基本情報

写真a

笛木 賢治(フエキ ケンジ)

FUEKI Kenji


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5514

研究室FAX番号

03-5803-5514

メールアドレス

メールによる問い合わせは《こちら》から

ホームページ

https://www.tmd.ac.jp/mfhs/

研究分野・キーワード

部分床義歯,咀嚼機能,口腔関連QOL

分野紹介URL

咬合機能健康科学分野

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科  1993年  卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科  歯科補綴学  博士課程  1997年03月  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2021年08月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 部分床義歯補綴学 准教授
  • 2021年09月
    -
    2021年10月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能健康学分野 教授
  • 2021年11月
    -
    2022年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能健康科学分野 教授
  • 2022年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 咬合機能健康科学分野 教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 口腔病学会

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本咀嚼学会

  • 日本顎顔面補綴学会

  • 日本老年歯科医学会

  • 日本メディカルAI学会

  • 日本デジタル歯科学会

  • 認知症と口腔機能研究会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 研究企画推進委員会(委員長),理事
  • 2019年06月
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 JPR編集委員会(Associate editor)
  • 2013年05月
    -
    2017年06月
    日本補綴歯科学会 JPR編集委員会(Associate editor)
  • 2011年04月
    -
    2013年04月
    日本補綴歯科学会 診療ガイドライン委員
  • 2009年03月
    -
    2011年04月
    日本補綴歯科学会 国際渉外委員
  • 2017年07月
    -
    2019年06月
    日本補綴歯科学会 学術委員会(委員)
  • 2013年
    -
    現在
    日本補綴歯科学会 代議員
  • 2006年04月
    -
    2009年03月
    口腔病学会 集会担当幹事
  • 2009年04月
    -
    2012年03月
    口腔病学会 編集担当幹事
  • 2017年06月
    -
    2019年06月
    日本補綴歯科学会 専門医認定委員会
  • 2022年07月
    -
    2022年09月
    東京都 「大学研究者による事業提案制度」おけ有識等審査委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 補綴系歯学

資格、免許 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本補綴歯科学会指導医

  • 日本補綴歯科学会専門医

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ノンメタルクラスプデンチャーの有効性に関するランダム化比較研究,2015年 - 2019年

  • ポリエステル共重合体を用いた部分床義歯の有効性についてのアウトカムリサーチ,2011年 - 2013年

  • 短縮歯列への補綴介入に関するマルチセンター・リサーチ,2008年 - 2010年

  • 部分床義歯を設計する人工知能の開発,2021年04月 - 現在

  • 部分床義歯装着者の咀嚼能力と口腔関連QOLの関連,2007年 - 2008年

  • インプラント補綴装置による口腔機能回復,2005年03月 - 2006年03月

  • 下顎片側遊離端義歯の最後方歯の近遠心径が咀嚼混合能力に及ぼす影響,2002年 - 2003年

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ノンメタルクラスプデンチャーの有効性についてのランダム化比較研究

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2019年

  • ノンメタルクラスプデンチャーの補綴学的評価に関するマルチセンターリサーチ

    文部科学省/日本学術振興会

  • 人工知能を活用した部分床義歯設計システムの開発研究

    文部科学省/日本学術振興会

  • ハイフレックス型授業の補綴学習効果を解明するランダム化比較試験

    文部科学省/日本学術振興会

  • 複数大型コホートとNDBや病院データを活用した、口腔の状態と全身の健康の因果推論

    文部科学省/日本学術振興会

  • 複数大型コホートとNDBや病院データを活用した、口腔の状態と全身の健康の因果推論

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Mieko Mizutani-Yoshimura, Saneyuki Mizutani, Naoyuki Uchida, Shuichi Taniguchi, Kenji Fueki. Do oral conditions influence the incidence of bloodstream infection after hematopoietic stem cell transplantation? A retrospective study in Japan. Support Care Cancer. 2024.05; 32 (6): 398. ( PubMed, DOI )

  2. Daiki Kondo, Wataru Komada, Shinya Oishi, Kenji Fueki. Surface strain at the cervical area and fracture strength of flared root canals reinforced using a zirconia tube and glass-fiber post Journal of Dental Sciences. 2024;

  3. Yue Yin, Kosuke Nozaki, Reina Nemoto, Omnia Saleh, Yayoi Oishi, Mayuko Matsumura, Wataru Komada, Hiroyuki Miura, Kenji Fueki. Marginal fit and retention force of zirconia resin-bonded fixed dental prostheses in the posterior region with different designs Journal of Dental Sciences. 2023.12;

  4. Yuka Inamochi, Yoichiro Ogino, Kae Harada, Kenji Fueki, Yasunori Ayukawa, Masahiro Nishimura, Kenji Maekawa, Youngnam Kang, Toshihiro Hirai, Takuo Kuboki. Do oral care and rehabilitation improve cognitive function? A systematic review of clinical studies Journal of Evidence-Based Dental Practice. 2023.10;

  5. Inamochi Y, Kohno EY, Wada J, Murakami N, Takaichi A, Arai Y, Ueno T, Fueki K, Wakabayashi N.. Knowledge acquisition efficacy of a remote flipped classroom on learning about removable partial dentures J Prosthodont Res. 2023.07; 67 (3): 444-449. ( PubMed, DOI )

  6. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, Yanaka W, Abdou A, Miura H, Fueki K. Emergence angle: Comprehensive analysis and machine learning prediction for clinical application. Journal of prosthodontic research. 2023.07; 67 (3): 468-474. ( PubMed, DOI )

  7. Li Yajie, Inamochi Yuka, Wang Zuo, Fueki Kenji. Clinical application of robots in dentistry: A scoping review JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH. 2023.06; ( PubMed, DOI )

  8. Shoko Tobe, Hiroyuki Ishiyama, Akira Nishiyama, Keisuke Miyazono, Hiroko Kimura, and Kenji Fueki. Effects of Jaw-Opening Exercises with/without Pain for Temporomandibular Disorders: A Pilot Randomized Controlled Trial International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022.12; 19 (24): 16840. ( DOI )

  9. Deng J, Fukushima Y, Nozaki K, Nakanishi H, Yada E, Terai Y, Fueki K, Itaka K. Anti-Inflammatory Therapy for Temporomandibular Joint Osteoarthritis Using mRNA Medicine Encoding Interleukin-1 Receptor Antagonist Pharmaceutics. 2022.08; 14 (9): 1785.

  10. M T John, M Omara, N Su, T List, S Sekulic, B Häggman-Henrikson, C M Visscher, K Bekes, D R Reissmann, K Baba, O Schierz, N Theis-Mahon, K Fueki, T Stamm, L Bondemark, I Oghli, A van Wijk, P Larsson. RECOMMENDATIONS FOR USE AND SCORING OF ORAL HEALTH IMPACT PROFILE VERSIONS. J Evid Based Dent Pract. 2022.03; 22 (1): 101619. ( PubMed, DOI )

  11. Oishi S, Komada W, Tsukahara R, Yoshimatsu S, Kondo D, Omori S, Nozaki K, Miura H, Fueki K. A composite resin core with a new zirconia tube reduces the surface strain at the cervical area of a mandibular molar: A model tooth study. Journal of prosthodontic research. 2022.03; 67 (1): 70-76. ( PubMed, DOI )

  12. Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Junichiro Wada, Yuki Arai, Atsushi Takaichi, Natsuko Murakami, Takeshi Ueno, Noriyuki Wakabayashi. A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record. J Prosthodont Res. 2022.01; 66 (1): 40-52. ( PubMed, DOI )

  13. Atsushi Takaichi, Kenji Fueki, Natsuko Murakami, Takeshi Ueno, Yuka Inamochi, Junichiro Wada, Yuki Arai, Noriyuki Wakabayashi. A systematic review of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base. J Prosthodont Res. 2022.01; 66 (1): 53-67. ( PubMed, DOI )

  14. Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Noriyuki Wakabayashi. Short-term effect of thermoplastic resin removable partial dentures on periodontal health: A randomized cross-over trial. J Prosthodont Res. 2022.01; 66 (1): 167-175. ( PubMed, DOI )

  15. Fueki Kenji, Inamochi Yuka, Wada Junichiro, Arai Yuki, Takaichi Atsushi, Murakami Natsuko, Ueno Takeshi, Wakabayashi Noriyuki. デジタル可撤性部分床義歯についてのシステマティックレビュー(第I部) 臨床エビデンス、デジタル印象、顎関係記録(A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record) Journal of Prosthodontic Research. 2022.01; 66 (1): 40-52. ( 医中誌 )

  16. Fueki Kenji, Inamochi Yuka, Yoshida-Kohno Eiko, Wakabayashi Noriyuki. 熱可塑性レジン製の可撤性部分床義歯が歯周健康に及ぼす短期影響 無作為化クロスオーバー試験(Short-term effect of thermoplastic resin removable partial dentures on periodontal health: A randomized cross-over trial) Journal of Prosthodontic Research. 2022.01; 66 (1): 167-175. ( 医中誌 )

  17. Takaichi Atsushi, Fueki Kenji, Murakami Natsuko, Ueno Takeshi, Inamochi Yuka, Wada Junichiro, Arai Yuki, Wakabayashi Noriyuki. デジタル可撤性部分床義歯についてのシステマティックレビュー(第II部) CAD/CAMフレームワーク、人工歯、義歯床(A systematic review of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base) Journal of Prosthodontic Research. 2022.01; 66 (1): 53-67. ( 医中誌 )

  18. Yoko Hayashi, Kenji Fueki, Eiko Yoshida-Kohno, Yuka Inamochi, Noriyuki Wakabayashi. Responsiveness of methods to evaluate objective masticatory function in removable partial denture treatments. J Prosthodont Res. 2021.10; 65 (4): 495-501. ( PubMed, DOI )

  19. Hayashi Yoko, Fueki Kenji, Yoshida-Kohno Eiko, Inamochi Yuka, Wakabayashi Noriyuki. 可撤性部分床義歯治療に対し客観的咀嚼機能評価の各種方法が示す反応性(Responsiveness of methods to evaluate objective masticatory function in removable partial denture treatments) Journal of Prosthodontic Research. 2021.10; 65 (4): 495-501. ( 医中誌 )

  20. Zuo Wang, Eiko Yoshida Kohno, Kenji Fueki, Takeshi Ueno, Yuka Inamochi, Kazuki Takada, Noriyuki Wakabayashi. Multilevel factor analysis of flipped classroom in dental education: A 3-year randomized controlled trial. PLoS One. 2021.09; 16 (9): e0257208. ( PubMed, DOI )

  21. Inamochi Y, Fueki K, Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Wakabayashi N. . A new masticatory performance scale to integrate food biting, comminution, and mixing ability in removable partial denture wearers J Oral Rehabil. 2021.07; 48 (7): 809-816. ( PubMed, DOI )

  22. Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Nobuo Usui, Masato Taira, Noriyuki Wakabayashi. Adaptive brain activity changes during tongue movement with palatal coverage from fMRI data. Scientific Reports. 2021.07; 11 (1): 13907. ( PubMed, DOI )

  23. Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Yoko Hayashi, Noriyuki Wakabayashi. Responsiveness of methods to evaluate chewing ability after removable partial denture treatments. J Oral Rehabil. 2021.04; 48 (4): 449-457. ( PubMed, DOI )

  24. Oliver Schierz, Kazuyoshi Baba, Kenji Fueki. Functional oral health-related quality of life impact: A systematic review in populations with tooth loss. J Oral Rehabil. 2021.03; 48 (3): 256-270. ( PubMed, DOI )

  25. M T John, B Häggman-Henrikson, S Sekulic, T Stamm, I Oghli, O Schierz, T List, K Baba, K Bekes, A van Wijk, N Su, D R Reissmann, K Fueki, P Larsson, N Theis-Mahon, M Omara, L Bondemark, C M Visscher. Mapping Oral Disease Impact with a Common Metric (MOM) - Project Summary and Recommendations. J Oral Rehabil. 2021.03; 48 (3): 305-307. ( PubMed, DOI )

  26. Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Noriyuki Wakabayashi. Cost-effectiveness analysis of prosthetic treatment with thermoplastic resin removable partial dentures. J Prosthodont Res. 2021.02; 65 (1): 52-55. ( PubMed, DOI )

  27. Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Yusuke Matsuyama, Eiko Yoshida-Kohno, Takeo Fujiwara, Noriyuki Wakabayashi. Does oral dryness influence pressure pain sensitivity in the oral mucosa of removable denture wearers? Clinical Oral Investigation. 2020.08; 24 (8): 2603-2609. ( PubMed, DOI )

  28. K Zin Myint Oo, Kenji Fueki, Yuka Inamochi, Eiko Yoshida-Kohno, Yoko Hayashi, Noriyuki Wakabayashi. Pre-treatment impairment of oral health-related quality of life is associated with variations in minimal clinically important differences among patients with removable partial denture treatment. J Oral Rehabil. 2020.07; 47 (7): 902-909. ( PubMed, DOI )

  29. Fueki Kenji. Digital removable dentures: A challenge in a super-aged society JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH. 2020.07; 64 (3): VI. ( DOI )

  30. Kenji Fueki, Eiko Yoshida-Kohno, Yuka Inamochi, Noriyuki Wakabayashi. Patient satisfaction and preference with thermoplastic resin removable partial dentures: a randomised cross-over trial. J Prosthodont Res. 2020.01; 64 (1): 20-25. ( PubMed, DOI )

  31. Myint Oo KZ, Fueki K, Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Inamochi Y, Wakabayashi N. Minimal clinically important differences of oral health-related quality of life after removable partial denture treatments. Journal of dentistry. 2020.01; 92 (1): 103246. ( PubMed, DOI )

  32. Kenji Fueki, Eiko Yoshida-Kohno, Yuka Inamochi, Noriyuki Wakabayashi. The association between mucosal pain and subjective masticatory function in patients with partial removable dental prostheses. J Oral Rehabil. 2019.12; 46 (12): 1095-1099. ( PubMed, DOI )

  33. Sanda M, Fueki K, Baric PR, Baba K. Comparison of immediate and conventional loading protocols withrespect to marginal bone loss around implants supporting mandibularoverdentures: A systematic review and meta-analysis Japanese Dental Science Review. 2019.01; 55 (1): 20-25. ( DOI )

  34. G Nabeshima, K Fueki, Y Inamochi, N Wakabayashi. Effect of dietary counselling with prosthetic restoration on fruit and vegetable intake in partially dentate patients: A prospective study. J Oral Rehabil. 2018.08; 45 (8): 618-626. ( PubMed, DOI )

  35. Hironari Hayama, Kenji Fueki, Juro Wadachi, Noriyuki Wakabayashi. Trueness and precision of digital impressions obtained using an intraoral scanner with different head size in the partially edentulous mandible. J Prosthodont Res. 2018.07; 62 (3): 347-352. ( PubMed, DOI )

  36. Kensuke Takakusaki, Kenji Fueki, Chiaki Tsutsumi, Yusuke Tsutsumi, Naohiko Iwasaki, Takao Hanawa, Hidekazu Takahashi, Kazuo Takakuda, Noriyuki Wakabayashi. Effect of incorporation of surface pre-reacted glass ionomer filler in tissue conditioner on the inhibition of Candida albicans adhesion. Dent Mater J. 2018.06; 37 (3): 453-459. ( PubMed, DOI )

  37. Masahiro Hirasawa, Chiaki Tsutsumi-Arai, Kensuke Takakusaki, Toyohisa Oya, Kenji Fueki, Noriyuki Wakabayashi. Superhydrophilic co-polymer coatings on denture surfaces reduce Candida albicans adhesion-An in vitro study. Arch. Oral Biol.. 2018.03; 87 143-150. ( PubMed, DOI )

  38. Y Inamochi, K Fueki, N Usui, M Taira, N Wakabayashi. Adaptive change in chewing-related brain activity while wearing a palatal plate: an functional magnetic resonance imaging study. J Oral Rehabil. 2017.10; 44 (10): 770-778. ( PubMed, DOI )

  39. K Fueki, K Baba. Shortened dental arch and prosthetic effect on oral health-related quality of life: a systematic review and meta-analysis. J Oral Rehabil. 2017.07; 44 (7): 563-572. ( PubMed, DOI )

  40. Hiroyuki Ishiyama, Shusuke Inukai, Akira Nishiyama, Masayuki Hideshima, Shuhei Nakamura, Meiyo Tamaoka, Yasunari Miyazaki, Kenji Fueki, Noriyuki Wakabayashi. Effect of jaw-opening exercise on prevention of temporomandibular disorders pain associated with oral appliance therapy in obstructive sleep apnea patients: A randomized, double-blind, placebo-controlled trial. J Prosthodont Res. 2017.07; 61 (3): 259-267. ( PubMed, DOI )

  41. K Fueki, E Yoshida-Kohno, N Wakabayashi. Oral health-related quality of life in patients with non-metal clasp dentures: a randomised cross-over trial. J Oral Rehabil. 2017.05; 44 (5): 405-413. ( PubMed, DOI )

  42. Yoshizo Matsuka, Yoshiyuki Hagiwara, Katsushi Tamaki, Hisahiro Takeuchi, Masanori Fujisawa, Takahiro Ono, Yoshihiro Tsukiyama, Kan Nagao, Kazuhiro Tsuga, Hideki Aita, Hisatomo Kondo, Kenji Fueki, Hiroaki Tsukasaki, Keisuke Nishigawa, Shogo Ozawa, Rika Kuwatsuru, Hajime Minakuchi, Toshimitsu Iinuma, Takashi Matsuura, Kanji Ishibashi, Shigehisa Fujii, Toshihiro Hirai, Keiichi Sasaki, Hirofumi Yatani, Yoshimasa Igarashi, Yuji Sato, Tetsuo Ichikawa, Tetsuo Yamamori, Takuo Kuboki, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hironobu Sato, Hideo Matsumura. Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry. J Prosthodont Res. 2017.01; 61 (1): 20-33. ( PubMed, DOI )

  43. Fueki K. Non-metal clasp dentures: More evidence is needed for optimal clinical application. J Prosthodont Res. 2016.10; 60 (4): 227-228. ( PubMed, DOI )

  44. H Kumagai, K Fueki, E Yoshida-Kohno, N Wakabayashi. Factors associated with mucosal pain in patients with partial removable dental prostheses. J Oral Rehabil. 2016.09; 43 (9): 683-691. ( PubMed, DOI )

  45. K Fueki, Y Igarashi, Y Maeda, K Baba, K Koyano, K Sasaki, Y Akagawa, T Kuboki, S Kasugai, N R Garrett. Effect of prosthetic restoration on masticatory function in patients with shortened dental arches: a multicentre study. J Oral Rehabil. 2016.07; 43 (7): 534-542. ( PubMed, DOI )

  46. Katsushi Tamaki, Shoichi Ishigaki, Takumi Ogawa, Hitoshi Oguchi, Takafumi Kato, Takeshi Suganuma, Atsushi Shimada, Shinsuke Sadamori, Yoshihiro Tsukiyama, Youji Nishikawa, Shin-Ichi Masumi, Taihiko Yamaguchi, Hideki Aita, Takahiro Ono, Hisatomo Kondo, Hiroaki Tsukasaki, Kenji Fueki, Masanori Fujisawa, Yoshizo Matsuka, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano. Japan Prosthodontic Society position paper on "occlusal discomfort syndrome". J Prosthodont Res. 2016.07; 60 (3): 156-166. ( PubMed, DOI )

  47. K Fueki, Y Igarashi, Y Maeda, K Baba, K Koyano, K Sasaki, Y Akagawa, T Kuboki, S Kasugai, N R Garrett. Effect of prosthetic restoration on oral health-related quality of life in patients with shortened dental arches: a multicentre study. J Oral Rehabil. 2015.09; 42 (9): 701-708. ( PubMed, DOI )

  48. Junichiro Wada, Kenji Fueki, Masaru Yatabe, Hidekazu Takahashi, Noriyuki Wakabayashi. A comparison of the fitting accuracy of thermoplastic denture base resins used in non-metal clasp dentures to a conventional heat-cured acrylic resin. Acta Odontol. Scand.. 2015.01; 73 (1): 33-37. ( PubMed, DOI )

  49. E Yoshida, K Fueki, N Wakabayashi. Influence of intra-oral sensory impairment by anaesthesia on food comminution and mixing in dentate subjects. J Oral Rehabil. 2015.01; 42 (6): 401-406. ( PubMed, DOI )

  50. K Shoi, K Fueki, N Usui, M Taira, N Wakabayashi. Influence of posterior dental arch length on brain activity during chewing in patients with mandibular distal extension removable partial dentures. J Oral Rehabil. 2014.07; 41 (7): 486-495. ( PubMed, DOI )

  51. Kenji Fueki, Chikahiro Ohkubo, Masaru Yatabe, Ichiro Arakawa, Masahiro Arita, Satoshi Ino, Toshikazu Kanamori, Yasuhiko Kawai, Misao Kawara, Osamu Komiyama, Tetsuya Suzuki, Kazuhiro Nagata, Maki Hosoki, Shin-ichi Masumi, Mutsuo Yamauchi, Hideki Aita, Takahiro Ono, Hisatomo Kondo, Katsushi Tamaki, Yoshizo Matsuka, Hiroaki Tsukasaki, Masanori Fujisawa, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hirofumi Yatani. Clinical application of removable partial dentures using thermoplastic resin. Part II: Material properties and clinical features of non-metal clasp dentures. J Prosthodont Res. 2014.04; 58 (2): 71-84. ( PubMed, DOI )

  52. Kenji Fueki, Eleni D Roumanas, Keith E Blackwell, Earl Freymiller, Elliot Abemayor, Weng Kee Wong, Krishan K Kapur, Neal Garrett. Effect of implant support for prostheses on electromyographic activity of masseter muscle and jaw movement in patients after mandibular fibula free flap reconstruction. Int J Oral Maxillofac Implants. 2014.01; 29 (1): 162-170. ( PubMed )

  53. Kenji Fueki, Chikahiro Ohkubo, Masaru Yatabe, Ichiro Arakawa, Masahiro Arita, Satoshi Ino, Toshikazu Kanamori, Yasuhiko Kawai, Misao Kawara, Osamu Komiyama, Tetsuya Suzuki, Kazuhiro Nagata, Maki Hosoki, Shin-Ichi Masumi, Mutsuo Yamauchi, Hideki Aita, Takahiro Ono, Hisatomo Kondo, Katsushi Tamaki, Yoshizo Matsuka, Hiroaki Tsukasaki, Masanori Fujisawa, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hirofumi Yatani. Clinical application of removable partial dentures using thermoplastic resin-part I: definition and indication of non-metal clasp dentures. J Prosthodont Res. 2014.01; 58 (1): 3-10. ( PubMed, DOI )

  54. Fueki K, Yoshida E, Okano K, Igarashi Y. Association between occlusal curvature and masticatory movements with different test foods in human young adults with permanent dentitions. Arch Oral Biol. 2013.06; 58 (6): 674-680. ( PubMed, DOI )

  55. Fueki K, Yoshida E, Igarashi Y. Association between occlusal curvature and food comminution and mixing in human young adults with permanent dentitions. Arch Oral Biol. 2013.04; 58 (4): 377-383. ( PubMed, DOI )

  56. Yoshida E, Lobbezoo F, Fueki K, Naeije M. Effects of delayed-onset muscle soreness on masticatory function. Eur J Oral Sci. 2012.12; 120 (6): 526-530. ( PubMed, DOI )

  57. Fueki K, Yoshida E, Igarashi Y. A structural equation model to investigate the impact of missing occlusal units on objective masticatory function in patients with shortened dental arches. J Oral Rehabil. 2011.11; 38 (11): 810-817. ( PubMed, DOI )

  58. K. Fueki, E. Yoshida, Y. Igarashi.. A systematic review of prosthetic restoration in patients with shortened dental arches. Japanese Dental Science Review. 2011.08; 47 (2): 167-174. ( DOI )

  59. Fueki K, Igarashi Y, Maeda Y, Baba K, Koyano K, Akagawa Y, Sasaki K, Kuboki T, Kasugai S, Garrett NR. Factors related to prosthetic restoration in patients with shortened dental arches: a multicentre study. J Oral Rehabil. 2011.07; 38 (7): 525-532. ( PubMed, DOI )

  60. E. Yoshida, K.Fueki, Y. Igarashi.. A follow-up study on removable partial dentures in undergraduate program: Part I. Participants and denture use by telephone survey. Journal of Medical and Dental Sciences. 2011.06; 58 (2): 61-67.

  61. Fueki K, Yoshida E, Igarashi Y. A structural equation model relating objective and subjective masticatory function and oral health-related quality of life in patients with removable partial dentures. J Oral Rehabil. 2011.02; 38 (2): 86-94. ( PubMed, DOI )

  62. T. Otomaru, Y. Aimaijiang, Y. Sumita, T. Takahashi, T. Ueno, K. Fueki, Y. Igarashi, H. Taniguchi.. Evaluation of stomagnathic function after prosthodontic treatment in a mandibulectomy patient. Maxillofacilal Prosthetics. 2010.06; 33 (1): 23-29.

  63. Mine K, Fueki K, Igarashi Y. Microbiological risk for periodontitis of abutment teeth in patients with removable partial dentures. J Oral Rehabil. 2009.09; 36 (9): 696-702. ( PubMed, DOI )

  64. Otomaru T, Sumita YI, Chang Q, Fueki K, Igarashi Y, Taniguchi H. Investigation of predictors affecting food mixing ability in mandibulectomy and/or glossectomy patients. Journal of prosthodontic research. 2009.07; 53 (3): 111-115. ( PubMed, DOI )

  65. Fueki K, Yoshida E, Sugiura T, Igarashi Y. Comparison of electromyographic activity of jaw-closing muscles between mixing ability test and masticatory performance test. Journal of prosthodontic research. 2009.04; 53 (2): 72-77. ( PubMed, DOI )

  66. Sugiura T, Fueki K, Igarashi Y. Comparisons between a mixing ability test and masticatory performance tests using a brittle or an elastic test food. J Oral Rehabil. 2009.03; 36 (3): 159-167. ( PubMed, DOI )

  67. Kadota C, Sumita YI, Wang Y, Otomaru T, Mukohyama H, Fueki K, Igarashi Y, Taniguchi H. Comparison of food mixing ability among mandibulectomy patients. J Oral Rehabil. 2008.06; 35 (6): 408-414. ( PubMed, DOI )

  68. Fueki K, Sugiura T, Yoshida E, Igarashi Y. Association between food mixing ability and electromyographic activity of jaw-closing muscles during chewing of a wax cube. J Oral Rehabil. 2008.05; 35 (5): 345-352. ( PubMed, DOI )

  69. Fueki K, Kimoto K, Ogawa T, Garrett NR. Effect of implant-supported or retained dentures on masticatory performance: a systematic review. J Prosthet Dent. 2007.12; 98 (6): 470-477. ( PubMed, DOI )

  70. Yoshida E, Fueki K, Igarashi Y. Association between food mixing ability and mandibular movements during chewing of a wax cube. J Oral Rehabil. 2007.11; 34 (11): 791-799. ( PubMed, DOI )

  71. K Fueki, E Yoshida, Y Igarashi. Comparisons of masticatory movements between mixing ability test and masticatory performance test Prosthodont Res Pract. 2007.04; 6 (4): 253-258.

  72. N Fujimaki, K Fueki, Y Igarashi. A questionnaire study of Japanese dentists’ perceptions of risks for overeruption of molars without antagonists and attitude on prosthetic intervention Prosthodont Res Pract. 2007.04; 6 (4): 246-252.

  73. Salleh NM, Fueki K, Garrett NR, Ohyama T. Objective and subjective hardness of a test item used for evaluating food mixing ability. J Oral Rehabil. 2007.03; 34 (3): 174-183. ( PubMed, DOI )

  74. Roumanas ED, Garrett N, Blackwell KE, Freymiller E, Abemayor E, Wong WK, Beumer J, Fueki K, Fueki W, Kapur KK. Masticatory and swallowing threshold performances with conventional and implant-supported prostheses after mandibular fibula free-flap reconstruction. J Prosthet Dent. 2006.10; 96 (4): 289-297. ( PubMed, DOI )

  75. M Yoshimura, K Fueki, N Garrett, T Ohyama. Influence of food platform width of mandibular removable partial denture on food mixing ability. J Oral Rehabil. 2006.05; 33 (5): 335-340. ( PubMed, DOI )

  76. Wacharasak Tumrasvin, Kenji Fueki, Takashi Ohyama. Factors associated with masticatory performance in unilateral distal extension removable partial denture patients. J Prosthodont. 2006.01; 15 (1): 25-31. ( PubMed, DOI )

  77. A Asakawa, K Fueki, T Ohyama. Detection of improvement in the masticatory function from old to new removable partial dentures using mixing ability test. J Oral Rehabil. 2005.09; 32 (9): 629-634. ( PubMed, DOI )

  78. Wacharasak Tumrasvin, Kenji Fueki, Masako Yanagawa, Akinori Asakawa, Mieko Yoshimura, Takashi Ohyama. Masticatory function after unilateral distal extension removable partial denture treatment: intra-individual comparison with opposite dentulous side. J. Med. Dent. Sci.. 2005.03; 52 (1): 35-41. ( PubMed )

  79. Masako Yanagawa, Kenji Fueki, Takashi Ohyama. Influence of length of food platform on masticatory performance in patients missing unilateral mandibular molars with distal extension removable partial dentures. J. Med. Dent. Sci.. 2004.06; 51 (2): 115-119. ( PubMed )

  80. Tadasu Haketa, Kazuyoshi Baba, Satoshi Akishige, Kenji Fueki, Koji Kino, Takashi Ohyama. Utility and validity of a new EMG-based bruxism detection system. Int J Prosthodont. 2003.04; 16 (4): 422-428. ( PubMed )

  81. S Sueda, K Fueki, S Sato, H Sato, T Shiozaki, M Kato, T Ohyama. Influence of working side contacts on masticatory function for mandibular distal extension removable partial dentures. J Oral Rehabil. 2003.03; 30 (3): 301-306. ( PubMed )

  82. S Sato, K Fueki, H Sato, S Sueda, T Shiozaki, M Kato, T Ohyama. Validity and reliability of a newly developed method for evaluating masticatory function using discriminant analysis. J Oral Rehabil. 2003.02; 30 (2): 146-151. ( PubMed )

  83. H Sato, K Fueki, S Sueda, S Sato, T Shiozaki, M Kato, T Ohyama. A new and simple method for evaluating masticatory function using newly developed artificial test food. J Oral Rehabil. 2003.01; 30 (1): 68-73. ( PubMed )

  84. Tadasu Haketa, Kazuyoshi Baba, Satoshi Akishige, Kenji Fueki, Koji Kino, Takashi Ohyama. Accuracy and precision of a system for assessing severity of tooth wear. Int J Prosthodont. 2002; 17 (5): 581-584. ( PubMed )

  85. T Ueno, K Baba, K Fueki, M Ai, T Ohyama. Influence of protrusive tooth contact on tapping point distribution. J Oral Rehabil. 2000.11; 27 (11): 1004-1011. ( PubMed )

  86. W Gurdsapsri, M Ai, K Baba, K Fueki. Influence of clenching level on intercuspal contact area in various regions of the dental arch. J Oral Rehabil. 2000.03; 27 (3): 239-244. ( PubMed )

  87. 笛木賢治,眞鍋雄太,佐々木 啓一,橋本 衛,木本克彦,石川智久,上田貴之, 内海久美子,釘宮嘉浩,白石 成,安部友佳,稲用友佳,馬場一美,窪木拓男,池田 学. 認知機能と口腔機能の相関に関する医師・歯科医師の意識調査:医科歯科連携ECCOプロジェクト 老年精神医学雑誌. 2024.03; 35 (3): 283-289.

  88. 笛木賢治,稲用友佳. 歯科・口腔機能の改善は認知症の予防につながるのか? -歯科研究のエビデンスと今後の研究展開- 日本認知症学会誌. 2023.09; 37 (3): 401-410.

  89. 笛木賢治,稲用友佳. NMCDの臨床エビデンスに基づく検証 日本歯科理工学会誌. 2023.09; 42 (3): 141-144.

  90. 笛木賢治,稲用友佳. システマティックレビュー実践のための基礎知識 日本補綴歯科学会誌. 2023.04; 15 (2): 169-174. ( DOI )

  91. 笛木賢治,佐々木 啓一,眞鍋雄太,木本克彦, 窪木拓男, 上田貴之,安部友佳 ,稲用友佳,釘宮嘉浩,白石 成,齋藤 壮 ,小林琢也,橋本 衛,石川智久,内海 久美子,池田 学,馬場一美. 認知機能と口腔機能の相関に関する探索的研究(ECCO)プロジェクト: 活動の趣旨と内容 日本補綴歯科学会誌. 2023.01; 15 (1): 72-78.

  92. Saleh Omnia, Nozaki Kosuke, Matsumura Mayuko, Yanaka Wataru, Miura Hiroyuki, Fueki Kenji. Texture-Based Neural Network Model for Biometric Dental Applications JOURNAL OF PERSONALIZED MEDICINE. 2022.12; 12 (12): ( PubMed, DOI )

  93. Deng Jia, Fukushima Yuta, Nozaki Kosuke, Nakanishi Hideyuki, Yada Erica, Terai Yuki, Fueki Kenji, Itaka Keiji. Anti-Inflammatory Therapy for Temporomandibular Joint Osteoarthritis Using mRNA Medicine Encoding Interleukin-1 Receptor Antagonist PHARMACEUTICS. 2022.09; 14 (9): ( PubMed, DOI )

  94. 笛木賢治. 客観的な咀嚼能力の評価法と今後の研究課題 口腔病学会雑誌. 2022.03; 89 (1): 1-6. ( 医中誌 )

  95. 笛木賢治,稲用友佳,髙市敦士,村上奈津子,和田淳一郎,新井祐貴, 上野剛史, 若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関する文献レビュー 日本補綴会誌. 2022.01; 14 (1): 17-24.

  96. 笛木 賢治, 稲用 友佳, 高市 敦士, 村上 奈津子, 和田 淳一郎, 新井 祐貴, 上野 剛史, 若林 則幸. パーシャルデンチャーデジタル化への現状と課題 部分床義歯のデジタル化に関する文献レビュー 日本補綴歯科学会誌. 2022.01; 14 (1): 17-24. ( 医中誌 )

  97. 笛木 賢治. デンチャー臨床"なるほど"攻略ガイド ノンメタルクラスプデンチャーを長くもたせるポイントを教えてください DENTAL DIAMOND. 2021.12; 46 (16): 80-83. ( 医中誌 )

  98. 村上 奈津子, 笛木 賢治, 谷田部 優, 若林 則幸. 臨床のヒント ノンメタルクラスプデンチャーの使いどころ 日本歯科評論. 2021.03; 81 (3): 105-111. ( 医中誌 )

  99. 佐々木 啓一, 笛木賢治. 認知症の現状,補綴歯科治療と今後の研究展開 日本補綴歯科学会誌. 2020.04; 12 (2): 120-121.

  100. 峯 篤史,疋田一洋,高場雅之,澤瀬 隆,山下秀一郎,榎並(田中)裕美子,鮎川保則,上田貴之,江草 宏,馬場俊輔,笛木賢治,槙原絵理,横山紗和子,大川周治,馬場一美,市川哲雄. 学生技能コンペティション「第1回 JPS student clinical skills competition」 日本補綴歯科学会誌. 2020.01; 12 (1): 5-15.

  101. 笛木賢治,稲用友佳. 遊離端欠損をどこまで回復する必要があるのか? ~短縮歯列という考え方と臨床エビデンス~ 東京都歯科医師会雑誌. 2018.09; 66 (9): 405-412.

  102. 笛木賢治,稲用友佳. ノンメタルクラスプデンチャーの臨床エビデンスに関するシステマチックレビュー 日補綴会誌. 2017.10; 9 (4): 297-302.

  103. 若林則幸, 上野剛史, 笛木賢治. 大連結子と小連結子の設計に連結効果以上の機能を期待する 日補綴会誌. 2017.07; 9 (3): 205-210.

  104. 近藤尚知, 尾澤昌悟, 澤瀬 隆, 横山敦郎, 関根秀志, 舞田健夫, 鮎川保則, 中野 環, 久保隆靖, 細川隆司, 友竹偉則, 城戸寛史, 越智守生, 塩田 真, 尾関雅彦, 西村正宏, 前田芳信, 會田英紀, 玉置勝司, 笛木賢治, 塚崎弘明,小野高裕, 松下恭之, 松香芳三, 水口 一, 桑鶴利香, 山下秀一郎, 飯塚知明, 馬場一美, 藤澤政紀, 古谷野 潔, 矢谷博文. 下顎大臼歯欠損に対しインプラント支持固定性補綴装置による治療介入時に付与すべき咬合様式 インプラントの咬合ポジションペーパー 日本補綴歯科学会誌. 2016.01; 8 (1): 1-8.

  105. 笛木賢治, 若林則幸. 本邦における臼歯部遊離端欠損に対するSDAコンセプトの適用と補綴治療の有効性 口腔病学会雑誌. 2015.12; 82 (3): 95.

  106. 笛木賢治. すれ違い咬合に対してテレスコープ義歯とクラスプ義歯で補綴した症例. 日補綴会誌. 2014.04; 6 (2): 192-195.

  107. 馬場一美,塚崎弘明,笛木賢治,村田比呂司,尾澤昌悟,松香芳三, 小野高裕,會田英紀,近藤尚知,玉置勝司,藤澤政紀,古谷野潔.. 義歯管理に関する臨床的エビデンス. 日本歯科医師会雑誌. 2013.10; 66 (8): 763-773.

  108. 笛木賢治,大久保力廣,谷田部優,荒川一郎,有田正博,井野 智,金森敏和,河相安彦,川良美佐雄,小見山道,鈴木哲也,永田和裕,細木真紀,鱒見進一,山内六男,會田英紀,小野高裕,近藤尚知,玉置勝司,松香芳三,藤澤政紀,馬場一美,古谷野 潔.. 熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯(ノンメタルクラスプデンチャー)の臨床応用. 日補綴会誌. 2013.10; 5 (4): 387-407.

  109. 玉置勝司,石垣尚一,小川 匠,尾口仁志,加藤 隆史,菅沼岳史,島田 淳,貞森紳丞,築山能大,西川洋二,鱒見進一,山口泰彦,會田英紀,小野高裕,近藤尚知,塚崎弘明,藤澤政紀,笛木賢治,松香芳三,馬場一美,古谷野 潔.. 咬合違和感症候群. 日補綴会誌. 2013.10; 5 (4): 369-386.

  110. 松香芳三,萩原芳幸,玉置勝司,竹内久裕,藤澤政紀,小野高裕,築山能大,永尾 寛,津賀一弘,會田英紀,近藤尚知,笛木賢治,塚崎弘明,石橋寛二,藤井重壽,平井敏博,佐々木啓一,矢谷博文,五十嵐順正,佐藤裕二,市川哲雄,松村英雄,山森徹雄,窪木拓男,馬場一美,古谷野 潔.. 補綴歯科治療病名の信頼性と妥当性の検討. 日補綴会誌. 2013.07; 5 (3): 281-290.

  111. 笛木賢治,五十嵐順正. 患者に喜ばれるパーシャルデンチャー 患者に喜ばれるパーシャルデンチャーの治療原則. 2012.07; 58-62.

  112. 笛木賢治,五十嵐順正. まずはパーシャルデンチャーを得意になろう! ―クラスプデンチャーを中心に 第12回 IV.おわりに(若手歯科医師に向けて) 日本歯科評論. 2011.12; 71 (12): 77-84.

  113. 笛木賢治,五十嵐順正. まずはパーシャルデンチャーを得意になろう! ―クラスプデンチャーを中心に 第5回 Ⅱ.パーシャルデンチャーの臨床  3.部分歯列欠損患者における睡眠時ブラキシズムへの対応 ~夜間就寝時用義歯(ナイトデンチャー)を用いた咬合管理~ 日本歯科評論. 2011.05; 71 (5): 79-86.

  114. 五十嵐順正,笛木賢治. まずはパーシャルデンチャーを得意になろう! ―クラスプデンチャーを中心に 第4回 Ⅱ.パーシャルデンチャーの臨床  2.すれ違い咬合症例の診査・診断・設計 日本歯科評論. 2011.04; 71 (4): 87-98.

  115. 五十嵐順正,笛木賢治. 日本の臨床事情の中でのShortened Dental Arch(短縮歯列):SDAコンセプト ザ・クインテッセンス. 2010; 29 (6): 97-103.

  116. 五十嵐順正,笛木賢治. 歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008 日補綴会誌. 2009.04; 1 EE163-EE169.

  117. 笛木賢治,五十嵐順正. 歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008 日補綴会誌. 2009.04; 1 EE123-EE131.

  118. 笛木賢治. パーシャルデンチャーのゴールドスタンダードを実践する  「東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科部分床義歯補綴学分野」 ザ・クインテッセンス. 2007; 26 (2): 107-108.

  119. 笛木賢治,大山喬史,佐々木武仁. 一から学ぶX線写真の読み方入門 第4回 部分床義歯領域 歯科技工. 2000; 28 (4): 468-471.

  120. 笛木賢治, 馬場一美, 秋重智司, 羽毛田 匡, ガードサプシ- ウォラワン, 藍   稔. ひずみゲージを応用したブラキシズム検出装置の開発 補綴誌. 1999.12; 43 (4): 674-680.

  121. 屋嘉智彦, 谷田部 優, 笛木賢治, 榎澤宗司, 藍  稔. 咬合異常を訴えた顎機能異常者の心身医学的側面 -咬合状態と機能との関連について- 日本補綴歯科学会雑誌. 1997; 41 (4): 663-669.

  122. 笛木賢治,藍  稔. 咬合位の変化が顎口腔機能に及ぼす影響 口腔病学会雑誌. 1997; 64 (3): 454.

  123. 加藤光雄, 笛木賢治, 羽毛田匡, 熊谷靖司, 塩崎智彦, 中村和夫, 藍  稔. 可撤性補綴装置の3次元的挙動 第1報 計測システムとその応用 日本補綴歯科学会雑誌. 1997; 41 (4): 719-728.

  124. 笛木賢治. 咬合位の側方的な変化が習慣性開閉口運動の 終末位に及ぼす影響 補綴誌. 1996.12; 40 (6): 1111-1122.

  125. 谷田部 優, 屋嘉智彦, 榎澤宗司, 笛木賢治, 湯上 圭, 吉野敏明, ガードサプシー ウォラワン, 藍  稔. 咬合異常を訴えた患者の心身医学的側面 -心身的症状と発症の経緯- 日本歯科心身医学会雑誌. 1996; 11 (2): 135-142.

  126. 加藤光雄, 笛木賢治, 三好光平, 湯上 圭, 後藤忠正, 藍  稔. 多変量解析を応用した咀嚼粉砕能力の評価 日本補綴歯科学会雑誌. 1995.01; 39 (1): 165-170.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 笛木賢治. 別冊 ザ・クインテッセンス Year Book 2009 現代の治療指針 欠損・審美補綴と全治療分野編. クインテッセンス出版 , 2009.01 全部床義歯,部分床義歯,ブリッジの咬合採得 補綴装置の違いによる咬合採得の違い

  2. 歯科衛生士教本 咀嚼障害・咬合異常1 歯科補綴. 医歯薬出版, 2009 (ISBN : 978-4-263-42822-)

  3. 大山喬史,佐藤雅之,西山 暁,馬場一美, 秀島雅之,笛木賢治,山崎真由美,若林則之. パーシャルデンチャーアトラス デザインの理論と臨床 遊離端義歯を中心に. 2005 (ISBN : 4-263-44202-4)

  4. 浅川昭典,佐藤浩史,笛木賢治,大山喬史. よくわかる顎口腔機能 . 医歯薬出版, 2005 「咀嚼 応用的事項」 人工試料

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Shimizu S, Hayashi K, Takeuchi Y, Tanabe G, Churei H, Kobayashi H, Ueno T, Fueki K. Effect of Administration of Sonicated P. gingivalis on skeletal muscle injury healing using a rat model. . ECSS Paris 2023 2023.07.04 Paris

  2. 松村茉由子,谷中 航,野崎浩佑,駒田 亘,北崎祐之,馬場史郎,松村光明,笛木賢治. パッチテストを元にレジン及び金属アレルギーを有する患者の治療方法を検討した症例. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.21

  3. 松本彩花,松村茉由子,Saleh Omnia,谷中 航, 紅谷龍一郎,野崎浩佑,松村光明,若林則幸,笛木賢治. 前歯部CAD/CAM冠の色彩学的研究 金属支台築造歯に対するオペーク色セメントの効果. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20

  4. 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,Omnia Saleh,松村光明,笛木賢治. 支台歯と合着材の種類が前歯部CAD/CAM冠の色調に及ぼす影響. 日本デジタル歯科学会 第14回学術大会 2023.04.23

  5. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, Yanaka W, Miura H, Fueki K. Development of an emergence angle estimation program by machine learning. The 131st Annual Meeting of the Japan Prosthodontic Society 2022.07.16

  6. Omnia Saleh, 野﨑浩佑, 松村茉由子, 谷中 航, 三浦宏之, 笛木賢治. 機械学習によるエマージェンスアングル推定プログラムの開発. 日本補綴学会第131会学術大会 2022.07.15 大阪

  7. Kenji Fueki, Yuka Inamochi. Patient-reported outcomes and periodontal health after prosthetic treatment with thermoplastic resin removable partial dentures. FDCU International Symposium 2022 2022.05.18 Web

  8. 松村茉由子,野﨑浩佑,谷中航,Omnia Saleh,宮坂宗永,松村光明,三浦宏之,笛木賢治. CAD/CAM冠用コンポジットレジンブロックの切削抵抗に対する機械特性と加工条件の影響. 日本デジタル歯科学会第13回学術大会 2022.04.23

  9. Saleh Omnia, Nozaki Kosuke, Matsumura Mayuko, Yanaka Wataru, Abdou Ahmed, Miura Hiroyuki, Fueki Kenji. 歯の萠出角の三次元的分析と分類(Emergence angle three dimensional analyses and classification). 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  10. Saleh Omnia, Nozaki Kosuke, Matsumura Mayuko, Yanaka Wataru, Abdou Ahmed, Miura Hiroyuki, Fueki Kenji. Emergence angle three dimensional analyses and classification(和訳中). 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  11. Saleh Omnia, Nozaki Kosuke, Matsumura Mayuko, Yanaka Wataru, Abdou Ahmed, Miura Hiroyuki, Fueki Kenji. 歯の萠出角の三次元的分析と分類(Emergence angle three dimensional analyses and classification). 口腔病学会雑誌 2022.03.01

  12. Saleh O, Nozaki K, Matsumura M, YanakaW, Abdou A, Miura H, Fueki K. Emergence Angle 3D Analyses and Classification. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03

  13. 稲用友佳,笛木賢治,和田淳一郎,村上奈津子,新井祐貴,河野英子,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔授業の学習効果. 口腔病学会第85回学術大会 2020.12.05 東京医科歯科大学

  14. Yuka Inamochi, Kenji Fueki, Nobuo Usui, Noriyuki Wakabayashi. Adaptive brain activity changes during tongue movement with palatal coverage. IADR 97th General Session & Exhibition 2019.06.21 Vancouver convention center

  15. 髙草木 謙介,堤 千明,平澤 正洋,高久田 和夫,笛木 賢治,若林 則幸. . S-PRGフィラー含有tissue conditionerのC.albicans付着抑制効果と機械的性質. 第99回日本細菌学会関東支部総会 2016.10.06

  16. Effect of Prosthetic Restoration for SDA on OHR-QoL. 86th General Session of the IADR 2013.03

  17. Comparisons between a mixing ability test and masticatory performance tests. 86th General Session of the IADR 2008

  18. 林 海里,清水慎太郎,竹内康雄,小林宏明,中禮 宏,笛木賢治. 歯周病原細菌の全身波及がスポーツに関連する骨格筋反応に及ぼす影響について. 第88回口腔病学会学術大会 2023.12.02 東京

  19. 松村茉由子, 松村光明, 北崎祐之, 馬場史郎, 笛木賢治. 掌蹠膿疱症患者に対し、口腔内金属除去療法を実施した症例. 第14回日本メタルフリー歯科学会学術大会 2023.11.19

  20. 近藤大貴,駒田 亘,大石晋也,笛木賢治. 小臼歯におけるジルコニアチューブによる歯頸部補強効果を考慮した支台築造法の検討. 日本補綴歯科学会 第132回記念学術大会 2023.05.21 神奈川

  21. 笛木賢治,稲用友佳, 李 雅杰,張 凌波, Saleh Omnia . 被引用状況からみた客観的咀嚼能力の研究動向に関する文献調査. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.21 横浜

  22. 河野英子,井上瑤子,上野剛史,笛木賢治,七丈直弘,白井俊行. 歯科インプラント研究の動向:内閣府e-CSTIの開発ツールを用いたBibliometric分析. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20 神奈川県横浜市

  23. 稲用友佳, 笛木賢治,李 雅杰,張 凌波. ノンメタルクラスプデンチャー装着者の口腔関連QoL:ランダム化比較試験のメタ解析. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20 横浜

  24. 安部友佳,稲用友佳,濵 洋平,楠本友里子,上田貴之,佐々木啓一,窪木拓男,眞鍋雄太,木本克彦,笛木賢治,馬場一美. 咀嚼機能検査法と健康関連パラメータとの相関についての スコーピングレビュー. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20 横浜

  25. 大石弥生,根本怜奈,駒田亘,野崎浩佑,笛木賢治. 歯槽骨吸収症例におけるカンチレバー型接着ブリッジと歯周組織の応力解析. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20

  26. 殷悦,根本怜奈,駒田亘,野崎浩佑,笛木賢治. 歯科用ジルコニアを用いたD字型臼歯部接着ブリッジの適合性. 日本補綴歯科学会第132回学術大会 2023.05.20

  27. 笛木賢治. 補綴臨床研究における口腔関連QoLと今後の展望. Prosthodontic Meeting for Next Generation 2022 2023.03.10 神奈川

  28. 松村茉由子,野﨑浩佑,谷中 航,紅谷龍一郎,松本彩花,若林則幸,笛木賢治. セメントスペースの厚みが前歯部CAD/CAM冠の色調に及ぼす影響. 令和4年度 日本補綴歯科学会 東京支部学術大会 2022.12.18

  29. 鶴田 潤, 大竹志保, 大石晋也, 尾崎太亮, 駒田 亘, 笛木賢治. 3次元支台歯・窩洞形成技能評価装置による切削人工歯評価の検討ーパイロットスタディ. 第87回 口腔病学会学術大会 2022.12.03 東京

  30. 大竹志保,大石晋也,尾崎太亮,池田正臣,駒田 亘,笛木賢治. 齲蝕影響象牙質の除去方法が根管壁象牙質に対するコンポジットレジンの接着強さに及ぼす影響. 第87回 口腔病学会学術大会 2022.12.03 東京

  31. 笛木賢治. 歯科・口腔機能の改善は認知症の予防につながるのか?  ~エビデンスと今後の研究展望~. 第41回日本認知症学会学術集会/第37回日本老年精神医学会[合同開催] 2022.11.26 東京

  32. 石山裕之, 秀島雅之, 犬飼周佑, 玉岡明洋, 西山暁, 宮崎泰成, 笛木賢治. 下顎前方移動時に伴う呼吸抵抗の減少率が, 閉塞性睡眠時無呼吸の口腔内装置の効果に及ぼす影響. 第22回日本睡眠歯科学会学術集会 2022.10.08 京都

  33. 釘宮嘉浩,眞鍋雄太, 笛木賢治, 稲用友佳 他. 認知症および軽度認知障害患者に関する医科歯科連携の 意識調査:ECCOプロジェクト. 日本補綴学会第131会学術大会 2022.07.15 大阪

  34. 笛木賢治. システマティックレビューの実践のための基礎知識. 日本補綴学会第131会学術大会 2022.07.15 大阪

  35. 笛木賢治, 眞鍋雄太, 稲用友佳 他. 認知機能と口腔機能の相関に関する医師・歯科医師アン ケート:ECCOプロジェクト. 日本補綴学会第131会学術大会 2022.07.15 大阪

  36. 松村茉由子,野崎浩佑,谷中 航,内田英里香,小峰清良,松村光明,三浦宏之,笛木賢治. 切削加工時における歯科用CAD/CAMブロック切削抵抗測定の試み. 公益社団法人 日本補綴歯科学会 東京支部第25回学術大会 2021.12.05 Web開催

  37. 野﨑浩佑,小若泰之,三原朋之,三浦宏之,山下仁大,笛木賢二,大原智. チタニアの高機能化と歯科材料への応用. 第43回日本バイオマテリアル学会大会 2021.11.30

  38. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔オンライン反転授業の学習効果. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 誌上&Web開催

  39. 笛木賢治,稲用友佳,河野英子,林 葉子,若林則幸. 部分床義歯装着者の咬断,粉砕,混合能力を統合した新たな客観的咀嚼能力スケール. 第24回日本歯科医学会学術大会 2021.09.23 誌上&Web開催

  40. 水谷 美枝子, 笛木 賢治. 造血幹細胞移植治療における歯性感染源と術後敗血症および局所感染との関連. 日本歯科医師会雑誌 2021.07.01

  41. 林 葉子, 笛木 賢治, 河野 英子, 稲用 友佳, ゲジンミッウー , 若林 則幸. 部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力. 日本歯科医師会雑誌 2021.07.01

  42. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,和田淳一郎,村上奈津子,髙市敦士, 新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでの アクティブラーニングの学習効果. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.19 誌上&Web開催

  43. 笛木賢治. パーシャルデンチャーのデジタル化に関する文献レビュー. 日本補綴歯科学会第130回学術大会 2021.06.19 誌上&Web開催

  44. 笛木 賢治, 稲用 友佳, 河野 英子, 林 葉子, 若林 則幸. 部分床義歯装着者の咬断、粉砕、混合能力を統合した新たな客観的咀嚼能力尺度の開発. 日本補綴歯科学会誌 2021.06.01

  45. 村上奈津子,高市敦士,笛木賢治,上野剛史,稲用友佳,和田淳一郎,新井祐貴,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー PartⅡ. 材料とメタ分析. 公益社団法人日本補綴歯科学会 東京支部 第24回学術大会 2020.11.29

  46. 笛木賢治,稲用友佳,高市敦士,村上奈津子,和田淳一郎,新井祐貴,上野剛史,若林則幸. 部分床義歯のデジタル化に関するシステマチックレビュー Part I. レビューの概要. 日本補綴歯科学会東京支部第24回学術大会 2020.11.26 東京

  47. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,林 葉子,ケジン ミッ ウー,若林則幸. 患者の視点からみた部分床義歯治療に対する評価指標の重要度 ―大学病院の受診患者での検討―. 日本補綴歯科学会129回学術大会 2020.06.27 誌上&Web開催

  48. 林 葉子,笛木賢治,河野英子,ケジン ミント オ,稲用友佳,若林則幸. 部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力. 日本補綴歯科学会129回学術大会 2020.06.27 誌上&Web開催

  49. ケジンケジン ミント オ,笛木賢治,河野英子,林 葉子,稲用友佳,若林則幸. 部分床義歯治療における口腔関連QoLの臨床的有意性. 日本補綴歯科学会129回学術大会 2020.06.27 誌上&Web開催

  50. 王佐,河野英子,笛木賢治,稲用友佳,上野剛史,若林則幸. 歯科補綴学教育における反転授業の学習効果を検証するランダム化比較試験. 口腔病学会第84回学術大会 2019.12.06 東京医科歯科大学

  51. 稲用友佳,笛木賢治,臼井信男,若林則幸 . 口腔内環境の変化に対する舌運動の適応に関わる中枢神経基盤の解明:fMRI 研究 . 日本咀嚼学会第31回学術大会 2019.10.05 東京医科歯科大学

  52. 林 葉子,笛木賢治,河野英子,稲用友佳,若林則幸. 客観的・主観的咀嚼能力評価法の反応性 -部分床義歯による補綴治療効果を指標とした検討-. 日本咀嚼学会第31回学術大会 2019.10.05 東京医科歯科大学

  53. 稲用友佳,笛木賢治,臼井信男,若林則幸. 口腔内環境の変化に対する舌運動の適応に関わる中枢神経基盤の解明:fMRI研究. 日本補綴歯科学会128回学術大会 2019.05.11 札幌コンベンションセンター

  54. 稲用友佳,笛木賢治,河野英子,谷田部 優,若林則幸. ノンメタルクラスプデンチャーを用いた補綴治療の費用効果分析. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.17 岡山

  55. 笛木賢治. 口腔関連QoL からみた短縮歯列への補綴介 入のdecision-making. 日本補綴歯科学会第127回学術大会 2018.06.16 岡山

  56. 三田 稔,笛木賢治,楠本友里子,武川佳世,原 真央子,横山紗和子,松本貴志,樋口大輔, 馬場一美. 下顎インプラント・オーバーデンチャーの荷重方法によるインプラント周囲骨吸収量の差. 日本補綴歯科学会第127 回学術大会 2018.06.16 岡山

  57. 河野英子,熊谷勇人,笛木賢治,若林則幸. 部分床義歯装着者における床下粘膜痛と口腔関連QoLの関連. 第127回日本補綴歯科学会学術大会 2018.06.15 岡山

  58. 葉山博工,笛木賢治,和達重郎,若林則幸. 口腔内スキャナを用いた下顎部分歯列欠損模型における光学印象の真度. 日本補綴歯科学会 東京支部第21回学術大会 2017.12.03 東京

  59. 鍋島 玄, 笛木賢治, 稲用友佳, 若林則之. 補綴治療と共に行う栄養指導が部分歯列欠損患者の食事摂取に与える影響. 口腔病学会 2017.11.20 東京医科歯科大学

  60. 平澤正洋, 堤千明, 高草木謙介, 里村一人, 笛木賢治, 若林則幸. 超親水性ポリマーをコーティングした義歯床用レジンのC.albicans付着抑制効果.. 第100回日本細菌学会関東支部総会 2017.09.28

  61. 稲用友佳,笛木賢治,臼井信男,若林則幸. 口蓋床装着による口腔内環境の変化が健常者の口腔機能と咀嚼時の脳活動に及ぼす影響. 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  62. 葉山博工,笛木賢治,和達重郎,若林則幸.. 口腔内スキャナを用いた下顎部分歯列欠損模型における光学印象の繰り返し精度比較. 日本補綴歯科学会 第126回学術大会 2017.07.01 横浜

  63. 平澤正洋,堤千明,高草木謙介,高橋英和,笛木賢治,若林則幸. 親水性メタクリルアミドポリマーをコーティングした義歯床用PMMAのC.albicans付着抑制効果. 平成28年度日本補綴歯科学会東関東支部会 2017.02.05 千葉

  64. 笛木賢治. ノンメタルクラスプデンチャーの臨床エビデンス. 第2回補綴歯科臨床研鑽会(プロソ’16) 2016.12.10 東京

  65. 稲用友佳,笛木賢治,泰羅雅登,若林則幸.. 口蓋床装着による口腔内環境の変化が健常者の咀嚼時の脳活動に及ぼす影響. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.25

  66. 笛木賢治、河野英子、谷田部 優、若林則幸. ノンメタルクラスプデンチャーの有効性に関するランダム化クロスオーバー試験. 日本補綴歯科学会第125回学術大会 2016.07.10 金沢

  67. 熊谷勇人,笛木賢治,河野英子,若林則幸. 部分床義歯装着者における床下粘膜痛と主観的咀嚼機能の関連. 第125回日本補綴歯科学会 2016.07.09

  68. 髙草木謙介, 笛木賢治, 堤千明, 高橋英和, 平澤正洋, 若林則幸.. S-PRGフィラー含有粘膜調整材のカンジダ菌付着抑制効果と理工学的性質. 第125回日本補綴歯科学会 2016.07.09

  69. 熊谷勇人,河野英子,笛木賢治,若林則幸. 部分床義歯装着者における床下粘膜痛のリスクファクター. 日本補綴歯科学会第124回学術大会 2015.05.30 大宮ソニックシティ

  70. 笛木賢治,五十嵐順正,吉田英子,前田芳信,池邉一典,馬場一美,塚崎弘明,古谷野 潔,荻野 洋一郎, 佐々木 啓一,小山重人,赤川安正,是竹克紀,窪木拓男,荒川 光,春日井 昇平,近藤尚知,黒田真司. 短縮歯列への補綴介入に関する多施設共同研究 -咀嚼能力への治療効果-. 第123回日本補綴歯科学会 2014.05.21

  71. 吉田英子,笛木賢治,若林則幸. 麻酔による口腔組織の感覚低下が咀嚼能力に及ぼす影響. 第123回日本補綴歯科学会 2014.05.21

  72. 笛木賢治. ノンメタルクラスプデンチャーのポジションペーパー作成の経緯と概要. 第123回日本補綴歯科学会 2014.05.21

  73. すれ違い咬合に対してテレスコープ義歯とクラスプ義歯で補綴した症例. 第122回日本補綴歯科学会学術大会 2013

  74. 短縮歯列への補綴介入に関する多施設共同研究 -口腔関連QoLへの治療効果-. 第122回日本補綴歯科学会学術大会 2013

  75. 健常有歯顎者における咬合彎曲と咀嚼能力との関連. 第120回日本補綴歯科学会学術大会 2011

  76. 健常有歯顎者における咬合彎曲と咀嚼運動との関連. 第120回日本補綴歯科学会学術大会 2011

  77. 短縮歯列への補綴介入に関する多施設共同研究 -研究の概要と補綴介入に関与する因子-. 第119回日本補綴歯科学会学術大会 2010

  78. 短縮歯列への補綴介入に関する多施設共同研究-ベースラインの患者立脚型アウトカム-. 第119回日本補綴歯科学会学術大会 2010

  79. 歯学部臨床実習で製作された部分床義歯装着者の後ろ向きコホート研究. 第118回日本補綴歯科学会学術大会 2009

  80. インプラント支台下顎オーバーデンチャー装着者の咀嚼能力についての文献的考察. 第117回日本補綴歯科学会学術大会 2008

  81. テクスチャーの異なる試料を用いた咀嚼能力試験の関連. 第21回日本歯科医学会総会 2008

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会 学会論文賞,日本補綴歯科学会,2018年06月

  • 日本補綴歯科学会 デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2016年07月

  • 東京医科歯科大学歯学研究奨励賞,東京医科歯科大学,2016年01月

  • 日本補綴歯科学会 デンツプライ賞,日本補綴歯科学会,2014年05月

  • 日本補綴歯科学会 奨励論文賞,2007年

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ケーススタディ,2015年 - 現在

  • 研究実習,2015年 - 現在

  • 咬合回復基礎,2013年 - 現在

  • 部分床義歯工学,2013年 - 現在

  • 部分床義歯学,2011年 - 現在

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 部分床義歯学,筑波大学聴覚特別支援技工士学校

教育上の能力に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士教本,2009年04月 - 現在

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 国公立大学臨床研究推進会,2020年01月 - 現在

  • 歯学部臨床研究活性化ワーキンググループ,2019年04月 - 現在

  • 歯科技工外注審査WG責任者,2018年09月 - 2018年12月

  • 臨床研究協議会,2018年04月 - 現在

  • 歯科器材・薬品開発センター,2018年04月 - 現在

  • 入学試験採点専門員,2016年02月 - 現在

  • 補綴外注技術審査員(可撤性義歯主任),2015年11月 - 2016年02月

  • 学年担任(4年生),2015年04月 - 現在

  • 歯科技工部運営委員,2013年04月 - 現在

  • 歯学部倫理審査委員会ピアレビュー委員,2012年04月 - 現在

  • 補綴外注技術審査員(可撤性義歯主任) ,2011年11月 - 2012年02月

  • 歯科チェアーユニット仕様策定委員会委員,2011年09月 - 2011年11月

  • セカンドオピニオン運営委員,2011年04月 - 現在

  • 歯学部附属病院義歯外来医長,2011年03月 - 2013年03月

  • 義歯外来リスクマネージャー,2011年03月 - 2013年03月

  • チェアユニット技術審査委員,2010年11月 - 2011年01月

▼全件表示

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 認知症の方の歯科診療について,読売新聞社,医療ルネサンス,2022年12月23日 - 現在

  • 日本生活共同組合理事,2020年07月 - 現在

  • Journal of Prosthodontic Research 編集委員,日本補綴歯科学会,2019年07月 - 現在

  • マラヤ大学学位審査会外部審査員,マラヤ大学,学位審査外部審査員,2019年05月01日 - 2019年07月01日

  • マラヤ大学紀要 編集委員,マラヤ大学,2019年04月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会専門医審査委員会,日本補綴歯科学会,2017年07月06日 - 2019年06月

  • Journal of Prosthodontic Research 編集委員,日本補綴歯科学会,2013年07月 - 2017年06月

  • 日本補綴歯科学会東京支部代議員,2013年04月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会東京支部会計幹事,2010年04月 - 2012年03月

  • 日本補綴歯科学会ガイドライン委員会,日本補綴歯科学会,2009年07月 - 2013年06月

  • 口腔病学会編集担当幹事,2009年04月 - 2012年03月

  • 日本補綴歯科学会国際渉外委員会,日本補綴歯科学会,2007年07月 - 2009年06月

  • 口腔病学会集会担当幹事,2006年04月 - 2009年03月

▼全件表示