基本情報

写真a

原田 浩之(ハラダ ヒロユキ)

HARADA Hiroyuki


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5507

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  歯学部  1991年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 准教授
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授
  • 2020年06月
    -
    2022年06月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授
  • 2022年07月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔腫瘍外科学分野 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成3年4月〜北海道大学歯学部附属病院口腔外科
  • 平成11年4月〜千葉県がんセンター頭頸科
  • 平成13年4月〜東京医科歯科大学歯学部附属病院医員
  • 平成13年10月〜東京医科歯科大学歯学部附属病院助手
  • 平成19年5月〜東京医科歯科大学医歯学総合研究科顎口腔外科学分野講師
  • 平成22年4月〜東京医科歯科大学医歯学総合研究科顎口腔外科学分野准教授
  • 平成27年4月 教授

▼全件表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本頭頸部癌学会

  • 日本口腔科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯周病における転写因子mohawk homeobox(Mkx)の関与

    文部科学省/日本学術振興会

  • ゲノム検査を用いた口腔多発癌症例の特異的遺伝子変異の解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 新規RASシグナル阻害剤の頭頸部癌治療応答基盤解明

    文部科学省/日本学術振興会

  • 多孔性テーラーメードゲル材料を用いた柔軟な舌筋の再生

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Tanaka K, Harada H, Kayamori K, Omura K. Chronic sclerosing sialadenitis of the submandibular gland as the initial symptom of IgG4-related disease: a case report. Tohoku J Exp Med. 2015.07; 236 (3): 193-198. ( PubMed, DOI )

  2. Haobam Bijaya, Nozawa Takashi, Minowa-Nozawa Atsuko, Tanaka Misako, Oda Seiichiro, Watanabe Takayasu, Aikawa Chihiro, Maruyama Fumito, Nakagawa Ichiro. Rab17-mediated recycling endosomes contribute to autophagosome formation in response to Group A Streptococcus invasion. Cell Microbiol. 2014.12; 16 (12): 1806-1821. ( PubMed, DOI )

  3. Mochizuki Yumi, Omura Ken, Harada Hiroyuki, Marukawa Eriko, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi. Functional outcomes and patient satisfaction after vascularized osteocutaneous scapula flap reconstruction of the mandible in patients with benign or cancerous tumours. Int J Oral Maxillofac Surg. 2014.11; 43 (11): 1330-1338. ( PubMed, DOI )

  4. Kudoh Masanori, Harada Hiroyuki, Matsumoto Koshi, Sato Yuriko, Omura Ken, Ishii Yoshimasa. Methotrexate-associated lymphoproliferative disorder arising in the retromolar triangle and lung of a patient with rheumatoid arthritis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.10; 118 (4): e105-e110. ( PubMed, DOI )

  5. Takahara Namiaki, Imai Hideki, Nakagawa Satoshi, Sumikura Kanako, Tsushima Fumihiko, Omura Ken. Temporomandibular joint intermittent closed lock: clinic and magnetic resonance imaging findings. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.10; 118 (4): 418-423. ( PubMed, DOI )

  6. Shirakawa Jumpei, Ezura Yoichi, Moriya Shuichi, Kawasaki Makiri, Yamada Takayuki, Notomi Takuya, Nakamoto Tetsuya, Hayata Tadayoshi, Miyawaki Atsushi, Omura Ken, Noda Masaki. Migration linked to FUCCI-indicated cell cycle is controlled by PTH and mechanical stress. J Cell Physiol. 2014.10; 229 (10): 1353-1358. ( PubMed, DOI )

  7. Mochizuki Yumi, Omura Ken, Harada Hiroyuki, Marukawa Eriko, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi. Functional outcomes with dental prosthesis following simultaneous mandibulectomy and mandibular bone reconstruction. J Prosthodont Res. 2014.10; 58 (4): 259-266. ( PubMed, DOI )

  8. Omura Ken. Current status of oral cancer treatment strategies: surgical treatments for oral squamous cell carcinoma. Int J Clin Oncol. 2014.06; 19 (3): 423-430. ( PubMed, DOI )

  9. Matsukawa Sho, Morita Kei-ichi, Negishi Ayako, Harada Hiroyuki, Nakajima Yusuke, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi, Tanaka Kae, Ono Masaya, Yamada Tesshi, Omura Ken. Galectin-7 as a potential predictive marker of chemo- and/or radio-therapy resistance in oral squamous cell carcinoma. Cancer Med. 2014.04; 3 (2): 349-361. ( PubMed, DOI )

  10. Yamamoto Shinsuke, Inoue Jun, Kawano Tatsuyuki, Kozaki Ken-ichi, Omura Ken, Inazawa Johji. The impact of miRNA-based molecular diagnostics and treatment of NRF2-stabilized tumors. Mol Cancer Res. 2014.01; 12 (1): 58-68. ( PubMed, DOI )

  11. Rushatamukayanunt Pradit, Morita Kei-ichi, Matsukawa Sho, Harada Hiroyuki, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi, Omura Ken. Lack of association between high-risk human papillomaviruses and oral squamous cell carcinoma in young Japanese patients. Asian Pac J Cancer Prev. 2014; 15 (10): 4135-4141. ( PubMed )

  12. Kudoh Masanori, Harada Hiroyuki, Sato Yuriko, Omura Ken, Ishii Yoshimasa. A case of Basal cell adenoma of the upper lip. Case Rep Med. 2014; 2014 795356. ( PubMed, DOI )

  13. Kudoh Masanori, Harada Hiroyuki, Omura Ken, Ishii Yoshimasa. Epidermoid cyst arising in the submandibular region. Case Rep Med. 2013; 2013 419289. ( PubMed, DOI )

  14. Fumihiko Tsushima, Jinkyo Sakurai, Risa Shimizu, Kou Kayamori, Hiroyuki Harada. Oral lichenoid contact lesions related to dental metal allergy may resolve after allergen removal. J Dent Sci. 2022.07; 17 (3): 1300-1306. ( PubMed, DOI )

  15. Harazono Y, Kayamori K, Sakamoto J, Akaike Y, Kurasawa Y, Tsushima F, Sasaki Y, Harada H, Yoda T. Retrospective analysis of schwannoma in the oral and maxillofacial region: clinicopathological characteristics and specific pathology of ancient change. Br J Oral Maxillofac Surg. 2022.04; S0266-4356 (21): 00262-X. ( PubMed, DOI )

  16. Guanjie Li, Hiroyuki Suzuki, Junko Takei, Teizo Asano, Masato Sano, Tomohiro Tanaka, Hiroyuki Harada, Takuya Mizuno, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Mika K Kaneko, Yukinari Kato. Antitumor Activities in Mouse Xenograft Models of Canine Mammary Gland Tumor by Defucosylated Mouse-Dog Chimeric Anti-Epidermal Growth Factor Receptor Antibody (E134Bf). Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2022.04; 41 (2): 53-58. ( PubMed, DOI )

  17. Ren Nanamiya, Hiroyuki Suzuki, Junko Takei, Guanjie Li, Nohara Goto, Hiroyuki Harada, Masaki Saito, Tomohiro Tanaka, Teizo Asano, Mika K Kaneko, Yukinari Kato. Development of Monoclonal Antibody 281-mG 2a-f Against Golden Hamster Podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2022.04; ( PubMed, DOI )

  18. Phuong Xuan Tran, Jun Inoue, Hiroyuki Harada, Johji Inazawa. Potential for reversing miR-634-mediated cytoprotective processes to improve efficacy of chemotherapy against oral squamous cell carcinoma. Mol Ther Oncolytics. 2022.03; 24 897-908. ( PubMed, DOI )

  19. Kaho Takada, Tomoki Chiba, Takayuki Miyazaki, Lisa Yagasaki, Ryo Nakamichi, Takanori Iwata, Keiji Moriyama, Hiroyuki Harada, Hiroshi Asahara. Single Cell RNA Sequencing Reveals Critical Functions of Mkx in Periodontal Ligament Homeostasis Front Cell Dev Biol. 2022.02; 10 795441. ( PubMed, DOI )

  20. Hiromitsu Sato, Peng Chen, Maki Ashida, Yusuke Tsutsumi, Hiroyuki Harada, Takao Hanawa. Evaluation of cytocompatibility and osteoconductivity of Zr-14Nb-5Ta-1Mo alloy with MC3T3-E1 cells. Dent Mater J. 2022.02; ( PubMed, DOI )

  21. Guanjie Li, Hiroyuki Suzuki, Junko Takei, Masaki Saito, Nohara Goto, Kazuyuki Uchida, Takayuki Nakagawa, Hiroyuki Harada, Tomohiro Tanaka, Teizo Asano, Mika K Kaneko, Yukinari Kato. Immunohistochemical Analysis Using Monoclonal Antibody PMab-269 Against Steller Sea Lion Podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2022.02; 41 (1): 39-44. ( PubMed, DOI )

  22. Rika Noji, Yoshihito Kano, Hideaki Hirai, Iichiroh Onishi, Naoto Nishii, Ryoichi Yoshimura, Satoshi Miyake, Sadakatsu Ikeda, Hiroyuki Harada. MYC-PDL1 axis reduces sensitivity to nivolumab in recurrent head and neck squamous cell carcinoma. Oral Oncol. 2022.01; 124 105666. ( PubMed, DOI )

  23. Risa Shimizu, Fumihiko Tsushima, Ruri Komiya, Yuko Yamagata, Hiroyuki Harada. Fixed Drug Eruption Associated with Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs for Menstrual Pain: A Case Report. Case Rep Dermatol. 2022.01; 14 (1): 6-11. ( PubMed, DOI )

  24. Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada, Yu Oikawa, Kohei Okuyama, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Yumi Mochizuki, Hiroaki Shimamoto, Hirofumi Tomioka, Hirokazu Kachi, Jun-Ichiro Sakamoto, Kou Kayamori, Tetsuya Yoda. Clinical manifestations of diffuse large B-cell lymphoma that exhibits initial symptoms in the maxilla and mandible: a single-center retrospective study. BMC Oral Health. 2022.01; 22 (1): 20. ( PubMed, DOI )

  25. Yumi Mochizuki, Maiko Tsuchiya, Jun Oyama, Akane Wada, Takuma Kugimoto, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Hiroyuki Harada, Tohru Ikeda, Takumi Akashi. Left supraclavicular (Virchow's) node metastasis detected before primary infradiaphragmatic tumor: a case series. J Med Case Rep. 2022.01; 16 (1): 33. ( PubMed, DOI )

  26. Tsushima F, Sakurai J, Shimizu R, Harada H. A case report of oral lichenoid lesions related to cross-reactivity between nickel and palladium. Contact Derm. 2021.12; 85 (6): 700-701. ( PubMed, DOI )

  27. Asano T, Takei J, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Epitope Mapping of an Anti-HER2 Monoclonal Antibody (H2Mab-181) using Enzyme-Linked Immunosorbent Assay. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.12; 40 (6): 255-260. ( PubMed, DOI )

  28. Asano T, Takei J, Furusawa Y, Saito M, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Epitope Mapping of an Anti-CD20 Monoclonal Antibody (C20Mab-60) using the HisMAP Method. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.12; 40 (6): 243-249. ( PubMed, DOI )

  29. Li G, Ohishi T, Kaneko MK, Takei J, Mizuno T, Kawada M, Saito M, Suzuki H, Kato Y. Defucosylated Mouse–Dog Chimeric Anti-EGFR Antibody Exerts Antitumor Activities in Mouse Xenograft Models of Canine Tumors. Cells. 2021.12; 10 (12): 3599. ( PubMed, DOI )

  30. Takei J, Asano T, Li G, Saito M, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Epitope Mapping of an Anti-Human CCR9 Monoclonal Antibody (C9Mab-1) using Enzyme-Linked Immunosorbent Assay. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.12; 40 (6): 239-242. ( PubMed, DOI )

  31. Yoshimura R, Toda K, Watanabe H, Kaida A, Harada H, Asakage T, Miura M. Efficacy and Safety of Induction Chemotherapy and/or External Beam Radiotherapy Followed by Brachytherapy in Patients With Tongue Cancer. Anticancer Res. 2021.12; 41 (12): 6259-6266. ( PubMed, DOI )

  32. Terasawa K, Kato Y, Ikami Y, Sakamoto K, Ohtake K, Kusano S, Tomabechi Y, Kukimoto-Niino M, Shirouzu M, Guan JL, Kobayashi T, Iwata T, Watabe T, Yokoyama S, Hara-Yokoyama M. Direct homophilic interaction of LAMP2A with the two-domain architecture revealed by site-directed photo-crosslinks and steric hindrances in mammalian cells. Autophagy. 2021.12; 17 (12): 4286-4303. ( PubMed, DOI )

  33. Shimono H, Hirai H, Oikawa Y, Mochizuki Y, Kuroshima T, Tomioka H, Kayamori K, Ikeda T, Harada H. Metastatic tumors in the oral region: a retrospective chart review of clinical characteristics and prognosis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.12; 132 (6): 648-652. ( PubMed, DOI )

  34. Takei J, Suzuki H, Asano T, Li G, Saito M, Kaneko MK, Kato Y. Epitope Mapping of an Anti-CD20 Monoclonal Antibody (C20Mab-60) using Enzyme-Linked Immunosorbent Assay. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.12; 40 (6): 250-254. ( PubMed, DOI )

  35. Yuta Ikami, Kazue Terasawa, Kensaku Sakamoto, Kazumasa Ohtake, Hiroyuki Harada, Tetsuro Watabe, Shigeyuki Yokoyama, Miki Hara-Yokoyama. The two-domain architecture of LAMP2A regulates its interaction with Hsc70. Exp Cell Res. 2021.12; 411 (1): 112986. ( PubMed, DOI )

  36. Okuyama K, Michi Y, Kashima Y, Tomioka H, Hirai H, Yokokawa M, Yamagata Y, Kuroshima T, Sato Y, Tsuchiya M, Kayamori K, Ikeda T, Harada H. Epithelial-Myoepithelial Carcinoma of the Minor Salivary Glands: Case Series with Comprehensive Review. Diagnostics. 2021.11; 11 (11): 2124. ( PubMed, DOI )

  37. ティーラウォン・チャンヤーヌット, 坂本 啓, 布川裕規, 土谷麻衣子, 栢森 高, 明石 巧, 濱垣美和子, 富岡博文, 黒嶋雄志, 森田圭一, 原田浩之, 池田 通. 舌癌症例にみられるヒトパピローマウイルス(HPV)感染と無関係なp16免疫染色陽性反応. 口腔病学会雑誌. 2021.11; 88 (2-3): 115-126. ( 医中誌 )

  38. Hayashi S, Sasaki Y, Kubo H, Sawada S, Kinoshita N, Marukawa E, Harada H, Akiyoshi K. Construction of Hybrid Cell Spheroids Using Cell Sized Cross-Linked Nanogel Microspheres as an Artificial Extracellular Matrix. ACS Appl Bio Mater. 2021.11; 4 (11): 7848-7855. ( PubMed, DOI )

  39. Okuyama K, Yanamoto S, Michi Y, Shibata E, Tsuchiya M, Yokokawa M, Naruse T, Tomioka H, Kuroshima T, Shimamoto H, Ikeda T, Umeda M, Yoda T, Harada H. Multicenter retrospective analysis of clinicopathological features and prognosis of oral tongue squamous cell carcinoma in adolescent and young adult patients. Medicine. 2021.10; 100 (41): e27560. ( PubMed, DOI )

  40. Harada H, Tomioka H, Hirai H, Kuroshima T, Oikawa Y, Nojima H, Sakamoto J, Kurabayashi T, Kayamori K, Ikeda T. MRI before biopsy correlates with depth of invasion corrected for shrinkage rate of the histopathological specimen in tongue carcinoma. Sci Rep. 2021.10; 11 (1): 20992. ( PubMed, DOI )

  41. Kuroshima T, Onozato Y, Oikawa Y, Ohsako T, Kugimoto T, Hirai H, Tomioka H, Michi Y, Miura M, Yoshimura R, Harada H. Prognostic impact of lingual lymph node metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the tongue: a retrospective study. Sci Rep. 2021.10; 11 (1): 20535. ( PubMed, DOI )

  42. Takei J, Asano T, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Epitope mapping of the anti-CD44 monoclonal antibody (C44Mab-46) using alanine-scanning mutagenesis and surface plasmon resonance. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.10; 40 (5): 219-226. ( PubMed, DOI )

  43. Terauchi M, Marukawa E, Hyodo K, Iwasaki T, Wada A, Harada H, Yoda T. Conservative surgical treatment of odontogenic myxoma with preservation of the inferior alveolar nerve. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2021.10; ( DOI )

  44. Shibata E, Morita KI, Kayamori K, Tange S, Shibata H, Harazono Y, Michi Y, Ikeda T, Harada H, Imoto I, Yoda T. Detection of novel fusion genes by next-generation sequencing-based targeted RNA sequencing analysis in adenoid cystic carcinoma of head and neck. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.10; 132 (4): 426-433. ( PubMed, DOI )

  45. Harada H, Shimamoto H, Oikawa Y, Kuroshima T, Tomioka H, Hirai H, Tsushima F, Michi Y. Mandibular Reconstruction with Scapular Systems: A Single-Center Case Series Involving 208 Flaps. Plast Reconstr Surg. 2021.09; 148 (3): 625-634. ( PubMed, DOI )

  46. Mochizuki Y, Marukawa E, Harada H, Kinoshita N, Nakatani R, Oikawa Y, Hirai H, Tomioka H, Yoda T, Nakamura S, Kurabayashi T. Postoperative morphological changes over time of vascularized scapular bone used for mandibular reconstruction: A retrospective cohort study. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2021.09; 74 (9): 1984-1990. ( PubMed, DOI )

  47. Kaida A, Yamamoto S, Parrales A, Young ED, Ranjan A, Alalem MA, Morita KI, Oikawa Y, Harada H, Ikeda T, Thomas SM, Diaz FJ, Iwakuma T. DNAJA1 promotes cancer metastasis through interaction with mutant p53. Oncogene. 2021.08; 40 (31): 5013-5025. ( PubMed, DOI )

  48. Asano T, Ohishi T, Takei J, Nakamura T, Nanamiya R, Hosono H, Tanaka T, Sano M, Harada H, Kawada M, Kaneko MK, Kato Y. Anti-HER3 monoclonal antibody exerts antitumor activity in a mouse model of colorectal adenocarcinoma. Oncol Rep. 2021.08; 46 (2): 173. ( PubMed, DOI )

  49. Tanaka T, Asano T, Sano M, Takei J, Hosono H, Nanamiya R, Tateyama N, Kaneko MK, Kato Y. Epitope Mapping of the Anti-California Sea Lion Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-269 using Alanine-scanning Mutagenesis and ELISA. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.08; 40 (4): 196-200. ( PubMed, DOI )

  50. Asano T, Kaneko MK, Takei J, Tateyama N, Kato Y. Epitope Mapping of the Anti-CD44 Monoclonal Antibody (C44Mab-46) Using the REMAP Method. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.08; 40 (4): 156-161. ( PubMed, DOI )

  51. Tateyama N, Asano T, Ohishi T, Takei J, Hosono H, Nanamiya R, Tanaka T, Sano M, Saito M, Kawada M, Kaneko MK, Kato Y. An Anti‐HER2 Monoclonal Antibody H2Mab‐41 Exerts Antitumor Activities in Mouse Xenograft Model using Dog HER2‐overexpressed Cells. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.08; 40 (4): 184-190. ( PubMed, DOI )

  52. Tateyama N, Nanamiya R, Ohishi T, Takei J, Nakamura T, Yanaka M, Hosono H, Saito M, Asano T, Tanaka T, Sano M, Kawada M, Kaneko MK, Kato Y. Defucosylated Anti-Epidermal Growth Factor Receptor Monoclonal Antibody 134-mG 2a-f Exerts Antitumor Activities in Mouse Xenograft Models of Dog Epidermal Growth Factor Receptor-Overexpressed Cells. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.08; 40 (4): 177-183. ( PubMed, DOI )

  53. Takei J, Asano T, Tanaka T, Sano M, Hosono H, Nanamiya R, Tateyama N, Saito M, Suzuki H, Harada H, Kaneko MK, Kato Y. Development of a Novel Anti-HER2 Monoclonal Antibody H2Mab-181 for Gastric Cancer. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.08; 40 (4): 168-176. ( PubMed, DOI )

  54. Aragaki T, Tomomatsu N, Michi Y, Hosaka H, Fukai Y, Iijima M, Yoda T. Ramucirumab-related Oral Pyogenic Granuloma: A Report of Two Cases. Intern Med. 2021.08; 60 (16): 2601-2605. ( PubMed, DOI )

  55. Okuyama K, Hayashida S, Rokutanda S, Kawakita A, Soutome S, Sawada S, Yanamoto S, Kojima Y, Umeda M. Surgical strategy for medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ) on maxilla: A multicenter retrospective study. J Dent Sci. 2021.07; 16 (3): 885-890. ( PubMed, DOI )

  56. Tanaka T, Ohishi T, Asano T, Takei J, Nanamiya R, Hosono H, Sano M, Harada H, Kawada M, Kaneko MK, Kato Y. An anti-TROP2 monoclonal antibody TrMab-6 exerts antitumor activity in breast cancer mouse xenograft models. Oncol Rep. 2021.07; 46 (1): 132. ( PubMed, DOI )

  57. Shiba T, Watanabe T, Komatsu K, Koyanagi T, Nemoto T, Ohsugi Y, Michi Y, Katagiri S, Takeuchi Y, Ishihara K, Iwata T. Non-surgical treatment for periodontitis and peri-implantitis: longitudinal clinical and bacteriological findings-A case report with a 7-year follow-up evaluation. SAGE Open Med Case Rep. 2021.07; 9 2050313X211029154. ( PubMed, DOI )

  58. Fukuda S, Akiyama M, Niki Y, Kawatsura R, Harada H, Nakahama K. Inhibitory effects of miRNAs in astrocytes on C6 glioma progression via connexin 43. Mol Cell Biochem. 2021.07; 476 (7): 2623-2632. ( PubMed, DOI )

  59. Tsushima F, Sakurai J, Uesugi A, Oikawa Y, Ohsako T, Mochizuki Y, Hirai H, Kayamori K, Harada H. Malignant transformation of oral lichen planus: a retrospective study of 565 Japanese patients. BMC Oral Health. 2021.06; 21 (1): 298. ( PubMed, DOI )

  60. Hosono H, Asano T, Takei J, Sano M, Tanaka T, Kaneko MK, Kato Y. Development of an Anti-Elephant Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-265 for Flow cytometry. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.06; 40 (3): 141-145. ( PubMed, DOI )

  61. Tanaka T, Asano T, Sano M, Takei J, Hosono H, Nanamiya R, Nakamura T, Yanaka M, Harada H, Fukui M, Suzuki H, Uchida K, Nakagawa T, Kato Y, Kaneko MK. Development of Monoclonal Antibody PMab-269 Against California Sea Lion Podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.06; 40 (3): 124-133. ( PubMed, DOI )

  62. Asano A, Nanamiya R, Takei J, Nakamura T, Yanaka M, Hosono H, Tanaka T, Sano M, Kaneko MK, Kato Y. Development of Anti-Mouse CC Chemokine Receptor 3 Monoclonal Antibodies for Flow Cytometry. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.06; 40 (3): 107-112. ( PubMed, DOI )

  63. Oikawa Y, Tanaka K, Ohsako T, Kugimoto T, Kuroshima T, Hirai H, Tomioka H, Shimamoto H, Michi Y, Sakamoto K, Ikeda T, Harada H. Comparison of Clinicopathological Characteristics Between the Anterior and Posterior Type of Squamous Cell Carcinoma of the Floor of the Mouth: The Anterior Type Is a Risk Factor for Multiple Primary Cancer. Front Oncol. 2021.06; 11 682428. ( PubMed, DOI )

  64. Nanamiya R, Takei J, Asano T, Tanaka T, Sano M, Nakamura T, Yanaka M, Hosono H, Kaneko MK, Kato Y. Development of Anti-Human CC Chemokine Receptor 9 Monoclonal Antibodies for Flow Cytometry Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.06; 40 (3): 101-106. ( PubMed, DOI )

  65. Nanamiya R, Takei J, Asano T, Sano M, Tanaka T, Hosono H, Harada H, Sakai Y, Mizuno T, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Ferret Podoplanin is Detected by PMab-241 in Immunohistochemistry. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.06; 40 (3): 134-140. ( PubMed, DOI )

  66. Sawa Y, Ibaragi S, Okui T, Yamashita J, Ikebe T, Harada H. Expression of SARS-CoV-2 entry factors in human oral tissue. J Anat. 2021.06; 238 (6): 1341-1354. ( PubMed, DOI )

  67. Yu Oikawa, Takuma Kugimoto, Yoshihisa Kashima, Kohei Okuyama, Toshimitsu Ohsako, Takeshi Kuroshima, Hideaki Hirai, Hirofumi Tomioka, Hiroaki Shimamoto, Yasuyuki Michi, Hiroyuki Harada. Surgical treatment for oral tongue squamous cell carcinoma: A retrospective study of 432 patients. Glob Health Med. 2021.06; 3 (3): 157-162. ( PubMed, DOI )

  68. Yokokawa M, Hirai H, Tran C. M, Fukuda S, Sakamoto K, Ikeda T, Harada H. Adenoid cystic carcinoma metastas E12:T13 ized from the maxilla to the mandible:A case report. J Oral Mxillofac Surg Med Pathol. 2021.05; 33 (3): 371-375. ( DOI )

  69. Yamada I, Yohino N, Yokokawa M, Oikawa Y, Harada H, Hikishima K, Kurabayashi T, Saida Y, Tateishi U, Ohata Y. Diffusion tensor imaging of oral carcinoma: Clinical evaluation and comparison with histopathological findings. Magn Reson Imaging. 2021.04; 77 99-108. ( PubMed, DOI )

  70. Tran CM, Kuroshima T, Oikawa Y, Michi Y, Kayamori K, Harada H. Clinicopathological and immunohistochemical characteristics of pigmented oral squamous cell carcinoma. Oncol Lett. 2021.04; 21 (4): 339. ( PubMed, DOI )

  71. Tanaka T, Nanamiya R, Takei J, Nakamura T, Yanaka M, Hosono H, Sano M, Asano T, Kaneko MK, Kato Y. Development of Anti-Mouse CC chemokine receptor 8 Monoclonal Antibodies for Flow Cytometry. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.04; 40 (2): 65-70. ( PubMed, DOI )

  72. Takei J, Asano T, Nanamiya R, Nakamura T, Yanaka M, Hosono H, Tanaka T, Sano M, Kaneko MK, Harada H, Kato Y. Development of Anti-Human T-Cell Immunoreceptor with Ig and ITIM Domains (TIGIT) Monoclonal Antibodies for Flow Cytometry. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2021.04; 40 (2): 71-75. ( PubMed, DOI )

  73. Suga T, Tu TTH, Takenoshita M, Mikuzuki L, Umezaki Y, Shimamoto H, Michi Y, Hong C, Abiko Y, Ikeda T, Uzawa N, Harada H, Toyofuku A. Case Report: Hidden Oral Squamous Cell Carcinoma in Oral Somatic Symptom Disorder. Front Psychiatry. 2021.04; 12 651871. ( PubMed, DOI )

  74. Ota Y, Noguchi T, Ariji E, Fushimi C, Fuwa N, Harada H, Hayashi T, Hayashi R, Honma Y, Miura M, Mori T, Nagatsuka H, Okura M, Ueda M, Uzawa N, Yagihara K, Yagishita H, Yamashiro M, Yanamoto S, Kirita T. General rules for clinical and pathological studies on oral cancer (2nd edition): a synopsis. Int J Clin Oncol. 2021.04; 26 (4): 623-635. ( PubMed, DOI )

  75. Tomioka H, Yamagata Y, Oikawa Y, Ohsako T, Kugimoto T, Kuroshima T, Hirai H, Shimamoto H, Harada H. Risk factors for distant metastasis in locoregionally controlled oral squamous cell carcinoma: a retrospective study. Sci Rep. 2021.03; 11 (1): 5213. ( PubMed, DOI )

  76. Sayama Y, Kaneko MK, Takei J, Hosono H, Sano M, Asano T, Kato Y. Establishment of a novel anti-TROP2 monoclonal antibody TrMab-29 for immunohistochemical analysis. Biochem Biophys Rep. 2021.03; 25 100902. ( PubMed, DOI )

  77. Okuyama K, Naruse T, Yanamoto S, Hayashida S, Rokutanda S, Kawakita A, Furukawa K, Umeda M. Prodromal symptoms of streptococcal toxic shock syndrome caused by Group A Streptococcus in the head and neck region: a case report. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 2021.03; 33 (2): 211-214. ( DOI )

  78. Okuyama K, Suzuki K, Naruse T, Tsuchihashi H, Yanamoto S, Kaida A, Miura M, Umeda M, Yamashita S. Prolonged cetuximab treatment promotes p27Kip1-mediated G1 arrest and autophagy in head and neck squamous cell carcinoma. Sci Rep. 2021.03; 11 5259. ( PubMed, DOI )

  79. Fukawa Y, Sakamoto K, Kugimoto T, Michi Y, Harada H, Yamamoto M, Kitagawa M, Ikeda T, Yamamoto K. Nodular lymphocyte-predominant Hodgkin lymphoma involving the hard palate. Pathol Int. 2021.03; 71 (3): 213-215. ( PubMed, DOI )

  80. Nishii N, Hirotsu Y, Koida N, Takahashi Y, Takagawa Y, Amemiya K, Oyama T, Mochizuki H, Furusawa-Nishii E, Harada H, Omata M. Discrepancy Between Clinical Diagnosis and Whole-exome Sequencing-based Clonality Analysis of Synchronous Multiple Oral Cancers. Anticancer Res. 2021.02; 41 (2): 1035-1040. ( PubMed, DOI )

  81. Baba S, Akashi T, Kayamori K, Ohuchi T, Ogawa I, Kubota N, Nakano K, Nagatsuka H, Hasegawa H, Matsuzaka K, Tomii S, Uchida K, Katsuta N, Sekiya T, Ando N, Miura K, Ishibashi H, Ariizumi Y, Asakage T, Michi Y, Harada H, Sakamoto K, Eishi Y, Okubo K, Ikeda T. Homeobox transcription factor engrailed homeobox 1 is a possible diagnostic marker for adenoid cystic carcinoma and polymorphous adenocarcinoma. Pathol Int. 2021.02; 71 (2): 113-123. ( PubMed, DOI )

  82. Terauchi M, Michi Y, Hirai H, Sugiyama K, Wada A, Harada H, Yoda T. Prognostic factors in mucoepidermoid carcinoma of the minor salivary glands: A single-center retrospective study. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2021.01; 131 (2): 209-216. ( PubMed, DOI )

  83. Sakakitani S, Podyma-Inoue KA, Takayama R, Takahashi K, Ishigami-Yuasa M, Kagechika H, Harada H, Watabe T. Activation of β2-adrenergic receptor signals suppresses mesenchymal phenotypes of oral squamous cell carcinoma cells. Cancer Sci. 2021.01; 112 (1): 155-167. ( PubMed, DOI )

  84. Nishii N, Shimamoto H, Ohsako T, Yokokawa M, Sato Y, Ohata Y, Kayamori K, Ikeda T, Harada H. Renal cell carcinoma metastasis to the maxillary bone successfully treated with surgery after vascular embolization: a case report J Med Case Rep. 2020.12; 14 (1): 193. ( PubMed, DOI )

  85. Kaneko MK, Ohishi T, Takei J, Sano M, Nakamura T, Hosono H, Yanaka M, Asano T, Sayama Y, Harada H, Kawada M, Kato Y. The Anti-EpCAM monoclonal antibody (EpMab-16) exerts anti-tumor activity against oral squamous cell carcinomas Oncol Rep. 2020.12; 44 (6): 2517-2526. ( PubMed, DOI )

  86. Hosono H, Ohishi T, Takei J, Asano T, Sayama Y, Kawada M, Kaneko MK, Kato Y. The anti-epithelial cell adhesion molecule (EpCAM) monoclonal antibody EpMab-16 exerts antitumor activity in a mouse model of colorectal adenocarcinoma Oncol Lett. 2020.12; 20 (6): 383. ( PubMed, DOI )

  87. Shimono H, Kaida A, Homma H, Nojima H, Onozato Y, Harada H, Miura M. Fluctuation in radioresponse of HeLa cells during the cell cycle evaluated based on micronucleus frequency Sci Rep. 2020.11; 10 (1): 20873 (Open access). ( PubMed, DOI )

  88. Takei J, Kaneko MK, Ohishi T, Hosono H, Nakamura T, Yanaka M, Sano M, Asano T, Sayama Y, Kawada M, Harada H, Kato Y. A defucosylated anti-CD44 monoclonal antibody 5-mG2a-f exerts antitumor effects in mouse xenograft models of oral squamous cell carcinoma Oncol Rep. 2020.11; 44 (5): 1949-1960. ( PubMed, DOI )

  89. Nishimura T, Nakamura Y, Kinoshita N, Yamamoto K, Sasaki Y, Akiyoshi K. Biocatalytic Hybrid Films Self-Assembled from Carbohydrate Block Copolymers and Polysaccharides for Enzyme Prodrug Therapy ACS Appl Bio Mater. 2020.11; 3 (12): 8865-8871. ( DOI )

  90. Uesugi A, Tsushima F, Kodama M, Kuroshima T, Sakurai J, Harada H. Oral granuloma in a pediatric patient with chronic graft-versus-host disease: A case report World J Clin Cases. 2020.11; 8 (22): 5663-5669. ( PubMed, DOI )

  91. Kaneko MK, Ohishi T, Nakamura T, Inoue H, Takei J, Sano M, Asano T, Sayama Y, Hosono H, Suzuki H, Kawada M, Kato Y. Development of Core-Fucose-Deficient Humanized and Chimeric Anti-Human Podoplanin Antibodies Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.10; 39 (5): 167-174. ( PubMed, DOI )

  92. Hosono H, Takei J, Ohishi T, Sano M, Asano T, Sayama Y, Nakamura T, Yanaka M, Kawada M, Harada H, Kaneko MK, Kato Y. Anti-EGFR monoclonal antibody 134-mG2a exerts antitumor effects in mouse xenograft models of oral squamous cell carcinoma Int J Mol Med. 2020.10; 46 (4): 1443-1452. ( PubMed, DOI )

  93. Kayamori K, Tsuchiya M, Michi Y, Kuribayashi A, Mikami T, Sakamoto K, Yoda T, Ikeda T. Primordial odontogenic tumor occurred in the maxilla with unique calcifications and its crucial points for differential diagnosis Pathol Int. 2020.10; 71 (1): 80-87. ( PubMed, DOI )

  94. Tsuchihashi H, Naruse T, Yanamoto S, Okuyama K, Furukawa K, Omori K, Umeda M. Selective inhibition of PI3K110α as a novel therapeutic strategy for cetuximab-resistant oral squamous cell carcinoma. Oncol Rep. 2020.09; 44 (3): 863-872. ( PubMed, DOI )

  95. Hirai H, Ohsako T, Kugimoto T, Tomioka H, Michi Y, Kayamori K, Yoda T, Miura M, Yoshimura R, Harada H. Comparison of 50- and 66-Gy total irradiation doses for postoperative cervical treatment of patients with oral squamous cell carcinoma Oral Oncol. 2020.08; 107 104708. ( PubMed, DOI )

  96. Takei J, Ohishi T, Kaneko MK, Harada H, Kawada M, Kato Y. A defucosylated anti-PD-L1 monoclonal antibody 13-mG 2a-f exerts antitumor effects in mouse xenograft models of oral squamous cell carcinoma Biochem Biophys Rep. 2020.08; 30 (24): 100801. ( PubMed, DOI )

  97. Kaneko MK, Sano M, Takei J, Asano T, Sayama Y, Hosono H, Kobayashi A, Konnai S, Kato Y. Development and Characterization of Anti-Sheep Podoplanin Monoclonal Antibodies PMab-253 and PMab-260 Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.08; 39 (4): 144-145. ( PubMed, DOI )

  98. Kato Y, Ohishi T, Takei J, Nakamura T, Kawada M, Kaneko MK. An Antihuman Epidermal Growth Factor Receptor 2 Monoclonal Antibody (H2Mab-19) Exerts Antitumor Activity in Glioblastoma Xenograft Models Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.08; 39 (4): 135-139. ( PubMed, DOI )

  99. Kato Y, Ohishi T, Takei J, Nakamura T, Sano M, Asano T, Sayama Y, Hosono H, Kawada M, Kaneko MK. An Anti-Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Monoclonal Antibody H 2 Mab-19 Exerts Antitumor Activity in Mouse Colon Cancer Xenografts Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.08; 39 (4): 123-128. ( PubMed, DOI )

  100. Asano T, Sano M, Takei J, Sayama Y, Kaneko MK, Kato Y. Epitope mapping of the anti-diacylglycerol kinase monoclonal antibody DhMab-4 for immunohistochemical analysis Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.08; 39 (4): 117-122. ( PubMed, DOI )

  101. Shibata E, Morita KI, Kayamori K, Maruiwa M, Michi Y, Sato Y, Takeuchi K, Ikeda T, Harada H, Yoda T. Secretory carcinoma around Stensen's duct misdiagnosed as salivary duct cyst Int J Clin Exp Pathol. 2020.08; 13 (8): 2211-2217. ( PubMed )

  102. Kinoshita N, Sasaki Y, Marukawa E, Hirose R, Sawada SI, Harada H, Akiyoshi K. Crosslinked nanogel-based porous hydrogel as a functional scaffold for tongue muscle regeneration J Biomater Sci Polym Ed. 2020.07; 31 (10): 1254-1271. ( PubMed, DOI )

  103. Yamada SI, Hasegawa T, Okuyama K, Yamakawa N, Okura M, Hashidume M, Yanamoto S, Akashi M, Kirita T, Umeda M, Kurita H. Clinical significance of the G8 screening tool in elderly patients with oral squamous cell carcinoma Clin Oral Investig. 2020.06; 24 (6): 1953-1961. ( PubMed, DOI )

  104. Kato Y, Ohishi T, Sano M, Asano T, Sayama Y, Takei J, Kawada M, Kaneko MK. H2Mab-19 Anti-Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Monoclonal Antibody Therapy Exerts Antitumor Activity in Pancreatic Cancer Xenograft Models Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.06; 39 (3): 61-65. ( PubMed, DOI )

  105. Kato Y, Takei J, Sano M, Asano T, Sayama Y, Uchida K, Nakagawa T, Kaneko MK. Detection of lion podoplanin using the anti-tiger podoplanin monoclonal antibody PMab-231 Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.06; 39 (3): 91-94. ( PubMed, DOI )

  106. Kato Y, Furusawa Y, Sano M, Takei J, Nakamura T, Yanaka M, Okamoto S, Handa S, Komatsu Y, Asano T, Sayama Y, Kaneko MK. Development of an Anti-Sheep Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-256 for Immunohistochemical Analysis of Lymphatic Endothelial Cells Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.06; 39 (3): 82-90. ( PubMed, DOI )

  107. Sayama Y, Sano M, Asano T, Furusawa Y, Takei J, Nakamura T, Yanaka M, Okamoto S, Handa S, Komatsu Y, Nakamura Y, Yanagawa M, Kaneko MK, Kato Y. Epitope mapping of PMab-241, a lymphatic endothelial cell-specific anti-bear podoplanin monoclonal antibody Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.06; 39 (3): 77-81. ( PubMed, DOI )

  108. Takagawa Y , Gen Y, Muramatsu T, Tanimoto K, Inoue J, Harada H, Inazawa J . miR-1293, a Candidate for miRNA-Based Cancer Therapeutics, Simultaneously Targets BRD4 and the DNA Repair Pathway Mol ther. 2020.06; 28 (6): 1494-1505. ( PubMed, DOI )

  109. Kaneko A, Marukawa E, Harada H. Hydroxyapatite Nanoparticles as Injectable Bone Substitute Material in a Vertical Bone Augmentation Model In Vivo. 2020.05; 34 (3): 1053-1061.

  110. Kashima Y, Nishii N, Tachinami H, Furusawa E, Nagai S, Harada H, Azuma M. Orthotopic tongue squamous cell carcinoma (SCC) model exhibiting a different tumor-infiltrating T-cell status with margin-restricted CD8+ T cells and regulatory T cell-dominance, compared to skin SCC. Biochem Biophys Res Commun. 2020.05; 526 (1): 218-224. ( PubMed, DOI )

  111. Shimamoto H, Hirota Y, Kashima Y, Kinoshita N, Yokokawa M, Ikeda T, Harada H. Granulocyte colony-stimulating factor-producing squamous cell carcinoma of the tongue exhibiting characteristic fluorine-18 deoxyglucose accumulation on positron emission tomography–computed tomography: A case report World J Clin Case. 2020.05; 8 (9): 1666-1673. ( PubMed, DOI )

  112. Naruse T, Yanamoto S, Okuyama K, Ohmori K, Tsuchihashi H, Furukawa K, Yamada SI, Umeda M. Immunohistochemical Study of PD-1/PD-L1 Axis Expression in Oral Tongue Squamous Cell Carcinomas: Effect of Neoadjuvant Chemotherapy on Local Recurrence Pathol Oncol Res. 2020.04; 26 (2): 735-742. ( DOI )

  113. Takei J, Kaneko MK, Ohishi T, Kawada M, Harada H, Kato Y. H2Mab-19, an anti-human epidermal growth factor receptor 2 monoclonal antibody exerts antitumor activity in mouse oral cancer xenografts Exp Ther Med. 2020.04; 20 (2): 846-853. ( PubMed, DOI )

  114. Kato Y, Ito Y, Ohishi T, Kawada M, Nakamura T, Sayama Y, Sano M, Asano T, Yanaka M, Okamoto S, Handa S, Komatsu Y, Takei J, Kaneko MK. Antibody–drug conjugates using mouse–canine chimeric anti-dog podoplanin antibody exerts antitumor activity in a mouse xenograft model Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.04; 39 (2): 37-44. ( PubMed, DOI )

  115. Yamada S, Kaneko MK, Sayama Y, Asano T, Sano M, Yanaka M, Nakamura T, Okamoto S, Handa S, Komatsu Y, Nakamura Y, Furusawa Y, Takei J, Kato Y. Development of novel mouse monoclonal antibodies against human CD19 Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020.04; 39 (2): 45-50. ( PubMed, DOI )

  116. Takei J, Kaneko MK, Ohishi T, Kawada M, Harada H, Kato Y. A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity Oncol Lett. 2020.04; 19 (4): 2809-2816. ( PubMed, DOI )

  117. Ohsako T, Shimamoto H, Tomioka H, Hirai H, Kuroshima T, Mochizuki Y, Kugimoto T, Tsushima F, Nakamura S, Kurabayashi T, Harada H. Detection of extraoral primary cancers by positron emission tomography/computed tomography in patients with oral squamous cell carcinoma. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2020.03; 129 (3): 272-276. ( PubMed, DOI )

  118. Yahara H, Horita S, Yanamoto S, Kitagawa Y, Asaka T, Yoda T, Morita K, Michi Y, Takechi M, Shimasue H, Maruoka Y, Kondo E, Kusukawa J, Tsujiguchi H, Sato T, Kannon T, Nakamura H, Tajima A, Hosomichi K, Yahara K. A Targeted Genetic Association Study of the Rare Type of Osteomyelitis J Dent Res. 2020.03; 99 (3): 271-276. ( PubMed, DOI )

  119. Yokokawa M, Morita KI, Oikawa Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ikeda T, Harada H. Co‐expression of EGFR and MET has a synergistic effect on the prognosis of patients with oral squamous cell carcinoma J Oral Pathol Med. 2020.03; 49 (3): 235-242. ( PubMed, DOI )

  120. Yamamoto D, Kayamori K, Sakamoto K, Tsuchiya M, Ikeda T, Harada H, Yoda T, Watabe T, Hara-Yokoyama M. Intracellular claudin-1 at the invasive front of tongue squamous cell carcinoma is associated with lymph node metastasis Cancer Sci. 2020.02; 111 (2): 700-712. ( PubMed, DOI )

  121. Yukimori A, Tsuchiya M, Wada A, Michi Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ikeda T. Genetic and histopathological analysis of a case of primary intraosseous carcinoma, NOS with features of both ameloblastic carcinoma and squamous cell carcinoma World J Surg Oncol. 2020.02; 18 (1): 45. ( PubMed, DOI )

  122. Nguyen CTK, Sawangarun W, Mandasari K, Morita KI, Harada H, Kayamori K, Yamaguchi A, Sakamoto K. AIRE is induced in oral squamous cell carcinoma and promotes cancer gene expression PLoS ONE. 2020.02; 15 (2): e0222689. ( PubMed, DOI )

  123. Nojima H, Homma H, Onozato Y, Kaida A, Harada H, Miura M. Differential properties of mitosis-associated events following CHK1 and WEE1 inhibitor treatments in human tongue carcinoma cells Exp Cell Res. 2020.01; 388 (2): ( PubMed, DOI )

  124. Kagifuku Y, Tohara H, Wakasugi Y, Susa C, Nakane A, Toyoshima M, Nakakuki K, Kabasawa Y, Harada H, Minakuchi S. What Factors Affect Changes in Body Composition and Swallowing Function in Patients Hospitalized for Oral Cancer Surgery? Clin Interv Aging. 2020.01; 15 1-7. ( PubMed, DOI )

  125. Oikawa Y, Michi Y, Tsushima F, Tomioka H, Mochizuki Y, Kugimoto T, Osako T, Nojima H, Yokokawa M, Kashima Y, Harada H. Management of retropharyngeal lymph node metastasis in oral cancer. Oral Oncology. 2019.12; 99 ( PubMed, DOI )

  126. Homma H, Nojima H, Kaida A, Miura M. Induction of endomitosis-like event in HeLa cells following CHK1 inhibitor treatment Biochem Biophys Res Commun. . 2019.12;

  127. Kojima Y, Kawaoka Y, Sawada S, Hayashida S, Okuyama K, Yutori H, Kawakita A, Ishida S, Soutome S, Yanamoto S, Umeda M, Iwai H.. Clinical significance of periosteal reaction as a predictive factor for treatment outcome of medication-related osteonecrosis of the jaw. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2019.09; 37 (5): 913-919. ( PubMed, DOI )

  128. Takei J, Furusawa Y, Yamada S, Nakamura T, Sayama Y, Sano M, Konnai S, Kobayashi A, Harada H, Kaneko MK, Kato Y. PMab-247 Detects Bear Podoplanin in Immunohistochemical Analysis. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.. 2019.08; 38 (4): 171-174.

  129. Xia Y, Ohno T, Nishii N, Bhingare A, Tachinami H, Kashima Y, Nagai S, Saito H, Nakae S, Azuma M. Endogenous IL-33 exerts CD8+ T cell antitumor responses overcoming pro-tumor effects by regulatory T cells in a colon carcinoma model Biochemical and Biophysical Research Communications. 2019.08; 518 (2): 331-336. ( PubMed, DOI )

  130. Kato Y, Ohishi T, Yamada S, Itai S, Takei J, Sano M, Nakamura T, Harada H, Kawada M, Kaneko MK.. Anti-Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Monoclonal Antibody H2Mab-41-Exerts Antitumor Activity in a Mouse Xenograft Model of Colon Cancer Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.. 2019.08; 38 (4): 157-161.

  131. Atsushi Uesugi, Kaori Mochida, Hiroyuki Harada, Hideki Imai. Ossifying fibroma arising from the zygomatic arch: a case report Journal of Stomatology Oral and Maxillofacial Surgery. 2019.08;

  132. Okuyama K, Naruse T, Yutori H, Yanamoto S, Umeda M.. Oral surgery in patients with antiphospholipid syndrome. Journal of Oral Science. 2019.08; 61 (3): 386-390. ( PubMed, DOI )

  133. Nakazato K, Mogushi K, Kayamori K, Tsuchiya M, Takahashi KI, Sumino J, Michi Y, Yoda T, Uzawa N. Glucose metabolism changes during the development and progression of oral tongue squamous cell carcinomas. Oncol Lett. 2019.08; 8 (2): 1372-1380.

  134. Komiya R, Wada T, Tsushima F, Sakamoto K, Ikeda T, Yamaguchi A, Harada H, Uo M. Quantitation and distribution of metallic elements in sequestra of medication-related osteonecrosis of jaw (MRONJ) using inductively coupled plasma atomic emission spectroscopy and synchrotron radiation X-ray fluorescence analysis Journal pb Bone and Mineral Metabolism. 2019.07; 37 (4): 676-684.

  135. Yoshikazu F, Shinji Y, Takuro N, Masato S, Yusuke S, Shunsuke I,. A monoclonal antibody for the immunohistochemical analysis of goat podoplanin Heliyon. 2019.07; 5 (7): e02063.

  136. Takei J, Itai S, Furusawa Y, Yamada S, Nakamura T, Sano M, Harada H, Fukui M, Kaneko MK, Kato Y. Epitope mapping of anti-tiger podoplanin monoclonal antibody PMab-231. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.. 2019.06; 38 (3): 129-132.

  137. Kato Y, Furusawa Y, Itai S, Takei J, Nakamura T, Sano M, Harada H, Yamada S, Kaneko MK. . Establishment of an Anticetacean Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-237 for Immunohistochemical Analysis. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.. 2019.06; 38 (3): 108-113.

  138. Mochizuki Y., Harada H., Oyama J., Sakamoto K., Michi Y., Kuroshima T., Kugimoto T.. Metastatic gastric adenocarcinoma of the tongue with initial symptoms of glossodynia. Curr Probl Cancer. . 2019.05; 2019 May 23. pii: S0147-0272(18)30403-3.

  139. Higuchi Y, Tsushima F, Sumikura K, Sato Y, Harada H, Kayamori K, Ikeda T.. Diagnosis and treatment of oral focal mucinosis: a case series. Journal of Medical Case Reports. 2019.04; 13(1) (108): Published online. ( DOI )

  140. Tachinami H, Nishii N, Xia Y, Kashima Y, Ohno T, Nagai S, Li L, Tomihara K, Noguchi M, Azuma M. Differences of tumor-recruiting myeloid cells in murine squamous cell carcinoma influence the efficacy of immunotherapy combined with a TLR7 agonist and PD-L1 blockade. Oral Oncology. 2019.04; 91 21-28. ( PubMed, DOI )

  141. Okuyama K, Fukushima H, Naruse T, Yanamoto S, Tsuchihashi H, Umeda M.. CD44 Variant 6 Expression and Tumor Budding in the Medullary Invasion Front of Mandibular Gingival Squamous Cell Carcinoma Are Predictive Factors for Cervical Lymph Node Metastasis. Pathology and Oncology Research. 2019.04; 25 (2): 603-609. ( PubMed, DOI )

  142. Tomioka H, Mochizuki Y, Ohsako T, Hirai H, Shimamoto H, Harada H.. Buccinator and Mandibular Node Metastases in Oral Squamous Cell Carcinoma. Journal of oral and maxillofacial surgery. 2019.04; 77 (4): 867-873. ( PubMed, DOI )

  143. Furusawa Y, Kaneko MK, Nakamura T, Itai S, Fukui M, Harada H, Yamada S, Kato Y. Establishment of a monoclonal antibody PMab-231 for tiger podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.. 2019.04; 38 (2): 89-95.

  144. Kaneko MK, Furusawa Y, Sano M, Itai S, Takei J, Harada H, Fukui M, Yamada S, Kato Y. Epitope mapping of the anti-horse podoplanin monoclonal antibody PMab-202. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.. 2019.04; 37 (5): 233-237.

  145. Furusawa Y, Yamada S, Itai S, Nakamura T, Takei J, Sano M, Harada H, Fukui M, Kaneko MK, Kato Y. Establishment of a monoclonal antibody PMab-233 for immunohistochemical analysis against Tasmanian devil podoplanin. Biochem Biophys Rep. 2019.04;

  146. Tomioka H, Mochizuki Y, Ohsako T, Hirai H, Shimamoto H, Harada H.. Buccinator and Mandibular Node Metastases in Oral Squamous Cell Carcinoma Journal of oral and maxillofacial surgery. 2019.04; 77 (4): 867-873. ( DOI )

  147. Ishida S, Kayamori K, Sakamoto K, Yukimori A, Kugimoto T, Harada H, Ikeda T.. Alpha-L-fucosidase-1 is a diagnostic marker that distinguishes mucoepidermoid carcinoma from squamous cell carcinoma. Pathol Int.. 2019.02;

  148. Yoshikazu F, Shinji Y, Shunsuke I, Takuro N, Miyuki Y, Masato S, Hiroyuki H, Masato F, Mika K.K, Yukinari K. A monoclonal antibody for the immunohistochemical analysis of horse podoplanin Biochem Biophys Rep.. 2019.02; (18): 100616.

  149. Yoshikazu F, Shinji Y, Shunsuke I, Masato S, Takuro N, Miyuki Y, masato F, Hiroyuki H, Takuya M, Yusuke S, Masaki T, Mika K.K, Yukinari K. A Monoclonal Antibody Against Pig Podoplanin Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.. 2019.02; 38 (1): 30-36.

  150. Suzuki N, Kuribayashi A, Sakamoto K, Sakamoto J, Nakamura S, Watanabe H, Harada H, Kurabayashi T. Diagnostic abilities of 3T MRI for assessing mandibular invasion of squamous cell carcinoma in the oral cavity: comparison with 64-row multidetector CT Dentomaxillofac Radiol. 2019.01; ( DOI )

  151. Suzuki N, Kuribayashi A, Sakamoto K, Sakamoto J, Nakamura S, Watanabe H, Harada H, Kurabayashi T. Diagnostic abilities of 3T MRI for assessing mandibular invasion of squamous cell carcinoma in the oral cavity: comparison with 64-row multidetector CT. Dento maxillo facial radiology. 2019.01; ( PubMed, DOI )

  152. Fukuda S, Akiyama M, Harada H, Nakahama KI.. Effect of gap junction-mediated intercellular communication on TGF-β induced epithelial-to-mesenchymal transition. Biochem Biophys Res Commun.. 2019.01; 508 (3): 928-933. ( DOI )

  153. Takada Kaho, Kuroshima Takeshi, Shimamoto Hiroaki, Ohsako Toshimitsu, Kayamori Kou, Ikeda Tohru, Harada Hiroyuki. Metastasis of lower gingival squamous cell carcinoma to buccinator lymph node: case report and review of the literature WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY. 2019.01; 17 (1): 13. ( PubMed, DOI )

  154. Shimizu R, Tanaka K, Oikawa Y, Tomioka H, Kayamori K, Ikeda T, Yoshioka T, Ebihara A, Harada H. Epithelioid cell granuloma with caseating necrosis possibly caused by periapical periodontitis: a case report. Journal of Medical Case Reports.. 2018.12; 12 (1): 365-370. ( DOI )

  155. Takahashi Y, Tanaka K, Hirai H, Marukawa E, Izumo T, Harada H. Appropriate surgical margin for odontogenic myxoma: a review of 12 cases. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology. 2018.11; 126 (5): 404-408. ( DOI )

  156. Furusawa Y, Yamada S, Itai S, Sano M, Nakamura T, Yanaka M, Handa S, Mizuno T, Maeda K, Fukui M, Harada H, Kaneko MK, Kato Y. Establishment of Monoclonal Antibody PMab-202 against Horse Podoplanin Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  157. Yamada S, Itai S, Furusawa Y, Sano M, NakamuraT, Yanaka M, Handa S, Hisamatsu K, Nakamura Y, Fukui M, Harada H, Mizuno T, Sakai Y, Ogasawara S, Murata T, Uchida H, Tahara H, Kaneko MK, Kato Y. Detection of tiger podoplanin using the anti-cat podoplanin monoclonal antibody PMab-52 Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2018.11; ( PubMed, DOI )

  158. Mochizuki Y, Harada H, Yokokawa M, Kinoshita N, Kubota K, Okado T, Fukayama H. Oral and maxillofacial surgery in patients undergoing dialysis for advanced renal disease: report of five cases. BMC Oral Health. 2018.10; 18 166-175. ( DOI )

  159. Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Sano M, Nakamura T, Yanaka M, Handa S, Hisamatsu K, Nakamura Y, Furusawa Y, Fukui M, Ohishi T, Kawada M, Harada H, Kato Y. Podocalyxin is crucial for the growth of oral squamous cell carcinoma cell line HSC-2 Biochem Biophys Rep. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  160. Kaneko MK, Yamada S, Itai S, Furusawa S, Nakamura T, Yanaka M, Handa S, Hisamatsu K, Nakamura Y, Fukui M, Harada H, Kato Y. Epitope mapping of an anti-alpha thalassemia/mental retardation syndrome Xlinked monoclonal antibody AMab-6 Biochem Biophys Rep. 2018.09; ( PubMed, DOI )

  161. Yamada I, Yoshino N, Hikishima K, Sakamoto J, Yokokawa M, Oikawa Y, Harada H, Kurabayashi T, Saida Y, Tateishi U, Yukimori A, Izumo T, Asahina S. Oral carcinoma: Clinical evaluation using diffusion kurtosis imaging and its correlation with histopathologic findings Magnetic Resonance Imaging. 2018.09; 51 69-78. ( DOI )

  162. Ngamsom S, Nakamura S, Kabasawa Y, Harada H, Tohyama R, Kurabayashi T. Imaging findings of intraosseous traumatic neuroma of the mandible Oral radiology. 2018.09; 34 (3): 257-261. ( DOI )

  163. Matsui T, Okada T, Kawada K, Okuda m, Ogo T, Nakajima Y, Kume Y, Ryotokuji T, Hoshino A, Tokairin Y, Michi Y, Harada H, Nakajima Y, Kawano T. Detection of second primary malignancies of the esophagus and hypophraynx in oral squamous cell carcinoma patients Laryngoscope Investigative Otolaryngology. 2018.08; 3 (4): 263-267. ( DOI )

  164. Yamaga E, Toriihara A, Nakamura S, Asai S, Fujioka T, Yoshimura R, Michi Y, Harada H, Tateishi U. Clinical usefulness of 2-deoxy-2-[18F] fluoro-D-glucose-positron emission tomography/computed tomography for assessing early oral squamous cell carcinoma (cT1-2N0M0) Japanese Journal of Clinical Oncology. 2018.07; 48 (7): 633-639. ( DOI )

  165. Shimada Y, Kawasaki Y, Tayama M, Kindaichi J, Maruoka Y. A case of central odontogenic fibroma of the mandible in a nevoid basal cell carcinoma syndrome patient Oral Science International. 2018.07; 15 (2): 61-67. ( DOI )

  166. Yamada S, Kaneko MK, Itai S, Chang YW, Nakamura T, Yanaka M, Ogasawara S, Murata T, Uchida H, Tahara H, Harada H, Kato Y. Epitope Mapping of Monoclonal Antibody PMab-48 against Dog Podoplanin. Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2018.06; ( PubMed, DOI )

  167. Ohata Y, Kayamori K, Yukimori A, Sumikura K, Ohsako T, Harada H, Sakamoto K, Ikeda T. A lesion categorized between ghost cell odontogenic carcinoma and dentinogenic ghost cell tumor with CTNNB1 mutation. Pathology International. 2018.05; 68 (5): 307-312. ( PubMed, DOI )

  168. Furusawa Y, Yamada Y, Itai S, Nakamura T, Fukui M, Harada H, Kaneko MK, Kato Y. Elucidation of critical epitope mapping of anti-rat podoplanin monoclonal antibody PMab-2 Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2018.05; ( PubMed, DOI )

  169. Kaneko MK, Yamada S, Itai S, Chang YW, Nakamura T, Yanaka M, Harada H, Suzuki H, Kato Y. Elucidation of The TMab-6 Monoclonal Antibody Epitope Against Telomerase Reverse Transcriptase. Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2018.05; ( PubMed, DOI )

  170. Miyazaki H, Ohshiro T, Romeo U, Noguchi T, Maruoka Y, Gaimari G, Tomov G, Wada Y, Tanaka K, Ohshiro T, Asamura S. Retrospective Study on Laser Treatment of Oral Vascular Lesions Using the "Leopard Technique": The Multiple Spot Irradiation Technique with a Single-Pulsed Wave Photomed Laser Surgery. 2018.05; 36 (6): 320-325. ( PubMed )

  171. Itai S, Ohishi T, Kaneko MK, Yamada S, Abe S, Nakamura T, Yanaka M, Chang YW, Ohba S, Nishioka Y, Kawada M, Harada H, Kato Y. Anti-podocalyxin antibody exerts antitumor effects via antibody-dependent cellular cytotoxicity in mouse xenograft models of oral squamous cell carcinoma. Oncotarget. 2018.04; ( PubMed, DOI )

  172. Sato M, Harada H, Nagata C, Suzuki K. A case of Ectomesenchymal Chondromyxoid Tumor on the tongue Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine. 2018.03; 30 (2): 134-137. ( DOI )

  173. Ohata Y, Tsuchiya M, Hirai H, Yamaguchi S, Akashi T, Sakamoto K, Yamaguchi A, Ikeda T, Kayamori K. Leukemia inhibitory factor produced by fibroblasts within tumor stroma participates in invasion of oral squamous cell carcinoma PLoS One. 2018.02; e0191865.

  174. Jiaranuchart S, Kaida A, Onozato Y, Harada H, Miura M. DNA damage response following X-irradiation in oral cancer lines HSC3 and HSC4 Archives of Oral Biology. 2018.02; 90 1-8. ( DOI )

  175. Kuroshima T, Wada M, Sato T, Takano M, and Makino S. G-CSF producing oral carcinoma with diffuse uptake of FDG in the bone marrow: A case report Oncology Letters. 2018.01; 15 (1): 1241-1245.

  176. Nishii N, Tachinami H, Kondo Y, Xia Y, Kashima Y, Ohno T, Nagai S, Li L, Lau W, Harada H, Azuma M. Systemic administration of a TLR7 agonist attenuates regulatory T cells by dend+E11:AB11ritic cell modification and overcomes resistance to PD-L1 blockade therapy Oncotarget. 2018.01; 9 13301-13312. ( DOI )

  177. Takemoto T, Kabasawa Y, Higuchi Y, Tabata Y, Aoki K, Tamura Y, Harada H. Combination of the RANKL-binding peptide W9 and bFGF induces ectopic bone regeneration in the rat calvarial defect mode Dental, Oral and Craniofacial Research. 2017.12; 4 (3): 2-7. ( DOI )

  178. Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Harada H, Kagawa Y, Konnai S, Kato Y. Expression of cat podoplanin in feline squamous cell carcinomas Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.11; ( DOI )

  179. Yamada S, Itai S, Nakamura T, Chang YW, Harada H, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y. Establishment of H2Mab-119, an Anti-Human Epidermal Growth Factor Receptor 2 Monoclonal Antibody, Against Pancreatic Cancer Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.11; ( DOI )

  180. Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Chang YW, Harada, H, Kato Y. Establishment of EMab-134, a sensitive and specific anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibody for detecting squamous cell carcinoma cells of the oral cavity Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.11; ( DOI )

  181. Ohata Y, Tatsuzawa A, Ohyama Y, Ichikawa A, Mochizuki Y, Ishibashi S, Itakura Y, Sakamoto K, Ikeda T, Kitagawa M, Yamamoto K. A distinctive subgroup of oral EBV+ B-cell neoplasm with polymorphous features is potentially identical to EBV+ mucocutaneous ulcer Human Pathology. 2017.11; 69 129-139. ( DOI )

  182. Itai S, Kaneko MK, Fujii Y, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Handa S, Chang YW, Suzuki H, Harada H, Kato Y. Development of EMab-51, a Sensitive and Specific Anti-EGFR Monoclonal Antibody in Western Blot and Immunohistochemistry Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.10; ( DOI )

  183. Yamagata Y, Tomioka H, Sakamoto K, Sato K, Harada H, Ikeda T, Kayamori K. CD163-Positive Macrophages Within the Tumor Stroma Are Associated With Lymphangiogenesis and Lymph Node Metastasis in Oral Squamous Cell Carcinoma J Oral Maxillofac Surg. 2017.10; 75 (10): 2144-2153. ( DOI )

  184. Yamada S, Itai S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Harada H, Kagawa Y, Ichii O, Konnai S, Kaneko MK, Kato Y. PMab-52: Specific and Sensitive Monoclonal Antibody Against Cat Podoplanin for Immunohistochemistry Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.10; ( DOI )

  185. Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Harada H, Kato Y. Immunohistochemical Analysis Using Antipodocalyxin Monoclonal Antibody PcMab-47 Demonstrates Podocalyxin Expression in Oral Squamous Cell Carcinomas Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.10; ( DOI )

  186. Ngansom S, Nakamura S, Kabasawa Y, Harada H, Tohyama R, Kurabayashi T. Imaging findings of intraosseous traumatic neuroma of the mandible Oral Radiology. 2017.09;

  187. Hirai H, Tomioka H, Mochizuki Y, Oikawa Y, Tsushima F, Harada H. Clinical Course of Oral Squamous Cell Carcinoma in Patients on Immunosuppressant and Glucocorticoid Therapy J Oral Maxillofac Surg. 2017.09; 75 (9): ( DOI )

  188. Takahara N, Nakagawa S, Sumikura K, Kabasawa Y, Sakamoto I, Harada H. Association of TMJ pain according to magnetic resonance imaging findings in TMD patients J Oral Maxillofac Surg. 2017.09; 75 (9): 1848-1855. ( DOI )

  189. Sato M, Harada H, Nagata C, Suzuki K. A case of Ectomesenchymal Chondromyxoid Tumor on the tongue Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2017.09; ( DOI )

  190. Itai S, Fujii Y, Kaneko MK, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Takahashi M, Suzuki H, Harada H, Kato Y. H2Mab-77 is a sensitive and specific anti-HER2 monoclonal antibody against breast cancer Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.08; ( DOI )

  191. Nakano T, Ogasawara S, Tanaka T, Hozumi Y, Mizuno S, Satoh E, Sakane F, Okada N, Taketomi A, Honma R, Nakamura T, Saidoh N, Yanaka M, Itai S, Handa S, Chang YW, Yamada S, Kaneko MK, Kato Y, Goto K. DaMab-2: Anti-Human DGK Monoclonal Antibody for immunocytochemistry Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.08; ( DOI )

  192. Kaneko MK, Kunita A, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Ogasawara S, Ohishi T, Abe S, Itai S, Harada H, Kawada M, Nishioka Y, Fukayama M, Kato Y. Anti-Podocalyxin Antibody chPcMab-47 Exerts Antitumor Activity in Mouse Xenograft Models of Colorectal Adenocarcinomas Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2017.08; ( DOI )

  193. Shimamoto H, Oikawa Y, Osako T, Hirai H, Mochizuki Y, Tanaka K, Tomioka H, Harada H. Neck failure after elective neck dissection in patients with oral squamous cell carcinoma Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2017.07; 124 (1): 32-36. ( DOI )

  194. Hihara H, Kanetaka H, Kanno A, Koeda S, Nakasato N, Kawashima R, Sasaki K. Evaluating age-related change in lip somatosensation using somatosensory evoked magnetic fields PLOS One. 2017.06; 12 (6):

  195. Yukimori A, Oikawa Y, Morita KI, Nguyen CTK, Harada H, Yamaguchi S, KayamoriK, Yamaguchi A, Ikeda T, Sakamoto K. Genetic basis of calcifying cysticodontogenic tumors PLoS One. 2017.06; 12 (6): ( DOI )

  196. Mochizuki Y, Harada H, Shimamoto H, Tomioka H, Hirai H. Multiple Free Flap Reconstructions of Head and Neck Defects Due to Oral Cancer Plast Reconstr Surg Glob Open. 2017.06; 5 (6): ( DOI )

  197. Onozato Y, Kaida A, Harada H, Miura M. Radiosensitivity of quiescent and proliferating cells grown as multicellular tumor spheroids Cancer Science. 2017.04;

  198. Nguyen CT,Okamura T, Morita K,Yamaguchi S,Harada H,Miki Y,Izumo T,Kayamori K,Yamaguchi A,Sakamoto K. LAMC2 is a predictive marker for the malignant progression of leukoplakia Journal of Oral Pathology and Medicine. 2017.03; 46 (3): 223-231. ( DOI )

  199. Oikawa Y,Morita K,Kayamori K,Tanimoto K,Sakamoto K,Katoh H,Ishikawa S,Inazawa J,Harada H. Receptor tyrosine kinase amplification is predictive of distant metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma Cancer Science. 2017.02; 108 (2): 256-266.

  200. Shimada Y, Nakagawa Y, Ide K, Sato I, Hagiwara S, Yamada H, Kawasaki Y, Maruoka Y. Clinical importance of elimination of potential dental focal infection before the first cycle of chemotherapy in patients with hematologic malignancy. Support Care Cancer. 2017.02; ( DOI )

  201. Kaneko MK,Nakamura T,Honma R,Ogasawara S,Fujii Y,Abe S,Takagi M,Harada H,Suzuki H,Nishioka Y,Kato Y. Development and characterization of anti-glycopeptide monoclonal antibodies against human podoplanin using glycan-deficient cell lines generated by CRISPR/Cas and TALEN Cancer Medicine. 2017.01; 6 (2): 382-396. ( DOI )

  202. Takahara N,Kabasawa Y,Sato M,Tetsumura A,Kurabayashi T,Omura K. MRI Changes of temporomandibular joint following mandibular setback using sagittal split ramus osteotomy with rigid fixation The Journal of Craniomandibular & Sleep Practice. 2017.01; 35 (11): 38-45. ( DOI )

  203. Lam PD, Kuribayashi A, Sakamoto J, Nakamura S, Harada H, Kurabayashi T. Imaging findings of childhood B-cell lymphoblastic lymphoma in the mental region: a case report. Dentomaxillofacial Radiology. 2017; ( PubMed, DOI )

  204. Marukawa E,Tamai M,Takahashi Y,Hatakeyama I,Sato M,Higuchi Y,Kakidachi H,Taniguchi H,Sakamoto T,Honda J,Omura K,Harada H. Comparison of magnesium alloys and poly-l-lactide screws as degradable implants in a canine fracture model Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials. 2016.10; 104 (7): 1282-1289.

  205. Shimada Y,Maruoka Y,Yamaji I,Kawai S. Non-syndromic familial keratocystic odontogenic tumour: a rare case report in Japanese identical twins. J Clin Diagn Res. 2016.08; 10 (8): ZD28-ZD30.

  206. Macedo R,Rochefort J,Guillot-Delost M,Tanaka K,Le Moignic A,Noizat C,Baillou C,Mateo V,Carpentier AF,Tartour E,Bertolus C,Bellier B,Lescaille G,Lemoine FM. Intra-cheek immunization as a novel vaccination route for therapeutic vaccines of head and neck squamous cell carcinomas using plasmo virus-like particles Oncoimmunology. 2016.07; 5 (7): e1164363. ( DOI )

  207. Tohyama R,Kayamori K,Sato K,Hamagaki M,Sakamoto K,Yasuda H,Yamaguchi A. Establishment of a xenograft model to explore the mechanism of bone destruction by human oral cancers and its application to analysis of role of RANKL Journal of Oral Pathology & Medicine. 2016.05; 45 (5): 356-364.

  208. Kohmoto T,Tsuji A,Morita K,Naruto T,Masuda K,Kashimada K,Enomoto K,Morio T,Harada H,Imoto I. A novel COL11A1 missense mutation in siblings with non-ocular Stickler syndrome Human Genome Variation. 2016.04; 2016 (3): 16003. ( DOI )

  209. Kayamori K,Katsube K,Sakamoto K,Ohyama Y,Hirai H,Yukimori A,Ohata Y,Akashi T,Saitoh M,Harada K,Harada H,Yamaguchi A. NOTCH3 Is Induced in Cancer-Associated Fibroblasts and Promotes Angiogenesis in Oral Squamous Cell Carcinoma PLoS One. 2016.04; 11 (4): e0154112. ( DOI )

  210. Shirakawa J,Harada H,Noda M,Ezura Y. PTH-Induced Osteoblast Proliferation Requires Upregulation of the Ubiquitin-Specific Peptidase 2 (Usp2) Expression Calcified Tissue International. 2016.03; 98 (3): 306-315.

  211. Oda S,Nozawa T,Nozawa-Minowa A,Tanaka M,Aikawa C,Harada H,Nakagawa I. Golgi-Resident GTPase Rab30 Promotes the Biogenesis of Pathogen-Containing Autophagosomes PLoS One. 2016.01; 11 (1): e0147061. ( DOI )

  212. Kato Y,Ogasawara S,Oki H,Honma R,Takagi M,Fujii Y,Nakamura T,Saidoh N,Kanno H,Umetsu M,Kamata S,Kubo H,Yamada M,Sawa Y,Morita K,Harada H,Suzuki H,Kaneko MK. Novel Monoclonal Antibody LpMab-17 Developed by CasMab Technology Distinguishes Human Podoplanin from Monkey Podoplanin Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy. 2016; 2 (35): 109-116.

  213. Mochizuki Y,Tomioka H,Tsushima F,Shimamoto H,Oikawa Y,Harada H. Clinical evaluation of the coverage of open wounds in the oral surgical field with a polyglycolic acid sheet and a fibrin glue spray and coverage with split thickness skin grafting Annals Maxillofacial Surgery. 2016; 6 (2): 228-234.

  214. Kondo Y,Ohno T,Nishii N,Harada K,Yagita H,Azuma M. Differential contribution of three immune checkpoint (VISTA, CTLA-4, PD-1) pathways to antitumor responses against squamous cell carcinoma Oral Oncology. 2016; 57 54-60.

  215. Dilruba Aktar,Tomioka H,Hirai H,Oikawa Y,Mochizuki Y,Shimamoto H,Harada H. Value of real-time tissue elastography for squamous cell carcinoma of the tongue Dental,Oral and Craniofacial Research. 2016; 2 (6): 371-375.

  216. Ohata Y,Tohyama R,Kayamori K,Shimamoto H,Hirota Y,Harada H,Izumo T,Sakamoto K. A rare cancer of the tongue that demonstrated unusual histology and immunohistochemical phenotype: case report International Dentistry Scientific Meeting 2016/UI Proceedings on Health and Medicine. 2016; 1 (1): 172-175. ( DOI )

  217. Masaru S,Morita K,Kabasawa Y,Harada H. Bilateral nasolabial cysts: a case report Jounal of Medical case Reports. 2016; 10 246. ( DOI )

  218. Masanori Kudoh, Ken Omura, Arata Satsukawa, Koshi Matsumoto, Takahide Taguchi, Hiroyuki Harada, Yoshimasa Ishii. Symmetric Lipomatosis Arising in the Tongue Presenting as Macroglossia and Articulatory Disorder Case Reports in Otolaryngology. 2016; (2016): ( DOI )

  219. Kudoh M, Harada H, Sato Y, Omura K, Ishii Y. Massive odontoameloblastoma arising in the maxilla: a case report. J Medical Case Rep. 2015.12; 9 278. ( PubMed, DOI )

  220. Fukuda S, Hayashi R, Nishimura Y, Nakamizo M, Ota Y, Chazono H , Nakamura K, Harada H, Fujimoto Y, Yoshimoto S. Report of fead and neck cancer registry of Japan clinical statistics of registered patients, 2013. Japanese Journal of Head and Neck Cancer. 2015.11; 41 (supplement):

  221. Kuribayashi Y, Tsushima F, Morita K, Matsumoto K, Sakurai J, Uesugi A, Sato K, Oda S, Sakamoto K, Harada H. Long-term outcome of non-surgical treatment in patients with oral leukoplakia. Oral Oncol. 2015.11; 51 (11): 1020-1025. ( PubMed, DOI )

  222. Morita K, Naruto T, Tanimoto K, Yasukawa C, Oikawa Y, Masuda K, Imoto I, Inazawa J, Omura K, Harada H. Simultaneous detection of both single nucleotide variations and copy number alterations by next-generation sequencing in gorlin syndrome. PLOS One. 2015.11; 10 (11): e0140480. ( PubMed, DOI )

  223. Tsushima F, Sakurai J, Harada H. A case of upper gingiva carcinoma with chronic graft-versus-host disease after allogenic bone marrow transplantation. Aust Dent J. 2015.09; 60 (3): 404-407.

  224. Kudo M, Harada H, Matsumoto K, Sato Y, Omura K, Ishii Y. Massive neurilemoma of the hard plate in which preoperative diagnosis was difficult. Case Rep Surg. 2015.08; 2015 638025. ( DOI )

  225. Mochizuki Y, Harada H, Sakamoto K, Kayamori K, Nakamura S, Ikuta M, Kabasawa Y, Marukawa E, Shimamoto H, Tushima F, Omura K. Malignant lymphoma with initial symptoms in the mandibular region. J Cancer Ther. 2015.07; 6 (7): 554-565.

  226. Tomioka H, Kaneoya A, Mochizuki Y, Harada H. Primary diffuse large B-cell lymphoma arising in the tongue accompanied by ataxia-telangiectasia: a case report. J Clin Diagn Res. 2015.06; 9 (6): ZD25-ZD27. ( PubMed, DOI )

  227. Mochizuki Y, Harada H, Ikuta M, Shimamoto H, Tomioka H, Tanaka K, Hirai H, Omura K. Clinical characteristics of multiple primary carcinomas of the oral cavity. Oral Oncol. 2015.02; 51 (2): 182-189.

  228. Harada H, Omura K.. Preoperative concurrent chemotherapy with S-1 and radiotherapy for locally advanced squamous cell carcinoma of the oral cavity: Phase I trial. J Exp Clin Cancer Res.. 2010; 20 (29): 33.

  229. H Harada, K Omura.. Metastasis of oral cancer to the parotid node. Eur J Surg Oncol. 2009; 35 (8): 890-894.

  230. Hiroyuki Harada, Ken Omura, Yusuke Nakajima, Shogo Hasegawa and Seiki Mogi.. Cyclin B1 is useful to predict occult cervical lymph node metastasis in tongue carcinoma. J Exp Clin Cancer Res. 2006; 25 (3): 351-356.

  231. Hiroyuki Harada, Ken Omura, Yosuke Takeuchi.. Patency and caliber of the internal jugular vein after neck dissection. Auris Nasus Larynx. 2003; 30 (3): 269-272.

  232. 1) Hiroyuki Harada, Shuichi Takinami, Shujiroh Makino, Hideaki Kitada, Tomomi Yamashita, Ken-ichi Notani, Hiroshi Fukuda, Motoyasu Nakamura.. Three-phase bone scintigraphy and viability of vascularized bone grafts for mandibular reconstruction. Int J of Oral & Maxillofac Surg. 2000; 29 (4): 280-284.

  233. 遠山皓基, 加納嘉人, 野地理夏, 青柳康子, 松寺翔太郎, 大野十央, 有泉陽介, 道泰之, 富岡寛文, 島本裕彰, 吉村 亮一, 朝蔭孝宏, 原田浩之, 三宅智, 三浦雅彦, 池田貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対する網羅的がんゲノム解析と臨床的有用性. 頭頸部癌. 2021.12; 47 (4): 359-365. ( DOI )

  234. 柴田恵里, 奥山紘平, 道 泰之, 坂本 啓, 原田浩之, 依田哲也. 肺転移に対し外科療法を行った下顎骨原発骨肉腫の1例. 日口外学誌. 2021.06; 67 (6): 353-358. ( DOI 医中誌 )

  235. 家村綾子,柳町昌克,田崎彰久,廣田由佳,大西威一郎,神谷尚宏,津島文彦,原田浩之,木下伊寿美,孝橋賢一,小田義直,高木正稔,明石 巧,朝蔭孝宏,森尾友宏. 出生時から開口障害を認めたデスモイド型線維腫症. 日小児会誌. 2021.04; 125 (4): 619-624. ( 医中誌 )

  236. 田中美佐子, 木村宏. ヒストン修飾. 遺伝子医学 MOOK エピゲノムで新たな解明が進む「先天性疾患」. 2021.04; 36 27-30.

  237. 高坂 光,平井秀明,及川 悠、大迫利光、釘本琢磨、黒嶋雄志、富岡寛文、島本裕彰、道 泰之、原田浩之. 遊離皮弁の鬱血に対するmedical leech(医療用ヒル)の有効性に関する臨床的検討. 日口外誌. 2020.12; 66 (12): 596-600.

  238. 武元 徹, 川野 大, 森 正次, 原田浩之. 悪性高熱症の家族歴を有する患者に対する全身麻酔管理の1 例 有病者歯科医療. 2020.08; 29 (3): 81-86.

  239. 土橋宏輝, 鳴瀬智史, 奥山紘平, 古川浩平, 柳本惣市, 梅田正博. 放射線性顎骨骨髄炎により広範な皮膚壊死を生じた壊死性筋膜炎の1例  日口診誌. 2020.06; 33 (2): 153-159. ( DOI )

  240. 田中美佐子, 富岡寛文, 高原楠旻, 畠山一郎, 坂本 啓, 原田浩之. オトガイ部に発生した結節性筋膜炎の1例 日口外誌. 2020.06; 66 (6): 292-297. ( DOI 医中誌 )

  241. 木村 敦, 平井秀明, 下野宏晃, 坂本 啓, 原田浩之, 依田哲也. 下顎骨関節突起に転移した甲状腺癌の1例 日口外誌. 2020.04; 66 (4): 200-205. ( DOI 医中誌 )

  242. 丸川恵理子, 立川敬子, 望月裕美, 高橋幸伸, 原田浩之, 春日井昇平. 巨大な下顎骨エナメル上皮腫摘出後にインプラント治療を行なった1例 顎顔面インプラント誌. 2020.04; 19 (1): 13-18. ( 医中誌 )

  243. 西井直人. 口腔多発癌における遺伝子変異プロファイルに基づいた新規診断法の検討 山梨中病年報. 2020.03; 46 126-130.

  244. 小井田奈美、西井直人、渡邉峻介、小山敏雄. 口腔扁平上皮癌におけるPolo-like kinase1(Plk1)の発現解析 山梨中病年報. 2020.03; 46 164-167. ( 医中誌 )

  245. 小井田奈美、三澤常美、西井直人、高橋幸伸. 当科28年間の悪性腫瘍症例の臨床的検討 山梨中病年報. 2020.03; 46 157-163. ( 医中誌 )

  246. 奥山紘平, 柳本惣市, 鳴瀬智史, 梅田正博. 人工透析患者に生じたセフトリアキソン関連脳症の1例 日口診誌. 2020.02; 33 (1): 43-46. ( DOI 医中誌 )

  247. 古川浩平, 鳴瀬智史, 奥山紘平, 柳本惣市, 片瀬直樹, 梅田正博. 下顎前歯部に発生した腺性歯原性嚢胞の1例 日口診誌. 2020.02; 33 (1): 61-65. ( DOI 医中誌 )

  248. 福田 修平, 黒嶋 雄志, 富岡 寛文, 及川 悠, 原田 浩之. 長期経過を辿って潜在性頸部リンパ節転移が顕在化した舌扁平上皮癌の3例 日本口腔腫瘍学会誌. 2019.12; 31 (4): 197-202.

  249. 本多奈津子, 道 泰之, 友松伸允, 石田尚子, 坂本 啓, 山口聰. 硬化性歯原性癌の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2019.11; 65 (11): 708-713.

  250. 炭野淳, 柴田真理, 八木原一博, 石田尚子, 道 泰之, 依田哲也.. 下唇に生じた唾石を伴う粘液嚢胞の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2019.11; 65 (11): 708-713.

  251. 津島文彦,原田浩之. 歯科・口腔外科領域 この5年の進歩 内科. 2019.09; 124 (3): 2002-2003.

  252. 尾田誠一郎,森 正次,松下善彦,原田浩之. 頬粘膜に生じた成人型黄色肉芽腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.09; 65 (9): 587-592.

  253. 樋口佑輔,樺沢勇司,富岡寛文,林 駿哉,土谷麻衣子,原田浩之. 下顎骨に発生した毛細血管奇形の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.08; 65 (8): 557-562.

  254. 平山超教、富岡寛文、小野里祐佑、高原楠旻、丸川恵理子、原田浩之. 口底に発生した神経内分泌癌の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.07; 65 (7): 455-460.

  255. 中川知里,津島文彦,櫻井仁亨,上杉篤史,佐藤 潔,尾田誠一郎,原田浩之. 類天疱瘡24例に関する臨床病理学的検討 日本口腔内科学会雑誌. 2019.06; 25 (1): 1-9.

  256. 上杉篤史、津島文彦、清水梨沙、中川知里、佐藤 潔、櫻井仁亨、原田浩之. 口内炎を契機に診断された第二期梅毒の1例 日本口腔内科学会雑誌. 2019.06; 25 (1): 16-19.

  257. 小井田奈美、櫻井仁亨、道川千絵子、依田哲也、坂本 啓、原田浩之. 同種骨髄移植後にサイトメガロウィルス感染を伴う口内炎を発症した1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.06; 65 (6): 194-198.

  258. 三浦千佳, 道 泰之, 道川千絵子, 福井 怜, 栢森 高, 山口 聰. 舌尖部に生じた嚢胞腺癌の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2019.05; 65 (5): 323-327.

  259. 原田 浩之, 富岡 寛文, 横川 美咲, 野島 瞳, 小宮 瑠里, 栢森 高, 池田 通, 倉林 亨. 新TNM分類(第8版)の改定点と問題点 舌癌における新T分類(UICC第8版)に導入された深達度(DOI)評価 標本収縮を考慮した病理組織学的DOIと臨床的DOI評価の検討 頭頸部癌 . 2019.04; 45 (1): 1-7. ( DOI 医中誌 )

  260. 新垣理宣, 中村 伸, 道 泰之,依田哲也,倉林 亨. 急速な下顎骨破壊を示した多発性骨髄腫の画像所見 歯科放射線. 2019.03; 58 (2): 86-88.

  261. 濱本 正太郎, 富岡 寛文, 横川 美咲, 生田 稔, 坂本 啓, 原田 浩之. 多発性骨髄腫に移行した下顎骨孤立性形質細胞腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2019.02; 65 (2): 110-114. ( DOI 医中誌 )

  262. 野島 瞳,富岡寛文,大迫利光,津島文彦,池田 通,原田浩之. 病理組織標本作成過程における組織の寸法変化に関する検討 日本口腔科学会雑誌. 2018.09; 67 (3): 240-245.

  263. 丸川恵理子. 骨造成のための移植材料:HAp /コラーゲンスポンジ(リフィット®) Journal of Bio-Integration. 2018.08; 8 9-14.

  264. 髙橋幸伸,今井英樹,持田薫利,角倉可奈子,原田浩之. 成人の顎下部に発生した嚢胞状リンパ管腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2018.07; 64 (7): 418-422.

  265. 津島 文彦,原田 浩之. 口腔領域における特異性炎 別冊Bio Clinica 口腔疾患と慢性炎症. 2018.07; 7 (3): 65-69.

  266. 丸岡 豊. HIV/AIDSの口腔内所見と歯科治療状の注意点 日本歯科医学会雑誌. 2018.04; 11-14.

  267. 原田浩之. Q&A.BP製剤内服患者の抜歯時、肉芽は残すべきか否か。 DENTAL DIAMOND. 2018.02; 43 (629): 118-119.

  268. 原田浩之. 地図状舌の治療 ドクターサロン. 2018.02; 62 (2): 29-33.

  269. 原田浩之. 口腔癌における選択的頸部郭清術 日本口腔外科学会雑誌. 2018.01; 64 8-12.

  270. 原田浩之. 知っておきたい口内炎の知識 けあ・ふる. 2018.01; 94 2-4.

  271. 依田 泰. ノーベル・バイオケア・コニカルコネクション・インプラントの臨床応用 インプラント YEAR BOOK 2018. 2018.01; 253-260.

  272. 原田浩之. 口腔癌における選択的頸部郭清術 日本口腔外科学会雑誌. 2018.01; 64 (1): 8-12. ( DOI )

  273. 平井秀明,横川美咲,及川 悠,大迫利光,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討 日本口腔腫瘍学会誌. 2017.12; 29 158-164.

  274. 道 泰之,原田浩之. 組織型から考える 日本口腔腫瘍学会誌. 2017.12; 29(4) 206-211.

  275. Elbashti ME, Aswehlee AM, Hattori M, Sumita Y, Michi Y, Uzawa N, Yamaguchi S, Harada H, Taniguchi H. Surgions’ awarenesss of the considerations for prosthetic rehabilitation in maxillectomy patients 日本顎顔面補綴学会誌. 2017.12; 40(2) 12-20.

  276. 大迫利光,今井雄太,松川 祥,持田薫利,原田浩之,三澤常美. 下顎歯肉悪性黒色腫に対するNivolumabの使用経験 日本口腔外科学会雑誌. 2017.11; 63 (11): 558-563.

  277. 坂本潤一郎,小滝真也,中村 伸,角倉可奈子,原田浩之,倉林 亨. 上顎に生じた歯原性幻影細胞癌の 1 例 歯科放射線. 2017.10; 57 (1): 57-59.

  278. 小枝聡子,日原大貴,菅野彰剛,川島隆太,中里信和. 大口蓋神経および舌神経電気刺激における大脳皮質反応の初期成分 日本生体磁気学誌. 2017.05; 30 (1): 170-171.

  279. 原田浩之. インフォームドコンセントの変遷 日本口腔外科学会雑誌. 2017.05; 63 (5): 241.

  280. 原田浩之. トラブルを起こしやすい親知らず 学校保健ニュース高校版. 2017.05; 1746 6-7.

  281. 原田浩之. 遅れて生えてくる親知らず 学校保健ニュース高校版 インタープレス. 2017.05; 1748

  282. 島本 裕彰,原田 浩之. 口腔がん薬物療法の進歩 口腔病学会雑誌. 2017.03; 84 (1):

  283. 丸岡 豊. 特集 糖尿病、高血圧etc,持病のあるかた 歯科受診にもお薬手帳を忘れずに! nico. 2017.03; 10-23.

  284. 上杉篤史、櫻井仁亨、津島文彦、佐藤 昌、松本佳奈子、原田浩之. 上下顎歯肉に生じたPlasma cell gingivitisの1例 日本口腔外科学会雑誌. 2017.02; 63 (2):

  285. 隅田由香,原口美穂子,服部麻里子,乙丸貴史,村瀬 舞,吉 志元,山口 聡,原田浩之,谷口 尚. イミディエイトサージカルオブチュレーター(ISO)製作のコンセプトについて 頭頸部癌. 2017.01; 43 (1): 95-99.

  286. 原田浩之. 歯医者さんの専門分野別Q&A 頼りになるいい歯医者さん2017. 2017; 116-119.

  287. 小野里祐佑,富岡寛文,高原楠旻,大迫利光,原田浩之. 本態性血小板血症患者に発生した舌癌の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2016.09; 62 (9): 460-465.

  288. 武元 徹, 樺沢勇司, 津島文彦, 平井秀明, 小村 健, 原田浩之. 顎関節部に生じた慢性拡張性血種の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2016.09; 62 (9): 454-459.

  289. 原田浩之. 口腔内の異変 放置しないで 日本経済新聞. 2016.05;

  290. 高原楠旻,中川 聡,角倉可奈子,今井英樹,原田浩之. 下顎骨関節突起骨折治療後に生じた顎関節強直症の 3 例 日本顎関節学会雑誌. 2016.04; 28 (1): 28-34.

  291. 依田 泰. 下顎前歯部単独歯欠損にナローインプラントを応用する際のポイント Quintessence DENTAL Implantology. 2016.03; 23 (2): 24-29.

  292. 原田浩之. 全身合併症を有する患者に対する遊離皮弁術 口腔外科ハンドマニュアル’16 . 2016; 254-258.

  293. 依田 泰. 臼歯部におけるノーベルプロセラASCジルコニアアバットメントおよびノーベルプロセラFCZインプラントクラウンの有用性 Quintessenceインプラント YEAR BOOK 2016. 2016; 235-242.

  294. 原口美穂子,道 泰之,田中顕太郎,原田浩之,隅田由香,原田 清,岡崎 睦,谷口 尚. 口腔癌切除後の口腔形態の改善を目指した補助装置―ステントの2症例― 頭頸部癌. 2016; 42 (1): 13-20.

  295. 原田浩之. 口腔癌における頸部制御に対する治療戦略 口腔病学会雑誌. 2016; 83 (1): 1-6.

  296. 津島 文彦,桜井 仁亨,松本 佳奈子,上杉 篤史,佐藤 昌,尾田 誠一郎,原田 浩之. 腸管ベーチェット病が疑われた再発性アフタ性潰瘍の1例 日本口腔内科学会雑誌. 2015.12; 21 (2): 43-48.

  297. 丸川 恵理子. MRONJ診断と治療の最前線「MRONJ研究の最前線」 デンタルダイヤモンド10月号. 2015.10; 40 (13): 44-47.

  298. 富岡 寛文. MRONJ診断と治療の最前線「BP製剤・抗RANKL抗体・抗VEGF抗体使用患者への歯科的対応」 デンタルダイヤモンド10月号. 2015.10; 40 (13): 34-38.

  299. 原田 浩之. MRONJ診断と治療の最前線「歯科医師に求められるMRONJの知識と対応」 デンタルダイヤモンド10月号. 2015.10; 40 (13): 28-33.

  300. 丸川 恵理子. 上顎洞底挙上術における自家骨の必要性 バイオインテグレーション学会誌 . 2015.10; 5 35-39.

  301. 樺沢 勇司. MRONJ診断と治療の最前線「MRONJに対する治療法」 デンタルダイヤモンド10月号. 2015.10; 40 (13): 39-51.

  302. 中川 聡, 高原 楠旻, 角倉 可奈子, 今井 英樹, 小村 健. 急性非復位性関節円板前方転位に対する関節円板復位療法の適応に関する臨床的検討 日本顎関節学会雑誌. 2015.08; 27 (2): 93-102.

  303. 小村 健, 原田 浩之, 生田 稔, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 釘本 琢磨. 進行口腔原発巣再発癌(rT3,rT4)に対する救済手術 日本口腔腫瘍学会誌. 2014.12; 26 (4): 132-139. ( DOI )

  304. 森 正次, 樋口 佑輔, 相澤 悟. 2次性メトヘモグロビン血症の既往を持つ患者の抜歯の1例 日本口腔診断学会雑誌. 2014.10; 27 (3): 307-310. ( 医中誌 )

  305. 釘本 琢磨, 小村 健, 田中 香衣, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 原田 浩之. PGAシートとフィブリン糊併用の有茎頬脂肪体による上顎部分切除後の上顎・口蓋再建 日本口腔外科学会雑誌. 2014.09; 60 (9): 527-531. ( 医中誌 )

  306. 原田 浩之, 小村 健, 島本 裕彰. 口腔扁平上皮癌における選択的頸部郭清術 頭頸部癌. 2014.04; 40 (1): 16-22. ( 医中誌 )

  307. 田口 貴英. 口腔扁平上皮癌におけるEGFレセプターの核内移行と臨床病理学的因子との関連 口腔病学会雑誌. 2014.03; 81 (1): 45-52. ( 医中誌 )

  308. 工藤 雅範, 原田 浩之, 津島 文彦, 松本 佳奈子, 小村 健, 石井 良昌. 上顎洞を広範に占拠した内反乳頭腫の1例 日本口腔外科学会雑誌. 2014.01; 60 (1): 29-33. ( 医中誌 )

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 津島文彦, 原田浩之. 東京医科歯科大学 歯科東京同窓会報 口腔粘膜疾患の診かた. 東京医科歯科大学, 2021.09 口腔粘膜疾患の診かた

  2. 原田浩之 編集. 口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル’21. クインテッセンス出版株式会社, 2021.07

  3. 道 泰之. 口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル’21 輪状甲状靱帯切開(Cricothyroidotomy)による外科的緊急気道確保. クインテッセンス出版株式会社, 2021.07 輪状甲状靱帯切開(Cricothyroidotomy)による外科的緊急気道確保

  4. 原田浩之. 歯科医師のための内科学. 医歯薬出版株式会社, 2021.03

  5. 原田浩之. 口腔癌診療ガイドライン2019年版. 金原出版, 2019.10 口腔癌診療ガイドライン2019年版

  6. 原田浩之. 医科歯科人. 東京医科歯科大学, 2019.09 医科歯科大BLOOM No27

  7. 原田浩之. 舌癌の手術法.. クインテッセンス出版株式会社, 2019.07 口腔外科ハンドマニュアル’19

  8. 原田浩之. 口内炎の対処法. ウィメンズヘルス, 2019.06

  9. 原田浩之. 口腔癌取扱い規約 第2版. 金原出版, 2019.04

  10. 原田浩之. 口腔がん最前線. 夕刊フジ特別版, 2019.03

  11. 原田浩之. 「口内炎が治らない! 2週間続いたら舌がんを疑おう」. 日経Gooday, 2019.03

  12. 原田浩之. 「堀ちえみさん公表の舌がん 高い生存率、食事に影響も」. 日経Gooday, 2019.03

  13. 丸岡 豊. 最新 口腔外科学. 医歯薬出版, 2017.09 緩和ケア

  14. 原田浩之 . 最新 口腔外科学. 医歯薬出版, 2017.09 悪性腫瘍

  15. 原田浩之. 歯医者さんの専門分野別Q&A.口腔外科. GAKKEN, 2017.01 頼りになるいい歯医者さん

  16. 長瀬洋之 著,丸岡 豊 著,日ノ下文彦 編. インフルエンザ対策と口腔ケア サリドマイド薬禍者の皆様へ. 厚生労働研究 サリドマイド胎芽病患者の健康、生活実態の諸問題に関する研究班, 2017.01 お口の中を健やかに保つために – 口腔ケアのすすめ –

▼全件表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Marukawa E, Hatakeyama I, Takahashi Y, Omura K. Effects of Platelet-Poor Plasma, Platelet-Rich Plasma, and Platelet-Rich Fibrin on healing of extraction sockets with buccal dehiscence in dogs. 23rd The European Association for Osseointegration September 25-27, 2014 2014.09.25 Rome, Italy

  2. Tanaka K, Taguchi T, Mochizuki H, Tomioka H, Shimamoto H, Ikuta M, Harada H, Bertolus C, Goudot P, Omura K. A clinical study on 74 cases of salivary gland carcinoma. The 22nd Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery September 23-26, 2014 2014.09.23 Prague

  3. Kudoh M, Harada H, Sato Y, Omura K, Ishii Y. Massive odontoameloblastoma arising in the maxilla. 96th AAOMS Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition September 8-13, 2014 2014.09.08 Honolulu

  4. Marukawa E, Tamai M, Takahashi Y, Hatakeyama I, Sato M, Higuchi Y, Harada H, Omura K. Comparison of magnesium alloy and poly-L-lactide screws as degradable implant in canine fracture model. 6th Symposium on Biodegradable Metals.August 24-29, 2014 2014.08.24 Maratea, Italy.

  5. Oda S, Sakurai J, Tsushima F, Sato M, Uesugi A, Matsumoto K, Omura K. The Long-Term Outcome Of OLP, Patterns of Remission and Relapse. 2014 Joint Oral Medicine Meeting April 9-12, 2014 2014.04.09 Orland

  6. Matsumoto K, Tsushima F, Sakurai J, Sato M, Uesugi A, Oda S, Omura K. Oral lichen planus: a retrospective study of 416 Japanese patients. 2014 Joint Oral Medicine Meeting April 9-12, 2014 2014.04.09 Orland

  7. Pissacha Daroonpan, 加島義久, 濱垣美和子, 西井直人, 津島文彦, 原田浩之, 池田 通, 東みゆき. マルチプレックス免疫組織染色による舌扁平上皮癌の免疫プロファイリング解析. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  8. Shimamoto H, Oikawa Y, Ohsako T, Kugimoto T, Kuroshima T, Hirai H, Tomioka H, Michi Y, Harada H. Analysis of cervical lymph node metastasis at levels IV and V of oral squamous cell carcinoma. 第58回日本癌治療学会学術集会 2021.10.22 横浜市

  9. 高田嘉宝, 黒嶋雄志, 島本裕彰, 大迫利光, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 頬リンパ節転移をきたした下顎歯肉扁平上皮癌の一例. 第52回日本口腔外科学会近畿支部学術集会 2021.07.03 WEB開催

  10. Tran MC, Marukawa E, Oshibe N, Uo M, Yoda T, Harada H.. Effects on bone regeneration of different centrifugation conditions and coagulation systems during platelet concentrate and fibrin network formation. 14th Asian Congress on Oral & Maxillofacial Surgery 2021.06.04

  11. Tran Cuong Minh, 黒嶋雄志, 及川 悠, 道 泰之, 栢森 高, 原田浩之. Clinicopathological and immunohistochemical characteristics of pigmented oral squamous cell carcinoma.. 第75回日本口腔科学会学術集会 2021.05.12 豊中市

  12. Yuji Kabasawa, Kanade Ito, Shiori Tokura, Itsuki Takazawa, Ruri Komiya, Hiroyuki Harada, Hitomi Nojima, Masahiko Miura, Ryoichi Yoshimura. Clinical Investigation of Episil Oral Solution for Oral Mucositis during Radiochemical Treatment for Head and Neck Cancer. The 1st Annual Meeting of the International Society of Oral Care 2021.04.18 東京

  13. Kudo R, Kano Y, Noji R, Yamashita Y, Ishikawa T, Kudo A, Oshima N, Ariizumi Y, Nakagawa T, Mitsumura T, Onishi I, Kimura K, Miya F, Yokobori J, Ohki M, Takamine E, Yoshida M, Tanabe M, Miyake S, Ikeda S. Clinical utility of comprehensive genome profiling using FoundationOne CDx. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18 WEB開催

  14. Kano Y, Noji R, Yamashita Y, Kudo R, Onishi I, Tanimoto K, Miya F, Nakagawa T, Ishikawa T, Uetake H, Kinugasa Y, Tanabe M, Asakage T, Harada H, Okamoto R, Miyake S, and Ikeda S. Detection of RAS mutation in solid cancers using NGS-based genome profiling tests. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18 WEB開催

  15. Kano Y, Noji R, Yamashita Y, Kudo R, Tasaki A, Ohno K, Ariizumi Y, Hirai H, Tomioka H, Shimamoto H, Michi Y, Miura M, Yoshimura R, Asakage T, Harada H, Okamoto R, Miyake S, Ikeda S. using NGS-based genome profiling tests. 第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 2021.02.18 WEB開催

  16. Sato H, Chen P, Ashida M, Tsutsumi Y, Harada H,Hanawa T. Cytocompatibility of new designed Zr-14Nb-5Ta-1Mo alloy with mouse osteoblastic cells. 第3回日本金属学会 2020.12.12 Web開催

  17. 奥山紘平, 鈴木啓司, 鳴瀬智史, 柳本惣市, 梅田正博, 三浦雅彦, 原田浩之. Potent reduction of cell motility on HNSCC induced by cetuximab demonstrates delayed anti-tumor effect . 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

  18. 榊谷振太郎, 井上カタジナアンナ, 高橋和樹, 原田浩之, 渡部徹郎. β2-アドレナリン受容体シグナルを標的とした口腔扁平上皮癌の進行の阻害. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

  19. 佐山勇輔, 武井潤子, 大石智一、金子美華, 川田 学, 加藤幸成. Antitumor activity against breast cancer using a novel anti-TROP2 monoclonal antibody. 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

  20. 武井潤子, 金子美華, 大石智一, 佐山勇輔, 川田 学, 原田浩之, 加藤幸成. Development of a monoclonal antibody against human epidermal growth factor receptor 2 (HER2). 第79回日本癌学会学術総会 2020.10.01 広島

  21. 淺野禎三, 佐山勇輔, 佐野雅人, 武井潤子, 細野秀樹, 金子美華, 加藤幸成. RIEDL tag, a novel peptide tag system is useful for protein purification. 第93回日本生化学会大会 2020.09.16 横浜

  22. 佐野雅人, 淺野禎三, 佐山勇輔, 武井潤子, 細野秀樹, 金子美華, 加藤幸成. DGKzetaに対する新規抗体作製とそのエピトープ解析. 第93回日本生化学会大会 2020.09.16 横浜

  23. Yanagisawa S, Iseki S. Gene expression pattern in osteoblasts derived from craniosynostosis and non-craniosynostosis patients. Gordon Research Conference Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration 2020.02.23 Renaissance Tuscany Il Ciocco Lucca (Barga), Italy

  24. Yoshihiro Sasaki, Ryosuke Mizuta, Naoya Kinoshita, Kazunari Akiyoshi . Intracellular delivery of biologics using magnetically-navigated nanocarrier. 第57回日本生物物理学会年会 2019.9.26 2019.09.26 宮崎

  25. Michi Y, Harada H, Hirai H, Mochizuki Y, Kuroshima T, Shimamoto H, Tomioka H. Okuyama K, Kugimoto T, Ohsako T, Kayamori K.. Diffuse larage B-cell lymphoma with initial presentation in the upper and lower jaws. . 7th world congress of the international academy of oral oncology. 2019.9.1 2019.09.01 Rome Italy.

  26. Takeshi KUROSHIMA, Yasuyuki MICHI, Hiroaki SHIMAMOTO, Hirofumi TOMIOKA, Hideaki HIRAI, Takuma KUGIMOTO, Yumi MOCHIZUKI, Kae TANAKA and Hiroyuki HARADA. Contralateral cervical lymph node metastases in tongue squamous cell carcinoma. 7th world congress of the international academy of oral oncology. 2019.9.1 2019.09.01 Rome Italy.

  27. Manila NG, Sakamoto J, Kurabayashi T, Harada H, Tahmasbi-Arashlow M, Nair MK. Odontogenic myxoma: A case report and literature review. 2019 Joint Conference of IADMFR/AAOMR 2019.08.26 Philadelphia, USA

  28. Naoya Kinoshita, Yoshihiro Sasaki, Riku Kawasaki, Eriko Marukawa, Hiroyuki Harada, Kazunari Akiyoshi. Magnetic delivery of transcription factors to stem cells for muscle regeneration. Society For Biomaterials 2019 Annual Meeting and Exposition 2019.4.3-6 2019.04.03 Seattle

  29. Yuki Takagawa, Yasuyuki Gen, Tomoki Muramatsu, Hiroyuki Harada, Johji Inazawa. Exploring novel tumor suppressive microRNAs in OSCC. ISPCM ANNUAL MEETING 2019 2019.3.12 2019.03.12 Seoul Dongdaemun, Korea

  30. Naoya Kinoshita, Yoshihiro Sasaki, Riku Kawasaki, Eriko Marukawa, Hiroyuki Harada, Kazunari Akiyoshi. Magnetic nanogel delivery of transcription factor to adipose-derived stem cell for muscle tissue regeneration. Kyoto Winter School 2019 "Quantifying Dynamics of Life" 2019.3.11-20 2019.03.11

  31. Kaifeng LUO, Yutaka MARUOKA, Rie KINOSHITA, Teru OKITSU, Libo WU, Nobuyuki TAKAMA, Beomjoon KIM. Modeling of stomatitis in rats and novel treatment using microneedles-based patch. IEEE CPMT Symposium Japan 2018 (ICSJ 2018) 2018.11.19 京都

  32. Hideaki HIRAI, Hirofumi TOMIOKA, Yumi MOCHIZUKI, Takeshi KUROSHIMA, Fumihiko TSUSHIMA, Hiroaki SHIMAMOTO, Hiroyuki HARADA. Clinical Course of Oral Squamous Cell Carcinoma in Patients on Immunosuppressant and Glucocorticoid Therapy. 13th Asian Congress on oral and maxillofacial surgery 2018.11.08 台北

  33. Takeshi KUROSHIMA, Hiroaki SHIMAMOTO, Hirofumi TOMIOKA, Hideaki HIRAI, Yumi Mochizuki, Kae TANAKA and Hiroyuki HARADA. Clinicopathological analysis for N0 tongue squamous cell carcinoma with occult cervical lymph node metastasis. 13th Asian Congress on oral and maxillofacial surgery 2018.11.08 台北

  34. Mari SHIBATA, Yasuyuki MICHI, Hiroyuki HARADA, Tetsuya YODA. Clinical histopathological study on tongue cancer accompanying revisions of the 8th edition of the AJCC/ UICC staging manuals. 13th Asian Congress on oral and maxillofacial surgery 2018.11.08 台北

  35. Eriko MARUKAWA, Narumi OSHIBE, Hiroyuki HARADA, Yoshihiro SASAKI, Kazunari AKIYOSHI. Osteoinduction Using β-TCP and Nanogel-Crosslinking Hydrogel as a Novel Scaffold for BMP-2.. The 12th International BMP Conference 2018.10.24 東京

  36. Hiroaki SHIMAMOTO, Shuhei FUKUDA, Yu OIKAWA, Toshimitsu OSAKO, Takuma KUGIMOTO,Takeshi KUROSHIMA, Hideaki HIRAI, Yumi MOCHIZUKI, Kae TANAKA, Hirofumi TOMIOKA, Hiroyuki HARADA. Clinical analysis of lymph node metastasis of patients with cN0 oral squamous cell carcinoma. 第56回日本癌治療学会 2018.10.18 横浜

  37. Yuki TAKAGAWA, Yasuyuki GEN, Tomoki MURAMATSU, Hiroyuki HARADA, Johji INAZAWA. Exploring novel tumor suppressive microRNAs in OSCC. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27 大阪

  38. Shunsuke ITAI, Tomokazu OHISHI, Mika K. KANEKO, Shinji YAMADA, Shinji ABE, Yasuhiko NISHIOKA, Hiroyuki HARADA, Yukinari KATO. Antitumor activity by ADCC against oral squamous cell carcinomas by anti-podocalyxin antibody. 第77回日本癌学会学術総会 2018.09.27 大阪

  39. Shimada Y, Kawasaki Y, Hagiwara S, Nakamura F, Maruoka Y. Importance of eliminating potential dental focal infection before hematopoietic stem cell transplantation: A retrospective cohort study in Japan. The 14th Biennial Congress of the European Association of Oral Medicine (EAOM) in conjunction with the World Workshop Ⅶ on Oral Medicine 2018.09.27 Gothenburg(Sweden)

  40. Namiaki TAKAHARA, Atsushi KIMURA, Yusuke HIGUCHI, Yuji KABASAWA, Tetsuya YODA, Hiroyuki HARADA. Evaluation Of Postoperative Mandibular Stability After Bimaxillary Surgery For Mandibular Setback And The Clockwise Rotation Of The Proximal Segment. 24th Congress of the European Association for Cranio Maxillo Facial Surgery 2018.09.18 Munich(Germany)

  41. Kaifeng LUO, Yutaka MARUOKA, Rie KINOSHITA, Teru OKITSU, Libo WU, Nobuyuki TAKAMA, Beomjoon KIM. Study on the use of dissolvable microneedles in the treatment of stomatitis. The International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing (PRESM 2018) 2018.07.03 札幌

  42. Naoto NISHII, Hidetake TACHINAMI, Yuta KONDO, Yulong XIA, Yoshihisa KASHIMA, Tatsukuni OHNO, Shigenori NAGAI, Lixin LI, Walter LAU, Hiroyuki HARADA and Miyuki AZUMA. Systemic administration of a TLR7 agonist attenuates regulatory T cells by dendritic cell modification and overcomes resistance to PD-L1 blockade therapy. 15th International symposium on dendritic cells 2018.06.09 Aachen (Germany)

  43. Shunsuke ITAI, Mika K. KANEKO, Shinji YAMADA, Yukinari KATO. A core fucose-deficient anti-podocalyxin antibody exhibits anti-tumor activity via augmented antibody-dependent cellular cytotoxicity in oral squamous cell carcinoma. America association for cancer research(2018) 2018.04.18 Chicago(USA)

  44. Yukinobu TAKAHASHI, Eriko MARUKAWA, Hiroyuki HARADA. The use of a new porous hydroxyapatite-collagen composite in a ridge preservation. 2018 AO Annual Meeting 2018.02.28 Los Angeles(USA)

  45. Shimada Y, Kawasaki Y, Ide K, Sato I, Hagiwara S, Yamada H, Maruoka Y. Differential diagnosis of fever in patients with hematologic malignancy receiving chemotherapy: A retrospective cohort study in Japan. 99th the American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons(AAOMS) Annual Meeting Oct 9-14th 2017 2017.10.09 San Francisco

  46. Uo M, Wada T, Komiya R, Harada H, Sakamoto K, Ikeda T, Yamaguchi A. Trace metallic element accumulation in the sequestrum of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ). 14th International Symposium on Applied Bioinorganic hemistry – ISABC14 June 7-10th 2017 2017.06.07 Toulouse, France

  47. Miyazaki H,Wada Y,Tanaka K,Harada H,Asamura S. Treatment strategies for oral vascular anomalies: Approaches to massive lesions using intralesional laser photocoagulation. European Congress of Laser Dentistry, March 30-April 1 2017. 2017.03.30 Plovdiv

  48. Shimada Y,Nakagawa Y,Ide K,Sato I,Hagiwara S,Yamada H,Kawasaki Y,Maruoka Y . Oral adverse event and the risk factor in patients with hematologic malignancy receiving chemotherapy: A retrospective cohort study in Japan. The 98th Annual Meeting of American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons (AAOMS) Sep 18-23, 2016. 2016.09 Las Vegas

  49. Miyazaki H,Romeo U,Wada Y,Kato J,Tanaka K,Alessandro DV, Maruoka Y, Watanabe H,Harada H,Asamura S. Treatment strategies for large oral vascular anomalies using intralesional laser photocoagulation. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry, July 17-19 2016. 2016.07.17 Aichi

  50. Hidetaka Miyazaki,Umberto Romeo,Yoshitaka Wada,Junji Kato,Kae Tanaka,Alessandro Del Vecchio,Yutaka Maruoka,Hisashi Watanabe,Hiroyuki Harada,Shinichi Asamura. Treatment strategies for large oral vascular anomalies using intralesional laser photocoagulation. The 15th Congress of the World Federation for Laser Dentistry (WFLD) Jul 17-19 2016 2016.07 Nagoya

  51. Takahara N, Kabasawa Y, Tetsumura A, Kurabayashi T, Harada H. Dynamic MR imaging of the temporomandibular joint: a preliminary study. Advanced Digital Technology (ADT) North America & Japan Regional Leadership Groups Conference,June 16-20 2016. 2016.06.16 San Diego

  52. Kabasawa Y, Tsuchida Y, Takahara N, Kamijo S, Suzuki T. :Accuracy of a 3D Model for Surgical Support in Orthognathic Surgery- Efficacy of Data Synthesis with Computed Tomography and Dental Model Scan-. Advanced Digital Technology (ADT) North America & Japan Regional Leadership Groups Conference, June 16-20 2016. 2016.06.16 San Diego

  53. Nishii N, Kondo Y, Li L, Lau W, Hi, Harada H, Azuma M. Combined treatment with PD-L1 blockade and a TLR7/8 agonist dramatically enhances antitumor immunity. AACR2016 2016.04.16 New Orleans, LA, USA Ernest N. Morial Convention Center

  54. Morita K, Naruto T, Tanimoto K, Yasukawa C, Oikawa Y, Masuda K, Imoto I, Inazawa J, Omura K, Harada H. Simultaneous detection of both single nucleotide variations and copy number alterations by next-generation sequencing in gorlin syndrome. The 13th International Congress of Human Genetics, April 3-7 2016 2016.04.03 Kyoto

  55. Marukawa E, Harada H, Sasaki Y, Akiyoshi K. Osteoinduction using β-TCP with Nanogel-crosslinking hydrogel as Nobel scafford for BMP-2. Academy of Osseointegration's 31st Annual Meeting, February 17-20 2016. 2016.02.17 San Diego

  56. Marukawa E, Stricker A, Fleiner J, Flugge TV, Harada H, Schmelzeisen R, Nelson K. The difference in bone resorption between mandibular ramus bone block graft and bone splitting for alveolar ridge augmentation. Academy of Osseointegration's 31st Annual Meeting, February 17-20 2016. 2016.02.17 San Diego

  57. Takada J, Ogawa T, Sato C, Uezono M, Morita M, Moriyama K. A case of Holoprosencephaly with unilateral cleft lip and palate treated with maxillary distraction osteogenesis in adolescence. The 8th International Orthodontic Congress 2015.09.28 London, UK

  58. Morita K, Oikawa Y, Kayamori K, Sakamoto K, Ishikawa S, Inazawa J, Harada H. Targeted resequencing of cancer-related genes in oral cancer. The 34th Sapporo International Cancer Symposium 2015.06.26 Sapporo, Japan

  59. Morita K. Distraction osteogenesis for patients with cleft lip and palate at Tokyo Medical and Dental University. The 56th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Symposium II: DO & Deformity 2015.04.24 Goyang, Korea

  60. Harada H. Prediction of cervical lymph node and distant metastasis in oral carcinoma. TMU-TMDU Joint Symposium 2015 2015.03.14 Tokyo, Japan

  61. Haraguchi M, Yamashiro M, Sumita YI, Mizutani M, Michi Y, Tachikawa N, Kasugai S, Harada H, Harada K, Taniguchi H. Impact factors for chewing function in maxillectomy patients. 38th annual conference of the European prosthodontic association and 21st scientific congress of the Turkish prosthodontic and implantology association 2014.09.26 Istanbul, Turkey

  62. 尾田 誠一郎, 野澤 孝志, 野澤 敦子, 相川 知宏, 丸山 史人, 中川 一路. The Small GTPase Rab30 regulates anti-bacterial autophagy. 第87回日本細菌学会総会 2014年3月26−28日 2014.03.26 東京

  63. Haobam Bijaya, 野澤 孝志,野澤 敦子,尾田 誠一郎,相川 知宏,丸山 史人,中川 一路. Contribution of recycling endosome in Group A Streptococcus induced autophagosome formation. 第87回日本細菌学会総会 2014年3月26−28日 2014.03.26 東京

  64. 井比陽佳, 西井直人, 高坂 光, 釘本琢磨, 平井秀明, 布川祐規, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. Chievitz器官を認めた頬粘膜明細胞癌の1例. 第212回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18 東京

  65. 内藤喬浩, 富岡寛文, 高田嘉宝, 山形優子, 及川 悠, 宮崎英隆, 原田浩之. 頬筋および下顎リンパ節転移を伴った頬粘膜癌の再建に鎖骨上皮弁を用いた1例. 第212回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.12.18 東京

  66. 山形優子, 黒嶋雄志, 西井直人, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 上顎Swing法による腫瘍切除の1例. 第212回日本口腔外科学会 関東支部学術集会 2021.12.18 東京

  67. 時崎詩織, 井上カタジナアンナ, 高橋和樹, 原田浩之, 渡部徹郎. TGF-βを標的とした新規Fc融合タンパク質製剤の開発. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.04 東京

  68. 井神優太, 栢森 高, 坂本 啓, 土谷麻衣子, 池田 通, 原田浩之, 渡部徹郎, 横山三紀. シャペロン依存性オートファジーが口腔扁平上皮癌の浸潤・転移に寄与する分子機序の解明. 第86回口腔病学会学術大会 2021.12.03 東京

  69. 佐藤仁美, 宮島美穂, 樺沢勇司, 富岡寛文, 原田浩之, 武藤仁志, 石田陽菜, 竹内 崇. 高照度光療法を用いた口腔がんのせん妄予防の取り組み. 第34回日本総合病院精神医学会総会 2021.11.19 WEB開催

  70. 道 泰之, 原田浩之. 唾液腺癌の診断と治療Up to date 唾液腺癌の臨床的検討. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.13 千葉市

  71. 野地理夏, 富岡寛文, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌における免疫チェックポイント阻害薬の治療成績. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  72. 福田修平, 森 正次, 中谷 嶺, 原田浩之. 上唇に生じた血管平滑筋腫の1例. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  73. 樋口佑輔, 高田嘉宝, 原田浩之. 集合性歯牙腫を伴う石灰化歯原性囊胞の1例. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  74. 黒嶋雄志, 大迫利光, 釘本琢磨, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 下顎骨に発生した原発性骨内癌の臨床病理学的検討 ~CT画像所見に着目して~. 第66回日本口腔外科学会総会・学術集会 2021.11.12 千葉市

  75. 吉村亮一, 戸田一真, 松原大五郎, 宇佐見絢, 長野拓也, 野島 瞳, 戒田篤志, 渡邊 裕, 三浦雅彦. 新しい小線源治療~Alpha Diffusing Alpha-emitters Radiation Therapy. 第34回日本放射線腫瘍学会学術大会 2021.11.12 WEB開催

  76. 野地理夏, 富岡寛文, 西井直人, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌に対する免疫チェックポイント阻害薬の治療効果の検討. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  77. 清水六花, 津島文彦, 島本裕彰, 富岡寛文, 平井秀明, 釘本琢磨, 原田浩之 . MRONJの臨床的検討. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  78. 富岡寛文, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 当科における治療的頸部郭清術. 第66回口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  79. 平井秀明, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 当科における遊離肩甲骨複合皮弁移植による下顎再建. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  80. 井神優太, 栢森 高, 坂本 啓, 土谷麻衣子, 池田 通, 原田浩之, 渡部徹郎, 横山三紀. シャペロン依存性オートファジーが口腔扁平上皮癌の浸潤に寄与する分子機序の解明. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  81. 津島文彦. これって口内炎?-知っておきたい口腔粘膜の病気ー. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11.12 千葉市

  82. 千葉 朋希、高田 嘉宝、宮崎 貴行、中道 亮、栗本 遼太、松島 隆英、原田 浩之、浅原 弘嗣. 1 細胞 RNA シーケンスによる Mkx ノックアウトラット歯根膜組織の解析. 第8回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2021.11.05

  83. 寺澤和恵, 加藤佑治, 井神優太, 坂本健作, 大竹和正, 渡部徹郎, 横山茂之, 横山三紀. 部位特異的な光架橋と立体障害の導入により明らかになったリソソーム膜の糖タンパク質 LAMP2の複合体形成様式. 第94回日本生化学会大会 2021.11.03 WEB開催

  84. 大山厳雄, 稲葉好則, 道 泰之, 金丸智紀, 久保田真子, 岩﨑拓也, 長谷川和樹. 頰粘膜癌に対し全層植皮を行った症例の臨床的検討. 第66回日本口腔外科学会総会・学術大会 2021.11 千葉市

  85. 原田浩之, 及川 悠,大迫利光,釘本琢磨,平井秀明,富岡寛文,島本裕彰,道 泰之 . 口腔癌の新たな治療戦略. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 横浜市

  86. 釘本琢磨, 及川 悠, 大迫利光, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌の周術期に血栓症を発症した4例. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 横浜市

  87. 島本裕彰, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌レベルIV,V転移症例の検討. 第59回日本癌治療学会学術集会 2021.10.23 横浜市

  88. 戸倉詩織、伊藤奏、高澤維月、大沼由季、足達淑子、原田浩之、野島 瞳、三浦雅彦、吉村亮一、樺沢勇司. 頭頸部がん化学放射線療法中の口腔粘膜炎に対する半夏瀉心湯の含嗽による有効性の検討. 第16回 日本歯科衛生学会 学術大会 2021.09.30 オンライン開催

  89. 佐藤仁美, 宮島美穂, 樺沢勇司, 富岡寛文, 原田浩之, 武藤仁志, 石田陽菜, 竹内 崇. 高照度光療法を用いた口腔がんのせん妄予防の取り組み. 第34回日本サイコオンコロジー学会総会 2021.09.18 WEB開催

  90. 清水六花, 島本裕彰, 釘本琢磨, 大迫利光, 小宮瑠里, 津島文彦, 原田浩之 . 埋伏歯を伴ったSotos症候群の一例. 第55回日本口腔科学会関東地方部学術集会 2021.09.11 横浜市

  91. 津島文彦. 左側上唇粘膜に生じた難治性潰瘍. 第34回日本口腔診断学会・第31回日本口腔内科学会合同学術大会 2021.09.10 千代田区

  92. 佐々木善浩, 小山歩夢, 林 駿哉, 丸川恵理子, 原田浩之, 澤田晋一, 秋吉一成. ナノゲル集積ゲルのマイクロ階層構造制御とバイオ機能評価. 第70回高分子討論会 2021.09.06 WEB開催

  93. 原田浩之. 根治的頸部郭清術変法. 第23回顎顔面手術手技研究会 2021.07.31 WEB開催

  94. 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. 1細胞RNAシーケンスによるMkxノックアウトラット歯根膜組織の解析. 第42回日本炎症・再生医学会 2021.07.07

  95. 千葉朋希、高田嘉宝、宮崎貴行、堤大樹、中道亮、栗本遼太、松島隆英、原田浩之、淺原弘嗣. Mkxノックアウトラット歯根膜組織の1細胞RNAシーケンス解析. 第6回日本骨免疫学会 2021.07.01

  96. 林 駿哉, 佐々木善浩, 澤田晋一, 木下直哉, 丸川恵理子, 原田浩之, 秋吉一成. 細胞サイズのナノゲル架橋マイクロスフィアを人工細胞外マトリックスとするハイブリッド細胞スフェロイドの構築 . 第31回バイオ・高分子シンポジウム 2021.06.24 WEB開催

  97. 野地理夏, 加納嘉人, 平井秀明, 山下大和, 工藤 亮, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 大西威一郎, 三浦雅彦, 吉村亮一, 三宅 智, 池田貞勝, 原田浩之. がんゲノム解析によりニボルマブ耐性機構が示唆された再発頬粘膜癌の一例. 第45回日本頭頸部癌学会総会 2021.06.17 浦安市

  98. 大迫利光, 及川 悠, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 上顎歯肉扁平上皮癌の頸部リンパ節転移に関する臨床病理学的検討. 第45回日本頭頸部癌学会総会 2021.06.17 浦安市

  99. 原口美穂子, 道 泰之, 隅田由香, 原田浩之. 下顎切除により下唇の著しい陥凹が生じ顎義歯により審美性の回復を図った2例. 第45回日本頭頸部癌学会総会 2021.06.17 浦安市

  100. 平井秀明, 横川美咲, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 当科における頬粘膜扁平上皮癌手術症例の臨床病理学的検討. 第45回日本頭頸部癌学会総会 2021.06.17 浦安市

  101. 野島 瞳, 戒田篤志, 三浦雅彦. 放射線照射後に生じる腫瘍細胞の再分布から考える定位放射線治療の生物学的有効性. 第58回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2021.06.04 WEB開催

  102. 時崎詩織, 富岡寛文, 伊澤和倫, 奥山紘平, 釘本琢磨, 田中眞也, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 舌に発生した孔道癌の一例. 第211回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.05.29 東京

  103. 西井直人, 髙川祐樹, 髙橋幸伸, 小井田奈美, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌に対し免疫PD-1阻害抗体:Nivolumab投与効果を予測する新規評価系樹立の取り組み. 第211回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2021.05.29 東京

  104. 林 駿哉,佐々木善浩,澤田晋一,向井貞篤,丸川恵理子,原田浩之,秋吉一成. 多糖マイクロスフィアを基盤とするハイブリッド細胞スフェロイドの構築と機能評価. 第70回高分子学会年次大会 2021.05.26 WEB開催

  105. 武井潤子, 大石智一, 淺野禎三, 川田 学, 加藤幸成. 口腔がんを標的としたコアフコース欠損抗CD44抗体の開発. 第25回日本がん分子標的治療学会学術集会 2021.05.26 WEB開催

  106. 野島 瞳, 戒田篤志, 三浦雅彦. 口腔がんの定位放射線治療における再分布の意義. 第61回日本歯科放射線学会学術大会 2021.05.23 WEB開催

  107. 大迫利光, 平井秀明, 中村 伸, 倉林 亨, 原田浩之. PET/CTを契機に発見された口腔扁平上皮癌における他臓器重複癌の臨床的検討. 第14回口腔顎顔面核医学フォーラム学術集会 2021.05.13 豊中市

  108. Pissacha Daroonpan, 加島義久, 濱垣美和子, 西井直人, 津島文彦, 原田浩之, 池田 通, 東みゆき. マルチプレックス免疫組織染色による舌扁平上皮癌の免疫プロファイリング解析. 第75回日本口腔科学会学術集会 2021.05.12 豊中市

  109. 及川 悠, 島本裕彰, 大迫利光, 釘本琢磨, 平井秀明, 富岡寛文, 津島文彦, 生田 稔, 坂本 啓, 池田 通, 原田浩之. 小唾液腺由来の基底細胞腺癌3例の検討. 第75回日本口腔科学会学術集会 2021.05.12 豊中市

  110. 込山拓也, 黒嶋雄志, 原田浩之. 舌扁平上皮癌におけるSam68の役割. 第75回日本口腔科学会学術集会 2021.05.12 豊中市

  111. 樺沢勇司, 伊藤 奏, 戸倉詩織, 高澤維月, 木村里緒, 中西桃子, 秋山喜久江, 大沼由季, 足達淑子, 小宮瑠里, 野島 瞳, 原田浩之, 三浦雅彦, 吉村亮一. 頭頚部がん放射線化学治療中の口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の臨床的検討. 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021.04.18 東京

  112. 髙坂 光, 向山 仁, 渡邉貴子, 上野優美, 黒高 恵, 中島雄介, 原田浩之, 川島麻美. 横浜市立みなと赤十字病院における入退院支援センターを通じた周術期口腔機能管理の取り組み. 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021.04.17 東京

  113. 望月裕美, 金子 葵, 津島文彦, 道 泰之, 樺沢勇司, 原田浩之. 口腔乾燥感に対するローヤルゼリーサプリメントの効果の検討. 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021.04.17 東京

  114. 高田嘉宝, 片岡健輔, 千葉朋希, 栗本遼太, 原田浩之, 浅原弘嗣. シングルセルRNAシークエンスによる歯根膜細胞の解析. 第33回軟骨代謝学会 2021.03.26 WEB開催

  115. 武井潤子, 金子美華, 大石智一, 淺野禎三, 川田 学, 原田浩之, 加藤幸成. CD44を発現する口腔がんを標的とした抗体医薬の開発. 第94回日本薬理学会年会 2021.03.09 札幌市

  116. 黒嶋雄志, 小野里祐佑, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 三浦雅彦, 吉村亮一, 原田浩之. 舌扁平上皮癌における舌リンパ節転移の臨床病理学的検討. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.29 WEB開催

  117. 奥山紘平, 加島義久, 平井秀明, 横川美咲, 山形優子, 道 泰之, 富岡寛文, 土谷麻衣子, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 硬口蓋に発生した上皮筋上皮癌の2例 . 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.29 WEB開催

  118. 横川美咲, 釘本琢磨, 平井秀明, 原田浩之. 下顎病変を契機に診断された 成人型ランゲルハンス細胞組織球症の1例. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  119. 野島 瞳, 戒田篤志, 三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞を用いた定位放射線治療の効果とG2アレストの関連性の検討. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  120. 野地理夏, 加納嘉人, 山下大和, 工藤 亮, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 三浦雅彦, 吉村亮一, 朝蔭孝宏, 三宅 智, 池田貞勝, 原田浩之. 口腔癌に対するがんゲノム解析と臨床的有用性. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  121. 井神優太, 栢森 高, 坂本 啓, 土谷麻衣子, 池田 通, 原田浩之, 渡部徹郎, 横山三紀. 口腔扁平上皮癌細胞の運動におけるシャペロン依存性オートファジーの役割. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  122. 小林太一, 林 孝文, 田沼順一, 小椋一朗, 岡田康男, 湯浅賢治, 白石朋子, 有地淑子, 杉田好彦, 富岡寛文, 小西 勝 . 共同研究委員会 WG3(口腔癌 DOI の画像評価)の進捗報告 . 第39回日本口腔腫瘍学会総会 2021.01.28 WEB開催

  123. 道 泰之, 加地博一, 栢森 高, 坂本潤一郎, 原田浩之. 下顎に発生した高悪性度B細胞リンパ腫の1例. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  124. 原田浩之. Partial maxillary swing approach. 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021.01.28 WEB開催

  125. 山形優子, 釘本琢磨, 平井秀明, 大迫利光, 西井直人, 武井潤子, 栢森 高, 池田 通, 原田浩之. 口底に発生した巨大な低悪性度粘液型脂肪肉腫の1例. 第210回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2020.12.19 東京

  126. 榊谷振太郎, 井上カタジナアンナ, 高橋和樹, 原田浩之, 渡部徹郎. β2アドレナリン受容体シグナルは口腔がんの悪性化を抑制する. 第85回口腔病学会学術大会 2020.12.04 東京

  127. 釘本琢磨, 島本裕彰, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌における郭清野内再発の臨床的検討. 第65回口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  128. 富岡寛文, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌に対し免疫チェックポイント阻害薬を使用した16例の検討. 第65回口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  129. 西井直人, 髙川祐樹, 髙橋幸伸, 小井田奈美, 原田浩之. 同時性口腔多発癌における全エクソーム解析によるClonality分析. 第65回口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  130. 杉山健太郎, 丸川恵理子, 寺内正彦, 兵頭克弥, 原田浩之, 依田哲也. ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体による顎堤保存と骨造成に関する臨床的検討. 第65回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  131. 道 泰之, 加地博一, 土谷麻衣子, 栢森 高, 坂本潤一郎, 依田哲也, 原田浩之. 下顎に発生したMixed phenotype acute leukemia/lymphomaの1例. 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  132. 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 下顎半側切除症例の臨床的検討. 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  133. 兵頭克弥, 丸川恵理子, 寺内正彦, 杉山健太郎, 高橋幸伸, 原田浩之, 依田哲也. ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体を用いた上顎洞底挙上術に関する臨床的検討. 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020.11.13 名古屋

  134. 44. 富岡寛文, 及川 悠, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 口腔扁平上皮癌に対し免疫チェックポイント阻害薬を使用した16例の検討. 第65回口腔外科学会総会学術大会 2020.11.13 名古屋市

  135. 島本裕彰, 及川 悠, 釘本琢磨, 平井秀明, 道 泰之, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌pN1症例の検討. 第58回日本癌治療学会学術大会 2020.10.22 京都

  136. 中谷 嶺, 森 正次, 尾田誠一郎, 福田修平, 原田浩之. 上顎歯肉に発生した膿原性肉芽腫の1例. 第45回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2020.10.10 Web開催

  137. 宮﨑英隆, 猪狩公宏, 久米川慎治, 原田浩之, 工藤敏文, 河野憲司, 朝村真一. 歯科・口腔外科領域におけるレーザーの応用 インドシアニングリーン蛍光血管造影による皮弁血流の評価法. 第41回日本レーザー医学会総会 2020.10.09 高知

  138. 上杉篤史,津島文彦,宮本洋次. 大根おろしによる口腔アレルギー症候群の1例. 第33回日本口腔診断学会・第30回日本口腔内科学会・第13回日本口腔検査学会合同学術大会 2020.10.05 東京

  139. 佐々木善浩, 木下直哉, 林 駿哉, 澤田晋一, 丸川恵理子, 原田浩之, 秋吉一成. 筋組織再生に向けたナノゲル架橋ポーラスゲルの設計と機能評価. 第69回高分子討論会 2020.09.18 岩手

  140. 野地理夏, 島本裕彰, 横川美咲, 石田尚子, 柏森 高, 池田 通, 原田浩之. 舌に発生した軟骨性分離腫の一例. 第54回日本口腔科学会関東地方部会学術集会 2020.09.12 東京

  141. 小宮瑠里, 富岡寛文, 横川美咲, 大迫利光, 島本裕彰, 坂本 啓, 池田 通, 原田浩之. 3歳女児の頬部に発生した結節性筋膜炎の1例. 第54回日本口腔科学会関東地方部会学術集会 2020.09.12 東京

  142. 佐々木善浩, 木下直哉, 林 駿哉, 澤田晋一, 丸川恵理子, 原田浩之, 秋吉一成. しなやかな生体組織「筋肉」を再生するための多孔性テーラーメードゲル材料を開発. 第69回高分子討論会 2020.09.09 Web開催

  143. 原田浩之, 富岡寛文, 及川 悠, 小宮瑠里, 野地理夏, 時崎詩織, 坂本潤一郎, 倉林 亨, 栢森 高, 池田 通. 舌癌および下顎歯肉癌のDOI. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.06 大阪

  144. 横川美咲, 富岡寛文, 野地理夏, 望月裕美, 原田浩之. 上下顎歯肉に転移した大腸癌の1例. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.06 大阪

  145. 遠山皓基, 加納嘉人, 青柳康子, 松寺翔太郎, 大野十央, 有泉陽介, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 吉村亮一, 朝蔭孝宏, 原田浩之, 三宅 智, 三浦雅彦, 池田貞勝. 再発・転移頭頸部癌に対するがんゲノムリアルワールド解析と有用性. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.06 大阪

  146. 島本裕彰, 道 泰之, 横川美咲, 奥山紘平, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 吉村亮一, 三浦雅彦, 原田浩之. 口唇扁平上皮癌症例の臨床的検討 . 第44回日本頭頸部癌学会総会 2020.06.05 大阪

  147. 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 下顎半側切除症例の臨床的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05 大阪

  148. 黒嶋雄志, 横川美咲, 大迫利光, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 上顎歯肉扁平上皮癌の臨床病理学的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05 大阪

  149. 平井秀明, 横川美咲, 及川 悠, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 三浦雅彦, 吉村亮一, 原田浩之. 舌扁平上皮癌Stage I・II症例における小線源治療の臨床的検討. 第44回日本頭頸部癌学会 2020.06.05 大阪

  150. 林 駿哉, 久保博嵩, 佐々木善浩, 澤田晋一, 向井貞篤, 丸川恵理子, 原田浩之, 秋吉一成. 細胞スキャホールドとしての多糖マイクロスフィアの構築と機能評価. 第69回高分子学会年次大会 2020.05.28 福岡

  151. 中谷 嶺, 森 正次, 尾田誠一郎, 福田修平, 原田浩之. 上顎歯肉に発生した膿原性肉芽腫の1例. 第45回日本口腔外科学会中部支部会学術集会 2020.05.23 名古屋

  152. 加島義久, 立浪秀剛, 原田浩之, 東みゆき. マウス舌癌モデルでのがん微小環境における癌細胞とT細胞プロファイル解析. 第74回口腔科学会学術集会 2020.04.15 新潟

  153. 尾田誠一郎, 森 正次, 松下善彦, 武元 徹, 原田浩之, 伊東 哲. 先天型筋強直性ジストロフィー患者の全身麻酔下での抜歯経験. 第29回日本有病者歯科医療学会 2020.03.01 神戸

  154. 原田浩之. 口腔癌進展例に対する手術療法. 第46回北海道頭頸部腫瘍研究会 2020.02.15 札幌

  155. 下野宏晃, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 放射線感受性における細胞周期依存性の検証: Fucciシステムと微小核試験によるアプローチ. 第22回 菅原・大西記念 癌治療増感シンポジウム 2020.02.08 奈良

  156. 野島 瞳, 本間久雄, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. ヒト舌癌細胞におけるCHK1とWEE1の阻害剤が及ぼす細胞周期動態への影響. 第22回 菅原・大西記念 癌治療増感シンポジウム 2020.02.08 奈良

  157. 坂本潤一郎, 渡邊 裕, 田口美晴, 栗林亜実, 持田薫利, 原田浩之, 倉林 享. 咀嚼筋隙腫瘍が鑑別診断となった歯原性角化嚢胞の1例. 第230回日本歯科放射線学会関東地方会 2020.01.25 東京

  158. 柴田恵里, 奥山紘平, 道 泰之, 黒嶋雄志, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之. 肺転移に対し外科的切除を施行した下顎骨原発骨肉腫の1例 . 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  159. 高坂 光, 平井秀明, 大迫利光, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 遊離皮弁の鬱血に対し医療用leechを用いた11例の臨床的検討. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  160. 榊谷振太郎, 井上カタジナアンナ, 黒嶋雄志, 富岡寛文, 坂本 啓, 池田 通, 原田浩之, 渡部徹郎. 口腔扁平上皮癌細胞の悪性化を制御する転写因子の同定. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  161. 平井秀明, 横川美咲, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 当科における上顎洞扁平上皮癌症例の臨床病理学的検討. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  162. 野島 瞳, 小野里祐佑, 戒田篤志, 原田浩之, 三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞に対するCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  163. 道 泰之, 原田浩之. 口腔がん治療における整容面の問題点について. パネルディスカッション リハビリメイクから再建を考える(未来の美). 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  164. 及川 悠, 小村 健. 下顎に発生し頸部リンパ節転移を認めた炎症性筋線維芽細胞性腫瘍の1例. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  165. 伊澤和倫, 佐藤 昌, 原田浩之. 顎口腔領域転移性腫瘍8例の臨床的検討. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  166. 富岡寛文, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 遊離組織移植による舌再建症例の術後機能評価. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  167. 石井良昌, 波多野典子, 盛田健司, 原田浩之. 神奈川県 海老名市歯科医師会における口腔がん検診. 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020.01.23 東京

  168. 7. 富岡寛文, 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之.. 遊離組織移植による舌再建症例の術後機能評価. 第38回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2020.01.23 東京

  169. 上杉篤史、津島文彦、奥山紘平、佐藤百合子、富岡寛文、道 泰之、原田浩之. 下顎歯肉癌に合併した類天疱瘡の1例. 第208回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2019.12.14 2019.12.14 神奈川

  170. 野島 瞳、小野里祐佑、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔扁平上皮癌細胞におけるCHK1、WEE1阻害剤処理後の細胞周期動態. 第84回口腔病学会学術大会 2019.12.7 2019.12.07 東京都

  171. 金子 葵, 丸川 恵理子, 原田 浩之. nano-HAを用いたinjectableな骨補填材としての有用性の検討. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.26 2019.11.26 茨城県つくば市

  172. 木下 直哉、佐々木 善浩、廣瀬 諒、丸川 恵理子、澤田 晋一、向井 貞篤、原田 浩之、秋吉 一成. 舌筋組織再生へ向けたナノゲル架橋ポーラスゲルの開発. 第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019.11.26 2019.11.26

  173. 小井田奈美. HIVの口腔病変について. 令和元年度HIV感染者AIDS患者の在宅医療介護の環境整備事業HIV実地研修 2019.11.25-28 2019.11.25 山梨

  174. 柴田恵里, 森田圭一, 栢森 高, 横川美咲, 外内えり奈, 及川 悠, 安西絵梨, 原園陽介, 道 泰之, 池田 通, 原田浩之, 依田哲也. 唾液腺の分泌癌(secretory carcinoma)の診断におけるMammaglobinとETV6 splitとの関連性についての検討. 第64回日本人類遺伝学会 2019.11.8 2019.11.08 長崎

  175. 道 泰之, 富岡寛文, 平井秀明, 望月裕美, 黒嶋雄志, 島本裕彰, 渡邊 裕, 栢森 高,依田哲也, 原田浩之.. 上・下顎に初発症状を呈したびまん性大細胞性B 細胞リンパ腫の検討. . 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  176. 井神優太、黒嶋雄志、上杉篤史、今井秀樹、土谷麻衣子、池田 通、原田浩之. 下顎骨関節突起に発生した軟骨芽細胞腫の一例. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  177. 奥山紘平,道 泰之,富岡寛文,島本裕彰,黒嶋雄志,柴田恵里,柳本惣市,梅田正博,依田哲也,原田浩之. AYA世代口腔扁平上皮癌患者における臨床的検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  178. 島本裕彰,横川美咲,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 遊離肩甲骨皮弁における下顎再建. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  179. 及川 悠, 釘本琢磨, 佐藤百合子, 小村 健. 抗血栓薬療法中患者における抜歯の検討. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  180. 津島文彦. 若手口腔外科医のための口腔粘膜疾患の診断と治療. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  181. 清水梨沙、津島文彦、原田浩之. NSAIDsによる固定薬疹の1例. 第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 2019.10.25-27 2019.10.25 札幌市

  182. 上杉篤史、津島文彦、原田浩之. Laugier-Hunziker-Baran 症候群の1例. 第12回日本口腔検査学会、第30回日本臨床口腔病理学会,第29回日本口腔内科学会,第32回日本口腔診断学会合同学術大会 2019.9.20-23 2019.09.20 東京

  183. 尾田誠一郎,森 正次,原田浩之. 頬粘膜に歯ブラシが刺入し経過中に感染をきたした小児の1例. 第12回日本口腔検査学会、第30回日本臨床口腔病理学会,第29回日本口腔内科学会,第32回日本口腔診断学会合同学術大会 2019.9.20-23 2019.09.20 東京

  184. 武井潤子、金子美華、山田慎二、大石智一、川田 学、原田浩之、加藤幸成. Development of monoclonal antibodies against a cancer stem cell marker CD133. 第92回 日本生化学会大会 2019.9.18-20 2019.09.18 横浜

  185. 原田浩之. そうか!お口の中をチェックしよう!〜口腔がんをよく知ろう、口腔がんの予防と早期発見〜 . 東京保険医協会 良い歯 夏の講演会 2019.7.21 2019.07.21 東京

  186. 原田浩之. この機会に再確認しよう! 口腔粘膜疾患と口腔癌 . 文京区歯科医師会学術講演会 2019.7.17 2019.07.17 文京区シビックホール

  187. 佐々木 善浩、水田 涼介、河崎 陸、木下 直哉、秋吉 一成. 磁気誘導エクソソームデリバリーによる細胞分化誘導と細胞治療への応用. 第35回日本DDS学会学術集会 2019.7.5 2019.07.05 横浜

  188. 木下 直哉、佐々木 善浩、河崎 陸、丸川 恵理子、原田 浩之、秋吉 一成. 転写因子タンパク質デリバリーによる筋分化誘導と舌筋組織再生への応用. 第35回日本DDS学会学術集会 2019.7.5 2019.07.05 横浜

  189. 原田浩之. 気管切開術・頸部郭清術. 第8回日本口腔外科学会キャダバーサージカルトレーニング(名古屋)2019.6.22-23 2019.06.22 名古屋

  190. 富岡 寛文, 西井 直人, 大迫 利光, 釘本 琢磨, 黒嶋 雄志, 平井 秀明, 望月 裕美, 島本 裕彰, 道 泰之, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌における遠隔転移症例の検討. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢市

  191. 奥山紘平,柳本惣市,鳴瀬智史,柚鳥宏和,石田 優,梅田正博. AYA世代口腔がん患者における臨床的検討. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢市

  192. 望月 裕美,釘本 琢磨, 黒嶋 雄志, 道 泰之, 坂本 啓, 大山 潤, 池田 通, 明石 巧, 原田 浩之. 左鎖骨上窩リンパ節転移を初発として診断された非頭頚部領域原発癌の4例. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢市

  193. 西井直人,島本裕彰,横川美咲,佐藤百合子,佐藤 潔, 大畑八重,栢森 高,池田 通,原田浩之. 上顎に転移した腎細胞癌の1例. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 石川

  194. 原口美穂子、道 泰之、柴田真里、大山巌雄、隅田由香、原田浩之. 下顎区域切除術後患者の咀嚼機能と満足度に関する前向き研究. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢

  195. 中溝宗永、太田嘉英、茶薗英明、中村和正、原田浩之、藤本保志、吉本世一、西村恭昌、林 隆一、福田 諭、丹生健一. 頭頸部悪性腫瘍登録の院内がん登録全国集計に対するカバー率. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢

  196. 原田浩之, 島本裕彰、富岡寛文、平井秀明、及川 悠、板井俊介. 肩甲骨による下顎再建. 第43回日本頭頸部癌学会 2019.6.13-14 2019.06.13 金沢

  197. 野島 瞳、本間久雄、戒田篤志、原田浩之、三浦雅彦. 口腔がん細胞株におけるCHK1、WEE1阻害剤感受性と細胞周期動態への影響. 第57回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会 2019.6.7 2019.06.07 弘前市

  198. 樋口佑輔,道泰之,釘本琢磨,林駿哉,原田浩之. 上顎大臼歯部に発生した腺性歯原性嚢胞の1例. 第207回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2019.5.18 2019.05.18 東京都港区

  199. 釘本琢磨, 大迫利光, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 外科治療を行った放射線性下顎骨骨髄炎の臨床的検討 . 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.4.19-21 2019.04.19 川崎市

  200. 望月 裕美,釘本 琢磨, 道 泰之, 大山 潤, 坂本 啓, 原田 浩之. 舌癌を初期症状として診断された胃腺癌舌転移の1例. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.4.19-21 2019.04.19 川越市

  201. 野島 瞳. 病理組織標本作製過程における組織の寸法変化に関する検討. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.4.19-21 2019.04.19 川越市

  202. 加島 義久、立浪 秀剛、原田 浩之、東 みゆき. マウス舌癌モデルの樹立と免疫組織学的解析. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.4.19-21 2019.04.19 埼玉県川越市

  203. 中谷 嶺,佐藤 百合子,原田 浩之. 顎骨内に生じた腺性歯原性嚢胞の4例. 第73回日本口腔科学会学術集会 2019.4.19-21 2019.04.19 埼玉

  204. 原田浩之. 頸部郭清術. 第6回岡山大学臨床解剖口腔外科手術手技研究会 2019.2.9-10 2019.02.09 岡山

  205. 栗林亜実, 坂本潤一郎, 富里 博, 栢森 高, 原田浩之, 倉林 亨. 硬組織形成を認めた顎骨腫瘍の2例. NPO法人日本放射線学会 第228回関東地方会 2019.01.26 千葉県松戸市

  206. 柴田恵里、森田圭一、栢森 高、及川 悠、道 泰之、池田 通、原田浩之. 腺房細胞癌と診断された症例におけるETV6-NTRK3 融合遺伝子検索.. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  207. 大迫利光, 釘本琢磨, 黒嶋雄志, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 富岡寛文, 島本裕彰, 道 泰之, 原田浩之. 上顎歯肉扁平上皮癌T4症例の臨床的検討. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  208. 山形優子,小井田奈美,三澤常美,原田浩之. 上顎骨に発生した孤立性形質細胞腫の一例. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  209. 三澤常美,山形優子,小井田奈美. 当科28年の口腔癌の統計 治療法と治療成績. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  210. 横川 美咲、森田 圭一、及川 悠、栢森 高、坂本 啓、池田 通、原田 浩之. 口腔扁平上皮癌患者におけるEGFRおよびMET発現の検証. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  211. 箱山友祐,山田慎一,横関麻里,田中宏和,長谷川 巧,奥山紘平,山川延宏,大倉正也,柳本惣市,古森孝英,桐田忠昭,梅田正博,栗田 浩. 口腔扁平上皮癌を有する高齢者に対するG8スクリーニングツールの臨床的意義. 第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019.1.24-25 2019.01.24 長崎市

  212. 井神優太,富岡寛文,上杉篤史,今井英樹,石田尚子,池田 通,原田浩之. 上顎骨に発生した骨肉腫の一例. 第206回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.12.15 東京

  213. 上杉篤史,原田浩之,今井英樹. 副耳下腺に生じた多形腺腫の1例. 第206回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.12.15 東京

  214. 森 香菜子,島田泰如,船木雅子,丸岡 豊. 智歯周囲炎を契機に広範な骨髄炎を生じた顎骨骨幹異形成症の一例. 第206回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.12.15 東京

  215. 持田薫利,今井英樹,原田浩之,坂本 啓,池田 通. 口底部に認めた嚢胞腺癌の1例. 第206回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.12.15 東京

  216. 長岡亮介,道 泰之,和田あかね,池田 通,原田浩之,依田哲也. 急激な増大傾向を示した顎下腺原発唾液腺導管癌の1例. 第206回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.12.15 東京

  217. 原田浩之. 口腔癌進展例に対する手術療法. 中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム 第10回歯科・口腔外科インテンシブコース 2018.12.09 岡山

  218. 望月裕美,丸川恵理子,中谷 嶺,木下直哉,中村 伸,原田浩之,倉林 亨. 下顎骨に移植された肩甲骨骨弁における頬舌径,高径の経時的変化の検討. 第22回 日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 2018.12.01 東京

  219. 押部成美,丸川恵理子,宇尾基弘,依田哲也,原田浩之. 異なる遠心分離条件・凝固系で作製した血漿とフィブリンの比較検討. 第10回PRP療法研究会(共催:第8回DDS再生医療研究会) 2018.11.18 大阪

  220. 原田浩之. 口腔癌進展例に対する手術療法. 第19回長野県歯科口腔外科協議会 2018.11.17 甲府

  221. 小野里祐佑,大内邦枝,生田 稔. 海綿状血管腫内に位置する埋伏歯をLIC治療下で抜歯した1例. 第54回日本赤十字社医学会総会 2018.11.15 名古屋

  222. 木下直哉,佐々木善浩,河崎 陸,丸川恵理子,原田浩之,秋吉一成. 筋組織再生へ向けた磁気誘導タンパク質デリバリーによる脂肪由来幹細胞の分化誘導. 第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018.11.12 神戸

  223. 安田早芳,近藤順子,黒川 仁,島田泰如,塚田訓久,菊池 嘉,岡 慎一,丸岡 豊. 国立国際医療研究センター病院における医療者向けHIV研修(ACC研修)歯科コースについて. 第72回国立病院総合医学会 2018.11.10 仙台

  224. 林 駿哉,富岡寛文,安川知里,大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,原田浩之. 顎骨に発生した毛細血管腫の1例. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.04 千葉

  225. 上杉篤史,津島文彦,今井英樹,原田浩之. 口内炎を契機に診断された第二期梅毒の1例. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.04 千葉

  226. 平井秀明,大迫利光,望月裕美,黒嶋雄志,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,道 泰之,依田哲也,原田浩之. 術後頸部照射50gyおよび60Gyの比較検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  227. 釘本琢磨,島本裕彰,平井秀明,田中香衣,富岡寛文,原田浩之,栢森 高,池田通. 当科で加療した骨肉腫4例の臨床的検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  228. 池田英恵,島田泰如,黒川 仁,丸岡 豊. Visual Analogue Scale(VAS)を用いた顎矯正手術の患者アセスメント. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  229. 今村真弓,島田泰如,黒川 仁,丸岡 豊. 顎変形症患者における術後嘔気嘔吐(PONV)に関連する因子の検討. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  230. 柴田恵里,道 泰之,三浦千佳,倉沢泰浩,外内えり奈,原田浩之,依田哲也. 80歳以上の高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  231. 高原楠旻,木村 敦,樋口佑輔,樺沢勇司,依田哲也. Le Fort I 型骨切り術における骨片移動の精度に ついて. 第63回 日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  232. 中谷 嶺,丸川恵理子,望月祐美,木下直哉,中村 伸,倉林 亨,原田浩之. 肩甲骨骨弁における頬舌径・高さの経時的変化. 第63回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 幕張

  233. 望月裕美,横川美咲,大迫利光,釘本琢磨,黒嶋雄志,平井秀明,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 血管柄付遊離皮弁移植例における合併症の有無と血液検査データとの関連. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  234. 大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 唾液腺導管癌3例の臨床的検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  235. 美久月瑠宇,須賀隆行,青田宥馬,川﨑カオル,篠原優貴子,島本裕彰,池 田通,原田浩之,豊福 明. 舌痛症と鑑別を要した口底癌の1例. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  236. 清水梨沙,島本裕彰,佐藤 潔,黒嶋雄志,平井秀明,富岡寛文,原田浩之,吉村亮一. 妊娠に合併した舌癌症例の検討. 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018.11.02 千葉

  237. 安川知里,津島文彦,清水梨沙,尾田誠一郎,佐藤 潔,上杉篤史,佐藤 昌,櫻井仁亨,原田浩之. 類天疱瘡の診断・治療に関する検討. 第28回日本口腔内科学会第31回日本口腔診断学会合同学術大会 2018.09.14 横浜

  238. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,松本佳奈子,佐藤 潔,安川知里,原田浩之. 口内炎を契機に診断された第二期梅毒の1例. 第28回日本口腔内科学会第31回日本口腔診断学会合同学術大会 2018.09.14 横浜

  239. 吉江佑介,島田泰如,藤谷順子,丸岡 豊. 咀嚼・食塊形成能力が嚥下に与える影響に関する研究. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 2018.09.09 仙台

  240. 津島文彦,原田浩之. 歯科領域における口腔カンジダ症の現状と問題点. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 2018.09.08 東京

  241. 原田浩之,富岡寛文,島本裕彰,平井秀明,田中香衣,黒嶋雄志. 舌癌における新TNM分類(第8版)の改定点と問題点 –T分類について.. 第42回頭頸部癌学会 2018.06.14 東京

  242. 原口美穂子,吉村亮一,原田浩之,島本裕彰,道 泰之,隅田由香,谷口 尚. 放射線性骨髄炎により上顎欠損が生じ顎義歯により機能回復を図った2例. 第42回日本頭頸部癌学会 2018.06.14 新宿

  243. 島本裕彰,及川 悠,大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,原田浩之. 下顎区域切除1ヶ月以上経過後に患側の顎関節脱臼をきたした2例. . 第42回頭頸部癌学会 2018.06.14 東京

  244. 富岡寛文,及川 悠,大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,望月裕美,田中香衣,島本裕彰,原田浩之. 下顎再建プレート破折後の常温重合レジンを用いたプレート交換法.. 第42回頭頸部癌学会 2018.06.14 東京

  245. 黒嶋雄志,及川 悠,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 舌扁平上皮癌N0症例の頸部後発転移に関する臨床病理学的検討. . 第42回頭頸部癌学会 2018.06.14 東京

  246. 中溝宗永,太田嘉英,茶園英明,中村和正,原田浩之,藤本保志,吉本世一,西村恭昌,林 隆一,福田 諭. 頭頸部悪性腫瘍全国登録の報告ー悪性腫瘍登録委員会ー. 第42回日本頭頸部癌学会 2018.06.14 新宿

  247. 島本裕彰,上杉篤史,西井直人,及川 悠,富岡寛文,廣田由佳,栢森 高,池田 通,原田浩之. 急速に進行したG-CSF産生舌扁平上皮癌の1例. 第205回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.05.26 甲府

  248. 佐藤 潔,丸川恵理子,坂本 啓,原田浩之. 8歳女児の上顎に発生し歯牙エナメル上皮腫と診断されたまれな歯原性腫瘍の1例. 第205回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.05.26 甲府

  249. 船木雅子,田山道太,島田泰如,木村友美,今村真弓,吉江佑介,丸岡 豊. 口腔粘膜への進展が疑われた正角化性歯原性嚢胞の一例. 第205回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2018.05.26 甲府

  250. 及川 悠,大迫利光,望月裕美,黒嶋雄志,平井秀明,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 口腔癌における外側咽頭後リンパ節転移の臨床的検討.. 第72回日本口腔科学会学術集会 2018.05.11 愛知

  251. 安川知里,島本裕彰,角倉可奈子,平井秀明,高原楠旻,佐藤百合子,富岡寛文,津島文彦,丸川恵理子,原田浩之. 当科における薬剤関連顎骨壊死に関する外科療法の臨床的検討. 第72回日本口腔科学会学術大会 2018.05.11 名古屋

  252. 平井秀明,大迫利光,望月裕美,黒嶋雄志,富岡寛文,島本裕彰,炭野 淳,大山厳雄,道 泰之,原田浩之. 術後頸部照射における総線量50Gyおよび66Gyの比較検討. . 第72回日本口腔科学会学術集会 2018.05.11 愛知

  253. 佐藤百合子,平井秀明,津島文彦,角倉可奈子,安川知里,原田浩之. 慢性活動性EBウイルス感染症患者における下顎骨骨髄炎の1例. 第72回日本口腔科学会学術集会 2018.05.11 名古屋

  254. 高橋幸伸,富岡寛文,及川 悠,平井秀明,原田浩之. 下顎骨に発生した巨大な歯原性粘液腫の1例. 第72回日本口腔科学会学術集会 2018.05.11 名古屋

  255. 丸川恵理子,石田優馬,押部成美,木下直哉,原田浩之. ラット頭蓋冠骨欠損モデルにおけるPPPとPRFが骨形成に及ぼす影響. 第17回日本再生医療学会総会 2018.03.21 横浜

  256. 下野宏晃,島本裕彰,大迫利光,平井秀明,高原楠旻,富岡寛文,栢森 高,池田 通,原田浩之. 下顎骨嚢胞から発生したと考えられる下顎骨中心性癌の1例. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  257. 平井秀明,横川美咲,及川 悠,大迫利光,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,栢森 高,原田浩之. 顎口腔領域に生じた粘表皮癌34例の臨床病理学的検討. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  258. 島本裕彰,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,栢森 高,池田 通,原田浩之. 多型腺腫由来癌5例の臨床的検討. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2018.01.25 新潟

  259. 大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 瀉血療法により遊離前腕皮弁が生着した1例.. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.01.25 新潟

  260. 富岡寛文,大迫利光,黒嶋雄志,平井秀明,望月裕美,田中香衣,島本裕彰,原田浩之. 当科で加療した悪性黒色腫6例の検討.. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.01.25 新潟

  261. 小野里祐佑,生田 稔,原田浩之. 口腔への転移性癌の3例. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.01.25 新潟

  262. 山形優子,松川 祥,三澤常美,原田浩之. 口蓋に発生した唾液腺導管癌の一例. 第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2018.01.25 新潟

  263. 上杉篤史,原田浩之,今井英樹. 頬骨弓に生じたossifying fibromaの1例. 第204回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2017年12月16日 2017.12.16 東京

  264. Nishii N, Tachinami H, Kashima Y, Kondo Y, Harada H, Azuma M. Systemic administration of low dose TLR7 agonist augments antitumor responses in the PD-1 checkpoint blockade-resistant and regulatory T cell-dominant murine tumor models. 第46回日本免疫学会 2017.12.12 仙台市

  265. 高橋幸伸,丸川恵理子,原田浩之. 上顎洞底挙上術における多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体の使用経験. 第21回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 2017年12月9-10日 2017.12.09 富山市

  266. 泉福英信,有家 巧,丸岡 豊,富永 燦,宇佐美雄司,吉村和久. HIV感染者における唾液M-CSFと口腔微生物量の意義. 第31回日本エイズ学会学術集会総会 2017年11月26日 2017.11.26 東京

  267. 宇佐美雄司,萩野浩子,丸岡 豊,横幕能行. 歯科大学・歯学部病院におけるHIV感染者の受入れ状況に関する全国調査. 第31回日本エイズ学会学術集会総会 2017年11月26日 2017.11.26 東京

  268. 押部成美,丸川恵理子,原田浩之. 生体分解性WE43マグネシウム合金のin vivoにおける長期検討. 第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017年11月21-22日 2017.11.21 東京

  269. 丸岡 豊,田山道太,黒川 仁,島田泰如,近藤順子,安田早芳,吉江祐介,墓田真弥,宮澤貴裕,高鍋雄亮,宮崎英隆. Nd:YAGレーザー組織内照射法を用いた顎顔面血管腫に対する減量術. 第71回国立病院総合医学会 2017年11月11日 2017.11.11 高松市

  270. 近藤順子,華房里衣,溝部潤子,宮浦朗子,藤倉弓子,中川裕美子,丸岡 豊,宇佐美雄司. 国立病院機構等のエイズ診療拠点病院における歯科衛生士の勤務実態調査 第1報:勤務状態について. 第71回国立病院総合医学会 2017年11月11日 2017.11.11 高松市

  271. 丸岩真由子,森田圭一,栢森 高,田中香衣,名生邦彦,道 泰之,山口 聡,池田 通,原田浩之. 腺房細胞癌および乳腺相似分泌癌の臨床病理学的検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  272. 島本裕彰,大迫利光,望月裕美,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 遊離組織皮弁移植術後の血管再吻合症例の検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  273. 平井秀明,安川知里,大迫利光,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 口腔に生じたMTX関連リンパ節増殖性疾患の5例. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  274. 田中香衣,大迫利光,望月裕美,平井秀明,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 当科における口底扁平上皮癌76例の臨床的検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  275. 樋口佑輔,角倉可奈子,大迫利光,津島文彦,原田浩之. 口腔限局性粘液症の3例. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  276. 高橋幸伸,田中香衣,平井秀明,丸川恵理子,島本裕彰,原田浩之. 歯原性粘液腫に関する臨床的検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  277. 尾田誠一郎,佐藤 昌,原田浩之. 当科で経験した口腔領域の転移性腫瘍4例. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  278. 小宮瑠里,宇尾基弘,津島文彦,坂本 啓,池田 通,山口 朗,原田浩之. MRONJの腐骨中に蓄積した微量金属元素の定量および分布分析. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  279. 小枝聡子,原田浩之,中村 篤. 舌電気刺激による体性感覚誘発磁界一次成分の検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  280. 押部成美,丸川恵理子,板井俊介,安川知里,原田浩之. 顎骨病変における開窓療法についての臨床的・X線学的検討 . 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  281. 黒川 仁,安田早芳,丸岡 豊. DPCデータから推計した当院における周術期口腔機能管理に関する検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  282. 西井 直人、立浪 秀剛、近藤 雄太、原田 浩之、東 みゆき. TLR7アゴニストは扁平上皮癌における制御性T細胞の集積を抑制し抗腫瘍効果を発揮する. 第62回日本口腔外科学会 2017.10.20 京都市

  283. 丸岡 豊,高鍋雄亮,島田泰如,田山道太,黒川 仁. 三次元曲面形状計測装置を用いた顎骨移動術前後の口唇の表面積に関する検討. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  284. 墓田真弥,島田泰如,黒川 仁,丸岡 豊. 母斑基底細胞癌症候群患者に認めた良性間葉性歯原性腫瘍の2例. 第62回日本口腔外科学会学術集会 2017年10月20-22日 2017.10.20 京都

  285. 佐藤 昌. 当院における食道癌周術期における口腔ケアの検討(第2報). 第66回日本農村医学会 2017年10月5-6日 2017.10.05 那覇市

  286. 板井俊介,山田慎二,金子美華,張 耀文,国田朱子,深山正久,原田浩之,加藤幸成. PcMab-47: a novel anti-human podocalyxin monoclonal antibody for immunohistochemistry against oral cancers. 第76回日本癌学会学術総会 2017年9月28-30日 2017.09.28 横浜市

  287. 津島文彦,桜井仁亨,安川知里,佐藤 潔,松本佳奈子,上杉篤史,原田浩之. 経過観察中に抗デスモグレイン抗体が陽性となり診断し得た尋常性天疱瘡の2例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  288. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,松本佳奈子,佐藤 潔,安川知里,原田浩之. 舌アミロイドーシスより判明した多発性骨髄腫の1例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  289. 佐藤 潔,津島文彦,安川知里,原田浩之. 頬粘膜に発生した類皮嚢胞の1例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  290. 尾田誠一郎,森 正次,原田浩之. 小児の下顎骨に生じた歯原性粘液線維腫の1例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  291. 安川知里,津島文彦,佐藤 潔,松本佳奈子,上杉篤史,櫻井仁亨,原田浩之. 歯肉および舌に多数の小腫瘤を認めたCowden症候群の1例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  292. 小澤通子,髙橋悦子,安川知里,草間幹夫. 嚢胞内に動脈の流入を認め止血に難渋した上顎含歯性嚢胞の1例. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  293. 島田泰如,丸岡 豊. 悪性血液疾患患者に認めた初回化学療法導入後の口腔内有害事象とリスク因子に関する後方視的観察研究. 第27回日本口腔内科学会第30回日本口腔診断学会合同学術大会 2017年9月8-9日 2017.09.08 札幌市

  294. 中川 聡. 急性非復位性関節円板前方転位に対する関節円板復位療法の適応に関する臨床的検討. 第30回日本顎関節学会総会2017年7月29-30日 2017.07.29 横浜市

  295. 高原楠旻,中川 聡,角倉可奈子,坂本一郎,原田浩之. 顎関節痛とMRI所見の関連について. 第30回日本顎関節学会総会2017年7月29-30日 2017.07.29 横浜市

  296. 佐藤 昌. 帯状疱疹ウイルス脳炎に続発した歯槽骨壊死・歯の喪失した1例. 第44回関東農村医学会学術総会2017年7月8日 2017.07.08 つくば市

  297. 西井 直人、立浪 秀剛、近藤 雄太、原田 浩之、東 みゆき. PD-L1阻害 療法抵抗性の癌モデルにおける低濃度TLR7アゴニスト投与効果の検討. 第21 回日本がん免疫学会 2017.06.28 千葉市

  298. 高原楠旻,樺沢勇司,木村 敦,上條真吾,土田優美,鈴木哲也,原田浩之. 顎変形症患者での光学印象の経験 -印象精度と今後の課題-. 第27回日本顎変形症学会総会学術大会 2017年6月15-16日 2017.06.15 東京

  299. 丸岡 豊,大坪邦彦,宮崎芳和,大塚 亮,北原 裕,今井裕三,濱田 俊,佐藤俊仁,尾崎周作,黒川 仁,茂木和久,岩本昇士. 三次元曲面形状計測装置を用いた下顎骨移動前後の下唇の形態に関する検討. 第27回日本顎変形症学会総会学術大会 2017年6月15-16日 2017.06.15 東京

  300. 原田浩之,島本裕彰,富岡寛文,平井秀明. 口腔癌治療における手術療法の最適化. 第41回日本頭頸部癌学会 2017年6月8日 2017.06.08 京都

  301. 望月裕美,島本裕彰,富岡寛文,平井秀明,大迫利光,及川悠,小野里祐佑,原田浩之. 口腔癌切除創へのポリグリコール酸[PGA]シート被覆と分層植皮の比較検討. 第41回日本頭頸部癌学会 2017年6月8日 2017.06.08 京都

  302. 浅井桜子, 中村伸, 坂本潤一郎, 栗林亜実, 鳥井原彰, 原田浩之, 倉林亨. 全身的に多発したMTX関連リンパ増殖性疾患の1例. 2017.06.03

  303. 福田修平,富岡寛文,原田浩之. 長期経過を辿って潜在性リンパ節転移が顕在化した舌扁平上皮癌の2例. 第203回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2017年5月27日 2017.05.27 東京

  304. 小枝聡子,日原大貴,菅野彰剛,川島隆太,中里信和. 大口蓋神経および舌神経電気刺激における大脳皮質反応の初期成分. Biomagnetic Sendai 2017 2017年5月23-24日 2017.05.23 仙台市

  305. 尾田誠一郎,森 正次,松下善彦,松川 祥,原田浩之. 頬粘膜に生じた黄色肉芽腫の1例. 第42回日本口腔外科学会中部支部学術大会 2017年5月13日 2017.05.13 静岡市

  306. 上杉篤史,津島文彦,及川 悠,望月裕美,原田浩之. 難治性口腔粘膜潰瘍を契機に腸管ベーチェット病が疑われた1例. 第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2017年5月13日 2017.05.13 静岡市

  307. 大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 口腔癌患者においてPET-CT検査を契機に発見された他臓器重複癌の臨床的検討. 第42回日本口腔外科学会中部支部学術大会 2017年5月13日 2017.05.13 静岡市

  308. 加島義久, 富岡寛文, 大迫利光, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 島本裕彰, 原田浩之. 口唇への転移が疑われた下顎歯肉扁平上皮癌の1例. 第71回日本口腔科学会学術集会 2017年4月27日 2017.04.27 松山市

  309. 野島瞳, 富岡寛文, 大迫利光, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 島本裕彰, 原田浩之. 病理組織標本制作過程における組織の収縮率に関する検討. 第71回日本口腔科学会学術集会 2017年4月27日 2017.04.27 松山市

  310. 横川美咲, 平井秀明, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之. 下顎骨への転移が疑われた上顎歯肉腺様嚢胞癌の1例. 第71回日本口腔科学会学術集会 2017年4月27日 2017.04.27 松山市

  311. 西井 直人、立浪 秀剛、近藤 雄太、冨原 圭、野口 誠、原田 浩之、 東 みゆき. 制御性T細胞集積が顕著な扁平上皮癌モデルでの低濃度TLRアゴニスト投与による癌縮小とチェックポイント阻害との併用効果. 第71回日本口腔科学会 2017.04.26 松山市

  312. 佐藤 昌. 当院における周術期口腔機能管理における実態調査. 第14回日本口腔ケア学会総会学術大会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  313. 倉沢泰浩,道脇幸博,田代真由美,根岸明秀,丸岡 豊,関谷秀樹,向山 仁,重松司朗,杉崎順平,村上正泰. 医科入院患者43万人の解析 第1報:研究の全体像と結果の概要. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  314. 倉沢泰浩,道脇幸博,田代真由美,根岸明秀,丸岡 豊,関谷秀樹,向山 仁,大橋 勝,唐木田一成,石井良昌. 医科入院患者43万人の解析 第3報:開胸手術患者の分析. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  315. 倉沢泰浩,道脇幸博,田代真由美,根岸明秀,丸岡 豊,関谷秀樹,向山 仁,重松司朗,杉崎順平,村上正泰. 医科入院患者43万人の解析 第2報:脳卒中患者の分析. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  316. 近藤順子,栂野富輝,黒川 仁,木村友美,田山道太,青木孝弘,丸岡 豊. 急性リンパ球性白血病を発症し同種移植を施行したHIV患者に対し口腔ケアの介入を行った1例. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  317. 安田早芳,黒川 仁,木村友美,近藤順子,島田泰如,丸岡 豊. DPCデータから推計した当院における入院後の診療科別肺炎発症に関する検討. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  318. 木村友美,島田泰如,高鍋雄亮,近藤順子,安田早芳,黒川 仁,岡本竜哉,丸岡 豊. 当院にICUにおける人工呼吸器関連肺炎発症の臨床的検討. 第14回日本口腔ケア学会総会学術集会 2017年4月22-23日 2017.04.22 宜野湾市

  319. 武元 徹, 樺沢勇司, 樋口佑輔, 田畑泰彦, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第16回日本再生医療学会総会 2017年3月7-9日 2017.03.07 仙台市

  320. 高鍋雄亮,島田泰如,黒川 仁,田山道太,千葉隼人,木村友美,墓田麻弥,丸岡 豊. 当科における血友病患者の外科処置に関する臨床的検討. 第26回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2017.03.04 金沢市

  321. 稲垣雅春,関口芳江,佐藤 昌,中島春香,冨島洋子,中島みどり,増子佳世. 肺癌化学における栄養および食に関する検討. 第32回日本経腸栄養学会学術集会 2017年2月23-24日 2017.02.23 岡山市

  322. 中島春香,冨島洋子,中島みどり,佐藤 昌,稲垣雅春. 当院の給食における食形態加工の検討. 第32回日本経腸栄養学会学術集会 2017年2月23-24日 2017.02.23 岡山市

  323. 丸川恵理子. 老齢ラットにおける低濃度BMP-2/ナノゲル複合体含有β-TCPの異所性骨誘導の検討. The Meeting for Bone Substitutes ~骨補填材の適材適所を学ぶ~ 2017.02.19 東京

  324. 小野里祐佑. Fucciによる腫瘍微小環境下での静止期,増殖期細胞の可視化,分離とその放射線感受性. 第19回国際癌治療増感研究シンポジウム2017年2月3-4日 2017.02.03 奈良市

  325. 大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 口腔扁平上皮癌断端陽性例の臨床的検討. 第35回日本口腔腫瘍学会総会学術大会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  326. 富岡寛文,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,島本裕彰,原田浩之. 頬・下顎リンパ節転移を認めた口腔扁平上皮癌6例の検討. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  327. 平井秀明,原田浩之. 当科における後期高齢者口腔扁平上皮癌症例の臨床的検討. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  328. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,谷本幸介,坂本 啓,加藤洋人,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. 口腔扁平上皮癌における遠隔転移予測因子としてのチロシンキナーゼ受容体. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  329. 島本裕彰,大迫利光,平井秀明,望月裕美,富岡寛文,原田浩之. 口腔癌頸部郭清後の反回神経麻痺の検討. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017年1月26-27日 2017.01.26 福岡市

  330. 今井英樹,持田薫利,高橋幸伸,高原楠旻,角倉可奈子,中川 聡. 閉口末期の閉口障害に対する治療法についての検討. 第202回日本口腔外科学会 関東支部学術集会2016年12月10日 2016.12.10 東京

  331. 木村 敦,高原楠旻,樺沢勇司,原田浩之. 下顎骨骨折変形治癒後に開口制限を伴う咬合不全を認めた 1 例. 第202回日本口腔外科学会 関東支部学術集会2016年12月10日 2016.12.10 東京

  332. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,原田浩之. 骨髄移植後の小児の舌に生じた膿原性肉芽腫の1例. 第202回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2016年12月10日 2016.12.10 東京

  333. 板井俊介,富岡寛文,原田浩之. 頭蓋底に進展した再発エナメル上皮腫の1例. 第202回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2016年12月10日 2016.12.10 東京

  334. 佐藤 昌. 口腔内転移をきたした大腸癌および肺癌の2症例. 第202回日本口腔外科学会関東支部地方会2016年12月10日 2016.12.10 東京

  335. Nishii Naoto, Tachinami Hidetake, Kondo Yuta, Harada Hiroyuki, Azuma Miyuki. Antitumor effects of a low dose systemic administration of a TLR7/8 agonist and its combined therapy with PD-L1 blockade. 第45回日本免疫学会 2016.12.05 宣野湾市 沖縄コンベンションセンター

  336. 安川知里,丸川恵理子,望月裕美,宗像源博,春日井昇平,立川敬子,原田浩之. 巨大な下顎エナメル上皮腫術後にインプラント治療を行った1例. 第20回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会2016年12月3-4日 2016.12.03 東京

  337. 町田奈美,島本裕影,原田浩之. 舌腫瘍術後の重度の摂食嚥下障害にアプローチした一例. 第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2016.11.26 千葉

  338. 佐藤恵美,中川裕美子,黒川 仁,丸岡 豊,大金美和,池田和子,菊池 嘉,岡 慎一. 当院のHIV感染者における歯科治療と病診連携に関する調査. 第30回日本エイズ学会学術集会 2016.11.26 鹿児島市

  339. 武元 徹,樺沢勇司,田村幸彦,青木和広,原田浩之. The RANKL-binding peptide W9 promotes bFGF-induced bone formation in a rat calvarial defect model.. 第81回口腔病学会学術大会 2016.11.25 東京医科歯科大学

  340. 丸川恵理子. 多孔質ハイドロキシアパタイト・コラーゲン複合体(リフィット®)の基礎的研究から臨床応用まで. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  341. 平井秀明,大迫利光,望月裕美,田中香衣, 富岡寛文,島本裕彰,栢森 高,原田浩之. 顎口腔領域に生じた腺様嚢胞癌26例の臨床病理学的研究. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25日-27日 2016.11.25 千葉市

  342. 山形優子,栢森 高,富岡寛文,佐藤 潔,坂本 啓,原田浩之. 口腔扁平上皮癌進展におけるマクロファージの役割. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  343. 櫻井仁亨,津島文彦,出雲俊之,原田浩之. 口腔白板症を伴った先天性角化不全症の1例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  344. 小井田奈美,樺沢勇司,道 泰之,山口 聰,胡彩,秋山理絵,原田 浩之. 口腔癌術後せん妄患者の臨床学的検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  345. 丸川恵理子. インプラント前処置としての骨造成のコツ ─自家骨採取法から人工骨の選択について─. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  346. 樺沢勇司, 佐藤百合子, 高原楠旻, 樋口佑輔, 木村 敦,武元 徹, 原田浩之. 可撤性義歯によって上顎骨の位置決めを行い,顎矯正手術を施行した1例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  347. 尾田誠一郎,森 正次,松下善彦,松川 祥,木村 敦,原田浩之. 口腔外科術前検査にてBrugada型心電図を呈した3例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25-27日 2016.11.25 千葉市

  348. 押部成美,丸川恵理子,寺内正彦,稲田大佳輔,原田浩之. 老齢ラットにおける低濃度BMP-2/ナノゲル複合体含有β-TCPの異所性骨誘導の検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会 2016年11月25日-27日 2016.11.25 千葉市

  349. 安田早芳,高鍋雄亮,宮迫志織,木村友美,坂本一郎,依田哲也,丸岡 豊. 顎関節に生じた滑膜性骨軟骨腫症の1例. 第61回日本口腔外科学会総会 2016.11.25 千葉市

  350. 高鍋雄亮,木村友美,今村真弓,島田泰如,黒川 仁,丸岡 豊. 当科における血友病A患者の抜歯に関する臨床的検討. 第61回日本口腔外科学会総会 2016.11.25 千葉市

  351. 倉沢泰浩,道脇幸博,丸岡 豊,向山 仁,杉崎順平,大橋 勝,石井良昌,坂田康彰. 入院後の肺炎発症に関する多施設共同研究2 –入院患者約40万人と脳卒中患者の解析-. 第61回日本口腔外科学会総会 2016.11.25 千葉市

  352. 倉沢泰浩,道脇幸博,丸岡 豊,重松司朗,関谷秀樹,根岸明秀,長谷川士朗,小林 裕,唐木田一成. 入院後の肺炎発症に関する多施設共同研究1 –入院患者約40万人と診療科別の解析-. 第61回日本口腔外科学会総会 2016.11.25 千葉市

  353. 鈴木紀子,栗林亜実,森田圭一,原田浩之,渡邊 裕,倉林 亨. 下顎に生じた乳児黒色性神経外胚葉性腫瘍の1例. 2016.10.29 東京

  354. 伊東 哲,尾田誠一郎,松下善彦,川野 大,森 正次. 静脈内鎮静法の下,ミダゾラム投与により重篤な過換気後無呼吸を呈した過換気症候群の一症例. 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2016年10月28日-30日 2016.10.28 札幌市

  355. 松下善彦,伊東 哲,川野 大,尾田誠一郎,森 正次. 全身麻酔下に上顎嚢胞摘出し,帰室許可直後より呼吸抑制を呈した病的肥満患者の1例. 第44回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2016年10月28日-30日 2016.10.28 札幌市

  356. 佐藤 昌,河内敏行,宮本三千代,諸田有佳,武田一夫,秋田 哲,川澄亜耶,大図純子,飯泉敦司、林 潤一 . 当院の骨粗鬆症リエゾンチーム(OLT)における歯科口腔外科の活動報告. 第65回日本農村医学会学術総会2016年10月26-27日 2016.10.26 志摩市

  357. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,谷本幸介,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第54回日本癌治療学会 2016年10月20-22日 2016.10.20 横浜市

  358. 及川 悠,森田圭一,栢森 高,坂本 啓,石川俊平,稲澤譲治,原田浩之. Clinical application of cell-free DNA in oral cancer. 第75回日本癌学会 2016年10月6-8日 2016.10.06 横浜市

  359. 西井直人,立浪秀剛,近藤雄太,原田浩之,東 みゆき. Antitumor effects of a low dose TLR7/8 agonist and its combined therapy with PD-L1 blockade. 第75回日本癌学会 2016.10.06 横浜市 パシフィコ横浜

  360. 上杉篤史,津島文彦,櫻井仁亨,佐藤 潔,安川知里,原田浩之. シェーグレン症候群の病型と併発病変について. 第26回日本口腔内科学会 2016年9月23-24日 2016.09.23 岡山市

  361. 倉沢泰浩,道脇幸博,丸岡 豊,関谷秀樹,向山 仁,杉崎順平,重松司朗,根岸明秀,長谷川士朗,大橋 勝,小林 裕,唐木田一成,陸川良智,石井良昌,坂田康彰,植野正之,村上正泰. 総合病院の入院患者が入院中に発症する肺炎に関する多施設共同研究 -医科入院患者約40万人の解析-. 第32回日本歯科医学会 2016.09.03 東京

  362. 西井直人,立浪秀剛,近藤雄太,原田浩之,東 みゆき. 低濃度TLR7/8アゴニスト全身投与の抗腫瘍効果とPD-L1阻害との併用. 第58回歯科基礎医学会 2016.08.24 札幌市 札幌コンベンションセンター

  363. 大畑八重,行森茜,栢森高,原田浩之,出雲俊之,坂本啓. 左上顎腫瘍の一例. 第27回日本臨床口腔病理学会2016年8月10-12日 2016.08.10 広島市

  364. 西井直人,近藤雄太,Lixin Li,Walter Lau,原田浩之,東 みゆき. Combined treatment with PD-L1 blockade and a TLR7/8 agonist dramatically enhances antitumor immunity. 第20回日本がん免疫学会 2016.07.27 大阪市 大阪国際交流センター

  365. 高原楠旻, 中川 聡, 角倉可奈子, 津島文彦, 原田浩之. 小児期の顎関節授動術後に再発した顎関節強直症の1例. 第29回日本顎関節学会総会2016年7月17-18日 2016.07.17 箱根

  366. 津島文彦. 見逃してはならない顎関節症に類似した症状を来す疾患. 第29回日本顎関節学会総会2016年7月17-18日 2016.07.17 箱根

  367. 高原楠旻. 見逃してはならない顎関節症に類似した症状を来す疾患. 第29回日本顎関節学会総会2016年7月17-18日 2016.07.17 箱根

  368. 小笠原 毅,伊藤洋介,浅見拓也,東堀紀尚,鈴木聖一,樺沢勇司,原田浩之,森山啓司. 顔面非対称症例に対する硬軟組織シュミレーションと術後硬軟組織の三次元的比較の試み. 第75回東京矯正歯科学会学術大会2016年7月14日 2016.07.14 東京

  369. 佐藤 昌. 当科における薬剤関連性顎骨壊死患者についての臨床的検討. 第42回関東農村医学会学術総会2016年7月9日 2016.07.09 箱根

  370. 黒川 仁,高鍋雄亮,田山道太,丸岡 豊. Visual analogue scale(VAS)を用いた顎矯正手術後の患者アセスメント. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.25 東京

  371. 田山道太,高鍋雄亮,黒川 仁,丸岡 豊. Subspinal osteotomy 併用Le Fort I 型骨切り術後の外鼻形態変化の三次元的評価. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会 2016.06.25 東京

  372. 高原楠旻, 樋口佑輔, 武元 徹, 樺沢勇司, 原田浩之. 下顎枝矢状分割術による後方移動後の後戻りについて. 第26回日本顎変形症学会総会2016年6月24-25日 2016.06.24 東京

  373. 樋口佑輔,樺沢勇司,佐藤百合子,高原楠旻,武元 徹,原田浩之. CTを用いた顎変形症患者における下顎頭形態の分析. 第26回日本顎変形症学会総会2016年6月24-25日 2016.06.24 東京

  374. 樺沢勇司,佐藤百合子,高原楠旻,樋口佑輔,武元 徹,原田浩之. Le Fort I型骨切り術によるカント修正の精度と術後安定性の検討. 第26回日本顎変形症学会総会2016年6月24-25日 2016.06.24 東京

  375. Ngamsom S, Nakamura S, Nomura Y, Tetsumura A, Kabasawa Y, Harada H, Kurabayashi T. Amputation neuroma of the mandible : a case report. 第57回日本歯科放射線学会2016年6月18-19日 2016.06.18 大阪市

  376. 島本裕彰,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 口腔悪性腫瘍予防的郭清後の郭清外再発. 第40回日本頭頸部癌学会 2016年6月9-10日 2016.06.09 大宮市

  377. 望月裕美, 島本裕彰, 富岡寛文, 平井秀明, 及川 悠, 原田浩之. 口腔腫瘍手術を施行した血液透析患者の臨床的検討. 第40回日本頭頸部癌学会 2016年6月9-10日 2016.06.09 大宮市

  378. 佐藤 潔,島本裕彰,吉村亮一,石田博雄,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 妊娠に合併した舌癌症例の検討. 第40回日本頭頸部癌学会2016年6月9-10日 2016.06.09 大宮市

  379. 富岡寛文,松川 祥,大迫利光,平井秀明,望月裕美,田中香衣,島本裕彰,原田浩之. 組織型の異なる口腔多発癌5症例の検討. 第40回日本頭頸部癌学会2016年6月9-10日 2016.06.09 大宮市

  380. 島本裕彰,平井秀明,富岡寛文,原田浩之. 口腔悪性腫瘍予防郭清術後の郭清側頸部再発. 第40回日本頭頸部癌学会2016年6月9-10日 2016.06.09 大宮市

  381. 牧田玖美子,富岡寛文,平井秀明,原田浩之,名生邦彦,道 泰之,加賀谷肇,原澤秀樹. 口腔がんによる疼痛にイーフェンバッカル錠が有効であった3症例. 第10回日本緩和医療薬学会年会2016年6月3-5日 2016.06.03 浜松市

  382. Ngamsom S, Nakamura S, Nomura Y, Tetsumura A, Kabasawa Y, Harada H, Kurabayashi T. Amputation neuroma of the mandible: a case report. NP0法人日本歯科放射線学会第57回学術大会 2016.06 大阪

  383. 森田圭一, 成戸卓也, 高原楠旻, 井本逸勢, 原田浩之. 口蓋裂を伴う先天異常患者のクリニカルシークエンスの経験. 第40回日本口蓋裂学会総会 2016年5月26-27日 2016.05.26 大阪市

  384. 望月裕美, 島本裕彰, 富岡寛文, 平井秀明, 及川 悠, 原田浩之. 遊離肩甲骨複合皮弁移植術を施行した血液透析患者の1例. 第201回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016年5月21日  2016.05.21 高崎市

  385. 小田理沙子,森田圭一,津島文彦,原田浩之. 当科におけるエプーリスの臨床病理学的検討.. 第201回日本口腔外科学会関東支部学術集会2016年5月21日 2016.05.21 高崎市

  386. 吉江佑介,高鍋雄亮,木村友美,丸岡 豊. 化学療法中の急性骨髄性白血病患者に発症した鼻脳型接合菌症の1例. 第201回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2016年5月21日 2016.05.21 高崎市

  387. 廣田由佳,大西威一郎,森田圭一,及川 悠,原田浩之,谷本幸介,石川俊平,坂本 啓,明石 巧,江石義信. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの1例. 第105回日本病理学会2016年5月12-14日 2016.05.12 仙台市

  388. 角倉可奈子,平井秀明,大迫利光,礒部 薫,富岡寛文,坂本 啓,原田浩之. 上顎に発生した歯原性幻影細胞癌の1例. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016年4月15-17日 2016.04.15 福岡市

  389. 上杉篤史,富岡寛文,福田修平,原田浩之. 顎口腔領域扁平上皮癌手術例における予後指標の検討. 第70回日本口腔科学会学術集会 2016年4月15-17日 2016.04.15 福岡市

  390. 武元 徹, 樺沢勇司, 樋口佑輔, 田畑泰彦, 田村幸彦, 青木和広, 原田浩之. ラット頭蓋骨欠損部に局所適用したRANKL結合ペプチドW9とbFGFによる骨形成促進作用の評価. 第16回日本再生医療学会総会2017年3月7-9日 2016.03.07 仙台市

  391. 佐藤 昌. 馬に蹴られて生じた顔面骨骨折の1例. 第24回茨城県歯科医学会 2016年3月6日 2016.03.06 水戸市

  392. 千葉隼人,田山道太,黒川 仁,島田泰如,高鍋雄亮,山地伊瑛奈,宮迫志織,木村友美,丸岡 豊. 智歯周囲炎による受診を契機に発見された2期梅毒の1例. 第25回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2016.03.05 東京

  393. 竹内菊子,木村友美,宮迫志織,高鍋雄亮,田山道太,丸岡 豊. 重度拘束性換気障害を有する患者に対する上顎歯肉悪性腫瘍切除術の麻酔管理にデクスメデトミジン塩酸塩が有用であった1例. 第25回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2016.03.05 東京

  394. 大迫利光, 平井秀明, 望月裕美, 田中香衣, 富岡寛文, 島本裕彰, 原田浩之. 口腔扁平上皮癌における切除断端陽性例の臨床的検討. 第35回日本口腔腫瘍学会 2017年1月26-27日 2016.01.26 福岡市

  395. 富岡寛文,松川 祥,大迫利光,田口貴英,平井秀明,望月裕美,島本裕彰,原田浩之. 腹直筋皮弁の経時的変化に関する検討. 第34回日本口腔腫瘍学会 2016年1月21-22日 2016.01.21 大宮市

  396. 平井秀明,松川 祥,大迫利光,田口貴英,望月裕美,富岡寛文,島本裕彰,原田浩之. 頬粘膜癌術後の経過観察中に結核性頸部リンパ節炎を認めた1例. 第34回日本口腔腫瘍学会 2016年1月21-22日 2016.01.21 横浜市

  397. 島本裕彰, 及川 悠、松川 祥, 平井秀明, 富岡寛文, 生田 稔, 原田浩之. 当分野における分子標的薬治療例の検討. 第34回日本口腔腫瘍学会 2016年1月21-22日 2016.01.21 横浜市

  398. 大迫利光, 小山敏雄, 松川 祥, 原田浩之, 三澤常美. 下顎歯肉悪性黒色腫に対するNivolumabの使用経験. 第34回日本口腔腫瘍学会2016年1月21-22日 2016.01.21 横浜市

  399. 望月裕美,島本裕彰,富岡寛文,平井秀明,原田浩之. 当科における複数回皮弁再建の検討. 第34回日本口腔腫瘍学会2016年1月21-22日 2016.01.21 横浜市

  400. 今井 雄太, 大迫 利光, 三澤 常美, 原田 浩之. 当科における顎骨壊死症例の検討. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  401. 札川 新, 工藤 雅範, 田口 貴英, 小村 健, 石井 良昌. 舌に発生した対称性脂肪腫症の1例. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  402. 工藤 雅範, 小村 健, 田口 貴英, 札川 新, 石井 良昌. 関節突起骨折に対し低侵襲Transparotid approachにより観血的整復術を施行した1例. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  403. 遠藤 啓一郎, 樺沢 勇司, 原田 浩之. 当科における薬剤関連性顎骨壊死の臨床的検討. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  404. 今井 雄太, 大迫 利光, 三澤 常美, 原田 浩之. 当院における薬剤関連顎骨壊死例の検討. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  405. 安川 知里, 森田 圭一, 原田 浩之. 生検にて確定診断に至らなかったエナメル上皮腫. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  406. 田代 瑞行, 田山 道太, 島田 泰如, 大島 健吾, 山地 伊瑛奈, 原田 浩之, 丸岡 豊. 超高齢者に生じた陳旧性顎関節脱臼に対し両側下顎頭切除術を施行した1例. 第200回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年12月19日 2015.12.19 東京

  407. 原田 浩之. 口腔癌広汎切除後の再建. 平成27年第4回例会北海道病院歯科医会学術講演会 2015年11月21日 2015.11.21 札幌市

  408. Nishii N, Arundhati B, Ohno T, Kondo Y, Azuma M. Endogenous and exogenous IL-33 promotes anticancer immunity. 第44回日本免疫学会学術集会 2015.11.20 札幌市

  409. 工藤 雅範, 小村 健, 石井 良昌. 頸部原発不明癌の診断・治療・効果判定にPET-CTが有用であった1例. 第55回日本核医学会学術総会 2015年11月5-7日 2015.11.05 東京

  410. 島本 裕彰, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 原田 浩之. 口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移例の治療成績. 第53回日本癌治療学会 2015年10月29-31日 2015.10.29 京都市

  411. 森田 圭一, 及川 悠, 谷本 幸介, 栢森 高, 坂本 啓, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第53回日本癌治療学会 2015年10月29-31日 2015.10.29 京都市

  412. 中川 聡, 高原 楠旻, 安川 知里, 津島 文彦, 角倉 可奈子, 樺沢 勇司, 原田 浩之. 下顎骨関節突起骨折に対する保存療法後の下顎枝高径の経時的変化. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  413. 平井 秀明, 高原 楠旻, 富岡 寛文, 樺沢 勇司, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 顎口腔領域への転移性腫瘍18例の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  414. 工藤 雅範, 原田 浩之, 田口 貴英, 札川 新, 小村 健, 石井 良昌. 上顎洞を占拠したアスペルギルス症の1例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  415. 工藤 雅範, 原田 浩之, 田口 貴英, 札川 新, 小村 健, 石井 良昌. 顔面多発骨折に対し、観血的整復術を施行した1例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  416. 丸川 恵理子, 原田 浩之, SCHMELZEISEN Rainer, NELSON Katja. 顎堤形成後の骨吸収における下顎枝ブロック移植とスプリット法での違い. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  417. 樺沢 勇司, 武元 徹, 高原 楠旻, 樋口 佑輔, 佐藤 百合子, 松本 佳奈子, 木村 敦, 佐藤 昌, 原田 浩之. 顎矯正手術後の神経障害に対する鍼治療の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  418. 上杉 篤史, 津島 文彦, 櫻井 仁亨, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬患者におけるカンジダ検出率についての検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  419. 尾田 誠一郎, 津島 文彦, 櫻井 仁亨, 佐藤 昌, 上杉 篤史, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 原田 浩之. 類天疱瘡6例の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  420. 及川 悠, 森田 圭一, 柏森 高, 坂本 啓, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 口腔がんにおける次世代シーケンサーによるTP53変異解析. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  421. 小枝 聡子, 原田 浩之. 遊離前腕皮弁による舌再建術後の一次体性感覚誘発磁界の検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  422. 佐藤 昌, 原田 浩之. 当院における食道癌周術期における口腔ケアの検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  423. 佐藤 百合子, 富岡 寛文, 原田 浩之. 周術期にヘパリン化を施行した入院手術症例についての臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  424. 樋口 佑輔, 樺沢 勇司, 高原 楠旻, 佐藤 百合子, 松本 佳奈子, 武元 徹, 佐藤 昌, 原田 浩之. Le Fort I 型骨切り術に伴う鼻口唇形態変化の検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  425. 小野里 祐佑, 戒田 篤志, 島本 裕彰 ,原田 浩之, 三浦 雅彦. Fucciを導入した口腔扁平癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  426. 原田 浩之. 気管切開のコツとピットホール. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  427. 松川 祥, 富岡 寛文, 及川 悠, 小野里 祐佑, 山形 優子, 平井 秀明, 望月 裕美, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 当科における口腔扁平上皮癌の亜部位別分化度の臨床病理学的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  428. 高原 楠旻, 中川 聡, 角倉 可奈子, 樺沢 勇司, 原田 浩之. 外傷性顎関節強直症の3 例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  429. 上杉 篤史, 津島 文彦, 櫻井 仁亨, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬患者におけるカンジダ検出率についての検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  430. 尾田 誠一郎, 津島 文彦, 櫻井 仁亨, 佐藤 昌, 上杉 篤史, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 原田 浩之. 類天疱瘡6例の臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  431. 松井 俊大, 原田 浩之, 原田 清. 口腔癌患者における食道癌・下咽頭癌重複頻度領域間の連携の重要性. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  432. 竹之内 薫, 生田 稔, 向山 仁, 原田 浩之. 下顎骨関節突起骨折の観血的整復術に関する臨床的検討. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  433. 木村 敦, 森 正次, 小井田 奈美, 松下 善彦, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 顎下部に生じた導管内乳頭腫の1例. 第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 2015年10月16-18日 2015.10.16 名古屋市

  434. 森田 圭一, 及川 悠, 柏森 高, 坂本 啓, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. Melanotic neuroectodermal tumor of infancyの1例. 第60回日本人類遺伝学会 2015年10月14-17日 2015.10.14 東京

  435. 森田 圭一, 及川 悠, 柏森 高, 坂本 啓, 谷本 幸介, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第60回日本人類遺伝学会 2015年10月14-17日 2015.10.14 東京

  436. 森田 圭一, 及川 悠, 栢森 高, 坂本 啓, 石川 俊平, 稲澤 譲治, 原田 浩之. 口腔がんにおけるがん関連遺伝子変異のターゲットリシーケンス. 第74回日本癌学会学術総会 2015年10月8-10日 2015.10.08 名古屋市

  437. 原田 浩之. 口腔癌における頸部リンパ節転移. 市川歯科医師会 2015年10月5日 2015.10.05 市川市

  438. 原田 浩之. 口腔癌の頸部制御に対する治療戦略. 2015年北海道大学歯学部口腔外科同門会学術講演 2015年9月26日 2015.09.26 札幌市

  439. 松本 佳奈子, 津島 文彦, 桜井 仁亨, 佐藤 昌, 上杉 篤史, 佐藤 潔, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬180例の臨床的検討. 第25回日本口腔内科学会学術大会 2015年9月18-19日 2015.09.18 吹田市

  440. 尾田 誠一郎, 桜井 仁亨, 津島 文彦, 佐藤 昌, 上杉 篤史, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬の病態変化 第1報:消失についての解析. 第25回日本口腔内科学会学術大会 2015年9月18-19日 2015.09.18 吹田市

  441. 桜井 仁亨, 尾田 誠一郎, 津島 文彦, 佐藤 昌, 上杉 篤史, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬の病態変化 第2報:変化様式についての解析. 第25回日本口腔内科学会学術大会 2015年9月18-19日 2015.09.18 吹田市

  442. 津島 文彦, 桜井 仁亨, 松本 佳奈子, 上杉 篤史, 佐藤 潔, 佐藤 昌, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 口腔扁平苔癬と金属アレルギーとの関連についての検討. 第25回日本口腔内科学会学術大会 2015年9月18-19日 2015.09.18 吹田市

  443. Dilruba A, Tomioka H, Mochizuki Y, Harada H. Real -time tissue elastography for evaluation of elasticity in patients with the tongue carcinoma. 第25回日本口腔内科学会学術大会 2015.09.18 吹田市

  444. 小野里 祐佑, 戒田 篤志, 三浦 雅彦. Fucciを導入した口腔扁平癌細胞における放射線照射後の細胞周期動態解析. 若手放射線生物学研究会2015年度専門研究会 2015年8月8-9日 2015.08.08 東京

  445. 西井 直人, 平井 秀明, 富岡 寛文, 森田 圭一, 遠山 怜, 出雲 俊之, 山口 朗, 原田 浩之. 臼後三角に生じた腺扁平上皮癌の一例. 第26回日本臨床口腔病理学会 2015年7月29-31日 2015.07.29 札幌市

  446. 原田 浩之. 口腔癌の頸部制御に対する治療戦略. 2015年口腔病学会7月例会 2015年7月29日 2015.07.29 東京

  447. 出雲 俊之, 遠山 玲, 森 泰昌, 柳下 寿郎, 大畑 八重, 栢森 高, 坂本 啓, 平井 秀明, 原田 浩之, 渡邊 裕. 歯原性下顎骨腫瘍の1例. 第26回日本臨床口腔病理学会 2015年7月29-31日 2015.07.29 札幌市

  448. 清木 祐介, 永田 千草, 佐藤 昌, 水島 由紀子, 内藤 美来. 同種骨髄移植後の慢性移植片対宿主病に合併した、口腔粘膜炎、穿孔性角膜炎、乾燥性皮膚障害を各部署の協力で治療したフィラデルフィア陽性急性リンパ性白血病の一例. 第13回茨城県南悪性腫瘍研究会 2015年7月21日 2015.07.21 土浦市

  449. 小滝 真也, 坂本 潤一郎, 中村 伸, 田口 貴英, 原田 浩之, 鳥井原 彰, 倉林 亨. 神経周囲進展が疑われた悪性リンパ腫の1例. NPO法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.07 仙台

  450. ラム ダイフォン, 栗林 亜実, 坂本 潤一郎, 中村 伸, 原田 浩之, 倉林 亨. オトガイ部に発生したBリンパ芽球リンパ腫の1例. NPO法人日本歯科放射線学会第56回学術大会 2015.06.06 仙台

  451. 樺沢 勇司, 神野 成治, 高原 楠旻, 樋口 佑輔, 佐藤 百合子, 松本 佳奈子, 武元 徹, 木村 敦, 佐藤 昌, 原田 浩之. 顎矯正手術後の神経障害に対する鍼治療の臨床的検討. 第25回日本顎変形症学会 2015年6月4-5日 2015.06.04 東京

  452. 富岡 寛文, 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 頸部郭清術後における乳び漏症例の検討. 第39回日本頭頸部癌学会 第4回アジア頭頸部癌学会 2015年6月3-6日 2015.06.03 神戸市

  453. 田山 道太, 丸岡 豊, 島田 泰如, 大島 健吾, 山地 伊瑛奈, 今村 真弓, 原田 浩之. 舌尖部に生じた粘表皮癌の1例. 第199回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年5月23日 2015.05.23 横浜市

  454. 高橋 幸信, 平井 秀明, 丸川 恵理子, 原田 浩之. 上顎骨粘液線維腫の腫瘍切除後に脛骨海綿骨移植とインプラントにて再建した1症例. 第199回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2015年5月23日 2015.05.23 横浜市

  455. 丸川 恵理子, 角倉 可奈子, 原田 浩之. 歯根完成歯の自家移植における臨床的検討. 第69回日本口腔科学会学術集会 2015年5月13-15日 2015.05.13 大阪市

  456. 角倉 可奈子, 丸川 恵理子, 樺沢 勇司, 生田 稔, 平井 秀明, 原田 浩之. 抜歯後疼痛に対するロルノキシカム(ロルカム)の有効性に関する検討 セレコキシブ(セレコックス)との比較. 第69回日本口腔科学会学術集会 2015年5月13-15日 2015.05.13 大阪市

  457. 丸川 恵理子. サイナスリフト後、骨造成のために何を使うか?. バイオインテグレーション学会第5回学術大会・総会 2015年3月29日 2015.03.29 東京

  458. 小長谷 光, 大野 由夏, 脇田 亮, 道 泰之, 原田 清, 島本 裕彰, 原田 浩之. 磁気センサーを利用した経鼻栄養チューブの留置法. 第30回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2015年2月12-13日 2015.02.12 神戸市

  459. 佐藤 昌. 当院における悪性腫瘍患者の口腔ケアの現状. 第24回茨城がん学会 2015年2月1日 2015.02.01 水戸市

  460. 原田 浩之. 上顎亜全摘. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  461. 原田 浩之. Antelarateral neck dissection. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  462. 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 若年者における口腔扁平上皮癌の臨床的検討. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  463. 田口 貴英, 大迫 利光, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 術前補助療法による口腔粘膜炎に関与する因子の検討. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  464. 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之. 若年者における口腔扁平上皮癌の臨床的検討. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  465. 及川 悠, 森田 圭一, 谷本 幸介, 平井 秀明, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 原田 浩之, 稲澤 譲治, 小村 健. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  466. 安川 知里, 成戸 卓也, 森田 圭一, 谷本 幸介, 原田 浩之, 井本 逸勢, 稲澤 譲治, 小村 健. NGSを用いたGorlin症候群患者におけるPTCH1のゲノム解析. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2015年1月29-30日 2015.01.29 奈良市

  467. 工藤 雅範, 原田 浩之, 佐藤 百合子, 小村 健, 石井良昌. 耳下腺咬筋部に発生した石灰化上皮腫の1例. 第198回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014年12月6日 2014.12.06 横浜市

  468. 西井 直人,平井 秀明,磯部 薫,大迫 利光,富岡 寛文,森田 圭一,原田 浩之. 臼後三角に生じた腺扁平上皮癌の一例. 第198回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014年12月6日 2014.12.06 横浜市

  469. 原田 浩之. 特別講演「口腔粘膜疾患・口腔がんを知る」. 平成26年度第2回JACP関西支部・大学合同研修会 2014.11.23 豊中市

  470. 森田 圭一, 谷本 幸介, 及川 悠, 島本 裕彰, 原田 浩之, 稲澤 譲治. 口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子のターゲットリシーケンス. 日本人類遺伝学会第59回大会 2014年11月19-22日 2014.11.19 東京

  471. 栗林 亜実, 中村 伸, 坂本 潤一郎, 能村 嘉一, 原田 浩之, 倉林 亨. 下顎管の拡大を伴う悪性リンパ腫の1例. 第19回臨床画像大会 2014年10月31日-11月2日 2014.10.31 岡山市

  472. 望月 裕美, 原田 浩之, 生田 稔,樺沢 勇司,丸川 恵理子,小村 健. 下顎の初発症状を契機に診断された悪性リンパ腫7例の臨床的検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  473. 工藤 雅範, 原田 浩之, 佐藤 百合子, 小村 健, 石井 良昌. 上顎に発生し上顎洞に進展した歯牙エナメル上皮腫の1例. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  474. 島本 裕彰, 及川 悠, 田口 貴英, 大迫 利光, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 3年以上経過した下顎区域切除後の残存下顎骨についての検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  475. 丸川 恵理子、高橋 幸伸、畠山 一朗、樋口 佑輔、佐藤 昌 、原田 浩之、小村 健. 生分解性マグネシウム合金の骨接合材への有効性の検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  476. 平井 秀明,小村 健,生田 稔,島本 裕彰,富岡 寛文,大迫 利光,田口 貴英,原田 浩之. プレートによる下顎再建術施行例の臨床的検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 千葉市

  477. 佐藤 昌, 高原 楠旻, 樺沢 勇司, 樋口 佑輔, 松本 佳奈子, 木村 敦. 下顎枝矢状分割術後の下顎枝形態,下顎管の解剖学的位置とオトガイ神経麻痺との関係. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014年10月17-19日 2014.10.17 幕張市

  478. 原田 浩之. 口腔粘膜疾患・口腔がんを知る. 東京医科歯科大学公開講座 2014年10月8日 2014.10.08 東京

  479. 津島 文彦, 桜井 仁亨, 松本 佳奈子, 上杉 篤史, 佐藤 昌, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 診断に苦慮した腸管ベーチェット病疑いの1例. 第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会 2014年9月19-20日 2014.09.19 福岡市

  480. 上杉 篤史, 櫻井 仁亨, 津島 文彦, 佐藤 昌, 松本 佳奈子, 佐藤 潔, 尾田 誠一郎, 原田 浩之. 上下顎歯肉に生じた開口部形質細胞症の1例. 第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会 2014年9月19-20日 2014.09.19 福岡市

  481. 小村 健, 原田 浩之, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 工藤 雅範. シンポジウム –頭頸部癌における機能再建- 口腔癌の治療戦略Up to Date. 第52回日本癌治療学会学術集会 2014年8月28-30日 2014.08.28 東京

  482. 原田 浩之. 口腔癌の集学的治療. ルクセローノ社内レクチャー 2014.08.26 東京

  483. 高原 楠旻, 坂本 一郎, 中川 聡, 角倉 可奈子, 津島 文彦, 今井 英樹, 櫻井 仁亨, 宮村 寿一, 依田 泰, 塚原 宏泰. 顎関節症における下顎頭形態変化の臨床的意義. 第27回日本顎関節学会総会・学術大会 2014年7月19-20日 2014.07.19 福岡市

  484. 富岡 寛文, 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 外頸静脈の経過と合流の様相に関する検討. 第38回日本頭頸部癌学会 2014年6月12-13日 2014.06.12 東京

  485. 小村 健, 原田 浩之, 島本 裕彰, 富岡 寛文. 臓器別シンポジウム -口腔・頭頸部がんの治療戦略Up to Date- 舌癌における切除・再建と機能評価. 第38回日本頭頸部癌学会2014年6月12-13日 2014.06.12 東京

  486. 釘本 琢磨, 小村 健, 富岡 寛文, 原田 浩之. 硬口蓋に発生したmalignant melanoma in situ の1例. 第197回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014年6月7日 2014.06.07 下野市

  487. 佐藤 潔, 原田 浩之,松下 善彦,小井田 奈美,久力 権,森 正次,小村 健. 静脈浸潤像を呈した舌顆粒細胞腫の一例. 第197回日本口腔外科学会関東支部学術集会 2014年6月7日 2014.06.07 下野市

  488. 丸川 恵理子, 佐藤 昌, 樋口 佑輔, 小村 健, 佐々木 善浩, 秋吉 一成. 低濃度BMP-2/ナノゲル複合体含有β-TCPの異所性骨誘導能. 第13回日本再生医療学会総会 2014年3月4-6日 2014.03.04 京都市

  489. 小村 健. 最終講義 口腔癌への挑戦 40年の歩み. 東京医科歯科大学最終講義 2014年3月4日 2014.03.04 東京

  490. 小村 健. 特別講演 口腔癌治療の現況と課題. 東京医科歯科大学口腔外科同門同窓会 2014年3月2日 2014.03.02 東京

  491. 小村 健. 口腔癌治療の現況と課題. 第39回東京医科歯科大学大学院セミナー・第7回硬組織疾患ゲノムセンターシンポジウム ゲノム応用医学の最前線 2014年2月25日 2014.02.25 東京

  492. 小村 健. 口腔癌治療における下顎再建. 第3回日本口腔腫瘍学会 教育研修会 2014年1月25日 2014.01.25 札幌市

  493. 原田 浩之, 小村 健. ビデオセッション「上顎歯肉癌の切除と再建と機能」 上顎部分切除術. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  494. 小村 健. 教育講演 口腔癌への挑戦 40年の歩み. 第32回日本口腔腫瘍学会総会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  495. 小村 健, 原田 浩之, 生田 稔, 島本 裕彰, 富岡 寛文, 田中 香衣. シンポジウム「スーパーアドヴァンス症例への対応、進行再発癌に対する集学的治療 -根治治療の可否判定と治療指針についてー」当科における進行原発巣再発癌に対する手術例の検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  496. 富岡 寛文, 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 上顎歯肉・硬口蓋扁平上皮癌の顎骨浸潤に関する検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  497. 田口 貴英, 大迫 利光, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 唾液腺癌74例の臨床的検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  498. 生田 稔, 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 田中 香衣, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 原田 浩之, 小村 健. 舌扁平上皮癌に対する手術療法の臨床的検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  499. 平井 秀明, 大迫 利光, 田口 貴英, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 頬粘膜扁平上皮癌の臨床病理学的検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  500. 大迫 利光, 田口 貴英, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 島本 裕彰, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 下顎歯肉扁平上皮癌163例の臨床的検討. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  501. 島本 裕彰, 田口 貴英, 大迫 利光, 平井 秀明, 望月 裕美, 富岡 寛文, 生田 稔, 原田 浩之, 小村 健. 当科における口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移の治療. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年1月23-24日 2014.01.23 札幌市

  502. 原口美穂子,山城正司,隅田由香,原田浩之,小村 健,原田 清,谷口 尚. 口腔腫瘍切除患者における顎補綴治療後の咀嚼機能評価―グミゼリーとガムを用いた臨床的評価―. 第37回日本頭頸部癌学会 2013.06.14 東京

  503. 町田 静香, 富澤 大輔, 高木 正稔, 金子 節子, 金親 あや乃, 原田 浩之, 大川 哲平, 遠藤 明史, 梶原 道子, 長澤 正之, 森尾 友宏, 水谷 修紀. 毛細血管拡張性運動失調症の女児に発症したdiffuse large B-cell lymphomaに対するrituximab併用化学療法の経験. 第53回日本小児血液・がん学会学術集会 2011年11月25-27日 2011.11.25

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第66回日本口腔外科学会総会・学術集会 優秀ポスター発表賞(黒嶋雄志),日本口腔外科学会,2021年12月

  • 第31回バイオ・高分子シンポジウム ポスター賞(林 駿哉),高分子学会,2021年06月

  • 14th Asian Congress on Oral & Maxillofacial Surgery (ACOMS)・Oral Paper Competition・runner up(Tran Minh Cuong),ACOMS,2021年06月

  • 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会優秀ポスター賞(井神優太),日本口腔腫瘍学会,2021年02月

  • 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会優秀ポスター賞(野島 瞳),日本口腔腫瘍学会,2021年02月

  • 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会優秀ポスター賞(黒嶋雄志),日本口腔腫瘍学会,2021年02月

  • 2020年度日本頭頸部癌学会最優秀論文賞(原田浩之),日本頭頸部癌学会,2020年11月

  • 第69回高分子学会パブリシティ賞(木下直哉),高分子学会,2020年11月

  • 第38回日本口腔腫瘍学会学術大会優秀ポスター賞(野島 瞳),日本口腔腫瘍学会,2020年01月

  • Young Scientists Award(清水六花),日本癌学会,2019年09月

  • 平成31年度日本口腔科学会学会賞優秀論文賞(野島 瞳),日本口腔科学会,2019年04月

  • 優秀ポスター賞(木下直哉),第40回日本バイオマテリアル学会,2018年11月

  • 優秀口演賞(丸岡 豊),国立病院総合医学会,2017年11月

  • 優秀ポスター発表賞(高原楠旻),日本顎関節学会,2017年07月

  • 優秀ポスター発表賞(小野里祐佑),日本口腔外科学会,2016年11月

  • 学会賞学術奨励賞(中川 聡),日本顎関節学会,2016年07月

  • 優秀ポスター賞(小野里祐佑),日本口腔腫瘍学会,2016年01月

▼全件表示

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 「 舌癌の進展範囲の把握に新知見 」― 舌癌の深達度計測は「生検前のMRI」が最も有用である ―,2021年10月

    Scientific Reports(原田浩之)

  • 「 口底癌と重複癌に関する新知見 」―前方型口底癌の予後不良因子はタバコ関連疾患と重複癌である―,2021年07月

    Frontiers in Oncology(及川 悠)

  • 「放射線感受性の細胞周期依存性に新知見」―HeLa細胞のG1/S期境界付近での急激な感受性の変化を発見―,2020年11月

    Scientific Reports(下野宏晃)

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) ,2020年04月

    顎骨骨髄炎の慢性化に関わる細菌病原因子の同定(道 泰之)

  • 山梨県立中央病院学術研究費,2019年09月

    口腔癌の免疫抑制メカニズムの解析と、ニボルマブ有効症例のスクリーニングへの応用

  • 科研費(文科)       平成31年度 若手研究,2019年04月

    口腔癌の免疫抑制メカニズムの解析と、ニボルマブ有効症例のスクリーニングへの応用

  • 科学研究費補助金 基盤研究 (C) ,2019年04月

    歯周病における転写因子mohawk homeobox(Mkx)の関与

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2019年04月

    Sam68を標的とした口腔がんの新たな診断・治療方法開発に向けた基礎的研究(黒嶋雄志 2016-2019年度)

  • (株)ジールコスメティック,2018年09月

    扁平苔癬に対するSORB’Sの有効性について(原田浩之)

  • HOYA Technosurgical株式会社共同研究費,2018年04月

    アパタイト/コラーゲン人工骨の歯科口腔外科分野における有効性評価(丸川恵理子 2018-2019年度)

  • 株式会社岡部共同研究費,2018年04月

    高結晶分散ハイドロキシアパタイト・ナノ粒子(SHAp)を用いた歯科医療機応用研究(丸川恵理子 2018-2019年度)

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2018年04月

    舌癌術後症例の嚥下機能に対する咽頭後壁の代償性変化の研究(平井秀明 2015-2018年度)

  • 山梨県立中央病院学術研究費,2018年04月

    口腔癌におけるPolo-like kinase 1(Plk1)の発現解析(小井田奈美)

  • 第11回山田養蜂場みつばち研究助成基金,2018年04月

    口腔乾燥感を訴える患者に対するミツバチ製剤の効果の検証(望月裕美)

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2018年04月

    Sam68を標的とした口腔がんの新たな診断・治療方法開発に向けた基礎的研究(黒嶋雄志 2016-2018年度)

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2017年04月

    Sam68を標的とした口腔がんの新たな診断・治療方法開発に向けた基礎的研究(黒嶋雄志 2016-2018年度)

  • 東京大学生産技術研究所展開研究費,2017年04月

    生体溶解性マイクロニードル式パッチの医療・医薬品への展開のための製造・評価基盤構築(丸岡 豊 2017年度)

  • 国際医療研究開発費(疾病開発分野),2017年04月

    マイクロニードルパッチを用いた口腔粘膜炎の新しい治療法に関する研究(丸岡 豊 2016-2018年度)

  • 国際医療研究開発費(疾病開発分野),2017年04月

    悪性血液疾患に対して化学療法を施行した患者の口腔内有害事象に関する研究(島田泰如 2016-2017年度)

  • 国際医療研究開発費(疾病開発分野),2017年04月

    エアータービンハンドピース内部の汚染状態の評価と院内感染対策の検討に関する研究(近藤順子 2016-2018年度)

  • 国際医療研究開発費(疾病開発分野),2017年04月

    ベトナムチョウライ病院ICU看護師の口腔ケア教育に関する介入研究(木村友美 2017-2018年度)

  • 科学研究費補助金 基盤研究(C) ,2017年04月

    舌再建により大脳機能局在は変化するか(小枝聡子)

  • 科学研究費補助金 基盤研究 (C) ,2017年04月

    自己由来フィブリンによる成長因子制御と幹細胞を用いた骨・粘膜再生テクノロジー(丸川恵理子 2015-2017年度)

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2017年04月

    難治性口腔粘膜疾患の病態解明と新規制御法を目指した基礎的研究(津島文彦)

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2017年04月

    ゼラチンハイドロゲルと脂肪幹細胞 自己血漿を用いた3次元的顎骨延長法による骨再生(樋口祐輔)

▼全件表示

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • この機会に再確認しよう!口腔粘膜疾患と口腔癌,群馬県歯科医師会,令和3年度口腔がん対策推進研修会(原田浩之),2021年12月11日

  • 八王子市立別所中学がん教室,安間英潮,がん教室(島本裕彰),2021年12月09日

  • おとなのがん講座,大久保毅一,おとなのがん講座(島本裕彰),2021年09月29日

  • 臨床に役立つ抜歯手技,東京都歯科医師会,令和3年度卒後研修(原田浩之),2021年09月05日

  • 口腔がん再建術後管理の実際,大塚製薬工場,第2回歯科口腔外科周術期セミナー(富岡寛文),2021年08月03日

  • 教えて!ヨミドック 親知らず抜いた方がいい?虫歯や痛みある時に,読売新聞社,読売新聞(原田浩之),2021年03月23日

  • 口腔外科手術,大塚製薬社内研修会(原田浩之),2020年10月06日

  • 口腔癌と口腔粘膜疾患の診るポイント ~在宅だからこそ高い診断能力が必要です~,第3回海老名歯科医師会学術講演(原田浩之),2020年09月12日

  • 東京医科歯科大学における口腔がん患者の現況,第6回地域の口腔がんを考えるシンポジウム(原田浩之),2020年02月09日

  • 口腔がんについて,読売新聞(原田浩之),2020年01月31日

  • 口腔粘膜疾患の診断と治療 2019年11月15日,東京医科歯科大学同窓会練馬支部,2019年11月15日

  • 中高年のための医療最前線「舌がん」,寿出版株式会社,月刊ことぶき,2019年10月18日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2019年9月29日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2019年09月29日

  • 口腔領域の悪性腫瘍 見逃さないためのポイント,ウイルス感染症の方が来院したら 2019年6月23日,第16回口腔外科セミナー(富岡寛文,丸岡 豊),東京医科歯科大学,2019年06月23日

  • 口内炎の原因と治療,ハースト婦人画報,ウィメンズヘルス,2019年05月30日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2019年5月26日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2019年05月26日

  • 口腔がん最新治療(ゴッドハンド),産経新聞社,夕刊フジ特別版『健活手帖』,2019年03月15日

  • 口腔ガンの予防と早期発見 ,NHKラジオセンター,「マイあさ!」「健康ライフ」コーナー,2019年03月12日

  • 「POLA」の皆さんにお伝えしたいがんのお話 2019年3月11日,POLA,がん企業対策アクションプログラム(島本裕彰),東京,2019年03月11日

  • 口腔癌医療の最新事情,日経BP,日経メディカル,2019年02月25日

  • 堀ちえみさん「舌がん」について,日本テレビ,スッキリ,2019年02月20日

  • 最近の感染症事情 〜HIV感染者の歯科診療について〜 2018年11月25日,第21回感染症予防歯科衛生士講習会(丸岡 豊),2018年11月25日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2018年9月30日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース(原田浩之),2018年09月30日

  • 悪性血液疾患患者に生じた口腔内有害事象とそのリスク因子 2018年8月25日,第3回骨髄移植患者医科歯科診療連携のための講習会(丸岡 豊),2018年08月25日

  • 口腔粘膜疾患の診断と治療 2018年6月16日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース(津島文彦),2018年06月16日

  • 歯科・口腔外科とは、いかなる診療科か? 2018年6月16日,第25回新宿医学会(丸岡 豊),2018年06月16日

  • 顎変形症Initiative -総合病院におけるアピール戦略 2018年6月15日,第28回日本顎変形症学会総会 ランチョンセミナー6(丸岡 豊),2018年06月15日

  • 日常臨床における口腔外科疾患の画像診断,TCHはTMD以外の歯科疾患にも関連する 2018年6月10日,第15回口腔外科セミナー(黒嶋雄志,坂本一郎),2018年06月10日

  • HIVについて2018年6月7日,(公社)相模原市歯科医師会障害者歯科診療事業(丸岡 豊),2018年06月07日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2018年6月3日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース(原田浩之),2018年06月03日

  • HIV感染者の歯科治療と感染対策2018年2月10日,宮城県HIV歯科医療と感染対策講習会(丸岡 豊),2018年02月10日

  • 口内炎の基礎知識,日経メディカル開発(原田浩之),2017年12月06日

  • コラーゲン使用人工骨リフィットの臨床応用,~ダイジェストで学ぶ~技術向上のための インプラント・アドバンスセミナー(丸川恵理子),2017年11月11日 - 2017年11月12日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2017年10月29日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2017年10月29日

  • 最近の感染症事情 -HIV感染者の歯科診療について- 2017年8月20日,第20回感染症予防歯科衛生士講習会(丸岡 豊),さいたま市,2017年08月20日

  • 国民のQOL維持・向上 に歯科はいかなる貢献ができるか - HIV感染者の歯科治療を通して- 2017年7月23日,東北大学歯学部同窓会第32回卒後研修会(丸岡 豊),仙台市,2017年07月23日

  • 最新口腔外科事情-TMDU原田教室のスタンダードを学ぶ- 2017年7月2日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2017年07月02日

  • 全身疾患に伴う口腔粘膜病変,抜歯部位におけるインプラント治療の診断基準と治療アプローチ 2017年6月18日,第13回口腔外科セミナー(津島文彦,依田 泰),東京医科歯科大学,2017年06月18日

  • 親知らずの対処,朝日新聞(原田浩之),2017年06月17日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2017年5月21日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2017年05月21日

  • 骨補填材の適材適所を学ぶ,京セラセミナー The Meeting for Bone Substitutes 大阪(丸川恵理子),2017年04月09日

  • 骨補填材の適材適所を学ぶ,京セラセミナー The Meeting for Bone Substitutes 札幌(丸川恵理子),2017年04月02日

  • 骨補填材の適材適所を学ぶ,京セラセミナー The Meeting for Bone Substitutes 東京(丸川恵理子),2017年02月19日

  • 当科を受診した症例について 2017年2月15日,焼津市歯科医師会(尾田誠一郎),焼津市,2017年02月15日

  • 口腔領域の再建術について 2016年11月7日,東京医科歯科大学歯学部附属病院看護部勉強会(原田浩之),2016年11月07日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2016年10月30日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2016年10月30日

  • 口腔癌と口腔粘膜病変のみかた 2016年10月14日,江戸川区歯科医師会講演会(原田浩之),2016年10月14日

  • 口腔がんの見分け方 2016年10月1日,北海道大学歯学部同窓会旭川支部講演会(原田浩之),2016年10月01日

  • 口腔癌と口腔粘膜病変のみかた 2016年9月28日,葛飾区歯科医師会講演会(原田浩之),2016年09月28日

  • 口腔癌に対する選択的頸部郭清術 2016年7月24日,第45回日本口腔外科学会教育研修会・口腔四学会合同研修会(原田浩之),京都,2016年07月22日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2016年5月29日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2016年05月29日

  • 薬剤関連性顎骨壊死(MRONJ)を防ぐために-最新の知見と治療法について-,最近の当科でおこなっている骨再生・インプラント治療 2016年5月22日,第13回口腔外科セミナー(樺沢勇司,丸川恵理子),2016年05月22日

  • 自分でも発見できる口腔がん 2016年5月22日,杉並区歯科医師会講演会(原田浩之),2016年05月22日

  • 口腔癌広汎切除後の再建 2016年3月27日,東京医科歯科大学顎口腔外科学同窓会学術講演(原田浩之),2016年03月27日

  • 口腔癌における頸部制御に対する治療戦略 2016年3月18日,第10回山口県口腔癌研究会(原田浩之),2016年03月18日

  • 自分でも発見できる口腔がん 2016年3月3日,杉並保健所講習会(原田浩之),2016年03月03日

  • 口腔癌に対する選択的頸部郭清術 2016年2月28日,第45回日本口腔外科学会教育研修会・口腔四学会合同研修会(原田浩之),横浜市,2016年02月28日

  • 口腔がんの見分け方 2016年2月14日,平成28年北海道大学歯学部同窓会関東支部学術講演会(原田浩之),2016年02月14日

  • 口腔癌再発・転移例に対する治療 2016年1月26日,メルクセローノ社内勉強会(原田浩之),2016年01月26日

▼全件表示