基本情報

写真a

笛木 賢治(フエキ ケンジ)

FUEKI Kenji


職名

准教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5514

研究室FAX番号

03-5803-5514

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

http://www.tmd.ac.jp/pro/index.html

研究分野・キーワード

部分床義歯,咀嚼機能

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1993年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科補綴学  博士課程  1997年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授
  • 2018年04月
    -
    2021年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授
  • 2021年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本咀嚼学会

  • 日本顎顔面補綴学会

  • 日本老年歯科医学会

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 研究企画推進委員会(委員長),理事
  • 2019年06月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 JPR編集委員会(Associate editor)
  • 2013年05月
    -
    2017年06月
    日本補綴歯科学会 JPR編集委員会(Associate editor)
  • 2011年04月
    -
    2013年04月
    日本補綴歯科学会 診療ガイドライン委員
  • 2009年03月
    -
    2011年04月
    日本補綴歯科学会 国際渉外委員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本補綴歯科学会指導医

  • 日本補綴歯科学会専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ノンメタルクラスプデンチャーの有効性に関するランダム化比較研究,2015年 - 2019年

  • ポリエステル共重合体を用いた部分床義歯の有効性についてのアウトカムリサーチ,2011年 - 2013年

  • 短縮歯列への補綴介入に関するマルチセンター・リサーチ,2008年 - 2010年

  • 部分床義歯を設計する人工知能の開発,2021年04月 - 現在

  • 部分床義歯装着者の咀嚼能力と口腔関連QOLの関連,2007年 - 2008年

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ノンメタルクラスプデンチャーの有効性についてのランダム化比較研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • ノンメタルクラスプデンチャーの補綴学的評価に関するマルチセンターリサーチ

    文部科学省/日本学術振興会

  • 人工知能を活用した部分床義歯設計システムの開発研究

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Inamochi Y, Fueki K, Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Wakabayashi N. . A new masticatory performance scale to integrate food biting, comminution, and mixing ability in removable partial denture wearers J Oral Rehabil. 2021.07; 48 (7): 809-816. ( PubMed, DOI )

  • Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Nobuo Usui, Masato Taira, Noriyuki Wakabayashi. Adaptive brain activity changes during tongue movement with palatal coverage from fMRI data. Scientific Reports. 2021.07; 11 (1): 13907. ( PubMed, DOI )

  • Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Noriyuki Wakabayashi. Short-term effect of thermoplastic resin removable partial dentures on periodontal health: a randomized cross-over trial. J Prosthodont Res. 2021.06; ( PubMed, DOI )

  • Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Yoko Hayashi, Noriyuki Wakabayashi. Responsiveness of methods to evaluate chewing ability after removable partial denture treatments. J Oral Rehabil. 2021.04; 48 (4): 449-457. ( PubMed, DOI )

  • Oliver Schierz, Kazuyoshi Baba, Kenji Fueki. Functional oral health-related quality of life impact: A systematic review in populations with tooth loss. J Oral Rehabil. 2021.03; 48 (3): 256-270. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 笛木賢治. 別冊 ザ・クインテッセンス Year Book 2009 現代の治療指針 欠損・審美補綴と全治療分野編. クインテッセンス出版 , 2009.01 全部床義歯,部分床義歯,ブリッジの咬合採得 補綴装置の違いによる咬合採得の違い

  • 歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常1 歯科補綴. 医歯薬出版, 2009 (ISBN : 978-4-263-42822-)

  • 大山喬史,佐藤雅之,西山 暁,馬場一美, 秀島雅之,笛木賢治,山崎真由美,若林則之. パーシャルデンチャーアトラス デザインの理論と臨床 遊離端義歯を中心に. 2005 (ISBN : 4-263-44202-4)

  • 浅川昭典,佐藤浩史,笛木賢治,大山喬史. よくわかる顎口腔機能 . 医歯薬出版, 2005 「咀嚼 応用的事項」 人工試料

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 稲用友佳,笛木賢治,和田淳一郎,村上奈津子,新井祐貴,河野英子,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔授業の学習効果. 口腔病学会第85回学術大会 2020.12.05 東京医科歯科大学

  • 村上奈津子,高市敦士,笛木賢治,上野剛史,稲用友佳,和田淳一郎,新井祐貴,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー PartⅡ. 材料とメタ分析. 公益社団法人日本補綴歯科学会 東京支部 第24回学術大会 2020.11.29

  • 笛木賢治,稲用友佳,高市敦士,村上奈津子,和田淳一郎,新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー Part I. レビューの概要. 日本補綴歯科学会東京支部第24回学術大会 2020.11.26 東京

  • 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,林 葉子,ケジン ミッ ウー,若林則幸. 患者の視点からみた部分床義歯治療に対する評価指標の重要度 ―大学病院の受診患者での検討―. 日本補綴歯科学会129回学術大会 2020.06.27 誌上&Web開催

  • 林 葉子,笛木賢治,河野英子,ケジン ミント オ,稲用友佳,若林則幸. 部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力. 日本補綴歯科学会129回学術大会 2020.06.27 誌上&Web開催

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会 学会論文賞,日本補綴歯科学会,2018年06月

  • 日本補綴歯科学会 デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2016年07月

  • 東京医科歯科大学歯学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2016年01月

  • 日本補綴歯科学会 デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2014年05月

  • 日本補綴歯科学会 奨励論文賞,2007年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ケーススタディ,2015年 - 現在

  • 研究実習,2015年 - 現在

  • 咬合回復基礎,2013年 - 現在

  • 部分床義歯工学,2013年 - 現在

  • 部分床義歯学,2011年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 部分床義歯学,筑波大学聴覚特別支援技工士学校

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士教本,2009年04月 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 国公立大学臨床研究推進会,2020年01月 - 現在

  • 歯学部臨床研究活性化ワーキンググループ,2019年04月 - 現在

  • 歯科技工外注審査WG責任者,2018年09月 - 2018年12月

  • 歯科器材・薬品開発センター,2018年04月 - 現在

  • 臨床研究協議会,2018年04月 - 現在

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生活共同組合理事,2020年07月 - 現在

  • Journal of Prosthodontic Research 編集委員,日本補綴歯科学会,2019年07月 - 現在

  • マラヤ大学学位審査会外部審査員,マラヤ大学,学位審査外部審査員,2019年05月01日 - 2019年07月01日

  • マラヤ大学紀要 編集委員,マラヤ大学,2019年04月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会専門医審査委員会,日本補綴歯科学会,2017年07月06日 - 2019年06月

全件表示 >>