基本情報

写真a

原田 浩之(ハラダ ヒロユキ)

HARADA Hiroyuki


職名

教授

研究室住所

東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5507

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  歯学部  1991年  卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2015年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 准教授
  • 2015年04月
    -
    2018年03月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授
  • 2018年04月
    -
    2020年05月
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授
  • 2020年06月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 顎口腔外科学 教授

経歴(学外) 【 表示 / 非表示

  • 平成3年4月〜北海道大学歯学部附属病院口腔外科
  • 平成11年4月〜千葉県がんセンター頭頸科
  • 平成13年4月〜東京医科歯科大学歯学部附属病院医員
  • 平成13年10月〜東京医科歯科大学歯学部附属病院助手
  • 平成19年5月〜東京医科歯科大学医歯学総合研究科顎口腔外科学分野講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会

  • 日本口腔腫瘍学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本頭頸部癌学会

  • 日本口腔科学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 歯周病における転写因子mohawk homeobox(Mkx)の関与

    文部科学省/日本学術振興会

論文・総説 【 表示 / 非表示

  • Tanaka K, Harada H, Kayamori K, Omura K. Chronic sclerosing sialadenitis of the submandibular gland as the initial symptom of IgG4-related disease: a case report. Tohoku J Exp Med. 2015.07; 236 (3): 193-198. ( PubMed, DOI )

  • Haobam Bijaya, Nozawa Takashi, Minowa-Nozawa Atsuko, Tanaka Misako, Oda Seiichiro, Watanabe Takayasu, Aikawa Chihiro, Maruyama Fumito, Nakagawa Ichiro. Rab17-mediated recycling endosomes contribute to autophagosome formation in response to Group A Streptococcus invasion. Cell Microbiol. 2014.12; 16 (12): 1806-1821. ( PubMed, DOI )

  • Mochizuki Yumi, Omura Ken, Harada Hiroyuki, Marukawa Eriko, Shimamoto Hiroaki, Tomioka Hirofumi. Functional outcomes and patient satisfaction after vascularized osteocutaneous scapula flap reconstruction of the mandible in patients with benign or cancerous tumours. Int J Oral Maxillofac Surg. 2014.11; 43 (11): 1330-1338. ( PubMed, DOI )

  • Kudoh Masanori, Harada Hiroyuki, Matsumoto Koshi, Sato Yuriko, Omura Ken, Ishii Yoshimasa. Methotrexate-associated lymphoproliferative disorder arising in the retromolar triangle and lung of a patient with rheumatoid arthritis. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.10; 118 (4): e105-e110. ( PubMed, DOI )

  • Takahara Namiaki, Imai Hideki, Nakagawa Satoshi, Sumikura Kanako, Tsushima Fumihiko, Omura Ken. Temporomandibular joint intermittent closed lock: clinic and magnetic resonance imaging findings. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2014.10; 118 (4): 418-423. ( PubMed, DOI )

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 原田浩之. 口腔癌診療ガイドライン2019年版. 金原出版, 2019.10 口腔癌診療ガイドライン2019年版

  • 原田浩之. 医科歯科人. 東京医科歯科大学, 2019.09 医科歯科大BLOOM No27

  • 原田浩之. 舌癌の手術法.. クインテッセンス出版株式会社, 2019.07 口腔外科ハンドマニュアル’19

  • 原田浩之. 口内炎の対処法. ウィメンズヘルス, 2019.06

  • 原田浩之. 口腔癌取扱い規約 第2版. 金原出版, 2019.04

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Marukawa E, Hatakeyama I, Takahashi Y, Omura K. Effects of Platelet-Poor Plasma, Platelet-Rich Plasma, and Platelet-Rich Fibrin on healing of extraction sockets with buccal dehiscence in dogs. 23rd The European Association for Osseointegration September 25-27, 2014 2014.09.25 Rome, Italy

  • Tanaka K, Taguchi T, Mochizuki H, Tomioka H, Shimamoto H, Ikuta M, Harada H, Bertolus C, Goudot P, Omura K. A clinical study on 74 cases of salivary gland carcinoma. The 22nd Congress of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery September 23-26, 2014 2014.09.23 Prague

  • Kudoh M, Harada H, Sato Y, Omura K, Ishii Y. Massive odontoameloblastoma arising in the maxilla. 96th AAOMS Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition September 8-13, 2014 2014.09.08 Honolulu

  • Marukawa E, Tamai M, Takahashi Y, Hatakeyama I, Sato M, Higuchi Y, Harada H, Omura K. Comparison of magnesium alloy and poly-L-lactide screws as degradable implant in canine fracture model. 6th Symposium on Biodegradable Metals.August 24-29, 2014 2014.08.24 Maratea, Italy.

  • Oda S, Sakurai J, Tsushima F, Sato M, Uesugi A, Matsumoto K, Omura K. The Long-Term Outcome Of OLP, Patterns of Remission and Relapse. 2014 Joint Oral Medicine Meeting April 9-12, 2014 2014.04.09 Orland

全件表示 >>

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • Young Scientists Award(清水六花),日本癌学会,2019年09月

  • 平成31年度日本口腔科学会学会賞優秀論文賞(野島 瞳),日本口腔科学会,2019年04月

  • 優秀ポスター賞(木下直哉),第40回日本バイオマテリアル学会,2018年11月

  • 優秀口演賞(丸岡 豊),国立病院総合医学会,2017年11月

  • 優秀ポスター発表賞(高原楠旻),日本顎関節学会,2017年07月

全件表示 >>

その他業績 【 表示 / 非表示

  • 山梨県立中央病院学術研究費,2019年09月

    口腔癌の免疫抑制メカニズムの解析と、ニボルマブ有効症例のスクリーニングへの応用

  • 科研費(文科)       平成31年度 若手研究,2019年04月

    口腔癌の免疫抑制メカニズムの解析と、ニボルマブ有効症例のスクリーニングへの応用

  • 科学研究費補助金 基盤研究 (C) ,2019年04月

    歯周病における転写因子mohawk homeobox(Mkx)の関与

  • 科学研究費補助金 若手研究(B) ,2019年04月

    Sam68を標的とした口腔がんの新たな診断・治療方法開発に向けた基礎的研究(黒嶋雄志 2016-2019年度)

  • (株)ジールコスメティック,2018年09月

    扁平苔癬に対するSORB’Sの有効性について(原田浩之)

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 口腔がんについて,読売新聞社,読売新聞,2020年01月31日

  • 口腔粘膜疾患の診断と治療 2019年11月15日,東京医科歯科大学同窓会練馬支部,2019年11月15日

  • 中高年のための医療最前線「舌がん」,寿出版株式会社,月刊ことぶき,2019年10月18日

  • スムーズな小手術ーTMDU口腔外科のスタンダードを学ぶー 2019年9月29日,東京医科歯科大学歯科同窓会C.D.Eコース ,東京医科歯科大学,2019年09月29日

  • 口腔領域の悪性腫瘍 見逃さないためのポイント,ウイルス感染症の方が来院したら 2019年6月23日,第16回口腔外科セミナー(富岡寛文,丸岡 豊),東京医科歯科大学,2019年06月23日

全件表示 >>