基本情報

写真a

叶内 匡(カノウチ タダシ)

KANOUCHI Tadashi


職名

講師

研究室住所

東京医科歯科大学医学部附属病院 検査部

研究室電話番号

03-5803-5234

研究室FAX番号

03-5803-5618

研究分野・キーワード

臨床神経生理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学部  医学科  1990年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  医学系研究科  脳神経病態学  博士課程  1998年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2015年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 助教
  • 2002年04月
    -
    2004年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 脳・神経・精神診療部門 神経内科 助手
  • 2016年01月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 講師
  • 2017年04月
    -
    2018年12月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 講師
  • 2019年01月
    -
    2019年04月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 講師
  • 2019年05月
    -
    2021年09月
    東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 検査部 講師
  • 2021年10月
    -
    2022年03月
    東京医科歯科大学 病院 基盤診療部門 検査部 講師
  • 2022年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 全人的医療開発学講座 臨床検査医学 講師

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会

  • 日本臨床神経生理学会

  • 日本内科学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    現在
    公益社団法人 日本臨床検査同学院 理事
  • 2014年11月
    -
    現在
    日本臨床神経生理学会 教育委員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 末梢神経障害の神経電気生理学的研究

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 新たな視点によるALSの進行パターンの電気生理学的探索

    文部科学省/日本学術振興会 : 2016年 - 2018年

  • ラットを用いたTDP-43伝播モデルの作製

    文部科学省/日本学術振興会 : 2012年

  • 生体磁場計測装置を用いた末梢神経活動電流の可視化

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Akaza Miho, Kawabata Shigenori, Watanabe Taishi, Hasegawa Yuki, Iida Shintaro, Sasaki Toru, Adachi Yoshiaki, Sekihara Kensuke, Kanouchi Tadashi, Sumi Yuki, Okawa Atsushi, Yokota Takanori. 脊磁計によるC8神経根症の診断(Diagnosis of C8 radiculopathy by magnetospinogram) 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S406. ( 医中誌 )

  2. Yagi Yohsuke, Iida Shintaro, Kanouchi Tadashi, Kusunoki Susumu, Sobue Gen, Kaji Ryuji, Kuwabara Satoshi, Yokota Takanori, Glovenin-I CIDP Study Group. IVIg維持療法はCIDPの進行を抑制する(Maintenance treatment with IVIg for CIDP can prevent disease progression) 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S384. ( 医中誌 )

  3. Kaminaka S., Akaza M., Kawabata S., Watanabe T., Miyano Y., Iida S., Sasaki T., Adachi Y., Sekihara K., Kanouchi T., Sumi Y., Okawa A., Yokota T.. Diagnosis of C8 radiculopathy by magnetospinogram JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2019.10; 405 ( DOI )

  4. Akaza Miho, Akaza Itaru, Kanouchi Tadashi, Sasano Tetsuo, Sumi Yuki, Yokota Takanori. 血糖値変動とNCSで評価した糖尿病性ニューロパチーとの関連性の検討(Study for association between glycemic variability and diabetic neuropathy assessed by NCS) 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S419. ( 医中誌 )

  5. Akaza Miho, Akaza Itaru, Kanouchi Tadashi, Sasano Tetsuo, Sumi Yuki, Yokota Takanori. Nerve conduction study of the association between glycemic variability and diabetes neuropathy DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME. 2018.09; 10 69. ( PubMed, DOI )

  6. Misawa Sonoko, Kuwabara Satoshi, Sato Yasunori, Yamaguchi Nobuko, Nagashima Kengo, Katayama Kanako, Sekiguchi Yukari, Iwai Yuta, Amino Hiroshi, Suichi Tomoki, Yokota Takanori, Nishida Yoichiro, Kanouchi Tadashi, Kohara Nobuo, Kawamoto Michi, Ishii Junko, Kuwahara Motoi, Suzuki Hidekazu, Hirata Koichi, Kokubun Norito, Masuda Ray, Kaneko Juntaro, Yabe Ichiro, Sasaki Hidenao, Kaida Ken-ichi, Takazaki Hiroshi, Suzuki Norihiro, Suzuki Shigeaki, Nodera Hiroyuki, Matsui Naoko, Tsuji Shoji, Koike Haruki, Yamasaki Ryo, Kusunoki Susumu. Safety and efficacy of eculizumab in Guillain-Barre syndrome: a multicentre, double-blind, randomised phase 2 trial LANCET NEUROLOGY. 2018.06; 17 (6): 519-529. ( PubMed, DOI )

  7. Toru Shuta, Kanouchi Tadashi, Yokota Takanori, Yagi Yosuke, Machida Akira, Kobayashi Takayoshi. Utility of Autonomic Function Tests to Differentiate Dementia with Lewy Bodies and Parkinson Disease with Dementia from Alzheimer Disease EUROPEAN NEUROLOGY. 2018; 79 (1-2): 27-32. ( PubMed, DOI )

  8. Kanai K., Yokota T., Shibuya K., Nakazato T., Kanouchi T., Iwai Y., Oyama G., Shimo Y., Shimizu T., Hattori N., Kuwabara S.. Increased motor axonal persistent sodium currents is associated with rapid regional spreading in amyotrophic lateral sclerosis JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 558. ( DOI )

  9. Kanouchi T., Sekiguchi T., Iida S., Akaza M., Yokota T.. Temporal relation between local disease progression in the onset site and regional spread of motor symptoms in amyotrophic lateral sclerosis JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 558-559. ( DOI )

  10. Yamada A., Numasawa Y., Hattori T., Ozaki K., Ishibashi S., Nishida Y., Kanouchi T., Sanjo N., Takanori Y.. Signal changes of skeletal muscle MRI in peripheral nerve disorders JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017.10; 381 1068. ( DOI )

  11. Iwasawa Eri, Ohkubo Takuya, Kanouchi Tadashi, Kanda Takashi, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. 重症多巣性運動ニューロパチー(MMN)患者に対するシクロホスファミド静注とメスナ静注/膀胱内注入併用の長期効果(Long-term Effects of Intravenous Cyclophosphamide in Combination with Mesna Provided Intravenously and via Bladder Perfusion in a Patient with Severe Multifocal Motor Neuropathy) Internal Medicine. 2017.07; 56 (14): 1893-1896. ( 医中誌 )

  12. Iwasawa Eri, Ohkubo Takuya, Kanouchi Tadashi, Kanda Takashi, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. Long-term Effects of Intravenous Cyclophosphamide in Combination with Mesna Provided Intravenously and via Bladder Perfusion in a Patient with Severe Multifocal Motor Neuropathy INTERNAL MEDICINE. 2017; 56 (14): 1893-1896. ( PubMed, DOI )

  13. Mitsuma S, Van den Bergh P, Rajabally YA, Van Parijs V, Martin-Lamb D, Sonoo M, Inaba A, Shimizu T, Isose S, Sato Y, Komori T, Misawa S, Kuwabara S, The Tokyo Metropolitan Neuromuscular Electrodiagnosis Study Group(including Kanouchi T). Effects of low frequency filtering on distal compound muscle action potential duration for diagnosis of CIDP: A Japanese-European multicenter prospective study. Clinical Neurophysiology. 2015; 126 1805-1810.

  14. Sekiguchi T, Kanouchi T, Shibuya K, Noto Y, Yagi Y, Inaba A, Abe K, Misawa S, Orimo S, Kobayashi T, Kamata T, Nakagawa M, Kuwabara S, Mizusawa H, Yokota T. Spreading of amyotrophic lateral sclerosis lesions-multifocal hits and local propagation? Journal of Neurology, Neurosurgery & Psychiatry. 2014.01; 85 (1): 85-91. ( PubMed, DOI )

  15. Kanouchi Tadashi, Ohkubo Takuya, Yokota Takanori. Can regional spreading of amyotrophic lateral sclerosis motor symptoms be explained by prion-like propagation? J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2012.07; 83 (7): 739-745. ( PubMed, DOI )

  16. Akaza Miho, Kanouchi Tadashi, Inaba Akira, Numasawa Yoshiyuki, Irioka Takashi, Mizusawa Hidehiro, Yokota Takanori. Motor nerve conduction study in cauda equina with high-voltage electrical stimulation in multifocal motor neuropathy and amyotrophic lateral sclerosis. Muscle Nerve. 2011.02; 43 (2): 274-282. ( PubMed, DOI )

  17. 上中 沙衿, 赤座 実穂, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐々木 亨, 叶内 匡, 足立 善昭, 関原 謙介, 角 勇樹, 大川 淳, 横田 隆徳. 磁場計測と神経超音波検査を組み合わせた正中神経前腕部神経活動評価 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S519. ( 医中誌 )

  18. 叶内 匡, 夏井 洋和, 飯田 真太朗, 赤座 実穂, 澁谷 和幹, 能登 祐一, 木村 英紀, 清水 俊夫, 水野 敏樹, 桑原 聡, 横田 隆徳. 上肢発症のALSにおける手内筋の筋による進行パターン 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S409. ( 医中誌 )

  19. 玉木 香菜, 三條 伸夫, 叶内 匡, 横田 隆徳. Sjogren症候群(SS)に伴う末梢神経障害の長期予後と運動神経障害を伴うsubtypeの特徴 臨床神経学. 2020.11; 60 (Suppl.): S331. ( 医中誌 )

  20. 叶内 匡. 筋萎縮性側索硬化症における神経生理学的検査の役割 臨床神経生理学. 2020.10; 48 (5): 343. ( 医中誌 )

  21. 玉木 香菜, 三條 伸夫, 叶内 匡, 横田 隆徳. シェーグレン症候群(SS)に伴う末梢神経障害の長期予後と運動神経障害を伴うサブタイプの特徴 神経免疫学. 2020.10; 25 (1): 117. ( 医中誌 )

  22. 黒田 隆之, 赤座 実穂, 叶内 匡, 八木 洋輔, 三條 伸夫, 横田 隆徳. 問題症例の神経筋診断 両下肢感覚障害、脛骨神経F波潜時延長が緩徐に進行した70歳男性の一例 臨床神経生理学. 2020.10; 48 (5): 493. ( 医中誌 )

  23. 岩瀬 遼, 三條 伸夫, 叶内 匡, 横田 隆徳. 上肢近位筋の著明な萎縮を呈する脳表ヘモジデリン沈着症の病巣解析 臨床神経生理学. 2020.10; 48 (5): 587. ( 医中誌 )

  24. 叶内 匡, 飯田 真太朗, 澁谷 和幹, 能登 祐一, 木村 英紀, 清水 俊夫, 水野 敏樹, 桑原 聡, 横田 隆徳. 上肢で発症したALS病変の左右進展におけるpropagation仮説の検証 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S333. ( 医中誌 )

  25. 飯田 真太朗, 叶内 匡, 金井 数明, 中里 朋子, 服部 信孝, 横田 隆徳. 上肢遠位筋発症ALSの領域間進展におけるpropagationメカニズムの検証 臨床神経学. 2019.11; 59 (Suppl.): S333. ( 医中誌 )

  26. 赤座 実穂, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 宮野 由貴, 佐々木 亨, 叶内 匡, 足立 善昭, 関原 謙介, 角 勇樹, 大川 淳, 横田 隆徳. 神経超音波検査と末梢神経磁界測定による神経活動評価 臨床神経生理学. 2019.10; 47 (5): 495. ( 医中誌 )

  27. 夏井 洋和, 叶内 匡, 飯田 真太郎, 赤座 実穂, 澁谷 和幹, 能登 祐一, 木村 英紀, 清水 俊夫, 水野 敏樹, 桑原 聡, 横田 隆徳. ALSのsplit handにおいて筋による神経脱落速度に違いはあるか 臨床神経生理学. 2019.10; 47 (5): 505. ( 医中誌 )

  28. 玉木 香菜, 三條 伸夫, 叶内 匡, 横田 隆徳. リツキシマブ(RTX)の有効性が示唆されたシェーグレン症候群に伴うneuropathyの1例 神経治療学. 2019.10; 36 (6): S252. ( 医中誌 )

  29. 平地 渉, 村川 美也子, 青柳 栄子, 齊木 有美, 鈴木 委久江, 宮崎 健太郎, 萩原 三千男, 叶内 匡, 朝比奈 靖浩, 東田 修二. 造影超音波検査が診断に有用であった肝血管肉腫の一例 超音波医学. 2019.04; 46 (Suppl.): S679. ( 医中誌 )

  30. 赤座 至, 赤座 実穂, 叶内 匡, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 横田 隆徳. 血糖変動と糖尿病神経障害との関連についての検討 日本内分泌学会雑誌. 2019.04; 95 (1): 495. ( 医中誌 )

  31. 山内 泰輔, 水野 朋子, 鈴木 智典, 鹿島田 彩子, 今井 耕輔, 高木 正稔, 叶内 匡. SCN4A遺伝子変異が同定されたNaチャネルミオトニアの1例 脳と発達. 2019.03; 51 (2): 124. ( 医中誌 )

  32. 齋藤 明日香, 服部 高明, 宮下 彰子, 飯田 真太朗, 小林 正樹, 赤座 美穂, 石橋 哲, 叶内 匡, 三條 伸夫, 石川 欽也, 横田 隆徳. 高CK血症を呈する筋萎縮性側索硬化症の筋生検所見の検討 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S291. ( 医中誌 )

  33. 金井 数明, 横田 隆徳, 澁谷 和幹, 叶内 匡, 中里 朋子, 岩井 雄太, 三澤 園子, 大山 彦光, 下 泰司, 清水 俊夫, 服部 信孝, 桑原 聡. Latetnt addition法を用いたALSにおける持続性Na+電流上昇と病気進展についての検討 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S230. ( 医中誌 )

  34. 融 衆太, 内原 俊記, 叶内 匡, 齋藤 和幸, 片山 優希, 横手 裕明, 小林 高義, 北川 昌伸, 廣川 勝いく, 横田 隆徳. レヴィ小体型認知症と病理診断された症例の自律神経障害の検討 臨床神経学. 2018.12; 58 (Suppl.): S264. ( 医中誌 )

  35. 赤座 実穂, 川端 茂徳, 渡部 泰士, 長谷川 由貴, 飯田 真太郎, 佐々木 亨, 足立 善昭, 関原 謙介, 叶内 匡, 角 勇樹, 大川 淳, 横田 隆徳. 脊磁計を用いたC8神経根障害の診断 臨床神経生理学. 2018.10; 46 (5): 509. ( 医中誌 )

  36. 飯田 真太朗, 叶内 匡, 澁谷 和幹, 能登 祐一, 木村 英紀, 赤座 美穂, 清水 俊夫, 桑原 聡, 横田 隆徳. ALS病変の左右病変進展におけるpropagation仮説の検証 臨床神経生理学. 2018.10; 46 (5): 549. ( 医中誌 )

  37. 叶内 匡. 片側上肢のしびれ、麻痺をきたす疾患〜鑑別診断と診療のポイント〜 神経内科の立場から 運動ニューロン疾患を中心に 臨床神経生理学. 2018.10; 46 (5): 371. ( 医中誌 )

  38. 柳平 貢, 赤座 実穂, 飯田 真太郎, 叶内 匡, 横田 隆徳. 抗neurofascin-155抗体陽性慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーの神経エコー所見 臨床神経生理学. 2018.10; 46 (5): 472. ( 医中誌 )

  39. 赤座 実穂, 赤座 至, 叶内 匡, 笹野 哲郎, 角 勇樹, 横田 隆徳. 血糖変動と糖尿病神経障害との関連の検討 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 443. ( 医中誌 )

  40. 叶内 匡. 神経生理検査に関わる検査依頼と報告書の作成-医師と技術師の立場から 神経伝導検査の依頼と報告書の作成 医師の立場から(主に依頼について) 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 342. ( 医中誌 )

  41. 叶内 匡. 反復神経刺激試験でおさえておきたい基本事項 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 365. ( 医中誌 )

  42. 鳴海 純, 叶内 匡, 赤座 実穂, 飯田 真太朗, 青柳 栄子, 太田 那津美, 宮崎 健太郎, 角 勇樹, 横田 隆徳, 萩原 三千男, 東田 修二. 手根管症候群の異なる電気診断法における検査間変動を考慮した特異度に関する考察 臨床神経生理学. 2017.10; 45 (5): 451. ( 医中誌 )

  43. 赤座 実穂, 原 恵子, 永森 千寿子, 沼沢 祥行, 叶内 匡, 相馬 沙紀, 笹野 哲郎, 稲次 基希, 角 勇樹, 前原 健寿, 横田 隆徳. 扁桃体腫大を伴う側頭葉てんかんが疑われる一例 てんかん研究. 2017.01; 34 (3): 657. ( 医中誌 )

  44. 横田隆徳、叶内 匡、大久保卓哉. ALS:新たな視点による進行様式の定量的解析 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 神経変性疾患領域における基盤的調査研究 平成27年度 総括・分担研究報告書. 2016.03; 58-61.

  45. 関口輝彦,叶内 匡,横田隆徳. 伝播する蛋白質: プリオノイド仮説.TDP-43 proteinopathy としてのALS: 病変は不連続に広がるか 神経内科. 2014.12; 81 (6): 644-649.

  46. 叶内 匡. 重症筋無力症―診療New Standards 診断と鑑別診断 テンシロンテスト Clinical Neuroscience. 2014.09; 32 (9): 1011-1012.

  47. 叶内 匡. 反復刺激検査 Monthly Book Medical Rehabilitation. 2014.01; 166 25-32.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 叶内 匡 (分担執筆). 最新臨床検査学講座 生理機能検査学. 医歯薬出版株式会社, 2017.01 第3章 神経・筋機能検査.C 筋電図検査 (ISBN : 978-4-263-22368-0)

  2. 叶内 匡 (分担執筆). 神経疾患 最新の治療 2015-2017. 南江堂, 2015.01 糖尿病性ニューロパチー (ISBN : 978-4-524-26595-4)

  3. 叶内 匡 (分担執筆). 神経内科 研修ノート. 診断と治療社, 2015.01 20 筋電図および神経伝導検査。21 誘発電位。 (ISBN : 978-4-7878-2079-2)

  4. 叶内 匡 (分担執筆). 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.30 神経症候群(第2版)(Ⅴ)―その他の神経疾患を含めて―. 株式会社 日本臨牀社, 2014.11 XI.内科疾患にみられる神経障害(疾患) 1. 内分泌疾患・糖尿病 (7)糖尿病性神経障害 ①全般性対称性多発神経障害

  5. 叶内 匡 (分担執筆). 系統看護学講座 別巻 臨床検査 第7版. 医学書院, 2014.01 筋電図・神経伝導検査 (ISBN : 978-4-260-01803-6)

  6. 関口輝彦,阿部圭輔,大久保卓哉,叶内 匡,横田隆徳. Annual Review 神経 2014. 株式会社 中外医学社, 2014.01 Ⅰ.Basic Neuroscience 3.生化学・分子生物学 1) 筋萎縮性側索硬化症(ALS)における疾患の発症と病態進展機序 (ISBN : 978-4-498-22814-6)

  7. 叶内 匡 (分担執筆). 神経伝導検査ポケットマニュアル. 医歯薬出版株式会社, 2013.01 6. CMT病など先天性脱髄疾患.7. 脱髄性ニューロパチー ―GBSとCIDP (ISBN : 978-4-263-21414-5)

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Yagi Y, Iida S, Kanouchi T, Kusunoki S, Sobue G, Kaji R, Kuwabara S, Yokota T, Glovenin-I CIDP Study Group. Maintenance treatment with IVIg for CIDP can prevent disease progression. 第60回日本神経学会学術大会 2019.05.22 Osaka

  2. Sekiguchi T, Kanouchi T, Shibuya K, Noto YI, Yagi Y, Inaba A, Abe K, Misawa S, Orimo S, Kobayashi T, Kamata T, Nakagawa M, Kuwabara S, Mizusawa H, Yokota T. Spreading of amyotrophic lateral sclerosis lesions -multifocal hits & local propagation?. 30th international congress of clinical neurophysiology of the IFCN 2014.03.21 Berlin

  3. 飯田 真太朗, 叶内 匡, 赤座 実穂, 沼波 仁, 能勢裕里江, 西田陽一郎, 横田隆徳. 2時間の臥床後に両下肢麻痺をきたした41歳女性. 第11回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2017.01.14 東京

  4. 叶内匡, 大久保卓哉, 赤座実穂, 横田隆徳. ALSの進行様式に関する定量的解析. 平成28年度神経変性疾患領域における基盤的調査研究班 2016.12.16 東京

  5. 大原正裕、三條伸夫、叶内匡、横田隆徳. 抗MAG抗体陽性ニューロパチー患者の長期予後と進展様式の検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  6. 青栁栄子、叶内 匡、赤座実穂、飯田真太朗、鳴海 純、太田那津美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理の検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  7. 八木洋輔, 赤座実穂, 飯田真太朗, 角勇樹, 叶内匡, 横田隆徳. 放射線性神経叢障害についての後方視的検討. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.29 郡山

  8. 叶内 匡,関口輝彦,東田修二,横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)における下位運動神経の障害速度に上位運動神経障害は影響するか。. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.28 郡山

  9. 赤座実穂、叶内匡、横田隆徳、笹野哲郎、角勇樹、赤座至. 持続血糖測定モニター(Continuous glucose monitoring : CGM)による血糖変動評価と糖尿病神経障害細小血管障害との関連. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.28 郡山

  10. 飯田真太朗, 叶内匡, 鈴木基弘, 三條伸夫, 西田陽一郎, 横田隆徳. CIDPにおける神経伝導異常の分布. 第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016.10.28 郡山

  11. 赤座実穂、原恵子、稲次基希、叶内匡、太田克也、笹野哲郎、角勇樹、横田隆徳、前原健寿. 扁桃体腫大を伴う側頭葉てんかん症例. 第50回日本てんかん学会学術集会 2016.10.08 静岡

  12. 山口委久江、東亮子、櫻井幸、村川美也子、青柳栄子、佐藤晴香、別府史子、鳴海純、大野めぐみ、木元麻美、田中美幸、萩原三千男、叶内匡、吉田宗一郎、木原和徳、東田修二. 下大静脈腫瘍塞栓および右房進展を来した左腎細胞癌の一例. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.03 神戸

  13. 宮崎健太郎、叶内匡、青柳栄子、別府史子、鳴海純、大野めぐみ、木元麻美、田中美幸、山口委久江、島村晴香、額千裕、太田那津美、新井淳美、萩原三千男、東亮子、東田修二. 左右腕電極の付け間違えにおける3 例の検討. 第63回日本臨床検査医学会 2016.09.02 神戸

  14. 叶内 匡. 神経伝導検査のファーストステップ. 第11回臨床神経生理技術講習会・東京 2016.07.31 東京

  15. 叶内 匡. 上肢の神経伝導検査. 第13回神経筋電気診断セミナー 2016.07.02 東京

  16. 叶内 匡、東原真奈. 尺骨神経絞扼性障害. 第13回神経筋電気診断セミナー 2016.07.02 東京

  17. 青柳栄子、櫻井幸、山口委久江、佐藤晴香、萩原三千男、叶内匡、山内慎一、安野正道、東田修二.. 骨盤内間葉系腫瘍が疑われた脾症(splenosis)の1例.. 第41回日本超音波検査学会学術集会 2016.06.11 宮城

  18. 新宅 洋、叶内 匡、横田隆徳. 大脳皮質基底核症候群におけるミオクローヌスの病態生理. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.21 神戸

  19. 大原正裕、三條伸夫、馬嶋貴正、叶内 匡、横田隆徳. 抗MAG抗体陽性ニューロパチー患者の長期予後の検討. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.21 神戸

  20. 赤座実穂,叶内匡,尾崎心,佐藤望,西田陽一郎,大久保卓哉,石橋哲,三條伸夫,笹野哲郎,角勇樹,横田隆徳. 免疫グロブリン大量療法単独治療の多巣性運動ニューロパチーにおける軸索変性の検討. 第57回 日本神経学会学術大会 2016.05.20 神戸

  21. 太田那津美、叶内 匡、赤座実穂、青栁栄子、鳴海 純、柳奈緒美、角 勇樹、横田隆徳、萩原三千男、東田修二. 神経伝導検査における精度管理のための検討. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.20 神戸

  22. 鈴木基弘,叶内匡,三條伸夫,飯田真太郎,西田陽一郎,横田隆徳. 神経伝導検査による典型的・非典型的 CIDP における病変分布. 第57回 日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸

  23. 叶内 匡、関口輝彦、横田隆徳. 新たな視点による筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行様式に関する定量解析の試み. 第57回日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸

  24. 飯島真秀,三條伸夫,飯田真太郎,鈴木基弘,叶内匡,横田隆徳. 運動優位型のCIDPおよびMMNの臨床経過と治療選択薬に関する検討. 第57回 日本神経学会学術大会 2016.05.18 神戸

  25. 天野永一朗,鈴木基弘,尾崎心,石橋哲,赤座実穂,叶内 匡,東田修二,横田隆徳. 遠位部に病変の強い感覚優位型CIDPの1例. 第10回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2016.01.30 東京

  26. 叶内 匡,関口輝彦,横田隆徳. 四肢発症の筋萎縮性側索硬化症における初発部位の障害進行と球部への障害進展の関係. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.06 大阪

  27. 飯田真太朗,鈴木基弘,三條伸夫,西田陽一郎,叶内 匡,横田隆徳. CIDP寛解期維持療法の神経伝導検査における予測因子の検討. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.06 大阪

  28. 八木洋輔, 叶内匡, 冨満弘之, 横田隆徳. Gerstmann-Sträussler-Scheinker病における経頭蓋磁気刺激を用いた皮質延髄路の評価. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.06 大阪

  29. 叶内 匡,横田隆徳. シンポジウム3. ALSの電気生理update:電気診断基準と病態へのアプローチ.筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病変進展機序への電気生理学的アプローチ. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  30. 鳴海 純,叶内 匡,赤座実穂,青柳栄子,柳奈緒美,太田那津美,角 勇樹,横田隆徳,萩原三千男,東田修二. 神経伝導検査における精度管理のための基礎的検討. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  31. 小野大介,叶内 匡,三條伸夫,西田陽一郎,石川欽也,横田隆徳. 視神経脊髄炎・多発性硬化症の脊髄萎縮における体性感覚誘発電位. 第45回日本臨床神経生理学会学術大会 2015.11.05 大阪

  32. 叶内 匡. 神経伝導検査の基本. 第10回臨床神経生理技術講習会・東京 2015.08.02 東京

  33. 叶内 匡. 上肢の神経伝導検査. 第12回筋電図・神経筋電気診断セミナー 2015.07.18 東京

  34. 叶内 匡,関口輝彦,横田隆徳. 下肢発症の筋萎縮性側索硬化症における初発部位の障害進行と上肢への障害進展の関係. 第56回日本神経学会学術大会 2015.05.23 新潟

  35. 八木洋輔, 大久保卓哉, 町田明, 市野瀬慶子, 宮田悠, 西田陽一郎, 叶内匡, 横田隆徳. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP) における髄液中miRNAの網羅的発現解析. 第56回日本神経学会学術大会 2015.05.20 新潟

  36. 鈴木基弘,三條伸夫,飯田真太朗,西田陽一郎,叶内匡,横田隆徳. 典型的慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)における長期維持療法の検討. 第56回 日本神経学会学術大会 2015.05.20 新潟

  37. 飯田真太朗,三條伸夫,鈴木基弘,市ノ瀬慶子,大久保卓哉,叶内匡,西田陽一郎,横田隆徳. 非典型的慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)における治療選択薬と長期予後における検討. 第56回 日本神経学会学術大会 2015.05.20 新潟

  38. 叶内 匡. 神経生理検査の基礎. 国立大学臨床検査技師会2014年度関東甲信越地区研修会 2015.03.07 東京

  39. 沼波 仁,叶内 匡,石橋 哲,横田隆徳. 顔面・頸部に特異なミオクローヌス様不随意筋収縮を認めた多発脳神経麻痺の一例. 第9回首都圏神経筋電気診断フォーラム 2015.01.24 東京

  40. 横田隆徳,叶内 匡,大久保卓哉. 臨床情報・生体試料の収集と解析 ALS. 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)神経変性疾患領域における調査研究班 班会議 2014.12.19 東京

  41. 叶内 匡,関口輝彦,横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症の初発部位における障害進行と他身体領域への症状進展の関係. 第44回日本臨床神経生理学会学術大会 2014.11.20 福岡

  42. 町田明, 大久保卓哉, 八木洋輔, 関口輝彦, 叶内匡, 水澤英洋, 横田隆徳. 髄液miRNA定量による筋萎縮性側索硬化症の新規診断法の開発 ―多巣性運動ニューロパチーとの比較検討―. 第6回日本RNAi研究会 2014.08.29 広島

  43. 佐藤晴香, 櫻井 幸, 山口委久江, 山本圭子, 斉木有美, 青柳栄子, 萩原三千男, 叶内 匡, 齋藤一隆, 木原和徳, 東條尚子. 腹部超音波検査で検出し得た腎細胞癌膵転移症例. 第39回日本超音波検査学会学術集会 2014.06.15 名古屋

  44. 叶内 匡,関口輝彦,水澤英洋,横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症の初発部位における障害進行と他身体領域への症状進展の関係. 第55回日本神経学会学術大会 2014.05.21 福岡

  45. 関口輝彦,叶内 匡,渋谷和幹,能登祐一,八木洋輔,稲葉 彰,阿部圭輔,三澤園子,織茂智之,小林高義,鎌田智幸,中川正法,桑原 聡,水澤英洋,横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症の腰仙髄における針筋電図所見と錘体路徴候の相関. 第55回日本神経学会学術大会 2014.05.21 福岡

  46. 佐藤愛、東亮子、涌井美幸、鳴海純、大野めぐみ、別府史子、叶内匡、磯部光章、東條尚子. 心雑音から発見された右室内平滑筋腫の一例. 日本超音波医学会第87回学術集会 2014.05

  47. 関口輝彦, 叶内匡, 澁谷和幹, 能登祐一, 八木洋輔, 稲葉彰, 阿部圭輔, 三澤園子, 織茂智之, 小林高義, 鎌田智幸, 中川正法, 桑原聡, 水澤英洋, 横田隆徳. 筋萎縮性側索硬化症の下位運動ニューロン障害の腰仙髄における進展形式の検討. 第54回日本神経学会学術大会 2013.05.29 東京

  48. 岩澤絵梨,大久保卓哉,叶内匡,冨滿弘之,三條伸夫,横田隆徳,水澤英洋. uromitexan 膀胱灌流併用 cyclophosphamide 大量静注療法で長期寛解中の多巣性運動ニューロパチーの重症例. 日本神経治療学会総会 2012.11.29 北九州

  49. 融衆太, 横田隆徳, 叶内匡, 八木洋輔, 町田明, 小林高義. DLBにおける自律神経障害. 第51回日本神経学会総会 2010.05.22 東京

  50. 沼沢祥行, 赤座実穂, 叶内 匡, 田中惠子,横田隆徳, 水澤英洋. 筋萎縮を来たした多発性硬化症(MS)4例の検討. 第50回日本神経学会総会 2009.05.21 仙台

  51. 三條伸夫,叶内匡,水澤英洋,長堀正和. 内服中止1年経過後に症状の改善を認めた metronidazol ニューロパチーの1例. 第26回 日本神経治療学会総会 2008.06.27 横浜

  52. 一條真彦, 赤座実穂, 叶内 匡, 冨滿弘之, 横田隆徳, 水澤英洋. 髄膜炎及び脳炎患者におけるAlbumin leakageの検討. 第49回神経学会総会 2008.05.15

  53. 沼沢祥行, 山本有希子, 叶内匡, 横田隆徳, 水澤英洋. 馬尾にのみ伝導障害を認めた多巣性運動ニューロパチーの26歳男性例. 第178回日本神経学会関東・甲信越地方会 2006.09.02 東京

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 叶内 匡.新たな視点による ALS の進行パターンの電気生理学的探索.,2016年

    文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) (研究代表者)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 二級臨床検査士「神経生理学」副主任試験委員 (叶内 匡) ,公益社団法人 日本臨床検査同学院,平成28 年  第103 回二級臨床検査士「神経生理学」資格試験,東京,2016年03月 - 2016年07月

  • 第11回臨床神経生理技術講習会・東京 主催・世話人(叶内 匡),臨床神経生理検査技術講習会· 東京,東京(東京医科歯科大学),2016年01月29日 - 2016年07月31日

  • 第12回 筋電図・神経筋電気診断セミナー 実技講師 (叶内 匡) ,日本臨床神経生理学会,東京,2015年07月18日 - 2015年07月19日

  • 二級臨床検査士「神経生理学」試験委員 (叶内 匡) ,公益社団法人 日本臨床検査同学院,平成27年 第102回 二級臨床検査士「神経生理学」資格試験 ,東京,2015年03月 - 2015年08月

  • 第10回臨床神経生理技術講習会・東京 主催・講師(叶内 匡),臨床神経生理検査技術講習会・東京,東京,2015年01月30日 - 2015年08月02日

  • 第11回 医師のための筋電図・神経筋電気診断セミナー 実技講師 (叶内 匡),日本臨床神経学会 筋・末梢神経電気診断技術向上委員会,東京,2014年07月19日 - 2014年07月20日

  • 二級臨床検査士「神経生理学」試験委員 (叶内 匡),一般社団法人 日本臨床検査同学院,平成26年 第101回 二級臨床検査士「神経生理学」資格試験,神奈川,2014年03月 - 2014年08月

  • 第9回臨床神経生理技術講習会・東京 主催・講師 (叶内 匡),臨床神経生理技術講習会・東京,東京,2014年01月 - 2014年08月

▼全件表示