biennial Meeting of Asian Academy of Prosthodontics,Asian Academy of Prosthodontics,2009年10月

  • 日本補綴歯科学会東京支部 優秀研究発表賞受賞,日本補綴歯科学会東京支部,2008年10月

  • システムインテグレーション 優秀講演賞,ューマンインタフェースシンポジウム学会,2007年12月

  • 日本顎顔面補綴学会平成17 年度優秀論文賞,日本顎顔面補綴学会,2006年05月

  • Outstanding research poster presentation Second place,The 6th meeting of the international congress on maxillofacial rehabilitation ,2004年06月

  • Outstanding research poster presentation Second place,The 6th meeting of the international congress on maxillofacial rehabilitation 17-19 June 2004,Poster presentation,Maastricht,2004年06月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 隅田由香:「絆」と「和」で結ぶ校友の輪,2021年04月

    日本歯科大学生命歯学部学校案内2022 (P58)

  • 隅田由香:特集2 職員座談会 子育てとキャリア形成~自分らしい働き方の推進,2021年03月

    Bloom! 医科歯科大 No.30(2021年3月) (P10-13)

  • 隅田由香:「絆」と「和」で結ぶ校友の輪 ,2020年04月

    日本歯科大学生命歯学部学校案内2021 (P42)

  • 隅田由香:JPS-IPS Scientific Exchange Program,2019年10月

    Indian Prosthodontic Societyから1名受け入れ

  • 隅田由香:歯学部歯学科5年生教員合宿研修会,2019年09月

    2019年09月12-13日

  • 隅田由香:術前術後の顎顔面補綴治療の運用について,2019年08月

    頭頸部カンファレンス,2019年8月8日

  • 隅田由香:高大連携プログラム,2019年07月

    2019年07月16日

  • 隅田由香:東京医科歯科大学大学院個別説明会,2019年06月

    顎顔面補綴学分野

  • 隅田由香:東京医科歯科大学大学院全体説明会,2019年06月

    顎顔面補綴学分野

  • 隅田由香:座長 第24回教育研修会,2019年06月

    日本顎顔面補綴学会第36回総会・学術大会,2019年6月29日

  • 隅田由香:11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics 開催報告,2019年04月

    日本補綴歯科学会誌 64巻 Letter for Members 

  • オクルーザルランプ,保険に収載,2018年06月

    医療委員会隅田委員長 ニュースレター 41(1)2018

  • 2017年度優秀論文賞受賞者の声,2018年06月

    2017年度日本顎顔面補綴学会優秀論文賞受賞,ニュースレター Vol41(1)2018

  • 隅田由香:谷口 尚教授(学27)ご退職に寄せて,2018年05月

    東京医科歯科大学歯科同窓会会報No205

  • 隅田由香:「絆」と「和」で結ぶ校友の輪,2018年04月

    日本歯科大学生命歯学部 学校案内2019

▼全件表示

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 課題統合セミナー (ことばの世界) (歯学部歯学科5年生),2009年 - 現在

  • 口腔生理 発声,2018年 - 2019年

  • 特殊な義歯 (咬合回復) (歯学部歯学科4年生),2009年 - 現在

  • 顎顔面補綴,2009年 - 現在

  • 課題統合セミナー (オクルージョン) (歯学部歯学科5年生),2009年 - 現在

  • 課題統合セミナー (口唇裂口蓋裂) (歯学部歯学科5年生) ,2009年 - 現在

  • 歯学概説 (歯学部歯学科1年生),2009年 - 現在

  • 顎顔面補綴学特論 (大学院生)

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • プロフェッショナリズム,日本歯科大学生命歯学部

  • 口腔外科学,聖霊クリストファー大学

  • 顎顔面補綴学(医学部2年生),東京大学医学部

  • 顎顔面補綴臨床と解剖学,日本歯科大学生命歯学科

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 国試合格力養成! 補綴歯科学の要点と解説

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 聖隷クリストファー大学(臨床歯科医学・口腔外科学 講義),聖隷クリストファー大学,臨床歯科医学・口腔外科学 講義,2021年11月11日

  • 一般社団法人日本歯科医学会連合(企画広報委員会委員),一般社団法人日本歯科医学会連合,企画広報委員会委員,2021年07月19日 - 2023年06月30日

  • 日本歯科大学生命歯学部(非常勤講師),日本歯科大学生命歯学部,非常勤講師,2021年06月10日

  • 日本歯科大学生命歯学部(講義実施),日本歯科大学生命歯学部,講義実施,2021年05月10日

  • 隅田由香:『日本リハビリテーション医学会誌』第58巻第8号特集,日本リハビリテーション医学会誌,『日本リハビリテーション医学会誌』第58巻第8号,日本リハビリテーション医学会誌 第58巻第8号特集,2021年02月12日 - 2021年06月30日

  • 隅田由香:口蓋癌ー診断と治療、整容・機能回復,医歯薬出版歯科書籍,口蓋癌ー診断と治療、整容・機能回復,口蓋癌ー診断と治療、整容・機能回復,2020年12月18日 - 2021年06月30日

  • 日本補綴歯科学会(試験監督),日本補綴歯科学会,試験監督,2020年12月13日

  • 学校法人日本歯科大学(解剖学実習入門 ユニット11:口峡,咽頭,喉頭の観察),学校法人日本歯科大学,解剖学実習入門 ユニット11:口峡,咽頭,喉頭の観察,2020年12月11日

  • 東京医科歯科大学(医歯薬出版から教科書の原稿執筆依頼),東京医科歯科大学(医歯薬出版),教科書の原稿執筆依頼,2020年11月16日 - 2021年04月30日

  • 聖隷クリストファー大学(講義「臨床歯科医学・口腔外科学」),聖隷クリストファー大学,講義「臨床歯科医学・口腔外科学」,2020年11月12日

  • 隅田由香:頭頸部がん切除後のリハビリテーションとは?,RainbowtownFM 88.5MHz,ミサトーナイト!!,東京都江東区FM JOZZ3BFFM 周波数88.5MHz レインボータウンFM,2020年10月23日

  • 隅田由香:顎顔面補綴学という学問をご存知でしょうか? ,WHITE CROSS株式会社,WHITE CROSS,WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト,2020年10月19日 - 現在

  • 東京医学社(執筆『JOHNS』 口腔癌手術における術前・術中・術後の顎顔面補綴医の役割),東京医学社,『JOHNS』 口腔癌手術における術前・術中・術後の顎顔面補綴医の役割,2020年10月01日 - 2021年02月28日

  • 隅田由香:歯科医療人紹介,WHITE CROSS株式会社,WHITE CROSS,WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト,2020年09月29日 - 現在

  • 隅田由香:WHITE CROSS『歯科医療人紹介』,WHITE CROSS株式会社,歯科医療人紹介,WHITE CROSS ウェブサイト,2020年09月29日 - 2020年10月30日

  • 顎顔面補綴学会(日本顎顔面補綴誌),顎顔面補綴学会,日本顎顔面補綴誌 ,2020年08月30日

  • 日本顎顔面補綴学会(厚生労働省保険制度の改定,材料に関する薬機法取得),日本顎顔面補綴学会,厚生労働省保険制度の改定,材料に関する薬機法取得,2020年07月30日 - 2022年06月25日

  • 日本顎顔面補綴学会(学会運営),日本顎顔面補綴学会,学会運営,2020年07月30日 - 2022年06月25日

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会(日本補綴歯科学会 専門医研修会 講師),公益社団法人日本補綴歯科学会,日本補綴歯科学会 専門医研修会 講師,2020年06月28日

  • 医歯薬出版株式会社(11月号 歯科におけるSpeechを再認識する 顎顔面補綴治療とSpeech),医歯薬出版株式会社,11月号 歯科におけるSpeechを再認識する 顎顔面補綴治療とSpeech,2020年01月06日 - 2021年06月10日

  • 医歯薬出版株式会社(12月号 歯科におけるSpeechを再認識する 完 連載を終えるにあたって),医歯薬出版株式会社,12月号 歯科におけるSpeechを再認識する 完 連載を終えるにあたって,2020年01月06日 - 2020年07月10日

  • 医歯薬出版株式会社(12月号 歯科におけるSpeechを再認識する 完 「口腔機能低下症」と「口腔機能発達不全症」),医歯薬出版株式会社,12月号 歯科におけるSpeechを再認識する 完 「口腔機能低下症」と「口腔機能発達不全症」,2020年01月06日 - 2020年07月10日

  • 医歯薬出版株式会社(10月号 歯科におけるSpeechを再認識する 顎顔面補綴に専門的に携わる立場として),医歯薬出版株式会社,10月号 歯科におけるSpeechを再認識する 顎顔面補綴に専門的に携わる立場として,2020年01月06日 - 2020年04月10日

  • 医歯薬出版株式会社(8月号 歯科におけるSpeechを再認識する Speechとは:一般臨床におけるSpeechの評価),医歯薬出版株式会社,8月号 歯科におけるSpeechを再認識する Speechとは:一般臨床におけるSpeechの評価,2020年01月06日 - 2020年03月10日

  • 医歯薬出版株式会社(6月号 歯科におけるSpeechを再認識する Speechとは:まず理解すべき基本事項),医歯薬出版株式会社,6月号 歯科におけるSpeechを再認識する Speechとは:まず理解すべき基本事項,2020年01月06日 - 2020年02月10日

  • 隅田由香:歯科医療・臨床ニーズマッチング会,東京都医工連携HUB機構,日本歯科大学生命歯学部7階臨床講義室,2019年11月25日

  • 聖隷クリストファー大学(リハビリテーショ学部言語聴覚学科「臨床歯科医学・口腔外科学」の講義),聖隷クリストファー大学,リハビリテーショ学部言語聴覚学科「臨床歯科医学・口腔外科学」の講義,2019年11月07日

  • 隅田由香:第2回日本口蓋裂学会若手研究者短期海外研修(コーディネーター),カルフォルニア大学サンフランシスコ校Craniofacial Center- Mission Bay(アメリカ),日本口蓋裂学会,日本口蓋裂学会若手海外研修,2019年10月20日 - 2019年10月22日

  • 国立大学法人東京大学医学部(学部生に「口腔外科」の講義を行う),国立大学法人東京大学医学部,非常勤講師(学部生に「口腔外科」の講義を行う),2019年10月03日

  • 医療法人社団清慈会戸越パーク歯科クリニック(様々な演者への連絡),医療法人社団清慈会戸越パーク歯科クリニック,勉強会部長,2019年09月10日

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会(修練医・認定医・専門医制度委員会),公益社団法人日本補綴歯科学会,修練医・認定医・専門医制度委員会,2019年07月01日 - 2020年06月30日

  • 日本顎顔面補綴学会(一般社団法人 顎顔面補綴学会の運営に携わる),日本顎顔面補綴学会,顎顔面補綴学会の運営に携わる,2019年06月28日 - 2020年07月01日

  • 学校法人日本歯科大学(学生講義),学校法人日本歯科大学,学生講義,2019年05月24日 - 2019年07月12日

  • 隅田由香:顎顔面補綴ワークショップ, International College of Prosthodontists (ICP),顎顔面補綴若手教育者向け国際ワークショップ,東京医科歯科大学,2019年03月05日 - 2019年03月08日

  • 隅田由香:2018年度東京医科歯科大学医学部附属病院・歯学部附属病院医療連携会,東京医科歯科大学,2019年02月14日

  • 第1回 日本口蓋裂学会若手海外研修 コーディネータ,日本口蓋裂学会,若手研究者海外研修,UCSF (サンフランシスコ),2018年12月10日 - 2018年12月12日

  • 医療法人清慈会(Speech のメカニズム),医療法人清慈会,清慈会研鑽会 Speech のメカニズム,2018年07月10日

  • 学校法人日本歯科大学(講義の実施),学校法人日本歯科大学,人体の構造と発生,2018年06月08日

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会(認定師認定委員会委員),一般社団法人日本口蓋裂学会,認定師認定委員会委員,2018年05月23日 - 2019年05月31日

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会(国際渉外委員会委員),公益社団法人日本補綴歯科学会,国際渉外委員会委員,2017年06月30日 - 2019年06月30日

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会(将来検討委員会委員),一般社団法人日本口蓋裂学会,将来検討委員会委員,2017年05月20日 - 2019年05月31日

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会(海外研修奨励制度委員会委員長),一般社団法人日本口蓋裂学会,海外研修奨励制度委員会委員長,2017年05月20日 - 2019年05月31日

  • 一般社団法人日本口蓋裂学会(日本口蓋裂学会評議員),一般社団法人日本口蓋裂学会,日本口蓋裂学会評議員,2017年05月20日 - 2019年05月31日

  • クリストファー大学(言語聴覚士のための歯科知識),クリストファー大学,言語聴覚士のための歯科知識,2016年12月01日 - 2016年12月15日

  • 一般社団法人 日本顎顔面補綴学会 第一回若手短期海外研修 コーディネータ,2016年11月16日 - 2016年11月18日

  • 東京医科歯科大学看護師勉強会(顎顔面補綴),東京医科歯科大学看護師勉強会,2016年09月16日 - 2016年12月09日

  • 隅田由香:公益社団法人日本補綴歯科学会(日本補綴歯科学会第126回学術大会プログラム委員会委員),公益社団法人日本補綴歯科学会,第126回学術大会プログラム委員会委員,2016年07月25日 - 2017年07月31日

  • 日本補綴歯科学会(軟組織検査で上げる歯科健診),日本補綴歯科学会,軟組織検査で上げる歯科健診,2016年07月10日

  • 隅田由香:公益社団法人日本補綴歯科学会(第125回学術大会優秀ポスター賞審査委員),公益社団法人日本補綴歯科学会,第125回学術大会優秀ポスター賞審査委員,2016年07月09日 - 2016年07月10日

  • 日本顎顔面補綴学会(長期症例における軟組織変化),日本顎顔面補綴学会,長期症例における軟組織変化,2016年06月04日

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会(学術委員),公益社団法人日本補綴歯科学会,2016年04月01日 - 2016年12月31日

  • 日本顎顔面補綴学会編集委員会,日本顎顔面補綴学会編集委員会,2016年04月01日 - 2016年12月31日

  • 隅田由香:公益社団法人日本補綴歯科学会(第125回学術大会プログラム委員会委員),公益社団法人日本補綴歯科学会,第125回学術大会プログラム委員会委員,2016年03月07日 - 2016年07月31日

  • 日本補綴歯科学会(会議),日本補綴歯科学会,2015年09月28日 - 2015年11月16日

  • 日本顎顔面補綴学会(編集委員会),日本顎顔面補綴学会,編集委員会,2015年08月28日

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会(代議員),公益社団法人日本補綴歯科学会,代議員,2015年06月20日 - 2017年06月30日

  • 日本顎顔面補綴学会(会議),日本顎顔面補綴学会,2015年06月18日

  • 日本顎顔面補綴学会(「中咽頭部への補綴的アプローチ」),日本顎顔面補綴学会,「中咽頭部への補綴的アプローチ」,2015年06月15日

  • 「顎顔面補綴治療の実際」,文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン,「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」,東京ドームホテル,2015年03月19日

  •  食と農から医療・健康を科学する「『食べる』を助ける顎顔面補綴治療」,,つくば医工連携フォーラム2015,つくば医工連携フォーラム2015,つくば,2015年01月23日

  • 社団法人日本補綴歯科学会(日本補綴歯科学会第120回記念学術大会における一般口演の座長),社団法人日本補綴歯科学会,日本補綴歯科学会第120回記念学術大会における一般口演の座長,2011年05月20日 - 2011年05月22日

  • 社団法人日本補綴歯科学会(用語検討委員会委員),社団法人日本補綴歯科学会,用語検討委員会委員,2011年04月01日 - 2013年03月31日

▼全件表示