基本情報

写真a

横山 三紀(ヨコヤマ ミキ)

YOKOYAMA Miki


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1−5−45 東京医科歯科大学

研究室電話番号

03-5803-5567

研究室FAX番号

03-5803-0187

メールアドレス

m.yokoyama.bch@tmd.ac.jp

研究分野・キーワード

リソソーム、脂質, 膜タンパク質アセンブリ、 CD38

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学部  生物化学  1986年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物化学  博士課程  1986年  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士  東京大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 1900年01月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 硬組織病態生化学 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体支持組織学講座 病態生化学分野 准教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 1986年(昭和61年)4月 日本大学松戸歯学部生理学教室 助手
  • 1995年(平成7年)10月 同 講師
  • 2001年(平成13年)4月 東京医科歯科大学生体硬組織再生学講座
  • 硬組織病態生化学分野 講師
  • 2004年(平成16年)2月 同 助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 脂質生化学会

  • 糖質学会

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会 企画委員
  • 糖質学会 理事

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能系基礎歯科学

  • 構造生物化学

  • 機能生物化学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Cell-surface assembly of proteins,2010年

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • LAMP-2のアセンブリ制御を利用した塗布式口腔ケアによる癌治療患者のQOL改善

    文部科学省/日本学術振興会 : 2017年 - 2019年

  • 歯槽骨再生におけるHSPGを介したエクソソーム取り込みのメカニズム

    文部科学省/日本学術振興会 : 2014年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2016年

  • LAMP2を標的としたリソソーム細胞内輸送のブロッキングによる顎骨吸収の抑制

    文部科学省/日本学術振興会 : 2013年 - 2015年

  • ネクロプトーシスによる細胞死におけるスフィンゴ脂質代謝の役割

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

全件表示 >>

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Kazue Terasawa, Yuji Kato, Yuta Ikami, Kensaku Sakamoto, Kazumasa Ohtake, Seisuke Kusano, Yuri Tomabechi, Mutsuko Kukimoto-Niino, Mikako Shirouzu, Jun-Lin Guan, Toshihide Kobayashi, Takanori Iwata, Tetsuro Watabe, Shigeyuki Yokoyama, Miki Hara-Yokoyama. Direct homophilic interaction of LAMP2A with the two-domain architecture revealed by site-directed photo-crosslinks and steric hindrances in mammalian cells. Autophagy. 2021.04; 1-19. ( PubMed, DOI )

  • Daisuke Yamamoto, Kou Kayamori, Kei Sakamoto, Maiko Tsuchiya, Tohru Ikeda, Hiroyuki Harada, Tetsuya Yoda, Tetsuro Watabe, Miki Hara-Yokoyama. Intracellular claudin-1 at the invasive front of tongue squamous cell carcinoma is associated with lymph node metastasis. Cancer Sci.. 2020.02; 111 (2): 700-712. ( PubMed, DOI )

  • Yuji Kato, Satoko Arakawa, Kazue Terasawa, Jin-Ichi Inokuchi, Takanori Iwata, Shigeomi Shimizu, Tetsuro Watabe, Miki Hara-Yokoyama. The ceramide analogue N-(1-hydroxy-3-morpholino-1-phenylpropan-2-yl)decanamide induces large lipid droplet accumulation and highlights the effect of LAMP-2 deficiency on lipid droplet degradation. Bioorg. Med. Chem. Lett.. 2020; 30 (3): 126891. ( PubMed, DOI )

  • Hara-Yokoyama M, Kurihara H, Ichinose S, Matsuda H, Ichinose S, Kurosawa M, Tada N, Iwahara C, Terasawa K, Podyma-Inoue KA, Furukawa K, Iwabuchi K. KIF11 as a Potential Marker of Spermatogenesis Within Mouse Seminiferous Tubule Cross-sections. The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society. 2019.08; 22155419871027. ( PubMed, DOI )

  • Jin-Ichi Inokuchi, Takashi Ode, Miki Hara-Yokoyama. Pharmacological Modulation of Glycosphingolipid Metabolism. Methods Mol. Biol.. 2018; 1804 401-410. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 井神 優太、原田 浩之、渡部 徹郎、横山 三紀. 口腔扁平上皮がん細胞の運動におけるシャペロン依存性オートファジーの役割. 第39回 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  • 寺澤和恵、加藤佑治、井神優太、坂本健作、大竹和正、渡部徹郎、横山茂之、横山三紀. LAMP-2Aのリソソーム内腔側ドメインの相互作用はシャペロン依存性オートファジーに重要である. 第93回 日本生化学会大会 2020.09.14 Web開催

  • 加藤 佑治、荒川 聡子、寺澤 和恵、井ノ口 仁一、岩田 隆紀、 清水 重臣、渡部 徹郎、横山 三紀. セラミドアナログPDMPは拡大した脂肪滴の蓄積を促進し脂肪滴分解へのLAMP-2欠損の効果を反転させる. 第62回 日本脂質生化学会 2020.05.14 船堀

  • 加藤 佑治, 寺澤 和恵, 渡部 徹郎, 青木 章, 岩田 隆紀, 横山 三紀. オートリソソーム形成におけるLAMP-2多量体化の役割. 第62回春季日本歯周病学会学術大会 2019.05.24

  • 山本 大介、山口 聡、渡部 徹郎、依田 哲也、横山 三紀. 舌扁平上皮がんにおけるClaudin-1の発現と臨床病理学的所見との関連. 第73回 日本口腔科学会 学術集会 2019.04.20 川越

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「リソソームによる細胞内分解を制御する分子装置のユニークな組み立てを解明」―ダノン病の治療やシャペロン依存性オートファジーのメカニズム解明に期待―,2021年04月

    Autophagy

  • 2020年02月

    AAAS EurekAlert! The Global Souce for Science News

  • 「舌がん浸潤先進部のクローディン-1の細胞内局在はリンパ節転移と相関する」―診断マーカーとしてのクローディン-1の新たな着目点を発見―,2019年12月

    Cancer Scienc

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 細胞機能の分子的基盤