基本情報

写真a

岡光 基子(オカミツ モトコ)

OKAMITSU Motoko


職名

准教授

研究室住所

東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科小児・家族発達看護学 〒113-8519 東京都文京区湯島1-5-45

研究室電話番号

03-5803-5342

研究室FAX番号

03-5803-5342

研究分野・キーワード

小児看護, 親子相互作用, 育児支援

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(看護学)  東京医科歯科大学

経歴(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2016年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 小児・家族発達看護学 助教
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 小児・家族発達看護学 准教授
  • 2017年04月
    -
    現在
    東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 臨床看護開発学講座 精神・人間発達看護学 小児・家族発達看護学 准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 世界乳幼児精神保健学会日本支部

  • 世界乳幼児精神保健学会

  • 日本小児保健協会

  • 日本小児看護学会

  • 乳幼児保健学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本乳幼児医学・心理学会

▼全件表示

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    現在
    乳幼児保健学会 理事
  • 2014年04月
    -
    現在
    世界乳幼児精神保健学会日本支部 事務補佐
  • 2016年04月
    -
    2017年03月
    The Japan Journal of Nursing Science 査読委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    お茶の水看護学研究会 会長
  • 2016年04月
    -
    現在
    お茶の水看護学雑誌 編集委員
  • 2016年04月
    -
    現在
    日本乳幼児医学・心理学会 評議委員・編集委員

▼全件表示

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生涯発達看護学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ファミリーパートナーシップに基づく育児支援プログラム導入による介入効果の検証,2019年04月 - 2023年03月

  • 妊娠期からのファミリーパートナーシップモデルに基づく早期育児支援の有効性 ,2015年04月 - 2023年03月

  • 周産期における母児エピゲノムの体系的解析,2015年04月 - 2023年03月

  • 親子相互作用査定尺度JNCATSに基づく次世代センシティブ支援ネットワークの構築,2012年04月 - 2015年03月

  • 看護職の育児支援介入研究―乳幼児精神保健の看護実践―,2011年04月 - 2016年03月

  • 口唇口蓋裂をもつ児の乳児期における育児支援プログラムの評価に関する縦断的研究,2011年04月 - 2014年03月

▼全件表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • NICUにおける熟練看護師の技の解明に基づく教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会 : 2018年 - 2020年

  • 妊娠期からのファミリーパートナーシップモデルに基づく早期育児支援の有効性

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2018年

  • 妊娠期からのファミリーパートナーシップモデルに基づく早期育児支援の有効性

    文部科学省/日本学術振興会 : 2015年 - 2017年

  • 看護職の育児支援介入研究―乳幼児精神保健の看護実践―

    文部科学省/日本学術振興会 : 2011年 - 2015年

  • 看護職の育児支援介入研究―乳幼児精神保健の看護実践―

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2015年

  • 育児支援における看護職の役割‐日・米・フィンランド3カ国の比較‐

    文部科学省/日本学術振興会 : 2010年 - 2012年

  • 栄養等の発生発達期環境整備に向けた環境-遺伝子-エピゲノム-形質連関の包括的解析

    文部科学省/日本学術振興会

  • 親子相互作用査定尺度JNCATSに基づく次世代センシティブ支援ネットワークの構築

    文部科学省/日本学術振興会

  • 小児外来でのファミリーパートナーシップモデルに基づく多職種による育児支援の有効性

    文部科学省/日本学術振興会

  • ファミリーパートナーシップに基づく育児支援プログラム導入による介入効果の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • 幼児の社会・情緒的問題の評価尺度-日本語版ITSEAの標準化と活用にむけて-

    文部科学省/日本学術振興会

  • 小児領域の看護師による倫理的実践の構造と教育プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

  • 父親のペアレンティングに焦点化したピア主導型育児支援プログラムの開発と効果の検証

    文部科学省/日本学術振興会

  • ICTを用いた労働者のための親介護リテラシー育成プログラムの開発

    文部科学省/日本学術振興会

▼全件表示

論文・総説 【 表示 / 非表示

  1. Fudono A, Imai C, Takimoto H, Tarui I, Aoyama T, Yago S, Okamitsu M, Muramatsu M, Sato N and Miyasaka N. Trimester-specific associations between extracellular vesicle microRNAs and fetal growth 2021.11; ( DOI )

  2. Imai C, Takimoto H, Fudono A, Tarui I, Aoyama T, Yago S, Okamitsu M, Sasaki S, Mizutani S, Miyasaka N, Sato N. Application of the Nutrient-Rich Food Index 9.3 and the Dietary Inflammation Index for assessing maternal dietary quality in Japan: a single-center birth cohort study Nutrients. 2021;

  3. Sato N, Fudono A, Imai C, Takimoto H, Tarui I, Aoyama T, Yago S, Okamitsu M, Mizutani S, and Miyasaka N. Placenta mediates the effect of maternal hypertension polygenic score on offspring birth weight: a study of birth cohort with fetal growth velocity data BMC Medicine. 2021;

  4. Nomura S, Okamitsu M, Yago S, Nagata N, Katsumoto S, Arai K, Kubota M, Tachibana Y, Omori T, Miyao M. Characteristics of Parents and Their Infants with Autistic Behaviors: Parent-Infant Interaction, Parental Depression, and Parenting Stress Journal of Medical and Dental Sciences. 2020; 67 31-39. ( 医中誌 )

  5. Pavethynath Shilpa, 今井 千裕, 飛知和 尚美, Jin Xin, 瀧本 秀美, 岡光 基子, 樽井 依織, 青山 友子, 矢郷 哲志, 不殿 絢子, 宮坂 尚幸, 佐藤 憲子. 妊娠後半期の末梢血における脂質関連遺伝子のDNAメチル化 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2019.04; 73回 225. ( 医中誌 )

  6. Shilpa Pavethynath, Chihiro Imai, JIN Xin, Naomi Hichiwa, Hidemi Takimoto, Motoko Okamitsu, Iori Tarui, Tomoko Aoyama , Satoshi Yago, Ayako Fudono, Masaaki Muramatsu, Naoyuki Miyasaka and Noriko Sato. Metabolic and immunological shifts during mid-to-late gestation influence maternal blood methylation of CPT1A and SREBF1 International Journal of Molecular Science. 2019.03;

  7. 岡光基子,鈴木香代子. 【小児・周産期の看護と乳幼児精神保健-多職種連携による育児支援-】 親と専門職者のパートナーシップ 早期支援プログラムと介入効果に関する研究の検討 乳幼児医学・心理学研究. 2018.12; 27 (2): 131-138. ( 医中誌 )

  8. Michie Nagayoshi, Taiko Hirose, Kyoko Toju, Shigenobu Suzuki, Motoko Okamitsu, Taeko Teramoto, Takahide Omori, Aki Kawamura, Naoko Takeo. Related visual impairment to mother-infant interaction and development in infants with bilateral retinoblastoma. Eur J Oncol Nurs. 2017.06; 28 28-34. ( PubMed, DOI )

  9. Kayoko Suzuki, Eija Paavilainen, Mika Helminen, Aune Flinck, Natsuko Hiroyama, Taiko Hirose, Noriko Okubo, Motoko Okamitsu. Identifying and Intervening in Child Maltreatment and Implementing Related National Guidelines by Public Health Nurses in Finland and Japan. Nurs Res Pract. 2017.02; ( PubMed, DOI )

  10. Michie Nagayoshi, Taiko Hirose, Kyoko Toju, Shigenobu Suzuki, Motoko Okamitsu, Takahide Omori, Aki Kawamura, Naoko Takeo. Parenting Stress Related to Raising Infants Receiving Treatment for Retinoblastoma Psycho-Oncology. 2016.12; 25 1507-1511. ( DOI )

  11. Keiko Komoto, Taiko Hirose, Takahide Omori, Naoko Takeo, Motoko Okamitsu, Noriko Okubo and Hiroji Okawa. Effect of Early Intervention to Promote Mother - Infant Interaction and Maternal Sensitivity in Japan: A Parenting Support Program based on Infant Mental Health Journal of Medical and Dental Sciences. 2015.12; 62 (4): 77-90.

  12. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu. Interparental Agreement on Ratings of Infants’ Social-Emotional and Behavioral Problems and Competencies Jacobs Journal of Pediatrics. 2015.12; 1 (2): 1-7.

  13. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Aki Kawamura, Takahide Omori, Motoko Okamitsu. Gender, age, and cultural differences in the Japanese version of the Infant-Toddler Social and Emotional Assessment. Journal of Medical and Dental Sciences. 2015.12; 62 (4): 91-101. ( PubMed, DOI )

  14. Michie Nagayoshi, Taiko Hirose, Takahide Omori, Kyoko Toju, Shigenobu Suzuki, Motoko Okamitsu, Aki Kawamura, Naoko Takeo. A Prospective Study of Factors Related to Mother-Infant Interaction in One-year-old Infants with Retinoblastoma. Journal of Medical and Dental Sciences. 2015.12; 62 (4): 103-113. ( PubMed, DOI )

  15. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Yukiko Okabayashi, Kayoko Hiroi, Nozomi Nakagawa, Takahide Omori. Differences and similarities between father-infant interaction and mother-infant interaction Journal of Medical and Dental Sciences. 2014; 61 (1): 7-16.

  16. Yukiko Cho, Taiko Hirose, Naoko Tomita, Sonoko Shirakawa, Kimiko Murase, Keiko Komoto, Michie Nagayoshi, Motoko Okamitsu, Takahide Omori. Infant Mental Health Intervention for preterm infants in Japan: Promotion of maternal health, mother-infant interactions, and social support by providing continuous home visit until the corrected infant age of 12 months. Infant Mental Health Journal. 2013; 34 (1): 47-59.

  17. Motoko Okamitsu, Taiko Hirose. A Longitudinal Study of Factors Related to Mother–Infant Interactions During Feeding for Infants with Cleft Lip and/or Palate Journal of the Ochanomizu Association for Academic Nursing. 2012; 6 (1): 23-35.

  18. Miho Kusanagi, Taiko Hirose, Kumi Mikuni, Motoko Okamitsu. Effect of early intervention using state modulation and cue reading on mother-infant interactions in preterm infants and their mothers in Japan. J. Med. Dent. Sci.. 2011; 58 (3): 89-96. ( PubMed )

  19. 岡光基子. 【多層域・多領域の乳幼児臨床に向けて-各領域におけるポピュレーション・アプローチからハイリスク・アプローチまで-】 家族看護の実践における乳幼児精神保健 乳幼児医学·心理学研究. 2020.06; 29 (1): 21-27.

  20. 岡光基子. 子育てに寄り添う:気づきから支援までの実践に学ぶ 乳幼児精神保健と看護 親子のアセスメントと関係性支援 日本フォレンジック看護学会誌. 2020.03; 6 (2): 115-118.

  21. 岡光 基子, 大久保 功子, 三国 久美, 矢郷 哲志. エビデンスに基づく産前・産後における家族支援システムの構築に向けた試み 日本看護科学学会学術集会講演集. 2019.11; 39回 [K27]. ( 医中誌 )

  22. 来生 奈巳子, 岡光 基子, 矢郷 哲志, 大久保 功子. 入院している子どもの倫理的課題に関する看護師のナラティブ 規則による不条理と治療の暴力性 日本看護科学学会学術集会講演集. 2019.11; 39回 [O13-04]. ( 医中誌 )

  23. 三国久美, 草薙美穂, 澤田優美, 齋藤早香枝, 岡光基子, 矢郷哲志, 廣瀬たい子. ファミリーパートナーシップに基づく育児支援講習会の効果 北海道医療大学看護福祉学部紀要. 2017.12; 24 31-36.

  24. 岡光基子. 乳幼児看護学はじめの一歩(第19回) ファミリーパートナーシップモデルに基づいた産前・産後の親子支援について 小児看護. 2017.06; 40 (6): 763-767.

  25. 幸本敬子,岡林優喜子,岡光基子. 乳幼児看護学はじめの一歩(第9回) 虐待と乳幼児看護 小児看護 小児看護. 2016.03; 39 (3): 377-380.

  26. 岡光基子. 乳幼児看護学はじめの一歩(第4回) 乳幼児の愛着 小児看護. 2015.09; 38 (10): 1345-1347.

  27. 鈴木香代子, 岡光基子,廣瀬たい子,大久保功子. フィンランドにおける子どもの虐待予防のための育児支援―看護職による活動を中心に― 小児保健研究. 2015.05; 74 (3): 447-452.

  28. 廣瀬たい子、幸本敬子、岡光基子. 虐待の世代間伝達と家族看護-両親からの複合虐待をうけた母親への育児支援- 乳幼児医学・心理学研究. 2014.12; 23 (2): 111-118.

  29. 岡光基子, 廣瀬たい子, 寺本妙子, 大森貴秀, 大久保功子, 吉増秀實. 口唇裂・口蓋裂をもつ乳児の母子相互作用と児の発達、母親の心理とソーシャルサポートの関連要因 小児保健研究. 2014; 73 (4): 555-562.

  30. 竹尾奈保子, 廣瀬たい子, 岡光基子, 寺本妙子, 矢郷哲志, 岡林優喜子, 井桁洋子. 血液・免疫疾患の乳幼児と母親の母子相互作用の特徴と関連要因 小児がん看護. 2014; 9 (1): 38-47.

  31. 廣居 嘉代子, 廣瀬 たい子, 丸 光惠, 岡光 基子. 早産児の経口哺乳開始後における母子相互作用の特徴と関連要因 早産児のcueおよび早期産体験の癒しとの関連 小児保健研究. 2014; 73 (5): 653-662.

  32. 岡光基子, 廣瀬たい子, 寺本妙子, 大森貴秀, 草薙美穂, 鈴木香代子, 河村秋. 日本語版NCAFSの開発および信頼性に関する検討 小児保健研究. 2011; 70 (3): 350-357.

▼全件表示

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  1. 村松十和, 岡本美和子(編), 大槻恵子, 岡光基子, 小川絢子, 鎌田佳奈美, 鈴木香代子, 高橋泉, 矢郷哲志. 健やかな育ちを支える人への子どもの保健. 樹村房, 2018.03 (ISBN : 978-4883671632)

  2. 加藤則子,菅井敏行,岡光基子,矢郷哲志,津田芳見,市川香織,神尾美香子,民秋言,小田豊,栃尾勲,無藤隆,矢藤誠慈郎. 子どもの健康と安全(新 保育ライブラリ). 北大路書房, 2021.03 第3章1節・2節

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  1. Okamitsu M, Yago S, Komoto K, Okubo N. Effectiveness of a training program based on the Family Partnership Model for antenatal and postnatal support.. World Association for Infant Mental Health(WAIMH) 17th Congress 2021.06.22 Melbourne

  2. Yago S, Okamitsu M, Sato N, Takimoto H, Imai C, Fudono A, Yomogida H, Aoyama T, Miyasaka N. Perinatal maternal mental health, sleep quality, and infant development: A Japanese prospective cohort study.. World Association for Infant Mental Health(WAIMH) 17th Congress 2021.06.22 Melbourne

  3. Aoyama T, Yago S, Okamitsu M, Taki A, Morio T, Tarui I, Shitara K, Imai C, Fudono A, Sato N, Miyasaka N, Takimoto H. Handgrip Strength in One-Month-Old Infants: How Strong Are They?. PERINATAL SOCIETY of Australia & New Zealand 2020.04

  4. Fudono A, Sato N, Takimoto H, Okamitsu M, Imai C, Aoyama T, Yago S, Tarui I, Yomogita H, Miyasaka N. Trimester Specific Difference in Exosomal MicroRNA Expression.. DOHAD 2019 Congress 2019.10.22 Melbourne

  5. Imai C, Pavethynath S, Xin J, Hichiwa N, Takimoto H, Okamitsu M, Tarui I, Aoyama T, Yago S, Fudono A, Muramatsu M, Miyasaka N, Sato N. Intra- and Inter- individual Differences in CPT1A and SREBF1 Methylation of Maternal Leukocytes During Mid-to-Late Gestation.. DOHAD 2019 Congress 2019.10.22 Melbourne

  6. Pavethynath Shilpa, 今井千裕, JIN Xin, 飛知和尚美, 瀧本秀美, 岡光基子, 樽井依織, 青山友子, 矢郷哲志, 不殿絢子, 宮坂尚幸, 佐藤憲子. 妊娠後半期の末梢血における脂質関連遺伝子のDNAメチル化. 第73回日本栄養・食糧学会大会 2019.05.18 静岡

  7. Satoshi Yago, Motoko Okamitsu. Predictors of social-emotional and behavioral problems and competencies in early childhood in Japan. 16th WAIMH World Congress 2018.05.28 Rome, Italy

  8. Kumi Mikuni, Miho Kusanagi, Yuumi Sawada, Sakae Saito, Motoko Okamitsu, Satoshi Yago, Taiko Hirose. Effects of the childcare support seminar based on Family Partnership Model. The 4th International Nursing Research Conference 2017.10.20 Bangkok, Thailand

  9. Satomi Nomura, Motoko Okamitsu, Satoshi Yago. Trends in research on paternal parenting from 2007 to 2017: fathers of children with Neurodevelopmental disorder. The 5th International Nursing Research Conference 2017.10.20 Bangkok, Thailand

  10. 今井千裕, Shilpa Pavethy nath, 瀧本秀美, 岡光基子, Tay Zar Kyaw, Nay Chi Thun, 五十嵐麻子, 青山友子, 矢郷哲志, 不殿絢子, 宮坂尚幸, 佐藤憲子. 妊娠中の環境要因が影響するエピゲノム変化と母児の健康指標との関連-BC-GENIST-. 第6回日本DOHaD学会学術集会 2017.08.26 東京

  11. Noriko Sato, Hidemi Takimoto, Motoko Okamitsu, Tay Zar Kyaw, Chihiro Imai, Nay Chi Htun, Satoshi Yago, Tomoko Aoyama, Seiji Yamaguchi and Naoyuki Miyasaka. Study design: the evaluation of interindividual differences in neonatal epigenome - the BC-GENIST project. the 21st World Congress of Epidemiology, International Epidemiological Association 2017.08.21 Saitama, Japan

  12. Hidemi Takimoto, Motoko Okamitsu, Noriko Sato, Tay Zar Kyaw, Nay Chi Htun, Chihiro Imai, Yuiri Tsubota, Reiko Tajirika-Shirai, Satoshi Yago, Tomoko Aoyama, Naoyuki Miyasaka. Dietary intakes from 3-day weighed dietary records among pregnant participants in the Birth Cohort - Gene and ENvironment Interaction Study of TMDU (BC-GENIST). the 21st World Congress of Epidemiology, International Epidemiological Association 2017.08.21 Saitama, Japan

  13. Hidemi Takimoto, Motoko Okamitsu, Noriko Sato, Tay Zar Kyaw, Nay Chi Htun, Chihiro Imai, Yuiri Tsubota, Reiko Tajirika-Shirai, Satoshi Yago, Tomoko Aoyama, Naoyuki Miyasaka. Dietary intakes and depressive symptoms among pregnant participants in the Birth Cohort- Gene and ENvironment Interaction Study of TMDU (BC-GENIST).. 第27回日本疫学会学術総会 2017.01.27 山梨

  14. Noriko Sato, Hidemi Takimoto, Tay Zar Kyaw, Nay Chi Htun, Chihiro Imai, Asako Igarashi, Yuiri Tsubota, Reiko Tajirika-Shirai, Satoshi Yago, Tomoko Aoyama, Motoko Okamitsu, Naoyuki Miyasaka. Cohort profile: Birth Cohort - Gene and Environment Interaction Study of TMDU (BC-GENIST). 日本DOHaD研究会学術集会 2016.07.24

  15. Satoshi Yago, Motoko Okamitsu, Taiko Hirose, Aki Kawamura, Noriko Okubo. Cultural differences in social-behavioral problems and competences between American and Japanese children. 15th World Congress of the World Association for Infant Mental Health 2016.05.30 Prague, Czech Republic

  16. Keiko Komoto, Catherine Jane Martin, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu,Naoko Takeo, Taeko Teramoto. Early separation to promote relationship of severe postpartum depression mother and feeding disorder baby. Zero to Three 30th National Training Institute (NTI) 2015.12.02 Seattle,Washington

  17. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Aki Kawamura, Motoko Okamitsu, Michie Nagayoshi, Takahide Omori. Regional differences in social-emotional and behavioral problems and competencies in one- to three-year-olds. Zero to Three 30th National Training Institute (NTI) 2015.12.02 Seattle,Washington

  18. Yukiko Okabayashi, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Satomi Nomura. Intervention in high-risk mother and infant in Japan. Zero to Three 30th National Training Institute (NTI) 2015.12.02 Seattle,Washington

  19. Motoko Okamitsu. Cultural aspect of parenting and current dangers in Japan, Parenting Symposium universal cultural & familial aspects. The 4th International Association for the Study of Attachment (IASA) International Conference 2015.11.10 Miami, Florida

  20. Keiko Komoto, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu. Effects of the Japanese Early Promotion Program Based on the analysis of the CARE-Index.. 4th The International Association for the Study of Attachment (IASA) International Conference 2015.11.10 Miami, Florida

  21. Noriko Okubo, Motoko Okamitsu, Kumi Mikuni, Taiko Hirose, Yukiko Okabayashi, Michie Nagayoshi, Aki Kawamura, Miho Kusanagi, Yumi Sawada, Sakae Saito, Yasuko Saito. Program evaluation:NCAST vs EEPP. 6th International Conference on Community Health Research 2015.08.20

  22. Satoshi Yago, Toru Ishida, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Noriko Okubo. Parental agreement on and discrepancies in ratings of infants’ social-emotional and behavioral problems and competencies. The 8th Congress of the Asian Society for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions 2015.08.19 Kuala Lumpur, Malaysia

  23. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu. A review of child abuse prevention program in Japan. Academy on Violence and Abuse (AVA) 2014 member meeting 2014.10 Salt Lake City, Utah,USA

  24. Keiko Komoto, Catherine Jane Martin, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Hiroji Okawa. Parenting support for mothers abused in their childhood in Japan. Academy on Violence and Abuse (AVA) 2014 member meeting 2014.10 Salt Lake City, Utah, USA

  25. Satoshi Yago, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Michie Nagayoshi, Taeko Teramoto, Kumi Mikuni, Afsaneh Eslami ,Katsuko Tanaka. NCAST training in Japan: Concurrent training achievements and challenges for the future. The 15th Biennial NCAST Program Institute 2014.06 Seattle, USA

  26. Keiko Komoto, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Hiroji Okawa. Interaction between sexually abused mothers and their children-The influence of maternal trauma. 14th World Congress, World Association for Infant Mental Health (WAIMH) 2014.06 Edinburgh, Scotland

  27. Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Noriko Okubo, Kumi Mikuni, Yasuko Saito, Yoshie Hamano, Kumiko Hamasaki, Yukiko Okabayashi, Michie Nagayoshi, Aki Kawamura. A preliminary parenting support project based on EEPP in Japan, A training program for nurses. 14th World Congress, World Association for Infant Mental Health (WAIMH) 2014.06 Edinburgh, Scotland

  28. Mika Yugeta, Satoshi Yago, Nobumoto Tajima, Taiko Hirose, Motoko Okamitsu, Takahide Omori. Factors related to stress of mothers having children with food allergies. World Congress on Controversies in Pediatrics 2014.04 Prague, Czech

  29. 岡林優喜子, 大森貴秀, 矢郷哲志, 村松三智, 岡光基子. 育児支援専門外来における産後1年間の乳幼児精神保健の実践と評価. 第31回日本乳幼児医学・心理学会 2022.02.19

  30. 河村秋, 小渕隆司, 矢郷哲志, 大森貴秀, 廣瀬たい子, 岡光基子. 日本語版ITSEAの臨床的妥当性の検討. 第31回日本乳幼児医学・心理学会 2022.02.19

  31. 野村智実, 岡光基子, 矢郷哲志, 大森貴秀. 自閉的行動のある乳幼児をもつ親の養育上の悩み・メンタルヘルス・夫婦関係:両親間の差異と関連. 乳幼児保健学会第14回学術集会 2021.11.06

  32. 鈴木香代子, 岡光基子, 矢郷哲志. 親子の関係性を促進するための看護職によるUniversal Preventive Interventionと その効果に関する文献検討. 乳幼児保健学会第14回学術集会 2021.11.06

  33. 今井千裕, 藤原綾, 瀧本秀美, 不殿絢子, 樽井依織, 青山友子, 矢郷哲志, 岡光基子, 宮坂尚幸, 佐藤憲子. Nutrient-Rich Food IndexおよびDietary Inflammatory Indexを用いた妊婦の食事の質の解析. 第75回日本栄養・食糧学会大会 2021.07.03

  34. 勝本祥子, 岡光基子, 矢郷哲志. 悪性骨腫瘍のサバイバーのがんの経験に関する質的研究の文献検討. 第40回日本看護科学学会学術集会 2020.12

  35. 岡光 基子,大久保 功子,三国 久美,矢郷 哲志. エビデンスに基づく産前・産後における家族支援システムの構築に向けた試み. 第39回日本看護科学学会学術集会 2019.12.01 金沢

  36. 来生 奈巳子,岡光 基子,矢郷 哲志,大久保 功子. 入院している子どもの倫理的課題に関する看護師のナラティブ‐規則による不条理と治療の暴力性‐. 第39回日本看護科学学会学術集会 2019.11.30 金沢

  37. 岡光基子. シンポジウム【多層的・多領域の乳幼児臨床に向けて】家族看護の実践における乳幼児精神保健. 第29回日本乳幼児医学・心理学会 2019.11.30 博多

  38. 岡光基子. シンポジウム【子育てによりそう~気づきから支援までの実践に学ぶ~】乳幼児精神保健と看護~親子のアセスメントと関係性支援~. 日本フォレンジック看護学会 第6回学術集会 2019.08.31 東京

  39. 飛知和 尚美、今井 千裕、Shilpa Pavethynath、金 昕、瀧本 秀美、岡光 基子、Nay Chi Thun、青山 友子、矢郷 哲志、不殿 絢子、宮坂 尚幸、佐藤 憲子. 新生児におけるSKI遺伝子ADHD関連部位のDNAメチル化個人差. 第41回日本分子生物学会 2018.11.30 横浜

  40. 三国久美, 草薙美穂, 澤田優美, 斎藤早香枝, 岡光基子, 矢郷哲志, 廣瀬たい子, 大久保功子. ファミリーパートナーシップ講習会を受講した看護職による育児相談の効果-小児科外来における育児相談を利用した母親による評価の比較-. 乳幼児保健学会第12回学術集会 2018.11.24 柏

  41. 野村智実, 岡光基子, 矢郷哲志, 宮尾益知. 発達障害の傾向のある母親への育児支援: 特性に配慮した支援についての検討. 乳幼児保健学会第12回学術集会 2018.11.24 柏

  42. 岡光基子. パネルディスカッション「地域における子ども支援-多職種連携の新しいかたちー」指定討論者. 乳幼児保健学会第12回学術集会 2018.11.24 柏

  43. 金昕、今井千裕、Shilpa Pavethynath、飛知和尚美、瀧本秀美、岡光基子、Nay Chi Thun、青山友子、矢郷哲志、不殿絢子、宮坂尚幸、 望月和樹、佐藤憲子. 妊娠による炎症関連遺伝子TNFのGene body領域DNAメチル化状態の変化. 第7回日本DOHaD学会学学術集会 2018.08.18 東京

  44. 弓気田美香, 岡光基子, 矢郷哲志. 食物アレルギーのある子どもを持つ母親のソーシャルサポート. 第65回日本小児保健協会学術集会 2018.06.14 米子

  45. 岡光基子, 矢郷哲志, 廣瀬たい子. 口唇裂・口蓋裂をもつ幼児の行動と情緒の特徴とその関連要因. 第27回日本乳幼児医学・心理学会 2017.12.09 東京

  46. 鈴木香代子,廣瀬たい子,岡光基子. オーストラリアにおける看護職による虐待予防プログラム. 乳幼児保健学会第11回学術集会 2017.09.16 東京

  47. 野村智実,岡光基子,矢郷哲志,宮尾益知. 発達障害の傾向のある子どもの父親への支援:家族内に複数の困難が生じているケース. 乳幼児保健学会第11回学術集会 2017.09.16 東京

  48. 岡光 基子, 佐藤 憲子, 瀧本 秀美, 矢郷 哲志, テイ ザ チョウ, ネ チ トン, 今井千裕, 五十嵐麻子, 坪田惟里, 田尻下-白井玲子, 青山友子, 宮坂尚幸. 包括的出生前コホート―母親のメンタルヘルスとその関連要因―. 第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 2016.11.19

  49. 岡光基子. 英国におけるファミリーパートナーシップモデル. 国際シンポジウム「フィンランドと英国に学ぶ子ども虐待の予防的支援」 2016.10.08 東京, 武蔵野市

  50. 鈴木香代子, 廣瀬たい子, 岡光基子. オーストラリアの母子保健と虐待予防のための取り組み. 乳幼児保健学会第10回学術集会 2016.09.24

  51. 野村智実,岡光基子,矢郷哲志,宮尾益知,稲葉美穂. 超低体重で出生した学童期の子どもと母親への支援:シングルケーススタディ. 2016.09.24 東京

  52. 矢郷哲志, 岡光基子, 廣瀬たい子, 河村秋, 大森貴秀. 日本語版Brief Infant-Toddler Social and Emotional Assessmentの開発. 乳幼児保健学会第10回学術集会 2016.09.24 東京

  53. 永吉美智枝, 岡光基子, 大森貴秀, 東樹京子, 鈴木茂伸, 河村秋, 竹尾奈保子. 両眼性網芽細胞腫をもつ1歳児と母親の母子相互作用とその関連要因. 第13回日本小児がん看護学会学術集会 2015.11.28 山梨

  54. 永吉美智枝, 東樹京子, 鈴木茂伸, 岡光基子, 大森貴秀, 河村秋, 竹尾奈保子. 網膜芽細胞腫の治療を受ける乳幼児を養育する母親の育児ストレス. 第13回日本小児がん看護学会学術集会 2015.11.28 山梨

  55. 大久保功子、三国久美、澤田優美、草薙美穂、齋藤早香枝、岡光基子、廣瀬たい子、岡林優喜子、永吉美智枝、河村秋、齋藤泰子. 乳幼児精神保健を基盤としたトレーニングプログラムの評価:NCASTとEEPP. 乳幼児保健学会第9回学術集会 2015.09.26 東京

▼全件表示

受賞学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本小児がん看護学会研究奨励賞,日本小児がん看護学会,2014年

  • 平成24年度東京医科歯科大学医学研究奨励賞(看護学研究部門),東京医科歯科大学,2013年01月

  • 第59回日本小児保健協会学術集会 研究助成賞,日本小児保健協会,2012年09月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 小児看護学Ⅰ

  • 小児看護学Ⅱ

  • 小児看護学演習Ⅰ

  • 小児看護学演習Ⅱ

  • 小児看護学実習

  • 小児・家族発達看護学特論Ⅰ

  • 小児・家族発達看護学演習Ⅰ

  • 小児・家族発達看護学特論Ⅱ

  • 家族看護学特論

  • 看護学研究法特論,2020年

  • 精神保健看護学特論Ⅰ,2016年 - 2021年

  • 保健医療サービス(口腔保健学科)

  • 卒業論文Ⅱ

▼全件表示

担当授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 母子相互作用支援論,静岡県立大学大学院看護学研究科 非常勤講師

  • 病児・病後児保育,日本体育大学

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児保健学会 理事(岡光基子),2012年04月01日 - 現在

  • 日本乳幼児医学・心理学会 理事、学会誌副編集委員長(岡光基子),日本乳幼児医学・心理学会,2020年04月01日 - 現在

  • 乳幼児保健学会第14回学術集会 大会長 (岡光基子),乳幼児保健学会,2021年04月01日 - 2021年11月06日

  • 第31回日本乳幼児医学・心理学会 大会長 (岡光基子),日本乳幼児医学・ 心理学会,東京医科歯科大学,2021年04月01日 - 2022年02月19日

  • 日本乳幼児医学・心理学研究 査読委員(岡光基子),日本乳幼児医学・心理学会,2016年04月01日 - 2021年03月31日

  • 「乳幼児医学・心理学研究」2021 年度特集号企画,日本乳幼児医学・ 心理学会,2021年04月01日 - 2022年03月31日

  • お茶の水看護学雑誌 査読委員(岡光基子),東京医科歯科大学,2016年04月01日 - 2019年03月31日

  • 日本小児看護学会「人材養成研修e-learningプログラム」(小児看護実践基盤コース)教材作成(岡光基子),日本小児看護学会,2019年05月22日 - 2021年03月31日

  • 日本小児看護学会「人材養成研修e-learningプログラム」(小児看護実践基盤コース)講師(岡光基子),日本小児看護学会,2019年05月22日 - 2021年03月31日

  • 第30 回日本乳幼児医学・心理学会 座長 (岡光基子),日本乳幼児医学・ 心理学会,早稲田大学,2021年03月13日

  • 新型コロナウイルス感染症関連の応援業務 PCR検査の補助 (岡光基子),東京医科歯科大学附属病院,2021年02月01日 - 2021年03月31日

  • 文京保健所業務継続のための応援派遣(岡光基子),2020年04月08日 - 現在

  • 静岡県立大学大学院看護学研究科 非常勤講師 (岡光基子),2020年04月01日 - 現在

  • 乳幼児保健学会第13回学術集会 企画委員(岡光基子),乳幼児保健学会,和洋女子大学,2019年10月26日

  • 2019年度 神奈川県小田原保健福祉事務所 母子保健福祉会委員(岡光基子),神奈川県小田原保健福祉事務所,2019年03月11日

  • 乳幼児医学・心理学研究 特集企画「小児・周産期の看護と乳幼児精神保健-多職種連携による育児支援ー」 編集委員(岡光基子),日本乳幼児医学・心理学会,2018年04月01日 - 2018年12月31日

  • ファミリーパートナーシップモデルに基づく早期育児支援講習会 講師(岡光基子),小田原保健福祉事務所/柏市保健所,2017年09月28日 - 現在

  • JNCAST講習会 講師(岡光基子),東京医科歯科大学,東京有明医療大学,2017年08月26日 - 現在

  • 神奈川県母子保健福祉委員(岡光基子),神奈川県小田原保健福祉事務所,2017年03月13日 - 2019年03月11日

  • 文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」DDユニットファミリーサポート保育サービス講習会「小児看護の基礎知識」 講師(岡光基子),東京医科歯科大学,2016年07月20日 - 現在

  • 東京わかまつ会小児糖尿病患者会 会計監査(岡光基子),東京わかまつ会,2016年04月01日 - 現在

  • 日本体育大学 非常勤講師(岡光基子),2016年04月01日 - 現在

  • お茶の水看護学研究会 編集委員(岡光基子),2016年04月01日 - 現在

  • お茶の水看護学研究会 会長(岡光基子),お茶の水看護学研究会,2016年04月01日 - 2021年03月31日

  • 日本乳幼児医学・心理学会 評議員・編集(岡光基子),日本乳幼児医学・心理学会,2016年04月01日 - 2020年03月31日

  • The Japan Journal of Nursing Science 査読委員(岡光基子),The Japan Academy of Nursing Science,2016年04月01日 - 2017年12月31日

  • World Association for Infant Mental Health(世界乳幼児精神保健学会)日本支部 事務補佐(岡光基子),2016年04月01日 - 2017年03月31日

▼全件表示